サイト内検索 powered by Google

過去の「モナ・ムール!歌謡ポップスの掲示板」(その69)

18.1.1〜18.1.31

私、間違えていました 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月31日(火)17時37分29秒


先日、某有名コラムニストが書いた歌謡曲関係の本を読んでいてビックリ。そこには夏木マリの「お手やわらかに」の歌詞が次のように載っていました。

♪おー手やわらかぁに おー手やわらかぁに どう猛よ あなたはぁー

エーッ!俺はズーッと「泥棒よ」と思っていたけど、間違って覚えていたのか!?。すぐに調べてみたら、やっぱり「泥棒よ」が正しい事が判りました。
「♪どう猛よ あなたはぁー」。ウワッハッハッ、意味が通るだけに余計に笑える。あの某コラムニストは今でも「どう猛」だと思っているんだろうか。その人は昔、「木綿のハンカチーフ」の「♪いいえ 星のダイヤも・・・」の部分も「♪欲しいのダイヤも、海に眠る真珠も」だと思っていたそうです。
でも、つい思い込んじゃうって事もありますよね。私も若林加奈「セプテンバー・クィーン」の「もっと深刻」を最近まで「もっと深呼吸」だと思っていました。これなんか歌詞の意味を考えれば、すぐに間違いだと気付くんですけどね。
ちなみに言葉遊びというか、作詞者がわざと引っ掛けの歌詞を書く場合もありますよね。有名なのは「アルプスの少女」。

♪取り替えた指は薬指(取り替えた指輪、薬指)

初めて聴いた時「エーッ!?」って思いませんでしたか?。
こんな風に間違えて覚えていたり、作詩者にまんまと騙されて聴き間違えた事って、みなさんもないですか?


追加 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月30日(月)09時01分39秒


↓「『さそりの三本立て』を見てきた」という台詞は、今までのところありません。


寺貫 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月30日(月)08時59分49秒


 こうそくひれん1号様

>面白いのは分かっているんですが、美代ちゃんの歌くらいしか付加価値はないですからね。

ウーン・・・そうなると購入するのはちょっとバカバカしいかもしれませんね。でもバラ売りしているのなら、とりあえずどれか購入してみてはいかがでしょう?(第何話だったか忘れましたが)「しあわせの一番星」が屋根の上のシーンと、レコードと最後に連続してかかった回がありました。とにかく文句なしに名曲ですね。私は「赤い風船」よりこっちの方が好きなんです。メロに哀愁が感じられて。

>梶芽衣子が姉貴だったのは「1」ですね。秀樹(だったか?)が「『さそり』の三本立てを見てきた」という台詞(アドリブか?)を言った時、梶芽衣子が照れ笑いしていたシーンが印象深いですね。そんなシーン、ありましたか?

このドラマでは梶芽衣子さんの存在が大きいですよ。「恨み節」で知られる彼女が、普通のお嬢さん(でもハンディキャップを抱え、恋もままならない)をさりげなく演じてるところがいいんです。「2」はほとんど見てませんでしたが、風吹ジュンさんでしょ?当時だとちょっと演技力にかなりの差があったのでは?と思います。


花吹雪はしご一家 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月30日(月)07時05分20秒


最近は何でもアリの、TVドラマの(DVD)BOX化ですが、もし「花吹雪はしご一家」のBOXが出たら、即買いですね。美代ちゃんばかりか近藤(相本)久美子もレギュラーだし、作品のマイナー度も高いですからね。それに第12話には「ウハー!」なシーンが登場します。どういうシーンかは'05年4月9日の書き込みを見て下さい。「水曜劇場」では「せい子宙太郎」もDVD化してほしいですね。数少ない伊藤咲子のレギュラー出演ドラマです。

>>KOSUKEさん

「寺貫」は昔よく見ていたから内容はよく知っているんですが、高いお金を払ってまで買おうかどうか、迷っています。面白いのは分かっているんですが、美代ちゃんの歌くらいしか付加価値はないですからね。「1」と「2」では兄弟の顔ぶれが違いますが、梶芽衣子が姉貴だったのは「1」ですね。秀樹(だったか?)が「『さそり』の三本立てを見てきた」という台詞(アドリブか?)を言った時、梶芽衣子が照れ笑いしていたシーンが印象深いですね。そんなシーン、ありましたか?

>>よっかーさん

15,960が高いかぁ・・・・・なんて思っちゃったんですが、今回発売するのは「」なんですね。一本あたり何話入っているのか知りませんが、全話そろえるには相当のお金が掛かりそうです。桜田淳子の「玉ねぎむいたら」のBOXも約25,000で売っていたので「買おうかな・・・」と思った事があるんですが、よく見たら「前編」。「後編」まで買ったら約50,000になります。「ドヒャーッ!」と思い、止めました。
「寺貫」第12話の回想シーンで美代ちゃんがセーラー服姿ですか。まあ当時なら、まだ違和感がないでしょうね。今なら・・・ヒエーッ!。それにしても美代ちゃんは「第12話」に縁がありますね。


ありがとうございます 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月29日(日)22時43分6秒


よっかー様

 ご回答どうもありがとうございました。
 離婚したうえに芸能活動も休業では、(大きなお世話ですが)どうやって生きているんだろう?と若干気になりまして。それは一安心です。


真理ちゃんは今 投稿者: よっかー 投稿日: 1月29日(日)19時07分24秒


悠々自適に生活されてるようですよ。
芸能活動はしてませんが、充分な蓄えがあるそうですから、他人がとやかく言うこともないみたい。浮世離れした性格だし、それが許されるトップアイドルだったから、嫌な思いをした人も、真理ちゃん自身にもあったようですね。

>こうそくひれん1号さん
日本のDVD-BOXは値段が高すぎるよね。
美代ちゃん目的なら好きな回をセレクトするのもいいかもね。第12回なんか回想シーンでセーラー服姿が出るから要チェック(^^ゞ。


お薦めです 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月29日(日)13時03分9秒


 こうそくひれん1号様

>2月24日に「寺内貫太郎一家・DVD-BOX」(バラ売りあり)が出るそうです。美代ちゃん目的で買おうかどうか、迷っています。

このドラマはあと20回(5ヶ月弱?)近くTBSチャンネルで放送されますので、TBSチャンネルへの加入もいいかもしれません。まだ現時点では「しあわせの一番星」を最後に歌ってますが(結構昔のいいドラマやってるんですよ。音楽面がイマイチですが)、バラ売りで購入されるのもいいかもしれませんね。とにかくご覧になることをお薦めします。

>浅田美代子の証言によると、天地真理は当時、かなりイヤ〜な人だったらしいですね。美代ちゃんの事を、「何であんな下手くそと一緒に唄わなきゃいけないの?」と言ったり・・・。

美代ちゃんが「時間ですよ」でデビューした時、一般公募で数万人の中から選ばれたのはご存知かもしれませんが、その最終審査で真理ちゃんは審査員で、美代ちゃんに最低の点をつけた、とか当時の「週刊明星」かなんかで読んだ記憶があります。そりゃ歌は真理ちゃんの方が上ですが、演技では(私の記憶する限り)美代ちゃんが全然上回ってましたよ。


寺内貫太郎一家 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月29日(日)12時28分37秒


2月24日に「寺内貫太郎一家・DVD-BOX」(バラ売りあり)が出るそうです。美代ちゃん目的で買おうかどうか、迷っています。

>>KOSUKEさん

浅田美代子の証言によると、天地真理は当時、かなりイヤ〜な人だったらしいですね。美代ちゃんの事を、「何であんな下手くそと一緒に唄わなきゃいけないの?」と言ったり・・・。
でも当時のスターのエリート意識なんてそんなもんで、別に真理ちゃんだけが特別だとは思いませんけどね。


京平ボックス 投稿者: 剛 投稿日: 1月29日(日)10時24分41秒


予約しました。結構ダブりますが、一応。最近は川島なお美のファーストLP『ハロー』での、南沙織のカバー曲(オリジナルより聴きやすいかも)や、森高「八月の恋」、シェリー「恋のハッスルジェット」…なんかを良く聴きますね〜。名曲だらけ。


白雪姫は何処? 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月28日(土)21時03分42秒


 突然ですが、私はここ1〜2年お見かけしない「天地真理」さんの消息が気になります。(別に検索までして調べようとも思わないのですが)同じ「時間ですよ」から出てきた浅田美代子さんに逆転されたというか、大差をつけられましたね。でも今CATVで「寺内貫太郎一家」を見て思いますが、美代子さん初めから演技はうまかったです。


宝生桜子… 投稿者: 剛 投稿日: 1月27日(金)23時06分31秒


こうそくひれん様
菊池桃子風な清純な感じの曲に透け透けピンナップ…一応、プロフに17歳ってありますが、やはりそ〜は見えないですね。シングル一枚で消えたし…納得です。


っていうか彼女は・・・ 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月27日(金)20時22分29秒


>>剛さん

そもそも宝生桜子はレコードデビュー前、「抱・き・し・め・て」というヌード写真集を先行発売してるんですよ(デビュー曲は'86年8月25日発売、写真集は'85年8月30日発行)。セミヌードレベルではなく、かなり大胆な内容です。今ならこういうのもアリかな、と思いますが当時は、やっぱりまだ珍しい流れでしたね。翌年、歌番組に登場した時、普通っぽいアイドルソングを唄っていたので、またビックリしました。


聴き方 投稿者: 剛 投稿日: 1月27日(金)08時01分47秒


あまりに枚数があり、EPなどはレコード会社別に保管。昔は各社それぞれの「味」があり、たまにMDに「BMG編」、「Sony編」などと録音したり。しかしいつのまにか増えて、知らない間に川島なお美がコンプリートしてたり、同じものが何枚もあったり。たまに整理すると発見が!こないだは宝生桜子のデビュー曲の付属ピンナップがかなり大胆なのを発見。翌年以降、AVに転向する前兆を発見。大人になって、後から振り返るとわかることもありますね。


私の聴き方 投稿者: kansuke 投稿日: 1月26日(木)22時53分53秒


は、大体アイドルのシングルは3〜4ヶ月おきに新曲発売となりましたので、その周期に合わせてオキニの歌手の最新曲をレンタルし、54〜60分テープに収録して聞いてました。
それは、高校生の頃(81年頃)から始め、結婚してからも1年くらい(97年くらい)続けてました。特にオリコンチャートの集計の関係で、水曜日発売が多かったのが印象にあります。でも、その日に行くと大体レンタル中の札が貼ってありなかなか借りることができませんでしたが、火曜日の夕方には入荷してる事を発見し、以後火曜日に借りに行く事を覚えました。
聴き方としては、高校生の頃はバイトで買ったアイワのカセットボーイ(ウォークマンタイプ)で通学途中に、社会人になってからは通勤途中や、スキー・テニス・海水浴の友にカーステで聴きました。60分前後のカセットだと、通勤通学には丁度良い長さでした。
今は、MDに焼き直して歌の大辞テンのように季節ごとに通勤時に聴いてます。
因みに、今日はH1年1〜2月号を聴きました。
内容は、「恋一夜・工藤静香」、「愛がとまらない・WINK」、「TRUE LOVE・浅香唯」、「真冬のウサギ・みっちょん」、「ヴァージオブラブ・荻野目洋子」、「スノーフレイクの街角・杏里」、「RUNNER・BAKUFUスランプ」、「愛がなくっちゃ、ネッ・渡辺美奈代」、「キ・ツ・イ・玉置浩二」、「青山Killer
物語・RA-MU」、「目を閉じておいでよ・バービーボーイズ」、「ANNIVESARY・少女隊」を収録したものでした。

>おちばくん様
山口弘美さんでしたか。彼女あまり印象には無いです、私は根っからの巨人ファンなので、歌だけ耳に残っていたのでしょう。


アイドルソングの使い方 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月26日(木)21時52分38秒


>>gooさん

私は(懐かしアイドル)CDを買うと、自分好みのノリの曲をピックアップしMDに入れ、「好きな歌 特集」を作ってます。
その後、CDはコレクションとして棚に並べるだけで、再チェックする事はあまりありません。だから「この曲を(自分が)持ってたのか」などと後から発見する事もあります。以前、ここの掲示板で訊いた「『サファイヤ色のプレリュード』の原曲(のタイトル)」(「そよ風に乗って」)も、(所有する)岡田奈々のCDに入ってました。
コレクションは時々、整理・チェックしないといけませんね。


「あの人は今」考 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月26日(木)21時27分23秒


>>よっかーさん、kansukeさん

「(今の姿より)当時の映像の方が見たい」との事。その気持ち、よく解ります。
でも、現在の消息を知りたいかどうかは、そのアイドルのメジャー度(マイナー度)や、(その娘に対する)思い入れの強さによるのではないでしょうか。
例えば私の場合は石毛礼子なんですが、やはり彼女に対しては「今、どこでどうしているのかなァ〜」と気になります。また、最近になって消息が分かったんですが、吉田真梨も番組で扱ってほしいアイドルでしたね。
一方、中ぐらいの思い入れのアイドル、例えば坪井むつ美や川島恵なんですが、「今でも独身で、(お仕事)ガンバッテマ〜ス」なんて報告なら嬉しいんですが、(老いさらばえた姿を見せて)「主婦してます。子供も3人います」なんて情報なら知りたくないな、と思います。他人(ひと)のモノになっちゃった姿を見せられても悔しいしね。こういう人たちは現役時代の映像を見せてくれた方がありがたいですね(ナレーションで一言、現況を伝えるくらいはOK)。
また、あまり思い入れのないアイドルは(知識、情報として)詳しい消息を知らされても抵抗はないんですが、まあやっぱり昔の映像でも流す方が無難ですかねぇ。


アイドル懐かし所 投稿者: TK 投稿日: 1月26日(木)20時33分17秒


>皆様

 いろいろと教えてくださって、本当にどうもありがとうございます!
 明日、明後日とじっくり回らせていただきたいと思います。
 それと、どなたか明日の夜、新橋の「なつかしや」に一緒に行ってみたい方
 いらっしゃいませんか??
 先月、一度だけ行ってみたんですが、当時のアイドルのジャケットが散りばめられて
 いて、なお且つすばらしい映像が見られて、大満足でした。
 緊急オフ会、なんて如何でしょうか??
 突然で、本当に申し訳ございません・・・。
http://yaplog.jp/idol-pops/


欲しいときが買い時、 投稿者: 剛 投稿日: 1月26日(木)18時10分10秒


ではないですが、今みたいにインターネットが発達してないときは「相場」がわからなくて、石川秀美のプロモep「もっとjevousaime」を6800円、島田奈美の「No!」を2500円などと「あれば買い時!」みたいに買ってました。バカですね〜。某ブックオフで野田幹子や谷村有美のCDが100円で投げ売りされてる今、珍しくなくても良いものがあるんだな〜と反省。ちなみに八幡山のカルチャーステーションは見るだけですね、さすがに。ポスターが7000円とか。見に行くだけなら遠いけど良いかも。ここで森高の12インチ「OVERHEAT NIGHT」を7年前に100000円で見ました(笑)


訂正 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月26日(木)14時58分11秒


>>「おちばくん」さん

今朝「'04年3月11日」なんて書いちゃったけど、「'05年3月11日」の間違いです。
まだ2005年気分だったんで、どうもすいません。


アイドル博物館的な所 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月26日(木)14時53分25秒


>>TKさん

神保町の「荒魂書店」なんかどうでしょう。
1階は古い物から最新の物まで「アイドルお宝写真集」がどっさり。2階はあらゆる「アイドルグッズ」が所狭しと並んでいて、その手のマニアの方なら楽しめるでしょう。
難点はどれも値段が高い事。どれくらい高いかと言うと、相本久美子や倉田まり子の写真集なんか3〜4万円もするんです。それらがあんまり高いんで、比企理恵の写真集が5千円で売っているのを見て「安い!」と思い、つい買っちゃいました。でも冷静に考えれば「5千円」なんて、やっぱり高いですよね。しかもバリバリアイドル当時の写真集ならともかく、デビュー10年後の物だったんです。もう思いっきり後悔しました。
ああいう所では金銭感覚が麻痺しますね。お気をつけあそばせ。


アイドル博物館 投稿者: 剛 投稿日: 1月26日(木)14時05分11秒


TK様
えとせとらは最近、店舗縮小で見づらくなったためあんまりお勧めではないですね(値段も高いし)。それより中野ブロードウェイはアイドル専門店「音吉プレミアム」、古雑誌専門店など、わりとマニア的にも楽しめます。新宿からすぐですし。自分は過去に「えとせとら」や「音吉」でいくら散財したか…恐ろしくなります。


(無題) 投稿者: ZIL 投稿日: 1月26日(木)13時56分21秒


TKさん、こんにちは、ZILと申します。
>東京にアイドル博物館的なスポットってあるのでしょうか?
蒲田の、えとせとらレコードなどいかがでしょうか。


懐かしのアイドル達 投稿者: TK 投稿日: 1月26日(木)10時55分43秒


こんにちは!
いつもいろんな話題で、読んでいてとても興味深いです。
よく、B級アイドル達は改名したり、脱いだりしてしまいますよね。
デビュー時のアイドルとしての華やかさを思うと、悲しくなりますね。

清水香織さんといえば、シスター姿が思い出されますね。
2年目からは、普通にアイドル路線でしたが・・・。
「不思議なピーチパイ」のリメイクは結構好きでした。

それと、実は明日から上京するんですけど、東京にアイドル博物館的な
スポットってあるのでしょうか?
ぜひ60〜80年代のアイドル・歌謡を楽しめるようなスポットに
行ってみたいです。
CDと違って、レコード時代のジャケットは、見ているだけで飽きないし
いつまでも楽しめますからね!
http://yaplog.jp/idol-pops/


聴き方 投稿者: 剛 投稿日: 1月26日(木)08時45分5秒


基本的に89年を最後に歌謡曲のシングル新譜を買わなくなりました。理由は洋楽に目覚めたのと、「8cmCDシングル」が嫌だったため。覚えてます?あの短冊みたいなやつ。保存しにくいわ、場所取るわで、CDシングルの新譜はこの10年で一枚だけ。中谷美紀の「クロニックラブ」のみ。やはり7インチが好きですね。ちなみに86年までは新譜アルバムはカセットで購入。棚に並べると綺麗ですけど、恥ずかしいので隠してますけど。あと石川秀美さんは後半数年、とんでもなくどうでもいい曲ばかり歌わされてましたよね。88年以降は。聴いてないから中古で買いましたけど、どれもなんだか…。


とりあえず一言レス 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月26日(木)05時00分30秒


>>MACKYさん

そういえば森山祐子もレギュラーでしたね。それを忘れていて、私は川島なお美で番組終了かと思っていました。みんな、何か忘れてるもんですね。

>>剛さん、KOSUKEさん

秋ひとみは脱がなくて「あ〜よかった〜」と思っています。ひとみちゃんは好きだけど、ああガリガリの体を見せられてもねぇ・・・。

>>「おちばくん」さん

井上望は結構好きだったし、今でも嫌いじゃないけど、特別にファンでもないですね。HNについては'04年3月11日の書き込みをご覧ください。「こうそくあずさ2号」でも良かったんですけどね。

それじゃ、急ぎますんで!アディオ〜スッ!


(無題) 投稿者: おちばくん 投稿日: 1月26日(木)00時52分24秒


こうそくひれん1号様-
山口弘美さん、おっしゃる通りCMでのメディア露出は多かったからそのうちブレイクするだろうと思っていたけれど・・でもイイ思い出を残してくれたので、自分的にはいいアイドルだったなと思います。ところで、そのHNは井上望さんのファンなのですか?

kansuke様-
おっしゃっている曲は山口弘美「私の彼はジャイアンツファン」です。この曲は完全な企画モノでしたがカップリング曲は好きでした。

よっかー様-
当時の映像、見たいですね。懐かしさでもう1度観てみたい人や、1度も見る機会の無かったアイドルとか、どんな衣装・振りつけだったのか気になったりします。小原靖子「ちょっとHENSHIN」希望♪

KOSUKE様-
マーガレット・ポーはもう1枚「空の最終列車'80」というのが出てるハズ..といってもどんな曲だか知らないんですけれども(爆)

goo様-
Kyon2なら断然初期の4枚&セカンドアルバムまでが好きです-という私は変わり者でしょうか。彼女のレビューではデビュー当時の曲は大体貶してある事が多いのですが、そんな悪くないですよねえ。
http://page.freett.com/akikofun/


北村優子なら〜他、聴き方? 投稿者: goo 投稿日: 1月26日(木)00時26分15秒


北村優子の話題が出ているので〜私も参加させてもらいます。北村優子だと映像もそうですがシングルの音源も揃えたいですね。確かシングルが6枚ほど出していると思うのですが、あまりCD化されていないのが残念です。ビクターは80年代よりも70年代に良質なアイドル?が多いのでCD化による復刻に積極的に取り組んで欲しいです。
あと、こちらに書き込みされているみなさんは幅広い年代の歌手の知識があり、音源(レコード、CD)をお持ちになっていると思うのですが、どのような音楽の聴き方をされているのでしょうか?私はアイドル系が得意分野(笑)ですのでMDに年代別に編集(発売日順に)してオムニバス形式で聴くようにしています。ちなみに先日は82年デビュー組のA級アイドルによるオムニバスMDです。松本伊代、堀ちえみ、小泉今日子、石川秀美、早見優、中森明菜らの曲をまとめて聴きましたが、石川秀美は歌唱力が最初のほうこそなかったようですが三年めともなるとかなり実力派に変貌していて楽しめました。中森明菜の曲は好きな曲とそうでない曲がはっきり分かれてしまいました。ミディアムテンポやスローテンポの曲に独得の延ばし方があると、ちょっとつらいですね。堀ちえみもドラマ出演過多により喉を痛めてハスキーな感じになると、よくとおる声質だっただけに、歌手業に専念して欲しかった気もします。早見優、松本伊代はデビューの時から歌唱が安定していて、おもしろみには欠けるけど筒美京平による曲は持ち味が出ていていいですね。小泉今日子に関していえば、完全にビジュアル系のアイドルなので音(歌唱)だけではわかりづらいかも〜。小泉今日子のアイドル時代を知らない人が聴くと一番興味を持ってもらえないような気がします。と感想が長くなりましたが80年代の曲を今現在改めて聴くと当時とはまた違う事を思ってしまいますね。


エバ&秋ひとみは素晴らしい! 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月25日(水)23時52分40秒


こうそくひれん1号様 剛様

>「お笑いマンガ道場」って、元々はゴールデンハーフのエバがレギュラーだったんですよ。

やっぱり「元祖バラドル=ゴールデン・ハーフ」という私の持論もまんざらハズレじゃないのかもしれません。アイドルのカバー攻め第1号、という点でもパイオニアだったゴールデン・ハーフ。その中でもインパクト一番のエバさんは、ソロになっても「君こそスターだ!」や「進め!フィンガー5」などのアシスタントとして活躍していましたが、三枚目なのにマジメな仕事ぶりに子供ながら私は感心していました。「お笑いマンガ道場」も真剣に取り組んでいたんでしょうね。

>川島なお美みたいに上手く芸能界に残るタイプでは無かったのが、秋ひとみの良さですかね。

ズバリ「言い得て妙」とはこのことです。脱ぎそうで脱がずに芸能界を去ったのが、彼女の魅力だと思いますよ。とにかく色気では川島さんなんかとは比較にならないくらいあったと思います。


同感 投稿者: kansuke 投稿日: 1月25日(水)23時13分5秒


私も、現在の映像より当時の映像の方が見たいです。
年食って、醜い物を見せられるよりそのままの映像の方がガッカリせず、永遠のアイドルでいられるので。特に、最近の坂上とし恵さん、どうしちゃったの?野々村となんかあったの?整形失敗したような、皺だらけの顔してるけど。
因みに、森恵さん、清水香織さん、パティさんの行方が知りたいです。
また、東京ドームが出来た頃「私の彼はぁ〜ジャイアンツファ〜ン」なんて歌ってた人も名前すら思い出せないけど知ってる方いますか?


秋ひとみは 投稿者: 剛 投稿日: 1月25日(水)22時52分4秒


当時(20代前半)なはずなのに、なんかも〜少し上な印象が…。手元にあるジャケ写とか見ても、歌手よりは完全にグラビア系ですね。コンサバな雰囲気の川島なお美とは別ななんか「薄幸な」感じ。「脱ぎそうで脱がない」タイプだとは思うのですが、あのまま芸能界にいたら…多分…。川島なお美みたいに上手く芸能界に残るタイプでは無かったのが、秋ひとみの良さですかね。


「レースのカーディガン」 投稿者: MACKY 投稿日: 1月25日(水)22時24分48秒


麻田華子さんの改名後の名前は村上理央さんだったっけ?理央さんっていうとプロ野球の平野選手と結婚した橋本清美さん改め秋本理央さんを思い出すんだけど。あと、脱いで痛々しかったのは、中途半端な露出の上にスレンダー過ぎた田山真美子さん(この人楽天使のメンバーだったっけ?)とか、身体が透明に近かった新島弥生さんとか?そう言えば渡部桂子さんも最初の離婚の時に脱いでたっけ。坂上香織さん(この人も一時期「かおり」に替えていたけど、いつの間にか元に戻ってた?)は「レースのカーディガン」なんて良い曲だと思ったのに、何がキッカケで…それにしても皆さん、いろんな方の消息に詳しくて脱帽です。

『お笑いマンガ道場』のアイドル枠はエバ→秋ひとみ→川島なお美→森山祐子であってるかな?私は秋さんを忘れていた…


書き込み多いな。レスが大変 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月25日(水)18時48分49秒


>>KOSUKEさん
「お笑いマンガ道場」って、元々はゴールデンハーフのエバがレギュラーだったんですよ。車だん吉とコンビを組んで「だん吉ぃ・エバのぉ、おまけコーナー」なんてやってました。その後、メンバーチェンジで「だん吉・ひとみの・・・」「だん吉・なお美の・・・」になりました。

>>剛さん、クジラ2号さん
情報ありがとうございます。まだ手に入りそうですね。今度、探してみます。

>>MACKYさん
あれほど見たかったアイドルのヌードなのに、実際に脱いじゃった写真集を見ると、なんかガッカリするのは何故なんでしょう?

>>「おちばくん」さん
山口弘美といえば「♪撮りっきり、撮りっきり、もう 売りッ切れーですかァー」の『撮りっきりコニカ』を思い出しますね。そのコニカ(コニカミノルタ)もカメラとフィルムをやめちゃうそうです。
あと「小僧ずし」のCMにもレギュラー出演してましたね。本人はマイナーなのに、CMはメジャー物が多いな。

>>よっかーさん
よっかーさんならもうチェック済みかもしれないけど、北村優子の動く映像ならDVD「ゆうひが丘の総理大臣」が最も手に入れやすいでしょうね。歌は唄っていないだろうけど、制服姿の優子ちゃんには萌えます。


見たいっていえば 投稿者: 剛 投稿日: 1月25日(水)16時52分19秒


歌映像で見たいのは目黒ひとみ、若林しほ、佐々木よしえ、江原由希子…あとGALですかね。もう一度見たい!なら間違いなく、Mステでの森高千里による「ピンクレディーメドレー」!「ストレス」の衣装による超絶パフォ〜マンス。あれは凄かった。


懐かしい・・・ 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月25日(水)15時57分3秒


よっかー様

>今見たいのは「讃岐裕子」「マーガレット・ボー」「北村優子」あたりの歌ってるトコかな。

ここの住民になってもうすぐ2年になりますが、「マーガレット・ポー」の名前は初めて目にしました。「ラブ・ショック」「天使のハミング」「トロピカル・ハネムーン」と3枚出してフェード・アウトという記憶なんですが、画像が残ってるのなら見たいですね。歌番組で見たのは「ぎんざNOW!」という関東のみの番組だけ(讃岐さんもそう)でしたが、確か「欽どこ」のレギュラーでしたし。北村さんはスタ誕関係で画像があるでしょうね。日テレ音楽祭の新人賞候補にも入りましたし、そのVTRも残っているでしょう。私は当時の画像で見たい人は石毛礼子さんですね。


あの人の・・・今よりも昔 投稿者: よっかー 投稿日: 1月25日(水)13時29分51秒


私は引退した方の行方は興味ありませんが、バリバリの時代の映像を見たいですね。
今見たいのは「讃岐裕子」「マーガレット・ボー」「北村優子」あたりの歌ってるトコかな。
別に今の生活を撮影してこなくても、「引退後は○○○してます」「〜年に引退しました」程度の説明で充分。


ホストクラブねえ・・・ 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月25日(水)13時21分15秒


またあの顔でヌケヌケと・・・(失礼)。「私の声にはニューミュージックが合っている」との一言を残して芸能界を去った大和さくらさん、ある意味では一番興味あるかも!?


失礼! 投稿者: 剛 投稿日: 1月25日(水)11時41分35秒


大和さくらと勘違いしてました〜(笑)。十代にしてホストクラブ入りびたりだった(笑)。まあ、当時引退していたはるみを引っ張るために、必要以上に持ち上げた人たちが悪いんでしょうけど。


演ドル 投稿者: たつし 投稿日: 1月25日(水)08時40分35秒


かつて『青春の顔』という歌を歌っていた宮田愛さんはどうしているのか気になります。


詳しいなあ 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月25日(水)08時38分43秒


 剛様

 すごく詳しいですね。ちょっと驚きました。森下恵理さん・・・私デビュー曲の「ブルージン・ボーイ!」買ったんですよ。21年前になります。安井=加藤夫婦の作品にしては超ポップだったけど、いい歌でした。「かじってごらん、エキゾチックフルーツ・恵理」というキャッチフレーズでオリコン29位までいったんですけどねー。私だったら石川秀美さんより彼女を優勝させるけどな。麻田華子さんも波乱万丈だったんですね。「好き・嫌い」はナベプロの猛プッシュもあったのか、初登場12位だったのにね・・・
 最後に祭小春さんですが、そこに書かれてるのは大和さくらさんのことなんですよ。都はるみさんに200万円借金してトンズラだったそうです(某女性週刊誌の記事によれば)。だから希望はしてるものの、絶対「あの人は今」で取り上げられない。祭小春さんも消息を知りたいんですが、きっと歌い続けてるんじゃないかと予想します。「命船」♪それいーけどっこいしょ 猛烈なインパクトでした。


森下恵理 投稿者: 剛 投稿日: 1月25日(水)07時56分50秒


●森下恵理は第二回秀樹の妹コンテスト準優勝だったのに、当時13歳だったので、デビューを延ばされてしまったのが、敗因でしたね。その後、引退→94年にeri名義でトイズファクトリーから再デビュー(デジロックな感じです)アルバム5枚、シングル6枚出して(ちなみに全部廃盤です)→契約切れ→本名にてインディーズ活動。ちなみに彼女はもうお子さんが中学生!だったはず。90年くらいに出産してるので。実際、お見かけした時は金髪、ピアスだらけで、昔の感じをイメージするとびっくりするかも。音楽活動は続けているため、彼女としては本望かも。●麻田華子は数年前までavexからTrinityというユニットでかなりの枚数を出したものの、引退されたようですね。引退→ヌード復活→ユニット再デビュー→売れずに契約切れ→再び引退。●河合夕子さんは84年頃、GORO誌ほかで見せてますね。メガネはたしかしてないですよ。
●祭小春さんはせっかくの都はるみプロデュースだったのに、かなり激しい子だったみたいで(いろいろと)、引退した(させられた?)あとは名前を変えて再デビューした形跡がないですね〜。


演ドルも 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月25日(水)06時26分28秒


 追加で「あの人は今」で取り上げてほしいのが、演歌系になりますが「王将一代小春しぐれ」の大和さくらさん。あと演歌ではないものの「新宿ダダ」の山川ユキさん、「夜の訪問者」の小川順子さん、「東京娘」の桜たまこさんの徳間3人娘(→勝手に命名)ですね。
 河合夕子さんのセミヌードって眼鏡は「あのまま」のわけありませんよね?


疲れた〜 投稿者: Nisharra 投稿日: 1月25日(水)01時52分40秒


>皆さんの「あの人は今」

皆さんレス下さいましてありがとうございます。昨日から数日程度仕事で多忙になって恐らくロムだけになるかも知れませんので、とりあえず御礼まで…。

ところで河合タ子のセミ又ードって髪型は「あのまま」だったのでしょうか???


山口弘美さん.. 投稿者: おちばくん 投稿日: 1月25日(水)00時09分48秒


曲もドレッシーな衣装もステキで当時から気になる存在でした。その後山口美樹と改名され、更にまた山口弘美になって、数年前まで舞台で活躍されていたようですが、今はもう別のお仕事をされているそうですね。
ミニアルバムに入っていた自作詞のたどたどしい朗読が微笑ましくも可愛らしかったです。
http://page.freett.com/akikofun/


「好き・嫌い」 投稿者: MACKY 投稿日: 1月24日(火)23時17分32秒


消息が気になるのは、『夜ヒット』には2度出たけど、ランクインもしないまま消えてしまった久保田育子さんとか、この前ここで話題になった大橋恵里子さんとか、全然そんなキャラじゃなかったのにある日いきなりグラビア系になった山口弘美さん(確か改名したはず)とか、今朝の「今日の誕生日」に出ていた寺尾友美さんとか、『歌謡びんびんハウス』のアシスタントの中で完全に存在を忘れ去られている森下恵理さんとか…でもこれじゃあ一般大衆は見ないだろうな…

早川義夫さんはジャックスを解散したあと、しばらく百合ヶ丘あたりで書店を経営していて、その書店をたたんでまた芸能界に復帰したとか。書店時代に出した『僕は本屋のおやじさん』という本を読んだけど、全編書店経営がいかに大変かという愚痴だらけで閉口した記憶あり。

文字通り裸一貫になったアイドルといえば、有名なのは坂上香織さんとか、「好き・嫌い」の麻田華子さん(この人も改名したはず)とか、やまかつWinkの横山知枝さんはあれっきりかな?


泰葉! 投稿者: 剛 投稿日: 1月24日(火)22時49分9秒


情報ありがとうございましたm(_ _)m早速、泰葉『ゴールデン☆ベスト』を予約したら、なんと少女隊、小川範子、姫乃樹リカも発売で!特に少女隊は初CD化音源も入るとのことなので早速予約しました。ほかにもポリドール系のアーティストが一気に出るみたいなので。泰葉のは特にうれしいかも。


柴田まゆみ2 投稿者: クジラ2号 投稿日: 1月24日(火)22時37分23秒


「白いページの中に&モアトラックス」テイチク TECH-250322004年12月16日 発売
 http://music.yahoo.co.jp/shop?d=c&cf=10&id=tech25032


柴田まゆみ 投稿者: 剛 投稿日: 1月24日(火)22時20分54秒


テイチクから「白いページの中で&モアトラックス」というCDが数年前出ていますが、これはデモ音源からCD化したアルバムです。まだ廃盤にはなってないと思いますよ。また河合夕子のCDは店頭で見たことが(笑)ないまま廃盤に…(泣)。もうCDの時代は終わりなのか、リリースが全体的に激減してる中、決定的なベストを出してほしいですね!尾崎亜美、石川優子あたりも決定的なベストがないですよね〜。今出てるのはどれも「あ〜あれが入ってないんだよ〜」みたいなのばかりで。ま、贅沢ですが。


「お笑いマンガ道場」か・・・ 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月24日(火)22時03分55秒


 クジラ2号様

 河合夕子さんは3枚もアルバムを出してたんですか。不勉強でした。なんせ「東京チーク・ガール」しか聴いたことがないもんで。

 こうそくひれん1号様

 秋ひとみさんは「お笑いマンガ道場」が最後の仕事ですか。この番組見たことがないんですけど、川島なお美さんもレギュラー出演していたと言うし、アイドルの一種登竜門的番組なんでしょうかね?


あの人が「今」? 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月24日(火)21時50分24秒


>>剛さん

柴田まゆみって「白いページの中に」の、あの人ですか?。あれっていい歌なんですよね。
本人のベストCDでも出たんでしょうか?。詳しい情報をよろしくお願いします。

>>KOSUKEさん

秋ひとみは「引退宣言」ではなく、「休業宣言」をして芸能界を去りました(精一杯の強がりだったのか、それとも本当にいずれ復帰するつもりだったのか)。『「休業」といっても、この娘じゃ(もう)「引退」だよなあ』なんて思った事を憶えています。
最後の仕事は「お笑いマンガ道場」だったでしょうか。


河合夕子さん 投稿者: クジラ2号 投稿日: 1月24日(火)21時24分9秒


☆剛さん、KOSUKEさん

河合夕子さんはファースト、セカンドアルバムはCD化されています。
「リトル・トウキョウ 」 エピック ESCB-1361 1992年11月21日発売
「フジヤマ・パラダイス」      35・8H-5 1982年2月発売
サード LP 「不眠症候群」はCD化されていません。
3枚とも入手しましたが、CDは「リトル・トウキョウ 」のみです。

泰葉さんもCDで
「ベストセレクション」ポリドール 3113-21 1984年発売 持ってます。

ことしの3月1日
 泰葉ゴールデン☆ベスト発売予定ですね。
 http://music.yahoo.co.jp/shop?d=c&cf=10&id=upcy6120

真弓倫子さんのCD「シンシアリ・・・」も5年ぐらい前に中古CDで入手しました。


いろいろですね 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月24日(火)19時14分3秒


 剛様

 いろいろ情報ありがとうございました。へえ、瀬能さんや河合さんホントに脱いだんだ・・・田中久美さんは普通に主婦をやっているんだろうと思ったので驚きました。ちなみに森田まゆみさんも髪の毛を赤く染め、ロックバンドのヴォーカリスト兼花屋さんだそうです。それから注目度一番(?)の秋ひとみさんは現在47歳、それしかわかりません。


真弓倫子 投稿者: 剛 投稿日: 1月24日(火)18時39分33秒


KOSUKE様
真弓倫子は今やヘアヌードとVシネマでこれでもかと…ここ数年はあまり見かけませんが。
瀬能も写真集で復活。まるで熟女でした(笑)。河合夕子は84年頃にセミヌードになったりしましたが、松田聖子などのアルバムでコーラスで復活。現在も活動中です。ちなみに渡辺桂子は外人と駆け落ち→破局にて帰国→関西で結婚。なかなかのセレブらしいですね。美奈子さんのお葬式の時、20年ぶりに田中久美がテレビに…現在、地元でロックを歌ってるそうな。かなりの貫禄でした。でも「秋ひとみ」は…。婦人警官姿をもう一度見たいが、今や50歳くらいう〜ん(笑)


あの人が脱いだ? 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月24日(火)18時23分24秒


  剛様

>B級アイドルは復活=裸一貫で真弓倫子、瀬能あづさ、小沢なつき…になるのが残念ですが(喜ぶ人もいるだろうけど)。

えっ、小沢なつきさんはAVに出たらしいですけど、残りの2人は全く消息をわかりませんよ。

>脱いでから、コーラスなど裏方で復活の河合夕子、泰葉あたりもCD化してほしいとこですね!

?これは河合夕子さんが脱いだということなんですか?ちょっと想像できないんですけど(笑)。まあこの2人はCD化といってもオムニバスでしょうね。


あの人は今 投稿者: 剛 投稿日: 1月24日(火)17時23分38秒


結局、最近やたらとこの手の番組に出る「藤井一子」とか、いずれまた芸能界で一発!的な人しか出演okしないのが難点ですね〜。B級アイドルは復活=裸一貫で真弓倫子、瀬能あづさ、小沢なつき…になるのが残念ですが(喜ぶ人もいるだろうけど)。あと岡崎友紀のワーナー時代以外にも、脱いでから、コーラスなど裏方で復活の河合夕子、泰葉あたりもCD化してほしいとこですね!河合夕子!現在、すべて廃盤の野田幹子とかもそうですが、この手の人のはなかなかアイドル以上に出ないですね。柴田まゆみがや〜っと出たくらいですから。


Re:気になるあの人 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月24日(火)16時45分14秒


こうそくひれん1号様

 好きじゃなくてもアイドル全員の消息を知りたいんですが(笑)。ひとみさんは「休業宣言」をしたんですか?なんかお水に入ったらしいとどこかのサイトで見たのですが、確証もないようで。桂子さんは駆け落ちした外人と別れて、帰国して脱いだまでは知っているのですが。まり子さんは法律事務所のOL、専門学校の講師を経て今は会社を経営していると聞きましたよ。杉田愛子さんは歌い続けているようですが、石毛礼子さんこそ知りたい!まあ「あの人は今」に関しては取材拒否が多いと思われます。だから出てくるアイドルが偏っちゃうんでしょうねえ。


気になるあの人 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月24日(火)16時24分41秒


>>KOSUKEさん

好きなアイドル全員の消息を知りたいんですが、強いて厳選するなら(石毛礼子、杉田愛子は別格にして)「秋ひとみ、倉田まり子、渡辺桂子」の3人ですね。
「休業宣言」をしたまま帰ってこない「ひとみちゃん」。あんな事件に巻き込まれて消えていった「まり子ちゃん」。変なガイジンと駆け落ちしちゃった「桂子ちゃん」。3人のその後が気になります。ネタ的には(「あの人は今」で)取り上げられる可能性大の3人ですが、もしかしたら本人たちが取材拒否しているのかもね。


Re:岡崎友紀 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月24日(火)13時29分32秒


剛様 こうそくひれん1号様

>長年、「Do you remember me?」収録の同タイトルのオリジナルアルバムを探してるのですが、オークションでも超高額で…。なかなか手が出ません。全キャリアを網羅したベストも無さそうですね。

そんなに超高値ですか?当時もこの「Do you remember me?」は18位(唯一のベスト20入り)、17万枚とヒットしましたし。確かFENで初めてかかった日本の曲とも聞きましたが。
全ての曲を含んだベストは残念ながらなさそうです。

 あの人は今」系の番組に出てほしいアイドルは、

>石毛礼子、杉田愛子、矢野良子、秋ひとみ、高田橋久子、倉田まり子、坪井むつ美、川島恵、徳丸純子、中野美紀、河上幸恵、若林加奈、国実百合、沢田富美子、高橋美枝、百瀬まなみ、矢野有美、渡辺桂子

もうB級アイドルは全員出してほしいんですが、特に3名選ぶんなら私はなんといっても中原理恵さん、木之内みどりさん、秋ひとみさんですね。


岡崎友紀さん 投稿者: たつし 投稿日: 1月24日(火)08時52分35秒


デビュー曲の『しあわせの涙』翌年の『空と雲と青い空』が好きです。
ファーストアルバムに収録された『マイ フェア レディー』の『時間通りに教会へ』のカバーも
良いですよ。ちょうど『おくさまは18歳』に主演なさっていた頃です。


岡崎友紀 投稿者: 剛 投稿日: 1月24日(火)08時02分52秒


KOSUKE様
岡崎友紀は初期は全く聴いたことが無いんですけどね。要チェックな曲もありそうですね。
長年、「Do you remember me?」収録の同タイトルのオリジナルアルバムを探してるのですが、オークションでも超高額で…。なかなか手が出ません。全キャリアを網羅したベストも無さそうですね。ちなみに江原由希子はかなり秋元康の詞で、やはりバスを待つ曲です。歌声はかなり甘く、音程も不安定ですが、逆に効果的です。この人もほんとに中古で見たことが無く、かなりレアですね。あとパティーリンはパティとほぼ同時期の人ですね!まぎらわしいですが。


詳しくは無いけれど 投稿者: よっかー 投稿日: 1月24日(火)00時06分13秒


早川義夫さんのライブを97年ごろに見ました。
「サルビアの花」や新しいトコで「アメンボの唄」なんかを聴きました。
すごく感動したことは憶えてます。独特の唄い方で当時カラオケで真似してましたね。

童謡歌手の川田正子さんが亡くなったそうです。昨年の第32回日本歌手協会歌謡祭で元気に歌ってらしたのに残念です。合掌。


サルビアの花 投稿者: メモ用紙 投稿日: 1月23日(月)23時47分51秒


クジラ2号さん KOSUKEさん

クジラ2号さんのおっしゃる通り、早川義夫の「サルビアの花」はシングルカットされていないと思います。
クジラ2号さんはだいぶくわしいようなので、蛇足になるかもしれませんが、彼は94年に突然音楽界に戻ってきて、そのとき発表したアルバムで再び「サルビアの花」を録音しています。このバージョンは、若いときの気負いやおどろおどろしさが抜けて、心に染みるすばらしい出来でした。この94年版が、数ある「サルビアの花」の中でベストであると僕は断言したい気持ちです。


この人は今? 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月23日(月)22時51分54秒


>>Nisharraさん

「あの人は今」系の番組に出てほしいアイドルは、

石毛礼子、杉田愛子、矢野良子、秋ひとみ、高田橋久子、倉田まり子、坪井むつ美、川島恵、徳丸純子、中野美紀、河上幸恵、若林加奈、国実百合、沢田富美子、高橋美枝、百瀬まなみ、矢野有美、渡辺桂子

といったトコでしょうか。マニアには知名度がありながら、「あの人は今」では決して扱われる事のない人たちです。昔は「西村まゆ子」の消息を追った事もあったんですけどねぇ。そんなマニアを唸らせる人選を期待します。


訂正(失礼しました) 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月23日(月)22時39分27秒


 剛様

 すみません、今TVでほりえもん逮捕のニュースを並行して聴きながら書いているので、勘違いしてしまいました。江原さんはユーミンのNGと書いてらっしゃいますね。「グッドラック・グッドバイ」も聴いてらっしゃるんですね。これは彼女のシングルとしてはかなり後期(76年)の方になるんですよ。ピークが71年前後で、「小学一年生」の巻頭を飾ってましたから。私の年もわかるでしょ(笑)?


岡崎友紀さん、お薦めですよ 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月23日(月)22時34分1秒


 剛様

>岡崎友紀は「ドゥーユー〜」のEPしか聴いたことなくて。

機会があればベストを聴かれることを是非お薦めします。「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー」しか聴かれたことがないとは、剛さんにとっては古い世代のアイドルになりますが、曲にほとんどハズレがないんです。もちろん京平先生も数曲書いており、私のベストは「さよならなんて言わないで」です。
 それにしても江原由希子さんは最初はアイドル路線だったんですか?当時オリコン・ウィークリーの新人紹介コーナーにすでに「おしゃべりが面白い」(笑)とは書かれていましたが。

 クジラ2号様

 >早川義夫さんの「サルビアの花」は、シングルカットされませんでしたし

そうですか。やはり男性の心情を歌っているだけに、男性が歌うバージョンも素晴らしいんでしょうね。実はCDを購入した本当の原因とは、以前勤めていた会社の、別の部署の上司がカラオケで歌ったのを聴いて、(あまりにもハマってて)感動したからなんです。


伊藤アイコさんについて 3 投稿者: クジラ2号 投稿日: 1月23日(月)21時39分11秒


☆KOSUKE さん
岩渕リリさんの「サルビアの花」は6.3万枚でしたか。3万枚ぐらいかと思っていました。

早川義夫さんの「サルビアの花」は、シングルカットされませんでしたし、URCレコードは
URC(アングラ・レコード・クラブ)というぐらいで、もともとクラブへ入会していた会員
のみに配布するという形で始まった、レーベルでしたからね。1968年8月以降は会員配布と
市販が並行しておこなわれるようになりましたが、普通のレコード店では、店頭に並んで
いませんでしたから、LP『かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう』が、大量に売れる
環境ではなかったはずですね。

☆Nisharraさん
わたしの「あのタレントは今」は、しのづかまゆみさん、小川順子さん、桜たまこさんです。
どうしているのでしょうね〜

☆剛さん
コンピ盤は要チェックですね。長年探している曲が、知らないうちに収録されていたりしますね。

☆まあぴぃさん
伊藤愛子さん 発売音源、追加です。

○夜櫻の夢/指先がたどる街  アトランティック    1974年
○愛のいのち/あなたがすべて キャニオン       1978
○時が過ぎて/1990年    キャニオン     1980
○明日から愛して/泪色の駅  キャニオン       1980


岡崎友紀 投稿者: 剛 投稿日: 1月23日(月)20時55分51秒


KOSUKE様
岡崎友紀は「ドゥーユー〜」のEPしか聴いたことなくて。でもこの「グッドラック〜」は曲から夕方のバス停の情景までくっきり浮かび上がる感じで。ユーミン本人が歌うとすべて客観的な歌になって、逆に一般ユーザーが共感できるんでしょうね。ちなみに当初の目的だった江原由希子(YOU)は…まさにユーミンのNG(別の作家ですが)みたいな曲で(笑)。


すごい盛り上がりで・・・ 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月23日(月)19時18分24秒


 3日間旅行で留守にしていたのですが、なんか通常よりコメント数が明らかに多いですね。驚きました。どなたに何をレスしていいかわかんない状態ですが・・・

 剛様

>その中で岡崎友紀版の「グッドラックアンドグッドバイ」を初めて聴きました。あまりに良くてリピートしてしまいました。

全く同意見です。カバーがオリジナルを上回った稀有な例ですね。まあだいたい、ユーミンの作品はご本人よりカバーの方がいいと思いますけど。「まちぶせ」にしろ、「卒業写真」にしろ。

 >個人的には「明日、咲く」のパティとかの方が気になりますが…。

 これも同意見。挙げられてらっしゃる方の現在はもういいです。「明日、咲く」なんてオリコン29位で12万枚売ってるんですから、全くマイナーな存在ではありません。ついでにパティー・リンも(こちらはもっとマイナーなので、ご存知でなかったら失礼)

 クジラ2号様

>岩淵リリさんの「サルビアの花」は、何万枚売れたのでしょうか?

オリコンのデータによれば、
 岩淵リリさん 45位 6.3万枚
 もとまろ   11位 22.3万枚
 早川義夫さんは残念ながらチャートインしていないようです。
 私はもとまろしか聴いたことがないので比較はできませんが、ものすごく感動し、オムニバスですがCDを購入しました。

 伊藤愛子さんは70年代に「全日本歌謡選手権」に出場し、かなりの高得点で10週勝ち抜いたのを記憶しています。ただしその時、たぶんレコードを出したんでしょうがどんな曲やタイトルかが残念ながら覚えていません。とにかくものすごく上手かった印象はあります。


グッドラックアンドグッドバイ 投稿者: 剛 投稿日: 1月23日(月)17時20分10秒


どうしてもEPをまだ未入手の江原由希子「ちょっとだけ」を聴きたくて、『青春の歌姫たちvol.5』というコンピ盤を取り寄せたのですが、まあとりあえずレコード会社の枠を越えて女性ボーカルを詰め込んだようなCDですが、太田裕美から尾崎亜美、キャンディーズから藤真利子まで。その中で岡崎友紀版の「グッドラックアンドグッドバイ」を初めて聴きました。あまりに良くてリピートしてしまいました。やはりこういうコンピ盤はあなどれませんね。知らない発見があります。藤真利子もフレンチな感じでよかったですよ。


私のあの人は今 投稿者: たつし 投稿日: 1月23日(月)09時25分36秒


 こちらの管理人さんが大好きな梅木マリさんですね。あとクジラ2号さんが詳しい情報を
提供してくださった伊藤アイコさんや岩渕リリさんもです。


岩渕リリさんの音源 投稿者: くまちん 投稿日: 1月22日(日)22時06分18秒


初めて投稿します。
岩渕リリさんの話題が出ていましたので、ひょっとして既出かも知れませんが情報提供。最近買った「俺たちのフォーク」というオムニバスCD(下記の物)の中に岩渕盤の「サルビアの花」が収録されていました。中学生のころ、通学路の商店街のレコード店のウインドウに「世界を目指すブッチー」とかいったキャッチフレーズの大きなポスターがしばらく貼られていたのをなぜか覚えています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000BM6K5Q/qid=1137934815/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-7062220-2560264


間違えた〜 投稿者: クジラ2号 投稿日: 1月22日(日)21時19分33秒


発売年 間違いました。
もとまろ  「サルビアの花/風船」       1973年→1972年
岩渕リリさん「サルビアの花/遠い処へ行きたい」  1973年→1972年
失礼しました。


(無題) 投稿者: Y 投稿日: 1月22日(日)19時50分17秒


 メモ用紙さん
  「サルビアの花」のオリジナルは早川義夫だったのですね。たいへん失礼しました。記憶と知  識があいまいでした。正しい情報ありがとうございました。

 クジラ2号さん
  岩渕リリさんの歌の情報ありがとうございました。拝見して、当時のもうすでに忘れていたこ  とが記憶の底からよみがえってきました。


雪と少女のファンタジア 投稿者: クジラ2号 投稿日: 1月22日(日)17時45分16秒


☆メモ用紙 さん
早川義夫さん「かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう」1969年11月10日発売
もとまろ  「サルビアの花/風船」           1973年4月発売
岩渕リリさん「サルビアの花/遠い処へ行きたい」      1973年7月発売
早川義夫さんヴァージョンは、ピアノの弾き語りで、かなりの迫力ですね。
甲斐よしひろさんヴァージョンもいいですね。

☆まあぴぃさん
私が持っているのは「忘れたはずの愛」1枚だけなので、、「いとう愛子 思い出のメロディー」
のCDの音源がいつごろに収録された音源なのかは残念ながら分かりません。
これからレコードを収集していくとなると大変ですね。健闘を祈ります。
現在ヤフー・オークションに数枚出品されてますね。

朱里エイコさんは、HMVのサイトで検索するとインディーズ・レーベルからめずらしい音源が
CD化されてますね。

☆Y さん
最近ポプコン・プラザからの発売CD「合歓の郷宴〜ほんのり甘口」「ライブ!ポプコンヒストリー」
には岩渕リリさんの「雪と少女のファンタジア」など、数曲が収録されています。
ヤマハで管理している音源のみのようです。
 ttp://www.rakuten.co.jp/popconplaza/index.html

私が持っているのは、シングル4枚
○あなたを夢見て/風と涙   SF-22
○サルビアの花/遠い処へ行きたい SF-24 1972
○隣の男の子/おさな友達     SF-36 1972
○日曜日の午後/道を求めて    SF-46 1973

LPも1枚発売されていましたが持っていません。


みなさんの「あの人は?」 投稿者: Nisharra 投稿日: 1月22日(日)16時48分5秒


剛さん
>あんまりレアな人だと一般視聴者困りますかね。

以前に一時期ですがシモンズの片方とジャネッツの片方が、その類の番組に良く出ていました。その時も「2人で新生シモンズを作って再開しましたー」ってな感じでした。で、その後また御無沙汰になってしまいましたので、もしかしたら、あの類の番組に出るってことは、その話題をネタにもう一度…という現役とか、既に引退したとしても、その時に何かそれなりにネタがある人じゃないと取り上げられないってコトですかね?

ところで
皆さんは「あのタレントは今」というと誰に興味がありますか?ここの掲示板ですからレアどころを期待してます(笑)ちなみに私は女性デュオのビッキーズです。

「さそり座を眺めながら」
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/


あの人は今? 投稿者: 剛 投稿日: 1月22日(日)15時35分31秒


そうですか〜。岩城さんは…。ビックリです。テレビでたまにやる「あの人は今」とかはいつも同じ顔ぶれ(笑)なんで。城みちる、伊藤咲子、わらべ、岩井小百合、リンリンランラン…。あべ静江とか、現役じゃん!て思いますけど。個人的には「明日、咲く」のパティとかの方が気になりますが…。たまにやる「元アイドルの暴露番組」もフックンを筆頭に伊代や中村由真、大西結花…同じ話を何度も…(笑)。まあ、あんまりレアな人だと一般視聴者困りますかね。


伊藤愛子さんについてありがとうございます。 投稿者: まあぴぃ 投稿日: 1月22日(日)15時33分40秒


クジラ2号さん、たつしさん、カンツォーネ大好き人間さん
情報をありがとうございます。
みなさんからの情報を元に、レコードを収集して参ります。
昨年にBS-2の番組に昨年、出演されていたのですね。
ということは、伊藤愛子さんは現在も歌手活動をなされているということですね。
あと、「いとう愛子 思い出のメロディー」のCDの音源ですが、いつごろに
収録された音源なのか分かりますか? このCDの音源は、以前にLPとして
発売された音源なのでしょうか?
是非、伊藤愛子さん(伊藤アイコ時代〜)ビクターのデビュー曲からのメーカーの枠を超えた素晴らしいベストCDが発売されることを
心から願っています。
そして、朱里エイコさんの「恋のライセンス」〜1987年のポリドールから発売された
「すべての愛をあなたに」までの全シングルのAB面の曲を完全網羅したベストCDが
発売されることも!!


伊藤アイコさんについて 2 投稿者: クジラ2号 投稿日: 1月22日(日)12時26分47秒


☆まあぴぃさん、たつしさん、カンツォーネ大好きさん
私も発売音源を調べてみました。

伊藤アイコ
○シェーナ・シェーナ/白い渚のブルース ビクター PV-13
○さいはての慕情/スピーディーゴンザレス     PV-21 1962年
○可哀そうな乙女/春はくる           VS-1165 1963
○ハートでキッス                 PV-23 1963
○ためいきサーフィン              1964
○砂に消えた涙            PV-33 1965
○甘えさせてママ    SV-231 1965
○太陽の下の18才/サンライト・ツイスト  PV-41
○チコと鮫/魅惑のタヒチ         PV-46
○悲しきハート/恋の渚          PV-48
○恋するハート/そよ風にのって      PV-58 1966
○天使のためいき/愛を哀しく           1966

○スペシャル・セレクションオールデイズ・ヒット CD
 レモンのキッス/シェリー      VDR-1130 1985

伊藤アイ子
○風の悲歌(エレジー)   コロンビア LL-1015J 1969

伊藤愛子
○どなたか見ませんでしたか  フィリップス FS-1702
○忘れたはずの愛/名づけて「愛」       FS-1730 1972
○抱きしめて                     1977
○忘れないわ/密かな願い    RCA  JRT-1011

いとう愛子
○思い出のメロディーベスト16  CDアルバム  SHC-48
 忘れないわ/アドロ/サンライト・ツイスト/ロウダウン/ア・ソング・フォー・ユー
 太陽は燃えている/思い出のサンフランシスコ/アイ・ガット・ラブ/デイライラ
 忘れたはずの愛/明日に架ける橋/シバの女王/白い思い出/雪が降る/この胸のときめき
 マイ・ウェイ

CMソング
「見えすぎちゃって困るのォ〜♪」( マスプロアンテナ )

たつしさんが書かれているように他にも多数発売されているようです。


(無題) 投稿者: メモ用紙 投稿日: 1月22日(日)11時34分30秒


Yさん

 『サルビアの花』のオリジナルは、「もとまろ」ではなく、早川義夫です。ジャックスの解散後に発表した『かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう』というアルバムに入っています。
 いろいろな人に歌われている『サルビアの花』ですが、僕は断然早川義夫のやつが好きです。歌の深さにおいて他を圧倒しています。


伊藤アイコさんについて 投稿者: たつし 投稿日: 1月22日(日)10時22分4秒


>クジラ2号さん、カンツォーネ大好きさん

 伊藤「アイコ」さんは昭和37年に12歳(当時は「ミルクティーン」歌手と呼ばれました)で
『スピーディー・ゴンザレス』でビクターからデビュー
41年までに23枚のシングルを発売されました。
 『悲しきハート』『レモンのキッス』『ハートでキッス』『冷たいティーンクイーン』
『太陽の下の18歳』『サンライトツイスト』『悲しき水兵さん』『ラッキーセブン』
(B面が「田辺エイコ」時代の朱里エイコさん)『砂に消えた涙』『そよ風に乗って』と
いった具合に30年代はアメリカンポップスの40年代はフレンチポップスやカンツォーネを
日本語でカバーなさっていました。
 オリジナル曲もあり、私は彼女の『甘えさせてママ』レコードを持っています(吉永小百合さんと
三田明さんの『明日は咲こう花咲こう』のB面)

 でも、カンツォーネ大好きさんがうらやましいです。現在の伊藤アイコさんをご覧になられたなんて
今後カンツォーネ番組があればチェックします!


街かどテレビ事件 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月22日(日)09時07分57秒


>>剛さん、Nisharraさん

岩城徳栄が生放送で、何の根拠があったのか「今晩から明日、地震が来ます」と発言したのは'83年3月16日の事です。当然、番組は降板となりましたが、しばらくは干されたものの芸能界引退にまでは至っていません。
半年後の「スタ誕最終回・卒業生大集合」にも出てますよ。


(無題) 投稿者: Y 投稿日: 1月22日(日)01時54分38秒


 クジラ2号さん。岩渕リリさんに関する情報ありがとうございました。岩渕リリさんのCD版、是非出してほしいと私も同感です。その筋に是非働き掛けてみることにします。
「サルビアの花」がどれくらい売れたかは、古いことで私にも情報がなくてわかりませんが、当時複数のレコード会社が共参していて、複数の歌手に歌われていたと記憶します。一番売れていたのはオリジナルの「もとまろ」というグループで、岩渕リリさんはその次ぐらいだったと思います。
岩渕リリさんの曲では、メジャーなところでは「サルビアの花」「あなたを夢見て」「日曜日の午後」「隣の男の子」ですが、やはりポプコン関連の曲で「失恋」「おとずれた春」「罪と罰」「雪と少女のファンタジア」等が、個人的には気に入っています。他にもポプコン関連で数々あるはずです。


岩城徳栄 投稿者: 剛 投稿日: 1月22日(日)00時34分35秒


情報ありがとうございましたm(_ _)m最近、ふと思い出したものですから…。名前が出てこなかったんで。この時代はビデオが無かったから、記憶が曖昧ですね〜。秋ひとみとか矢野良子とかヘレン笹野とか井上望とかB級の人の映像が観たい今日この頃です。あの人は今とかでも出てこないんだな〜。


腰痛が痛いっ 投稿者: Nisharra 投稿日: 1月22日(日)00時01分14秒


剛さん
>ある日ぱったり出なくなった気が…。

テレビ番組で突然問題発言。司会者の制止の中でも発言を止めず論戦となって場を混乱させたままCMに突入。その後番組を途中退場、そのまま番組降板。恐らくそれがキッカケでしょう。今はケコーンされたそうですよ。

「さそり座を眺めながら」
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/


(無題) 投稿者: あきら 投稿日: 1月21日(土)22時12分30秒


>♪どうかしてる どうかしてる あなたに○○(覚えていません) いけないこと○○(覚えていません)〜♪って曲、ご存知のかたいらっしゃいませんか?

伊藤麻衣子さんの「夢の入口」ですね。♪あなたにつられ い・け・な・い・こと〜考えそう〜ですね。


岩城徳栄?でしたっけ。 投稿者: 剛 投稿日: 1月21日(土)22時03分19秒


うろおぼえの記憶ですが、なんか山城新伍がやってたバラエティ番組に出てた気がします。結構いろんな番組に出てた?と思うのですが、ある日ぱったり出なくなった気が…。82年くらいまで?ほされたのかな?歌はなんか高田みづえのような歌謡曲だった気が…。引退されたんですか?


伊藤愛子さんについて 投稿者: カンツォーネ大好き人間 投稿日: 1月21日(土)21時50分7秒


 先日、といっても昨年ですが、NHK衛星第2放送で“魅惑のヨーロピアンポップス”(タイトルは確かそうだったと思いますが、)'60年代のヨーロピアンポップスを取り扱った番組でカンツォーネ、シャンソン等を歌唱されているのを拝見しました。再放送もされていたようです。
久しぶりに拝見して失礼ながら、お年を召されたなと感じました。しかしながら、たいへん気品を感じました。ときどきまた、このような番組が企画されると出演されると思います。もしチケットを手に入れることができれば観覧できると思います。もともと、洋楽の日本語版の歌を中心に歌っておられたと記憶します。以前はNHKの歌番組の司会もなされていたようです。世界歌謡際に参加されたときは、私もテレビにて拝見させていただきました。ご活躍の場所はこれくらいしか私もわかりませんが、ご参考までに。


サルビアの花 投稿者: クジラ2号 投稿日: 1月21日(土)21時48分39秒


☆剛さん
ピーコは、岩城徳栄さんだったでしょうか。

☆Yさん
岩淵リリさんはいい声ですね。1ヶ月ほど前のポプコン・プラザの掲示板に権利は、
ビクター・レコードが持っていて・・・という書き込みがありました。
ポプコン出身の下成佐登子さんのCDのベスト盤がビクターから発売されているのだから、
岩淵リリさんのCD盤(ベスト盤)が出てもよさそうなのものですがね。
ポプコン関係の掲示板では、要望されている書き込みを時々見かけますね。
岩淵リリさんの「サルビアの花」は、何万枚売れたのでしょうか?
岩淵リリさんの曲では「隣の男の子」が良いですね。

☆まあぴぃさん
伊藤愛子さんもポプコンに出場されてましたね。歌のうまいかたですね。


教えてください、神様 投稿者: 天馬ルミンバ 投稿日: 1月21日(土)21時38分49秒


随分昔に有線のアイドルチャンネル(?)で聴いた曲なんですけど、
♪どうかしてる どうかしてる あなたに○○(覚えていません) いけないこと○○(覚えていません)〜♪って曲、ご存知のかたいらっしゃいませんか?
教えてください、神様です!


(無題) 投稿者: 天馬ルミンバ 投稿日: 1月21日(土)21時35分22秒


>剛さん
もしかしてスター誕生出身の岩城徳栄のことでしょうか?
ワシは『ダイナマイト』が大好きです。


知ってますか? 投稿者: 剛 投稿日: 1月21日(土)21時21分23秒


凄いあいまいな記憶ですが、秋ひとみと同時期?にバラエティ番組で「ピーコ」とよばれてたアイドルって、名前なんでしたっけ?おすぎと…ではなくて歌手で、なんかしゃべりになまりがあって?わかりますか?なんか最近、そ〜いえばと。あまりに子供の記憶で、あいまいなんですけど。


「伊藤愛子」さんについて。 投稿者: まあぴぃ 投稿日: 1月21日(土)21時13分53秒


伊藤愛子さんの歌唱力(歌)にハマっています。
「伊藤アイコ」時代〜「伊藤愛子」時代のディスコグラフィーを始め、伊藤愛子さんの活躍をご存知の方、教えてください。よろしくお願い致します。
そして、伊藤愛子さんは現在は引退されていらっしゃるのでしょうか?


(無題) 投稿者: Y 投稿日: 1月21日(土)20時37分23秒


 岩淵リリさんは、ポプコンで有名になる前の幼少のころから、童謡を歌っていらっしゃいました。それゆえ、歌の実力は、かなり高いレベルであったと思いました。ポプコンを機に芸能界デビュー、アイドル歌手となったわけですが、芸能界での活躍の後は、比較的若くして結婚されて、私の記憶では横浜から千代田区の御寿司屋さんに嫁がれたと聞いています。その後のことは知りません。彼女の当時の澄んでのびのある歌声に魅了されていた私もファンの一人です。


「スローモーション」 投稿者: MACKY 投稿日: 1月20日(金)22時12分25秒


多分剛さんがご覧になっただろう映像を私も見ていたけど、確かにあの「スローモーション」は…でも「TANGO NOIR」などもかなり…だったけど。「難破船」も曲自体の評価は別にして、私はこの曲を「曲が現実化した例」としてみているので、明菜さんが歌っているのを見ると、どうしても痛々しくて…

まあいろんな意見はあるだろうけど、結論は「最初に聴いたヴァージョンが刷り込まれて絶対化」では?我が老母なんて絶対「春夏秋冬」のオリジナルを認めないし。


語弊があるので 投稿者: 剛 投稿日: 1月20日(金)15時38分43秒


ちゃんと書きます。明菜さんは嫌いとかでは全くなくて(むしろ好き)。しかし先日の「スローモーション」は彼女のキーの関係で、ボサノバ風のアレンジを淡々と歌う、しかも自分の曲で、録画なのに、痩せた明菜が震えながら歌う光景はまるで「老女が過去を振り返るような曲」になっていました。「スローモーション」って、でも、「恋の始まりを予感させる」弾けた曲のはず。友人は自分の曲をまっとうする姿が良いと言ってましたが。かなり寂しくなりました。「難破船」とかほかの曲はよかっただけに。正直、今の人にこれでは「スローモーション」の良さが伝わったとは。明菜ファンには悪いけど。


よくわかります 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月20日(金)13時05分41秒


剛様

>でも、前に、テレビで中森明菜が「スローモーション」を自ら歌ってるのを見て、ファンには悪いですが(友人に熱狂的なファンがいて、こないだケンカになりましたが)、「もうこの曲は封印したほうが…」と思ってしまいました。

そういうのはよくわかりますよ。明菜さんがどういう歌い方をしているかはわかりませんが、封印してほしい典型が「また逢う日まで」。尾崎紀世彦さんが勝手にメロを変えてるんですよ。アレンジやキーを変えただけで別の歌になるのに、ましてメロを変えるとは京平氏(作曲者)に対してもファンに対しても失礼な話です。この曲は一番好きな歌謡曲だけに残念でならず、CDのみで聴くようにしております。


いろんな意見ありますが 投稿者: 剛 投稿日: 1月20日(金)12時02分11秒


10代女子がカラオケで「ロ〜ンリーガ〜ル」と歌ってるのは嬉しいかも。ECDも加藤ミリヤもどうでもいいですが、いまどき有線で佐東由梨のオリジナルが流れてたり、は楽しい現象だったかも。でも、前に、テレビで中森明菜が「スローモーション」を自ら歌ってるのを見て、ファンには悪いですが(友人に熱狂的なファンがいて、こないだケンカになりましたが)、「もうこの曲は封印したほうが…」と思ってしまいました。友人は「明菜が歌うことに意義がある!」というのですが…。これで名曲が生き続けるなら嬉しいですけど。


元気を出して 投稿者: たつし 投稿日: 1月20日(金)08時41分11秒


>剛さん

 この歌は私は島谷ひとみさんのほうが好きです。私、竹内まりやさんの歌声は好きじゃありませんので。
でも『亜麻色の髪の乙女』は本家のヴィレッジ・シンガーズのほうがずっと好きです。


続・私のリメイク・カバー考 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月20日(金)06時32分59秒


よっかー様

>どんどんカバーしまくっても、理想は「隠れた名曲発掘」では無くて、「名曲のスタンダード化」になって欲しいと思ってる私は甘い考えですかねぇm(__)m

それは別にどちらでもいいと思っていますが、問題は「どうスタンダード化されるか」です。私は発表する前にその歌手に合うか合わないかは、充分検討してほしいですね。さらに最近流行ってる?セルフカバーも同様です。腹が立てば聴かなきゃいいといっても、(受動的に)聴かされるケースだってあるわけです。夕べはカバーだろうが、「硝子坂」みたいにその歌手のイメージに合っていれば賛成と書きました。でもオリジナルに思い入れが強ければ強いほど、ヘンなカバーを聴かされてその思い入れがぶち壊される、ということは多々ありましたので。


私のリメイク・カバー考 投稿者: よっかー 投稿日: 1月20日(金)01時20分21秒


安易であろうと、お手軽と言われようとカバー&リメイクが多量にリリースされることに反対はしません。腹が立てば聞かなきゃいいし、そのことによりオリジナルにスポットライトが再び当たることもあるだろうし、比べるものがあるから再評価されることもあるだろうし...etc

あの名曲を下敷きにヒップホップが、ラッパーが、あるいはオリジナルの良さを勘違いした新人類アレンジャーが革新的な▽▲○×◇・・・、はたまた新人がお手軽に楽曲を手に入れるためのカバーもあるでしょうが、それでも歌ってみなけりゃ始まらないと私は思ってます。その歌手に合う合わないも発表すればこそ、それで失敗してもったいないと思われてもぶっちゃけそれも人生。
残るものはやっぱり残ってる。

どんどんカバーしまくっても、理想は「隠れた名曲発掘」では無くて、「名曲のスタンダード化」になって欲しいと思ってる私は甘い考えですかねぇm(__)m KOSUKEさん(^^ゞ

>gooさん
「Summer Beach」のユッコ版、尾崎亜美版、どちらも好きです。
作家のセルフカバーもすごく興味深くて面白いです。
「ココナッツの片想い」の伊藤智恵理、中原めいこの違いも年齢の差からくる恋愛模様の色合いと温度差が感じられて、どちらも好きです。

古い作品の演奏楽器もレコーディング技術も乏しかった名曲を新しい音でリメイクしたくなるだろうし、オリジナル音源をリマスタリングするも良し。早見優なんかは演奏をリニューアルしてやって欲しいと思ってる私(笑)。


カバー、リメイク考 投稿者: 剛 投稿日: 1月20日(金)00時47分25秒


ご意見聞いてスッキリしました!同じ意見の方がいてうれしいです。数年前、島谷ひとみが「元気を出して」をカバーした時、薬師丸なんて全く思い入れのない歌手ですが、やっぱり島谷(上手いですけど)は違う!と思いました。ただし、柏原よしえの「あの場所から」みたいに先に知った場合、それがオリジナルになってしまう例も。まあ森まどかと小泉今日子みたいに3年後に同じアレンジャーによるほぼ同じアレンジ、しかも新人みたいな例は「どっちでもいいや!」みたいになりますが。(こんな例ほかにもありますかね?かなり異例だと思いますが。)


尾崎亜美と言えば 投稿者: 挧 投稿日: 1月20日(金)00時00分13秒


岩崎良美の「ごめんねDarling」のバックで尾崎亜美さんが歌ってるんじゃなかったっけ


作家のエピソード 投稿者: goo 投稿日: 1月19日(木)23時47分49秒


尾崎亜美さんのエピソードで昔、明星の付録の歌本の作家インタビューで松任谷正隆が岡田有希子作品で一緒に仕事した時にいろいろと注文をだして尾崎さんを悩ませた。という記事を読んだ事があるのを思い出しました。岡田有希子への作品だと「Summer Beach」は尾崎亜美さんらしいのですが「二人だけのセレモニー」や「風の魔法で…」(アルバム曲)はあまり作風が尾崎亜美さんっぽい感じがしない気がしました。
あとは筒美京平作品だとレコード会社やそのディレクターで特徴が出ているような気がします。早見優の「夏色のナンシー」はレコード会社のディレクターにアレンジャーを筒美先生のほうから茂木由多加さんを推薦したみたいで、その当時、新興レコード会社のトーラスに主導権がなかったようですね。あとおもしろいのはアレンジャーの船山基紀さんが「いい作品は萩田さんにまわしてしまう。」と言われてました。


Re:リメイク、カバー考 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月19日(木)23時31分56秒


こうそくひれん1号様

>勘違いしてはいけないのは、カバー曲とは「オリジナル」に親しんだ(過去の)人に対しリューアル版を提供しているのではなく、「今」の歌謡曲ファンに対して作られているんですよね。

それはわかりますよ。あくまでも「新曲」として提供しているということはご尤もです。
でもあとで書いてらっしゃるように、そのやり方が安易すぎる。82年当時は前年の「ハロー・グッバイ」や「まちぶせ」のように、一部のファンの間だけで有名だった曲のカバーが成功したために、カバーが続出したわけです。その歌手にその曲が合っているかどうかも考慮しないで。

>例えば「硝子坂」も、木之内ファンは高田版を「何コレ!?演歌?」と捉えるでしょうが、高田版を先に知った私は木之内版の方に違和感を感じます(もちろん木之内版も悪くありませんが、「オリジナルの方がいいなぁ」とも思いません)。

木之内さんのファンだった私ですら、木之内バージョンには違和感を感じます。私も先に聴いた高田みづえさんの方が似合っていると思います。だからカバーであろうが、オリジナルを凌ぐほどの出来栄えだったら何の問題もないと思うのです。例えば「黄色いサクランボ」だってカバーとは知らずに聴いていたゴールデン・ハーフの方が、オリジナルのスリー・キャッツよりよっぽど似合ってると私には思えますし。

>ただしこれは、あくまでも元歌が無名(一般に知られていない)曲の場合の話。今も昔も有名曲を安易にリメイクし、その知名度を利用したり、原曲の良さを台無しにするようなアレンジにしたりするのは、やっぱり許せませんけどね。

ポイントはまさにこの点にあると思うんです。それほどヒットはしなかったけど、「隠れた名曲を発掘する」ような姿勢でカバーを出すのなら私も賛成ですよ。安易にリメイクされた曲が今まで多すぎたと思います。例えば絶賛の嵐の「パステルラヴ」でさえ、曲の雰囲気にはまる歌手が歌ってくれるのなら構わないと思っています。


プリズムムーン 投稿者: 剛 投稿日: 1月19日(木)23時01分16秒


「微風のメロディー」は中古EPで100コーナーによくある盤ですが、それを見る度、みんなB面の「プリズムムーン」を知らないな(笑)と思っちゃいます。これ、尾崎さんの絶品アイドル歌謡です。なぜB面だったのかわからないくらい。カラオケ欲しいです、コレ。「いそしぎの島」、「地中海ドリーム」…でもやっぱり一番は「パステルラブ」!!これは多分、一生聴くと思うんです。


「化粧なんて似合わない」 投稿者: MACKY 投稿日: 1月19日(木)22時05分20秒


良美さんの「化粧なんて似合わない」「月の浜辺」(個人的には「マヤマヤビーチ」と呼んでるけど)、伊代さんの「シャイネス・ボーイ」「流れ星が好き」(このメロディー最高)、シンシアの「春の予感」、酒井法子さんの「Love Letter」(歌詞はこれが一番好き)、奈保子さんの「微風のメロディー」、そして「天使のウィンク」…亜美さんって名曲揃い。しかもそれぞれのセルフカバーもかなり良い。

野田さんいいですね^^ 投稿者: じょーじ 投稿日: 1月19日(木)21時14分32秒


こんばんは、おひさしぶりです。
以前、網倉一也さんの大ファンでカキコミをしたことがあります。郷ひろみ「マイレディー」は本家の網倉さんバージョンもなかなか素敵ですよ。まずはそれを書きたくて(笑)。

ところで、野田幹子さんを長年応援してきておりますが、やはりムーンライダーズの功績は大きいでしょうね。3作目「蒼空の一滴」までが彼らの作品が多くを占めています。

もちろん野田さんご自身も作詞・作曲もされますが、4作目以降も杉真理・渚十吾・久保田洋司・小西康陽などの作家陣に恵まれ、なかなかの聴き応えです。
どのアルバムもわりと入手しやすいので、初期の作品か、ベスト盤から聴き始めるといいかと思いますよ(^^♪
http://green.ap.teacup.com/skyline1975/


リメイク、カバー考 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月19日(木)20時48分49秒


>>KOSUKEさん

勘違いしてはいけないのは、カバー曲とは「オリジナル」に親しんだ(過去の)人に対しリューアル版を提供しているのではなく、「今」の歌謡曲ファンに対して作られているんですよね。つまり「今」のファンが納得すれば「新曲」として成立する訳だし、事実、(オリジナルの存在を知ったとしても)ほとんどの(今の)ファンは「オリジナルの方がいいなぁ」とは考えないと思います。人間(特に日本人)なんて、最初に自分が経験した形の方を正統化するものです。
例えば「硝子坂」も、木之内ファンは高田版を「何コレ!?演歌?」と捉えるでしょうが、高田版を先に知った私は木之内版の方に違和感を感じます(もちろん木之内版も悪くありませんが、「オリジナルの方がいいなぁ」とも思いません)。
「めざめ」も水谷絵津子ファンにとっては全くの無名曲であり、「水谷絵津子の歌」と認識されていたのではないでしょうか?。実際、オリジナルの存在が無いものと考えれば、水谷版も結構イケてるアイドルソングなんですよ(どうしても比較しちゃうけどね、本当は)。
ただしこれは、あくまでも元歌が無名(一般に知られていない)曲の場合の話。今も昔も有名曲を安易にリメイクし、その知名度を利用したり、原曲の良さを台無しにするようなアレンジにしたりするのは、やっぱり許せませんけどね。


野田幹子 投稿者: 剛 投稿日: 1月19日(木)20時28分11秒


よっかーさん、皆様。
今日、「野田幹子」の『スマイル』というベスト盤をたまたま見つけて、ビックリ!尾崎以外にもムーンライダース一派、都志見隆など、意外にも歌謡テイスト満載!しかも微妙に70年代風(ライダースの曲)で、ビックリ。谷村有美とかこの辺のニューミュージックアイドル?はスルーしてたんで…。「with you!」はフュージョン風なアレンジがナイスでうなりますね。ところで「パステルラブ」は意外にも本人(尾崎版)もナイスで、『ポインツ』というアルバムに入ってます。やはり金井版も最高で!松本典子はなんか違う(ファンの方、スイマセン)。ちなみに「月の浜辺」あたりも本人版(尾崎版)も良いかも。これも岩崎版も最高で…。


P気持 投稿者: Nisharra 投稿日: 1月19日(木)20時17分5秒


KOSUKEさん
>ヒロクンは「E気持」も名曲ですが、第四弾の「俺をよろしく」(シングルA面で最後の京平先生作曲)もお薦めです。今の冬の時期にピッタリですので。

お薦めありがとうございます。タイトルは何となく記憶の奥底にありましたが聴いたこと無いので早速探してみたいと思います。歌うのは来年の冬になりそうかな?

KOSUKEさん&こうそくひれん1号さん
>金井夕子さんの「パステルラヴ」を聴かれることをお薦めします。「オリビアを聴きながら」に匹敵する名曲でした。

私も松本典子バージョンは良い方だと思います。松本典子バージョンはビデオ録ってますが、歌声がか弱過ぎな感じもしますがカバーということを考えると十分でしょう。

zoukyさん
>これは冒頭の女性コーラスの華やいだ感じがいいんですよね。

いわゆる「ABC」という若者用語が流行り出した頃でしたね。Aはキス、Bは…っていうあれです。当時の英語教室のCMソングに「ABCを知ってても〜それだけ〜じゃ困ります〜」というのがあって街中でカプールのいる周辺で当時の子供達がよく冷やかして歌ってました。懐かしいです。

>GIRLFRIEND BABYDOLL

番組観てましたが聴いててウケました。BGMが典型的な70年代前半風なので更に興味が強くなりました。当時の街外れの喫茶店にいるような気分になりそうでしたよ…昨日あれから調べたら復刻されてるようなので(実際に今時点で出ているかは未確認)可能なら入手してみようかな?と少しだけ考えてます。

「さそり座を眺めながら」
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/


カバーもいろいろ 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月19日(木)16時09分32秒


こうそくひれん1号様

>最近、水谷絵津子の「芽ばえ」(元歌・麻丘めぐみ)、「めざめ」(元歌・木之内みどり)を聴きまして、そのアレンジぶりにビックリしたばっかりだったので、松本典子の「パステルラブ」は許せる範囲かと思いました。

えっ、水谷さんは木之内みどり様の記念すべきデビュー曲までカバーしていたのですか?相当の度胸です(笑)。まあそれや新井薫子さんの「わたしの彼は左きき」に比べれば、松本典子さんはマシでしょう。(個人的には「No wonder」がいいと思っておりますが)
 たいていのカバーが許せない(というかオリジナルに負ける)中で、私はカバー不可能とずっと思っていた「17才」の森高千里さんのカバーは流石でした。アレンジもヴォーカルもこれだけ(シンシアと違った)魅力にあふれていれば合格点をつけていい(現にヒットしましたし)と思っています。ところで若林加奈さんの「PIRA★星物語」って残念ながら聴いたことがありません。声がよかったそうで。そんなにいい曲なら、機会があれば聴いてみたいですね。


GIRLFRIEND BABYDOLL 投稿者: たつし 投稿日: 1月19日(木)13時57分58秒


 昨日の『トリビアの泉』で、このアルバムの事が取り上げられていました。
歌手の「プティ マミ」が何者かは分からないとかレコードは3万円以上ものプレミアがするとか
言っていましたが、「プティ マミ」は『サインはV』『月影のランデブー』『裸足のままで』
(これも京平さんの作品です)等を歌われた麻里圭子さんで
『GIRLFRIEND BABYDOLL』はソリッドというインディーズのレコード会社のHPから
2415円で買えるとか、ツッコミどころが満載でしたよ。


♪いろんな曲調あるんだな〜 いろんなカバーがあるんだな〜 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月19日(木)11時47分14秒


>>剛さん

忘れてましたァーッ!!。尾崎亜美作曲の歌なら、若林加奈のデビュー曲「PIRA★星物語」が超お薦め。イントロ、コーダー、歌詞、曲調、加奈ちゃんの歌声と、どこをとっても最高の名曲です・・・・・って、まあ、あくまで私の好みなんですけどね(おまけに尾崎亜美が係わっているのは「曲調」のトコだけですが)。もうチェック済みですか?

>>zoukyさん

「青い靴」は「しっとりした悲しそうなバラード」ではなく、結構テンポのいい曲ではあります。ただzoukyさん好みの「はじけるような明るいノリノリポップス」ではありません。だから「違うかな」と。
筒美作品ではありませんが、芳本美代子の歌なら「プライベート・レッスン」が一番zoukyさん好みかな、と思われます。有名曲なので、すでにチェック済みかもしれませんが。

>>KOSUKEさん

最近、水谷絵津子の「芽ばえ」(元歌・麻丘めぐみ)、「めざめ」(元歌・木之内みどり)を聴きまして、そのアレンジぶりにビックリしたばっかりだったので、松本典子の「パステルラブ」は許せる範囲かと思いました。
カバーでオリジナルを越えるのは難しいですね。まあ大抵の人は、最初に出会った方のバージョンを支持すると思いますが。


「ジャストフィーリング」 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月19日(木)06時31分35秒


 こうそくひれん1号様

>金井=尾崎だと「ジャストフィーリング」も捨てがたいですね。
「パステルラブ」は松本典子版もなかなか良い。

おはようございます。「ジャストフィーリング」は25位(7万枚)と「パステルラヴ」(35位、6万枚)を上回りましたからね。甲斐智枝美さんがスタ誕で歌ったのも印象的でしたが、松本さんね・・・どうしても金井さんのイメージが強すぎるせいか、合ってないと私は思いました。


レ:筒美京平 投稿者: zouky 投稿日: 1月19日(木)04時33分48秒


皆様まいど。

>沖田浩之 / E気持ち '81 筒美京平作曲

これは冒頭の女性コーラスの華やいだ感じがいいんですよね。一年ぐらい前だったか深夜のtv競馬番組で使われていて、25年ぶりぐらいに聴きました。

>>岩崎宏美の「センチメンタル」と「ファンタジー」。

ホント良く間違います。なんとかして欲しい。

>>「青い靴」はzoukyさんが求めている「ポップ」ではないと思われます

私の嗜好を考慮くださってとても感謝です。たしかにタイトルからすると
しっとりした悲しそうなバラードタイプを思い浮かべてしまいますね。

アイドルポップの世界↓やってます。
http://plaza.rakuten.co.jp/zouky/4000


名曲ゾロゾロ、うれしいね 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月19日(木)02時05分34秒


>>Nisharraさん、よっかーさん

野田幹子の歌は「太陽・神様・少年」と「ほほにかかる涙」しか知りませんが、どちらも誰に勧めても恥ずかしくない佳曲だと思います。他の曲も聴きたいデス。

>>剛さん、KOSUKEさん

金井=尾崎だと「ジャストフィーリング」も捨てがたいですね。
「パステルラブ」は松本典子版もなかなか良い。オリジナルの良さが台無しのカバーが多い中、松本版は及第です。


野田幹子は好きです。 投稿者: よっかー 投稿日: 1月19日(木)01時28分42秒


>剛さん
懐かしい名前を出してくれましたね。
私は彼女の声が好きでアルバムなら7枚ほど持ってます。
今はソムリエしながら時々ライブしてますね。
「With you!」もミノルタカメラのCMに使われてました。


京平先生&尾崎亜美さん作品 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月18日(水)23時21分41秒


 こうそくひれん1号様

>昔から「タイトルが逆じゃない?」とよく言われていました。私もズーッと「そうだよなあ」と思っていたんですが、よく考えたら(タイトルが逆なのではなく)筒美氏がタイトルを無視した曲調にしちゃったんですね。

そうですか・・・私は違和感を感じたことは全くないんですけど。京平先生は曲先で有名なので、作曲の段階ではタイトルも決まってなかったのでは?むしろ作詞の阿久先生が何らかの意図的にそれぞれのタイトルをつけたのでは、と想像します。

 剛様

>実は京平作品以外にも「尾崎亜美」も追ってるのですが、う〜ん、素晴らしい!

金井夕子さんの「パステルラヴ」を聴かれることをお薦めします。「オリビアを聴きながら」に匹敵する名曲でした。この2曲を聴いている限り、亜美さんも初期に才能を発揮し尽したんだと思わされます。

 Nisharra様

 >沖田浩之 / E気持ち '81 筒美京平作曲

 ヒロクンは「E気持」も名曲ですが、第四弾の「俺をよろしく」(シングルA面で最後の京平先生作曲)もお薦めです。今の冬の時期にピッタリですので。


きゃっ 投稿者: Nisharra 投稿日: 1月18日(水)22時25分10秒


剛さん
>野田幹子の「with〜」はゴージャスな感じでオススメです。野田幹子って誰か知りませんが…。

懐かしい名前が出てきました。私は特にファンではなかったですがデビュー曲『太陽・神様・少年』のメロディは80年代中盤のイメージを感じさせる意味で印象に残る曲です。当時の先進的なAF一眼のCMソングだったこともありますが。ちなみに意外にもヤマハ系だったんですよ(もちろんポプコンではなくボーカルオーディション系)詳しくは

http://www.aqua-pro.co.jp/noda/

zoukyさん
>沖田浩之 / E気持ち '81 筒美京平作曲

先日ひこれをカラオケで歌ったんですが、これも(当時小学生だったので)覚えようと思って聴いたことが無いのに何故かメロディを覚えてたんですよ。覚えようと思って聴いてても覚えるのが難しい曲もあるというのに、昔聞いただけでも知らず知らずのうちに頭の中に浸透していた…これぞメロディメーカーですよね。

ちなみに3番だったかの歌詞の中に「ぉぃぉぃっ」と思ったフレーズが。当時の女の子達は「きゃっ(はあと)」とかって聴いてたのでしょうか?若いアイドルだからサマになるものの中年オサーンが歌うとなぁ(^^;;;;;;;

「さそり座を眺めながら」
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/


京平作品について 投稿者: 剛 投稿日: 1月18日(水)21時31分2秒


そうですねぇ。ポップさは人それぞれですからねぇ。なにしろポリグラム編で一番のお気に入りが「レクイエム」ですからねぇ(笑)。一応、いつもまだ聴いてない曲のリストを持って、レコ屋巡りをしていますので、まだまだ勉強しますね。実は京平作品以外にも「尾崎亜美」も追ってるのですが、う〜ん、素晴らしい!「恋のKnow-How」、「春の予感」、「With You!」など。最近は「オリビア」の作者としか紹介されてないのが寂しいですね。野田幹子の「with〜」はゴージャスな感じでオススメです。野田幹子って誰か知りませんが…。


再作曲希望 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月18日(水)12時33分57秒


筒美京平氏に関する書き込みが続いているので、私も氏に対する苦言を一言。

岩崎宏美の「センチメンタル」と「ファンタジー」。両曲とも筒美氏の作曲ですが、昔から「タイトルが逆じゃない?」とよく言われていました。私もズーッと「そうだよなあ」と思っていたんですが、よく考えたら(タイトルが逆なのではなく)筒美氏がタイトルを無視した曲調にしちゃったんですね。
「センチメンタル」なのにノリノリだったり、「ファンタジー」なのにシリアスタッチだったり・・・(「ファンタジー」の方はあれでいいのかな?)。作詞の阿久悠氏も「こんな歌のつもりじゃなかった」と思ったんじゃないかな。
筒美氏には、是非ともタイトルに沿った替えメロに挑戦してもらいたいと思います。

>>剛さん、zoukyさん

「ポップ」の解釈も人それぞれなんだな。「青い靴」がポップねぇ・・・。
私の個人的判断ですが、「青い靴」はzoukyさんが求めている「ポップ」ではないと思われます・・・・・余計な茶茶入れてメンゴ、メンゴ。やっぱ自分で判断しないとね。


re:筒美京平さん 投稿者: zouky 投稿日: 1月18日(水)02時14分7秒


kosukeさん、

どうも有難うございました。
「筒美京平ウルトラベストトラックス」の「PolyGram GIRL POP edition」は聴いたことあるのでどうも印象に残らなかったようです。すいませんでした。

剛さん、

どうも有難うございました。

>>●KISSABLE/RINA(高橋里奈)…これはDJやってる友人も狂喜した一曲。ユーロビート風なのに阿久先生のキワドイ歌詞のミスマッチ。

ユーロは個人的に聴けるかどうか、、、。機会がありましたら是非聴いてみます。

>>●夢飛行/真璃子…Madonnaの曲を拝借した名曲。

早速手配しました。真璃子はtvなんかでもよくかかってたからあるいは聴き覚えがあるかもしれませんね。

>>●ロンリーガール/佐東由梨

アイドルミラクルバイブルシリーズに収録されてましたね。ちょっと印象に残ってませんでした。あのCDからだったら沢田富美子の2曲が抜けてポップですね。

>>他にもポップな曲なら、芳本美代子「青い靴」など。ごめんなさい。止まらなくなるので、この辺で。

これも知りませんでした。是非聴いてみたいです。また何か思い出されましたら是非教えて下さい。どうも有難うございました。
http://plaza.rakuten.co.jp/zouky/4000


美しきチャレンジャー 投稿者: おちばくん 投稿日: 1月18日(水)01時40分37秒


中村晃子さんバージョンしか聴いた事がありません(爆)..8社競作という事ですが、アレンジなんかはどうなっているんでしょうか?筒美氏がアレンジも手がけているのは珍しいですよね。ハツラツとした感じで好きなのですが、どちらかというと晃子さんにはB面「恋のゆくえ」の哀愁歌謡曲路線の方が合っている感じがします。

さて、「涙は紅く」大好きな曲なんですが、山本リンダさんがオリジナルと思ってました。カバーだったとは!シングルB面「バイバイ・ブルース」(←コレもカッコイイ!)も筒美氏の曲ですが、これはリンダさんのオリジナルなんでしょうか。
http://page.freett.com/akikofun/


「燃える渚」について 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月17日(火)14時35分54秒


 zouky様

 >>燃える渚、甘い出来事 / 小川みき 安井かずみ/筒美京平 1973
 というのはどんな感じの曲かご存知でしたら教えて頂きたいのですが。

 剛さんあてのご質問ですが、代わりに答えさせて頂きますね。玄人には絶賛されている曲で、60年代後期のひとりGSの曲調を、さらにアレンジをタイトにしてアップテンポにした感じです。81年にヘレン笹野さんが第三弾「初恋同士」と改題してカバーしていますが、ヴォーカルは小川さんの方がパンチもリズム感もあります。「筒美京平ウルトラベストトラックス」の「PolyGram GIRL POP edition」(ポリグラム・TACT-1005)に収録されています。


京平作品 投稿者: 剛 投稿日: 1月17日(火)10時37分22秒


zouky様
小川はたしか京平コンピ盤に入ってたような…。ごめんなさい。よく覚えてないかも。
70年代は弱いですが、80年代はほぼ完璧。ほとんど聴きました。
おすすめは
●KISSABLE/RINA(高橋里奈)…これはDJやってる友人も狂喜した一曲。ユーロビート風なのに阿久先生のキワドイ歌詞のミスマッチ。
●夢飛行/真璃子…Madonnaの曲を拝借した名曲。(アレンジャーがね)去年、米R&B系シンガーが同曲をまんまサンプリングしたとき、「真璃子の方が18年早いよ」と思いました。
●ロンリーガール/佐東由梨…05年に加藤ミリヤで復活するとは思いませんでした(まあMarvynが元歌ですけど)。
他にもポップな曲なら、芳本美代子「青い靴」など。ごめんなさい。止まらなくなるので、この辺で。


奈良富士子さん 投稿者: たつし 投稿日: 1月17日(火)08時45分42秒


私は『可愛いあの子』が好きです。インドネシア民謡の日本語カバーですが、梶光夫さんのバージョンとは
歌詞が違っています。
 この方は確か一部で、天地真理さん、南沙織さんとともに「ソニーの三人娘」と言われたことがあるそうですね。


re:筒美京平さん 投稿者: zouky 投稿日: 1月17日(火)02時48分9秒


剛さん、はじめまして。筒美京平さんがお好きだということでお伺いしたいのですが、

>>燃える渚、甘い出来事 / 小川みき 安井かずみ/筒美京平 1973

というのはどんな感じの曲かご存知でしたら教えて頂きたいのですが。

私の好きな筒美京平作品は、

麻丘めぐみ / アルプスの少女 '73 筒美京平作曲
岩崎宏美 / センチメンタル '75 筒美京平作曲(フィリー風アレンジが最高)
沖田浩之 / E気持ち '81 筒美京平作曲
平山三紀 / 熟れた果実 '74 筒美京平

と、どれも明るく元気で高揚感があってポップな作品なのですが、この他に
オススメのポップな曲ってございますでしょうか?よろしくお願い致します。

アイドルポップの世界↓やってます。
http://plaza.rakuten.co.jp/zouky/4000


Re:「美人はいかが」は 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月16日(月)21時02分1秒


よっかー様

寺尾さんを筆頭とする4人兄弟の元に男勝りの女の子がやってきて騒動を繰り広げる、という筋しか覚えていません。小林麻美さんが出てたんですか?(エチケットライオンのCMに出てた頃ですよね?)翌年(S47)奈良富士子さんは「はだしの女の子」で歌手デビューしていますが、期待(はすごかったと想像しています)にもかかわらず45位で4万枚、第二弾以降は残念ながらチャートインできませんでした。


「美人はいかが」は 投稿者: よっかー 投稿日: 1月16日(月)18時57分48秒


私の場合、歌よりもドラマの楽しさの方が記憶に残ってます。
奈良富士子さんがハチャメチャに暴れてて面白かったし可愛いかった。
寺尾聰さんや夏夕介さん、池田秀一(シャアの声優で有名)さん、小林麻美(この頃の可愛さは最高)さんらが毎回、丸(奈良富士子)に振り回されてるのが楽しいドラマでしたね。

昔の漫画原作モノドラマは各人のキャラが原作通りで良かった。
今ならテレビ用に変更されるのが当たり前なんだよね。
大映ドラマで監督してた湯浅憲明氏が言うに、30分ドラマなのに45分用の脚本だったから、演技も1.5倍速、台詞もスピードが要求されてたと笑ってましたね。だから30分(実質23分)なのに内容がいっぱいだった記憶があるんだよね。


すごいですね 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月16日(月)10時21分12秒


 たつし様

>『美しきチャレンジャー』は五十嵐洋子さんの朝日ソノラマ盤以外は全部持っています。

おはようございます。7枚持ってらっしゃるとはすごいですね。私は堀江さん、中村さん、新藤さんしか聴いたことがありませんが、やっぱり堀江さんが(この曲に合っているという意味では)No.1かな?

>富田智子さんは『美人はいかが?』の主題歌のほうが好きです。

そうでしょ?傑作ですよね。「美しきチャレンジャー」の3倍は名曲だと思います。去年この掲示板でCDを紹介してくださったのはたつしさんでしたっけ?「70’S Television's Hits Vol.2」(TECD-25486 テイチク)ですが。この曲に関しては99%入手を諦めていましたので、感激しました。

>あと京平さんの作品集に加えてほしいのは酒井ゆきえさんの『レッツゴーともだち』です。

これは知りません。ゆきえさんの時は小学校高学年だったので、ピンポンパンは見ておりませんでした。私は♪ズンズンズンズン ピンポンパポン(「ピンポンパン体操」)の時代でしたから。


美しきチャレンジャー他 投稿者: たつし 投稿日: 1月16日(月)09時02分29秒


 >よっかーさん

 伊東ゆかりさんは『恋のゆくえ』をカバーしています。ただし、歌詞を♪小さなミスも許さない貴方なのに
の部分が「ミス」を「嘘」に書き換えてレコーディングしています。
 スポ根ドラマ用の歌を普通の歌謡曲に改めたためでしょう。

 >KOUSUKEさん

 『美しきチャレンジャー』は五十嵐洋子さんの朝日ソノラマ盤以外は全部持っています。
藤田とし子さんは声優の藤田淑子さんと同一人物ですが、彼女は玄人はだしの歌唱力の
持ち主ですね。
 好きな順に並べますと

 堀江さん、中村さん、新藤さん、藤田さん、富田さんの順番です。富田智子さんは『美人はいかが?』の
主題歌のほうが好きです。

 あと京平さんの作品集に加えてほしいのは酒井ゆきえさんの『レッツゴーともだち』です。
ゆきえさんが『ピンポンパン』の3代目のおねえさんをなさっていた時の歌で、作詩は岩谷時子さんです。


Re:ダイヤル 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月15日(日)20時34分36秒


剛様

ウーン、奈保子さんといえば私的には「エスカレーション」以前の路線の方が好きでしたね。「けんかをやめて」とか「大きな森の小さなお家」とか。
 ダイヤルといえば私は即小林明子さんの「恋におちて」(これもレパートリー)を連想しますが、この辺が中学生あたりでした?


ダイヤル 投稿者: 剛 投稿日: 1月15日(日)19時03分50秒


Nisharra様
ダイヤル…もう通用しませんね。小道具も時間がたつと死語に。おしゃれだった「キール」、「ペリエ」、「レモネード」も今は…。70年代の「詩集」、「スケッチ」とか。あと秋元康のみが多用した「ハレー」とか。

KOSUKE様
河合奈保子は京平先生に上手く大人のシンガーに路線変更させられた好例でした。LP『さよなら物語』も最高です。ご本人にも何度も並んで握手やサインを頂いた(小学生は容赦しません)けど、嫌な顔せずに応じてくれたのが印象的でした。


いろいろと・・・ 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月15日(日)18時39分59秒


 剛様

>いしだあゆみは全く知らずに(生まれてないんで…)聴いた曲で、ラテン風味がカッコイイ!と擦り切れるくらい聴きました。今は手元に3枚あります(笑)。京平作品では他にも河合奈保子の一連の作品が好きで、あの時期、あそこまでソウルフルにせまれた歌手はいませんでした

なんで3枚も同じレコードを?しかしこの曲(しかも山内バージョン)で話が初めて通じたので嬉しいです。言われてみればラテン風味ですね。奈保子さんは京平先生ではやはり「エスカレーション」でしょう。スポットで名前を言われるまで、誰の歌かわかりませんでした。今までの路線とあまりにも違っていたので。

 たつし様

>余談ですが『AMBISIOUS JAPAN』と『雨がやんだら』は作詩が両方とも
なかにし礼さんなのですよね。多分このことを他の人に話したら98パーセントは信じて
もらえないでしょうね

これは語弊があるけど、両者とも手を抜いているか、もしくはレベルが落ちすぎたかという感想でした。「雨がやんだら」の出来が素晴らしすぎるからかもしれませんが、「Ambitious Japan」がこの2人の作品と知った時はちょっとショックでした。まあ覚えやすいですけどね・・・。

 Nisharra様

>ただ当時の方がキャラ的に品の良いタレントが多かったのは時代背景柄も事実ですから、他のタレントとのキャラの違いを今の世に当てはめるとカイヤや梨花、ベッキーくらいはあったんじゃないかと。

確かにそれはあるかもしれませんね。今品がいいタレントって少ないし。

>井上順之さんの「お世話になりました」
これって生涯で2回程度しか聴いたこと無いはずなのですが不思議にメロディ覚えてるんですよ…歌詞見たらカラオケで歌えます

ありますよね、ほとんど聴いたことないはずなのに歌えちゃう歌。それもまた名曲だと思いますよ。私はこの曲、レパートリーなんです。歌詞もフルで覚えてるくらい。大ヒットしたのかと思いきや、意外にも17位で10万枚のセールスだったんですね。

 よっかー様

> 中村晃子バージョンが素敵ですよ。
 版権が複雑で、各社競作が当たり前だった頃のレコード盤だけに8人くらいがリリースしてるらしいね。

中村晃子さんのはテープで持ってます。ちょっと力が入ってるけどなかなかの出来栄えでした。堀江美都子さんの出来もいいですね。TVでは主演の新藤恵美さんだった記憶ですが、なぜこの主題歌だけ8名もの競作になったのかは謎ですね。富田智子さんも次の番組「美人はいかが?」の主題歌を歌ってましたが、彼女もうまいし、引き続いて京平先生作曲だけに名曲です。


「美しきチャレンジャー」 投稿者: よっかー 投稿日: 1月15日(日)17時41分58秒


>たつし さん
中村晃子バージョンが素敵ですよ。
っていうか最初に買ったのが中村晃子だったので、何か違うと気がついて(笑)、本家が一番最後に見つかったという過去あり。

版権が複雑で、各社競作が当たり前だった頃のレコード盤だけに8人くらいがリリースしてるらしいね。私が知ってるのは、本家・進藤恵美(RCAビクター)、堀江美都子(日本コロムビア)、中村晃子(キング)、富田智子(東芝)、藤田とし子(ユニオン)、五十嵐洋子(朝日ソノラマ)...。
CDになってないのもあるから全部チェックするのは難しいねー。

友人が言うには、伊東ゆかりバージョンもあるとか、ないとか(笑)。


休暇は時間の経過が速く感じますね… 投稿者: Nisharra 投稿日: 1月15日(日)14時56分57秒


KOSUKEさん&こうそくひれん1号さん
>ウーンわからなくもないけど、(特に後半は)この2人より品があったというのが感想ですね。TVでは確かにやかましかったでしょうけど。

おっしゃるとおり確かに比べて品はあったと思います(笑)

ただ当時の方がキャラ的に品の良いタレントが多かったのは時代背景柄も事実ですから、他のタレントとのキャラの違いを今の世に当てはめるとカイヤや梨花、ベッキーくらいはあったんじゃないかと。

>みなさんの記憶も「マギー・ミネンコ」あたりとゴッチャになっていたりして・・・。

マギー・ミネンコの名前は知りませんでした。ネットで画像を調べてみて「ああこんな感じの人テレビに出てたなー」程度です。

余談ですがシェリーとキャラやルックスが多少違うかも知れませんけどエバって言う人もいましたね。

>なんでも「副乳」というのが

個人差があるのかも知れませんが一見「極小さいできもの」風なのでモノホンとは異なります。イメージ的に容易に取れそうな感じなので怖いですよ…できものみたいでできものじゃないんですから扱いに苦慮します。

>井上順之さんの「お世話になりました」

これって生涯で2回程度しか聴いたこと無いはずなのですが不思議にメロディ覚えてるんですよ…歌詞見たらカラオケで歌えます(カラオケにあるかどうかは不明)2回とも特に覚えるつもりで聴いてた訳じゃなかったのに。何気に覚えやすいメロディなのかも…それもヒットの秘訣なのかも知れませんね。

剛さん
>歌詞に「長いダイヤルの戻る音」とありますので、公衆電話がまだダイヤル式だった時代(笑)の話ですね。

「三日月のサーベル」って1987年でしたっけ?当時は既に公衆電話はプッシュでしたよ。記憶が確かなら緑色…ってかその前の黄色電話の時代にはプッシュだったから既に数年経ってるかと。なのでモチーフはピンク電話なのかも知れませんね。

「さそり座を眺めながら」
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/


筒美京平の世界 投稿者: たつし 投稿日: 1月15日(日)12時52分51秒


私が聞いてみたいのは、新藤恵美さんの『恋のゆくえ』です。
『美しきチャレンジャー』(この主題歌は数バージョンあります。全部知りたいです)
の多分挿入歌だと思います。
 この歌は堀江美都子さんバージョンでしか聞いたことがないので、ぜひとも本家本元
を聞きたいです。
 余談ですが『AMBISIOUS JAPAN』と『雨がやんだら』は作詩が両方とも
なかにし礼さんなのですよね。多分このことを他の人に話したら98パーセントは信じて
もらえないでしょうね(^^
http://anisonkan.com/


太陽は泣いている 投稿者: 剛 投稿日: 1月15日(日)12時33分45秒


KOSUKE様
この曲は昔、ジャケ買いした物で、いしだあゆみは全く知らずに(生まれてないんで…)聴いた曲で、ラテン風味がカッコイイ!と擦り切れるくらい聴きました。今は手元に3枚あります(笑)。京平作品では他にも河合奈保子の一連の作品が好きで、あの時期、あそこまでソウルフルにせまれた歌手はいませんでした。安く見つけたら何枚でも買っちゃうんで、「ジェラストレイン」とか死ぬほどあります(笑)。


シェリー&山内恵美子さん 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月15日(日)10時05分4秒


こうそくひれん1号様 剛様

>みなさんの記憶も「マギー・ミネンコ」あたりとゴッチャになっていたりして・・・。

ごっちゃになっている可能性大ですね(笑)。彼女の「燃えるブンブン」が突然聴きたくなってしまいました。シェリーは「うわさのチャンネル」で彼女の後任だったんでしょ?
私は彼女で忘れられないのは、乳首が4つある(笑)ということです。なんでも「副乳」というのがあるそうで(女の人のカラダ、よくわかんな〜い)、「紅白歌のベストテン」でわざわざ披露したのが衝撃でした、今から思うと。

>山内恵美子「涙は紅く」これもB面で。以前からヘビロテだったのですが、先日、例の「Girls〜」でCD化されました。

相当京平先生に関して詳しそうですね。この曲もA面同様カバーですよ、ご存知かもしれないけど。最初は鍵山珠里さんというハーフの歌手で、次が山本リンダさん(「どうにもとまらない」で再ブレイクする前です)。しかし「太陽は泣いている」をEPで持っているというのには驚きました。これ詞・曲・アレンジ・歌唱とも完璧に近いし、オリコンにチャートインしなかったのが謎。歌番組(といっても「ぎんざNOW!」でしたが(笑))でも間奏で上着を脱いだりして、なかなか気合が入ってました。アレンジは当時ヒットしていた中原理恵さんの「東京ららばい」を思わせますね。


シェリーって 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月15日(日)09時02分17秒


私にとってシェリーのイメージといえば「オズの魔法使い」のドロシーでして、そんな「やかまし娘」だった記憶はないですねぇ・・・。
みなさんの記憶も「マギー・ミネンコ」あたりとゴッチャになっていたりして・・・。


京平先生 投稿者: 剛 投稿日: 1月15日(日)08時09分2秒


実は所有しているEPの大半が京平さんのペンによるものなんです。マニアではなくて、自然に集まった感じかな?「夢色〜」も密かに好きな曲で(カントリータッチな感じがいいですね)。個人的なおすすめは今井美樹の「三日月のサーベル」で、「野性の風」のB面なんですが、彼女の声質を無視したユーロビート路線ですが、意外にもハマってます。歌詞に「長いダイヤルの戻る音」とありますので、公衆電話がまだダイヤル式だった時代(笑)の話ですね。あと山内恵美子「涙は紅く」これもB面で。以前からヘビロテだったのですが、先日、例の「Girls〜」でCD化されました。A面の「太陽は泣いている」も捨てがたいし。あと麻丘、弘田、芳本、等々…。あと個人的には売野雅勇の歌詞も好きなんですけど(笑)。似たような歌詞ばかりなんで、松本隆みないにBoxには出来ないと思います。「ピンクのダイナマイト」?な歌詞や強引なルビふりは当時、楽しみでした。


シェリーについて 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月15日(日)06時10分21秒


 Nisharra様

>私の記憶では「カイヤ75%と梨花25%を混ぜた感じ」なのですが…如何でしょう?

すみません、回答漏れでした。ウーンわからなくもないけど、(特に後半は)この2人より品があったというのが感想ですね。TVでは確かにやかましかったでしょうけど。


このラインナップでは・・・ 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月15日(日)06時05分56秒


 GOO様 Nisharra様

 おはようございます。「筒美京平の世界」の詳細、どうもありがとうございました。
 音源を持っていない曲が半分くらいありますが、ない中で聴いてみたいのは井上順之さんの「お世話になりました」石井明美さん「JOY」「サザエさんの歌」「青い地平線」くらいです。カバーを入れるくらいなら、オリジナルでまだ収録されていない曲を入れてほしかったという感想です。まあそうなると売れないというソニーサイドの思惑なんでしょうが。


ほほー 投稿者: Nisharra 投稿日: 1月15日(日)01時35分58秒


剛さんはじめまして。おっしゃってるCDは↓でしょうか?
http://www.sonymusicshop.jp/detail.asp?goods=MHCL000000771

「たそがれマイ・ラブ/大橋純子」とあるのを見て一瞬「小林千絵のカバー?」と勘違いしてしまいましたが小林千絵のは「気まぐれマイ・ラブ」でした…うーむ多忙で疲れてるようでちゅ。

筒美京平氏といえば23年くらい前になりますが「リンゴの森の子猫たち」「夢色のスプーン」(ともに飯島真理)のメロディにハマりましたねー。これらの曲は松本隆氏との黄金コンビでした。

調べてみたら予想通り知ってる曲のオンパレードですね…TOKIOの「Ambitious JAPAN!」も好きな曲ですが筒美京平氏の作品なんですか?改めて凄さを感じます。ちなみに余談ですが尾崎紀世彦「また逢う日まで」は十八番の1つなんですよ…。

KOSUKEさん
>実際は「やかましいおばちゃんキャラ」だったはず。バラドルのハシリみたいな今のベッキーをさらに濃くしたキャラだった記憶が。

私の記憶では「カイヤ75%と梨花25%を混ぜた感じ」なのですが…如何でしょう?

「さそり座を眺めながら」
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/


筒美京平の世界のインフォメ! 投稿者: goo 投稿日: 1月14日(土)23時47分38秒


こんばんは、みなさん!ちょうど良いタイミングで「筒美京平の世界」のチラシを入手しましたので収録曲も一部掲載されていたので少し紹介しておきます。
デイスクはBIG HITS編が二枚、GOOD TUNE編が二枚、COVER編が一枚、RARE編が一枚の6枚からなるようです。BIG HIT編はみなさんご存じのヒット曲、GOOD TUNEは「愛の花咲く頃」…奥村チヨ、「愛のひととき」…ヒデとロザンナ、「19:00の街」…野口五郎などです。
COVER編には「あなたならどうする」…ちあきなおみ、「17才」…森高千里などです。
そしてRARE編には「おれは怪物くんだ」…白石冬美、「サザエさん」…宇野ゆう子、「恋のゆくえ」…新藤恵美などが収録予定として掲載されていました。※本当はもう少しチラシには掲載されていますので詳しくは大手のCDショップで確認して下さい。m(_ _)m発売元はソニーからのようですが決してソニー音源には偏ってない感じですよ。


重ね重ねありがとうございます 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月14日(土)22時50分14秒


剛様

 重ね重ねありがとうございます。前回の2BOXは持っておりませんが。オザケンとかTOKIOはどうでもいいし、「17才」も両方持っておりますが、「サザエさんの歌」は貴重な音源ですね。曲目次第で購入は決めます。


筒美京平の世界 投稿者: 剛 投稿日: 1月14日(土)22時00分37秒


KOSUKE様
『筒美京平の世界〜The Hit Maker』(MHCL-771)9800です。収録曲は南、森高のW「17才」、「サザエさんの歌」、代表曲からオザケン、TOKIO「Ambitious JAPAN!」まで約120曲前後になるらしいです。初CD化と先生のインタビュー掲載。しかしかなりの曲が前回の8枚(2Box)とダブるので、前回のを持ってないならお買い得かも。


ビッグな情報に感謝します。 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月14日(土)21時20分8秒


 剛様

 京平先生の作品集は頑張ってかなり揃えましたが、それでもまだ全作品の半分に満たないと思います。有益な情報本当にありがとうございました。6枚で10,000を切るのなら投資価値充分です。4/5が楽しみです。「ビクター」色満載のカラフルな曲としては、この「日曜日...」と麻丘めぐみさんの「女の子なんだもん」(はご存知ですか?)を独断であげますね(笑)。


京平ディスコ編 投稿者: 剛 投稿日: 1月14日(土)19時50分36秒


KOSUKE様
「日曜日〜」はズバリ「ビクター」色満載のカラフルな曲ですね。昔はレーベルカラーがはっきりしていて楽しかったですね。ところで詳細ははっきりしませんが、京平先生の6枚組のボックスが4月5日に出るそうです。Kinki、Tokioまで、約40年分を詰め込むとのこと。以前同様のBoxがありましたが、今回は6枚で一万を切るお値段だとか。ちょっと注目です。


Re:京平ディスコ編 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月14日(土)18時30分40秒


 剛様

>石野、荻野目あたりも中途半端なビクターなので

 荻野目ちゃんは「ダンシング・ヒーロー」以降のベストは持っています。(VICL-85 「'91 OGINOME COLLECTION」でもそれ以前もとなるとわかりませんね。あとディスコ編では「日曜日はストレンジャー」も好きです。

>シェリーはビジュアル的には「フレンチポップの似合う美少女」なんですが、実際は「やかましいおばちゃんキャラ」だったはず。バラドルのハシリみたいな今のベッキーをさらに濃くしたキャラだった記憶が。

 個人的にはバラドルの元祖はゴールデンハーフだと思いますが、まあ彼女も完全にバラドルの領域にいましたね。ただ普段はやかましくても、歌うとしっとりとした味が出せるのが魅力だったと思います。


シェリー単体ベストは可能・・・ 投稿者: クジラ2号 投稿日: 1月14日(土)18時24分33秒


☆剛さん
はじめまして。
シェリーの発売レコードを調べてみました。

シングル
○ 甘い経験/昼下がりの秘密      ビクター SV-1186 1974年
○ やさしく奪って/わがまま           SV-1209 1975
○ 十七才の素顔/涙の中を            SV-1224 1975
○ たそがれのドーナツ・ショップ/17本のローソク SV-1249 1975
○ ひとときのシークレット/バス・ルームから   SV-1273 1976
○ ラブ・タイム/すでに夏の色          SV-6092 1976
○ 恋のハッスル・ジェット/カリブの夢      SV-6101 1976
○ いとしのミスターレイン/淋しく微笑んで    SV-6175 1977
○ ひと夏の前に・・・/昼下がりの待ちぼうけ   SV-6223 1977
○ カクテルチェリー/ヘイダーリン        SV-6359 1978
○ 素敵なあなた/ブルートレイン         SV-6454 1978
○ クレオパトラの涙/百億の夜・千億の星  東芝 ETP-17175 ?
○ 東京風来坊/不似合同志   ETP-17267 1981年

アルバム(LP)

○17才の素顔 ビクター  SJX-213

「十七才の素顔」のジャケ写はきれいですね。( 篠山紀信氏 撮影 )
「東京風来坊」は、白季千加子さんのカヴァーですが、白季さんほどのパワーがなく、
いまひとつですね。

アルバムも出していたので、単体ベストは可能ですね。 


京平ディスコ編 投稿者: 剛 投稿日: 1月14日(土)12時53分5秒


そうですね。「センチメンタル」も素敵なミディアムナンバーですね!南沙織の「GET DOWN BABY」も好きだったり。こうゆうコンピは本当に難しく。一般的な知名度のある曲とレア曲のバランスが難しいですね。その点、この一枚はバランスも音質も納得の一枚です。シェリー単体ベスト、ビクター時代に11枚あり、その後も出してるはずなので、可能だとは思いますが、石野、荻野目あたりも中途半端なビクターなので、どうでしょう。ところでシェリーはビジュアル的には「フレンチポップの似合う美少女」なんですが、実際は「やかましいおばちゃんキャラ」だったはず。バラドルのハシリみたいな今のベッキーをさらに濃くしたキャラだった記憶が。あやふやですけど。


京平先生ディスコ編 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月14日(土)10時59分30秒


 剛様

>また京平の『Disco』編は未だ愛聴盤で、シェリーはもとより郷ひろみの「恋の弱み」(名曲!)をおしえてもらった名コンピでした。

私はこの中では岩崎宏美さんの「センチメンタル」が一番好きなんですが、山内恵美子さんの「太陽は泣いている〜センセーション'78」もお気に入りなんです。オリジナルがいしだあゆみさんなんですけど、こちらの方がアレンジがかっこいいんですね。残念ながら全然売れませんでしたけど。
 ところでB級アイドルのベストを積極的に出しているのはポニーキャニオンくらいですね。林紀恵さんまでありますから(笑)。


シェリー。 投稿者: 剛 投稿日: 1月14日(土)09時38分46秒


皆様、情報ありがとうございました。シェリーはなにげに80年前後までシングルを出していたらしく(何枚だしたかも定かではない)、「全貌がわかるベスト」無いかな〜と思っていたのですが、やはり無いのですね。ちなみにコンピ盤『Girls〜』は購入しました。ビクター音源限定なので、マニアの方には?かもしれないですが、森まどかとかは楽しめました。以前、P-Vineから出てた『おしえてアイドル』シリーズもそうですが、この手のコンピ盤は選者の個人的な好き嫌いでやられてしまうので、「何でこの曲なの?」と思ったりしてしまいますが、これはなかなかでした。また京平の『Disco』編は未だ愛聴盤で、シェリーはもとより郷ひろみの「恋の弱み」(名曲!)をおしえてもらった名コンピでした。あぁ、シェリーのベストCDは出ないしら?意外とアイドルの単体ベストに冷たいんだな、ビクターさんって。


Thanks 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月14日(土)08時38分17秒


 こうそくひれん1号様

 おはようございます。早速情報ありがとうございました。まあシェリークラスになるとWebで調べることになりますが、そのタイトルは確かにわかりにくいですね(笑)。


タイトルにダマされるな 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月14日(土)05時18分15秒


>>剛さん>>KOSUKEさん

昨年12月2日にも書き込んだんですが、レア曲ばかり集めたコンビアルバムがビクターから発売されており、シェリーの「やさしく奪って」はトップに収録されています(「甘い経験」もトラック10に収録)。
アルバム名は「ガールズ、イット・エイント・イージー」です。背中のタイトルだけ見るとアイドルアルバムっぽくないので、つい見落としてしまいそうなCDです。昨年11月に発売されたばかりだから、まだ手に入ります。


(無題) 投稿者: おちばくん 投稿日: 1月13日(金)22時56分51秒


GS様-
サイトに来て下さってどうもありがとうです。BS2で「虹色-」ですって?..TV放映かな?
チェックしてませんでしたのでどんな内容だったのかちょっと気になります。名曲ですよね。当時の歌謡曲ってホントにイイ曲が多いと思います。

梅木マリさんて、歌謡曲系のBBSでたまに名前をお見かけしますが、"廃盤レコードの女王様"と言われていたとか。それだけ人の心に残る"何か"を持ってらっしゃったのでしょうね、きっと。

『あの人は今』僕も見ましたけれど、マイナー系も取り上げてくれたらなあ-なんて思ってしまいました。あの里中茶美は今!とか、中野美紀は今!とか..無理か。
http://page.freett.com/akikofun/


シェリー&秋ひとみさん 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月13日(金)22時54分57秒


 剛様

 こんばんは。秋ひとみさんが好きな幼稚園児・・・かなりおませさん(笑)ですね。私とずいぶん年齢差があるようですが(笑)、「中二時代」の表紙で初めて彼女を見たとき、「絶対スターになるだろう」と確信したのですが・・・彼女の消息を知りたくてたまりません。「あの人は今」とかに絶対出てこないでしょ?お水の世界に入った、との噂も聞いたのですが・・・まあそれ以上に中原理恵さんの消息を知りたいのですが。
 さてお問い合わせのシェリーさんの件ですね。彼女のベストは残念ながら検索しても見当たりませんでした。たぶんないでしょう。「やさしく奪って」(第二弾)とか「ひと夏の前に・・・」とか私も聴いてみたいんですが。個別の曲ではオムニバスに収録されています。
 ○ 「甘い経験」・・・「アイドル宝石箱」(VICL40167:下記URL参照)
 ○ 「ひとときのシークレット」・・・「筒美京平ウルトラ・ベスト・トラックス VICTOR 70'S COLLECTION」(VICL60192)
○ 「恋のハッスル・ジェット」・・・「筒美京平ウルトラ・ベスト・トラックス SOUL&DISCO」(VICL60194)
京平先生の2枚は8年前の発売でしたが、廃盤になっていないことを祈ります。
http://www.tacto.jp/idol/idol-va-victor-sonota.htm


教えて下さい。 投稿者: 剛 投稿日: 1月13日(金)20時47分46秒


ふみおさん皆様、いろいろ教えてくれてありがとうございます。僕が初めて好きになったアイドルは親によると「秋ひとみ」だったらしいです。ピンクレディーや石野真子ではなく、秋ひとみの好きな幼稚園児だったみたいです(笑)。ところでこの機会に詳しい方がいらしたら教えていただきたいのですが、「シェリー」のEPはたまに見かけるのですが、なかなか全貌がつかめません。なにか一枚で堪能できるベストものLPはでていたのでしょうか?CDは無いはずだし、オークションなんかでもあまり出てなくて…。知ってる方いたらm(_ _)m


訂正です。 投稿者: ふ み お 投稿日: 1月13日(金)11時00分33秒


>今から35年くらい前のことだと思います。
今から45年前くらいのことだと思います。の間違いです。
ボケ年齢に達してきており、失礼しました。


ごぶさたしております。 投稿者: ふ み お 投稿日: 1月13日(金)10時58分10秒


剛さん、たつしさん、はじめまして。
梅木マリの話題なので久しぶりにでてきました。
彼女は弘田美枝子とか斉藤チヤ子、あの克己茂なんかの30分の歌番組「若さで行こう」(だったと思います)に突如彗星のごとく現れました。今から35年くらい前のことだと思います。
良いとこのお嬢さんという姿形で、可愛いグッドラックチャームを始めて聞いたとき何かに打たれたような気がしました。私が中学1年のときのことです。
他の出演者とは年齢も違うこともあると思いますが、服装が全然ちがいました。他の出演者はステージ衣装でしたが梅木マリは「よそ行き」の子供服という感じした。本当に可愛いかったです。寝てもさめても彼女のことを考えていました。彼女以来彼女のような服装、雰囲気のタレントはいないと思います。「美少女」タレントとも違います。
前にも書きましたが、当時の芸能雑誌は住所や電話番号も印刷されていました。勇気をだして電話をしたところ、お母さんがでて、そのあと、なんと梅木マリがでてくれました。
当時鶴屋ホテルのCMが流れていましたので、(彼女と声で分かった)その話をしたところ、事務所を通さずに歌ったので、あとで怒られたとのこと。今から考えるとイメージ戦略上も問題があったのでしょう。
なお当時のテレビはモノクロでしたし、彼女の顔が大きくのっていたロッテの新聞広告も白黒でしたので、カラーの彼女を見ることができるのはレコードジャケットだけでした。


やっぱり 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月13日(金)06時00分37秒


 こうそくひれん1号様

 おはようございます。ご報告ありがとうございました。まあ大して期待してなかったけど、夕べは仕事だったのでビデオに録画はしておりました。あとは「僕の先生はフィーバー」の原田潤さんぐらいでしょ?皆川おさむさんとかもういいです、って感じです。


あのミミは今!? 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月13日(金)01時56分15秒


みなさん、昨夜の「あの人は今!?」ご覧になりましたか?
毎度、同じ顔ぶれだったり、たいして懐かしくない「あの人」が出たり、食傷気味の「あの人は今!?」ですが、今回は「ミミ萩原23年ぶりの勇姿」の見出しがラテ欄に!。もしや「おしゃれな土曜日」を披露し、21年ぶりに「ダイコン切り」が見られるのか!?と思ったんですが・・・・・。結果は「女子プロレスラー同窓会」という事で、話題も(当然)プロレス時代の事ばっかり。まあ確かに「ミミ」ではなく「ミミ萩原」となっていたから、私の早トチリなんですがね。今回もガッカリの内容でした。


みなさんレスありがとう。 投稿者: 剛 投稿日: 1月12日(木)17時38分33秒


梅木マリなんですが、年齢的に実体験はなく(僕が生まれる前に引退されてるようですね。)、CDをジャケ買いして、そのパンチのある真っ直ぐな声、歌いっぷりにやられました。同年の友人にすすめたのですが、「えっ、ロリコン?」、「戦前の人?」…不評でした。でも分かる人には分かるのですね!と嬉しくなりました。リアルタイムで聴いた80年代アイドル歌謡も、最新のR&B、ヒップホップも実体験のない田代、梅木、弘田などの60sのシンガーもipodでシャッフルして聴いてます。今後はすっぽり抜けた70年代に挑戦して行きます。最近気に入ったのは高田みづえさんの「花しぐれ」です。


梅木マリさん 投稿者: たつし 投稿日: 1月12日(木)12時59分59秒


 >剛さん

 私は梅木マリさんは名前より先に歌声で知りました。そうです『トムとジェリー』の
主題歌です。後にアニメソングのリクエスト番組『青春ラジメニア』(ラジオ関西
土曜日 24時から26時)で、この歌が流れた時に、以前に買っていたオムニバスのCDで梅木さんの歌声を「どこかで聞いたことがある」という感じになり、『トムとジェリー』
の紹介の時に「『トムとジェリー』の主題歌 梅木マリさんで『トムとジェリー』でした」
と聞いて「そうだったのか」と驚いたことを思い出しましたね。


(無題) 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月12日(木)00時00分15秒


こうそくひれん1号様

>最近では「人生ゲーム」にも多数のアレンジ・バージョンがあるんですね。正月にデパートの玩具売り場へ行ったら、「渡辺プロダクション・50周年記念」なんてバージョンが売ってました。

「人生ゲーム」ってまだ流行っているんですか?私小学校2年の時にこれを買ってもらい、3年間ぐらい毎日やっていた記憶があります。これで「株」とか「約束手形」とかいう言葉を覚えました。でもお笑い系に限定しなくてもいいのにね。

 goo様

>さて私もバラエティー番組に関しても70年代や80年代の番組のほうが好きです。

はじめまして。例えば「8時だよ!全員集合」はお笑いと歌番組の両方として成立していました。当時は歌番組でも歌手のトークは少なく、逆にコントをやらされるケースが多かったですね。一般にアイドルというのはつぶしが利かないものですが、キャンディーズが今も女優として活躍しているのは、ベースにコントとかをやっていたのが好影響を与えていると思います。ちなみにエーベックス系でも、ジャニーズでも残る人は少ないと私は見ていますよ。

 剛様

>ちなみにほかには真弓倫子、清水香織、成清加奈子などが好きな声質ですね。と、言ってもこれまた誰も知らないんだな。

はじめまして。よかったですね。ちなみに上記の3名は、ここの住民ならみんなご存知だと思いますよ。


梅木マリ! 投稿者: 剛 投稿日: 1月11日(水)15時56分12秒


初めまして。私は30台前半の会社員ですが、初めて「梅木マリ」に関したまじめなコメントを見て感動しました。もちろん周りに誰も知ってる人間はおらず、「誰それ、夏木マリ?」と言われるのがオチでした。P-VineのCDをジャケ買いして、数年。オリジナル盤を探してますが…ねぇ(笑)。なかなか買うのに踏み切れないままです。ちなみにほかには真弓倫子、清水香織、成清加奈子などが好きな声質ですね。と、言ってもこれまた誰も知らないんだな。


バラエティー番組も昔が好きです。 投稿者: goo 投稿日: 1月11日(水)14時58分37秒


こうそくひれん1号さん、Nisharraさんレスどうもありがとうございます。

さて私もバラエティー番組に関しても70年代や80年代の番組のほうが好きです。当時の番組には歌手のゲスト出演があるとコントをしたりと自然とアドリブや芸を磨く場があったのですが、現在の番組ではトークのおもしろさで歌手・アーティストからおもしろい話を聞きだそうとする流れが多いので、歌唱とダンスとファッションがウリの歌手・アーティスト(特にエーベックス系)はある程度の年齢に達するとタレントに路線変更というつぶしもきかないと思ってます。
その点、70年代や80年代のアイドルと言われた人たちが現在も活躍できているのは当時の歌番組以外にバラエティー番組の功績ともいえますね。
ジャニーズ系だと現在でも冠番組内でコントをしたり、企画で楽器を演奏できるようになったり、ドラマや映画出演などで歌でダメになってもその後も俳優やタレントとしてやっていけそうですが〜。でも自分はジャニーズ系の番組は見ないし(笑)、あまりおもしろさも感じられないです。


肩書きにダマされるな 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月11日(水)10時34分26秒


最近では「人生ゲーム」にも多数のアレンジ・バージョンがあるんですね。正月にデパートの玩具売り場へ行ったら、「渡辺プロダクション・50周年記念」なんてバージョンが売ってました。
もしかしたら「梓みちよ、『こんにちは赤ちゃん』大ヒット。10万円もらう」「加藤茶が事故。1回休み」「ピーナッツのエミが結婚。ご祝儀1万円はらう」「沢田富美子が『ポロリ』。4年休んで、ふりだしに戻る」なんてマスがあるのかな?と思い、手に取りましたがガッカリ。出ているのは青木さやかや波田陽区などの最近のお笑いばかり。よく見たらゲーム名が「芸人魂」となっていました。
箱絵には植木等の顔写真が大きく出ていたし、ゲームで使うお札の肖像も植木だったので期待してしまったんですが、とんだ肩透かしです。まったく思わせぶりな肩書き付けやがって。

>>KOSUKEさん

「ヒット'78」までは間違いなくありました。「'79」まで行ったような気がするんですが、資料がなくハッキリしません。いずれにしても「'80」までは行かず、番組は終了しています。
第1回目のゲスト、岡田奈々については(KOSUKEさんに)言われて何となく思い出しました。最後の(キス)拒否には、私も「ガラス越しなんだから、いーじゃん」と思った気がします。


そこまで続きました? 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月11日(水)09時55分7秒


 こうそくひれん1号様

>まあ「フィーリングカップル」や「ねるとん」系のバラエティーですね。「ヒット'77」「ヒット'78」と続きましたが、「ヒット'79」まであったかどうかは憶えてませんねぇ。

おはようございます。「ヒット'78」までありました?私は「ヒット'76」、しかも先日コメントした第1回の岡田奈々さんの件しか記憶にないのです。でもGS様さんの年齢からして、「フィーリングカップル」や「ねるとん」も覚えてない可能性が高いですよ。私たちの息子ぐらいの年齢差ですから。バラエティーも昔の方が詳しいのなら脅威(笑)ですけど。


プロフィール 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月10日(火)23時54分36秒


>>「GS様」さん

♪せんきゅううひゃくろくじゅうに年 12月生まれ 今43歳!
 ひーれーんッ ひーれーんッ 呼び捨てーにしてぇー

という訳で歳だけはオッサンですが、精神年齢は中学生時代から変わっていません。よろぴくネ。
残念ながらGSの事は、全くと言っていいほど分かりません。アイドルの事も、知ってる事は知ってるけど、知らない事は全然知らない、という適当な奴です。
「ショッキングドッキング」というのは一種のお見合いゲームで、まあ「フィーリングカップル」や「ねるとん」系のバラエティーですね。「ヒット'77」「ヒット'78」と続きましたが、「ヒット'79」まであったかどうかは憶えてませんねぇ。


ニッチもサッチもどうにもブルドッグ 投稿者: GS様 投稿日: 1月10日(火)18時00分27秒


こうそくひれん1号さん
ヒット'76・ショッキングドッキングは全然知りませんね。フォーリーブスならわかりますが。こうそくひれん1号さんは年はおいくつですか?もしよければ教えてください。GSとか詳しいですか?


色んな鳥の卵が選べることを知ってしまったのです 投稿者: Nisharra 投稿日: 1月10日(火)04時59分25秒


余談ですが、前川清の件でこの掲示板の過去レスを拝見した際、私自身がココの掲示板にいつ頃に初めて書き込んだのだろうと思い調べたら2002年の9月でした。それはさておき、この掲示板自体は、それよりももっと前から続いてますが、ずっと盛況が続いて尚且つ過去レスをキチっと保存されてる、とろりさんの努力に敬意を表したい気持です。私も長年サイト運営をしてますが実は掲示板を管理するのが苦手というか億劫で、ここ5年ほどは自サイトでマトモに掲示板を併設して無いんですよ…だから余計に凄いなぁと思います。

>昔は、好き嫌いはともかく、いろんなジャンルの歌に触れ、馴染んでましたからね。

家族団らんの中で子どもも「イヤやー!」とか「イモいわー!」とか言いながらも演歌や大人の歌謡曲を聴いてました。また、大人も「どこがエエねん!」とか言いながらもアイドル曲を聴いてましたね。

テレビが一家1台だけじゃなくなってきたことや、好きな曲だけをチョイスして聴けることが容易になったことが「ごった煮」衰退の要因じゃないでしょうか。ニワトリの卵だけでなく色んな鳥の卵が選べることを知ってしまった世代が大勢になってしまったのでしょう。何だか悲しい気もしますが…。

「さそり座を眺めながら」
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/


ニワトリが先か?卵が先か? 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月10日(火)01時14分48秒


>>gooさん

仰るとおり「夜のヒットスタジオ」「NTV紅白歌のベストテン」「ザ・ベストテン」のように様々なジャンルの歌が同居する番組がなくなった事が、「紅白」「レコ大」の視聴率低下につながっているのは否めない事実ですね。昔は、好き嫌いはともかく、いろんなジャンルの歌に触れ、馴染んでましたからね。
ただ、「ごった煮歌番」がなくなったから「オールジャンル音楽イベント」に興味が持てなくなったのか、特定のジャンルにしか興味を持たなくなったので「ごった煮」がなくなったのか、は判断が難しいですね。これは「ニワトリと卵」の関係ですね。


紅白、レコード大賞、スカパー 投稿者: goo 投稿日: 1月10日(火)00時38分45秒


とろり様、みな様おひさしぶりです。以前投稿したのはかなり前なのではじめましてという感じです。(笑)出ている話題とかでついつい書き込みしたくなりました。紅白は私も70年代から85年くらいの紅白が見ていて楽しかったですね。レコード大賞もその頃は入賞した歌手も素直に喜んでいたし、予選で落選した人は悔しそうでしたね。
スカパーでレコード大賞や夜のヒットスタジオを現在見る事ができるようになったものの、もっともっと放送してほしい70年代、80年代の歌番組はたくさんあります。最近のレコード大賞や紅白が視聴率がとれなくったのは私が思うに普段の歌番組の出演者が偏っているためではないか?と思われます。夜のヒットスタジオのように各ジャンルの歌手が出演するような番組がないのでレコ大や紅白でオールジャンルの歌手・アーティストが年に一度だけ集まるという光景は違和感があり、なじめない気がします。そこで昔のような出演者による応援合戦は期待できないと思います。
話かわりますがスカパーのほうではぜひとも70年代の初期ぐらいからの歌番組を放送して欲しいと願ってます。特に中三トリオ(桜田淳子、山口百恵、森昌子)のデビューした頃の歌唱映像や南沙織、麻丘めぐみが登場してアイドルブームに火がつき始める頃ぐらいからが見たいですね。


そう!それそれ 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月10日(火)00時27分6秒


>>KOSUKEさん

お答ありがとうございます。
タイトルは分からなかったんですが、歌い手は「(未都由)かな?」と思っていました。「こんな娘が好き」で間違いないと思います。「'76年3月頃」なんて書いちゃいましたが、あれは「'77年3月頃」の間違いです。当時、ラジオで何度か聴いた覚えがあるんですが、あのフレーズだけ印象に残っていました。あ〜スッキリ。

「ヒット'76」の第1回目のゲストが岡田奈々・・・・・そう!それも思い出した。確か岡田奈々だった・・・気がする。同じ画面を見つめていたのかもね。いや〜懐かしいね。
ちなみに今、資料を調べてみたら吉田真梨ちゃんは昭和51年9月18日(土)に「ヒット'76」にゲスト出演してますね。当時のボク、その回、見てたのかなぁ。


「こんな娘(こ)が好き」では? 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 9日(月)19時47分58秒


こうそくひれん1号様

>石毛礼子も讃岐裕子も、おたふく顔でしょ。もちろんタイプに当てはまらなくても好きなアイドルは沢山いますけどね。

こんばんは、なるほどね。間違っても木之内みどりさんなんかは×なわけですね。

>ところで、タイトルに書いた歌詞、憶えている人いますか?。

これちょっと自信ないんですけど、未都由さんの「こんな娘が好き」では?出だしが♪あなたはどんな娘 選ぶかな 僕ならこんな娘 選びたい・・・だったんですけど。76年11月発売で、「レッツヤン」初代サンデーズのメンバーでもありました。一応(冬の時代の)ジャニーズ事務所でしたが、オッサン顔だったのが敗因と見ています。芸名はme&youで「みとゆう」ですって(トホホ・・・)。

>日テレの「ヒット'76・ショッキングドッキング」を思い出しますね。フォーリーブスに代わって2代目司会者になった「海原千里・万里」の新曲という事で、さんざん番組で聴かされましたからねぇ。

ハイハイ、私もこれ見てましたよ。さんざん聴かされましたね、「大阪ラプソディー」。新曲ということはまだ他に出してたんですか?これはゲストのアイドルにファンが交際を申し込むようなコーナーがあって、ガラス越しにキスというのはめでたくアイドル
が「OK」を出した場合だったような気がしますが・・・第1回のゲストが「青春の坂道」が絶好調だった岡田奈々さんと記憶しています。彼女が最終予選?を勝ち抜いたファンにOKを出さなかったのが印象的でした。吉田真梨さんは見ておりませんが、出てた可能性は高いでしょう。


大阪ラプソディー 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月 9日(月)19時21分34秒


>>KOSUKEさん、「GS様」さん

「GS様」さんは知らないだろうけど、私は「大阪ラプソディー」といえば日テレの「ヒット'76・ショッキングドッキング」を思い出しますね。フォーリーブスに代わって2代目司会者になった「海原千里・万里」の新曲という事で、さんざん番組で聴かされましたからねぇ。
同番組では、ゲストのアイドルとガラス越しにチューするコーナーもあったような気がします。'76年頃だと吉田真梨ちゃんも出たのかな。ガラス越しでいいから、俺も真梨ちゃんとチューしたいぞ!(ガラス越しじゃ意味ないか・・・)。


紅白のラインダンス 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月 9日(月)19時12分36秒


>>たつしさん

よく憶えてますねぇ。私はラインダンスの所しか憶えていません。
ラインダンスでは、確か森昌子が先頭にいたと思います。もし先頭が高田みづえだったら、そっちのファンになってたかもね(俺って適当)。


♪あんな娘が好きかな?嫌いかな? 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月 9日(月)19時09分12秒


>>KOSUKEさん

決して太っている人が好きな訳じゃないけど、顔は、おたふく顔、体形は変にやせているよりは多少お肉がついている方が好みですね。石毛礼子も讃岐裕子も、おたふく顔でしょ。もちろんタイプに当てはまらなくても好きなアイドルは沢山いますけどね。
森昌子に関しては、自分のタイプで選んだ訳ではありません。あれは「ちょっとした気の迷い」でしたね。

ところで、タイトルに書いた歌詞、憶えている人いますか?。'76年3月頃に男性アイドルが唄っていたんですけど、何という歌かなぁ。


惜しかった。 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 9日(月)17時07分50秒


GS様

こんばんは。「東京ラプソディー」のイントロって覚えてないけど、似てるかもしれません。「野球小僧」の灰田さんは正解です。しかしそのBS2の懐メロは見ませんでした。チェック不足でしたね。


S20年 投稿者: GS様 投稿日: 1月 9日(月)14時18分2秒


東京ラプソディーと大阪ラプソディーのイントロって似てますよね?大阪ラプソディーはあまり聴いた事がありませんがそんな記憶があります。灰田勝彦さんって人は「野球小僧」って歌をうたった人ですか?朗らかな朗らかな野球小僧♪ってところしかわかりませんが・・・。今日BS2で1960〜1969年の歌や出来事をやってましたけど、見た人いますか?夕方に1970〜1972年をやるらしいです。よろしくお願いします。

おちばくん
中村晃子さんのファンサイトに行かせてもらいました。中村晃子さんはかっこよくて好きです。また是非行きます。今日中村晃子さんの「虹色の湖」がBS2で流れてましたよ。


詳しいですねー 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 9日(月)10時58分45秒


たつし様

 「新雪」以外は知りませんでした。もちろん津村謙さんの芸名の由来も。詳しいですね。ひろみさんでは、カラオケで「花とみつばち」を必ず歌います。受けるんですよ、なぜか。


色々 投稿者: たつし 投稿日: 1月 9日(月)09時37分43秒


>こうそくひれん1号さん

 『なみだの桟橋』の頃の森昌子さんなら、すでにタワシ頭ではなかったです。
52年の紅白では、ラインダンスの他に加山雄三さんと選手宣誓をなさっていましたよ。

 >GS様 KOSUKEさん

 私は藤山一郎さんなら『丘は花ざかり』灰田勝彦さんなら『新雪』津村謙さんなら
『東京の椿姫』が一番好きです。余談ですが津村謙さんの芸名の由来は
『愛染かつら』の医師、津村浩三とその役を演じられた上原謙さんから来ているのです。
 あと、郷ひろみさんは『あなたがいたから僕がいた』『マイ レディー』『How many いい顔』『会いたくて仕方がない』が好きですね。


郷ひろみさん 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 9日(月)06時09分56秒


kansuke様 MACKY様

 おはようございます。ひろみさんがベストテン番組への出演拒否をしたのは、確か「哀愁のカサブランカ」からですね。その5年前の77年には賞レースを辞退しています。歌謡大賞の放送音楽賞候補に漏れたので、「ダメだったんだ」と思っていたら翌日「辞退」ということで大騒ぎになったのを覚えています。どちらもアイドルでは第1号でしたから。
 彼の曲で私のベストは「寒い夜明け」なんですが、やたら腰を振っていたのは(笑)「誘われてフラメンコ」という印象がありますが、違いましたかね?


私も 投稿者: kansuke 投稿日: 1月 8日(日)22時58分5秒


>郷さんは「ハリウッド・スキャンダル」から1年間、どういうわけかオリコンベスト10に入れなかったんですよね。「地上の恋人」と「いつも心に太陽を」は個人的に好きなんだけど、「ナイヨ・ナイヨ・ナイト」はやたら腰を振ってたことしか覚えてないし(爆)

この頃の郷さんの曲は結構好きでしたよ。
でも、この頃は少年期から、青年期になる端境期で彼自身も色々試行錯誤していたのでしょうか?
また、自分の曲にランク付けされるのを嫌がってベストテン番組も出演拒否してました。
「お嫁サンバ」辺りから盛り返し、「ジャパーン」でブレイクし、「アッチッチチー」で燃え尽きましたか?


(無題) 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 8日(日)22時12分7秒


こうそくひれん1号様

>その時に森昌子のレオタード(?)姿を見て、不覚にも「ムラッ」っとしてしまいました。

失礼ですが当時結構太めでしたよね?もう「たわしカット」(笑)じゃなかったと思いますが・・・「なみだの桟橋」とか歌ってた頃でしょ?あの路線がお好みなんですね?

 GS様

 「東京ラプソディー」ね。「大阪ラプソディー」もいい曲ですが知ってますか?S20年代の歌謡曲というと敬遠したくなりますが、私は灰田勝彦さんの「東京の屋根の下」とか、津村謙さんの「上海帰りのリル」とか好きなんですよ。この辺までご存知でしたら脅威(笑)ですが。でもGS様よりお父様が私からはずっと年が近いので、ご存知のはずですよ。

 MACKY様

>郷さんの「ハリウッド・スキャンダル」「セクシー・ユー」とか秀樹さんの「ボタンを外せ」とか。秀樹さんなんか連続記録がここで途切れるし

新御三家のもう1人、野口五郎さんは21曲連続でベスト10に入っていたのに、(今「夜ヒット」再放送で歌っている)「送春曲」で記録が途切れたんですね。でもひろみさんは72(S47)〜84(S59)まで13年連続でベスト10入り(年に最低1曲はベスト10入り)していましたね。秀樹さんが73〜82まで10年連続でした。


「ボタンを外せ」 投稿者: MACKY 投稿日: 1月 8日(日)18時26分55秒


この頃って意外な曲がオリコントップ10に入れず、ってことがいくつかありますね。郷さんの「ハリウッド・スキャンダル」「セクシー・ユー」とか秀樹さんの「ボタンを外せ」とか。秀樹さんなんか連続記録がここで途切れるし、非常に惜しかったんだけど…

九重祐三子さんの紅白落選は、江利チエミさん落選の余波だったらしいけど…このチエミさん落選はかなり深い事情があったそうだけど…


マジで? 投稿者: GS様 投稿日: 1月 8日(日)17時19分25秒


KOSUKEさんの言う通りホントにもっと早く生まれてくればよかったと思います。リンゴの唄は好きです。はまってはないけど、わかります。藤山一郎さんの東京ラプソディーとかも好きですね。でも、戦前の歌は「東京ラプソディー」ぐらいしかわかりません。親の影響ですね懐メロ好きは。とくに父です。ちなみに父は48歳です。でも今は父より僕のほうが懐メロは詳しいです(笑)。園まりさんの落選の理由は厳しすぎますね。NHKって結構厳しいですよね。


みんな「紅白」で大きくなった 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月 8日(日)17時17分39秒


「紅白歌合戦」の話題が途切れませんね。歌謡曲ファンのみなさんにとっては「レコ大」と並ぶ一年で最大のイベントであり、思い入れ、想い出も相当なんでしょうね。特に歌謡曲ファンではなく、大晦日の風習としてなんとなく見ていた自分は、とてもついていけません。
そんな私にも「紅白」の想い出がチョコッとあります。あれは昭和52年の事だったかなぁ。応援合戦で紅組の出場者がラインダンスを披露したんですが、その時に森昌子のレオタード(?)姿を見て、不覚にも「ムラッ」っとしてしまいました。それから3日間、私は森昌子の大ファンになってしまったんです。まあ4日目にはもう熱が冷めちゃったんですけど、あの3日間は萌えたなぁ、マコに。
以前どこかに書き込んだかもしれませんが、「小雨の下宿屋」をジャケ写だけが目当てで買ったり、「昌子のバイク」のポスターを早朝に盗んだりした事があるんですが、あの時(昭和52年12月31日〜53年1月3日)の記憶がどこかに残っていたのかなぁ。
みなさんと違い、下世話な話でゴメンネ。


唖然 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 8日(日)11時50分3秒


 たつし様

 何もそんな理由で落選させなくても・・・だって園まりさん、その頃まだ売れてたんでしょ?NHKってどういう体質なのか、疑っちゃいますね。


園まりさんの紅白の落選の理由 投稿者: たつし 投稿日: 1月 8日(日)10時20分20秒


 >おちばくんさん、KOUSUKEさん

 中村晃子さんと九重佑三子さんの落選の理由、そうだったのですね。
同じような理由で昭和44年に園まりさんが落選しているのです。
 ある本によると、当時の園さんの彼氏とデートしている最中をNHKの人に
見られて「しまった!」と思って挨拶しなかったのが原因だったそうですね。


郷さん他 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 8日(日)06時17分3秒


MACKY様 おちばくん様

 おはようございます。

>郷さんは「ハリウッド・スキャンダル」から1年間、どういうわけかオリコンベスト10に入れなかったんですよね。「地上の恋人」と「いつも心に太陽を」は個人的に好きなんだけど、「ナイヨ・ナイヨ・ナイト」はやたら腰を振ってたことしか覚えてないし(爆)

そうですね。「地上の恋人」最高17位、「ナイヨ・ナイヨ・ナイト」は24位と急降下。
この2曲ってTVで歌ったの全く覚えてません。レイザーラモンHG並みでした(笑)?
「いつも心に太陽を」で12位と巻き返し、「マイレディー」で久々にベスト10入りでした。

>中村晃子さんは翌年の紅白にもエントリーしていたみたいですが、ちょっとした週刊誌ネタがあり、その所為で最終選考ギリギリで落とされてしまったそうな。当時の紅白って厳しかったんですね。

スキャンダルですかね。この頃のNHKは厳しかったらしいですから。九重佑三子さんも整形した時、「イメージを勝手に壊した」ということでNHKで土下座したらしいです。


たくさんのレスポンスありがとうです- 投稿者: おちばくん 投稿日: 1月 8日(日)00時47分20秒


Nisharraさま-
60年代の夜ヒットが殆ど残っていないのは残念..。フジテレビ721は見れる環境でないので分かりませんが、中村晃子さんの出演はあったのでしょうか。「薔薇の囁き」なんかが観たいな♪
ドリフの歌コーナーはいくつか捕獲しましたyo♪たまに歌謡曲系の方もおられましたが、内田あかり「好色一代女」が懐かしかったデス。

GS様-
中村晃子さんと言えばやはり「虹色の湖」ですねえ。誰もが認める名曲と思います。彼女の曲は当時"ひとりGS"と呼ばれていた訳ですがそのテの曲をリリースされていた方は他にもおられますけれど、その代名詞的存在はやはり彼女ではないかと思います。

たつしさま-
'68年の紅白はリクエストに応えてというカタチでの放映だったようですNe。会場にはご両親の姿もありましたが、晃子さんはお母さま似かなと思いました。お母さまはオペラ歌手の村山雪子という方だそうです。

KOSUKEさま-
'68年紅白は、放映のビデオはモノクロでしたが、画面に"カラー"の文字が出ていて、切ないです。カラー映像も新たに発見されたりしないものですかね..(寂)
中村晃子さんは翌年の紅白にもエントリーしていたみたいですが、ちょっとした週刊誌ネタがあり、その所為で最終選考ギリギリで落とされてしまったそうな。当時の紅白って厳しかったんですね。
「あまい囁き」は最初に聴いた時は思わずのけぞってしまいましたよ(^^

さて中村晃子さんの大ファンな私は、ファンサイトを運営しておりまして、今アルバムのディスコグラフィを作っているところです。
興味のある方、宜しければ遊びに来て下さい。当時のエピソードや情報、曲の感想などカキコして頂けると嬉しいです♪♪
http://page.freett.com/akikofun/


「ナイヨ・ナイヨ・ナイト」 投稿者: MACKY 投稿日: 1月 8日(日)00時30分54秒


KOSUKEさん>前川さんは昨年の紅白で白組になった人とも付き合ってたらしいです。

郷さんは「ハリウッド・スキャンダル」から1年間、どういうわけかオリコンベスト10に入れなかったんですよね。「地上の恋人」と「いつも心に太陽を」は個人的に好きなんだけど、「ナイヨ・ナイヨ・ナイト」はやたら腰を振ってたことしか覚えてないし(爆)


プレイボーイ、納得です 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 7日(土)23時33分34秒


MACKY様

 >前川さんはかなりのプレーボーイだったそうですよ。詳しくは2002年四月の過去レスをご覧ください。

 えっ、このサイトそんなに歴史があるんですか?私は来月で参加して2周年ですが。前川さん、清純な(イメージの)頃のアン・ルイスさんとも噂になっていたのを覚えてます。あの口下手そうな人がなんで?って当時思ってました。彼はラブホのHシーン(つまり全裸)の盗撮も20年前くらいに「FOCUS」に載ったくらいだから、納得できます。
 ひろみさんの「地上の恋人」私はもう見ましたけど、京平先生にしてはイマイチの出来って感想です。その前の「林檎殺人事件」とか「ハリウッド・スキャンダル」に比べてインパクトに欠けるというか。この年のひろみさんは「いつも心に太陽を」はよかったけど、やはり「マイレディー」が傑出してましたね。能瀬さんの「アテンション・プリーズ」はご覧になりましたか?


「地上の恋人」 投稿者: MACKY 投稿日: 1月 7日(土)22時49分16秒


KOSUKEさん>前川さんはかなりのプレーボーイだったそうですよ。詳しくは2002年四月の過去レスをご覧ください。

Nisharraさん>CS夜ヒットの放送は今1979年の正月あたりに来ています。個人的には郷ひろみさんのマイナー曲「地上の恋人」が楽しみ。これと「ナイヨ・ナイヨ・ナイト」「いつも心に太陽を」の3曲って黒歴史かってくらい取り上げられないし…


なるほどね・・・ 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 7日(土)21時07分38秒


MACKY様 Nisharra様

>紅白のカラー化は1964年からだけど、いまNHKに残っている当時の映像は宮田輝さんが個人的に録画したものらしく、宮田家はどうやら1969年まで白黒テレビだったみたい。私が昔から不思議なのは1965年の紅白がカラー版と白黒版と両方残っていることで

えーっ!知りませんでした。宮田輝さんのマイビデオでしたか?私も前から不思議だったんです、1965(S40)がカラーなのになんでまた翌年から白黒だったのかと。謎が解けました。(でも最初の上司が羽田空港に勤務(私は以前航空会社におりました)していた時、宮田氏がいらしたそうですが、性格は最悪だったそうです)

 >もしかしたら国民的演歌歌手が生まれ育っていたかも

演歌の史上最大のセールス、ぴんからトリオの「女のみち」(326万枚、16週首位)を抜いていたかもしれませんね(笑)。この2人はもともと同じレコード会社(RCA)だったそうですね。結婚に至るいきさつとかは全くわかりませんが・・・。


へーへーほーほー 投稿者: Nisharra 投稿日: 1月 7日(土)19時48分33秒


KOSUKEさん
>そういえばこの頃前川さんと藤圭子さんが夫婦だったんですね。30代以下の方はこの事実をご存知ない方も多いでしょう。あっという間に(1年くらいで?)別れてしまった記憶があります。でも離婚していなければ、宇多田ヒカルさんは存在しなかったわけですから、運命というのはすごいですね。

もしかしたら国民的演歌歌手が生まれ育っていたかもw

でも、そんな事実を知りませんでした。未だにピンと来ませんけど。釣り合い云々じゃなくて何かタイプが違いそうですもんね…変な意味じゃなくて「あ、なるほどね…」というものを感じませんから、だからこそ一年も持t(以下略)。

おちばくんさん
>夜ヒットなんかの当時の映像がもっと放映されたらいいのに、

夜ヒットはフジテレビのCSで放映されてますね。ただ古い方から順次放映なので今はもう比較的新しい年代のになってるんじゃないでしょうか?ちなみに私は昭和52年頃のを録画しました。三波豊和が歌ってる回のですが、それをやってたのはもうだいぶ以前でした。

アイドルが歌ってる画像では、これもCSですが「ドリフ大爆笑」はアイドルの歌唱シーンを流してますね。ただこれも古い方から順次放映です。

「さそり座を眺めながら」
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/


「いつでも夢を」 投稿者: MACKY 投稿日: 1月 7日(土)19時06分0秒


紅白のカラー化は1964年からだけど、いまNHKに残っている当時の映像は宮田輝さんが個人的に録画したものらしく、宮田家はどうやら1969年まで白黒テレビだったみたい。私が昔から不思議なのは1965年の紅白がカラー版と白黒版と両方残っていることで、白黒は当然宮田家のものとして、カラー版は誰のもの?一説には加藤家(美空さんの家)と言われているけど…

1970年・71年についてはよっかーさんが詳しいけど、どうやら全編通して放映できる状態ではないらしい。70年では「愛は不死鳥」、71年では「おふくろさん」や「希望」を見たことがあります。「希望」あたりの映像を見ると状態はかなりしっかりしてるけど…

この前放映された70年の「いつでも夢を」は、直前まで違う曲を歌うはずだったそうで、橋さんがその年に結婚したので、宮田さんがアドリブで曲変更したという説が有力みたい。

71年以前の紅白では、一番古い63年の映像が一番保存状態が良いんじゃないかなあ?でもこの年の「高校三年生」の映像は流石に飽きた…


昭和のもう少し前に生まれれば・・・ 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 7日(土)17時00分24秒


 GS様

 ちょっと生まれるのが遅すぎたようですね(笑)。昭和の事実上最後の年ですもんね。計算すると私が戦後すぐの「リンゴの唄」にハマっているようなもんですから(笑)。私は正規の学校の教師ではなくて、予備校等の非常勤です。でもずっとサラリーマンをやっておりまして、教師に転じてまだ2年。今の子達は理解できないだろうと思っていましたが、結構そうでもないですね。でも昔から懐メロ系が好きだったんですか?ご両親やご兄弟の影響とか?興味あります。


昭和最高 投稿者: GS様 投稿日: 1月 7日(土)13時46分14秒


 KOSUKE様

 KOSUKEさん英語教師なんですか?スゴーイ。しかも高2を教えてるんですか。へぇ。僕も誰でもいいから昭和の歌謡曲などの話をしたいですよ。歌の大辞テンの「花嫁」僕も見ましたよ。感動しました。橋幸夫さんは絶対いれるべきでしょう。NHK何考えとるんですかね?

 おちばくん

 中村晃子の「虹色の湖」はGSっぽい感じでかっこいいと思います。3年ぐらい前にNHKの毎月1回ぐらいのペースでやってた番組で中村晃子の「虹色の湖」が多分紅白の映像で流れてて僕はあの時この歌を知らなくて、いい歌だと思いました。


S46年の紅白 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 7日(土)11時14分2秒


 たつし様

 この「花嫁」が歌われたS46の紅白は、全体的に映像はぶれていたようです。白組トップバッターの尾崎紀世彦さん「また逢う日まで」もぶれていましたから。(私は特に紅組のトップバッター、南沙織さん「17才」をみたいんです)鑑賞に耐えられる映像になったのは翌S47からだと思います。
 そういえばこの頃前川さんと藤圭子さんが夫婦だったんですね。30代以下の方はこの事実をご存知ない方も多いでしょう。あっという間に(1年くらいで?)別れてしまった記憶があります。でも離婚していなければ、宇多田ヒカルさんは存在しなかったわけですから、運命というのはすごいですね。


紅白の映像 投稿者: たつし 投稿日: 1月 7日(土)09時35分43秒


 実は私は毎年『紅白』は毎年録画しています。今回も録画しましたが、やはり
『思い出の紅白』で録画した回を主に見返してしまいます。

 >おちばくん さん (このように表現しても宜しいでしょうか)

 昭和43年の『紅白』での中村晃子さんは見たかっただけに嬉しかったですね。
あの映像には、中村さんの御両親が会場にいらしていた場面があったのです。

 >KOUSUKEさん

 『花嫁』の『紅白』での映像は私も『大辞テン』で見ましたが、映像がぶれていたのが
残念でした。いつか綺麗な形でこの46年がみたいです。
 46年には藤圭子さんのバックでクールファイブがバックで歌ったという超貴重な
映像があるのです。前川清さんが急病でクールファイブは辞退したのですが
他のメンバーの悔しさを晴らさせるためるための演出だったということです。
http://wmituori.hp.infoseek.co.jp/takaisi.htm


まだまだ続く紅白 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 7日(土)09時30分14秒


おちばくん様

>中村晃子さんの大ファンですので「虹色の湖」が観れただけでも感動でした。
できることならカラーで観たかったですが..。

この頃は民放はすでにカラー化していたようですが、NHKはまだモノクロだったというのも意外ですね。中村晃子さんといえば、当時はいしだあゆみさん、小川知子さんと3人娘的な扱いで、「夜ヒット」の常連だったとか。紅白出場が1回だけというのは意外です。私は彼女といえば♪バローレの「あまい囁き(細川俊之さんとデュエットでしたっけ)」ですねー「恋の綱わたり」が久々にヒットした頃、大竹しのぶさんに彼氏を略奪されたのも印象的。当時彼女が35歳で、おばさんだなあと思っていましたが、40になった今では35なんて若かったんですね。

 GS様

 橋幸夫さんの話題になりましたが、昨年スキウタに複数の曲が入ったにもかかわらず、彼が落選したのは未だに納得がいきません。事務所も当然激怒したそうです。NHKってナニ考えてんでしょうか?私は仕事が英語教師で、同じ高2の生徒を見ていますが、歌謡曲の話が全くできない(=通じない)のがツライ。せめてあなたのような生徒がいれば、なんて思っちゃいけないんですけどね。


思い出紅白- 投稿者: おちばくん 投稿日: 1月 7日(土)04時16分38秒


去年の紅白はサスガに見る気がしませんでした..暫くぶりの投稿です。
紅白といえば、以前一般視聴者が保存されていたビデオが見つかって、
ノイズ交じりの'68年の回が放映された事がありましたが、
中村晃子さんの大ファンですので「虹色の湖」が観れただけでも感動でした。
できることならカラーで観たかったですが..。
当時の映像があまり残っていないのは残念です。
去年の紅白は永久保存されるのでしょうが、逆に残す価値のある番組は
どんどん少なくなっているような気がしてなりません。
紅白や夜ヒットなんかの当時の映像がもっと放映されたらいいのに、ですね。
夜ヒット第1回放映の「なげきの真珠」が観たいです♪

おっともうこんな時間だ..それでは皆様、オヤスミナサイ。
http://page.freett.com/akikofun/

確かにそうですね 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 6日(金)20時07分14秒


 GS様

 >橋幸夫さんが「いつでも夢を」を和服で歌ったのはもしかして昭和45年ですかね?

こんばんは、その通りです。このS45年は紅組の司会が美空ひばりさんということでも、お宝度が高いんですよ。はしだのりひことクライマックスの「花嫁」も私は大好きなんです。この紅白の画像は一応日テレの「歌の大辞テン」から録画できたんですが、ワンコーラスだけでしたからね。フルで見たいです。これは署名でもしてNHKに出すしかないですかね(笑)。


ありがとう 投稿者: GS様 投稿日: 1月 6日(金)11時04分5秒


みなさんおはようございます。KOSUKEさんが言ったとおり僕は88年生まれです。たしかに今の音楽をあまりよく知らないので話が合わないですね。オレンジレンジぐらいですかね僕がわかるのは。橋幸夫さんが「いつでも夢を」を和服で歌ったのはもしかして昭和45年ですかね?ついこないだNHKの思い出の紅白で見ましたよ。昭和42、45、46年の紅白は是非見たいです。もし放送されたら絶対録画します。ブルーコメッツとか出ますよね。1966年〜1974年ぐらいの紅白を僕は希望します。紅白再放送目指してがんばりましょう。


ズバリ同じです 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 6日(金)09時33分35秒


たつし様

>私の再放送の希望の『紅白』は昭和42、45、46年です。

おはようございます。(横レス失礼)私もズバリそうなんです。というかこの3回は確か放送してませんよね?(大昔に放送はされたのかも)部分的にはしばしば流されていますので、フィルムは残っているはずです。今年の年末こそ期待したいですね。


GS様 投稿者: たつし 投稿日: 1月 6日(金)08時43分10秒


私も現在のGS様と同じで高2の頃は、GSや青春歌謡が大好きでしたね。
私の再放送の希望の『紅白』は昭和42、45、46年です。
 美樹克彦さんや、和服で『いつでも夢を』を歌った時の橋幸夫さんがみたいです。
もちろん、はしだのりひことクライマックスも。
http://wmituori.hp.infoseek.co.jp/takaisi.htm


流石!! 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 5日(木)15時37分25秒


 GS様

 こんにちは。高2ということは88年生まれですか?若いのに詳しいですねーでも今の音楽に馴染めないのなら、学校では話が合わないのでは?私は今中・高生だったら間違いなく登校拒否になっているでしょう(笑)。
 さて列挙された曲やアーティストは、40歳の私ですらリアルタイムでは覚えてませんが、GSで紅白に出たのはご指摘通りブルー・コメッツだけです。(私もGSブームは幼稚園に入る前だったので、もう少し早く生まれていればと思いますよ)はしだのりひことクライマックスは71年、首位となった「花嫁」で紅白に出場しました。「いいじゃないの幸せならば」も正解です(こういうシブイ歌が好きという感性は素晴らしいですね)。「手紙」(70年レコ大最優秀歌唱賞)も含めて私も大好きなんですよ。今後も投稿して下さい。


昔の紅白 投稿者: GS様 投稿日: 1月 5日(木)15時25分3秒


こんにちは。僕は高校2年生で今の音楽より、60年代70年代の音楽の方が好きです。多分、いや絶対僕の年でこんなに昔の音楽が詳しい人はいません。たしかに70年代の紅白再放送してほしいですよね。1966年の紅白を少しだけみたことがあります。加山雄三とかマイク真木がいましたね。レコード大賞は今年は倖田来未がとったけど、あの歌は全然知りませんでした。佐良直美の世界は二人のためにっていいですよね。いいじゃないの幸せならばも好きです。69年のレコード大賞曲ですね。由紀さおりさんの夜明けのスキャットは大好きです。手紙もいいですね。グループサウンズはブルーコメッツしか紅白に出ていないんですよね?70年の紅白は是非見てみたいです。71年ははしだのりひことクライマックスは紅白に出たんですか?もし出たなら是非見たいです。GSとフォークは誰にも負けないぐらい好きです。これからもよろしくお願いします。


Re:紅白 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 5日(木)08時13分44秒


TK様

 おはようございます。そこまでフルでごらんになりたいのなら、NHKサイドにもう一度70年代の紅白を再放送するように依頼するしかないですね。私も70(S45)年と71(S46)年はフルで見ていないので、どうしても見たいと思っています。
 岩崎宏美さんはスキウタに「聖母たちのララバイ」も入ったし、出して当然です。でも「ただ・愛のためにだけ」もいい曲ですね。ところがこういうまともな?曲がチャートインしないのが現状です。選考上には絶対に上がってると思いますよ。今年の年末こそ!(ちなみに初出場の「ロマンス」ではトップバッターだったのはご存知でしょうか?)
http://www.nhk.or.jp/dosta/mc/index.html


紅白 投稿者: TK 投稿日: 1月 4日(水)23時32分18秒


>KOSUKEさん
 こんばんは!
 70年代の紅白、ぜひ1度フルで見てみたいものです。
 由紀さおりさんに関しては、どうしても童謡のイメージが強くて・・・。
 「お先にどうぞ」とか「夜明けのスキャット」は好きですけどね。
 歌謡曲を歌う由紀さんも久々に見たいですね。
 NHKの連ドラ「ファイト」での由紀さんも素敵でしたので。

 宏美さんはぜひまた紅白のステージに立ってほしいのですが・・・。
 みゆきさんが作った「ただ・愛のためにだけ」をぜひ歌い上げてほしかったです。
 宏美さんは選考上には挙がってこないんですかね??
 あの当時の素晴らしい紅白を、リアルタイムで見たいです。
 タイムスリップすることが出来れば・・・。
http://yaplog.jp/idol-pops/


「世界は二人のために」 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 4日(水)11時04分43秒


 とろりん村のとろり様

 おはようございます。いきなり壁紙が「世界は二人のために」に変わっているので驚きましたが、私が「紅白の司会」で書いたからですね。この曲は67/5/15の発売で、同年のレコ大新人賞を受賞して紅白にも入ったそうですが、オリコン創立前ですからねー。正確な売り上げ枚数はわからないんです、残念ながら。ただしオリコン創刊号の68/1/4付けで2位ですから、トップになっていた可能性大ですね。とにかくメガヒットだったそうです。この頃はレコードのジャケットにも威厳が感じられますね。60年代後半は必ずといっていいほど各社「ステレオ」と書いてありますが。
http://www.nhk.or.jp/dosta/mc/index.html


関東か?都営か?京王か? 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月 4日(水)10時19分5秒


遅ればせながら「あのヒット曲の舞台はここだ!」を手に入れました。
メジャー曲が多いだろうなと思っていたんですが、ちゃんとB級ポップスも取り上げていました。「バス通学」の路線についてです。
本によると、その路線は「新宿駅西口から中野駅へ向かうバス。青梅街道を通っている」との事。
ウ〜ム。当時の路線は知らないけど、新宿駅西口から中野駅へ行くバスは、北回りと南回りの2路線のはず。中野駅を通過する路線なら「野方行き」もあり、途中に「堀越学園」もあるからピッタリなんだけど、そこは「大久保通り」であって「青梅街道」じゃない。「新中野駅を通過する」「中野区方面に行く」と解釈すれば、青梅街道を通る路線もあるんだけど、イマイチ釈然としないなァ。
まあ作詞者本人が出している答だから、間違いないんなんだろうけど。


Re:紅白の在り方 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 3日(火)22時51分20秒


 TK様

 70年代の紅白は、熱気が違っていましたね。司会が佐良直美さんと山川静夫アナという組み合わせがまず最高でした。(水前寺清子さんや宮田輝アナでも同じなのですが)とても「想い出のメロディ」にあの盛り上がりは求められないという気がします。またBSで年末に昔の紅白を再放送するように要望メールを出してみましょう(笑)。
 今回はスキウタなるものをやったそうで、当然聖子さんや明菜さんにも打診は行ったようです。でもあまり懐メロは歌いたくないのか、辞退されたとか。岩崎宏美さんは絶対出すべきでした。ポップスのベテランで白組は布施明さんが出ているのだから、彼に対抗できる歌手となると宏美さんしかいないのでは?と思います(現役のポップス歌手という意味で)
 由紀さおりさんには少々異議ありで、私はこの方には童謡は歌って欲しくないですね。どちらかといえば、70年代常連で出ていた時の「手紙」「故郷(童謡じゃないですよ)」
「トーキョー・バビロン」みたいな歌謡曲路線を期待します。森山親子はまずまずだったと思いますけどね。塩屋アナ、なかなかのイケメンです。添付をご参照願います。
http://www.nhk.or.jp/dosta/mc/index.html


紅白の在り方 投稿者: TK 投稿日: 1月 3日(火)22時26分50秒


>KOSUKEさん
 70年代の「紅白」。さすがに70年代はリアルタイムで見ていないので、見てみたいですね。当時のような「紅白」を求めるには、もしかして「思い出のメロディ」に求めたほうがいいのでしょうか・・・。あの番組も好きなんですけどね。
 今の「紅白」にも、岩崎宏美さんとか、聖子さん、明菜さん、男性で言えば、秀樹さん、郷さん、マッチさんなど70〜80年代に活躍した現役歌手が出場してくれれば、私たち30〜40代の年齢層も心から楽しめるように思うんですけどね。

 余談ですけど、連続出場当時は、正直あまり気に留めていなかった「由紀さおり・安田祥子」姉妹の童謡こそ、ぜひ「紅白」のステージで聞きたいのですが・・・。
 森山良子・直太朗親子が競演した「さとうきび畑」のような心安らぐステージを見ていたいです。
 塩屋アナという方、一度「BS日本のうた」を拝見してみたいと思います。
http://yaplog.jp/idol-pops/


南永吾 様 投稿者: 四谷のK 投稿日: 1月 3日(火)19時33分14秒


南永吾 様

懐かしい名前を 掲示板に見つけました。
私は 南さんと中学の 同級生で同じクラスでした。
遠足のバスで聞いた 西城秀樹の歌の感動は今でも
忘れません。

私は、当時から アナウンサーになりたいと 言っていたと
思いますが、
今は 某局で スポーツ(プロ野球など)の実況中継をしています。

どこかで会えたらいいですね。
もし 僕に 心当たりあれば メールください。
がんばって くださいね。

歌手として 出てくることがあれば
応援しますよ。
よかったら 近況などを
メールしていただけたら ありがたいです。


↓に追加 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 3日(火)18時43分5秒


 紅白の司会は阿部アナが適任というのは言うまでもないけれど、私のイチオシは「BS日本のうた」司会の塩屋アナです。ミスがないうえに、阿部ちゃんよりアナウンスに心がこもっている気がするんですね。どうしてコストのかからない局アナを使わないのか、不思議でしょうがありません。高山アナだとうるさい感じがします。


レコ大&紅白について 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 3日(火)18時37分43秒


 TK様

 私も大昔はレコ大が大好きでしたが、それはある種の威厳があったからだと思います。
大賞も最優秀新人賞もよくわからない曲が選ばれるというのは、私が世情に疎いのかもしれませんが、それだけただの歌番組に成り下がってしまったのだし、役割も終えたと思います。だいたいピークで視聴率40%台だった番組が10%ですよ。
 紅白に関しては、TKさんが添付でおっしゃっていることと大まかには同じ意見です。今日大晦日に見なかった分も通して見てみましたが、やはりドタバタ感は否定できませんでした。まあミスは慣れない俳優がやっているのだから仕方ないにしても、私はもっと山根アナにしゃべらせるべきだったと思います。実力派ですし。あれじゃどっちが紅組の司会で白組の司会なのか、よくわからない構成でした。80年代が面白かったのは言うまでもありませんが、70年代は80年代よりさらに面白かったですよ。リアルタイムではご記憶にあるかどうかわかりませんが、それぞれの組がもっとまとまっていた気がします。今は歌手の持ち歌の時間も長くなり、セットも綺麗になったとはいえ、やはりNHKの歌番組の延長という気がしてなりません。


レコ大 投稿者: TK 投稿日: 1月 3日(火)17時42分37秒


>KOSUKEさん
 レコ大はもうすでにその役割を終えてますよね。権威が感じられませんし。
 昔から大好きな番組で愛着はありますが、こないだ限りで終了でもいいような
 そんな気がしますね・・・。
http://yaplog.jp/idol-pops/


レコ大身売り説 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 3日(火)11時30分34秒


 こうそくひれん1号様

 おはようございます。元旦からご出勤お疲れ様でした。紅白も21:30〜の数字で43%でしょう?「年忘れにっぽんの歌」も9%だったけど、結果的に(この番組は21:30終了なので)ここから紅白に流れた層は多いと思われます。(私もその1人)
 ところでレコ大はTBSにとってもうお荷物状態で、売却する話が持ち上がってるんですって。その先がなんとNHK。つまり賞にノミネートされた歌手を紅白で(?)競わせて歌わせる、というわけのわかんない主旨なのですが。「週刊新潮」に載っていましたよ。


とりあえず 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月 3日(火)09時54分11秒


「紅白」の視聴率は、やや持ち直したものの、「レコ大」は10%だってさ。


「モンスター」 投稿者: MACKY 投稿日: 1月 2日(月)02時01分50秒


皆様、本年もよろしくお願い申し上げます。

今日は年末に録画した夜ヒットを見て、どうして「ブルースカイブルー」はフルコーラスなのに「モンスター」はワンコーラスなのか?と疑問に思ったり、昨日のつながりで映画『狂った果実』(昨日の曲がテーマソングになってる方)を見たり(これが凄い作品!)というマニアックな一日。

ちなみに昨日については、12CHは70年代以降のアイドル系がほとんどなくて物足りず。NHKは見所不足でコメントなし。美里さんはビジュアルが劣化(以下自粛)…


吉田真梨ホームページ 投稿者: 防人ぽぱい 投稿日: 1月 1日(日)23時20分18秒


インディーズで25年ぶりに復活した吉田真梨さんのHPができてます。
アイドル時代、引退後、近況、最近の活動などの記述もあります。
BBSもるので、昔(からの?)ファンだった方、寄ってみては?
CDも富山&石川限定発売も郵送してくれそうですよ。

http://www.tomiori.co.jp/yoshidamari/index.html


ARE YOU HAPPY? 投稿者: こうそくひれん1号 投稿日: 1月 1日(日)05時16分48秒


♪ARE YOU HAPPY? HAPPY NEW YEAR でーすかぁ〜

という訳で、今年もよろしくお願いします。
それじゃ私は、♪いってきまぁ〜す!


謹賀新年 投稿者: Nisharra 投稿日: 1月 1日(日)02時35分28秒


あけましておめでとうございます
本年も宜しくお願い申し上げます

懐メロファン、アイドルポップファンに
とって良い1年でありますように…。

KOSUKEさんも書かれてますが「My Revolution」は当時と遜色なく歌い上げていて良かったと思いますよ。喝采モノです。「北酒場」はどうだったのか観てなかったので知りませんが。

「さそり座を眺めながら」
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/


小林美樹「人魚の夏」黒木真由美「好奇心」 投稿者: tendaあらためzouky 投稿日: 1月 1日(日)00時35分12秒


皆さん、まいど。

kosukeさんに教わった、小林美樹さん「人魚の夏」
なかなか明るくて良かったです。古きよき時代のいい空気が流れていますね。

とろりさんに教わった、黒木真由美さんの「好奇心」は、「感情線」の出来もあり
相当期待が大きかったので、ちょっとはずれ感があったものも「人魚の夏」
同様この頃の明るい未来感漂う空気が堪らないものがありました。

先日音楽好きのブログ仲間たちとセレクトCD合戦というのをやって、
黒木真由美/感情線、太川陽介/ルイルイ、渡辺満里奈/大好きなシャツ
を聴いてもらったんですが、なかなか好評でした。

今年はいろいろとポップで明るく元気な曲を教わりどうも有難うございました。
また何かポップな曲を教えて下さい。来年もよろしくお願い致します。

アイドルポップの世界↓
http://plaza.rakuten.co.jp/zouky/4000


あけましておめでとうございます 投稿者: KOSUKE 投稿日: 1月 1日(日)00時30分17秒


 新春の慶びを申し上げます。今年も1年よろしくお願い申し上げます。

 新しい年になりましたが、夕べは〜21:30 テレ東の「年忘れにっぽんの歌」、21:30〜紅白と見ました。どちらも変わりばえはしませんでしたが、紅白でどういう意図で入れたのかがわからないグループ・歌手がいるのかわからない初出場組がいたのには閉口しました。みのもんた氏もやっぱり場違いな感じだったし、第一明日入院する人を司会はともかく、宙づりにするなんて非常識もいいところです。
 そんな中でそれぞれの番組でベストを挙げると、テレ東は槇みちるさん「若いってすばらしい」が出演したことですね。この曲のCDは持っていたんですが、TVで見るのは初めてで、張りと勢いを感じさせる歌唱に感銘を受けました。紅白は〜21:30を見ていないので何とも言えませんが、渡辺美里さんの「My Revolution」は最優秀歌唱賞でしょうね。20年前の曲なのに、キーもアレンジも歌い方も全く変わってないうえに、歌に説得力があります。最近のJ-POPの歌手たちは大いに見習ってほしいと思いました。小室氏もこの頃はすごい才能の持ち主だった、と聴くたびに思う1曲です。

歌謡曲、女性アイドル音楽...etc「モナ・ムール!歌謡ポップス」 「モナ・ムール!歌謡ポップス」EP盤のコレクションと、そのレビュー 歌謡曲、女性アイドル音楽...etc「モナ・ムール!歌謡ポップス」随筆集


キャプチャー画像集 過去の掲示板(2) キャプチャー画像集INDEX 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 EP1 EP2 EP3 EP4 EP5 EP6 EP7 EP8 bbs1 bbs2