casita.pngペルー談話室 玄関に戻る

nazca.png小さな大?旅行 ナスカ・アレキーパ海岸部 三泊四日

一服いかが? Un matesito ?


むかしの「一服いかが?」
(整理のため大部分閉鎖中)
2003年 10月 11・12月 Click for Lima, Peru Forecast Click for Cuzco, Peru Forecast
2004年 1〜5月 6〜8月 9・10月 11・12月
2005年 1・2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9・10月 11月・12月
2006年 2月 3月 4・5月 6・8月 9・10月 12月
2007年 2・3月 7〜9月 12月 2008年 前半 後半
2009年 前半 6・7月 8〜10月
2010年 1月 2月 3・4月 5・6月 7・8・9月 10-12月
2011年 前半 6・7月 8・9月 10・11月
2012年 11年12月・1月 5・6月 7・8月
2013年 1・2月 3月 4月その1 4月その2 5月その1 5月その2
6月その1 6月その2 7月 8・9月 10月 11・12月
2014年 1・2月 3・4・5月 6・7・8月 9-12月
2015年 前半 7-9月(池作り) 10-12月 2016年 2017年 前半 後半


<パチャカマック生活での主な登場人物>

ミチカ桜、ペルーナイト柳など…出資者様のお名前や、某秘密結社名を冠した、大切な樹木群。

宿六…巳年のリマ生まれ。本宅の住人。
…辰年の代官山生まれ。本宅の住人。

永吉君…「小さな家」の現在の住人。庭の管理と家の掃除をお願いしています。同居の家族は奥さんの満里子さん、長女お光ちゃん(中学生)、長男ハム君(中学生)、末っ子の瞳ちゃん(もちろんすべてあだ名です)。 ハシンタ猫…18歳のリマ猫♀。本宅の住猫。
ハスミン猫…16歳のリマ猫♀。本宅の住猫。
猫番君…アパート時代、いつも留守の猫シッターを頼んでいた穏やかなおじさん。いろいろ難しかったお手伝いさん、アントワネットちゃんの連れ合いで、「小さな家」の元・住人。 フランクリン君…近所の園芸店のお兄さん。ワンカベリカ出身。大抵はいないけど、最高に困ったときは必ず助けてくれる不思議な人。ワン公も引き取ってくれました。


2018年3月16日(金) 午前1時の室温25.8℃ 湿度53% 外気温22.7℃ 晴
<久々の全校一斉身長測定>



 ひさしぶりに、「セニョーラ・ミチカ植樹基金」および「ペルーナイト植樹基金」にて購入した木々の、全校一斉身長測定を実施いたしました!

 二年連続の過酷なエル・ニーニョ現象と、深刻な水不足をのりこえ、いずれ劣らぬみごとな成長ぶりです、ぜひご覧になってびっくりしてくださいね!!

 今回の計測には、もはや竹の棒ではまったく長さが足りませんので、タブレットのアプリケーションを使いました。
 あまり正確ではないかもしれませんが、おおよそこれくらい、ということで…


pnjardin18-9.JPG

「私の庭にようこそ!」
(オウギオハチドリ&モナルカ蝶より)


ミチカ桜(候補・計12本)

pn0118-1.JPG


2018年3月 いちばん大きなもの 455p

pn0118-2.JPGpn0118-3.JPG



 ほかのみなさんも、揃って3メートル前後はあります。
 樹形もがんばって少しずつ整えています。今は少し紅葉しはじめたところです。


pn0115.JPG

2015年11月
いちばん大きなもの 320p


pn0114.jpg

2014年5月
いちばん大きなもの 250p


pn0113.jpg

2013年7月 植えた当時



 昨年2017年の猛暑で、寒緋桜12本のうち3本が枯れてしまい、でもそのうち1本は根元からふたたび芽吹きはじめた!……というのが今の状況です。
 まだミチカ桜を決めていなくて、かえってよかったです!


ミチカ桜(候補)

ペルーナイト柳 (計5本)

pn1718.JPG


2018年3月 いちばん大きそうな柳 780p



 壁と通路をはさんだお隣に、違法建築の大きな家が建ってしまいましたが、ペルーナイト柳がうまいぐあいに覆ってくれています。
 またほど良い日陰も作ってくれるので、そのうちこのへんにティアレ(種から育てています)を植えるつもりです。


pn1715.JPG

2015年6月
pn1714.jpg

2014年5月
pn1713.JPG

2013年9月
植えてすぐのころ

ペルーナイト柳

pnjardin18-1.JPG


2018年3月
左奥がペルーナイト柳、中央が桜


pn2014.jpg


2014年6月の同じ場所


ミチカ桜とペルーナイト柳

ミチカ・マグノリア

pn0318.jpeg


2018年3月
ミチカ・マグノリアA
 361cm


 この二年で二本とも枝がぐっと増え、幹も太くなり、とてもマグノリアらしくなってきました!
 そろそろ花にも期待できるかな?


pn0315.JPG

2015年11月
ミチカ・マグノリアA 280cm

pn0314.jpg

2014年5月
ミチカ・マグノリアA 225cm
pn0313.jpg

2013年7月
植えた当時


ミチカ・マグノリア A

pn0218.JPG


2018年3月
ミチカ・マグノリアB 350cm


pn0215.JPG

2015年11月
ミチカ・マグノリアB 290cm
pn0214.jpg

2014年5月
ミチカ・マグノリアB 250cm
pn0213.jpg

2013年7月
植えた当時



ミチカ・マグノリア B

ペルーナイト洋梨

pn0418.JPG


2018年3月 243p
着実に丈を伸ばしております。が、まだ実はつきません。


pn0415.JPG

2015年11月 196p
pn0414.jpg

2014年5月 195p
pn0413.jpg

2013年8月
植えた当時


ペルーナイト洋梨

ペルーナイト西洋スモモ

pn0518.jpeg


2018年3月 281p


 まわりにいろんなものが茂って、ぜんぜん見えませんが……
 いつのまにか、けっこう大きくなりましたね。
 まだ実はつきません、洋梨同様、もう一本必要なのかも??


pn0515.JPG

2015年11月 240cm
(なぜか低くなった……)
pn0514.jpg

2014年5月 283cm
pn0513.jpg

2013年8月
植えた当時


ペルーナイト西洋スモモ

ペルーナイト・イチジク

pn0618.JPG


2018年3月 270cm


 猛暑後の昨年は剪定をさぼったので、間のびしてます。
 今年はちゃんと切り詰めます。


pn0615.JPG

2015年11月 240cm
pn0614.jpg

2014年5月 180cm
pn0613.jpg

2013年8月
植えた当時

ペルーナイト・イチジク

ペルーナイト・チリモヤ

pn0718.JPG


2018年3月 推定300cm



 この夏はついに花も咲き、丈も大きく伸びましたが、伸びすぎて今ちょっと横になってしまっています…
 早くつっかい棒をしなくては…


pn0715.JPG

2015年11月 145cm

pn0714.jpg

2014年5月 124cm
pn0713.jpg

2013年8月
植えた当時

ペルーナイト・チリモヤ

ペルーナイト桃

pn0818.JPG


2018年3月 304cm

pn0818-2.JPG うしろのフウセントウワタの丸い実が紛らわしいですが、桃も今年は大豊作、今まさに毎日頂いているところです。

 小さいけれど苦みのない、とてもおいしい黄桃です。
 日本のやわらかな桃とは別物で、かなりかたい実ですが、私はこっちのほうが味わい深くて好きかも!


 日々小鳥と取り合いしているため、正確なところはわかりませんが、60個か70個はついたと思います。
 (イサーク・リンゴといっしょに記念撮影しました)


pn0815.JPG

2015年11月 285cm
pn0814.jpg

2014年5月 177cm
pn0813.jpg

2013年8月
植えた当時

ペルーナイト桃

ペルーナイト・グアバ
pn0918.JPG


2018年3月 281cm


 いま花が咲いています、今年はたくさん実がつきそうです!

pn0915.JPG

2015年11月 160cm
pn0914.jpg

2014年5月 53cm
pn0913.jpg

2013年8月
植えた当時
20cm

ペルーナイト・グアバ

ペルーナイトりんご

pn1018.jpeg


2018年3月 194cm


 小さな赤リンゴがたくさんついています。
 酸味があっておいしいので、皮ごとレンジでチンして、即席ジャムを作ったりしています。


pn1015.JPG

2015年11月 185cm
pn1014.jpg

2014年5月 157cm
pn1013.jpg

2013年8月
植えた当時

ペルーナイトりんご

ペルーナイト・アボカド

pn1118.JPG


2018年3月 250cm



 丈はあまり伸びていませんが、幹は太くなりました。
 昨年は4,5個だけ収穫がありました、幸い水っぽくない、こってりしたバター質の良いアボカドでした! アボカドも中には味気ない品種もあるので、ちゃんとおいしいと確認できてほっとしました。


 この春は開花はしたものの、実はつきませんでした。
 安定した収穫ができるまで、かなり年月がかかるようなので、気長に待とうと思います。


pn1115.JPG

2015年11月 230cm
pn1114.jpg

2014年5月 140cm
pn1113.jpg

2013年8月
植えた当時

ペルーナイト・アボカド

ペルーナイトびわ

pnjardin18-4.JPG


2018年3月 365cm


 縦にも横にも大きくなりました!
 昨年は大豊作で、たっぷりと食べさせていただきました(…小鳥たちも!)
 ペルーに多い小粒種ではなく、日本のビワのような大粒だったのも、とても嬉しかったです。


pn1215.JPG

2015年11月 210cm
pn1214.jpg

2014年5月 155cm
pn1213.jpg

2013年8月
植えた当時

ペルーナイトびわ

ミチカ柘榴 (生垣・無数)

pn1418.JPG


2018年3月 350cm



 ほうっておくと車が通れなくなるので、しょっちゅう刈り込んでいますが、それでもこの背丈です。
 (生垣のおかげで、いつも散らかしほうだいの「小さな家」が、うちから見えなくなるのも好都合です〜)


 毎年大豊作ですが、今も実が鈴なりです、来月には食べられるかな?
 永吉君のきょうだいの間では、ザクロ食べ放題なのがすっかり知れ渡ってしまい、みんなほしがるそうです。


pn1415.JPG

2015年11月 310cm
pn1414.jpg

2014年5月
pn1413.jpg

2013年7月 植えた当時

ミチカ柘榴

ペルーナイト・オリーブ (計4本)

pnjardin18-3.JPG


2018年3月のいちばん大きなオリーブ ざっと6mくらい!



 オリーブの成長がここまで早いとは、思ってもいなかったです。
 門を入ったところにあるので、帰宅するたびにほれぼれと見上げております。
 宿六はどうも、庭の中でこの木がいちばん好きみたいです。


pn1515-2.JPG

2015年11月 360cm
pn1514.jpg

2014年5月 280cm
pn1513.jpg

2013年8月 植えた当時

ペルーナイト・オリーブ

pn1518-4.JPG

2018年3月 330cm
pn1515-4.JPG

2015年11月 158cm
(2014年5月 107cm)


 一本だけ伸び悩んでいたこのオリーブ、思い切って剪定したら、とつぜんぽーーん!と育ち始めました。
 私も小さい頃に、一回剪定してもらえばよかったなあ。


pn1518-1.JPG

2018年3月
435cm

pn1515-1.JPG
2015年11月
305cm
(2014年5月
287cm)
pn1518-3.JPG

2018年3月
443cm
pn1515-3.JPG

2015年11月
325cm
(2014年5月
235cm)


ほかのオリーブも、どれも良い形にすくすく育っています。

ペルーナイト・オリーブ
ペルーナイト・マンゴー

pn1618.JPG


2018年3月 231cm


 まだまだマンゴーとしては幼木なので、気長に成長を待ちます。
 毎年花は咲くのですけど、実はまだです。


pn1615.JPG

2015年11月 130cm
pn1614.jpg

2014年5月 43cm
pn1613.jpg

2013年8月
植えた当時

ペルーナイト・マンゴー

ペルーナイト・ルクマ

pn1918.JPG


2018年3月 84cm


 唯一ぱっとしないのが、このルクマ君ですね〜
 その後も何度も、枯れそうになっては復活、というのをくりかえし、今はわずか84センチですが良い葉が出ています。
 今年は肥料をたくさん入れて、今後に期待しようと思います。


pn1915.JPG

2015年11月 104cm

pn1913.jpg

2013年
植えた当時

ペルーナイト・ルクマ


<おまけ・その他の木々と庭のようす>


 いちばん大きなナツメヤシ。
pn1918-1.jpeg

2018年3月 10.2m
生長点まで 約4m


pn1916-1.JPG

2017年6月 8.4m
生長点まで 約3.3m



 二番めに大きなナツメヤシ。
pn1918-2.jpeg

2018年3月 5.8m
pn1916-2.JPG

2017年6月 4.75m

 けっこういいペースで育っていますね!
 ナツメヤシがどれも大きくなったおかげで、前庭は夏の炎天下でも、ひやっと涼しい風が吹くようになりました。


 50歳記念で植えたココヤシ。

pn1818.JPG

2018年3月 355cm
pn1815.JPG

2015年11月 140cm
pn1814.jpg

2014年5月
植えた当時


(点々と挿し木しておいたローズマリーの、ものすごい成長ぶりもついでにご覧ください)



pn1818-2.JPG

2018年3月 285cm
pn1815-2.JPG

2015年11月 170cm


 コニファー(たぶんゴールドクレスト)も着実に育っています。

pn2018-2.JPG

2018年3月 334cm
pn2016-2.JPG

2017年6月 166cm

 いちばん背の高いイトスギ。

pn2118-2.JPG

2018年3月 615cm
pn2116-2.JPG

2017年6月 333cm


 見るたびに背が伸びているような、そんな気がしておりましたが、測ってみると、なんと9か月で2.8メートル伸びたらしく…
 ということは月に31センチですから、そりゃあ気がつくわけです。
 たぶんイトスギが、うちでいちばん早く成長している木です。


pnjardin18-5.JPG


2018年3月の裏庭

pnjardin15-1.JPG


2015年9月にはこんなでした。
ミチカマグノリア、イトスギ、コニファー… 今ではすべてが見違えるほど大きくなりました。


pnjardin18-2.JPG


2018年3月の前庭。

pnjardin13.JPG


 ここも引越し直後の2013年9月には、奥まで丸見えでした。

 右手にうっすら見える細い棒きれは、今や左の写真中央、435センチのペルーナイト・オリーブに化けたのですよね。
 木を植えることは、すなわち一生の楽しみですね!
 これからも末永く続く楽しみを、たくさん与えてくださったペルーナイト会員のみなさまに、改めて大感謝です!


pnjardin18-8.JPG


台所前のザクロ。
2018年3月 440cm


pnjardin18-10.JPG


2014年1月の同じザクロ…

 鉢植えでひょろひょろしていたザクロですが、アパートから持ってきて良かったです。
 こうなったらどこまで巨大化するか知りたいので、剪定しないでほうっておこうかと思っています。


pnjardin18-6.JPG


 このザクロ君が作ってくれる薄暗がりも、たいへん気に入っております。
 6歳まですごした代官山が、木の下闇の世界だったので、とうとう本来の生息環境をとりもどした…という嬉しさいっぱいです。


pnjardin18-7.JPG


 長らく手がまわらなかった井戸も、少しずつ飾りつけを始めました。
 ジュリアス・シーザー君にアーチをつけてもらい、アルミ鉢にはアロエを植えました。

pnjardin18-11.JPG
 ほかにもまだ気になることはたくさんありますが、毎日少ーしずつ片付けていきます。
 庭作りはもとより、決して終りのない作業ですから、あわててもしかたないですもんね。


 でもこうしてふりかえってみると、たった4年半でずいぶん緑化が進んだなあ…と感心します。
 もとは左の写真のとおりの、カラッカラの荒れ地だったのですから。
 パチャカマック谷の土壌が豊かで、また冬のない気候のおかげもあって、こんなに何もかもがよく育つのでしょうね。


 近年、お友達の活躍とわが身をひきくらべ、自分の働きのなさがしみじみ情けなくなることがよくあります。
 ただこの荒れ地に、緑の庭を思い描いた私の無謀さ&妄想力だけは、まんざら捨てたものでもないかも?しれませんね(^^)/



2018年3月7日(水) 午後5時の室温26.3℃ 湿度50% 外気温25.2℃ 晴れ
<楽しい妄想(^^) 「海の家」その2>


180306-17.JPG


 その後も妄想は妄想にとどまらず、サンタマリア・デルマール周辺の物件をいろいろネットで見ていましたが、あるときゼロが妙に少ない広告を発見。
 「海の眺望絶佳、500平方メートルの宅地がなんと300万円!」というので、今時そんなのあるのかしらんと、おもしろく思って問い合わせてみますと…


 パンアメリカン道のすぐ脇の砂山に、四年ほど前、忽然と分譲地が出現してびっくりしたのですが、そこがまさに当該物件でした。
 南43キロ地点、プンタネグラの手前です。


 一度中を見たかったので、これは良い機会です!

180306-08.JPG


 親切な不動産屋さんと待ち合わせ、中に入れてもらうと、外から見るよりはるかに広くてまたびっくり。ざっと85ヘクタールもあるそうです。
 そこに500平方メートルの分譲地がみっしりと並んでおり、すでに9割がたは売却済みとのこと。


 点々と植えられたユッカが、それぞれの分譲地の境界線です。
 海風の吹く砂地ですから、ユッカやサボテン、ナツメヤシくらいしか育たないでしょうが、こういう土地をじっくり緑化させるのも、また楽しそうですね…(さっそく妄想開始)。


180306-26.JPG



 google earthで見る、2011年のプンタネグラ界隈。
 このコンドミニアムはまだ影も形もありません。
 何度も横を通りましたが、たしかにただの巨大な砂山でした。


180306-25.JPG



 2017年の同じ場所。
 ある日とつぜん、という感じにかっちりした町割りが現れ、ユッカも無数に植えられていたので、一瞬蜃気楼かと思ったほど驚きました。
 2013年からじわじわ開発が始まったようすも、google earthで確認できます。
 (ついでに右手に広がる濃い緑のみかん農園も、比較的最近できたことがわかりました)


180306-11.JPG



 しかし土地の値段がねだんなので、失礼ながら掘立て小屋系の家を想像していたのですが、建っているのは立派なプールつき別荘ばかり。
 建材や色にもコンドミニアム内の規約があり、中の上くらいの別荘地を目指しているようです。


 ただ上下水道はまだなく、配水車のサービスと地下浄化槽が頼り。
 にも関わらず、すでに定住している人もいるそうです。


 リマの南海岸は、まだまだインフラがなっていなくて、たいていは水の問題があるのですよね。そこのところはよく調べてからでないと、うっかりした物件は買えませんね(妄想続行中…)

180306-12.JPG



 今まさに建築中の家も数件みかけました。
 砂地で、しかも起伏が大きいので、大がかりな基礎工事は欠かせません、まず砂止めを作って、深い基礎穴を掘って…
 そうすると小さな家でも、おそらく一千万円はかかりそうです、うーん土地価格の三倍以上ですね…


 ここの地質は、少なくとも4メートルは砂が堆積しており、その下のどこから岩になるかは調査していない、とのこと(調査してよ…)。
 地下水はないらしいので、液状化の心配はなさそうですし、このへんが過去に崩れたという話も聞いたことがないので、よほどの天災が起きない限りは、まあ大丈夫なのでしょう。


 それでもどうしても、砂上の楼閣感はありありですね。まっ、人生万事、楽しい砂上の楼閣でしょうけど!

180306-13.JPG


 しかし、そういった不安すべてを吹き飛ばす魅力は、この大きな眺め!と、立地の良さ(リマ市内も海水浴場も近いこと)ですね。
 あまりに見晴らしがよくて、パノラマでも一枚におさまらなかったので、まず南半分を。


 中央の黒っぽい岩の岬が、昔ながらの庶民的な海水浴場、プンタネグラ。たくさん人がつめかけているのが、ここからもよく見えます。
 またその向こうの、ぼうっとかすんだ長い岬のように見えるあたりが、おなじみのプクサーナです。


 お天気いまひとつの日でこの眺めですから、快晴だったら海も青くて、さぞきれいなことでしょう。ほどよく雲のある日の夕焼けも、壮観でしょうね。

180306-14.JPG



 そしてこちらは北半分。
 ルリン沖のクジラ島や、わがパチャカマック谷(右奥の霧がかかったあたり)まで見渡せます。
 たしかにこれはすばらしい眺めです、この視点からリマの海を見るのは初めてです。



180306-16.JPG



 特に、パチャカマックのクジラ島が、ぽっかり中空に浮いたこの眺め、いいのですよね…
 以前パチャカマック界隈でも、こんなふうに島が見える土地を探したことがありますが、あやしげな新開地しかなくて諦めました。


 現在ここで売れ残っている分譲地は、ほとんどが陸側の海が見えないところです。
 が、たまたまクジラ島ビューつきの区画がひとつ残っており、また値下げもOKだそうで、宿六も私もかなりグラっ……ときました。
 数年中にと思っている車の買い替えをやめれば、なんとか手の届く土地ですから。


 でも詳しく調べてみると(興味津々だからこそ詳しく調べたのですが)、ううーーーん、所有権がどうもはっきりしないのですね。

 将来的に、国、古くからの村落共同体、プンタネグラ市役所、権利を主張している複数の個人などなどの、三つ巴、四つ巴の裁判に巻き込まれる危険もありそうです。
 プンタネグラの元市長が、異常に安く転売した土地だ、という噂まであるようですし(ペルー、特にリマ南部の海岸部ではよくあるお話ですけれど)


 もちろん運が良ければ、もとがお手頃価格なだけに、先々は値も出て良い投資になりそうですが、すべてパーになる危険もあるわけです。
 その可能性はおそらく五分五分で、先はまったく読めない、というところでしょう。
 もちろん十年ばかり居座?って占有権を確保する、という手もありますから、すでに立派なプールつき家屋を建てた人たちは、それも見越しているのかもしれません。
 でもうちは家の建築資金はないので、だったらやっぱりすぐ使える車のほうがいいですね…


180306-09.JPG



 所有権の所在がはっきりしない物件は、私たちにとっては検討の価値なし、と、しぶしぶ?決断を下したあとも、しばらくはあの宙を飛ぶクジラ島の眺めが忘れられず、ちょっとばかし残念でした。

 もちろんパチャカマックのわが家は、さいきんますます気に入っています。
 着々とジャングル化が進み(勝手に進み…)、故郷の代官山同潤会アパートの鬱蒼とした緑を、どこか連想させる風情となってきて、もう最高なのですが、そうなると当然両立しないのがこういう大きな見晴らしです。


 贅沢を言うときりもありませんが、Quien pide poco al cielo es un locoですもんね!
 それに、肥沃なパチャカマック谷以外の場所でも、ひとつ庭を作ってみたい、という願望もあります。


 ただ先々このコンドミニアムに、同じような白い家がずらーっと並んだところを想像すると、やっぱりそれは私たち向きではなさそうです。
 今回のところは、この思いがけない絶景を見られただけで、じゅうぶん幸運でした!とても良い気分転換になりました。



 かくして海の家の妄想も、だいぶ調子づいてきましたので、次はダメもとでプクサーナあたりでも調べてみようと思います♪
 こういうのものすごく楽しい〜


180306-22.JPG


 ところでこの夏、さかんに海沿いをうろうろしていて気になったのは、大看板の多くが埋まっていなかったこと。

180306-21.JPG


 例年ですと、こういうお馬鹿な超大作がだだだだーーーっと並んで、見苦しいわね…と言いつつ、けっこう楽しみにしていたのですが。
 やはりあの、世間を騒がす大贈収賄事件のあおりなんでしょうか?


180306-19.JPG


 さみしいので、過去の超大作を少し載せておきます。
 このメエメエさんは、おととしだったかな?
 これが遠くに見えてくると、スペインの黒牛看板を思い出すので、ちょっと好きでした。


180306-20.JPG


 海辺までのヒッチハイクを試みる、巨大エケコさん?
 福の神のエケコが道ばたにいたら、そりゃあ乗せますよね、縁起よさそうですもんね。



<モナルカさま、大発生中!>


180306-02.JPG


午後のきらめく木漏れ日。


 陽ざしがきらきらと透きとおって、リマのいちばん良い季節となりました!

 きのう今日と、最高気温は25、6℃どまりで、早くも夏の終りの気配濃厚です。
 (…いくらなんでも、ちょっと早すぎない??)


180306-24.JPG


 過去二年の猛暑の夏にくらべて、かなり少なめだった庭のモナルカさま(オオカバマダラ)ですが、今ごろになって大発生中です。

 写真は、昨年たまごや幼虫を養子にとって、干物かごで羽化させた蝶々さんたち。
 早朝に羽化した蝶たちの、翅が乾いたころを見はからい、ポーチのランタナにそっととまらせると、そのまま翌朝までゆっくり休んでいく蝶々さんも多く、なんともかわいかったです。


180306-04.JPG



 今年はトウワタがたくさん育っているので、養子はとらないことにしました。
 が、毎日の幼虫救出作戦は、休むわけにいきません。


 手近の葉っぱを食べ尽くし、途方に暮れている(ように見える)幼虫たちが、毎日数十匹!は見つかるので、それをフウセントウワタの大ヤブに移住させるのです。
 しかし、さしもの大ヤブもだいぶスカスカしてきましたので、そのうち最終兵器のカボチャも投入しないとならないかもしれません。


180306-06.JPG

180306-07.JPG

 フラウィウス君、こと巨大アスクレピアス(カイガンタバコの一種)は、背丈も2メートルをこえ、脇枝もどんどん出てきて元気にしております。
 まだタネがつかないのが残念ですが、このへんでは見たことのない植物なので、受粉を手伝ってくれる虫さんがまだいないのかもしれません。パイオニアの出現を待とうと思います。


 でも幸いモナルカさまからは、「少なくとも葉っぱはおいしい」と認定されたようで、幼虫はいつも数匹ついています。
 (親になったら産卵だけでなく、ついでに受粉もしてってくれえ。
 つまるところ君たちの繁栄のためなんだから!)


180306-23.JPG


上の大きな穴は、ほんものの食べあとです。
下の三つは描き足しました(^^)


 フラウィウス君の葉は厚く大きく、うんと食べでがありそうなのに、すごい勢いで穴が広がっていくので、いくぶん不安になってきたのもまた事実…
 今後、必要に応じての幼虫引越しも検討中です。
 幼虫も大事ですけど、まだ一本しかないフラウィウス君はもっと大事なので。


180306-01.JPG


 幼虫たちはところかまわず蛹化するので、足元にも要注意です。
 先日はキャベツ(col gallego)についているのを発見。もう収穫できない…


180306-03.JPG


180306-18.JPG
 四年ほど前、イサーク君(懐かしの猫番君の甥っ子)がプレゼントしてくれたリンゴが、この夏初めて結実しました。
 さわやかな青りんごで、宿六が大喜びしています。
 まだ小さな木に鈴なりで、今後どれほど収穫量が増えるやら、むしろちょっと心配です。


 身体には実はよくないらしい果糖を、あまりとりすぎないように気をつけていますが、夏の終りはそうも言ってられません。
 今年はペルーナイト桃にも50個は実がつきましたし、ザクロときたら数百ではすまないかも…
 しかもお店に行けば、マンゴーはキロ2ソルを切っていて、もう天国なのか地獄なのかよくわからない状況。


 イサーク君は家の建築のとき、率先して夜警役を引き受けてくれて、本当にありがたかったのでした。
 あいにくアントワネットちゃんとの折り合いがわるく、自然と連絡が途絶えてしまいましたが、きっとどこかで元気に楽しく過ごしていることでしょう。ワヌコっ子らしく、おっとりした良い若者でしたから。


180306-05.JPG



 先日開花した永吉君のピタヤ(ドラゴンフルーツ)にも、ピンクの実がつきました!
 しかしこれ、5,6メートルの高さなんですよね、うちのハシゴでは届かないけど、どうやって収穫するのかな…



 とりあえず生きてるだけで、なにやら幸せな気がする今の季節ですが、三月四月のアンデスもすばらしいですよね(あー長いこと行っていないなあ)
 緑と野の花でいっぱいな上に、ジャガイモやトウモロコシの収穫期ですから、二月が過ぎたあともえんえんと、もう聖週間のぎりぎり直前までカルナバルが続くのですよね。


 ここパチャカマックでも、いまだに週末ごとに、カルナバルのわくわく浮きたつような音楽が聞こえてきますが、まあ無理もありませんよね。
 こんなに過ごしやすくて豊かな季節に、四旬節の反省モードなんて、はなから無理ですもん。



2018年2月27日(火) 正午の室温26.5℃ 湿度63% 外気温27.8℃ 晴れ
<楽しい妄想(^^) 「海の家」その1>

180219-19.jpg


 その後も過ごしやすい夏が続いております。
 二月なので暑いことは暑いですけど、熱帯夜もなく、去年に比べたら天国です。


 先週は初めてのぶどうを二房、収穫しました。
 もう少し色づくのを待ちたかったのですが、小鳥たちの猛攻撃でどんどん目減りしていくので、あわてて収穫。
 二房で1.5キロ!ありました。
 とても食べきれないので、大きなほうは永吉君にあげました。


180219-02.jpg


 あいかわらず休暇なしの夏ですが、海にはできるだけちょいちょい出かけて眺めるようにしています。なにしろ近いので。
 この浜は、サン・バルトロの南隣、サンタマリア・デル・マール。
 ここはまた格別にきれいですね。


180219-09.jpg



 岩山に作られた高級別荘とクルーザー群。
 ペルーのこういうお金持ちって会ったことはありませんが、確かに存在しているのですねえ。


180219-01.jpg



 道からのぞき見できる、会員制クラブの大きなプール。
 夜はきっと照明されてきれいでしょうね。
 まわりのアパートの人にとっては、良い借景ですよね、こんど夜にのぞきに行ってみよう…


180219-05.jpg



 こちらはもっと素朴でかわいい海の家。貸別荘かな?
 こういうののほうが、私は好み。


180219-03.jpg


昼下がりの海。
見るだけですべてのやる気消滅!


180219-04.jpg



 こういうふうに入り江があって、船が停泊している風景は、見渡す限りの水平線より動きがあっていいですね。

180219-10.jpg



 家の横にナチュラルに駐車?しているクルーザー。
 やっぱりいいなー、お金持ちって。
 こういう種類の贅沢って、縁はなくても見るだけでちょっと嬉しくなってしまう(^^)


180219-07.jpg



 海を見下ろす白い家。
 建材はふつうのレンガとセメントと思いますけど、地中海のしっくい壁に似せて、なかなかうまいこと作ってあります。
 きれいですがこれ見よがしではない、感じの良い家々の並んだ一角です。


180219-08.jpg



 こういう高いところから入り江を見渡せる、こじんまりした白い家がほしいな…と妄想中〜

 でもこのへんの物件は、数千万円はまあしかたないとしても、今や数億円!の物件も珍しくないらしく、とてもじゃないですが妄想以上には進めません!
 (リマ近郊の物件がこの価格帯とは〜〜世も末というか、もう完全にバブルですね。
 じきにはじける、もうはじけると過去何年も言われているので、じーっと待って?おりますが、まだのようです)


 ただ妄想力って意外にあなどれませんので、この夏らしい妄想、しばらく楽しんでみます。
 かなりくっきりとほしいもの(クルーザーじゃなくて漁船がぽつりぽつりと停泊した入り江が見える、小さな白い家…)が目に浮かぶので、そのうち意外にころっと手の届くものが見つかるかも?!なんて。


 しかしですね、当地でいちばん困るのは(まだ困ってないけど)、この手の物件のほとんどが大きすぎる、ということです。
 大家族や友人一同で夏中つめかけることを想定しているので、アパートでも最低300平方メートルはほしい、一軒家なら車庫は5台分はないとね、という調子で…


 先日も中古の海の家を見学してきましたが、二段ベッドがずら〜っと並んだ寝室が三つ四つあって、これ民宿とかじゃなくて個人の海の家?!とびっくりでした。

180219-12.jpg



 こちらはこじんまりとしたエンバハドーレス浜。
 奥は会員制クラブのようですが、手前の小さな浜は公共のもので、そのへんのごくふつうの家族が来ているのがいい感じです。


180219-11.jpg



 しかしちょっと前までは、リマの公共の浜って、およそ近づきたくない雰囲気だったんですよね。
 みんな料理を鍋ごと!持ち込み、子供と犬は放し飼い(どんなに騒いで周囲に迷惑をかけてもほったらかし)、親もまた放し飼い状態で、大音響でラジオならしてお酒をあおって炭水化物をたらふく食べて、そして炎天下で海水浴…(あなたたちここで死ぬ気?!)
 でも近年、急速に意識が変わりつつあるらしいのは、たいへん喜ばしいことです。


 ここもお酒と食品とペットの持ち込み、キャンプ、ボール遊びは禁止で、週末はどうかわかりませんが、少なくとも平日はみなさんきれいに浜を使っていました。

180219-06.jpg


 長い夏の日も暮れかけて、若者たちが海の家に戻っていきます。
 こういうあっさりした作りの、小さな一軒家、かなりいいですね。


 壁はセメントで仕上げずに、レンガ積みの上からそのまま白く塗ってあり、それが素朴な味をかもしだしています。
 当地で地中海風のしっくい壁が作れる人は、たぶんいないと思いますが、外壁はどうせすぐ潮風でいたむから、これでじゅうぶんですね(妄想続行中…)
 屋根は平らにして、屋上テラスにするともっとよさそうです。


 窓の鎧戸がまた、いかにも海の家らしいです。

180219-20.jpg


 鎧戸というと、プクサーナのこの廃屋?売り家?の鎧戸、なんとも味があって気に入っています。
 こういう古風な鎧戸を、朝日がさしこむ窓にとりつけて、毎朝、星型の光がぽっ…と寝台に落ちて目を覚ます、なんていいですよね。


 妄想の海の家ファイルを作ったので、この写真もそこに保存!

180219-18.jpg


 ここサンタマリア・デル・マールは、お役所がずいぶんがんばってるようです、あまり広い地区ではないから、目が行き届くのかな?
 公園も駐車場も、会員制クラブ?と思うくらいきれいに整えられています。
 またどこも清潔で、ゴミもぜんぜん見かけません(少なくとも平日は)。


 ペルーでは、ゴミがない、というだけで、ちょっとした海外旅行気分に浸れます〜

180219-14.jpg


 この崖の上にも何件か別荘が建っています。
 夕焼けはすばらしいですが、はるか下は岩場なので、酔っぱらうと危なそう。


180219-13.jpg


奥の高級別荘に、明かりがともりました。

180219-15.jpg



 ちょっとギリシャ風?イビサ風?のかわいい家にも夕暮れが。

 リマの白壁の家は、すぐ汚れますし冬は寒々しいので、あまり好きじゃなかったのですが、ちょっと意見が変わってきました。
 なんといっても白ペンキは、とても格安な製品があって、まめに塗り替えもしやすいですし!
 今年はパチャカマックのわが家の外壁も、もうめんどくさいので色のことは深く考えず、ただ真白に塗り替える予定です。


180219-16.jpg


 窓やテラスで干されたビーチタオルと、家の前でぶらぶらしている若者たち。なんかいいなー。
 友だちと夜の街に出かけて、深夜お店を追い出されたあとも去りがたくて、道端でたむろしていつまでもおしゃべりしている、というあの若々しい時間と、すっかりご縁がなくなって何年たつことか!


 だいたいがリマ自体はなはだ風情に欠ける街で、「夜の街にわくわく」という感覚が味わえませんから(バランコだけが例外かな?)、それで海の家に心惹かれるのかもしせん。
 夕暮れ時の夏の海辺は、それだけでどこか華やいでいますから。


 でもリマの海がいちばんいいのは、本当は冬なんですよね。
 とすると、いわゆる別荘地ではなく、海辺でも定住者がいるようなところのほうが、冬も安心して使えていいのかもしれません(妄想続行中)。
 たとえばリマから100キロ南の、近年異常人気のアシア浜あたりだと、夏は若者だらけでうるさすぎ、一方冬は閑散として寂しそうです。


 このサンタマリアやお隣のサン・バルトロは、定住者さんも多そうですけれど、どっちにしても予算的にありえません。

 …おおっと妄想時には、予算を考えるのは絶対だめなんですよね。
 それだけで妄想が妄想でなくなってしまうので、予算は忘れて存分に妄想しなくては。


 また、四年前に引越したばかりなのに現実的ではない、みたいな発想も(本当にその通りなんですが)だめです。
 今まで、現実とは思えないほどひどいこと(笑)はいくらでも起きたのですから、現実的じゃないほど良いことだって、そのうち起きるかもしれないですもんね(^_-)-☆


180219-17.jpg


 サンタマリア・デル・マールは、アプローチの道まで良い感じです。
 沙漠の中のノーフォークマツの並木道を通って、パンアメリカン道へと戻ります。


 パチャカマックのうちからはわずか30分(Puente Aricaの工事が終れば、だけど…)、入り組んだ地形も雰囲気も申し分ありません。
 が、いかに妄想といえど、高級すぎて冷たい感じがあるのは難点ですね。


 もう少し素朴で古風な、漁村の風情のある、地域のおつきあいもちょっと残っているようなところ……が私の理想です。

 いま住んでいるパチャカマックで地域コミュニティと深く関わるのは、逃げ場がなくなるのでごめんこうむりたいですが、定住しない別荘だったらお話は別。
 たまに行って、波音を聞きつつ、顔見知りとちょっと立ち話などできたら、さぞいいでしょうね!


 (妄想はつづく)


2018年1月26日(金) 午後5時半の室温27.7℃ 湿度54% 外気温24.8℃ 晴れのち曇り
<今さらですが年末年始>

180104-06.jpg


 おかげさまで年末はさしたるトラブルもなく、平和に新年を迎えることができました。
 (と、今書いたとたん、池のモーターが故障しました……)


180104-04.jpg


 1月6日までの長いクリスマスも、涼しいラ・ニーニャの夏のおかげで、いつもより風情があるように感じました。

180104-07.jpg


 ハシンタ猫はめでたく18歳に。

180104-02.jpg



 K子さんのサンタさん部隊から祝福していただいて、ご満悦のハシンタ猫。

180104-12.jpg


 ハスミン猫もいつものように、高みから下界を睥睨しつつ、新しい年を迎えました。

180104-24.jpg


 年明け後しばらくは、もはや恒例となりました宿六の反省週間です。

 年末年始は、クリスマス・大晦日・結婚記念日と厄日(やっかいな日の意)が続きます。
 私もグルテンフリーで少し大人になったので、いちいち怒ったりはしませんが、冷ややかな視線は感じるのでしょうねー


 おかげでこの時期だけは、わが家に「すぐやる課」が登場します、つもりつもった雑用をかたづける絶好の機会です。
 昨年9月ごろから頼んでいたテラコッタ鉢も、改めて「すぐやる課」に依頼したら、ただちに配達完了!


 (近所に植木鉢を焼いては売り、焼いては売り…しているところがあり、そこだとなんと、一鉢2.5ソル(約85円)だそうです!まるで二十年前のペルーに戻ったみたいな値段です。
 まったく同じ植木鉢が、パチャカマックの園芸店では8ソル、リマ市内まで行くと15ソルまで値上がりするんですよね)


 惜しむらくはこの「すぐやる課」、長くもっても十日あまりで、気づいたときには機能しなくなっています。
 一年中あらまほしき部署なのですけどねえ。


180104-08.jpg



 一月一日のスーパームーンは、え、また東から小さな太陽が昇った?と思うほど明るく、ニュース見てなかったので本当にたまげました。
 なにしろはんぱな田舎で周囲が暗いので、たいへんな迫力でした。


180104-10.jpg



 深夜、薄雲がかかっても輝きは衰えず、きれいな彩雲も見えました。

180104-17.jpg


 年末年始がすぎると、今度は長い長い夏休み。リマの子供は幸せです。
 (でも、まわりがこうもたらたらしていると、受験生は辛そうです)


180104-18.jpg


海に行くなら、いくぶん人出の少ない水曜あたりに限ります!

180104-14.jpg



 サン・バルトロの崖の上に、貸室の広告が出ています。
 こういうところを夏中借りて、でもお父さんはリマでお仕事、週末だけ家族と合流、というおうちも少なくないようです。


180104-20.jpg


なっかなか漕ぎ出せない舟(重量オーバー?)
でもみなさん楽しそう。


180104-19.jpg


 サン・バルトロの海は、この日もやっぱり、不思議な緑がかった金色でした。
 これはもう、こういう色なんでしょうね、たぶんプランクトンがめっぽう多いのですね。


180104-16.jpg


夕日と水しぶきをあびるカニ君。

180104-21.jpg


 霧が発生しやすいリマ沖では、水平線にちゃんと沈む太陽が見られるのは、真夏だけ。
 この写真も、太陽と接した水平線の白いところは、もしかすると水面じゃなくて水蒸気層かもしれません。


180104-13.JPG


 小さなこのホテルも、いかにもいかにも夏休み!
 うちからたった30分のところなのに、なんなんでしょう、このリゾート感は?!


180104-15.jpg



 サン・バルトロもこうしてみると、ちょっぴり地中海ですね…

 昨夏はあまりの陽ざしに、海に入る気になれませんでしたが、今年は今年で朝夕けっこう涼しく、海に行っていいかどうか迷ってしまいます。
 でもこんな風景を見ると、今年こそはもっと夏を楽しもう!と思います。


180104-22.jpg



 帰路のパンアメリカン道。
 昨年からずーっと工事していて、いつも渋滞する地点に、スーパーマーケットが大看板を出しました。
 「渋滞でジリジリするより、お肉をジリジリ焼きましょう」ですと。


180104-23.jpg



 ルリン川の水は今年も大いに遅れて、1月10日にやっと戻ってきました。
 12月から心配し続けていたので、心底ほっとしました。


180104-27.jpg



 昨年は猛暑の上に井戸水も足りず、庭もカラカラで本当に悲しかったですが、おかげさまで今年はすべてが青々としています。
 ためしに蒔いてみたアーティチョークも、あっというまに大きくなりました。
 もっと時間がかかると思い、すきまにブロッコリーを植えたのですが、どちらも想像以上に生育が早く、もう大混雑です。


180104-25.jpg


 いちばんホットな庭ニュースは、「ペルーナイト・チリモヤ」についに花が咲いたこと!
 ペルーに来て二十ン年、チリモヤの花を見るのはこれが初めて。
 とても小さくて地味な花ですが、チリモヤの実と同じ、tutti frutti味のチューインガムのような甘くて派手な香りがします。


180104-33.jpg


市場のチリモヤ屋台


 チリモヤは甘すぎて、あまり好みではありませんが、自分の家でとれたら気が変わるでしょうね!

180104-26.jpg

5メートルの壁を乗り越え「こんにちは!」


 永吉君のピタヤ(ドラゴンフルーツ)も、ぐいぐい伸びて、初めて花をつけました。

180104-29.jpg


 台所前のブドウも、初の結実です。
 たった四房ながら、かなりの大きさです。


 ただ、苗を買ったときお店の人が言ってた品種とは、なんか違う気がしますが、それもまたご愛敬。
 リマではよくあることですし…


180104-28.jpg


 チコリの花も満開です。
 葉っぱもおいしく、花まできれいで言うことなし。タネとってまた蒔きます。


180104-31.jpg


 モナルカ蝶は、昨年は冬の9月ごろまで見かけました(もっぱら成虫のみ)。
 でも10月11月の初夏にかけて、ぱたっと姿を消してしまいました。


 ひとえにモナルカ様のため、好きでもないフウセントウワタの、こーんな大藪を作ってしまったので、この事態にひたすら「…………」でしたが…

180104-30.jpg


 12月の夏至の日に、ふたたび飛来してくれました。
 そして今週くらいから、急にほうぼうで幼虫を見るようになりました。猛暑の昨年より一か月ほど遅いです。


 でも幼虫君たち、ペルー原産種の赤いトウワタのほうがやっぱりお口に合うらしく、フウセントウワタではまだあまり発生していません。
 あの藪、食べつくしてもらえないと、ちょっと困るのですが…
 まあ夏はまだこれから、シマシマ君たちの食欲に期待です!


180104-32.jpg


 カラッと晴れて暑くなったり、しとしと涼しい雨が降ったり、日がな一日そよ風が吹き通ったり。
 例年になく変化に富んだ夏、心楽しくすごしております。


 二年続きのエル・ニーニョの酷暑を思うと、今年の夏はまったくもって夢のように快適です。
 (それでも取り換えられるものなら、東京の大雪と交換したいです…)


180104-34.jpg


 ポンプ故障のおかげで池の水もしんと鎮まり、それなりにいい感じ……
 パピルスもティラピアも元気です。元気すぎます。


180104-35.jpg


 今日は快晴のあと、白く曇ってひやっとしてきました。
 でもきのうは、澄んだ水で満たした金魚鉢のような、にぎやかな夕焼けでした。



このページには何も有益な情報はないので、まさかここで被害に遭う方もいらっしゃらないとは思いますが、念のため・・・
【当サイト内のあらゆる情報の無断転載等は、固くお断りいたします。
また、当サイト内の情報をご利用なさることで、万一なんらかの不利益を蒙られることがあったとしても、私こと当資料室管理人は、一切責任は負いかねますので、その点はあらかじめご了承ください】


casita.pngペルー談話室 玄関に戻る