サイト内検索 powered by Google

過去の「モナ・ムール!歌謡ポップスの掲示板」(その67)

17.11.1〜17.11.30


(無題)  投稿者: kansuke  投稿日:11月30日(水)22時40分21秒

KOSUKE様
>音階がドレミファソラシドしかない以上、もうメロディーって出尽くしたんじゃないかとも思うのです。

だから、最近カヴァー曲やたら増えてません?
少し前に盛り上がってた、こんなカヴァーは駄目だ!のように名曲のぶち壊しみたいのが蔓延りますよね。

こうそくひれん1号様
>「80年代アイドルは人材豊富でまだまだ掘り下げる余地がある。今の音楽番組には迷いがあるが、思い切ってターゲットを30代半ば〜40代後半に絞り込むと面白くなるかもしれない」。

同感です。今でも歌謡曲番組は「うたばん」とか老舗の部類の「Mステイション」「ヘイヘイヘイ」などありますが、歌手名と曲名はっきりいって、解りません!
80年代アイドルを支えていたのは、言うまでもない私ども40前後の輩でしたから。
「歌の大辞テン」の復活を希望します。


パクリについて  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月30日(水)21時52分21秒

こうそくひれん1号様

>ローレン・バコールが好きなので、本当は「ろれん・ばこうる」という名前にしたかったそうですが、どうにも名前らしくならなかったようです。

 この方(たぶん外国の女優なんでしょうね)は知りませんねー。

>「サザエさん一家」(エンディング曲)と、「トレイン」で有名な1910フルーツガムカンパニーの「バブルガム・ワールド」という曲が似ているというのです。番組では両曲の音源を聴き比べていましたが、よく似ている・・・というかそっくり!
アニメ「サザエさん」の歌といえば、作曲は筒美京平。筒美京平といえば「サザエさん」の挿入歌と岡崎友紀「天使はこうして生まれるの」とのセルフパクリ(?)もある。ま・・・まさか・・・。アニメ「サザエさん」は昭和44年から放送されているが、「バブルガム・ワールド」の発表は・・・・・昭和43年!!。あ〜、やっぱり。先生、やってくれました。

私はパクリはある程度仕方ないと思っています。自分で作曲をしたこともあるのですが、どうしても(意識してないのに)何かのパクリになっちゃいますね。京平先生はパクリではわりと有名で、岩崎宏美さんの「ロマンス」の間奏なんかは当時流行っていたディスコ調の「ハッスル」(ヴァン・マッコイ&スタイリスティックスOr.)をパクッてることも有名ですしね。近田春夫氏もジューシー・フルーツの「ジェニーはご機嫌ななめ」の出だしは天地真理さんの「水色の恋」の出だしをパクッたと正直に告白していましたし(笑)。音階がドレミファソラシドしかない以上、もうメロディーって出尽くしたんじゃないかとも思うのです。だから最近いい歌が少ないのかなーって思ったりもしますが。パクリでもオリジナリティーが感じられればいいのでは、というのが私の意見です。


先生お・み・ご・と!  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月30日(水)19時12分42秒

ちょっと情報が古くなりますが、みなさん23日(水)の「トリビアの泉」をご覧になりましたか。録画しておいたものを、さっき見たんですが、いや〜びっくりしました。

「サザエさんの終わりの歌っぽい、アメリカの歌がある」

「サザエさん一家」(エンディング曲)と、「トレイン」で有名な1910フルーツガムカンパニーの「バブルガム・ワールド」という曲が似ているというのです。番組では両曲の音源を聴き比べていましたが、よく似ている・・・というかそっくり!
アニメ「サザエさん」の歌といえば、作曲は筒美京平。筒美京平といえば「サザエさん」の挿入歌と岡崎友紀「天使はこうして生まれるの」とのセルフパクリ(?)もある。ま・・・まさか・・・。アニメ「サザエさん」は昭和44年から放送されているが、「バブルガム・ワールド」の発表は・・・・・昭和43年!!。あ〜、やっぱり。先生、やってくれました。


いけね・・・  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月30日(水)17時31分27秒

「ぼこうる」じゃなくて「ばこうる」ね。


当て字ペンネーム  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月30日(水)17時30分16秒

>>KOSUKEさん

「来座美エリ」ってのは、本人が一晩寝ずに考えたそうです。「呉田軽穂」みたいなもんですね。
ローレン・バコールが好きなので、本当は「ろれん・ぼこうる」という名前にしたかったそうですが、どうにも名前らしくならなかったようです。


知りませんでした  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月30日(水)07時30分1秒

 こうそくひれん1号様

>大橋恵里子って「来座美エリ(きざみ・えり)」というペンネームを持っていたの、知ってますか?。読み方を変えると「ライザミエリ」になるでしょ。「ライザ・ミネリ」のもじりだそうです。自曲「ブラックレイン」(「夢で逢えたら」の片面)も来座美名義で書いたそうです

おはようございます。全然知りませんでした。「ブラック・レイン」って題もすごいけど自分で曲を作れる才能まであったとは・・・彼女バラドルぶりを見ててもアタマの回転は速かったので、もったいないと思うんですよ。

>それによると、まず「優、伊代、ちえみ」の「再デビュー」が決定したとか。グループ名は「キューティー・マミー」。「キューティー・ハニー」のもじりでしょうか。「キュートなママたち」という事なんだろうけど、聞いてる方が恥ずかしくなる名前です。もっともデビュー曲は「ミッキーマウス・マーチ」だそうで、同世代のママたちをメインターゲットにしてるのかもね。

朝日読みました。やるのは勝手ですが、私としてはあまり見たくはないですね。これはうがった見方ですが、伊代さんの旦那のヒロミさんに仕事がないことから来てるような「裏事情」を感じるんですよ。


アイドル・ミラクルバイブルシリーズ 高橋美枝・渡辺千秋・村田恵里  投稿者: tendaあらためzouky  投稿日:11月30日(水)05時47分31秒

アイドル・ミラクルバイブルシリーズ 高橋美枝・渡辺千秋・村田恵里

disc 1:
1 ひとりぼっちは嫌い/高橋美枝
2 ピンクの鞄高/高橋美枝
3 エンゼル・フィッシュ/高橋美枝
4 ダブル・デート/高橋美枝
5 ふたり/高橋美枝
6 Oh!多夢/高橋美枝
7 ウ!レ!シ!イ!/高橋美枝
8 オフ・リミット/高橋美枝
9 未来少女/高橋美枝
10 夏にフレッシュ。/渡辺千秋
11 ロマンティック・シーサイド/渡辺千秋
12 パープル・メモリー/渡辺千秋
13 DRIVING LOVE/渡辺千秋
14 予言/渡辺千秋
15 私小説/渡辺千秋
16 オペラグラスの中でだけ/村田恵里
17 ムーンカフェの自転車/村田恵里
18 TOKYO,CITY OF WONDERS./村田恵里
19 勇気のないDream/村田恵里
20 めぐり逢う奇跡/村田恵里
21 Change Face/村田恵里
disc 2:
1 ジェラシーあげます/高橋美枝

あきらさんに教えてもらったけどなかなか聴けないでいた
>> Oh!多夢/高橋美枝
が入ってますね。
ラッキー!是非聴いてみます。

↓アイドルポップの世界

http://plaza.rakuten.co.jp/zouky/4000


キューティー?マミー  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月29日(火)23時56分18秒

みなさんご覧になりましたか?。今朝の朝日新聞に「歌番組『80年代アイドル』旋風」という記事が載っていました。
それによると、まず「優、伊代、ちえみ」の「再デビュー」が決定したとか。グループ名は「キューティー・マミー」。「キューティー・ハニー」のもじりでしょうか。「キュートなママたち」という事なんだろうけど、聞いてる方が恥ずかしくなる名前です。もっともデビュー曲は「ミッキーマウス・マーチ」だそうで、同世代のママたちをメインターゲットにしてるのかもね。
日テレで始まった「歌笑Hotヒット10」は見た事がありますか?。その中に「サーヤとヒデのVIVA!アイドル」というコーナーがあり、せいこちゃん(青木さやか)ととしちゃん(長井秀和)がかつてのアイドルを迎え、唄い踊るそうです。これまで松本伊代、岩崎良美、わらべなどが出ているそうですが、このコーナーが一番人気だそうです。ノーマークでしたが、一応チェック入れないといけませんね、この番組。
放送作家の山田美保子は次のように語っています。「80年代アイドルは人材豊富でまだまだ掘り下げる余地がある。今の音楽番組には迷いがあるが、思い切ってターゲットを30代半ば〜40代後半に絞り込むと面白くなるかもしれない」。う〜む。この掲示板でもたびたび「お宝映像を用いて、『B級特集』をやれ」とか「『裏紅白』をやれ」などの意見が出ます。理想や希望はともかく「ンな、ムチャな。ムリムリ」と思っていましたが、まんざらマニアのざれ事、たわ言とも言い切れないようですね。


>>KOSUKEさん

大橋恵里子が「夢で逢えたら」を唄うのは別に問題ありませんが、もっと他にも選曲があったのではと思います。でも今、エルの「夢で逢えたら」を聴きながら書いているんですが、これはこれでなかなかいいですよ。
ところで大橋恵里子って「来座美エリ(きざみ・えり)」というペンネームを持っていたの、知ってますか?。読み方を変えると「ライザミエリ」になるでしょ。「ライザ・ミネリ」のもじりだそうです。自曲「ブラックレイン」(「夢で逢えたら」の片面)も来座美名義で書いたそうです。


「夢で逢えたら」  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月29日(火)05時31分24秒

 こうそくひれん1号様

>ひとみちゃんの「まちぶせ」のように「夢で逢えたら」で一発大逆転を狙ったけど、ハッキリ言って選曲ミス。

おはようございます。「夢で逢えたら」もシングルとして出してたんですか?私は「かなしみ半分」がラスト・シングルだと思い込んでいました。(この頃はもうファンではなくて)「夢で逢えたら」もシリア・ポールとか北原佐和子さんとかいろんな人が出してますけど、エルに関しては確かに選曲ミスでしょう。声質が合っていると思えませんし。


大橋恵里子って  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月28日(月)23時51分42秒

歌は売れないのに人気はあるって、なんか「石川ひとみ」みたいだね。
ひとみちゃんの「まちぶせ」のように「夢で逢えたら」で一発大逆転を狙ったけど、ハッキリ言って選曲ミス。


エルの続き  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月28日(月)22時33分22秒

 MACKY様 こうそくひれん1号様

 はっきり言って彼女は売れませんでしたからね。チャートインは1曲もなし(「経験シーズン」の130位台がたぶん最高)、でも銀座音楽祭に出場はしたんですよ。


「渚FRIDAY NIGHT」  投稿者: MACKY  投稿日:11月28日(月)20時27分19秒

…東京乾電池のパロディーしか記憶にない…一度、本人が歌っている姿見てみたかったけど…

大橋恵理子さんといったら、私にとっては『野々村病院物語』。詳しくは過去ログに。


その通り  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月28日(月)12時08分23秒

こうそくひれん1号様

 はい、第三弾でした。まだバラドルには移行してなかったです。「サンスペ」は知りませんが、当時「ぎんざNOW!」の月曜レギュラーでした。


勇み足  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月28日(月)10時29分58秒

ちょっとフライング。今日はまだ28日でした。

ちなみに30日に同時発売されるのは、相楽晴子(\3,500)、中山忍(\2,500)、Qlair(\5,000 DVD付き)です。
12月21日には岩井小百合(\10,500)も発売されます。


>>KOSUKEさん

'79年3月というと第3弾ですね。まだ「正統派」の頃だな。
今、思い出したけど、エルちゃんって「サンスペ」のアシスタントをやってた事もありましたね。(アシスタントを)始めた日の昼間、エルちゃんが土浦市の小網屋というデパートに営業で来ていて、「みんな聴いてくれた?」なんて言ってました。
鶴光や乾電池と付き合いだした頃から脱線したんだな、エルちゃん。


ハロー!恋人時代  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月28日(月)09時39分45秒

こうそくひれん1号様

>「ハロー!恋人時代」はジャケットは見た事がありますが聴いた事はなく、ぜひとも聴いて見たい1曲です。タイトルがいいですね。

いい曲だったんですよ。(特にハーモニカのイントロが)書いてもむなしいんですが、ワンコーラスの詞のみ。(1979.3.1発売)
 ♪ チャンスは今よ あなたと私
   卒業したい 友達時代
   喧嘩を仕掛けたのも 意地悪してきたのも 好きだったから
   あなた1人よ 決めていたのよ ずっと初めから ディンドンディドン
   聞いて心のときめき そして優しくキスして
   だって今日から恋人時代

  もうCD収録はないんだろうなあと諦めムードです。Kansukeさん、よかったですね。


第1弾、明日発売  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月28日(月)09時14分55秒

>>kansukeさん

紅屋おかめはCD初登場でしょうか。もちろん1曲は「泣くなおかめちゃん」が収録されます。


>>KOSUKEさん

「渚FRIDAY NIGHT」は、「笑ってる場合ですよ」の「日刊乾電池ニュース」の中で、よく茶化されていたのを憶えています。
「ハロー!恋人時代」はジャケットは見た事がありますが聴いた事はなく、ぜひとも聴いて見たい1曲です。タイトルがいいですね。


>>Nisharraさん

CDには河上幸恵、若林加奈のシングルAB全曲が収録されます。そこまで思い入れがあるなら買いましょうよ。2,500円です。


ほほー  投稿者: Nisharra  投稿日:11月28日(月)00時44分58秒

>河上幸恵

デビュー当時に近畿圏ローカル番組「おはよう朝日です」で「ブルー・エトランゼ」を歌ってたのを聴いて、感動しながら学校に行ったのを覚えています。

シングル5枚中3枚(「ブルー・エトランゼ」「春にめざめて」「DO-KIDO-KI」)が手元にあります。他のEP2枚の曲を久々に聴きたい気もするが、そのためだけに…と思うと悩んでしまいます。

凄く余談ですが、最後のEP「心の中のルビー」だけ両眼とも二重瞼になってるんですよね…途中で変わったのでしょうか。


>紅屋おかめ

懐かしいですね。当時「この人これでホントに満足なんだろうか?」と真剣に思ってしまいましたが…。


ところで、ここの常連の皆さんとはジャンルが少し違うかも知れませんが、ポプコンライブ収録曲を集めたオムニバスも出る予定だそうです。チューインガムをはじめ初期出場の方々が中心の構成です。

http://www.yamahamusic.co.jp/others/yccu10011_12.html

http://www.yamahamusic.co.jp/others/yccu10013_14.html

最近復刻が本当に多くなりましたね。嬉しい限りです。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/


ありがとうございました  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月27日(日)23時09分21秒

 こうそくひれん1号様

>大橋恵里子は「経験シーズン」「渚FRIDAY NIGHT」「かなしみ半分」「夢で逢えたら」が収録されます。残念でしたね。

そんなひねくれた選曲にしなくても・・・「夢で逢えたら」なんてシングルで出してたのかしら?おっしゃる通り「恋に大接近」と「ハロー!恋人時代」は入れて欲しかったですね(まあ後者は200位にも入りませんでしたけど)。「渚Friday Night」は結構マニア人気が高いとは聞いておりましたが・・・。


泣くなおかめちゃん  投稿者: kansuke  投稿日:11月27日(日)22時53分25秒

こうそくひれん1号様

>紅屋おかめ(2)
いや〜捜してました、おかめちゃん。某掲示板やここでも捜索願だしても、なかなか見つからず諦めてました。
柏原よしえさんが、コルゲントローチのCMをやる前、おかめちゃんが確かやってました。
かれこれ四半世紀も経ったのですね。
未だに新聞少年こと、山田太郎さんの嫁さんなのでしょうか?


コロムビア・アーカイブス  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月27日(日)22時50分46秒

>>たつしさん

谷ちえ子は「花の女子高数え歌」と「私はシンデレラ」が収録されます。よかったね。


>>KOSUKEさん

大橋恵里子は「経験シーズン」「渚FRIDAY NIGHT」「かなしみ半分」「夢で逢えたら」が収録されます。残念でしたね。
水谷絵津子は3枚のシングルを出しており、そのA面(キラリ・涙、芽ばえ、ハートじかけのプレゼント)と「めざめ」という曲が収録されます。「めざめ」はシングル発売されてないけど、LP曲かな。


エル  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月27日(日)18時30分3秒

 こうそくひれん1号様

>「アーカイブス」の顔ぶれは、大橋恵里子(4)

情報どうもありがとうございました。その中に第三弾だった「ハロー!恋人時代」って入ってます?当時ファンだったもんで。それにしても2枚しか出してない(はずの)水谷さんがなんで4曲も収録されるんでしょう?


谷ちえ子さん  投稿者: たつし  投稿日:11月27日(日)10時07分12秒

 『私はシンデレラ』が聞きたいですね。


ちょっと早いクリスマスプレゼント  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月27日(日)09時49分30秒

>>KOSUKEさん

「リトルプリンセス」の遊園地って、コークスクリューの京成谷津遊園だったりして・・・・・。


ところで、毎年年末にマニアを唸らせてくれる「アイドル・ミラクル・バイブル」。
すでに情報をキャッチしている方も多いと思いますが、今年もやってくれます。
自分好みのアイドルだけの紹介になりますが、まず11月30日には「高橋美枝・渡辺千秋・村田恵里」「宍戸留美」の2枚がリリース。「夏にフレッシュ」や「パープルメモリー」「ナクヨアイドル平成2年」がCDで聴ける。やった!
12月21日には「国実百合」「河上幸恵・若林加奈」と「コロムビア・アイドル・アーカイブス 女の子編VOL.1」が出ます。
河上幸恵と若林加奈のカップリングには、思わず「ワァオ!!」です。
「アーカイブス」の顔ぶれは、大橋恵里子(4)、水谷絵津子(4)、花井その子(2)、谷ちえ子(2)、紅屋おかめ(2)、山本由香利(2)、舟倉たまき(1)、樹本由布子(1)。※( )は収録曲数。
エルは4曲も入っているのに、「恋に大接近」がないのが残念です(「経験シーズン」なんてもういいよ。アチコチのCDに入ってるじゃん)。
「VOL.1」って事は「VOL.2」もあるのかな。そっちに期待しましょう。


歌の場所  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月27日(日)05時59分15秒

こうそくひれん1号様

 おはようございます。
 「人魚の夏」灯台とあるから海外は想像しませんね。といっても犬吠岬は想像できない(笑)。やっぱり沖縄かその周辺?
 (「夏っ子ミッキー」というキャッチフレーズのため、彼女わざわざ肌を焼いたそうです。
 「島めぐり」「岬めぐり」同様北海道を連想します。夏の発売だったこともあるし。
「青春の坂道」当時から神田の古本屋街を連想してました。御茶ノ水方面に行くと坂も
ありますし。」
「リトルプリンセス」よく歌詞も聴かずに勝手にディズニーランドを想像してましたが、やっぱり豊島園あたりが適当かな?(「目が回るコースター」があるかどうかは定かじゃ
ありませんが(笑))


じゃ、ここは?  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月26日(土)23時36分14秒

>>KOSUKEさん

小林美樹「人魚の夏」の灯台って、どこだと思う?
杉田愛子「島めぐり」は?。キャンペーンで伊勢志摩に行ったから、やっぱりあそこら辺りをイメージしてるのかな。
岡田奈々「青春の坂道」の古本屋どこだろう。坂道にあるという事で絞れそうだけど、もっとも一般公募の歌詞だからモデルなんかないかもネ。
岡田有希子「リトルプリンセス」の遊園地のヒントは「目が回るコースター」。
東京ディズニーランドじゃなさそうだね。


歌の場所  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月26日(土)09時09分45秒

おはようございます。

 こうそくひれん1号様

> 確かに歌の舞台って気になりますね。石毛礼子「旅の手帖」の「♪黙って旅に出かけてゴメン」って、一体どこへ旅立ったのでしょう?。能瀬慶子「アテンション・プリーズ」の「♪あなたの待つエアポート」ってどこ?。「♪キラキラゆれる 街あかり」って歌詞からすると街の近くの空港か。となると国内なら「福岡」、海外なら「香港」辺りかな?。
榊原郁恵「バス通学」はどこの路線?。ヒントは7時50分から15分後、つまり8時5分に終点の駅(多分)に着く路線で、最低所要時間が15分以上。ウ〜ム、これじゃだけわからん。

私もわりと歌の場所は想像する方なんですけど、これこそ人それぞれでいいんじゃないでしょうか?
 「旅の手帖」はメロディーラインから清里とかを想像しましたね。
 「アテンションプリーズ」は成田空港開港8ヶ月後の発売でしたので、成田をいつでも
想像します。(今度「夜ヒット」の再放送で出演するんですよ。27年ぶりに聴きます  が、最近唯一の朗報?)
「バス通学」日本全国どこでも繰り広げられてる光景でしょうが、やはり彼女の出身地(神奈川県厚木市)を連想しますね。

 とろりん村のとろり様

 TPを「きみの朝」に変更して頂いてますね。おそらく私が「スキウタ」に投票したというところから来たのかもしれませんが、どうもありがとうございました。(もう美奈子.さんはそろそろ・・・と思っておりましたので)良美さんの「ごめんねDarling」もよく撮れてますね。


ボクらの「紅白」考  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月26日(土)00時52分1秒

3年くらい前にTBSで「あの人は今・紅白歌合戦」なんてやってたけど、ああいうのを本格的にやったら面白いんじゃないかな。もう本家には期待できないし。

ところで昨日の「情報ツウ」で「あのヒット曲の舞台はここだ!」という特集をやってました。
松田聖子「風立ちぬ」は軽井沢・万平ホテル、五木ひろし「よこはま・たそがれ」は山下町のバンドホテル、パープルシャドウズ「小さなスナック」は港区赤坂2丁目・スナック「ラミ」が舞台だとか。
確かに歌の舞台って気になりますね。石毛礼子「旅の手帖」の「♪黙って旅に出かけてゴメン」って、一体どこへ旅立ったのでしょう?。能瀬慶子「アテンション・プリーズ」の「♪あなたの待つエアポート」ってどこ?。「♪キラキラゆれる 街あかり」って歌詞からすると街の近くの空港か。となると国内なら「福岡」、海外なら「香港」辺りかな?。
榊原郁恵「バス通学」はどこの路線?。ヒントは7時50分から15分後、つまり8時5分に終点の駅(多分)に着く路線で、最低所要時間が15分以上。ウ〜ム、これじゃだけわからん。ジャケットの行灯には「順天堂病院」「東京駅」などの表記が見えるけど、それらは終点の表示だろうから、どこのバス停に立ってるかは分らない。分るのは「都バス」だという事だけ。気になるな。

テリー伊藤氏の著書「あのヒット曲の舞台はここだ」が発売中だそうです。明日買いに行こッと。


NHKの肩をもつ訳じゃないけど  投稿者: よっかー  投稿日:11月25日(金)11時39分8秒

所詮は出演OKの歌手の中から選出しなくちゃいけないんだからしょうがない。

説得がヘタとか、金銭のことであったり、拘束時間のことであったり、理由は様々でしょうけども、出演歌手で奇をてらうのはもうダメなんだと思う。
改革するなら、ホントに紅白に出たい歌手だけでもいいから、ショーの演出、ステージ上に力を入れる方がいいと思う。出演者全員が小林幸子にならないといけないと思う。(ヘンな衣装を着るという意味では無いです(^^ゞ)

どんなカタチでも、成功してもズッコケても、今年も見るんだけどね(笑)。
ここまで来たらどん底まで落ちていくのを見るのも面白いかも(失礼)。


「世界で一つだけの花」  投稿者: MACKY  投稿日:11月24日(木)22時26分45秒

各種報道を見ていると、どうもアンケートは参考程度で、今年も訳の判らん選考基準で出演者が決まるらしい。一部報道では御年87歳の田端義夫さんの出場もあり得るとか。「ステージでそのまま倒れないか心配」なんて物騒なことも書いてあったけど…あと、「世界で一つだけの花」はSMAPじゃなくて原作者が歌うって話もあるとか…別の報道では、すっかり売り上げが低迷している「21世紀の歌姫」が出場するかも、とあるけど、いやはや…

こうなると、穿った見方をすればアンケートを取った意味は、私がここで文句を言っている「6回目の同一曲」と「4年連続同じ曲」を正当化するため、とも考えられそう。(まさかとは思うけど…)そういえば昨夜のNHKで、また後者が歌われてたっけ…


訂正  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月24日(木)06時16分11秒

11/23 19:51付けの私のコメントで、瀬戸内「寂庵」先生 → 瀬戸内「寂聴」先生の誤りです。大変失礼いたしました。


わかりました。  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月24日(木)00時15分56秒

MACKY様

 >私が意図した人はイニシャルでいうとS.A.となるのかな?

やっとわかりました。彼女K事務所なんですか、知りませんでした。とにかく私の投票した「きみの朝」と「青葉城恋唄」が入ってないのでご機嫌ななめ(笑。ジューシイ・フルーツか?)なんですが。「知床旅情」は現実的に紅組でしょう。「なごり雪」は意見が分かれるところですが、普通に考えればやはり紅組でしょうね。


裏 紅白やってくんないかな?  投稿者: シズカ  投稿日:11月23日(水)23時38分56秒

年代別に昔のお宝画像重視で、リクエストをもらってね。
ひとり3曲くらい唄ってもらいただきたいものです。
司会はやはり玉置さんかな?

とにかく、紅白で初めて耳にする歌というのは納得がいかんです!


「なごり雪」  投稿者: MACKY  投稿日:11月23日(水)23時18分26秒

確かに「17才」がランクインしてないのは納得いかないね。個人的には「なごり雪」が白組になっているのがどう考えても納得いかない。それなら「知床旅情」も白組だろう。

KOSUKEさん>私が意図した人はイニシャルでいうとS.A.となるのかな?おそらくKOSUKEさんの想像されたT.Y.さんが1曲だけランクイン、っていうのも別の意味であれって感じだったけど。


疑惑だらけ?のスキウタ  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月23日(水)19時51分46秒

MACKY様

>ちなみにこの曲の歌手、例のランキングで今年リリースの曲までランクインしてたけど、タイトルも知らない曲だったし

はいはい、瀬戸内寂庵先生作詞の問題作(?)「風まかせ」ですね。私もこれが入って「17才」が入らないなんてありえないと思っていたところでした。組織票でしょうね。

 >昨日の話は、その事務所の女性演歌歌手で、NHKの歌番組によく登場する丸顔の方です。

 T.Yさんですか?彼女は某大物演歌歌手事務所所属ではないはずですが・・・その人じゃないかもしれませんね。

>今年の私の唯一の希望は、「聖母たちのララバイ」と「タッチ」での岩崎姉妹25年ぶりの揃い踏みだけど、まあ夢だろうなあ…

妹は難しいだろうけど、姉はNHKへの貢献度も高いし、毎年出すべきだと思っております。


「タッチ」  投稿者: MACKY  投稿日:11月23日(水)14時29分2秒

訂正…BDリクエスト→BSリクエスト、ですね。

今年の私の唯一の希望は、「聖母たちのララバイ」と「タッチ」での岩崎姉妹25年ぶりの揃い踏みだけど、まあ夢だろうなあ…


「がんばりましょう」  投稿者: MACKY  投稿日:11月23日(水)14時26分8秒

「今まで歴代の紅白の中で、もう一度聴きたい曲」は非常に良いアイディアなんだけど、これがNHKの手にかかると、毎年年末に期待を裏切られつづけている「リクエスト特集」になってしまいそうな気が…大体昨年のBDリクエストのトリなんて、例の「今年6回目になりそうな曲」だったし。ちなみにこの曲の歌手、例のランキングで今年リリースの曲までランクインしてたけど、タイトルも知らない曲だったし…それから過去映像って結構ややこしいのは夜ヒットなどと同じで、例えばSMAPの「がんばりましょう」なんて絶対流れないだろうしね。

KOSEKEさん>昨日の話は、その事務所の女性演歌歌手で、NHKの歌番組によく登場する丸顔の方です。


紅白スキウタ  投稿者: Taste  投稿日:11月23日(水)11時21分4秒

はじめまして、Tasteです。よろしくお願いします。
私は、アンケートの曲をピックアップされた時から疑問を感じてました。
紅白に出たことも無い歌が出ていて、逆に紅白に出ている歌がのけられていた点に違和感を覚えました。
紅白のためと言うのなら、あくまでも紅白に出た楽曲すべてをピックアップし、それ以外の出てないが聞きたい歌を、任意の投票と言う形にすべきだったと思います。
紅白と言うのは、格がありますから、出たこと無い歌と出た歌を、一緒くたに考えるのは出た歌に敬意を表してないし、失礼な事だと私は考えます。


大賛成  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月22日(火)23時49分20秒

 Nisharra様

>どうせなら「今まで歴代の紅白の中で、もう一度聴きたい曲」を募って、その当時の歌唱シーンを編集ナシで放映してほしいですよね。少なくとも30代以上の方なら復刻ブームの時代柄、その方がウケるんじゃないかと思いますが…

タイトルは笑わせて頂きましたが、それ大賛成!まさに私が望んでる展開なんですよ(笑)。コストだって浮くし、いいんじゃないですか?受信料払う人も増えると思いますよ(笑)。


高齢化時代の紅白  投稿者: Nisharra  投稿日:11月22日(火)23時30分5秒

★みなさま
>紅白

どうせなら「今まで歴代の紅白の中で、もう一度聴きたい曲」を募って、その当時の歌唱シーンを編集ナシで放映してほしいですよね。少なくとも30代以上の方なら復刻ブームの時代柄、その方がウケるんじゃないかと思いますが…まあ、ある意味の「力技」が強過ぎて無理でしょうけどね。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/


無意味なアンケート?  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月22日(火)22時45分24秒

MACKY様

>ところで、某大物演歌歌手事務所所属の某歌手の、今年の曲がランクインされていたけど、誰が聴きたいんだ?
で、このランクに入っていない人でも常連は出場するらしい。何のためのアンケート?

 えっ、それじゃおっしゃるとおり何のためのアンケートか全くわからないというか、無意味ですね。某大物演歌歌手事務所所属の某歌手って、Y.Jさんですか?


「まちぶせ」  投稿者: MACKY  投稿日:11月22日(火)22時24分52秒

ユーミンは何とかっていうユニットと一緒に今年の歌(万博のテーマだっけ?)を歌うらしい。まあ「まちぶせ」は少なくとも生では歌わないでしょう。大体あれは荒井由実の曲だし。

ところで、某大物演歌歌手事務所所属の某歌手の、今年の曲がランクインされていたけど、誰が聴きたいんだ?

で、このランクに入っていない人でも常連は出場するらしい。何のためのアンケート?


Me,too  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月22日(火)15時04分14秒

こうそくひれん1号様

 私も同じ意見ですよ。ユーミンが今年は出場の意向を示しているから、「まちぶせ」が入ったんじゃないかと勘ぐりたくなります。視聴者は当然三木聖子さん(それはありえないけど)か石川ひとみさんで聴きたいと思ってるのに、NHKはアンケートだけとってユーミンに歌わせる(まあ「卒業写真」かもしれないけど)のがミエミエです。つまり視聴者の希望は無視しているわけですね。「本当はロコとエッコの「かなしみ発しあわせ行」が聴きたいんだろ(ありえない?)?」と私も突っ込みたくなります。歌われる曲は、当然このベスト100から選ばれることは間違いないと思っていいでしょう。


予想通り  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月22日(火)11時22分48秒

>>KOSUKEさん

今、ランキングを見てきました。この手のランクを見ていつも思うんですが、どうして「もっともらしい曲」ばかり並ぶのでしょうか?。「オマイら本当にその曲が聴きたいのか?」と訊きたくなります。
「オマイら、本当は伊藤咲子『きみ可愛いね』や石野真子『ハートで勝負』が聴きたいんだろ?」・・・・・ンな訳ないか・・・・・。
ところで今年の「紅白」は、このスキウタとやらが唄われるのでしょうか?


やっぱりのランキング  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月22日(火)07時17分20秒

こうそくひれん1号様

>本日21時15分、NHKで「発表スキウタ上位100」ってのをやってましたが、留守録し忘れて見てません。誰か番組内容について情報、よろしくお願いします。

おはようございます。この上位100位は紅も白もhttp://www3.nhk.or.jp/kouhakuで検索できますよ。もうどう考えてもNHKが適当に作ったランキングとしか思えません。和田さんも幸子さんもちゃんと入ってるし。逆に中間発表で入っていたにしきのあきらさん(「空に太陽がある限り」)が落選、30年ぶりの紅白は無理のようです。とにかく私が投票した曲が全然入っていないのでアタマにきています(笑)。


スキウタ?キライウタ?  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月21日(月)23時38分23秒

本日21時15分、NHKで「発表スキウタ上位100」ってのをやってましたが、留守録し忘れて見てません。
誰か番組内容について情報、よろしくお願いします。


ベスト・オブ・サッコソング  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月21日(月)09時41分0秒

いい歌がたくさんあるのでベストを選ぶのは難しいが、意外と知られていない名曲という点では「とどかぬ想い」がいいかも。
壮大なスケールの歌としては「乙女のワルツ」の続編的存在で、「乙女のワルツ」が少女の初恋を唄った歌なら、「とどかぬ想い」は(ちょっと)大人の悲恋(?)かな。
サッコもお気に入りの歌らしく、かつてはコンサート、ライブ、ステージなどのラストで必ずコレを唄っていたとか。
そんな大事な曲なのに、'93年発売の「なんてったってアイドルポップ」(2枚組)には入っていなかった。選曲ミスだぜ、東芝!


私の場合は・・・  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月21日(月)07時39分8秒

 シズカ様

 私的にはサッコさんのベスト3は、「乙女のワルツ」「きみ可愛いね」「青い鳥逃げても」要するに大げさな曲が彼女には似合うと思うのです。


間違えちゃった!  投稿者: シズカ  投稿日:11月21日(月)01時37分52秒

下記訂正です。「木枯しの二人」でした。有名な歌なのに・・。
「木枯らしの少女」はビョルンとベニーでしたね。ABBAの旦那さん達でした。
失礼しました。
「きみ可愛いね」「リトル・プリンス」もなかなか・・マイラブ。


ナヌッ!伊藤咲子とな?  投稿者: シズカ  投稿日:11月21日(月)01時30分3秒

「青い鳥逃げても」、「青い麦」は出ましたっけ?
サッコは「乙女のワルツ」の頃が(恋をしていたせいか、私じゃないよ!)一番輝いて見えました。
歌的には「木枯らしの少女」そして「ひまわり娘」が好きでしたね〜。選曲、ミーハーっすか?
今でも歌唱力は抜群ですね。

こうそくひれん1号 さま、情報ありがとうございます。
オープンサロン834は近くだけど、行けないです。いけない元サッコファンです。


ニュース速報  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月21日(月)00時10分45秒

12月12日(月)の「あいざき進也のオープンサロン834」(13:00〜17:00公開生放送)に伊藤咲子がゲスト出演。
サッコファンは三軒茶屋キャロットタワー26階、スタジオキャロットに集まれ!


安室さん  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月20日(日)18時58分2秒

たつし様

>安室奈美恵さんは、平成7〜15年の出場で去年は辞退ですので、今年出場なら10回目の出場となりますが、じつは彼女の『紅白』デビューは5年の森口博子さんのバックダンサーとしてなのです。

そういえば安室ちゃん、去年は出てませんでしたね。森口さんのバックダンサーをしていたことは、「紅白」の資料がありますので(それでも「河内おとこ節」には気づかなかったです(笑))存じてますが、当時は気づかなかったですね。イヤ人生わかんないものです。この頃はスーパーモンキーズで、確か「愛してマスカット」とか歌ってた頃ですね。


ブルーの歌ほか  投稿者: たつし  投稿日:11月20日(日)09時59分49秒

『ブルートランペット』(舟木一夫)『ブルーシャンペン』(三田明)
『ブルーブルース』(青江三奈)『ブルーナイトイン六本木』(田辺靖雄)
『ブルーエンジェル』(槙みちる)が出て来ました。(敬称は省略致しました)

 みのもんたさん。別に「お嬢さん!」「ファイナルアンサー」と言っても私は別に
構わないと思います。昭和58(1983)年にタモリさんが総合司会を務めた時にも
「いいかな(いいとも)」「おじさんはおこっているんだぞー!」という台詞を吐いたことがありましたよ。
 安室奈美恵さんは、平成7〜15年の出場で去年は辞退ですので、今年出場なら10回目の出場となりますが、じつは彼女の『紅白』デビューは5年の森口博子さんのバックダンサーとしてなのです。


了解です  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月20日(日)07時12分20秒

 MACKY様

>過去ログの2002年12月分を読んでいただければお分かりになるはずです。この頃から私文句言ってるし。あと、それとは別に3年連続の「涙そうそう」ももう勘弁だな。

おはようございます。どうもありがとうございました。なるほどね、すっかり忘れてました。「河内おとこ節」ね、スキウタに入ってましたね。そういえば4回も歌っていましたっけ。中村美律子さんってこれが名刺代わりというか、これ以外に曲を思い出せないんですけど、意外にも69位で3.5万枚しか売れてないんですね。「しあわせ酒」なんて26万枚も売れてるのに思い出せません。
 あと「涙そうそう」ももういいです。初出場の時はよかったけど。千昌夫さんの「北国の春」も3回連続でしたけど、この場合は3回目の年が一番売れてたので、不思議と違和感はなかったです。「来年はやめてほしい」(笑)って思った記憶がありますが。
 2002年12月なんてのは、私が参加するずーっと前で、こういう掲示板なるものが存在することすら知りませんでした。この頃はなんか今と別の意味で盛り上がっていたような・・・美代子さんのNHKオーディション4回目で合格、なんてありましたね(私の記憶ではあさかまゆみさんが6回目で合格、というのが最高(?)なんですが)。当時なんで紅白に出ないのか不思議でした。今CATVで「寺内貫太郎一家」を見てて、終わりに「しあわせの一番星」を屋根の上で歌うんですが、世間で言われるほどヘタじゃないと思いますよ。勿論うまくもないけど、伝わってくるものが彼女の場合大きいし。むしろ当時私が大ファンだった、麻丘めぐみさんよりもうまいんじゃないかと思わせます。


「涙そうそう」  投稿者: MACKY  投稿日:11月20日(日)00時35分21秒

KOSUKEさん>過去ログの2002年12月分を読んでいただければお分かりになるはずです。この頃から私文句言ってるし。あと、それとは別に3年連続の「涙そうそう」ももう勘弁だな。


もしかして・・・  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月19日(土)23時18分40秒

MACKY様

 >連続11回でなく、今年出れば通算12回目の出場。ちなみに昨年も問題の歌を歌っています。

 ひょっとして森山良子さんの「さとうきび畑」ですか?スキウタに入っていたかどうか記憶にはないんですけど。


降参です」  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月19日(土)21時46分50秒

MACKY様

>赤では「赤い鳥逃げた」(中森明菜)や「赤いアンブレラ」(もんた&ブラザース)なども。

なるほど・・・やっぱり記憶力って限界があるのかな?言われて納得、です。

>連続11回でなく、今年出れば通算12回目の出場。ちなみに昨年も問題の歌を歌っています。

 これは降参です。TOKIOが今年で入れば12回目ですが、「通算」ですもんね。それに「AMBITIOUS JAPAN」を5回歌ってるわけないし。


「赤いアンブレラ」  投稿者: MACKY  投稿日:11月19日(土)21時16分54秒

まずは昨夜の訂正。「君のひとみはマリンブルー」→「君のハートはマリンブルー」(意外と気づかないね…)

では今日は「青い」で。なんか私だけ多い色で悪い気もするけど…
「青いリンゴ」「青いスタスィオン」「わたしの青い鳥」「カリフォルニアの青い空」「青い夏のエピローグ」(ここまでは歌手名省略)「青い風のビーチサンド」(松本典子)「青い鳥」(ザ・タイガース)、違う字では「蒼いメモリーズ」(内海和子)「蒼いフォトグラフ」(松田聖子)「碧い瞳のエリス」(安全地帯)など。昨日のBlueでは「Nile in Blue」(菊池桃子)「Blue Moon Blue」「Bluebird」(ともに今井美樹)「ブルー・パシフィック」(チェッカーズ)なんてのも。

赤では「赤い鳥逃げた」(中森明菜)や「赤いアンブレラ」(もんた&ブラザース)なども。

KOSUKEさん>連続11回でなく、今年出れば通算12回目の出場。ちなみに昨年も問題の歌を歌っています。


たびたび失礼します  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月19日(土)18時40分5秒

 MACKY様

 >例のスキウタの途中経過通りの曲選は避けて欲しいな。特にすでにもう5回歌われているヤツ…出場30回ならともかく、11回で5回なんだし、第一どう考えても、とても多くの国民が待ち望んでいるようにも見えないし…

これ今さっき泳ぎながらずーっと思い出してみたんですが・・・今年で11回連続となると安室ちゃんの「Can you celebrate?」ですか?他に思い出せないんですよ。
 あと(まとまってなくてすみません)赤も石原裕次郎さんの「赤いハンカチ」とか、アイジョージさんの「赤いグラス」とか、結構有名な曲に限って出てこないもんですね。


流れから外れてますが  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月19日(土)18時28分52秒

赤ではワイルド・ワンズの「赤い靴のマリア」(聴いた事ありません・・・)なんてのもありましたよ。しかし皆さんやりますなあ。私は佐藤弘枝さんの「セピア色の夏」というのを思い出してしまいました。彼女は私が記憶している範囲では一番ヘタだった。能瀬慶子さん(昨日の「赤い嵐」で「若者たち」を柴田<しのぶちゃん!>恭兵さんとデュエットしてて、CD以外では25年ぶりにその歌声を堪能しました(笑))なんてもんじゃなかったけど、それでもしっかり94位にチャートインしてるんですね。ピンキー&キラーズ「七色のしあわせ」なんてのもありました。


洋物だけど  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月19日(土)18時08分45秒

デイヴ「ギンザ・レッド・ウィ・ウィ」ってのあるぜ。


私は緑かな  投稿者: よっかー  投稿日:11月19日(土)13時55分23秒

「グリーンスリーブス/本田美奈子」「緑のハーモニー/西野妙子」「緑の日々/オフコース」「緑の街/小田和正」「緑色のラグーン/早見優」「グリーンの夏/松本典子」「みどりの少女/桜田淳子」「緑の陽だまり/ミッチーとチャタラーズ」「緑の詩集/朝川ひろ子」....。
ビッグヒットは少なく、B面とかアルバム収録曲が多いんだよなぁ。


赤もレッドはなかなか気がつかないねー。
「Red Angel/ポケットビスケッツ」「PRIVATE RED/岡田有希子」くらいかな。赤の方は「赤いパンプス/原田知世」「赤いサンダル/早見優」「港・ヨコハマ・赤い靴/横須賀昌美」「赤道直下型の誘惑/渡辺桂子」なんてどう?

ブルーって気分を表したりするから多いよね。
赤もかなりありますね。「赤いトラクター」とか「赤い自転車」「赤いハイヒール」とか思い出しちゃった。


じゃあ次は赤で  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月19日(土)06時41分33秒

>色のついた歌はまだまだ出そうなので続けるけど、それぞれがいろいろな色を挙げてゆくと紛らわしいので、これからは誰は何色、って決めるのはどう?取り敢えず例題としてブルーに限ると…

おはようございます。その方が合理的、とは言わないか、系統だってますね。じゃあ私は赤で。
「赤い風船」(浅田美代子)「真赤な太陽」(美空ひばり)「赤い絆」(山口百恵)「赤と黒のブルース」(鶴田浩二)「あかいサルビア」(梓みちよ)「赤い涙」(高見知佳)「真赤な青春」(ビューティ・ペア)「ワインレッドの心」(安全地帯)「赤い花白い花」(芹洋子)「赤い糸の伝説」(N.S.P.)
 既出の曲は外しましたが、青が「ブルー」というタイトルが無数にあるのに対し、赤は「レッド」というタイトルがほとんどないですね。


「ブルー」  投稿者: MACKY  投稿日:11月19日(土)00時13分13秒

色のついた歌はまだまだ出そうなので続けるけど、それぞれがいろいろな色を挙げてゆくと紛らわしいので、これからは誰は何色、って決めるのはどう?取り敢えず例題としてブルーに限ると…

「ブルー」「B・BLUE」「ブルージーンズメモリー」「ブルースカイブルー」「君のひとみはマリンブルー」…てな具合に。

まあ司会は決まってしまったから、もう仕方ないけど、例のスキウタの途中経過通りの曲選は避けて欲しいな。特にすでにもう5回歌われているヤツ…出場30回ならともかく、11回で5回なんだし、第一どう考えても、とても多くの国民が待ち望んでいるようにも見えないし…


まだまだ色のつく歌  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月18日(金)23時19分52秒

 こうなると徹底的に思い出したくなりますね(笑)。でもこういう作業がボケ防止にいいんだそうです(笑)。
 高橋真梨子「桃色吐息」谷村新司「群青」桑江知子「ブルーブルーアイランド」吉田真梨「真っ赤な耳たぶ」松田聖子「白いパラソル」X「紅」松原みき「あいつのブラウンシューズ」ポップコーン「ブルーロマンス薬局」いしだあゆみ「ブルー・ライト・ヨコハマ」山本リンダ「真赤な鞄」浜田朱里「黒い瞳」ズー・ニー・ヴー「白いサンゴ礁」ブルー・コメッツ「ブルーシャトウ」榊原郁恵「ガラス色の午後」菊地陽子「風色タッチ」
 これぐらいにしておきましょう。既出の曲がありましたら悪しからず。


すぐに集まった色のつく歌。  投稿者: よっかー  投稿日:11月18日(金)21時28分5秒

皆さんどーも。
ラジオでのリクエストも、ここの常連さんがリクエストしたら大変な事になったろうなぁ(笑)。
実際ラジオから流れた曲には、kansukeさんが挙げてくれた「匂艶THE NIGHT CLUB」、たつしさんが挙げてた「プルシアンブルーの肖像」、KOSUKEさんが挙げてた「パープルシャドゥ」「みずいろの雨」。

ほかには「白い恋人達/サザンオールスターズ」「赤い砂漠の伝説/島谷ひとみ」「碧いうさぎ/酒井法子」「青空/スガシカオ」「赤い日記帳/あか組4」「青いイナズマ/SMAP」「White Love/SPEED」「色・ホワイトブレンド/中山美穂」「さまよえる蒼い弾丸/B’z」「風は秋色/松田聖子」「銀色の夢/森高千里」「COLORS/宇多田ヒカル」。
録音してた分を聞く限りはこんな感じでした。

>紅白歌合戦
誰が司会しても、司会がいなくても、私は見ます。それがどんな結果になっても、あーだこーだ言いながら見るのも紅白の楽しみかな。視聴率が取れないと番組そのものが消滅しそうなので、使える手は何でも使って、それで数字が獲れるならそれにこしたことはないわな。


起きろーッ!  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月18日(金)20時51分52秒

本日、マイCDコレクションをチェックしていたら偶然「モーニング美奈子ール」を発見、聴いちゃいました。こんな元気な美奈子.ちゃんの声を聴き、悲しみが甦っちゃいました。
皮肉なもんですね。さんざん「起きて!起きて!」って言ってたのに、本人が永遠の眠りについちゃうなんて・・・・・。


紅白の司会者  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月18日(金)17時19分17秒

 あみだ池様

>宮本アナや阿部アナが適任と思いますが。

この2人もいいのですが、私は「BS日本のうた」の塩屋アナを推してました。奇抜な人選をせずに、基本に立ち返ってほしかったです。視聴率を少しでも上げたいのがミエミエで。


最近のNHK  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月18日(金)14時27分28秒

>>Nisharraさん

昔と違いNHKのさまざまな規制もかなり緩くなっており、NHKと民放とをキッチリ区別する、というような考えも薄くなっています。何よりも、みのもんたを起用する事がその表れでしょう。
(民放色を排除するどころか)逆に「みのさんらしいフレーズ(ファイナルアンサー?など)を言ってくれ」と要請していると思います。


「青い山脈」  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月18日(金)12時46分29秒

あみだ池様

>灰田勝彦シリーズで、『紫のタンゴ』もありますね。
 あ!!『青い山脈』は?

「青い山脈」も昔なら「スキウタ」の最上位に入っていたんでしょうが、さすがに入らなくなりましたね。ところで私、以前灰田さんのお宅の近所に住んでいました。「いいお爺さん」という感じでしたよ。
 色だと八神純子さん「みずいろの雨」桜田淳子さん「黄色いリボン」松田聖子さん「青い珊瑚礁」「赤いスイートピー」チェリッシュ「白いギター」高田みづえさん「パープルシャドウ」と曲だけならまだまだありますね。山口百恵さん「冬の色」は反則でしょうか?


色の唄  投稿者: あみだ池  投稿日:11月18日(金)12時03分43秒

灰田勝彦シリーズで、『紫のタンゴ』もありますね。

あ!!『青い山脈』は?


色の唄&紅白司会者  投稿者: あみだ池  投稿日:11月18日(金)11時52分29秒

題名に『色』がついてる曲ですか?それなら
*『真赤な封筒』(灰田勝彦)
*『水色のスーツケース』(灰田勝彦)
*『水色のワルツ』(二葉あき子)
*『アメリカ通いの白い船』(小畑実)
*『白い花の咲く頃』(岡本敦郎)
…もっとあるでしょうが、とりあえずこれ位でしょうか?

紅白の司会者がみのもんた氏?宮本アナや阿部アナが適任と思いますが。


紅白歌合戦  投稿者: Nisharra  投稿日:11月18日(金)10時58分11秒

>みのもんた

かつては「珍プレー好プレー」のイメージしかなかったのですが、いつのまにか色々と活躍するようになりましたね…数十年前ですが「珍プレー好プレー」特番で当時新婚の某選手とその奥さんに言った「試合では好プレーで頑張って、家に帰って「珍」プレーを…」というフレーズは未だに忘れません。元アナとは知りませんでした。


こうそくひれん1号さん
>「お嬢さん、お嬢さん」とか「ファイナルアンサー?」なんて、わざとらしく言ってほしくないな。

さすがに民放どうしというわけでもないので、そこまでは言えないと思いますが、もしかしたら会場の観客に向かって「ねえねえ奥さんなら紅と白どっちが良いと思う?」なんてやりかねないですね…というのも今年からゲスト審査員と会場の観客(その他ケータイ審査員とデジタルTV審査員もせっていされるらしいが)は1人一票として数えられる予定だそうなので。会場とステージの敷居を低くしようとするなんて方策を採ろうとすることは考えられなくも無いと思います。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/


依然色のタイトル  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月18日(金)10時55分44秒

安全地帯のデビュー曲「萌黄色のスナップ」がありました。
みのもんたは断然パス。局アナでやれば人件費もかからないし、受信料未払いにもまだ対応できる余地が残ってるのに、NHKはバカじゃないの?って思います。


第56回NHK紅白歌合戦  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月18日(金)09時29分58秒

>>みなさん

昨夜は、まだ司会者を確認していなかったのですが「みのもんた」ですか。でも私は逆に当然の起用と感じました。今年は「みの」でしょ。なんかちょっと覗いてみたくなりました。見事NHKに「してやられた」ようです。
でも「お嬢さん、お嬢さん」とか「ファイナルアンサー?」なんて、わざとらしく言ってほしくないな。


紅白歌合戦と色の唄  投稿者: たつし  投稿日:11月18日(金)08時47分25秒

私は毎年録画するほどの『紅白』ファンなので、今年も勿論見ます。
みのもんたさん。好き嫌いが大きく別れる方ですが、彼の司会は興味深いです。

 色の唄では、ヴィレッジ シンガーズの『バラ色の雲』布施明さんの『バラ色の月』
もありました。反則技ならタイガースの『色つきの女でいてくれよ』ですね。


了解です  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月18日(金)05時35分19秒

 こうそくひれん1号様

>エッ!?みなさんまだ「紅白歌合戦」を見るつもりだったんですかァ?

おはようございます。毎年「今年は見ない」と思いつつ何となく見てきました。今年も選考結果によっては見るつもりでしたよ。

>「がけっぷちトリオ」の活動時期については、10月23日の私の書き込み「がけっぷち?やけっぱち!」をご覧下さい。

ありがとうございました。最近のこと(レスの内容を含めて)はすぐ忘れるので困ったものです。しかし了解しました。


紅白歌合戦  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月18日(金)01時43分17秒

エッ!?みなさんまだ「紅白歌合戦」を見るつもりだったんですかァ?
私は司会の事よりも、「お節料理を作るから出られない」などとぬかしていた奴を未だに出そうとする(今年は出そう・・・)番組の姿勢が気に入りませんね。
長髪を理由に「ザ・タイガース」や「ザ・テンプターズ」を出さなかった時代が懐かしいデス。


>>KOSUKEさん

「がけっぷちトリオ」の活動時期については、10月23日の私の書き込み「がけっぷち?やけっぱち!」をご覧下さい。


ただいま知りました  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月17日(木)23時27分1秒

 私も白組の司会には憤慨していますよ。もう今年は見ないことに決めました。


色のつく曲&紅白  投稿者: Nisharra  投稿日:11月17日(木)23時12分17秒

MACKYさん
>色シリーズの締めくくりに、極めつけの反則技みっつ…「乙女心何色?」「あなた色のマノン」「透明人間」…最後は無色になるってことでどう?


反則技で『あした何色』(つちやかおり)と書こうと思ったのですが、ああータッチの差でした(^^;


>紅白の司会

「白」の方は一種の【囲い込み】という気も…どうでしょう?

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/


「透明人間」  投稿者: MACKY  投稿日:11月17日(木)22時55分27秒

流石に、黄緑とか肌色っていうタイトルはないよな…じゃあ、色シリーズの締めくくりに、極めつけの反則技みっつ…「乙女心何色?」「あなた色のマノン」「透明人間」…最後は無色になるってことでどう?

話は変わるけど、今年の紅白の司会、何とかならんのか…


(無題)  投稿者: kansuke  投稿日:11月17日(木)22時34分46秒

抽象的な色なら、「小麦色のマーメイド」・「匂艶ザナイトクラブ」・「まっ赤な女の子」・「みかん色の恋」
英語色?!なら、「パープルタウン」・「パープルモンスーン」など。
クラシックなら、「美しく青きドナウ」
でも、極めつけはこの壁紙の「…週末」


追加&訂正  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月17日(木)12時37分49秒

 色のタイトル、また思い出しました。新井薫子さん「虹いろの瞳」中村晃子さん「虹色の湖」
 09:40付けで「麻丘恵」と書いておりますが、当然「麻丘めぐみさん」の誤りですので訂正させて頂きます。


がけっぷちトリオ  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月17日(木)09時40分20秒

こうそくひれん1号様

>「ひとつぶの涙」(日高版)は、'82年3月28日(日)の「サンスペ」(日高のり子、アシスタント最後の日)のラストに流れました。のん子ちゃん涙涙のエンディングだったけど、わずか半年であんな形(がけっぷち)で戻って来るとは思わなかったな。
そのエンディングで鶴光が「(スパイラルワールドの)榊みちこは美樹克彦と結婚した」と語っていましたが、まだ離婚とかはしてないでしょうか。

えっ、私もがけっぷちトリオの浜田朱里さんのファンでしたが、がけっぷちトリオと呼ばれていたのは82年頃のことなんですか? 美樹克彦さんねえ、私も芸能レポーターじゃないんでそこまではわかりませんねー。

たつし様

>あみんの『琥珀色の思い出』沢田研二さんの『コバルトの季節の中で』
梓みちよさんの『白い思い出』安全地帯の『プルシアンブルーの肖像』がありますね。

 その「コバルトの季節の中で」はジュリーの中で一番好きな曲です。ジュリーは「白い部屋」(因みに麻丘恵さんも)もありましたし、ユーミンで「コバルト・ブルー」もありました。


テーマ別リクエスト  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月17日(木)09時21分37秒

「色のつく歌」を出し合って盛り上がっていますが、昔「竹内靖夫のハッとミラクル・電リクナイター'82」(文化放送)で『テーマ別リクエスト』というようなコーナーがあったのを思い出しました。
「○○の歌」「××な歌」というように毎日、違ったテーマを出してリクエストを受け付けるのですが、必ず所ジョージの曲がリクエストされていました。
所サンの曲って売れないくせに、ジャンルやテーマだけは多彩。


色の歌 3  投稿者: たつし  投稿日:11月17日(木)08時43分35秒

あみんの『琥珀色の思い出』沢田研二さんの『コバルトの季節の中で』
梓みちよさんの『白い思い出』安全地帯の『プルシアンブルーの肖像』がありますね。


まだあった  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月17日(木)07時07分15秒

「サファイヤ色のプレリュード」(荻野目洋子)とか「瑠璃色の地球」(松田聖子)ってのもあったな。


>>KOSUKEさん

「ひとつぶの涙」(日高版)は、'82年3月28日(日)の「サンスペ」(日高のり子、アシスタント最後の日)のラストに流れました。のん子ちゃん涙涙のエンディングだったけど、わずか半年であんな形(がけっぷち)で戻って来るとは思わなかったな。
そのエンディングで鶴光が「(スパイラルワールドの)榊みちこは美樹克彦と結婚した」と語っていましたが、まだ離婚とかはしてないでしょうか。


Re:色の歌  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月17日(木)06時43分17秒

  こうそくひれん1号様

 「金色のエアプレーン」と「銀色の道」は気づかなかったですなー。「君は天然色」も当然反則ですね。その「ハートのねじ」関係はどっちがツトムクンをやるかでもめるんじゃないですか(笑)?私が思いついたのはシモンズ「ひとつぶの涙」(日高のり子さんもかつてカバー)ですね。


色の歌  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月17日(木)01時12分12秒

まだ出てない色だと「金色のエアプレーン」(下成佐登子)、「銀色の道」(ダーク・ダックス)、「群青」(谷村新司)などがありますね。
曲のタイトルより、色の種類がもう出てきませんね。「若草色のこころ」(河合奈保子)、「パールカラーにゆれて」(山口百恵)、「パステルカラーの思い出」(岡田奈々)ってのは反則?


>>よっかーさん

ほう、そんなCDが本当にありましたか。でも注目すべきB級ソングは「センチ・メタル・ボーイ」くらいで、マニア度はやや薄いですね。


>>KOSUKEさん

異色デュオソングといえば「DO-KI DO-KI」「ハートのねじ」というのもありますね。加護ちゃんが河上幸恵、辻ちゃんがツトム役というのはどうでしょう?


ミッドナイト東京  投稿者: ナゲット  投稿日:11月17日(木)01時03分42秒

川辺妙子の「ミッドナイト東京」は思いで深い曲です。もう一度聞きたいと探して
おります。昔シングルを持っていたのですが、引っ越しの際に無くしてしまいました。
あぁ聴きたい、とてもとても。どなたかお持ちでしたら聴かせてください。


爆笑させてもらいました  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月16日(水)23時36分30秒

 こうそくひれん1号様

>「LOVE BEAT 3-3-7」はハード系の曲なのであえて外しましたが、「父さん」のような演歌は1曲くらいあってもいいかもしれませんね

ご回答どうもありがとうございました。中澤さんも演歌を歌ってましたし、こまどり姉妹の「ソーラン渡り鳥」(爆)なんていいんじゃないでしょうか?

>11.の「あなたへのメッセージ」は、あいあいの「愛のふれあい」のB面です。A面がやや地味系の歌なので、いかにもダブルユーが唄いそうなB面を選びました。
メジャー系の歌なら「涙をみせないで」も追加したいです。
そうそう忘れてた。PumpKinの「恋はおまかせ」も「ッポイ」ですね。

あの、「あいあい」のB面なんてよっぽどのマニアしか知りませんよ。「涙をみせないで」はいいですね。Winkで一番好きな曲です。でもこうやって見ていくと、結構思い出せないもんですね。特にメジャーなデュオに限って。あと思い出したのがじゅん&ネネの「愛するってこわい」(笑)。加護さんが男役(ショートカット)がふさわしいですかね?

 よっかー様

>「ワインカラーのときめき/新井満」
「赤と黒/岩崎良美」
「白いページの中に/柴田まゆみ」
「青い涙/志賀真理子」

 これだけで趣味のよさがうかがえます。志賀さんも惜しかったですね。「青い涙」は新宿音楽祭で歌っていたけど、メロが思い出せません。典型的なさわやか系でしょう?

>ダブルユーのファーストアルバムは、まさにデュエットコレクションでしたよ。

これはマジですか?5.&8.に関しては大爆笑してしまいました。特に前者は聴いてみたいです。挑戦的でいいなあ・・・。

 MACKY様

>今のオリコンの集計は、シングル200位まで、アルバム300位までです。ちなみに今はどちらも売上一枚単位まで公表されます。

そうなんですか。でも300位まで出す必然性ってあるんですかね?101位以下はウィークリーに掲載されてませんけど、Webに載ってるんですかね?それとも依然業界向けの「コンフィデンス」を見ないとわからないんでしょうか?

>「赤い衝撃」「青い靴」「黄色いさくらんぼ」「オレンジの雨」「白いハンカチーフ」「黒い花びら」「ピンク・タイフーン」「むらさきの夜明け」…緑だけがどうしても…「おお牧場はみどり」で勘弁?

「おお牧場は緑」のカバーなんていいかもしれませんね。でも緑、ありますよ。山口いづみさん「緑の季節」、ルネ「ミドリ色の屋根」。前者はそこそこヒットしたのに(32位、9万枚、72年だからちと古かったかな?)、誰もカバーしないのが不思議です。あとは「みずいろの手紙」「茶いろの鞄」(「赤いハイヒール」のB面)「灰色の瞳」といったところですかね。架空だと「夢色のメッセージ」「春色のエアメール」「夏色のナンシー」「風は秋色」とかありますが。

>Wのカバー曲で、13だけが元デュオが判らない…

私の本日10:43付けのコメントをご参照下さい。片方は現在大女優N.Mです。


「おお牧場はみどり」  投稿者: MACKY  投稿日:11月16日(水)21時35分13秒

KOSUKEさん>今のオリコンの集計は、シングル200位まで、アルバム300位までです。ちなみに今はどちらも売上一枚単位まで公表されます。

よっかーさん>いろんな色を思い出せる限り。
「赤い衝撃」「青い靴」「黄色いさくらんぼ」「オレンジの雨」「白いハンカチーフ」「黒い花びら」「ピンク・タイフーン」「むらさきの夜明け」…緑だけがどうしても…「おお牧場はみどり」で勘弁?

Wのカバー曲で、13だけが元デュオが判らない…


今日は11.16.で「いい色の日」なんだそうです。  投稿者: よっかー 投稿日:11月16日(水)19時45分46秒

地元のローカルラジオ局が「色」がつくタイトルの歌をセレクトして流してました。
ま、ありがちな最近のJ-POPが数曲流れてましたけど、こんなのをリクエストしたら集まり過ぎて、選べなくなっちゃうだろうな。
だから私もレコード棚から片手で一掴みして、その中から選んでみました(笑)。

「ワインカラーのときめき/新井満」
「赤と黒/岩崎良美」
「白いページの中に/柴田まゆみ」
「青い涙/志賀真理子」
........なんちゅう棚だ。頭の中ではいろいろと思いつくけど、意外と盤は持ってなかったな。

>こうそくひれん1号さん
ダブルユーのファーストアルバムは、まさにデュエットコレクションでしたよ。
1.恋のバカンス
2.サウスポー
3.渚の「・・・・・」
4.白い色は恋人の色
5.大阪ラプソディー
6.待つわ
7.淋しい熱帯魚
8.かけめぐる青春
9.渚のシンドバッド
10.恋のインディアン人形
11.好きよキャプテン
12.センチ・メタル・ボーイ
13.お誂え向きのDestiny
14.Give Me Up
15.情熱の花
こんな感じでした。メジャーな曲の中に混じったマニアックな選曲が話題になりましたね。


♪誰ッもッ知ーらァない「パックン!・・・たまァご」  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月16日(水)19時03分0秒

>>KOSUKEさん

ダブルユーのキャラを考慮して、明るくノリのいい系をセレクトしてみました。
「LOVE BEAT 3-3-7」はハード系の曲なのであえて外しましたが、「父さん」のような演歌は1曲くらいあってもいいかもしれませんね。マジでこんなCD、欲しいです。
2.の「空からたまごが降ってきた」はキララとウララの曲で、テレビ朝日の教育(?)番組「パックンたまご」の主題歌です。「パックンたまご」の出演者はシティボーイズ、中村ゆうじ、藤波辰巳など豪華でしたが、歌詞にある通り「♪誰ッもッ知ーらァない」番組でした。
11.の「あなたへのメッセージ」は、あいあいの「愛のふれあい」のB面です。A面がやや地味系の歌なので、いかにもダブルユーが唄いそうなB面を選びました。
メジャー系の歌なら「涙をみせないで」も追加したいです。
そうそう忘れてた。PumpKinの「恋はおまかせ」も「ッポイ」ですね。


訂正  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月16日(水)10時45分15秒

 すみません、わからないのは2.と11.です。失礼しました。


一部わかりません  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月16日(水)10時43分48秒

 こうそくひれん1号様

 おはようございます。シブイ?選曲ですねー笑ってしまいましたけど。
 ところで2.と12.はどなたですか?私なら「LOVE BEAT 3-3-7」(キューピッド)とか
「お誂え向きのデスティニー」(KEY WEST CLUB)とか入れますね。「父さん」(祐子と弥生)や「水芭蕉の旅」(あいあい)や「紅すずらんの伝説」(ラブリーズ)もいいかも(笑)。


なぬッ!?ダブルユーの?  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月16日(水)10時08分3秒

>>よっかーさん

ダブルユーの「センチ・メタル・ボーイ」って、TVか何かで唄ったのでしょうか?。それともそんなCDが出てるとか?。
いずれにしても最近の歌謡界は、そんなマイナーな曲にも注目するんですね。ダブルユーには、B級2人組アイドルの歌だけをリメイクしたCDでも出してもらいたいですね。
ああ、そんな事を言っていたら、自分で選曲したくなっちゃいました。

1.スカイ・ピクニック
2.空からたまごが降ってきた
3.ブルーロマンス薬局
4.めっきり冷たくなりました
5.テレパシーLOVE
6.恋に木枯し
7.火の鳥
8.陽気な恋のキューピッド
9.妖精ダブルユー(「妖精ポピンズ」替え歌)
10.かなしみ発しあわせ行
11.あなたへのメッセージ
12.東京カンカン娘2005(「〜'84」改題)

こんなセレクトでどうでしょう。みなさん御馴染みの歌だから、コンビ名は省略です。


リメイク、カバー考  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月16日(水)07時45分10秒

>>みなさん

多くの人間(特に日本人)は視野が狭いというか、自分の都合のみが「絶対」と思い込む傾向がありますね。幸いここの掲示板に集う方々は冷静で、オリジナルであれリメイクであれ、結果的に存在している作品をキチンと評論しているのを嬉しく思います。
あまりに「ぶっ飛び」なアレンジや、新井薫子「私の彼は左きき」のような安易な選曲(企画者のミスであり、新井薫子には罪はない)は納得できませんが、それぞれの曲を好きなら聴く、イヤなら無視する、それでいいのだと思います。

なんて言いながらこんな事を書くのもなんですが、私が今、思い出すリメイク曲の中で一番ヒドいのは新田恵利の「ロックンロール・ラブレター」(BCR)ですね。
シャレで出したのなら笑えるけど、あれはヒドすぎ。


辛島さん他  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月16日(水)07時04分20秒

 シズカ様

>「白い色は恋人の色」、本田路津子さんも歌っていたけど、B&クリスのほうが良かったです。懐かしい!
逆に「サイレント・イブ」は辛島美登里よりも、あがた森魚 のほうが味わいがあって好きです。多分、辛島美登里のほうを先に聴いたと思いますが。

おはようございます。「白い色は恋人の色」も私の記憶している範囲では最古の方になるんですけど、あの片言の日本語がベッティ&クリスにマッチしてましたね。あがた森魚さんの「サイレント・イヴ」は意外ですが、私はオフコースの「言葉にできない」や松田聖子さんの「瑠璃色の地球」を辛島さんがTVで歌っているのを聴いて、「オリジナルといい勝負」と思いました。彼女は作る曲がセンスがあるうえに、うまいですよねー。

>本田美奈子さんのアルバム「アメイジング・グレイス」が前週の238位から15位にランクアップしたそうです。
(オリコン21日付け)20位以内に入るのは1987年最高位7位の「OVERSEA]以来18年ぶりとのこと。

オリコンって201位以下も集計してたんですね。知りませんでした。でも皆さん昔の曲(ベストとか)を買うんじゃなくて今のを買うんですね。私は「Temptation」とかが収録されたオムニバスを買いましたけど、やっぱり最初からうまかったんですねー。この曲は10位で18万枚、20週チャートインというロングセラーでした。


摺り込み?早いモン勝ち?  投稿者: シズカ  投稿日:11月15日(火)23時48分5秒

「白い色は恋人の色」、本田路津子さんも歌っていたけど、B&クリスのほうが良かったです。懐かしい!
逆に「サイレント・イブ」は辛島美登里よりも、あがた森魚 のほうが味わいがあって好きです。
多分、辛島美登里のほうを先に聴いたと思いますが。

「ゴールデン・ハーフ」はなぜかエバしか覚えていません。・・・悲しい!

今日の日経に載ってました。
本田美奈子さんのアルバム「アメイジング・グレイス」が前週の238位から15位にランクアップしたそうです。
(オリコン21日付け)20位以内に入るのは1987年最高位7位の「OVERSEA]以来18年ぶりとのこと。


カバーの方がいい場合も・・・  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月14日(月)20時53分6秒

 確かにオリジナルの方がいいケースが圧倒的に多い中、唯一カバーの方が優れていると思わされる曲・・・というか歌手がいます。それは「ゴールデン・ハーフ」(笑)。私彼女たちが活躍していた頃小さかったので、「黄色いサクランボ」とか「バナナ・ボート」とか「24,000回のキッス」とか全部彼女たちのオリジナルと思ってたんですよ(苦笑)。それが後でオリジナルを聴いたら、ゴールデン・ハーフのバージョンの方がどれもいいんですよねーこれは(よっかーさんも似たようなことを書いてらっしゃいますが)「最初に聴いた方をいいと思う」心理が人間にはあるのかなあ、と思った次第ですが。彼女たちも特に上手くもなかった気がするけど、あの圧倒的な個性で聴かせていたんでしょうね。


許容範囲が広いからだいたいのカバーは受け止めます(笑  投稿者: よっかー 投稿日:11月14日(月)19時33分52秒

確かに「それはちょっと・・・」と思うのも多々あるけど、このカバー、リメイク、別バージョン、サンプリング、コピー、色々とあっても、その時代を表すアレンジであったりするので、私は面白いなぁと受け止めてます。演奏楽器の変化だったり、ラップのブームだったり、ヒップホップ調だったり。オリジナルが絶対の人には、カバーが出るたび再確認できるし、何度もリメイクされることでスタンダードナンバーになっていくし、いいことなんじゃないかと思ってます。

今の子たちはカバーを聞いて育って、また僕らの世代からオリジナルを教えられて、新しいモノを発見したかのように感じると言う子もいます。

最初に聞いた時のインパクトには、どんな歌手のカバーもかなわないような気もしますが、ダブルユー「センチ・メタル・ボーイ(キララとウララ)」なんかはオリジナルよりも、私は良かった(^^ゞ


Re:リメイク(カバー)のアレンジ  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月14日(月)17時24分24秒

こうそくひれん1号様

>オリジナル作品と違っていたら絶対ダメ!と言ったら、三木聖子ファンにとって石川ひとみ版はダメ、となる訳で・・・・・。

本当は私も三木聖子バージョンの方が好きなんですよ。でもこの石川ひとみさんのは充分許せるというか、彼女じゃなければ出せない味わいがあります。でもその後にまるで必然性の感じられないカバーが続々と出たと思うんですね。

>KOSUKEさんはサンボマスターの「あの鐘を鳴らすのはあなた」を「まあまともな部類」と仰いますが、私は「♪あッ・なァーーーーたァーーーー!」と半ばやけくそに絶叫しているように聴こえる部分が、なんとも不快に感じます。

もちろんオリジナルからはずーっと劣りますよ。でもまだ許せる範囲、ってことです。


訂正とお詫び  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月14日(月)12時54分33秒

以前(3月13日)、本田美奈子.ちゃんが「スタ誕」に出場した時の事を書き込んだんですが、人の記憶ってのは適当なもんですね。
自分の映像コレクションの中から「美奈子.もの」を捜したところ、「スタ誕」のオーディションシーンを発見しました。3月の書き込みは23年前の記憶を頼りに書いたんですが、久しぶりに映像を見ると、どうも記憶と違うんです。(合否の)封筒を開けた美奈子.ちゃんは落胆の表情は見せないものの、ポーカーフェイスというか、微笑を保ったまま「ダメでした」と横の西川きよしに報告しているだけで、決してわざとらしく「ニコッ」とはしていませんでした。もちろん「こましゃくれた」様子など全然ありません。何で勘違いしちゃったのかなぁ。
今更ですが3月13日の書き込み内容は訂正し、美奈子.ちゃんにもお詫びします。

美奈子.ちゃんが亡くなって1週間が経ち、ワイドショーや情報番組で大きく扱われるのも昨日が最後だと思います。だんだん人々の記憶から忘れられていくと思いますが、せめてこの掲示板だけでも彼女の思い出を語り続ける事が出来れば、と思っています。


リメイク(カバー)のアレンジ  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月14日(月)09時54分47秒

>>みなさん

リメイク作品のアレンジに対する評価は難しいですよね。
(ラップなどに対し)私、個人的感情では「ふざけた事すんなよ!」と言いたくなりますが、その反面、オリジナルに対し独自の表現方法という考え方もある訳で、オリジナル作品と違っていたら絶対ダメ!と言ったら、三木聖子ファンにとって石川ひとみ版はダメ、となる訳で・・・・・。
一番いけないのはオリジナルや自分が親しんだバージョンだけを正統化し、それ以外は一切認めない、という考え方だと思いますね。
ただ、KOSUKEさんはサンボマスターの「あの鐘を鳴らすのはあなた」を「まあまともな部類」と仰いますが、私は「♪あッ・なァーーーーたァーーーー!」と半ばやけくそに絶叫しているように聴こえる部分が、なんとも不快に感じます。


例えば・・・  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月14日(月)08時30分11秒

> ラップが入った『クリスマスイブ』
この曲知ってます。
もちろん原曲の良さには足元にも及ばないけど、アレンジは
どちらかというと忠実に再現(を目指)したもよう。

そうですね、アレンジはそう変わってませんね。でもやはり年末にはオリジナルが聴きたくなるものでして・・・考えてみたら来月はもう師走、クリスマスなんですね。はやい。私は最近、和田アキ子さんの「あの鐘を鳴らすのはあなた」が「ジョージア」のCFで流れてるでしょ?あれはまあまともな部類に入ると思ってます。歌ってるのはサンボマスターでしたっけ?


>ラップが入った『クリスマスイブ』  投稿者: tendaあらためzouky  投稿日:11月13日(日)23時14分52秒

>ラップが入った『クリスマスイブ』

この曲知ってます。
もちろん原曲の良さには足元にも及ばないけど、アレンジは
どちらかというと忠実に再現(を目指)したもよう。
山下達郎はこのグループ(名前失念)ならばカバーさせてあげてもよい、
と許可を与えています。

昨晩だったか往年の歌謡曲ヒットをパンクやヘビメタのアマチュア
バンドがそれ風にアレンジして演奏する番組をやっていました。
どうも毎週やってるようですが、かなり悲惨な内容となっています。

アイドルポップの世界( http://plaza.rakuten.co.jp/zouky/4000 )

http://plaza.rakuten.co.jp/zouky/4000


堂々と主張していいんじゃないですか?  投稿者: KOSUKE 投稿日:11月13日(日)11時57分49秒

たつし様

>ラップが入った『クリスマスイブ』や『なごり雪』も好きじゃないです。
ラップのグループは自分達の作品でラップを作ってほしいです。

まさにおっしゃる通りです。この2曲もあのアレンジで成立しているんですから。

>でも、このことを言えば年下の友達(5〜13歳下)までと意見の違いから
気まずい雰囲気になりそうなので、どう話をしたらいいのかなと悩んでいます。

私の場合は生徒の大半が1985〜6年生まれですから、極力そのテの話題は避けています。
でも主張する機会があれば堂々と主張しようと思ってますけど。オリジナルを聴いてる子は違い(というかどちらがいいか)に気づくはずですよ。まあ好みの問題ですけど。


ラップのカバーと年下の友達  投稿者: たつし  投稿日:11月13日(日)10時27分58秒

>KOUSUKEさん

 ラップが入った『クリスマスイブ』や『なごり雪』も好きじゃないです。
ラップのグループは自分達の作品でラップを作ってほしいです。

 でも、このことを言えば年下の友達(5〜13歳下)までと意見の違いから
気まずい雰囲気になりそうなので、どう話をしたらいいのかなと悩んでいます。


なぜ夏の発売?  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月12日(土)21時10分14秒

シズカ様

>今日、たまたま出かける用事があり、車のラジオをつけると、
「風と落ち葉と旅びと」がながれました。(13時過ぎくらいでした)

そういうふうに偶然流れると気持ちいいですよね、スーパーとかでも。

>曲が終わった後にアシスタントの女性が「チューイン グ ガムの風と・・・」
と言ったので軽く叱っておきました。みのも何とか言ってやってくれ!

この曲は33年前ですし、30代でも知らない人の方が圧倒的に多いのでは?それにしても
この曲、72/6/21発売なんですね。そんな夏なんかに出さないで、今頃の季節に出していればベスト10には確実に入ったんじゃないでしょうか?それこそ木枯らしが吹き落葉が風に舞う今頃の情景が似合う曲なんですから。これはCBSソニーの戦略ミスだと思いますよ。


AM  投稿者: シズカ  投稿日:11月12日(土)20時57分12秒

今日、たまたま出かける用事があり、車のラジオをつけると、
「風と落ち葉と旅びと」がながれました。(13時過ぎくらいでした)
久しぶりにAMで聴くチューインガム、暖かい感じがして懐かしくってとっても良かった。
おりしも今日は木枯らしが吹き、落ち葉が風に舞って最高のシチュエーションでした。
(旅 行く人はいなかったけどね)

曲が終わった後にアシスタントの女性が「チューイン グ ガムの風と・・・」
と言ったので軽く叱っておきました。みのも何とか言ってやってくれ!

Nisharraさま
「悲しくてやりきれない」はそういえばなぜあの時代にだったのでしょうね。
私も唐突な感じがしていました。何か意味があったのですかね。
今だったら元歌の「イムジン河」をカバーしてくれると面白いかも?
でも、誰が歌ってくれるか、それが問題!


カバー  投稿者: Nisharra  投稿日:11月12日(土)19時40分41秒

KOSUKEさん、こうそくひれん1号さん、たつしさん

「似合わないカバー曲」へのレスありがとうございました。


>オリジナルに思い入れがありすぎて。

私も特にオリジナルに思い入れがある曲を他の人がカバーするのは基本的に好きじゃないです。もしオリジナルを髣髴とさせる歌声、オリジナルそのままのメロディで、なおかつモノマネっぽくないという「究極の例外」があれば話は変わりますが、そんなことまず有りえないですもんね…。

普通に好きな曲という場合は、アレンジの出来と、そのアレンジと歌声がハマっていれば、それなりに評価します。例えば「亜麻色の髪の乙女」や「眠れぬ夜」またKOSUKEさんも書かれた「まちぶせ」「ハロー・グッバイ」「夢の中へ」「17才」などはカバーとして成功例だと思います。


>パンクのグループが原曲を滅茶苦茶にした作品ですね。

なるほど!それとあとラップを混ぜるヤツとかもねー(^^;

ロック調くらいだとオリジナルを台無しにしないような配慮が感じられます(RCサクセションの「上を向いて歩こう」もメロディは全然違いますが、特に変に感じません)が、パンクやラップだと、元々「型を破る」という前提があるからか、オリジナルが可哀相なくらい台無しになりますね…そこまでしてカバーして欲しくないと思います。


シズカさん
>私はそんなに違和感は感じなかったですね〜。

伊代さんの「悲しくてやりきれない」については私はKOSUKEさんの意見に近いです。曲と歌声的には合っている方だと思います。キーも高くないので…ただ何故あの時代に「悲しくてやりきれない」をカバーしてまで出す必要があったのかと。端田さんからプッシュがあったのかと(爆)。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/


全く同感です  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月12日(土)18時13分22秒

 たつし様

>『贈る言葉』をm-floとかいうパンクのグループが原曲を滅茶苦茶にした
作品ですね。

おっしゃる通りです。作者に失礼ですよ。もうこのラップ調のカバー、やめて頂きたいですね。私は歌手が昔の曲をアレンジを変えて歌うのも嫌いです。先日の「歌謡コンサート」でも石川ひとみさんが「まちぶせ」をアレンジをフォーク調にして歌ってましたが、松任谷正隆氏のあのアレンジじゃなきゃ意味がないんですよ。
 でもチューインガムの命名理由はそんなに深かったとは・・・知りませんでした。


岡田さんの手紙と似合わないカバー  投稿者: たつし  投稿日:11月12日(土)09時25分24秒

 >KOUSUKEさん シズカさん

 『岡田さんの手紙』は昭和47年10月に発売(同じ日にファーストアルバムも発売
『結婚しようよ』『あの素晴らしい愛をもう一度』『ひとりじゃないの』等のカバーも
収録)ですから、妹の松田マミさんは11歳の小学5年生ですが、姉のりかさんは
13歳で中学一年生です。いずれにせよ彼女達が天才であることは間違いありません。
『風と落葉と旅びと』はいくつになっても歌える名曲です。
 チューインガムのファーストアルバムには、仲雅美さんの『北に消え行く二人』という
この掲示板でもご存知の方は少ないと思われる(すみません!)歌をカバーしているのですが、それはりかさんが仲さんの大ファンでこの歌が大好きだったからです。それに
「チューインガム」という名前は「仲雅美」さんの「仲」を「チュー」、「雅美」を
「ガミ」と読み替えて「チューインガミ」→「チューインガム」となったのです。

 似合わないカバーと聞いて真っ先に思い出すのはアイドルではありませんが
『贈る言葉』をm-floとかいうパンクのグループが原曲を滅茶苦茶にした
作品ですね。


エッ?もうリメイク!?  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月12日(土)05時20分5秒

「似合わないカバー曲」とはちょっと話が違うんですが、中山忍が三田寛子の「駈けてきた処女」をカバーした時、「もうリメイク!?」と感じました。でも、よく考えると三田版リリースから7年も経っていたんですね。大人になると時間の流れが速く感じると言うけど、「7年前」がついこの間に感じたんですね。
ちなみに石川ひとみ「まちぶせ」は、三木版から5年後でしたね。


確か・・・。  投稿者: シズカ  投稿日:11月12日(土)00時37分54秒

「悲しくてやりきれない」は伊代ちゃん自身が大好きな歌だったので
カバーするようになったと記憶していますが・・。
自分でもそのように言っていたはずです。
私はそんなに違和感は感じなかったですね〜。


独断・似合わなかったカバー曲  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月12日(土)00時01分45秒

Nisharra様

>松本伊代「悲しくてやりきれない」なんてのもありましたね。何だか空しくてやりきれませんでしたが…ナンノさんもそうですが何でわざわざカバーしなきゃいけないのかと。

確かにこれも違和感大でしたが、聴いてみたら予想していたよりは似合ってると思いました。ただわざわざ伊代さんに歌わせる必然性はなかったでしょうね。

>新井薫子「私の彼は左きき」は、違う意味での「切実さ」が伝わってきましたが(ぉぃぉぃっ)。

いくら「まちぶせ」と「ハロー・グッバイ」が成功したからって「そりゃないよ」と思いました。水谷絵津子さんの「芽ばえ」も以下同文(笑)。

>皆さんは「似合わないカバー曲」というと何の曲を想像しますか?

「耳をすましてごらん」以外で即座に出てきたワースト3を書かせて下さい。藤谷美紀さん「木綿のハンカチーフ」、坂上香織さん「グッドバイ・マイラブ」、胡桃沢ひろ子さん「恋する夏の日」。いずれも「夢の中へ」と「17才」の成功を意識したと思いますが、オリジナルに思い入れがありすぎて。カバーした彼女たちが悪い、というよりオリジナルと差がありすぎるんですね、私の中で。


似合う路線  投稿者: Nisharra  投稿日:11月11日(金)23時42分41秒

KOSUKEさん
>誰しも似合う路線というのがあります。

松本伊代「悲しくてやりきれない」なんてのもありましたね。何だか空しくてやりきれませんでしたが…ナンノさんもそうですが何でわざわざカバーしなきゃいけないのかと。

新井薫子「私の彼は左きき」は、違う意味での「切実さ」が伝わってきましたが(ぉぃぉぃっ)。


皆さんは「似合わないカバー曲」というと何の曲を想像しますか?

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/


ワキの甘さもナンノの魅力!?  投稿者: シズカ  投稿日:11月11日(金)23時37分47秒

すみません、喪に服していたもので、書き込みできませんでした。
ちょっと話題を戻させてください。

本田路津子、なんて懐かしい!
中学1年のときに音楽の先生がガリ版で歌詞を刷ってくれ、授業中に歌いましたよ。
曲名は「風がはこぶもの」でした。それで初めて路津子さんを知りました。
フォークが上品さとメッセージ性を持っていた時代でした。
(LPがあったはずなのに出てきません 「一人の手」はSPを買った覚えがあります)

「サルビアの花」は もとまろしか聴いたことがありません。
路津子さんの澄んだ冬の青空のような歌声よりも、
KOSUKEさんの言われるとおり情念(怨念)のこもった歌詞なので、
もとまろの方がきっと良いかと思われます。路津子さんのも聴いてみたいけどね。

チューインガムの「岡田さんの手紙」は教室や、机、黒板などは歌詞にはなくて、
あくまでも校庭から見た風景しか出てきませんね。
岡田さんも何も言葉を発した感が無く、ただ最後に少し明るくラ・ラ・ラ〜と歌っていて
そこがまた別れとの対比となって涙を誘います。まさしく天才少女でしたね。
ねっ!たつしさん。


ありがとうございました  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月11日(金)19時44分7秒

 こうそくひれん1号様

>松本明子が唄ったという「Summer Beach〜オレンジの香り〜」は、'81年発売のLP「SILHOUETTE〜シルエット〜」に収録されています。

どうもありがとうございました。「シルエット」でしたか、3rdアルバムでした。高校の同じクラスの女子で「このLPの曲全部歌える」と自慢していた子がいたのを思い出しました。


ケアレスミス  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月11日(金)19時35分11秒

一応、訂正させてください。
「視聴→試聴」です。あわてちゃって間違えたよ。


タイトル判明  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月11日(金)19時31分56秒

>>まりんさん

視聴サイトで確認しました。本田美奈子.が「スタ誕」で唄っていたのは、松田聖子のLP「SQUALL」に収録されている「ブルーエンジェル」です。


>>KOSUKEさん

松本明子が唄ったという「Summer Beach〜オレンジの香り〜」は、'81年発売のLP「SILHOUETTE〜シルエット〜」に収録されています。


松本明子さんも・・・  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月11日(金)13時04分13秒

こうそくひれん1号様

>松田聖子の歌には「ブルーエンジェル」「パイナップル・アイランド」の両方があります。そのどちらかが本田美奈子.が「スタ誕」で唄った歌だと思われます(あくまで推測ですが)。

美奈子.さんが不合格だった決戦大会では、合格した松本明子さんも聖子さんのアルバム(どのアルバムかは知りませんが、やっぱり82年ということで「パイナップル」なのかな?)の収録曲「SUMMER BEACH」を歌ってました。私はこの方はスカウトしないでしょうけど、先見の明があったナベプロ(昨日創立50周年パーティーを催したそうです)は「なかなかやるじゃん」と思いますね。


岡田さんの手紙4  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月11日(金)10時29分11秒

たつし様

>『岡田さんの手紙』は自作自演で実話なのです。作詩は妹の松田マミさんが実際に
仲の良かった「岡田さん」という友達が豊中から加古川に引っ越した時の気持ちを
綴った歌です。

情報どうもありがとうございました。そうですか、どこにでもあるような光景だけど、いざ歌にしようと思うと難しいものです。でもチューインガムは当時小学生だったんでしょ?天才というか、もったいないというか・・・その後も改名したりして芸能活動は続けてましたからね。


ケアレスミス  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月11日(金)10時27分50秒

>>KOSUKEさん

あぁ間違えました。ご指摘ありがとうございます。
LP名は「PINEAPPLE」で、収録曲が「パイナップル・アイランド」ですね。

松田聖子の歌には「ブルーエンジェル」「パイナップル・アイランド」の両方があります。そのどちらかが本田美奈子.が「スタ誕」で唄った歌だと思われます(あくまで推測ですが)。


岡田さんの手紙 3  投稿者: たつし  投稿日:11月11日(金)08時42分19秒

>KOUSUKEさん

 『岡田さんの手紙』は自作自演で実話なのです。作詩は妹の松田マミさんが実際に
仲の良かった「岡田さん」という友達が豊中から加古川に引っ越した時の気持ちを
綴った歌です。
 じつはこの「岡田さん」時々、『チューインガム資料室』の書込みに登場なさいます。
私もメールを出して、返事をもらったことがあります。


Re:路津子さんとひばりさん  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月11日(金)06時50分57秒

Nisharra様

>私も「耳をすましてごらん」は、その辺りが好きです。先ほど曇天の海辺…と書きましたが、その辺りで少し太陽の光が差し込んでくるような印象です。ナンノさんもカバーしてましたが、私はナンノさんの曲は比較的好きでCDも持ってますが、この曲に関しては「おいおい何てことしてくれたの!」って思いました(笑)。

おはようございます。なるほど、同じ曲でもメロディーで天気が変わるってニュアンスですね。そういう見方(聴き方?)というのは初めて知りました。やっぱりナンノさんについてはそう思うでしょ?誰しも似合う路線というのがあります。彼女はやはり「話しかけたかった」とか「吐息でネット」とか、そういう路線で持ち味が出るわけで・・・以前「ミュージック・フェア」でキョンキョンが西田佐知子さんの「アカシアの雨がやむとき」を歌った時(これは別にCDで販売していない(だろう)から次元が違いますが)も、同じような感想を持ちました。

>彼女は美空ひばりさんよりうまさでは上、じゃないかと思えてなりません。ということは女性歌手でも史上最高の歌唱力ではないかと。
私も(大きな声じゃ言えませんが)そう思います。確かにエンターテイメント性やスター性は美空ひばりさんの方が断然上ですが…路津子さんはジャケットの表情とか見る分には控え目そうなので、良くも悪くもそれがカラーとして出ていたのでしょう。

 私は堂々とそう言っていいと思いますよ。みんなが「自民党をいい」と思う必要がないのと同じように。ひばりさんと彼女では、方向性やファンが全然違うだろうし、比較のしようがないとも言えますが。「歌唱力」にしぼった場合、私は本田さんやちあきなおみさんの方が(ひばりさんより)上だと思っているんです。

 こうそくひれん1号様

 何もお役に立てる情報がなくて恐縮なのですが、そのアルバムのタイトルは「パイナップル」です。「アイランド」は付きません。


むむむ・・・  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月11日(金)02時11分33秒

>>まりんさん

本田美奈子.が「スタ誕」で唄った歌のタイトルは、一部の資料には「ブルーエンジェル」だとの情報があります。信憑性は定かではありませんが。「ブルーエンジェル」といえばアップルズの歌が有名ですが、同名の歌なんでしょうか。いかにも「エンゼルフィッシュの歌」っつぽいタイトルではあります。
それと前記した松田聖子の「熱帯魚のジルバ」は、「パイナップル・アイランド」(LP名と同じ)というのが正式な曲名かもしれません。
あやふやな情報ばかりで申し訳ありません。どなたか正しい情報をお願いします。


路津子さんとひばりさん  投稿者: Nisharra  投稿日:11月11日(金)01時58分14秒

KOSUKEさん
>なるほどね。いろんな聴き方があるもので、それは聴いた人の感性によって変わってもきますね。「天候や地形など、その時の周りの状況によって明らかに違うイメージになる」というのは実に繊細、ということを表していると解釈していいんでしょうか?

歌い方自体が違わなくてもメロディや歌詞の内容によって歌声のイメージさえも違って感じるということです。例えば強い風でも晴天の強い風と曇天の強い風では、そのイメージも変わると思います。繊細といえば繊細かも知れませんが、むしろ透明と言った方が近いでしょうか…。


>今BGMで聴いているのですが、私はそんなに違いというのは感じられません。

私には「風がはこぶもの」や「秋でもないのに」と「耳をすましてごらん」の歌声が違うイメージで聴こえるんです。歌い方自体は変わってないと思うんですが、何だか晴天と曇天のような違いを感じるんです。「耳をすましてごらん」は曇天の海辺のようなイメージを受けます。

また「サルビアの花」は「もとまろ」よりも路津子さんの方が好きです。元?恋人を追いかける男性の必死さが伝わってきます。もとまろのは怖いに近い暗さしか感じないので…ちなみに「あみん」もカバーしてましたが淡々と歌ってるって感じでした。


>「耳をすましてごらん」の完成度は傑出していると思いますよ。特に♪生きるのよ強く ひとりではないから のメロですね。

私も「耳をすましてごらん」は、その辺りが好きです。先ほど曇天の海辺…と書きましたが、その辺りで少し太陽の光が差し込んでくるような印象です。ナンノさんもカバーしてましたが、私はナンノさんの曲は比較的好きでCDも持ってますが、この曲に関しては「おいおい何てことしてくれたの!」って思いました(笑)。


>彼女は美空ひばりさんよりうまさでは上、じゃないかと思えてなりません。ということは女性歌手でも史上最高の歌唱力ではないかと。

私も(大きな声じゃ言えませんが)そう思います。確かにエンターテイメント性やスター性は美空ひばりさんの方が断然上ですが…路津子さんはジャケットの表情とか見る分には控え目そうなので、良くも悪くもそれがカラーとして出ていたのでしょう。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/


♪エンゼルフィッシュみたーいな気分な〜の  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月11日(金)01時42分35秒

>>まりんさん

私もその歌のタイトルが気になっていました。
当てずっぽうの答なんですが、松田聖子のLP「パイナップル・アイランド」に収録されていた「熱帯魚のジルバ」ではないでしょうか?
「スタ誕」での本田美奈子.は、どっからどうみても松田聖子のコピーでしたし、LPの発売と美奈子.の出場も同時期です。


(無題)  投稿者: まりん  投稿日:11月11日(金)00時39分14秒

本田美奈子さんが「スター誕生」で歌っていた「エンゼルフィッシュみたいに泳いで〜るっ♪」
という曲はどなたのなんていう曲かご存知の方は教えてください


Re:路津子さん  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月10日(木)23時22分44秒

Nisharra様

>当時の小学生は、まだいわゆる童謡に親しんでて、やっと歌謡ポップス調にアレンジされた「子どもの歌」というのがチラホラ出現しつつあったかなーという時代ですから、小学生が大人が歌ってもサマになる曲を作れるというのは、さすがに天才というか基礎がシッカリしていると言うことでしょうね。

これが彼女たちの自作なら余計すごいです。私の年代の小学生といえば、「フィンガー5」とか「たいやきくん」とか「仮面ライダー」に親しんでいましたけど、このチューインガムは程度が違いますね。

>私が感じる路津子さんの歌い方は「風のように歌う」歌い方です。風そのものは強弱の違いあれど変わりませんが、天候や地形など、その時の周りの状況によって明らかに違うイメージになってしまいます。

なるほどね。いろんな聴き方があるもので、それは聴いた人の感性によって変わってもきますね。「天候や地形など、その時の周りの状況によって明らかに違うイメージになる」というのは実に繊細、ということを表していると解釈していいんでしょうか?

>例えば「風がはこぶもの」や「秋でもないのに」と「耳をすましてごらん」や「サルビアの花」ではメロディや歌詞の情景が違うので、歌い方そのものは特に変えてそうにないように聴こえても、実際には明らかに違うイメージの歌声に聴こえてしまうと言うことです。

今BGMで聴いているのですが、私はそんなに違いというのは感じられません。しかし「耳をすましてごらん」の完成度は傑出していると思いますよ。特に♪生きるのよ強く ひとりではないから のメロですね。ただ「サルビアの花」に関しては、(確かにうまいけど)「もとまろ」の暗さがこの曲のイメージを強烈に表現していると感じますけどね。

>だからKOSUKEさんがおっしゃるように余計に伝わってくるんだと思います。ワザとらしくないというか素材の良さをそのままにというか…カバー曲も多く歌われてますが、歌声そのものは明らかに路津子さんなのに本家バージョンと聴き比べても全然違和感を感じないんですよ…それが「風のように歌う」ことに因るんじゃないかなあと私は思ってます。

私は(いろいろ見方はあると思いますが)彼女は美空ひばりさんよりうまさでは上、じゃないかと思えてなりません。ということは女性歌手でも史上最高の歌唱力ではないかと。


路津子さん  投稿者: Nisharra  投稿日:11月10日(木)22時07分35秒

KOSUKEさん
>共鳴して下さる方がいらっしゃることに感動します。「小学生の放課後の学校での出来事」を歌っているのに、決して童謡チックにならず大人の曲としても捉えられそうな出来ですね。

当時の小学生は、まだいわゆる童謡に親しんでて、やっと歌謡ポップス調にアレンジされた「子どもの歌」というのがチラホラ出現しつつあったかなーという時代ですから、小学生が大人が歌ってもサマになる曲を作れるというのは、さすがに天才というか基礎がシッカリしていると言うことでしょうね。


>私も本田さんのCDを持っており、「今日の日はさようなら」も収録されているので、今さっそく聴いてみました。おっしゃるように違いますね。

あの微妙な違いを感じて下さって大変嬉しく思います。私は、あの歌い方に感動したものですから、その後学校などで先生の歌い方を聴くたび「そこは違うやろー!」と心の中で思ってました。


>あんまり感情移入(うまい歌手にありがち)せず歌ってますから、余計に伝わってくるというのか、感動するわけです。

確かに感情が入ってないような感じがしますね(^^)

私が感じる路津子さんの歌い方は「風のように歌う」歌い方です。風そのものは強弱の違いあれど変わりませんが、天候や地形など、その時の周りの状況によって明らかに違うイメージになってしまいます。

例えば「風がはこぶもの」や「秋でもないのに」と「耳をすましてごらん」や「サルビアの花」ではメロディや歌詞の情景が違うので、歌い方そのものは特に変えてそうにないように聴こえても、実際には明らかに違うイメージの歌声に聴こえてしまうと言うことです。

だからKOSUKEさんがおっしゃるように余計に伝わってくるんだと思います。ワザとらしくないというか素材の良さをそのままにというか…カバー曲も多く歌われてますが、歌声そのものは明らかに路津子さんなのに本家バージョンと聴き比べても全然違和感を感じないんですよ…それが「風のように歌う」ことに因るんじゃないかなあと私は思ってます。


>たぶん何らかの形で音楽に携わっているんでしょうね。

今は日本に戻られて賛美歌シンガーとして活動されているそうです。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/


Re:岡田さんの手紙 2ほか  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月10日(木)21時56分21秒

たつし様 MACKY様

>私もほぼ1年前に仲が良くて好きだった女の子が転校してがっかりした経験があったのでこの歌が強く印象に残ったのです。
 そして3年前にチューインガムの「ゴールデン☆ベスト」を聞いて、初めて原曲を聞いて「本当に彼女達はすごいな」と感動を覚えたのです。

なるほどね、そういう思い出とリンクしていると余計に印象に残りますよね。私も小学校卒業時に、父の転勤で上京が決まった直後に初恋(?)→別れを経験しまして、その頃ヒットしていた因幡晃さんの「別涙(わかれ)」がリンクしており、聴くたびに心のひだをえぐられるようです。でもチューインガムの「ゴールデン☆ベスト」も入手の価値大ですね。

>そして南野さんは「耳をすませてごらん」をカバーしていて…話題がこういう風にリンクしていくところが何ともこのBBSらしいな。

正確には「耳をすましてごらん」なんです。でもナンノさんのカバーはちょっと辞退してほしかったな。あまり耳にする機会もなかったんですけど。これはNHKの朝ドラの「藍より青く」の主題歌で毎日流れておりましたので、私も小2でしだけどはっきり記憶しているんです。作詞があの「岸辺のアルバム」の脚本などで知られる山田太一氏ですからね。普通の歌謡曲とちょっと違うんですよ。どこが、って聞かれると答えるのは難しいけど、「高尚」って一言かな。本田さんしか歌えない領域の曲だと思います。


「耳をすませてごらん」  投稿者: MACKY  投稿日:11月10日(木)21時26分22秒

そして南野さんは「耳をすませてごらん」をカバーしていて…話題がこういう風にリンクしていくところが何ともこのBBSらしいな。

工藤夕貴さんは「親戚という報道もあったけど…」みたいなこともわざわざコメントしてたけど、う〜ん…その他コメントしていた芸能人は、早見優さん(接点がないと思っていたので意外)、松本伊代さん(この人は同じ事務所だから納得)、西田敏行さん、そして宏美さん。弔辞が岸谷五朗さんっていうのもちょっと意外だったな。まあ、ミュージカル女優として評価を得たんだからこそだろうけど。


岡田さんの手紙 2ほか  投稿者: たつし  投稿日:11月10日(木)13時30分50秒

 この歌、私が初めて聞いたのはチューインガムの歌声ではないのです。
22年前の2月、私は当時兵庫県猪名川町のある小学校に通学していましたが
その当時の6年生が「校内音楽会」で合唱していたのを聞いたのが最初でした。
私もほぼ1年前に仲が良くて好きだった女の子が転校してがっかりした経験があったので
この歌が強く印象に残ったのです。
 そして3年前にチューインガムの「ゴールデン☆ベスト」を聞いて、初めて原曲を聞いて
「本当に彼女達はすごいな」と感動を覚えたのです。

 話題は変わりますが、南野陽子さんの発言は、やはりとても仲の良かった友人が
亡くなってショックが非常に大きかったので気が動転していてコメントを述べるのがやっとなんだなとテレビで見ていて、そう感じました。昨日の告別式でのお母さんの御様子も愛娘を早くに亡くされて非常に落胆されている様子が強く伝わってきました。これほどまでに
死を悲しんでくださる人がいるのが、せめてもの救いですね。

 同じ「本田」さんである、本田路津子さんは『一人の手』が好きです。この歌は
路津子さん自身の訳詞です。他にも『秋でもなのに』『風が運ぶもの』が好きです。
『今日の日はさようなら』は森山良子さんファンには悪いのですが、路津子さんの
方が気に入っています。


今日の日はさようなら  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月10日(木)09時38分48秒

卒業式など「お別れソング」としてスタンダードになった「今日の日はさようなら」ですが、私が思い出すのは昭和51年8月8日(日)の「サンスペ」(アシスタントのルシーラ・サントスが卒業の日)で流れた事ですね。
森山良子版でしたが、EDの前に流れました。ルシーラは「もう、本当に一生(今日の事は)忘れません」なんて言ってたけど、本当はすぐに忘れちゃうよね(苦笑)。まあ、その時点での、その気持ちに嘘はないだろうけどさ。

ルシ「(これから行く)シャトルは寒いんですよ」
鶴光「あぁシャトルって所(に行くの)」

という会話にも時代を感じます。

「今日の日はさようなら」、本当に名曲だと思います。本田路津子版も聴きたいです。


誤解をしないであげてほしい  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月10日(木)09時23分24秒

>>KOSUKEさん

昨日、私が再録したナンノちゃんのコメントは意味だけを捉え大雑把に書いた物であり、彼女が発した言葉を完璧に再現してはいません。ちょっとした言葉遣いの違いでも誤解を招くと思い再度、再録します。

◎私を筆頭に、歌の下手な人、努力しない人がいっぱいいるのに、(歌の上手い、努力家の彼女が)何で・・・・・。

◎私のコメント(なんか流す)よりも、その分、彼女の歌をかけてあげてほしい・・・。

ワイドショーの映像をすでに消去してしまったので、これまた記憶を頼りに書いており間違いがあるかもしれません。正しいコメントが判ったら再々度、記入します。
私が「適切でない」と思ったのは、自分だけでなく他の人もひっくるめた言い方に対し、もう少し上手い表現はなかったものか、と感じたまでで、発言の意図は充分理解しています。また、実際に発する言葉を聴くのと文とでは、若干ニュアンスも異なってしまうと思われます。(必ずしもKOSUKEさんが誤解された訳ではありませんが)ナンノちゃんの発言を「生意気」と捉える方もいるかもしれませんが、みなさんくれぐれも誤解のないようにお願いしたいと思います。


本田さん&ナンノさん  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月10日(木)06時46分25秒

 Nisharra様 こうそくひれん1号様

 おはようございます。早速のレスありがとうございました。

>さてさてチューインガムの「岡田さんの手紙」ですが、歌詞的には小学生の放課後の学校での出来事を綴ったものと思いますが、メロディと歌唱力の素晴しさがそれをつつみ込むような出来具合なので、聴いていて爽やかで飽きない曲だと思います。

共鳴して下さる方がいらっしゃることに感動します。「小学生の放課後の学校での出来事」を歌っているのに、決して童謡チックにならず大人の曲としても捉えられそうな出来ですね。

 >実際にモデルになった方がいらっしゃるので、あえて詳細は書きませんが女性です。

やっぱりそうでしたか。どうも「初恋の別れ」みたいな気配はしませんでしたが、実話だけに詞も説得力があるんでしょう。もうちょっと売れていいデュオなのではと思いました。

>当時「みんなのうた」で本田路津子さん「今日の日はさようなら」の歌声を聴いて当時子どもだったのに珍しく凄く感動しました。特に「〜絶えることなく〜」の「ことなく〜」の所と「〜自由に生きる〜」の所の歌い方が他の人と微妙に違いますが、ここに感動しました(ヘンな子どもでした)。

私も本田さんのCDを持っており、「今日の日はさようなら」も収録されているので、今さっそく聴いてみました。おっしゃるように違いますね。この曲は世間的には森山良子さんで知られていて、こちらのバージョンももちろんいいのですが、本田さんは「今日の日はさようなら」も「耳をすましてごらん」(そういえばナンノさんもカバーしてましたね☆)も、あんまり感情移入(うまい歌手にありがち)せず歌ってますから、余計に伝わってくるというのか、感動するわけです。今は帰国してらっしゃるわけですか、たぶん何らかの形で音楽に携わっているんでしょうね。

>「私を始め、歌が下手な人がいっぱいいるのに、何で歌の上手な彼女が・・・」「私のコメントよりも、その分、彼女の歌をかけてほしい」

こういう発言は確かに「常識的」ではないし、そのへんがナンノさんが生意気と評される理由かもしれません。でも私は彼女っていい人だなあと、この2つのコメントだけで感じてしまいました。そういう言葉で見送られる美奈子.さんも幸せなのでは?と思いますよ。


悲しい同窓会  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月10日(木)01時00分15秒

>>kansukeさん

期せずして「80年代アイドル同窓会」となった、本田美奈子.の通夜、告別式。
工藤夕貴も会場を訪れ、インタビューに答えていました。彼女は来世を信じているとかで「生まれ変わって、また歌手になって、また歌を聴かせてほしい」というようなコメントを語っていました。饒舌な彼女らしく、自分の言葉で美奈子.に対する気持ちを切々と語っていました。ところで「映像は見たくない」って、何で?


>>KOSUKEさん

必然的に「美奈子.ネタ」が多くなっていますが、変に湿っぽくならないためにも、いろんな話題の提供、よろしくお願いします。


追伸  今、テレ朝「三竹占い」に吉井怜が出演し、元気な姿を見せてくれてます。
    怜ちゃんには、つくづく「良かったねぇ〜」と言ってあげたくなります。


岡田さん&本田さん  投稿者: Nisharra  投稿日:11月10日(木)00時21分15秒

KOSUKEさん
>チューインガムの「岡田さんの手紙」という曲が流れました。この曲は全く知らなかったのですが、私不覚にも涙があふれてしまいました。

私がこんなこと言うのも何ですが「チューインガム資料室」の掲示板に、そういうコメントがあると、恐らくファンの皆さんが大いに喜ばれることと思います(^^)b

さてさてチューインガムの「岡田さんの手紙」ですが、歌詞的には小学生の放課後の学校での出来事を綴ったものと思いますが、メロディと歌唱力の素晴しさがそれをつつみ込むような出来具合なので、聴いていて爽やかで飽きない曲だと思います。

余談ですがチューインガムの曲で、他におなじように放課後の学校での出来事を綴った似たような情景の曲で「校庭にて」という曲もありますが、私はその曲が好きです。ちなみに「チューインガムゴールデンベスト2」に収録されています。


>その人が男か女かは詞からはわかりませんでしたが・・・

実際にモデルになった方がいらっしゃるので、あえて詳細は書きませんが女性です。


>本田路津子さん

当時「みんなのうた」で本田路津子さん「今日の日はさようなら」の歌声を聴いて当時子どもだったのに珍しく凄く感動しました。特に「〜絶えることなく〜」の「ことなく〜」の所と「〜自由に生きる〜」の所の歌い方が他の人と微妙に違いますが、ここに感動しました(ヘンな子どもでした)。

ちょうど聴いた時が放送の最終日だったのか「もう一度聴きたい」と思いながらも果たせず、再放送(があったのか知りませんが)にも縁が無く、随分経って大人になってから本田路津子さんのCDで久々に聴きましたが、こんな細かいことを数十年忘れないくらい感動したのです。

曲としては「風がはこぶもの」が好きですが、他には「エレストゥー〜あなたなしでは〜」という曲が、その後の本田さんの進路を示したかのように感じる曲で大変印象深いです。確か今は日本に戻られているかと思います。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/


「岡田さんの手紙」  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月 9日(水)23時24分40秒

 (本田美奈子.さんの話題で盛り上がっている時に場違いかもしれませんが)
 今日NHK-FMで70年代の歌謡曲が流れるということで聴いておりました。そこで、10日ほど前にこの掲示板で話題になっていたチューインガムの「岡田さんの手紙」という曲が流れました。この曲は全く知らなかったのですが、私不覚にも涙があふれてしまいました。チューインガムの歌唱があまりにも素晴らしかったからなのか?岡田さんという人が(おそらく転校で)遠いところに行ってしまうという内容です。その人が男か女かは詞からはわかりませんでしたが・・・チューインガムの歌唱が小学生と思えないほど素晴らしい。「風と落葉と旅びと」(16位、10万枚)と「ゴリラの唄」しか知りませんでしたが、まあなんでこんないい歌がチャートインしなかったのでしょう?ついでに本田路津子さんの「耳をすましてごらん」(11位、22万枚)美奈子.さんも上手いけど、この方も上手すぎます。見方によっては日本の女性歌手No.1かも。感動させられました。


(無題)  投稿者: kansuke  投稿日:11月 9日(水)20時31分30秒

>こうそくひれん1号さま
映像は見たくないので、知りませんがワイルドキャッツのメンバーや、工藤夕貴さんのコメントはあったのでしょうか?


親友のコメント・2  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月 9日(水)20時23分46秒

今朝の速報では、その一部しか伝えられませんでしたが、他にもいろいろ語ってますね、ナンノちゃん。
中でも「私のコメントよりも、その分、彼女の歌をかけてほしい」は、他の誰の言葉よりも重みがありました。その気持ちを酌んだのか、「アメイジング・グレイス」がよく流れてますね。


親友のコメント  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月 9日(水)05時21分11秒

昨夜のお通夜にナンノちゃんが現れ、インタビューに答えていました。

「私を始め、歌が下手な人がいっぱいいるのに、何で歌の上手な彼女が・・・」

あまり適切なコメント(言い方)とは思えないし、混乱していたのかもしれないけど、形式的な言葉を並べている人たちより、ずっと胸に響く「友の本音」でした。


美奈子さんの思い出2  投稿者: kansuke  投稿日:11月 8日(火)22時21分29秒

Temptation(誘惑)のレコードに付属してた、ジャケ写のステッカー(羽毛を無造作に放り投げてるやつ)オーディオラックに張り付いたままです。


「Temptation」  投稿者: MACKY  投稿日:11月 8日(火)22時17分30秒

とてもファンとは言えなかった私でも、いまだにこんなにひきずっている(年齢が近いせいもあるけど…)んだから、ずっとファンだった方や、芸能界の方たちのショックは計り知れないものがあるだろうと…その中でも特に宏美さんの追悼コメントは痛ましくて…

そんな中、「Temptation」があちこちで名曲との評価が高いのは、なんか救われた思いが…


ひとりでお通夜、やってます  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月 8日(火)21時14分22秒

夭逝のアイドル歌手というと遠藤康子、岡田有希子、堀江しのぶ、志賀真理子、モーリなどが思い出されますが、今回の一件がこれまでに比べてよりショックなのは本田美奈子.が現役の大スターで、馴染んだ期間も長かったからという事でしょうか。
更に8月に放送された2つの特番の存在も痛かった。ぬか喜びさせられたというか、アレがなければ「ふ〜ん。やっぱり白血病には勝てないんだねぇ。お気の毒」ぐらいにしか思わなかったかも。
今更、なんだけど、何で死んじゃったのかねぇ・・・。1年前は元気だったのに・・・。ちょっと前まで生きていたのに・・・。
本田美奈子といえば「好きと言いなさい」。好き!・・・・・と言いたい時に、美奈子.はいない。どこにもいない。もういない。ショック!。人が死ぬって、こういう事なんだね。
壁紙で微笑む美奈子.。また悲しさが募ります。


ナンノ、しっかり!  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月 8日(火)05時20分23秒

同期、同級、先輩、後輩などから美奈子.ちゃんに対して、多くのコメントが寄せられているようです。でも、一番の友達であるはずのナンノちゃんのコメントがありません。
何でも、ショックが大きすぎて、とてもコメントが出せる状態ではないとか。
美奈子.ちゃんの死も悲しいが、ナンノちゃんの事が気がかりです。


美奈子さんの思い出  投稿者: kansuke  投稿日:11月 7日(月)22時18分48秒

は、東芝ホットカーペットだったか暖房器具のCMで三田佳子さんと出演してたのを思い出します。当時何故、暖房器具のCMソングがTemptationなのか不思議に思ってましたが、系列のレコード会社なのでどちらかの社が強引に推し進めたのでは、と後で気付きました。
スターマル秘報告の、寝起きシリーズでも寝ぼけ眼で、Temptationのサビを歌ってたのがとても可愛らしかった。
涙・涙…


「殺意のバカンス」  投稿者: MACKY  投稿日:11月 7日(月)21時28分2秒

昨夜から頭の中では「殺意のバカンス」(詞を知らないんだけど…)と「Temptation」が繰り返し…

「.」を付けたのは某売れっ子占い師のご宣託、というのは本当かな?だとしたらあまりにも…


各社見る目がなし。  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月 7日(月)21時20分21秒

こうそくひれん1号様

>でもオーディションの結果は、みなさんご承知の通り。どうして駄目だったんでしょ?。ピンクレディーが「君スタ」で落ちたように、すでに完成されすぎて面白みがなかったのかな?。しかし結果的に大スターなった事を考えると、やっぱりスカウトの見る目がなかったんだねぇ。

こんばんは、スタ誕決戦大会ではご指摘の通り「大外し」がしばしば行われていました。彼女の所属事務所の(元?)ボンドはこの番組に参加していなかった、レコード会社の東芝EMIは(挙手しなかった理由を)ごまかしてましたが。前も伺った岡田有希子さんが4社、小泉さんと柏原さんが3社。これだけでスカウトマンがいかに見る目がなかったかがわかります。私もこの会での美奈子.(ホントに短期間の芸名?だったんですね)さんは以前に見ましたが、間違いなく挙手しますよ。それとは反対に清水由貴子さんや黒木真由美さんはいずれも15社の挙手。
 どうしても本質じゃなくて、表面的なパフォーマンス(例えばギターやインディアンスタイル)に気をとられていると感じますね。それ以外にも何でこんな人が合格?って例は無数にあり、現実に成功していません。PLなんかは「君スタ」で落選した時の教訓を踏まえ、スカウトの「素人っぽさに弱い」という傾向を見事見抜いたんでしょうね。あの赤と青のオーバーオールで来られたら、挙手しちゃいますよ(笑)。


逃した魚は大きい  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月 7日(月)20時20分43秒

今日のワイドショーのトップは、どこも「美奈子.ネタ」。
各局とも自前の映像ストックを駆使し報じていましたが、日本テレビは「スター誕生!」のオーディションシーンを使っていました。
久しぶりに見ましたが、やっぱりカッワイイですねぇ、15歳の美奈子.ちゃん。顔は松田聖子にそっくり。意識してやってるんだろうけど、髪型は「聖子ちゃんカット」。何て歌か知らないけど、「♪エンゼルフィッシュみたーいな気分な〜の」という選曲もノリがいい。挑戦者というより、新人がデビュー曲を唄っているようでした。
でもオーディションの結果は、みなさんご承知の通り。どうして駄目だったんでしょ?。ピンクレディーが「君スタ」で落ちたように、すでに完成されすぎて面白みがなかったのかな?。
しかし結果的に大スターなった事を考えると、やっぱりスカウトの見る目がなかったんだねぇ。


美奈子.さん  投稿者: TK  投稿日:11月 7日(月)15時30分42秒

昨日からものすごくショックで・・・。
訃報を知ってからしばらくは呆然として、あまり実感が無かったんですが、
テレビ等で彼女の事が流れてから、あまりにも悲しくて、ずっと号泣していました。
今朝も昼も、涙が止まりませんでした。

あれほど、一生懸命だったのに・・・。治る事を誰よりも信じてきた彼女だったのに。

本当に悔しいです。

今は、彼女の事を思い出しながら、彼女が残した作品をじっくり聞きたいと思います。

http://yaplog.jp/idol-pops/


本田美奈子.  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月 7日(月)04時41分36秒

ごめんなさい、「本田美奈子.」ちゃんでしたね。
ホンの一月前に「人の名前は間違わないように」って言ったばかりなのに。


お悔やみ  投稿者: Shigeru  投稿日:11月 7日(月)00時00分36秒

本田美奈子さんのご冥福を心より
お祈り申し上げます。


...  投稿者: とろりん村のとろり  投稿日:11月 6日(日)23時40分30秒

本田美奈子さんの死を今知りました。
あまりのことに、言葉も出ない...


本田美奈子さん  投稿者: とろりん村のとろり  投稿日:11月 6日(日)23時13分21秒

心から、ご冥福をお祈りします...


悲しくて悔しい  投稿者: よっかー  投稿日:11月 6日(日)22時13分2秒

悲しすぎて何も考えられない。


・・・・・・・・・・  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月 6日(日)20時23分16秒

昼過ぎに訃報を聞きました。本当に何と言ってよいやら・・・・・。
1年前、昨年の末に発売された「別冊ザ・テレビジョン ザ・ベストテン」に美奈子ちゃんのグラビアとコメントが載っています。恐ろしい病気が見つかったのは、この一ヵ月後です。この時すでに病魔に侵されていたのだと思いますが、美奈子ちゃんは素敵に微笑んでいます。そして語っています。

「『ザ・ベストテン』では1位を取ったことがないんですよ。(中略)これからの人生で1等賞を取りたいなって思っています(笑)」

しばらく前にテレビで元気そうな姿を見せてくれて、もうすぐ復帰かな、と思っていたのに・・・・・。
そして今日、とうとう遠い所へ行ってしまった・・・・・。
美奈子ちゃん、さようなら。そして僕から贈るよ・・・・・

今週の第1位、本田美奈子!!。9999点!!


連投スマソ  投稿者: kansuke  投稿日:11月 6日(日)19時54分14秒

悲しくていられないのです。
悲しいといえば、「悲しみスイング」のマネキンと踊ってたのも、思い出しちゃった。(涙


美奈子さん  投稿者: kansuke  投稿日:11月 6日(日)19時01分40秒

たった今、事実を確認しました。
デビュー曲の「殺意のヴァカンス」からシングルレコードを全てコレクションし(ワイルドキャッツ除く)アルバムも「オーヴァーシー」「リップス」「キャンセル」などを所持しするまでに至ってます。
「1986年のマリリン」「Sosotte]から「クレイジーナイツ」辺りが最高にヴレイクしてたと思います。その時代はバブル真っ只中で、本当にいい時代でした。
一時、快方に向かってたのに…。当時古館伊知郎さんがお尻美人と揶揄してましたっけ。
若いと進行も早いのですね。堀江しのぶさんや夏目雅子さんもそうでしたね。

最後に、「私の好みのタイプは、手のひらで私を遊ばせてくれるヒト」と言ってて、俺じゃ駄目だと思ったことで終わります。
さよなら。


御冥福をお祈り致します…  投稿者: Nisharra  投稿日:11月 6日(日)18時11分20秒

>本田美奈子さん

さすがに皆さん書き込みが早いですね。

シズカさんも書かれている通り回復傾向にあったと聞いてましたのでビックリしました。御冥福をお祈り致します…。

本田さんといえば「ヘソ出しルック」でしたが、人々の多くが徐々に過激さに麻痺して来てるかのような昨今、あの頃はヘソ出しが話題になるような、何かに緩やかな時代だったんだなぁと当時が懐かしく思えました。今思えば1985年前後は色んな意味で良い時代でしたね…。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/


ご冥福をお祈りいたします  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月 6日(日)17時37分36秒

 惜しい歌手を亡くしました。38歳での死はあまりにも早すぎます。合掌。


(無題)  投稿者: あきら  投稿日:11月 6日(日)17時28分47秒

本当に残念ですね。自分のブログでも励ましの意味を込めてつい数週間前にデビュー曲の記事を書いたばかりだというのに...。


お悔やみ申し上げます。  投稿者: シズカ  投稿日:11月 6日(日)17時22分6秒

一時、回復傾向にあったと聞いていました。
マリリン、どうか安らかに・・・。

オフィシャルサイト
http://minako-channel.com/


信じられない!  投稿者: kansuke  投稿日:11月 6日(日)16時50分18秒

まさか美奈子さんが逝くなんてびっくり。マジで!?今電車なので家で確認したらまた来ます。


合掌・・・  投稿者: 健二  投稿日:11月 6日(日)15時29分53秒

皆さん、ご無沙汰しております。
本田美奈子さんが亡くなられました。このBBSでも励ましの投稿がありましたが、ついに帰らぬ人になってしまいました。安らかにお眠りくださいと言うしか言葉が見つかりません。


おれは男だ!3  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月 6日(日)14時01分40秒

Shigeru様 たつし様

 こんにちは。このドラマにフォーリーブスが出てたのは覚えてるけど、ゴールデンハーフ・シンシア・野村将希さんが出ていたのは記憶にないですね。私が小学校に入った年の放送でしたけど、再放送もしょっちゅうやっていたのに・・・この主題歌「さらば涙と言おう」も超・名曲だと言えますね。ゴールデンハーフに関しては、当時出してる曲がカバーとは知らず、全部彼女たちのオリジナルだと思ってました(苦笑)。だって「黄色いサクランボ」も「24,000回のキッス」もオリジナルより彼女たちの方がいい(笑)ですし。「一度だけなら」は♪一度だけなら 許してあげる 何を許してあげるのか当時わかりませんでした。掃除をさぼったことでも許してくれるのかな、というレベルの発想(苦笑)で・・・。


おれは男だ! 2  投稿者: たつし  投稿日:11月 6日(日)09時23分1秒

>Shigeruさん

 『おれは男だ!』にゴールデンハーフやフォーリーブスが特別出演していたこともありましたし、サンミュージックの後輩、野村将希(真樹)さんが森田さんのクラスメイトで
出演していたこともありますし、まるで青春ドラマというよりアイドルドラマですね。
 余談ですが原作は少女漫画なのです。


おれは男だ!  投稿者: Shigeru  投稿日:11月 5日(土)20時41分39秒

「おれは男だ」といえば1972年のお正月に南沙織さんが出演したのがやはり思い出されますね〜(笑)私は家族で行った有馬温泉の保養所で見た映像を今でもはっきり覚えています。
ホールのようなところで「潮風のメロディ」を歌うシンシア
カワイかった〜!
http://www.vap.co.jp/otokoda/list.html
ビデオも出てますが全巻購入するのはちょっと厳しい!
な〜んていうと他のサオリスト叱られそうだけど(笑)


すみません  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月 5日(土)19時36分5秒

ごめんなさい、あわてて書いたもので「シズカ様」を入れ忘れてしまいました。


(無題)  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月 5日(土)19時29分51秒

こうそくひれん1号様

>リリーズの「味噌ラーメン」はぎりぎりセーフだと思いますが、やっぱりイメージ重視で可愛らしい物にしとく事が多かったですよね、アイドルの好きな食べ物って。
最近でもそのような風潮は残っているようです。ただ昔と違い、バラエティー番組などで「本当は○○が好き」と正直に語るアイドルは多くなりましたね

その辺は規制緩和?でずいぶん本音志向というか、本音が許されるようになってきましたね。

>奈々さんの「青春の坂道」、「手編みのプレゼント」はとっても好きでした。
その昔、TVで真理ちゃんが「私はおならをしません!」と胸を張って答えていたのを思い出しました。
アイドルだった皆様方には素敵な歳の重ね方をしてほしいものです。

強いていえば奈々さんはプラス「若い季節」ですね。「青春の坂道」「若い季節」「手編みのプレゼント」は松本隆氏の入魂が感じられる「青春三部作」だと捉えています。
 しかし真理さんも自分でそんなことを・・・最近全く見かけないので、自分のことの次に(笑)心配になります。一時ハジケてたのが結果的にマイナスだったかのように、(最近バラエティーも見てないけど)全く出てませんよね?また心を病んだのかとか、よからぬ想像をしてしまいます。同じ「時間ですよ」出身の美代子さんとあまりにも差がつきましたよねー。


アグネスは鳩が食べたかった。  投稿者: シズカ  投稿日:11月 5日(土)13時24分56秒

KOSUKE様 レスありがとうございます。
そう言えば、ザ・リリーズは北海道出身でしたね。
食事系はOK?
イメージとしては(私の希望としては)「味噌ラーメン」よりは「サンドイッチ」のほうが
可愛い彼女達には似合ってるかなと思ったわけです。

タブーは酒の肴ですか(笑)。
仰るとおり 豚足、イカゲソなんてのはイメージ壊れますね。

>事件もショックだったけど、「トイレにも行かない」なんて噂(もちろんジョークでしょうが)もあった「清純派」の奈々さんの人気がこの事件で急落したのが可哀想でした。

奈々さんの「青春の坂道」、「手編みのプレゼント」はとっても好きでした。
その昔、TVで真理ちゃんが「私はおならをしません!」と胸を張って答えていたのを思い出しました。
アイドルだった皆様方には素敵な歳の重ね方をしてほしいものです。


あのドラマ(映画)にあの歌(アイドル)が  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月 5日(土)13時15分30秒

>>THさん

昔のドラマではゲストの持ち歌が流れる、なんて事がよくありましたね。
「俺たちの旅」の第22話「少女はせつなく 恋を知るのです」は、岡田奈々が主役のエピソードになっています。奈々ちゃんはゲストではなくレギュラーですが、注目すべきは挿入されている新曲「青春の坂道」です。この「青春の坂道」、微妙に歌詞が違い(もちろんアレンジも)、レコードとは別バージョンになっています。まったく、どこにマニア注目のお宝映像(資料)が隠れているか分かりませんね。


>>たつしさん

何ーッ!?ルンルンが「NANA」に!?。まったく、どこにアイドルが隠れているか分かりませんね。


>>シズカさん、KOSUKEさん

リリーズの「味噌ラーメン」はぎりぎりセーフだと思いますが、やっぱりイメージ重視で可愛らしい物にしとく事が多かったですよね、アイドルの好きな食べ物って。
最近でもそのような風潮は残っているようです。ただ昔と違い、バラエティー番組などで「本当は○○が好き」と正直に語るアイドルは多くなりましたね。


味噌ラーメンでも許されるのでは?  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月 5日(土)11時22分3秒

 シズカ様

> アイドルの好きな食べ物・・・ザ・リリーズは1976年のPBで「味噌ラーメン!」と答えています。その頃はまだ、それほどうるさくなかったのかな?
やはり、「味噌ラーメン」よりは「サンドイッチ」の方が可愛いですね。

こんにちは。ザ・リリーズは北海道出身だし、「味噌ラーメン」は全然問題ないと思いますよ。いや、他の県出身の人でも(問題はない)。「サンドイッチ」はひとつの例でしょうね。私が思うに、タブーな食べ物っていわゆる「酒のサカナ」では?例えばスルメイカとか・・・そんなのを好きな食べ物に挙げるアイドルもいないかもしれませんが(笑)。

>「岡田奈々事件」、そういえばありましたね。ショックでしたね!

事件もショックだったけど、「トイレにも行かない」なんて噂(もちろんジョークでしょうが)もあった「清純派」の奈々さんの人気がこの事件で急落したのが可哀想でした。


「るんるん」って呼ばれてた!  投稿者: シズカ  投稿日:11月 5日(土)10時55分16秒

とっても元気な宍戸留美さん。声が可愛かったです。
ラジオからしかふれ合いが無く、未だに顔を知らないんだよな〜。
(ネットで見ろ!って?ごもっともです)
「ナクヨアイドル平成2年」は聴いたことはあるとは思うけど、記憶に無いです。
聴けば分かるかも・・。

アイドルの好きな食べ物・・・ザ・リリーズは1976年のPBで「味噌ラーメン!」と答えています。
その頃はまだ、それほどうるさくなかったのかな?
やはり、「味噌ラーメン」よりは「サンドイッチ」の方が可愛いですね。

「岡田奈々事件」、そういえばありましたね。ショックでしたね!


宍戸留美さん  投稿者: たつし  投稿日:11月 5日(土)08時54分13秒

 彼女は、現在、大人気の映画『NANA』にも出演しています。多分、ヒロインの
宮崎あおいさんのアルバイト先の上司の役だと思います。
 ちなみに宍戸さんは10年前に『NANA』の原作者、矢沢あいさんの漫画『ご近所物語』がアニメ化された時に主演為さっています。


いましたね。宍戸留美  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月 5日(土)05時35分33秒

こうそくひれん1号様

 おはようございます。早速のご回答ありがとうございました。ああ、宍戸留美ね。
ロッテCMアイドルから出てきた娘ですね。メガロポリス歌謡祭で田中陽子と新人賞
をもらった時くらいしか、歌ってるところ覚えてませんけど。「ナクヨアイドル平成
2年」はラジオのスポットで一部を聴いたことがある程度です。
 あと熊田さん、そのCMも知りませんなあ。申し訳ないんだけど、今のアイドルって
全くといっていいほど興味持てないんです。ミもフタもなくてごめんなさい。


一応、答えておくと  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月 5日(土)01時47分1秒

>>KOSUKEさん

あの歌はですねぇ、宍戸留美チャンの「ナクヨアイドル平成2年」という歌です。
もうあれから15年も経つんだなあ。「ナクヨアイドル平成17年」のタイトルで、小倉優子チャンがリメイクしてくれないかなあ。
熊田曜子はね、「アコム」のCMで「品庄」と赤い車に乗って、車庫入れしてる娘です。なかなかイケてるでしょ?興味持った?


有難う御座います  投稿者: take  投稿日:11月 4日(金)23時19分3秒

TH様
有難う御座います,早速あす探してみます。
父の愛情を感じずに育ち,父の世代になり,何と無く聞いてみたく成ってます。


親父にさよならが見られるDVD  投稿者: TH  投稿日:11月 4日(金)21時43分47秒

今までROM専でしたが、初めて投稿します。
「親父にさよなら」は森田健作の「おれは男だ!」の第10話に、自分の父親を回想するシーンで使われています。DVDも出ていますので、見てみてはいかがでしょう。
「おれは男だ!」は、結構歌謡曲が挿入されているシーンがよく登場します。しかも、本人が登場しまるでプロモのようになる時も。有名処では、ゴールデン・ハーフ、フォーリーブス、水前寺清子、野村真樹など、有名じゃない人では、ジューク・ボックス(カルト歌謡グループらしい)、宮野涼子(70年ミス・セブンティーンの優勝者らしい)などが登場します。


誰の歌ですか?  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月 4日(金)18時54分21秒

 こうそくひれん1号様

 こんばんは。その「アイドルの本音の歌」というのは存じませんが、どなたの何て曲ですか?熊田曜子さんという人も存じません、もっとも興味もありませんが。


購入キボンヌ  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月 4日(金)10時59分57秒

本日の「はなまるカフェ」は石野真子ちゃんがゲストでした。
以前、TBSのスタッフに「アイドル時代の映像を、全く持っていない」と話したら、「全員集合」の全出演シーンをテープにまとめて、贈られたそうです。役得だなぁ。
真子ちゃん!それをDVDにコピーして売ってくれ!俺は買うぞ!


>>KOSUKEさん

アイドルの本音の歌といえば、こんなのがあったな。

♪できたてのアイドル 私 実は普通の娘
 だけどダメ アイドル Hな事 訊かないで
 好きな人いたけど もちろんキスもしてません
 バリバリのアイドル 私生活は教えません
 (中略)
 ニコニコ笑って 優等生 演じなくちゃ
 (中略)
 アイドルはわがまま ケロリコロリ気が変わる
 あの人は大嫌い だけど会えばお友達
 (中略)
 でもでもドラマじゃ お嬢様で
 ニコニコ笑って 恥ずかしいわ 知りませんわ
 (後略)

アイドルも大変なんだな。

大変といえば真子ちゃんは大層怖がりで、防犯にはかなり気を使っている、というような話をしていました。同時期のアイドルで「岡田奈々事件」なんてのもあったし、そりゃ怖いよなぁ。
最近のアイドルでは熊田曜子が特に防犯に気を使っているようです。昼でもマンションのカーテンは絶対開けず、夜に帰った時も30分くらいは電気(照明)は点けないそうです(部屋の位置を知られるから)。んな大袈裟な、と思う向きもあるかもしれませんが、いや大変結構な心掛けですね。アイドルも3K(キツイ、キケン、キレイ)なのです。


ありがとうございます  投稿者: take  投稿日:11月 3日(木)22時38分35秒

KOSUKE  さん
早速の情報有難う御座います,無駄とは思いますが明日にでも探してみます。

もう一度聞きたいのですが何方か情報お持ちの方おいででしたら,宜しくお願いします。
森本レオの”親父にさよなら”・・・・


身代わり出場(?)について  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月 3日(木)22時13分13秒

こうそくひれん1号様

>よくオーディション出身者が「自分じゃなくて、父親が応募した」とか「友達の代わりに出た」なんて言いますよね。ひどいのになると杉田愛子みたいに「誰が応募してくれたのか分らない」なんてのも。でも、ああいう話って本当なんでしょうか?
(応募した)友達が出られないからって代わりに出る必要はない訳だし、元々芸能人志望でなければ苦痛を感じてまで歌手活動を続ける必要もないし・・・・・なんか妙です。

そうですね、私はありうると思いますよ。別に芸能人になりたい訳じゃないけれど、1回TVに出てみるのも悪くないなんて誰しも思うでしょ?私事で恐縮ですが、「NHKのど自慢」の予選が地元に来るということで、母が(私を含め)会社の人とかありとあらゆる人の名前を葉書に書いて応募したんです。そしたらなぜか私だけ抽選を通って、予選まで通ってTVで歌ったなーんてこともありました。小学校の時からとにかく私は「TVに出る」のが目標でアナを目指してましたし、一応その夢は果たせたわけです。でも杉田さんのは信じられないなあ。彼女は決戦大会でも真剣そのもの、ってノリだったし。挙手の時は大泣きしてましたよ。

>ただ、プロフィールはアレンジが加えられている事が多いですね。本当はニンニク味噌ラーメンが好物でも「好きな食べ物 イチゴ」となっていたり、ホリプロの場合、尊敬する歌手が必ず「和田アキ子」だったり。

アイドルにありがちですよね。ミミさんもインタビューで好きな食べ物と聞かれたら、「サンドイッチと答えるように」と事務所から言われていたそうです。ニンニク味噌ラーメンや焼き芋が好物でもいいんだけど、♪イメージが大切よ 清く正しく美しく ですから仕方ないのかも。


Re:苦痛だった歌手活動  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月 3日(木)21時41分30秒

>>KOSUKEさん

よくオーディション出身者が「自分じゃなくて、父親が応募した」とか「友達の代わりに出た」なんて言いますよね。ひどいのになると杉田愛子みたいに「誰が応募してくれたのか分らない」なんてのも。でも、ああいう話って本当なんでしょうか?
(応募した)友達が出られないからって代わりに出る必要はない訳だし、元々芸能人志望でなければ苦痛を感じてまで歌手活動を続ける必要もないし・・・・・なんか妙です。
昔、桂三枝の新作落語で、何も苦労話がない新人演歌歌手がデビューするにあたりエピソードを作る、という話がありました。「貧乏だった事にする」とか「借金だらけだった事にする」とか。まんざら落語だけの話ではなく、演歌の世界では現実にこんな事がありそうですが、アイドルの世界ではどうなんでしょう?。アイドルには変なエピソードは必要ないと思いますが。
ただ、プロフィールはアレンジが加えられている事が多いですね。本当はニンニク味噌ラーメンが好物でも「好きな食べ物 イチゴ」となっていたり、ホリプロの場合、尊敬する歌手が必ず「和田アキ子」だったり。石毛礼子は郷ひろみのファンだったそうですが、あれはどうなんでしょう。バーニングの先輩だしなぁ・・・・・。


>>よっかーさん

「それでも命をもらった歌たちが好き」か、いいこと言うねぇ。やっぱりあなた「タダモノ」じゃないよ。


森本レオさんでは?  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月 3日(木)11時13分6秒

take様

>とうさんさよなら,とうさんで始まり,
色んな父の悲哀を歌い,例えば,男は妻の他に女を持つのが男の甲斐性と言いながら,一生持てなくて,亡くなったとうさん,さよならとうさん・・・・・
その当時山本コウタローの馬の歌が流行ってたのを覚えてます。

はじめまして。「走れコータロー」と同時期ということで間違いないはずですが、その曲はあの森本レオさんの「親父にさようなら」という曲だと思われます。リアルタイムでは覚えていませんが、20年ほど前TBSラジオの懐メロ紹介の深夜番組「今夜もセレナーデ」でかかっていて、印象に残りました。レオボイスだから当然でしょうね。ちなみに1970.7.5発売、最高83位を記録しております。


はじめまして,探してます  投稿者: take  投稿日:11月 3日(木)10時31分4秒

私の遠い昔の青春時代の絵夢さんを未だに探し続けてます(と言っても心の中で),あと一つ有るのですが,歌手名&曲名が判らないで探してます,何方かご存知の方はお知らせ頂ければ幸いです。
歌詞の一部しか覚えてません・・・
とうさんさよなら,とうさんで始まり,
色んな父の悲哀を歌い,例えば,男は妻の他に女を持つのが男の甲斐性と言いながら,一生持てなくて,亡くなったとうさん,さよならとうさん・・・・・
その当時山本コウタローの馬の歌が流行ってたのを覚えてます。


歌手活動時代を酷く言うつもりはなし。  投稿者: KOSUKE 投稿日:11月 3日(木)05時08分49秒

よっかー様

 気持ちはわからなくもないけど、エピソードとして語ってるだけですよ。それは過剰反応です。何も歌手活動を酷く言うつもりなんて毛頭無いし、裏話をすることでその曲の価値が下がるとかいうことはないと思うのです。


それでも命をもらった歌たちが好き。  投稿者: よっかー  投稿日:11月 3日(木)00時33分53秒

仕方なく唄った。女優になりたかったけど唄わされた。歌より芝居をやりたいから歌は辞めた。

色々と理由はあれど、それでも、おかげで命を吹き込まれた歌が世の中に出て、私の耳に届いて好きになった歌も数多くあります。
今になって裏話はいいけど、頼むから「歌手活動時代」をあまり酷く言わないで欲しいよなぁ。


苦痛だった歌手活動  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月 2日(水)23時23分27秒

こうそくひれん1号様

 >今朝、書き忘れましたが、片平なぎさは元々女優志望だったらしいので、あれで良かったんだと思います。

こんばんは。彼女はもともとスタ誕も友人の身代わりで受けた状態だったらしく、とにかく歌手をやっているのが苦痛でしょうがなかったらしいです(夜ヒットの再放送なんかで見ると、そんな気配は微塵も感じさせないので、そこはプロだと思いますが)。だからデビュー3年後のS53年、ホリプロとの契約更改で「歌はやめたい」と申し出たらしいですよ。ちなみに橋本美加子さんも「女優への手段」として歌手になったと、デビュー当時「オリコン・ウィークリー」で語っておりましたが、これは?ですね・・・。


ワシもそう思う  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月 2日(水)17時37分3秒

>>KOSUKEさん

今朝、書き忘れましたが、片平なぎさは元々女優志望だったらしいので、あれで良かったんだと思います。


「逃避行」と「純愛」考察  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月 2日(水)08時16分48秒

こうそくひれん1号様

>片平なぎさって実年齢より大人っぽく見えましたよね。デビュー1年目こそ年相応に可愛らしかったんだけど、すぐにアダルティになったというか・・・。
大人っぽくなったと言えば聞こえはいいけど、老けが早かった訳で、こういうのってアイドルとしては致命的。アイドル歌手として、もう一つ伸び悩んだのは、ここいらが原因で、ファンもついていけなかったんじゃないかな。

おはようございます。私は逆に、アイドル歌手として伸び悩んだその原因が現在の女優業にはプラスに作用したと思ってますよ。よくアイドルから大人のタレントヘの切り替えに失敗して消えていくアイドルが多い中で、なぎささんが脱皮できたのは大人っぽさは大きいと読んでいます。

>「なぜ?」って言われて、「『純愛』って逃避行じゃなかったのかなあ」と思っちゃいました。私も物忘れは激しいんですよ。「鶏は三歩、歩くと忘れる」なんて言いますが、私なんか「一歩」で今、考えていた事を忘れる事があります。
ナギに遅れる事30年。ようやく我々も「大人」になってきたんでしょうか。

(あくまでも私の場合ですが)「大人」になる前に老化がやってきたという感想です。「逃避行」は男と女が逃げる約束をしていたのだけれど男は来なかった、それに対して「純愛」はあくまでも少女の片想いで、男が1人で逃げようとしている、という違いはあると思いますよ。だから「純愛」=「逃避行」ではないという印象なんですけどね。しかしこういう体験って特別な人だけがするんだろうと思っていたら、その通りになって(笑)40になってもこのような体験には至らず、です。だからと言って「子供」でもないのかもしれませんが。


♪この頃とってもキミは 大人っぽくて  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月 2日(水)05時23分8秒

>>KOSUKEさん

片平なぎさって実年齢より大人っぽく見えましたよね。デビュー1年目こそ年相応に可愛らしかったんだけど、すぐにアダルティになったというか・・・。
大人っぽくなったと言えば聞こえはいいけど、老けが早かった訳で、こういうのってアイドルとしては致命的。アイドル歌手として、もう一つ伸び悩んだのは、ここいらが原因で、ファンもついていけなかったんじゃないかな。
ちなみに同い歳なのに榊原郁恵が一ツ木学園のナッキーだった頃、ナギは朝日丘学園の今井先生でした。

「なぜ?」って言われて、「『純愛』って逃避行じゃなかったのかなあ」と思っちゃいました。私も物忘れは激しいんですよ。「鶏は三歩、歩くと忘れる」なんて言いますが、私なんか「一歩」で今、考えていた事を忘れる事があります。
ナギに遅れる事30年。ようやく我々も「大人」になってきたんでしょうか。


「名曲の時間です」  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月 1日(火)22時32分37秒

 只今見たところです。サッコさんも西崎さんも全く衰えていない歌唱力が素晴らしいですね。それにしても麻生さんのうまさはちょっと性質が違うというのか。こういう歌手が評価される歌謡界であってほしいのですが・・・でも秀樹さんに時間割きすぎです。あの体型で「激しい恋」を歌われてもね・・・むくれ過ぎ。でも当時ノーパンだったとは・・・。

 こうそくひれん1号様

 失礼しました。今さっき書いたことも忘れるほどのアルツ状態でして。麻生さんが18歳で「逃避行」を歌っていたからなぎささんの「純愛」の話を持ち出されたわけですね。でも天馬ルミ子さんも「教えてください、神様」で13歳にして♪好きな人にはすべてをあげても 構わないものですか なんて歌ってました。中1でこの歌詞は許されるモンでしょうか?


初めてお邪魔致します  投稿者: 葵侍  投稿日:11月 1日(火)18時31分42秒

こんにちは。私は里見浩太朗EP「富士山御神火音頭」カセットテープ「夢がたり(風のえれじい)」「宵祭(なあ恋よ)」「風が吹く時も」「流れ坂」「しあわせ」「おとこの歳月」8シングルCDとカセット「ふたりみち(再会物語)」「恋草子(蘇る愛)」ビデオ「華翔」その他グッズ等を集めています。情報をお持ちの方お教えください。
ちなみに名曲の時間見ました。西崎みどり(緑)さんの旅愁が好きです。


片平なぎささん  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月 1日(火)17時45分47秒

こうそくひれん1号様

 またなぜ突然「純愛」の話題に?キャッチフレーズが安易にも「花のフィフティーン」でしたから中3か・・・この作詞は意外にも「恋する夏の日」や「瀬戸の花嫁」で知られる山上路夫先生。ずーっと阿久先生だと思ってました。中3で駆け落ちしちゃうわけですね。でもきれいなメロディーとイントロでした。でこれまたすごいのが「美しい契り」で千家和也先生。♪あなたの罪は私の罪 一緒に耐えます これ当時、一緒に刑務所にでも入るのかと思ってました(苦笑。小5でしたからお許しを)。こういうひたむき路線がなぎささんは似合ってましたね。でも私的に彼女のベストは「陽だまりの恋」ですね。珍しく明るい路線だったし、ステレオを買ったとき最初にラジオから流れてきたのがこの曲だったので、そのインパクトも大きいです。


どうか私 つれていってよ  投稿者: こうそくひれん1号  投稿日:11月 1日(火)16時30分22秒

>>KOSUKEさん

片平なぎさなんか中3で「純愛」を唄いこなしていたんだよ。「家もすてるわ」だよ。「この街とも別れられる」だよ。おまけに「そうよ私 死ぬだけ」・・・・・。
ナギって、すごいなあ。


Re:名曲の時間です  投稿者: KOSUKE  投稿日:11月 1日(火)14時11分1秒

 こんにちは。まだ録画しただけで見てないんです。麻生よう子さんが出たんですか?今の映像でなくてもそれは貴重です。彼女は今年50歳のはず、ということは18歳であの「逃避行」を歌いこなしていたわけですね。「脅威」の一言です。「あの人は今」で取り上げてほしいですなあ。
 サッコさんは「木枯らしの二人」でしたか。まあベストセールス(5位、28万枚)だしめったに歌う曲じゃないからいいのですが、「想い出のセンチメンタル・シティ」あたりを季節的には聴きたいですね。


名曲の時間  投稿者: たつし  投稿日:11月 1日(火)08時45分2秒

>シズカさん

  西崎緑さんは『旅愁』を歌った時は「みどり」でしたが、これは作曲家の
平尾昌晃さん(番組中のカラオケのCMも中々面白かったです)の意見で平仮名
にしたのですが元々は「緑」です。だから現在は、改名したというより元に戻した
訳ですね。

 麻生よう子さんの映像は、今のではなく平成2年の映像でした。だから今は
どんな感じなのでしょうか?


猪口邦子  投稿者: tendaあらためzouky  投稿日:11月 1日(火)05時42分24秒

皆さんまいど。

ところで猪口邦子さんってアイドル的にどうですか?
私は彼女が若い頃から好きで、とても可愛いなあと思ってたんですが。
あのエクボが出るような明るい笑顔や聖子ちゃんカットなところ。
それと上品な感じとちょっとセンスの無い服のセンスなんかもご愛嬌
で大好きなのですが、、、。

http://plaza.rakuten.co.jp/zouky/4000


名曲の時間、前半良かったです。  投稿者: シズカ  投稿日:11月 1日(火)00時54分59秒

いきなりですか〜!
伊藤咲子の名曲「木枯らしの二人」良いですな。嬉しかったとです。
「ひまわり娘」も良い曲なんですが、いつもいつもではちょっと・・・。
当時の映像なら何度も見たいです。
私は「乙女のワルツ」を歌ってる頃の彼女が好きでした。サッコ、きっと恋していたんだなぁ
ふう〜・・・(遠い目)、「青い麦」なんてのも良かったぁ!
こうそくひれん1号さま
コロッケはサッコのファンだったんですか?通りでいつもの勢いがないと思った。

西崎みどりの「旅愁」は当時、ある日曜の朝、
ニッポン放送(「不二家歌謡ベストテン」)から流れて来ました。
まだ半分寝ている状態、夢うつつ状態のときでした。
初めて音楽を聴いて涙を流した遠いあの日。
枕も濡れました。布団は濡れてませんでしたぁ。
必殺シリーズに使われていた歌で、
それまでは気にしていない歌でしたが、それ以後好きな歌となりました。
たまにカラオケで唄いますね。当時は緑じゃなくてみどりだったような気が・・。

麻生よう子、若過ぎ!いくつ?

♪お願いよ×4
このままじゃわたしも誰かに・・・ シズカ、いまドキッとしている女性がいます。



歌謡曲、女性アイドル音楽...etc「モナ・ムール!歌謡ポップス」 「モナ・ムール!歌謡ポップス」EP盤のコレクションと、そのレビュー 歌謡曲、女性アイドル音楽...etc「モナ・ムール!歌謡ポップス」随筆集


キャプチャー画像集 過去の掲示板(2) キャプチャー画像集INDEX 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 EP1 EP2 EP3 EP4 EP5 EP6 EP7 EP8 bbs1 bbs2