2017年度月例探鳥会報告レポート

4月 谷津干潟 10月 水元公園
5月 奥日光 11月 芝川第一調節池・見沼
6月 渡良瀬遊水地 12月 涸沼・大洗
6月 理窓会記念自然公園 1月 渡良瀬遊水地
7月 富士奥庭と朝霧高原 月 《区民参加》舎人公園
9月 葛西臨海公園 3月 北本自然観察公園

見たい月をクリックしてください。(10月〜3月は予定です。)

9月葛西臨海公園

【県  名】  東京都 
【場  所】  葛西臨海公園
【年月日】  2017年9月10日(日)
【時  刻】  9:00−12:00
【天  候】  晴れ
【観察者】 あしだち月例観察会26名(内ゲスト2名)
【観察種】   

   1.カルガモ               12.クサシギ             23.ツバメ
   2.カイツブリ             13.イソシギ※           24.ヒヨドリ
   3.キジバト               14.ウミネコ             25.ムクドリ
   4.カワウ                 15.トビ              26.スズメ
   5.ゴイサギ          16.ノスリ※            27.ハクセキレイ
   6.アオサギ               17.カワセミ             28.セグロセキレイ
   7.ダイサギ               18.オオヨシキリ         29.カワラヒワ
   8.チュウサギ             19.オナガ                
   9.コサギ               20.ハシブトガラス                  
  10.コチドリ               21.ハシボソガラス                 
  11.アオアシシギ         22シジュウカラ          
 ※は解散後に観察 





観察風景(ハナの母ちゃん撮影)

【観察記 by utida】
 晴れの良い天気に恵まれましたが、残暑が厳しい暑い日でした。
今回は従来のコースを変更して鳥類園のみの観察としました。意外とエリアが広く時間が足りないくらいでしたが、
少し観察できる鳥の種類が少なかったと思われます。
スタートして間もなくカイツブリのヒナ1羽が親のあとについて泳いでいる可愛らしい姿と、近くで抱卵中の親鳥も
観察でき癒やされました。

 途中で珍しいクサシギが見られ、別の場所では大・中・小のサギが同じ場所にいてジックリと観察でき、
違いがよくわかり大変勉強になりました。
観察途中道端での植物、キノコ、昆虫談義でも大いに盛り上がり楽しい探鳥会になりました。

皆さま暑い中お疲れ様でした。



7月富士奥庭と朝霧高原

【県  名】  山梨県ほか
【場  所】  富士山奥庭、朝霧高原
【年月日】  2017年07月9日(日)
【時  刻】  10:00−15:00
【天  候】  晴れ
【観察者】あしだちバス観察会23名(内ゲスト1名) 
【観察種】 
 
   1.トビ                 12.モズ                 23.ヒガラ
   2.ノスリ               13.カヤクグリ           24.シジュウカラ
   3.キジ                 14.ルリビタキ           25.ホオジロ
   4.キジバト             15.ノビタキ             26.ホオアカ
   5.ホトトギス           16.ウグイス             27.ウソ
   6.ヒメアマツバメ       17.コヨシキリ           28.スズメ
   7.ヒバリ               18.オオヨシキリ         29.ホシガラス
   8.ツバメ               19.メボソムシクイ       30.ハシボソガラス
   9.イワツバメ           20.キクイタダキ         31.ハシブトガラス
  10.ハクセキレイ         21.セッカ
  11.ヒヨドリ             22.キビタキ


水場を見ています。ちょっと混んでますね。

ホシガラスの声の行方は?(2枚ともtomoさん撮影)

【観察会 by tomo】
 奥庭駐車場でバスから降りると、メボソムシクイの声が一斉に聞こえて来ました。
奥庭山荘へ向かう急斜面をゆっくり降りていくと、水場の回りは双眼鏡を向ける人垣が出来ています。
大急ぎでその中に割って入ると、キクイタダキが水浴びをしているのでした。頭頂のオレンジが水に
濡れて鮮やかです。ヒガラもやってきました。
ホシガラスの声が歩道から聞こえて、そちらへ向かいましたが、森林の奥の方へ移動して行ったようで、
私は姿を見る事が出来ませんでした。

 
水浴びの野鳥の姿も途絶えたので、展望台へ移動。自然に高山植物に目が行ってしまいます。
一面に咲くコケモモの花の中に、ベニバナイチヤクソウ・ミヤマハンショウズル・タカネバラが際立って
見えました。野鳥とはあまり出会えませんでしたが、水場での定点観察組はウソ・カヤクグリ等が見られ
たそうです。


 
奥庭山荘での昼食後、帰路の上り坂。このあたりにイチヨウランが咲いているはず。と探したのですが、
見つけられず、もっと奥の方で見たとの話しを後で聞いて、もっとよく探せば良かったな〜と・・・


 朝霧高原・道の駅では、すぐ頭上を沢山のイワツバメが飛び交っていました。
その上空にはヒメアマツバメの姿を双眼鏡にとらえることが出来ました。
高原へ降りていくと、ウグイスの声があちこちから聞こえ、セッカのせわしない声も賑やかです。

畑の杭に鳥影を見つけては望遠鏡で確認していきます。数は少なかったものの、ここで見たい草原の野鳥は
おおむね姿を見せてくれたので、満足感がありました。
ホオアカ・ノビタキ・コウゲンモズ綺麗でしたね。

いままで、何度もこの草原には来ているのに、富士山が目の前にドーンとそびえたっている姿を見たのは、
初めてのように思えて感動的でした。


いつものコース、ミルクランドで美味しいアイスクリームを堪能して、帰路につきました。



6理窓会記念自然公園

【県  名】  千葉県(野田市)
【場  所】  理窓会記念自然公園
【年月日】  2017年06月25日(日)
【時  刻】  9:00−12:00
【天  候】  曇り
【観察者】あしだち月例観察会16名
【観察種】 

 
1.カイツブリ          8.カワセミ             15.メジロ

   2.カワウ              9.コゲラ               16.ホオジロ
   3.ダイサギ           10.ツバメ               17.カワラヒワ
   4.アオサギ           11.ハクセキレイ         18.スズメ
   5.カルガモ           12.ヒヨドリ             19.ムクドリ
   6.キジ               13.ウグイス             20.ハシボソガラス
   7.キジバト           14.シジュウカラ         21.ハシブトガラス


利根運河 (ハナの母ちゃん撮影)

【観察記 by 虚水】
 足立ではかなりの雨となっていた様ですが、現地では私をはじめ皆様の心掛けの良いせいか、
傘をささずに済み暑さもそれほどでないまあまあの日和となりました。
カワセミのファミリーも参加してくれたり、帰り道にキジの見送りもあったりして、
雨との予報のなかでもやっぱり来てよかったとの参加者さんからの声が多く聞かれ、
この時期としては結構楽しめた探鳥会になりました。
 今回のテーマであるアオバズクに関して巣箱をIさんに教えてもらってみんなで確認したのですが、
今年は残念ながら使用した形跡がないとの結論に達しました。来年に期待したいと思います。

 野草その他については、時期的に少ないなかで、ネジバナ、ウツボグサ、ワラビ、
合歓の木、センダン、榧の実、ザクロの花、ハリギリ等々それなりに楽しめました

 



6月渡良瀬遊水地

【県  名】 埼玉県ほか
【場  所】 渡良瀬遊水地
【年月日】  2017年06月4日(日)
【時  刻】  9:10−11:50
【天  候】  晴れ
【観察者】あしだち月例観察会15名
【観察種】 

   1.カワウ             9.カッコウ              17.セッカ
   2.ササゴイ          10.トラフズク            18.シジュウカラ
   3.ダイサギ          11.ヒバリ                19.ホオジロ
   4.アオサギ          12.ツバメ                20.カワラヒワ
   5.カルガモ          13.ハクセキレイ          21.スズメ
   6.トビ              14.ウグイス              22.ムクドリ
   7.キジ              15.コヨシキリ            23.ハシボソガラス
   8.キジバト          16.オオヨシキリ          24.ハシブトガラス


集合写真 写した本人は写っていません(tomoさん撮影)

【観察記 by mas−san】
 渡良瀬遊水地は、あいにくトライアスロンの大会があり、駐車場は満杯、鳥見コースも大会コースとなってしまい、
コースの変更を余儀なくされました。まずは、今年も営巣をしているトラフズクのポイントへ。
モフモフの綿毛に包まれた幼鳥が大きな目を開いてこちらをもの珍しそうにみつめていました。
3羽が確認できましたが、
樹の藪にまだ数羽隠れているようでした。地元の方によれば幼鳥のそばにいた親鳥は雌で、雄は隣の樹で居眠り。
どこかの世界にも似たような・・。その後、オオセッカのポイントに車で移動。
早々にコヨシキリがソングポイントで囀り。セッカも彼方此方で囀り飛行を繰り返していました。
ただ、残念ながらオオセッカの声も姿も見ることができませんでした。

快晴で猛暑が危ぶまれましたが、強風が吹き荒れたため体感温度はさほどでもなく皆さん元気で探鳥会を終えることができました。



5月奥日光

【県  名】 栃木県 
【場  所】  奥日光
【年月日】  2017年05月13日(土)〜14日(日)
【時  刻】  13日 11:50〜17:00 14日 5:00〜6:45
【天  候】  13日雨 14日曇り
【観察者】あしだち月例観察会 会員13名 ゲスト2名 計15名
     (宿直行組 7名 湯滝組 8名)

 【観察種】 
 
   1.カワウ            16.イワツバメ            31.エナガ
   2.アオサギ          17.キセキレイ            32.ヒガラ
   3.マガモ            18.ハクセキレイ          33.シジュウカラ
   4.カルガモ          19.セグロセキレイ        34.ゴジュウカラ
   5.コガモ            20.ヒヨドリ              35.キバシリ
   6.ヒドリガモ        21.モズ                  36.メジロ
   7.ホシハジロ        22.カワガラス            37.ホオジロ
   8.トビ              23.ミソサザイ            38.アオジ
   9.オオバン          24.ノビタキ              39.ニュウナイスズメ
  10.キジバト          25.アカハラ              40.スズメ
  11.カッコウ          26.ウグイス              41.ムクドリ
  12.ツツドリ          27.メボソムシクイ        42.カケス
  13.アカゲラ          28.キビタキ              43.ハシボソガラス
  14.コゲラ            29.オオルリ              44.ハシブトガラス
  15.ツバメ            30.コサメビタキ


雨の中で鳥探し ご苦労様   tomoさん撮影

東大植物園 ハンカチノキの前で全員記念撮影 おおるりドライバーさんさん撮影

【観察記 by haga】
 前日の天気予報が当たってしまい奥日光探鳥会は雨の中で始まりました。
赤沼で雨の中を歩く組と、そのままバスで宿に行く組の二手に別れることになりました。
私は雨の中を湯川沿いに戦場ケ原を通り、湯滝、湯ノ湖を経て宿に向かうコースに参加しました。

昼食をバス停の東屋で早めに済ませて出発です。
足元の歩道は雨天にも拘らずしっかりしていて,木道の滑りさえ気をつければ安心でした。
人の往来が少なく戦場ケ原を私達だけで独り占めしているようでしたが、野鳥との出会いも少なく
感じました。
それでも湯川沿いにキビタキ、アカゲラ、コゲラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、コサメビタキなどと出会い、
湯滝近くなるとミソサザイの美しいさえずりが聞こえ、カワガラス、キバシリ等が観察できました。
湯滝ではオオルリを間近に見ることができ、ムシクイ類の素早い動きを追っていると雨に濡れて
いるのも、時の経つのも忘れてしまいます。気がつけば宿の夕食時間いっぱいになってしまいました。

あくる日は雨も上がり恒例の朝探です。朝霧の中、湯ノ湖周辺の静かな林の中を1時間40分ほど
歩きました。新緑の中小鳥のさえずりが心に滲みました。
雨に降られましたが、わたしには思い出に残る楽しい探鳥会でした。


4谷津干潟

【県  名】  千葉県
【場  所】  谷津干潟  (習志野市)
【年月日】  2017年04月16日(日)
【時  刻】  10:00−12:00
【天  候】  晴れ
【観察者】  あしだち月例観察会24名
【観察種】 
 
   1.カイツブリ            12.オオバン            23.ヒヨドリ
   2.カワウ                13.コチドリ※            24.ウグイス
   3.ダイサギ              14.ダイゼン            25.エナガ
   4.コサギ                15.セイタカシギ          26.シジュウカラ
   5.アオサギ              16.ユリカモメ            27.メジロ
   6.マガモ                17.キジバト              28.オオジュリン
   7.カルガモ              18.コゲラ               29.カワラヒワ
   8.コガモ                19.ヒバリ               30.スズメ
   9.ヒドリガモ          20.ツバメ             31.ムクドリ
  10.オナガガモ            21.イソヒヨドリ     32.ハシボソガラス
  11.ハシビロガモ          22.ハクセキレイ      33.ハシブトガラス
  ※は観察会終了後に観察されました。       34.シマアジ


観察風景 撮影 ぶんぶん丸

【観察記 by ぶんぶん丸】
 汗ばむくらいのお天気で、最高の探鳥会日和になりました。
満潮だった干潟も、少しずつ潮も引きシギチたちも来てくれるかと思いきや、ダイゼンが2羽いるだけでした。
しばらく待ってみましたが、いつもいるコチドリなども全く来てくれず終いになりました。
なんとも拍子抜けしてしまった探鳥会でしたが、淡水池にシマアジがまだいてくれて、その姿を充分観察することができました。
今回はシマアジに助けられたといった感じでした。




































10月水元公園


11月芝川第一調節池・見沼


12月涸沼・大洗


1月渡良瀬遊水地


2月《区民参加》舎人公園


3月北本自然観察公園