陸上競技トラックのそれぞれのレーンの距離とタイム差


陸上競技でのトラック種目では、いかにインコースを攻略できるかにより、また、作戦により結果が左右されます。
1/100のタイム差で勝敗がつく事も 多くあると思います。
ここでは、1レーン、2レーンとアウトコースにつれて どれだけの差があるのかを説明したいと思います。

1周の距離の違い(※多くの規格がある中、直線距離を84.39mの規格を持ちいりました。)

1レーン 2レーン 3レーン 4レーン 5レーン 6レーン 7レーン 8レーン
1周の距離(m) 400 407.86 415.71 423.57 431.42 439.35 447.13 454.98
半径 (m) 36.8 38 39.3 40.6 41.9 43.2 44.5 45.8
コーナー部分の距離
(m)
231.21 239.07 246.92 254.78 262.63 270.56 278.34 286.19
直線部分の距離
(片側)
84.39 84.39 84.39 84.39 84.39 84.39 84.39 84.39


1レーンの人と同じペースで走るには どれだけペースアップをしなければいけないか?
また、アウトコース(1レーン以外のレーン)を使い、1レーンと同じ感覚でペース走をするときは、どれだけのタイムを加算すればいいか?
そういった無駄な又は有利な考えの元に数値化いたしました。

1レーンとアウトコースとのタイム差(秒)(両コーナー)

1レーン 2レーン 3レーン 4レーン 5レーン 6レーン 7レーン 8レーン
 1周あたりのラップタイム(秒)
(1レーン〜8レーン)

1レーンについては1周の
タイム(秒)を表示


 2レーン以降の数値(秒)に
ついては、1レーンとの

出しています。


 よって、用途により加算及び
減算をしてください。
 

  手抜き計算のため、0.2秒
程度違うところがあるかもしれません。
120(秒) 2.36(秒) 4.72(秒) 7.1(秒) 9.4(秒) 11.7(秒) 14(秒) 16.4(秒)
115 2.25 4.5 6.8 11.3 13.5 15.8
110 2.16 4.32 6.5 8.7 10.8 13 15.1
105 2.06 4.12 6.2 8.3 10.3 12.5 14.5
100 1.97 3.94 5.9 7.8 9.7 11.6 13.5
95 1.87 3.74 5.6 7.4 9.3 11.2 13.1
90 1.77 3.54 5.3 7.1 8.9 10.7 12.5
85 1.67 3.34 6.7 8.4 10.1 11.8
80 1.57 3.14 4.7 6.2 7.8 9.4 11
78 1.54 3.08 4.6 6.1 7.6 9.1 10.7
76 1.49 2.98 4.5 7.5 10.5
74 1.44 2.89 4.3 5.8 7.3 8.7 10.2
72 1.41 2.82 4.2 5.6 7.1 8.5 9.9
70 1.38 2.76 4.1 5.4 6.8 8.2 9.6
68 1.34 2.68 5.3 6.6 7.9 9.3
66 1.30 2.60 3.9 5.2 6.5 7.7
64 1.26 2.52 3.8 5.1 6.4 7.6 8.8
62 1.22 2.44 3.7 4.9 6.1 7.4 8.6
60 1.18 2.36 3.5 4.7 5.9 7.1 8.3
58 1.14 2.28 3.4 4.5 5.7 6.8
56 1.10 2.20 3.3 4.4 5.5 6.6 7.7
54 1.06 2.12 3.2 4.3 5.4 6.4 7.5
52 1.02 2.04 3.1 4.1 5.1 6.1 7.2



上表の使い方
 
 上記の数値は、それぞれのレーンを走る際に 1レーンよりもどれだけ速いタイムで走らなければいけないかを数値でだしました。

 片コーナー部分だけを走る場合は、数値は両コーナーでの結果ですので、片コーナーの場合は半分の数値で考慮お願いします。1周とも1レーン以外を走る時は上記数値をマイナスしていただければ、そのタイムが1レーンを走った時のラップタイムです。

 1レーン以外のコースで 1レーンと同じペース走をしたいと考えている時は、1レーンのラップタイムにそれぞれのレーンのタイムを加算してください。




計算間違い等があるかもしれません。ご了承お願いいたします。



もどる