サイト内検索 powered by Google
キャプチャー画像集 過去の掲示板(2) キャプチャー画像集INDEX 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 EP1 EP2 EP3 EP4 EP5 EP6 EP7 EP8 bbs1 bbs2

PREV サイトマップ 随筆集 掲示板 ホーム過去の掲示板INDEXこのページ EP盤リスト キャプチャー画像集 LINKS とろりApps NEXT

過去の「モナ・ムール!歌謡ポップスの掲示板」(その38)

15.6.1〜15.6.30

------------------------------------------------------------------------
北原佐和子コンプリート 投稿者:クジラ2号  投稿日: 6月30日(月)20時47分32秒

昔のFAN さん>KP-700調整うまくいって良かったですね。
ビクターさんがアイドルのCD-BOXを発売するようですが、東芝さんは、そのうち・・・ 
伊藤咲子CD-BOXが発売になると良いですね。

CD「北原佐和子コンプリート・シングルス&モア」買ってきました。キャニオンさんのアイドル系ベストより高いだけあり、中身は充実しています。全シングル盤のカラー・ジャケ写、アルバム・ディスコグラフィ(カラージャケ写付き)で収録曲一曲ごと解説つきです。資料的価値ありです。いい仕事してます。「土曜日のシンデレラ」よいですね。

------------------------------------------------------------------------
KP-700)お礼 投稿者:昔のFAN  投稿日: 6月29日(日)15時21分24秒

nattomakiさん、クジラ2号さん、
ご丁寧にアドバイス頂いたおかげで、今日調整してみて、すごく良いコンディションになりました。
これで、昔のレコードが気持ちよく聴けます。
ありがとうございました。

------------------------------------------------------------------------
「哀しみ色の…」 投稿者:MACKY  投稿日: 6月28日(土)23時35分50秒

とろりさん>「涙のペーパームーン」も「半分少女」も、どことなくメルヘンティックな詞と曲ですよね。この頃が時期的にも、アイドルメルヘン路線の最後の頃でしょうか?秀美さんは「バイ・バイ・サマー」や「熱風」のように、叫ぶみたいに歌う曲が多く、それは本人のキャラにもあっていたような気がします。ただ、人によってはくどさを感じるかも知れませんね。

YD125Sさん>「もっと接近しましょ」の話は、以前ここでも話題になりましたが、かなり有名ですよね。何しろ、「グラマラスに抱いて…」だから確信犯です。

よっかーさん>私は今も昔もホリプロの女性アイドルにはどことなく共通点があるように思えます。ただ、このプロダクション、ちょっと辛口に言うと、「スター誕生」からスカウトしていた頃は質が高かったけど、味をしめて自分のところでコンテストを開くようになってだんだん…(以下自粛)

クジラ2号さん>「哀しみ色の…」は京本さんでしたか。失礼しました。「心に傷を隠し持ってるあなたに足りないものは愛ね」という歌詞が大好きです。

------------------------------------------------------------------------
現在のわかりやすいプロダクションは、 投稿者:よっかー  投稿日: 6月28日(土)01時08分50秒

現在でもイエローキャブ、ビーイング系、エイベックス、アクターズスクール(フリーゲイトプロ)、ハロプロ、オスカープロ、ジャニーズなんかは、傾向がはっきりしてる感じですよね。
もう見た目でわかるって感じ。

クジラ2号さん
香港、台湾などの方ではVCDの普及がすごいですね。
CDと2枚組になってるのをよく見かけます。VCDはライブやカラオケになってますね。
CDVの「のりピーCM集/いちごー!いちきゅう」持ってますよ。他にも何枚かあります。田村英里子「リバーシブル」、高岡早紀「セザンヌ美術館」、坂上香織「ベイビー・アイ・ミス・ユー」などなど。再生できるプレーヤーの普及がイマイチで流行らなかったですねー。

「必殺シリーズ」の主題歌は全部集めてますが、名曲揃いですよね。
今度の「ちゃんばら天国」は江戸の町の音っていうのがスゴイ(笑)。

ふ み お さん
VHDが出た時、私は仕事上LDのグループだったので、「あんな取り扱いのめんどうなプレーヤーは売れないよ」とセールス人がよく言ってました。ただビクターや、映画のいいソフトが多かったので、そこに魅力は感じてました。LDは出た時から「これで半永久的保存盤だな」と感激したのもつかの間、数ヶ月でノイズだらけになる盤が何枚か出て、たまに錆びる事がわかりショックを受けたこともありました。けっこう湿気には気をつけるようになりました。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日: 6月28日(土)00時02分28秒

☆YD125Sさま

ある芸能プロダクション、あるレコード会社に所属する歌手たちに共通する「何か」は
やはり、あるような気がします。
しかし、それを言葉で表現するのが難しいのです。ものすごく大雑把に言うと、「雰囲気」です。
(いや、これもちょっと違うな...。)

ただ、最近はそういう「何か」がなくなってきたように感じます。

☆クジラ2号さま

ほんとうに好きな曲を選んだのですが、マイナーな曲に偏ってしまった感がなきにしもあらず
ですね...。申し訳ありません。

ただ、第1位とそれ以外の曲が僅差でならんでいますので、1年後に選んだら第1位の曲の顔ぶれが
全然違うという結果になってしまうかもしれませんA^^;;。

------------------------------------------------------------------------
プロダクションって・・・ 投稿者:YD125S  投稿日: 6月27日(金)20時56分10秒

やはり、カラーというか、所属するタレントの共通項ってあるんだねー 相本さんと秀美ちゃんが同じ事務所とは知らなんだ・・(この場合「スポーティー」で「きまじめ」なイメージ!?かね〜 ・・・まさか「父ちゃんが警察官」ていう共通項じゃないでしょうね〜)なんにせよ所属事務所を起点にいろいろ話をしあうとおもしろいかもね・・・諸兄!!でも昔から私が持ってた視点ではあります・・・

 秀美ちゃんを酷評してすいません。いつ薬丸さんと結婚していつ引退したか(正式にはしてないか?)忘れてるテイタラクですが、1985年「もっと接近しましょ」なんかはうまいボーカルって感じしますよねー でもあれ、シーラEの「グラマラスライフ」のもろパクリであれの日本語カバーバージョンだと信じて疑わない友達が当時3人はいましたよ 

------------------------------------------------------------------------
思い出は風の中 投稿者:クジラ2号  投稿日: 6月27日(金)18時21分11秒

とろりん村のとろりさん>とろりさんの80年デビュ−組アイドルのフェバリット・ソングは、記憶にない曲が多いですね。さすがに幅広く聞いておられます。
相本久美子さんは、「涙のドライブ」が良かったですね。

MACKYさん>「哀しみ色の…」(ビクター VIHX-1648 1984年12月発売)は、”組紐屋の竜”こと京本政樹さんでした。”必殺仕事人㈸”の挿入歌で、元々音楽家をめざしていただけあり作詞・作曲も京本さんです。劇中曲にも色々かかわっていたようです。シングル盤のジャケ写は、かっこいいです。
LP「ラブレターの15分」「翡翠の気持ちがわかる夜」「MY PRESENT」「TENPTATION」「PARTY」「虚飾のカサノバ」など多くのアルバムを発表しています。

最近、火野正平さんのLP「冬よこい」(ディスコメイト DSF-5008)を入手しました。このLPには ”新必殺仕置人”劇中歌「思い出は風の中」「海」(両曲 火野正平作詞作曲)が収録されています。シンガーソングライターとしてもかなりのものです。その後「どりゅうず」(テイチク CI-3 1981年6月)、「ふり向いて・・・」(アポロン RL-3023 1983年1月)などを発表しています。

ふ み おさん>ありがとうございました。
VHDのカラオケは、かなり普及しましたね。おっしゃられるとうりディスクの寿命は短かったようです。

------------------------------------------------------------------------
ビデオディスク 投稿者:ふ み お  投稿日: 6月27日(金)16時30分16秒

クジラ2号様
>CDVって、日本ビクターさんが開発して、CDサイズのビデオ・カラオケなどで使用していたものと同じ規格なのでしょうか。「酒井法子CF傑作集」とかありましたね。

この辺りは既にパイオニアをやめた後なので詳しくは分かりませんが、オーディオCDのフォーマットに画像を載せたという意味ではCDVと似たようなものですね。たしかCD−Gという名称だったと思います。

パイオニアがレーザーカラオケを立ち上げた後ビクターは安価で十分な性能を持つビデオディスク、VHD方式を開発しました。この方式ではつるつるの盤面をそりみたいなピックアップで滑りながら信号を拾うものです。RCA方式同様静電容量方式の一種ですが、溝がありませんのでランダムアクセスやトリックプレイが出来る優れものです。(これを見て我々はソニーのベータと同様な運命になると観念しました)
ディズニーのパレードのように盤面の下にある信号をガイドとしてトラッキングを図るのです。
安価なシステムなのでレーザーディスクを駆逐しかかったのですが、いかんせん接触型ですので同じ曲を500回も再生したら傷だらけになり、まともに再生ができなくなります。
カラオケ店で人気のある曲はすぐに500回くらい再生することになります。自分の好きな曲が再生できないということで酔っ払い、バーのママさんに総すかんをくらい、再度レーザーディスクの登場となりました。(こんな運命のいたずらが無かったら今のDVDとかはなかったと思います)

VHDの製造はLPレコードのラインが流用できる素晴らしいもので、映画を見るには十分の性能でしたが(100回も同じ映画を見る人はあまりいないですね)カラオケで失敗しました。
尚レーザーディスクでは真空工程があり、開発当初は大変困難を極めました。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日: 6月27日(金)09時18分52秒

☆ふ・み・おさま、クジラ2号さま、nattomakiさま

いつも、いろいろお教えくださって、ありがとうございますm(_ _)m。
投稿を拝読するのが精一杯で、レスすらできないふつつかな管理人ですが、今後とも
何とぞよろしくお願いいたします。

☆昔のFANさま

はじめまして!

ぼくも少なからずオーディオが好きで、試行錯誤しながらレコードを少しでもいい音で
聴くためにオーディオのグレードアップに努めてきました。
とはいっても、「Stereo Sound」誌に掲載されているようなハイエンドなものは、どう
考えても買えませんA^^;;。ですので、筋金入りのオーディオ・マニアの人から見れば、
ぼくが持っているのは全部「大衆機」です。

ぼくはケンウッド(旧トリオ)のレコード・プレーヤー、KP−1100を愛用していました。
ところが、ついに壊れてしまい、新しいレコード・プレーヤーを買おうと思ったら、国内メ−カ−
はほとんどアナログから撤退していて、海外メ−カーのを買わざるを得なくなりました(泣)。

今までダイレクト・ドライブ式だったので、今度はベルト・ドライブ式のプレーヤーにしようと
思い、結局KP−1100の定価ぐらいのリーズナブルなのを選びました^^。

☆よねぞうさま

80年デビュ−組アイドルのマイ・フェバリット・ソングをシングル盤限定で考えると、

石坂智子・・・「流れ雲」
岩崎良美・・・「I THINK SO」「愛してモナムール」(同率で第1位)
甲斐智枝美・・「あなたのランキング」(『スタア』のB面)
柏原よしえ・・「レディ直前」(『第二章くちづけ』のB面)
河合奈保子・・「夏のヒロイン」
松田聖子・・・「Romance」(『風立ちぬ』のB面)

...何枚目かにあまり関係がないようです。すいませんm(_ _)m。

☆よっかーさま

デビュー曲はやはり、商店の「開店大売出し」と同様に^^、インパクト(岡谷章子)があって、
キャッチーな曲が選ばれることが多いので、セカンド、サードがヒットしないと苦しいですね。
おっしゃる通りです。

今はどうなのかわかりませんが、アイドルは3カ月ローテーションで新曲をリリースしていた
ものです。とすると、4枚目を出す頃には事務所もレコード会社も翌年の新人に重点を移すで
しょうから、なおさらです...。

☆クジラ2号さま

そういえば、いろいろな色があるのに、単独で名前に使えるのは「みどり」だけですね。不思議です。

☆YD125Sさま

石川秀美のボーカルは節回しが独特で、万人向けではないので、好き嫌いがわかれるでしょう。
けれども、下手ではないと思います。
ただ、彼女は常に熱っぽく、全力投球で歌うので「哀しみのブリザード」さえも夏の歌のように
思えた記憶はあります^^。

オールナイトニッポンに出ていたのは主に「近藤久美子」時代でしたが、「相本久美子」にも
出ていたと思います。

近藤久美子も石川秀美も芸映プロダクション所属でしたね。

このふたりには、元気なスポーツ少女というイメージを持っています。この後継者は...
ミッチョンでしょうか?

☆MACKYさま

ぼくもみなさんと、あまりにも嗜好が似ていることに驚いています。

そして、石川秀美のマイ・ベスト・フェバリット・ソングは、何といっても「涙のペーパームーン」なのです。

そもそも、曲の最初から何かすごいサビが待っているような感じをリスナーに抱かせます。
そして、「とんできて...ティンカー・ベル」をきっかけに曲が動き始め、
「性格 なおせる クスリが ほしいの」がやってきます。ここのたたみかけるようなクレッシェンド
の連続、そしてサビ...。あの部分を聴くときの気持ちは、とうてい言葉で言い尽くせません。

「半分少女」は筒美京平の曲もさることながら、橋本淳の詩がすばらしいです。
ロマンティックで、フェアリー・テールの世界で遊ばせてくれるような詩は、頭の中で反芻しているうちに
胸にじーんとしみいるような美しさに満ちています。

胸が高鳴って、つい、筆が走ってしまいました...。すいませんm(_ _)m。

------------------------------------------------------------------------
「自惚れ」 投稿者:MACKY  投稿日: 6月26日(木)22時33分02秒

YD125Sさん>私は秀美さんの曲は好きなものが多いのでどれがFavoriteかは少し悩みますが…実は「夏のフォトグラフ」かもしれない…「涙のペーパームーン」や「めざめ」(これも渋い選曲でしょ?)も捨てがたいけど…あと前にも話題にした「Sea Loves You〜キッスで殺して〜」とかも…ただ、秀美さんの同期でもっと音程が外れる人がいたので、私はあまり気にはならなかったのですが…

クジラ2号さん>三田村邦彦さんの必殺ソングでは「自惚れ」が好きです。あと「哀しみ色の…」も三田村さんでしたっけ?

------------------------------------------------------------------------
必殺の秀 投稿者:クジラ2号  投稿日: 6月26日(木)20時40分21秒

YD125Sさん>「旅愁」のCDは、下の方(6月19日)を見てください。6月25日発売です。
必殺橋掛人「もどり道」は、収録されていませんが、「ちょんまげ天国」第二弾に収録予定です。

http://www.hmv.co.jp/news/newsDetail.asp?newsnum=306130075&category=1&genre=500&style=0&pagenum=1

三田村邦彦さんの「思い出の糸車」(東芝TP−17156 1981年9月)は、CD「新必殺仕事人/必殺仕事人3 オリジナル・サウンドトラック」(キングKICA−3014 1996年5月2日)に収録されています。
ミニアルバムで「必殺の秀」(東芝 T12-1002 1982年4月)というレコードも出ていました。

------------------------------------------------------------------------
MACKYさんよ〜 投稿者:YD125S  投稿日: 6月26日(木)20時02分10秒

「涙のペーパームーン」もシングル持ってます!!なんでこう指向性ぴったりかなー!!
 でも、出色の歌の下手さですよねー秀美ちゃんは・・・あれは何人たりともフォローの余地なしでしょう!とくにこの曲の「すきすきすきすきらい〜♪」のダブルトラックになるとこなんかとりつくしまもない下手さです。でもギター弾いて歌ってたなー けっこうロック(ンロール)っぽい曲ではあります でも健康的な脚がいいの!!! (ってなことを当時のスタイリストさんもゆってたような記憶が・・・)

------------------------------------------------------------------------
「涙のペーパームーン」 投稿者:MACKY  投稿日: 6月25日(水)22時28分24秒

とろりさん、YD125Sさん>「半分少女」をFavoriteにしている方がこんなにいるとは私もビックリでした。思えばキョンキョンの曲の中で、一番素直なアイドルソングっていう気がしますよね。私はちょっとした掛詞に惹かれるタイプで、この曲でいえば「嬉しくしく泣いてるの」とか、あとは秀美さんの「涙のペーパームーン」の「すきすきすきすきらい」とか、単純であればあるほどコロッと参ってしまいます。

3段活用の件は、当時何処かの雑誌で読んだ記憶があるのですが、プロモーション側の意図した仕掛けだったようですね。「クライマックスご一緒に」は、桑田佳祐さんが、「今やキョンキョンもこんな曲歌ってて…」みたいなことを当時言っていて、その頃ウブな私は全く意味が分からなかったのですが、今となっては、確かに凄いタイトルですね。

必殺シリーズで好きな曲は、やっぱり「冬の花」かな。現代版仕事人でメンバーがカラオケでこの曲を歌うシーンがあって、いかにも似合っていたのが印象に残っています。

クジラ2号さん>全く関係ないですが、初期のクイズダービーで、五月みどり、笹みどり、うつみ宮土理の3人のみどりさんが解答者席に揃ったことを思い出しました。

------------------------------------------------------------------------
酒井法子CF傑作集 投稿者:クジラ2号  投稿日: 6月25日(水)21時32分15秒

ふ み お さん、よっかー さん>CDVって、日本ビクターさんが開発して、CDサイズのビデオ・カラオケなどで使用していたものと同じ規格なのでしょうか。「酒井法子CF傑作集」とかありましたね。
香港盤「プリシラ・チャンAVCD」という盤は、3曲映像入りで12曲が音楽です。アジアでは、沢山発売されているようです。マレーシア盤で、”VIDEO CD MULTI AUDIO”という盤がありますが、映像入りが2曲入っていたと思います。

荒木由美子さんは、「ヴァージン・ロード」「フラストレーション」「うつらうつら」とかありましたが、「横須賀レイニー・ブルー」が好きでした。

とろりん村のとろり さん>「にしざきみどり」、「うつみみどり」「えびなみどり」・・・みどりがつくと締まりますね。

6月25日は、沢田研二さん、あややの誕生日だったかな。

------------------------------------------------------------------------
Thanks A Lot 投稿者:YD125S  投稿日: 6月25日(水)21時22分23秒

「旅愁」ですねありがとうございました。あれいい曲ですよねー!!入手は可能でしょうね!?必殺シリーズ関係は佳曲多いですが、これが最高峰!! あと、三田村邦彦の♪おもいでのーいとぐるまぁー♪で、タイトルは「思い出の糸車」ですか?んっ?不明 これもいいです とにかく1980〜1982頃が番組的には最高でしたよ。
 『半分少女』私も?1です。アコギのソロ(当時珍しかったかも)がイイ!!まねしました
荒木さんの『渚でクロス』宇崎、阿木作でなかったかなー 土曜オールナイトの2部ゲストに宇崎さんが出てた記憶があるんですよ。川島なお美さんといい相本久美子(当時近藤?)さんといい芦川よしみさんといい土曜日は大物アシスタント多し

------------------------------------------------------------------------
浅丘ルリ子 投稿者:Toshi  投稿日: 6月25日(水)13時03分58秒

テイチク/クロニクル・レーベルでは、浅丘ルリ子の歌手デビュー40周年を記念して、彼女の60年代録音全作品を集めたCDを制作中です。ただ、下記の作品のマスターテープが見つからず、やむをえずレコード盤からマスターを起こすことになって、現在レコードを探しています。つきましては、レコードをお持ちで貸していただける方がいらっしゃいましたら、ぜひ御一報ください。

●霧に消えた人 c/w 傷心の雨(NS-755)
●島原の子守唄 c/w 北風子守唄(SN-365)
●流れる雲 c/w 赤い涙(SN-625)

http://www.teichiku.co.jp/

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日: 6月25日(水)00時43分24秒

MACKYさま

西崎みどりの芸名の変遷は「西崎緑→西崎みどり→西崎緑」ですね。
ぼくは「西崎みどり」表記に馴染みがあるので「西崎緑」表記には少し違和感があります。
ただ、「にしざきみどり」と音読すると、響きがきれいないい名前だなあと思います。

「当時女の子→少女→娘への三段活用って言われてましたね。」

これは知りませんでした!「まっ赤な女の子」→「半分少女」→「艶姿ナミダ娘」...。
なるほど、鋭いですね。

あの〜...。

「まっ赤な女の子」→「半分少女」→「艶姿ナミダ娘」→「クライマックス御一緒に」
→「渚のはいから人魚」

で、「女の子→少女→娘→姫→人魚」の五段活用

っていうのはダメですか^^?(←ダメに決まってますね^^;;。)

ぼくの小泉今日子ベスト・フェバリット・ソングはMACKYさんと同じく、「半分少女」
です。約20年間、不動の第一位です。これについては「EP盤リスト(その5)」
で書きましたので、重複は避けることにします。でも、ひとことだけ...。

MACKYさんは「『半分少女』が一番好きかも。」と書いておられます。
この箇所を拝読して、MACKYさんもあの曲が好きなのか...と、少し驚き、同時に
大いに納得しました。

「半分少女」と、そのB面「ココナッツ・ドリーム」は「筒美京平−橋本淳」の黄金コ
ンビが彼女に提供した唯一の作品です。よりによって、それを好きになるとは...。

「筒美−橋本」コンビの作品にはリスナーの心を惹く何かがある。

ありきたりな結論ですが、それを実感することができたのは貴重な体験でした。

MACKYさん、ありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------
KP-700 投稿者:昔のFAN  投稿日: 6月25日(水)00時18分08秒

nattomakiさん、クジラ2号さん、
貴重なアドバイスありがとうございました。
土日に時間かけてやってみますね。
裏を返せば、「これだからアナログはおもしろい」っていうことでしょう。(笑)
他の趣味も仕事も完全なデジタル人間ですが。。。
(ちなみに別の趣味の写真も銀塩回帰完了。時代逆行かな。。。)

http://www.dcn.ne.jp/~old_fan/

------------------------------------------------------------------------
「旅愁」ですよ。 投稿者:よっかー  投稿日: 6月24日(火)23時24分06秒

西崎みどり最大のヒット曲「旅愁」は、必殺暗闇仕留人の主題歌でした。
西崎みどりは必殺シリーズで主題歌・挿入歌を数曲歌ってますし、ドラマに出演もしてます。
必殺仕業人「さざなみ」、必殺橋掛人「もどり道」、必殺仕舞人「流星」などなど。

YD125Sさんのいうのは「旅愁」ですね。
デビューシングルは色々な意味で面白いですよね。なんか一般的にデビュー曲以上に、2枚目、3枚目がヒットした歌手ほど長持ちしているというイメージがあります。1発目のインパクトを超せないと難しいんでしょうかねぇ。
榊原郁恵「私の先生」、荒木由美子「渚でクロス」の同時デビューと、その後のヒット曲展開が何かにつけて引き合いに出てきます。
そう考えるとKinki-kidsはすごいな....。

ふ み お さん、ありがとう。

------------------------------------------------------------------------
続けてすんません 投稿者:YD125S  投稿日: 6月24日(火)20時12分24秒

私はどっちかというと、ファーストシングルが好きだなー、堀「潮風の少女」、中森「スローモーション」、岡田「ファーストデート」、水野「私のモナミ」、早見「急いで!初恋」等々、佳曲枚挙にいとまなし!!ただしハズレもいとまなし!!でも、力はいってんじゃないっすか〜!ファーストはそれなりに!!
 西崎緑さんは、必殺シリーズの「あなたを〜さがーして〜♪ここーまでーきたーのー」というエンディング曲を歌ってなかったでしょうか?私の思い違いかなー うーむ

------------------------------------------------------------------------
久々のカキコで・・・ 投稿者:YD125S  投稿日: 6月24日(火)19時59分43秒

しばらくです!!キョンキョンの「半分少女」のジャケ、懐かしいったらありゃしません 買った買った!!同時期発売の「Separation」というテープには別バージョンが入っていて、(こっちは確かフナヤマモトキさんアレンジ)こっちも捨てがたいんです。(ねーえ〜♪いーりーえまーでー♪って歌うの!!)そのキュートな♪ねーえ〜♪に、Shook Upの大学1年の私めであったのです!!

------------------------------------------------------------------------
CDV 投稿者:ふ み お  投稿日: 6月24日(火)17時29分59秒

よっかーさん、
>ちょっと前にあったCDVの映像はLDみたいな規格なんでしょうかね。
最近思うのは、あやや、ごっちんといったアイドルのCDがリリースされると、PVのDVDも同時に発売されてるんですが、「ええぃめんどくせぇーっ、なんで1枚に収録しねぇえんだ」と思ってる訳で。私が持ってる久保田利伸のCDVは曲が2つ、映像が1つ、という感じで収録されてて、とても良かったンですがねぇ。

CDVは画像が最大5分オーディオが20分収録できるということでしたが、5分しかない画像とそれに見合った音を入れる用途はあまり多くなく、ビジネスにならなかったようですね。
LDプレイヤーが今のDVDプレイヤーくらいに普及していれば話が違ったと思いますが。
DVDにしても日本ではプレイステーションがなければ今のようになっていません。
今となってはあらゆる性能・機能も上なDVDがありますので、CDVは絶滅ですね。
ディスク製造原価はそんなに変わりませんので。

>1枚のCDに2つの規格を入れるのは面倒なんでしょうかねぇ。
技術的には問題ないと思いますが、2枚の売上をやめて、一枚だけにするということはビジネスとしてはないんでしょうね。

------------------------------------------------------------------------
「夜明けのMEW」 投稿者:MACKY  投稿日: 6月23日(月)23時03分33秒

とろりさん>「半分少女」のジャケット、ありがとうございます。このジャケ写も結構好きなんですよ。そういえばその昔、「夜明けのMEW」が男歌だからといって、カラオケでこの曲を歌って周りを固まらせるサラリーマンとかいたっけな…

クジラ2号さん>ご無沙汰してました。そうそう、「Fade Out」は企画ものシングルでしたね。

------------------------------------------------------------------------
KP-700 投稿者:nattomaki  投稿日: 6月23日(月)21時31分06秒

>昔のFANさん
・WEB上で検索してみましたが、KP-700のデータはありませんね。

 ただ、手元にKP-700Dのカタログはあります。それによるとクジラ2号さんのおっしゃるとおりオーバーハングは15mmでした。
 型番のDの有無はモータがDLモータになっているかいないかの違いだと思われますので、この数値で問題無いと思います。
 KP-700Dは評判の良かったターンテーブルだったという記憶がありますので、KP-700も良いものではないでしょうか。

 あとはクジラ2号さんのおっしゃるとおりです。
 針先がセンタースピンドルの中心から15mm先になるように調整してみてください。
 針圧も適正値より重目にするのが普通です。わたしは1割強増しくらいにて使っています。

 カートリッジは、シェルに対して傾いていないように調整してください。

 内周歪みとは直接関係ないですが、レコードに針を乗せたときに、アームが水平になるように、アームの高さを調整します、この調整はDL-103のような円針のときはそれほどシビアでなくても良いのですが。
 TRIOですと、付属しているはずの六角の棒をアームの根元に差し込んで回すと、アームの高さが調整できるようになっていると思います。

 ただこれらの調整をしても、もともと内周では音が歪みやすいので、調整をしても歪むかもしれません。
 その場合は、カートリッジをハイコンプライアンスのものに変えてみるのも一つの方法です。
(針圧の低いカートリッジはハイコンプライアンスのものが多くなります。)

------------------------------------------------------------------------
DL−103 -2 投稿者:クジラ2号  投稿日: 6月23日(月)19時15分00秒

昔のFANさん> (アームがターンテーブルの中心より何ミリ出るか)というより(針先の位置がターンテーブルの中心より何ミリ出るか)の方が正解です。

------------------------------------------------------------------------
DL−103 投稿者:クジラ2号  投稿日: 6月23日(月)18時59分19秒

昔のFANさん> ”レコードの内周で、音が歪む・・・”に関しては私も以前こちらの掲示板で色々と教えてもらいました。過去の掲示板に情報があります。

”トーンアームはターンテーブルに付属してきました”・・・との 事なので、水平をしっかりとり、オーバー・ハング(アームがターンテーブルの中心より何ミリ出るか)は分からなければ、一般的には15mm前後に設定すればいいようです。
アームはゼロ・バランスをとりカートリッジの針圧に合わせればOKです。DL−103の場合適正針圧は、2.5プラス・マイナス0.3グラムですが、このカートリッジは、適正値ぎりぎりが良いようです。(2.8グラム)
インサイドフォース・キャンセラーは、一般的には「針圧と同じ値に目盛りを合わせる」と説明書には書いてありますが、実際は若干低めにセットしたほうが、無難のようです。
私が知っているのはこのぐらいです。nattomakiさんが、詳しそうなのでフォローよろしくお願いします。

MACKY さん>ひさしぶりです。キョンキョンの「Fade Out」(1989年7月28日発売)は、一般の音楽好きの人に色々なヴァージョンを作ってもらうコンテストの為に、音素材として発売したミニ・アルバムだったような・・・

------------------------------------------------------------------------
RE:教えて!)トーンアームの設定 投稿者:昔のFAN  投稿日: 6月22日(日)23時43分16秒

nattomakiさん、
どうもです。
トーンアームはターンテーブルに付属してきました。
ターンテーブルはトリオのKP-700です。
マニュアルすらどこかに紛失してしまいましたので、数字が何もわかりません。
こんな情報で何かアドバイス頂くこと、できますか?
何かわかれば教えてください。よろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------------
「半分少女」 投稿者:MACKY  投稿日: 6月22日(日)21時24分57秒

よっかーさん>ご無沙汰してました。諸事情あって少しお休みしていました。よっかーさんは「Fade Out」がベストなんですね。やっぱり玄人受けする曲なんだなあ。私のキョンキョンベストは何だろう、とちょっと考えてみて、「夜明けのMew」や「木枯らしに抱かれて」なんかも捨てがたいけど、実は今となっては非常に地味な存在の「半分少女」が一番好きかも。当時女の子→少女→娘への三段活用って言われてましたね。

------------------------------------------------------------------------
RE:教えて!)トーンアームの設定 投稿者:nattomaki  投稿日: 6月22日(日)09時51分22秒

・とりあえず、プレーヤの型番(単品のトーンアームだったらその型番)はわかりますか?

 その症状だとオーバーハングあたりがあやしいんですが、その数値を調べないと調整もできませんし。

------------------------------------------------------------------------
80年代はじめのアイドル 投稿者:よねぞう  投稿日: 6月22日(日)02時33分11秒

デビュー曲より、2番目の曲がいいというのが共通かな、と。
きよんきょん〜私の16歳もいいが、素敵なラブリーボーイのほうが私は好きで。
松田聖子〜はだしの季節より、青いさんご礁。私としては風は秋色のほうが好き。
石川秀美〜妖精時代より、ゆれて湘南のほうが・・・
中森明菜〜スローモーションもいいが、やっぱ少女A
例外〜岩井小百合ちゃん〜ドリームドリームドリームが最高!

------------------------------------------------------------------------
Fade Out は大好き。 投稿者:よっかー  投稿日: 6月22日(日)00時36分17秒

MACKYさん
ひさぶりです。
「Fade Out」はキョンキョンの全曲中、一番好きな曲です。
あのCDは便利で、カラオケも、ボーカルのみもあって、色々な遊びに使えました。
私の口笛で唄うキョンキョンの「Fade Out」なんて作ったりしてました(笑)。

------------------------------------------------------------------------
「Fade Out」 投稿者:MACKY  投稿日: 6月22日(日)00時10分01秒

よっかーさん>「君こそわが命」は、村松友規さんの著作を読むと、かなり露骨なプロモーションを行ったようですね。タクシーの中で曲を流して運転手を洗脳(?)したり、酒場のジュークボックスで何度もリクエストをかけたり、レコード店で売れ残っている分を全部買い占めたり…「真夜中の結婚式」と含めて、この頃考えられる有りとあらゆる手段を使ってヒットさせたみたいです。まあ、楽曲も今でも十分通用する名曲ではありますが…

とろりさん>前にも書きましたが、「誰よりも君を愛す」など、ホント素人では歌えないくらい難しいですよね。そういえばマヒナスターズは揉めているそうですが…

、「必殺渡し人」あたりの頃の西崎みどり(当時)さんは、清楚でとても美しいイメージだったな。改名して脱いでからは、その面影はどこにもないけど…そういえばこのジャケットを見ると、この人2度改名しているってことになりますね?

最近訳あってキョンキョンの「Fade Out」を何度か耳にする機会があり、当時は何か変な曲だなあと言う印象しかなかったこの曲が、実はなかなか上質なテクノ・サウンドではないかと思えてきました。テクノが得意な近田春夫氏の最高傑作では?それとこの曲、7分以上もあるとは知らなかった。その1年前の「夏のタイムマシーン」を意識していたのかな?

------------------------------------------------------------------------
西崎緑が可愛い〜3(いつまでやるんだ) 投稿者:よっかー  投稿日: 6月21日(土)23時28分35秒

「ちいさなプリンセス」の作曲・遠藤実先生は、山本リンダの「こまっちゃうな」同様に、西崎緑を見たまんまで曲を作ったのかなぁ(笑)。

とろりさん
いわゆる商業主義ってヤツになるんでしょうかねぇ。
それでも昭和40年頃以前は楽曲優先というイメージがあります。NHKなんかで名曲誕生の裏話を紹介する番組で「君こそわが命/水原弘」なんかも、タイアップとかいうより水原弘にいい歌を唄わせ、完成した後にプロデューサーが聞いて、何万枚プレスするとか話が出てましたね。
今とリリースへの流れが違うんでしょうか。
だから先日も山口百恵さんも幻の歌とか言われる、リリースしなかった楽曲が出てきたりするんでしょうか。他にも黛ジュンの「真赤な太陽」であったり。

それにしても西崎緑。いいなぁ(笑)。ロリコンになりそー。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日: 6月21日(土)22時54分42秒

よっかーさま

所属事務所がそれでは、困りものですね...。
でも、曲名が微妙に違うというのがあるんですよ^^。

「埠頭を渡る風。」の「。」は「モーニング娘。」と同じくらい悩ましい句点ですが、
これは、おそらくミスプリントでしょう。

あの西崎緑の全身写真はボーズも完璧ですね。
立ち方といい、手の表情といい、首のかしげ方といい、尋常ではありません^^。
写真を撮られ慣れているという感じです。

昔の歌手というのは、どう考えても素人には歌えない曲を歌っていますね。
「哀愁波止場」「佐渡情話」(美空ひばり)とか。船村徹も彼女以外の人が歌うことを
全く想定していないように感じます。

カラオケの普及は素人が歌うということを制作者側に意識させ、ひいては、とてつもな
い名曲を減少させたのかもしれません。

------------------------------------------------------------------------
教えて!)トーンアームの設定 投稿者:昔のFAN  投稿日: 6月21日(土)22時46分53秒

古いトリオのクオーツロックのターンテーブルを使っています。
ずっと壊れていたのですが、最近部品とり用の同じ製品を購入できたこともあり、修理に成功しました。ところが、トーンアームの設定の方法を失念してしましました。どなたか以下についてアドバイス頂けませんか?

(問題点)
レコードの内周で、音が歪む(割れる)

*確かトーンアームの設定でかなり現象改善できたと思うのですが、何しろ数十年ぶりに使っていることもあり、どうしても思い出せません。実験してみることもしたいのですが、使っているのがデノンのMCカートリッジなので、冒険はしたくありません。
これだけの情報でアドバイスいただけるかどうか???ですが、よろしくお願いします。

http://www.dcn.ne.jp/~old_fan/

------------------------------------------------------------------------
西崎緑が可愛い〜2 投稿者:よっかー  投稿日: 6月21日(土)11時47分47秒

これはデビュー曲ですよね。
西崎緑の所属する小松プローモーションは、プロフィールに「小さなプリンス」でデビューなんて載せてるんですよ(笑)。もしこの「ちいさなプリンセス」の事なら、ずいぶんといい加減だなぁ。
来月はわが地元にお芝居をしにやってきます。

全身写真。ホントだ。べつに私はロリコンって訳じゃないけど、スゴイ!こりゃ可愛いわ〜(笑)。

最近は低年齢のアーティストも増えてきましたが、7歳っていうのはさすがに聞かないですよね。
カラオケの普及で国民の歌唱レベルの平均値も上がり、ヘタが少なくなった代わりに、飛び抜けてる人が目立たなくなりました。昔は唄う機会も少ないからヘタも多いけど、ケタ違いにうまい人がプロになってるってイメージがありますね。

ふ み おさんに質問。
ちょっと前にあったCDVの映像はLDみたいな規格なんでしょうかね。
最近思うのは、あやや、ごっちんといったアイドルのCDがリリースされると、PVのDVDも同時に発売されてるんですが、「ええぃめんどくせぇーっ、なんで1枚に収録しねぇえんだ」と思ってる訳で。私が持ってる久保田利伸のCDVは曲が2つ、映像が1つ、という感じで収録されてて、とても良かったンですがねぇ。
1枚のCDに2つの規格を入れるのは面倒なんでしょうかねぇ。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日: 6月21日(土)03時36分28秒

よっかーさま

「ちいさなプリンセス」は1967年リリースで、彼女はこのとき、7歳です。

よっかーさんがおっしゃる通り、かわいいですね〜!

ちなみに、ジャケット裏面に全身写真が掲載されています。

これなど、ほんとうに呆然としてしまうくらいかわいいですA^^;;。

------------------------------------------------------------------------
西崎緑が可愛い〜 投稿者:よっかー  投稿日: 6月21日(土)01時50分33秒

とろりさん
この「ちいさなプリンセス」はいつ頃のモノですか?

------------------------------------------------------------------------
赤いソノシート 投稿者:まるこめ  投稿日: 6月19日(木)22時38分25秒

「オバQ音頭」の赤い小さなソノシート、ぼくも持っていました。
なにか月刊誌の付録だったような気もします。
同様のソノシートで、ドラマ仕立ての「ゴジラは王様」なんてのもありました。
うう。いつの時代の話なんだか(笑)。

------------------------------------------------------------------------
旅愁 投稿者:クジラ2号  投稿日: 6月19日(木)22時03分40秒

ふみおさん>早速の、回答ありがとうございました。小さい頃同じくらいの大きさの赤いソノ・シート(オバQ音頭?)を持っていたような気がします。

話は変わりますが6月25日に西崎みどりさんの芸能生活40周年を記念してのCD「みどりに逢いたい」(徳間ジャパン)が発売になります。「旅愁」だけで3ヴァージョン(シングル)(TV用MONO1コーラス)(ライブ)収録されています。
次回は「もどり道」「さすらいの唄」「西陽のあたる部屋」など、必殺シリーズヒット曲&カヴァー曲集CDを出してほしいです。ソニー音源も再発してほしいですね。

  http://musicfinder.yahoo.co.jp/shop?d=c&cf=10&id=tkca72557

------------------------------------------------------------------------
尤雅  投稿者:永瀬 康  投稿日: 6月19日(木)12時14分56秒

よっかー様 クジラ2号様

香港盤での表記は、中国名の「尤雅」です。

手軽に楽しむ為に『尤雅 18 greatest hits』(LFLP346)にシングル6曲(「処女航海」「叶えてください」「胸さわぎ」「新しい恋」「異国の風」「わたしは舟」)を加えCD−R化したのですが、ボーナス・トラックで加えた6曲に関しては、居心地悪そうにしながら一生懸命頑張って歌おうとしている尤雅の姿が見えてしまいました(あくまでも曲から受ける個人的な印象に過ぎないのですが)。
 当時の日本の歌謡界では、仕方の無かったことなのかもしれないのですが、日本語の歌謡曲を歌わせるよりも、“台湾からの歌姫”のキャッチフレーズで母国語で歌ったレコードでデビューさせていたら・・・と思うと残念です。是非「優雅」ではなく「尤雅」のレコードを探して聴いてみて下さい。全然違います。

------------------------------------------------------------------------
CDサイズのレコード 投稿者:ふ み お  投稿日: 6月18日(水)21時37分22秒

クジラ2号さん、
>12センチ・アナログレコード「J-POP STANDARD JAZZ」という、CDと同じサイズのレコードがあるようですが、回転数は 33 1/3rpmなのでしょうか?

はいそうです。ただし、現在試作段階といえるレベルです。
音質とか内周部の問題(オートプレイヤーですと最内周部はトレースできずに止まってしまう)とかいろいろな問題が山積しています。
直径10cm位のものとそれ専用のプレイヤーも試作しました。それでオールディーズなんて聞くとなんともいえない感じがします。音質なんてどうでもよいというレベルですが。
また巨大なレコードも作りました。
尚、J-POP STANDARD JAZZの音源は最先端デジタルと倍速アナログテープで当代ナンバーワンのジャズミュージシャンを集めて同時一発録音でとった時のアナログ音源を利用しています。

------------------------------------------------------------------------
尤雅 投稿者:クジラ2号  投稿日: 6月18日(水)21時22分50秒

永瀬 康 さん>はじめまして、よろしくお願いします。貴重な情報ありがとうございます。
「処女航海」のプロフィールだと中国名「尤雅」となっていますが、香港盤での表記は「優雅」になっているんでしょうか。

ふ み お さん>12センチ・アナログレコード「J-POP STANDARD JAZZ」という、CDと同じサイズのレコードがあるようですが、回転数は 33 1/3rpmなのでしょうか?

よっかー さん>現在の私の中古レコード洗浄の方法は、水道水でレコードを湿らせ、発泡メラニン樹脂のスポンジ(ドイツ製と書いてあるスーパーなどで売っている白いスポンジ 小さいのだと100円ぐらい)に水を含ませ軽く力を入れ溝に沿って軽くこする。発泡メラニンには、極細の繊維組織があって、溝の奥のスクラッチ要因物質を落としてくれるらしい。あまりゴシゴシやると薄い擦り傷が(ほとんど音には関係しない)つくのでほどほどに。次にセルロース・スポンジ(100円ぐらい)に水を含ませ同様に軽くこする。水道水で浮いたホコリ、カビなどを洗い流します。
そうしたらすぐに、水ふきとり用クロス(旭化成ベンリーゼ素材 100円)でくまなく水分を吸収します。
自然乾燥にすると、水道水に含まれる消毒用のカルキなどが盤に残ってしまう可能性があるし、空気中のゴミを、水が吸い込むかもしれないので・・・
大事な盤はその後バランス・ウォッシャーA・B液で処理します。

以上、責任はもてませんが、オーディオ誌などに書いてあったものを参考に色々試した結果現在はこれでやってます。
HDD録音については後日。

YD125Sさん>ルースターズの全曲未発表音源によるスタジオ録音盤CDがでたようです。
   http://www.shinseido.co.jp/hogaku/indies/hagakure/vol8.html

------------------------------------------------------------------------
聞いてみたいなぁ 投稿者:よっかー  投稿日: 6月16日(月)23時38分45秒

永瀬康さま
その優雅のアルバムはいいですね〜。
いつの日か聴いてみたいなぁ。
情報ありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------
優雅 投稿者:永瀬 康  投稿日: 6月13日(金)15時53分50秒

初めまして、永瀬です。宜しくお願いします。

優雅のCBS・SONYリリースのレコードは、《筒美京平の世界・シンコーミュージック刊》74年の項でシングル、アルバムのジャケット写真並びに収録曲をチェック出来ます。

香港盤で『優雅 18 greatest hits』(LFLP346)がライフ・レコードより73年に出ていました。その中の1曲に日本の歌謡曲が“愛的世界”というタイトルで中国語でカバーされ収録されています。聞き覚えのある軽快なメロディーなのですが、どうしても日本語のタイトルが思い出せません。

------------------------------------------------------------------------
ジャケットは大きい方がいい。 投稿者:よっかー  投稿日: 6月12日(木)13時29分14秒

CDが普及し始めた頃の輸入盤が少し縦長のジャケットだった時があったじゃないですか。
場所とるけど、あれくらいあると色々な写真が楽しめるんだけどね。

私の提案としては、DVDのパッケージみたいなのに統一してくれればブックレットも文庫本くらいのサイズで入るからいいんだけどなぁ。

確かに今のジャケットではグループアイドルはつらい。

------------------------------------------------------------------------
復刻盤はアナログにかぎるね 投稿者:板倉弘志  投稿日: 6月12日(木)12時42分20秒

シングルの復刻はアナログがいい。というのはジャケット写真がネックなんですよ。
CD移行時期に話題になっていたんですが、「光GENJIみたいにメンバーが多いと顔が小さく写ってよくない」と言っていたものです。
たしかに今のモー娘のCDジャケットでは物足りないと感じているファンもいるのでは?

------------------------------------------------------------------------
アナログの復刻盤 投稿者:ふ み お  投稿日: 6月11日(水)22時41分47秒

くじら2号さん。
>オープンの生テープはマクセルが2002年で生産を終了して国産メーカーで生産している会社は無くなってしまったようです。

数ヶ月前アナログとデジタルの音質の差を確認しようと最先端のデジタル機器といろいろなところから引っ張り出してきたアナログ機器をスタジオに用意し、さらに現在最高といわれるジャズミュージシャンを集めて双方の機器で一発録音をしました。
アナログ機器を集めるのはそう難しくなかったのですが、メタルリールとテープは結構大変だったようです。
このCDとアナログを聞き比べると誰でもその差は分かります。好き嫌いは別ですが。
アナログは長く聞いていても疲れないというのが一番多いコメントでした。
なおブラックディスクは小鉄さんにマスターはカットしてもらい、重量盤でつくりました。

ところで山口百恵さんの復刻版のシングルCDとかが話題になっていますね。
どうせならドーナツ盤で作ったらと思うのですが。
皆さんのご支援があれば企画したいと思いますが。

------------------------------------------------------------------------
トーン・アーム 投稿者:クジラ2号  投稿日: 6月11日(水)22時04分20秒

先日本屋さんへ行った時に「アナログ 2 」という本がありました。6月にデノンから発売されるというカートリッジなしのフル手動(?)のプレイヤーの記事もありました。ふみおさんが書かれていた以外にももう一機種安いのも発売されるようです。7万5千円でクオーツ・ターンテーブルで
アームの中の線材も良質の物のようです。最近は、高額のトーン・アームばかりになってしまったので、アームだけ2万5千円ぐらいで単品販売して欲しいですね。けっこう需要はあると思いますけど・・・

LPも洗える超音波洗浄器も記事がでてました、2種類あり、ワット数により6万ぐらいと9万円ぐらいだった(もう少し安かったか?)と思いました。

よっかー さん>優雅の曲情報ありがとうございました。

アナログ音源再生計画 というサイトがありました。
   http://www6.shizuokanet.ne.jp/wbf/ongen/ongen_main.htm

オープンの生テープはマクセルが2002年で生産を終了して国産メーカーで生産している会社は無くなってしまったようです。

------------------------------------------------------------------------
偏心とカビキラー 投稿者:nattomaki  投稿日: 6月11日(水)21時30分24秒

[偏心]
・昔、中道さんのターンテーブルに、
 アブソリュートセンターサーチとかいう偏心を補正するシステムがついていましたね。
 Dragon-CTとか。

・確かに効果がありそうだったので興味があったけど、当時は手がでませんでしたが…。 

[カビキラー]
・塩化ビニルは塩素系の暴露には強そうなので、カビキラーは良いかもしれませんね。
 (でもこわくてできないな(汗))
 ちなみに昔、木工用ボンドにチャレンジしたことがありましたが、うまくはがせなかったため断念。

------------------------------------------------------------------------
盤の汚れと優雅 投稿者:よっかー  投稿日: 6月 9日(月)23時49分11秒

中古やジャンクで買ってきたのは、カビの汚れが多いって話を丸呑みして、直にかけるのはキツそうだから半分以下で薄めて使ってますが、水で流しながら刷毛ではらいます。
乾かすのに自然乾燥、あるいは除湿機を使ってるんですが、これがなかなか時間がかかります。
細長い棒に何枚か通して干してるのが、一番待ち遠しいけど、効果はありますよ。

何度聞いても針が飛んだりする盤も、この洗い方で聞けるようになった盤もあります。
あまりにスゴイ傷の場合はどーしょうもないけどね(笑)。

優雅の曲は全部、筒美京平だったと思います。
今、手元に「明星・昭和49年6月号」があって、『春。風にのって、海のむこうからやって来たふたり…』という記事に、優雅(18歳)とテレサ・テン(19歳)が載ってます。
優雅のプロフィールは次の通り。
本名・林麗鴻(リン・レイ・ホン) 1955.12.18.台湾・台北市生まれ
父は貿易商で日本との取引が多いので日本語ペラペラ。優雅はその父に子供の頃から習っていたので、カタコトながら日本語は上手。16歳の時、台湾テレビの連続ドラマ「姉妹花(シイメイファン)」の妹役でデビュー。その主題歌を歌って大ヒット。LPは台湾で12枚、東南アジア全域で20枚以上も出している。趣味はバドミントン。現在、姉と新宿のアパートで二人暮らし。
ファンレターはホリプロへ。

という感じです。台湾にも懐かしのメロディーってのがあるなら、優雅を見てみたいし、そんなに多くのレコードが出てるならCDの1枚くらい欲しいなぁ。

------------------------------------------------------------------------
偏芯 投稿者:ふ み お  投稿日: 6月 9日(月)23時25分55秒

>輸入盤では、CDもLPもディスクのセンター穴の位置が多少ずれているというものがあります。
日本盤だったら出荷しないだろうというのが、たまにありますね。
CDやDVDはテーパー(円錐形状)のセンター軸を使ってできるだけ偏芯の少ない状況にしてディスクをセットするようにしています。(このあたりのテーパーの最適化の研究もしていました)ただし摩擦があるのでうまくセットできないことがあります。多少偏芯が多くてもサーボ機能と補償回路で再生はできますが、やはり音質に問題がでてきます。もし再生時なんだかプレイヤーの振動やノイズが多いと思ったらディスクを取り出し、再度セットをやり直してください。音質が向上します。(多少信号エラーがあってもそれを補償することになっていますが、音質は落ちます)

------------------------------------------------------------------------
カビキラーとママレモン 投稿者:クジラ2号  投稿日: 6月 9日(月)21時08分25秒

よっかーさん>優雅「処女航海」は、なかなか程度が良くヘッドホーンで聞いてもほとんどノイズが在りませんでした。価格は390円ぐらいでした。ジャケも美品でした。「SONY/フィーメイル・アイドル・コレクション」のライナーに、シングル3枚と2枚のアルバムをだしていると書いてありますが、筒美京平作品が多いのでしょうか?

メガネ洗浄用の超音波洗浄器は以前使用してましたが、(シングル盤を垂直にして手で回して洗浄してました)あれは、3分ぐらいで振動が切れてしまい数分休ませなくてはいけないので時間がかかりますね。「カビキラー」を薄めた液とはすごいですね!盤はいたみませんか。完全に液を洗い流さないと、いけないんでしょうね?私も以前は、中性洗剤(ママレモン)をかなり薄めて使っていました。(蒸留水は水道水よりも盤によくないようですね。)現在はどうしているかは、後日。

ふ み おさん>いつもながら専門的な深いはなしで、感心しています。
輸入盤では、CDもLPもディスクのセンター穴の位置が多少ずれているというものがあります。
日本盤だったら出荷しないだろうというのが、たまにありますね。

------------------------------------------------------------------------
光ピックアップ 投稿者:ふ み お  投稿日: 6月 8日(日)09時33分16秒

レーザーターンテーブルはどんな音がするか聞いてみたいですね。
信号の取り出し(レコード表面のぎざぎざによる光の拡散で変調された光信号をフォトダイオードで拾うことになりますね。レコードは光の反射なんて無関係に作られていますが)その光信号をどう処理し、スピーカーに入力しているのでしょう。

フェンダーの管球ギターアンプのひずみはカントリーミュージックにはなくてならないのと同じように、レコードはメカニカルなスタイラスでの信号取り込みでないと、その音になれた人たちには受け入れられないとは思いますが。
レコードではピックアップの針を物理的に変位させることにより信号を拾いますので、必ず位相差がでます。特に大きな音(矩形波)の場合音がなまります。これがレコードの音が耳にやさしいというひとつの理由だと思います。

レーザーディスクは(CDも)トラックピッチ1.6ミクロンですが、ディスクのセンター穴の偏心は30ミクロン、そしてプレイヤーの回転軸の偏芯も10ミクロン以上あり、ディスクセットの際また20ミクロンは誤差が生じますので、最低でも±50ミクロンの偏芯を持つことになります。そのままではレーザービームは60トラックくらい横切ることになります。それでミラーを振って(今はレンズ本体)トラックを追従するのです。(トラッキングサーボ)
この場合トラックの半径が絶えず変わっていますが、回転速度は一定なので、線速度も変化します。その補償ためまたミラーをふって線速度を一定にします。(今はCCDで補償)この補償がないとNTSCではカラー画面がモノクロになってしまいます。(微妙な位相差を利用してカラー信号を作っていますので)

ここで上記の話をレコードに当てはめてみます。
ワウフラッターをなくすために重たい(慣性モーメントの大きい)ターンテーブルを用い回転ムラを極小化してもほとんど意味のないものになります。レコードの偏芯によるムラは高価なターンテーブルの100倍以上大きくなりますので。

それよりレコードの穴を大きく開けて、レコードを自由に動けるようにし、顕微鏡をみながら回転させてトラックの偏芯を最小にしたほうがはるかによい事になります。(研究開発初期のレーザーディスクプレイヤーでは信号読み取りのためのフォーカスサーボで精一杯で、トラッキングサーボは困難でしたので偏芯調整が必須でした。この辺の話はどんな本にも書いてありませんが)

------------------------------------------------------------------------
クジラ2号さん 投稿者:よっかー  投稿日: 6月 8日(日)01時08分29秒

優雅「処女航海」ありましたか。いいですねぇ。私のシングルはチリキズだらけで「SONY/フィーメイル・アイドル・コレクション」というCDのおかげで、またキレイに聞けるようになってます。「胸さわぎ/優雅」も探してますよ。

昨日は「ハードオフ」でジャンク扱いのEPを4枚(200円)で買ってきました。
意外と盤はキレイでした。
『お祭りの夜/小柳ルミ子』『パープルシャドウ/高田みづえ』
『恋する季節/西城秀樹』『Strangers Dream/ジャッキー・リン&パラビオン』
と言う定番でもジャケットの状態がいいモノに釣られて買っちゃいました。

日曜日は盤をキレイに洗浄します。いいクリーナーが近所にないから「カビキラー」を薄めた液を未使用の柔らかい筆で盤に塗りのばして、水で流した後、メガネ洗浄用の超音波洗浄器に少しずつ漬けて乾かして、最後にNAGAOKAクリーニングスプレーで仕上げという、まったくの自己流なんですが、「おいおい、よっかーさんダメだよ」という方。御意見お待ちしてます(笑)。

------------------------------------------------------------------------
レーザーターンテーブル 投稿者:nattomaki  投稿日: 6月 7日(土)22時49分48秒

・レーザーターンテーブルについては以前から気にはなっているですが、試聴してみないことには…ね。って感じで、

 値段は確かに高いのですけど、音質的に満足できれば、購入しても良いかなとは思っています。
 ただ、1社しか作っていない現状では技術の蓄積と洗練が進まないので、それほど好ましい音が出るとは思えないのですよね。

・それよりも差し当たっての関心事は、レコード盤の超音波洗浄機の購入をどうするか。
 確かにこれで洗った盤はからは一皮むけた艶やかな音がするのですが、盤を痛めるって説もあるので…どうなのかなぁ。

・ちなみにわたしめのアナログシステムは20年程前の、定価¥89,800のターンテーブル+定価¥28,000のピックアップカートリッジですがこのレベルの機器でも、10年前の普及機クラスのCDプレーヤから出る音よりは好きです。

 普段は、marantzのCDR630って業務用CD-RレコーダのA/Dコンバータを通してWAVE化したファイルをHDDにためこんで聴いていますけど。
 これも2種類の聴きかたがあって、気合を入れて聴くときは、CDR630のD/Aコンバータをスルーさせて聴きます。本当に普段は、USBオーディオデバイスのローランドUA-30のD/Aコンバータ経由で聴いてます。

・レコード盤直で聴かないのは、すり減るからっていうよりも、やっぱり面倒だから。

・旧譜のCD化を礼賛しているする気にはなれないけれど、礼賛している方々に、“安く出回ってるLP買えば、差額でターンテーブル買えるし、そのほうが良い”とまでは言えないんだよなあ(汗)

------------------------------------------------------------------------
処女航海 投稿者:クジラ2号  投稿日: 6月 7日(土)21時04分43秒

ふみおさん よっかーさん 昔のFANさん>ニュースステーション見ました。非接触レコード・プレーヤーも(別方式でも)LSI化が進み5万円ぐらいで発売されれば良いですね。現状は、高嶺の花ですね。

レコードは以前はカセットに録音して聞いていましたが、今はパソコンにいれて(中古レコードの場合は傷によるノイズなどは、取り去って)聞いていますが、本気で聞くときは、レコード・プレーヤーで聞いてます。

よっかーさん>優雅の「処女航海」のレコード買って来ました。ジャケット写真は、久美かおりさんを、ふっくらとさせたような顔でしたが、声は太めで意外と大人っぽい声でした。
聞いている内にオムニバスCDで持っている事を思い出しました。

------------------------------------------------------------------------
映画館にてお待ちしております 投稿者:シネマ・下北沢  投稿日: 6月 7日(土)16時08分19秒

突然の書き込みで失礼いたします。
私共は映画館シネマ下北沢と申します。
この度、ザ・タイガース主演映画
「ザ・タイガース ハーイ!ロンドン」
を上映することとなりました。
この機会にぜひ足をお運びください。

期間:6月14日(土)〜6月20日(金)
時間:19:30より1回上映
料金:特別鑑賞券1,000円
   当日券一般1,200円/シニア1,000円
   2回券1,800円
お問い合わせ:03-5452-1400(シネマ下北沢)

詳しくは当ホームページまで。
http://www.cinekita.co.jp

ご来場心よりお待ちしております。

------------------------------------------------------------------------
60年代後半のお話 投稿者:ふ み お  投稿日: 6月 7日(土)09時08分03秒

昔のFANさん
昔のレコードの話懐かしいです。
私は車が一番好きで、それを仕事にしたくないので2番目に好きなオーディオの会社にはいりました。(学生時代一緒に走った二人の友達は今F1のウイリアムスとダイムラークライスラーの幹部として働いています。私もそっちにいけばよかったかも。^^;;;  )
ただ音楽に関しても私はバンドとか自分で演奏するほうが好きでしたが。
研究所の大半の同僚はオーディオマニアで、当時の寮は6畳二人同室でしたが、そこにとてつもなく大きなウーハーとかスピーカーシステムを二人とも持ち込み(布団を引く場所もない状態)、ぜんぜん違ったジャンルの曲を同時にがんがんならしているまさに****としかいえない人たちもいました。
私はそういうのはだめで、一人アパートを借り、毎夜カーステレオを聞きながらベレGを駆っていました。(ガソリン代とアパート代だけで手取りを超えていましたが)
私はそんなだったのでレコードの扱いについては普通の人とそれほど変わらず、本当に好きなものは保管用にもう一枚買っていましたが、大半の同僚はティアックのサンパチ、金属リールで録音してテープできいていました。

そうはいってもレコードをかけるたびに消耗するという感じは当時の大半の人がもっていた感覚と思います。レコードの価格も当時の収入から言うとかなり高かったですね。(一回聞くとラーメン代くらいは消耗するなんて感じでした)
針を落とす時の緊張感(失敗した時の喪失感も)とその場から視聴ポイントまでそーっと移動するなんて何ともいえない感覚でしたね。

この6月にデノンからカートリッジなしのフル手動(?)のプレイヤーが発売されます。15万円だそうですが、緊張感に若い日の思い出をダブらせる人をターゲットにしているのでしょうね。

私もそういう人をターゲットにした企画を2年程前から提案しているのですが、機が熟してきたような気がします。

よっかーさん
エジソンが白熱電球やレコードを発明してから100年ちょっと経ちますね。(今の定義で言えばエジソンが発明したわけでなく、実用化したというのが正しいのでしょうが)
今から30年ちょっと前私はLDの開発をしていましたが、隣のグループは音質評価とかデジタル化を進めていました。デジタル音をIBMのメインフレームに数秒入れることに成功したときは皆大騒ぎをしていました。(その担当者は今DVDの規格で日本の中心的な立場にいます)
HiFiビデオの3倍モードが実用化されたときは6時間も高音質の録音ができるので利用する人は多かったですね。

LPの音はやはり音に含まれるコンテンツがCDとはかなり異なりますね。
かつてLDを一緒に開発した仲間は今DVDオーディオ開発の責任者になっていますが、1年程前彼の研究室で最高の音を聞かせてもらいました。最初はそれほどの音かと思いましたが、時間がたつにつれその音の自然さに気がつきました。デジタルといってもこのレベルですとLPより良いかとも思います。同行した作曲家もそういっていました。ただしこのレベルの音を出そうとするとシステムは1000万円を超えます。
したがって安価なシステムでも音のふくよかさを表現できるレコードは永久に不滅なのでしょうね。

------------------------------------------------------------------------
レコードの扱い術 投稿者:昔のFAN  投稿日: 6月 6日(金)21時55分35秒

はじめまして。このページ初参加です。
ふ み お さん、よっかーさん、
レコードの扱い、難しいですよねー。
私も、オープンリールに一発録音してそっちばかり聞いていました。
でも、「今日は気合入れて聞くぞ!」という気分の日は、盤を聞いていました。
CDやMDはそんなこと気にしなくても、いつでも同じ音質で聞けるので、良いといえばよいですが、どうも味気ないです。

レコードの扱い方・・・
私の場合、盤を触るときは、まず無香料の石鹸でよーく手を洗います。万が一盤面に触っても指紋がつかないように皮脂をきちんと洗い流します。(だから手が荒れる)
で、そのまま速攻で手を乾かし、プレーヤーの前に飛んで帰り、ターンテーブルにセットします。
それから、針をアルコールで拭いて、待つこと数分。
息を止めて気合一発で針を下ろします。
そして、曲が始まる前に、急いでリスニングポジションに移動します。でもドタバタと移動すると、針が飛んじゃうんですよねぇ。そうすると傷がついちゃう。

でも、そうやって聞き始めたレコードの音って、なんかこう、緊張感があります。
それがたまらなく好きでした。
今でもたまにレコード聴きますが、CDに無い何かを感じさせられます。

http://www.dcn.ne.jp/~old_fan/index.htm

------------------------------------------------------------------------
アナログ盤の扱い 投稿者:よっかー  投稿日: 6月 6日(金)21時10分54秒

ふ み お さん
こちらではニュースステーションが見られませんので、どんな内容かさっぱりですが、デジタルがアナログより良くて、アナログが減ったのではなく、便利さ、手軽さが上回ったんでしょうね。

アナログ・レコード盤の一番の敵は、簡単についてしまう「キズ」。
細かい音まで拾えるし、取り込める代わりに、細かい雑音も拾えるし、ついてしまう(笑)。
すごく原理がわかりやすくて、自然な音が好きだけど、甥っ子、姪っ子はおろか、弟(30歳)にでさえ触らせた事がないレコード盤達(笑)。レコードが発明されて100年くらい経つのかな?
そこのトコだけはどうしようもなかったかなぁ。難しいトコだよね。

かといってVHDやMDのようにケースに入れちゃうのも、それはそれで手軽さ、コンパクト化はできなかったでしょうしねぇ。現場にいた、ふ み おさんなんかはどう見てました?

結局、手練の技(レコード盤取り扱い術)が上達してないと難しい?
皆さんはどうしてました?

私はの場合
レコード買う→テープなどに録音しながら初聴き→2回目からはテープばかり聴き→レコード盤は棚に入り収納→以後、歌詞を確認したりジャケット見る以外にターンテーブルに乗ることはほとんど無し。
つまり盤に針を落とす回数は、よほど録音機会が多くても10回までだったと思います。
こんなことじゃ本来の音の良さを味わうのは数回だけだったという事になるんだよね。友人などはオープンリールのテープに録音してたから、もう少しマシだったかも。
CDが普及しだし、レンタルレコード店が問題になった'83年頃からは、最初にHi-Fiビデオに録音してカセットに落とすなんて事もしてました。これはアナログとしては、けっこう音が良かったしテープへのダビングも楽だった。

色々と考えさせられます。

------------------------------------------------------------------------
ドーナツ盤 投稿者:ふ み お  投稿日: 6月 6日(金)17時52分24秒

ニュースステーションでは「絶滅種」というようなキーワードで特集を組んでおり、昨夜はドーナツ盤が対象の特集でした。
通常のピックアップを用いずレーザーでレコードから音声信号を拾い出す機器の紹介がありました。大企業でも技術的に不可能だった機器をベンチャーが開発したという話でした。かつてレーザーディスクを開発した者としては、大企業ではビジネスモデルが成立しないという意味で不可能だったと考えますが。技術的には難しいとはとても思えません。
日本で唯一アナログディスクを製造しているT社の製造現場のシーンもありました。(T社の技術顧問をしております。)
特集全体では「絶滅」というよりアナログの復興という感じで纏められておりほっとしました。

------------------------------------------------------------------------
レ・ガールズ出身ですね 投稿者:板倉弘志  投稿日: 6月 4日(水)16時41分03秒

由実かおるさんは西野バレエ団のプロジェクトチーム「レ・ガールズ」の出身ですよね。
今でいうSmapみたいに普段バラバラで活動しているけどレ・ガールズの名のもとに
集合、イベント(発表会・リサイタル?)で活躍という形だったと思います。あまり詳しくないので
だれかレ・ガールズのフォローお願いー。

------------------------------------------------------------------------
ライブのお知らせ 投稿者:あやめ  投稿日: 6月 3日(火)23時21分43秒

こんにちは。朱里エイコが6/11にライブを行いますのでぜひおいでくださいね!
詳細はhttp://www.elfinale.com/HOME/

http://www.elfinale.com/HOME/

PREV サイトマップ 随筆集 掲示板 ホーム過去の掲示板INDEXこのページ EP盤リスト キャプチャー画像集 LINKS とろりApps NEXT

モナ・ムール!歌謡ポップス 過去の掲示板(2) 「モナ・ムール!歌謡ポップス」EP盤のコレクションと、そのレビュー 随筆集