ラジオへの想い別館
(開設2002/12/01→移設2004/11/10)
Banner
Counter
2002年1月に開設した、「ラジオへの想い」も、皆様のご支援でカウント数13000を迎えようとしております。月日を重ねる毎に、ラジオの台数も増え、30台を数えるほどになりました。また、紹介文を載せたホームページの容量にも限界が見え始め、この別館を設置しました。今後ともよろしくお願い致します。

更新履歴

自己紹介(@niftyにリンク)

「ラジオへの想い」について

2001年に、@niftyで個人ホームページとして、「巽家のホームページ」を設け、1年間、なにも更新することなく、無為な時間が経過していました。なにか、自分が残したいものはないかと試行錯誤していたときに出会ったのが、インターネットで公開されているBCLに関する情報です。多くの方々がご自分の趣味として、BCLについてもサイトを運営されており、これが中学以来眠っていた、私をかつての趣味に回帰させました。

すでに、1970年代のBCLブームは忘れ去られて30年。そのようなことがあったことも、今の若い人には知ることもない時代です。一体、何割くらいの人が、今も日本語で海外から、そして海外へとラジオ放送が続けられていると知っているでしょう?今はインターネットが海外との通信手段としては一般的で、このサイトもこの恩恵にあずかっているのですが、かつての放送を知る生き残りとしては、一抹の寂しさを禁じえません。先日、日本標準時(JJY)がすでに発信を打ち切っていたことを知り、なお、その寂しさが倍化しました。

「ラジオへの想い」は、この様な環境の中、受け手である「ラジオ」に焦点をあて、かつてはその価格等で入手できなかった高嶺の花たちを修復しつつ、その苦労話を綴ってみようと思い立って生まれたものです。2002年1月のことでした。
ラジオたちは、かつての愛機、松下のCOUGAR115、SONY ICF−5900を別として、殆どがネットオークションで仕入れてきました。残念ながら、リサイクルショップは身近にはなく、また、たまに中古で売りに出ても、非常に高価で手が出なかったため、オークションは非常に有効な手段でした。入手第1号は、松下のCOUGAR2200だったと記憶しています。

当時のラジオは、各社ブームにのって、短波レンジを強力にした機種をラインナップし、過剰な程に新化を続けました。一部の機種では、アマチュア無線で使われる通信機にも匹敵する性能を誇っていました。いま、現物を入手して整備してみると、現在のラジオの貧弱さ、性能の差に驚きます。

このような想いを込めて、今もなお「ラジオへの想い」は、ラジオの行く末も含めて続けております。
ご興味のある方はおいでください。

「ラジオへの想い」へのリンク: http://homepage1.nifty.com/Tatsumi/Radio/Radio1.html

このサイトは、「ラジオへの想い」の別館として設置しました。以降、画像主体の解説・紹介等を拡充してゆきます。
ラジオへの想い別館入り口

情報交換メッセージボード



最近、無記名でのメールでのお問い合わせが目立っておりますが、メールをお寄せいただく場合は、お名前を明記ください。基本的に、無記名のメールには返信いたしかねます
のでよろしくお願いいたします。                      


Web Master Mail to :