サイト内検索 powered by Google

PREV サイトマップ 随筆集 掲示板 ホーム過去の掲示板INDEXこのページ EP盤リスト キャプチャー画像集 LINKS とろりApps NEXT

過去の「モナ・ムール!歌謡ポップスの掲示板」(その51)

16.7.1〜16.7.31

------------------------------------------------------------------------
私的アイドル映画ベストテン80年代編 投稿者:よっかー  投稿日: 7月31日(土)22時30分43秒

>初心者さま

興行収益、観客動員、どこからどこまでをアイドル映画とするか、いろいろな選択の仕方がありますが、まずは個人的なベストテンをあげてみます(笑)。

アイドル映画ベストテン(1980‐1989)
1.時をかける少女/探偵物語(1983)
2.彼のオートバイ・彼女の島(1986)
3.アイコ十六歳(1983)
4.私をスキーに連れていって(1987)
5.本場ぢょしこうマニュアル(1987)
6.ブルージーンズメモリー(1981)
7.ロックよ、静かに流れよ(1988)
8.恋する女たち(1986)
9.ぼくらの七日間戦争(1988)
10.ドン松五郎の生活(1986)
次点・Vマドンナ大戦争.台風クラブ.スケバン刑事....etc
へ〜んな偏りもありますが...。次回、70年代編へつづく。

------------------------------------------------------------------------
ありがとうございます 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月31日(土)21時21分25秒

 とろりん村のとろり様
 
 こんばんは。「青い水平線」、予想外に短命に終わりましたね。
 早速石毛礼子さんをチェックしていただき、どうもありがとうございます。
 第二弾は「涙のコンチェルト」でしたか?(このタイトルが思い出せず二十数年(笑))
 どんな曲調でしたか?
 それにしてもバーニングで、この年チャートインした有数の女性新人アイドルだったのに、
 彼女を差し置いて祐子と弥生がレコ大新人賞に入ったのが未だに納得いきません(笑)。
 

------------------------------------------------------------------------
映画 投稿者:初心者  投稿日: 7月31日(土)16時32分56秒

最近、マニアックすぎてこの掲示板の話題に付いて行けなく久しぶりに投稿します。
先日お宝ショップというような店に久しぶりに行って来ました。
キャッツアイの10CM大のお皿(¥400)や麻田奈美さんやひしみゆり子さんの物などがありました。お目当ての物を「GET」しようと思っていたのですが「SOLD OUT」でした。大島渚さんが唯一頼まれて撮った映画フォークルの「帰ってきたヨッパライ」のポスターで¥9800の値札が付いていたと思います。この映画の中で「イムジン河」が流れているのです。なぜ、発売中止になった曲が映画の中では「OK]なんでしょうか。不思議です。
この様な店は個人的に好きなんです。見てるだけで「スーッ」とその頃(学生時代)に帰れるんです。
アイドルなどの映画のベスト10どんな物がランキングされるんでしょう。

------------------------------------------------------------------------
唖然。 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月31日(土)09時20分33秒

 あきら様

 おはようございます。

>「ヨシオちゃん」の若杉ひと美もナベプロです。演歌でしたが売り出し方はアイドルでしょう。全国のヨシオちゃん募集とか、ヨシオちゃんバッヂとかレコード店で大々的にやってました。81年ナベプロは4人出して玉砕です。

 ハイハイ、覚えてますよー。♪待ってておくれよ ヨシオちゃん でしょ?私は即座に「あ、松村和子フォロワーだな」と思いました。しかし細かいところまでご存知ですね?女性不作で有名な81年、ナベプロの「焦り」が感じられますね。

>しかし今もって沢田富美子には悔やまれますねー。ナベプロが和泉さんを賞レースに推してきたこともちょっと・・・。

 沢田富美子さん、聖子さんと同じスタッフだったらしいですからね。ちょっと声が甘すぎたのが敗因だったのかもしれません。でもナベプロが和泉さんを賞レースに出したのは、私の記憶では「歌謡大賞上半期新人祭り」と「日本テレビ音楽祭」位ですよ。もう秋(銀座音楽祭・新宿音楽祭)では速水陽子さんにイチオシが変更になっていたはずです。

>「未経験」も宣伝にお金はかかっていたと思うのですが。NTV系の午後3時、4時くらいの時間帯には「未経験」のスポットが大量に流れてました。お金の使いどころを誤ったのでは?時間帯をもう少し考えるとか・・・。百恵追従ということで曲自体のコンセプトは悪くなかったと思いますが何せ本人がいつも俯き加減で・・・。それと衣装も地味だった。ブレザー風のものでしたが。日本テレビ音楽祭でそのブレザーを夏仕様の半袖にして出てきた時には絶句!そこまでブレザーにこだわらなくても。いくらテーマが学校だからといって。かなりの大物になれる素材は持ち合わせていたので悔やまれますね。

 「大物感はあっても華がなかった」典型でしょうね。しかし「未経験」、そんなにスポット流れてたんですか?でも午後3時、4時って学生ってたいてい家にいませんよね。それこそ深夜あたり(またそうじゃなきゃシャレにならないテーマ)がベターだったのでは?しかし「日本テレビ音楽祭」の件を覚えてらっしゃることが唖然です。当然あのノミネートされる前の子供連れの紹介の部分しかTVには映ってなかったはずですから。負けました(笑)。

------------------------------------------------------------------------
(無題) 投稿者:あきら  投稿日: 7月31日(土)08時16分38秒

こんにちは。いつも楽しく拝見してます。カキコはあまりしないのですが、ちょっと気になることがあったので・・・。参加させて下さい。

>ましてこの年、渡辺プロからこの和泉さん、沢田富美子さん(「ちょっと春風」)、
そして先日私がクイズで出題させて頂きました速水陽子さん、3人も売り出してるんですよね。そして3人ともダメだった。

「ヨシオちゃん」の若杉ひと美もナベプロです。演歌でしたが売り出し方はアイドルでしょう。全国のヨシオちゃん募集とか、ヨシオちゃんバッヂとかレコード店で大々的にやってました。81年ナベプロは4人出して玉砕です。
しかし今もって沢田富美子には悔やまれますねー。ナベプロが和泉さんを賞レースに推してきたこともちょっと・・・。

>それにしても中野美紀さん「未経験」・・・小泉さんと一緒にスタ誕の決戦大会で合格して、同じビクターからデビューしたのに、あの宣伝費の差といったら・・・

「未経験」も宣伝にお金はかかっていたと思うのですが。NTV系の午後3時、4時くらいの時間帯には「未経験」のスポットが大量に流れてました。お金の使いどころを誤ったのでは?時間帯をもう少し考えるとか・・・。百恵追従ということで曲自体のコンセプトは悪くなかったと思いますが何せ本人がいつも俯き加減で・・・。それと衣装も地味だった。ブレザー風のものでしたが。日本テレビ音楽祭でそのブレザーを夏仕様の半袖にして出てきた時には絶句!そこまでブレザーにこだわらなくても。いくらテーマが学校だからといって。かなりの大物になれる素材は持ち合わせていたので悔やまれますね。

------------------------------------------------------------------------
正解出ました。お疲れ様。 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月31日(土)02時21分34秒

 スキャンドール様

 でもこの掲示板、スナックみたいですね(笑)。日中はどんなに待ってもシーンとしてるのに・・・

>(桜田淳子さん)
>まじめで一生懸命な淳子さんがいかにも考えそうなフレーズ…(でも淳子さんは、その一生懸命とかまじめと言う自分の表し方が嫌いだったそうです…。)
でも、見る方は、痛々しいくらい一生懸命なところは、
決して悪いことでは無く良い印象を与えてくれたと思います。

 えっ、このフレーズ淳子さんが考えたの?やっぱり本人としては一生懸命、まじめってイメージが強調されるのはイヤだったんですね。「気まぐれヴィーナス」にしても硬かったし、歩き方もマジメッ!って感じでしたからね。実は私、彼女に歩き方がよく似てると言われるんです。自分で言うのもなんだけど、小学校から通信簿に「マジメすぎる」って書かれてた位。意外でした?ずい分会社に入っていい加減になりましたけど(笑)。まあ♪男の子って 少し悪い方がいいの (by「渚のはいから人魚」小泉さん)ってマジで思ってます。

>高橋美枝さん
ファン心理としては、デビュー曲の印象が非常に強く、
いきなりのイメチェン(路線変更)は、時には裏目に出てしまうことがありますね。

 確かにそうですね。高橋美枝さんはその典型でしょう。誰もが「ひとりぼっちは嫌い」の路線を続けることを望んでいたと思いますから。

>最終的に82年組で一番の「勝ち組」とも言えるでしょう。人生の局面では。
テレビでは、ママドル的に出演されていたりして今を生きていると感じさせてくれます。

 まあ今の時点、ですよ。逆に心配(人の心配してる余裕ないんすけど)なのが松本伊代さん。
旦那のヒロミさんがレギュラー0になったとかで。男選びのセンスが悪かったよねー。でも伊代
さんなら番組を仕切れそうな気がするんですが、いかがでしょう。

>確か、アニメのパタリロの主題歌も美冴さんが歌われていたと思うのですが…。

 それ正解です。あと「うれしい体験の」作詞は演歌の山口洋子先生ですよん。

>中野美紀さん
「デビュー当時、美紀さん自身こう言っていました。『すごく売れるか、全然売れないか、どちらかです。』後者になってしまったのは、残念です。
デビュー曲が中絶をテーマとした事、当時のティーンネイジャーには、
受け入れにくいものだったのかも知れません。

 なるほど、ご本人はクールだったんですね。でも「中絶」はやっぱり×でしょう。

>沢村美奈子さん
>デビュー曲は、タイトル“パンプキンラブ”を連呼する不思議な曲でしたね。

 いや、デビュー曲が「インスピレーション」♪ねえ 私のくちびる す・き?(す・きbyファン)でした。レッツヤンで毎週歌ってました。グリコCFの「パンプキンラブ」は第二弾でした。

>「陽あたり良好」
>毎週欠かさず見ていました。
 伊藤さやかさんって最初普通っぽく見えたんですけど・・・過激でしたね。
私このドラマの主題歌 竹本孝之さん「とっておきの君」(作詞:小椋佳氏)好きでした。

>当時新人賞レースで相当健闘した子です。
岡本舞子さん、白石まるみさん(新人賞に出ていた記憶はありませんが…)、
坂上とし恵さん(彼女も同様…)、麻田華子さん(彼女も同様…)、
まさかキララとウララ…、絶対違うと思うのがB-2(デビルガールズ)…、
今ふいに脳裏をよぎったのが“甲斐智枝美さん”
どうでしょう…合っているでしょうか?

すごい、ビクターの80年代全員出しましたね(笑。沢さとみさん以外)。
正解は、最初の岡本舞子さん「愛って林檎ですか」85年(でも聴いたことありません。すみません)「今とってもJUICY AGE」は、JUICY(ジューシー:果汁の)と14(14歳)をかけてるのがミソなんです。つまり当時彼女も中3でしたが、青木美冴さんとちがった意味で、落ち着いたオトナっぽさがありました。ピアノが似合うお嬢さんみたいな。第二弾「ファンレター」で新宿音楽祭銀賞はじめ、新人賞に結構入りましたが、2年後の87年、映画「舞妓物語」主演と共に突如フェード・アウト。原因不明でした。しかしB-2まで出るとは・・・甲斐智枝美さんは「KIRARI!瞳が語る」でした。でもだいたいアイドルのキャッチって、年齢かレコード会社(「ミス・ソニー」とか)必ず入ってますね。では第三弾。

「シックスティーンの肌触り」
(ヒント:渡辺プロ・京平先生作曲・70年代)比較的有名な方ですが、歌手名とデビュー曲名を
御記入ください。

------------------------------------------------------------------------
間違っていた…くやしいっ! 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月31日(土)00時30分18秒

KOSUKE様
>「15歳のテーマ」とか年齢がついていたんですよね。「花占い」のショートバージョンか・・・♪高校1年って なんだろう・・・もはや桜田淳子さんにしか許されない領域。

ローティーンでデビューされたからでしょうか?
年齢を重ねて少女から大人の女性に変化していく様をタイトルにして、
強調させているような感じもします。

>♪高校1年って なんだろう・・・もはや桜田淳子さんにしか許されない領域。

まじめで一生懸命な淳子さんがいかにも考えそうなフレーズ…(でも淳子さんは、その一生懸命とかまじめと言う自分の表し方が嫌いだったそうです…。)
でも、見る方は、痛々しいくらい一生懸命なところは、
決して悪いことでは無く良い印象を与えてくれたと思います。

>志村香さんを見るのは、その番組が最後となってしまったのです。

最後の出演番組って結構覚えていて忘れられないものがありますよね。

>上手いんだけど路線がバラバラで失敗した典型ですね。上手くて可愛くてもアイドルとして成功するとは限らない・・・。

ファン心理としては、デビュー曲の印象が非常に強く、
いきなりのイメチェン(路線変更)は、時には裏目に出てしまうことがありますね。

>最終的に82年組で一番の「勝ち組」とも言えるでしょう。人生の局面では。

テレビでは、ママドル的に出演されていたりして今を生きていると感じさせてくれます。

>でも大学生を「逆ナン」しちゃう歌詞もすごいけど、井上忠夫氏の曲&アレンジが素晴らしいですね。いつ聴いてもこの曲はウキウキします。

確か、アニメのパタリロの主題歌も美冴さんが歌われていたと思うのですが…。

>それにしても中野美紀さん「未経験」・・・小泉さんと一緒にスタ誕の決戦大会で合格して、同じビクターからデビューしたのに、あの宣伝費の差といったら・・・

デビュー当時、美紀さん自身こう言っていました。『すごく売れるか、全然売れないか、どちらかです。』後者になってしまったのは、残念です。
デビュー曲が中絶をテーマとした事、当時のティーンネイジャーには、
受け入れにくいものだったのかも知れません。

>佐藤弘枝さん「セピア色の夏」個人的にはヘタ・ワースト3に入ります。

テレビで歌っているところを見たことは無いのですが、
月刊明星で見たときに『今度デビューするんだ…』と思ったくらいの存在でした。
メディアでの露出が少なく本当にデビューしたのか疑問なアイドルでした。
(確か弘枝さんも同い年だったような気が…)

>沢村美奈子さんは突然の謎の失踪で消えましたね。

事務所のトラブルと聞いたことがあります。
デビュー当時の印象は、綺麗なお姉さん的な存在でしたが、
今改めて見ると守ってあげたくなるような少女と言う感じです。
デビュー曲は、タイトル“パンプキンラブ”を連呼する不思議な曲でしたね。

>「陽あたり良好」の主演を降板し、代役となったのが伊藤さやかさんでした。

毎週欠かさず見ていました。
活発な女の子…さやかさんそのままのキャラクターで演技されていて好感を持ちました。
デビュー曲の“天使と悪魔 ナンパされたい編”は一人二役!?の歌詞で
本当にインパクトがありました。

>当時新人賞レースで相当健闘した子です。

岡本舞子さん、白石まるみさん(新人賞に出ていた記憶はありませんが…)、
坂上とし恵さん(彼女も同様…)、麻田華子さん(彼女も同様…)、
まさかキララとウララ…、絶対違うと思うのがB-2(デビルガールズ)…、
今ふいに脳裏をよぎったのが“甲斐智枝美さん”
どうでしょう…合っているでしょうか?

------------------------------------------------------------------------
惜しい!! 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月30日(金)23時41分30秒

 スキャンドール様

>ヤマカンだけど、桜田淳子以外の誰が歌っても似合わない歌詞だし、自信はありました。アルバム持ってないんでね・・・「青春前期」は1年後だし、やっぱりパスです。
アルバム名は“16才の感情”です。
12曲目のタイトル通り、メドレー1曲目に“花占い”のショートバージョンが
収録されています。

 そのアルバム名、思い出しました。やたら彼女とか百恵さんのアルバムって、「15歳のテーマ」とか年齢がついていたんですよね。「花占い」のショートバージョンか・・・♪高校1年って なんだろう・・・もはや桜田淳子さんにしか許されない領域。

>88年組でも目の輝きが違ってました。
>私もこのあたりからアイドルに疎くなり始めましたが、
この頃レコードの卸会社でアルバイトをしていたので、
タレント名と曲名は色々と覚えています。

流石!私も覚えてはいるんですけどね・・・

>和田アキ子さんに「志村、志村」と呼ばれて村田英雄さんの「皆の衆」を歌わされてましたね。
>なんとなくその番組を覚えています。
香さん、当時は多感な17歳ですね…(私も17歳…)
知っていたのか分かりませんが“皆の衆”をよく歌えたものです、感心します。

 まあ有名な歌だしね。スターにしきのさんも(最高に落ち目の頃)出てました。
志村香さんを見るのは、その番組が最後となってしまったのです。

>「オフリミット」でずい分イメチェンしちゃいましたね。
>つっぱり路線もきちんと歌いこなしていましたが、この曲で消えてしまいましたね。

高橋美枝さんも真璃子さんと同じパターンで、上手いんだけど路線がバラバラで失敗した
典型ですね。上手くて可愛くてもアイドルとして成功するとは限らない・・・。

>そう、このジャケ写が「三田寛子のベスト・パフォーマンス」といわれてますしね。
>やはり第2弾の“夏の雫”の曲調が一般の人には、難し過ぎたのでしょうか…。

 そうですね。何を言わんとしているのかがもう見えませんでしたね。明菜さんの「少女A」
同様ガッカリしました。でも三田寛子さん、最終的に82年組で一番の「勝ち組」とも言えるでしょう。人生の局面では。

>よって、スキャンドールさんの正解です。とにかく中3とは思えないパンチのある
 ボーカルが魅力で、名曲でしょう。
>『やったー正解だー!』と喜んでしまいました。
♪だめよ ゆるしあうなら…小さな悪魔のせいなの…♪本当にパンチがきいてますね。
多感な女の子には、小さな悪魔がすんでいるのですね…勉強になります…。

 私は青木美冴さんが中3でこの詞を歌ってたのもすごいと思うけど、計算すると(-5
するだけですから)幼稚園であなたがこの曲を知っていたことに驚きました。私は小5だった
けど、この頃からSEXというのは話題になり始めましたね。「ねえ、中3で裸で抱き合ってる
んだって。キャッ」って感じ。しかし・・・これくらいの子供がいてももういい年なのに。
でも大学生を「逆ナン」しちゃう歌詞もすごいけど、井上忠夫氏の曲&アレンジが素晴らしい
ですね。いつ聴いてもこの曲はウキウキします。

>80年代、ビクターイチオシだったあの幻の美少女は?
中野美紀さん、沢村美奈子さん、伊藤さやかさん、佐藤弘枝さん、うーん難しいですね。

 うーん惜しい。それにしても中野美紀さん「未経験」・・・小泉さんと一緒にスタ誕の
決戦大会で合格して、同じビクターからデビューしたのに、あの宣伝費の差といったら・・・
私だったら人格おかしくなっちゃいますよ。まあそれが芸能界というものだけど。
佐藤弘枝さん「セピア色の夏」個人的にはヘタ・ワースト3に入ります。♪さみしいねーですね。
沢村美奈子さんは突然の謎の失踪で消えましたね。で「陽あたり良好」の主演を降板し、
代役となったのが伊藤さやかさんでした。

 で正解は、もうちょっと待っていいですか?当時新人賞レースで相当健闘した子です。
まあ今は完全に忘れられている存在ですね。この掲示板にも私が参加してから、1回も登場
しておりません。

------------------------------------------------------------------------
答え合わせです… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月30日(金)22時49分55秒

KOSUKE様
>ヤマカンだけど、桜田淳子以外の誰が歌っても似合わない歌詞だし、自信はありました。アルバム持ってないんでね・・・「青春前期」は1年後だし、やっぱりパスです。

アルバム名は“16才の感情”です。
12曲目のタイトル通り、メドレー1曲目に“花占い”のショートバージョンが
収録されています。

>88年組でも目の輝きが違ってました。

私もこのあたりからアイドルに疎くなり始めましたが、
この頃レコードの卸会社でアルバイトをしていたので、
タレント名と曲名は色々と覚えています。

>和田アキ子さんに「志村、志村」と呼ばれて村田英雄さんの「皆の衆」を歌わされてましたね。

なんとなくその番組を覚えています。
香さん、当時は多感な17歳ですね…(私も17歳…)
知っていたのか分かりませんが“皆の衆”をよく歌えたものです、感心します。

>「オフリミット」でずい分イメチェンしちゃいましたね。

つっぱり路線もきちんと歌いこなしていましたが、この曲で消えてしまいましたね。

>そう、このジャケ写が「三田寛子のベスト・パフォーマンス」といわれてますしね。

やはり第2弾の“夏の雫”の曲調が一般の人には、難し過ぎたのでしょうか…。

>よって、スキャンドールさんの正解です。とにかく中3とは思えないパンチのある
 ボーカルが魅力で、名曲でしょう。

『やったー正解だー!』と喜んでしまいました。
♪だめよ ゆるしあうなら…小さな悪魔のせいなの…♪本当にパンチがきいてますね。
多感な女の子には、小さな悪魔がすんでいるのですね…勉強になります…。

>80年代、ビクターイチオシだったあの幻の美少女は?

中野美紀さん、沢村美奈子さん、伊藤さやかさん、佐藤弘枝さん、うーん難しいですね。

とろりん村のとろり様
和泉友子さんのセカンドシングル“街角ロンリネス”も良い曲ですね。
友子さんは、デビュー前は、ロックバンドを組んでいたそうです。
でも曲調は、180度違った路線ですね。

------------------------------------------------------------------------
ナベプロ 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月30日(金)22時21分58秒

とろりん村のとろり様

>いえ、深い意味はなくて...。バックグラウンドピクチャを変えたので、ついでに扉
の写真も...と考えた結果、季節柄「青い水平線」(和泉友子)がぴったりかなと思
って、試してみただけです^^。

 なるほど、そういうことですね。このジャケ写自体はそうでもないけど、夏らしくて合っていると思いますよ。和泉友子さんでしたね。

>渡辺プロダクションの絶頂期は73年頃まででしょう。(天地真理、小柳ルミ子、アグ
ネス・チャン、キャンディーズ...)それ以降は「スター誕生」(日本テレビ)など
の影響で勢力に陰りがみえてきて、ましてや、80年代にはすっかり、数ある芸能プロ
の「ワンオブゼム」になってしまっていた感があります。

 そうですか。私はナベプロはキャンディーズの解散、アグネス・チャンの復帰失敗、太田裕美さんのベスト10入り漏れetc.のあった78年までだったと思っているんです。期待されたトライアングルもコケましたし。まあスタ誕の台頭(=日テレとの絶縁)は大きかったでしょうね。

 まあ81年は石毛礼子さん「旅の手帖」もお忘れなく・・・

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日: 7月30日(金)21時34分20秒

☆KOSUKEさま

>トップページ、和泉知子さんの「青い水平線」に変えられましたね。

いえ、深い意味はなくて...。バックグラウンドピクチャを変えたので、ついでに扉
の写真も...と考えた結果、季節柄「青い水平線」(和泉友子)がぴったりかなと思
って、試してみただけです^^。

渡辺プロダクションの絶頂期は73年頃まででしょう。(天地真理、小柳ルミ子、アグ
ネス・チャン、キャンディーズ...)それ以降は「スター誕生」(日本テレビ)など
の影響で勢力に陰りがみえてきて、ましてや、80年代にはすっかり、数ある芸能プロ
の「ワンオブゼム」になってしまっていた感があります。

KOSUKEさんがおっしゃる和泉友子、沢田富美子、水野きみこにぼくはなぜか心惹かれま
す。マイナーな存在だけど、好きです。

速水陽子は過去にもこの掲示板で話題になりましたし、またもや、KOSUKEさん、スキャ
ンドールさんが推薦なさっているので、ぜひ一度、聴いてみたいと思っています。

------------------------------------------------------------------------
何があったんですか? 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月30日(金)20時01分36秒

 とろりん村のとろり様
 
 こんばんは。最近静かですね。
 トップページ、和泉知子さんの「青い水平線」に変えられましたね。 
 また何かあったのですか(笑)?
 この81年組って、見落とされてるけど結構逸材がいましたよね。
 ましてこの年、渡辺プロからこの和泉さん、沢田富美子さん(「ちょっと春風」)、
そして先日私がクイズで出題させて頂きました速水陽子さん、3人も売り出してるんですよね。
そして3人ともダメだった・・・特に最後の速水さんなんて、この場で歌って差し上げたい
くらい強烈なインパクト(ね、スキャンドールさん)だったんですが。翌年の水野きみこさん
もダメだったし、この頃からナベプロは暗黒の時期に入ったようですね。ちなみにその翌年
が松本明子さん(笑)。 

------------------------------------------------------------------------
追記 投稿者:にこら  投稿日: 7月30日(金)11時01分41秒

 紀比呂子さんは女優としては有名ですが、曲を出していたこと自体は”カルト”なので、その辺りは評価するところです。

------------------------------------------------------------------------
あくまで興味は楽曲なので... 投稿者:にこら  投稿日: 7月30日(金)10時58分4秒

KOSUKEさま、

>①〜③・⑥の方と一緒にしてはいけません。

①シャーリー・シャウ「潮路/恋ねがい」74年
②岸じゅんこ「北国ひとりぽっち/リンゴのある教会堂」74年
③加納エリ子「目ざめた朝/愛は誰のために」72年
④紀比呂子「二人だけの約束/私ひとりの貴方」71年
⑤同「雨の日の訣れ/花嫁は白い雲に乗って」72年
⑥浅尾千亜紀「地図にない街/太陽のふたり」69年

 名前のみ知っているだけで、女優としての活動はよく知らないので、まあ別格扱いはしません(笑)。女優系のシングルも結構探していますが、女優としての活動はあまり関心がなくて、専ら楽曲の出来が評価の中心です。そういった意味で紀比呂子さんの曲は、④がまったく不振(平凡な演歌)で⑤が素晴らしい出来です、同じ作家で何でこんなに楽曲に差が出るのか不思議です。あと1枚シングル出しているようですが、演歌でないことを祈るのみです。ちなみに②の人は「ステージ101」(デビュー前の太田裕美さんが出ていた)出身、③の人も女優で“3000回殺された男”こと川谷拓三ひきいる「ピラニア軍団」(「たけし軍団」とどう違う??)出身、⑥の人はフォーリーブスとともにソニー初期の人でこの中で一番玄人受けする(曲が)人です。①の人は台湾出身(?)のようですが詳細不明。

------------------------------------------------------------------------
紀比呂子さん 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月30日(金)09時21分46秒

 にこら様

 おはようございます。

①シャーリー・シャウ「潮路/恋ねがい」74年
②岸じゅんこ「北国ひとりぽっち/リンゴのある教会堂」74年
③加納エリ子「目ざめた朝/愛は誰のために」72年
④紀比呂子「二人だけの約束/私ひとりの貴方」71年
⑤同「雨の日の訣れ/花嫁は白い雲に乗って」72年
⑥浅尾千亜紀「地図にない街/太陽のふたり」69年

 とりあえずまたマイナー歌謡曲が並んでいますが、④・⑤は私の世代以上ならほぼ誰でもご存知な(ね、よっかーさん(笑))アイドル女優でした。ご両親に聞いてみられるといいでしょうが、
「アテンションプリーズ」(TBS系。70年。元祖「スチュワーデス物語」のJ航空ドラマ。でもノロマなカメの100倍面白かったと私は思っています。主題歌がまた秀逸で、CATVでの再放送を期待していますが)と「コートにかける青春」(フジ系。71年。テニスに賭ける姉妹を描いた典型的スポ根ドラマ)という2大有名ドラマのヒロインを演じ、一世を風靡しました。①〜③・⑥の方と一緒にしてはいけません。

------------------------------------------------------------------------
正解出ました。流石。 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月30日(金)01時34分33秒

よっかー様 クジラ2号様 スキャンドール様

こんばんは。遅くなりました。キャッチフレーズ・クイズの正解から申し上げます。
「洗いざらしの15歳」=青木美冴さん「うれしい体験」です。ちなみに「ぎんざNOW」
(関東以外の方ごめんなさい)の「スターへのパスポート」第1回チャンピオンなんです。
(私はこの画面見ておりませんが、ごらんになった方いらっしゃったらご教示願います。
 スタ誕みたいにレコード会社のスカウトの札が上がる感じだったんですか?)
 よって、スキャンドールさんの正解です。とにかく中3とは思えないパンチのある
 ボーカルが魅力で、名曲でしょう。
 ちなみに片平なぎささんは「花のフィフティーン」。

>キャッチフレーズ・クイズは、黒木真由美「好奇心」かなぁ。
なんか聞いたことがあったんだけど、コレって確信がないままです。

 黒木真由美さんも確かに75年15歳でのデビューでしたが、
キャッチは不明です。悪しからず。

>黒木真由美といえば、ヘアヌードで復帰して驚かせたり、娘・黒木マリナが4代目セーラームーンとして芸能界デビューしたり、2年前は話題もあったのにどうしちゃったんだろう。
娘さんのマリナさんの所属してた事務所も消えちゃってるし...。

 つくづく運のない女性だと言わざるをえませんね。野球選手と結婚してた頃は経済的にも豊かで、スタ誕同窓会でもきらびやかな服を着ていましたが。やっぱり娘を安易に業界に入れちゃう姿勢からしてダメですよ。麻丘めぐみさんのお嬢さんなんかとても可愛いらしいんですが、めぐみさんが堅実(そう)だから絶対に業界に入れませんもんね。

>中原理恵さんは、東京都内にいらっしゃる様です。
愛犬をつれて、ご近所を散歩されていて、ご近所の方とも明るくお話されているようです。

 クジラ2号さんありがとうございました。収入源までは追求しないようにします。
 明るく生きているのならば、それで充分です。

>三田寛子さんと並んでイチオシでしたので、…。
デビュー曲の“駈けてきた処女”はすごく好きです。
カルピスソーダのCMにも使われていましたね。
なんと言ってもジャケット写真がいいんですよね。

 そう、このジャケ写が「三田寛子のベスト・パフォーマンス」といわれてますしね。
カルピスソーダのCFも完璧でした。♪16だから恋始め・・・と流れたあとで、
♪白くはじけるカルピスソーダ でしたもんね。曲も完璧でした。

>高橋美枝さん
この娘は「ひとりぼっちは嫌い」に限るといってもいいくらい。
皆さん、この曲が一番と言いますね。(私も好きでレコードを購入しましたが…)
路線変更後の“オフリミット”も結構好きでした。

「オフリミット」でずい分イメチェンしちゃいましたね。志村香さんじゃないけど(笑)。
志村さんといえば、最近「志村坂上」とかバスの表示を見ても連想しちゃいます(笑)。
で突然思い出したのが、86の芸能人大忘年会みたいなのがあって、和田アキ子さんに
「志村、志村」と呼ばれて村田英雄さんの「皆の衆」を歌わされてましたね。その時
でさえ、キャラが変わっていることに気づかなかった。まあ周囲は先輩ばかりだしね。

>(西田ひかるさん)
彼女はいくだろう、と「フィフティーン」の時点で思いました。まあ(偶然だけど)
「ときめいて」(京平先生)がベストでしたね。その後はNHK御用達のようになり、
つまんなくなりました。
私は、“涙のPEARL MOON”迄がピークでしたね。
確か、写真集も買った記憶があります。(結構ナイスバデーでしたよ)

 ああなるほど。私は「NICE CATCH!」とか「Natural Summer Days」
とか好きでしたね。88年組でも目の輝きが違ってました。

>それからクイズ、もう難しすぎます。70年代で高校1年というと・・・桜田淳子さんチックな歌詞だな、と見た瞬間思いましたが。「姫鏡台」とか。
流石ですね…。
アーティスト名は合っています。
タイトルは出てこないですよね。

 ヤマカンだけど、桜田淳子以外の誰が歌っても似合わない歌詞だし、自信はありました。
アルバム持ってないんでね・・・「青春前期」は1年後だし、やっぱりパスです。

 ところでキャッチフレーズクイズ第二弾!
 「今、とってもJUICY AGE」歌手名と曲名をお答え願います。
 ヒント:80年代、ビクターイチオシだったあの幻の美少女は?

------------------------------------------------------------------------
こんばんは… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月29日(木)21時03分3秒

>三田寛子さんと並んでイチオシでしたので、…。

デビュー曲の“駈けてきた処女”はすごく好きです。
カルピスソーダのCMにも使われていましたね。
なんと言ってもジャケット写真がいいんですよね。

>この娘は「ひとりぼっちは嫌い」に限るといってもいいくらい。

皆さん、この曲が一番と言いますね。(私も好きでレコードを購入しましたが…)
路線変更後の“オフリミット”も結構好きでした。

>未だに作詞活動とかやってるそうで、痛いものも感じますが、
女の人も嫁に行くだけが人生じゃなくなってきてるしね・・・

ペンネームは、風堂美起でしたっけ?
結構色々な方達に曲を提供されていましたね。

>彼女はいくだろう、と「フィフティーン」の時点で思いました。まあ(偶然だけど)
「ときめいて」(京平先生)がベストでしたね。その後はNHK御用達のようになり、
つまんなくなりました。

私は、“涙のPEARL MOON”迄がピークでしたね。
確か、写真集も買った記憶があります。(結構ナイスバデーでしたよ)

>それからクイズ、もう難しすぎます。70年代で高校1年というと・・・桜田淳子さんチックな歌詞だな、と見た瞬間思いましたが。「姫鏡台」とか。

流石ですね…。
アーティスト名は合っています。
タイトルは出てこないですよね。

>今夜のお題:「洗いざらしの15歳」…75年、ぎんざNOW。

よっかー様が答えられていますが、私もずっと考えていました。
ヒントで高見知佳さんか相本久美子さん(でも、ぎんざNOWに出ていた頃は、
15歳ではなかったですよね)かと思いました。
もしくは青木美冴さんかなと思いました。
どうでしょうか?

------------------------------------------------------------------------
訂正 投稿者:クジラ2号  投稿日: 7月29日(木)20時22分11秒

× 2004年4月
○ 2004年2月

------------------------------------------------------------------------
東京ララバイ 投稿者:クジラ2号  投稿日: 7月29日(木)20時19分16秒

中原理恵さんは、東京都内にいらっしゃる様です。
愛犬をつれて、ご近所を散歩されていて、ご近所の方とも明るくお話されているようです。
   ttp://www.show-an.com/diary200402.htm  (2004年4月現在)

------------------------------------------------------------------------
うーんと、えーと、インディアン... 投稿者:よっかー  投稿日: 7月29日(木)19時20分4秒

>KOSUKEさん
キャッチフレーズ・クイズは、黒木真由美「好奇心」かなぁ。
なんか聞いたことがあったんだけど、コレって確信がないままです。

黒木真由美といえば、ヘアヌードで復帰して驚かせたり、娘・黒木マリナが4代目セーラームーンとして芸能界デビューしたり、2年前は話題もあったのにどうしちゃったんだろう。
娘さんのマリナさんの所属してた事務所も消えちゃってるし...。

------------------------------------------------------------------------
1988年Ⅱ 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月29日(木)08時00分57秒

よっかー様

>西田ひかると予想
もうこの頃は年末の賞レースもガタガタで「売れなくても俺が好きなら関係無し」の状態でした。
勝手にノミネートでは、相川恵里、Wink、小川範子、国実百合、坂上香織、高岡早紀、杉本彩、姫乃樹リカが残ってました。なのにテレビでは、仲村知夏、大和さくらが選ばれ、歌番組が縮小、挙句の果ては賞そのものの中止まで。
昭和天皇の崩御に隠れてチャンスをなくした娘も多かった。

 おはようございます。いろいろいたことはいましたよね。相川恵里さんもレコ大の5人には入りましたが、この頃から賞レースは金がかかるから敬遠するプロダクションが増え、賞番組も急速に減りましたね(そのヘンが、私がアイドルから距離を置くようなきっかけでもあるんです)。それにしても笑っちゃうのは大和さくらさんに尽きます。都はるみさんから200万円借りてドロンですよ。だからどこの局も「あの人は今」で取り上げない。そもそも私は大穴の「雨酒場」の香西かおりさんが抜くだろう、とみていました。上手さが全然違ったし。

>中原理恵さんかぁ。
ま、彼女も裏人生いろいろですねぇ。1996年頃までは番組の司会とかやってたけどね。
北海道に戻ったんじゃなかったっけ。

 やっぱり函館に戻りましたか?しつこくて恐縮ですが、「私の中のいい女」でして。

 ところで私のキャッチフレーズ・クイズもお忘れなく。「洗いざらしの15歳」。
レコード持ってる方はもうわかるはず、75年、ぎんざNOW。

------------------------------------------------------------------------
1988年Ⅰ 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月29日(木)07時59分23秒

 スキャンドール様 

>ええ、それをできるのがごく少数の「スター」なんでしょうね。
そのスターの代表が松田聖子さんなのですね。
ベストボーカルで言えば復帰後のストロベリータイムあたりがすごく好きです。
少女の可愛さと女性の色気を兼ね揃えた感じがして…。

 うーんこれは難しい。先日のカラオケでも連れが聖子の何を歌うで迷っていました。
私は「白いパラソル」〜「小麦色のマーメイド」あたりをベストとさせて頂きたいけど、
「瞳はダイヤモンド」や「ハートのイヤリング」の完成度もいいしね。かと思えば「裸足の季節」
や「チェリーブラッサム」の荒削りさも捨てがたい。結論は結婚前になってしまいます。

>しかし熟女Bに××されてみたかったですよ。
××とは…どんなことですか?(かまととぶった感じで…分からない34歳も恐いものが
ありますが…)

 されたことない限り(まあ、ディープキスちゅうのはありますが・・・)わからない39歳です。XXは殺される以外なら「何でも」です。(百恵さんの「青い果実」状態)ボーダーラインはありません。♪私を変えていいのよ 泣いたりしない 39歳の夏というのもむなしい・・・

>関係ないけど「少女A」が22年前の今日(あ、もう日付が変わりましたね)、7/28発売されています。
初めて聴いた時(ヤンヤン歌うスタジオ)のインパクトはすごかったです。
元々私の中では、明菜さんの印象派はとても薄かったのですが、
この曲を聴いてから、明菜さんの印象は180度変わりました。

「スローモーション」の時から三田寛子さんと並んでイチオシでしたので、
180°の路線変更には最初ガッカリ。「ヘンな歌」だと思いましたが、
アイドル史を塗り替えたんだから大したもんです。(もうこの曲のフォロワー
無数にありますよね)ちなみに岩崎宏美さんの「ロマンス」も最初「ヘンな歌」
と思いました。構成が奇抜でしたからね。でもそんな歌に限って残るんですね、
自分の中でも。

>中原理恵さんは「シングルス」を購入されました?
はい、購入しています…。(明日、車の中で聴こうと手許に用意しました…)

 そんな、プレッシャーかけてるみたいで。ゆっくりお聴き下さい。

>(姫乃樹リカさん)
「ザ・ベストテン」のスポットライトぐらいでしか見た記憶はないんだけど、…
グリコのいちごポッキーのCMに赤いベース片手に出てましたが
覚えてらっしゃらないですよね。(理香さんが変声機『ボタンを押すとかわいい×3と
言う』のおもちゃが当たりますと宣伝していました…)

ああごめんなさい、知りませんね・・・会社入っていたし、もう疎くなってる頃です。

>伸びのある声だったのは覚えてます。「ときめいて」とか出してましたよね?
セカンドシングルですね。ジャケットが清楚で可愛いです。

 まあ典型的な可愛い顔でしたね。それで歌唱力もあった。なぜダメだったのかを考えたく
なるわけです。チャートでも20位には入ってましたし、本人がアーティスティック志向に
走ったと書いてらっしゃいますが、そこは大きそうですね。

>高橋美枝さんなんかにも言えるんですけど、彼女みたくあまりにアイドルした容姿の方って逆にキツイみたいですね。
分かりやすくて逆に好きでした。
Oh 多夢とか結構はまって聴いていました。

 この娘は「ひとりぼっちは嫌い」に限るといってもいいくらい。名曲でした。まあ次の
「エンゼル・フィッシュ」も南佳孝氏でなかなかのレベルでしたけど。「Oh!多夢」のみ
チャートイン(98位)しましたね。未だに作詞活動とかやってるそうで、痛いものも感じますが、
女の人も嫁に行くだけが人生じゃなくなってきてるしね・・・。

>西田ひかるさんだろうと予想していました。
やっぱり好きでした…が売れ始めてからは購入意欲がわかなくなり、
自分の中でフェードアウトした存在です。

 彼女はいくだろう、と「フィフティーン」の時点で思いました。まあ(偶然だけど)
「ときめいて」(京平先生)がベストでしたね。その後はNHK御用達のようになり、
つまんなくなりました。

 それからクイズ、もう難しすぎます。70年代で高校1年というと・・・桜田淳子さんチックな歌詞だな、と見た瞬間思いましたが。「姫鏡台」とか。

------------------------------------------------------------------------
シャーリー・シャウ(誰?)ほか 投稿者:にこら  投稿日: 7月29日(木)04時08分38秒

また妙なものを拾いました。

①シャーリー・シャウ「潮路/恋ねがい」74年
②岸じゅんこ「北国ひとりぽっち/リンゴのある教会堂」74年
③加納エリ子「目ざめた朝/愛は誰のために」72年
④紀比呂子「二人だけの約束/私ひとりの貴方」71年
⑤同「雨の日の訣れ/花嫁は白い雲に乗って」72年
⑥浅尾千亜紀「地図にない街/太陽のふたり」69年

------------------------------------------------------------------------
私の1988年アイドル 投稿者:よっかー  投稿日: 7月29日(木)01時11分57秒

>西田ひかると予想
もうこの頃は年末の賞レースもガタガタで「売れなくても俺が好きなら関係無し」の状態でした。
勝手にノミネートでは、相川恵里、Wink、小川範子、国実百合、坂上香織、高岡早紀、杉本彩、姫乃樹リカが残ってました。なのにテレビでは、仲村知夏、大和さくらが選ばれ、歌番組が縮小、挙句の果ては賞そのものの中止まで。
昭和天皇の崩御に隠れてチャンスをなくした娘も多かった。

中原理恵さんかぁ。
ま、彼女も裏人生いろいろですねぇ。1996年頃までは番組の司会とかやってたけどね。
北海道に戻ったんじゃなかったっけ。

------------------------------------------------------------------------
今日最後のクイズで寝ることにします… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月29日(木)00時47分18秒

全12曲のアルバムです。アルバムタイトルとアーティスト名をお答え下さい。

1.喫茶店に入って…
2.何かの話を夢中でしてたら…
3.高校1年って なんだろう…
4.うーん……
5.大きな窓のある部屋は…
6.姫鏡台を見つめていたら…
7.いつも私とちがった事を言う…
8.恋することを知りたいの…
9.24時間…
10.ぼんやりと…
11.ちっちゃな少年が…
12.…こごえながらかみました
(メドレーで3曲分で1曲扱いです。あえてラストの歌詞を書き込みました。)

ヒント
70年代のアルバムです。

------------------------------------------------------------------------
KOSUKE様 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月29日(木)00時36分38秒

>ええ、それをできるのがごく少数の「スター」なんでしょうね。

そのスターの代表が松田聖子さんなのですね。
ベストボーカルで言えば復帰後のストロベリータイムあたりがすごく好きです。
少女の可愛さと女性の色気を兼ね揃えた感じがして…。

>しかし熟女Bに××されてみたかったですよ。

××とは…どんなことですか?(かまととぶった感じで…分からない34歳も恐いものが
ありますが…)

>関係ないけど「少女A」が22年前の今日(あ、もう日付が変わりましたね)、7/28発売されています。

初めて聴いた時(ヤンヤン歌うスタジオ)のインパクトはすごかったです。
元々私の中では、明菜さんの印象派はとても薄かったのですが、
この曲を聴いてから、明菜さんの印象は180度変わりました。

>中原理恵さんは「シングルス」を購入されました?

はい、購入しています…。(明日、車の中で聴こうと手許に用意しました…)

>とにかく彼女の消息が知りたいんです。何か手がかりはご存知ありませんか?

追いかけてヨコハマにそんな歌詞がありましたね…。(どうでもいいですが…)
私も中原さんの消息は知りません…。
どうしていらっしゃるのでしょうか?

>「ザ・ベストテン」のスポットライトぐらいでしか見た記憶はないんだけど、…

グリコのいちごポッキーのCMに赤いベース片手に出てましたが
覚えてらっしゃらないですよね。(理香さんが変声機『ボタンを押すとかわいい×3と
言う』のおもちゃが当たりますと宣伝していました…)

>伸びのある声だったのは覚えてます。「ときめいて」とか出してましたよね?

セカンドシングルですね。ジャケットが清楚で可愛いです。

>高橋美枝さんなんかにも言えるんですけど、彼女みたくあまりにアイドルした容姿の方って逆にキツイみたいですね。

分かりやすくて逆に好きでした。
Oh 多夢とか結構はまって聴いていました。

>西田ひかるさんだろうと予想していました。

やっぱり好きでした…が売れ始めてからは購入意欲がわかなくなり、
自分の中でフェードアウトした存在です。

------------------------------------------------------------------------
姫乃樹リカさんねー 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月29日(木)00時10分9秒

 スキャンドール様

>常に新鮮でい続けると言うのは、難しいことですね。
飽きられないように、そして、ファンを裏切らないように何かにチャレンジし、
且つ今までの良いところを維持し続けることは、並大抵の方では出来ませんね。

 ええ、それをできるのがごく少数の「スター」なんでしょうね。

>お互いに熟女に弱そうですね。
熟女B(♪バナナの皮をむくように…)…こんな歌もありましたね。
少しいやらしい感じがする方が更に好きです。

 私はその曲を知りません。五月みどりさんですよね?題は知ってたけど。
またいやらしい歌詞・・・しかし熟女Bに××されてみたかったですよ。
これからでもOKです(笑)。関係ないけど「少女A」が22年前の今日
(あ、もう日付が変わりましたね)、7/28発売されています。これは今
聴いても名曲ですね。当時大学受験でしたけど、この曲の振りを一部
覚えたほどです(大バカ?)。

>ビクター70’S筒美京平集もお忘れなく…
南沙織さんは、MDに落として毎日、聴いています…(言い訳になっていませんが…)
そちらのCDも必ず聴きまくります!

 全然言い訳になってませんが、中原理恵さんは「シングルス」を購入されました?
いずれにしてもなかなかのセンスですよ。とにかく彼女の消息が知りたいんです。
何か手がかりはご存知ありませんか?

>そういう聴き方もいけないとは思うんですが。
良い、悪いではなくて好き、嫌いの問題ですね。
私も、どちらかと言うとオリジナル尊重派ですから…。

 やっぱりね、前もカバーの問題は出ましたけど、森高さんの「17才」みたいに
よっぽどオリジナリティーあふれる味付けをしてくれない限り、オリジナルの力に
負けちゃうんですよ。

>まさか森田まゆみさん。ありえませんね。
時代的には、もう少し新しいです。
この方は、ホントに可愛かったですよ。
歌唱力も抜群と評価も高かったですし。
もう少し売れても良かった方ですね。

 よっかーさんが正解を出してらっしゃるようですね。ハイ、いましたね。モモコクラブ
でしたよね?「ザ・ベストテン」のスポットライトぐらいでしか見た記憶はないんだけど、
伸びのある声だったのは覚えてます。「ときめいて」とか出してましたよね?でもねー、
高橋美枝さんなんかにも言えるんですけど、彼女みたくあまりにアイドルした容姿の方って
逆にキツイみたいですね。私は彼女の88年は、西田ひかるさんだろうと予想していました。

------------------------------------------------------------------------
よっかー様 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月29日(木)00時08分40秒

>『フェアリー・テール』姫乃樹リカ 1988キティ…

ずばり…当たりです!
自分の中では、秘密兵器的な存在!?のアルバムだったので、分かるか不安でしたが
当てていただいてよかったです。

>せめてボーナストラックにでも「硝子のキッス」のリミックスでも収録してたら、展開も違ったかなぁ。

そういえば、ベスト盤でもリミックスされている曲は無かったですね。
その後のシングル“スタンド・バイ・ミー(YAWARA!のエンディングテーマ)”
“地上の楽園(作詞 松本 隆さん 作曲 井上 陽水さん)”も良い曲でしたが
売り上げ的には?でしたね。
もっと(Hurry Up!)売れても良かった方と今でも思っています。

>地元へは「西邑理香with COMING SOON」に改名してからも、…。

改名後、テレビ東京でアーティスト紹介的な番組(番組名は?)の司会をしていましたが、
その後ぐらいからテレビでは見かけなくなりました。

>今は3児の母ですが、落ち着いたらまた歌うと言ってたね。

是非、聴いてみたいですね!

------------------------------------------------------------------------
これはわかったかも!! 投稿者:よっかー  投稿日: 7月28日(水)23時25分53秒

>スキャンドールさん
よく聴くアルバムなので、これはイケるかと。

1.Fairy Tail〜おとぎ話〜
2.夕映えのシルエット
3.ガールフレンド
4.シンデレラは踊れない
5.Marbles
6.あと3分で恋が終わる
7.涙のパラシュート
8.星空のデイト
9.た・め・い・きニュアンス
10.DAY BY DAY
『フェアリー・テール』姫乃樹リカ 1988キティ

すごく可愛い笑顔が好きでした。(ライブで間近で見ました)
今、冷静になってこのアルバムを見てみると、せめてボーナストラックにでも「硝子のキッス」のリミックスでも収録してたら、展開も違ったかなぁ。

地元へは「西邑理香with COMING SOON」に改名してからも、趣味の釣りも兼ねてライブに来ましたよ(笑)。今は3児の母ですが、落ち着いたらまた歌うと言ってたね。

ちなみに「涙のパラシュート」は牧瀬里穂とは同名異曲です(笑)。

------------------------------------------------------------------------
クイズの答えは、もう少し待ちましょう… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月28日(水)23時22分30秒

>結局うまくなるに伴って新鮮味を維持できるかどうかにかかっていると思うのですが。

常に新鮮でい続けると言うのは、難しいことですね。
飽きられないように、そして、ファンを裏切らないように何かにチャレンジし、
且つ今までの良いところを維持し続けることは、並大抵の方では出来ませんね。

>お互いに熟女に弱そうですね。

熟女B(♪バナナの皮をむくように…)…こんな歌もありましたね。
少しいやらしい感じがする方が更に好きです。

>ビクター70’S筒美京平集もお忘れなく…

南沙織さんは、MDに落として毎日、聴いています…(言い訳になっていませんが…)
そちらのCDも必ず聴きまくります!

>そういう聴き方もいけないとは思うんですが。

良い、悪いではなくて好き、嫌いの問題ですね。
私も、どちらかと言うとオリジナル尊重派ですから…。

>まさか森田まゆみさん。ありえませんね。

時代的には、もう少し新しいです。
この方は、ホントに可愛かったですよ。
歌唱力も抜群と評価も高かったですし。
もう少し売れても良かった方ですね。

------------------------------------------------------------------------
クイズ降参です。 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月28日(水)22時45分12秒

 スキャンドール様

>逆の言い方で言えば「歌唱力がアップしてつまんなくなった」…
うまくなるとアイドルは売れなくなると言う事でしょうか…。
それも悲しいですがしょうがないことですね…。

 いや、それは一概に言えないと思うんですね。やっぱり聖子さん
なんかは確実にうまくなっていった1人です。結局うまくなるに
伴って新鮮味を維持できるかどうかにかかっていると思うのですが。

>そんな詞だからまたソラで出てくるのでしょうか?
突き放したような歌い方と10代の番組に堂々と出ていたのでとても印象深いです。

 そう、突き放したような。はっきり歌ってから珍しく詞が聞き取れて(笑)。
でも当時20歳だったのよ(驚)。しかし当時小学生だっただろうあなたの方がもっと
オドロキ。もっとも私も幼稚園から「11PM」で朝丘雪路さんとか見てましたけど(笑)。
お互いに熟女に弱そうですね。私は男にも弱いから人生狂いましたよ(笑)。

>正解は、中原理恵さん「SHOW BOAT」です。
最近ベストCDを購入したのにまだ聴いていなかった…
これでは、いけませんね。
明日から聴きまくりたいと思います。

 いかんなあ。ホントに感動しますよ。ビクター70’S筒美京平集もお忘れなく
(正確な題を忘れました、失礼)。古賀栄子さん「夕立ち日記」この時期に
聴かなければ意味がありません。

>「グッバイマイラブ」も??で。好みの問題でしょうが。
これは本当に失敗!と思いました。
なんでこの曲と思いましたが、SCDは購入しました。

ええ、どうしても私の世代はアン・ルイスさんと比較しますからね。
そういう聴き方もいけないとは思うんですが。

ところでさっきのデビュー・アルバムクイズ、やはり降参です。
シングルを入れないデビュー・アルバムなんて超強気ですね。
作家陣も妙に豪華だし・・・まさか森田まゆみさん。ありえませんね。

------------------------------------------------------------------------
KOSUKE様… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月28日(水)22時25分49秒

>逆の言い方で言えば「歌唱力がアップしてつまんなくなった」…

うまくなるとアイドルは売れなくなると言う事でしょうか…。
それも悲しいですがしょうがないことですね…。

>そんな詞だからまたソラで出てくるのでしょうか?

突き放したような歌い方と10代の番組に堂々と出ていたのでとても印象深いです。

>正解は、中原理恵さん「SHOW BOAT」です。

最近ベストCDを購入したのにまだ聴いていなかった…
これでは、いけませんね。
明日から聴きまくりたいと思います。

>松下葉子さん(この人ご存知だったらすごい。

さすがに知りません…。(ちょっと悔しいですが…)

>じゃあ先日の書き方は不愉快でしたね。すみません。

全然、大丈夫です。
何故か売れてしまった感じがしたのも現実ですし。
奥歯にものが挟まったような歌い方が好きでした。

>「グッバイマイラブ」も??で。好みの問題でしょうが。

これは本当に失敗!と思いました。
なんでこの曲と思いましたが、SCDは購入しました。

------------------------------------------------------------------------
訂正 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月28日(水)22時15分28秒

申し訳ございません!!とろりさんとにこらさんが頭の中でごっちゃになってしまってます。

今夜のお題:「洗いざらしの15歳」。
 ヒント:とろりさん世代(75年前後。とろりさん、しつこくてすみません)。ぎんざNOW。→
     にこらさん世代(75年前後。にこらさん、しつこくてすみません)。ぎんざNOW。
に訂正お願いします。本当に失礼いたしました。 

------------------------------------------------------------------------
またまたクイズです… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月28日(水)22時11分0秒

デビューアルバム全10曲のイントロクイズです。

1.教えてあげる 素敵なヒミツ…(本人作詞)
2.パラソルのまわりでは…(作詞、作曲 松宮恭子さん)
3.あなたが選んだ生きかただからね…(作詞 松本隆さん)
4.乗りつけるポーチ やさしく迎えて ドアボーイ…(作詞 森田由美さん)
5.いつでもあなたのそばにいるわ…(作詞 三浦徳子さん)
6.返事だけで黙る電話の…(作詞 田口 俊さん)
7.あなたのドアの前 彼女の声…(作詞 三浦 徳子さん)
8.星祭りの後 町の灯を見下ろす丘…(作詞 松本 隆さん)
9.海で遊ぶHolidayかなえられたのにタ・メ・イ・キ…(作曲 来生たかおさん)
10.目を細めてそっと手をかざせば…(作詞 田口 俊さん)

シングル曲が入っていない意欲作です…
セカンドアルバムもシングル曲が入っていない超意欲作でしたが…
ヒントは、ポスト聖子…だったときもありました。

------------------------------------------------------------------------
うーん残念。正解言います。 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月28日(水)22時10分32秒

 スキャンドール様

>アイドルの方達は、人気と反比例に歌唱力、表現力が格段とアップされる方達が
非常に多かったように思います。(好き嫌いは別として…)
前にも書かれていましたが、映画撮影がアイドルの寿命を縮めてしまいましたね。
伊藤つかささん、宇佐美ゆかりさんも同様でした。
ビッグアイドルだと海外進出によって寿命を縮めた方もいらっしゃいましたが…。

 こんばんは。そうですね、逆の言い方で言えば「歌唱力がアップしてつまんなくなった」
なんて書かれていたのが若林しほさんとか。ヘタだから面白い、ていうのは作り手・歌手の
側にとってはとんでもないだろうけれど確かにあります。でも海外進出で寿命を縮めた例
は知ってるけど、伊藤つかささんも宇沙美ゆかりさんも映画進出で寿命を縮めたということは
知りませんでした。

>アダルティー…大好きです…。
そういえばテレビ朝日のB級アイドルしか出ない番組に速水さんが出ていたのですが、
その時に、絵画(油絵?)に今はまっています…(黒いベレー帽をかぶって…)と
言っていたのを思い出しました。

 なんかシブかったというか、妙なインパクトがありましたよね。♪この部屋 いかが
音楽 いかが 優しさ いかが 私の中に前の女探してる・・・すごい詞。そんな詞
だからまたソラで出てくるのでしょうか?

>ヒント:京平先生作曲・田辺エージェンシー所属・一世を風靡したあのいい女と言えば!
多分、小林麻美さんだと思うのですが(違っていたりして)…曲名は分かりません。
トレンディー女優として活躍されている最中、社長さんと電撃結婚されましたね。

うーん・・・アダルティー好みのスキャンドールさんならOKかな?と予想したのですが。
どうも田辺エージェンシーのいい女=小林麻美さん、というパブリックイメージに
なっているようですね。確かに京平先生の作品も歌っていましたが、紅白まで出たのは・・
正解は、中原理恵さん「SHOW BOAT」です。彼女の中で一番好きで(「東京ららばい」より
名曲だと思ってます)、毎晩聴いてるほど。79年日本テレビ音楽祭・金の鳩賞候補でも
歌われました。ちょっと古かった・・・わけでもないですよね?

>水谷麻里さん
デビュー時のおかっぱ頭(真璃子さんや松本典子さんも…)がとても印象的でした。
デビュー曲から乙女日和までは、比較的おとなしめに歌っていましたが、
その後からの楽曲のはじけ具合…好きでした。

 私は逆ですよ。ガッカリしました。特別好きでもなかったけど、「乙女日和」の路線を
続けてほしかったですね。本人も2年目はもうやる気が感じられませんでしたね。ノリピー
にあれだけ力が入ると、複雑だったでしょう。松下葉子さん(この人ご存知だったらすごい。
サンミュージックの演歌新人「佐原恋唄」♪バカバカバカ・・・)とよくつるんでたみたいです。

>坂上香織さん
デビューしたときから好きでした。
曲自体も大物作家さんが参加されていて聞き応え十分でした。
最初は、お嬢様(美少女)路線で、大物感すら漂っていましたが、
グッバイマイラブで躓いてしまいましたね。(躓いても、まだ好きでしたが…)

 じゃあ先日の書き方は不愉快でしたね。すみません。
 私はこの娘はダメだろうと思ってました。なんでそんなに騒いでるんだろうって・・・
 ごめんなさい、「グッバイマイラブ」も??で。好みの問題でしょうが。

 じゃあ、しつこく今度は「キャッチフレーズクイズ」にさせて頂きます。
 今夜のお題:「洗いざらしの15歳」。
 ヒント:とろりさん世代(75年前後。とろりさん、しつこくてすみません)。ぎんざNOW。

------------------------------------------------------------------------
よっかー様 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月28日(水)21時56分1秒

>そうかぁ〜アルバムに収録されてるのはバージョン違いなのかぁ。シングルは持ってたんだけど...勉強になるなぁ。でも復刻は難しいな。

シングル盤をもっているとアルバムの中にシングルバージョンが入っていると
なんとなく損した感じがしたものです。
さすがにカンフーボーイはアルバムには未収録ですが…。
何故かそのカンフーボーイはレコードで購入していて今はもう聴くことができません。

>中江有里のビブラートっていうんですかね、震えるような声が好きなんですわ。

アイドルと言うよりは、女優さんが歌っていますという雰囲気でしたね。
(和久井映見さん同様に…)
私は、声に魅力を感じてシングル、アルバムを購入しました。
デビュー曲のCMで『飛鳥涼さん…素敵な歌をありがとう…』と言っていたのを
覚えていらっしゃしますでしょうか?

------------------------------------------------------------------------
こんばんは… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月28日(水)21時44分21秒

KOSUKE様
>八木さおりさん…夜ヒットでも歌ってたんですか・・・あと正解も彼女ですか?路線を変えたんですね。それにだんだんうまくなっていった?へえ、これはトリビアです。聞いてみなければわからないことでした

アイドルの方達は、人気と反比例に歌唱力、表現力が格段とアップされる方達が
非常に多かったように思います。(好き嫌いは別として…)
前にも書かれていましたが、映画撮影がアイドルの寿命を縮めてしまいましたね。
伊藤つかささん、宇佐美ゆかりさんも同様でした。
ビッグアイドルだと海外進出によって寿命を縮めた方もいらっしゃいましたが…。

>(結構アダルティー路線が好きでしょう?)正解は速水陽子さん「い・か・が」でOKです。

アダルティー…大好きです…。
そういえばテレビ朝日のB級アイドルしか出ない番組に速水さんが出ていたのですが、
その時に、絵画(油絵?)に今はまっています…(黒いベレー帽をかぶって…)と
言っていたのを思い出しました。

>ヒント:京平先生作曲・田辺エージェンシー所属・一世を風靡したあのいい女と言えば!

多分、小林麻美さんだと思うのですが(違っていたりして)…曲名は分かりません。
トレンディー女優として活躍されている最中、社長さんと電撃結婚されましたね。

>その中で水谷麻里さんは「21世紀まで愛して」が入ってないから×、って感じで消去法(笑)で消してって。

デビュー時のおかっぱ頭(真璃子さんや松本典子さんも…)がとても印象的でした。
デビュー曲から乙女日和までは、比較的おとなしめに歌っていましたが、
その後からの楽曲のはじけ具合…好きでした。

>実は坂上さんは「レースのカーディガン」くらいしか覚えてませんが、雰囲気でなんとなくわかったというところです。

デビューしたときから好きでした。
曲自体も大物作家さんが参加されていて聞き応え十分でした。
最初は、お嬢様(美少女)路線で、大物感すら漂っていましたが、
グッバイマイラブで躓いてしまいましたね。(躓いても、まだ好きでしたが…)

------------------------------------------------------------------------
再度ヒント 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月28日(水)21時12分4秒

 よっかー様 

 こんばんは。クイズの件は私も歌手名だけしかわからないということが多く、悔しいです。
 ところで・・・あれっ意外、もう正解が来てるとてっきり思ってたんですけど・・・
 田辺エージェンシーのいい女は、紅白も出ました。ある年齢以上ならほぼ全員ご存知の歌手。
 ただこれは歌手は出てきても、曲名が難しいかも。くどいけど京平先生です。

 にこら様

 こんばんは。次は今度にこらさんの時代(?)のクイズを出す予定で考えてます。
 つまり75年前後(笑)ということですね。ところで「池上線」の方が「田園都市線」より
1,000倍は有名ですよ。曲名としては。
 

------------------------------------------------------------------------
小鹿ミキ「田園都市線」 投稿者:にこら  投稿日: 7月28日(水)20時29分44秒

とろりさま、

 EPコーナーで更新されていたので気になってコメントさせていただきました。「田園都市線」はフォークの影響を受けた曲のようで、同じくらいの時期に「池上線」という曲もありました。歌詞の内容は「東京郊外に住む人の普通の生活」みたいのがテーマのようなので、よそ者には実感できませんでした。
 B面の「ナルシスの恋人」ははじめ、歌詞がかなり危ない内容だと思っていました(笑)、猛烈に反省しなければなりません。彼女の歌唱は感情を殺した雰囲気で印象的です。思わせぶりな歌唱の「いけない子になる時/二度とは起こらない」もいいですよ。

------------------------------------------------------------------------
そうなんか〜。 投稿者:よっかー  投稿日: 7月28日(水)19時15分26秒

>クジラ2号さん、KOSUKEさん
速攻解答お見事でやんす。いつも聞いてても字で書き起すと、自分に出されても解らないクイズなんだけどねぇ(笑)。つまりは歌詞を聞き込んで無いって証明されてるようなもの。けっこう流されて音として聞き流してるんだなぁ。私は。

田辺エージェンシーのいい女って...。歌詞よりもここにひっかかって次に移れないッッッ。

速水陽子さんのレコードはぜんぜん持ってなくて解りませんでした。

>スキャンドールさん
そうかぁ〜アルバムに収録されてるのはバージョン違いなのかぁ。シングルは持ってたんだけど...勉強になるなぁ。でも復刻は難しいな。

中江有里のビブラートっていうんですかね、震えるような声が好きなんですわ。

------------------------------------------------------------------------
お見事!! 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月28日(水)06時52分3秒

 スキャンドール様

 おはようございます。

 >それからサンキストゼリーのCFソングは、「HEART BEATきかせて」ではありません。どうもシングル化されていないみたいです。

シングル発売されています。K10X-23008でジャケットには、
サンキストつぶゼリー・イメージソングと記されています。
B面は、オリーブの天気予報です。
ちなみにこの曲は、夜のヒットスタジオでも披露されました。

 どうもありがとうございました、というより失礼しましたですね。(87年ですが、チャートインしていないのは何故?)夜ヒットでも歌ってたんですか・・・あと正解も彼女ですか?路線を変えたんですね。それにだんだんうまくなっていった?へえ、これはトリビアです。聞いてみなければわからないことでした。

>♪ Try me Try me 見てるだけじゃはじまらない
   Try me Try me あなた食べず嫌い

“速水陽子さんのい・か・が”ですね。
センチメンタル倶楽部と言うファーストCDを持っています。
実に不思議なアルバムですね。
 
 お・見・事!「センチメンタル倶楽部」を持ってる方には簡単でしたね。(結構アダルティー路線が好きでしょう?)正解は速水陽子さん「い・か・が」でOKです。ちなみに81.8.1発売、チャートイン(92位)を果たしています。作詞はスタ誕出身で「人見知り」で知られるあの神田広美さん。この速水さんは、ピンク・レディーのMIE(未唯?)さん風のはきはきした歌い方が特徴でした。2ndが「やっぱり」。この頃突如バストを披露したのが高2の私には衝撃でしたね。

 それでは調子に乗ってサビ・クイズ第二弾!ちょっと難易度を落とします。シングルです。

 ♪ 通り雨で済むような 恋じゃないと知ってたの

 ヒント:京平先生作曲・田辺エージェンシー所属・一世を風靡したあのいい女と言えば!
 
 ちなみに松本隆氏作詞のヒントだけ、ってのは決して簡単じゃないですよ。先日の坂上香織さんも、実は「秘蔵シングル盤天国」でデビュー曲が松本隆氏で、80年代中期〜後期の歌手をピックアップしたんですよ。これだけでも多い多い。その中で水谷麻里さんは「21世紀まで愛して」が入ってないから×、って感じで消去法(笑)で消してって。実は坂上さんは「レースのカーディガン」くらいしか覚えてませんが、雰囲気でなんとなくわかったというところです。

------------------------------------------------------------------------
こんばんは… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月28日(水)01時46分30秒

昨日、返事を入れたのですがエラーメッセージが出て送れませんでした。
失礼しました…。

yochy様の言われる通り、答えは、谷山浩子さんの曲が半数を占める
八木さおりさんのアルバム“Merlin”でした。
谷山さんのアルバム“冷たい水の中を君と歩いていく”の数曲が八木さんに先に
プレゼントされたのでしょう、かなり色濃く谷山さんワールドがでています。

クジラ2号様の言われるとおりファーストアルバム“PURITY”では確かに
一生懸命さは、伝わりますがまだ表現力等は、稚拙な感じがします。
ただ、セカンドアルバムの“MOON&LOVE”からの歌唱力は、目を見張るほど
進化しています。
そしてラストアルバム“Merlin”では、素晴らしい表現力で聴いていて息苦しさを
覚えるほどです。

KOSUKE様
>それからサンキストゼリーのCFソングは、「HEART BEATきかせて」ではありません。どうもシングル化されていないみたいです。

シングル発売されています。K10X-23008でジャケットには、
サンキストつぶゼリー・イメージソングと記されています。
B面は、オリーブの天気予報です。
ちなみにこの曲は、夜のヒットスタジオでも披露されました。

よっかー様
>わからねー(笑)。八木さおり...??? にしては、7の歌が「SAYONARA」じゃないし。

4曲目HeartBeatきかせてと7曲目のSAYONARAは、(Re-Mix)と
なっていてアレンジが違っていたり、出だしが少しシングルと違っていたりと
かなり凝った作りになっています。

>ある歌手(女優も)のファーストアルバムです。

セカンド(ラスト)アルバムのdeuxcouleursも中江さんらしさが出ていて
良かったです。

KOSUKE様
>♪ Try me Try me 見てるだけじゃはじまらない
   Try me Try me あなた食べず嫌い

“速水陽子さんのい・か・が”ですね。
センチメンタル倶楽部と言うファーストCDを持っています。
実に不思議なアルバムですね。

------------------------------------------------------------------------
突然ですがサビ・クイズ 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月27日(火)21時55分21秒

 たびたび失礼します。
 出だしクイズが流行っているようですが、私今「サビ・クイズ」を思いつきました。
 次の曲の題名と歌手名をお答え願います(シングルです)。

 ♪ Try me Try me 見てるだけじゃはじまらない
   Try me Try me あなた食べず嫌い

 ヒント:1980年代デビュー、所属は渡辺プロ。わかる人はすぐわかるはずです。

------------------------------------------------------------------------
中江有里さん 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月27日(火)21時12分12秒

 よっかー様 クジラ2号様

 こんばんは。中江有里さん、歌の記憶はありませんがNHK朝ドラ「走らんか!」に出演していたのをはっきりは覚えています。(ダブル・ヒロインの片割れの菅野美穂さんは大ブレークしたのに・・・)最近はシナリオ創作活動もしていると、某雑誌で読みましたよ。
 でもこうやって見ていくと、来生姉弟の才能はすごいものがあると思います。

------------------------------------------------------------------------
memoire 投稿者:クジラ2号  投稿日: 7月27日(火)16時06分9秒

よっかーさん>
聞いた事はありませんが、中江有里「メモワール」でしょうか?
 http://www.mtv.ne.jp/yuri/cd1.html

「風の姿」(作詞・作曲 中島みゆき)は、持ってます。良い感じですね。
かなり繊細な感じですね。

------------------------------------------------------------------------
八木さおり「センシティブ・ハート」 投稿者:よっかー  投稿日: 7月27日(火)13時59分44秒

デビュー曲のカップリングされてた『ジェニーがやって来た』主題歌の方が記憶に残ってます。

映画「パンダ物語」のロケは確かに運がなかったかも。
この映画が当たれば問題なかったけど、当たらなかったから無駄な時間を費やしたように言われちゃうんだよね。他の娘よりもデビュー曲を披露するテレビ出演も少なかった。「センシティブ・ハート」はNHKのドラマだったから、とりあえず『スタジオ101』で披露することができましね。
『パンダ物語』より『びんばりハイスクール』の方が八木さおりの魅力を出してた。

もう少し出かけてたら、どんどん進んじゃうからクイズもよくわからないね(笑)。
ずいぶん前になっちゃったけど
>とろりさん
「ゴライオン」千家和也先生の連発、ご名答でした。

>スキャンドールさん
わからねー(笑)。八木さおり...??? にしては、7の歌が「SAYONARA」じゃないし。

★★★★似たようなクイズをこちらからも出題しましょうか★★★★★
ある歌手(女優も)のファーストアルバムです。
1.腕と腕が そっと触れる...
2.長い小説のページを開くときに...
3.時計の針と電話を交互に見る...(作詞・来生えつこ)
4.Moonlight ふたり 指が少し触れて...(作詞・青木せい子)
5.卒業写真で好きだと言えない...(作詞・吉元由美)
6.まるでそれは水の中のメロディのようで...(作詞・飛鳥涼)
7.こうして空を見てると ためいきが出るわ...
8.つま先が少し痛い感じ...(作詞・来生えつこ)
9.すみれ色の午後に...
10.大きく窓を開けたら...
11.ねぇ つらいときは あなたの名前...

歌声がすごく特徴があって好きだったのにあまり歌手活動をしてくれませんでした。
今も夜に聴いたりしてます。1973年大阪出身の彼女は最近は仕事のペースをゆるやかにしました。こんなトコでどうでしょう。

------------------------------------------------------------------------
やっぱりヘタでした 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月27日(火)09時25分41秒

 おはようございます。八木さおりさん「瞳で片想い」、「Super Select IDOL SONGS」に収録されていたので聴いてみました。やっぱりヘタでした(失礼)。「ルックスを評価する声が圧倒的」の間違いだったんでしょうな。それからサンキストゼリーのCFソングは、「HEART BEATきかせて」ではありません。どうもシングル化されていないみたいです。
 このラストアルバムも、結論は出ないようですね。結局ファーストは多くの人が出すけれど、ラストアルバム(それが=ファースト、ってことも多いけど問題の主旨から言って違うでしょう)は限られますからね。それに谷山浩子さん、ってのは私もなんとなくわかりますが、この路線を歌ってる人がまた圧倒的に少ないですからね。少なくとも真弓倫子さんや藤井一子さんのラストアルバムじゃないことは、間違いないでしょう(笑)。 

------------------------------------------------------------------------
おじゃましまーす 投稿者:minmin  投稿日: 7月26日(月)23時22分49秒

「瞳で片想い」(作詞来生えつこ、作曲来生たかお)

------------------------------------------------------------------------
いいセンいってるかも 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月26日(月)12時11分1秒

 クジラ2号様

>八木さおり さんの「MERLIN」でしょうか。持っていないので、どうかな・・・
「瞳で片想い」(作詞来生えつこ、作曲来生たかお)が聞きたくて、ファースト・アルバム「ピュアリティ」のCDを買いました。そのCDでは、それほどの歌唱力と表現力があるとは思いませんでしたが、その後、努力されてチカラをつけられたのでしょうね。

 こんにちは。これはいいセンいってるかもしれませんよ。彼女は大成するのでは、と(とにかくデビュー時のCM攻勢がすごかったです)思ってた私はやはり見る眼がないのでしょうか?でもあの小室哲哉氏も目をつけていたことは有名ですからね。「秘蔵シングル盤天国」によれば「ルックスはともかく楽曲・歌唱を評価する声は圧倒的。アルバムも最高の出来」とありますが、あなたがおっしゃるようにそんなに上手かった印象はありませんでしたけどね。ただ題名(すら)忘れたんですが、デビュー半年後くらいの(?)サンキストゼリーのCFソングが抜群にいい出来でしたね。彼女の敗因は、映画「パンダ物語」のロケで長期間日本を離れたこと、といわれているのですがどうなんでしょう?

------------------------------------------------------------------------
八木さおり さん? 投稿者:クジラ2号  投稿日: 7月26日(月)11時28分47秒

KOSUKEさんにバトンタッチされるほどアイドルに詳しくはありませんが・・・

八木さおり さんの「MERLIN」でしょうか。持っていないので、どうかな・・・
「瞳で片想い」(作詞来生えつこ、作曲来生たかお)が聞きたくて、ファースト・アルバム「ピュアリティ」のCDを買いました。そのCDでは、それほどの歌唱力と表現力があるとは思いませんでしたが、その後、努力されてチカラをつけられたのでしょうね。

------------------------------------------------------------------------
あれっ 投稿者:yochy  投稿日: 7月26日(月)11時00分25秒

もしかして、「ひまわり私を隠して」ではなかったでしたっけ?
いま鼻歌していて思い出したんですけど。

------------------------------------------------------------------------
ひまわり私を助けて 投稿者:yochy  投稿日: 7月26日(月)10時41分53秒

スキャンド-ル様
誰のアルバムかは存じませんが、谷山浩子さんの作った曲が何曲か入ってますね。私は谷山浩子さんの大ファンなんで、これだけは知っていました。(最近のネタはどうもチンプンカンプンで、ついていけない)。「トライアングル」、「ひまわり」など。「ひまわり」は斉藤由貴さんが歌っていましたけど。ラストアルバムってことはないですもんね。

------------------------------------------------------------------------
ちょっと、わかんないわよ(笑) 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月26日(月)06時30分11秒

 スキャンドール様

 おはよう、坂上香織よ。あらヤマカンのくせに合ってたの?不愉快だわ。今だったら♪紅茶をどうしてそんなにゆっくり飲むの なんて言うわけねえだろ? ♪どうして紅茶をそんなにもたもた飲むんだよ って言いたいところだわ。KOSUKEは、5.さざ波のレース素肌に纏って…で私だってわかったんだって。つくづくヒマ人な男だわ。そんなヤマカンでも磨いてるんならもっとHのカンを磨きなさいよ(笑)。で何次の曲?ラストアルバム?ヒントなし?それにしても×××が短いのが気になるわね。また私のデビュー当時もビックリなほどブリッコな歌詞だわ。ラストアルバム、ってことは派手に解散か引退した人でしょう?これは私と同時期の人だと思うけど、またKOSUKEのヤマカンによれば「昨日さんざん議論した真璃子さんだろうけど自信は全くない」って。
 以上「今風の」坂上香織さんでした。もう冗談抜きに、とろりさんかクジラ2号さんにバトンタッチしたい気分です。わかるわけないですよ。でも昨日の出だしの詞、坂上さんじゃなくて違う新人用に書き直してみたいと思うくらい素晴らしいです。(もちろん来生たかおさん作曲のイメージで)それこそ本来聖子さんの世界ですからね。♪風色の花が咲いてる なんて・・・

------------------------------------------------------------------------
ヤマカンとは言え… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月26日(月)01時30分29秒

KOSUKE様
ヤマカンで正解とは…トホホ…くやしいー…ヒントがわかりやすいのかな…

それでも、又、次の問題に行きたいと思います。
今度は、ある歌手の方のラストアルバム11曲のイントロクイズです。

1.悲劇の××× おどけてゆがんでる…(××は曲のタイトルですので伏字です)
2.××× 恋人の秘密…(××は曲のタイトルですので伏字です)
3.星屑の降りそそぐ 屋根に腰掛けて…
4.夕暮れ 風の遊歩道…
5.××× わたしをたすけて…(××は曲のタイトルですので伏字です)
6.あと 15分 列車が出るまで
7.一度しか言えないから…
8.元気でいてね あなたが幸せなら…
9.レンゲの花で輪を作り…
10.ここでいいよ 送らなくて…
11.初めて誰かを 愛したあの頃…

ヒントはありませんのであしからず…。
今でも大好きなアルバムでよく聴きます。
作家陣も豪華ですが、それに負けない歌唱力と表現力が聴き処のアルバムです。

------------------------------------------------------------------------
Metoo. 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月26日(月)00時24分14秒

スキャンドール様

>そう言わずに考えてみてください…。
ヒントは1曲目と6曲目がシングルと言うことです。

 もうヤマカンでいきますよ。もちろん歌手名しか
わかりません。坂上香織さんですか?

>真璃子さんの敗因ですが、やはり86〜87年というバブル期にしてはやや地味でしたね。
>レコード会社(フォーライフ)もアイドル向きではなかったと思います。
そして事務所のアイドルとしての売り方が徹底していなかったように思います。
AtoZと言う比較的小さな事務所でアイドルを売り出すには弱かったようです。

 それはありますね。逆に立花理佐さん同様、その(とんねるずの肝いりがあった
とは言え)弱小プロで新人賞を総ナメにしたのが不思議なんですよ。まあチャート
的には好成績だったのは確かでした。

>途中から「絞り込み」をかけるべきだったんです、…。
>どの路線が良いと思いますか?
私は初期から中期の路線を繰り返していってほしかったです。

 私は初期三部作(「私星伝説」「恋、みーつけた」「夢飛行」)の路線
でいくべきだったと思いますね。そういう意味で「疑問符」は「コレだ!」
って思ったんですよ。それがまた「お嫁にいきたい」とか「セシルの週末」
とか、作品自体は悪くないんだけどバラバラで・・・。
やっぱり「運」もあったんでしょうね。

それではまた1週間、頑張りましょう。

------------------------------------------------------------------------
今夜はこれで… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月25日(日)23時50分7秒

KOSUKE様
>(しかしあなたも相当負けず嫌いみたいですね?)

いやはや…どうも…そんなかんじです…。

>これはド・マイナーですね。歌手名すらパスします。

そう言わずに考えてみてください…。
ヒントは1曲目と6曲目がシングルと言うことです。

>真璃子さんの敗因ですが、やはり86〜87年というバブル期にしてはやや地味でしたね。

レコード会社(フォーライフ)もアイドル向きではなかったと思います。
そして事務所のアイドルとしての売り方が徹底していなかったように思います。
AtoZと言う比較的小さな事務所でアイドルを売り出すには弱かったようです。

>これは本人が器用で、何でも歌いこなせることが裏目に出てしまったんでしょうね。

本当ですね、器用貧乏とでも申しましょうか…。

>途中から「絞り込み」をかけるべきだったんです、…。

どの路線が良いと思いますか?
私は初期から中期の路線を繰り返していってほしかったです。

>残念でならないアイドルの1人ですし、もっと高評価を得られていいと思います。

評価的には、おっしゃるとおり高評価をつけてあげたいです。

------------------------------------------------------------------------
真璃子さんの敗因 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月25日(日)23時10分20秒

 スキャンドール様

 やっぱり2,000枚には勝てません。歌手名はわかってもアルバムとなると持ってませんからねー。悔しいところです。(しかしあなたも相当負けず嫌いみたいですね?)このクイズですが、

1.風色の花が咲いてる…
2.鞄をさげて制服のままで…
3.川に沿って歩きたいの…
4.何か悩みがあるなら…
5.さざ波のレース素肌に纏って…
6.サヨナラという駅から…
7.何故静かに紅茶を飲むの?…
8.あの人に見せたいの…
9.何も聞かないで My dear…
10. 金色の陽に包まれた…

 この1.〜10.で一曲できそうですね(笑)。典型的な80年代のアイドルの詞といった感じで、中期の聖子さんそのものですが・・・これはド・マイナーですね。歌手名すらパスします。

>いつブレイクするか…デビューした時からずっと思っていました。
テレビの主題歌及び出演なり、本人出演の自曲のCM出演だったり、
事務所の先輩のとんねるずとの競演なり色々頑張っていましたが、
やはり、キャニオン…フジテレビがらみが多かったこととおニャン子の存在も
真璃子さんがブレイク出来なかった原因だと思います。
アルバムは、本当に名盤ぞろいです。
ウィスパー唱法の最高峰だと思います。

 彼女に関しては、楽曲・歌唱・資質・プッシュ体制は全て問題なかったと思います。
だからサンミュージックの水谷麻里さんを抑えて、歌謡大賞の放送音楽新人賞まで獲れた
わけですから。敗因ですが、やはり86〜87年というバブル期にしてはやや地味でしたね。
もちろんおニャン子の存在も大きかったでしょう。あと路線が分散しすぎました。
これは本人が器用で、何でも歌いこなせることが裏目に出てしまったんでしょうね。
やっぱり森高千里さんみたいに、途中から「絞り込み」をかけるべきだったんです、
あるジャンルに。残念でならないアイドルの1人ですし、もっと高評価を得られて
いいと思います。

------------------------------------------------------------------------
以外と簡単過ぎましたね… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月25日(日)22時33分48秒

クジラ2号様…簡単にわかってしまわれたようですね…。
少しショックです…でもありがとうございました…。

続いて、又、デビューアルバムの全10曲イントロクイズです。

1.風色の花が咲いてる…
2.鞄をさげて制服のままで…
3.川に沿って歩きたいの…
4.何か悩みがあるなら…
5.さざ波のレース素肌に纏って…
6.サヨナラという駅から…
7.何故静かに紅茶を飲むの?…
8.あの人に見せたいの…
9.何も聞かないで My dear…
10. 金色の陽に包まれた…

ヒントは全10曲作詞が“松本隆”さんと言うことです。

------------------------------------------------------------------------
RCサクセションと古井戸 投稿者:初心者  投稿日: 7月25日(日)22時28分14秒

忌野清志郎さんって「古井戸」の「さなえちゃん」って曲の時在籍していたとか・・・?
彼らも三浦友和さん同様同級生ですか?

------------------------------------------------------------------------
失礼しました 投稿者:クジラ2号  投稿日: 7月25日(日)22時21分29秒

スキャンドールさん さんを書きおとしました。失礼しました。

------------------------------------------------------------------------
私星伝説… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月25日(日)22時20分7秒

KOSUKE様
>7枚目の「疑問符」って曲でブレイクするんじゃ?って思ったんですが、69位に終わってガッカリしたのを覚えてます(会社入った年でした)。

いつブレイクするか…デビューした時からずっと思っていました。
テレビの主題歌及び出演なり、本人出演の自曲のCM出演だったり、
事務所の先輩のとんねるずとの競演なり色々頑張っていましたが、
やはり、キャニオン…フジテレビがらみが多かったこととおニャン子の存在も
真璃子さんがブレイク出来なかった原因だと思います。
アルバムは、本当に名盤ぞろいです。
ウィスパー唱法の最高峰だと思います。

>ところでとろりさん宛のクイズですが…。

答えはもうすぐですね…。
もっとドマイナーなものを探したいと思います。

------------------------------------------------------------------------
牧場ユミさん 投稿者:クジラ2号  投稿日: 7月25日(日)22時18分49秒

ひさしぶりです。
むずかしいクイズが続いてますね。
スキャンドールのクイズの「リトル・トウキョウ」(河合夕子さん)は、CD持ってます。
全曲いいですよね。

牧場ユミさんは、8月25日発売予定の「テイチク70’sアイドル・コレクション」に2曲収録予定ですね。(「冒険」と「盗賊アリババ」)
牧場ユミさんは、「フレッシュ・ポップス」(テイチク CF14)というアルバム(LP)も出してましたので、テイチクの全音源を集めてCD化してもらいたいですね。

高校時代の三浦友和さんは、ハード・ロック・バンドでドラムをたたいていたそうです。
時々RCサクセションの手伝い(パーカッション)を行っていたようです。
初期のRCサクセションのアルバムでも、レコーディングに加わっていたと、忌野清志郎氏が最近のAM放送で言っていました。

------------------------------------------------------------------------
今朝は失礼しました 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月25日(日)22時03分26秒

 スキャンドール様
 
 こんばんは。今朝は本当に失礼いたしました。
 久々の二日酔いでしたが、夕飯を食べて何とか治まりました。
 どうもありがとうございます。

 真璃子さんですが、高見沢さん作曲だと「あなたのすべてにRUN TO YOU」なんてのも
ありました。ホントに高見沢さんぐらいじゃないと出ないはずの高音の曲なのに、彼女は
ラクに歌いこなしてましたから驚きです。(これは1987.6.5.4時32分1秒発売ということ
でも話題になりました)で何枚目かな?7枚目の「疑問符」って曲でブレイクするんじゃ?
って思ったんですが、69位に終わってガッカリしたのを覚えてます(会社入った年でした)。

 ところでとろりさん宛のクイズですが、アルバム名はわかりませんが、アーティスト名
はもしかして「東京チークガール」の河合夕子さんでしょうか?ホリプロ・タレント・スカウト
に出たシンガーソングライターってあとは椎名林檎さん(笑)しか思い出せません。

------------------------------------------------------------------------
とろりん村のとろり様… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月25日(日)21時29分1秒

午前中に私の書き込みしたものが削除されているみたいです…。
もう一度、同じ内容にて書き込みしたいと思います。

アルバム全10曲 イントロクイズです。
アーティスト名とアルバムタイトル名をお答え下さい。

1.テレビジョン トリップ…
2.南へ向う 船に乗って…
3.Dance Hall Sweet Memories…
4.チャイナタウン 恋を覚えたスクールデイズ…
5.サテンのドレス ムーンライト・テラス…
6.キララメNightに 踊ろうよ…
7.濡れた瞳 熱い身体 ジゴロ・デ・マンボ…
8.パームトゥリーの スロープ登れば…
9.北京の夜空に 七色光線…
10.星空誘うよ 遠く神々のチャチャチャ…

ヒントですが…
1.デビューアルバムであること。
2.昭和50年代にデビューされた方です。
3.女性シンガー・ソング・ライターであること。
4.ホリプロ・タレント・スカウト・キャラバンに出場されたことがあります。

------------------------------------------------------------------------
こんばんは… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月25日(日)21時09分25秒

KOSUKE様
二日酔いの方は、いかがですか…。
だいじょうぶでしょうか…。

>オナッターズ…見てなかったし、お世話にもなってないから(笑)

私自身も、まだ小学生後半から中学の1年生位の時でしたので、
お世話にはなっていませんでしたよ。
ただ、番組が面白くて大好きでその延長でシングルとアルバムを購入したいきさつです。

>真璃子さん…嫁行ったんなら安心ですが。

シングルでお嫁にいきたいと言うのも出していましたね。

>「悲しみのフェスタ」なんてシブイ曲もありましたからね)

アルフィーの高見沢さんが作られましたね。
初期から中期にかけてはA面だけではなくB面にもかなりいい曲が多かったように
思います。

------------------------------------------------------------------------
牧場ユミさん・三浦友和さん 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月25日(日)19時35分19秒

 初心者様

>フォークソングについて色々見ていると昔「牧場ユミ」さんという歌手が居ましたが、彼女は「北山修/加藤和彦」コンビの曲を多く歌っているのです。「回転木馬」「冒険」とかです。どういう歌手だったでしょう?「北山修/加藤和彦」との関わりは?東芝って事?

 私もこの方はあまり詳しくありませんが、山口百恵さんや桜田淳子さんがスタ誕のオーディションで歌ったり、相本久美子さんが彼女のサイン会を見に行ってスカウトされた、なんてネタで知られていますよね。「見知らぬ世界」や「回転木馬」を聴いている限り、いわゆる「フォークソング」とは違うような気がしました。フォーク調のアイドル・ポップスというんでしょうか?北山=加藤コンビとの関わりは不明ですが、彼女は所属はテイチクでしたよ。

>後、今や山口百恵さんの旦那さん三浦友和さんって元々は高校の同級生と作ったRCサクセションのパーカッションで皆から「ハンサムだから俳優になれ」と唆され確か「刑事くん」で桜木健一さんのライバル役でデビューしたんです。

 友和さんは小学生の時大ファンだったんで、語らせて頂きます(彼が宣伝してたナショナルの自転車を親にねだったほど・・)。都立日野高校でRCの忌野清志郎氏と同級生・友人とのことですが、俳優デビュー作は72年の「シークレット部隊」(TBS系・宇津井健さん主演。確か「ザ・ガードマン」の後番組)でした。翌年の73年「刑事くん」に桜木健一さんのライバル役として主演、さらにグリコプリッツのCFで百恵さんと運命的な出会いを果たしたのが、翌74年の秋でした。

------------------------------------------------------------------------
フォークソング 投稿者:初心者  投稿日: 7月25日(日)19時14分1秒

フォークソングについて色々見ていると昔「牧場ユミ」さんという歌手が居ましたが、彼女は「北山修/加藤和彦」コンビの曲を多く歌っているのです。「回転木馬」「冒険」とかです。どういう歌手だったでしょう?「北山修/加藤和彦」との関わりは?東芝って事?
後、今や山口百恵さんの旦那さん三浦友和さんって元々は高校の同級生と作ったRCサクセションのパーカッションで皆から「ハンサムだから俳優になれ」と唆され確か「刑事くん」で桜木健一さんのライバル役でデビューしたんです。
そのほか最近「はなわ」のバックバンドギタリストが妻夫木聡さんの兄だと知りました。

------------------------------------------------------------------------
トホホ・・・ 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月25日(日)10時10分10秒

 スキャンドール様

 大変申し訳ありません。敬称が抜けてしまいました。
 やっぱり酔っ払ってる時に書くもんじゃありませんね。早朝は平気だったのに・・・
 ごらんになってる皆様も、不愉快な思いをさせて申し訳ございませんでした。

------------------------------------------------------------------------
失礼しました 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月25日(日)10時05分20秒

 とろりん村のとろり様

 申し訳ありません、酔っ払ってると本当にとんでもないミスをしてしまいます。
 とろりさんとスキャンドールを完全にごっちゃにしてしまいました。
 09時50分30秒付けの送信、削除(はここではムリ?)できましたらお願いいたします。
 申し訳ございません。

------------------------------------------------------------------------
真璃子さんか-! 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月25日(日)10時02分1秒

とろりん村のとろり様 スキャンドール様

>本当ですか?昔は部下で今は…。(なんちゃって…)

なんか目を覚ますたんびに書かせて頂いてます。もう10時・・・
ハハハ・・・鋭いですね。第二の拓郎&美代子(古い・・・)を目指してますが。
冗談ですよ。

>カリフォルニア・コネクションは、私も好きでよく歌います。
本人になりきって歌うと結構楽しいですよね。
私は、20代の頃、村下孝蔵さんを良く歌いましたが、
今ではキーが高くて歌えなくなりました。
(20代前半の時に一人でクラブチッタ川崎に一人でライブを見に行った経験あり…)

「カリフォルニア・コネクション」は音域も広くないし、歌いやすいんですよね。
♪ごっきげんだぜーっつ(→バカ?)とか必ず言っちゃいますし。
村下孝蔵さんねえ、以前の会社でもうまい人がよく歌ってました。私も「初恋」
「ゆうこ」と持ってますが、ちょっと亡くなるの早すぎましたよねー。残念でした。
「春雨」もチャートインしなかったものの、よかったです。スキャンドールさんも上手いな?

>でも畠田理恵さん、「Kissよりつねって」路線の方がよかったんじゃないでしょうか?
その次の“ソノ気にさせて”もコケティッシュで好きです。
その後は、花と小父さんもカバーされていましたが…。

 あ、どっちも聴いたことないです。「花と小父さん」は伊藤きよ子さんでしょ?ずいぶん
シブイのをカバーしてたんですね?(大昔、「ラブラブショー」で大ファンだった秋吉久美子
さんが歌ったのが忘れられません)

>オナッターズはノーコメント(笑)。
何故でしょうか?

見てなかったし、お世話にもなってないから(笑)
思い入れが少ないだけです。でも朝起ち状態x2で
日曜の朝を迎えてる人、多いんじゃないですか?

それにしてもいちいち謝らなくて結構ですよ。
礼儀正しいところはすごく好感が持てますけど、
本人二日酔いなんだから(笑)。
それにしても最初からB面ということで諦めてたクイズでしたが、
真璃子さんでしたかー「肉じゃがの似合う女の子」。新人賞
総なめだったのにどうしたんでしょう?ちゃんと嫁行ったんなら
安心ですが。すごく好感のもてるタイプだっただけに、心配なん
ですよ。で「恋、みーつけた」もゲットしたいんですね。これも
京平先生の名曲でした。(ああ、でもシングル一曲でも買って
おけばクイズ参戦できたのに。「悲しみのフェスタ」なんて
シブイ曲もありましたからね)

------------------------------------------------------------------------
カラオケ… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月25日(日)06時53分57秒

>昨日は珍しく女性とツーショット(彼女じゃないっすよ。昔の部下です)だったので、デュエットが多かったですね。

本当ですか?昔は部下で今は…。(なんちゃって…)
楽しかったみたいで良かったです。
カリフォルニア・コネクションは、私も好きでよく歌います。
本人になりきって歌うと結構楽しいですよね。
私は、20代の頃、村下孝蔵さんを良く歌いましたが、
今ではキーが高くて歌えなくなりました。
(20代前半の時に一人でクラブチッタ川崎に一人でライブを見に行った経験あり…)

>でも畠田理恵さん、「Kissよりつねって」路線の方がよかったんじゃないでしょうか?

その次の“ソノ気にさせて”もコケティッシュで好きです。
その後は、花と小父さんもカバーされていましたが…。

>オナッターズはノーコメント(笑)。

何故でしょうか?
(オナッターズのグループ名が決まる前は、ペッティングスと言う名前も
候補に挙がっていたそうです。)
テレビ朝日、月曜日、深夜12時過ぎの放送でした。
大島智子さんが『世界一早いモーニングショー、グットモーニング…』と
オープニングで言っていたのを思い出しました。
アニメタッチのたつやの声でおなじみの三ツ矢雄二さんが歌う
“テンパイポンチン体操”を水島裕子さんがノーブラで踊ってたりする
不思議な番組でした。(お色気コメディーバラエティー…要するになんでも有り的番組…)
番組の主軸は、中村ゆうじさんでした。
そして番組内でマスコット的存在の深野晴美さん(ハニー)、
姉御的存在の小川なつみさん(ナニー)、
アダルティーなお姉さん南麻衣子さん(マニー)の3人で結成されました。
もう一度、番組を見て見たいです。

>まあスキャンドールさん、2,000枚だと何持ってこられてもこわいですよ(笑)。

置く場所がなくて、たんすに洋服も入れずにCDを入れてる始末です。

------------------------------------------------------------------------
m(__)m 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日: 7月25日(日)06時51分55秒

申し訳ありません。タイトルが抜けていました。

真璃子

1曲目 遅咲きのラベンダー
2曲目 魔法の時間
3曲目 夕暮れの恋
4曲目 九月には行かないで
5曲目 虹の彼方
6曲目 ありがとうあなた
7曲目 IC TAC

------------------------------------------------------------------------
♪♪♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日: 7月25日(日)06時28分13秒

☆スキャンドールさま

あまり自信はありませんが、「真璃子」さんですか?

ちなみにオナッターズのレコードは、もっておりません...。

------------------------------------------------------------------------
カラオケ談他 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月25日(日)06時16分50秒

とろりん村のとろり様 スキャンドール様 

 おはようございます。夜中もここは活発なのね★
 
>カラオケはいかがでしたか?
 最近、カラオケに行っていないので、ぼくも思い切り、歌いたい気分です。

 私は2ヶ月に1回は行かないと精神的におかしくなります。
 昨日は珍しく女性とツーショット(彼女じゃないっすよ。昔の部下です)だったので、デュエットが多かったですね。「冬が来る前に」「カナダからの手紙」「セカンド・ラブ」(私が来生バージョン)etc。ソロでは[無縁坂」「ハッとして!Good」「約束」(渡辺徹)「青葉城恋歌」「少年時代」「恋におちて」「悲しみにさよなら」「カリフォルニア・コネクション」「YES-NO」(オフコース)「また逢う日まで」etc。(歌いすぎ)そんな中で歌った「逃避行」は浸れましたねー実体験にない世界なんですけど(笑)。なかなか勇気がでませんが、今度チャレンジしたいのが、大信田礼子さんの「同棲時代」とか朱里エイコさんの「北国行きで」。70年代女性ボーカリストが結構未開拓な部分が多いもんで。あと橋幸夫さんの「恋のメキシカン・ロック」ね。とろりさんも是非行かれて、レパートリーをご教示下さい。

>《第一問の答え》

>歌手は原田知世さんです。
>デビュー曲 「悲しいくらいほんとの話」 
>2曲目 「ときめきのアクシデント」
>3曲目のビッグヒットは、「時をかける少女」。
>《第二問の答え》
>歌手は、畠田理恵さんです。
>デビュー曲 「ここだけの話〜オフレコ〜」 
>2曲目 「ターミナル」
>3曲目 「人見知り」
>4曲目は、「Kissよりつねって」ですね。

 やっぱりこう来られると、自分の底の浅さを反省。結構サビしか知らない、って曲がいかに多いか思い知らされますね。上記も「時をかける少女」以外は全部出だしを知りませんでしたもん。でも畠田理恵さん、「Kissよりつねって」路線の方がよかったんじゃないでしょうか?ノリピーもこのトップページの頃(正確にいえば「一億のスマイル」の頃)がよかったですよね。オナッターズはノーコメント(笑)。まあスキャンドールさん、2,000枚だと何持ってこられてもこわいですよ(笑)。

------------------------------------------------------------------------
オナッターズ… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月25日(日)06時01分23秒

とりあえず、とろりん村のとろり様のEPリストを再度チェックさせていただきました。
オナッターズのシングルは、入っていませんでした…
それなのに当てられたとろりん村のとろり様には、脱帽です。
ちなみに↓の方は、1枚だけもっていらっしゃいました。
当てられるのも時間の問題ですね…。
もう、これ以上お話しすると本当に当てられてしまうかも知れないので、
これにて、ひとまず引き下がりたいと思います。

------------------------------------------------------------------------
えーっ! 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月25日(日)05時47分40秒

とろりん村のとろり様
なんだか簡単に答えらた感じですごく悔しいです。
もしかして持っていらっしゃったのでしょうか?
アルバムは、本当にかなりマイナーだと思ったのですが…。
でも、めげません!
続いては、B面曲特集(全て同じ方です)にします。
アーティスト名とタイトル名をお答え下さい。

1曲目 遅刻まぎわに駈けてくる…
2曲目 時間よ止まれとつぶやいただけで不思議…
3曲目 好きになりかけたのは夕暮れ…
4曲目 つま先で波打際を…
5曲目 時の風に吹かれ…
6曲目 いつも人の波にゆらゆら流されて…
7曲目 きっと明日は晴れね きれいな夕焼け…

ちなみに6曲目はご自信による作詞です。
ヒントは『無し』としたいところですが…、
8曲目以降、アーティストっぽくなっていき、
ブラウン管から少しずつ遠ざかっていったような傾向が見受けられました。

------------------------------------------------------------------------
♪♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日: 7月25日(日)05時13分40秒

☆スキャンドールさま

アルバムのタイトルは「オナッターズのいい気持」。
アーティスト名は、オナッターズです。

9曲目は、「恋のバッキン!」。
小川菜摘の旦那は、ダウンタウンの浜田雅功ですね。

------------------------------------------------------------------------
流石ですね… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月25日(日)04時04分42秒

とろりん村のとろり様…
さすが管理人さん!!簡単すぎましたね…。
ここでめげずにもう一問!
アルバムの全10曲のイントロクイズです。
アルバムのタイトルとアーティスト名を答えてください。

1曲目 愛したら 優しくなれる…
2曲目 女の弱みにつけこんで 甘い言葉で誘い出す…
3曲目 一目惚れなの ゴーゴー・クラブ…
4曲目 あなたを見つめたマンディ・ナイト(ah…)…
5曲目 いつもなら こんな時…
6曲目 胸ときめくような ステキな秘めごと…
7曲目 はじめは遊びのつもりで 声をかけたのに…
8曲目 あの頃 浮気なCafeで…
9曲目 ××××!××××!恋ははずみかしら…
10曲目 優しいあなたに抱きしめられめると…

9曲目はあえて伏字にさせていただきました。×はシングルのタイトル曲なので…。
この9曲目は、オムニバスで何度かCD化されています。
アルバム自体は、未CD化です。
ヒントは、女性グループであること(人数は?内緒です…)
そして、真ん中!のボーカルの旦那さんは、ビッグタレントHと言うことです。
このグループは結構メジャーですがアルバムの存在は、かなりマイナーです。
我が家の秘蔵LPです…かなりわかりずらいと思うのですが…。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日: 7月25日(日)02時42分6秒

クイズを出題しようと思って、いろいろ考えましたが、ちょっと無理です。
知識が足らないと、クイズは出せないものですね。

☆KOSUKEさま

カラオケはいかがでしたか?
最近、カラオケに行っていないので、ぼくも思い切り、歌いたい気分です。

☆スキャンドールさま

《第一問の答え》

歌手は原田知世さんです。

デビュー曲 「悲しいくらいほんとの話」 
2曲目 「ときめきのアクシデント」
3曲目のビッグヒットは、「時をかける少女」。

《第二問の答え》

歌手は、畠田理恵さんです。

デビュー曲 「ここだけの話〜オフレコ〜」 
2曲目 「ターミナル」
3曲目 「人見知り」

4曲目は、「Kissよりつねって」ですね。

旦那さんは、羽生善治...なるほど、蛇(ハブ)の名前みたいですね^^。

☆よっかーさま

★★★★★次の詩をヒントに作詞家は誰?★★★★★
の答えです...。

それは、「百獣王ゴライオン」のオープニングテーマ・「斗え!ゴライオン」
の歌詞ですから、作詞者は千家和也ですね。

------------------------------------------------------------------------
お見事!! 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月25日(日)01時27分25秒

 とろりん村のとろり様 スキャンドール様

 こんばんは。
 遅くなりました。カラオケ帰りで酔っ払っております。
 「逃避行」はじめ10数曲歌いまくってきましたよ。

 とろりさん、このレベルは全然軽そうですね。
 歌手名:加藤香子さん
 第一弾:「偽名」第三弾:「本牧レイニーブルース」全部正解です。
 しかしこの第三弾、私はまともに聴いたことがありません。
 「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」みたいに半分以上台詞らしいですが。

 ところでスキャンドールさんのクイズ、全くわかりません。
 明日の朝素面に戻ってもたぶんだめでしょう。

------------------------------------------------------------------------
よっかー様 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月25日(日)01時19分47秒

>病み上がりで速答ときましたかーーーーッ(笑)。

やっと治りました。
ありがとうございます。

クイズの答え、当たっていてうれしかったです。
第2問目ですが、プロレスのアニソンですね、歌詞から見ると…。
難しいです。

------------------------------------------------------------------------
私も考えました… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月25日(日)01時15分7秒

イントロクイズでは無く、出だしのワンフレーズで曲名を当てて頂きたいと思います。

《第一問》
デビュー曲 ♪ちょっと机の時計 早回りしすぎる…
2曲目 ♪あなたの心全部 のぞいてみたい気分…

3曲目はビッグヒットです。

《第2問》
デビュー曲 ♪どこまでなら許される…
2曲目 スクランブル 流れる人は河ね…
3曲目 つま先上がりの坂道…

4曲目は、出だしがタイトルになっています。
ヒット曲らしい曲は、ありませんでしたが、後に女優さんになりました。
旦那さんは、蛇の名前のような感じです。。(後に結婚引退)

KOSUKE様…
風邪もすっかりよくなりました。
いつもやさしいお心遣いをありがとうございます…。
そして、コメントの方、ご返事できなくてすいませんでした。
今日のカラオケ大会はいかがでしたでしょうか…。
これから、又、ヘビーに書き込みたいと思いますのでよろしくお願いします…。

------------------------------------------------------------------------
えーと... 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日: 7月24日(土)17時36分50秒

☆KOSUKEさま

加藤香子

第一弾   「偽名」
第三弾   「本牧レイニー・ブルース」

かと思います。

------------------------------------------------------------------------
正解です。それでは第二弾。 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月24日(土)15時55分42秒

  流石とろりさんお見事、「ピーコ、頭痛が痛いの」岩城徳栄さんで正解です。
 曲名も第一弾「ダウンタウンベイビー」・第三弾「ダイナマイト」で正解です。
 それでは第二弾。(これはやや難易度高し?)
 第一弾     ?
 第二弾   「勝手にさせて」
 第三弾     ?
 
 ヒント:キャッチ「大胆したい。」

------------------------------------------------------------------------
♪♪♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日: 7月24日(土)15時16分45秒

KOSUKEさま

わかりました。
その女性アイドルは岩城徳栄。

第一弾:ダウン・タウン・ベイビー
第三弾:ダイナマイト

です。

------------------------------------------------------------------------
おや? 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月24日(土)15時01分56秒

 意外ですねー。とろり様、降参ですか?(そんなに負けず嫌いとは文章の感じからは読めませんでしたよ)では追加設問です。第一弾、第三弾の曲名をご記入下さい。(第二ヒント:スタ誕出身)

------------------------------------------------------------------------
♪♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日: 7月24日(土)14時49分54秒

KOSUKEさま

第一弾     ?
第二弾   「あいつ」
第三弾     ?

これは、ぜんぜんわかりません。降参です。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日: 7月24日(土)14時30分36秒

にこらさま、KOSUKEさま、よっかーさま

にこらさんのクイズで、13と14を記入相違してしまいました。
ぼくは、ものすごく負けず嫌いなので、こういうケアレスミスをしてしまったのは、
このうえなく悔しく、人生の一大痛恨事です(←大げさ^^)。

にこらさんの出題のレベルの高さに驚愕しますし、KOSUKEさん、よっかーさん、スキャ
ンドールさんの知識の豊富さにも、敬服の念を禁じ得ません。

以上、寝起きの書きこみでした(笑)。

------------------------------------------------------------------------
ヒストリー・クイズ 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月24日(土)14時05分43秒

 私からも1題。こんなクイズはいかが?

 次の女性アイドルは誰でしょう?

 第一弾     ?
 第二弾   「あいつ」
 第三弾     ?
 
 ヒント:1978年、キングよりデビュー。

 わかっちゃう人はすぐわかっちゃうでしょうね。

------------------------------------------------------------------------
こんな展開になってるとは・・・ 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月24日(土)10時59分2秒

 スキャンドール様 よっかー様

 おはようございます。
 スキャンドールさん、大丈夫ですか?早くもコメントが拝見できないので、先週頑張りすぎて
息切れしちゃったのかと心配しておりました。まあこの掲示板はオリコンと同じく、少しずつ、地味に長くチャートインがコツだと思います。くれぐれもご自愛ください。
 それにしても朝食の間に「逃避行」の話題になってるとは。またまたクヤシーッツ!実は最近この曲にはまってて、最近毎晩聴いてるんですよ。今晩のカラオケでも挑戦してこようかな、って思ってるくらい。よっかーさん、麻生よう子さんの消息知りません?「あの人は今」でも全然取り上げませんもんねー。西川峰子さんをさしおいて、レコ大の最優秀新人賞を取った30年前は謎でしたが、今では納得です。上手すぎます。名曲すぎます。
 まあまたアニメ大会になりそうな予感なんで(笑)失礼します。

------------------------------------------------------------------------
ありゃりゃ早ッ。負けずにもう一丁。 投稿者:よっかー  投稿日: 7月24日(土)10時25分33秒

スキャンドールさん。
病み上がりで速答ときましたかーーーーッ(笑)。
2番の歌詞で煙にまいたつもりが、わかってる人にはまったく問題無しなんだよねー。

じゃついでにもうひとつ。
★★★★★次の詩をヒントに作詞家は誰?★★★★★

♪迷わず乱れず振り向かず
希望だ未来だ微笑だ
「ギブアップせいッ」
紅に染まる遥か空の果て
輝くあの星を目指すんだ
勝利はぼくらに
ゴーゴー ○○○○○♪

注・・・○○○○○はタイトル名なのでとりあえず伏せさせていただきます(笑)。

------------------------------------------------------------------------
おはようございます… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月24日(土)09時47分38秒

風邪でダウンしている間に内容がすごいヘビーな展開になっていてびっくりしました。

よっかー様の答えに一番乗りさせていただきたいと思います。
麻生よう子さんの逃避行ですね。(作詞 千家和也、作曲 都倉俊一、編曲 馬飼野俊一)
なので答えは『千家 和也』さんです。

レコード大賞、最優秀新人賞を西川峰子さんを差し置いて麻生さんが、
受賞された時は少し疑問が残りました。
ただ、このは良い曲ですね。

------------------------------------------------------------------------
こんなクイズはどう? 投稿者:よっかー  投稿日: 7月24日(土)09時22分23秒

★★★★次の文を見て、タイトル、作詞家は誰でしょう?★★★★

♪あの人にも念をおした 裏切ったらお別れだと
今までずっと泣かされたけど
今度だけは賭けてみると あの人にも念をおした
遅れたなら先に行くと
柱の時計 横目でにらみ
また空いた汽車を 空いた汽車を見送った
女の人に引き止められてるのだわ
おそらくあの人のことよ
それがなきゃいい人なのに あきらめたわ
私ひとり 汽車に乗る♪

まずはこんなところから。
ホントはイントロ・クイズでもやりたいけど、BBSなら曲クイズより、詩クイズだね。
でも著作問題に引っ掛かりそうだから派手にはできないよなぁ(笑)。

------------------------------------------------------------------------
もう発表なんですか? 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月24日(土)09時21分15秒

 にこら様 とろり様 よっかー様 

 おはようございます。
 クイズ楽しませて頂きました。もう発表ですか?
 それにしても14問。とろりさんが確か15問。
 全然負けず嫌いじゃない私なのに、悔しくてしょうがありません。
 まあとろり御大に1問と迫れただけでも充分なのですが、
 すごいのはにこらさんですよ。私なんか30年歌謡曲を研究(笑)してるのに、
たった3年くらいで私の倍くらいの知識を蓄積してるんですから。その東大生も
ビックリの吸収力は特筆に値します。まあ平尾昌晃さんのヒントは「川島なお美」
さんの方がマイナーで面白かったとは思いますが。
 それにしても♪ウルトラの父がいる は川口 真氏なんですか?この方って
実績がすごいわりに、あまり紹介されていないのが不満です。そりゃネット検索
すりゃわかるんだろうけど、こういうのは即答したいし。ちなみに私はこの「タロウ」
を演ってた篠田三郎さんが大好きなんですね、今も。あさかまゆみさんも出てました。
まあ加藤和彦さんが「タロウ」を作るわけありませんよね。それにしてもスーパー
三国志を手がけてるとか、馬飼野康二氏がいた(この人も正体わかんないんだよね)
GSとか、勉強になりましたよ。

 また機会があったら「クイズ大会」お願いします。お疲れ様でした。

------------------------------------------------------------------------
初心者さま 投稿者:よっかー  投稿日: 7月24日(土)09時02分21秒

レコード会社とレーベルの関係は、職業を代えて説明すると、出版社と雑誌みたいなもんですよ。
そんなややこしく考えなくても。

小学館(レコード会社)-週刊少年サンデー(レーベル1)
          -週刊ポスト(レーベル2)
          -女性セブン(レーベル3)
          -ビッグコミック(レーベル4)
          -スピリッツ(レーベル5)....etc
普通、一出版社で20冊以上の週刊・月刊・季刊が発売されてるように、レコード会社もいくつもレーベルを持ってますよね。仮にビクター音産でも40くらいのレーベルを確認してるよ。
雑誌にカラーがあるように、レーベルも各レーベルごとに特色があります。

だから質問にあったようにレーベルはすぐに造れても、レコード会社自体を創るのは簡単には進みませんよね。

タイアップは、また別問題じゃないですか。

------------------------------------------------------------------------
レコード会社とレーベル 投稿者:初心者  投稿日: 7月24日(土)04時08分30秒

レコード会社とレーベルの違いって大体は判るのですが、詳しくは如何違うのでしょう?レーベルは造れるがレコード会社は絶対に造れないと聞きました。また、レコード業界全体で化粧品会社トップ一社と同じとか?だからタイアップ曲が多いとか?

------------------------------------------------------------------------
解答&解説 投稿者:にこら  投稿日: 7月24日(土)02時08分41秒

解答&解説です。なお人物についてはすべて敬称略とします。

①69年に作曲家としてデビュー、奥さんとのコンビで知られる、明治大卒。本人曰く「もともと作曲家志望だが、作品を認めてもらうために歌ったことも」。答え:え・宇崎竜童
■ヒントは「もともと作曲家志望」というところ。大学卒業して作曲家になる前に商社マンやっています。その前後に奥さんの阿木耀子と出会う。

②同じく奥さんとのコンビで手がけた作品が多い。最近では「スーパー歌舞伎三国志」の音楽を担当している。答え:す・加藤和彦
■「奥さんとのコンビ」というのは宇崎竜童と共通するので、後半の「スーパー歌舞伎三国志」がヒント...にしては弱すぎ??

③音楽の友社から作曲家に転身。答え:け・鈴木淳
■これが一番難しかった?? 彼も奥さんとのコンビ(有馬三恵子、離婚後は悠木圭子で演歌を)。

④東大卒、近年はゲームミュージックの大家として知られている。答え:い・すぎやまこういち
■ゲーム名にしても「ドラゴンクエスト」を出したら、すぐにわかってしまうので...タイガースの名は出すまでもないですね、東大卒→文化放送→フリー作家という経歴。

⑤お父さんは外交官。答え:た・都倉俊一
■「ピンクレディー」や「山口百恵」を出すまでもないですね。

⑥青学卒、デビュー曲は先輩の名義で世に出た。答え:せ・筒美京平
■これ以上簡単なヒントを作るとすぐにばれてしまいます。

⑦北海道の留萌出身。日大芸術学部卒、「♪めいじブルガリアヨーグルト〜」。答え:う・森田公一
■もともと官僚志望で、家が貧しかったので断念、サラリーマン時代の勤務先は鹿島建設。

⑧妹は歌手。今は演歌の先生。答え:ち・三木たかし
■「妹が歌手」(黛ジュン)というのがヒントですが、これは結構知られているようです。

⑨演歌界の大家。徳間音工に自分のレーベルを造った。最近表彰される。答え:さ・遠藤実
■造ったレーベルは「ミノルフォン」。

⑩兄も作曲・編曲家。元GS「ブルーシャルム」のメンバー。答え:こ・馬飼野康二
■これはヒント与えすぎ。

⑪同じく元GS「アウトキャスト」のメンバーで現在音楽スクール経営。答え:そ・穂口雄右
■音楽スクールの名は「アムバックス」。

⑫北海道の留萌出身。音楽を担当したアニメは当時「アルプスの少女ハイジ」の裏番組だったため、ヒットしなかったが、3年後、再放送で火がついて主題歌もヒット。答え:か・宮川泰
■アニメは勿論「宇宙戦艦ヤマト」

⑬全盛期のプロフィールは有名すぎて省略するが、「機動戦士ガンダム」のテーマ曲(自身も歌う)を手がけた。谷村新司ではない。答え:お・井上忠夫(大輔)
■「ブルーコメッツ」は挙げるまでもないですが、あとヒロミ・ゴーの「えきぞてぃく、じゃぱ〜ん!」てのもあります。ちなみに谷村新司が書いたガンダムの曲を歌ったのは「やしきたかじん」(笑)。自分にとっては何といっても「薔薇物語」の作曲者ということで。

⑭「ウルトラマンタロウ」の主題歌を作曲。答え:し・川口真
■地味な人ですがいい曲をたくさん書いています。

⑮ロカビリー歌手(美川鯛士の名で)。最近はシニア向けの音楽教室を経営している。答え:く・中村泰士
■美川鯛士という名で何となく想像がつきそうですね、選択肢の問題だし。

⑯同じく元ロカビリー歌手。音楽スクール経営、ここから森口博子が出た。答え:あ・平尾昌晃
■元モーニング娘の後藤真希も「平尾昌晃音楽教室」の出身だとか。札幌にもスクールがありますが、街の中心部ではない、かなり目立たないところにあります。あとアニメでは「銀河鉄道999」(本編)の主題歌も作っています、「♪汽車は闇をぬけて光の海へ〜」。

⑰GSブーム時にデビューしたフリー作家のひとり、「ものまね歌合戦」の審査員長でTVに出たことも。答え:き・鈴木邦彦
■森田公一とともに好きな作家の一人。

縦だと見づらそうなので...
①え・宇崎竜童 ②す・加藤和彦 ③け・鈴木淳 ④い・すぎやまこういち ⑤た・都倉俊一
⑥せ・筒美京平 ⑦う・森田公一 ⑧ち・三木たかし ⑨さ・遠藤実 ⑩こ・馬飼野康二
⑪そ・穂口雄右 ⑫か・宮川泰 ⑬お・井上忠夫(大輔) ⑭し・川口真 ⑮く・中村泰士
⑯あ・平尾昌晃 ⑰き・鈴木邦彦

------------------------------------------------------------------------
やばい。 投稿者:よっかー  投稿日: 7月23日(金)12時24分53秒

歌本やデータ本、あるいはネット検索のテクを競うような感じになりそう。
すぐ記憶でわかったのは、アニメ・特撮ネタだけ(笑)。
④...い・すぎやまこういち  競馬のファンファーレで中山開催で聞いてます。
⑫...か・宮川泰  「ハイジ」の裏というと「侍ジャイアンツ」だが...と思ったら
           「ヤマト」もそうだった(笑)。
⑬...お・井上大輔  「ガンダムⅡ&Ⅲ」は映画のテーマを歌ったんだよね。
⑭...し・川口真   これが最初にわかった。
⑯...あ・平尾昌晃  某番組で森口博子が語ってた。

>山田花子さんが女子プロ出身ですよね。
一度も公式試合をしてない練習生を女子「プロ」出身とは言いづらいが、本人が言い張ってるからしょうがない(笑)。身体が小さいすぎるうえに、運動音痴ではとても練習に付いてこられず、受身の痛さ・つらさから逃げたのが山田花子だ。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日: 7月23日(金)09時50分48秒

にこらさま

難しかったです...。とりあえず、答えを書いておきます。

1え・宇崎竜童
2す・加藤和彦
3け・鈴木淳
4い・すぎやまこういち
5た・都倉俊一
6せ・筒美京平
7う・森田公一
8ち・三木たかし
9さ・遠藤実
10こ・馬飼野康二
11そ・穂口雄右
12か・宮川泰
13し・川口真
14お・井上忠夫(大輔)
15く・中村泰士
16あ・平尾昌晃
17き・鈴木邦彦

------------------------------------------------------------------------
正答数3問でしたよ 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月23日(金)09時26分20秒

 にこら様 よっかー様
 
 おはようございます。
 結局提出者はよっかーさんと私の2名だけですね。
 正解は3問だけでした。(「初恋よこんにちは」・「思い出のカルチェラタン」・「小さなブランコ」のみ)いやあ、奥の深い世界です。よっかーさんは書いた分が全部当たったなんてすんごいですねー。

 それから、
>女性同士の恋愛は正直云ってわかりませんが、最近「ドカベン」を読んでると山田と里中は同性愛者だと感じることがあります(笑)、昔は「音が男に惚れる」世界だと思っていましたが、そう単純なものではないですね。
 
 男同士の恋愛だっていっぱいありますよ。まあ「男心に男が惚れて」ってのもあるし、自分が女になりきってしまって愛する場合もあるし。私も今はヨン様ですが、男のタレントって結構好きになりました。すべて「恋愛感情」からきてました、はっきり言うと。現実にもあるし(ほとんど不倫ですが)。

>ミミさんはある意味で非常にわかりやすい人生ですね、70年代にアイドル、80年代に女子プロ、90年代以降は教祖さま...というのが。

 言われてみればそうですね。結構計画的に10年単位で自分をバージョンアップしてたりして(笑)。

>そうなんですかチャンピオンにまでなったとは...あとで調べてみたら2〜3回くらいチャンピオンになっているようです。ある人と話した時「ミミ萩原はとにかく弱かった」ということでした、わりと人によって先入観があるみたいですね。

 ええ、これは「知るひとぞ知る」かもしれない。スポーツ紙で報道されるようなことではないし、見てた人しかわかりません。それから立花理佐さん、女子プロの方が似合ってたかもね、ルックス的に。なんかタイマンとかはりそうだし(でも想像もしてなかった志村香さんの方が性格的に向いてるのかな?)、アイドル向きじゃなかったです。あと山田花子さんが女子プロ出身ですよね(笑)。

>東大にはなんでも歌謡曲のサークルがあるそうですが、そこの人たちの正答率がどの位になるのか興味あるところです。勝手な先入観ですが、東大生には演歌の愛好者が多いのではないかと思っています、演歌って結構インテリの音楽ですからね。

 その考えがどこから来たのかわからないけど、私の以前いたJグループは結構東大卒がいましたが、カラオケでもほとんど演歌は歌ってませんでしたよ。(東大に限らず、昔の洋楽をうたう人が結構多かったです)

 じゃあ、今回の問題にいきましょうか。今回は「パネルクイズアタック25」よりは難しい、といったレベルでした。

① え
② け
③ し
④ い
⑤ た
⑥ せ
⑦ う
⑧ ち
⑨ さ
⑩ こ
⑪ そ
⑫ か
⑬ お
⑭ す
⑮ く
⑯ あ
⑰ き

③と⑭が自信ありません。しかしよく調べましたねー。ためになったこともありますよ。

------------------------------------------------------------------------
Guess who I am(私は誰でしょう) 投稿者:にこら  投稿日: 7月23日(金)00時32分31秒

よっかーさま、

>う〜ん。その歌手の他の歌でのイメージで答えられるものだけ選ぶのがやっとでした。ほとんど聞いてない曲ばかりだ...。

このクイズの出題の意図は「宮内国郎=ウルトラマン」の認知度です。この人に関してはヒントをこれ以上簡単にも難しくも出来ませんでした。

>女子プロレス中継にゲストとしてアイドルが招かれるけど、ミミもそれがきっかけだったらしい。タイミングがあえば立花理佐も転向寸前までいってたよ。

立花理佐さんが女子プロ志望だったのは週刊誌の記事で読んだ憶えがあります、あのルックスで女子プロというのが想像できません、ケンカが強かったのでしょうか? 2〜3年くらい前つんくプロデュースで曲を出していましたが、顔があまりにも変わっていたのでテロップがナレーションがでるまで本人と認識出来ませんでした。

さあ今度はプロフィールから作家を当てるクイズです。難易度を少し落としてみました、時制はわざとあいまいにしておきます。

①69年に作曲家としてデビュー、奥さんとのコンビで知られる、明治大卒。本人曰く「もともと作曲家志望だが、作品を認めてもらうために歌ったことも」。
②同じく奥さんとのコンビで手がけた作品が多い。最近では「スーパー歌舞伎三国志」の音楽を担当している。
③音楽の友社から作曲家に転身。
④東大卒、近年はゲームミュージックの大家として知られている。
⑤お父さんは外交官。
⑥青学卒、デビュー曲は先輩の名義で世に出た。
⑦北海道の留萌出身。日大芸術学部卒、「♪めいじブルガリアヨーグルト〜」。
⑧妹は歌手。今は演歌の先生。
⑨演歌界の大家。徳間音工に自分のレーベルを造った。最近表彰される。
⑩兄も作曲・編曲家。元GS「ブルーシャルム」のメンバー。
⑪同じく元GS「アウトキャスト」のメンバーで現在音楽スクール経営。
⑫北海道の留萌出身。音楽を担当したアニメは当時「アルプスの少女ハイジ」の裏番組だったため、ヒットしなかったが、3年後、再放送で火がついて主題歌もヒット。
⑬全盛期のプロフィールは有名すぎて省略するが、「機動戦士ガンダム」のテーマ曲(自身も歌う)を手がけた。谷村新司ではない。
⑭「ウルトラマンタロウ」の主題歌を作曲。
⑮元ロカビリー歌手(美川鯛士の名で)。最近はシニア向けの音楽教室を経営している。
⑯同じく元ロカビリー歌手。音楽スクール経営、ここから森口博子が出た。
⑰GSブーム時にデビューしたフリー作家のひとり、「ものまね歌合戦」の審査員長でTVに出たことも。

あ・平尾昌晃
い・すぎやまこういち
う・森田公一
え・宇崎竜童
お・井上忠夫(大輔)
か・宮川泰
き・鈴木邦彦
く・中村泰士
け・鈴木淳
こ・馬飼野康二
さ・遠藤実
し・川口真
す・加藤和彦
せ・筒美京平
そ・穂口雄右
た・都倉俊一
ち・三木たかし

------------------------------------------------------------------------
おっ書いた分は当たったみたい。 投稿者:よっかー  投稿日: 7月22日(木)18時34分31秒

にこら様
う〜ん。その歌手の他の歌でのイメージで答えられるものだけ選ぶのがやっとでした。
ほとんど聞いてない曲ばかりだ...。

ミミ萩原は負けっぷりがよかったからねー。
ほとんどSMのノリだったから(笑)。それでも勝ったりしたから人気あったよね。
パワーもテクニックも無かったミミ萩原は「ガッツ」だけで闘ってました。
今の女子プロはコスチュームもオリジナルですが、あの頃はほんとにスポーツ用水着でしたからハプニングだらけでした。ポロリはおろか入場中に痴漢行為にあうのは毎度のことだったと、引退後にミミが話してましたね。それはキューティー鈴木もそうだけど。
女子プロレス中継にゲストとしてアイドルが招かれるけど、ミミもそれがきっかけだったらしい。タイミングがあえば立花理佐も転向寸前までいってたよ。

初心者さま
「よる年波」なんてことを言いなさんな(笑)。
たんなる興味の有る無しですよぉ。バンドやグループのメンバー名を覚えられないって言っても、それは仕方がないことでしょう。どんどん増えつづけるモノだし、例え引退しても記憶からは消えていかないモノですからねぇ。私なんかもあんなにヒット曲だらけのサザンオールスターズのドラムは?って訊かれても答えられないし、友人を10人つかまえても半分も答えられないでしょ。
でもモーニング娘。は全員知ってたり、Bon-Bon BLANCOを知ってたり。
昔でも、ぴんから兄弟の全員や、森雄二とサザンクロスの全員は覚えられなかったですよぉ。
問題ない問題ない(笑)。

------------------------------------------------------------------------
東大生の正答率は? 投稿者:にこら  投稿日: 7月22日(木)10時51分33秒

 東大にはなんでも歌謡曲のサークルがあるそうですが、そこの人たちの正答率がどの位になるのか興味あるところです。勝手な先入観ですが、東大生には演歌の愛好者が多いのではないかと思っています、演歌って結構インテリの音楽ですからね。

=解答=

①須藤ひとみ「初恋よこんにちは/恋のサマー・タイム」72年
→ケ・森田公一
②笹原光子「涙の雨が降るときに/泣きながらねむったら」71年
→カ・筒美京平
③麻田ルミ「初想い/異国」72年
→ケ・森田公一
④浅尾千亜紀「雨がふるのに/恋はおしゃべり」70年
→コ・鈴木淳
⑤小鹿ミキ「いけない子になる時/二度とは起こらない」70年
→シ・村井邦彦
⑥立木久美子「思い出のカルチェ・ラタン/リラのさよなら」74年
→ア・三木たかし
⑦有田美春「小さなブランコ/草笛」74年
→キ・都倉俊一
⑧岸じゅんこ「愛されてる日曜日/ふたりでひとり」74年
→サ・宮内国郎(専ら本業はウルトラマンのBGMです)
⑨矢島美智子「トラピスト/愛の泉」68年
→エ・遠藤実
⑩堀内美紀「さらば恋の日/可愛い女ひとり」69年
→イ・すぎやまこういち
⑪コスモス「若草物語/あじさいの恋」72年
→キ・都倉俊一
⑫讃岐裕子「白い花の下で/寒い朝に」75年
→ア・三木たかし
⑬小栗アキ「小麦色の恋人/天使の出来心」69年
→オ・鈴木邦彦
⑭ミミ「水色の予感/恋の部屋」74年
→ウ・井上忠夫

------------------------------------------------------------------------
解答は次の項で 投稿者:にこら  投稿日: 7月22日(木)10時34分32秒

KOSUKEさま、よっかーさま、

>もともと「アイドルのミミがジャッキー佐藤と結婚(意味不明)、女子プロ入りへ」という触れ込みで話題になったんです。

 「コンビを組んだ」か「レズビアン」のどちらですね(笑)。女性同士の恋愛は正直云ってわかりませんが、最近「ドカベン」を読んでると山田と里中は同性愛者だと感じることがあります(笑)、昔は「音が男に惚れる」世界だと思っていましたが、そう単純なものではないですね。
 ミミさんはある意味で非常にわかりやすい人生ですね、70年代にアイドル、80年代に女子プロ、90年代以降は教祖さま...というのが。

>女子プロ転向からしばらくは確かにやられ役。というか体力がついてなくて負けっぱなしでしたが、徐々に力がついて全日本王座につくまでがんばりましたよ。

 そうなんですかチャンピオンにまでなったとは...あとで調べてみたら2〜3回くらいチャンピオンになっているようです。ある人と話した時「ミミ萩原はとにかく弱かった」ということでした、わりと人によって先入観があるみたいですね。

------------------------------------------------------------------------
誰でも同じなのでは? 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月22日(木)09時02分51秒

 初心者さま

 おはようございます。これはある程度、誰にでも共通している傾向では?特に最近出てきたタレントは個性に乏しいし・・・私はおニャン子の後半からわからなくなりましたね。モー娘。も識別できたのは加護さんまで、ジャニーズはV6まででしたね。脳の退化だけじゃなくて、興味の問題もああると思いますよ。

------------------------------------------------------------------------
よる年波? 投稿者:初心者  投稿日: 7月22日(木)08時07分51秒

最近、よく感じるのは昔と違ってよく似た名前のタレントが増えよく判らない時があります。水野真紀、水野美紀とか坂井真紀、酒井美紀とかです。数年前確か中島はるみ?という同じ名前のタレントが居たように思います。また、グル-プのメンバーなども学生時代は単独でも直ぐ判ったのですが、ミスチルの桜井さん以外とかWANDSの誰?とか言われても判らないです。昔GSの頃はTIGERSのサリーだとかTEMPTERSの高久さんだと判ったしクールファイブでも宮本さんとか内山田さんとか判ったのに・・・。 失礼しました。

------------------------------------------------------------------------
全員集合&紅白歌のベストテンですね 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月21日(水)21時16分6秒

 よっかー様

>「ミミ=おしゃれな土曜日」のイメージは、TBS系VTRの刷り込みによるものでしょう。
8時だョ全員集合での映像を何度もリピートされたためだと思います。
教祖に転じた理由もわかってますが、ここで説明は意味が無いでしょう。

 「ミミ=おしゃれな土曜日」の刷り込みは、「全員集合」&「紅白歌のベストテン」ですね。後者は日テレの新人オーディションで1位になって、1ヶ月「おしゃれな土曜日」を歌ったんです。まあ「全員集合」で刷り込まれた曲は私は多いですよ(例.あきいずみさん「バカンス」)。この頃は「ぎんざNOW」(すみません、これは首都圏だけでした)はないし、「夜ヒット」では聴いた記憶がありませんね。安井かずみさんの詞が秀逸でした。今もCDを持ってますから(デビューコレクション アイドル編 コロムビア COCA-13541)、依然刷り込みが続いてるのかもしれません(笑)。「恋人たちの森」は聴いたことがありますが、今は思い出せません。それから教祖になった理由は私はわからないのですが、あえて伺おうとも思いません。

------------------------------------------------------------------------
クイズは難しすぎました。 投稿者:よっかー  投稿日: 7月21日(水)20時56分58秒

わかりませんねー。
白紙解答もなんだから、なんとなくコレかなと思う回答だけ。
①-ケ
⑥-ア
⑦-キ
⑧-サ(宮内國郎)
⑨-エ
⑩-イ
⑪-キ
⑫-ア
⑭-ウ
にこら様、添削よろしくお願いしまーす。

「ミミ=おしゃれな土曜日」のイメージは、TBS系VTRの刷り込みによるものでしょう。
8時だョ全員集合での映像を何度もリピートされたためだと思います。
教祖に転じた理由もわかってますが、ここで説明は意味が無いでしょう。

------------------------------------------------------------------------
ミミ萩原さんの続き 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月21日(水)07時12分52秒

よっかー様 にこら様

 おはようございます。彼女女子プロでもそこまで活躍されていたのですか。それは勉強不足でした。くれぐれもイメージで考えたり発言したりというのは良くないものですね。それは人によっては女子プロのイメージが強いだろうし、大変失礼いたしました。ビューティペアの引退からクラッシュギャルズの出現まで数年ありましたし、その間(というかビューティペア以降)はもう見てませんでしたから。そこの端境期を埋める存在だったわけですね。
 しかしそこから教祖に転じた理由がまたなぜかですが、それは個人的にはあまり興味がありませんし、それこそ真相は藪の中でしょう。私にとって「ミミ=おしゃれな土曜日」のイメージ(未だに鼻歌で出てくることもありますよ)ですし、それでいいのではと思います。

 ところで例のクイズ、どれくらい参戦してくるんでしょう?必ず画面に発表することが条件(笑)ですね。私はマイナー系といってもあきいずみさん(このモナムールではメジャーな方?)
クラスが限度です。熟女系(そもそも①〜⑭にはいないのかしら?)では内田あかりさんの「浮世絵の街」(これも鼻歌で出ます。大好きなんで)くらいの知名度じゃないとお手上げです。

 

------------------------------------------------------------------------
ミミ萩原 投稿者:よっかー  投稿日: 7月21日(水)01時44分42秒

女子プロ転向からしばらくは確かにやられ役。というか体力がついてなくて負けっぱなしでしたが、徐々に力がついて全日本王座につくまでがんばりましたよ。ライバルはデビル雅美(女子プロレスラーNo.1に歌がうまいんだよ)でした。木刀で殴られ骨折したことも多々ありました。ナンシー久美と共にビューティーペア引退後、クラッシュギャルズが出てくるまでの間の全日本女子プロレスを支えた名レスラーでした。
ミミ・スペシャルという名のスープレックスは今も使われる彼女のオリジナル技。
リングで歌を披露した時は、念入りにやられる事が多かったかな(笑)。
クラッシュギャルズがブレイクすると、きれいに引退しました。あの頃が女子プロレスのターニングポイントでした。

にこらさんのクイズに参加は、明日。

------------------------------------------------------------------------
全然さっぱりです。予備校作って(笑) 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月21日(水)01時29分50秒

 にこら様

>その「立木久美子」さん、断片的な記憶なんですけど主人公がレストランのレジ係の人で、気があるお客さんにおつりを渡しそこねたとかいう歌詞だったような気がします。違ってたらすみません。
「思い出のカルチェ・ラタン」の歌詞はまさしく「ビンゴ!」です(←川平慈英みたいでかっこわるい、とほほ...)。作者はクイズで答えて下さい(後述)

 こんばんは。オクテのくせに耳年増の39歳、独身でーす。
 題すら忘れきってた「思い出のカルテラ・チャン」ですが、ちょっと変わったシチュエーションなので脳の片隅に残ってました。逆に私は映画や小説のストーリーというのを全く覚えられません。先日まで持っていた携帯の番号すら覚えられませんでした(苦笑)

 さてこのクイズ、東大入試より難易度が高いんじゃないでしょうか?だって作家陣・歌手両方で知らない人がいるもん。もう適当にいきますね。

>ミミさん(日吉ミミさんと紛らわしいのですが)の認知度はアイドルとしての方が圧倒的に高いですよ。
 それは以外でした。そういえば女子プロの業界ってやられ専門レスラーというのがいますが、ミミさんもその手の人だったのでしょうか。どうも「水色の予感/恋の部屋」は第4弾みたいです。

 ええ、その通りです。もともと「アイドルのミミがジャッキー佐藤と結婚(意味不明)、女子プロ入りへ」という触れ込みで話題になったんです。ビューティ・ペアがブレイクする前の話ですが。まあやられ専門(なんか卑猥な響き・・・)だったのは間違いありません。とにかく細かったし、体力的にムリでした。その第四弾は全く知りません。

>唐突に作家クイズ
次の①〜⑭にあてはまる作家名(作曲家のみ)を選びなさい。
①須藤ひとみ「初恋よこんにちは/恋のサマー・タイム」72年   →ケ
②笹原光子「涙の雨が降るときに/泣きながらねむったら」71年  →コ
③麻田ルミ「初想い/異国」72年                →カ
④浅尾千亜紀「雨がふるのに/恋はおしゃべり」70年       →ア
⑤小鹿ミキ「いけない子になる時/二度とは起こらない」70年   →キ
⑥立木久美子「思い出のカルチェ・ラタン/リラのさよなら」74年 →ア
⑦有田美春「小さなブランコ/草笛」74年            →キ(自信あるのこれだけ)
⑧岸じゅんこ「愛されてる日曜日/ふたりでひとり」74年     →イ
⑨矢島美智子「トラピスト/愛の泉」68年            →オ
⑩堀内美紀「さらば恋の日/可愛い女ひとり」69年        →エ
⑪コスモス「若草物語/あじさいの恋」72年           →ウ 
⑫讃岐裕子「白い花の下で/寒い朝に」75年           →ケ
⑬小栗アキ「小麦色の恋人/天使の出来心」69年         →サ
⑭ミミ「水色の予感/恋の部屋」74年              →ク

ア・三木たかし
イ・すぎやまこういち
ウ・井上忠夫
エ・遠藤実
オ・鈴木邦彦    
カ・筒美京平
キ・都倉俊一
ク・馬飼野康二
ケ・森田公一
コ・鈴木淳
サ・宮内国郎
シ・村井邦彦

=ヒント=
・②のB面は中村泰士作曲。
・⑨のB面は只野道泰という人の作曲。
・ダブりあり、森田公一、三木たかし、都倉俊一はそれぞれ2つ。
・⑧の作曲者は「ウルトラマン」のBGMで知られる。
・ア〜シで1人だけ①〜⑭にあてはまらない人がいます。
とこれ以上ヒントだしたら簡単になるのでここまで。

 ちょっと、そんなヒント言われても意味がありません。やはりチャートインしてない曲と
いうのは想像できません。だいたいその作家の活動時期くらいしか判断材料がないくらいの
難問でした。これに比べれば私の予備校の問題なんて軽い軽い(笑)。でも全問正解って人、
結構いるんでしょうね。しかし潜伏期間中にこんなことを企んでいたとは・・・(笑)

------------------------------------------------------------------------
作家クイズ 投稿者:にこら  投稿日: 7月20日(火)23時31分33秒

とろりさま、
須藤ひとみさんは特別思い入れのある人なのでしょうか、何と云っても「♪奥手のくせに耳年増なのね〜」というところが!

KOSUKEさま、

>その「立木久美子」さん、断片的な記憶なんですけど主人公がレストランのレジ係の人で、気があるお客さんにおつりを渡しそこねたとかいう歌詞だったような気がします。違ってたらすみません。

 「思い出のカルチェ・ラタン」の歌詞はまさしく「ビンゴ!」です(←川平慈英みたいでかっこわるい、とほほ...)。作者はクイズで答えて下さい(後述)

>ミミさん(日吉ミミさんと紛らわしいのですが)の認知度はアイドルとしての方が圧倒的に高いですよ。

 それは以外でした。そういえば女子プロの業界ってやられ専門レスラーというのがいますが、ミミさんもその手の人だったのでしょうか。どうも「水色の予感/恋の部屋」は第4弾みたいです。

http://idolep.hp.infoseek.co.jp/index.htm

唐突に作家クイズ
次の①〜⑭にあてはまる作家名(作曲家のみ)を選びなさい。
①須藤ひとみ「初恋よこんにちは/恋のサマー・タイム」72年
②笹原光子「涙の雨が降るときに/泣きながらねむったら」71年
③麻田ルミ「初想い/異国」72年
④浅尾千亜紀「雨がふるのに/恋はおしゃべり」70年
⑤小鹿ミキ「いけない子になる時/二度とは起こらない」70年
⑥立木久美子「思い出のカルチェ・ラタン/リラのさよなら」74年
⑦有田美春「小さなブランコ/草笛」74年
⑧岸じゅんこ「愛されてる日曜日/ふたりでひとり」74年
⑨矢島美智子「トラピスト/愛の泉」68年
⑩堀内美紀「さらば恋の日/可愛い女ひとり」69年
⑪コスモス「若草物語/あじさいの恋」72年
⑫讃岐裕子「白い花の下で/寒い朝に」75年
⑬小栗アキ「小麦色の恋人/天使の出来心」69年
⑭ミミ「水色の予感/恋の部屋」74年

ア・三木たかし
イ・すぎやまこういち
ウ・井上忠夫
エ・遠藤実
オ・鈴木邦彦    
カ・筒美京平
キ・都倉俊一
ク・馬飼野康二
ケ・森田公一
コ・鈴木淳
サ・宮内国郎
シ・村井邦彦

=ヒント=
・②のB面は中村泰士作曲。
・⑨のB面は只野道泰という人の作曲。
・ダブりあり、森田公一、三木たかし、都倉俊一はそれぞれ2つ。
・⑧の作曲者は「ウルトラマン」のBGMで知られる。
・ア〜シで1人だけ①〜⑭にあてはまらない人がいます。

とこれ以上ヒントだしたら簡単になるのでここまで。

------------------------------------------------------------------------
ミミさん他 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月20日(火)11時40分30秒

にこら様

 お姉さんははじめ遠藤御大に入門したので、ミノルフォン時代は演歌です。その後藤井明美と改名してからは、多少ムード歌謡みたいな曲も演っているみたいですが、後半の2枚はフォーク調の曲とのこと。立木久美子名義の2枚目のシングルは確か松本隆作詞だったように思います、これも見つかるといいのですが。

 こんにちは、このWebを拝見してまた唖然としました。どこからこういうのを入手できるのか・・・確かに妹(麻丘めぐみさん)に似てるようで似てない、華がないという印象です。しかし妹の活躍をどんな思いで見ていたんでしょう?その「立木久美子」さん、断片的な記憶なんですけど主人公がレストランのレジ係の人で、気があるお客さんにおつりを渡しそこねたとかいう歌詞だったような気がします。違ってたらすみません。松本隆氏が作詞活動を開始したのは73年(チューリップ「夏色のおもいで」が第一号)でしたから、相当初期の作品になります。

>P.S. ⑭はアイドル → 女子プロレス → 新興宗教の教祖 という過激な人生を歩んでおられます。知ってました?「おしゃれな土曜日」はフレンチ・ポップスの雰囲気が漂う佳曲です。
 何かの本で読んだので多少知っています、認知度が高いのは女子プロ時代だと思います。確か少女漫画の人で新興宗教の教祖になった人もいましたね。もっとも「あの人は今」では見たことがありません、宗教団体って儲かるんですかね??

 ミミさん(日吉ミミさんと紛らわしいのですが)の認知度はアイドルとしての方が圧倒的に高いですよ。デビュー曲の「おしゃれな土曜日」は60位、第二弾「恋人たちの森」は75位と健闘しましたから(アイドルが盛り上がってきた73〜74年ですが、まだチャートインできるのは難しかったです。あの山中ひとみさんの「薔薇物語」や木の実まこさん「あこがれ」といった名曲でさえ、チャートインはできませんでしたから)。 
 あと新興宗教ね、何かがバックについていない限りまず儲からないでしょう。どういう生活をしているのか気になるところですが。テレビ局もそのテのケースは、まず「あの人は今」では取り上げませんよ。そういう(いかがわしいと言ってはナンですが)イメージがつくことは、スポンサーの意向もあって極端に避けたがってますから。

------------------------------------------------------------------------
花里あけみ→藤井明美→立木久美子 投稿者:にこら  投稿日: 7月20日(火)11時11分37秒

よっかーさま、KOSUKEさま、

 調べてみたらここに情報ありました。

http://page.freett.com/mebae/akemi/Akemi-singles.htm

 お姉さんははじめ遠藤御大に入門したので、ミノルフォン時代は演歌です。その後藤井明美と改名してからは、多少ムード歌謡みたいな曲も演っているみたいですが、後半の2枚はフォーク調の曲とのこと。立木久美子名義の2枚目のシングルは確か松本隆作詞だったように思います、これも見つかるといいのですが。

>P.S. ⑭はアイドル → 女子プロレス → 新興宗教の教祖 という過激な人生を歩んでおられます。知ってました?「おしゃれな土曜日」はフレンチ・ポップスの雰囲気が漂う佳曲です。

 何かの本で読んだので多少知っています、認知度が高いのは女子プロ時代だと思います。確か少女漫画の人で新興宗教の教祖になった人もいましたね。もっとも「あの人は今」では見たことがありません、宗教団体って儲かるんですかね??

------------------------------------------------------------------------
吹田明日香さん 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月20日(火)00時50分2秒

 日高じょーじ様

>吹田明日香さんもファンなのですが、いつのまにかキャスターをされてたのを見て、感激してしまいました。「鶴ちゃんのいちごチャンネル」とかってアイドル歌番組でみたのがきっかけです。昭和58年くらいの話ですけどね。。

 こんばんは。吹田明日香さんは当時より今の方が魅力的ですね。私もNHK-BSのニュースで十数年ぶりくらいに見た時は感激しましたよ。髪型もショートの方が似合うし、アナウンスも完璧だし。さすが同志社ですね。スタ誕では見なかったけど、「あの素晴らしい愛をもう一度」を歌ったとか?シングルは「バ・ケーション」「聖書(バイブル)」「二人はマジック」「ライク・ア・ヴァージン」の4枚だったと記憶していますが、美人なのにインパクトが弱かった気がしましたね。

------------------------------------------------------------------------
神様のタイミング。 投稿者:日高じょーじ  投稿日: 7月19日(月)23時18分31秒

こんばんは。佐月亜衣さんの「神様のタイミング」、ボクも持ってますよ(^^ゞ
サックスも吹けるアイドルって言われてましたよね〜。
2週間くらい前に棚から引っ張りだして聴いてたので、思わずBINGO!ってカンジ
でした(笑)。
「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」だったかな、そこで見たのが最初で最後でしたが、なんか記憶の隅に引っかかっていて 数年前にCDゲットしました。
 で、ズームインの駒村多恵さんをみて、なつかしさのあまり「あ!」って声をあげてしまいました。でも、他の曲は入手が難しいかも知れないですね〜。持ってる方はスゴイ。。

 吹田明日香さんもファンなのですが、いつのまにかキャスターをされてたのを見て、感激してしまいました。「鶴ちゃんのいちごチャンネル」とかってアイドル歌番組でみたのがきっかけです。昭和58年くらいの話ですけどね。。

http://pksp.jp/skyline1975jm/

------------------------------------------------------------------------
あきいずみさん 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月19日(月)21時45分4秒

 こんばんは。久々に「株式会社NAVレコードヒストリー1」を聴いています。
いやあ、小林美樹さんの「人魚の夏」素晴らしいですね。聴いてるだけで沖縄の海にいるようです。そういうイメージを喚起させる詞・曲・アレンジ・歌唱ですね。しかしそれを上回って夏が来たって感じなのがあきいずみさん「バカンス」。誰もカバー不可能な、独特な唱法がインパクト大です。♪ギンギンギンギン夏が燃える バカンス いいじゃないの・・・真っ赤なビキニ着て フラフラしてる時には・・・でこの阿久先生の詞と井上忠夫氏の曲がピッタリ合ってます。阿久先生は「人魚の夏」も手がけてるから、すごいとしか言いようがありません。でこの「バカンス」を「8時だよ!全員集合」なんかで小学生を前に平然と歌われていたんですから、それもすごいとしか言いようがありません。ちなみにあきいずみの姓と名を逆にすると「泉アキ」さん。ちょっと過激さの種類が違うにせよ、インパクトのすごさではいい勝負です。

------------------------------------------------------------------------
追伸 投稿者:初心者  投稿日: 7月19日(月)17時44分2秒

今は「ズームインスーパー」と番組名が変わり出られているのは駒村多恵さんと言います。

------------------------------------------------------------------------
佐月亜衣さんについて  投稿者:初心者  投稿日: 7月19日(月)17時35分29秒

佐月亜衣さんってひょっとしたら毎朝NTVの「ズームイン朝」に出ている方ですか?以前番組内で「昔サックスを持ってアイドルとして歌っていた」と言っていたものですから。

------------------------------------------------------------------------
佐月亜衣 投稿者:よっかー  投稿日: 7月19日(月)12時40分47秒

当時サックスを吹きながらステージで歌う姿が斬新(?)というか、印象に残ってます。
何度か歌ってるのを録画したこともあります。
「School Out Boy-Love夢追走-」はすごくポップで好きな歌です。
すごく疾走感が素敵な歌です。「神様のタイミング」と同じく尾関昌也氏の作品で、NHK-BS「アイドル・オン・ステージ」でよく見ました。CDで持ってたけど、レコード盤は貴重かなと。

------------------------------------------------------------------------
佐月亜衣さん 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月19日(月)11時12分2秒

 よっかー様

 おはようございます。またマイナーな曲を拾われましたね。
 パッショナータ「卑弥呼」は断片的に覚えてます。
 ♪ヤバイよ ・・・ 奴隷にされる でしょ?
 ところで興味あるのが佐月亜衣さん。別にファンだったわけじゃないんですが、
妙なインパクトがありました。テレ東の「ヤング歌謡大賞」で長山洋子さんの
「ヴィーナス」を歌って優勝、「サックスが吹けるアイドル」という触れ込みでの
デビューでしたね。第二弾の「神様のタイミング」は新人賞関係で数回聴いたことが
ありますが、この「School Out Boy - 夢追走」は聴いたことがありません。
どんな感じですか?ちなみに今は本名の駒村多恵さんとして、日テレを中心に
レポーターとして活躍中とのことです。

P.S. さっきのにこらさんの質問、ほとんどヤマカンに近かったのに、合ってましたか。
   二度も名前を変えていたとは知りませんでした。

------------------------------------------------------------------------
にこらさんすごいなぁ。 投稿者:よっかー  投稿日: 7月19日(月)10時34分18秒

よくそんな盤が見つかりますねぇ。
立木久美子(花里あけみ'67→藤井明美'70)がお姉さんですよね。
あまり聞いた事もないけど、名前だけはなんとかわかります。

私の最近の拾い物は
キャンティ「ロンリーガールは夜の夢/一年過ぎたら」1984キング
パッショナータ「卑弥呼/火星と金星の陰謀」1979ビクター
若羽ちどり「激しく生きた女/あなたの夜汽車」1971コロムビア
岡崎ひとみ「心は鳥のように/若者は知っている」1977キャニオン
ピンクの電話「血液ガッタガタPartⅡ/アタックNo.1の歌」1989ビクター
佐月亜衣「School Out Boy-Love夢追走-/トキメキ・レイルロード」1990ワーナー
ってな感じ。

------------------------------------------------------------------------
⑥か、もしくはいないのでは? 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月19日(月)06時32分46秒

 にこら様

>自分の前の投稿がいつだったか...調べてみたら7月4日でした、ここはKOSUKEさんも前に云っていましたが、流れが速いのでしばらく投稿しないとそれこそ浦島太郎です。浦島太郎として潜伏中に更に14枚拾いました。

 おはようございます、ご無沙汰ですね。ちょっとにこらさんの研究テーマから離れた話題が続いたとはいえ、心配しておりました。

 この麻丘めぐみさんのお姉さんの件ですが、もしあるとしたら(自信はないのですが)⑥だったような気がします。でも苗字は藤井さんだったかもしれません。(めぐみさんの本名が藤井佳代子さん)最初は徳間音工(ミノルフォン)からめぐみさんよりも先にデビューして鳴かず飛ばず、74年にカムバックして歌番組で何度か見かけました。正確な記憶じゃなくて恐縮ですが、チャートインしてないので詳しいことはわかりません。またとろりさんへの質問なのに横レス失礼いたしました。
P.S. ⑭はアイドル → 女子プロレス → 新興宗教の教祖 という過激な人生を歩んでおられます。知ってました?「おしゃれな土曜日」はフレンチ・ポップスの雰囲気が漂う佳曲です。

------------------------------------------------------------------------
ご報告 投稿者:Shigeru  投稿日: 7月19日(月)01時58分13秒

4月にご案内させていただきましたオーダーメイドファクトリーで南沙織さんの未CD化アルバム2枚がようやくリクエスト目標枚数をクリアーしました!!http://www.sonymusicshop.jp/ordermf/index.html
長年待ちに待った未CD化アルバムがCDで復刻するのかと思うと感無量です。よっかー様をはじめリクエストいただきました皆様ありがとうございました!
聴き込むほどに魅力が増してくるCynthiaの歌の世界が堪能できるルアルバムです。2ndステージをクリアーしてぜひCDのいい音で聴いてみたいものです。

------------------------------------------------------------------------
麻丘さんのお姉さんは何番でしょう? 投稿者:にこら  投稿日: 7月18日(日)23時38分19秒

とろりさま、
 自分の前の投稿がいつだったか...調べてみたら7月4日でした、ここはKOSUKEさんも前に云っていましたが、流れが速いのでしばらく投稿しないとそれこそ浦島太郎です。浦島太郎として潜伏中に更に14枚拾いました。

①須藤ひとみ「初恋よこんにちは/恋のサマー・タイム」72年
②笹原光子「涙の雨が降るときに/泣きながらねむったら」71年
③麻田ルミ「初想い/異国」72年
④浅尾千亜紀「雨がふるのに/恋はおしゃべり」70年
⑤小鹿ミキ「いけない子になる時/二度とは起こらない」70年
⑥立木久美子「思い出のカルチェ・ラタン/リラのさよなら」74年
⑦有田美春「小さなブランコ/草笛」74年
⑧岸じゅんこ「愛されてる日曜日/ふたりでひとり」74年
⑨矢島美智子「トラピスト/愛の泉」68年
⑩堀内美紀「さらば恋の日/可愛い女ひとり」69年
⑪コスモス「若草物語/あじさいの恋」72年
⑫讃岐裕子「白い花の下で/寒い朝に」75年
⑬小栗アキ「小麦色の恋人/天使の出来心」69年
⑭ミミ「水色の予感/恋の部屋」74年

------------------------------------------------------------------------
おだいじに 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月18日(日)23時19分7秒

 スキャンドール様

>先ほど書き込んでから少し休ませていただきました。

 こんばんは、大丈夫ですか?無理は禁物ですよ。

>今も、とまらないのでしょうか?大丈夫ですか…。
気をつけてと言いたい所ですが、私が言っても説得力がありませんね。
お大事にしてくださいね。

 午前10時頃から今さっきまで、(途中眠ったにもかかわらず)半日続きました。
しゃっくりは決してバカにしてはいけません。横隔膜のけいれんですから、あまり
頻度が多いと危険です。夕食の時に胸が圧迫されるように痛くなりまして、まだちょっと
そんな状態が続いています。今入院とか絶対できない立場なので、今夜は安静にします。
 
>坂口良子さんドラマ主題歌

 おそらく幼稚園だったでしょうしね。当然ですよ。「家なき子」のラストですが、♪
DAY BY DAY 人生は DAY BY DAY 人生は 幸せ 幸せ 幸せさがし と、「幸せさがし」
という題だったと記憶しています。いい歌なのにチャートイしていないのが不満です。
まあもともと「ミス・セブンティーン」の初代優勝者ですから、最初は歌手志望だったん
じゃないですか?70年、「あこがれ」でレコードデビューしたのに泣かず飛ばず、2年後
「アイちゃんが行く!」の主演に抜擢され一躍アイドルに。
(よっかーさん、これで合ってますでしょうか?)

>本郷直樹さん写真集

 おばさま方と一部の男を狙ったんじゃないでしょうか?

>「Super Select IDOL SONGS」その中に、初CD化とかいわゆる“メダマ”的な曲は、あるのでしょうか?

 わりと有名な曲ばかりですが、レアなのはキャンディ・レイさんの「初恋のメルヘン」。予想に反して上手いんですよ。あと秋ひとみさんの「サマー・メランコリー」も好きな方にはお薦め。

>“好奇心”はスター誕生のCDにも入っていますね。
なんとなく気弱な感じ(眉毛がハの字…)に歌っていましたね。
その後の“ギャル”も色々なCDにオムニバス収録されていたので何枚か購入しました。

 「好奇心」は50位までいって日本テレビ音楽祭の新人賞にも入ったのに、その後がサッパリ。
見た目と違っておとなしい人でしたね。「スタ誕」のCDっていくつかあるみたいですね。
私の持ってるのは後期に出た人で、大橋恵里子さん「経験シーズン」、金井夕子さん「パステルラヴ」、(先日話題になった)ポップコーン「ブルーロマンス薬局」などが入っています。

>「12のらくがき」

 山下達郎さんって、その頃全く無名でしたよね?そういう方に依頼するプロデューサーの
センスは特筆ものですね。ましてキングレコードなんて保守的なイメージだから、余計。

>勇直子さん

 すみません、「センターラインが終わるとき」「ナーバスにならないで」しか知りません。
もうこの86年あたりになると、ちょっと私は弱いんですよ。でも彼女、ちょっとツッパリ(死語?)風なイメージだったでしょ?見てなかったけど「夏・体験物語」に出てたのは知ってます。

>ピーマンを知りません…3人組でしたよね。
真ん中の方だと思うのですが、後の“サーカス”の長女の方だとか…。
 
 ビンゴです。「ヤマハのキャンディーズ」って触れ込みでしたが、実は私も聴いたことが
ありません。それだけマイナーな存在だったんです。

>ちなみに黒木真由美さんは、この時点で(偶然あなたのタイトルになってる)
インディアン・スタイルで登場し、…。
偶然ではないのです…。黒木さんのイメージ=インディアンからタイトルにしました。

 ありゃまあ。決戦大会で歌ったのがまたレアな平田隆夫とセルスターズ「強いほうがいい」
まあ明らかにインパクト充分で、争奪戦となったようですよ。

>KOSUKE様もお仕事…等がんばり過ぎないように…。

 どうもありがとうございます。(ちなみに「おだいじに」は松田聖子さんのデビュー作ドラマ、
役名が「松田聖子」だったそうです)くれぐれもご自愛ください。

------------------------------------------------------------------------
通りすがりの者様… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月18日(日)19時32分57秒

思い出しました…。ありがとうございます。
確か、テレビ朝日、月曜日、夜7時の放送だったと思います。
オープニングテーマでは、清水さんがブルマー姿で全速力疾走されていたシーンが
思い出されます。(陸上の選手ではなく水泳の選手だったのですね…)
お婆さん役が中原早苗さん(白髪交じりのかつらが印象的でした)
だったと記憶しています。

>その他主演ドラマとしては、消防官を目指して奮闘するなんてのもありました。三枚目が殆んどです。

こちらは、記憶にありません…。

------------------------------------------------------------------------
アスファルトの天使たち… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月18日(日)19時25分44秒

KOSUKE様
>もう返信しているヒマがあったら「寝てなさい」といったところです。大丈夫ですか?

先ほど書き込んでから少し休ませていただきました。

>私も(40目前で恥ずかしいんですが)朝からしゃっくりが止まらず、寝ています。

今も、とまらないのでしょうか?大丈夫ですか…。
気をつけてと言いたい所ですが、私が言っても説得力がありませんね。
お大事にしてくださいね。

>見てたのは「家なき子」(→この主題歌がまたよかった)、「幸福ゆき」の類ですか?

見ていたにもかかわらず、うろ覚えです。きっかけがあれば色々と思い出せるのですが…

>本郷直樹さん…まさか持ってるとか(笑)?それも「あの人は今」で公開してましたね。でもどう考えても女性を対象にしたとは思えない、ヤバさを感じました。

持っては、いません。やはり、あの人は今で見たのです。
セクシー路線は、低年齢層ではなく一世代上を狙った感じがしますね。

>「Super Select IDOL SONGS」(キング、KICX-7104、02年)です。もうこれはメチャクチャで、いろんなレコード会社の曲が入っています。

その中に、初CD化とかいわゆる“メダマ”的な曲は、あるのでしょうか?

>でも私の目当ては黒木真由美さん「好奇心」だったんです。

“好奇心”はスター誕生のCDにも入っていますね。
なんとなく気弱な感じ(眉毛がハの字…)に歌っていましたね。
その後の“ギャル”も色々なCDにオムニバス収録されていたので何枚か購入しました。

>その「12のらくがき」はアイドル系なんですか?

黒木さん(香さんではありません…)のファーストアルバムです。
曲の半分を都倉さんが手がけています。
異色なのが“恋人とよばれて”と“北極回り”で、作・編曲ともに山下達郎さんが
手がけていたことです。
まだ、きちんと聴いていないのでコメントできませんが…。

>勇直子さん…確かJUN SKY WALKERSの人と結婚したとか?

そうです、最近女優として復帰されましたがまだテレビでは拝見していません。
元々、アルバム“アスファルトの天使たち”は、持っていたのですが、
未収録曲(シングルB面、さよならはおちこまないで以降のシングル)中でも
Boom Boom Boom(角松敏生さんプロデュース)が聴きたくて購入しました。

>「スタ誕」では「比べられたくないから」と理由で(知る人ぞ知る)ピーマンの「部屋を出てください」を「田舎っぽく」歌ったそうです。

ピーマンを知りません…3人組でしたよね。
真ん中の方だと思うのですが、後の“サーカス”の長女の方だとか…。

>ちなみに黒木真由美さんは、この時点で(偶然あなたのタイトルになってる)
インディアン・スタイルで登場し、…。

偶然ではないのです…。黒木さんのイメージ=インディアンからタイトルにしました。

>それでは、くれぐれもお大事に。

ありがとうございます…。
KOSUKE様もお仕事…等がんばり過ぎないように…。

------------------------------------------------------------------------
清水由貴子さん他 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月18日(日)18時26分41秒

 通りすがりの者様

>清水由貴子さん主演のドラマのタイトルは「花よめは16歳」といい、高校1年の少女が同じ学校の先生と結婚しそれを隠して学校生活を送るという話です。ちょっと岡崎友紀さんの「おくさまは18歳」のパクりも入ってたかもしれませんが、一応水泳に賭けるというスポ根の部分もあり、何と言っても彼女の明るさが十分に生かされた作品で楽しく拝見しました。そうそう、ドラマの中でしょっちゅう泳いでいたのでユッコは体重が5kg減ったと喜んでいましたね。その他主演ドラマとしては、消防官を目指して奮闘するなんてのもありました。三枚目が殆んどです。

 「花よめは16歳」でしたね。といっても見たことはないのですが、水泳ドラマだったんですか。
「だんなさまは18歳」なんてのもありましたね。竹本孝之さんでしたが、彼はわりと好きでした。それからその消防士をめざす話、題名はわかりませんが主演は水谷大輔さんでしょ?スタ誕出身ですが、どうにもさっぱりでしたね。女性で売れなければお嫁さんにいく、というテがありますが男の場合難しいですよね。まだ年が25までならサラリーマンに転職することも不可能じゃありませんが、なかなか芸能人みたいに周りが何でもやってくれる世界から、普通の仕事ってのは適応が難しそうな気がします。まあ売れなかった人たちは諦めずに続けるか、スパッと転身するかのどちらしかないわけで、清水由貴子さんは幸運な方だったと言えるでしょう。

------------------------------------------------------------------------
主演ドラマについて 投稿者:通りすがりの者  投稿日: 7月18日(日)16時37分14秒

清水由貴子さん主演のドラマのタイトルは「花よめは16歳」といい、高校1年の少女が同じ学校の先生と結婚しそれを隠して学校生活を送るという話です。ちょっと岡崎友紀さんの「おくさまは18歳」のパクりも入ってたかもしれませんが、一応水泳に賭けるというスポ根の部分もあり、何と言っても彼女の明るさが十分に生かされた作品で楽しく拝見しました。そうそう、ドラマの中でしょっちゅう泳いでいたのでユッコは体重が5kg減ったと喜んでいましたね。その他主演ドラマとしては、消防官を目指して奮闘するなんてのもありました。三枚目が殆んどです。

------------------------------------------------------------------------
お休みください 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月18日(日)16時16分26秒

 スキャンドール様

 もう返信しているヒマがあったら「寝てなさい」といったところです。大丈夫ですか?
 私も(40目前で恥ずかしいんですが)朝からしゃっくりが止まらず、寝ています。
やんなきゃいけないこといっぱいあるんですが、夜に回します。

>「KOSUKE依存症」にもうなっているかも知れません…。(それもかなりヘビーな…)

 それはやばいっすよ。どこの馬の骨かわかんないような男ですよ。「ヨン様依存症」だったら
まだ理解できますが。

>坂口さんの出ているテレビは、欠かさず見ていました…本当に可愛かったですよね。
坂口良子さんや桜田淳子さんのように明るく、笑顔の似合う方が
私の中のアイドル基本形となりました。

 よっかーさんもファンとのことですが、私の周りにも坂口良子さん好き、って男は
結構いましたね。彼女老けませんよね、で2時間ドラマだけど出りゃ必ず主演だし。
(先日出てたドラマで歌ったらしく、母が「歌が圧倒的にうまい」と申してました)
見てたのは「家なき子」(→この主題歌がまたよかった)、「幸福ゆき」の類ですか?
以前は岡崎友紀さんが独占してた枠(TBS 火曜19:00)でしたね。

>本郷直樹さん…自衛隊出身だけあって、いい体してました。
その当時、雑誌でふんどし姿も披露していましたね。

 まさか持ってるとか(笑)?それも「あの人は今」で公開してましたね。
でもどう考えても女性を対象にしたとは思えない、ヤバさを感じました。

>見直してみたら“ドリームドリームドリーム”が入っていませんでした。

 整理整頓がからっきしダメなもんで、いざとなると出てこないことが多いんです。
でもありました。「Super Select IDOL SONGS」(キング、KICX-7104、02年)
です。もうこれはメチャクチャで、いろんなレコード会社の曲が入っています。
明菜さん「スローモーション」、倉田まり子さん「グラジュエイション」、
鹿取耀子さん「ゴーイン・バック・トゥ・チャイナ」、北原佐和子さん
「マイ・ボーイフレンド」、薬師丸ひろ子さん「セーラー服と機関銃」etc。
でも私の目当ては黒木真由美さん「好奇心」だったんです。

>黒木真由美さんの「感情線」
イントロのスリリングな感じが都倉俊一さんらしくていいですね。
そういえば、先日、VIVID・SOUNDから“12のらくがき”と
勇直子“コンプリート・ベスト”が届きました。
まだ、きちんと聴いてませんが…。

 都倉俊一氏も京平先生に次ぐレベル(人によっては評価が逆かも)ですよね。
彼の作品集が出ていないのが不思議なくらいです。その「12のらくがき」は
アイドル系なんですか?それにしても勇直子さん、いたねえ。「センターライン
が終わるとき」ね。私の学生生活最後の86年でしたが、結構新人賞に入ってたので
よく覚えてますよ。確かJUN SKY WALKERSの人と結婚したとか?

>清水由貴子さん…彼女は欽ちゃんに足を向けて寝られませんよ。
週間欽曜日出演のことでしょうか…。
コニたんとデュエットソングも出していましたね。

「Of course!」(「オロナミンC」CFのヨン様の台詞です)

>ピンクレディーは、スター誕生出場の前にフジテレビの“君こそスターだ”に出場し、
落選されました。
その落選理由が『素人っぽくない…、出来上がっている…』と言う事だったそうです。
その苦い経験から、180度方向転換し、素人っぽさを強調したおかげ…?で
見事にスカウトされデビューと言うことになりました。

 その「君スタ」の件はご本人たちもよく話してるんで知ってますけど、
見てないんですよ。「クッキー」というデュオで、振り付けガンガンだった
らしいですね。「スタ誕」では「比べられたくないから」と理由で(知る人ぞ
知る)ピーマンの「部屋を出てください」を「田舎っぽく」歌ったそうです。
 ちなみに黒木真由美さんは、この時点で(偶然あなたのタイトルになってる)
インディアン・スタイルで登場し、15社スカウトが上がりました。先日話題にもなった
岩崎宏美さんは8社。いかに人間、「見た目に弱いか」をよく象徴していますね。
ちょうど30年前の夏休みの放送でしたが。もっとも私も75年、「今年の最優秀新人賞は
黒木真由美」と断言したので、人のことは言えませんが(笑)。

 それでは、くれぐれもお大事に。

------------------------------------------------------------------------
インディアン… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月18日(日)15時19分35秒

KOSUKE様
>「KOSUKE依存症」にならないようにくれぐれもご注意を。

もうなっているかも知れません…。(それもかなりヘビーな…)

>アイちゃんがいく」という坂口良子さんの女優としてデビュー作の相手役でしたけど、
かっこいいなあと思っていただけにね。

坂口さんの出ているテレビは、欠かさず見ていました…本当に可愛かったですよね。
坂口良子さんや桜田淳子さんのように明るく、笑顔の似合う方が
私の中のアイドル基本形となりました。

>本郷直樹さん…自衛隊出身だけあって、いい体してました。

その当時、雑誌でふんどし姿も披露していましたね。

>いや、「ドリームドリームドリーム」はそれとは別のCDなんです。

失礼しました。
見直してみたら“ドリームドリームドリーム”が入っていませんでした。

>黒木真由美さんの「感情線」もいいですね。

大好きです。
イントロのスリリングな感じが都倉俊一さんらしくていいですね。
そういえば、先日、VIVID・SOUNDから“12のらくがき”と
勇直子“コンプリート・ベスト”が届きました。
まだ、きちんと聴いてませんが…。

>清水由貴子さん…彼女は欽ちゃんに足を向けて寝られませんよ。

週間欽曜日出演のことでしょうか…。
コニたんとデュエットソングも出していましたね。

>ピンクレディー(私はこの2人は上がると確信していました)でさえ一桁だった
のに・・・

ピンクレディーは、スター誕生出場の前にフジテレビの“君こそスターだ”に出場し、
落選されました。
その落選理由が『素人っぽくない…、出来上がっている…』と言う事だったそうです。
その苦い経験から、180度方向転換し、素人っぽさを強調したおかげ…?で
見事にスカウトされデビューと言うことになりました。

------------------------------------------------------------------------
大変ですね 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月18日(日)14時37分39秒

 スキャンドール様

>休みは、日曜日のみです。

 それで年休もないとなると、大変ですね。

>太り気味でもやしとは、これいかに…と言う感じです。

 私も「?」と思いましたが。でもほどほど、っていうのが体調的にはベストみたいです。

>でも、朝には、KOSUKE様が書き込みを必ずしていてくれているので
不安は無いです。(プレッシャーをかけるようですが…)

 それはどうもありがとうございます。光栄です。でも私も毎朝書ける保証もないので、
「KOSUKE依存症」にならないようにくれぐれもご注意を。

>①イエ!イエ!お嬢さん …
この歌の作曲者は、ユーミンですね。
ユーミンには、珍しい曲調で初めて聴いたときには、ビックリしました。

 さっき書き忘れた!と思ったんですが、ご存知でしたか?一番郁恵らしさを
出してる曲だと思いまして。ちなみに作詞は伊達歩氏(=伊集院静氏)でした。

>「郁恵自身」(4枚組)

当然、CDボックスです。ちょっと値段的に迷いましたが購入しました。

>今なら、ファンになっていたかもしれませんが、当時は、能瀬さんが大好きだったので
目もくれませんでした。

 この頃は男性アイドル氷河期でしたからね。たのきん出現の直前でしたし。

>山咲トオルさんも歳をごまかして出演されていました。(やはり同い年です…)

 えっ、山咲トオルさんが出たのは聞きましたが、もっと若いと思ってました。

>あと、本郷直樹さんもですね。

 私、それも見ました。それは島津ゆたかさんの5倍くらいショックでした。
「アイちゃんがいく」という坂口良子さんの女優としてデビュー作の相手役でしたけど、
かっこいいなあと思っていただけにね。当時の男のタレントとしては珍しかったんですが、
全裸を(それは「同棲時代」で)披露してましたね。自衛隊出身だけあって、いい体してました。

>私も持っています。児島みゆきさんの“恋はかけひき”が以外に良かったです。
でもタイトルに“2”はついてなかったです。

 いや、「ドリームドリームドリーム」はそれとは別のCDなんです。(でも最近
御結婚されたようで、夢がかなって(笑)よかったです)あなたが持っているCD
は、有田美春さんの「いとこ同志」目当てに買ったようなもんで。黒木真由美
さんの「感情線」もいいですね。あと手塚さとみさんの「パジャマSong」、これは
激レア(声変わり前?)ですね。中古レコード店ならまず10,000円の値はつくでしょう。

>清水由貴子さんが主演されていた番組(タイトルは忘れました…高校生の幼な妻役でした)
を毎週欠かさず見ていました。

 それは見てませんでしたし、タイトルも覚えてません。主演してたのは知ってますが。
それからしばらくが仕事がなくて、マックでバイトしようとまで思ったそうですよ。
郁恵さんが活躍してるのをどういう思いで見ていたのか・・・彼女は欽ちゃんに足を向けて
寝られませんよ。

>スタ誕ではあのピンクレディーと一緒に決戦大会に臨み見事チャンピオンに輝きました。

 もちろん知ってます(私の誕生日だったこともあって)。15社スカウトの札が上がった
んですよね。ピンクレディー(私はこの2人は上がると確信していました)でさえ一桁だった
のに・・・

>くどいようですが“スターボーリング”では、クロベーと一緒に司会もしていました。
ヤクルトのCM(チビッコ達のママ役)も自然な演技でバイプレーヤー女優として
活躍されると思いました…が食べ歩きのレポーターの仕事が多いみたいですね…

 だから体型も変わったんでしょうね。「スターボーリング」の件、全く知りませんでした。

------------------------------------------------------------------------
こにゃにゃちは… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月18日(日)12時41分48秒

KOSUKE様
>おはようございます。ひょっとして昨日もお仕事だったんですか?

休みは、日曜日のみです。

>情けない…もやしっ子もいいとこです…。

太り気味でもやしとは、これいかに…と言う感じです。

>で自分のコメントがまだトップにあるとガッカリするんですよね(笑)。

でも、朝には、KOSUKE様が書き込みを必ずしていてくれているので
不安は無いです。(プレッシャーをかけるようですが…)

>私もベスト5ですが、①イエ!イエ!お嬢さん …

この歌の作曲者は、ユーミンですね。
ユーミンには、珍しい曲調で初めて聴いたときには、ビックリしました。
ラミラミエニバディイェイイェイホミホミエニバディイェイイェイ…呪文のようですが…

>ちなみに「郁恵自身」(4枚組)も買いましたよ。

CDボックスも同じタイトルです。
購入しましたか?
(私が1位に挙げたあなたと…がどのCDにも入っていなかったので私は購入しました。)

>ああ、東寿明さんとかね。ひょっとして応募したんじゃないですか?

今なら、ファンになっていたかもしれませんが、当時は、能瀬さんが大好きだったので
目もくれませんでした。

>スカウトキャラバン…一時男だけの大会、ってありましたね。工藤兄弟(最近聞きませんが)を輩出してます。

山咲トオルさんも歳をごまかして出演されていました。(やはり同い年です…)

>島津ゆたかさん…それ、私も見ました。そっちの方が唖然でしたね。さすがに50代後半〜60には見えました。

あと、本郷直樹さんもですね。
大病をされたので致し方ないと思いますが…
“燃える恋人”をその時、熱唱されたのですが声もちゃんと出ていて、
良かったですよ。(感動しました…)

>岩井小百合さん…ちょっと今でてこないんですが、「キング・アイドル・ヒストリー2」だったのは間違いありません。

私も持っています。児島みゆきさんの“恋はかけひき”が以外に良かったです。
でもタイトルに“2”はついてなかったです。

>ともかくお大事になさってください。

ありがとうございます…早く治したいと思います…。

横レスして申し訳ありませんが…

清水由貴子さんが主演されていた番組(タイトルは忘れました…高校生の幼な妻役でした)
を毎週欠かさず見ていました。
スタ誕ではあのピンクレディーと一緒に決戦大会に臨み見事チャンピオンに輝きました。
くどいようですが“スターボーリング”では、クロベーと一緒に司会もしていました。
ヤクルトのCM(チビッコ達のママ役)も自然な演技でバイプレーヤー女優として
活躍されると思いました…が食べ歩きのレポーターの仕事が多いみたいですね…

------------------------------------------------------------------------
逆転という感じでしたね 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月18日(日)10時05分18秒

 通りすがりの者様

>おはようございます。実は私清水由貴子さんのファンでした。

 おはようございます。嫌なことを思い出させてしまいましたね。

レコード大賞新人賞の時は郁恵さんかユッコかでテレビの前に釘付けになっていましたが、残念ながらユッコは受賞できませんでした。売上で見てみますと、「お元気ですか」30位8.2万枚、「明日草」45位4.3万枚まではヒットと言えるんでしょうが、続く「ほたる坂」は79位1.5万枚。これはきっと同期の高田みづえさん「硝子坂」を意識したんでしょうか。演歌を思わせる地味な曲で売上下降。続いて出した「天使ぼろぼろ」以降はチャートイン出来なくなりました。ううっ、悲しい。

 レコ大は25vs24だったのははっきり覚えてます。前半は完全にユッコさんがリードしてましたよね。郁恵さんの「私の先生」55位、「バス通学」45位でしたから。日本テレビ音楽祭の新人賞も、ユッコさんは入れたのに郁恵さんは漏れましたから。
 でも「天使ぼろぼろ」なんか(確か阿久=大野コンビ?)「勝手にしやがれ」を意識しているのは明らかですが、チャートインしてもよかったぐらいいい曲だと思いますよ。まあ「お元気ですか」が彼女ではベストというのは言うまでもないような気がしますが(これもオムニバスで持ってるので、たまに聴きますよ)。
 どちらが勝ち組で負け組というのも、無意味かと思います。ユッコさんも25年以上も芸能界にいて、独特の持ち味で活躍しているわけですから。同じ貧しい家の育ち(こういうのって表現しにくいですが)の百恵さんより、ある意味では根性があるのかもしれません。

 P.S.それにしてもとろりさんは「Do it Bang Bang」のようですね。この曲の時ベストを購入したんですよ。

------------------------------------------------------------------------
ユッコちゃん 投稿者:通りすがりの者  投稿日: 7月18日(日)09時11分29秒

KOSUKE様

おはようございます。実は私清水由貴子さんのファンでした。レコード大賞新人賞の時は郁恵さんかユッコかでテレビの前に釘付けになっていましたが、残念ながらユッコは受賞できませんでした。売上で見てみますと、「お元気ですか」30位8.2万枚、「明日草」45位4.3万枚まではヒットと言えるんでしょうが、続く「ほたる坂」は79位1.5万枚。これはきっと同期の高田みづえさん「硝子坂」を意識したんでしょうか。演歌を思わせる地味な曲で売上下降。続いて出した「天使ぼろぼろ」以降はチャートイン出来なくなりました。ううっ、悲しい。

------------------------------------------------------------------------
キューピット問題(笑) 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月18日(日)07時47分44秒

 とろりん村のとろり様

>いえいえ、KOSUKEさんの誤謬を指摘しようとする意図なんて、まった
くなかったのです。もし、気分を害されたならば、ぼくの書き方が悪
かったのです。どうか、お許しください。

 おはようございます。そんな、「気分を害した」なんてとんでもありません。
かえって恐縮です。

>「テレパシーLOVE」のジャケット写真の右上をご覧ください。
「キューピッド」ではなく「キューピット」と記してあります...。
これは、ユニオンレコードのケアレスミスではないようで、現在、
JASRACに登録されている彼女らの曲(6曲)は全部「キューピ
ット」名義になっています。

 結局正解は「キューピット」なんですね。こんな問題に発展
するとは予想してませんでした(笑)。だってリンリン・ランラン
だって「陽気な恋のキューピッド」ですからね。

>まあ、長い間、球団名も「タイガース」「ヤンキース」と、何の支障
もなく呼ばれてきたのですから、英語由来の言葉といえども、日本語
として発音しやすいように発音すれば何の問題もないと考えることも
可能なのでしょうが。

 まあ、そんなに気にすることではないですよ。テイチクサイドも
何らかの意図があってそういうデュオ名にしたんでしょうから。

>「キューピッド」ついでに申し上げますと、ぼくの「島田奈美ベスト
・フェバリット・ソング」は何といっても「内気なキューピッド」です。

 オーッ、(前も書いたんですが)私と全く同じです。EPOさんの作品でしたね。

>比企理恵は、ぼくと同い年です。さらに言えば、ぼくといちばん誕生
日が近いアイドルでもあります。そのせいか、何となく(一方的な)
親近感があります。

 ということはてんびん座ですか?ちなみに私はホワイトデー(魚座)です。

>彼女もそういうふうにコメントしているのですか。ぼくも、彼女の曲
には頻繁にスポーツが出てくるなあという印象を持っていました。そ
のために、彼女が健康的な少女(←しつこい^^)だというイメージを
抱いたのかもしれません。

ともわれ、彼女が残した5枚のシングル盤を調べてみました。
1st〜3rdまでの作詩家は橋本淳、または佐々木勉で、4th、
5thの作詩はすべて森雪之丞です。
1stシングル(彼女のセーターにローラー・ブーツのアップリケがしてある)

 よく調べましたねー。お疲れ様です。「恋のローラー・ブーツ」のジャケ写は
はっきり覚えてます。これが5枚中でベストだと思いますね。でもこの時期、
橋本淳氏が他の歌手に書いていた覚えは全くないし、佐々木勉氏が正解の
ような気がしますよ。「Are you happy?」ははっきり思い出しました。
なんか相手がテニス・シューズの紐を結んでくれるとかいう歌詞でしたね。
さすがに「恋のワナ・ワナ」はスポーツに関係ありませんでしたね。
「クラスの委員をしていた」というのは覚えてます(笑)。でもご本人は、
聖子さん路線の曲が歌いたかったそうですよ、「週刊文春」によれば。

------------------------------------------------------------------------
捜しています 投稿者:初心者  投稿日: 7月18日(日)07時37分33秒

2002年11月17日「NHKホール新結成記念解散音楽会」が開かれ後日BSで放送されたんですが我が家ではBS見られないもので見逃しました。此処で投稿するのは筋違いかもしれませんが・・・見ました?出来ればそのDVDが欲しいのです。期間限定のフォークルのHPでもファンの人たちが色々聞いてたみたいなのですが「ダメ」みたいです。かぐや姫、アリスなどは地上波だったのに・・・。 失礼しました。

------------------------------------------------------------------------
とにもかくにもお大事に。 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月18日(日)07時25分36秒

 スキャンドール様

>またまた、風邪がぶり返してしまいました。
情けない…もやしっ子もいいとこです…。
 
 おはようございます。ひょっとして昨日もお仕事だったんですか?
お疲れ様でした。「もやしっ子」って言葉、相当久々に聞きましたが
私は典型的なもやしっ子でした。ともかく風邪の方、お気をつけて。

>家にいるときは1〜2時間置きにチェックしてますよ。
私もそうです。
掲示板に書き込んでから、いつもソワソワ、ワクワクしながらチェックしています。

 で自分のコメントがまだトップにあるとガッカリするんですよね(笑)。

>(大沢逸美さん)

 まあ、女心としては当然でしょうね。でもそれがなんか空回りして、下品な
印象に変わっちゃったんですよ。

>(榊原郁恵さん)

いや、そういう意図は全くなかったですよ。私は部屋にポスターまで貼って
応援したのは郁恵さんだけですね。ファンの期間も一番長かった。
「あなたと夢とポップロック」が1位か・・・人それぞれですね。
私もベスト5ですが、①イエ!イエ!お嬢さん ②ラブジャックサマー
③わがまま金曜日 ④アルバシーノ+アラン・ドロン<あなた
⑤夏のお嬢さん ですね。でもどれも僅差です。③・④の頃が
一番応援はしてましたね。③は52位に終わったけど、その次の
④は22位までいき、レコ大の新人賞に清水由貴子さんを一票差
で破って入ったんですよ。(この頃のレコ大はハラハラしました)
当時アルバムって高くてほとんど買えなかった(26年前)んですが、
私はベストのLPを買いましたね。ちなみに「郁恵自身」(4枚組)
も買いましたよ。だってどのベストにも「わがまま金曜日」
が入ってなかったんですから。

>(タレントスカウトキャラバン)

 ああ、東寿明さんとかね。ひょっとして応募したんじゃないですか?
一時男だけの大会、ってありましたね。工藤兄弟(最近聞きませんが)を輩出してます。

>(島津ゆたかさん)

 それ、私も見ました。そっちの方が唖然でしたね。さすがに50代後半〜60には見えました。
やっぱり苦労すると人間老けるのよ。でも歌唱力抜群なだけに惜しいです。いずれにしても
「ホテル」は85年でしたから、今の私よりずっと若い?まあ昔の人は大人でしたよね。
女性経験も結構積んでいただろうし・・・聴いてると色気が感じられるんですよ。

>やはり私は、サッコさんの歌うマイナー系バラードがすごく好きなんです。

 彼女はバラードもポップな曲も両方OKです。本当に岩崎宏美さんといい勝負。

>(浅倉亜季さん)

 といわれてもわかんないんですけど(笑)、チャートインはしていますね。

>(岩井小百合さん)

 ちょっと今でてこないんですが、「キング・アイドル・ヒストリー2」だったのは
間違いありません。「ドリームドリームドリーム」大学受験の頃で、よく下にあった
美容室から流れてましたけど、最初水野きみこさんの第三弾かと(笑)勘違いしてました。
「恋あなたしだい」は、歌謡大賞で♪TONIGHT TONIGHT BABY あなた次第!と司会の
高島忠夫さんの「イェーッ!」をセットで覚えています(笑)。「銀蝿一家の妹分」
で鳴り物入りで出てきたのに、さみしいフェード・アウトでしたね。

>(「LOVE BEAT 3-3-7」)

 ああそうでしたか?時期からいって浅野ゆう子さんの方が先でしょう。キューピッドはカバーしたわけですね。

 ともかくお大事になさってください。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日: 7月18日(日)06時43分20秒

☆KOSUKEさま

トップページの画像をお褒めくださって、ありがとうございますm(__)m。
大変うれしいです♪。

>それから私「キューピット」とは書いておりませんぞ。

いえいえ、KOSUKEさんの誤謬を指摘しようとする意図なんて、まった
くなかったのです。もし、気分を害されたならば、ぼくの書き方が悪
かったのです。どうか、お許しください。

「テレパシーLOVE」のジャケット写真の右上をご覧ください。
「キューピッド」ではなく「キューピット」と記してあります...。
これは、ユニオンレコードのケアレスミスではないようで、現在、
JASRACに登録されている彼女らの曲(6曲)は全部「キューピ
ット」名義になっています。

まあ、長い間、球団名も「タイガース」「ヤンキース」と、何の支障
もなく呼ばれてきたのですから、英語由来の言葉といえども、日本語
として発音しやすいように発音すれば何の問題もないと考えることも
可能なのでしょうが。

「キューピッド」ついでに申し上げますと、ぼくの「島田奈美ベスト
・フェバリット・ソング」は何といっても「内気なキューピッド」です。

比企理恵は、ぼくと同い年です。さらに言えば、ぼくといちばん誕生
日が近いアイドルでもあります。そのせいか、何となく(一方的な)
親近感があります。

>ご本人は「週刊文春」の最近の取材(あの人は今)で「スポーツを
テーマに数枚出した」とコメントしてるんですが、デビュー曲はスケ
ート、でわかるとしても後は・・・?

彼女もそういうふうにコメントしているのですか。ぼくも、彼女の曲
には頻繁にスポーツが出てくるなあという印象を持っていました。そ
のために、彼女が健康的な少女(←しつこい^^)だというイメージを
抱いたのかもしれません。

ともわれ、彼女が残した5枚のシングル盤を調べてみました。
1st〜3rdまでの作詩家は橋本淳、または佐々木勉で、4th、
5thの作詩はすべて森雪之丞です。

1stシングル(彼女のセーターにローラー・ブーツのアップリケがしてある)

A面「恋のローラー・ブーツ」・・・・・・・ローラー・スケート
B面「ラブ・チェアーにすわって」・・・・・なし

2ndシングル(軟式テニス用のラケットを肩にかついでいる)

A面「ARE YOU HAPPY?」・・・テニス
B面「Mr.スーパーボール」・・・・・・・アメリカン・フットボール

3rdシングル

A面「陽気なフラ・ベイビー」・・・・・・・ウインドサーフィン
B面「恋って不思議ね」・・・・・・・・・・なし

4thシングル

A面「恋のワナ・ワナ」・・・・・・・・・・なし
B面「ホット・ラブNo.1」・・・・・・・なし

5thシングル

A面「想像力少女」・・・・・・・・・・・・なし
B面「オールマイティ」・・・・・・・・・・なし

1st〜3rdまでは、やはり、スポーツがよく出てきますね。
たぶん、クライアント(ホリプロ?)からの依頼もあったのでしょう。
4th、5thとはあまりにも対照的です。

------------------------------------------------------------------------
こんばんは… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月18日(日)00時22分44秒

KOSUKE様
またまた、風邪がぶり返してしまいました。
情けない…もやしっ子もいいとこです…。

>家にいるときは1〜2時間置きにチェックしてますよ。

私もそうです。
掲示板に書き込んでから、いつもソワソワ、ワクワクしながらチェックしています。

>大沢逸美さん…今の路線は避けてほしかった気がします。

お色気路線ですか…。
いつまでも、ジェームスディーンみたいな女の子のイメージがつきまとっていたので、
25歳を過ぎて、自分の中の女を出したくてレビューをしたり、
ヌード写真集を出版されたそうです。

>郁恵さんの笑顔より自然なものが感じられましただけに、惜しかったです。

このフリは、ベストを知りたいということですね…。

ベスト5 夏のお嬢さん(やっぱり郁恵さんはこの曲ですね。)
ベスト4 バス通学
(初めて郁恵さんを意識したのがこの曲でした。サビの『揺られ揺られて』の部分の振りがハワイアンぽくてビジュアル的に好きでした。)
ベスト3 夢見るマイ・ボーイ
(風邪薬のパブ×ンのCMで使われていたと思います。曲調で言うとベスト1です。)
ベスト2 青春気流(出だしの『あーなたのこーとばに…』の部分がすごく好きです。)
ベスト1 あなたと夢とポップ・ロック 
(毎週欠かさず“ナッキーはつむじ風”を見ていました。あんなお姉さんがいたら
楽しいだろうなといつも思っていました。
それだけに、思い入れが強くなってしまいました。)

>だったらスカウトキャラバンなんか開くなよ、って感じ。審査員だって草そうそうたるメンバーだし、金かけてたでしょう、特に昔は。

そういえば、初期は、男性もオーディションを受けていましたね。
山瀬さんが優勝した時に明星で応募要項を見た時、男性もOKだった気がします。
今は、きっと女性のみでしょうが…。

>島津ゆたかさんの「ホテル」。85年生まれの子が生徒さんにいるんですが、知ってて斉唱してるんですよ。唖然としました。

そういえば、あの人は今で島津さんが出演されていたのですが、
今現在50歳位だったのですが、年よりも老けていてビックリしました。
今は、スナックのオーナーだそうです。

>なるほど、どれも素晴らしいですが私は① 乙女のワルツ。…。

やはり1位でしたか…。
好きな曲なのですが、あえて外してしまいました。
(本当にランク付けは僅差の差でした、難しかったです…。)
やはり私は、サッコさんの歌うマイナー系バラードがすごく好きなんです。

>浅倉亜季さん…「タッチ」関連の曲を歌ってましたよね、確か。

陽あたり良好(やはり、あだち充さん原作です)の主題歌も歌っていました。
声は、アイドルしています。とても聴きやすいです。
ルックスは、見ようによっては、渡辺桂子さん、初代・電波子さん、浅沼友紀子さんを
足して3で割ったような感じです。

>同期デビューの岩井小百合さん「恋あなたしだい」が聴きたくなるんですね。「ドリームドリームドリーム」はオムニバスで持ってますが。

そのオムニバスは“音故知新”ですか?

ファーストアルバムのCDを持っています。シングル曲では、
ドキドキハートのバースデイパーティとドリームドリームドリームが入っています。
結構、売れていたのに、何故かベストCDが発売されない不思議な方ですよね。
本当に、小百合さんの曲を沢山聴きたいです。
中でも、いちごの片思いが聴きたいです。

私も横レスして申し訳ありませんが…
>これは補足があります。「LOVE BEAT 3-3-7」は、牛乳石鹸「シャワラン」のCFソングでした。

浅野ゆう子さんもアルバム“YUKO IN DISCO”で歌われています。

------------------------------------------------------------------------
とろりん村のとろり様へ 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月17日(土)08時00分17秒

 とろりん村のとろり様

>BIBIについて、特に思い入れがあるというわけではありません^^。
ただ、あのジャケットがトップページの浜辺のバックグラウンドに似合
 
 おはようございます。なかなか夏らしくていいですよ。今回の画像はバックも含め、ステキだと思います。

>BIBIの曲の中では、「スカイ・ピクニック」と、「筒美-松本」コンビの「サンシャ
イン・スーパーマン」が好きです。

 年末の新人賞では「赤い傘」(これもバスボンCFソング)を歌ってましたけど、インパクト弱かったですね。穂口雄右氏も相当の実績だし、才能を感じさせます。「スカイピクニック」なんかイントロを聴いただけでウキウキしてきますからね。

>キューピットは確かにインパクト(岡谷章子)がありましたね〜。「テレパシーLOVE」
なんか、ほとんど「UFO」(ピンク・レディー)ですし。
ところで、「Cupid」だから「キューピット」ではなくて、「キューピッド」ではないかと
思うのですが...。

 これは補足があります。「LOVE BEAT 3-3-7」は、牛乳石鹸「シャワラン」のCFソングでした。
♪好きな 人に 誘われながら ほほを 染めて 踊り明かした 3・3・7拍子でしょ?それから私「キューピット」とは書いておりませんぞ。「テレパシーLOVE」は惜しくも未聴ですが、だいたい想像はつきます(笑)。

(比企理恵さん)

>脳天気で、ちょっと意味不明な歌詞がいっぱい出てくます。にもかかわらず、彼女はそう
いう曲をものすごく高いテンションで、大はしゃぎしているかのように歌いまくるので、
聴き終わった後、しばらくぼう然としてしまいます。

 呆然としましたか?同い年ですよね?私にとっても初の年下アイドルでした。(ミルクとかクリケッツとかクリッパーとか、「お子様系」は別ですが)私は♪LOVEのイニシャル 赤いローラーブーツで あなたの後を飛ばしていくの が一番印象に残ってますが。ご本人は「週刊文春」の最近の取材(あの人は今)で「スポーツをテーマに数枚出した」とコメントしてるんですが、デビュー曲はスケート、でわかるとしても後は・・・?「陽気なフラベイビー」はフラダンス(笑)なんですかね?

>ホリプロとしては、「健康的な少女」(第二の榊原郁恵?)路線でいこうとしていた節が
見受けられますが、それは81年の林紀恵に引き継がれ...。

 もうしつこいけど、健康的ならいいってもんじゃないですよ。比企理恵さんと林紀恵さん、なんかいろんな意味で違いすぎますよー(歌唱力と妙なインパクトは共通?)。

>アイドルがアイドル自身を自嘲してみせる斬新な歌詞(恋のワナ・ワナ)は「なんてったってアイドル」(小泉今日子)に継承された...と思います。

 えっ、それは♪あいつと来たら 初めてのデートなのに アイドル歌手の 話ばかりするのよの部分ですか?でも「なんてったってアイドル」は自嘲してるとは思いません。まあアイドルの自分をコイズミさんが客観視した詞だな、と私は解釈してるのですが。それにしても名曲です。
(比企理恵さん以降はよっかー氏へのコメントでしたね。横レス失礼いたしました)

------------------------------------------------------------------------
スキャンドール様へ 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月17日(土)07時53分14秒

 スキャンドール様

 おはようございます。毎朝ラジオ体操→体重測定→モナムールチェック というふうに順番を決めています。でもモナムールは、家にいるときは1〜2時間置きにチェックしてますよ。昨夜も眠れなくて深夜1時に開いたんですけど、あとちょっとの差で惜しかったです。

>そう言うものも無いのです…。(トホホ…)

 それはお気の毒ですね。じゃあ週末にバッチリ鋭気を養うしかない、ということになってきますか。

>「夏の感情」
 
 いや、そんな謝られる必要はないですよ。他の2枚はベストじゃない、ってことですね。

>ライナーノートの出来でそのCDにどのくらい力をいれているかわかりますね。

 そう、だいたいお座なりなものが多い中で、筒美京平先生作品集は「ここはこの楽器で」とか
「これはディレクターの案で」とかどれも書いてるでしょ?そこに感銘いたしました。

>大沢逸美さん

 私はこの時最後しか見ませんでしたが、優勝を実感しましたか?でも未だに「ジェームス・ディーンのような女の子」のイメージが強いですね。今の路線は避けてほしかった気がします。

>大橋恵里子さん

 キャッチフレーズが「サンシャイン・ガール」(池袋にサンシャイン60ができた年だったので、それを意識したのか?)だけに笑顔がよかったです。決戦大会でも「大橋恵里子、笑顔で頑張りました」って言ってたくらいですから。(明菜さんも「いつも笑顔で頑張りたいと思います」なんてブリッコしてましたが)郁恵さんの笑顔より自然なものが感じられましただけに、惜しかったです。

>スカウトキャラバンで優勝した理恵さんですが本当は他の方が最有力候補だったのです。
何故優勝できたかと言うと、社長が一生懸命歌っている理恵さんの澄んだ瞳に惚れて
他の審査員の方達の意見を聞かず優勝を決定したと言っていました。

 このホリプロって、結構ワンマン会社ですねー。だったらスカウトキャラバンなんか開くなよ、って感じ。審査員だって草そうそうたるメンバーだし、金かけてたでしょう、特に昔は。

>本当に見て見たいです。

 バカの一言でしょ?といっても「め組のひと」「花とみつばち」(郷ひろみさん)「モニカ」「涙のリクエスト」くらいですよ。そういえば先週の予備校で歌ったのは、ドリフの話題がきっかけでした。私が人前で初めて歌ったのは(カトちゃんの影響で)ぴんからトリオの「女のみち」だったんですね。それでカトちゃんの物まねをしたんですが・・これも私の持ち歌なんですけど、島津ゆたかさんの「ホテル」。85年生まれの子が生徒さんにいるんですが、知ってて斉唱してるんですよ。唖然としました。

>伊藤咲子さん

 なるほど、どれも素晴らしいですが私は① 乙女のワルツ。これ以上にサッコさんの歌唱力が表現された曲はないと思います ② きみ可愛いね(紅白で熱唱) ③(ひまわり娘、思い出のセンチメンタルシティーと迷いましたが)青い鳥逃げても。スケールの大きなメロディーだったので
まあ彼女も「歴代うまかった女性歌手ベスト10には入れます、間違いなく。

>浅倉亜季さん

「タッチ」関連の曲を歌ってましたよね、確か。

>森尾由美さん

私はこの人、どっちかというと×でした(今は違いますが)。なんか「意地悪そうな女の子」ってイメージがあってね。挙げて下さった曲でも「お・ね・が・い」しか知りません。でもこれ越路吹雪さんの「ラストダンスは私に」をパクッたような印象が・・・話が変わるんですけど、この季節になると同期デビューの岩井小百合さん「恋あなたしだい」(ハートや星のマークがついてたんだけど略)が聴きたくなるんですね。「ドリームドリームドリーム」はオムニバスで持ってますが。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日: 7月17日(土)01時56分40秒

☆KOSUKEさま

すいませんm(__)m。BIBIについて、特に思い入れがあるというわけではありません^^。
ただ、あのジャケットがトップページの浜辺のバックグラウンドに似合うんじゃないかと
思って、使ってみました。

BIBIの曲の中では、「スカイ・ピクニック」と、「筒美-松本」コンビの「サンシャ
イン・スーパーマン」が好きです。ぼくも、歌うBIBIをみた記憶がなくて、早坂あき
よさんが、T.Vのリポーターなどをしておられたのを覚えています。

キューピットは確かにインパクト(岡谷章子)がありましたね〜。「テレパシーLOVE」
なんか、ほとんど「UFO」(ピンク・レディー)ですし。

ところで、「Cupid」だから「キューピット」ではなくて、「キューピッド」ではないかと
思うのですが...。

☆よっかーさま

よっかーさんがおっしゃる通り、比企理恵って一定のテレビ露出を長年にわたって維持し
ていますね。アイドル歌手としては、わずか一年間の活動で終わってしまいましたが、今
なおホリプロで女優を続けているのはすごいことだと思います。

>また、演技を離れ普段の比企理恵さんの雰囲気はすごくいいんだよなぁ。

普段の比企理恵さんは、どんな感じのひとですか?容姿に限るならば、ぼくには、アイド
ル時代のおもかげを少なからず残しておられるように思えます。

比企理恵のLP「ラッキー・ギャル」は、何回か聴きました。

♪あいつときたら はじめてのデートなのに アイドル歌手の 話ばかりするのよ〜(恋のワナ・ワナ)
とか、
♪夜は わたしが フラダンス をみせちゃう〜(陽気なフラ・ベイビー)
とか、

脳天気で、ちょっと意味不明な歌詞がいっぱい出てくます。にもかかわらず、彼女はそう
いう曲をものすごく高いテンションで、大はしゃぎしているかのように歌いまくるので、
聴き終わった後、しばらくぼう然としてしまいます。

今、振り返ってみると、彼女は森尾由美のプロトタイプだったような気がします。

ホリプロとしては、「健康的な少女」(第二の榊原郁恵?)路線でいこうとしていた節が
見受けられますが、それは81年の林紀恵に引き継がれ...。さらに、アイドルがアイ
ドル自身を自嘲してみせる斬新な歌詞(恋のワナ・ワナ)は「なんてったってアイドル」
(小泉今日子)に継承された...と思います。

------------------------------------------------------------------------
ベスト5とベスト3… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月17日(土)01時41分22秒

さき程、長い書き込みを投稿したのですがパソコンの調子が悪く、遅れませんでしたので2つに分けさせていただきます。

>伊藤咲子さんはえらいですよ。

大好きです。テレビでよく見ていて曲を覚えていました。
そして歌の意味もわからず、サビの部分を良く歌っていました。
勝手にベスト5を挙げさせていただくと、

ベスト5 きみ可愛いね
(いっぱいの笑顔で歌うサッコさん、サッコさん自身が本当に『きみ可愛いね』でした)
ベスト4 ひまわり娘
(記念すべきデビュー曲、サッコさんは、この曲を『宝物』と言っていました。
曲のイメージそのもの、ひまわりのようなサッコさん大好きです。)
ベスト3 何が私に起こったか(曲調がドラマチックでとても好きです)
ベスト2 木枯しの二人
(オリコンベスト10入りした代表曲です。熱唱のイメージは、この曲からでしょうか…)
ベスト1 愛のシルフィー
(サッコさんの曲はどれも名曲で順位を決めるのは至難の業です。大人の女性の歌も完璧に歌いこなしています。もう一度、テレビで歌ってほしい曲でもあります。)

>“浅倉亜季さん”私その方の曲、聴いたことがありません。

おニャン子の影にかくれてしまったアイドルの方の一人です。
ルックス、ボーカル、曲、どれをとっても平均点以上でしたが事務所の力が弱かったのか
いまいち、メジャーになりきれなかった感じでした。

>まあ「森尾由美ベスト」も出てますが。

大好きです。本当に可愛かった…(今も変わらず可愛いですが…)
またまた、ここでベスト3を挙げたいと思います。

ベスト3 カガミにご用心
(歌う時に首からぶら下げた小さな鏡を小道具に使っていたと思いました。)
ベスト2 だからタッチ・ミー(不思議な曲でした…がここ迄くると名曲(迷曲?)です)
ベスト1 お・ね・が・い(この曲のイメージがピッタリ由美さんにはまります。
本当に健康的なイメージと屈託のない笑顔が印象的でした。)

------------------------------------------------------------------------
レディオ体操… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月17日(土)01時05分6秒

KOSUKE様
朝、拝見されているのですよね、おはようございます…。

>もしなかったら年休使ってでも休まれたがいいです、マジで。

そう言うものも無いのです…。(トホホ…)

>“夏の感情”…その3種類ってのはそれぞれ収録されてる曲が違うのですか?

謝らなければならないことがあります。
“ベスト・コレクション”には、入っていなかったのです…ごめんなさい…。
他の2枚には、ばっちり入っていました。

>その点京平先生作品集のライナーノートは素晴らしかったと思いますが。

ライナーノートの出来でそのCDにどのくらい力をいれているかわかりますね。

>でも大沢逸美さんのようなボーイッシュさじゃなかったですね。

スカウトキャラバンで“東京ララバイ”を歌っていた逸美さんを見て、
優勝すると実感しました。
それ位、歌唱力が素晴らしかった…ボーイッシュな売りではなく、歌謡曲路線で
デビューしていたらもう少し歌手としての実力が発揮されていたと思います。

>少しうるさめだけど爽やかな印象というか。だいたい「女らしくしろ」なんて大きなお世話だと(スタ誕見てて)思いましたが。

ボーイッシュと言うより、活発な感じでしたね。
いつでも笑顔で見ていて好感を持てたアイドルでした。

>私にとっては比企理恵さんの方がインパクトが大きかったという結果になります。だから未だに芸能界で生き残っているのかもしれません。

スカウトキャラバンで優勝した理恵さんですが本当は他の方が最有力候補だったのです。
何故優勝できたかと言うと、社長が一生懸命歌っている理恵さんの澄んだ瞳に惚れて
他の審査員の方達の意見を聞かず優勝を決定したと言っていました。
そして10年後に社長と理恵さんが一緒に飲みに行った時にこう言われたそうです。
『ただ、曲はお前が一番売れなかったなー』と…。

>自分の歌を聴いてないのもムカツクタイプなので、あえて振りを入れるようにしております。

本当に見て見たいです。

------------------------------------------------------------------------
「ラヴァーズ・シェイク」最高!! 投稿者:新参者  投稿日: 7月17日(土)00時47分29秒

はじめて、カキコします。
小西康陽・監修のオムニバスCD「good night tokyo」で、ブルコメのすばらしさを知りました。同CDに収録されている「ラヴァーズ・シェイク」や「ルイ・ルイ」と同じテイストの楽曲を
ご存じの方がいらっつしゃったら、ぜひ教えてください。

よろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------------
比企理恵さん&BIBI 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月16日(金)20時03分48秒

 よっかー様 

 こんばんは。比企理恵さん、そういえば「不良少女と呼ばれて」に出てましたね。
タレント・スカウトで優勝してデビューしたのがちょうど25年前だから、1/4世紀。ここまで
息の長い女優になるとは思ってませんでした。タレント・スカウトの時点で女優としての資質を
見抜いていたとすればホリプロの眼力に驚かざるをえません。デビュー直後に、TBSの「なぜか
初恋・南風」(森光子さん・大場久美子さん主演)に出ていましたが、その時はすぐ消えるだろうと思ってました。しかしこの「陽気なフラベイビー」のジャケットも、なんともいえない小悪魔的な目が印象的。彼女は数年前パニック障害を患ったそうですが、神社やお寺めぐりで治ったそうで、その体験を本にしたようですよ。

 とろりん村のとろり様

 こんばんは。また謎のトップページ、今度はBIBIできましたね?これも何か思い入れがあったのでしょうか?(私が先日ピンク・レディーの時期の女性デュオで確かに名前は出しましたが・・・)この「レインボー・シャワー」はバスボンのCFソングで、確か第二弾「サンシャイン・スーパーマン」のB面だった記憶がありますが違ってたら悪しからず。でも同時期のシャンプーのCFソングなら、ピンクレディーの後を継いだキューピッドの「LOVE BEAT 3-3-7(要は3・3・7拍子)」の方が私はインパクト強かったです。(そもそもご存知でしょうか?テイチクなのでBIBIに比べるとマイナー感は否めませんが・・・)BIBIに話を戻すと、やっぱりデビュー曲の「スカイ・ピクニック」(松本=穂口コンビ)に尽きると思います。歌ってる画面ってほとんど覚えてないんですが、
やはり25年前の「歌謡大賞上半期新人祭り」で10組に選ばれ、号泣して歌ったのははっきり覚えてますね。

------------------------------------------------------------------------
比企理恵ちゃんは 投稿者:よっかー  投稿日: 7月16日(金)13時18分11秒

私には、残念ながら歌での記憶がほとんどありません。
大映ドラマでは最高のバイブレーヤー。なくてはならない女優さんですね。
「不良少女と呼ばれて」の山吹麻里役が最高。
小憎らしい役から可愛い役まで、味方につけると心強く、敵にまわるとこれほど嫌な相手はいないと思わす演技が魅力です。また、演技を離れ普段の比企理恵さんの雰囲気はすごくいいんだよなぁ。

------------------------------------------------------------------------
お疲れ様でした 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月16日(金)07時51分40秒

 スキャンドール様

>良い夏休みをお過ごし下さいませませ。(さだまさしさん風に…)

 こんばんは、どうもありがとうございます。実際は、来週からの講習の準備があったりで、フルに休みという状況でもないんです。ふだんの出勤時刻も一般のサラリーマンより遅いし、「休み!」って実感はあまりないですね。朝はラジオ体操から始めますが(小学生状態)。

>もしかしたら無いかもしれません…。(クゥーッ)

 ええーっ、普段あれだけ働いてらっしゃるのに夏休みがないというのは問題ですね。まあ会社ごとの事情というものがありますが、人間絶対切り換えが必要ですから。もしなかったら年休使ってでも休まれたがいいです、マジで。

>ベスト盤には、結構(夏の感情)入っていますよね。
私の持っている、3種類のベスト盤全てに入っています。(自慢ではありません…)

 「紅白」でも歌った曲なんだから、入れないソニーミュージックがどうかしてるんです。
でもシンシアでも3種類・・・そりゃ2000枚いくのも当然ですが、その3種類ってのはそれぞれ収録されてる曲が違うのですか?

>岩崎宏美さん『どうぞ、よろしくっ』と言ったシーンが印象的でしたが、その続きを言ってしまったら緊張のし過ぎで泣きそうになったから言えなかったと言っておりました。
何故、ボックスが欲しいかと言うと、ライナーノートが見たいのです。

 ?私は「あえて「お願いします」を言わなかった」って聞きましたよ。その理由は覚えてないのですが・・・私もライナーノートは欲しいですが、そのために買うのも・・・ライナーノート
だけ別売してくれませんかね(笑)。その点京平先生作品集のライナーノートは素晴らしかったと思いますが。

>でも大橋恵里子さんには決戦大会でスカウトが来たのに「もっと女らしくしなさい」とか説教(?)してたのを覚えてます。

>デビュー時は、説教されたにも拘らずボーイシッシュさが“売り?”でしたよね。

 でも大沢逸美さんのようなボーイッシュさじゃなかったですね。少しうるさめだけど爽やかな印象というか。だいたい「女らしくしろ」なんて大きなお世話だと(スタ誕見てて)思いましたが。

>(比企理恵さん)

 それは見たかった。私はワンコーラスメロを覚えてるのは、「恋のローラーブーツ」と「恋のワナ・ワナ」(♪ワナワナってきちゃうの)ですが、でも志村香さんはほとんど覚えてませんから(→しつこい)、私にとっては比企理恵さんの方がインパクトが大きかったという結果になります。だから未だに芸能界で生き残っているのかもしれません。

>先行逃げ切り型とでも申しましょうか…、今でもこのタイプで1位を死守している方々が
沢山いますね。

 まさにその通り。おニャン子自体はよかったんですが、チャート、というか購買パターンに与えた悪影響は大です。(でも新田恵利さん「冬のオペラグラス」(名曲)は4週首位でしたからね)もっとも最近は、「涙そうそう」が2年間(100週を超えて)入ってますし、「さくら」や「世界にひとつだけの花」もすでに70週以上入っています。これはいい傾向ですよ。

>(ルー・フィン・チャウさん)。
 でも豊川誕さんほど生い立ちを売りにはしてなかったし、演歌的でもなかったと思うのですが。もう少しベトナムらしさを出した歌を歌ってほしかったですね。

>誰も聴いてません…私の歌なんて…。
それはいけませんよ。「俺の歌聴けよ」ぐらい強気にいかないと。私はカラオケでも他人の歌は真剣に聴くし(だから前もって歌う曲を決めてるんです)、チェックもさせて頂きます(言いませんけどね)。自分の歌を聴いてないのもムカツクタイプなので、あえて振りを入れるようにしております。

>未だに車の中で一人“桜田淳子さん”のまねをしています。
『こんばんは、桜田淳子です…』と…。

 それ披露したがよいのでは?♪去年のトマトは青くて固かったわ(「気まぐれヴィーナス」)くらいは私もできますよ。またこの曲が大好きなもんで。

>下手と言うか声が出ていないのです。
そういえば三善英史さんも声が出なくなっていました。

 そう、三善英史さんも出られる状態じゃないですよね。私は西城秀樹さんや野口五郎さんにもそれを感じるんです。昔の「夜ヒット」とか見てると、当時のイメージよりずっとうまいし、声が出てるんです。今は・・・その点ブランクがあったにもかかわらず、伊藤咲子さんはえらいですよ。

>“浅倉亜季さん”
 私その方の曲、聴いたことがありません。まあ「森尾由美ベスト」も出てますが。

------------------------------------------------------------------------
日高じょーじ様… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月16日(金)00時49分13秒

>ナイアガラトライアングルの候補だったんですね〜。ちょっと残念。。
でも、杉真理さんも元春さんも大ファンだから、ナットクです(笑)。

今までこちらでは、お話したことが無いのですが、
私は、大滝詠一さんが大好きなのです。
もし、候補では無く参加されていたらどうなっていたのでしょうね…。

私も網倉さんの載っているホームページを見せていただきました。
吉田拓郎さんのアルバムがお薦めでしたが、なんとなく網倉さんの曲調からは、
拓郎さんとは…想像がつきませんでした。

------------------------------------------------------------------------
こんばんは… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月16日(金)00時41分7秒

KOSUKE様
>私はなぜか、今週が夏休みです(来週から夏期講習で、単発では休みが何日かありますが)。

良い夏休みをお過ごし下さいませませ。(さだまさしさん風に…)

>スキャンドールさんは夏休みは来月なのですか?

もしかしたら無いかもしれません…。(クゥーッ)

>(シンシア様の「夏の感情」は別ですよ!)

ベスト盤には、結構(夏の感情)入っていますよね。
私の持っている、3種類のベスト盤全てに入っています。(自慢ではありません…)

>岩崎宏美さん…スタ誕の決戦大会の画像まであるんですよね?

結構、テレビでそのシーンは、放送されていましたね。
『どうぞ、よろしくっ』と言ったシーンが印象的でしたが、その続きを言ってしまったら
緊張のし過ぎで泣きそうになったから言えなかったと言っておりました。
何故、ボックスが欲しいかと言うと、ライナーノートが見たいのです。

>でも大橋恵里子さんには決戦大会でスカウトが来たのに「もっと女らしくしなさい」とか説教(?)してたのを覚えてます。

デビュー時は、説教されたにも拘らずボーイシッシュさが“売り?”でしたよね。
わからないです、芸能界は…

>比企理恵さん…夜は私が フラダンスを見せちゃう とちょっと意味不明な歌詞でしたが、TVで見たらインパクトも10倍(笑)だったでしょうね。

そうです、この部分をずっと覚えていました。
遊園地でパラシュートに乗って理恵さんが歌っていました。(イメージビデオ風でした。)

>おニャン子クラブ…初登場1位で、翌週ベスト10圏外なんてのもこの頃からでしたね。

先行逃げ切り型とでも申しましょうか…、今でもこのタイプで1位を死守している方々が
沢山いますね。

>ルー・フィン・チャウさん…これはレコード会社・事務所サイドの戦略ミスでしょう。というのは第二弾の「愛をとどけて」…彼女らしさが全然出てなかったんですよ。

今までの生い立ちが売りと言うか…、売り出し方が演歌的でしたね。

>会社の宴会芸だってそれで通用するし。

誰も聴いてません…私の歌なんて…。

>私はモノマネはできませんね。

未だに車の中で一人“桜田淳子さん”のまねをしています。
『こんばんは、桜田淳子です…』と…。

>ほとんどの歌手がヘタになってません?

下手と言うか声が出ていないのです。
そういえば三善英史さんも声が出なくなっていました。

>「林紀恵ベスト」を出しちゃうポニーキャニオンなんですから。 

横レスしてすいませんが林さんよりも“浅倉亜季さん”の方が説得力があるような気が…

------------------------------------------------------------------------
老けましたね・・・ 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月16日(金)00時36分15秒

 日高じょーじ様

 こんばんは。これ以上探しても出てきません。
 やっぱり「黄昏海岸」いいでしょう?これが売れなかったのは私の中で謎なんです。
あんまりあかぬけたメロディーってダメなんでしょうか?「旅の手帖」も同じ感想です。

 ところで、Web拝見しましたが、さすがにいいオッサンになってましたね。
 確かデビュー曲が78年の「Good-bye 横須賀」という曲で、記憶によれば
今と全く顔は違ってました。目がもっと細めでしたよね。

 でも元ミュージシャンで専門学校の講師って結構いますね。「あの人は今」で
紹介されただけでも、「愛が生まれた日」で藤谷美和子さんとデュエットした
(これもかなり歌いましたけど・・・)大内義昭さん、「それが大事」の元
大事MANブラザースバンドのボーカルだった立川俊之さん。やはり普通の
仕事に転職するわけにはいかないし、スタッフとはまた違うけど自分の持ち味
を生かせる職種なんでしょうね。 

------------------------------------------------------------------------
情報ありがとうございます。。 投稿者:日高じょーじ  投稿日: 7月15日(木)21時31分8秒

KOSUKEサン・とろりん村のとろりサン・スキャンドールさん・よっかーサン
・・・みなさん、情報ありがとうございます。さすがにお詳しい(^_^)

網倉さんネタでこんなに盛り上がれることに感激しています。。
またレコード店めぐりが楽しめそうです。

マイコレクション(といっても少しですが)の中では、
太田裕美さんの「黄昏海岸」もあかぬけたポップスってカンジで
好きですし、B面ですが、小出広美さんの「青のスピーチバルーン」も
イイ。
そういえば、郷ひろみさんの「How many いい顔」も網倉さんの作品だったと
思います。
網倉さん自身のレコードは「チャンス」ってEPだけしかもってなくて、日々オークションチェックしてます。。

現在は、シンガソングライターの講師をなさってるようです。

よろしかったら、下記URLをご覧になってくださいませ。既出でしたらスミマセン。。

http://www.suganami.com/school/ms-meguro/st_message.html

ナイアガラトライアングルの候補だったんですね〜。ちょっと残念。。
でも、杉真理さんも元春さんも大ファンだから、ナットクです(笑)。

http://pksp.jp/skyline1975jm/

------------------------------------------------------------------------
まだありました。 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月15日(木)11時17分50秒

 よっかー様 他

 おはようございます。結構実績すごいですね。「白いハンカチーフ」(井森美幸さんがタレントスカウトで歌ってました)と「悲しみ2ヤング」(この曲好きな人、結構多いですね)も彼だったとは(トシちゃんでは「誘惑スレスレ」と「ピエロ」も書いてますね)。
 それで私は、(もうベスト3を発表しちゃいましたけど)まだ名曲があった、って予感が働き、オリコンデータブックをダダーッとめくってみました(夏休みなのにこんなことしかしない)。
そしたらありました。黛ジュンさん「男はみんな華になれ」(32位、9万枚)。これは名曲です。 あと「ちえみ・ひとみ・良美」のコンサートは、DVDかCDのどちらかは出ると思いますよ。なんてったって「林紀恵ベスト」を出しちゃうポニーキャニオンなんですから。 

------------------------------------------------------------------------
網倉一也さん 投稿者:よっかー  投稿日: 7月15日(木)09時55分12秒

じゃ私もベストに乗っかります。

☆「白いハンカチーフ」掘ちえみ
☆「水色の輝き」小出広美
☆「ダンバインとぶ」MIO
☆「悲しみ2ヤング」田原俊彦
☆「南風」太田裕美
順位は決めてないです。

先日の「ちえみ・良美・ひとみ」のコンサートに行けた方はうらやましい。
DVDでも出ないかなぁ。

------------------------------------------------------------------------
網倉一也氏Ⅱ 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月15日(木)08時33分39秒

 とろりん村のとろり様 スキャンドール様 日高じょーじ様

 おはようございます。
 私の網倉一也氏のベスト3(最近これが流行って(?)ますね)

 ① 南風(太田裕美)
 ② 旅の手帖(石毛礼子)
 ③ 虹いろの瞳(新井薫子)

 ですね。3位は「I THINK SO」(このジャケ写、よく撮れてますね)でもいいんですけど、当時の「ときめき」を思い出すと(新井薫子さんは全然ファンじゃありませんでしたが)「虹いろの瞳」に軍配をあげてしまいます。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日: 7月15日(木)06時06分17秒

☆KOSUKEさま、スキャンドールさま、日高じょーじさま

・網倉一也は、どちらかといえば寡作な作家ですが、その名は後世に語り継がれて
しかるべき人だと思います。

ぼくが特に好きな網倉一也作品を挙げると、下記の通りです。

「虹色の瞳」「風のジェラシー」、LP「待ちきれなくって...」(新井薫子)
「I THINK SO」(岩崎良美)
「レディ直前」「ガラスの夏」「フィフティーン・ラブ」(柏原よしえ)

これらの作品が、ぼくの心のベストテンから落ちることは恐らくないでしょう。

・ぼくの岩崎良美ベストスリー

1.愛してモナムール
2.I THINK SO
3.涼風

というわけで、壁紙を「I THINK SO」にしてみました^^。

------------------------------------------------------------------------
眠れぬ夜にしたためています 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月15日(木)02時02分55秒

 こんばんは。

 とろりん村のとろり様

 よくタイトルが見えませんが、このジャケットは「I THINK SO」ですね。またコメントにもないけれど、何かあったのですか?(もしかして網倉一也氏作曲?オリコンデータブックを見ればわかるのですが、取りに行くのが面倒なので)

 スキャンドール様

>(夏休み)

 私はなぜか、今週が夏休みです(来週から夏期講習で、単発では休みが何日かありますが)。
でもね、サラリーマンを辞めると仕事が来る方がうれしいもんですよ。まさに芸能人の気持ちがこの頃やっとわかってきました(笑)。テロが怖いし、「平成かれすすき」だから海外にも行けないし。まあ近所の温泉(ラ・クーア)に行ったり、ヨン様の映画(「スキャンダル」)を見たりですね。スキャンドールさんは夏休みは来月なのですか?

>(宏美さんのボックスが発売されましたね。)
私は買いません。スタ誕の決戦大会の画像まであるんですよね?昨夜「入っていない」と申し上げた3曲は、特に聴きたいとも思ってませんので。(シンシア様の「夏の感情」は別ですよ!)

>けなされた方のほうが合格した時の感動が大きいから、
わざとけなしていたのかと思った事もありました。

 ああ、そういうものかもね。でも大橋恵里子さんには決戦大会でスカウトが来たのに「もっと
女らしくしなさい」とか説教(?)してたのを覚えてます。

>「陽気なフラ・ベイビー」

 計算させて頂きましたが、小5でしたか?私はこの曲、ワンコーラスで聴いたことないんです。
♪パワフルな太陽と 突き刺さる言葉 ・・・ 夜は私が フラダンスを見せちゃう とちょっと
意味不明な歌詞でしたが、TVで見たらインパクトも10倍(笑)だったでしょうね。

>「セクシー・バス・ストップ」(長期ランクイン)

 そうですね。オリコンのデータを見ても、昔は100位の滞留週数が長かったですね。この「セクシーバスストップ」もかなり長かったです。それが短くなってきたのがおニャン子からだと私は分析してます。初登場1位で、翌週ベスト10圏外なんてのもこの頃からでしたね。

>(それ専用のスペース)
 几帳面なんですねー。私の方こそどうしようか途方に暮れてるんですが。またビデオが100本以上あって、枕もとはPC2台(Web・メール用とCD用)で部屋はメチャクチャです。どうも「片付けられない男たち」のようです。

>(ルー・フィン・チャウさん)

 いや、私の記憶ではデビューコーナーが4週間だけで、あとは通常の出演だったですよ。(だからデビュー曲しか知らない出身者が結構います)日テレ側では彼女を推したのは想像つきますが、これはレコード会社・事務所サイドの戦略ミスでしょう。というのは第二弾の「愛をとどけて」が普通の(誰が歌ってもいいような)作品で、ベトナム出身の彼女らしさが全然出てなかったんですよ。

>「白い部屋」(「オ××ー」)

 いや、パリの「オルセー美術館」のことですよ(笑。小泉首相にははるかに劣る弁明)
私も当時(小4)はもちろん意味がわかりませんでしたが、あとでわかった時の衝撃は・・・。
このことをテーマにした曲は、私の知る限りこの「白い部屋」だけです。

>「潮来笠」
 
モノマネできればもう十分じゃないですか?会社の宴会芸だってそれで通用するし。私はモノマネはできませんね。今大ブームのヨン様(ペ・ヨンジュン氏。ファンです)の日本語の片言の挨拶を練習してるんですが(→ヒマ人)。大昔大学の合宿で田村正和氏の真似を披露し、ひんしゅくをかってしまいました(泣)。

>(新沼謙治さんと西川峰子さんの歌)

 ほとんどの歌手がヘタになってません?西川峰子さんは私も見たけど、ああなったら出るべきじゃないよね。あとヘタになったのが「わかって下さい」の因幡晃さんと、伊勢正三さん。特に後者は好きなんで、ショックが大きいです

>(橋幸夫さんデビュー秘話)

 そりゃ高校二年でデビューしていきなり大ヒットになったら、よっぽど賢い子じゃない限り
普通天狗になりますって。

>(岩崎良美さん)

 第2位が「愛してモナムール」ですか。とろりさんと私は1位です。当時そんなに好きじゃなかったんですけど、「赤と黒」の時から抜群にうまかったです。新人アイドル不振のこの時期、この曲は初登場58位(確か。当時新人のデビュー曲が1週目にチャート・インは珍しかったですよ。最高19位でした)でした。

------------------------------------------------------------------------
日高じょーじ様… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月15日(木)01時03分53秒

KOSUKE様に続いて、はじめまして…。
スキャンドールと申します。(言っていて何だか恥ずかしいですが…)

>「南風」、彼の作品ですが、本当に心地いいナンバーですね〜。

小学生の当時、レコードを持っていませんでしたが、
CMで使われていたフレーズ部分のみを何度も繰り返し何気なく歌っていました。
それだけ、耳に馴染みやすく、良い印象を与えてくれたのかもしれません。

>倉橋ルイ子さんの曲でも網倉さんのクレジットが数多く見られます。「ガラスのYESTERDAY」とか「風の恋人」とか、今でもドライブ(昭和50年式スカイラインです)のBGMには欠かせません。

欽どこに出演されていた頃を思い出しました。
堀内孝雄さんと“ハルリーラ”と歌っていたのは、倉橋さんですよね…。
他に知っている曲ですと“ラストシーンに愛をこめて”ですが網倉一也さんの曲では、
ありませんでした…。

------------------------------------------------------------------------
とろりん村のとろり様… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月15日(木)00時43分41秒

岩崎宏美さんでは無く、妹の良美さんのジャケットですね…。
いつも、ありがとうございます。
私の中での良美さんのイメージは、可愛いと言うよりは綺麗、ポップスシンガー、
そして清楚で知的な感じの方と言う感じですね。

ちなみに、好きな曲ですと…
第1位 Vacance
第2位 愛してモナムール
第3位 プリテンダー
第4位 赤と黒
第5位 I THINK SO 
です…。

------------------------------------------------------------------------
今日も暑かったです。梅雨明けですね… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月15日(木)00時31分41秒

KOSUKE様
わんばんこっ!(鶴光さん風に…)
もうすぐ学生さん達は夏休みですがKOSUKE様の夏休みはいかがなものでしょうか?

>私の2枚組ベスト(VICL-40079〜80)には入ってますよ。
 逆に「霧のめぐり逢い」「春おぼろ」「あざやかな場面」が入ってないんですが。

最近、宏美さんのボックスが発売されましたね。
少し価格が高いので買う事を躊躇しています。(今、一番の悩みです…)

>第一、中学生に対して難しいコメントだと毎週思ってました。阿久先生も含めて。

それでも、デビューした方は、沢山いましたね。
けなされた方のほうが合格した時の感動が大きいから、
わざとけなしていたのかと思った事もありました。
合格した後のフォローは感動的でしたが…。

>「恋のローラーブーツ」妙に耳に残っています。個性的でしたよねー。

テレビ東京放送のヤンヤン歌うスタジオで“陽気なフラ・ベイビー”を初めて見た時は、
今までに、聞いた事のないボーカルに子供心に度肝を抜かれました。

>ちなみに「セクシー・バス・ストップ」は12位、なんと19万枚も売れてました。

70年代アイドルの方たちは、惜しくもベスト10に入らなくても、
長期ランクインにより、10万枚突破されている方たちが沢山いましたね。
80年代後半発売なら、それだけ売れれば1位獲得も夢では無かったですよね。

>えーっ(しばし唖然)じゃあそれ専用のスペースがあるんですね?私は100〜200枚です。

ざっくばらんばらん(使い方が違いますが)な感じです。
最初は、ジャンル別、あいうえお順、発売日順に綺麗に分けてありましたが、
もう成す術がありません。(助けてください…)

>それにしてもルー・フィン・チャウさん、もうちょっと売れて欲しかったですね。

当時のスター誕生では、半年間位、今週の歌扱いで出演されていましたね。
番組側が本当にスターにしたいと言う気持ちが伝わりましたが、
他のテレビ局で見る機会が少なかった事がヒットしなかった要因の一つでは…と
考えてしまいます。

>ときめき」の次の「白い部屋」はもっとヤバかったけどね。いわゆる「オ××ー」がテーマでしたから。

最初××がわかりませんでした…が、歌詞カードをもう一度、読み返して納得しました。
何…なに…ナニの事だったんですね。深いです。めぐみさんがそんな事を…。

>「潮来笠」をカバーすれば?

“カバー”…何だかすごく軽い感じで、拍子抜けしてしまいました。
カパー…と言うより、私の歌は、どちらかというと物真似の域で停滞している感じです。

>五木ひろしさんや森進一さんは「ヘタになったなあ」って最近思うんですが、…。

最近、新沼謙治さんと西川峰子さんの歌をテレビで聴いたのですが、
高いキーが出なくなっていてガッカリしてしまいました。

>演歌だけじゃなくてこういうポップスにも対応できる歌手、ってあんまりいないと思うんですよ。この曲(67年)頃をリアルタイムで過ごしてみたかったですね。

60年デビュー(さぶちゃんより古い…)でしたね。
当時の話を伯母から聞いてもいないのに聞かされた事がありました。
『当時の幸夫は天狗だったねー鼻につくったらありゃし無かったよっ』と言う事でした。

------------------------------------------------------------------------
網倉一也氏 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月14日(水)20時06分2秒

 日高じょーじ様

 はじめまして。宜しくお願いいたします。

>網倉一也さんのネタを探していて、ここにたどり着きました。
彼のメロディラインが大好きです。

 私もです。かなり筒美京平先生の影響を受けていると感じるのは、
私だけでしょうか?

>「南風」、彼の作品ですが、本当に心地いいナンバーですね〜。
特に太田裕美さんのアルバム「12月の旅人」「ごきげんいかが」
に提供した曲は名曲ぞろいだと 個人的に思ってます。

 そのアルバムの曲は未聴ですが、「南風」ほどヒットしなかった
ですけどその次のシングル「黄昏海岸」もなかなかの出来でした。
あと石毛礼子さんの「旅の手帖」、これは超名曲だと思っているの
ですが、いかがでしょう?男性アイドルだとスコッチの「君は
ナチュラル」もよかったと思います。
 
>あと、アイドルではないのですが、倉橋ルイ子さんの曲でも網倉さんの
クレジットが数多く見られます。「ガラスのYESTERDAY」とか
「風の恋人」とか、今でもドライブ(昭和50年式スカイラインです)
のBGMには欠かせません。

 倉橋ルイ子さんなんて20何年ぶりに聞く名前ですが、「ガラスのYESTERDAY」
覚えてます。いい曲でした。今どうしているんでしょうね?
 それにしても網倉氏が「ナイアガラ・トライアングル」の候補に選ばれた
のに、結局入れなかった件はご存知でしょうか?まあ残ったのが、佐野元春
さんと杉真理さんですから納得もいくのですが・・・

------------------------------------------------------------------------
はじめまして。。。 投稿者:日高じょーじ  投稿日: 7月14日(水)19時48分58秒

こんばんは。
網倉一也さんのネタを探していて、ここにたどり着きました。
彼のメロディラインが大好きです。

「南風」、彼の作品ですが、本当に心地いいナンバーですね〜。
特に太田裕美さんのアルバム「12月の旅人」「ごきげんいかが」
に提供した曲は名曲ぞろいだと 個人的に思ってます。
 
 あと、アイドルではないのですが、倉橋ルイ子さんの曲でも網倉さんの
クレジットが数多く見られます。「ガラスのYESTERDAY」とか
「風の恋人」とか、今でもドライブ(昭和50年式スカイラインです)
のBGMには欠かせません。

 それにしても、かなり密度の濃いHPですね〜。もう、ビックリです(笑)。
 またおじゃましたいと思いますので、どうぞヨロシクお願いします(^_^)

http://pksp.jp/skyline1975jm/

------------------------------------------------------------------------
私は目覚めに書いております 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月14日(水)06時28分42秒

 スキャンドール様

>いつもつたない書き込みに貴重なご意見をそえたご返事ありがとうございます。
こんばんは、そんな滅相もありません。

>「(熱帯魚」)
 ?どのCDにも入ってないんですか?私の2枚組ベスト(VICL-40079〜80)には入ってますよ。
 逆に「霧のめぐり逢い」「春おぼろ」「あざやかな場面」が入ってないんですが。

>(松田トシ先生)

 だって松田トシさんのレッスンを受けてたんでしょう?それであれだけヘタな歌手が出るのを
どう感じていたんでしょう?第一、中学生に対して難しいコメントだと毎週思ってました。阿久先生も含めて。

>(比企理恵さん)

 「恋のローラーブーツ」妙に耳に残っています。個性的でしたよねー。

>「太陽のいたずら」

 うーん、「太陽のいたずら」は確かに♪あなたに その気が あるのなら 悪い女の子に なってもいいのよ とありますが、ずい分カラッとしてましたよね。その点「夏の感情」(これが私のベストに入っていない。けしからん(笑))は♪おひさまの真下で 受け入れてもいい ア・ア・ア・ア でしょう?完璧に「青カンソング」でしたよ。(朝から下品で失礼します)
 ちなみに「セクシー・バス・ストップ」は12位、なんと19万枚も売れてました。

>きちんと数えたことは、ありませんが、2000枚は下らないと思います。
 
 えーっ(しばし唖然)じゃあそれ専用のスペースがあるんですね?私は100〜200枚です。

>この時もいろいろスキャンドール、いやスキャンダラスなことがあったようです。
こういうセンスがすごく好きです。

 すみません、おやじギャグにもなってません。

>私もこのコンビならチェルシア・チャンさんの方が好きです。
アグネス・チャンさんフォロワーの方ですね。
話は変わりますが、ルー・フィン・チャウさんは、ベトナム出身でした。

 アグネスのフォロワーといっても、もう4年後(77年)でしたけどね。それにしてもルー・フィン・チャウさん、もうちょっと売れて欲しかったですね。せっかくベトナムから「スター誕生」(いい曲でした、谷村新司氏でしたね)だったのに・・・今はロス在住とか。

>麻丘めぐみさんのお気に入りベスト3をここで…
第1位 わたしの彼は左きき(詞、曲、編曲そしてボーカル全て100点!)
第2位 ときめき(性典ものの詞とめぐみさんの清純さとのギッャプがグッ!)
第3位 アルプスの少女(詞の主人公は、ハイジでは無くおとぎの国のめぐみさんです。)

 「ときめき」の次の「白い部屋」はもっとヤバかったけどね。いわゆる「オ××ー」がテーマ
でしたから。私は①女の子なんだもん ②わたしの彼は左きき ③アルプスの少女 2曲重なってますね。彼女も胸がときめいたのは「ときめき」まででした(ギャグじゃなくて、マジで)。

>ところで橋幸夫さんのベストも購入されたんでしたっけ?
男性演歌自作MDの1曲目を飾っています。
なるべくカラオケで歌うときには、橋さんのこぶしを真似て歌うように心がけています。

 すごい、こぶしが回るんですか。「潮来笠」をカバーすれば?でもオリジナルはとてもさらっと歌ってるんですね。高2だったとか、なんといってもレコ大新人賞第一号ですからね。五木ひろしさんや森進一さんは「ヘタになったなあ」って最近思うんですが、橋さんは途中ブランクがあったのに、依然歌唱力が衰えてないのが素晴らしい。そういえば私「今夜は離さない」も数え切れない位歌い(わされ?)ました。

>「恋のメキシカンロック」“カバー”良い言い方ですね。
是非聴いてみたいと言うか見て見たいです!

 清水アキラさんのモノマネで知って、「ひるの歌謡曲」でオリジナルを聴いて、CATVでこの曲の映画まで見てしまいました。演歌だけじゃなくてこういうポップスにも対応できる歌手、ってあんまりいないと思うんですよ。この曲(67年)頃をリアルタイムで過ごしてみたかったですね。

>私も太田裕美さんのベスト3を発表したいと思います。
第1位 南風(爽やかなアイドルポップスで何度聴いても飽きません。)
第2位 失恋魔術師(裕美さんの曲の中では、一番ボーカルが可愛いと思います。)
第3位 ドール(私の地元、横浜を舞台にしている所がポイントアップです。)

 「南風」ですか?これも当時(高校入学時)毎日聴いてたけど、キリンオレンジのCFソングでしたね。久々に30位に入って(22位)うれしかったです。「失恋魔術師」は拓郎氏の作曲、これも春らしくてよかったですね。 

------------------------------------------------------------------------
よかった… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月14日(水)02時27分54秒

今、仕事が終わって戻ってきました。
こちらの掲示板を見てビックリしました。
おなじみの方々他、たくさんの書き込みをみつけて、
いつものにぎやかな掲示板に戻ってとても嬉しいです。

KOSUKE様
いつもつたない書き込みに貴重なご意見をそえたご返事ありがとうございます。

>「熱帯魚」はそんなにマイナーな部類に入るのかな?

何枚か持っているCDに、何故か入っていないのです。
ただそれだけの理由なんですが…。

>松田トシ先生がコメントしていたのが印象的。

宏美さんは、トシ先生のお気に入りでしたね。
何かと言うと『宏美さんのように』とか宏美さんの名前を出していたような気がします。

>オリジナルより比企さんの歌唱の方がインパクトあったかも(笑)。

そうですね。
インパクトと言う部分でいうと理恵さんですね。
決して上手とは言えないまでも一生懸命さと少女のひたむきさが感じられました。

>私は「太陽のいたずら」を聴いてみたいですね。

ヒット曲の狭間で忘れやすい曲ですね。
詞は、少女の性典ものです。
南沙織さんの“夏の感情”と詞がダブります。

>こりゃトータルで2〜300はいってますね

私の持っているCDのトータルでしょうか?
桁が一つ少ないです。
きちんと数えたことは、ありませんが、2000枚は下らないと思います。

>この時もいろいろスキャンドール、いやスキャンダラスなことがあったようです。

こういうセンスがすごく好きです。

>私もこのコンビならチェルシア・チャンさんの方が好きです。

アグネス・チャンさんフォロワーの方ですね。
話は変わりますが、ルー・フィン・チャウさんは、ベトナム出身でした。

麻丘めぐみさんのお気に入りベスト3をここで…

第1位 わたしの彼は左きき(詞、曲、編曲そしてボーカル全て100点!)
第2位 ときめき(性典ものの詞とめぐみさんの清純さとのギッャプがグッ!)
第3位 アルプスの少女(詞の主人公は、ハイジでは無くおとぎの国のめぐみさんです。)

>ところで橋幸夫さんのベストも購入されたんでしたっけ?

持っています。
男性演歌自作MDの1曲目を飾っています。
なるべくカラオケで歌うときには、橋さんのこぶしを真似て歌うように心がけています。

>「恋のメキシカンロック」をカバー、いやカラオケでマスターしたいので。振りは清水アキラさんがモノマネでやっていたのを適当に思い出しながら・・・…。

“カバー”良い言い方ですね。
是非聴いてみたいと言うか見て見たいです!

私も太田裕美さんのベスト3を発表したいと思います。

第1位 南風(爽やかなアイドルポップスで何度聴いても飽きません。)
第2位 失恋魔術師(裕美さんの曲の中では、一番ボーカルが可愛いと思います。)
第3位 ドール(私の地元、横浜を舞台にしている所がポイントアップです。)

------------------------------------------------------------------------
宏美さま。 投稿者:とし  投稿日: 7月13日(火)22時45分40秒

私は 真珠のピリオド なんか好きです。
   決心 は大好きです。

------------------------------------------------------------------------
お久しぶりです 投稿者:YD125S  投稿日: 7月13日(火)20時10分42秒

木之内さんかわいいですね

------------------------------------------------------------------------
Wひろみさん 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月13日(火)19時27分1秒

 yochy様

 こんばんは。

私のベスト3です。
1.ドリーム
2.20(はたち)の恋
3.未来
「シンデレラ・ハネムーン」、「思秋期」、「万華鏡」なども好きです。とにかく名曲揃いですね。しかし1位はダントツこれです。

 「ドリーム」ですか?実は私も岩崎宏美さんのレコードで持っているのは、なぜかこの曲だけです。自分でもアホだったと思えるのは、ラストの♪どんなにか どんなにか ああいいでしょう を、歌詞も見ずに♪どんなにか どんなにか 愛でしょう とずっと勘違いしてました。当時は小学生だったんで、「ドリーム」の意味も知りませんでしたしね。しかしこの人の場合、「駄作を探せ」という方が難しいくらいですよね。まあ前も書いたけど私は① センチメンタル ② 想い出の樹の下で ③ 二十歳前 ですけど、3位は「未来」でも「ドリーム」でも「悲恋白書」でも「摩天楼」でもなんでもいい、って気がします。すべて彼女しか歌えない世界です。

>おなじ「ひろみ」つながりということで、太田裕美さんでは、
1.しあわせ未満
2.九月の雨
3.ド-ル
「振り向けばイエスタディ」、「赤いハイヒール」、「シングルガール」も好きです。この方はB面とかアルバムに名曲がズラリとあって、特に「茶いろの鞄」(「赤いハイヒール」のB面)を聞いたら3日涙が止まりません(ウソ)。

 「茶いろの鞄」は確かにいい曲ですね。私は① 木綿のハンカチーフ ② 九月の雨 ③ しあわせ未満と南風が同点 ですね。「木綿のハンカチーフ」は、初めて買ったレコードということもあり、総合1位(これも迷うんですが)かもしれません。クラスじゅうが「およげ!たいやきくん」を買っているのに私は(ひねくれてるのか)買わず、「木綿」でしたからね。アルバムまで買う余裕はさすがにありませんでしたが。「振り向けばイエスタディ」「君と歩いた青春」も地味だけどよかったです。まあ、後者は正やんの方がずっといいと思いますが。考えてみるとベスト3に挙げて下さった曲、「20の恋」(意外にも財津和夫氏の曲なんですね)以外は全部京平先生の曲ということで、改めてすごさを思い知らされます。

>ちょっと前(それでも5年以上前ですが)NHK「ふたりのビッグショー」で、太田裕美さんと渡辺真知子さんが出演していました。そこで裕美さんは真知子さんの「ブルー」を歌ったんですが、真知子さんとはまったく違う「ささやく」ような歌い方が素敵で、「あっ、オレこっちのほうがいいな」と思ってしまいました。

 はい、これも私は見ました。うーん、これに関しては真知子さんの歌い方に私は軍配をあげますけど・・・あの思い入れたっぷりな歌唱が素晴らしかったと思います。私の記憶では、シンガーソングライターで、振りをつけた歌手は彼女が第一号という気がしますが。とにかく最初の三部作(「迷い道」「かもめが翔んだ日」「ブルー」)で才能を発揮しすぎてしまったんでしょうか?
かと思えば「ホールドミータイト」なんかもいい曲でしたし。

------------------------------------------------------------------------
岩崎宏美さん 投稿者:yochy  投稿日: 7月13日(火)12時36分14秒

私のベスト3です。
1.ドリーム
2.20(はたち)の恋
3.未来
「シンデレラ・ハネムーン」、「思秋期」、「万華鏡」なども好きです。とにかく名曲揃いですね。しかし1位はダントツこれです。
おなじ「ひろみ」つながりということで、太田裕美さんでは、
1.しあわせ未満
2.九月の雨
3.ド-ル
「振り向けばイエスタディ」、「赤いハイヒール」、「シングルガール」も好きです。この方はB面とかアルバムに名曲がズラリとあって、特に「茶いろの鞄」(「赤いハイヒール」のB面)を聞いたら3日涙が止まりません(ウソ)。
ちょっと前(それでも5年以上前ですが)NHK「ふたりのビッグショー」で、太田裕美さんと渡辺真知子さんが出演していました。そこで裕美さんは真知子さんの「ブルー」を歌ったんですが、真知子さんとはまったく違う「ささやく」ような歌い方が素敵で、「あっ、オレこっちのほうがいいな」と思ってしまいました。

------------------------------------------------------------------------
セクシーバスストップ 投稿者:マジョリー  投稿日: 7月13日(火)08時40分38秒

>確か、バックダンサー(アフロの男性2人、大きい人と小さな人)がコミカルで
とても好きでした。

↑この大きな人は黒人ハーフで、これ以前には“アンクル・リッキー&ファミリー”(リッキー&960ポンドのリッキー中山がバンド解散後やっていた、双子の小学生の女の子を含む5人グループ)のメンバーでした。小さい方は、私がメンバーだった当時のリッキー&960ポンドのボーヤ(バンドボーイ)だった男の子(竹下キー坊)です。私のサイトにボーヤ時代の写真を載せてます。↓
http://www.geocities.com/witchm01/ricky2.html

因みに、子門真人さんはその昔、確か藤浩一という芸名で「ザ・ヒットパレード」などにも出てましたね。その後、歌手をやめて音楽出版社にいらっしゃるときには私達ティーンズの歌の先生でした。その後、子門真人という芸名で「泳げ、たいやきくん」が大ヒットし驚きました。

http://www.geocities.com/witchm01/dreamingwitch.html

------------------------------------------------------------------------
泣かずに待ちますいつまでも(by「なみだの操」) 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月13日(火)08時13分16秒

 スキャンドール様

>(たいやきくん御殿)
 こんばんは。まあ「たいやきくん」の時点では無理としても、どこかの時点で
建っていただろうと思いますよ。おニャン子、光GENJIといくつもピークはあったん
ですから。ちなみにB面「一本ならにんじん」のなぎら健壱さんもしてなかったそうです。
 しかしあれでも掻い摘んでますか?4,000字以内にまとめるのが大変だったのでは?

>岩崎宏美さんの好きな曲
第1位 熱帯魚(大好きな曲なんですが巷では、マイナー感が有り残念です。)
第2位 夏に抱かれて(少しだけアイドルしていて好きです、
比企理恵さんがオーディションで歌っていました)
第3位 ロマンス、二重唱(天までとどけ…と言う感じのボーカル、
初々しいというよりは、新人にしてベテラン…貫禄を感じます)
(アッ、未来が入っていない…)

 「熱帯魚」はそんなにマイナーな部類に入るのかな?大橋恵里子さんがスタ誕で
歌ってました。♪どうぞ そばに置いて が♪どうぞ そばにおいで に聴こえると
松田トシ先生がコメントしていたのが印象的。でも決戦大会の時、父が「この娘は
スカウトが来るだろう」って予言(?)してました。
 「夏に抱かれて」も大好きです。サンバなんだけど彼女が歌うと「岩崎宏美」と
いうジャンルになっています。比企理恵さんはこれと郁恵さんの「青春気流」を
歌ってました。オリジナルより比企さんの歌唱の方がインパクトあったかも(笑)。
 「ロマンス」は最初聴いた時「変わった歌だなあ」と思ったのは覚えてます。
「二重唱」も含めて、まさかヒットするとは予想していませんでした。

>(浅野ゆう子さん)

 このディスコ三部作もデビュー時の2枚もいいんですけど、私は「太陽のいたずら」を
聴いてみたいですね。でも浅野ゆう子さんだけで4枚・・・こりゃトータルで2〜300はいってますね?

>「太陽は泣いている」

 要は二番のサビを繰り返すところで衣装を一部脱ぐんですけど、私もはっきりは覚えて
ないんです。でもいわゆるディスコ調の振りで、色っぽかったですよ。この山内恵美子さん
って、カネボウの77年春のキャンペーンガールをやっていた(資生堂が小林麻美さん、
曲は「マイピュアレディ」)のはなんとなく覚えていますが、残念ながら強烈すぎる
インパクトを残してフェードアウトしましたね。安西マリアさんは合ってなかったと
思いますよ。この時もいろいろスキャンドール、いやスキャンダラスなことがあったようです。

>石野真子さんのベスト3

 第2位は♪ワンペア ツーペア スリーカード(ちなみに私はトランプのほとんどを
もう忘れてしまいました。昔は結構やってたんですけど、今はやる相手がいないし)
ですね、私は「春ラ!ラ!ラ!」を3位に入れようかと迷ったんです。まあ「めまい」
以降(アイドルソングじゃなくなってから)がイマイチでしたね。

>優雅さんの「胸さわぎ」

 私もこのコンビならチェルシア・チャンさんの方が好きです。

>めぐみさん、シェリー

 この麻丘めぐみさんの「夏八景」って覚えてるけど、ディスコ調とは意識してませんでした。
シェリーさんが「ハッスル・ジェット」を出してたのは存じませんでしたけど、彼女はやっぱり
「甘い経験」に尽きるなあ。まあ、ゴールデンハーフに続いてバラドルの典型?「紅白歌のベストテン」でオッパイを露出したのは衝撃でしたけど、彼女は「副乳」ってのがあるんですって。(要は乳房が4つってことみたいです)その「あの人は今」は私も見ましたよ。お嬢さんは「推定少女」というユニットですが、「未婚の母」ってことでも週刊誌に騒がれてましたね、確か。

 ところで橋幸夫さんのベストも購入されたんでしたっけ?私は次回は橋さんに決定(笑)しているんです。「潮来笠」も聴きたい(これ、超名曲ですね)けど、「恋のメキシカンロック」をカバー、いやカラオケでマスターしたいので。振りは清水アキラさんがモノマネでやっていたのを適当に思い出しながら・・・なんせリアルタイムじゃないんでね(笑)。

------------------------------------------------------------------------
とろりん村のとろり様… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月13日(火)01時54分33秒

木ノ内みどりさんの“めざめ”のジャケット写真ありがとうございます。
かわいいですね…。
書き込みをしている間、みどりさんの純粋な瞳にジッと見つめられているみたいで
何だか恥ずかしいです…。

------------------------------------------------------------------------
待っていてくれる人がいる事は幸せなことです… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月13日(火)01時51分23秒

KOSUKE様

>…ちょっと失礼なことを書きましたね。

全然、失礼ではありません。
気にしないで下さい。

>「たいやきくん」のプロモを手がけて役員にまでなられたそうです。

子門正人さんは、印税契約して無かったそうです。
もし契約していたら“たいやき(キャニオンビル)御殿”は、
一体どうなっていたのでしょうか…。

>いやあ、また詳細にわたる解説で、読み応えありますね。

長分になりそうだったので掻い摘んでみましたが、いかがだったでしょうか…。

岩崎宏美さんの好きな曲をここで勝手に紹介してみたいと思います。

第1位 熱帯魚(大好きな曲なんですが巷では、マイナー感が有り残念です。)
第2位 夏に抱かれて(少しだけアイドルしていて好きです、
比企理恵さんがオーディションで歌っていました)
第3位 ロマンス、二重唱(天までとどけ…と言う感じのボーカル、
初々しいというよりは、新人にしてベテラン…貫禄を感じます)
(アッ、未来が入っていない…)

>浅野ゆう子さんまで持ってるんですか?

4枚持っています…、ベスト・ヒット、ヒット・コレクション、とびだせ初恋、
YUKO IN DISCO+2です。

ちなみにベスト3ですが、

第1位 サマー・チャンピオン(当時のCMが目に焼きついています。)
第2位 ムーンライト・タクシー(子供の頃、サビの部分を繰り返し歌っていました。
Hey Hey Taxy どうしてーの部分です)
第3位 恋はダン・ダン、とびだせ初恋(ちょっとませた詞が今聴くと、こっ恥ずかしくて
なんだか好きです)

>また振り付けがすごかったんです。

見たことがなくてとても残念です。

>最初は安西マリアさんがカバーするはずだったそうです。

もしカバーされていたらどんな感じになっていたか、聴いてみたかったです。

くどいようですが、石野真子さんのベスト3は、

第1位 日曜日はストレンジャー(やはり、イントロ!ポイントが高いです)
第2位 ハートで勝負(アイドルソングもこの曲で終盤でしたね、その意をこめて…)
第3位 プリティー・プリティー(この曲を聴くと元気が出ます)

>私はNO.6の優雅さんの「胸さわぎ」も好きです。「17才」と同じ有馬=京平コンビで、CBSソニーも相当プッシュしたのですが・・・ちょっと声質が強めで、日本人に受け入れられにくかったかもしれません。

最近、ベストCDが発売されましたが、有馬=京平コンビにも関わらず、
食指がのびませんでした。
テレビ等での印象がほとんど無かったせいか、購入するまでには、至りませんでした。

>絵もいいけど、麻丘めぐみさんやシェリーさんもいい味出してますねー。

めぐみさんのホットパンツ姿は珍しいですね…、いきいきとダンシンされています。
シェリーさんは、10年位前に“あの人は今…”で見たのですが、
少しふくよかになられていました。
娘さんが去年あたり、女性デュオでデビューしましたね。

------------------------------------------------------------------------
待ってました! 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月13日(火)00時40分9秒

 スキャンドール様

>飲まず、食わずの生活でも欲しいCDは欲しいのです。
とにかく、目の前にある欲しいCDは買うようにしています。

 こんばんは、お仕事お疲れ様でした。私「エンゲル係数」とか、ちょっと失礼なことを
書きましたね。すべて可処分所得の問題で、その中でのバランスをいかに取るかでしょう。

>ポニーはベスト盤をたくさん出してくれるので大好きです。

 大学のクラブの後輩のお父上がポニーキャニオンだそうで、「たいやきくん」の
プロモを手がけて役員にまでなられたそうです。が、プロモってのは無名な新人歌手
なんかの場合、大変らしいですよ。

>大阪の方なら“夢想花”より“ハートスラフンプ二人ぼっち”の方が有名だと思います。

 存じませんでした。

>筒美京平SOUL&DISCOについて…

 いやあ、また詳細にわたる解説で、読み応えありますね。

>3曲目 未来/岩崎 宏美さん
スピード感のある“未来”の方が“センチメンタル”よりも好きですね、私的には…。
少し高めのキーでも力強い宏美さんのボーカル…さすがです。

 まあ「未来」も名曲ですね。オリコンでこそ「ビューティフル・サンデー」に
阻まれて首位を取れませんでしたが、各ラジオ局のチャートでは、だいたい発売
2〜3週目にはトップになっていた記憶があります。まさにダイナミックな曲でした。

>7曲目 GET DOWN BABY/南 沙織さん
やっぱり、いいですね、期待以上でした。
刹那的な詞(いい女にしか語れない、そして歌えない詞です…)、
そして70年代洋楽的なアレンジ、イントロのピアノがジャズ・ボサノバのようです。
一番印象的なのが、最後の英語の歌詞のリフレインですね。
ボーカル、アレンジ共に、本当にスリリングで格好良いです。

 ああそうですか。これ、私はちょっとピーンとこなかったんですが、再度聴いてみます。

>10曲目 セクシー・バスストップ/浅野 ゆう子さん
こちらもゆう子さんのベストCDを持っています。
確か、バックダンサー(アフロの男性2人、大きい人と小さな人)がコミカルで
とても好きでした。
ゆう子さんの一番のヒット曲でしたね。

 浅野ゆう子さんまで持ってるんですか?これは傑作でしたよね、特に琴と尺八が
入る高田弘氏のアレンジが秀逸です。レコ大でも確か編曲賞をもらいました。
浅野さん、絶対にこの頃の方が魅力があったと思います。

>14曲目 太陽は泣いている センセーション’78/山内 恵美子さん
いしだあゆみさん、原由子さんのどれとも違いますね。
曲調は、カルメンとディスコ歌謡を足した感じがしました。
ボーカルは、軽い感じで(しつこくない)アイドル声ですね。
聴く前は、オリジナルに忠実に歌っているのでは…、と思いましたが、
良い意味で裏切られたような感じがしました。

 解説にもあったんですが、サンタ・エスメラルダの「哀しき願い」(尾藤イサオ
さんで知られる)にアレンジが近いですね。説明できないのが残念ですけど、
また振り付けがすごかったんです。最初は安西マリアさんがカバーするはずだったそうです。

>18曲目 日曜日はストレンジャー/石野 真子さん
やはり真子さんのベストCDを持っていますが、久しぶりに聴いて堪能しました。
イントロがすごく好きなんです。

 私もイントロと最後の♪日曜日は ストレンジャーのリフレインが好きなんです。
彼女の場合 ① 日曜日はストレンジャー ② ジュリーがライバル ③ ワンダー・ブギ
がベスト3でしょうか?

>聴いていると、当時の振り付け(体が自然とリズムを取ってしまいます…)を
車の中で踊ってしまいました。(車で踊ることは、日常茶飯事です…)

 運転しながら踊るんですか?私は車を持ってないんですけど、踊ったらすぐ事故
を起こしそう(苦笑)。でもこのCDは踊りたくなりますよね。

>以外?と耳に残ったのが、
16曲目 人さわがせ/ベルベッツ 
何処かで聴いたことがあるような感じです。
ハスキーで伸びのあるボーカル、繰り返しのコーラスが妙に耳に残りました。

 このテのソウルっぽいのも京平先生は得意みたいですね。私はNO.6の優雅さんの
「胸さわぎ」も好きです。「17才」と同じ有馬=京平コンビで、CBSソニーも相当
プッシュしたのですが・・・ちょっと声質が強めで、日本人に受け入れられにく
かったかもしれません。この曲の発表会を銀座の三越で見たのも、もうちょうど30年前です。

>歌詞カードの振り付けの絵もなんだかいいですね…。

 絵もいいけど、麻丘めぐみさんやシェリーさんもいい味出してますねー。

------------------------------------------------------------------------
こんばんは… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月12日(月)23時59分17秒

KOSUKE様
>すんごいですねー。エンゲル係数が相当低いのでは?

飲まず、食わずの生活でも欲しいCDは欲しいのです。
とにかく、目の前にある欲しいCDは買うようにしています。

>(でもポニーキャニオンが多いですね)

ポニーはベスト盤をたくさん出してくれるので大好きです。

>円広志さんなんて、「夢想花」と「愛しのキャリアガール」しか知りません。

大阪の方なら“夢想花”より“ハートスラフンプ二人ぼっち”の方が有名だと思います。
大阪では、視聴率20パーセントを越す人気番組、
探偵ナイトスクープのオープニングテーマです。

筒美京平SOUL&DISCOについて…

3曲目 未来/岩崎 宏美さん

ベストCDを持っています。
スピード感のある“未来”の方が“センチメンタル”よりも好きですね、私的には…。
少し高めのキーでも力強い宏美さんのボーカル…さすがです。

7曲目 GET DOWN BABY/南 沙織さん

やっぱり、いいですね、期待以上でした。
刹那的な詞(いい女にしか語れない、そして歌えない詞です…)、
そして70年代洋楽的なアレンジ、イントロのピアノがジャズ・ボサノバのようです。
一番印象的なのが、最後の英語の歌詞のリフレインですね。
ボーカル、アレンジ共に、本当にスリリングで格好良いです。

10曲目 セクシー・バスストップ/浅野 ゆう子さん

こちらもゆう子さんのベストCDを持っています。
確か、バックダンサー(アフロの男性2人、大きい人と小さな人)がコミカルで
とても好きでした。
ゆう子さんの一番のヒット曲でしたね。

14曲目 太陽は泣いている センセーション’78/山内 恵美子さん

いしだあゆみさん、原由子さんのどれとも違いますね。
曲調は、カルメンとディスコ歌謡を足した感じがしました。
ボーカルは、軽い感じで(しつこくない)アイドル声ですね。
聴く前は、オリジナルに忠実に歌っているのでは…、と思いましたが、
良い意味で裏切られたような感じがしました。

18曲目 日曜日はストレンジャー/石野 真子さん

やはり真子さんのベストCDを持っていますが、久しぶりに聴いて堪能しました。
イントロがすごく好きなんです。
聴いていると、当時の振り付け(体が自然とリズムを取ってしまいます…)を
車の中で踊ってしまいました。(車で踊ることは、日常茶飯事です…)

以外?と耳に残ったのが、
16曲目 人さわがせ/ベルベッツ 

何処かで聴いたことがあるような感じです。
ハスキーで伸びのあるボーカル、繰り返しのコーラスが妙に耳に残りました。

歌詞カードの振り付けの絵もなんだかいいですね…。

------------------------------------------------------------------------
あの〜 投稿者:よっかー  投稿日: 7月12日(月)23時28分10秒

>初心者さま
単に、その時期に興味が無くて見てなかっただけなのでは...。
ABブラザーズ、チャイルズ。
ブレイクは無かったけど、そこそこ番組には出てたよ。だからこそ、元グループ出身といまだに言われるじゃないの? Don DokoDonはともかく、雨上がり決死隊はなぜ?
今もコンビで活動してますし、舞台にもあがってますけど。

------------------------------------------------------------------------
木之内みどりさんについて 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月12日(月)08時44分31秒

 とろりん村のとろり様

 おはようございます。壁紙を木之内みどりさんに変更されていますね。
 しばらく経ったら4年後の「横浜いれぶん」か「無鉄砲」のジャケ写に変更されてみると、
顔が全く変わっていることに驚かれることでしょう(といってもあくまでも整形ではありません)
まさに「男を知る前と知った後」(朝から失礼しますが)といった風情です。ボーカルも全く別人になっていますから。といっても志村香さんの「知りたがり」(聴いてないんで、スキャンドール
さんが書くのが適切ですが、それにしてもこの曲を「知りたがり」の状態です)のようにブリッコ唱法→地声唱法に急に変わったという類ではありません。あくまでも自然な変化、成長でした。

------------------------------------------------------------------------
グループからソロ 投稿者:初心者  投稿日: 7月12日(月)07時50分31秒

中山秀征、磯野貴理子などグループだったことは知っているんですが、全く印象は無いんです。関東ローカルだったんですか?彼らがその後の雨上がり決死隊やDONDOKODONなどへの流れを作ったのでしょう。

------------------------------------------------------------------------
恐れ入りました 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月12日(月)00時45分21秒

スキャンドール様

>ぼくらのベスト 岡田奈々2
ぼくらのベスト 木ノ内みどり2
ぼくらのベスト3 堀ちえみ
ぼくらのベスト3 岩崎良美
ポプコン・スーパー・セレクション 円広志
小林亜星 CM-SONGS ANTHOLOGY
トーキョーソウルフル歌謡・最高なのさ/ナナとおさみ・ナオミの夢/ヘドバとダビデ他
筒美京平SOUL&DISCO(GET DOWN BABY/南沙織)
ついにGETしました。
聴いてみて、又、感想を述べたいと思います。

 すんごいですねー。エンゲル係数が相当低いのでは?(でもポニーキャニオンが多いですね)
 私なんか今「平成枯れすすき」状態ですから、今年に入ってほとんどCDを買ってません。
 円広志さんなんて、「夢想花」と「愛しのキャリアガール」しか知りません。
 とにかく「筒美京平SOUL&DISCO」はくどいけど、山内恵美子さんの
「太陽は泣いている センセーション’78」、浅野ゆう子さん「セクシー・バス・
ストップ」、岩崎宏美さん「センチメンタル」、石野真子さん「日曜日はストレ
ンジャー」はお薦めです。
 感想をお待ちしております。

------------------------------------------------------------------------
中澤ねーさんは 投稿者:よっかー  投稿日: 7月11日(日)20時58分40秒

>初心者さま
中澤裕子は先月まで毎日ドラマで主演してましたよ。

------------------------------------------------------------------------
こんばんは… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月11日(日)20時21分2秒

KOSUKE様

家の近くの電気屋とCDショップが一緒の店に何気に行ったのですが、
有る所には、有るのですね。
購入一覧を書きますと、

ぼくらのベスト 岡田奈々2
ぼくらのベスト 木ノ内みどり2
ぼくらのベスト3 堀ちえみ
ぼくらのベスト3 岩崎良美
ポプコン・スーパー・セレクション 円広志
小林亜星 CM-SONGS ANTHOLOGY
トーキョーソウルフル歌謡・最高なのさ/ナナとおさみ・ナオミの夢/ヘドバとダビデ他
筒美京平SOUL&DISCO(GET DOWN BABY/南沙織)

ついにGETしました。
聴いてみて、又、感想を述べたいと思います。

------------------------------------------------------------------------
メンバーチェンジしてます 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月11日(日)18時35分13秒

 初心者様

>福田明日香さんは、グループを辞めて一番よかったと言う意味で書いたので決して芸能活動を続けて居るといううことではありません。それから、トライアングルも少女隊同様で途中でメンバーチェンジしたんですよね?

 ああ、そういう意味ですね。確かに芸能界にダラダラいるより、その方が賢明な生き方かもしれませんね。それからトライアングルはメンバーチェンジしました。真ん中のクーコさんって人がアキさんって人に変わったんです。でもそれと時を同じくするようにフェードアウト。「あの人は今」で見たんですが、マミさん(左にいた子かな?一番可愛かった)はいい暮らしをしてるようですよ。

------------------------------------------------------------------------
「潮来笠」はポイント高し 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月11日(日)18時28分37秒

 スキャンドール様

 個人的にれんほうさんにはあんまり当選してほしくないけど、自民党ではありません。
 大学&学部の先輩(こういう決め方もよくないけど)に投票しました。

>(島崎和歌子さん)
 ああ、ロッテCMアイドル出身とは知りませんでした。「第二の山口百恵」ねえ・・・
「第二の和田アキ子」状態じゃないですか・・・全然不快感はないけどね。上戸彩さんも
(「金八先生」出身なので)武田鉄矢さんに「平成の山口百恵」って言われてました。

>(麻田華子さん)
 それでヌードでカムバックを試みてダメだったんでしょう?芸能界は厳しいよね。

>(マキ・上田さん)
 ショック・・・女子プロでも悪役じゃなかったのに・・・芸能界は冷たいよね。

>おお、素晴らしいセンス。「潮来笠」はちょっと聴いてみたいですねえ。カラオケで聴いた
ことないもんで。「もしもピアノ・・・」は私も持ち歌です。詞・曲・アレンジ、全部覚えてます
(だからって威張んなよ、って突っ込みが入りそうですが)。

>その時の気分で歌いたい歌を歌います。

 私は立ちますよ(振りがある場合は絶対)。その方が声がよくでますって。

>そんなことされたら、頬をひっぱたいて、土砂降りの中、裸足で泣きながら帰ります。
(三昔前のドラマのように…)

 ああ、結構「(六本木?)純情派」なんですね。私はその時は、歌がちゃんと聴けないことだけがイヤでしたね。

>すごいですね…。
私は、会計事務所勤務でしたので、さすがにそこまでは出来ませんでした。

 エーッすごーい。数学系統は強いんですか?公認会計士をめざしてたとか?私は理数系は全くダメです。

>妹(同い年の…双子なのです)がデビュー当時、大ファンだったので、
自然と一緒になって聴いていました。
好きな曲ですと、
第1位 ハッとして!Good(CMの爽やかなインパクトが強かったです)
第2位 悲しみ2ヤング(哀愁あるマイナーなメロディーが好きです)
第3位 シャワーな気分(軽い感じのポップスで聴きやすかったです)
    華麗なる賭け(スリリングなイントロが印象的でした)

 おお、1位は共通ですね。あのグリコのCM、最高でしたね。あと「シャワーな気分」を3位に入れようか迷ったんです。これはサルサですね。京平先生の洋楽通ぶりがうかがえます。

>だったら、是非、授業もべらんめー口調でお願い致します。

 アナウンサー志望少年だったんで、どうしてもアナウンサー調でやってしまいます。
志村香さんは「べらんめー口調」だったの?なんか「曇りのち晴れ」のジャケットの笑顔が鮮烈に頭に残っているし、キャッチフレーズも「七色っぽいね、かおり」だったでしょ?今週一番ショックな出来事でした(それだけ退屈な毎日ってことですよ)。

>キャンディーズフォロワーズが多過ぎたのでしょう。
石川ひとみさんに力を入れたのは、ある意味正解だったと思うのですが…。

 正解です。最初からうまかったし、結局3年後ブレイクしたわけですからね。

>ピーコさんですね。
歌手と言うよりもバラドルでしたね。
早く結婚引退したいといつも言っていました。
覚えていると思いますが、頭痛薬のCMで『ピーコ、頭痛が痛いの』と
言っていたのを急に思い出しました。

 デビュー曲の「ダウンタウンベイビー」はよかったです。♪この街に来たら どんな奴だって
挨拶においで 私のところへ・・でも志村香さんと逆で、過激なタイプじゃなかったですね。

>事務所は、バラドル狙いです、きっと…。
その証拠に、前にも書きましたが、当時のアイドルの墓場的番組“スターボーリング”のマスコットになったくらいですから…。
その後、清水香織さんもマスコットになりました。

 アイドルの「墓場的番組」なんて、そんな・・・結局(同日にデビューの)井森美幸さんが二年目にしてバラドルに転向したから、柳の下のドジョウを狙ったのがはずしたわけですね。清水香織さんってのもいたねー。デビュー曲がシスターの格好だった「禁じられたヒロイン」でしょ?竹内まりやさんの「不思議なピーチパイ」のカバーが失敗に終わったようですね。

>槇原さんも同い年です。
愛嬌があっていいと思います…、米良っちに比べたら…。

 私にすればどっちもどっちなんですけど。でもいずれにしてもショックですよね。

>元ABブラザーズの中村のヒデちゃんも群馬ですよね。

 中山ヒデちゃんね、彼も高崎の近所の藤岡という所です。ちなみに松本典子さんも高崎の近所の伊勢崎です。(もっとも当時、私はすでに父の転勤で東京におりました)
 それでは開票速報を見ますので、続きはまた明日・・・。

------------------------------------------------------------------------
憧れと現実 2 投稿者:初心者  投稿日: 7月11日(日)18時17分38秒

福田明日香さんは、グループを辞めて一番よかったと言う意味で書いたので決して芸能活動を続けて居るといううことではありません。それから、トライアングルも少女隊同様で途中でメンバーチェンジしたんですよね?

------------------------------------------------------------------------
初心者様… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月11日(日)17時13分6秒

話は、少しずれてしまいますが、当時、喫茶店で“アパッチ”なる飲み物がありました。
いわゆる、ホットコーラの事なのですが…。

>おにゃんこをつんくさんが真似たのでしょうがおにゃんこOGのほうが残って芸能界で頑張っていると思う。

同感です…。
つんくさんがおニャン子の大ファンと言うこともあって、
自然?とそういうプロデュース方法に変わったのかも知れません…。

おニャン子(ソロやグループを含む)のすごいところは、
オリコン1位の獲得数です。
先行逃げ切り(ほとんど1週のみ)方式で1位を取っていました。

細く長くでも活躍していてくれて嬉しい限りです。

------------------------------------------------------------------------
こんにちは… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月11日(日)17時01分53秒

KOSUKE様
>(しかし私たちがほぼ独占してるような状況になってきて、皆さんシラケてるのでは?と不安です)

痛感していました。もっと、皆様ともお話(書き込み)がしたいです…。

>投票に行こうと思ったら雨模様なので、…。

清き一票は、“蓮舫”さんでしょうか。

>島崎和歌子さん)発売日にデビュー曲を購入、ってのもすごいですがよっぽどイチオシだったんですか?

和歌子さんは第3回ロッテCMアイドルで山中すみかさん優勝時にスカウトされました。
社長に『お前は、第2の山口百恵だっ!』と言われたそうです。

>麻田華子さん…アルバムまで出してるんですか?

タイトルは、13+(サーティーン)です。
高校入試の為に引退されたと聞きましたが、真意はいかに…。

>マキ・上田さん…それ「インベーダーWALK」ですよ。でも見たことはないので、振り付けはわかりません。「蟹」でしたか?…。

失礼しました…。
一度しか見たことが無かったので、うろ覚えで調べずに書き込んでしまいました。
歌を出した後、子供番組(ヒーローもの)に悪役で出演されていました。
(タイトルは、覚えていません。最後は倒されてしまいました…。)

>熱唱型というと松崎しげるさんの「愛のメモリー」とか?…。

大滝詠一さんの“恋するカレン”や西田敏行さんの“もしもピアノが弾けたなら”、
橋幸夫さんの“潮来笠”は必ず歌います。

>まあ「男芸者」って立場でカラオケに呼ばれてる場合は、サービス精神の一環でやりますが。まず私は基本的に歌う曲は前もって全部決めておき、相手の年齢層に応じて若干の修正をしますね。

舞台に立ったらと言っても近頃では、椅子に座ったまま歌いますが…、
その時の気分で歌いたい歌を歌います。

>私なんか客なのに、一緒に行った伊勢丹のオハバン店員にディープキスまでされたことがあります。自分がホストになったような錯覚でした。

そんなことされたら、頬をひっぱたいて、土砂降りの中、裸足で泣きながら帰ります。
(三昔前のドラマのように…)

>私はオケなしの方が歌いやすい。昔の職場なんか鼻歌歌いながら仕事してましたから。

すごいですね…。
私は、会計事務所勤務でしたので、さすがにそこまでは出来ませんでした。

>私のベスト3は① ハッとして!Good ② ラブ・シュプール ③ 抱きしめてTONIGHT ですね。(②・③は京平先生)なぜか周りにトシちゃんやマッチのファン(男)がいたんですよ。

妹(同い年の…双子なのです)がデビュー当時、大ファンだったので、
自然と一緒になって聴いていました。
好きな曲ですと、
第1位 ハッとして!Good(CMの爽やかなインパクトが強かったです)
第2位 悲しみ2ヤング(哀愁あるマイナーなメロディーが好きです)
第3位 シャワーな気分(軽い感じのポップスで聴きやすかったです)
    華麗なる賭け(スリリングなイントロが印象的でした)

>志村香さんの男版ですね(笑)。

だったら、是非、授業もべらんめー口調でお願い致します。

>「トライアングル・ラブレター」は最高28位までいったのに、その後がダメだった。新人賞レースもナベプロは石川ひとみさんに力を入れるようになりましたから、途中でいち押しが変わったってことでしょう。

キャンディーズフォロワーズが多過ぎたのでしょう。
石川ひとみさんに力を入れたのは、ある意味正解だったと思うのですが…。

>私が「?」なのは岩城徳栄さんに4社も挙がっていたことです。

ピーコさんですね。
歌手と言うよりもバラドルでしたね。
早く結婚引退したいといつも言っていました。
覚えていると思いますが、頭痛薬のCMで『ピーコ、頭痛が痛いの』と
言っていたのを急に思い出しました。

>志村香さん…バラドルに転向した、って感じでもなさそうですし。

事務所は、バラドル狙いです、きっと…。
その証拠に、前にも書きましたが、当時のアイドルの墓場的番組“スターボーリング”のマスコットになったくらいですから…。
その後、清水香織さんもマスコットになりました。

>私も1回「槙原敬之」さんに似てるなんて屈辱的なことを言われました。全然似てません。

槇原さんも同い年です。
愛嬌があっていいと思います…、米良っちに比べたら…。

>井森美幸さんの近くの群馬の高崎出身です。

元ABブラザーズの中村のヒデちゃんも群馬ですよね。

------------------------------------------------------------------------
アパッチを忘れてました! 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月11日(日)16時56分40秒

 初心者様

>トライアングルの他にキャンディーズを真似て女の子3人組のグループが数々出来ました。フィーバー、アパッチ、ラブウィンクス(伊藤蘭そっくりさんコンテスト優勝者のグループ)ギャル(スター誕生ソロデビュー失敗3人組)ザ・チェリーズ・・・私も殆ど記憶が残ってないグループも有ります。

 こんにちは。そうそう、アパッチがいましたね。「東京アパッチ」って自分たちのグループ名が歌のタイトルという珍しいパターンでしたが、荻野目三姉妹の長女が在籍していたそうですね。あと思い出せるのがピーマン(ヤマハのキャンディーズと言われてました)、アップルズ(全日本歌謡選手権出身、ただし途中で落選しています。現EVE)くらいでしょうか。やっぱり「○○フォロワー」として出てきた人で、残ってる人(グループ)っていませんね。ライバルならまだしも。「ポスト○○」でも成功した人は「ポスト百恵」の松田聖子さんくらいでしょう。

>あまり此処で話題に成らないモーニング娘についてなんですが、脱退して結局成功したのは福田明日香さんだけでは?中沢裕子さんでさえ最近は見なくなったですね。おにゃんこをつんくさんが真似たのでしょうがおにゃんこOGのほうが残って芸能界で頑張っていると思う。

 福田明日香さんってずい分名前を聞かないけど、なんか芸能活動をやってるんですか?中沢さんはNHK-FMのクラシック番組のDJとか、地味に頑張ってるみたいですよ。思うにモー娘。っていうのは、このちょっと年上の中沢さんが締めていたから存在意義があったわけで、彼女が抜けてから誰がリーダーかわからないような状態で、バラバラになっていったような気がしますね。それに個々の資質はおニャン子の方が全然上だったと思います。つんくさんのセンスが悪いんですよ、要は。

------------------------------------------------------------------------
憧れと現実 投稿者:初心者  投稿日: 7月11日(日)14時56分21秒

トライアングルの他にキャンディーズを真似て女の子3人組のグループが数々出来ました。フィーバー、アパッチ、ラブウィンクス(伊藤蘭そっくりさんコンテスト優勝者のグループ)ギャル(スター誕生ソロデビュー失敗3人組)ザ・チェリーズ・・・私も殆ど記憶が残ってないグループも有ります。やっぱり、美空ひばりさんも笠置しずこさんに、サミー・デービスJrもレイ・チャールスもナット・キング・コールに憧れた様に最初は物真似からなんですね。
あまり此処で話題に成らないモーニング娘についてなんですが、脱退して結局成功したのは福田明日香さんだけでは?中沢裕子さんでさえ最近は見なくなったですね。おにゃんこをつんくさんが真似たのでしょうがおにゃんこOGのほうが残って芸能界で頑張っていると思う。

------------------------------------------------------------------------
だんだん間隔が短くなりますね 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月11日(日)12時53分53秒

 スキャンドール様

 こんにちは。投票に行こうと思ったら雨模様なので、また返信を(しかし私たちがほぼ独占してるような状況になってきて、皆さんシラケてるのでは?と不安です)。

 >(島崎和歌子さん)
 発売日にデビュー曲を購入、ってのもすごいですがよっぽどイチオシだったんですか?
「弱っちゃうんだ」ですよね?その事務所は、ゴールデンミュージックです。柏原芳恵さんと渡辺桂子さんが、事務所の社長と三角関係だったと聞いたことがあります。松居直美さんもいるのですが、さすがに対象外だったんでしょうか。

>(麻田華子さん)
 アルバムまで出してるんですか?確か「好き嫌い」「DOUBT」「魔法」「ひとりでいいもん」の4枚でしたよね?デビュー曲以外は聴いたことがないのですが。

>(マキ・上田さん)
 それ「インベーダーWALK」ですよ。でも見たことはないので、振り付けはわかりません。「蟹」でしたか?この頃のインベーダーの流行はハンパじゃなかったですけど、ドラマにもゲストで出てましたね。2年前はあんなに騒がれていたのに、芸能界(とは違うけど)の悲哀を感じさせました。

>(「大阪ラプソディー」)
 いや、この曲は最高24位、15万枚のヒットです。有名な曲だと思いますよ。

>(デュエット)
 熱唱型というと松崎しげるさんの「愛のメモリー」とか?私もデュエットは好きじゃないです。まあ「男芸者」って立場でカラオケに呼ばれてる場合は、サービス精神の一環でやりますが。まず私は基本的に歌う曲は前もって全部決めておき、相手の年齢層に応じて若干の修正をしますね。

>それ、ホストクラブじゃないんですか?私なんか客なのに、一緒に行った伊勢丹のオハバン店員にディープキスまでされたことがあります。自分がホストになったような錯覚でした。

>私はオケなしの方が歌いやすい。昔の職場なんか鼻歌歌いながら仕事してましたから。

>(トシちゃんの曲)
 今は流行ってる歌の傾向が全く違いますからね。トシちゃんは結構曲には恵まれてたと思いますよ。私のベスト3は① ハッとして!Good ② ラブ・シュプール ③ 抱きしめてTONIGHT ですね。(②・③は京平先生)なぜか周りにトシちゃんやマッチのファン(男)がいたんですよ。

>(授業中?にシンギン&ダンシン
 もちろん放課後(?)です。授業中はジョークなんか言ってる余裕すらありません。最初はクールにいこうかな、なんて思ってたけどやっぱりダメですね。地が出ます。志村香さんの男版ですね(笑)。

>(トライアングル) 
 キャンディーズが名付け親ってのは知りませんでした。「トライアングル・ラブレター」は最高28位までいったのに、その後がダメだった。新人賞レースもナベプロは石川ひとみさんに力を入れるようになりましたから、途中でいち押しが変わったってことでしょう。

>(ポップコーン)
 振りもすごかったけど、それ以上に衣装が・・・普通の男の子なら絶対抵抗ある衣装でしたよ。
しかしサンミュージックだったのに、第二弾「フレー!フレー!」でフェードアウトでした。
 でもスタ誕の同窓会見たんですね。あのスカウトが挙がるシーンは何度見ても面白いです。私が「?」なのは岩城徳栄さんに4社も挙がっていたことです。他にも「?」な人はいましたが・・・しかしポップコーンのその後までご存知とは、すごいの一言。東寿明さん、いましたねー。

>(志村香さん)
許したというよりも管理が甘かったのでは…。
いきなり本音志向?に変わったのかもしれませんが…。

 管理が甘いっていうより、見放したんですよ。だって(現場を見てないからわからないけど)バラドルに転向した、って感じでもなさそうですし。

>「男の子の一番大切なもの」をあげちゃったのかな?)
私がアイドルだったら、『チョコレート』と『くちづけ(ファースト・キス)』と
発言したいですね。

 うまいなあ。さっき「×ーメン」って書いた私の立場がないですよ。ちなみに「×」は「ラ」でーす、なんて今ごろ言っても遅いですね。

>太ってから何人かに米良美一さんに似ていると
笑いながら言われたこともありました。(くやしかった…)

 それはご同情申し上げます。ダニエル君と落差ありすぎ。私も1回「槙原敬之」さんに似てるなんて屈辱的なことを言われました。全然似てません。

 P.S. ところで私は、井森美幸さんの近くの群馬の高崎出身です。もう「アイドルが出ない県」で昔は有名だったんです。三国連太郎さんや、小林桂樹さんといった俳優はいましたけど。

------------------------------------------------------------------------
おはようございます… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月11日(日)10時37分16秒

>島崎和歌子さんは「オリコン・ウィークリー」の新人歌手コーナーで見た時、売れる予感がしましたよ。

柏原芳恵さんと渡辺桂子さん達が所属していた事務所にいますね。
ドラマで初めて見たときは、キラリと光るダイヤの原石のような感じがしました。
発売日に、デビュー曲を購入しましたが、曲自体が当時にしては、古い感じがして、
大ヒットは、難しいな…と勝手に思っていました。

>麻田華子さんについては、うまいけどなんか生意気そうな印象を感じましたね。もちろんそれが曲によって、プラスに働くこともありますけど。

生意気な感じの子は、本当は苦手なんです。
何故、シングル、アルバムを購入したのかは、今となっては、謎です。

>なんで決裂試合なんかやる必要があったのかしら?それにしても歌わせようと企画した方もすごいですね。振り付けをマスターさせるも通常の歌手の倍以上だったんですって。

解散後、マキ・上田さんは、タレントとして短い期間でしたが、活躍していました。
タレント活動の一環として、子供番組等で“インベーダー・ウォー”と言う歌を
歌っていました。(振り付けが当時流行っていたインベーダーを真似た感じでしたが
今、考えると“蟹”の方が近いかも知れません)

>でもカラオケ、もう数百回は行ったと思いますが、「大阪ラプソディー」は未だに聴いたことがありません。

お客様が関西出身だったからかも知れません。

>ちなみに私が女性と一番多くデュエットさせられたのは、(グループ時代ですが)堀内孝雄さん・桂銀淑さんの「都会の天使たち」。マジックでヒゲまで書かされて(逆セクハラ?)頑張ってました。

基本的には、デュエットは苦手なんです。
熱唱型の歌が好きなので、自分のペースで、自分なりに歌えれば満足です。

私もおば様方に、「綺麗な手ねー」と触られた挙句に手の甲にチュッとされたり
きりがありませんでした。

>田原俊彦さんの「ハットしてGood!」を筆頭に、振りつきで十曲くらいアカペラで歌ってしまいました。夏期講習からバカにされまくるんじゃないかと不安(?)です。

アカペラとは、すごい…。
私は、リズム感が無いので、オケが無いと歌えませんねー。

当時のトシちゃんの歌は、大好きな曲が多かったのですが、
今の子達には、“センスが古い”とか“ださい”とか思われるような気がします。

授業中?にシンギン&ダンシン…KOSUKE様のような先生だったら授業も楽しく
受けられる気がします。

>その件は日活ロマンポルノの後の話ですか?「トライアングル・ラブレター」が一昨年だったかな?携帯ラジオから流れてきた時も感激しました。この曲はゲットしたいです。

もちろん“後”です。
その曲でしたら、よくCDのオムニバスに入っていますね。

デビュー前の名前は“キャンディーズ・ジュニア”でした。
“トライアングル”の名付け親は、キャンディーズです。

>スタ誕で狩人の「あずさ2号」を歌ったんですよね。「レッツゴーヤング」で「ブルー・・・」を見たときの衝撃は忘れられないです。

マイクコードを巧みに扱った振り付け(サーカスの団長みたいに…)すごかったです。

>十年前の「スタ誕」同窓会で、男性の方が信じられないくらい太ってて、びっくりしました。今も歌を歌っているかは不明ですが。

女性も太っていましたよ。
お兄ちゃんの方が『二人して妊娠しています』とさぶさぶギャグを飛ばしていました。

>今も歌を歌っているかは不明ですが。

解散後、お兄ちゃんの方は、ホリプロタレントスカウトキャラバン第3回出場の東寿明さんと一緒にロックバンドで活躍されていましたが、解散後は、不明です。

>志村香さん②
当然H学園でしょうけど、あそこがダメならあとは明大中野しかないですよ。よく事務所もそういう発言を許したね。ホリプロだったら解雇です。彼女もいづらくはなったでしょうね。

許したというよりも管理が甘かったのでは…。
いきなり本音志向?に変わったのかもしれませんが…。

>「男の子の一番大切なもの」をあげちゃったのかな?)

私がアイドルだったら、『チョコレート』と『くちづけ(ファースト・キス)』と
発言したいですね。

>(似てる芸能人)…

言うのがすごく嫌なんですが、太ってから何人かに米良美一さんに似ていると
笑いながら言われたこともありました。(くやしかった…)

------------------------------------------------------------------------
訂正 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月11日(日)07時46分6秒

(グループ時代ですが)堀内孝雄さん・桂銀淑さんの → (サラリーマン=Jグループ時代ですが)・・・に訂正お願いします。失礼しました。

------------------------------------------------------------------------
デュエットといえば・・・ 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月11日(日)07時43分7秒

>(麻田華子さん他)

 おはようございます。誰にも言ったことがないし、今ごろ言っても遅いんですけど、島崎和歌子
さんは「オリコン・ウィークリー」の新人歌手コーナーで見た時、売れる予感がしましたよ。
曲は残念ながら未聴に終わりましたが。麻田華子さんについては、うまいけどなんか生意気そうな印象を感じましたね。もちろんそれが曲によって、プラスに働くこともありますけど。

>でもその俳優kさんって誰でしょう?
I軍団のビッグ3の誰かです。

 なるほど、当時は結構大物でしたね。K氏はH上手そうですし、納得です。

>(ビューティ・ペア)

 なんで決裂試合なんかやる必要があったのかしら?それにしても歌わせようと企画した方もすごいですね。振り付けをマスターさせるも通常の歌手の倍以上だったんですって。

>(海原千里・万里さん)

 すごいですね。なんか人柄的に見えてきましたよ。おば様受けするタイプ(いや、若い女性に受けないとは一言も申してないので誤解なきように)でしょう?私もそうなんです。スナックでバイトしとけばよかったですなあ。料理とかできませんけど(苦笑)。でもカラオケ、もう数百回は行ったと思いますが、「大阪ラプソディー」は未だに聴いたことがありません。ちなみに私が女性と一番多くデュエットさせられたのは、(グループ時代ですが)堀内孝雄さん・桂銀淑さんの「都会の天使たち」。マジックでヒゲまで書かされて(逆セクハラ?)頑張ってました。一昨日も予備校でふとしたきっかけでカラオケの話になり、田原俊彦さんの「ハットしてGood!」を筆頭に、振りつきで十曲くらいアカペラで歌ってしまいました。夏期講習からバカにされまくるんじゃないかと不安(?)です。

>トライアングルのミッチこと、小森みちこ(本名 森光子)さんが小学生の時に
家の近くに住んでいました。(横浜市旭区)
スターボーリングのマスコット(20代後半でしたが…)もやっていましたね。

 その件は日活ロマンポルノの後の話ですか?「トライアングル・ラブレター」が一昨年だったかな?携帯ラジオから流れてきた時も感激しました。この曲はゲットしたいです。

>フィーバーは、その横浜市旭区に住んでいたときに、
デパートの屋上に営業に来た事がありました。(デジタラブの時に…)
ちなみにその前の年は、ポップコーン(スタ誕出身の兄妹デュオ)が来ていました。

 「デジタラブ」は残念ながら未聴です。ポップコーンは「ブルーロマンス薬局」をゲット
いたしましたよ。この曲も欲しかったんですよ。スタ誕で狩人の「あずさ2号」を歌ったんですよね。「レッツゴーヤング」で「ブルー・・・」を見たときの衝撃は忘れられないです。まあ和製カーペンターズ的な売り出しだったと記憶していますが、ある意味この2人もピンクレディーフォロワーでしょうな。発声の基礎ができていたと思いますよ。十年前の「スタ誕」同窓会で、男性の方が信じられないくらい太ってて、びっくりしました。今も歌を歌っているかは不明ですが。

>志村香さん①
 地声は低かったんですね。まあいかに「曇りのち晴れ」で無理していたのかが(笑)よくわかりました。お疲れ様でした。

>志村香さん②
 当然H学園でしょうけど、あそこがダメならあとは明大中野しかないですよ。よく事務所もそういう発言を許したね。ホリプロだったら解雇です。彼女もいづらくはなったでしょうね。

>最近は、若い女の子との接触が無いため、憶測で判断してしまいました。

 どうしても若い人って十把一絡げで見ちゃうけど、今私が担当してる女子も極端にタイプの違う子が2人です。いつの時代もいろんな子がいる、っていうのは変わらないですね。

>(速水昌未さん)
>髪も後ろ手に結わえていたような気がしますが…。

 ポニーテールだったことはうっすらと覚えています。

>「男の子の一番大切なもの」をあげちゃったのかな?)
その大切なものをKOSUKE様の(お)口から聞いてみたいと思いますが、
いかがでしょうか…。

 ここで言えっていうんですか?私だったら「×ーメン」、じゃなくて「スマイル」と答えますね。アイドルだったら(笑)。

>(似てる芸能人)

 割と目がパッチリ系なんですね。私はタッキーに似てるなんて死んでも言われたくないけど。
私は杉山清貴さん系の顔が好きなんで、今は「ヨン様(眼鏡はずすと杉山さんに似てるんですよ)」に似てるって言われたいです。ライバルだし(笑)。

------------------------------------------------------------------------
真夜中に、またまた、こんばんは… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月11日(日)01時46分33秒

KOSUKE様
明日は、お休みなので、まだまだ書き込みたいと思います。

>麻田華子さんはナベプロだったし、ずい分華々しくデビューしたような記憶がありましたが、対照的だったんですね。

デビュー曲は、劇場版、うる星やつら(完結編)の主題歌でした。
(今、何の主題歌か思い出せなかったので、棚から引っ張り出そうと扉を開けた瞬間、
何十枚ものSCDが雪崩れてきました…落ちてきたアイドル達の笑顔が何だか哀しい…
ちなみに一番最後に落ちてきたのが島崎和歌子さん“弱っちゃうんだ”でした。)

>でもその俳優kさんって誰でしょう?

I軍団のビッグ3の誰かです。

>あと女性デュオで、重要な方々を忘れてましたよ。
ビューティ・ペア(笑。「かけめぐる青春」)と海原千里・万里さん(「大阪ラプソディー」)。

ビューティ・ペアは従姉が大ファンでよく覚えています。
ラストのタッグ決裂試合は、涙ものでした。

海原千里・万里さんは、少し前のカラオケの定番ソングでしたね。
スナックでアルバイトしていた時に、この曲を覚えました。
(よく、おば様たちとデュエットしましたよ。)

>3人組だとギャル、トライアングル、フィーバー、…。

トライアングルのミッチこと、小森みちこ(本名 森光子)さんが小学生の時に
家の近くに住んでいました。(横浜市旭区)
スターボーリングのマスコット(20代後半でしたが…)もやっていましたね。

フィーバーは、その横浜市旭区に住んでいたときに、
デパートの屋上に営業に来た事がありました。(デジタラブの時に…)
ちなみにその前の年は、ポップコーン(スタ誕出身の兄妹デュオ)が来ていました。

>のりPちゃん…このまま細長く芸能界にいるんでしょうけどね。

まだ、車でCDを聴いています。(しぶといです…)

>今さら買おうとも思わないんですけど、その志村さんが地声で歌ってるっていうのが興味あります。

そういえば、香さんも同い年です。(どうでもいいことですが…)
香さんの事は、やはり後半から興味がわき始めました。
(パオパオチャンネルでの悪態を見てから…)
桃子唱法(前半)も好きでしたが、後半の曲のハスキーボイスも味があって好きです。

>想像に任せるんですか?ここでは書けないことを、志村さんまさか発言されたんじゃないでしょうね?

性に関しては、言っていた記憶は無いのですが、
当時通っていた学校を自主退学したことについて暴言を吐いていました。
(芸能コースのある名門?校)に対して…、
『あんなうるさい規則ばっかり有る学校なんて、行く気がしない。』
(もっときつい表現でしたが…)

>それにしても今時こんなことを言ってる子はオクテの部類に入っちゃうんですか??

最近は、若い女の子との接触が無いため、憶測で判断してしまいました。

>まさにその通り。それと♪Dearより深く Loveより浅く・・・のメロがぴったしはまってたんですね。

髪も後ろ手に結わえていたような気がしますが…。

>「男の子の一番大切なもの」をあげちゃったのかな?)

その大切なものをKOSUKE様の(お)口から聞いてみたいと思いますが、
いかがでしょうか…。

>私なんかフジテレビの森昭一郎アナですよ。しかも写真で確認したら、
似てるんでガッカリ。

高校生の時には、スクールウォーズのイソップ、
大人になってからは、島崎和歌子さん、かとうかずこさん、
今でも、言われるのが安達祐実さんです。
(なぜか、女ばっかり…タッキーとか流行顔だったらよかったのに…)

クジラ2号様
中山千夏さんは、アニメのじゃりんこちえの声でも有名ですね。

------------------------------------------------------------------------
悔しい!「星のシンフォニー」 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月11日(日)00時54分23秒

 スキャンドール様

>(新井田真樹さん)

 結局デビューはしたんですね。麻田華子さんはナベプロだったし、ずい分華々しくデビューしたような記憶がありましたが、対照的だったんですね。私は存じません。ALTYってレコード会社は懐かしいです。

>(女性デュオ)
BIBIは、バスボンガールでしたね。
早坂さんのほうは、俳優Kさんとの不倫がもとで姿を消してしまいましたね。

 そう、松本ちえこさんに続くバスボンガール二代目でした(キャッツアイよりは有名だと思いますが)。でもその俳優kさんって誰でしょう?あと女性デュオで、重要な方々を忘れてましたよ。
ビューティ・ペア(笑。「かけめぐる青春」)と海原千里・万里さん(「大阪ラプソディー」)。
まさかピンクレディーのフォロワーということはありえないので、結局フォロワーはキャッツアイだけだったんでしょうか?3人組だとギャル、トライアングル、フィーバー、チェリーズ、ラブ・ウィンクスとキャンディーズ・フォロワーが次々出てくるんですけど・・・

>BIBI「異性感覚」
聴いたことが無いので、この詞だけで推測しますと、自分を優しく愛してくれる人よりも
振り向いてくれなくても自分が愛した人の方がいい…とも受け取れます。
どうでしょう?

 なるほど、経験に基づいたコメントのようですね(笑)。私より捉え方が深いですよ。今見たばっかりの「冬のソナタ」そのものの世界。

>(のりPちゃん)

 ええ、あんまり「お母さん」を強調してほしくないです。このまま細長く芸能界にいるんでしょうけどね。

>(志村香さん)『ばっちり』ですと言いたいところですが、2曲目の『のシンフォニー』は
“星のシンフォニー”…星が抜けていましたので、80点です。

 確かに「星のシンフォニー」って書いたつもりだったんですけど、表示された画面を見て真っ青になりました(川島なお美さんにはとても及ばない苦しい答弁)。でも5曲出してそれぞれB面があるんだから、NHK-FMの「ひるの歌謡曲」で特集を組むことは可能ですね(笑)。今さら買おうとも思わないんですけど、その志村さんが地声で歌ってるっていうのが興味あります。

>(「知りたがり」
友達から恋人に…一歩先に進みたい、思春期の少しませたの女の子の歌ですね。
(こんなことを言っている子は、今では、かなり晩熟な感じですが…)
具体的な事を言わずにファンの心理をくすぐろうと言う事ではないでしょうか。
(百恵さんの歌でもあるように『あなたに女の子の一番大切なものをあげるわ…』
百恵さんは、『まこごろ』と答えていましたが、当時の香さんならきっと×××
(想像にお任せします…)と答えるはずです。

 想像に任せるんですか?ここでは書けないことを、志村さんまさか発言された
んじゃないでしょうね?とにかくジャケ写が「ガンつけてるような」感じだった
けど、「夏・体験物語」に出てた頃だし、そのイメージで演技してるだけだろう
と思ってたんですよ。私が甘すぎました。それにしても今時こんなことを言ってる
子はオクテの部類に入っちゃうんですか??

>速水昌未さん
水に濡れた昌未さんの顔のドアップでしたっけ…なんとなく覚えています。

 まさにその通り。それと♪Dearより深く Loveより浅く・・・のメロがぴったしはまってたんですね。

>昔は眼鏡で、今はコンタクト、っていうのもありましたが…。
私は、その逆です。
昔は、容姿を少しでもよく見せたくてコンタクトをしていましたが、
太ってからは…。
仕事先では、黒いふちの眼鏡をかけているのですが、
何人かのお客様にハリーポッターの少年に似ていると言われました。

 ダニエル君ならいいじゃないですか。(1年半前ロンドンで見た時もブームで、その時は
あどけなかったけど、ずい分大人っぽくなりましたね。「男の子の一番大切なもの」を
あげちゃったのかな?)私なんかフジテレビの森昭一郎アナですよ。しかも写真で確認したら、
似てるんでガッカリ。

 とろりん村のとろり様

>「あなたの心に」(中山千夏)には、ちょっと思い出があります。
そんなある日、この曲がラジオから流れて...。思わず、涙が出ました。おそらくは、
子供の頃聞いて、いい曲だなあと思って記憶の底に残っていたのでしょう。しかし、
何年たとうと、この曲はやはりいい曲でした。
シンプルなメロディにシンプルな歌詞だけれども、永遠に色褪せない名曲と思います。

 こんばんは。そういう感動ってめったにないけれど、確かにありますよね。きっと感受性
の相当強い方なのでしょう。私もブロードサイド・フォーの「若者たち」をNHK「想い出の
メロディー」で聴いたとき、感動で目頭が熱くなったことはあります。(最近チャートを
調べるのが億劫で省略してましたが)この曲は69.9.1発売でなんと最高2位、42万枚の
セールスでした。作詞はご本人でした。

------------------------------------------------------------------------
とろりん村のとろり様… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月11日(日)00時39分4秒

>一時期、マイナー女性アイドルグループのレコードに夢中になっていたことがありま
して...。あの何ともいえないキッチュさに心惹かれていたんですよA^^;;。
ところが、聴いてみると、ものすごくいい曲があったりして、そこが中古レコード蒐集
の醍醐味なのかもしれません。

この“キッチュ”と言う言葉、可愛い表現ですね。
私自身、80年代の方たちなら得意なんですが、
70年代となるとテレビに良く出ていた方でないとわからないと言うのがほとんどです。
今となっては、レコードを集める事をしていない自分としては、
オムニバスのCD発売に頼るしかありません。
(キャッツ・アイ&キューピッドのCD発売に関しては、
奇跡としか言いようがありません。)
一番、素晴らしかった(すごかった…)のが前にも書きました、“大地震”です。
タイトルからして『ムムッ』と来たのですが、歌を聴いて、
70年代アイドルポップスの奥(業)の深さを知ったような気がしました。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日: 7月11日(日)00時26分5秒

☆スキャンドールさま

「キャッツ・アイ」が「不良在庫」になっていましたか^^。

そうですね。80年代初め頃、ピンク・レディーフォロワーたちのシングル盤は中古
レコード店の店頭で100円くらいの値段で売られていたものです。今は、かなり高
くなっていますが。

一時期、マイナー女性アイドルグループのレコードに夢中になっていたことがありま
して...。あの何ともいえないキッチュさに心惹かれていたんですよA^^;;。

ところが、聴いてみると、ものすごくいい曲があったりして、そこが中古レコード蒐集
の醍醐味なのかもしれません。

☆KOSUKEさま、クジラ2号さま

「あなたの心に」(中山千夏)には、ちょっと思い出があります。

この曲のサビの部分(♪だって いつも あなたは〜)だけは覚えているのに、だれの
何という曲かわからず、そんなことすら普段は意識の下に押し込めて、長い年月
(20年以上?)が過ぎました。

そんなある日、この曲がラジオから流れて...。思わず、涙が出ました。おそらくは、
子供の頃聞いて、いい曲だなあと思って記憶の底に残っていたのでしょう。しかし、
何年たとうと、この曲はやはりいい曲でした。

シンプルなメロディにシンプルな歌詞だけれども、永遠に色褪せない名曲と思います。

------------------------------------------------------------------------
こんばんは… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月10日(土)23時52分41秒

KOSUKE様
>オールレーズンコンテストで優勝後にタレントスカウトにまた出たってことですね?でもオールレーズンコンテストの時点でスカウトは来なかったのでしょうか?ちょっと謎めいた話です。

調べてみたところ、ALTYと言うレコード会社からデビューしていました。
マイナー感が最後までぬぐえなくて何だか可愛そうです。

>ロコとエッコ、BIBI、ベティ&ペティ、ラブリーズ、はつみ・ひとみ、リリーズ、祐子と弥生、みきとナナ・・・意外と出てこないもんです。ピンクレディーのフォロワーってもっと多かった気がしますが、実際はまだいっぱいいたんでしょうね。

すごいですね。
半分くらいしか知りません。
BIBIは、バスボンガールでしたね。
早坂さんのほうは、俳優Kさんとの不倫がもとで姿を消してしまいましたね。

>BIBIは、80年に「異性感覚」って曲を出してるんだけど、この歌詞がすごかった…。こういう詞は女性としては歌いたくないですよね。作詞は絶対男だろうし、一種のセクハラ・ソングだと思いますよ。(でも実際女性は好きな男には、そうしてもらいたいのも本音でしょうけど、あからさまに歌われると・・)

聴いたことが無いので、この詞だけで推測しますと、自分を優しく愛してくれる人よりも
振り向いてくれなくても自分が愛した人の方がいい…とも受け取れます。
どうでしょう?

>後半の「蒼いうさぎ」の類の路線は好きじゃないので。

やっぱり、のりPちゃんは、アイドルしている方が似合いますね。
本当に可愛かった…。(今もすごく好きですが…)

>志村香さんは1.曇りのち晴れ 2.のシンフォニー 3.秋風はあなた 4.危険がいっぱい 5.知りたがり の5枚でOKでしょうか?

『ばっちり』ですと言いたいところですが、2曲目の『のシンフォニー』は
“星のシンフォニー”…星が抜けていましたので、80点です。

>♪教えてよ 男の秘密 って歌詞でしょ?ずいぶん変わっちゃったんだなあとガッカリしてる間のフェードアウトでした。具体的にどんな秘密を教えればいいんですかね(笑)?

友達から恋人に…一歩先に進みたい、思春期の少しませたの女の子の歌ですね。
(こんなことを言っている子は、今では、かなり晩熟な感じですが…)
具体的な事を言わずにファンの心理をくすぐろうと言う事ではないでしょうか。
(百恵さんの歌でもあるように『あなたに女の子の一番大切なものをあげるわ…』
百恵さんは、『まこごろ』と答えていましたが、当時の香さんならきっと×××
(想像にお任せします…)と答えるはずです。)

>速水昌未さん…ご本人がプールから上がってくる映像でした。

水に濡れた昌未さんの顔のドアップでしたっけ…なんとなく覚えています。

>昔は眼鏡で、今はコンタクト、っていうのもありましたが…。

私は、その逆です。
昔は、容姿を少しでもよく見せたくてコンタクトをしていましたが、
太ってからは…。
仕事先では、黒いふちの眼鏡をかけているのですが、
何人かのお客様にハリーポッターの少年に似ていると言われました。

------------------------------------------------------------------------
中山千夏さん 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月10日(土)21時48分8秒

 クジラ2号様

 こんばんは。ややご無沙汰していますね。
 中山千夏さんの情報、どうもありがとうございました。
 昔はものすごい売れっ子でしたよね。私は小さかったのですが、日テレの「お昼のワイドショー」を、明日の参院選に東京地区から出馬される青島幸男氏、そしてやはり現在は政治家の
八代英太氏と司会をやっており、鋭いコメントを出していたのを覚えています。(そういえば
中山さんも参議院の議員をやっていましたね)

 曲といえば、なんといっても「あなたの心に」。最近アニメの主題歌でカバーされたと
聞きましたが、あの都倉俊一先生の第一号作品だそうですね。こういう美しいメロディー、
なかなか耳にすることもなくなりました。

------------------------------------------------------------------------
とまらない汽車 投稿者:クジラ2号  投稿日: 7月10日(土)21時39分51秒

中山千夏で検索していたらファン・サイトがありました。
   http://www12.plala.or.jp/chinachist/

これを見るとビクター時代の音源(「あなたの心に」「とまらない汽車」etc.)が、
CD Bookで発売されているようです。

フォノシートのページを見てビックリ「夢見るシャンソン人形」「涙のシャンソン日記」「そよ風にのって」を歌っていたとは・・・
朝日ソノラマ 「ひょこりひょうたん島 わんわん騒動」の「もしも僕に翼があったら」は聞いてみたいですね。

テイチク・レコードから「千夏ファースト・リサイタル リターン・トゥ・ザ・ステージ」(PP-1216 1983年)というLPも出ていたんですね!ライブ・ヴァージョンの「あなたの心に」も聞いてみたいですね。

------------------------------------------------------------------------
夜明けのメール 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月10日(土)05時51分49秒

 スキャンドール様

 おはようございます。昨夜早く寝たら目が覚めてしまいました。

>(新井田雅樹さん)
説明不足ですみません。
1990年にホリプロスカウトキャラバンに出たときです。

 わかりました。ちょっと腑に落ちない話しですが、オールレーズンコンテストで優勝後にタレントスカウトにまた出たってことですね?でもオールレーズンコンテストの時点でスカウトは来なかったのでしょうか?ちょっと謎めいた話です。

>この当時は、結構2人組の方々が多く見受けられましたね。(あいあい等)
そういえば今年に入ってじゅん&ネネのお二人が再結成されて
何度かテレビで拝見しましたが、一線を退かれていたにも拘らず
歌声が(あまり)変わっていなくて驚きました。
(少し聴きづらい節回しがありましたが…)

 私も先日見たんですけど、男役の方(どっちがじゅんさんなのかわかりませんが)はギンギンに昔のメークなのに、女役の方は普通のおばさんメークで、その落差に笑ってしまいました。ああ、
「愛するってこわい」。当時の女性デュオを思いつくまま書いてみます。(「あいあい」が出たのには驚きましたが)ロコとエッコ、BIBI、ベティ&ペティ、ラブリーズ、はつみ・ひとみ、リリーズ、祐子と弥生、みきとナナ・・・意外と出てこないもんです。ピンクレディーのフォロワーってもっと多かった気がしますが、実際はまだいっぱいいたんでしょうね。私は冒頭のロコとエッコ「かなしみ発しあわせ行き」を聴いてみたいですね。BIBIは、80年に「異性感覚」って曲を出してるんだけど、この歌詞がすごかった。♪大事にされる不幸せより 傷つけられ 涙流す幸せがいいの・・・要するに「やってくれ」って訴えてるんですが、こういう詞は女性としては歌いたくないですよね。作詞は絶対男だろうし、一種のセクハラ・ソングだと思いますよ。(でも実際女性は好きな男には、そうしてもらいたいのも本音でしょうけど、あからさまに歌われると・・)

>初期から中後期迄のCDは持っていますが、後半にかけては持っていません。
何かお薦めがあれば教えていただけますか…。

 えっ、これノリピーの話ですか?誤解みたいです、彼女のCDは一枚も持っていません。曲も3年目くらいまでは覚えてるけど、後半の「蒼いうさぎ」の類の路線は好きじゃないので。

>出したシングルですと
1.瞳の誓い 2.99粒の涙 3.乙女心ウラハラ 4.恋は理解力 
5.吐息まじりに恋をして 6.セピア・あなた・かも です。(全部好きです)

 ご丁寧にありがとうございます。やっぱり合ってました。志村香さんは1.曇りのち晴れ 2.のシンフォニー 3.秋風はあなた 4.危険がいっぱい 5.知りたがり の5枚でOKでしょうか?最後の
「知りたがり」って聴いたことないんだけど、♪教えてよ 男の秘密 って歌詞でしょ?ずいぶん変わっちゃったんだなあとガッカリしてる間のフェードアウトでした。具体的にどんな秘密を教えればいいんですかね(笑)?

>(速水昌未さん)
テレビで歌う姿を1度位しか見たことが無いと思います。
CMが頭の中でごちゃごちゃになっているのですが、スプリンクラー編、
芝生をホースで水撒き編、ブロンドの少年編(太田裕美さんの南風?)のどれでしたっけ?
(どれも当てはまってなかったら詳細を教えていただけますか…。)
そういえばずっと気になっていたのですが原久美子さんに似ていると思いませんか?
 
 ご本人がプールから上がってくる映像でした。顔はよく覚えてないけど、原久美子さんに似てたかもね。とにかく本人<曲がよかった。ちなみに「南風」も私大好きです。レコード買いました。

>CDならアイドルから演歌、洋楽迄結構ありますが、
古いもの(新しくても90年代)ばかりです。

 結構なんでもいける(笑。酒じゃないんだから)んですね。私は洋楽はあんまり持ってないなあ。特に80年代後半以降となると全くわかりません。先日「70S(セブンティーズ)」って70年代の洋楽集を買いましたが、やっぱりアイドル・ポップスにも結構影響しているようですね。

>飲み歩いていた頃、2ヶ月で10キロも太ってしまいました。
少し逢わなかった人に、『誰?』と言われてショックでした…。
その後も順調に15キロ(合わせて25キロ)太りました。

 そりゃヤバイっすよ。まあ170cmで75?なら、まだ極端な範囲じゃないですけどね。私は徐々に太っていったけど、やっぱり「誰?」って言われたことがありましたね。(昔は眼鏡で、今はコンタクト、っていうのもありましたが)

------------------------------------------------------------------------
とろりん村のとろり様… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月10日(土)00時31分13秒

キャッツ・アイさんのアバンチュールの背景をありがとうございます。
私の持っているレコードにもこのセクシーキャットの絵が入っています。
唐突ですが、何故、このレコードを持っていたかと言うと、
昔、レコードの卸問屋でアルバイトをしていたのですが、
その時に不良在庫として残っていたこのレコード達を進んでもらって帰ってきたのです。

------------------------------------------------------------------------
今日もこんばんは… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月10日(土)00時20分54秒

>新井田雅樹さん…彼女は86年の優勝でしたね、確か。まだアイドルが衰退する前ですし、波に乗れたかもしれません。

説明不足ですみません。
1990年にホリプロスカウトキャラバンに出たときです。

>私の前の会社関係の友人で「めっきり冷たくなりました」を買った人がいるんですが、それ以上です(笑)。でもさすがにキューピッドは「知るひとぞ知る存在」みたいですね。…要するに「70年代のじゅん&ネネ」(笑)ってとこです

この当時は、結構2人組の方々が多く見受けられましたね。(あいあい等)
そういえば今年に入ってじゅん&ネネのお二人が再結成されて
何度かテレビで拝見しましたが、一線を退かれていたにも拘らず
歌声が(あまり)変わっていなくて驚きました。
(少し聴きづらい節回しがありましたが…)

>酒井法子さん…そう、それそれ!この頃のノリピーがよかったと思います。
 最近購入されたCDも頑張って聴いてください。感想を楽しみにしてますので。

初期から中後期迄のCDは持っていますが、後半にかけては持っていません。
何かお薦めがあれば教えていただけますか…。

>全部で6枚出したはずだけど、全部持ってるとはすごい。じゃあ完璧ですね。「井森美幸メドレー」があること自体すごい(じゃあ「志村香メドレー」もあってもおかしくないですね(笑))けど、私は「恋は理解力」以降がわかりません

出したシングルですと
1.瞳の誓い 2.99粒の涙 3.乙女心ウラハラ 4.恋は理解力 
5.吐息まじりに恋をして 6.セピア・あなた・かも です。(全部好きです)

>速水昌未さん…私は今でもCBSソニーに抗議(笑)したい気分です。「風のリフレイン」の100倍はよかったと思うんですが。

テレビで歌う姿を1度位しか見たことが無いと思います。
CMが頭の中でごちゃごちゃになっているのですが、スプリンクラー編、
芝生をホースで水撒き編、ブロンドの少年編(太田裕美さんの南風?)のどれでしたっけ?
(どれも当てはまってなかったら詳細を教えていただけますか…。)
そういえばずっと気になっていたのですが原久美子さんに似ていると思いませんか?

> すごいですね。私はこの掲示板をごらんの方の中では、レコードは持ってないほうですよ。CDはいろんな歌手のベストを買いまくりましたけどね。

私も持っていないほうだと思います。
CDならアイドルから演歌、洋楽迄結構ありますが、
古いもの(新しくても90年代)ばかりです。

>ウエスト58cm?女の子より細いんじゃないですか。170cmで50?ってのもスリムすぎるけど、今はそんな昔が想像できないわけですね。

飲み歩いていた頃、2ヶ月で10キロも太ってしまいました。
少し逢わなかった人に、『誰?』と言われてショックでした…。
その後も順調に15キロ(合わせて25キロ)太りました。

------------------------------------------------------------------------
失礼。下のを無視お願いします 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 9日(金)20時13分54秒

 スキャンドール様

 大変失礼しました。私、やはり早期アルツの可能性高いです。

>(井森美幸さん)
ホリプロらしいですね。
どことなく野暮ったい感じの子、色で例えると透明ではなく白といった感じがします。

 榊原郁恵さんを筆頭に、この頃はまだわかりました。最近のホリプロは「?」ですね。

>(Hitomiさん)
プリンセスプリンセスのGet Crazyをハスキーボイスで歌っていました。
上原さくらさんが優勝した時には、椎名林檎さんも出場されていました。

 この上原さくらさんの頃からわからなくなってきました。椎名さんが出たのは聞きましたが。

>(新井田政樹さん)
90年に入ってからのアイドル衰退期において、デビューすること自体、
時代に逆らっている事なのかも知れませんね。

 彼女は86年の優勝でしたね、確か。まだアイドルが衰退する前ですし、波に乗れたかもしれません。

>(麻田華子さん
“Doubt!”と言う曲が好きでした。
当時、13才にしては大人びていると思いましたが、今見るとまだまだ少女しています。

 うーん、やっぱり社会人になってから疎くなってます。その第二弾は聴いたことがありません。

>(キャッツアイ)
“ジャンヌ・ダルク”と“導火線”をレコード盤で持っています。
当時は、ピンクレディーのバッタモノ扱いでしたが、全然違うものとして考えると
楽曲自体、面白いものがあると思います。
導火線のB面の“大地震”なんて支離滅裂な歌詞で良くレコード化できたと
逆に関心してしまうほどです。
昨年出た、CDももちろん購入しました。

 私の前の会社関係の友人で「めっきり冷たくなりました」を買った人がいるんですが、それ以上です(笑)。でもさすがにキューピッドは「知るひとぞ知る存在」みたいですね。当時流行ったジョン・トラボルタとオリビア・ニュートン・ジョンの「愛のデュエット」(『グリース』主題歌)のカバーでデビュー、片方が男役で、要するに「70年代のじゅん&ネネ」(笑)ってとこです。

>(「BAN16」のCF)
『ヒャピ ヒャピ ヒャピ』と言っていましたね。
本当に可愛いですよね。
今、車の中で、TWIN BESTを聴いています。(最近買ったCDも聴かず…)

 そう、それそれ!この頃のノリピーがよかったと思います。
 最近購入されたCDも頑張って聴いてください。感想を楽しみにしてますので。

>井森さんは、健康的で何処にでもいそうな女の子といった感じがとても好きでした。
レコードも全て持っています。
少し前に、カラオケに行ったのですが、“井森美幸メドレー”が入っていて、
とてもビックリしました。(つまづく事無く歌いきりました!)

 全部で6枚出したはずだけど、全部持ってるとはすごい。じゃあ完璧ですね。「井森美幸メドレー」があること自体すごい(じゃあ「志村香メドレー」もあってもおかしくないですね(笑))けど、私は「恋は理解力」以降がわかりません。

>(速水昌未さん)
時代的に“早い”“遅い”とか“あか抜け過ぎ”“野暮ったい”の加減が
ファンにとって捉え方が難しいですね。
売れたから丁度良かったとも言えませんし…。

 私は今でもCBSソニーに抗議(笑)したい気分です。「風のリフレイン」の100倍はよかったと
思うんですが。

>数打ちゃ当たる方式ではないでしょうか?

 もうそれ自体、とてもビジネスとは思えません。

>青田買いが好きで、売れたらそれはそれで良く、売れなくても曲が好きなら、
引き続き購入し続けていました。
売れた確立で言うと80%といったところですね。
この当時(高校生の時)は、レコード(CD)を買うために、
学校にも行かずアルバイトばかりしていました。

 すごいですね。私はこの掲示板をごらんの方の中では、レコードは持ってないほうですよ。
CDはいろんな歌手のベストを買いまくりましたけどね。

>確かにストレスは太りますよ。
ずっと50kgをキープしていたのです。(身長は、170cm)
当時、ウエストが細すぎて履けるズボンが無くて妹のジーパンを借りたりしていました。
(当時のウエストは、58cmでした。)
今でも、記念にその時のジーパンをとってあるのですが
今では、ふくらはぎで止まってしまいます。(トホホ…)

 ウエスト58cm?女の子より細いんじゃないですか。170cmで50?ってのもスリムすぎるけど、今はそんな昔が想像できないわけですね。私なんか75?の頃は、ウエスト80cmはいってました。胸も90cm台の前半ですから、「お茶筒体型」ですね。腕が細くて腰が太いから、スーツが似合わない体型なんですよ。だからダイエットを決行したんです。

------------------------------------------------------------------------
1週間お疲れ様でした 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 9日(金)19時39分33秒

 スキャンドール様

 こんばんは。この量で、よく「字数オーバー」の4,000字にひっかかりませんでしたね。
私は頻繁にひっかかるので、頂いたメールのコピーを削除させて頂いております。悪しからず。

------------------------------------------------------------------------
KOSUKE様… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 9日(金)19時12分54秒

>「未完成」の部分が大きい井森さんをったんじゃないでしょうか?堀ちえみさん vs 渡辺典子さんの時みたいに。

ホリプロらしいですね。
どことなく野暮ったい感じの子、色で例えると透明ではなく白といった感じがします。

>えーっ、これはびっくりです。この回は後半から見ましたが、Hitomiさんも出てたんですか?

プリンセスプリンセスのGet Crazyをハスキーボイスで歌っていました。
上原さくらさんが優勝した時には、椎名林檎さんも出場されていました。

>でもその東ハトオールレーズンコンテスト、確か第1回と第2回の優勝者は逆ですよ。

失礼しました。

>その新井田政樹さんって子はデビューできなかったわけですね。トータルな人生で考えたらむしろそれが幸せなのかもしれない。

90年に入ってからのアイドル衰退期において、デビューすること自体、
時代に逆らっている事なのかも知れませんね。

>麻田華子さん(「好き嫌い」)、伸びのあるボーカルが印象に残ってますが、結局最初だけで、あとは脱いでもダメだったわけですから。

“Doubt!”と言う曲が好きでした。
当時、13才にしては大人びていると思いましたが、今見るとまだまだ少女しています。

>キャッツアイの片割れも男と失踪して解散した、ってご存知ですか?…でそのキャッツアイの後釜(笑)としてテイチクで急遽デビューさせたのがキューピッド(ご存知ですか?)らしいです。キャッツアイは他人なのに、キューピッドは双子で、私的には後者がインパクトありました。

“ジャンヌ・ダルク”と“導火線”をレコード盤で持っています。
当時は、ピンクレディーのバッタモノ扱いでしたが、全然違うものとして考えると
楽曲自体、面白いものがあると思います。
導火線のB面の“大地震”なんて支離滅裂な歌詞で良くレコード化できたと
逆に関心してしまうほどです。
昨年出た、CDももちろん購入しました。

>「BAN16」のCFは覚えてます。…88年以降はノリピーさまの独占状態でした。「一億のスマイル」「LOVE LETTER」「ダイアモンドブルー」がCF曲で、これらは3曲とも好きですね。

『ヒャピ ヒャピ ヒャピ』と言っていましたね。
本当に可愛いですよね。
今、車の中で、TWIN BESTを聴いています。(最近買ったCDも聴かず…)

>井森さん(彼女が初代)のCFは「瞳の近い」(これも買いました)とピッタリマッチしていた、という意味で印象的でした。

井森さんは、健康的で何処にでもいそうな女の子といった感じがとても好きでした。
レコードも全て持っています。
少し前に、カラオケに行ったのですが、“井森美幸メドレー”が入っていて、
とてもビックリしました。(つまづく事無く歌いきりました!)

>速水昌未さん…ちょっと曲もあか抜けしすぎだったのが売れなかった原因かと思ってます。この年もCBSソニーから数名出ておりますけど、彼女がダントツでした。

時代的に“早い”“遅い”とか“あか抜け過ぎ”“野暮ったい”の加減が
ファンにとって捉え方が難しいですね。
売れたから丁度良かったとも言えませんし…。

>レコード会社の食いつきねえ、それが真相かもしれませんが、コストと回収率を考えれば1年に何名も出すのは明らかに無駄な投資だと思いますよ。

数打ちゃ当たる方式ではないでしょうか?

>私なら絶対やらないけど、それはすごい予知能力です。(当時としては異例の)オリコン初登場14位でしたから、同じことをやった人は案外多いかも(笑)。

青田買いが好きで、売れたらそれはそれで良く、売れなくても曲が好きなら、
引き続き購入し続けていました。
売れた確立で言うと80%といったところですね。
この当時(高校生の時)は、レコード(CD)を買うために、
学校にも行かずアルバイトばかりしていました。

>確かにストレスは太りますよ。

ずっと50kgをキープしていたのです。(身長は、170cm)
当時、ウエストが細すぎて履けるズボンが無くて妹のジーパンを借りたりしていました。
(当時のウエストは、58cmでした。)
今でも、記念にその時のジーパンをとってあるのですが
今では、ふくらはぎで止まってしまいます。(トホホ…)

------------------------------------------------------------------------
タトウーは刺青 投稿者:初心者  投稿日: 7月 9日(金)19時11分18秒

私は、タトウーはあくまで刺青で善い印象は全く無いのです。面白半分?で一旦して今後悔して病院で消すのに相当苦労している人が多いと聞きます。一度してしまうと絶対消すことはできません。イメージを変えることは出来ないし、TBSの夕方の女性ニュースキャスターは右?腕にタトゥーがあるためノースリーブや半袖は着れないとか。安室奈美恵さんは休んでいた間に芳しい活躍が無いなと思ったらタトゥーだらけに?なってました。
やっぱり日本人には似合わないです。上方漫才のハイヒールみたいにアイシャドーでいれるくらいにしないと・・・。失礼しました。

------------------------------------------------------------------------
初心者さまへ 投稿者:よっかー  投稿日: 7月 9日(金)14時45分56秒

私も掛け替えたくなる方です。
する人はすごいなぁと、誰であれ感心して見てますよ。見るのは嫌いじゃないから。
私の好きな女優が背中に菩薩を入れてるしね。

ちなみに最新のセフレはアンダーヘアの代わりに入れるとか言って、叶姉妹のねーちゃんが薔薇と蝶を彫った写真集を出すらしいですね(笑)。

河口恭吾さんの唄うドラマ主題歌は「人間の証明」ですね。昨晩見ましたよ。
なかなか良かったですよ。ドラマも歌も。

------------------------------------------------------------------------
それは... 投稿者:にこら  投稿日: 7月 9日(金)13時16分1秒

>河口恭吾さんが今度ドラマの主題歌を歌うそうなんですが、スティービー・ワンダーの16歳の時の曲とか?私は、エンゲルベルト・フンパーディングが歌っていたのしか記憶にないんですがご存じないですか?

 そのドラマを見ることはないと思いますが、スティービー・ワンダーとエンゲルベルト・フンパーディングが共通して歌っているのは“A place in the sun”(太陽のあたる場所)という曲だと思います、自分もエンゲルベルト・フンパーディングのバージョンで先に知りました。河口恭吾という人は残念ながら知りません。

------------------------------------------------------------------------
河口恭吾とタトゥー 投稿者:初心者  投稿日: 7月 9日(金)08時01分44秒

河口恭吾さんが今度ドラマの主題歌を歌うそうなんですが、スティービー・ワンダーの16歳の時の曲とか?私は、エンゲルベルト・フンパーディングが歌っていたのしか記憶にないんですがご存じないですか?
最近の歌手達は私の若い頃と違ってタトゥーを(ロシアの2人は感じが悪いのに)している歌手が多くなりました。まぁ、昔は刺青と呼んでいたのがタトゥーです。私なんかは、壁に掛かっている絵画なんかも架け替えたくなる時もあるのに如何するのでしょうか?

------------------------------------------------------------------------
時差があるみたいです 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 9日(金)06時01分12秒

 スキャンドール様

 結局私がいつ書いてようが「こんばんは」ですね。サラリーマンの方の場合、それが当然です。
朝起きてまずWebを見るなんて、昔の私じゃあ考えられませんでしたもの。

>(鈴木保奈美さん)
 それでも「女優としていける」と見込んだホリプロの洞察力は大したものです。
井森美幸さんとの比較は難しいものの、成功度といったら保奈美さんが上かもしれませんし。
まあ、歌唱力は井森さんもいい勝負だったと思うし、「未完成」の部分が大きい井森さんを
採ったんじゃないでしょうか?堀ちえみさん vs 渡辺典子さんの時みたいに。

>(東ハトオールレーズンコンテスト)
 えーっ、これはびっくりです。この回は後半から見ましたが、Hitomiさんも出てたんですか?
その中山博子さんって沖縄の子じゃありませんでしたっけ?
 でもその東ハトオールレーズンコンテスト、確か第1回と第2回の優勝者は逆ですよ。その新井田政樹さんって子はデビューできなかったわけですね。トータルな人生で考えたらむしろそれが幸せなのかもしれない。麻田華子さん(「好き嫌い」)、伸びのあるボーカルが印象に残ってますが、結局最初だけで、あとは脱いでもダメだったわけですから。

>(堀ちえみさん)
 ああ、そんなこともありましたね。後藤氏も小室哲哉氏顔負けのアイドル好きですね。
シモンズ→木之内みどりさん→堀ちえみさん→工藤静香さん、そしてゴールは河合その子さんでしょ?でもハンサムで才能があって、ちょっと母性本能をくすぐるタイプ。私が木之内みどりさんでも一緒に逃避行していた可能性大(笑)。でこの時期、キャッツアイの片割れも男と失踪して解散した、ってご存知ですか?知名度のせいかほとんど報道されていないのですが。でそのキャッツアイの後釜(笑)としてテイチクで急遽デビューさせたのがキューピッド(ご存知ですか?)らしいです。キャッツアイは他人なのに、キューピッドは双子で、私的には後者がインパクトありました。

>(エドマキさん)
 といっても歌っているところを見たのは1回だけ、何か記憶には薄いです。せっかくお答えいただいたのにすみません。「BAN16」のCFは覚えてます。もっともこのコンテスト2年しか行われず、88年以降はノリピーさまの独占状態でした。「一億のスマイル」「LOVE LETTER」「ダイアモンドブルー」がCF曲で、これらは3曲とも好きですね。井森さん(彼女が初代)のCFは「瞳の近い」(これも買いました)とピッタリマッチしていた、という意味で印象的でした。

>(速水昌未さんの「異性」)
 えーっ、この人もご存知でしたか。ちょっと曲もあか抜けしすぎだったのが売れなかった原因かと思ってます。この年もCBSソニーから数名出ておりますけど、彼女がダントツでした。

>(CDデビュー…古い言い方をするとレコードデビュー)
 レコード会社の食いつきねえ、それが真相かもしれませんが、コストと回収率を考えれば
1年に何名も出すのは明らかに無駄な投資だと思いますよ。

>(森下恵理さん)
第二弾の方が「インパクト」ではすごかったかもね。

>斉藤由貴さんのお気に入り曲をここで紹介したいと思います。
第一位 MAY(好きよ、好きよ、誰よりも好きよの部分が最高です)
第二位 夢の中へ(曲と言うよりもダンスが好きでした)
第三位 卒業(やっぱり名曲です)

 私は①卒業 ②悲しみよこんにちは ③初恋・情熱が同点ですね。

>(「誘惑してもいいですか?」のCF)感です。
曲も聴かずに、レコード(卒業)を予約購入してしまいました。

 私なら絶対やらないけど、それはすごい予知能力です。(当時としては異例の)オリコン初登場14位でしたから、同じことをやった人は案外多いかも(笑)。

>20歳後半に仕事でストレスが溜まり、毎日のアルコール三昧、
夜中の外食がいけなかったのだと思います。

 そりゃあ太るわ。私も大学まではジャニーズ顔負け(?)なくらいガリガリだったんですけど
入社時61〜2kgだったのが最高77までいきましたから。確かにストレスは太りますよ。

>(晴山さおりさん)
いや、失言じゃないと思いますよ。私の方がマイルドに表現してるだけのことで、だいたい同じことを言ってるんですから。

>今年なら平原綾香さんの「ジュピター」、RYUさんの「初めから今日まで」(冬ソナの主題歌)あたりですね。
悲しいことに、両曲共、存じ上げませんでした。

 いや、これこそ余計なことでした。2人にとって今が(歌謡曲に関しては)大事なわけじゃないですからね。それではこれからまた2時間「愛を眠らせて」、イヤ本当に眠らせて頂きます。
「おやすみなさい」もありましたね、木之内みどりさん。♪おやすみなさい 好きな人 でした。

------------------------------------------------------------------------
KOSUKE様… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 9日(金)02時15分26秒

>鈴木保奈美さんの歌のヘタさ加減にもびっくりしましたね。一応アイドル歌手を目指してたんでしょうか?

本当にすごい破壊力でした。
もしかすると、歌唱力が足を引っ張ってしまって、優勝をのがしてしまったのかも…と
思う今日この頃です。

>女優ではあとは、戸田菜穂さんがグランプリを取ってましたね。私はこのテは即スカウトします。実際今も好きですよ。

この時に放送された番組を(テレビ東京放送)消さずにまだビデオで持っています。
最終審査では、中山博子さん、古谷仁美さん(後の小室ファミリーのhitomiさん)も残っていました。
私の予想では、中山さんが優勝とにらんでいましたが…。
そして東鳩オールレーズンプリンセス第2回優勝者の新井田雅樹さんも決戦大会に
駒を進めていましたが最終審査では落選しました。
(東鳩…で優勝した時に、この子は売れると思いデビューを心待ちにしていたのですが、
ホリプロ…に出場したところをみるとメジャーデビューは出来なかったみたいですね。
ちなみに第1回優勝者は麻田華子さんでした。若干13歳!)

>堀ちえみさん…引退宣言時の言葉って私は覚えていないんですけど、情緒不安定なところもあったんじゃないですか…。

後藤氏とのフライデー事件等で芸能界を去った感が否めないのです。
やはりちえみさんもこの頃激痩せしてしまい辞めざるを得なかったのかもしれませんね。

>江戸真樹さん・長野知夏さん…ところで激ヤセしたのはどちらなんですか?

エドマキさんです。

>それとは比較にならない位名曲の速水昌未さんの「異性」(♪Dearより深く Loveより浅く 私はまだ私 あなたの ものじゃない・・・京平先生作曲で、キリンオレンジのCFソングでした)がチャートインしていないのは納得できません。

爽やかなポップスで私も好きな曲でした。
少ししてから“花のあすか組”にも端役で出演していたと思います。
確か、速水さんは、帰国子女だったような気がしますが…。

>曲名は「インパクト」だったのに、インパクトがほとんどなかったのが残念。

曲自体は、変な?“インパクト”は、有ったと思いますが、
メディア露出での“インパクト”は、ほとんど有りませんでした。

>会社じゃないんだから、もっと厳選してCDデビューさせるべきだと思いますよ。

CDデビュー…古い言い方をするとレコードデビューですね。
とりあえず取っておいて、レコード会社等の食いつき(へんな言い方ですが)が
良ければ宣伝活動するみたいなことでしょうか…。

>(森下恵理さん)「わたしは街のバレリーナ」までしか知らないんですけど、この曲もラリッてるような歌い方が印象的です。

それこそ“インパクト”大!と言ったところでしょうか。

斉藤由貴さんのお気に入り曲をここで紹介したいと思います。
第一位 MAY(好きよ、好きよ、誰よりも好きよの部分が最高です)
第二位 夢の中へ(曲と言うよりもダンスが好きでした)
第三位 卒業(やっぱり名曲です)

>「誘惑してもいいですか?」ですね。私もこれを見た瞬間、彼女は大物になると思いました。あのラーメンのCFで相当ファンをゲットしたと思いますよ。

同感です。
曲も聴かずに、レコード(卒業)を予約購入してしまいました。

>まあ本来は3食食べたがいいんですが、いずれにしてもファストフード・炭酸飲料・スナック菓子はダイエットの敵ですよ。

話のこしを折るようで申し訳ありませんが、上記の食事(菓子類、苺牛乳、サラダ等)を
していた頃のほうが痩せていました。(ご飯を食べるのは、月に1回位でした)
20歳後半に仕事でストレスが溜まり、毎日のアルコール三昧、
夜中の外食がいけなかったのだと思います。

>晴山さおりさん…ただいわゆる「タレント性」は彼女には感じられませんでしたね。

そういう言い方が誤解を招かなくて正しい表現の仕方ですね。(失言でした…)

>今年なら平原綾香さんの「ジュピター」、RYUさんの「初めから今日まで」(冬ソナの主題歌)あたりですね。

悲しいことに、両曲共、存じ上げませんでした。

それでは、おやすみなさい…。

------------------------------------------------------------------------
相変わらず長いけど。 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 9日(金)01時12分40秒

 スキャンドール様

>(タレントスカウトの件)

 鈴木保奈美さんの歌のヘタさ加減にもびっくりしましたね。一応アイドル
歌手を目指してたんでしょうか?ちなみに「スローモーション」と石川秀美
さんの「夏のフォトグラフ」を歌ってました。この回には相原勇(小原靖子)
さんも出ていました。女優ではあとは、戸田菜穂さんがグランプリを取って
ましたね。私はこのテは即スカウトします。実際今も好きですよ。

>(堀ちえみさん)

 ああ、よくあるパターンね。引退宣言時の言葉って私は
覚えていないんですけど、情緒不安定なところもあったん
じゃないですか?スターって存在はそうなりがちでしょう?
だから気合が入ってる時と入ってない時の落差が激しいんですよ。

>(水谷麻里さん)

 それじゃあもうおしまいの方ですね。二年間芸能界にいたそうですが、
二年目の彼女ってタイトルにもあった「ポキチ・ペキチ・パキチ」しか
覚えていません。

>(江戸真樹さん・長野知夏さん)

 長野知夏さん知ってます。♪風のリフレイン(それじゃ題と一緒)のCFで流れた部分
だけ。しかしこの曲はチャートインして、それとは比較にならない位名曲の速水昌未
さんの「異性」(♪Dearより深く Loveより浅く 私はまだ私 あなたの ものじゃない
・・・京平先生作曲で、キリンオレンジのCFソングでした)がチャートインしていないのは
納得できません。ところで激ヤセしたのはどちらなんですか?

>(岡谷章子さん)

 曲名は「インパクト」だったのに、インパクトがほとんどなかったのが残念。

>大手の事務所は、結構いますよね、こういう方々が…。

 ある程度の頭数が必要なんでしょうか?会社じゃないんだから、もっと
厳選してCDデビューさせるべきだと思いますよ。

>(森下恵理さん)

「わたしは街のバレリーナ」までしか知らないんですけど、
この曲もラリッてるような歌い方が印象的です。

>(斎藤由貴さん①)

 中学卒業なら特に思い入れが深いのでは?「卒業」は松本=筒美コンビでも、
5本の指に入るほど好きです。でも「初恋」「情熱」もよかったし、玉置浩二氏
作曲の「白い炎」(水谷麻里さんがオーディションで歌ったそうです)もよかった。
 私は中学卒業だとやはり海援隊の「贈る言葉」、高校だと柏原芳恵さんの
「春なのに」が一致していたので、印象が深いですね。

>(斉藤由貴さん②)

 「誘惑してもいいですか?」ですね。私もこれを見た瞬間、彼女は大物に
なると思いました。あのラーメンのCFで相当ファンをゲットしたと思いますよ。
 
>今の肉体では無理なので、もう少し痩せたら考えます。

 ちょっと余計なことを書きました。別に「裸を見せろ」って
意味じゃないんで誤解のないように。私が痩せられた原因は、
プールではありません。今予備校で授業が午後だから、1日
2食にしてるんです。あと油を低カロリーのものに変えたこと、
ですかね。まあ本来は3食食べたがいいんですが、いずれにしても
ファストフード・炭酸飲料・スナック菓子はダイエットの敵ですよ。

>(晴山さおりさん)
芸能人としての、サービス精神がテレビを見ている限りでは欠けていた様な気がします。
(勝手なことを言って申し訳ありませんが、あくまでも、私感です。)
 
 うーん新人歌手だしね。与えられたものを歌うだけで精一杯だったんじゃないですか。
ただいわゆる「タレント性」は彼女には感じられませんでしたね。

>(来生たかおさん)
現在では、こういった歌手の方達も表舞台からは、
遠ざかっている感じがして寂しい限りです。

 今夜は彼のベストを聴いたんですけど、全く同感。もっと大人の鑑賞に
耐える曲が出てきて欲しいです。今年なら平原綾香さんの「ジュピター」、
RYUさんの「初めから今日まで」(冬ソナの主題歌)あたりですね。
この2人は紅白初出場当確でしょう。

------------------------------------------------------------------------
とろりん村のとろり様… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 9日(金)00時25分33秒

>宇沙美ゆかりのシングル盤で、いちばん好きなのは「風のプリマドンナ」です。
ただ、ジャケットとしては「恋はDancing」がお気に入りです。

全くの同意見でビックリしました。
なんだか嬉しいです。

>実際、もっとメジャーなアイドルになれる存在だったと思います。
せめて、もう少し、シングルが「はじける」曲だったら...とか、「スケバン刑事」
に彼女が出ていたら...とか、思いは尽きません。

知名度はかなりのものでしたよね。
本当にもう少しメジャーになっていてもおかしくなかった存在です。
もう少し、歌手として長く活躍して欲しかったです。

>「V・マドンナ大戦争」の脚本を書いた野沢尚も、先日、自殺してしまい、時の移ろい
を痛感する今日この頃です。

ゆかりさんは、この役を演じるにあたって、自動二輪(中型)の免許を取ったそうです。
スタイル抜群なゆかりさんがバイクに乗っている姿はとても凛々しく格好良かったです。

------------------------------------------------------------------------
こんばんは… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 9日(金)00時13分36秒

KOSUKE様
>おはようございます。まず健康第一ですから、無理しての閲覧、書き込みは禁物ですよ。

度々のご心配、本当にありがとうございます。
大好きな掲示板ですので、多少の無理をしてでも書き込みたいと思います。

>渡辺典子さんは、もちろんすぐに女優に転向させるという前提でのスカウトです。

そう言う事ですか。
それなら十分に納得できますね。
同オーディションで、後に女優として大成功を収めたのが、
第9回特別賞受賞の鈴木保奈美さんですね。(優勝は井森美幸さんでした。)

>堀ちえみさん…本人も気合が入っていましたし。「潮風の少女」で「ザ・ベストテン」のスポットライトコーナーで「アイドルは夢を売る仕事です」とはっきり断言していたことを今でも覚えています。

そう意気込みの方は、とても好きなのですが、引退宣言時の行動が、
その言葉に反しているように思います。

ちなみに、堀さんがこのオーディシヨンを受けたきっかけと言うのが、
当時、付き合っていたボーイフレンドに振られて、
見返してやると言う気持ちからだったそうです。
(初オーディションで優勝したのもすごい事ですが…)

>水谷麻里さん…私は「21世紀まで愛して」を聴いた時点で、松本=筒美コンビにかかわらず、インパクトが弱かったという印象があります。

デビュー当時は、麻里さんの事がとても嫌いだったのです。
なんとなく、やる気がなさそうな感じがして…。
何故か“バカンスの嵐”あたりから急激にファンになり、追いかけるように、
シングルやアルバムを揃えました。

>江戸真樹さんもホームシックでわずか半年での引退だったそうですから。

BAN16コンテスト優勝がデビューのきっかけでしたね。
(第2回の優勝者が長野知夏さんですが、彼女の存在を知っていますでしょうか?)
引退時は、激痩せしてしまいなんだか痛々しかったです。

>岡谷章子さん…それにしてもあなたもかなりの「オタク度」(失礼)ですよ。この掲示板をごらんの方でも何人知ってるんだろう、ってくらいの知名度でした。

マニアックなアイドル(岡谷さんファンの方、申し訳ありません…)ほど食指が
動いてしまう哀しい性とでも申しましょうか…。(でもレコードは、持っていません)

>サンミュージックは彼女にはほとんど金をかけてないと思いますよ。
だったら「デビューさせるなよ」と思うのは私くらいでしょうか?

大手の事務所は、結構いますよね、こういう方々が…。

>あと森下恵理さんね、デビュー曲の「ブルージン・ボーイ!」は買いましたよ。
これも名曲だと思って調べたら、やはり安井=加藤夫婦の作品でした。

本当に大好きです。
アルバムは、名盤中の名盤だと思います。(シングル曲も全て好きです…)
やはり、恵理さんもアーティスト思考が強かったので、
シンガーソングライターとしてアルバム1枚を残して、
表舞台からフェードアウトしてしまいました。(残念です…)

>その点斎藤由貴さんのスタッフなんて(本人の資質もすごかったけど)秀逸の一言だったと思います…。「卒業」なんてそれまでの卒業誰の路線でもありません、「斎藤由貴の路線」がすでに確立されている、と思いました。

当時の“卒業”ソング(菊池桃子さん他…同名異曲)発売ラッシュは、すごかったですね。
由貴さん自身も高校を卒業と言うこともあって、とても曲とマッチしていました。
(私も、中学卒業でした)

斉藤由貴さんは、カップラーメンのCMを見た時に、
あのドラマチックな瞳に引き込まれて、すぐファンになってしまいました。

>やっぱり体をさらす、ってのは避けて通れない道かと思います。

今の肉体では無理なので、もう少し痩せたら考えます。

>晴山さおりさん…あんまり芸能界に執着するタイプにも見えなかったし。

そうですね。
芸能人としての、サービス精神がテレビを見ている限りでは欠けていた様な気がします。
(勝手なことを言って申し訳ありませんが、あくまでも、私感です。)

>来生たかおさん…ちょっと渋みを増して依然カッコいいです。歌も衰えてないし。

ムーディで大人の歌を歌えるシンガーですよね。
現在では、こういった歌手の方達も表舞台からは、
遠ざかっている感じがして寂しい限りです。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日: 7月 8日(木)21時24分23秒

よっかーさま、スキャンドールさま

宇沙美ゆかりのシングル盤で、いちばん好きなのは「風のプリマドンナ」です。
ただ、ジャケットとしては「恋はDancing」がお気に入りです。
残念ながら、これが彼女のラストシングルとなってしまいましたが。

彼女は、ぼくの中では、80年代を代表する沖縄出身アイドルですし、実際、もっと
メジャーなアイドルになれる存在だったと思います。
せめて、もう少し、シングルが「はじける」曲だったら...とか、「スケバン刑事」
に彼女が出ていたら...とか、思いは尽きません。

「V・マドンナ大戦争」の脚本を書いた野沢尚も、先日、自殺してしまい、時の移ろい
を痛感する今日この頃です。

------------------------------------------------------------------------
岡谷章子さん他 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 8日(木)09時23分51秒

  スキャンドール様

>どんなに仕事で遅くなっても必ずこちらの掲示板を拝見していますので
これからもどうぞよろしくお願いします。

 おはようございます。まず健康第一ですから、無理しての閲覧、書き込み
は禁物ですよ。大きなお世話ですが。

>(「ミス・セブンティーンコンテスト’84」)
この時のオーディションでの芸能人の輩出率は相当なものでしょうね。

 あと河合その子さんおよび私の知らない歌手が数名出ているようです。
 
>ただ、アイドルとして渡辺典子さん(綺麗系)の度量がいかなるものだったかは、
見当がつきません。
ホリプロ的には、やはり、堀ちえみさん(可愛い系)がベストのような気がします。

 渡辺典子さんは、もちろんすぐに女優に転向させるという前提でのスカウトです。
堀ちえみさんは「なんでこの子が?」と、タレントスカウトの時点では思いました。
楽曲はじめ、売り出し方がうまかった例でしょう。本人も気合が入っていましたし。
「潮風の少女」で「ザ・ベストテン」のスポットライトコーナーで「アイドルは
夢を売る仕事です」とはっきり断言していたことを今でも覚えています。

>(水谷麻里さん)
 いろいろとあったんだと思いますよ。やはり中学生だというと、
本人が想像していた芸能界と現実にギャップがありすぎたんじゃ
ないでしょうか?私は「21世紀まで愛して」を聴いた時点で、松本=筒美
コンビにかかわらず、インパクトが弱かったという印象があります。
江戸真樹さんもホームシックでわずか半年での引退だったそうですから。

(酒井法子さん)私の好きな曲は、“幸福なんてほしくないわ”と“イヴの卵”です。
法子さんのナイーブな感じとコケティッシュな感じが良く出ていてお気に入りです。

 ああなるほど、それは中期ですね。前者は知ってるけど私としては「?」でした。
もう一曲なら京平先生作品の「ホンキをだして」ですね。

>(岡谷章子さん)
この曲では、売れにくいだろうなー…(作詞、作曲がクニ河内さんだったと思いますが…)
サンミュージックなのに売出し方が弱い…などと勝手に思っていました。
 
 岡谷章子さんでした。失礼しました。それにしてもあなたもかなりの「オタク度」
(失礼)ですよ。この掲示板をごらんの方でも何人知ってるんだろう、ってくらいの
知名度でした。サンミュージックは彼女にはほとんど金をかけてないと思いますよ。
だったら「デビューさせるなよ」と思うのは私くらいでしょうか?
あと森下恵理さんね、デビュー曲の「ブルージン・ボーイ!」は買いましたよ。
これも名曲だと思って調べたら、やはり安井=加藤夫婦の作品でした。

>(明菜路線での売り出し)
 私はちょっと安易という気がしますね。聖子さんが流行れば聖子路線、明菜さんが
売れれば明菜さん路線っていうのは「頭使ってないな」と思います。明菜路線でも、
あえて「スローモーション」の路線でいくんならすごいですが。でもこのレベルの
曲を歌いこなせる子なんてめったにいないから、どうしても「少女A」路線に
なっちゃったんでしょうね。その点斎藤由貴さんのスタッフなんて(本人の資質も
すごかったけど)秀逸の一言だったと思います。「卒業」なんてそれまでの卒業
ソングになかった雰囲気を感じたし、誰の路線でもありません、「斎藤由貴の路線」
がすでに確立されている、と思いました。

>(スポーツクラブ)
 まあこれも大きなお世話だけど、それは悪循環ですよ。私もなんとかダイエットに
成功したけど(75→67kg)、やっぱり体をさらす、ってのは避けて通れない道かと
思います。今も体に自信があるわけではありません。先日もヨン様主演の「スキャンダル」
を見て、彼の完璧な全裸に落ち込みました。でもそこは、人は人ですからね・・・。

>(晴山さおりさん)
多分、さおりさんは、間も無く引退したと思います。

 やっぱり引退だったんですね。一切出ないから、たぶんそうだろうと思ってました。
あんまり芸能界に執着するタイプにも見えなかったし。

>(来生たかおさん)
 散歩コースが同じみたいだから、「会わないかな」と思うんですけど
これが会わないんですね。コンサートもお互いの家の近く(笑。と思われる)
と思われるホールでやったんですが、ちょっと渋みを増して依然カッコいい
です。歌も衰えてないし。私「セカンド・ラブ」なんか明菜さんよりも
彼のバージョンが好きです。でもそれ以外で偶然見たなんて、私の場合は
女優の山本陽子さん(かっこよかったです)、おすぎとピーコのお2人、
あと近所で映画のロケをやってた石原真理子さん(それこそ今はどこに?)、
もと芸能人ではロンドンで広岡瞬さん(あちらで居酒屋らしきレストランを
経営)、くらいですよ。

------------------------------------------------------------------------
ポキチ・ペキチ・パキチ(トン吉・チン平・カン太) 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 8日(木)01時06分14秒

KOSUKE様
>発信時間が午前3時を回るということは、相当の激務と想像しています。くれぐれもお身体に気をつけて。

やさしいお心遣いすごく嬉しいです。
本当にありがとうございます。
火曜日だけは、どうしても残業を免れない状態にあります。
KOSUKE様及び管理人のとろりん村のとろり様をはじめ、皆様方の意見を楽しみに
どんなに仕事で遅くなっても必ずこちらの掲示板を拝見していますので
これからもどうぞよろしくお願いします。

>あと「ミス・セブンティーンコンテスト’84」がその典型でしょう。

工藤静香さんのいたセブンティーンクラブもそうですね。
この時のオーディションでの芸能人の輩出率は相当なものでしょうね。

>私がスカウトだったら渡辺さんをスカウトしますけど・・・。

ただ、アイドルとして渡辺典子さん(綺麗系)の度量がいかなるものだったかは、
見当がつきません。
ホリプロ的には、やはり、堀ちえみさん(可愛い系)がベストのような気がします。

>水谷麻里さん…いかんせん彼女も欲がなかったんだと思いますよ。

当時は、ユニークなキャラクターのみが一人歩きしていたと思います。(のりP同様…)
(新人賞受賞の時に“アリガト”の言葉を頬に書いて出演した事とか…)
引退のきっかけも、当時ニュースにもなりましたが、
親衛隊長同士の喧嘩(リンチ)があったりして相当心を痛めたのではないかと思います。
それ以外にも、芸能界と言う世界は、麻里さんにとって、
許容範囲を超えてしまったのではないかと…。
本当に普通の女の子だったのでしょう。

>酒井法子さん…彼女のベストは「一億のスマイル」です。これは初登場2位でした。ライオンのCFもよかったし…。

私の好きな曲は、“幸福なんてほしくないわ”と“イヴの卵”です。
法子さんのナイーブな感じとコケティッシュな感じが良く出ていてお気に入りです。

>これ以外に岡谷弘子さん(字が違うかも)、って子が出てて(実際「インパクト」で87年にレコードデビューしたんですけど、サンミュージックがのりピー一色でしたから、知るひとぞ知る存在で終わってしまいました)、彼女はスカウトしてもいいと思いました。

岡谷章子さんですね。
この方も私と同い年だったと思います。
テレビ東京、森下恵理さん司会のアイドル番組で夕方に放送されていたと思うのですが、
その番組で初めて岡谷さんの曲を聴きました。
裏声で歌っていて不思議な感じでした。(森下さんがよく番組中、物まねをしていました)
この曲では、売れにくいだろうなー…(作詞、作曲がクニ河内さんだったと思いますが…)
サンミュージックなのに売出し方が弱い…などと勝手に思っていました。

>もう無数にいます。加藤香子さん(「偽名」)・小出弘美さん(「タブー」)etc。桑田靖子さん…。渡辺桂子さんもそういう路線をハツラツと歌っていたので印象的でした。

結構、皆さん、それぞれに好きでした…。
その方に合う合わないは、別として、この路線でイメチェンを計ったりするのに
ちょうど良かったのかもしれないですね。
インパクト勝負って感じもしますし、流行(はやり)と言ってしまえばそれまでですが…。

>あの、スポーツクラブって案外他人の体なんか見てませんよ。おばさんが多いしね。そこは(もし泳ぎたいのなら)絶対開き直ったがいいです。

私は、人並み外れたシャイなあんちくしょうで、且つ、自意識過剰なんです。
自分よりも鍛えられた肉体を目の前にすると、自分に対して、
『なんだ、この体はっ!プニョプニョとした肉の塊は醜すぎだっ!』と
自暴自棄(自虐的)になり立ち直れなくなると思います。
ここまで言ってなんですが、着やせするのでデブと言われたことが無いのが救い?です。

>「一円玉の旅がらす」でバーニング(確か)&ビクターが大プッシュしてレコ大の最優秀新人賞まで獲ったのに、翌年からサッパリでいつの間にか姿を消しましたね。もうとっくに引退しちゃったんでしょうか?

この曲は、みんなのうたに使われていました。

多分、さおりさんは、間も無く引退したと思います。
駅前にお父さん所有の“晴山ビル”があるのですが、1階の和食屋のショーウィンドウにさおりさんの写真がまだ飾ってあります。

>来生たかおさんのみです。私、この人も大好きでよく聴いているんですよ。

綺麗なメロディーラインを作られる方で私も好きです。
なんなとなく、近くに住んでいると言う事だけで親近感が沸きますよね。
どこかで逢えるかもとミーハーな考えで、そんなにファンでもなかったのに
色々な情報を揃えたりして…。
でも、どなたにも逢ったためしは、ありません。

とろりん村のとろり様

宇佐美ゆかりさんのジャケットをありがとうございます。
瞳がクリクリッとしていて可愛いですね。
シングルのジャケットでは、一番好きです。

------------------------------------------------------------------------
晴山さおりさんは今何処? 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 7日(水)21時42分40秒

スキャンドール様
 
 おはようございます。お仕事お疲れ様ですなんて軽軽しくいえない状況みたいですね。発信時間が午前3時を回るということは、相当の激務と想像しています。くれぐれもお身体に気をつけて。

 >木ノ内みどりさんも準優勝でしたね。

 誰か重要な人を忘れてたなあ、ってずーっと思ってたんです。そうでした、よく気がつきましたね。あと「ミス・セブンティーンコンテスト’84」がその典型でしょう。優勝は松本典子さんと網浜直子さん。準優勝がいたがどうかわからないけど、歌唱賞があの渡辺美里さん。活躍度を比較すれば言うまでもありません。あと国生さゆりさんも出ていたそうですね。

>典子さんは、ホリプロタレントスカウトキャラバン第6回に出場し、決勝戦迄は残りましたが、堀ちえみさんが優勝しましたね。

 私はこの時、優勝は渡辺典子さん以外にありえないと思いました。私がスカウトだったら渡辺さんをスカウトしますけど・・・。

>若干13歳だったと思います。
オーディション時でのからすの鳴きまねが優勝の決め手だったのでしょうか…。
尊敬する人は、ベートーベンと言っていました。
当時ノリPちゃんは、まだ顔が出来ていなかった(原石的存在)のに比べて、
麻里さんは、その年齢にしては、はっきりとした顔立ちで即戦力として見込まれて
優勝を決めたのでしょうか…。
その他の出場者が、後の“パンプキン”と“畠田理恵さん”でした。

 詳しいですねーこれTVで放送しました?私は見てませんでしたが、この時点では水谷麻里さんの方に華があったように思います。「乙女日和」とか京平先生の作品で、曲にも恵まれたと思いますが、いかんせん彼女も欲がなかったんだと思いますよ。酒井法子さんはやる気満々といった感じで出てきましたからね(彼女のベストは「一億のスマイル」です。これは初登場2位でした。ライオンのCFもよかったし)。畠田理恵さんが出てたことは「オリコン・ウィークリー」で知ってましたけど、私はこのテはスカウトしないなあ。これ以外に岡谷弘子さん(字が違うかも)、って子が出てて(実際「インパクト」で87年にレコードデビューしたんですけど、サンミュージックがのりピー一色でしたから、知るひとぞ知る存在で終わってしまいました)、彼女はスカウトしてもいいと思いました。

>曲が明菜さんの流れを汲む路線だったのが(これで失敗してるアイドルが結構いますね)よくなかったのでは?
渡辺桂子さんや先ほどの畠田理恵さん、数えたらきりがありませんね。
 
 もう無数にいます。加藤香子さん(「偽名」)・小出弘美さん(「タブー」)etc。桑田靖子さんの「脱・プラトニック」なんか「少女A」と同じ作家(売野=芹澤コンビ)という点からして似た路線でしたけど、ルックス的にかなり違うので全く違った味が醸し出されていましたが(笑)。渡辺桂子さんもそういう路線をハツラツと歌っていたので印象的でした。

>水泳は、全身運動で体にはいいそうですね。
私は一応、泳げるのですが、激太りで人様にさらけ出せる体ではないので、
泳ぐこともままならない状態です。

 あの、スポーツクラブって案外他人の体なんか見てませんよ。おばさんが多いしね。そこは
(もし泳ぎたいのなら)絶対開き直ったがいいです。

>川島なお美さん
恥性…というのはいかがでしょうか…。

 まさに「言い得て妙」、「ぴったんこカンカン」というところでしょう。

>大和市も有名人をたくさん輩出しました。
マッチもそうですが、香坂みゆきさん、堀江美都子さん、歌手の小金沢君、
晴山さおりさん、前にも書きました川原理加さん、杏里さん(座間市かも…)
今は、ラサール石井さんも住んでらっしゃるとか…。

 すごいですねー。(私また「大和氏」なんて書いてますね。もう「恥性」か「早期アルツ」のどちらかでしょう)それにしても気になるのが晴山さおりさんです。「一円玉の旅がらす」でバーニング(確か)&ビクターが大プッシュしてレコ大の最優秀新人賞まで獲ったのに、翌年からサッパリでいつの間にか姿を消しましたね。もうとっくに引退しちゃったんでしょうか?ちなみに私の住んでる市(西武池袋線・東久留米)なんて現在在住が確認されているのは、来生たかおさんのみです。私、この人も大好きでよく聴いているんですよ。

------------------------------------------------------------------------
真夜中に、おこんばんは… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 7日(水)03時31分35秒

KOSUKE様
>しかし準優勝の方が売れるってのはよくありがちですね。

木ノ内みどりさんも準優勝でしたね。

やはり、コンテスト(オーディション)は、コンセプトに合うかがポイントですね。
それと、オーディション時での瞬発力が大切ですよね。
オーディション時での一瞬の輝き、永遠に輝き続けられるかを見極めるのは、
やはりプロの目でもかなり難しいのでしょう。

>角川の新人女優コンテストの渡辺典子さん(優勝)…。

典子さんは、ホリプロタレントスカウトキャラバン第6回に出場し、
決勝戦迄は残りましたが、堀ちえみさんが優勝しましたね。

>サンミュージックの資生堂恋コロンコンテストの水谷麻里さん(優勝)…。

若干13歳だったと思います。
オーディション時でのからすの鳴きまねが優勝の決め手だったのでしょうか…。
尊敬する人は、ベートーベンと言っていました。
当時ノリPちゃんは、まだ顔が出来ていなかった(原石的存在)のに比べて、
麻里さんは、その年齢にしては、はっきりとした顔立ちで即戦力として見込まれて
優勝を決めたのでしょうか…。
その他の出場者が、後の“パンプキン”と“畠田理恵さん”でした。

>曲が明菜さんの流れを汲む路線だったのが(これで失敗してるアイドルが結構いますね)よくなかったのでは?

渡辺桂子さんや先ほどの畠田理恵さん、数えたらきりがありませんね。

>私はできる限り週2回泳ぐんですが、…。

水泳は、全身運動で体にはいいそうですね。
私は一応、泳げるのですが、激太りで人様にさらけ出せる体ではないので、
泳ぐこともままならない状態です。

>川島なお美さん…頭の回転は確かに速いけど、知性は感じられない。

恥性…というのはいかがでしょうか…。

>「お笑いマンガ道場」…関東でもやってたんですか?

やっていました。
日本テレビにて、確か、金曜日の午後4時位からの30分番組でした。

>(スキャンドールさんは大和氏ならマッチのお膝元ですね?)

大和市ですよね。
私は一応、横浜市在住です…。
ただ、大和市も有名人をたくさん輩出しました。
マッチもそうですが、香坂みゆきさん、堀江美都子さん、歌手の小金沢君、
晴山さおりさん、前にも書きました川原理加さん、杏里さん(座間市かも…)
今は、ラサール石井さんも住んでらっしゃるとか…。

よっかー様
>私は宇沙美ゆかりなら「月曜ドラマランド・あ!Myみかん』が最高です。

ゆかりさんが“みかん”役でナレーションをしているアルバムを残されているのですが
ご存知でしょうか…。
(どのアルバムだったかは、忘れてしまいましたが…)
そういえば“オレゴンから愛”にも出演されていましたが、途中引退してしまったので、
尻切れトンボ状態になってしまいましたね。

------------------------------------------------------------------------
まだいましたね 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 7日(水)01時42分30秒

 通りすがりの者様

>薬師丸ひろ子さん、荻野目慶子さん、滝里美さん、長江健次さん(字に自信がありません)、佐久間まゆみさん(トコちゃん)

 こんばんは。同い年ですか?結構私たちの年代が中心みたいですね。
 そう、妙にビッグな人を書き忘れたような気がしていましたが、薬師丸さんと荻野目さんがいましたね。長江健次さんもいました(字はこれで正解のはず)。トコちゃん、今どうしてるんでしょうね。まだいました。鶴見辰吾さんを忘れてはいけません。あと藤井フミヤさんの弟の尚之さん、B’zの稲葉浩志さん、(元「ピンポンパン」ビッグマンモスの)森井信好さん(字が思い出せません)、元セイントフォーの濱田のり子さん、SALLY(「バージンブルー」)、TBSの筑紫哲也ニュース23」の佐古アナ、だいたい出尽くしたでしょうか。番外で横浜市長の中田さんも同い年らしいです。でもボケている脳細胞を活性化するいい機会になりました。しかしよく滝里美さんを思い出しましたね。私も女性演歌で思い出しました、柳沢純子さん(「あなたに片思い」)。しかし私は「3月生まれ」なので不惑は来年デース。

------------------------------------------------------------------------
私の知ってる同学年タレント 投稿者:通りすがりの者  投稿日: 7月 6日(火)23時34分16秒

KOSUKE様                こんばんは。同学年タレントという事であと私の知っている有名な人を挙げてみます。薬師丸ひろ子さん、荻野目慶子さん、滝里美さん、長江健次さん(字に自信がありません)、佐久間まゆみさん(トコちゃん)こんな所ですかね、あまり知らなくて申し訳ありません。

------------------------------------------------------------------------
宇沙美ゆかり 投稿者:よっかー  投稿日: 7月 6日(火)09時22分33秒

「風のプリマドンナ」が主題歌なら、映画は『Vマドンナ大戦争」ですね。
ずいぶんなストーリーだったけど面白かったです。
私は宇沙美ゆかりなら「月曜ドラマランド・あ!Myみかん』が最高です。

------------------------------------------------------------------------
準優勝の方がなぜ売れる? 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 6日(火)08時15分13秒

 スキャンドール様

 おはようございます。

>平尾先生がタクトを振り、その横で森口さんが熱唱されていたと思います。
その時“ぴろ子さん”の順位は、惜しくも2位でした。
(その時に1位だったのが武山あきよさんでした。)

 ああ、そうだったんですか?武山あきよさん、「白鳥の歌が聴こえますか」でしたね?結構新人賞に入っていましたので覚えてますよ。しかし準優勝の方が売れるってのはよくありがちですね。
角川の新人女優コンテストの渡辺典子さん(優勝)・原田知世さん(審査員特別賞)しかり、サンミュージックの資生堂恋コロンコンテストの水谷麻里さん(優勝)・酒井法子さん(審査員特別賞?)しかり。もっとも渡辺さんはまだ伸びる可能性あり、とみてますが。

>(宇佐美ゆかりさん)
大好きだったので、変わっていた…と思いたいですね。
ゆかりさんのデビューまでの大物感は、84年組の中でもトップクラスでしたが、
女優としてのイメージが強過ぎたせいか、歌手としては……でした。
好きな曲は、本人主演の映画主題歌“風のプリマドンナ”がお気に入りです。

 「みゆき」のイメージですね。曲が明菜さんの流れを汲む路線だったのが(これで失敗
してるアイドルが結構いますね)よくなかったのでは?私はこの84年組で大物感を漂わせる
アイドルといったら、菊地桃子さん以外に考えられません。実際ファンでした。

>(鶴ちゃん)
本当にそう思います。
ちょっと?ふざけていて、ちょっと?エッチなトークが冴え渡っていた鶴ちゃん…。
今は、鳴りを潜めてしまった感じで寂しいですね。

 最近は何か「アーティスト然」としてて、「俺は違うんだ」みたいな雰囲気が漂ってくるんですよ。それがちょっと残念。

>私も高校生の時に、ピンクのトランクス型の水着を買ったのですが、
見事に透けました。(恥ずかしかったー…)
それ以来、黒色の水着しか買わなくなりました。
(海、プールに行くと何故か風邪をひく性質で極力行きませんが…)

 トランクスは透ける、ビキニ・スパッツは形がわかるでなかなか難しいものがありますね。
私はトランクスを(下着でも)買ったことがありません。どうも「締めて」ないと落ち着かないんでしょうね。体育の短パンをじかに履いてるようなイメージなんですよ。私はできる限り週2回泳ぐんですが、片方が赤ビキニ、もう片方が黒ビキニですね。赤ビキニは最初やっぱり恥ずかしかったですけど、誰も見てないし、慣れました。

>川島なお美さん…小泉首相もビックリの苦しい答弁(笑)ですね。彼女弁が立つもんね。
頭の良い方ですからね…(笑)。

 とは思わないですなあ・・・頭の回転は確かに速いけど、知性は感じられない。

>「お笑いマンガ道場」
歴代のマドンナ?シートには、エバさんや秋ひとみさんが座っていて
漫画を披露していました。(これが二人ともすごく上手でした。)
『(車)だん吉、(川島)なお美のおまけコーナー』と言う能天気なコーナーもあって、
名古屋テレビのローカルな雰囲気も楽しめる素敵な番組でした。

 関東でもやってたんですか?(スキャンドールさんは大和氏ならマッチのお膝元ですね?)
エバさん、秋ひとみさん、川島なお美さんの三人が出てたというだけですごいです。

>ちゃっかり82年の新人になりきって歌ってました(笑)。夢じゃないんですよ。「この人すんごい度胸してるなあ」と妙に感心した記憶があります(笑)。
そういう、飾らない?…、気取らない?…、悪い表現をすると
いけしゃーしゃーとしたところもなお美さんならでは…と言った感じで好きです。
(ここまで書くと本当に好きか疑問ですが…)

 そういう「いけしゃーしゃー」としたところも含めて好きになって、付き合ったりしていくわけでしょう、実際は。私は「何食わぬ顔で歌ってた」ってイメージですね。実際彼女が歌ってる映像って、それしか記憶にないもんで(笑)。

------------------------------------------------------------------------
芸能人の罰則 投稿者:初心者  投稿日: 7月 6日(火)08時03分30秒

川島さんの苦しい弁明は、すればするほど怪しくなると思います。芸能界は色々な事件を起こしても少し謹慎すれば復帰できます。事件、警察沙汰を起こしたこと自体忘れ去られていることも多々あります。もし、プロ野球なら永久追放処分のようなことも芸能界はス年で「ほいほい」でてくる。清水健太郎の事件ももうダメでしょうなんて「甘い処分」では?別の人が事件を起こして「過去の例」などで思い出したり有ったけ?などに成る。
その一つの原因が勘違い芸能人が多いことでは?川島さんを初め叶姉妹、森口博子・・・などです。

------------------------------------------------------------------------
またまた、こんばんは… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 6日(火)02時23分10秒

KOSUKE様
>こんばんは。そうでしたね。スクールメーツを経て、NHK「勝ち抜き歌謡天国」で明菜さんの「北ウイング」を歌ってスカウトされたんですよね。

平尾先生がタクトを振り、その横で森口さんが熱唱されていたと思います。
その時“ぴろ子さん”の順位は、惜しくも2位でした。
(その時に1位だったのが武山あきよさんでした。)

>ああ、宇佐美ゆかりさんっていましたね。それは運命変わっていたかもしれませんね。

大好きだったので、変わっていた…と思いたいですね。
ゆかりさんのデビューまでの大物感は、84年組の中でもトップクラスでしたが、
女優としてのイメージが強過ぎたせいか、歌手としては……でした。

好きな曲は、本人主演の映画主題歌“風のプリマドンナ”がお気に入りです。

>鶴ちゃんもこの頃がよかった。

本当にそう思います。
ちょっと?ふざけていて、ちょっと?エッチなトークが冴え渡っていた鶴ちゃん…。
今は、鳴りを潜めてしまった感じで寂しいですね。

>私も水着は赤ビキニを着ます(キモイからやめろって?
失礼しました)。真っ赤のネクタイも持ってるけど、派手すぎてあまりしません。

私も高校生の時に、ピンクのトランクス型の水着を買ったのですが、
見事に透けました。(恥ずかしかったー…)
それ以来、黒色の水着しか買わなくなりました。
(海、プールに行くと何故か風邪をひく性質で極力行きませんが…)

>川島なお美さん…小泉首相もビックリの苦しい答弁(笑)ですね。彼女弁が立つもんね。

頭の良い方ですからね…(笑)。

>しかし私はこの番組を見たことがありません。

歴代のマドンナ?シートには、エバさんや秋ひとみさんが座っていて
漫画を披露していました。(これが二人ともすごく上手でした。)
『(車)だん吉、(川島)なお美のおまけコーナー』と言う能天気なコーナーもあって、
名古屋テレビのローカルな雰囲気も楽しめる素敵な番組でした。

>ちゃっかり82年の新人になりきって歌ってました(笑)。夢じゃないんですよ。「この人すんごい度胸してるなあ」と妙に感心した記憶があります(笑)。

そういう、飾らない?…、気取らない?…、悪い表現をすると
いけしゃーしゃーとしたところもなお美さんならでは…と言った感じで好きです。
(ここまで書くと本当に好きか疑問ですが…)

------------------------------------------------------------------------
川島さん爆笑状態 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 6日(火)00時57分59秒

 スキャンドール様

>有名ですが、森口博子さんもですね。

 こんばんは。そうでしたね。スクールメーツを経て、NHK「勝ち抜き歌謡天国」で明菜さんの
「北ウイング」を歌ってスカウトされたんですよね。

>「スケバン刑事」のオーディションも結構アイドルが応募したと聞きました。
初代の主役候補が宇佐美ゆかりさんだったそうです。
この“スケバン”の言葉の印象が悪かったらしくて、同時期にオファーが来ていた、
映画“Vマドンナ大戦争”を事務所が選んだそうです。
もし、ゆかりさんの方が、“スケバン”を演じていたらどうなっていたのでしょうか…。

 ああ、宇佐美ゆかりさんっていましたね。それは運命変わっていたかもしれませんね。
ベスト10入り常連もあったかもしれません。人生ってちょっとしたことで変わっていく
もんですからね、浮き沈みの激しい芸能界は特にそうでしょう。でも私の記憶としては、
彼女はインパクト弱かったです。おそらく斎藤由貴さん・南野陽子さん・浅香唯さん
ほどの人気は博してなかったと予想しますよ。

>浜田朱里さん…
水泳大会の印象がすごく強いです。
赤いビキニを着けて、異様な張り切りようでした。
片岡鶴太郎さんが司会をしていたのですが、浜田さんを紹介する時に、
『ハマダー ジュリジュリッ!』と一人盛り上がって何度も連呼していました。

 鶴ちゃんもこの頃がよかった。彼女赤の水着が多かったんですよ。豊島園
での(「黒い瞳」の)新曲発表会も赤のワンピースで鮮やかでした。ちなみに
どうでもいいんですが、私も水着は赤ビキニを着ます(キモイからやめろって?
失礼しました)。真っ赤のネクタイも持ってるけど、派手すぎてあまりしません。

>話は変わりますが、浜田さんの曲でお気に入りは、
“さよなら好き”と“青い花火”が好きですね。

 そうですね、私は先日「黒い瞳」と書いたんですが、その2曲も
「想い出のセレナーデ」も好きだし、ファンになるとあまり客観的
に評価できなくなりますね。

>川島なお美さん…
『あれは、カンニングではありません。たまたまメモ的にカンペン(当時流行った缶で
出来ている筆箱)の裏に書いていて、消すのを忘れただけです…。きちんとそれは、
大学の方にも説明しました…』と。
無理があるけれど、それが真実なら私は、川島さんを信じます…。

 小泉首相もビックリの苦しい答弁(笑)ですね。彼女弁が立つもんね。
(それで萬田久子さんに「おしゃれカンケイ」で皮肉を言われてましたよ)
 どこのOLにもいるでしょ、反論しなきゃ気がすまないタイプ。その典型です。

>そういえば、少し前まで川島さんは、お笑いまんが道場に出演していた事を
ひたすら隠していましたが女優を続けていく上で、そんなに悪い影響を与えるような番組では無かったと思うのですが…、そういえば2〜3年くらい前から、
川島さんサイドで解禁になりましたね。
どういう意図だったのでしょう?

 もうお呼びがかからなくなったからじゃないですか?気取ってもいられなくなったと
いうことでしょう。しかし私はこの番組を見たことがありません。

>またまた、話は変わりますが、川島さんの曲でのお気に入りは、
第1位 思い出のビッグ・ウェンズデイ
第2位 ラヴ・ミー・タイト
第3位 GEMINI ジェミニ
が好きです。

 ごめんなさい。私、彼女の曲はデビュー曲しか知りません。それもポニーキャニオン
のアイドルのオムニバスに入ってたんではじめて知ったんです。「・・・のマンドリーノ」
って曲は覚えてるなあ。ですごい話があるんですが、82年の新人アイドルを集めて
歌う、って特集が「レッツゴーヤング」で当時あったんですよ。その時なぜか川島さん
もいて(あくまでも川島恵さんじゃないですよ)、ちゃっかり82年の新人になりきって
歌ってました(笑)。夢じゃないんですよ。「この人すんごい度胸してるなあ」と妙に
感心した記憶があります(笑)。

------------------------------------------------------------------------
こんばんは… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 6日(火)00時32分22秒

KOSUKE様

>平尾昌晃歌謡教室出身は多いですよー。あの川島なお美さん、川崎麻世さんもそうらしいですから。

有名ですが、森口博子さんもですね。

>「スケバン刑事」のオーディションも結構アイドルが応募したと聞きました。

初代の主役候補が宇佐美ゆかりさんだったそうです。
この“スケバン”の言葉の印象が悪かったらしくて、同時期にオファーが来ていた、
映画“Vマドンナ大戦争”を事務所が選んだそうです。
もし、ゆかりさんの方が、“スケバン”を演じていたらどうなっていたのでしょうか…。

浜田朱里さん…
水泳大会の印象がすごく強いです。
赤いビキニを着けて、異様な張り切りようでした。
片岡鶴太郎さんが司会をしていたのですが、浜田さんを紹介する時に、
『ハマダー ジュリジュリッ!』と一人盛り上がって何度も連呼していました。

話は変わりますが、浜田さんの曲でお気に入りは、
“さよなら好き”と“青い花火”が好きですね。

川島なお美さん…

話をむしかえして申し訳ありませんが…。
今から20年ほど前に、テレビ東京でビートたけしさん司会のトークショーが
あったのですが、そのゲストに川島さんがゲストとして出演され、カンニング事件の
弁明をされていました。
『あれは、カンニングではありません。たまたまメモ的にカンペン(当時流行った缶で
出来ている筆箱)の裏に書いていて、消すのを忘れただけです…。きちんとそれは、
大学の方にも説明しました…』と。
無理があるけれど、それが真実なら私は、川島さんを信じます…。

そういえば、少し前まで川島さんは、お笑いまんが道場に出演していた事を
ひたすら隠していましたが女優を続けていく上で、そんなに悪い影響を与えるような番組では無かったと思うのですが…、そういえば2〜3年くらい前から、
川島さんサイドで解禁になりましたね。
どういう意図だったのでしょう?

またまた、話は変わりますが、川島さんの曲でのお気に入りは、
第1位 思い出のビッグ・ウェンズデイ
第2位 ラヴ・ミー・タイト
第3位 GEMINI ジェミニ
が好きです。

------------------------------------------------------------------------
今年不惑組 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 5日(月)21時53分50秒

 yochy様

>KOSUKE様の同学年タレントといったら、なんといってもマッチでしょう。あと三原順子さんとか杉田かおるさんとか(この人は違うのかな)……いわゆる金八の第一期生ですね。

 ええ、初代金八の学年です。挙げるときりがないですよ。上記の3名以外は(敬称略)野村義男・いとうまいこ・椎名きっ平・ひかる一平・つちやかおり・水島かおり(ラジオっ娘)・真鍋ちえみ(パンジー)・沢村美奈子・加藤香子・YOU・林紀恵・杉田愛子・天馬ルミ子・高島礼子・高知東生・嶋大輔・床嶋佳子・山口智子・ウッチャンナンチャン・山崎美貴(おかわりシスターズ)・麻生祐未・中山圭子・阿部寛・勝俣(元CHA-CHAの)・・・きりがありません。まあ、羨ましいといわれても、私の人生には関係ありませんから・・・

>羽賀研二さんと同い年であることを心の支えにして生きています.

 笑わせてもらいました。でも今は宝石ビジネスが好調なようで・・・あとyochyさんの学年、まだいますね。金八PARTⅡの直江喜一さん(加藤勝役)・故沖田浩之さん。前者は高校の先輩です。卒業式の日に「明星」が取材にきましたよ。レコード(「哀しきティーンエイジャー」)まで出したのに、近所のスーパーでバイトしたり、朝の通勤電車の中で一緒になったり・・・しばらくは芸能界と二足のわらじでしたけど、今は完全に引退したそうです。やっぱり一番の大物はフミヤさんでしょうね。私もデビュー当時はファン(笑)で、レコードも「涙のリクエスト」(当時の十八番)を筆頭に、数曲連続で買ってました。

>浜田朱里さん、忘れていました。彼女については、あからさまに「ポスト百恵は私」という売り方をしているようで、あまり好感が持てませんでした。とてもかわいらしいコだし、ラジオに出演しているのを聞いたことがありますが、面白くて頭のいいコだったような記憶があるので、もうちょっと売り方を変えれば、いまごろ中堅女優さんとかいろいろコメントをするタレントさんぐらいになっていたのではとも思いました。

 やっぱり「百恵さんのコピー」って印象がマイナスで、「ポスト百恵」を強調しすぎたのは戦略ミスだったと思います。私は10年に1人の逸材くらいに思ってましたけど(それだけはまってました)、やっぱり運と欲がなかったんでしょうね。デビュー3年目のFNS歌謡祭で、一緒に「レッツゴーヤング」のサンデーズで、しかも同じCBSソニーからデビューした松田聖子さんがグランプリを獲った際に、浜田朱里さんが花束を渡したんですよ。その時「ああ、終わったんだ」と実感しましたね。もうチャートインもできなくなっていた頃でしたし。

------------------------------------------------------------------------
KOSUKE様 投稿者:yochy  投稿日: 7月 5日(月)20時49分48秒

KOSUKE様の同学年タレントといったら、なんといってもマッチでしょう。あと三原順子さんとか杉田かおるさんとか(この人は違うのかな)……いわゆる金八の第一期生ですね。
とても華やかで、うらやましいです。
それに比べて私共の学年は、先ほども触れたように、いまひとつパッとしないタレントさんが多くて(たいへん失礼ですが)、藤井フミヤさんが出るまではホントお寒い状況でした。いまは羽賀研二さんと同い年であることを心の支えにして生きています(ってこたあないか)。
浜田朱里さん、忘れていました。彼女については、あからさまに「ポスト百恵は私」という売り方をしているようで、あまり好感が持てませんでした。とてもかわいらしいコだし、ラジオに出演しているのを聞いたことがありますが、面白くて頭のいいコだったような記憶があるので、もうちょっと売り方を変えれば、いまごろ中堅女優さんとかいろいろコメントをするタレントさんぐらいになっていたのではとも思いました。

------------------------------------------------------------------------
まあ面白い存在ですね 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 5日(月)19時45分34秒

 yochy様
 
>川島なお美さんに関しては、あれはあれで「なにか」を極めており、とても見ていて楽しめる存在だと思っています。さとう珠緒さんと同じで、どんどん「なにか」に向かって突き進んでいってほしいと感じています。

 こんばんは。そうですね、言われてみれば彼女が芸能界から去ったらつまんなくなるでしょうね。「何か」を極めるにしても、全部中途半端なところもまたいいのでは?ワインの前はゴルフで、ワインの後はペットだそうですが。さとう珠緒さんって女性に嫌われてるけど、「なんで?」って感じです。TVに出ててもちっとも不快感ないし。私は女性的な面がかなりあると自分では思ってるんですけど、結局男だから許せるのかな?

>最近のタレントさんって、キャラを前面に押し出さない「普通の」感じが主流のようですが、なんだか中途半端で私は楽しめません。いろいろマスコミにバッシングされても、私は私、の考えで歩いていくタレントさんには、私は惜しみなく拍手を送りたいです。
 
 バッシングされるくらいのタレントの方が大物だと思いますよ。私も「忘れられるくらいなら悪口でも言われていたい」って思うタイプですから。第一そういうバッシング記事がないと、今のタレントって覚えられないくらい個性に乏しいと思うんです。

>ちなみに川崎麻世さんに関しては、彼がまだ中学生のときにデビューしたのを見た母親から「ほら、アンタと同じ歳でもうちゃんと稼いでいるじゃない」と言われ、カチンときたのを覚えています。でも同学年タレントはなんとなく愛着があって、自然と応援してしまいますね。高見知佳さん、井上望さん、香坂みゆきさん、みんな好きでした。

 お母様がおっしゃったことは絶対ジョークでしょうけど、私も実は同じことを言われました(笑)。歌謡大賞で野口五郎さんが「グッド・ラック」を歌っていた78年のことでしたが、「野口五郎は15歳でもう稼いでいたらしいじゃない」私は「じゃあ芸能界入ってもいいんだな(笑)」と解釈したのが13歳の時ですね。yochyさんは私より2年上ということになりますが、あと同学年ではなんといっても能瀬慶子さん、それに浜田朱里さん(彼女について全く反応がないんですけど、そんなに知られてないのかな?)、日野美歌さん、ヘレン笹野さん、日高のり子さん、辻沢杏子さん、それになんといっても藤井フミヤさんと、メジャー・マイナー・演歌・声優、それぞれ結構なラインナップですね。私の学年もまた多いんですよー。

------------------------------------------------------------------------
私は…… 投稿者:yochy  投稿日: 7月 5日(月)19時26分45秒

川島なお美さんに関しては、あれはあれで「なにか」を極めており、とても見ていて楽しめる存在だと思っています。さとう珠緒さんと同じで、どんどん「なにか」に向かって突き進んでいってほしいと感じています。
最近のタレントさんって、キャラを前面に押し出さない「普通の」感じが主流のようですが、なんだか中途半端で私は楽しめません。いろいろマスコミにバッシングされても、私は私、の考えで歩いていくタレントさんには、私は惜しみなく拍手を送りたいです。
ちなみに川崎麻世さんに関しては、彼がまだ中学生のときにデビューしたのを見た母親から「ほら、アンタと同じ歳でもうちゃんと稼いでいるじゃない」と言われ、カチンときたのを覚えています。でも同学年タレントはなんとなく愛着があって、自然と応援してしまいますね。高見知佳さん、井上望さん、香坂みゆきさん、みんな好きでした。

------------------------------------------------------------------------
失礼な話をお許し下さい! 投稿者:初心者  投稿日: 7月 5日(月)18時54分45秒

川島なお美さんのカンニングの件は、あったと言う事しか知りませんし、詳しい事は何一つ知らないのです。あの人はなんか高下駄履いて竹馬乗っている感じのタレントで、ゲストでTVに出る時も大女優(半分シャレ?)扱いには大笑いです。歌、演技、バラエティのどれをとっても?です。私は、最初川島なお美はニューミュジックの売れっ子と思っていました。そのうち普通のタレントと判りました。そして彼女はもがいて芸能界にしがみついているだけと感じました。そして、あの、水戸黄門?のロケ事故で死に掛けた。
デビュー当時に有る程度のTV,ラジオ、雑誌での露出があったのもマイナスのようです。
叶姉妹みたいに前歴が判らなければ返って良かったのではないですか?叶姉妹なんであんなにリッチに・・・?最初3姉妹だったのに?
追伸
川崎麻世さんのデビューのきっかけ番組の司会者横山プリンさん(ローカルな話題ですみません)如何してるんでしょうね?横山ノックさんの弟子で風貌がそっくりな方でした。
西川きよしさんとコンビを組む前に横山やすしさんと組んでいました。

------------------------------------------------------------------------
また訂正 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 5日(月)07時31分41秒

 すみません、まだ起きたばっかりで頭がボケボケです。

 あの「失楽園」の「ひとりバブル(笑。雑誌にそう書いてありました)→
 あの「失楽園」の「ひとりバブル(笑。雑誌にそう書いてありました)の再燃はもうないでしょう。 に訂正お願いいたします。毎度恐縮です。

 

------------------------------------------------------------------------
やっぱり畑中葉子さん? 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 5日(月)07時27分54秒

 初心者さま

> 川島なお美さんのイメージは昔シャンペン、今ワインと青山学院大時代のカンニング?
先日のTV2時間ドラマで裁判官の娘で弁護士役と実際の彼女と同じでした。

 おはようございます。デビュー曲が「シャンペンNO.5」でしたね。もっともTVで歌っているのは1回も見たことないです。キャニオンが能瀬慶子さんと二枚看板で売り出したらしいですが。やはり「ミスDJ」が最初のブレークのきっかけでしょうね。周囲にもファンはいましたし。しかし未だに青学を強調しているのは笑えますね。そんなことしなければカンニングの件もみんな忘れていくのに・・・土曜ワイドの演技も相変わらず棒読みだった(By 母)とのことですが、あの「失楽園」の「ひとりバブル(笑。雑誌にそう書いてありました)

>川崎麻世さんは関西の「パクパクコンテスト」という形態模写のコーナー出身で日曜日の昼間放送してました。父様は若くして川崎さんの母様と離婚されて写真でしか知らないらしくTVで父を捜せという番組で捜しだし会われて直ぐ亡くなられたようです。すごくハンサムな方でした。

 歴代のジャニーズアイドルで、川崎麻世さんが一番「体張ってた」イメージが強いです。私より2歳上で14歳のデビューでしたが、デビュー曲の「ラブ・ショック」「青いシンボル」「暗くなるまで待って」と、SEXを暗示するような歌詞はすごかったです。「青いシンボル」なんて♪とても明日じゃ 遅すぎる 張り裂けそうな 青い青いシンボルさ・・・ですよ。当時は5歳くらい上のような気がしました。中1から中3ってただでさえ大人に見えるでしょ?そのうえ「明星」「平凡」
のグラビアもすごい内容でした。デビュー曲の衣装はノーパンだとか書いてあるし、黒ビキニ一一丁とかオールヌード(これ、15歳でですよ。すごい度胸だなあと感心したものです。中・高生って今の子たちは隠さないけど、私の頃は水着に着替えるとか、修学旅行の風呂とか、完全に下半身はタオルで隠してましたからね)とか、他の男性アイドルと違ってセクシャルな部分を強調してましたね。というわけで曲の印象はあまりないのです。失礼しました。

 あと平尾昌晃歌謡教室といえば、やはり畑中葉子さんを忘れてはいけないでしょう。皆さんすぐ♪後ろから前から どうぞん と思い出されるんでしょうが、私はやはり「カナダからの手紙」のイメージが大きいですね。デュエット曲であんなに完成度の高い曲もそうそうはありません。未だにカラオケで歌われてますからね。売れなかったけど「サンフランシスコ行き」もよかったです。

>セイントフォーも結局メンバー全員グラビアデビューと裁判沙汰、

 後者の「裁判沙汰」は存じませんでした。メンバー全員が脱いだんですか?「濱田のり子さん」のイメージがやたらすごかったですけど。でも裁判も起こしたくなるようなひどい扱いだったらしいですね。月給が5万行ってなかったとか・・・「週刊文春」に「女工哀史アイドル」と書かれてました。濱田さんなんか運動神経0だったらしいのに、バク転までさせられて・・・お気の毒としかいえません。40億デビューのその「40億」が映画制作だけに使われた、ってのも信じがたい話です。彼女たちはCFで見た記憶もないし、「ハートジャックWAR」以降1年以上シングルが出なかった、っていうのもすでに裁判に入っていたからなんですかね?新人賞も出だし(メガロポリス歌謡祭・日本テレビ音楽祭)はそこそこ行ってたんですが、秋以降は惨敗でしたからね。不運なアイドル・グループの代表でしょう。

------------------------------------------------------------------------
平尾昌晃 投稿者:初心者  投稿日: 7月 5日(月)06時33分54秒

KOSUKE様 
平尾昌晃歌謡教室出身は多いですよー。あの川島なお美さん、川崎麻世さんもそうらし いですから
川島なお美さんのイメージは昔シャンペン、今ワインと青山学院大時代のカンニング?
先日のTV2時間ドラマで裁判官の娘で弁護士役と実際の彼女と同じでした。
川崎麻世さんは関西の「パクパクコンテスト」という形態模写のコーナー出身で日曜日の昼間放送してました。父様は若くして川崎さんの母様と離婚されて写真でしか知らないらしくTVで父を捜せという番組で捜しだし会われて直ぐ亡くなられたようです。すごくハンサムな方でした。

------------------------------------------------------------------------
すごすぎるスピードⅡ 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 5日(月)01時02分12秒

ふ み お 様

>尚マイレージの件ですが私はUAと提携しているセゾンカードのゴールドです。
近くに西友があります。買い物をすれば2000円くらいになりますが、これも全てカードで支払います。(サインもいらないのでとても便利です)
まさにチリも積もればですが、日常の生活物資の購入だけで一年で3000マイル分くらいになります。

 情報どうもありがとうございました。しかしこれから国際線に乗る機会が何度あるのやら。確かに買い物は意外とマイルがたまりますよね。私もJカードでかなり貯められましたから。

 Shigeru様

>7月2日はCynthiaのBirthidayでファンから花束をお贈りしたところ昨日ファンサイトでご本人からお礼の電話があったとの報告がありました。現役を引かれてもファンへの優しい心づかいは当時と少しも変わっていないことがわかっていちファンとしては嬉しい限りです!

 やっぱり人間ができてるんですね。Webの方もありがとうございました。

 セイントフォーや少女隊についても書きたかったのですが、これくらいにしておきましょう。

------------------------------------------------------------------------
すごすぎるスピード 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 5日(月)00時59分32秒

 スキャンドール様

 こんばんは、今日は大活躍の1日、MVP状態でしたね。

>そういえばもう一つ思い出した事があります。
川原さんは、平尾昌晃歌謡教室に通われていたそうです。

 平尾昌晃歌謡教室出身は多いですよー。あの川島なお美
さん、川崎麻世さんもそうらしいですから。
 
>でもデビューしてから「アイドルを探せ」に出るなんて、これ以上プライド
を傷つけられることもなかなかないことだと思います。もっとも工藤静香
さんも同じコースで頂点をきわめたんですから、一概に悪いとも言えませんが。
他にも、何人かそういった類の方を見たような気がします。
B級〜C級で終わることを考えたらプライドをかなぐり捨てA級(一時的に)への
最短コースを辿りたくなるのも人情と言ったところでしょうか…。

 まあ多数のアイドルというか、事務所がこれは検討したでしょうね。
「スケバン刑事」のオーディションも結構アイドルが応募したと聞きました。

>いろんな意味でこの立花理佐さんは「疑問」です。どこのプロダクション
だったのか、あのルックスと歌唱力でなぜ最初の数曲はベスト3に入ったのか?
最高位ベスト2位の曲が数曲あると思います。
(本田美奈子さん、西村知美さんも最高位は2位で1位獲得曲はありませんでしたね。)

 「疑問」のみ2位(しかも初登場で)で、「大人はわかってくれない」(今調べてて
知りました、ムッシュかまやつ氏の作曲です)「キミはどんとくらい」(私もこの曲は
まあまあだと思いますよ)が3位でした。西村知美さんは「夢色のメッセージ」「見えて
ますか、夢」が2位でした。でも私は第三弾、3位の「わたし・ドリーミング」が好き
なんです。誰の作品かと思ったら、安井=加藤カップルでしたよ。どうりでしゃれてる
曲だと思いました。本田美奈子さんは「Help」「Oneway Generation」「孤独なハリケーン」
の3曲が2位、「1986年のマリリン」「Sosotte」「HEART BREAK」「悲しみSwing」が
3位でした。結局この3人は首位を獲っておりません。

>最初は、立花理佐さんに関して、私も疑問でした…、
のりPちゃんを差し置いてレコ大の最優秀新人賞も獲得してしまいましたし。

 私は未だに「疑問」です。ノリピーか坂本冬美さんだと思ってました。

>プロダクションは、離婚する前の安西マリアさんの旦那さんが
社長をしていた事務所でした。
当時、デビュー前の立花さんは、毎日、明菜さんのビデオを見せられたそうです。

 そういうのが逆に個性を消しちゃうと思うんですがね。

>殺人的スケジュールについていけずに、2年で自らトップアイドルの地位を
壊してしまいました。(お正月に大阪に帰省し、そのまま東京に戻らなくなりました。)

 いや、すぐに東京に戻って別の事務所に移籍しましたよ。それからはサッパリですが
(私は引退した原因は、会社の同僚の女性から「事務所のスタッフにいたずらをされた
 から」と聞きましたが、まあそこを詮索してもしょうがないですね)

>TBSへの貢献度でいったらこの85年は小林明子さん「恋におちて」がNO.1でしたよ。
>視聴率、売り上げ枚数でいったらダントツでしたね。
小林明子さんときたら石井明美さんもそうでしたが、
最優秀は、とれませんでしたね。

 「恋におちて」はもう100回は歌ったと思います(笑)。完全にカラオケの
十八番で、詞・曲・アレンジ全て記憶しています。この人が出てきたからには
最優秀新人賞は「恋におちて」以外ありえないと思いました。石井明美さんも
以下同文(有線大賞の方は石井さんが獲りましたね)。

>大橋恵理子さんは、スター誕生出身で、東京乾電池の俳優さんと結婚して
引退なさった方ですね。
アイドルと言うよりも、バラドルとしての活躍が多かった気がします。

 私は大橋恵里子さんも好きだったんですよ。「経験シーズン」はゲットできましたが、
第三弾の「ハロー!恋人時代」が一番好きで、できればゲットしたい、と思ってます。
まあ彼女は最初からバラドルでしたね。

------------------------------------------------------------------------
Shigeru様 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 4日(日)21時25分3秒

>先日シンシアの「Get Down Baby」の入っている曲を聴いてみたいとの書き込みを拝見しましたがもし、PCでよければソニーのbit musicからドウンロードして聴くことができます。

本当にありがとうございます。
聴いてみました。
やはり、アルバムを通して聴いてみたいものです。
もう一度、再発されることを願うのみです。

------------------------------------------------------------------------
(無題) 投稿者:Shigeru  投稿日: 7月 4日(日)20時58分10秒

ごめんなさいURL入れるの忘れてました。http://bit.sonymusic.co.jp/servlet/PackageSpecialPage?TEMPLATE=package_special_page.html&SELL_ID=80307744&PACKAGE_ID=SRCL03969
今聴くことが出来るアルバムで私のお勧めはこのアルバムと「20才まえ」が一押しです。

------------------------------------------------------------------------
Cynthia Street 投稿者:Shigeru  投稿日: 7月 4日(日)20時51分13秒

スキャンドールさま 
先日シンシアの「Get Down Baby」の入っている曲を聴いてみたいとの書き込みを拝見しましたがもし、PCでよければソニーのbit musicからドウンロードして聴くことができます。
(ただしウィンドウズのみ対応)「Get Down Baby」はベスト盤等いくつかのCDにも
収録されていますがやはりコンセプトアルバムの要素が強い「Cynthia Street」の中で
聴かれることをお勧めします。

KOSUKEさんも書かれてましたが7月2日はCynthiaのBirthidayでファンから花束をお贈りしたところ昨日ファンサイトでご本人からお礼の電話があったとの報告がありました。
現役を引かれてもファンへの優しい心づかいは当時と少しも変わっていないことがわかっていちファンとしては嬉しい限りです!http://239.teacup.com/u3/bbs

------------------------------------------------------------------------
初心者様 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 4日(日)19時44分58秒

>この件に付いて色々調べてみたのです。すると、彼女自身の宗教上の問題と父様の買春での逮捕そして離婚、…。

わざわざ調べてくだっさってありがとうございます。
そういえば、(お父さんの話)そんなこともありましたね。
夕貴さん本人の事で無かったのですっかり忘れていました。
ご本人の離婚に関しては、仕方が無いですね。
なんとなく覚えてはいますが、
遠距離恋愛、すれ違いの日々…。
人生いろいろです。

>大沢逸美さんと大橋恵理子さんがどうもゴッチャになるのですが・・・?

大沢逸美さんは、ホリプロタレントスカウトキャラバン第7代目優勝者です。
ジェームスディーンみたいな女の子でデビューしたボーイッシュアイドルで
未だ女優さんとして現役です。

大橋恵理子さんは、スター誕生出身で、東京乾電池の俳優さんと結婚して
引退なさった方ですね。
アイドルと言うよりも、バラドルとしての活躍が多かった気がします。

------------------------------------------------------------------------
スキャンドール様 投稿者:初心者  投稿日: 7月 4日(日)18時57分33秒

>工藤夕貴さんも同じようにゴタゴタが合ったように思うんです。
 工藤さんについては、記憶に無いです。
この件に付いて色々調べてみたのです。すると、彼女自身の宗教上の問題と父様の買春での逮捕そして離婚、本人も苗字が変わった。その後結婚したが離婚その時の記者会見の対応が非常に悪かった印象です。なんか美空ひばりさんみたいに本人以外の人が問題を起こしている?ようです。
大沢逸美さんと大橋恵理子さんがどうもゴッチャになるのですが・・・?

------------------------------------------------------------------------
大沢逸美さん… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 4日(日)16時48分30秒

ふ み お 様
>TVの印象とはことなりとてもやせているのです。周りがみなやせているので、やせざるを得ないのかもしれません。

テレビは、横に映るといいます。
元々、普通体系の方達でも周りが痩せていると、
それに合わせて痩せなければと思われるのでしょうか。

>近くに西友があります。買い物をすれば2000円くらいになりますが、これも全てカードで支払います。(サインもいらないのでとても便利です)

そういえば、妹が西友で働いていたので同じカードを使っていたと思います。
ポイントが2倍とか色々な得点があるからと現金を使わずに買い物しています。
結構、ポイントのほうも溜まっていることでしょう。
今度、聞いてみたいと思います。

初心者様
>少女隊は?のメンバーチェンジ(持病があったにしても数年の活動で直ぐにメンバーチェンジ?の感じが)

遊園地でイベントをしている最中に倒れてしまったのです。
もし、今度倒れたら引退…とチーコさんは、心に決めてステージに立ったそうです。

>セイントフォーも結局メンバー全員グラビアデビューと裁判沙汰

橋幸夫さんが役員をしていたレコード会社の事ですね。
新曲を出してくれないので、営業活動が出来なかったとか、
事務所から引き抜こうとしたとか、
ファンとしては、聞きたくないような話ばかりが取り沙汰されていました。

>工藤夕貴さんも同じようにゴタゴタが合ったように思うんです。

工藤さんについては、記憶に無いです。

>結局大金掛けてデビューして今も活動している人は・・・

“大沢逸美さん”もいましたね…と言いたいところですが、
ポジション的に難しいところですね。

------------------------------------------------------------------------
大金掛けてのデビュー 投稿者:初心者  投稿日: 7月 4日(日)15時50分41秒

大金を賭けてデビューに付き物はグラビアヌードとゴタゴタ。少女隊は?のメンバーチェンジ(持病があったにしても数年の活動で直ぐにメンバーチェンジ?の感じが)
セイントフォーも結局メンバー全員グラビアデビューと裁判沙汰、工藤夕貴さんも同じようにゴタゴタが合ったように思うんです。結局大金掛けてデビューして今も活動している人は・・・誰ですか?大金掛けてのデビューはマラソンをスタートと同時に全力疾走している感じです。「少女隊」って名前「少年隊」が大人気となりそれを意識したのですね?なんか、2番煎じの感です。失礼しました。

------------------------------------------------------------------------
やせすぎ 投稿者:ふ み お  投稿日: 7月 4日(日)13時20分10秒

スキャンドール様、KOSUKE 様

>激痩せする前の少しぽっちゃりした感じが可愛くて好きだったのですが、
少し…と言うか、かなり痩せすぎた気がします。
アイドルに限らずTVに出演される人たちは本当にやせていますね。アグネスチャンさん
と昨年お会いしましたが、TVの印象とはことなりとてもやせているのです。周りがみなやせているので、やせざるを得ないのかもしれません。

尚マイレージの件ですが私はUAと提携しているセゾンカードのゴールドです。
近くに西友があります。買い物をすれば2000円くらいになりますが、これも全てカードで支払います。(サインもいらないのでとても便利です)
まさにチリも積もればですが、日常の生活物資の購入だけで一年で3000マイル分くらいになります。

------------------------------------------------------------------------
CHA-CHA-CHA… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 4日(日)12時50分48秒

KOSUKE様
>この曲、残念ながら知りません。なんかのアニメの主題歌でしたっけ?

フジテレビ、日曜日の午後7時30分スタート、愛少女ポリアンナ物語の主題歌です。

>「シャワーフィーリング」ですよね?でもこの曲も残念ながら未聴です。

そういえばもう一つ思い出した事があります。
川原さんは、平尾昌晃歌謡教室に通われていたそうです。

>でもデビューしてから「アイドルを探せ」に出るなんて、これ以上プライド
を傷つけられることもなかなかないことだと思います。もっとも工藤静香
さんも同じコースで頂点をきわめたんですから、一概に悪いとも言えませんが。

他にも、何人かそういった類の方を見たような気がします。
B級〜C級で終わることを考えたらプライドをかなぐり捨てA級(一時的に)への
最短コースを辿りたくなるのも人情と言ったところでしょうか…。

>いろんな意味でこの立花理佐さんは「疑問」です。どこのプロダクション
だったのか、あのルックスと歌唱力でなぜ最初の数曲はベスト3に入ったのか?

最高位ベスト2位の曲が数曲あると思います。
(本田美奈子さん、西村知美さんも最高位は2位で1位獲得曲はありませんでしたね。)

最初は、立花理佐さんに関して、私も疑問でした…、
のりPちゃんを差し置いてレコ大の最優秀新人賞も獲得してしまいましたし。
しかし“キミはどんとくらい”を聴いてから好きになってしまいました。
この子は、つっぱり路線ではなく、こういう路線の方が合っていると思いました。

プロダクションは、離婚する前の安西マリアさんの旦那さんが
社長をしていた事務所でした。
当時、デビュー前の立花さんは、毎日、明菜さんのビデオを見せられたそうです。

>でも「この娘はもって1年だろう」と私は思ってました。

殺人的スケジュールについていけずに、2年で自らトップアイドルの地位を
壊してしまいました。(お正月に大阪に帰省し、そのまま東京に戻らなくなりました。)

>TBSへの貢献度でいったらこの85年は小林明子さん「恋におちて」がNO.1でしたよ。

そうですね。
視聴率、売り上げ枚数でいったらダントツでしたね。
小林明子さんときたら石井明美さんもそうでしたが、
最優秀は、とれませんでしたね。

------------------------------------------------------------------------
さすがに川原さんまでは・・・ 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 4日(日)12時08分24秒

 スキャンドール様

>工藤さん本人のCM曲は、“ときめきFALL IN YOU”でした。

知ってますよー。♪キラッ キラッ 風に・・・(でもCFの部分しか覚えてませんでした)

>ちなみに“し・あ・わ・せカーニバル”が私のベストソングです。

 この曲、残念ながら知りません。なんかのアニメの主題歌でしたっけ?

>この“フルーツシャワー”CMソングでデビューした川原理加さんをご存知でしょうか?
このCFソングとしても使われていました。
そういえばおニャン子の“アイドルを探せ”にも応募していましたが
落選してしまいました。

 「シャワーフィーリング」ですよね?でもこの曲も残念ながら未聴です。
でもデビューしてから「アイドルを探せ」に出るなんて、これ以上プライド
を傷つけられることもなかなかないことだと思います。もっとも工藤静香
さんも同じコースで頂点をきわめたんですから、一概に悪いとも言えませんが。

>まして翌年の芸映は、西村知美さん一色だったんですから。
本当にすごかったですね。
この売り出し方に似ていて、共通点が多かったのが、“立花理佐さん”ですね。

 いろんな意味でこの立花理佐さんは「疑問」です。どこのプロダクション
だったのか、あのルックスと歌唱力でなぜ最初の数曲はベスト3に入ったのか?
でも「この娘はもって1年だろう」と私は思ってました。まあ、その時に森高千里
さんが大逆転することまでは予想できませんでしたが。私が社会人になった年の話です。

>共演の仙道敦子さん、後藤恭子さんはどう思っていたのか…。

まあ割り切っていたんじゃないですか?一応彼女たちはメインでしたし。
むしろ森田まゆみさんがどう思っていたのかの方が興味あります。

>中山美穂さんが何故か他の新人賞には、一切出演されなかったのに、
レコ大に出演されて、最優秀新人賞を獲得されたときには、ビックリしました。
レコードセールス的にはいい勝負だったと思うのですが、
TBSへの貢献度で美穂さんが一歩抜きに出ていたことが勝因だったように思います。
80年度のトシちゃんと聖子さんの時と似ています。

 TBSへの貢献度でいったらこの85年は小林明子さん「恋におちて」がNO.1でしたよ。
それに73年の浅田美代子さん「赤い風船」も(曲単位での)売上げはこの年NO.1で、
ましてTBSへの貢献度でいったら最高だったのに、最優秀新人賞は取れませんでした。
まあ立花理佐さんは「TBSへの貢献度」がキメテだったとは思ってますけど。

------------------------------------------------------------------------
セーラー服反逆同盟… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 4日(日)10時03分42秒

KOSUKE様
>工藤夕貴さん、昔(ライオンの「フルーツシャワー」のCFに出てた、普通のアイドルの頃)の方がよかった気がしますねー。

工藤さん本人のCM曲は、“ときめきFALL IN YOU”でした。
最初は、カップリングの“素敵なミステイク”がA面扱いでしたが、
急遽B面に変わってしまいました。
ちなみに“し・あ・わ・せカーニバル”が私のベストソングです。
この“フルーツシャワー”CMソングでデビューした川原理加さんをご存知でしょうか?
このCFソングとしても使われていました。
この川原さんは、(私の家から近い)神奈川県大和市出身で実家は床屋さんでした。
この床屋さんの店内には、理加さんのポスターがいつまでも貼ってありました。
そういえばおニャン子の“アイドルを探せ”にも応募していましたが
落選してしまいました。

>まして翌年の芸映は、西村知美さん一色だったんですから。

本当にすごかったですね。
この売り出し方に似ていて、共通点が多かったのが、“立花理佐さん”ですね。

>主演の中山ミポリンが出ない週もある、…。

このときには、映画“ビーバップハイスクール”他、とても忙しい時期で仕方が無かったとは、思うのですが…。
ひどいときには、バックが黒一色で、確かバラを投げて助太刀するシーンを
何度も使い回ししていました。
共演の仙道敦子さん、後藤恭子さんはどう思っていたのか…。
美穂さんは、最初の数える程度しか出演しない不思議な番組でした。

------------------------------------------------------------------------
セイントフォー… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 4日(日)09時14分46秒

ふ み お 様
>例えばUAでは4万マイルをためれば東南アジア全域ファーストクラスで行けます。…
3年ひたすらカードで買い物をすれば200万円くらいにはなります。今から率の良い提携カードを探して下さい。

すごいですね。
カードを最大限に利用されているのですね。
悲しいことに、再就職に就くにあたりカードを全て解約してしまいました。
もし、これから何かのきっかけでカードを持つことがありましたら、
必ず参考にさせていただきます。
貴重なご意見、ありがとうございます。

>本田さんを初めて見た瞬間、人形が動いているという感じを受けました。…40Kgもないのではないかと思いました。どこからあんな大きな声がでるか信じられない気もしました。

以前、美奈子さんがアイドル時代に、お菓子ダイエットをしていると話していました。
ただ、ご飯を食べずにお菓子を主食にしていたと言うことでしたが…。
激痩せする前の少しぽっちゃりした感じが可愛くて好きだったのですが、
少し…と言うか、かなり痩せすぎた気がします。

初心者様
>姪同士と言う事は私も知りませんでした。…そんな家来だった人が16人居て、遠藤、斉藤、内藤、加藤、進藤、・・・など居るそうです。

博学ですね。
そういう難しい話は、さっぱり知りませんでした。

>そんな名前を隠すようにして「世界の本田」から「本田」にしたそうですが、…。

そうでした。
世界に羽ばたくようにと“本田”にされたと…。

>工藤夕貴さんが大金を賭けてでデビューしたことに比べてなんか寂しく思います。

大金なら“セイントフォー”もお忘れなく…。
やはり、大金の行き先は、映画製作でしょうね。
何十億もかけて映画出演してもアイドルとしては、生き残れなかった方たちに比べて
いまだ、メジャーに近い存在の美奈子さんの方が結果的には、
良かったのではないでしょうか?

>それは、同じく大金を賭けてデビューした「少女隊」が浮かびます。彼女達も一人無理やり辞めさせられ初代引田天候さんの娘さんとチェンジさせられた。

無理やりと言うよりは、仕方の無いことだったと思います。
持病のヘルニアの悪化でチーコさんは、引退を覚悟したと語っていました。
新しく入ったトモさんが、悪いわけではないのですが、
新生“少女隊”には、魅力を感じなくなってしまいました。
曲調が、アイドルポップスから、
ロック色の強いものに変わってしまったせいかも知れません。

>デビュー後も中山美穂さんの影に隠れた感じで実力が有ったのに最優秀新人賞は取れずに居たようです。なんか、本田美奈子さんは少々運の無い人なのかと思います。

中山美穂さんが何故か他の新人賞には、一切出演されなかったのに、
レコ大に出演されて、最優秀新人賞を獲得されたときには、ビックリしました。
レコードセールス的にはいい勝負だったと思うのですが、
TBSへの貢献度で美穂さんが一歩抜きに出ていたことが勝因だったように思います。
80年度のトシちゃんと聖子さんの時と似ています。

------------------------------------------------------------------------
私マイルわ 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 4日(日)08時54分40秒

 ふ み お 様 スキャンドール様

 おはようございます。

>ファーストとエコノミーなんて、扱いが全然違いますからね。
>転職される前の事ですよね、知っています。
死ぬまでに1度でいいから、
ファーストシートで殿様気分を味わいながら旅行してみたいものです。
>例えばUAでは4万マイルをためれば東南アジア全域ファーストクラスで行けます。
アメリカ本土(東海岸)往復すれば2万マイル弱になります。UAと提携しているゴールドカードで200万円くらい買い物をすれば2万マイルを超えます。

 元Jグループの私も、マイルがためやすいのはUA(ユナイテッド航空)というのは
認めます。しかしふ み お様はやはり可処分所得が違うのでは・・・この3年で
カードで200万円という買い物自体が、「平成枯れすすき」状態の私には不可能
でありまして・・・いずれにせよスキャンドールさん、各社とも収益上の都合から
ファーストクラスは削減の傾向にあります。乗られるのならお早めに!(その分、
シートを筆頭にビジネスがファーストに近づいているんですよ)

------------------------------------------------------------------------
第二弾は「渚のB.G.M」 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 4日(日)08時52分27秒

 スキャンドール様 初心者様

 おはようございます。

>(本田美奈子さん&工藤夕貴さん)
>ミュージカル女優とハリウッド女優。
共通点は、素敵な女優さんと言う事ですね。

 歌手デビューも同じ年でしたね。「野性時代」(39位)なんてもうちょっと
いってよかった気がしますが。工藤夕貴さん、昔(ライオンの「フルーツシャワー」
のCFに出てた、普通のアイドルの頃)の方がよかった気がしますねー。
夜ヒットにデビュー1年半後くらいに初めて出ることができ、号泣(番組に出られる
だけで泣いた人は、紅白意外記憶では彼女だけ)したのを覚えています。

>工藤夕貴さんが大金を賭けてでデビューしたことに比べてなんか寂しく思います。それは、同じく大金を賭けてデビューした「少女隊」が浮かびます。彼女達も一人無理やり辞めさせられ初代引田天候さんの娘さんとチェンジさせられた。デビュー後も中山美穂さんの影に隠れた感じで実力が有ったのに最優秀新人賞は取れずに居たようです。なんか、本田美奈子さんは少々運の無い人なのかと思います。

 少女隊のチーコさんは「体調不良でメンバーチェンジ」というのはやっぱり嘘だったんですか?
なんか真ん中のレイコさんと合わなかったというのは聞いたことがありますが。まあこのグループのベストは「渚のダンスパーティー」でしょう。「Bye Bye Girl」もよかったです。この少女隊とかセイントフォーとか工藤さんは30億〜40億かけた、とか当時話題になっていたけど、金をかけりゃいいってもんじゃありません。本田さんもプッシュは相当したでしょう。レコ大に関しては「賞レースにふだん参加していない人たち(中山美穂さんとか小林明子さん)が出てきておかしいと思った」とあとで自伝に書いておりました。彼女のベストは、私としては新人賞総ナメの「temptation」ですね。この曲で初のベスト10入りを果たしました。

>(芳本美代子と志村香さん)
香さんの後半の芸能生活は、元アイドルとして、かなりの落差だったと思います。
変に芸能界に執着する気も無かったみたいで、好き勝手(言葉は悪いですが…)
やっているような振る舞いでした。(いつ辞めてもいい位の覚悟だったのでしょう…)
きっともう芸能界に未練は無く、ファンの前には、現れないと思います。

 何があったんですかね、志村香さん。その後半というのを全く見てないんですが、
着実に最高順位を上げていく芳本さんに対する焦りもあったのでは、という気がします。
まあ、いろんな意味で欲のない娘だったんじゃないでしょうか。本田さんと対極的に。
事務所もそんな言動をされたんじゃ見放しますよ。まして翌年の芸映は、西村知美さん
一色だったんですから。

>やはり“メロー・シーズン”が個人的にベストです。
低いトーンで伸びやかなボーカル、デビュー曲的には◎なんですが…、
アイドル的には△印…(あくまでも私感です…)。

 よーくわかります。歌は「個人生活」までしか覚えてないんですが、
まあまあという記憶がありました。その「私感」は結構「世論」かもよ。
ところで訂正です。「メローシーズン」は最高37位でした。失礼しました。

>(森田まゆみさん)
まったく同意見です。
はじめて見た時には、『えっ!?』と思いました。
ルックス的にも歌唱的にもどうしてこの子が…。(ファンの方すみません…)
オリコンでも堂々と左の頁にランクインしていてびっくりしました。

 いや、これもファンの方には申し訳ないけど、ほとんどの人がそう思ってる
はずですよ。「予感」自体はさわやかなメロディーですので、42位までいったのは
うなずけます。

>バスケットボールが得意だったような気がします。
タイトルは、忘れてしまいましたが、ツッパリ役でドラマにも出演していました。
アルバムまで出されていて、逆に買っておけば良かったかな…と思いました。

 そのドラマはたぶん日テレの「セーラー服反逆同盟」でしょう。私は「スケバン
刑事」は見たことないのに、こちらはなぜか見ていました。主演の中山ミポリン
が出ない週もある、という(「プレイガール」に主演の沢たまきさんが出ない
週があったように(笑))不思議なドラマでしたが、森田まゆみさんはツッパリ
(もうたぶん死語)といっても、クラス自体がツッパリで、森田さんが全く
台詞がなかったのが気の毒でした。アルバムは「ホイッスル」ですね。
(ちなみに第二弾はタイトル参照、第三弾のラスト・シングルが「失恋」)
やはりもうとっくにやめてるのだろうかと気になっていましたが、まだ
(インディーズなんでしょうが)歌ってるとはびっくり。

------------------------------------------------------------------------
本田美奈子と工藤夕貴 投稿者:初心者  投稿日: 7月 4日(日)07時40分42秒

本田美奈子さんと工藤夕貴さんの話題になってますので参加させてください。
姪同士と言う事は私も知りませんでした。最初本田美奈子さんが本名工藤さんだって知った時「なぜ?」と思いました。余談ですが、「工藤」と言う風に下に「藤」と言う名前は先祖をたどれば藤原氏の家来から独立してその「藤」の一字を取ったのです。そんな家来だった人が16人居て、遠藤、斉藤、内藤、加藤、進藤、・・・など居るそうです。
そんな名前を隠すようにして「世界の本田」から「本田」にしたそうですが、工藤夕貴さんが大金を賭けてでデビューしたことに比べてなんか寂しく思います。それは、同じく大金を賭けてデビューした「少女隊」が浮かびます。彼女達も一人無理やり辞めさせられ初代引田天候さんの娘さんとチェンジさせられた。デビュー後も中山美穂さんの影に隠れた感じで実力が有ったのに最優秀新人賞は取れずに居たようです。なんか、本田美奈子さんは少々運の無い人なのかと思います。もちろん、全く無いとか元阪神タイガースのラインバックOFほどでは無いですが・・・?芸能人などの人たちには親族親類であることを隠している人も居ます。松田聖子さんと坂井和泉さんなどです。私のような凡人には理解しずらいです。

------------------------------------------------------------------------
ファーストクラス他 投稿者:ふ み お  投稿日: 7月 4日(日)06時34分41秒

久々に発言させていただきます。

スキャンドール様
ちょっと横道にそれますが、
>死ぬまでに1度でいいから、ファーストシートで殿様気分を
味わいながら旅行してみたいものです。
ファーストに乗ることはその気になればそんなに難しいことではありません。
例えばUAでは4万マイルをためれば東南アジア全域ファーストクラスで行けます。
アメリカ本土(東海岸)往復すれば2万マイル弱になります。UAと提携しているゴールドカードで200万円くらい買い物をすれば2万マイルを超えます。
3年ひたすらカードで買い物(食料もなんでも)をすれば200万円くらいにはなります。
私はこのやり方で家族4人で2回シンガポールにファーストに行きました。成田のウエイティングラウンジは素晴らしいものです。今から率の良い提携カードを探して下さい。
現在私は17万マイルあり家族全体で40万マイルくらいたまっております。数年間の買い物と家族旅行の結果です。UAはマイレージの創始者であり、日本の航空会社よりためやすいです。(格安やパッケージでも100%カウントしてくれます)

本田美奈子さんは今から10年以上前に偶然見かけたことがあります。友人の作曲家と飲んだ時、偶然同じバーにマネージャーと一緒に来ました。
そのバーはホテル高輪にありましたが芸能人の隠れ家的な存在だったようです。ここで沢山の芸能人・著名人を見ました。そこは素晴らしい雰囲気を持っていましたが、品川駅付近に大規模ホテルが開業、林立した結果経営が苦しくなりました。沢山の著名人、一般の客が事業継続に向け支援しましたが残念ながら廃業しました。
本田さんを初めて見た瞬間、人形が動いているという感じを受けました。顔が極端に小さくまた首が長く、骨格自体が細いのですが背筋がまっすぐ、そしてとても小さいのです。40Kgもないのではないかと思いました。どこからあんな大きな声がでるか信じられない気もしました。

------------------------------------------------------------------------
予感… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 4日(日)02時33分25秒

KOSUKE様
>それは容易に想像つきます。私去年まで航空会社にいたことはお話ししましたっけ?
ファーストとエコノミーなんて、扱いが全然違いますからね。

転職される前の事ですよね、知っています。
死ぬまでに1度でいいから、
ファーストシートで殿様気分を味わいながら旅行してみたいものです。

>どちらも(本田美奈子さんも工藤夕貴さんも)成功してよかったですね。

ミュージカル女優とハリウッド女優。
共通点は、素敵な女優さんと言う事ですね。

>芸映ではこの年、芳本美代子さんがイチオシでしたが、私は志村香さんの方が
売れると予想していました。まあ、彼女にとって芸能界がどんな1ページだったのか?
「あの人は今」で取り上げてほしいもんです。

売り出し方が全然違いましたね。
ミッチョンの方は、歌番組や賞レースで盛んに露出していましたが、
香さんは、菊池桃子さんの売り出し方と似ていて、
映画やCM等、当時のアイドルの売り出し方法とは違っていた気がします。
その分、大物感漂う感じでしたが…。
香さんの後半の芸能生活は、元アイドルとして、かなりの落差だったと思います。
変に芸能界に執着する気も無かったみたいで、好き勝手(言葉は悪いですが…)
やっているような振る舞いでした。(いつ辞めてもいい位の覚悟だったのでしょう…)
きっともう芸能界に未練は無く、ファンの前には、現れないと思います。

>キャッチフレーズが「まつげちゃんに逢ったらよろしくと。」
でも第二弾「蒼いときめき」はライオンのCFソングでしたし、
プッシュは相当していたんでしゅね。曲的にはこれがベストだったと思います。

やはり“メロー・シーズン”が個人的にベストです。
低いトーンで伸びやかなボーカル、デビュー曲的には◎なんですが…、
アイドル的には△印…(あくまでも私感です…)。

>で橋本美加子さんと出てくると、次は「予感」の森田まゆみさんが出てきそうな
予感。まだ歌手活動は続けており、花屋さんと二束のワラジだそうです。彼女も
橋本さんと同じくらい「?」でしたが、やはり妙に印象に残っております。

まったく同意見です。
はじめて見た時には、『えっ!?』と思いました。
ルックス的にも歌唱的にもどうしてこの子が…。(ファンの方すみません…)
オリコンでも堂々と左の頁にランクインしていてびっくりしました。

バスケットボールが得意だったような気がします。
タイトルは、忘れてしまいましたが、ツッパリ役でドラマにも出演していました。
アルバムまで出されていて、逆に買っておけば良かったかな…と思いました。

------------------------------------------------------------------------
第二弾は「蒼いときめき」 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 4日(日)01時44分35秒

 スキャンドール様

>捨てる神あれば、拾う神もいる…。
どちらの神が正しいのかは、全てが終わらなければわかりませんが…。
私は、拾ってくれる神をいつまでも待つタイプです。

 信長・秀吉・家康タイプでいうなら「家康タイプ」でいうことですね。
私は・・・どちらかというと「信長タイプ」かな?自分の仕事は遅いくせに、
「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」な短気さはあります。

>同じプロダクションの先輩、大場久美子さんは、
ファーストクラスに乗せてもらったことが逆に先輩からのいじめに発展したと
言っていました。
わからないものです、芸能界は…。

 それは容易に想像つきます。私去年まで航空会社にいたことはお話ししましたっけ?
ファーストとエコノミーなんて、扱いが全然違いますからね。今は(Jグループの場合)
ファーストの路線は極力しぼり、ビジネスクラスに力を入れているんですが、(ファースト
は意外とペイしないんです)先輩歌手の嫉妬を買うのはやむをえないと思われます。

>工藤つながりなのでお父さん同士が兄弟と言うことですね。

 どちらも(本田美奈子さんも工藤夕貴さんも)成功してよかったですね。

>もう芸能界(確か芸映でしたよね?)にはいらっしゃらないと予想しますが、
元マネージャーさんと結婚されて引退されたと記憶しています。

 芸映ではこの年、芳本美代子さんがイチオシでしたが、私は志村香さんの方が
売れると予想していました。まあ、彼女にとって芸能界がどんな1ページだったのか?
「あの人は今」で取り上げてほしいもんです。

>(橋本美加子さん)
当時、あまり好きではなかったのです。
将来性に欠けていた(独断と偏見ですが…)ような気がして…。
これから応援していくには、個人的に難しい気がして…。

 全然独断と偏見じゃありません。ほとんどの人が「?」と思ったはずです。
その結果が「メロー・シーズン」最高41位という結果に終わってしまいました。
サンミュージックでは、前年岡田有希子さんが「レコ大最優秀新人賞」を
獲得しましたから、プレッシャーも大きかったはずです。

>デビュー当時は、1.8?の長いまつげがチャームポイントでした。
確か、まつげちゃんと呼ばれていましたね。
阪神タイガースが大好きな15歳だったと思います。

 キャッチフレーズが「まつげちゃんに逢ったらよろしくと。」
でも第二弾「蒼いときめき」はライオンのCFソングでしたし、
プッシュは相当していたんでしゅね。曲的にはこれがベスト
だったと思います。

>1つずっと気になっていた事があるのです。
サンミュージックの創立30周年記念CDのサウンド・オブ・サンミュージックの中には
なぜか橋本美加子さんの曲が1曲も入っていないのです。
以前、創立者の相沢会長の自伝のタイトルにも使われていたのにも関わらず、CDに
入っていないなんて…。
どう思いますか?

 これは私も疑問でした。一応3曲チャートインして、その時点ではまだサンミュー
ジックに在籍していたはずですから、冷たいなあと思いました。セールス的にも
桑田靖子さんといい勝負でしたからね。まして神保美喜さんはチャートインしてない
のに入ってるし、私の知らない人が2人(kannaさんと石井ゆきさん)入っている位
ですから、橋本さんも入れてあげてよかったのでは?あと香坂みゆきさんは「愛の
芽生え」を入れて欲しかったというのが感想です。

 で橋本美加子さんと出てくると、次は「予感」の森田まゆみさんが出てきそうな
予感。まだ歌手活動は続けており、花屋さんと二束のワラジだそうです。彼女も
橋本さんと同じくらい「?」でしたが、やはり妙に印象に残っております。

------------------------------------------------------------------------
私的な感想 投稿者:にこら  投稿日: 7月 4日(日)01時05分38秒

とろりさま、
>聴いて、腰を抜かしたのは「幸せ振り」(宗田まこと)です。ジャケットからして、既にただものではないと思いましたが、曲は想像を絶する世界でした。

 「♪夜の星をみつめっちゃてさ〜」と「♪そんな青い顔して〜」(2番の同じパート)を聴いてこの人は子門真人を意識したのではないかと思いました(笑)、実は持っているのは別ジャケットです、番号は同じですが、いかなる理由で2つもあるのか謎です。

>松平マリ子。「髪を切ったの」を持っていますが、ボーカルにエフェクトがかかりすぎていて、少し不満です。「めざめ」は後期の作品かなと思いますが、どんな感じでしょうか?

 ちょっとした10万〜20万位の中古車が買えるくらい高価な梅木マリ名義のシングルはともかく、松平マリ子名義のシングルはよく出ています、ただしさすがに安くはないですね、「めざめ」はその中で比較的よく見かけます。この前も6,000円くらいいっていました、それを2,000円で拾えたのは幸運でした。
 「めざめ」とそのB面「風わたる街」は、ともに“山上路夫=三木たかし”が手がけています。おっしゃるとおり、その歌唱はボーカルにエフェクトが過剰にかかっています。「めざめ」は深刻なメロディーに仰々しいオーケストラ(個人的に好きな世界です)、「風わたる街」はイントロが哀愁→中間部ボサノヴァ調→後半哀愁という展開。両面とも佳曲と思います、69年10月発売なので、彼女のキャリアではかなり後期の作品かと思います。

>鈴木邦彦、山上路夫、竜崎孝路は、ぼくのお気に入りの作家たちですが、作品自体、期
待に違わぬできばえですし、森田けい子の誠実なボーカルにも大変、心惹かれました。
東芝系の歌手には、歌唱が魅力的なひとが多いように感じます。

 鈴木邦彦さんは森田公一とともに好きな作家の一人です、筒美さんもこの人の影響を随分受けたと聞いています。山上路夫さんは清々しい歌詞が多いですね、竜崎孝路さんもこの手の盤を買いつづけているうちにすっかりおなじみに。

「サヨナラは美しい」は、冒頭部分を聴いただけで名曲の予感がしました。さらに、ス
ローテンポから突然、曲が疾走を始めるところで完全に鳥肌が立ちました。「うるんだ瞳」には、浅田美代子や堺正章を彷彿とさせる「懐かしさ」を感じましたが、今、改めて聴き直してみると、なるほど、「17才」が顔を覗かせますね。いい意味で、良質な70年代前期の歌謡曲の流れを受け継いでいるなあと思います。

 「サヨナラは美しい」は70年代の洋楽好きの人にはお馴染みのクリスティーの「イエロー・リバー」を多分に意識したような曲だとおもいました。「うるんだ瞳」は前にも書いたとおり、「17才」を鈴木邦彦さんなりに解釈したような印象です。おっしゃるとおり番号から判断して74年のリリースと思われます。

いつも作家に注目して買っています...まあ自分がいかにアンチNMということですね。
●スーザン・ノザキ「おんなの時間/緑のバラード」
(安井かずみ=鈴木邦彦=宮川泰)
●山内えみこ「悪の華/黄昏のモンテカルロ」
(橋本淳=都倉俊一)
●小椋ひろ子「恋算数/さよならの手紙」
(千家和也=井上忠夫=馬飼野俊一)
●草香セツコ「泣き虫さくらんぼ/ふたりの舞踏会」
(山口あかり=小杉仁三=三木たかし)
●牧野ジュン「ある日の女の子/愛にめざめて」
(千家和也=高田弘)
●夏香織「初恋の橋/朝もやの海」
(吉田旺=平尾昌晃=竜崎孝路)
●江間優子「今夜は飲みましょう/愛の終止符」
(A面:有馬美恵子=竜崎孝路、B面:芥礼=すぎやまこういち=竜崎孝路)
●ルル「下駄ころ日暮れ/矢車草の花ことば」
(青木一大=押尾司、コーラス:ウィルビーズ)
●倉本直美「さよならあなた/星に祈りを」
両面:佐々木勉=馬飼野康二(編曲のみ)
※佐々木勉さんはザ・サーベージや榊原郁恵さんに提供あり)
●倉元恵子「天使のすすめ/勝手にしやがれ」
(吉岡オサム=神津善行=佐々永治)
●サイ・スーリン「たずね人/東京行き」
安井かずみ=佐藤寛=高田弘、馬飼野俊一(B面編曲)
※佐藤寛→野口五郎の実兄
●あげなすえみ「あなたをください/恋のつぼみ」
(伊東セツ=林あきら)
※林あきら→「イルカに乗った少年」作曲者
謎1:アゲナ・スーとその後改名か??
●小鹿ミキ「土曜日はしあわせ/さようなら、恋よ」
北山修(B面作詞:もず唱平)=田辺信一
謎2:もず唱平=火野正平??、大いに気になるところです

 とても琴線に触れる曲、マイナーレーベル目当てで聴いてみて演歌だった...など様様でした。

------------------------------------------------------------------------
Sabrina〜Mon cher 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 4日(日)00時45分34秒

よっかー様
>高岡早紀「楽園の雫」は好きなアルバムでよく聴いてました。

「楽園の雫」は、セカンドアルバムですね。
私は、ファーストアルバムの“Sabrina”もお薦めしたいです。
CDの帯には、こう書いてあります。
“天使がくれたバラのほほえみ……”
全10曲ですが、タイトルからして不思議なものが多いのです。
1曲目の“野蛮な憂鬱”からはじまり、2曲目は、“×××のデザート”って一体…。
6曲目の“SLEEP WALKER”が大好きで単独でよく聴きました。
高岡さんの歌唱は、一回はまると、抜け出せなくなります。
一日中、ずっと聴いても飽きの来ない不思議なヴォーカリストです。

>当時からフリフリ衣装から見え隠れしてたナイスな身体にヤラれてました…。

何を隠そう恥ずかしながら、ファースト写真集とラスト写真集(ヘアヌード)を
持っています。
バレー(踊りの方の…)をやっていただけあって、鍛え上げられた肉体、
非凡な表現力、素晴らしい写真集です。

------------------------------------------------------------------------
今、話題の高岡早紀は私も好き。 投稿者:よっかー  投稿日: 7月 3日(土)23時55分54秒

>スキャンドールさん
高岡早紀「楽園の雫」は好きなアルバムでよく聴いてました。
フレンチポップなイメージと、当時からフリフリ衣装から見え隠れしてたナイスな身体にヤラれてました。と、書いてる横のテレビでは今井美樹が歌ってる...(笑)。

------------------------------------------------------------------------
とろりん村のとろり様… 投稿者:スキャンドール  投稿日: 7月 3日(土)23時14分53秒

>ぼくは、本田美奈子の曲の中では「青い週末」がいちばん好きです。

私的には、“好きと言いなさい”がベストです。
美奈子さんには、珍しくアイドルポップスしていて、とても良かったです。
♪LOVE ME LOVE ME♪の始まる瞬間、マイクを逆手に持ち替えて
セクシーに歌う美奈子さんアイドルしていて好きでした。

>ぼくの印象に残る80年代ボンドガールは、やはり、松本伊代と本田美奈子に尽きます。

“ボンドガール”、すごく面白い言い方でビックリしました。
少女隊(チーコがいたアイドルしていた頃)、高岡早紀さんも好きでした。
少女隊の曲で好きなのが、Forever〜Bye-Byeガール迄がアイドルとして
完璧な楽曲が多くてベストですね。
高岡さんは、全部好きですが、
真夜中のサブリナと眠れぬ森の美女(マドラスのCM曲)がベストです。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日: 7月 3日(土)23時11分3秒

☆とむてさま

こちらこそ、はじめまして。

お褒めの言葉をいただきまして、大変、光栄に思います。
またのお越しを心からお待ち申し上げますm(__)m。

☆スキャンドールさま

CDがまだ普及しておらず、アイドル黄金時代がピークを迎えつつあったこの頃のレコ
ードは驚くほど豪華で、さまざまな趣向がこらしてありますね。

ぼくは、本田美奈子の曲の中では「青い週末」がいちばん好きです。
80年代半ばになっても、こんなにクオリティの高い旋律をかき続ける筒美京平は天才
としか言いようがありません。(改めて言うまでもないことですが。)売野雅勇の感傷
的な歌詞は、いつ聴いても泣けますし...。

ぼくは、彼女には「好きと言いなさい」、「青い週末」の路線を歩んでほしかった。
「青い週末」のジャケットを眺めながら、この曲を聴いていると、詮ないことだとは
わかっていながら、そんなことを思ってしまいます。

ぼくの印象に残る80年代ボンドガールは、やはり、松本伊代と本田美奈子に尽きます。

☆にこらさま

実を言うと、最近憂鬱な日が続き、まったく無気力な状態に陥っていましたが、昨日は
ひさしぶりに小康状態になったので、「モナ・ムール!歌謡ポップス」の更新にとりか
かりました。

しかし、ぼくは極度の遅筆なので「EP盤リスト」のコメントを書き終わったのが朝の
9時頃でしたA^^;;。その間に「森田けい子」さんのことを書いてくださっていたのです
ね。ありがとうございます。

ぼくは失礼ながら、彼女の名前すら知らなかったのですが、にこらさんのおっしゃる通
り、「サヨナラは美しい/うるんだ瞳」はすばらしい曲ですね!

鈴木邦彦、山上路夫、竜崎孝路は、ぼくのお気に入りの作家たちですが、作品自体、期
待に違わぬできばえですし、森田けい子の誠実なボーカルにも大変、心惹かれました。
東芝系の歌手には、歌唱が魅力的なひとが多いように感じます。

「サヨナラは美しい」は、冒頭部分を聴いただけで名曲の予感がしました。さらに、ス
ローテンポから突然、曲が疾走を始めるところで完全に鳥肌が立ちました。「うるんだ
瞳」には、浅田美代子や堺正章を彷彿とさせる「懐かしさ」を感じましたが、今、改め
て聴き直してみると、なるほど、「17才」が顔を覗かせますね。いい意味で、良質な
70年代前期の歌謡曲の流れを受け継いでいるなあと思います。

にこらさんの挙げてくださったEP盤のリストですが、聴いたことがないレコードがほ
とんどです。申し訳ありません。

松平マリ子。「髪を切ったの」を持っていますが、ボーカルにエフェクトがかかりすぎ
ていて、少し不満です。「めざめ」は後期の作品かなと思いますが、どんな感じでしょ
うか?

聴いて、腰を抜かしたのは「幸せ振り」(宗田まこと)です。ジャケットからして、既
にただものではないと思いましたが、曲は想像を絶する世界でした。
以下、かつて「EP盤リスト」(その3)で書いたコメントを引用します。

「...この曲を聴いて、どう言えばいいのか、なかなか言葉が見つからない。とにかく、
この上なくものすごい。それも、こけおどしのすごさではなく、心を根底から揺すぶら
れるような感じがすると言えばいいのだろうか。

都倉俊一がホーンセクションをいかしたこれほど濃厚にブルージーな曲を作るとは思い
もよらなかった。そのメロディーに安井かずみのシビアな詩が見事にマッチしている。

そして、暗い情念が炸裂する宗田まことの歌唱の凄絶さ。万人の心をして震撼せしめる
ものがある。まさに隠れた名曲だと思う。」

------------------------------------------------------------------------
メローシーズン… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 3日(土)22時09分1秒

KOSUKE様
>でも落ちたら落ちたで人生観が変わる人もいれば、落ちたことを引きずる人に分かれそうですね。私は確実に後者です。前向きじゃないんですよ。

捨てる神あれば、拾う神もいる…。
どちらの神が正しいのかは、全てが終わらなければわかりませんが…。
私は、拾ってくれる神をいつまでも待つタイプです。

>やっぱりそれでこそ「プロ」でしょうね。本田美奈子さんに関しては、事務所も
最初から(飛行機の)ファーストクラスに乗せるとか、スターとしての意識づくり
を植えさせる方針でいったそうです。それもプラスに作用したのでは?

同じプロダクションの先輩、大場久美子さんは、
ファーストクラスに乗せてもらったことが逆に先輩からのいじめに発展したと
言っていました。
わからないものです、芸能界は…。

>いいえ、知りませんでしたよ。ということは美奈子さんは井沢八郎さん
(「ああ上野駅」)の姪ということになるんですね?

そう言うことになりますね。
工藤つながりなのでお父さん同士が兄弟と言うことですね。

>もう芸能界(確か芸映でしたよね?)にはいらっしゃらないと予想しますが、

元マネージャーさんと結婚されて引退されたと記憶しています。

>意外に橋本美加子さん(このお嬢さんもインパクトすごかった・・・)も数年前の時点でまだおり、ヘアヌード写真集を出してましたから。…(彼女も同い年ですよね?)私は第三弾の「個人生活」(と書いて「プライバシー」)の強烈さは忘れられないと思います。

そうです、同い年です。
当時、あまり好きではなかったのです。
将来性に欠けていた(独断と偏見ですが…)ような気がして…。
これから応援していくには、個人的に難しい気がして…。

デビュー当時は、1.8?の長いまつげがチャームポイントでした。
確か、まつげちゃんと呼ばれていましたね。
阪神タイガースが大好きな15歳だったと思います。

1つずっと気になっていた事があるのです。
サンミュージックの創立30周年記念CDのサウンド・オブ・サンミュージックの中には
なぜか橋本美加子さんの曲が1曲も入っていないのです。
以前、創立者の相沢会長の自伝のタイトルにも使われていたのにも関わらず、CDに
入っていないなんて…。
どう思いますか?

------------------------------------------------------------------------
私は女を見る目が甘すぎた 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 3日(土)21時20分47秒

 スキャンドール様

>少し話がずれますが、水前寺清子さんがテレビで話していました。
『売れるためには、天狗にならなければいけない時があると思っていたと…。
ただ紅白の選考から落選して、物事を枠の外からやっと見ることが出来るようになって
楽になったと…。』
水前寺さんらしい、負け惜しみではない、清々しい言葉だと思い感動しました。

 水前寺さんでさえそう思うんですか?まあ「紅白」って番組は、特に演歌歌手の
場合「プライド」の代名詞みたいなもんですからね。翌年のギャラを左右するとも
いうし、こだわる気持ちはよくわかりますよ。以前ブラックビスケッツの「タイミング」
(この曲も私大好きです。以前はよく歌いました)が大ヒットした際、ビビアン・スー
嬢が「紅白落ちたら自殺する」って言ってました。台湾では紅白に出るっていうのが、
日本以上に名誉らしいんですって。それまで台湾から出た歌手は、欧陽フィーフィーさん
(この「フィーフィー」の字の出し方がわかりません)、ジュディ・オングさん、テレサ・
テンさんだけだったらしいですから。でも落ちたら落ちたで人生観が変わる人もいれば、
落ちたことを引きずる人に分かれそうですね。私は確実に後者です。前向きじゃないんですよ。

>やっぱり週刊誌には、当時「話題づくりのために元アイドルを入れた」なんて書かれたりして、ずい分悔しい思いをしたらしいですよ。
その言葉とかなりのプレッシャーと戦って、見事に演じきった美奈子さん、
素晴らしいですね。

 やっぱりそれでこそ「プロ」でしょうね。本田美奈子さんに関しては、事務所も
最初から(飛行機の)ファーストクラスに乗せるとか、スターとしての意識づくり
を植えさせる方針でいったそうです。それもプラスに作用したのでは?

>そういえば本田美奈子さんと(本名 工藤美奈子)と工藤夕貴さんが
いとこ同士というのは、ご存知ですよね…。
なんとなくこの背景の写真が似ている気がしたので…。 
 
 いいえ、知りませんでしたよ。ということは美奈子さんは井沢八郎さん
(「ああ上野駅」)の姪ということになるんですね?

>なっ、なに?それらの話1件も知りませんでした。歌い方も地声唱法に変わったって
ことですが、それがラストシングルの「知りたがり」ですか?「曇りのち晴れ」の
雰囲気が強い、清純なお嬢さんのイメージだったので、ちょっとショックです。
ちなみに香さんも同い年です。
“危険がいっぱい”は、もろ地声唱法です。
この曲、ちょっとヤンキーチックなところも含めて好きでした。
パオパオチャンネルで森口博子さんと同じ出演の時に、
博子さんが香さんにいじめられたと言っていました。
同じ楽屋でうるさかった博子さんに向かって『うるさいっ』と
言っただけかもしれませんが…。

 結局「元ヤン」だったわけ?もう信じられません(泣)。私大勢の
女性をかつて部下に持っていたんですが、きっと女性を見る目が甘すぎて
失敗したんでしょうなあ。要は「秋風はあなた」までは聴いた記憶が
あるんですけど、「曇りのち晴れ」しか現時点で覚えてないんです。
その「危険がいっぱい」なんて「プレイバックPART2」もビックリな
くらい危険がいっぱいな曲なんですね。何気なく、何の反応も予想せず
出した「志村香」さんでしたが、いやあ勉強になりました(笑)。
いずれにしても幸せに過ごされていることを祈ります。もう芸能界
(確か芸映でしたよね?)にはいらっしゃらないと予想しますが、
意外に橋本美加子さん(このお嬢さんもインパクトすごかった・・・)
も数年前の時点でまだおり、ヘアヌード写真集を出してましたから。
「メローシーズン」じゃなくて、その曲がCFソングの商品だった
「メローイエロー」再発売だそうです。「とっても訳せない味」
という素晴らしいコピーでした。(彼女も同い年ですよね?)
私は第三弾の「個人生活」(と書いて「プライバシー」)の
強烈さは忘れられないと思います。

>以前、話題にものぼった“魅惑のムード 秘宝館”特集をして欲しいです。
こちらの方が100%…300%無いと断言できます。

 そこまでやったら10年分くらい前納して受信料払いますよ(笑)。
それはありえないにしても、もっとマイナーな歌手の特集を期待したいですね。
志村香さんを筆頭に(笑)。
 
 ところで大量に購入されたCD、順調にお聴きになられているのでしょうか?
(プレッシャーになると悪いけど)古賀栄子さん「夕立ち日記」は何を置いても
必聴(今私も聴いているところです)ですよ。総合NO.1の推薦曲です。

------------------------------------------------------------------------
こんばんは… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 3日(土)20時19分49秒

KOSUKE様
>前者の「自尊心」はおっしゃる通り絶対必要ですが、後者の「虚栄心(に近いと私は解釈していますが)はなければないにでこしたことはありません。

少し話がずれますが、水前寺清子さんがテレビで話していました。
『売れるためには、天狗にならなければいけない時があると思っていたと…。
ただ紅白の選考から落選して、物事を枠の外からやっと見ることが出来るようになって
楽になったと…。』
水前寺さんらしい、負け惜しみではない、清々しい言葉だと思い感動しました。

>やっぱり週刊誌には、当時「話題づくりのために元アイドルを入れた」なんて書かれたりして、ずい分悔しい思いをしたらしいですよ。

その言葉とかなりのプレッシャーと戦って、見事に演じきった美奈子さん、
素晴らしいですね。

そういえば本田美奈子さんと(本名 工藤美奈子)と工藤夕貴さんが
いとこ同士というのは、ご存知ですよね…。
なんとなくこの背景の写真が似ている気がしたので…。

>なっ、なに?それらの話1件も知りませんでした。歌い方も地声唱法に変わったって
ことですが、それがラストシングルの「知りたがり」ですか?「曇りのち晴れ」の
雰囲気が強い、清純なお嬢さんのイメージだったので、ちょっとショックです。

ちなみに香さんも同い年です。
“危険がいっぱい”は、もろ地声唱法です。
この曲、ちょっとヤンキーチックなところも含めて好きでした。

パオパオチャンネルで森口博子さんと同じ出演の時に、
博子さんが香さんにいじめられたと言っていました。
同じ楽屋でうるさかった博子さんに向かって『うるさいっ』と
言っただけかもしれませんが…。

>NHKも「GET DOWN BABY」でも彼女の特集でかけるようになったら、相当の
進歩です。まずありえないことでしょうが(笑)。

以前、話題にものぼった“魅惑のムード 秘宝館”特集をして欲しいです。
こちらの方が100%…300%無いと断言できます。

------------------------------------------------------------------------
志村香さんにびっくり&ショック 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 3日(土)19時32分32秒

 スキャンドール様

>ある種のプライドは絶対必要ですが、
過度のプライドは、何か事を起こすときに邪魔になる時があります。

 こんばんは。ここで書かれている2つの「プライド」は、全く別のものですよね。
前者の「自尊心」はおっしゃる通り絶対必要ですが、後者の「虚栄心(に近いと私は解釈していますが)はなければないにでこしたことはありません。「プライドが傷ついた」なんてのはまさに後者ですよね。

>始まりは、レ・ミゼレラブルのオーディションですね。
確か、斉藤由貴さんは、最初からキャスティングされていて、
美奈子さんは、一般公募から役を手中にしたんですよね。
本当に出来ることでは、有りません。
オーディション中には、周りや審査員からも特別な目で見られたと思いますし、
合格することが、実力として認めてもらえれば良いのですが、
出来レース的に扱われたりしたら悲しいですね。

 やっぱり週刊誌には、当時「話題づくりのために元アイドルを入れた」なんて書かれたりして、ずい分悔しい思いをしたらしいですよ。

>普通のアイドルだったら最初は猫をかぶってますよね。志村さんがその後どう変貌してしまったのか、そしてフェードアウトしてしまったのか(TVで頻繁に見たのは一年目だけ)
>その後が、彼女の本性をさらけ出していたと思います。
高校も、規則が性に合わなかったらしく途中退学、
歌い方もぶりっ子唱法から地声唱法に変わったり、
パオパオチャンネルでの言動には、かなりヒヤヒヤしたものでした。
後半は、スタボー(スターボーリング)に出演していました。

 なっ、なに?それらの話1件も知りませんでした。歌い方も地声唱法に変わったって
ことですが、それがラストシングルの「知りたがり」ですか?「曇りのち晴れ」の
雰囲気が強い、清純なお嬢さんのイメージだったので、ちょっとショックです。

>。「GET DOWN BABY」がかからなかったのは間違いないでしょう(笑)。
逆に、かかっていたら悔しくなっていたと思います。

 ♪皮肉なジョーク 追いかけるのは もうおしまいにしましょう(by「春の予感)
いえいえ、NHKも「GET DOWN BABY」でも彼女の特集でかけるようになったら、相当の
進歩です。まずありえないことでしょうが(笑)。

------------------------------------------------------------------------
訂正(恥ずかしながら) 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 3日(土)19時20分42秒

 よっかー様

>とりあえず、もやもやを溜めないように、言いたいことは言ってみようと開き直ってみました。
>そう、言いたいことは言うにこしたことはありませんよ。それでもまだもやもやが解消されないのなら、診療内科に行くなど、いくらでもテは考えられますから。

 こんばんは。上記の診療内科、「心療内科」の間違いです。(私小学校からやり直したがいいみたい)決して悪気で書いたのではありません。私は6年前鬱病にかかり、翌年もう限界という所まで来たので精神科に通うようになりました。一進一退を繰り返し、まだ通院して薬を飲んでいますがなんとか治まってきました。サラリーマンから比較的負担の軽い予備校講師に転職したのも、それが関係しています。その頃はPCを持っていませんでしたので、こういう掲示板に自分が参加するなんて予期もしてませんでしたが、もっと早く出会っていればよかったのかもしれません。その頃はもっぱら音楽を聴くことだけで心を癒しており、全く興味のなかったクラシックも好きになりました。関係ない話でしたが、鬱病も今や国民病です。けれどもその「もやもや」が全く関係のないことでしたら、大きなお世話でしたね。

 あなたが歌手サイドに寛容だということは、よくわかりました。私も「また逢う日まで」はCDも昔の紅白の映像も持っているのですから、それで楽しめばいいだけの話で、昨日みたいな場面に遭遇したらチャンネルを消せばいいだけのことかもしれません。でも実際お金を払って会場に行ったなら、完全に消費者ですから「金返せ」って言う可能性が高いですね。まあこの件に関しては、もう反論いたしません。ついでに現在の特定の歌手を非難しようという気も、私の場合はありません。

------------------------------------------------------------------------
待ってました(^^) 投稿者:あみだ池  投稿日: 7月 3日(土)18時13分15秒

話題になっているCDシリーズらしいんですが、『大阪ソウルバラード/番外編』を買ってきました。

長年(←大げさ^^)探してた、藤田まことさんの『十三の夜』(♪十三のねぇちゃ〜ん♪)やら、笑福亭仁鶴師匠の『おばちゃんのブルース』(ホンマは『花の定期便』も収録して欲しかった。この人は歌が上手いわけでもないのに、聴くとジーンと来る)やら、珍版では三浦洸一さんの『ジャンジャン横丁』(きっちりした歌い方が歌詞とメロディーにミスマッチ^^)などなどが収録されてまして、関西人にはお勧めです。

------------------------------------------------------------------------
おはようございます… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 3日(土)09時55分24秒

KOSUKE様
>彼女はえらいと思いますよ。昔のアイドルだったプライドを捨てて、オーディションを
受けて一から出直したわけですからね。ダンス、声楽も基礎からやり直したらしいし。
これは芸能人だけじゃなく、一般人も見習うべき姿勢だと思います。そしてまさに「天職」を見つけたんだから、よかったのではないでしょうか。

ある種のプライドは絶対必要ですが、
過度のプライドは、何か事を起こすときに邪魔になる時があります。
始まりは、レ・ミゼレラブルのオーディションですね。
確か、斉藤由貴さんは、最初からキャスティングされていて、
美奈子さんは、一般公募から役を手中にしたんですよね。
本当に出来ることでは、有りません。
オーディション中には、周りや審査員からも特別な目で見られたと思いますし、
合格することが、実力として認めてもらえれば良いのですが、
出来レース的に扱われたりしたら悲しいですね。

>普通のアイドルだったら最初は猫をかぶってますよね。志村さんがその後どう変貌してしまったのか、そしてフェードアウトしてしまったのか(TVで頻繁に見たのは一年目だけ)

その後が、彼女の本性をさらけ出していたと思います。
高校も、規則が性に合わなかったらしく途中退学、
歌い方もぶりっ子唱法から地声唱法に変わったり、
パオパオチャンネルでの言動には、かなりヒヤヒヤしたものでした。
後半は、スタボー(スターボーリング)に出演していました。

>。「GET DOWN BABY」がかからなかったのは間違いないでしょう(笑)。

逆に、かかっていたら悔しくなっていたと思います。

とろりん村のとろり様

私も、本田美奈子さんの青い週末のレコードを持っています。
レコード盤がピンク色(ショッキングレッド)、形がハート型で珍しいですね。

------------------------------------------------------------------------
私は姿勢を変えませんから 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 3日(土)08時37分46秒

 よっかー様

>とりあえず、もやもやを溜めないように、言いたいことは言ってみようと開き直ってみました。

 おはようございます。そう、言いたいことは言うにこしたことはありませんよ。それでもまだもやもやが解消されないのなら、診療内科に行くなど、いくらでもテは考えられますから。

>とりあえず話にあがった美奈子ですが、ミュージカル女優をメインにしてますが、今でもアイドル時代の曲をリクエストされるとちゃんと唄ってくれますし、唄う仕事で身を立ててるから素晴らしいと思います。

「今でもアイドル時代の曲をリクエストされるとちゃんと唄ってくれる」ここが彼女の勘違いしていない所ですよ。自分に求められるのをちゃんとわかっている見本のようなものです。

>オリジナルの歌手が持ち歌をどのように唄おうが、これもどーってことないです。中村雅俊同様に、歌ってものはその時の「旬」のものなんだなと改めて思ったしだいです。
許すとか、許さないとか、どこに立ってものを言ってるんだかわかりませんが、あまりに批判的なのもどうかと思います。生きている歌手が現状の表現力で持ち歌を消化して披露することを、そう悪く言ってやらないで欲しい。でもそれだからこそ、カバーが流行るんでしょう。
阿久悠先生が、SPEED、MAX、D-LOOPらにカバーされた時に「また新しい命を吹き込まれて歌も甦る」と語ってましたから。

 私はこれに関しては、どういう批判が来ようが許せません。もう世の中に浸透してしまった以上、歌ってるのは尾崎紀世彦さんでしょうが、もう彼だけの歌じゃないはずです。ファンみんなの歌です。それをファンの期待を裏切って、歌い方どころかメロディーまで変えられたんじゃ、(「どこに立って」とまで聞かれるのなら、ファンおよび関係スタッフ全員によって)許されることじゃありませんよ。前述した本田美奈子さんと対極の位置にいる「勘違い」だと思います。私は作曲した京平先生がどう思ってるのか、常に気になる・・・とまではいかないけれど、非常に興味あります。カバーに関してはまたその歌手の別の持ち味でいくのだから、ちょっと違ってくるとは思うんですよ。それでも大半は成功していない。ということは、いかに聴く側がオリジナルへの思い入れが強い証拠です。阿久先生のコメントも、私は言い方からして「皮肉」にしか受け取れませんでした。

>もう一つ、私に引っ掛かってるのは、ここに来てる人が最近のJ-POPに興味が無いのは判りましたが、あからさまに歌手の名前を間違えて表記してみたり、何言ってるのかわからないと、自分の理解の範囲を超えてるだけで、あまり蔑んで過去の歌手で比較し、こき下ろさないで欲しい。
特に最近の歌手名を何度も間違って表記するのは、挑発としか受け取れないので御注意。
ほんとに知らなくて間違ってるのも、ネット上では信じられなくて怖い。少し検索すれば解る事ですから。

 あの、ここも言わせて頂きますけど、この掲示板にわざわざ来る人たちって、今のJ-POPに満足できない(ストレートに言えば許せない)層が多いと思うんですよ。そして年齢的にも仕事が中心の世代です。(私も先日間違えましたが)歌手の名前を間違えて表記してるなんて大目にみてやってほしいし、わざと間違える人なんてかなりのレアケースだと思います。それに書く書かないこそその人の自由で、そのための掲示板です。私はよっかーさんがどんなに私の価値観に合わない文章を書かれても、読みますよ。

>何にしても文章を書くのは難しいね。しかも正しくキモチを伝えることは。
KOSUKEさんの興味深い、楽しい文の中に悪意の無い「毒気」にあてられて、クラクラしてる男もここにいますから。これもうまく伝わるか...。。

 文章を書く難しさについては100%同意しますが、「「毒気」にあてられて、クラクラしてる」ってのはちょっとわかりません。それがいい意味なのか、本当に不快感を与えてしまっているのか。私はよっかーさんのコメントはどんなものであれ、毎回楽しみにしていますけど、逆によっかーさんが「むかついてしょうがない」ということなら、無視して頂くしかないのかな、とまで思います。だってこういう場で気持ちは抑えられませんから。

------------------------------------------------------------------------
はじめまして 投稿者:とむて  投稿日: 7月 3日(土)07時36分43秒

中津川みなみで検索していてたどり着きました。
あまりにたのしいHPで2時間以上も見ていました。

岩淵りりが大好きでした。テレビに出るたびにカセットを用意して
録音していました。テレビの画面を写真で撮したりもしていました。
遠い目です。

いろいろなシングルのジャケットを懐かしく見させて頂きました。
ありがとうございました。

------------------------------------------------------------------------
天職をゲットした美奈子さん、エライです 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 3日(土)07時34分57秒

 スキャンドール様 よっかー様

 おはようございます。

>私も得意です。
笑いたくないときでも笑わなければならないということは、
気持ちを一瞬ニュートラルにしないと出来ませんね。
サービス業的事務職(なんだそりゃ…?)なので対お客様と接することも多くあるので
気持ちの切り替えが重要なんです。

 要は接客の部分がかなりのウェイトを占めている、ということですね。接客って
お客様の心理の動向が見えないから難しい面が大きいですよね。気持ちの切り替えも
大事ですが、これがやはり難しいもんですよ。

>もう歌手がオリジナルと歌い方を変えるのが私は許せません。今さっきまでやっていた
テレビ東京のナツメロ番組で、尾崎紀世彦さんが「また逢う日まで」を歌い方はおろか、
メロディーも一部変えて唄ってましたが、言語道断ですよ。京平先生に失礼です。

>伊藤咲子さんや安西マリアさん達アイドルは、昔の部分も残しつつ、
今の自分も出そうとしていて好感がもてました。
歌のうまい歌手と呼ばれる方は、自分の歌いやすいように歌い直したり、
小慣れた感を前面に出したりして、好き嫌いの分かれるところですね。
よく、オリジナルを聴きたくて買ったCDに××沿線´95みたいに
ニューバージョンで入っていて、もう一度違うCDを購入、見たいな感じでしょうか?

 伊藤咲子さんなんておっしゃる通りで、まさに「昔の部分も残しつつ、
今の自分を出す」なんて芸がサラッとできる方なんですね。でも「XX沿線’95」
というセルフカバーで、○なのはまずありません。野口五郎さんも含めてね。
なんでセルフカバーしなければいけないのか、って疑問が出てくるわけですよ。
当時よりうまきゃあまだしも、たいていはヘタになってのセルフカバーでしょ?

>今は音域も3オクターブ出ると、先日「たけしの誰でもピカソ」で言ってましたよ。
もうヒット曲とかとは違う次元にいるんでしょ?
>大人になったということでしょう…。
過去にしがみついているよりも、前を見て確実に歩みだしている姿には、
頭が下がる思いです。
自分には、何があるか、何がしたいかが美奈子さんには、きちんと見えているのですね。

 彼女はえらいと思いますよ。昔のアイドルだったプライドを捨てて、オーディションを
受けて一から出直したわけですからね。ダンス、声楽も基礎からやり直したらしいし。
これは芸能人だけじゃなく、一般人も見習うべき姿勢だと思います。そしてまさに「天職」
を見つけたんだから、よかったのではないでしょうか。

>一緒に出た志村香さんにしゃべらせなかったくらい
しゃべりまくった、って母から聞いたんですが、それ本当なんでしょうか?
>知りませんでした。
まだ志村さんが猫をかぶっていた頃ですよね、きっと…。

 普通のアイドルだったら最初は猫をかぶってますよね。志村さんがその後
どう変貌してしまったのか、そしてフェードアウトしてしまったのか
(TVで頻繁に見たのは一年目だけ)

>アイドル→OLって転向もこちらが想像している以上に厳しいみたいですから、
解雇されない限りいざるをえないアイドル、っていうのも多そうですね。
>自分から辞める事ができないのは、辛いの一言ですね。
仕事的にも、満足のいく仕事なんかほとんどなく、どんな気持ちでいるのか…、
次にやりたいことを探すにも顔が知れてる分やりにくいでしょうし…。

 そうですね。一旦拍手の味を知ってしまえば、一般的なOLの仕事は
やりづらいでしょう。妙なプライドも出てくるしね。「顔が知れてる」って
のも大きいと思います。学生だってなかなか戻るのは難しいようですからね。

>今日のNHK-FMの「ひるの歌謡曲」、南沙織さん特集だったんですよ。
どんな選曲だったのか、非常に興味深いものがあります。
思い出せる範囲で結構ですので教えていただけますでしょうか…。

 出勤途中(重役出勤みたいで恐縮ですが)だったので、「17才」「潮風のメロディー」
「ともだち」の3曲しか聴けませんでした。前半で紹介していたのは、「純潔」「早春の港」
「傷つく世代」「ひとかけらの純情」と、前半期のヒット曲をズラーッとです。後半も
「人恋しくて」とか「哀しい妖精」がかかったのは容易に想像できます。「GET DOWN BABY」
がかからなかったのは間違いないでしょう(笑)。この番組って、引退組は全部過去の
ヒット曲がかかるからいいんですけど、一方で現役組は、中途半端に最近の曲がかかるから
興ザメです。

------------------------------------------------------------------------
尾崎紀世彦さん 投稿者:初心者  投稿日: 7月 3日(土)07時16分4秒

KOSUKE様
尾崎紀世彦さんが「また逢う日まで」を歌い方はおろか、
メロディーも一部変えて唄ってましたが、言語道断ですよ。京平先生に失礼です。
よっかー様
オリジナルの歌手が持ち歌をどのように唄おうが、これもどーってことないです。
よっかー様、尾崎紀世彦さんはオリジナル歌手ではなくズーニーブーがオリジナルです。
厳密に言えば阿久悠さんと筒美京平さんがオリジナルではと思います。ファンにとって個人差はあると思うのですがオリジナルにより近い歌い方をして欲しいと思うのではないですか。尾崎紀世彦さんはいつもレコード盤とは違う歌い方を「わざわざ」とされています。ファンの気持ちに逆らっているように感じます。メロディを変えて歌うということは盗作のうえ別の曲を作ったという事に成るのでしょうか?失礼しました。

------------------------------------------------------------------------
「サヨナラは美しい/うるんだ瞳」 投稿者:にこら  投稿日: 7月 3日(土)05時17分52秒

>とろりさま、

 EPリストを更新されたようなので早速行ってきました。で、それが森田けい子さんの「サヨナラは美しい/うるんだ瞳」だったので早速コメントを。

 あまり知られていない人ですが、いい曲です、特にB面の「うるんだ瞳」は「17才」を鈴木邦彦さんなりに解釈したのではないかというほどの出来です。東芝は「知る人ぞ知る」人が多いことにあらためて気づきます。

 最近久しぶりにCDを買いましたが、相変わらずEP主体です、やっぱり満足度が断然違います。以下のEPについて気になるのがありましたら、感想下さると幸いです(最近手に入れたものです)。

●キング
スーザン・ノザキ「おんなの時間/緑のバラード」71年
山内えみこ「悪の華/黄昏のモンテカルロ」75年
●クラウン
小椋ひろ子「恋算数/さよならの手紙」73年
松平マリ子「めざめ/風わたる街」69年
草香セツコ「泣き虫さくらんぼ/ふたりの舞踏会」69年
●コロムビア
牧野ジュン「ある日の女の子/愛にめざめて」73年
●東宝
夏香織「初恋の橋/朝もやの海」74年
●テイチクユニオン
江間優子「今夜は飲みましょう/愛の終止符」75年
●フィリップス
宗田まこと「幸せ振り/間違えた愛」74年
●ワールドレコード(パイレーツレコード)
ルル「下駄ころ日暮れ/矢車草の花ことば」77年
●ビクター(MCAレーベル)
倉本直美「さよならあなた/星に祈りを」71年
●CBSソニー
倉元恵子「天使のすすめ/勝手にしやがれ」71年
●ポリドール
サイ・スーリン「たずね人/東京行き」75年
●ローヤル(マキシムレコード)
あげなすえみ「あなたをください/恋のつぼみ」75年
●東芝
小鹿ミキ「土曜日はしあわせ/さようなら、恋よ」71年

------------------------------------------------------------------------
再来訪。 投稿者:よっかー  投稿日: 7月 3日(土)00時22分22秒

とりあえず、もやもやを溜めないように、言いたいことは言ってみようと開き直ってみました。

「ザ・ベストテン」のスポットライトに出演した本田美奈子と志村香。志村香は笑ってるだけで、ほとんど美奈子がしゃべり倒して、志村香がまったくアピールできなかったのは本当です。フラなかった司会者も悪いんでしょうが、生放送の恐ろしいところであり、とてもいいところです。

用意された歌を「させられて」アイドルしてきた娘が、「自らやってみる」アーティスト志向とか言って、ロックすることは悪いと思いません。
似合うか似合わないか、やればすぐに判る事ですからね。
伝説になってしまった「ラ・ムー」はとても面白い存在でしたが、評価されるには予算が長く続かなかった。桃子のバックにいた黒人コーラスや、バンドのギャラが桃子よりもかかっていたそうですね。意味深な詩がとてもロックしてましたよ。「少年は天使を殺す」。

とりあえず話にあがった美奈子ですが、ミュージカル女優をメインにしてますが、今でもアイドル時代の曲をリクエストされるとちゃんと唄ってくれますし、唄う仕事で身を立ててるから素晴らしいと思います。

今日は尾崎紀世彦さんがKOSUKEさんには気に入られなかったようですね。
オリジナルの歌手が持ち歌をどのように唄おうが、これもどーってことないです。中村雅俊同様に、歌ってものはその時の「旬」のものなんだなと改めて思ったしだいです。
許すとか、許さないとか、どこに立ってものを言ってるんだかわかりませんが、あまりに批判的なのもどうかと思います。生きている歌手が現状の表現力で持ち歌を消化して披露することを、そう悪く言ってやらないで欲しい。でもそれだからこそ、カバーが流行るんでしょう。
阿久悠先生が、SPEED、MAX、D-LOOPらにカバーされた時に「また新しい命を吹き込まれて歌も甦る」と語ってましたから。

もう一つ、私に引っ掛かってるのは、ここに来てる人が最近のJ-POPに興味が無いのは判りましたが、あからさまに歌手の名前を間違えて表記してみたり、何言ってるのかわからないと、自分の理解の範囲を超えてるだけで、あまり蔑んで過去の歌手で比較し、こき下ろさないで欲しい。
特に最近の歌手名を何度も間違って表記するのは、挑発としか受け取れないので御注意。
ほんとに知らなくて間違ってるのも、ネット上では信じられなくて怖い。少し検索すれば解る事ですから。

私なぞは、基本的にアイドル雑食人間なので、誰それがダメだという話を訊くだけで心が痛みます。無視すればいいだけでしょうが、日本語の難しさなのか、大の大人がこの手の文章だけでムカムカすることを思えば、長崎の年端も行かない子供が常軌を逸した行為に出るのも理解できるかなと。(理解しちゃいけないのかな)

何にしても文章を書くのは難しいね。しかも正しくキモチを伝えることは。
KOSUKEさんの興味深い、楽しい文の中に悪意の無い「毒気」にあてられて、クラクラしてる男もここにいますから。これもうまく伝わるか...。

------------------------------------------------------------------------
こんばんは… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 2日(金)23時54分23秒

>私は「作り笑い」得意中の得意なんですけど(笑)。でもやっぱり人間ですから、
笑いたくない時はあります。そんな中で笑わなきゃいけないのはつらいですよね。

私も得意です。
笑いたくないときでも笑わなければならないということは、
気持ちを一瞬ニュートラルにしないと出来ませんね。
サービス業的事務職(なんだそりゃ…?)なので対お客様と接することも多くあるので
気持ちの切り替えが重要なんです。

>もう歌手がオリジナルと歌い方を変えるのが私は許せません。今さっきまでやっていた
テレビ東京のナツメロ番組で、尾崎紀世彦さんが「また逢う日まで」を歌い方はおろか、
メロディーも一部変えて唄ってましたが、言語道断ですよ。京平先生に失礼です。

見てました。
伊藤咲子さんや安西マリアさん達アイドルは、昔の部分も残しつつ、
今の自分も出そうとしていて好感がもてました。
歌のうまい歌手と呼ばれる方は、自分の歌いやすいように歌い直したり、
小慣れた感を前面に出したりして、好き嫌いの分かれるところですね。
よく、オリジナルを聴きたくて買ったCDに××沿線´95みたいに
ニューバージョンで入っていて、もう一度違うCDを購入、見たいな感じでしょうか?

>今は音域も3オクターブ出ると、先日「たけしの誰でもピカソ」で言ってましたよ。
もうヒット曲とかとは違う次元にいるんでしょ?

大人になったということでしょう…。
過去にしがみついているよりも、前を見て確実に歩みだしている姿には、
頭が下がる思いです。
自分には、何があるか、何がしたいかが美奈子さんには、きちんと見えているのですね。

>一緒に出た志村香さんにしゃべらせなかったくらい
しゃべりまくった、って母から聞いたんですが、それ本当なんでしょうか?

知りませんでした。
まだ志村さんが猫をかぶっていた頃ですよね、きっと…。

>アイドル→OLって転向もこちらが想像している以上に厳しいみたいですから、
解雇されない限りいざるをえないアイドル、っていうのも多そうですね。

自分から辞める事ができないのは、辛いの一言ですね。
仕事的にも、満足のいく仕事なんかほとんどなく、どんな気持ちでいるのか…、
次にやりたいことを探すにも顔が知れてる分やりにくいでしょうし…。

>今日のNHK-FMの「ひるの歌謡曲」、南沙織さん特集だったんですよ。

どんな選曲だったのか、非常に興味深いものがあります。
思い出せる範囲で結構ですので教えていただけますでしょうか…。

------------------------------------------------------------------------
本田さんは自爆未遂では? 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 2日(金)22時28分55秒

 スキャンドール様

>それでもアイドルから脱したいのでしょう…。
アーティスト気取りしたいのか、
笑顔を作るのが嫌になったのか、途中から笑わなくなったアイドルもいました。

 こんばんは。「笑顔を作るのが嫌になった」というのは十分にありそうですね。
誰か名前は忘れたけど、そう語っていた元アイドルの女性がいました。
私は「作り笑い」得意中の得意なんですけど(笑)。でもやっぱり人間ですから、
笑いたくない時はあります。そんな中で笑わなきゃいけないのはつらいですよね。

>“Thanks a lot”と言うアルバムでは、
その歌い方でC-Girl以降のヒット曲を歌い直しされています。
ちなみにCDの帯には、こう書いてあります。
“感謝の気持ちをこめ、過去と未来に乾杯!ヴォーカル再録、
リミックスによる11曲ベスト・アルバム”

 もう歌手がオリジナルと歌い方を変えるのが私は許せません。今さっきまでやっていた
テレビ東京のナツメロ番組で、尾崎紀世彦さんが「また逢う日まで」を歌い方はおろか、
メロディーも一部変えて唄ってましたが、言語道断ですよ。京平先生に失礼です。
この曲は私の中ではベスト3に入るほど重要な曲ですので、どうしても思い入れが強くなります。

>同時期なら、本田美奈子さんを思い出しました。
結構、本格派で好きでしたが、方向性が見つからずに自爆してしまった気がします。

 確かにWild Catsで自爆したかのように思えましたが、ミュージカルで完全に
路線変更、復活したのでは?今は音域も3オクターブ出ると、先日「たけしの
誰でもピカソ」で言ってましたよ。もうヒット曲とかとは違う次元にいるんでしょ?
でも彼女が「殺意のバカンス」で「ザ・ベストテン」のスポットライトに出た時、
私見られなかったんですよ。一緒に出た志村香さんにしゃべらせなかったくらい
しゃべりまくった、って母から聞いたんですが、それ本当なんでしょうか?

>そういえば「過剰にオンリー・ユー」で84年にデビューした松本友里さん。彼女も
「ロックでデビュー」という触れ込みでしたが、全然ロックじゃなかった(笑)。
バックバンドを従えていましたよね。
本人のやる気は十分だったと思います。
空回りした感の、はちゃめちゃ唱法とでも申しましょうか…、結構好きでした。
山本ゆかりさんと同期で、オリコンのランクではいつもゆかりさんの一つ下だったような気がします。
インパクトで言うと“飛んで火にいる恋の虫”もぶっ飛んでいて良かったです。

 松本さんはあとで「ロックは向いていなかった」と雑誌で振り返って言ってましたよ。
ちなみに「過剰にオンリー・ユー」は最高87位、山本ゆかりさんの「私MAILWA」は最高
80位、ほとんどいい勝負ですよ。山本さんだけが日本テレビ音楽祭の新人賞候補に
ノミネートされたのは覚えてますが。でも数年前「24時間テレビ」に出てて、「まだ
いたんだ」と驚きました。アイドル→OLって転向もこちらが想像している以上に厳しい
みたいですから、解雇されない限りいざるをえないアイドル、っていうのも多そうですね。
ちなみに真弓倫子さんがOLに転身したんですが、「絶えられない辛さだった」とヘアヌード
で復活した時週刊誌で語っていましたね。それにしても「飛んで火にいる恋の虫」、私は
聴いたことがありません。そのB面?の「悪戯素直少女」はCFソングで聴きましたが。

>。♪裏切ることが男の子なら 信じることが女の子なの・・・って断言なさってますが(笑)、現実はそうでもないっすよ(笑)。
裏切ることが女の子なら 待つことだけが男の子なのさ…今なら、こんな感じのセリフでもストーカーチックで面白いと思いますが…。

 誰か男性アイドルがカバーすればいいのに(笑)。でも売れないだろうなあ。「キモイ」とか
女子高生が言いそう(笑)。

 ところで話は変わるんですが、今日のNHK-FMの「ひるの歌謡曲」、南沙織さん特集だったんですよ。私職場が四谷なんで、ちょうど彼女の母校の上智の横で聴いたんですけど、ラジオから流れてくるとまたCDにない良さがありますね。ちなみに今日で、シンシアは50歳を迎えられたそうです。「17才」から33年・・・時の流れを感じさせます。 

------------------------------------------------------------------------
ズーニーブー 投稿者:初心者  投稿日: 7月 2日(金)21時27分56秒

ズーニーブーの「ひとりの悲しみ」と言う曲ご存知ですか。後に、尾崎紀世彦さんが「また逢う日まで」としてヒットさせレコード大賞まで登りつめた。詞は同じ阿久悠さんが新しく付けています。ザ・ピーナッツさんも確か?同じ事を一人でやっているはずです。
ズーニーブーの皆さん複雑な気持ちでしょうね。尾崎紀世彦さんもワンダースというGS出身と言うことも何か関係有るのでしょうね。失礼しました。

------------------------------------------------------------------------
WILD CATS… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 2日(金)20時06分42秒

KOSUKE様
>でも客観的に見れば、自分がアーティスト向きかどうかわかりそうな気もしますが。

それでもアイドルから脱したいのでしょう…。
アーティスト気取りしたいのか、
笑顔を作るのが嫌になったのか、途中から笑わなくなったアイドルもいました。

>「恋のUPSIDE-DOWN」。何があったのかと思いました。彼女のベストもあるんですけど、最後の方は別人です。聴けません。

“Thanks a lot”と言うアルバムでは、
その歌い方でC-Girl以降のヒット曲を歌い直しされています。
ちなみにCDの帯には、こう書いてあります。
“感謝の気持ちをこめ、過去と未来に乾杯!ヴォーカル再録、
リミックスによる11曲ベスト・アルバム”

>声質からして。菊地桃子さんの「ラ・ムー(笑)」を思い出してしまいましたが、
ちっともロックになってなかったですからね。

そうですね。
同時期なら、本田美奈子さんを思い出しました。
結構、本格派で好きでしたが、方向性が見つからずに自爆してしまった気がします。

>そういえば「過剰にオンリー・ユー」で84年にデビューした松本友里さん。彼女も
「ロックでデビュー」という触れ込みでしたが、全然ロックじゃなかった(笑)。

バックバンドを従えていましたよね。
本人のやる気は十分だったと思います。
空回りした感の、はちゃめちゃ唱法とでも申しましょうか…、結構好きでした。
山本ゆかりさんと同期で、オリコンのランクではいつもゆかりさんの一つ下だったような気がします。
インパクトで言うと“飛んで火にいる恋の虫”もぶっ飛んでいて良かったです。

>。♪裏切ることが男の子なら 信じることが女の子なの・・・って断言なさってますが(笑)、現実はそうでもないっすよ(笑)。

裏切ることが女の子なら 待つことだけが男の子なのさ…今なら、こんな感じのセリフでもストーカーチックで面白いと思いますが…。

------------------------------------------------------------------------
Self Controlでした 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 2日(金)19時24分20秒

 通りすがりの者様

>私も浅香唯さんのはじける歌唱法は好きでした。「C-Girl」を始めあの頃の曲は名曲揃いですね。だから「セルフコントロール」の時に歌い方が変わってしまい、この子に何が起こったんだろうと心配になりました。それから間もなくして活動休止でしたからね。

 こんばんは。そうそう、「Self Control」でしたね。「Chance!」まではハツラツとしてよかったんですが・・・惜しかったです。まして彼氏の影響と聞くと余計にね。

------------------------------------------------------------------------
基本的には同意ですよ 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 2日(金)19時21分42秒

 にこら様 
 
>自分はあえて順位はつけませんが、もしKOSUKEさんと同じように①「しあわせの一番星」②「赤い風船」と来ても、③は迷わず「わたしの宵待草」で「じゃあまたね」が入ってくることは絶対にないです、そのあたりは決定的に違うけど、あとはそんなに違わないのではないでしょうか、一方が今のJ-POPが好きなわけではないですから。

 こんばんは。まあ言われてみればそうですね。「今のJ-POPについていけないという点」は全く共通しているわけですから、感性が決定的に違うというわけではないでしょう。浅田美代子さんに関しても第1位・第2位が共通しているのならば。

>イントロの作り出すメルヘン的世界が「愛の花咲かせるために」と同様もっともよく出ているのが「想い出のカフェテラス」ではないかと思います、むしろ次の「少女恋唄」がお葬式のような暗いムードの演歌なので前の雰囲気を壊した(単に全く別な作品にしたかっただけですが)いたい作品です、でも最後のシングルで少しは挽回できなのではないでしょうか。

 うーん・・・京平先生と三木たかし氏の違いなのでしょうか、「想い出のカフェテラス」で「愛の花咲かせるために」の雰囲気を味わうことは私にはできませんね。このファーストアルバム(「赤い風船」)、A面のオリジナルは全部秀逸でしたよ。「夢でいいから」もう美代子さんが一番似合うだろうと勝手に断言させて頂きたいくらい、はまってました。最後のシングルは「この胸にこの髪に」ですよね?これも「少女恋唄」と同じくらい外してると思いますよ。とても挽回はできていないですね。 

>いわゆる職業作家とSSW(シンガーソングライター)はスタート地点からして違います。職業作家は大抵子供の頃からクラシックをやっていて、大学でジャズの洗礼を受け、卒業後にレコード会社で裏方の仕事に就くというのが多いのに対し、SSWの人たちはクラシックの勉強云々は個人差があるのでわかりませんが、そもそも曲を作るのは自分で歌うためというところで目的が違います、それからやたらにバンドをやりたいという衝動(?)があるのも特徴です。

 そこは基本的に同意見ですよ。プロの作家っていうのは昔はレコード会社の専属だったり、徒弟制度みたいなのがあったりして、基本的なレッスンを受けていたと思います。作曲家なら譜面は絶対読めるでしょうけど、SSWはそれも怪しかったりするからね。まあ、私はSSWにも好きな歌手はいっぱいいますので、どちらがベターとは言い切れませんが、職業作詞家・作曲家に活躍の場がほとんど与えられていない現状を憂います。

>バンドをやりたいという衝動といえばGSもあてはまりますが、彼らはテレビに出ないということをポリシーにしている(していた)連中よりも芸能界の裏方の世界をよく知っていますね。GSは当時、反体制だと云われたようですが、まったくそんなことはありませんでした。だから自分にとってはNMよりもわかりやすいです。それにGSの人は引退後もプロデューサーになったり、芸能プロの社長になったりとうまく業界に順応しています。

 うーんどうなんでしょう?転落していった人も多いと聞くし、人それぞれでは?でも「あの人は今」なんかで拝見する限りには「音楽の専門学校の講師」になってる人は結構多いですね。まあ、私も似たようなもんだけど・・・

>吉田拓郎さんは「じゃあまたね」で結婚のきっかけを作りましたが、作品自体は大いに抵抗感を伴うものでした、しかしその後「狼なんか怖くない」で自分のカラーをうまく殺して、提供者に徹したことは偉いことだと思います。

 まあ拓郎さんが作ったものはほとんど「拓郎色」がどっかに感じられ、それは石野真子さんにもキャンディーズにも多少は出ています。でも彼の色が出ていようが許せるレベルの高さだと思うんですね。梓みちよさんの「メランコリー」なんかその典型だと思います。

>彼女は清水まゆみさんとともに70年代後半を代表するカルトアイドルということで知られているようです、勿論「私の16才」のオリジナル「ねえねえねえ」を歌ったことも含めて。あまりこの辺りは収集していないので詳しいことはわかりません。

 2人とも私と偶然同い年なんですが、森まどかさんは当時中3とは思えないほど大人っぽい声でしたね。完成度が高かったのが逆にマイナスだったのか?清水まゆみさんはマネージャーと失踪して大騒ぎになったんですよ。(曲は聴いたことありませんが)

> そういえば「スケバン刑事」の後番に「少女コマンドーいづみ」というのがあったのを憶えていますか?

 「スケバン刑事」は一回も見たことないんですけど、その「少女コマンドーいづみ」というのも一応知っています。見たことはないけれど。期待されていたわりにイマイチだったようですね。ちょっと華が足りなかったんでしょう。

------------------------------------------------------------------------
サブカル様へ 投稿者:初心者  投稿日: 7月 2日(金)18時09分23秒

洋楽カバーもそうかもしれませんが、「釜山港へ帰れ」なんかは原曲の詞とは全く違うようですね。フォークルの「イムジン河」なんかは、それが原因の一つとして発売中止になったりしましたね。

------------------------------------------------------------------------
初めまして 投稿者:サブカル  投稿日: 7月 2日(金)17時26分53秒

60年代に流行った洋楽のカバー・ポップスはたくさんありましたけど、歌詞が独特で面白かったですよね。中でも漣健児さんの和訳にはまった人も多いと思いますけど、その漣健児さん全面監修による、発売されたばかりの「シャンテ」というCD付きブックをご存知でしょうか?「シャンテ」はあの頃の懐かしいヒット・ソングに乗せて、ちょっと懐かし目の俳優さんとか女優さんが(失礼!)歌詞を朗読していて、普通にCDを聞くよりも、より歌詞を楽しめるようになっています。懐かしいけど新しい、って感じです。CD屋さんじゃなくて本屋で売ってますので、興味のある人は是非聞いてみてください。

------------------------------------------------------------------------
女子高生バズーカ砲は恐い(笑) 投稿者:にこら  投稿日: 7月 2日(金)16時50分43秒

KOSUKEさま、
>こんばんは。なるほどね。にこらさんとは考え方は似ているけれど、これは完全に感性の不一致だな、ということがよくわかりました。私は浅田美代子さんで順位をつけると、①「しあわせの一番星」②「赤い風船」③(「わたしの宵待草」と迷いましたが)「じゃあまたね」なんです。「じゃあまたね」は、私は拓郎氏の作品の中では、拓郎テイストが抑えられているというか。浅田美代子らしさが出ているという点に絞ると、「しあわせの一番星」や「赤い風船」よりも上ではないか、という気がしています。なんといっても、結婚のきっかけになった曲ですし(それはどうでもいいことだけど)。むしろ「想い出のカフェテラス」の方が「?」なんです。「少女恋唄」が外してる、というのは異論はありません。

 まあ何から何まで嗜好が似ていたらそれこそ双子がクローン人間ですよ(笑)、お互いにあまり気にすることではないと思います。自分はあえて順位はつけませんが、もしKOSUKEさんと同じように①「しあわせの一番星」②「赤い風船」と来ても、③は迷わず「わたしの宵待草」で「じゃあまたね」が入ってくることは絶対にないです、そのあたりは決定的に違うけど、あとはそんなに違わないのではないでしょうか、一方が今のJ-POPが好きなわけではないですから。
 イントロの作り出すメルヘン的世界が「愛の花咲かせるために」と同様もっともよく出ているのが「想い出のカフェテラス」ではないかと思います、むしろ次の「少女恋唄」がお葬式のような暗いムードの演歌なので前の雰囲気を壊した(単に全く別な作品にしたかっただけですが)いたい作品です、でも最後のシングルで少しは挽回できなのではないでしょうか(「ヒロシの想い出」は秀逸)。

 前にも書いたのかもしれませんが、中途半端なアマチュアイズムが好きではないというのが大きな理由です。いわゆる職業作家とSSW(シンガーソングライター)はスタート地点からして違います。職業作家は大抵子供の頃からクラシックをやっていて、大学でジャズの洗礼を受け、卒業後にレコード会社で裏方の仕事に就くというのが多いのに対し、SSWの人たちはクラシックの勉強云々は個人差があるのでわかりませんが、そもそも曲を作るのは自分で歌うためというところで目的が違います、それからやたらにバンドをやりたいという衝動(?)があるのも特徴です。
 バンドをやりたいという衝動といえばGSもあてはまりますが、彼らはテレビに出ないということをポリシーにしている(していた)連中よりも芸能界の裏方の世界をよく知っていますね。GSは当時、反体制だと云われたようですが、まったくそんなことはありませんでした。だから自分にとってはNMよりもわかりやすいです。それにGSの人は引退後もプロデューサーになったり、芸能プロの社長になったりとうまく業界に順応しています。
 吉田拓郎さんは「じゃあまたね」で結婚のきっかけを作りましたが、作品自体は大いに抵抗感を伴うものでした、しかしその後「狼なんか怖くない」で自分のカラーをうまく殺して、提供者に徹したことは偉いことだと思います。

>ところでトップページの森まどかさん。この人も私にとっては「何者?」の領域です。小泉さんの「私の16才」のオリジナル「ねえねえねえ」を歌った人ですよね?

 彼女は清水まゆみさんとともに70年代後半を代表するカルトアイドルということで知られているようです、勿論「私の16才」のオリジナル「ねえねえねえ」を歌ったことも含めて。あまりこの辺りは収集していないので詳しいことはわかりません。

>(浅香唯さん)

 彼女の歌は1曲も知りません。むしろこの人のあたり役は「スケバン刑事」だと思っています。初代の斎藤由貴さんの印象はもう殆ど覚えていませんが、南野さんの「パート2」はよく見ていた記憶はあります(曲はまったく知りません)、京都大学出身の辰巳琢郎さんが悪役で出演していました。
 そういえば「スケバン刑事」の後番に「少女コマンドーいづみ」というのがあったのを憶えていますか?
 主演の五十嵐いづみさんという人が無実で刑務所にいる母親を助けるために警察と協力して悪の組織と戦うといった、「スケバン刑事」のフォーマットを踏襲したような話で、視聴率的には見事に失敗しました、まあ女子高生がバズーカ砲もって悪の組織の構成員を倒すというのは無理があったのではないでしょうか、再放送があったら是非みてみたいです、DVDは要らないけど(笑)。

------------------------------------------------------------------------
夏少女 投稿者:通りすがりの者  投稿日: 7月 2日(金)15時22分48秒

KOSUKE様                私も浅香唯さんのはじける歌唱法は好きでした。「C-Girl」を始めあの頃の曲は名曲揃いですね。だから「セルフコントロール」の時に歌い方が変わってしまい、この子に何が起こったんだろうと心配になりました。それから間もなくして活動休止でしたからね。でも最後の歌い方はやっぱり別人ですよね。聴く気が起きません。

------------------------------------------------------------------------
脱・プラトニック? 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 2日(金)07時25分19秒

スキャンドール様

>本当ですよね。
職業“アイドル”なんてかっこいいと思うんですけど…。

 これは世間一般にアイドルを軽くみてる、という現象がなきにしもあらずだから?
という気がします。またアイドルのうちは♪イメージが大切よ 清く正しく美しく
(by小泉今日子さん)ともありますから、生活の規制も大きいんでしょうね。
でも客観的に見れば、自分がアーティスト向きかどうかわかりそうな気もしますが。

>(浅香唯さん)
事務所トラブルの原因は、ギタリストだったかベーシストの彼氏の問題が
大きかったようです。
その彼氏がらみの曲からつまらないものになったような気がします。
歌い方も、ウィスパー唱法に変わってしまって、
何を歌っても同じ様に聴こえたものです。

 やっぱりオトコなのね。突然歌い方を変えたのが、今でも覚えてるけど
「恋のUPSIDE-DOWN」。何があったのかと思いました。彼女のベストも
あるんですけど、最後の方は別人です。聴けません。

>(大場久美子さん)
歌手の世界から女優の世界にお嫁に行きます…。でしたっけ…。
テレビで歌手引退コンサートを見て一緒に泣いたような気がします。

 うちのクラスでは人気ありましたよ。この日ものすごい嵐だったのに
武道館に見に行った友達もいました。この「スパッと合わないものを
決断できるか」、これもタレントには必要な要素という気がいたします。
ところでこのコンサート、TVでもやってたとは知りませんでした。

>(島田奈美さん)聴く方によっては違うと思いますが、少しロックっぽい“NO!”の頃からその傾向が
見え始めているような気がします。

 この娘にロックは合わなかったでしょう、声質からして。菊地桃子さんの「ラ・ムー(笑)」
を思い出してしまいましたが、ちっともロックになってなかったですからね。
 そういえば「過剰にオンリー・ユー」で84年にデビューした松本友里さん。彼女も
「ロックでデビュー」という触れ込みでしたが、全然ロックじゃなかった(笑)。
ロックの定義、って何なのよ?と考えてしまいましたが、本人が「ロック」と宣言
しちゃえばロックになっちゃうんでしょうか?でも第二弾の「ボーイ・キラー」、
なかなかインパクトがありました。

>あべ静江さん…でもこの人、ダイエットに成功してからTVに全く出なくなりましたね。
時々、雑誌のダイエットの宣伝でお見かけします。
出来たら、金髪では無く、黒髪の静江さんに戻って欲しいです。

 デビュー当時のあべ静江さんに戻って欲しいです。無理でしょうか?

>もうくどいと叱られそうですけど、「青春の坂道」がベスト10に
入ってたら、もうちょっと状況が変わったのではと思いますよ。
>そうですね、出来たら“青春の坂道”ともう1曲、ビッグヒットがあったなら、
アイドルとしての地位も揺ぎ無いものになったような気がします。

 この「もう1曲」が大事なんだけど、なかなか出てこないのも事実です。
「手編みのプレゼント」ももうちょっと売れてよかったですね。♪裏切ることが
男の子なら 信じることが女の子なの・・・って断言なさってますが(笑)、
現実はそうでもないっすよ(笑)。

 ところでトップページの森まどかさん。この人も私にとっては「何者?」の
領域です。小泉さんの「私の16才」のオリジナル「ねえねえねえ」を歌った
人ですよね?キョンキョンの数倍はうまかったけど、キョンキョンの数十分の
うちも売れなかったのでしょうか?ここにアイドル界の「うまくても売れない
ものは売れない」という法則を思い出してしまうのです。厳しいですね。
(こじつけだけど)「脱・プラトニック」の桑田靖子さんもしかりです。

------------------------------------------------------------------------
やはり、脱・アイドルと言うことでしょうか… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 2日(金)01時52分33秒

KOSUKE様
>こんばんは。全く同意見で、アイドルでデビューした子たちって、
なんでアーティスト志向に走っちゃうんでしょうね…。

本当ですよね。
職業“アイドル”なんてかっこいいと思うんですけど…。

>浅香唯さんも(彼女の場合は事務所のトラブルか?)ような気がするし。「C-Girl」「セシル」「Melody」といい曲が続いたのに・・・。

事務所トラブルの原因は、ギタリストだったかベーシストの彼氏の問題が
大きかったようです。
その彼氏がらみの曲からつまらないものになったような気がします。
歌い方も、ウィスパー唱法に変わってしまって、
何を歌っても同じ様に聴こえたものです。

>大場久美子さんなんて素晴らしいと思います。

歌手の世界から女優の世界にお嫁に行きます…。でしたっけ…。
テレビで歌手引退コンサートを見て一緒に泣いたような気がします。

>島田奈美さんに戻りますけど、私は「NO」って覚えてませんけど、この後も出してて、それがアーティスト志向路線だったわけですね?

聴く方によっては違うと思いますが、少しロックっぽい“NO!”の頃からその傾向が
見え始めているような気がします。

>あべ静江さん…でもこの人、ダイエットに成功してからTVに全く出なくなりましたね。

時々、雑誌のダイエットの宣伝でお見かけします。
出来たら、金髪では無く、黒髪の静江さんに戻って欲しいです。

>もうくどいと叱られそうですけど、「青春の坂道」がベスト10に
入ってたら、もうちょっと状況が変わったのではと思いますよ。

そうですね、出来たら“青春の坂道”ともう1曲、ビッグヒットがあったなら、
アイドルとしての地位も揺ぎ無いものになったような気がします。

------------------------------------------------------------------------
アーティスト志向はなぜ? 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 2日(金)00時25分54秒

 スキャンドール様

(島田奈美さん)
>素材的には良かったと思うのですが、
後半のアーティスト志向が難しかったのではないかと思います。
ちなみに、好きな曲は、ガラスの幻想曲(ファンタジー)〜NO!迄が、
アイドルしていて好きです。

 こんばんは。全く同意見で、アイドルでデビューした子たちって、
なんでアーティスト志向に走っちゃうんでしょうね。浅香唯さんも
「ロックを歌いたい」ということで消えちゃった(彼女の場合は
事務所のトラブルか?)ような気がするし。「C-Girl」「セシル」
「Melody」といい曲が続いたのに・・・だいたいアイドルのベスト
を聴いてると、終わりの方に行くにつれてつまんない曲になってる
んですよね。もっとアイドルでいることに誇りを持てばいいのに、
と思います。その点「アイドル歌手」として潔く散った大場久美子
さんなんて素晴らしいと思います。で島田奈美さんに戻りますけど、
私は「NO」って覚えてませんけど、この後も出してて、それが
アーティスト志向路線だったわけですね?

>私は「美人=あべ静江さん」というイメージが刷り込まれてるんですよ。
あの当時の知的で聡明な感じが素敵でしたね。
後の、男性とのゴシップ(男運の無い方です…)、記者会見での強気な発言で、
当時からのファンをかなり減らしてしまったのでは無いでしょうか…。

 ああ、そんなことありましたね。よく覚えていませんが、天地真理さんと
同じくらい変わっちゃいましたよね。清楚で上品なイメージだったのに・・・
「コーヒーショップで」とか「キャニオン・ポップス」(って何だ?)の典型
だったと思います。言うことないくらいの名曲でした。勿体無い。
でもこの人、ダイエットに成功してからTVに全く出なくなりましたね。

>横スレして申し訳ありませんが、岡田奈々さんの曲で自分の好きな曲を考えてみました。
第1位 くちづけ
第2位 手編みのプレゼント
第3位 らぶ・すてっぷ・じゃんぷ
次点  青春の坂道

 「らぶ・すてっぷ・じゃんぷ」の頃暴漢に襲われた事件は、今でも
生々しく覚えています。ちょうど77年の夏でしたが、この頃同じ
事務所(ボンド)から大場久美子さんが出てきて存在感が薄くなった
ような気がします。キャニオンもアイドルが多かったですからね。

>奈々さんは、メディアでの露出は、かなりの記憶に残るところですが、
大ヒットに恵まれなかったのが少し残念です。

 もうくどいと叱られそうですけど、「青春の坂道」がベスト10に
入ってたら、もうちょっと状況が変わったのではと思いますよ。

------------------------------------------------------------------------
岡田奈々さんも好きです… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 1日(木)23時51分43秒

KOSUKE様
>島田奈美さんについて…私はこの人は「内気なキューピッド」が好きですね。まあちょっと小さくまとまっていた印象はありますが。

(生意気な事を言いますが…)素材的には良かったと思うのですが、
後半のアーティスト志向が難しかったのではないかと思います。
ちなみに、好きな曲は、ガラスの幻想曲(ファンタジー)〜NO!迄が、
アイドルしていて好きです。

>私は「美人=あべ静江さん」というイメージが刷り込まれてるんですよ。

あの当時の知的で聡明な感じが素敵でしたね。
後の、男性とのゴシップ(男運の無い方です…)、記者会見での強気な発言で、
当時からのファンをかなり減らしてしまったのでは無いでしょうか…。

横スレして申し訳ありませんが、岡田奈々さんの曲で自分の好きな曲を考えてみました。
第1位 くちづけ
第2位 手編みのプレゼント
第3位 らぶ・すてっぷ・じゃんぷ
次点  青春の坂道
奈々さんは、メディアでの露出は、かなりの記憶に残るところですが、
大ヒットに恵まれなかったのが少し残念です。

------------------------------------------------------------------------
感性の不一致ですね。 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 1日(木)19時22分1秒

 にこら様

>拓郎氏の作品でどうしても拒否感があるのは美代子さんの「じゃあまたね」とかキャンディーズの「やさしい悪魔」(ただし「アン・ドゥ・トロワ」は良い)あたりですか、この2曲は、拓郎さんの拓郎さんらしい作品、要するに拓郎節(好きな人には堪らないと思いますが...)なので歌詞を男歌にして本人が歌ったほうが良いように思えますが...ちなみにキャンディーズで一番好きなのは「哀愁のシンフォニー」、美代子さんはすぐには思いつきませんが、「じゃあまたね」とか演歌の「少女恋歌」は残念ながら駄作の部類です、まあ美代子さんは「赤い風船」や「想いでのカフェテラス」の他にも曲には恵まれているのでこの2曲(「じゃあまたね」と「少女恋歌」)で大きく評価が落ちるとは思えませんが...。

 こんばんは。なるほどね。にこらさんとは考え方は似ているけれど、これは完全に感性の不一致だな、ということがよくわかりました。私は浅田美代子さんで順位をつけると、①「しあわせの一番星」②「赤い風船」③(「わたしの宵待草」と迷いましたが)「じゃあまたね」なんです。「じゃあまたね」は、私は拓郎氏の作品の中では、拓郎テイストが抑えられているというか。浅田美代子らしさが出ているという点に絞ると、「しあわせの一番星」や「赤い風船」よりも上ではないか、という気がしています。なんといっても、結婚のきっかけになった曲ですし(それはどうでもいいことだけど)。むしろ「想い出のカフェテラス」の方が「?」なんです。「少女恋唄」が外してる、というのは異論はありません。まあキャンディーズに関しては「やさしい悪魔」も嫌いじゃないですが、「アン・ドゥ・トロワ」がベストだと思いますね(当初はこれがラスト・シングルの予定だったんですが、解散が半年延期になったんですよ)。いずれにしてもどちらが優劣ということはなく、感じ方や好みの問題ですから、そこを議論しても無意味という気はします。

>湘南海岸通り」のイントロ聞いたら「ズームイン朝」思い出します(笑)、「バイバイ・ララバイ」なんて「火曜サスペンス」の世界ですよ。「だめですか」の外人コーラスは胡散臭いですね、あれは何回聞いても笑えます。 自分はリアルタイムでないので、受け取り方が違いますね、「青春の坂道」はそんなに印象的ではないですね、むしろ次の「若い季節」(佐藤健氏作曲)とかデビューの「ひとりごと」(都倉さん)、第3弾の「くちづけ」(森田さん)あたりですか、森田さんの作品は大体好きです、「青春の坂道」も彼の作品なんですが。

 なるほど、『ズームイン朝』ねえ。いろんな受け取り方があるものだと思いました。「若い季節」は「青春の坂道」に比べれば劣るけど、まあまあといった感想でした。デビューの年に出した3枚(「ひとりごと」「女学生」「くちづけ」)はインパクトが弱かったと思いますねー。「バイバイ・ララバイ」と「だめですか」はワンコーラス覚えてないんですけど、「なんか落ち目だなあ」という印象だけはありました。その次に「湘南海岸通り」でしたから、久々にハツラツとしたいい曲だなあ、と思いました。

 皆さま

 今朝の泉アキさんの「絶叫が犬の遠吠え、人間のものとは思えない」、これは私としては訂正したいと思います。ご本人が読んでいようがなかろうが不快感を与えたと思いますので、お詫びしたいと思います。失礼いたしました。

------------------------------------------------------------------------
「若い季節」(佐藤健氏作曲)とか 投稿者:にこら  投稿日: 7月 1日(木)12時35分58秒

KOSUKEさま、
>「生きがい」は私も好きですよ。「手紙」「ルームライト」(吉田拓郎氏作曲=NM系だからダメ?)も好きです。この3曲はベストに入ってるんですが、「故郷」っていう曲を是非聴いていただきたいんですね。気に入るかどうかは確信できませんが。

 「故郷」と「ルームライト」は聴いたことはないと思います。拓郎氏の作品でどうしても拒否感があるのは美代子さんの「じゃあまたね」とかキャンディーズの「やさしい悪魔」(ただし「アン・ドゥ・トロワ」は良い)あたりですか、この2曲は、拓郎さんの拓郎さんらしい作品、要するに拓郎節(好きな人には堪らないと思いますが...)なので歌詞を男歌にして本人が歌ったほうが良いように思えますが...ちなみにキャンディーズで一番好きなのは「哀愁のシンフォニー」、美代子さんはすぐには思いつきませんが、「じゃあまたね」とか演歌の「少女恋歌」は残念ながら駄作の部類です、まあ美代子さんは「赤い風船」や「想いでのカフェテラス」の他にも曲には恵まれているのでこの2曲(「じゃあまたね」と「少女恋歌」)で大きく評価が落ちるとは思えませんが...。

>なるほどね、ここでにこらさんと感性が一致しないことがわかりました。あんまり盛り上がるタイプの曲は×みたいですね。佐藤健氏は大橋純子さんのご主人、彼女の「サファリ・ナイト」とか書いてますね。岡田奈々さんの「手編みのプレゼント」も彼でした。なかなかレベルは高いと思いますよ。私ノーテンキな歌が好きなのか、岡田奈々さんといえば(「青春の坂道」は別格として)「湘南海岸通り」が好きですね。歌詞に突然「エマニエル夫人」が出てくるのもすごいし、ジャケ写もいいです。

 「湘南海岸通り」のイントロ聞いたら「ズームイン朝」思い出します(笑)、「バイバイ・ララバイ」なんて「火曜サスペンス」の世界ですよ。「だめですか」の外人コーラスは胡散臭いですね、あれは何回聞いても笑えます。
 自分はリアルタイムでないので、受け取り方が違いますね、「青春の坂道」はそんなに印象的ではないですね、むしろ次の「若い季節」(佐藤健氏作曲)とかデビューの「ひとりごと」(都倉さん)、第3弾の「くちづけ」(森田さん)あたりですか、森田さんの作品は大体好きです、「青春の坂道」も彼の作品なんですが。

------------------------------------------------------------------------
恐れ入りました 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 1日(木)11時56分52秒

 にこら様

>「♪かーえしてー」は「夕焼けのあいつ」です。もっとインパクトがあるのはのっけから「♪ひろしー、好きだったのー」ではじまる「想い出の夕焼け」です、この人の絶叫って犬の遠吠えみたいです(笑)。しかも作曲者が女性、未だに女性で作曲家専門という人は少ないですね(作詞家は昔から結構いた)、シンガーソングライターははいて捨てるほどいるのに。あとメロディーは普通だけど「愛を下さいマリアさま」という妙なタイトルの曲も。

 こんにちは。一回り若い方に教わるとは想像もしていませんでした。どうもありがとうございました。「夕焼けのあいつ」ですか。タイトルも記憶にありません。でもにこらさんの生まれた年から計算すると、私が津村謙さんの「上海帰りのリル」(ご両親はご存知のはずですよ。S25前後だと思いますが、名曲です)を解説してるようなもんですね。すごいこっちゃ。でも女性の職業作曲家ねえ。誰なんでしょう?確かに珍しいし、私は山川絵津子さんくらいしか知りません。でも本当に、絶叫が犬の遠吠え(爆笑)でした。人間のものとは思えませんでした。もう泉アキさんレベルになると、何でもあり(笑)というか、どんなタイトルでも驚きません。

>ベタな歌謡曲といっても演歌やムード歌謡は苦手とすれば...うーん、アダルト系も少しは興味あるけど深入りはしないと思います(笑)、いやーこの手のジャンルはコレクター多いですからねえ。由紀さおりさんといえば深夜のラジオで聞いた「生きがい」がよかったです。本人歌唱ではありませんが、牧美智子さんがアルバムでカバーしています、曲は次のとおり;

 「生きがい」は私も好きですよ。「手紙」「ルームライト」(吉田拓郎氏作曲=NM系だからダメ?)も好きです。この3曲はベストに入ってるんですが、「故郷」っていう曲を是非聴いていただきたいんですね。気に入るかどうかは確信できませんが。

>「終着駅」
「まごころ」
「なのにあなたは京都へゆくの」
「生きがい」
「恋の奴隷」
「恋のしずく」
「まごころ」だけはオリジナル(森山良子さん?)は聴いたことがありません。

 私は「まごころ」は聴いたことがありません。このリストでOKなのは「生きがい」だけですね。奥村チヨさんだったらむしろ「嘘でもいいから」(♪たまには頭を なでなでしてよん 京平先生作曲)の方が好きだなあ。

> 実は「横浜いれぶん」はあまり響かなくて、「めざめ」が一番好きだったりします。最近のアイドルはああいった素朴さがないですね。彼女は岡田奈々さんと比較すると割とNM系の作家(吉田拓郎、財津和夫)が多いですね。二人に共通していい曲を書いているのは佐藤健という人、「バイバイ・ララバイ」や「ジュ・テーム」あたりですか。

 なるほどね、ここでにこらさんと感性が一致しないことがわかりました。あんまり盛り上がるタイプの曲は×みたいですね。佐藤健氏は大橋純子さんのご主人、彼女の「サファリ・ナイト」とか書いてますね。岡田奈々さんの「手編みのプレゼント」も彼でした。なかなかレベルは高いと思いますよ。私ノーテンキな歌が好きなのか、岡田奈々さんといえば(「青春の坂道」は別格として)「湘南海岸通り」が好きですね。歌詞に突然「エマニエル夫人」が出てくるのもすごいし、ジャケ写もいいです。

------------------------------------------------------------------------
「♪ひろしー、好きだったのー」 投稿者:にこら  投稿日: 7月 1日(木)10時42分39秒

KOSUKEさま、
>まあその点、泉アキさんなんて強烈ですよね。最古の記憶が♪かーえしてーってサビの歌で題名はわからないんですが、すんごいインパクトで忘れられません。

 「♪かーえしてー」は「夕焼けのあいつ」です。もっとインパクトがあるのはのっけから「♪ひろしー、好きだったのー」ではじまる「想い出の夕焼け」です、この人の絶叫って犬の遠吠えみたいです(笑)。しかも作曲者が女性、未だに女性で作曲家専門という人は少ないですね(作詞家は昔から結構いた)、シンガーソングライターははいて捨てるほどいるのに。あとメロディーは普通だけど「愛を下さいマリアさま」という妙なタイトルの曲も。

>どうしてもNM風がダメでベタな歌謡曲となると、私はアダルト系を連想しちゃうんですよ。朝丘雪路さんなり弘田三枝子さんなり大信田礼子さんなり。あっ、私山本リンダさんなら買うかもしれません(笑)。ベタな歌謡曲でいくなら、由紀さおりさんなんかもよろしいんじゃないんでしょうか?彼女の「故郷」(童謡の方じゃないですよ)って曲が私は大好きなんですが、全然売れなかったんでご存知ないかもしれない。紅白で72年に歌ってるんですが、今持ってるベストには入ってません。

 ベタな歌謡曲といっても演歌やムード歌謡は苦手とすれば...うーん、アダルト系も少しは興味あるけど深入りはしないと思います(笑)、いやーこの手のジャンルはコレクター多いですからねえ。由紀さおりさんといえば深夜のラジオで聞いた「生きがい」がよかったです。本人歌唱ではありませんが、牧美智子さんがアルバムでカバーしています、曲は次のとおり;

「終着駅」
「まごころ」
「なのにあなたは京都へゆくの」
「生きがい」
「恋の奴隷」
「恋のしずく」

「まごころ」だけはオリジナル(森山良子さん?)は聴いたことがありません。

>「めざめ」「あした悪魔になあれ」の頃は、歌もヘタだし、ダサイし。それでも光るものはあったようですね。私の母は当時グリコのCFを見て「この娘売れると思う」と断言してましたし。まあプロダクション側も、あまり早急に判断しないことが賢明、という例ですね。事務所が「浅井企画」というのもよかったと思います。他の大手プロならどうなっていたか疑問ですね。やっぱり「大器晩成型」という人は
どんな仕事でもいますし。それだけに惜しすぎる突然の引退でしたね。

 実は「横浜いれぶん」はあまり響かなくて、「めざめ」が一番好きだったりします。最近のアイドルはああいった素朴さがないですね。彼女は岡田奈々さんと比較すると割とNM系の作家(吉田拓郎、財津和夫)が多いですね。二人に共通していい曲を書いているのは佐藤健という人、「バイバイ・ララバイ」や「ジュ・テーム」あたりですか。

------------------------------------------------------------------------
島田奈美さん他 投稿者:KOSUKE  投稿日: 7月 1日(木)06時43分51秒

 スキャンドール様

 おはようございます。「皆勤賞」狙いですか?
 まあ、お仕事に差し障りのない程度に・・・

 (島田奈美さん)
>もともとは、子役として活躍されていたみたいですね。
そして映画“パンツの穴”のヒロインオーディションに応募して、
“志村香”さんに惜しくも敗れてしまいましたが、
雑誌のモモコ関連の賞に輝きデビューされたと…。

 これは全く存じませんでした。「モモコクラブ」
のオーディションで合格したということですね。
あの西村知美さんや畠田理恵さんが優勝したコンテストですね。
でも結果的に、志村香さんより売れちゃいましたね。
数曲ベスト10に入ってますが、私はこの人は「内気なキューピッド」
が好きですね。まあちょっと小さくまとまっていた印象はありますが。
今は音楽関係のライターだとか?

>木ノ内みどりさん…ルックスも最初は「野暮ったい田舎娘(失礼)」そのものでした。
でもスカウトした浅井企画&キャニオン、スルドイッ!の一言です。
>もし、最初の数曲で引退されていたら、後のヒット曲に出会えなかったかもしれないと
思うと、こわいですね。
“めざめ”のジャケットは、ほっぺがりんごのように真っ赤でどことなく
やぼったいかんじですね。(それはそれで可愛いのですが…)

 「めざめ」「あした悪魔になあれ」の頃は、歌もヘタだし、ダサイし。
それでも光るものはあったようですね。私の母は当時グリコのCFを見て
「この娘売れると思う」と断言してましたし。まあプロダクション側も、
あまり早急に判断しないことが賢明、という例ですね。事務所が
「浅井企画」というのもよかったと思います。他の大手プロなら
どうなっていたか疑問ですね。やっぱり「大器晩成型」という人は
どんな仕事でもいますし。それだけに惜しすぎる突然の引退でしたね。

 話は変わりますが、同じキャニオンであべ静江さんもいました。
一昨日NHK-FMで特集をやっていたので聴きましたが、「コーヒー
ショップで」「みずいろの手紙」は勿論、「突然の愛」とか「秋日和」
とか結構いい曲多かったんですね。(もっとも覚えてます?)
せっかくダイエットに成功したのに、最近TVに出ないのが残念です。
私は「美人=あべ静江さん」というイメージが刷り込まれてるんですよ。

 初心者様

>日本アニメの中でも「キャンディキャンディ」が大好きでストーリなどは随分類似して引用しいるところがあるようです。

 ああ、ストーリーが「キャンディキャンディ」に似てるってことですね。失礼しました。「キャンディキャンディ」は主題歌しか知りませんが、冬ソナも考えれば劇画みたいな話ですから、(ストーリーはわからないですけど)ある程度納得です。

------------------------------------------------------------------------
KOSUKE様 投稿者:初心者  投稿日: 7月 1日(木)04時10分57秒

すみません。何か紛らわしい書き方していて「冬のソナタ」の監督さんが日本のアニメの大ファンで相当詳しいそうです。これは、番組内のキム次長?役の俳優さん(私は詳しく無くて)言って居たのです。そして、日本アニメの中でも「キャンディキャンディ」が大好きでストーリなどは随分類似して引用しいるところがあるようです。でも、少し聞いただけですが、主題歌は感じが違う?のでは。失礼しました。

------------------------------------------------------------------------
とうとう1日、休んでしまいました… 投稿者:スキャンドール    投稿日: 7月 1日(木)00時51分51秒

1日休むだけで、かなり話題が変わってしまいましたね…。

KOSUKE様
>島田奈美さん(ってのも懐かしいですが)は「クイズ100人に聞きました」にご家族と
出た時にスカウトされたらしいですから。

高校のときの同級生に奈美さんの大ファンがいて、かなり色んな情報を入手しましたが、
私自身、そこまでファンになれず大分、わすれてしまいましたが、
この話は覚えています。
もともとは、子役として活躍されていたみたいですね。
そして映画“パンツの穴”のヒロインオーディションに応募して、
“志村香”さんに惜しくも敗れてしまいましたが、
雑誌のモモコ関連の賞に輝きデビューされたと…。

>木ノ内みどりさん…ルックスも最初は「野暮ったい田舎娘(失礼)」そのものでした。
でもスカウトした浅井企画&キャニオン、スルドイッ!の一言です。

もし、最初の数曲で引退されていたら、後のヒット曲に出会えなかったかもしれないと
思うと、こわいですね。
“めざめ”のジャケットは、ほっぺがりんごのように真っ赤でどことなく
やぼったいかんじですね。(それはそれで可愛いのですが…)

PREV サイトマップ 随筆集 掲示板 ホーム過去の掲示板INDEXこのページ EP盤リスト キャプチャー画像集 LINKS とろりApps NEXT

モナ・ムール!歌謡ポップス 過去の掲示板(2) 「モナ・ムール!歌謡ポップス」EP盤のコレクションと、そのレビュー 随筆集


キャプチャー画像集 過去の掲示板(2) キャプチャー画像集INDEX 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 EP1 EP2 EP3 EP4 EP5 EP6 EP7 EP8 bbs1 bbs2