豊島八十八ヶ所 徒歩の旅

メニュー
  TOP
  旅の始まり
  西武線の狭間
  板橋から練馬西部
  都電沿い荒川区編
  田端から西ヶ原編
  北区王子編
  北区北部赤羽編
  落合・早稲田編
  番号順リンク
ゲストブック
Counter

姉妹サイト
鉄道 旅行 写真館 JR全線乗りつくしの記録
鉄道旅行写真館
JR全線乗りつくしの記録

東京都北区、板橋区、練馬区を中心に豊島八十八ヶ所という真言宗のお寺88ヵ所があります。

四国には、本場四国霊場八十八ヶ所がありますが、そのローカル版といった雰囲気です。

いまでこそ東京から四国まで半日も掛からずに行けますが、かつては東海道を歩いて海を渡り、行っていたのでしょう。したがって、四国までは行けないけど近場で御利益にあやかりたいということで始まったのでしょうか。

 弘法大師像 豊島八十八ヶ所

作者も本場四国では、高知『修行の道場』を進行中なので、まさに修行の一環というわけで、豊島八十八ヶ所も歩いて回っています。高知も後半は、2・3日歩いて一箇所とかしか回れませんが、こちらでは、一日で10箇所以上回れてしまいます。

四国では、番号順(逆順)に打つのが一般的ですが、豊島八十八ヶ所は地理的に番号順になっていないようなので、1番から始めて、近いものから回っていこうと思います。

北区・荒川区の密集地区を終えて、残りは板橋区方面、あと11箇所を頑張って巡ります。