サイト内検索 powered by Google
キャプチャー画像集 過去の掲示板(2) キャプチャー画像集INDEX 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 EP1 EP2 EP3 EP4 EP5 EP6 EP7 EP8 bbs1 bbs2

PREV サイトマップ 随筆集 掲示板 ホーム過去の掲示板INDEXこのページ EP盤リスト キャプチャー画像集 LINKS とろりApps NEXT

過去の「モナ・ムール!歌謡ポップスの掲示板」(その32)

14.12.1〜14.12.31

------------------------------------------------------------------------
「地上の星」 投稿者:MACKY  投稿日:12月31日(火)23時27分15秒

もうすぐ紅白も終わります。今年は何といっても「地上の星」でしょう。歌を聴いて久し振りにゾクゾクッとした感触を味わいました。お約束の(?)歌詞間違いもありましたが…

今年一年色々お世話になりました。来年もよろしくお願いします。よいお年を!

------------------------------------------------------------------------
FOREVER70'S 投稿者:クジラ2号  投稿日:12月31日(火)17時43分22秒

「ザ・ベストテン2002」見ました。八神さんは娘さんが居たこともあるのでしょうが、ほんと丁寧に歌っていましたね。石川ひとみさんの青春ドラマ?も素晴らしかったですね。女優業もやって欲しいですね。
私もノンノンさんはどうしたのかな〜と、思ってました。年末は忙しいですからね。

今日は、AM10:00からの「FOREVER70'S」を所々見ました。太田裕美さんが、生ギター1本のバックで「木綿の・・・」を、うたっていたのが、とても良かったです。

来年1月2日AM6:00〜8:30ニッポン放送のみですが「コッキーポップリターンズ」が放送される様です。司会は大石吾郎さんという事です。

それでは、皆様良いお年を!

------------------------------------------------------------------------
よいお年を! 投稿者:マジョリー  投稿日:12月31日(火)14時46分41秒

こんばんは! 気まぐれにちょこっと書き込みさせて頂いたことで、こんなに反応(?)して頂けて、うれしいやら、気恥ずかしいやらですが・・・・(~_~;)
またNHKオーディション(71〜72年)の話に戻りますが、私自身も審査員の人数について首を傾げていたところでした。というのも藤山一郎先生以外、記憶にないんですよね。でも1人ってことはないはずだし・・・。とにかくNHKのスタジオ内で行われていたので、審査員は正面サブの中に居て・・・で、オーディションを受ける歌手達は順番で一組ずつ中に入ったのだと思います。何故なら他の人達のやっているところの記憶がないからです。歌うときは踊るどころか、ほんの小さな台の上に乗ってスタンドマイクだったと思います。ただし、バンド(ペドロさんやリッキーさん達)は演奏したはず。(日記に「リッキーバンドが音を出していた」と書いてある。)。1分間のスピーチは、クジラ2号さんのご推察の通りです。

P.S.
Los Angelesに永住の身(笑)ですが、ビバリーヒルズよりずうっと海寄りの地区です。最近は会うチャンスもなくなってきた八神純子ちゃんは山超え谷越え・・・・遠〜くに住んでいます。

では、皆さん、ステキな2003年をお迎え下さい。(こちらはまだ30日の夜です)

http://www.geocities.com/witchm01/majolie.html?1039538458453

------------------------------------------------------------------------
簡単ですが。 投稿者:こんち  投稿日:12月31日(火)14時05分15秒

今年も皆さん、お世話になりました。
良いお年を!

------------------------------------------------------------------------
「ポーラー・スター」 投稿者:MACKY  投稿日:12月31日(火)00時03分32秒

よっかーさん、あみだ池さん>「ザ・ベストテン」の特番は、年を追うごとにマニアックな選曲(←おいおい)になっていきますね。まあ、何度も出ている人が多いから仕方ないか…でもまさか「ポーラー・スター」が聴けるとは思わなかった。あきらかにごまかして歌っている方が多い中、八神さんは当時のままの声量でしたね。柏原芳恵さんは「思い出のメロディー」の時と同じ(色違い?)の衣装だったような…石川ひとみさんも嬉しかったです。そういえばノンノンさんはお元気かな?

昨日書き忘れたけど、昔の紅白やレコ大って、オープニングや発表の時に、無意味な(←おいおい)ダンスを挟むことが多いですね。これはアメリカのショー番組をまねているそうですが…最近の紅白のオープニングは爆発系ばっかりですね。

------------------------------------------------------------------------
八神純子さんよかったぁ。 投稿者:よっかー  投稿日:12月30日(月)23時32分52秒

NTV紅白は中継で、「ザ・ベストテン」は来日するんだね。(笑)
いつ聞いてもいい声で唄ってくれるから素敵だ。

------------------------------------------------------------------------
良いお年を! 投稿者:あみだ池  投稿日:12月30日(月)23時04分43秒

『ザ・ベストテン2002』観ました。もう満腹です。柏原芳恵さん、石川ひとみさん…いいな、いいな〜♪

年の暮れと言う事で、来年に向けて…。

♪古い上衣よ さようなら
 さみしい夢よ さようなら
 青い山脈 バラ色雲へ
 あこがれの
 旅の乙女に 鳥も啼く♪

良いお年をお迎えください!

------------------------------------------------------------------------
「ザ・ベストテン2002」 投稿者:よっかー  投稿日:12月30日(月)19時07分09秒

今日はもうコレだよ。感想は後ほど。

------------------------------------------------------------------------
東京シュガータウン 投稿者:クジラ2号  投稿日:12月30日(月)18時12分10秒

昨日はPM9:00から、NTV紅白歌の祭典を見てました。
秀樹さんのパワーは、相変わらずすごいですね。五郎さんは高音の伸ばすところが少し苦しそうな
感じでした。八神さんはアテレコの様な感じでした。太田裕美さん、堀ちえみさんは、可愛かった。

あおい輝彦さんの矢吹ジョーよかったですね。「あしたのジョー ソングファイル」買おうかな。

   http://www.shinseido.co.jp/anime/joe.html

------------------------------------------------------------------------
ありがとうございました 投稿者:木精  投稿日:12月30日(月)17時00分13秒

とろり様、皆さま>今年は、9月からこの掲示板に参加させていただき、本当に楽しむことができました。ありがとうございました。来年もよろしくお願いします!

------------------------------------------------------------------------
横須賀文化会館 投稿者:ふ み お  投稿日:12月30日(月)16時31分38秒

マジョリーさん、
HPを見せていただきました。

>1970年4月10日(平塚市民会館)、
4月27日(横須賀文化会館)での
「キングトーンズとともに」のプログラム。

生まれてからズーッと横須賀に住んでおります。
1970年というと文化会館がまだできたばかりの頃ですね。
現在は汐入どぶ板通りのところ(かつて市民会館があったところ)
に世界に誇る横須賀芸術劇場がありますので、大きな公演はそちらに
なりましたが、昔は皆文化会館でしたね。
その前は市民会館で、中学一年のころクレージーキャッツショーを
見に行ったことがあります。

今もLAにお住まいですか。
ビバリーヒルズから毎日ロデオドライブ通いだったりして。

------------------------------------------------------------------------
「花のメルヘン」 投稿者:MACKY  投稿日:12月29日(日)23時27分08秒

年末で忙しくてしばらく書き込めない内に、大変な話になっていますね。まさかNHKのオーディションに出られたことがある方がいらっしゃるとは思いませんでした。

マジョリーさん>私ももう少し色々お話を聞きたいので、またいらしてくださいね。

忙しかったのでレコード大賞特集を全部は観られませんでした(当然、録画してありますが)が、一番嬉しかったのはダーク・ダックスの「花のメルヘン」を観られたことかな。この曲、「明日があるさ」とともに、高校の音楽の授業で覚えた名曲です。しかしNHK総合で流した紅白名場面を、数日後にBSでまた流すのだけは止めて欲しいなあ。

今気に入っている曲はCSで覚えた岸洋子さんの「恋心」です。「恋なんて哀しいものね。恋なんて何になるの。恋なんて恋なんて…」う〜ん、心に浸みるなあ…。

------------------------------------------------------------------------
うわ〜すっごい! 投稿者:MAS(パソコン入院中)  投稿日:12月29日(日)13時59分16秒

パソコン入院中の為漫画喫茶から書き込み。

マジョリー様

うわ〜すっごい!の一言で済まされないくらい!リアルタイムで60年代70年代を見聞き体験されてきた方(業界側で)の書き込み感動で読まさせてもらってます。さらにホームページへ行き感動…またいろいろ思い出したら書き込みしてくださいね。

でもこの掲示板に書き込みされる方の幅広さに感動。
来年もよろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:12月29日(日)00時20分14秒

書き込みしていただいて、ほんとうにありがとうございますm(_ _)m。
しっかりと拝読いたしております。

...すごい話になっていますね!

------------------------------------------------------------------------
悲しみよこんにちは 投稿者:クジラ2号  投稿日:12月28日(土)19時06分46秒

マジョリーさん>回答ありがとうございました。
もう少し教えてください。審査委員の人は全部で何名ぐらい、いらっしゃるのでしょうか?

審査の対象は、歌唱だけなのでしょうか。ガロの様に自分達で演奏されるグループは演奏力、
また、踊りながら歌うグループは踊りのレベルなど、トータル的なものでしょうか?
1分間の「しゃべり」というのは自己紹介のようなもの・・・仕事に対する思いなどを語るような
感じでしょうか?
さしつかえなかったら教えてください。

木精さん>斉藤由貴さんはホンワカしていていいですね。紅白にでていたのは、見た記憶がないですね。真剣に見てないということですね。

------------------------------------------------------------------------
すごく貴重なお話がきけてうれしいです。 投稿者:よっかー  投稿日:12月28日(土)09時34分42秒

マジョリーさん
オーディションの話はとても興味が湧きます。結局、各局でのオーディションというのはその局の番組に出るライセンスを貰うようなモンでしょうか? 今で言うデモテープ・PVの代わりを実演でやって見せなければならなかったということなのかな。
舞台裏では色んな事が行なわれていたんですね。

------------------------------------------------------------------------
またお邪魔します・・・ 投稿者:マジョリー  投稿日:12月28日(土)05時29分15秒

>くじら2号さん、あみだ池さん
私が初めてNHKのオーディションを受けたのは1971年11月6日。(11月1日にポテトチップスという女の子3人のグループでレコードデビューした直後です)この日は本郷直樹さん、野口五郎さんソロになった清水道夫さん、ガロなど約60組がオーディションを受けました。私達は一次審査で落ちてしまいました。(因みに野口五郎さんと、本郷直樹さんは受かった、と日記に書いてありました)伴奏はピアノだったような・・・よく覚えてません。何を歌ったかも記憶があいまいですが、デビュー曲ではなくて、何か洋楽のカバーだったような・・・。2回目はちょうど1年後の72年11月6日。このときはまだレコードデビューもしていないスピッツ(女の子3人のグループ)として受け、一次審査に合格。二次審査の前には各々1分間の「しゃべり」がありました。で、結果は次点。ほかに伊丹幸雄、まりかとカオル(?)という人達も次点。その後12月7日にもう一度受けて合格。このときは当時歌の先生だった島田敬穂先生(ミュージカルなどでご活躍の島田歌穂さんのお父様)がわざわざピアノ伴奏として同行して下さいました。当時「恋のマリアンヌ」を歌っていたリッキー&960ポンド(ボーカルは亀淵さんではなく女性ツインボーカルで、1人は現ジャズ歌手の水町理沙だった。この当時「ニュー」がついたかどうか定かではありません。)や、ペドロ&カプリシャスも一緒でした。審査委員長は藤山一郎先生で、発表の前に批評がありました。
私がリッキー&960ポンドに入ったのは73年7月からですが、このNHKのオーディションでリッキーさんに久しぶりに会ったのがきっかけかも・・・。
長々と古い話をスイマセン。m(._.)m

http://www.geocities.com/witchm01/majolie.html?1039538458453

------------------------------------------------------------------------
86年の紅白 投稿者:木精  投稿日:12月27日(金)20時46分15秒

クジラ2号様>奈保子さん「ハーフムーン・セレナーデ」です。昨日初めて聴いたのですが本当にいい曲ですね。他に、荻野目洋子さん「ダンシング・ヒーロー」、斉藤由貴さん「悲しみよこんにちは」、松田聖子さん「瑠璃色の地球」などなどが印象に残りました。

------------------------------------------------------------------------
JAPAN 投稿者:クジラ2号  投稿日:12月27日(金)19時30分04秒

マジョリーさん>前回の書きこみで、さん を書きおとしたところがありました。失礼しました。

木精さん>思い出の紅白、見てなかったです。どんな曲を、歌ったのでしょう。
奈保子さんの曲では、「UNバランス」筒見京平作曲、「コントロール」八神純子作曲あたりと、後期の自身で作曲する様になってからの「悲しい人」「十六夜物語」「思い出のコニーズ・アイランド」が気に入っています。特に好きな「ハーフムーン・セレナーデ」は、綺麗なパラードで、バイオリンの演奏もいいですね。また、復帰してほしいですね。今年でたDVDも欲しいな〜。

ごはん さん>みそしるさんと同じ人ですか?
DSて何の事かな〜と読んでいたら、テーブルという文字が出てきてわかりました。
野口五郎さんてラリー・カールトンと競演したりして、ギターも上手でしたよね。

あみだ池 さん>渋い曲を聞いてますね。いつもながら感心してます。
加護ちゃんが出てくるとは、思わなかった。

------------------------------------------------------------------------
野口五郎さんが・・・ 投稿者:ごはん  投稿日:12月27日(金)17時55分28秒

今晩は〜
野口五郎さんのDSに行ってきました〜
素晴らしかったですよ〜

ところで、MCの中で五郎さん自身が

「来年は『さくら』の舞台があります。1月にはNHKの金曜時代劇に出ます。
その後は、またNHKのドラマに出ます。こんなにNHKに貢献しているのに
どうして紅白に出られないのか僕もわかりません〜」

っておしゃっていましたよ。

DSが終わった後、同じテーブルにいた男の方が
「野口五郎ってあんなに歌が上手かったんだな〜!!」
と言っていたのが印象的でした。
ホント素敵でしたよー
なんで落ちたのかな〜???

------------------------------------------------------------------------
NHKのオーディション 投稿者:あみだ池  投稿日:12月27日(金)00時15分20秒

続けての書き込み、失礼します。

NHKオーディションの話題で思い出したんですが、確かその審査員長(?)が藤山一郎さんだった、とか。ラジオでの追悼番組で聴いた覚えがあるんですが…。

オーディションが何時まであったのか(今でもあるのか)、どんな内容だったのか…何方か詳しい事をご存知の方、ご教示くだされば幸いです。

------------------------------------------------------------------------
書き込みしながら… 投稿者:あみだ池  投稿日:12月27日(金)00時09分50秒

今、三浦洸一さんの全集CDを聴きながら、書き込みをしてます。丁度『落葉しぐれ』が流れてます。

ここ一週間ほどで、小畑実・伊藤久男・渡辺はま子・岡晴夫…と色んな方のベストCDを買ってるんですが…やっぱり、昔の人のほうがエエなァ。でも、加護ちゃんも可愛いし(←バラバラやんか)。悩んでます(←何を?)。

こう言う、まとまらん話のオチは…

『こんなアホとやってまんねん』
『気ィ、使いまっせ』
『そら、こっちの言うこっちゃがな』
(ハイ、皆さんご一緒に)『ハ〜、シャイナラ〜!』(←アホ)

…失礼しました。

------------------------------------------------------------------------
思い出の紅白 投稿者:木精  投稿日:12月26日(木)20時40分20秒

'86の紅白を見ました。感動しました。特に河合奈保子さんの歌のうまさに感心しました。

------------------------------------------------------------------------
「ワッハハ」 投稿者:クジラ2号  投稿日:12月26日(木)19時10分10秒

マジョリーさん>はじめまして、よろしくお願いします。
浅田美代子さんはドラムとアコーディオンの伴奏で歌ったと言ってましたが、マジョリーの時も
同じでしたか?

マジョリーさんの下記HPアドレスへ行ってみました。魔女の文字の横で踊っているのが、カッコイイですね。プロフィ−ル読ませてもらいました。「リッキー&960ポンド」のメンバーだったんですか!すごい!

私の記憶だとR&Bのグループで、タイトでファンキーな音をしていたと思います。初期のメンバーは、前野曜子さん(後にペドロ&カプリシャス、 高橋真梨子さんの前任)や亀渕友香 さん(ニッポン放送の亀渕さん→現在社長さん の妹。山下久美子さんなどのボイス・トレーナー。現在はゴスペル音楽を軸として幅広く活躍)がいました。
「ワッハハ」「新宿三文オペラ」などがありました。その後、 NEW リッキー&960ポンドに名前が変わったと思います。

HPゆっくり読ませてもらいます。GSネタお願いします。

------------------------------------------------------------------------
NHKオーディション 投稿者:マジョリー  投稿日:12月25日(水)13時59分01秒

受からなければ出られないけど、受かったからといってすぐ番組に出られるわけでもありませんでした。71年と72年にそれぞれ別のグループでオーディションを受け合格はしたけれど、ただ「受かった」というだけ。NHKに限らずNTVやTBSもオーディションはありましたよ。レコードデビューしていてもしてなくても受けられたらしい。

http://www.geocities.com/witchm01/dreamingwitch.html?1039768224234

------------------------------------------------------------------------
紅白ですか 投稿者:こんち  投稿日:12月25日(水)01時24分57秒

>クジラ2号さん

「ひろみー」の番組、僕も見てました。
面白いエピソードでしたね。

>紅白で印象に残っていること

太田裕美さん(笑)!
いつもあまりケバケバしい衣装で出場されなかったのが印象的でした。
なんの曲での出場だったのか忘れたのですが(たぶん、バックのダンサーの方達が
傘を持っていた記憶があるので、『九月の雨』?)、珍しくステップを踏んで歌って
いたことがありました。
ふだん、あまり振付け等を付けずに歌うことが多い太田さんなので心配していたのですが
「なんだ、リズム感良いじゃない。」と胸をなでおろした憶えがあります。
贔屓の歌い手さんが紅白に出場すると、出場したらしたで喜び、恥をかいたりしないかな、
と今度は不安になる…あまり、こういう風に感じる人は多くないかもしれませんが(汗)。

------------------------------------------------------------------------
「小指の想い出」 投稿者:MACKY  投稿日:12月24日(火)21時10分24秒

よっかーさん>さすがよっかーさん、即答いただきありがとうございます。越路さんだったんですね。意外なところでは「小指の想い出」の伊東ゆかりさんも欠席でしたね。それにしても歌唱賞の枠がどんどん増えていくあたり、その後のレコード大賞の迷走ぶりはこの頃から始まっていたのですね。「柔」以降は第2部ということですが、第1部のみの出演者はそのまま帰ってしまったのでしょうか?私も、最低限のMCで進行する歌番組、という点が非常に良かったと思います。それに比べ、今ではNHKまでが…(以下自粛、それにしても名場面で毎年同じ曲を流すのは…以下もっと自粛)

クジラ2号さん>NHKのオーディションって、80年代中頃までは確かに存在したはずですが、いつのまにかうやむやになりましたね。浅田美代子さんは、確か歌番組は不可だけど、バラエティードラマの挿入歌として歌うのは可、という条件だったと思います。80年代では横浜銀蠅が歌詞で引っかかってオーディション落選、というのが話題になりましたね。

------------------------------------------------------------------------
この胸にこの髪に 投稿者:クジラ2号  投稿日:12月24日(火)11時29分21秒

みそしるさん>はじめまして。
そうですね、紅白歌合戦に野口五郎さんが出ないのは、不思議ですね。NHKでレギュラー番組を
持っていれば選考されても良さそうですが・・・
選考基準はよく分かりませんね、その年にかなりのヒットを出した人が出演せず、まったく
ヒット曲がない人が選ばれたりしますね。

昨日の21:00からのテレビ「ひろみー・・・」で、浅田美代子さんが、「赤い風船」で新人賞をとった年に、紅白に出られなかった話をしてましたね。NHKの(歌の)オーディションに3回落ちて、
4回目に秘策のすえ、受かったと言ってましたね。千秋さんは、オーディションは、受けてないけど紅白にでたよ〜と、話してましたね。

------------------------------------------------------------------------
よかったね〜。 投稿者:よっかー  投稿日:12月24日(火)00時47分07秒

東京ロマンチカが所用で出演できなかったと同様に、第7回(1965年)の歌唱賞「ワンレイニーナイト・イン・トーキョー」越路吹雪さんも出演できなかったんでしょう。
オープニングには出てた皆さんがラストシーンにいなかったことを考えると、生放送で皆さん掛け持ちが多かったんでしょうねぇ。年末に2時間番組に拘束できなかったんでしょうね。
すごくシンプルな歌番組ですが、現在のなにかというとトークにたよった番組と違って「歌」番組でしたねぇ。司会の三木鮎郎さんもムダ口が少なくていい。
私も「愛のさざなみ」は感激しました。♪あ〜ぁ 湖に〜のトコがクセが強くなくてイカったぁ。
大賞と歌唱賞を多く貰ってると、フランク永井さんのように4曲も披露できるんですね。
こういう番組って10年くらいをきっちり刻んで、メンバー揃えると今でも作れそうだね。

------------------------------------------------------------------------
「愛のさざなみ」 投稿者:MACKY  投稿日:12月24日(火)00時03分59秒

みそしるさん>私も五郎さんの紅白カムバックは有力だと思ったのですが…「思い出のメロディー」の評判が良くなかったからかな?

よっかーさん>いやあ、今夜の放送は感動ものでした。特にリアルタイムの「愛のさざなみ」が聴けたのは貴重でした。それからデュエットでの「いつでも夢を」はかなりレアでは? しかし、出場者は物故者だらけですねえ…それから何故か1965年の歌唱賞だけ一言も触れられませんでしたが、きっとよっかーさんは資料をお持ちだと思いますので、良かったらお教えください。

------------------------------------------------------------------------
見ました。レコ大10周年記念音楽祭。 投稿者:よっかー  投稿日:12月24日(火)00時02分52秒

感動した!やっぱオリジナルを聞けるのは最高だね。なんか涙が出そうだ。
とくに背筋がぞくぞくしたのは、「ブルーシャトゥ」の音でした。近年の「思い出のメロディー」で奏でられる音とはぜんぜん違う。当時のエレキならではの音に感動したよ。
水原弘、西田佐知子、岸洋子らの歌にも感激の1時間45分でした。
明日は「1969年度レコード大賞」だ。

------------------------------------------------------------------------
紅白って? 投稿者:みそしる  投稿日:12月23日(月)23時23分24秒

初めまして。

突然ですが、どうして紅白歌合戦に野口五郎さんが出ないのでしょう?!
すごく不思議です。
あんなに「さくら」で名演技を見せたのに!!
最後まで見た朝ドラは「さくら」が初めてだったのに。
主役の二人より
沢田先生に期待して見ていました。
それなのに
主役の二人は
紅白に出て
歌手である野口五郎さんが紅白に出ないなんて
なんか間違っていると思う。
訳の解らない歌手を出場させて
どうして野口五郎さんをNHKは出さないのだろうか?
不思議に思っているのは私だけでしょうか?????

理由が知りたい〜〜〜〜〜
野口五郎さんの歌が聴きたかったーーーーーー

------------------------------------------------------------------------
日本レコード大賞10周年記念音楽祭 投稿者:よっかー  投稿日:12月23日(月)13時36分27秒

いよいよ今日スカパー363TBSチャンネルで放送です。今週は毎日、1968−1971が見られます。南沙織も新人賞を見られますね。リピートが無いので注意です。

------------------------------------------------------------------------
「のど自慢スペシャル」 投稿者:あみだ池  投稿日:12月22日(日)23時48分55秒

よっかー様
『のど自慢スペシャル』見ましたよ(実は『のど自慢』毎週見てます)。大抵の場面は2回見てることになるんですが、やっぱり面白かったな〜。

『男の背中』を歌った高校生、生徒数9人の小学校の先生…色々なエピソードに(生放送の時もそうでしたが)泣きそうになったり、笑ったり…歌の力はすごい、って改めて思いました。

------------------------------------------------------------------------
あ、それから 投稿者:よっかー  投稿日:12月22日(日)19時40分48秒

今放送してる「のど自慢スペシャル」は要チェックだ。(笑)
面白いよ。

------------------------------------------------------------------------
クリスマス・ソング 投稿者:よっかー  投稿日:12月22日(日)19時36分18秒

すっかりクリスマス・カラーになってきましたね。
今日はBGMに『Merry Christmas/伊藤智恵理』を聞いてます。
昔のポップス歌手はクリスマスソングをよく出してますね。
見たことの無いジャケットがみんな真赤ですね。

------------------------------------------------------------------------
「河内おとこ節」 投稿者:MACKY  投稿日:12月20日(金)23時33分21秒

紅白の曲目ですが、なんか中途半端にナツメロが散見してますね。「帰ろかな」「天城越え」が4回目、「昴」が5回目はまだいいけど、10回出場中4回目の「河内おとこ節」だけは何とかならないのか…以上、独り言でした。

今日は全くブルーな日で、気分は「タイニー・メモリー」でした。

------------------------------------------------------------------------
Myこれ!「吉沢京子」 投稿者:クジラ2号  投稿日:12月20日(金)19時39分16秒

MASさん>説明ありがとう御座いました。よく分かりました。

12月18日は、CD Myこれ!「吉沢京子」「アグネス・ラム」CD+DVD「岡田有希子BOX」の発売日でした。今回買わないと2度とCD発売は、なさそうな物ばかりですね。「吉沢京子」だけは、買おうかな。

   http://www.bokura-best.jp/

12月20日発売「コンプリート・オブ・Mi-Ke at the BEING studio」、12月25日伊東ゆかりさん「Touch Me Lightly」も良さそうですね。

伊東ゆかりさんのCDは、カヴァーアルバムということで、中森明菜さんのヒット曲「セカンド・ラブ」など全13曲をカヴァー。そして、今井美樹さんの「瞳がほほえむから」を、娘の公美さんとデュエットするそうです。娘さんとは、声がそっくりだそうだす。
初期の竹内まりあさんも、伊東ゆかりさんの声にそっくりでした。

昨日のPM19:00から、「忘れられない・・・天国のスタア・・・」というテレビ番組が放送されていました。村田さん、三波さん、チエミさん、有希子さんも放送されていました。帽子の形態模写
の早野凡平さんが映り、つい感動してしまいました。可愛かずみさんが、映らなかったのは、非情に残念でした。

------------------------------------------------------------------------
申し訳ございません(@高嶋弟) 投稿者:MAS  投稿日:12月19日(木)23時11分49秒

クジラ2号様

説明不足ですみませんでした。では改めて。
「五輪音頭」は「東京五輪音頭」のことです。勝手にわかっているものだと省略してしまいました。続いて「東京五輪おどり」ですが、「東京五輪音頭」のカップリング曲(B面扱い?)で「東京五輪音頭」とは違う曲です。以上ですが、わかってもらえましたか?

------------------------------------------------------------------------
さすらい 投稿者:クジラ2号  投稿日:12月19日(木)18時03分11秒

木精さん>明菜さんは当初、メドレーで歌いたいと要望していたけれど、NHKから1曲をしっかり歌ってほしいと要請され、「飾りじゃ・・・」になった様ですね。12月4日にDVD3種、CD5種類と頑張って発売してますね。

よっかーさん>克美・8マン・しげるさんは、はりのあるいい声してますよね。中古レコードは、めったに見かけないですね。4曲入り17センチを1枚だけ持ってます。

MASさん>今一つ判らないのですが、「東京五輪音頭」「東京五輪おどり」「五輪音頭」は、3曲別のメロディーなんでしょうか?

あみだ池 さん>松島詩子さんは「全曲集〜オリジナル原盤(SP)による」というCDが出てますね。
本場ものは、エディット・ピアフ「愛の賛歌」、イヴ・モンタン「枯葉」「パリの空の下」、イベット・ジロー「バラ色の人生」などが有名ですね。

日本では、1951年銀座7丁目に開店した『銀巴里』(1990年12月29日に閉店)で、当時学生だったなかにし礼さんが、原曲のフランス語を、日本語に訳詞して、金子由香利さん、大木康子さん、戸川晶子さん、三輪明宏さんなどの方々が歌って、ひとつの世界を作っていた様ですね。
金子由香利さんのLP「いつ帰って来るの〜銀巴里ライヴ」は、持っていました。
越路吹雪さんの「ラストダンスは私に」「ろくでなし」「愛の賛歌」「幸福を売る男」も有名でした。
ダニエル・ビダルさんも後年、正統派のシャンソン・アルバムを発売してましたね。

------------------------------------------------------------------------
シャンソンの謎。 投稿者:あみだ池  投稿日:12月19日(木)00時27分50秒

何や、出来の悪い推理小説見たようなタイトルで、申し訳ないんですが…『○○シャンソン』って題名の歌で、シャンソン(風の)曲、ってご存知ですか?僕が知ってる『○○シャンソン』と言うと、『港シャンソン』と『長崎シャンソン』位ですが、両方とも、一体どこがシャンソンなのか、さっぱり分かりません。

…ちなみに、和製シャンソンと言いますと、『雪の降る町を』が有名ですが、僕が好きなのは、松島詩子さんの『私のアルベール』と言う曲です。何時の歌なのか、またオムニバスCDに入っているのかは知りませんが、松島さんの全集には収録されていると思います。

松島さんのCDは、『マロニエの木陰』と『喫茶店の片隅で』の2曲を聴くだけでも、十分に元が取れます。それほどに、この2曲は名作です。

------------------------------------------------------------------------
ちょっと書き加え 投稿者:MAS  投稿日:12月18日(水)23時57分53秒

下の「五輪音頭」についてちょっと書き加え。オリンピックイヤーに紅白トリを狙い集中PRをしたのは三波春夫氏です。ところでポリドール盤「五輪音頭」の大木伸夫、司富子って聴いたことないなぁ…

------------------------------------------------------------------------
解答になるか?「五輪音頭」 投稿者:MAS  投稿日:12月18日(水)23時53分19秒

よっかー様

>この推測に訂正をよろしくおねがいします。

しっかりとした解答ではないと思いますけど、このようなはなしがあったそうです。
「東京五輪音頭」はS38年6月23日のオリンピック・デーに三橋美智也によって発表されたそうです。作曲をしたのは“コロムビア専属”の古賀正男氏でしたが、この曲だけは録音権を開放したそうで、そのことにより競作になったそうです。古賀正男氏は三橋美智也を想定して曲をつくっていたそうですがオリンピックの年に紅白のトリを狙うにはこの曲をヒットさせるしかないと集中PRをしたそうです。ちなみに三波盤のカップリング「東京五輪おどり」は「五輪音頭」より数ヶ月前に委託盤として製作されたものです。以上、五輪音頭について以前読んだ本+自力で調べた報告でした。

------------------------------------------------------------------------
紅白 投稿者:木精  投稿日:12月18日(水)19時57分46秒

明菜さん、「飾りじゃないのよ涙は」歌うらしいですね。

------------------------------------------------------------------------
「史上最大の作戦のマーチ」って 投稿者:よっかー  投稿日:12月18日(水)19時30分30秒

克美・8マン・しげるも歌ってるんですね。「東京五輪音頭」といい、あの頃は競作が当たり前、競作じゃないとヒット曲(流行歌)じゃないって感じですね。これはどういう取り扱いになってたんでしょう。そのへんは全然詳しくないから、知ってる事があったら教えてくださいな。

■推測〓曲ができると発表会→聞いたレコード会社(歌手)が手を上げる→作詞作曲家は収入が増えるから次々と許可を与える→乱造するも自然淘汰される→一番売上げの歌手の持ち歌となる。(笑)
歌には独占禁止法が無かったのか?(笑) シンガーソングライターが出現するまでは、競作スタイルだったのかな。

この推測に訂正をよろしくおねがいします。

------------------------------------------------------------------------
秋田音頭 投稿者:クジラ2号  投稿日:12月16日(月)20時58分51秒

この季節だと「Let't Ondo Again〜クリスマス音頭」が、いいですね。メロディーも好きな流れです。「ナイアガラ音頭」「What'd I Say音頭」布谷文夫も渋くていいですね。

「金沢明子House Mix 2」の「秋田音頭(Old Club Mix)」は、4ビート・ジャズで、これは何なんだ
という感じです。

MACKY さん>NHKフォークソング特集、青木まり子さん(元ジャネット)の声、良かったですね。

------------------------------------------------------------------------
東京五輪音頭 投稿者:MAS  投稿日:12月16日(月)01時47分42秒

バックが「東京五輪音頭」になりましたね。この曲各社競作で出してましたね。三波春夫ヴァージョンもいいのですが、個人的には三橋美智也ヴァージョンを押したいですね。この曲最初は三橋美智也が歌う曲として作られたものらしいです。発表会の時に歌ったのも三橋美智也だったらしいです。

------------------------------------------------------------------------
「史上最大の作戦マーチ」 投稿者:MACKY  投稿日:12月15日(日)21時36分00秒

クジラ2号さん>教えてくださってありがとうございます。海外版というところに気がつかなかった私はおマヌケですね。

それにしても「サルゴリラチンパンジー」が全国的だったとは…おそらく、何処かのバラエティー番組あたりが流行らせたのだと思いますが…もし口コミだったら凄いことですね。

昨日の収録曲、その他に「You're my Sunshine」とか「史上最大の作戦マーチ」なども入っていたことを思い出しました。道理で昨年の1963年の紅白映像で、旗照夫さんが歌った「史上最大の作戦マーチ」に聞き覚えがあったはずだ…

あみだ池さん>某サイトで観たのですが、何年か前に「大きなのっぽのプロレスラージャイアント馬場 力道山の一番弟子でとても強かったのさ 今はもう動かない…」という替え歌(もちろん、ご存命の頃です)があったそうですね。

まるこめさん>「三階は屋根裏 妖しい運命論の行き止まり」という部分もいいですよね。なんだか狭苦しく感じますが…

------------------------------------------------------------------------
自転車屋の隣とか 投稿者:まるこめ  投稿日:12月15日(日)21時03分36秒

ちょっと間が空きましたが、みなさん、こんばんは。
「店の名はライフ」、ぼくもこの曲お気に入りです。「自転車屋の隣」というのがなんだかぐっと真に迫ってて、仲間内でのちょっとした流行言葉になりました。どこかの場所を説明するときにですね、そんな事実はないんだけど「ほら、自転車屋の隣の」とか言うわけです。「裏から回って三軒目」と同じぐらい多用しました。

三波春夫のレコードは父親が何枚か持っていて、「大利根無情」っていうんでしょうか、「止めてくださるな妙真殿、落ちぶれ果てても平手は武士じゃ」という台詞を覚えて学校で披露したものです。この手の歌って、もう出てはこないんでしょうね。

------------------------------------------------------------------------
替え歌、と言うか… 投稿者:あみだ池  投稿日:12月15日(日)20時09分05秒

適当に文句を当てはめたモノですが、思い出すのは…北上の…違うなァ…。プロレス中継華やかなりし頃(今はどうなってるんやろ、ホンマに<号泣>)の『NTVスポーツテーマ』ですね。

♪馬場に鶴田に猪木にブッチャー、デストロイヤー、タイガー・ジェット・シン♪。

あ、もう一つ思い出しました。寺尾聡さんの『ルビーの指輪』。これは出だしだけですが、2ヴァージョン(←って、大層な…)ありまして…。

その1『♪曇りガラスに、クリンビュー〜♪』
その2『♪曇りガラスと、思たら(←関西弁ですから、『おもたら』になります)擦りガラス〜♪』

*BBSの背景が『東京五輪音頭』になってますね。今、丁度この歌を聞きながら書き込みをしてます。僕の生まれた年でもあります(←誰も聞いてへん、そんな事)。

------------------------------------------------------------------------
クワイ河のマーチ 2 投稿者:クジラ2号  投稿日:12月15日(日)11時45分47秒

あみだ池さん、MACKYさん>ミッチー・ミラー合唱団は、日本盤は、オムニバスしかない様ですが、USA盤なら何種類か現行CDがあります。Mitch Miller Greatest Hits

   http://www.hmv.co.jp/Product/Detail.asp?sku=757971

評価のところに、1曲目の『クワイ河のマーチ』は替え歌(サル!ゴリラ!チンパンジー!ですね)皆さんご存知。・・・MACKY さんの書かれたは、有名だったんですね。私は知りませんでした。
ベスト・セラー第2位の 「16Most Requested」も良さそうですね。

------------------------------------------------------------------------
「クワイ河マーチ」 投稿者:MACKY  投稿日:12月14日(土)23時35分23秒

よっかーさん>すいません…私並みに毒舌の老母の受け売りで、つい書いてしまいました…

クジラ2号さん、ながとさん、こんちさん>ハイファイセットの魅力は何と言ってもあのハーモニーですね。例の一件でもう二度と聴けないかと思うと残念です。

歌唱力で言えば、もちろんユーミンなど…(以下自粛)

クジラ2号さん、あみだ池さん>もう20年以上前に、ちょうど貸しレコードという商売が始まってすぐの頃、ミッチー・ミラー合唱団のLPがあったので借りてきてテープに落としました。収録曲は「クワイ河マーチ」「ドレミの歌」他メジャーな曲ばかり12曲ぐらい収録されていたと思います。でもそれ以来、LPもCDも見かけたことはありません…

ところでこの「クワイ河マーチ」、伊東ゆかりさんのデビュー曲らしいですが、どんな歌詞なのかご存じの方いらっしゃいますか?私が小学生の頃は「さる、ゴリラチンパンジー…」と歌うのが流行ってましたが…

今夜のNHKでフォークソングの特集をしていて、みゆきさんの「コッキーポップ」の映像(「時代」)が流れましたね。でもそれ以外はどれも観たことある映像ばっかりだったな…

------------------------------------------------------------------------
ニコヨン 投稿者:ふ み お  投稿日:12月14日(土)20時05分20秒

あみだ池さん。
>昭和30年代に、フランク永井さんが、『13800円』と言う歌を歌っていまして、これが当時のサラリーマンの平均月収だった、と読んだ事があります。
当時日雇いの人はニコヨンという呼称でした。(ご存知ですか)
一日240円で、重労働をするのです。(今上海や東莞の20歳くらいの女子工員の時間給は30円くらいですので、同じくらいですね)

>それより10年遡って、一日5万円…今なら幾らになるんでしょうか?
このあたりは経済がそれほど右上がりの時代でないので貨幣価値はそれほど変わらなかったと思います。ニコヨンという呼称は10年くらい使えた時代ですので。
当時は日本電建というハウジングメーカーが元気だったのですが、50万円の家、100万円の家、そして150万円の家と宣伝しておりました。150万円の家は本当に豪華で、今なら3000万円くらいのものでしょう。ということで100万円から200万円くらいではないでしょうか。
このころ1ドル360円でしたが、我が家の近くに米軍関係高位の民間人が住んでいました。私は毎日10円の小遣いを握り締め駄菓子屋に行っていたのですが、その米国人の5歳くらいの息子が毎日200円くらい使うのです。多分50セントを円に換算して毎日の小遣いとしてもらっていたのでしょう。
その子が来た途端駄菓子やのおばさんは我々をほったらかしにして、その子にかかりっきりでした。

------------------------------------------------------------------------
Hi Fi-SET 投稿者:ながと  投稿日:12月14日(土)20時02分05秒

ハイ ファイ セット の話題が出ましたね。

私 今でも好きで 車の中で聴いています。 
季節の変わる時期や ふとした時に とてもとても聴きたくなる時があります。
コンサートも3回ほど行きました。
ソニーへ移籍してからのアルバムは全て持っています。

Yumingの曲を歌っていますが 歌はハイファイセットの方が上手いと思います。

「Boy Friend」 「恋愛狂時代」 「Star Ship」 「ひときれの恋」 
好きです。 

------------------------------------------------------------------------
ミッチー・ミラー合唱団 投稿者:あみだ池  投稿日:12月14日(土)19時35分39秒

クジラ2号様

僕が、ミッチー・ミラー合唱団のナンバーで最初に(そして最も多く)聴いたのは、『黄色いリボン』です。当時、中学生だったんですが、よく”ヤング・リクエスト”でかかってました。

その後、テープを買うようになって…好きなのは、仰っている通り『テキサスの黄色いバラ』『Side By Side』 『Sing Along』 それに『ナバロンの要塞』…色々あります。

本当に、最近、CD店では見かけないですね…探しているんですが…。

------------------------------------------------------------------------
今日は忠臣蔵&藤山さんのギャラ 投稿者:あみだ池  投稿日:12月14日(土)19時27分39秒

今日は12月14日…忠臣蔵、討ち入りの日ですね。幸い、手元には『俵星玄蕃』『赤垣源蔵』『ああ松の廊下』『刃傷松の廊下』と揃ってますので、たっぷり聴きま〜す。

>藤山一郎さんが一日2回公演で5万円のギャラだった時、
昭和20年代の話ですよね?すると…一日5万円は凄い!藤山さんは、文字通り別格の超大物スターだったのが良く分かります。

昭和30年代に、フランク永井さんが、『13800円』と言う歌を歌っていまして、これが当時のサラリーマンの平均月収だった、と読んだ事があります。

それより10年遡って、一日5万円…今なら幾らになるんでしょうか?

------------------------------------------------------------------------
テキサスの黄色いバラ 投稿者:クジラ2号  投稿日:12月14日(土)19時22分50秒

MACKYさん、こんちさん> ハイファイセットで、ユーミンのカヴァーを集めた「Sings Yuming」というCDをもっていますが、その中では、「スカイレストラン」「海を見ていた午後」「冷たい雨」「雨のステイション」「中央フリーウェイ」あたりがいいですね。クールで、どこか洗練された感じがして聞いていて気持ちがいいです。
彼らは、アルファ→東芝(エキスプレス)→ソニーと移籍していったと思いましたが、東芝(エキスプレス)時代も「DESTINY」などカヴァーしてました。

MACKYさん>ミッチー・ミラー合唱団は「史上最大の作戦」「大脱走マーチ」などが有名だったようですがあまり覚えていません。手持ちオムニバスCDの中に「テキサスの黄色いバラ」(1955年)が入っています。人間の声の迫力と心地よさがあります。
 

------------------------------------------------------------------------
いやいや 投稿者:よっかー  投稿日:12月14日(土)10時08分12秒

MACKYさん
私の表現がまずかった。テレビ写りが悪いなんて事はないと思います。テレビ放送が始まってからの紅白に出てるんですから。本に載ってる写真が最近のタレントと比べるとふっくらしてるというだけで、デブじゃないですよ。キレイな笑顔です。
まだご健在の方ですから、発言には注意を。(笑)

ふ み おさん
すごく興味深い話ばかりで感心してます。ありがとうございます。
いい音で聞くのってお金かかりますよね〜。私はあまりいいコンポも無いので、うちにある一番のカラオケセットに接続して聞くのが、私のベストです。(笑)
ミニコンポ本体サイズより大きなスピーカーだし、少しはマシかなというところ。
でもゆっくり聞いてるのはカーコンポかもしれない。

------------------------------------------------------------------------
音質と音楽 投稿者:ふ み お  投稿日:12月14日(土)04時42分34秒

クジラ2号さん、
>曲を聞く時に、音楽を聞くか、音質を聞くかというところですね。
音質ばかり気にして、音楽を聴くことを忘れないようにしないと・・・
まさにその通りだと思います。
ただオーディオメーカーは音質にしか関われないので、それについて必死に頑張っています。
今から30年も前の話になりますが、私の隣のグループは音質評価を担当していました。
被験者テストが中心でしたが、音楽家に頼むと、音質評価を御願いしても演奏家の技量とか演奏法に関心が行ってしまい、音質評価には適さないと言っていました。

>当時は、最終的には、レコードで販売されるということで、レコードになった時の音質変化を考慮して、録音段階、またマスターの段階では、かなり硬めの音でマスタリングされていたという事です。
現在、若者向けの音楽では、素晴らしい再生装置で聞いたとき良い音がでることだけでなく、安物のミニコンポで聞いてもそれなりの音がするように作っていますね。最後にそのレベルの再生機で確認していることがあります。

------------------------------------------------------------------------
ハイファイセット 投稿者:こんち  投稿日:12月14日(土)01時50分21秒

>MACKY さん
>ドキドキ

そうですね。あの箇所の歌詞は僕もドキドキしました(笑)。

>ハイファイセット

「フィーリング」は歌い上げる人が多いので、なんとなく重たく、暗いイメージがありますね。
ハイファイセットが歌う「フィーリング」は透明感があってその分、聴き易くて僕は好きです。
ハイファイセットはよくユーミンの曲の提供を受けていて「卒業写真」が特に有名ですが
僕は「荒涼」が好きでした。

------------------------------------------------------------------------
「フィーリング」 投稿者:MACKY  投稿日:12月13日(金)23時47分45秒

ふみおさん、nattomakiさん>どうして私がわざわざハイファイセットの名前を出したかというと、ちょうどカバー曲の話だったので、個人的にはハイファイセットの「フィーリング」が数あるカバー曲の中では一番好きだからです。個人的趣味を持ち出してすみません…。

あみだ池さん>「スワニー」はおそらくその曲ですね。世界的なジャズのスタンダード・ナンバーのようですね。ふみおさんが書かれているように、江利チエミさんと雪村いづみさんではちょっと歌い方が違いますね。どちらがいいかなどとは私なんぞは恐れ多くてとてもとても…

ミッチー・ミラー合唱団は私も好きなのですが、今はなかなか手に入らないのが残念です。

よっかーさん>荒井惠子さんはお世辞にもテレビ写りが良い容姿ではなかったみたいですね…「あなた」をヒットさせた方を連想してしまいますが…やはりNHKの専属だったからトップバッターだったんでしょうね。

------------------------------------------------------------------------
レコーディング・スタジオ 投稿者:クジラ2号  投稿日:12月13日(金)21時22分41秒

ふ み お さん>曲を聞く時に、音楽を聞くか、音質を聞くかというところですね。
音質ばかり気にして、音楽を聴くことを忘れないようにしないと・・・

レコードの全盛時代のレコーディング・スタジオでは、デジタル録音時は、ソニーのPCM-3324、3348、三菱、オタリなどのデジタル・マルチ・レコーダーが世界中で使用されていたと思いました。トラック・ダウン後のマスター・レコーダーには、2/3インチのテープを使うビデオ・デッキ
が使用され、PCM方式(日本で開発)で録音されていたと思います。

当時は、最終的には、レコードで販売されるということで、レコードになった時の音質変化を考慮して、録音段階、またマスターの段階では、かなり硬めの音でマスタリングされていたという事です。そうだとすると、レコードしかない時代の、デジタル音源は、レコードで再生された時が、もっとも良い状態なのでは、ないでしょうか・・・?
(もちろんミント状態のレコードでないとダメでしょうが。)

nattomakiさん>はじめまして。よろしく、お願いします。
日本各地の中古レコード店を、訪問している、あの有名な(私の中では)方でしょうか?

MACKYさん>こちらこそ、説明不足でスミマセンでした。

------------------------------------------------------------------------
荒井恵子・その二 投稿者:よっかー  投稿日:12月13日(金)21時17分40秒

あみだ池さん
私も詳しくはありません。手元にある何冊かに載ってる記事だけです。

昭和24年、荒井恵子さん(20)は農林省に勤務中、「第2回NHK素人のど自慢」全国コンクールの歌謡曲部門で、高峰三枝子「南の花嫁さん」を歌って第1位に入選後、NHK専属となって人気ラジオ番組のレギュラー出演。顔立ちは乙羽信子さんに似た、ふくよかな笑顔爽やかな女性ですね。当時の記事によると、テレビが始まったばかりとはいえラジオがメインの活動だったため、姿を見られない事から放送局へラブレターが殺到したそうだ。
明るく澄んだ歌声がラジオを通して、多くの人をひきつけたようです。それがラジオ番組だった頃の紅白歌合戦には、外せない歌手として選ばれていたんじゃないかと思われます。

どうやら安田姉妹のようなスタンスなため、当時でも歌謡曲という感じを歌ってないので、番組の導入部を任される意味でも、トップバッターが多かったのではと推測されますが、皆さんはいかが思われますか? NHK専属じゃあ他局に映像も残ってないんだろうなぁ。

また別の本には、当時からNHKはギャラが安かったそうで、藤山一郎さんが一日2回公演で5万円のギャラだった時、荒井恵子さんらNHKタレントは週給800円だったそうです。

「森の水車」はご存知のように、ドイツのアイレンベルクが作った「森の水車」を取り込んで米山正夫さんが作曲しました。高峰秀子が最初と書きましたが、これも裏話があります。
昭和15年「秀子の応援団長」という映画がありました。主役の一人・灰田勝彦が主題歌「青春グラウンド」「煌く星座」を歌ってます。もちろん大ヒット。高峰秀子さんは歌手灰田さんを羨望の眼差しで見たそうです。歌手としてもやっていきたいと次々にリリース、昭和17年に「森の水車」を発表しましたが、戦時中でしたから敵性音楽となり発売中止になったんだそうです。
それをNHKがラジオ歌謡として昭和26年に荒井恵子さんでヒットしましたが、専属歌手のため活動が限られていたので、さらに並木路子さんが歌う事でスタンダード・ナンバーとなっていったんだと思います。

------------------------------------------------------------------------
究極はデジタル 投稿者:ふ み お  投稿日:12月13日(金)20時48分56秒

 最高のデジタル<最高のアナログ
P社のDVDオーディオの開発責任者はLD開発当時の同僚です。
昨年彼のところで友人の作曲家と一緒にその時点で最高のレベルのDVDオーディオを聞かせてもらいました。
聞いたときは私にはなんか物足りない感じがしたのですが、作曲家の友達は素晴らしいと感嘆していました。余りの高い性能なので、CDの様にエフェクターをかけてたりするとそれが浮き上がって聞こえてしまうので、素直にそのまま録音するしかないそうです。それでお化粧したCDの音になれている私には物足りなく聞こえたのです。しばらく聞いていると本当に疲れないいい音だと思いました。なおこのシステムは量産機器を最大限活用していましたが数千万円のシステムでした。これだとアナログも負けそうです。
人間の聴覚はデジタルで、ある周波数に対してひとつの感覚受容器が共振します。周波数がぴったりマッチしないときは、前後3つの感覚受容器が大きくゆれ、そのバランスで周波数を特定します。大脳の処理は基本的にデジタルです。神経伝達は電流ですので、電子の数で感覚の強さがきまります。電子の電荷が最小単位になるデジタルです。
現在のデジタルは全く不完全なのでブラックディスクに負けていますが、あと20年くらい経つとブラックディスクより良い音で安価なデジタルオーディオが普及していると思います。

------------------------------------------------------------------------
ハイファイ、スワニー 投稿者:ふ み お  投稿日:12月13日(金)07時11分06秒

MACKYさん、
>私はHiFiというと、ハイファイセットしか思い浮かばないのですが…
nattomaki さんが書かれているように HIGH FIDELITY 忠実度が高い、つまり原音に限りなく近いという意味です。
ハイファイという語感は当時の若者の心を完全に捉えました。私は車が一番、バンドが2番、三番目がオーディオでしたが、(一番の趣味を仕事にしたくなかった)私の同僚の70%はオーディオマニアで、中には常軌を逸した人もかなりいました。ボーナス全部はたいてウーハーを買い、次はスコーカーと2年かかってやっとスピーカーシステムを買い揃えるなんてやつもいました。普段の生活でも食べるものも節約して(やせ細って)ためたお金を全部オーディオに突っ込んでいました。HI FIの奴隷みたいなものです。

スワニーは江利チエミも歌っていましたが、なんと言っても雪村いずみですね。彼女の方がキーが2音くらい高かったかと思いますが、それがあの歌の魅力をよりいっそう高めていたと思います。
松坂慶子が「愛の水中花」を歌ったときの衣装は雪村いずみが「スワニー」を歌ったときのものと同じです。(ぱくりでしょうね)

------------------------------------------------------------------------
森の水車 投稿者:あみだ池  投稿日:12月12日(木)23時48分30秒

よっかー様
『森の水車』を最初に歌ったのが高峰秀子さんで、それをヒットさせたのが荒井恵子さん…僕は不勉強で、荒井恵子さんと言う方を全く知らないんですが、他にもラジオ歌謡を歌っておられるのでしょうか?

僕の印象では、『森の水車』=並木路子さん、なので…ご教示宜しくお願い致します。

------------------------------------------------------------------------
『スワニー』 投稿者:あみだ池  投稿日:12月12日(木)23時41分24秒

MACKY様
『スワニー』と言う曲ですが、"Swannie, Swannie, how I love you, how I love you, my dear old Swannie..." って言う曲なんでしょうか?

それなら、ミッチー・ミラー合唱団(←大好きです)で聴いた事があります。イイ曲ですよね!

------------------------------------------------------------------------
ハイフィデリティ 投稿者:nattomaki  投稿日:12月12日(木)23時31分29秒

・カナーリ安いデジタル>カナーリ安いアナログ
 であり、
 最高のデジタル<最高のアナログ
 だと思うのですが、デジタル=アナログになる時点でのコストがべらぼうなのか?(笑)
・1万円プレーヤで聴くCDとLPとの比較だったらCDを選びますし、デジタルってのはコ
 ストダウンのためには強力な技術でしたね。

・や、確かに1980年台前半の頃は、CDをありがたがって聴いてみたりもしましたが、冷静に聴いて
 みると、(わたしの持っていた当時の安いCDPの音がかなりお粗末だったためか、)デジタルの
 夢から醒めてしまってました。

・おまけに、当時のビクター音産ご自慢の“DIGITAL RECORDING”マークのついたアナログディスクもノイジ
 ーで聴くに耐えなかったりしたので(汗)。(現在のデジタルレコーディングは“ひどい”ってことはないです。)
・アナログであるがゆえのノイズは“ノイズのある場所が感覚的にわかる”のでなんとなく耳フィルタがかかるのですが、
 デジタル音源はどこかしこすべての音・音場がノイジーに聞こえてしまい、逃げ場がないという感じでして。

・とはいえ、マスターがデジタルになっている音源をアナログディスクで聴く意味があるとは思ってません。
 ただ、アナログマスター音源なら、アナログディスクで聴くほうが良いとしか思えないのですが、
・きょうび、デジタルリマスタリングした再発CDが称賛されてますね。
 アナログプレーヤに投資できないのは仕方ないのかもしれませんが、アナログディスクに記録されているを音を思うと、
 残念というか、かわいそうというか…

・一応わたしは昭和40年代?

------------------------------------------------------------------------
「スワニー」 投稿者:MACKY  投稿日:12月12日(木)21時23分00秒

こんちさん>「店の名はライフ」を聞くと、いつも「おかみさんと娘 親子でよく似て見事な胸」のところでドキドキしてしまいます。詞がみゆきさんらしからぬストレートだからかな?もっときわどい表現がある曲もあるけど、こんな感覚を持つのはこの曲だけです。

MASさん>あの頃のフジテレビは、それこそ「夢工場」とか、やりたい放題でしたからね。数年前の日テレが、ちょうどそんな雰囲気でしたね。

よっかーさん>なるほど、唱歌系の歌手なんですね。NHKと関係が深かったから、いつもトップだったのかな?なんだか可哀想な気もしますが…

一家言ある作曲家が、その時売れている歌手に苦言を呈するのは、今も昔も変わりませんね。

クジラ2号さん>「とん平のヘイ・ユー・ブルース」、詳しく知らないのに知ったかぶりして申し訳ありませんでした。

「スワニー」は江利チエミさんと雪村いづみさんの両方が有名ですね。雪村さんが紅白で2度目に「スワニー」を歌ったとき、顔を黒くして周囲を驚かせたのは有名ですね。その翌年から雪村さんが出場してないのはもしかして…

ふみおさん>私はHiFiというと、ハイファイセットしか思い浮かばないのですが…

------------------------------------------------------------------------
ハイファイ 投稿者:ふ み お  投稿日:12月12日(木)21時03分15秒

クジラ2号 さん
>DATはアメリカなどでは、マスター・テープにしているスタジオも在る様ですね。
10年前くらいかなりの頻度で赤坂の小さなしかし素晴らしいスタジオに行っていましたが、そこではマスターテープはDATでやっていました。今もそうだと思います。
ところで、実験的にデジタルとアナログ(ブラックディスク)の音の違いを見てみようということで半年前くらいにアナログの機器を引っ張り出し、当代NO1といわれるスタジオミュージシャンを集めジャズアレンジJPOPを曲を作りました。誰が聞いてもLPの音の方が癒されるようです。原音に忠実(HiFi)ではないかもしれませんが。
ところで昭和40年代生まれの方でHiFiという意味を分かる人は何%いらっしゃるのでしょう。

------------------------------------------------------------------------
「帰ってこいよ」 投稿者:クジラ2号  投稿日:12月12日(木)20時23分50秒

パソコンが、12月 8日(日)の夜に故障しました。調べたところ、ハード・ディスクの1プラッタが、数十クラスタ破損していました。新しいハード・ディスクに付け替え古いディスクをスレーブ側に接続して、生きてるデーターを移行しました。メールのアドレス、送受信内容、お気に入りのショートカットなどバックアップを取っていなかったので、あせりましたが、なんとか元の環境に戻りました。

ふ み お さん>DATはアメリカなどでは、マスター・テープにしているスタジオも在る様ですね。業務用のPana社の製品が、人気があるようですね。とても高額で買えませんが・・・
現在手持ちのDATは、レコードをCD-Rに焼くときにA/Dコンバーター代りに使用してます。
DATでデジタル信号にしたものを、デジタルのままパソコンのサウンド・ボードに送ってます。
最近は、「サンセット77」「コンバット(白黒)」などのビデオも発売されてますね。

まるこめ さん> 「トカゲ3号」という曲があるのですか・・・
三味線というと、松村和子さん「帰ってこいよ」が、インパクトがありました。あの くの一のような衣装が思い出されますね。三上寛さんが、和子さんに書いた「菜の花咲いていた」は、心にしみるよい曲でした。
簡単に弾いているように見えますが、立って弾くというのは、バチの支点が定まらずかなりのワザを必要とすると思います。

よっかー さん>江利チエミさんは、「ウスクダラ」「スワニー」なども、レコーディングしてましたね。後期の歌謡曲「酒場にて」が好きでした。
クリスマスといえば、野本直美「イブの夜」、松田聖子「PEARL-WHITE EVE」、吉田美奈子「CHRISTMAS TREE」、南野陽子「恋人たちのクリスマス」、原田知世「僕達のジングルベル」・・・

MACKY さん>説明不足でスミマセン。 「とん平のヘイ・ユー・ブルース」は、R&Bのバックで、とん平さんが ずっとセリフを言うという感じです。歌は、うたっていません。

------------------------------------------------------------------------
荒井恵子さん 投稿者:よっかー  投稿日:12月12日(木)12時34分13秒

MACKYさん
私の持ってる本などによると、荒井恵子さんは第2回NHKのど自慢のチャンピオンから歌手デビューした方らしいですね。NHKラジオ番組も多く持ってて人気も高かったようです。童謡・唱歌にジャンル分けされそうな曲を多く唄ってたし、今でいうNHKの番組主題歌みたいな人気で唄ってたんじゃないかなぁ。(推測で失礼)有名なのはラジオ歌謡「森の水車」。高峰秀子さんでヒットしなかったのをカバーして大ヒットさせたとか。
ちなみに歌謡曲って言葉、本来は琴・三味線などの伴奏に唄うことらしいんですが、現在の語源は昭和8年頃からレコード会社からの圧力からか、「流行歌」という言葉がラジオで使えなくなったそうです。そこで「歌謡曲」という言葉が出てきたそうです。(この本の受け売り)
もう一つ面白い記事がありました。作曲家・服部良一の話『ブギを日本の流行歌の仲間入りさせたのは、笠置シヅ子であるが、私自身は笠置シヅ子が適当なブギ歌手とは思ってないのである。ステージで必要以上のアクションで飛び回って唄う笠置シヅ子には閉口するのである。それは笠置の魅力であって、ブギの魅力ではない。新聞や雑誌はブギの女王といったり、笠置のブギと誇大広告のように書き立てているが、これは笠置のもつ迫力や大胆なステージに幻惑されているのである。時々私自身もゴッチャになって解らなくなる事もあるが、私は常に、笠置がリズムに対するより良き理解と反省を持つことを祈っている。そして、更に新しい、本当に八拍のリズムを身につけて歌う、真の歌手を求めている。といって、美空ひばりや○○すずめや○○めじろは、僕にとっては淋しい悲しい存在である。ブギはもっと静かに歌ってリズムのもつ味を歌に表現させねばならないので、普通の歌とは違って、大いに歌い踊らせなければいけないのである』(昭和25年3月)

すずめ、めじろって歌手もいたんだね。(笑)

------------------------------------------------------------------------
ほとんど自虐行為 投稿者:MAS  投稿日:12月12日(木)00時34分39秒

MACKY様、ちょっと前の書き込みですが…

>グループ名は忘れましたが、「セーラー服を脱いじゃってから」とか…、

「セーラー服を脱いじゃってから」を歌っているグループはオールナイターズです。でもこのタイトル自虐行為としかいいようのない気がすのですが…
ちなみにB面は「いい画面撮ってね、藤江ちゃん」です。いかにも“80年代フジテレビ”っていうタイトルです。

------------------------------------------------------------------------
中島みゆきさんの印象深い歌。 投稿者:こんち  投稿日:12月10日(火)22時59分52秒

暫く、こちらのサイトへ訪ねてこなかったうちにどんどん話題が進んでおりますね。
嬉しいような、寂しいような。

>とろりん村のとろりさん
>石井まゆみさんのEP

羨ましいです〜〜(笑)。
実はこちらのサイトで初めて話題にさせて頂いて、とろりさんのレスを頂いたのち
必死になって探して、なんとか『甘い暴走』は入手することが出来ました!
なのに以前持っていた『ごめんなさいねママ』のほうは未だ入手できないままです。
とはいえ、なんか『ごめんなさいねママ』の曲と石井まゆみさんの歌声・歌い方は
しっかり頭の中に入っていたりしますので、おいおいと探しつづけようと思っています。

>中島みゆきさん

高校を卒業して浪人していた頃にライフという名前の喫茶店でアルバイトをしていたこと
があり、友人が中島みゆきさんの歌にこういうのがあるよと言って「ありがとう」のテープを
貸してくれました。その中に入っていた曲が『店の名はライフ』だったのですが、なんてこと
はない曲がみゆきさんの独特の歌い方で凄く印象深い曲になっています。
ちなみにバイトしていた店には見事な胸の母子は居なくて、普通の純喫茶でした(汗)。

------------------------------------------------------------------------
長編歌謡浪曲! 投稿者:あみだ池  投稿日:12月10日(火)22時31分01秒

今、三波春夫さんの追悼版CD『歌芸の軌跡』の、”長編歌謡浪曲集”を聴きながらこれを書いてます。

凄い迫力ですね〜〜!『俵星玄蕃』『紀伊国屋文左衛門』…凹んでいる時でも、これを聴くとテンションが上がります。

改めて、惜しい方を亡くしたなァ…と、心から思ってる所です。

------------------------------------------------------------------------
「MU・GO・ん…色っぽい」 投稿者:MACKY  投稿日:12月10日(火)22時25分38秒

よっかーさん>私も番組表で確認しました。各編が短いんですね。

紅白でトップとトリの経験があるのは、あと都はるみさんがそうですね。ほとんどがトップを経験したあとでトリを経験してますが、トリを経験したあとトップを経験したのは、87年の森さんと八代さんだけでしょう。あと、私の疑問なんですが、初期の紅白で、紅組のトップがほとんど荒井惠子さんなのはどうしてでしょう?

波音さん、猫左衛門さん>みゆきさんがテレビのために歌を歌ったのは、初期を除いては10年前の「FNS歌謡祭」で「浅い眠り」を録画出演で歌っただけだと思います。この時はかなり評判になりましたね。猫左衛門さんのリンク先を見ると、テレビ出演の中に「ザ・ベストテン豪華版」がありますが、知らない人が見ると誤解しそうですね。これは工藤静香さんの「MU・GO・ん…色っぽい」が年間ベストテンにランクインしたときに、電話でメッセージを言っただけですね。この時黒柳さんから、「一度スタジオにもお越しください」と言われて、返事に困ってましたが…。

------------------------------------------------------------------------
re:中島みゆきさんのテレビ出演  投稿者:猫左衛門  投稿日:12月10日(火)20時14分33秒

波音様、どうもです。
「私の声が聞こえますか」は76年04月25日リリースのファーストアルバムで、
「海よ」はそれに収録されています。
「世界歌謡祭」でのグランプリ受賞が75年11月ですので、もしかすると違う番組
かもしれません。
が、そのような番組に出られたということは多くのファンの人も知らない貴重な情報
のような気がします。教えて下さってありがとうございます。

>あの当時でも中嶋みゆきさんのテレビ出演は珍しかったのですか。

はい。というより、デビュー間もない頃の2年半位の間に数本出られた
だけで、それ以降テレビ番組内で歌われたことは皆無のようです。
それなんで、今年の紅白歌合戦出演が話題になっているようです。

------------------------------------------------------------------------
素浪人花山大吉 投稿者:ふ み お  投稿日:12月10日(火)16時43分17秒

>素浪人・天下泰平
素浪人花山大吉だったと思います。母と一緒に良く見ていました。
焼津の半次は六感で何かを感じると小鼻をぴくぴく、大きな鼻の穴を見せ、事件をかぎつけるというシーンが各回にありました。
主人公とちょっとおどけた脇役という設定は「ローンレンジャー」みたいだなと思っていました。ローンレンジャーの「ハヨー、シルバー」(シルバーは彼の馬:白馬)とトントの「キモサデ」意味不明。多分、YES SIR。当時の流行り言葉です。昭和30年はじめのころの話で、日本で公開されたもっとも古いアメリカTV映画の一つです。ハイウエイ・パトロールもそのころだったと思います。

------------------------------------------------------------------------
中島みゆきさんのテレビ出演 投稿者:波音  投稿日:12月10日(火)06時10分17秒

>猫左衛門様

中島みゆきさんのテレビ出演、見た記憶があります。猫左衛門が言っている番組とは
違うかもしれませんが、1975年か76年頃に、今のテレビ朝日で朝の6時半頃に放送していた
15分位の枠の歌番組です。
確か1週間毎日同じ番組が再放送されたと思いますが、司会のテレ朝のアナウンサーとの
簡単なトークが合って、(故郷の北海道の話などと、暇なときは何をしていますかという質問に、あほらーっとしていると答えたの覚えています)歌を歌いましたが、その当時の新しいアルバム
「私の歌が聞こえますか」の中から「海よお前は」という曲を歌っていました。
「海よ お前が 泣いてる夜は 遠いふるさとの歌を歌おう」という歌詞だったと思います。
私は特に中島みゆきさんのファンではありませんでしたが、この歌は印象に残っています。
あの当時でも中嶋みゆきさんのテレビ出演は珍しかったのですか。
このアルバムの発売次期が分かれば、テレビ出演した時期もおおよそ分かるのでは
ないでしょうか。

>とろりん村のとろり様

所有しているレコード、CDのリストに天地真理さんが加わっているようですが、
真理さんのアルバム、聴いていただけたのでしょうか。よかったら、ぜひ感想を聞かせて
もらいたいのですが、どうでしたか。
真理ちゃんの歌がとろりさんの感性でどう捕らえられたのか、とても興味があります。

------------------------------------------------------------------------
4作あわせて120分。 投稿者:よっかー  投稿日:12月10日(火)01時10分16秒

えらく雪が降ったんですね。ニュース見てビックリしましたよ。
「フジカラー」のCMで、また「クリスマスキャロルの頃には/稲垣潤一」が使われてますね。
そのことより樹木希林がクルクル回って逆立ちしたり側転する事が大笑いなんですが。12月になるとコレと、「クリスマス・イブ/山下達郎」は定番ですねぇ。

MACKYさん、12日にリピートがあります。ビデオでタイマー1本に4作品が収録できますよ。一つが30分足らずですから標準でOK。チャンネルNECOの宣伝マンじゃないけど、今月は他にもピンクレディー活動大写真」ザ・ピーナッツの「情熱の花」江利チエミの「裏町のお転婆娘」も放送されるので、これも見逃せないぞ。あと一つは李香蘭の出ている「幸運の椅子」は、昔の帝国劇場が写ってるので一見の価値ありとの情報もあります。

江利チエミさんはオールマイティですよね。今も元気でいたなら、つんく♂プロデュースでも歌うかもしんないよ。(笑)

あみだ池さん、MASさん
カタカナ英語の歌も歌謡曲らしくていいですよね。(笑)
真っ先に思い浮かぶのは、♪マンハッタン イン ザ レえイン〜だな。
そう言えば森進一って、紅白でトリも歌えば、トップバッターでも歌うスゴイ人だよね。
他には八代亜紀、水前寺清子、山口百恵、細川たかし、北島三郎か。しかし前年トリで翌年トップを歌ったのは森進一だけなんだよな。

------------------------------------------------------------------------
「雪の降る町」 投稿者:MACKY  投稿日:12月 9日(月)22時58分42秒

よっかーさん>261chは盲点でした。時々707chで同じような特集をやっていることがありますが…今月は忙しいけれど、機会を見つけて一度観てみようっと。

江利チエミさんの不思議な点は、あれだけカバーポップスが得意なのに、紅白で、「さのさ」だの「八木節」だの「ソーラン節」だの「木曾節」だの…を歌っていたことですね。謡曲歌手としても名高かったのでしょうか。それから、今CSのラジオで紅白の特集やってますけど、昭和30年代にジャズやシャンソンの曲が多いのも感心します。まあ、今はR&Bが流行りですけれど、当時はジャズからデビューした人が多かったですからね。

今日の天気はまさにユニコーンの「雪の降る町」ですね。この曲は、90年代で私が気に入っている数少ない中のひとつです。

------------------------------------------------------------------------
英語と歌手 投稿者:MAS  投稿日:12月 9日(月)22時56分14秒

あみだ池

>北原謙二さんの『北風』は、何度歌詞カードを見ながら聴いても、あの発音は聞き取れません。 ある意味凄いです

もう、カヴァーではなく歌謡曲として聴いた方が納得できます。
やはり、直に聴いた英語と二次的にレコードなどから聴いた英語の差でしょうか。

------------------------------------------------------------------------
英語の発音 投稿者:あみだ池  投稿日:12月 9日(月)22時16分14秒

戦後の進駐軍世代、それでジャズ出身の方の英語は本格的ですね。他には、ダーク・ダックスが『OK牧場の決闘』を歌っているのを聞いた事がありますが、これも結構な物でした。

逆に、ロカビリー世代は…完全にカタカナ英語ですね。山下敬二郎さんは、『君は我が運命』でコブシを回して歌わはりますし、北原謙二さんの『北風』は、何度歌詞カードを見ながら聴いても、あの発音は聞き取れません。ある意味凄いです。

------------------------------------------------------------------------
S.O.Sあれこれとスカパー 投稿者:MAS  投稿日:12月 9日(月)22時15分42秒

あみだ池 様

>笑福亭鶴光さんの『新説SOS』です。ご存知の方も少ないと思いますので

笑福亭鶴光ヴァージョンは持っているのですが、岡林信康ヴァージョンは知っていましたが聞いたことないので聴いてみたいですね。

それと「S.O.S」といえば、はたけんじさんの「演歌S O S」というのもあります。

よっかー 様

>スカパー261「チャンネルNECO」で今月放送されている『花形歌手七ツの歌』『花形歌手歌の 明星』『桜まつり歌合戦』『踊る京マチ子 歌う乙羽信子』の4作品

「レコード大賞」の再放送につられてスカパーに加入したので、ぜひ見たいと思います。
SPレコードでは聴いたことある“百万ドルのエクボ”の乙羽信子の歌うシーンやブギ以外の笠置シヅ子「ラッパと娘」などが見られることができるのでビデオの録画し永久保存版にしたいと思います。

------------------------------------------------------------------------
訂正です。(自己レス) 投稿者:あみだ池  投稿日:12月 9日(月)22時07分22秒

>三船敏郎主演の…
近衛十四郎でした。すんません。番組名は『素浪人・天下泰平』だったと思います。再放送を、KBS京都のお昼に見てました。

------------------------------------------------------------------------
知ってますよ〜 投稿者:あみだ池  投稿日:12月 9日(月)21時57分09秒

よっかー様
>(皆さん知ってるかな?焼津の半次)
♪男ぶりなら 焼津の半次〜♪

三船敏郎主演のTV時代劇の脇役…と言うか、主人公のパートナー役だったと思うんですが。

------------------------------------------------------------------------
Come On My House 投稿者:よっかー  投稿日:12月 9日(月)21時54分32秒

江利チエミさんはすごい人で、ローズ・マリー・クルーニーのようにきれいな英語で歌ってたのに、一般受けするように歌謡曲風に「カタカナ英語」で歌うように変更したそうですよ。
「テネシーワルツ」も同様だって訊いたことあります。

最近でいう「治りたGirl」と発音して、引かれた西田ひかるが「ナオリタガール」と言い直したCMみたいなモンかな。(なんちゅう例えじゃ)

------------------------------------------------------------------------
かもな・まい・はうす 投稿者:ふ み お  投稿日:12月 9日(月)20時18分46秒

よっかーさん。
>いずれも昭和27〜29年前後の映画で、大映の色んな歌謡映画の歌手歌唱シーンを再編したものです
江利チエミ「カモナ・マイ・ハウス」「ガイ・イズ・ア・ガイ」.神楽坂はん子「ゲイシャワルツ」「見ないで頂戴お月様」.津村謙「上海帰りのリル」.近江俊郎「湯の町エレジー」「南の薔薇」.美空ひばり「父恋し母恋し」.田端義夫「玄海ブルース」.越路吹雪「セ・シボン」.川田
・・・・

タイトルを聞いただけでは半分程度しか思い出せませんが、歌を聞けば大半は分かりそうです。
特に江利チエミは、友人が強烈なファンで、昭和30年中ごろですが彼の家に行くと嫌というほどレコードを聞かされていましたので、今でもはっきり彼女の歌声を思い出すことができます。
かもな・まい・はうすという日本語で歌っていたような記憶がありますが。

------------------------------------------------------------------------
すみません、リンク間違えました 投稿者:猫左衛門  投稿日:12月 9日(月)20時12分31秒

http://www.miyuki-lab.jp/broad/radio/g890226.html#1

こちらでした。
申し訳御座いません。

------------------------------------------------------------------------
re:「この空を飛べたら」 投稿者:猫左衛門  投稿日:12月 9日(月)20時07分27秒

管理人様、MACKY様、レスありがとうございます。

>「コッキーポップ」「夜ヒット」「ミュージックフェア」の3番組だけの筈です。

はい。(あと、ポプコンと世界歌謡祭)私もそう思っていました。
(これらは時々特番などで再放送されたりもしてますね)
で、中島みゆきさんのファンサイトの情報によりますと、それ以外に出演された番組
があったことをご本人が”自白”されているのだそうです。
(参考)

http://www.miyuki-lab.jp/broad/tv1.shtml

なんとかこの番組名がわからないかなあ、と思いまして。

------------------------------------------------------------------------
DAT 投稿者:ふ み お  投稿日:12月 9日(月)06時04分30秒

クジラ2号さん、こんにちは。
>ところで私、S社の製品とは、相性が悪いのです。カセット、DATなど、いままで買ったものは、ほとんど調子悪かったです。でも、音質的には、好きなんです。
S社はある時点から故障率を極小化する方向から、ある程度故障がおきてもそれにうまく対応する(サービスステーションを増設)ほうがコストの面でも、CSでも有利と考え、方針を変えたと聞いたことがあります。GEは6Σなんていって、不良率を極限まで低下させていますが、世界のトップメーカーの戦略は特徴がありますね。
私もS社の製品を数多く使っていますが、他社より故障率が多いような気がしておりますし、部品を見ても(板金の厚さ、設計そのもの)そうだろうなと思っています。

>DATなどは、購入してすぐ、修理に出し、最初の1年は、ほとんどサービス・ステーションヘ行ったり来たりしていました。現在はP社のD-HS5を、愛用してます。最近DATの生テープは、店頭では、見かけなくなりましたね。 
DATはサンプリング周波数がCDより10%高く、可聴範囲をかなり超えており、その音を好む人が多いですね。友人の環境音楽の作曲家もDATは離せないようですが、(水の音や虫の声等自然音の採集に使っています)生テープの入手に苦労しているようです。このテープは米国ではパソコンのメモリー用メディアとして一般的なようですね。

------------------------------------------------------------------------
レコード大賞と懐かしの花形歌手 投稿者:よっかー  投稿日:12月 9日(月)00時17分39秒

今年の受賞者はなんだか不思議な選出がされてましたね。
もう少し理由とか説明が欲しい人がいますよね。
やはり大晦日テレビ出演ができる歌手(グループ)、日本作曲家協会に所属している人による楽曲、この2つの条件を満たす歌手が最優先事項なんでしょうね。そのへんを詳しく解説してくれる情報誌か、何か欲しいですよね。

話はとんで、スカパー261「チャンネルNECO」で今月放送されている『花形歌手七ツの歌』『花形歌手歌の明星』『桜まつり歌合戦』『踊る京マチ子 歌う乙羽信子』の4作品。
見られた方はいらっしゃいますか?面白いよー。
いずれも昭和27〜29年前後の映画で、大映の色んな歌謡映画の歌手歌唱シーンを再編したものです。江利チエミ「カモナ・マイ・ハウス」「ガイ・イズ・ア・ガイ」.神楽坂はん子「ゲイシャワルツ」「見ないで頂戴お月様」.津村謙「上海帰りのリル」.近江俊郎「湯の町エレジー」「南の薔薇」.美空ひばり「父恋し母恋し」.田端義夫「玄海ブルース」.越路吹雪「セ・シボン」.川田晴久「新作数え歌」「恋愛学校」.笠置シヅ子「買い物ブギ」「ヘイ・ヘイ・ブギ」「ジャングル・ブギ」「タンゴの話」「ラッパと娘」「恋の峠道」.二葉あき子「バラのルンバ」「夜のプラットフォーム」.乙羽信子「君何時の日帰る」他5曲.霧島昇「誰か故郷を想わざる」.淡谷のり子「君忘れじのブルース」.灰田勝彦「森の小径」.暁テル子「戀のジャングル」.高英男「ロマンス」他。
思い出のメロディーじゃない全盛時の歌唱シーンはすごく貴重な映像ばかりです。
『花形歌手歌う明星』は司会進行が笠置シヅ子さんで、その関西弁で楽しい喋りも古さを感じさせない。『桜まつり歌合戦』は昭和29年の映画ですが、男女10人の歌手が紅白に分かれて歌う、まさに映画版紅白歌合戦だ。司会は当時子役の白鳥みづえ、白組応援・品川隆二、紅組応援・伏見和子だ。(皆さん知ってるかな?焼津の半次)
いずれもビデオ発売は無くテレビ初登場です。リピート放送されるから、チャンスある方はぜひチェックしてみてちょうだい。

------------------------------------------------------------------------
「この空を飛べたら」 投稿者:MACKY  投稿日:12月 8日(日)21時34分30秒

猫左衛門さん>はじめまして。みゆきさんの70年代でのテレビの音楽番組出演ですが、私も以前書きましたが、「コッキーポップ」「夜ヒット」「ミュージックフェア」の3番組だけの筈です。ただ、今改めて調べてみると、「コッキーポップ」には2度出演しているようですね。とろりさんが書かれていらっしゃるのは、もしかしたらその一度目のことを指しているのかも…その時は、まだレコード発売前に、加藤登紀子さんと「この空を飛べたら」をデュエットしているようです。因みに2度目の出演の時にスタッフと何かトラブルがあったため、以後しばらくテレビでは出なくなった、と私は大学時代に熱狂的なみゆきファンから聞きましたが…

とろりさん>よっかーさんが書かれている通りです。因みにこの時の「夜ヒット」でも浜省さんは一度もサングラスをとらず、司会の二人に、「一度外して欲しい」と哀願されましたが結局外しませんでした。

よっかーさん、ながとさん>今年のレコード大賞の金賞発表も、翌日のテレビで初めて知りました。今年は12月に入ってからの選考になりましたが、これには何か理由があるのでしょうか。それから、まさか私の意見が通ったわけではないでしょうが、久し振りに最優秀歌唱賞が金賞の中から大晦日に発表、の形に戻りましたね。何か事情があるような気もしますが…

あみだ池さん、クジラ2号さん>「新説SOS」は知りませんでしたが、この手のアンサーソング(?)は結構ありますよね。横山ノックさんの「飛んでけ!たこ焼きくん」とか、グループ名は忘れましたが、「セーラー服を脱いじゃってから」とか…「とん平のヘイ・ユー・ブルース」は名曲との評判が高いですね。

------------------------------------------------------------------------
三味線の系譜とかトカゲ3号とか 投稿者:まるこめ  投稿日:12月 8日(日)20時30分18秒

あみだ池さん、はじめまして。
暁師匠情報、どうもありがとうございます。
10年ほど前、四国のホテルでショーをしているのを見たという話を聞いたきりでしたので、
もうけっこうな年のはずだし、どうしているのかなぁと思っていました。
ぼくは20年ほど前に関西から神奈川に移ったため、大阪のローカル番組がときどきひどく恋しいです。

クジラ2号さん、はじめまして。
三味線、好きなんですよ。一時はおばさま方にまじって教室に通っていたほどで。
根っこにあるのはたぶんこまどり姉妹で、大滝の「ナイアガラ音頭」や矢野顕子の「津軽ツアー」、
そして沖縄の三線を経て、近頃人気の上妻宏光に至っています。

ところで、最近贔屓にしている若手のバンドGO!GO!7188に「トカゲ3号」という曲があります。
……関係ないですね(笑)。

今後ともよろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------------
新説SOS 投稿者:クジラ2号  投稿日:12月 8日(日)19時53分19秒

あみだ池さん>「新説SOS」て何処かカセットに録音してあったな〜と思い探してみました。
ありました。 歌っているのは、フォークの神様、岡林信康さんでテープの早回しや、効果音が入ってかなり時間をかけて作られた様子がうかがえます。詩は、笑福亭鶴光さんのと同じです 。
もしかして、岡林さんの作曲?
本で調べると 岡林さんのLP「セレナーデ」(1978年9月25日発売 コロンビアLX-7050)のB面1曲目に収められています。シングル・カットは、されてない様です。鶴光さんのヴァージョンも、聞いてみたいですね。

まるこめさん>はじめまして。
三味線関係は、吉田兄弟の津軽三味線のCD1枚しかもってないです。

ながとさん > 桜田淳子さんと百恵さんは、そんなに仲良しだったのですか。

ふみおさん>専門的なお話興味深く、拝読しております。
ところで私、S社の製品とは、相性が悪いのです。カセット、DATなど、いままで買ったものは、ほとんど調子悪かったです。でも、音質的には、好きなんです。DATなどは、購入してすぐ、修理に出し、最初の1年は、ほとんどサービス・ステーションヘ行ったり来たりしていました。現在はP社のD-HS5を、愛用してます。最近DATの生テープは、店頭では、見かけなくなりましたね。 

------------------------------------------------------------------------
猫左衛門さま 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:12月 8日(日)15時28分52秒

猫左衛門さま

こちらこそ、はじめまして!

それは、「コッキーポップ」(日本テレビ系)ではないかと思います。

ただ、これは日曜日の12:15に放映されていた30分番組ですから、朝の番組ではないの
ですが...。

今、何と、その映像がビデオ化、DVD化されて、入手できるようです。
もちろん、「時代」(中島みゆき)も収録されています。

詳細は下記URLをご参照なさってください。

http://www.musicsea.net/cockypoptv/index2.html

http://www.yamaha-mf.or.jp/pr-release/20010401.html

------------------------------------------------------------------------
70年代の中島みゆきさん 投稿者:猫左衛門  投稿日:12月 8日(日)13時52分14秒

管理人様、皆様、はじめまして。
「1970年代のテレビ番組」で検索していて辿り着きました。
あのう、ご存知でしたら教えて頂きたいのですが。
中島みゆきさんが1975年11月に世界歌謡祭グランプリを受賞した後、
受賞者はみんな出るのがお約束みたいな番組に出演されたそうなのですが、
その番組名をご存知ありませんでしょうか。朝の番組で多分生番組だった
らしいのですが。
よろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------------
またも訂正。昔の技術そしてアートオブステート 投稿者:ふ み お  投稿日:12月 8日(日)08時11分41秒

自己レスです。
>二つの溝から4つの信号を取り出すのですから
ひとつの溝の二つの側面から4つの信号を取り出すのですから
が正しいです。

尚ステレオの黎明期には左チャンネル用レコード、右チャンネル用レコードがありました。
まったく同期の取れないプレイヤーで2枚を再生するのですから、いくらタイミングを合わせても高音部の位相差はどうしようもない訳で、うまくいくわけありませんね。
さてレコードの歴史はモノラルのレコードとの互換性を取りつつステレオ録音、その互換性を取りながらビクターのCD4と発展したわけです。ステレオカッティングでは右と左の側面から大音量を出そうとすると、針が激しく上下しますので、針飛びになるという問題が起こります。
NTSCもカラー放送するときに同期信号からの位相差がカラー信号として互換性を取りました。
話は変わりますが、レーザーディスクの信号記録はCDとことなりアナログです。穴の長さの情報がFM変調された音声信号です。その後デジタル音声も重畳されましたが。
そのためレーザーディスクの製造技術はCDより遥かに難しいのです。DVDは無理やり信号を押し込んでいますので、再生機の製造はCDより遥かに困難です。その為発売当初はT社の歩留まりは50%以下と散々で、結果P社がOEMで供給していました。(DVDのトラックピッチは0.8ミクロン程度ですが、集光されたレーザーのビーム径は1ミクロン以上あります。隣のトラックの信号を拾っていますがデジタルなので大丈夫なのです。(フォトダイオードで拾える信号はクロストークなんてものではありません。)

当時自社製にこだわっていた誇り高いS社がどうしてもLDを製造できずに初めてP社からOEM供給を受けました。今では自社製なんてまったくこだわらず液晶とかPDPとかディスプレイはOEMにも関わらず凄い勢いで宣伝していますが。(駆動回路の工夫でここの液晶TVのレスポンスは素晴らしいものがあり、映画鑑賞ができる唯一のものとお奨めしますが)
ただ自前のディスプレイを持たないことは戦略的には大失敗でしたので今FEDというフラットパネルの開発を物凄い勢いで薦めています。ベンチャーに数十億円払って、特許取得し研究を進めています。
電力消費や発熱の問題を持つPDPを置換しようといているのです。

------------------------------------------------------------------------
暁照夫さん&お笑い系レコード 投稿者:あみだ池  投稿日:12月 8日(日)01時14分32秒

クジラ2号さま
僕が好きなのは2曲…まず、笑福亭鶴光さんの『新説SOS』です。ご存知の方も少ないと思いますので、一番の歌詞を…。

♪狼なんかじゃありません/男は悲しい生き物よ
 
(Some lines omitted by webmaster^^.) 
 ほらほらどこかで呼んでいる/今日もまた誰か 世間のさらし者〜♪

もう1曲は、平和ラッパ・梅乃ハッパさんの『アイ・ドント・ノー節』です。こちらはさらにマイナーですので、やっぱり一番だけ…。
 ♪客のいないスナックで/上手い上手いとおだてられ
  
(Some lines omitted by webmaster^^.)
  スナックの勘定が アイ・ドント・ノー♪

★暁照夫さんは、お弟子さんの光夫さんとのコンビで、三味線漫才をやってはります。大阪のテレビでは時々見かけますよ。それにしても、照夫師匠の三味線、上手いですねェ…。

------------------------------------------------------------------------
4chステレオ 投稿者:ふ み お  投稿日:12月 7日(土)23時33分15秒

こんにちは。
>あと70年代の初期だったと思いますが4チャンネル再生がはやったことごぞんじですか?そのときのビクターの4MD−1Xもまだ使ってますよ。
私が入社した時でしたので1972年ごろですね。当時はどのメーカーも新入社員は町の電気店に派遣され(ヘルパー)半年くらいは売り子をやらされました。
当時の4chには各社から各種の方式が提案されていました。二つの溝から4つの信号を取り出すのですから、(例えばフロントの右信号と左信号の差がリアーの右、和が左)現在のデジタル5.1chと比べればかなり定位は甘かったです。
その中でビクターの方法(CD4という画期的なものでした)は二つの溝に4つの信号を押し込みました。前のスピーカーの音は従来とおり、AM変調なのですが、リアのスピーカーの音は可聴音以上の周波数でFM変調された信号で刻んでありました。
その為特殊のスタイラス形状のものが使われていましたし、ピックアップの性能にも従来品より遥かに高いものが必要となりました。(スタイラス形状は楕円形状だったと思います。交換時大変高くて不評でした)
いずれにしても各社はスピーカーを4個売りたかったので4chを開発したのですが、現在の5.1chのAVと異なりオーディオでは4chの必要性は低かったのでヒット商品になりませんでした。
そのうちに各社は全て4chから撤退しました。(対応するレコードの発売がなくなりました)高い装置を買った人は宝の持ち腐れになりました。私は社販で売れ残った4chステレオ用のパワーアンプ定価10万円くらいのものを1万円で買いました。ステレオアンプとして使えば、2ch壊れても使えます。(^^;;;
当時メーカーの社会的な責任が問題になりました。今だったらもっと大変なことになったと思います。

>どうしたらいいのかなーと思いベルトを買ってきて再生したらまだかなりのワウ・フラッタが出てるのですがどうしたらよくなるとおもいますか?改善方法があったら教えてください。
モーターに起因する場合とターンテーブルに起因する場合が考えられますね。
モーターの場合は、交換しない限り改善は難しいでしょうね。
ターンテーブルの場合は軸受け部がどうなっているかによりますが、そのあたりに油をくれれば改善されると思います。
ターンテーブルの回転周期にワウフラが同期しているかどうかでどちらが原因か判別できます。

------------------------------------------------------------------------
三つ葉ですか。 投稿者:ながと  投稿日:12月 7日(土)22時50分10秒

あの真ん中は三つ葉って言うんですか。初めて知りました。

とろりさん> ビクター系がその“三つ葉”仕様でしたら、私の記憶の渚ゆう子は違いますね。
彼女東芝ですから。だとするとソルティ・シュガーだと思います。

そうですね、以前は音楽祭花盛り。12月上旬今頃は歌謡大賞は終わっていて、FNSも
テレ朝あなたが選ぶ・・も新宿音楽祭 サンプラザ音楽祭(銀座音楽祭)とほとんど終わって
いる時期でした。何故か読売系とTBS系の有線大賞がそれぞれ存在して
あれは12月中旬以降だったと思います。
視聴率取れたのでしょうね、それぞれあれだけ派手にやっていたのですから。
そういえば、桜田淳子が歌謡大賞放送音楽賞の受賞記者会見で(多分第6回)
“百恵ちゃんが一緒でないと・・。”と涙したことがありました。
今思うと、凄い発言だなと思います。

------------------------------------------------------------------------
失礼しました 投稿者:クジラ2号  投稿日:12月 7日(土)22時39分31秒

とろりん村のとろりさん> さん を付けおとしました。失礼しました。

------------------------------------------------------------------------
まいど 投稿者:クジラ2号  投稿日:12月 7日(土)22時19分50秒

ふ み おさん、とろりん村のとろり>色々教えていただき、ありがとう御座いました。
構造上の問題、かかえている宿命的問題(同じ回転数なので内周にいくに従って情報量が少なくなる)が、有るようですね。出きる限り歪みが少なくなる様に、インサイド・フォース・キャンセラーの調整 etc.やってみます。

ビクター系のレコードで、ジューク・BOX流れは、橋かけ部分?が取り去られていました。

おわらい系で好きな曲は、
  「MAIDO(まいど)」    のりお・よしお 増田俊郎作曲 これは、メチャクチャかっこいい
              曲です。
  「ヘイ・ユウ・ブルース」  左とん平  リズム&ブルースのりで、かっこいい曲です。
  「アミダばばあの唄」    アミダばばあ&タケちゃんマン 桑田桂祐作詞作曲
  「デンセンマンの電線音頭」 小松政夫、伊東四朗、デンセンマン のりがすごい!

------------------------------------------------------------------------
宮川左近ショー(の三味線の人) 投稿者:まるこめ  投稿日:12月 7日(土)18時52分42秒

Wヤング、面白かったですね。ぼくのなかでは最強です。
同時期のお笑い番組で注目していたのが宮川左近ショーなんですが、あそこの三味線弾き、暁てるお(漢字がよくわからない)、彼にぼくの目は釘付けでした。もう、リッチー・ブラックモアと同格でしたね。

そんな宮川左近ショーも所属していたはずのローオン・レコードの音源は、そっくり関西の好事家に引き取られたという話を聞いたことがありますが、京山幸枝若や鉄砲光三郎などとともに店頭に並んでいた宮川左近ショーのレコード、なんであのときに買っておかなかったんだろうと後悔先に立たずのこの10数年。宮川左近単独の音源は中古屋で見かけたことがあるのですが、暁さんの三味線じゃなきゃぼくはイヤだ(笑)。

http://marukome7188.cool.ne.jp/index.html

------------------------------------------------------------------------
リムドライブ 投稿者:ふ み お  投稿日:12月 7日(土)08時46分57秒

「ホール素子」でリブドライブと書きましたがリムドライブの間違いです。訂正します。

------------------------------------------------------------------------
ホール素子 投稿者:ふ み お  投稿日:12月 7日(土)08時36分48秒

アンサンブルステレオ時代のプレイヤーはリブドライブでした。これはモーターの軸に外周にゴムを巻いた金属を取り付け、ターンテーブルに圧接、摩擦で回転させます。
圧接したままでスイッチを切ってしまうとゴムが変形して物凄いワウフラッターを起こしました。またモーターの振動がターンテーブルに伝わり、それが再生音に影響していました。
その欠点を回避したのがベルトドライブです。モーターとターンテーブルを独立に懸架することでモーターの振動が伝わらなくなりました。ベルトはゴム製でしたが、高級品には糸状のものを使っているものもありました。
ベルトドライブの欠点はベルトそのものにあります。ゴムではそれほど精度の高いものが出来ないので、回転精度に限界があります。
モーターの振動の問題がクリアされれば、ダイレクトでターンテーブルをまわしたほうが良いのです。ただし低速で精度の高い制御は難しかったのですが、ホール効果を用いたホール素子の実用化でそれがクリアされました。
話は変わりますが、我々の世代になると同窓会とか情報交換が活発になります。高校卒業以来30数年ぶりに先日あった同期が日立でプレイヤーを開発しており、ホール素子を作っていたと聞いてびっくりしました。
ホール素子は今では色々な電子部品で使われていますので、上海で作れば商売になるかもしれないから一緒にやろうかなんて言っています。

------------------------------------------------------------------------
内周部と外周部 投稿者:ふ み お  投稿日:12月 7日(土)07時40分56秒

内周に行くと音が歪むのはインサイドフォースのせいもありますが、音質の劣化については線速度が遅くなるというのが主原因です。周波数特性も落ち、ひずみも増えます。
インサイドフォースはピックアップがアームの支点を中心に円運動をするので、レコードの溝と針の方向が、特に内周部で平行から外れてしまうことから起こります。それを防ぐためにアームの支点をスライドし、ピックアップがいつも溝と平行にするもの(リニアアーム)もありました。
レーザーディスクの初期のものは回転速度一定(CAV)でしたので、外周部の方が内周部より線速度が3倍近く速くなり、SNがその分よくなります。そうすると映画の最初の画質が最高で、後の方のクライマックス部(動きが早く、情報量が多い)が画質の低下を引き起こすので、内周からスタートするようにしました。(ディスクがあるかないかも内周部からはじめたほうが有利です。ピックアップからのレーザー光の反射光がないとディスクがないと判断しますし、ディスクの大きさによらず定位置からスタートできますので)
フィリップスは以上の理由で内周からスタートするディスクを開発しました。彼らから送付されたサンプルディスクを、それと知らない我々は外周部から再生を始めました。なんと画像がさかさまに、時間も逆転して再生されました。(NTSC信号はある程度対象性があるのです。)
試作してたカッティングマシン(1トンくらいありました)で再生したのですが、そのときのさかさまの画像(我々のことを考慮してか文金高島田の女性の画像でした)はいまだに目に焼きついています。多分これが複製されたディスクを用いた日本国内で始めての再生画像だと思います。(プロジェクトXでも知らない事実です。)
尚CAVですと一枚の再生時間は30分しかありませんので、CLV(線速度一定)にして1時間をもたせるようになりました。一枚(裏表、張り合わせ)で映画を一本入れたかったからです。
CAVではトラックを飛び越せばトリックプレイ(倍速とか7倍速とか)が簡単にできましたが、CLVではできませんね。
レーザーディスクでは回転速度もビデオ信号の同期信号でコントロールされており、ワウフラッターはほぼゼロです。(カラーはわずかな位相差で記録してあり、もしワウフラッターがあると色がなくなります)
CDとLDのコンパチ機は便利な装置だとおもいますが、設計者にとっては大変なことなのです。たとえばディスクの重量、大きさからくる慣性モーメントの違いです。慣性モーメントは半径の三乗に比例します。レーザーディスクははりあわせですので、実に10倍以上の重量比があります。
これだけの違いのあるディスクをサーボをかけて所望の回転速度にコントロールをするのは本当に大変な技術開発を伴うことになるのです。

------------------------------------------------------------------------
関西系レコード会社 投稿者:MAS  投稿日:12月 7日(土)02時32分03秒

あみだ池様

>ローオンは『労音』やなくて、『浪音』…つまり、浪曲中心のレコード会社です(でした)。

たしか、「浪曲」+「音曲」で「ローオン」レコードという名前になったとか。
中村美律子さんが河内音頭をやっていた「小松美津子」の頃にテープを出していたそうです。

>テイチクは元々奈良にあったマイナーレーベルだったそうです。他に関西系のレコード会社と言 うと…タイヘイ、戦前ではニットー、オリエント(古いなァ…)あたりでしょうか

テイチクは奈良のレコード会社でしたが古賀政男氏を迎えることによって一気に全国区になっていきましたね。
>関西系のレコード会社と言うと…タイヘイ

最近とても気になるレコード会社「タイヘイ」というよりかは後の「日本マーキュリー」。レコード袋(SP盤)には「NISINOMIYA JAPAN」の表記がしてありました。たしかに“お恵ちゃん”こと松山恵子さんは関西なまりでしゃべられるし、藤島恒夫さんの曲も関西系の匂いがしますね。

------------------------------------------------------------------------
ローオンレコード&テイチクレコード 投稿者:あみだ池  投稿日:12月 7日(土)01時44分25秒

MAS様
>関西のお笑い系のレコードといえば「ローオンレコード」を思い出します。
ローオンは『労音』やなくて、『浪音』…つまり、浪曲中心のレコード会社です(でした)。ですから、ローオンから出てた歌謡曲は殆ど記憶にないんですよね…京山幸枝若さんの浪曲のテープはちょいちょい買ってましたが。
ちなみに、テイチクは元々奈良にあったマイナーレーベルだったそうです。他に関西系のレコード会社と言うと…タイヘイ、戦前ではニットー、オリエント(古いなァ…)あたりでしょうか。

------------------------------------------------------------------------
お笑いレコード 投稿者:MAS  投稿日:12月 7日(土)01時02分41秒

とろりん村のとろり様

>海原千里・万里はテイチクからデビューしていたのですか!それは知りませんでした

たしか「幼なじみで同い年」というタイトルだった…ような、たしか'73年頃の発売の曲だったよな…あいまいですみません調べてみます。

関西のお笑い系のレコードといえば「ローオンレコード」を思い出します。敏江・玲二、やすし・きよしなど曲を出していますね。あと「テイチク」などもよく出してましたっけ、コメディNo.1「アホの坂田」など…関西に製作部でもあったんでしょうか?レコード番号が“A−○○”のものなど関西系の製作っぽいのですが。

>あのノン・アダブターのEP盤は…つまり、ビクター系のレコード会社が採用していましたね

ノン・アダプターのEPはテイチクの一部でも見たことあります。テイチクのはビクター系の三つに分かれているのではなく、真ん中の○に対し■を45度回したものが組み込まれていました(ってわかりました?説明下手で…)。ちなみに三波春夫「常磐炭鉱節」EP盤で見ました。

------------------------------------------------------------------------
浜田省吾 投稿者:よっかー  投稿日:12月 7日(土)00時52分10秒

MACKYさんが見た「夜のヒットスタジオ」1979.8.13.放送のモノですよね。
「風を感じて」がCMソングでヒットした頃です。
あの頃、「夜ヒット」に2回、TBSの番組に1回出演して、ずいぶん面倒くさい思いをしたそうで、それ以来テレビ番組の出演は無くなってました。
確かLDを発売した10年くらい前にNHKにちょこっと出ました。
昨年はBSでツアーの模様といっしょに出演しましたが、「夜ヒット」のような出演はありませんね。ラジオはよく出るのにネェ。

FNS音楽賞・歌謡祭が歌謡祭だけになっちゃって、もう10年が経つんですね。
なんか賞がどんどん無くなっていくのも、ちょっと淋しい気もします。
音楽を他人が評価するのが難しい時代なんでしょうか。ジャンルも多種多彩だから。

でも全員並んでゴールインする運動会は面白くないんだよなぁ。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:12月 6日(金)23時54分07秒

☆MACKYさま

えっ!浜田省吾ってテレビに出るのですか?MACKYさんと同じく、ぼくも驚きました。
ぼくの頭の中にある浜田省吾のイメージは「風を感じて」のジャケット写真での姿なの
ですが、もうすぐ彼も50歳なんですね...(しみじみ)。

☆クジラ2号さま

カートリッジはもっぱら、AT−150MLX(オーディオテクニカ)を使っています。

レコードの内周に行くにしたがって歪が増えていくと思いませんか?

そうですね...。

まず、考えられるのはインサイド・フォース・キャンセラーの調整の問題です。

トーンアームはレコードの外周から内周へトレースするため、内向きの力(インサイド
・フォース)が働きます。そのため、これを放置すると、スタイラスが片側に押しつけ
られてしまって、音が歪むのです。

そのため、トーンアームにはインサイド・フォース・キャンセラーが装備されていて、
これを調整してアウトサイド・フォースをかけ、この問題を解消できるようになってい
ます。

レコードの内周に行くにしたがって音の歪みが大きくなるのは、インサイド・フォース
が原因ではないかと思います。

取扱説明書に適正値が載っているはずですので、これをチェックしてみてはいかがでし
ょうか?

☆ながとさま

以前であれば、今頃、歌謡界では激しい賞レースが展開されていたものですけれど
もね...。

最近は日本レコード大賞でさえも何か目立たなくなっているような気がします。

そうそう!ワーナー・パイオニアのレーベルは何となくトロピカルでしたね。

あのノン・アダブターのEP盤はビクター、フィリップス、RCA。つまり、ビクター
系のレコード会社が採用していましたね。

でも、あるときを境にノン・アダブターのEP盤は、突然なくなりました。
上記の三社全てです。

手持ちのEP盤を調べた結果、その「あるとき」とは、1972年の夏ということが
判明しました。

お手元のEP盤を確かめてみてください。

何と、そのノン・アダプターを開発したひとを、ふ み おさんは知っておられます。
(14.4.25付掲示板をご参照ください。)

☆あっくんさま

クジラ2号さんのおっしゃる通りです^^;;。

クジラ2号さん、どうも、ありがとうございましたm(_ _)m。

☆ふ み おさま

おっしゃる通り、ベルトドライブ・プレイヤーのベルトは消耗品で、何年か毎に取り替
えないといけないのですが、父が自作したプレイヤーのベルトはすでにボロボロで、使
用できない状態でした。考えたあげく、長いリボンを買ってきて、瞬間接着剤で「ベル
ト状」にして代用しました。

最近のリーズナブルなレコードプレーヤーは、たいていベルトドライブですね。

☆あみだ池さま

レツゴー三匹(タイヘイトリオの弟子)って、関西では頑張っておられますか?

そのCDを出すのであれば、横山ホットブラザーズの「お〜ま〜えは、あ〜ほか」も是
非、入れていただきたいです。(←そもそも、テーマ曲ではないか^^。)

------------------------------------------------------------------------
「風を感じて」 投稿者:MACKY  投稿日:12月 6日(金)23時30分44秒

とろりさん>偶然でしょうが、この前CSの夜ヒットで「風を感じて」を歌う浜田省吾さんを見ました。浜省がテレビに出ていたのは知らなかったので(ファンには周知だったでしょうが)、結構新鮮でした。

ながとさん>昔はよくレコードプレーヤーのEP用の支え(正式名は何だったでしたっけ?)をなくしちゃって、橋かけ状(私は星形と呼んでましたが)のEPしか聴けなくなったりしましたね。このタイプのレコードは演歌に多かった気がします。

クジラ2号さん>寄席芸人のレコードというと、牧伸二さんの「あ〜やんなっちゃった」や、林家三平師匠の「好子さん」、それと今や大御所の三遊亭圓歌師匠が歌奴時代にたしかシングルをリリースしてますね。あとは笑点関係で木久蔵師匠の「いやんばか〜ん」とか小円遊師匠の「マドモアゼル」とか…

------------------------------------------------------------------------
「なーんでかフラメンコ」 投稿者:クジラ2号  投稿日:12月 6日(金)21時08分56秒

南こうせつさんは、クラウン・レコードのオーディション(コンテスト?)に受かりデビューは、
ソロだったと思います。その後、南こうせつとかぐや姫になり、メンバーを替えてかぐや姫になったと思いました。(初代のかぐや姫には、伊勢正三さん、山田パンダさんは居なかった。)

あみだ池さん>おわらい系では、「笑ケース」「笑ウインドウ」というCDがあります。

   http://www.familyclub.ne.jp/products1.msp?class=10005&n=1
 
「ダブ子ちゃん」Wけんじ、「わかんねえだろうな」松鶴家千とせ、「走れ!バカボン」てんぷくトリオ、「なーんでかフラメンコ」堺すすむ、「しびれ女のブルース」庄司敏江・玲次 etc.・・・
♪うちら陽気なかしまし娘〜♪も、何処かのCDに入っていたのを見たことが・・・

とろりん村のとろりさん>かなりのオーディオ機器をお持ちのようで、レコード派のわけが良くわかります。カートリッジは、何をお使いですか?現在国産では、テクニックス、DENON、オーディオ・テクニカしか製造してないですよね。(光悦など高級品をのぞくと)

私は、タイプ・スリー、DL-103など持っていますが、テクニカのAT15E,AT-7V,AT-120Eなどを、レコードの内容によって替えてます。
ヘッドフォーンで聞いているとレコードの内周に行くにしたがって歪が増えていくと思いませんか?適正な針圧をかけ、水準器で水平はとっているのですが、他に調整個所は、ありますか?
よろしかったら教えてください。 

ふ み お さん>エルプなどのレーザー・ターンテーブルの音は、聞いたことはありませんが、一度聞いてみたいです。

あっくん さん>「日曜日の午後」は、エイト・ビートでミディアム・テンポの曲です。
「あなたを夢見て」「サルビアの花」よりは、印象の薄い曲です。   

------------------------------------------------------------------------
FNS歌謡祭 投稿者:ながと  投稿日:12月 6日(金)20時35分55秒

みなさん こんばんは。
昨晩 FNS歌謡祭が放送されましたね。私は見ることができなかったのですが
職場では結構話題になってました。昔は賞だったよねってみんな知ってました。
聖子は全然ダサかったと言うコメントも。それと岡田有希子のイメージは
男性と女性ではその違いがあるということです。
大体男性諸氏はかなり印象に残るアイドルだということ。
しまいには“やっぱおやじだね〜。”なんて言われちゃいました。

ステレオ> 小学生の頃買ってもらったプレーヤーがEP専用のようなものでした。
LPをかけると、プレーヤー本体のフレームからはみ出してしまう大きさでした。
あのころ凄いなと思ったのは、ワーナー系のレコードはいも虫とかアゲハ蝶の絵が
描かれていて、他のものとは違うんだなと驚いた覚えがあります。
(アグネス・チャンのですね。)
それと、レコードスプレーの香りが好きでした。
初めて買った頃のレコードは、真ん中が橋かけ?状態のものがありました。
プラスチックの支え?が必要ないわけですね。
確か渚ゆう子、藤圭子あたりだったと思います。

海原千里・万理> 彼女たち、時々たまに11PMに出ていました。
(大阪11って言ったかどうか?)
大阪ラプソディを歌っている頃、ファンレターを出したら
なんと直筆のサインを送ってくれました!
コメントはマネージャーが書いたと思われますが
本当に嬉しかったです。
大阪ラプソディ 今でもたまに歌います。

------------------------------------------------------------------------
質問したいことが・・・・・ 投稿者:あっくん  投稿日:12月 6日(金)11時21分06秒

岩渕リリの「日曜日の午後」ってどんな歌ですか?詳しく教えてください。僕も「あなたを夢見て」「サルビアの花」は手に入れたのですが・・・・あとはこの曲だけっ!!

------------------------------------------------------------------------
セパレートステレオ 投稿者:ふ み お  投稿日:12月 6日(金)07時38分02秒

皆さんもレコードを聞かれているかたが多いと思いますので、再度昔の話を。
1960年代前半は一般家庭向けのステレオとしてはビクター、コロンビア製のアンサンブルステレオ(木目、高級家具調)のものが主流でした。(アメリカ人の趣向ですね)マニアはコンポが主体でオーディオ御三家(山水:チューナー、トリオ:アンプ、パイオニア:スピーカー)と言われていました。(高級品は舶来品でしたが)
そこにパイオニアが一般家庭向けにセパレートステレオを開発、進出しました。スピーカー部が別筐体に担っていますので、スピーカーを自由に設定でき、音の広がりを部屋に合わせられます。ななによりちょっとマニア気取りが受けたのでしょうね。今ではトリオ、山水は見る影もなくなりましたがパイオニアがどうにかやっていけているのはこのセパレートステレオの大ヒットのおかげです。
今日本で唯一ブラックディスク(LP)を作っている会社もお手伝いしておりますが、LP市場の復興にはプレイヤーの問題が大きいですね。お父さんが使い、今も捨てずに残っているプレイヤーの大半はベルトドライブなのですが、このゴムベルトは3年くらいで性能劣化、10年で伸びたり切れてしまい、プレイヤーが使用不能の状況にあります。ただLPファンの増加により最近はこのゴムベルトも一部量販店では注文すれば手に入るようになってきました。
当時数万円するピックアップも沢山ありましたが、原価率が10%程度、一流のオーディオ評論家に薀蓄を頼めば簡単に売れ、一番儲かる商品でした。

------------------------------------------------------------------------
「じゅんでーす」「長作でーす」 投稿者:あみだ池  投稿日:12月 6日(金)01時07分06秒

…他にも色々ありますねェ。…あ、思い出しました、トリオ漫才つながりで…これは、僕が大学時代の実話です。

僕『今度の連休、どっか行くのん?』
女の子『倉敷(やったと思います)へ行こうと思てるの』
僕『倉敷…何しに行くん?』
女の子『夢二を見に…』
僕『ゆめじ…タイヘイ夢路?』
女の子『止めて〜、イメージが壊れる!』
僕『イメージが壊れるって…タイヘイトリオ、知ってるんやん、自分』

何処かのレコード会社が、音楽ショーのテーマ曲を集めたCDでも出してくれんかなァ…(←自分で自費出版せえ!)

♪うちら陽気なかしまし娘〜♪とか♪毎度皆様おなじみの〜お聞きくださる一節は、流れも清き宮川の、水に流れる左近ショー〜♪とか。大阪限定やったら、かなり売れそうな気もするんですが。(何せ、あの『ヨーデル食べ放題』がかなりヒットしたんやから…)

------------------------------------------------------------------------
♪♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:12月 6日(金)00時50分47秒

☆まるこめさま

……話題が関西ローカルしてますか?

いえいえ、関西ローカルの話題でも大歓迎です。

ぼくも、関西の人間です。京都から東京に来て、もう10年間くらいたちますが、まだ、
京都人という意識の方が強いです。

「ヤングOH!OH!」。これは観ていました。

司会の斎藤努が客席に降りて、客ひとりひとりに「Happy?」と問いかけると、ナウでヤ
ングな客も「Happy!」と答えていましたね。実に70年代的です。

(われながら、こんなしようもないこと、よく覚えてるなあ...^^。)

斎藤努は佐々木美絵を...(以下、長くなるので省略A^^;;。)

「ヤングOH!OH!」では、「ザ・パンダ」と、さんま、紳助が強く印象に残ってます。
あと、スポンサーだった日清食品のカップヌードルのCMも。今、頭の中でCMソン
グだった「風を感じて」(浜田省吾)が流れています。

諸口あきらはC&W系のミュージシャンで、C&Wの店も持っていたと思いますが、す
いません、うろ覚えです。

「僕にさわらせておくれ」は初恋の女性に進呈してしまったので

うらやましい...。というか、カッコいいですね、とても。彼女はどんな思いで、
その曲を聴いたのでしょうか。

☆MASさま

海原千里・万里はテイチクからデビューしていたのですか!それは知りませんでした。

ぼくは、女性の漫才師では、海原千里・万里がいちばん好きです。
古今東西、彼女ら以上にうまいコンビはいないように思います。

最後の舞台はテレビで観ていましたが、やはり、泣けてしまいました。

☆あみだ池さま

レツゴー三匹の長作は歌がうまかったですね〜!漫才の途中で歌って、あれほど客席か
ら拍手をもらっていたのは、他には...Wヤングの平川幸雄くらいでしょう。

「大阪ラプソディ/新地ワルツ」はCDシングルで入手可能のようですね。

買おうかなあ...。

レツゴー三匹といえば、正児→つっこみ、じゅん→小ボケ、長作→大ボケ...という
感じでしたが、

おなじみの「じゅんでーす」「長作でーす」「三波春夫でございます」。

正児がいきなりボケ役になるあのギャグは三波春夫がご逝去された今も、続いているの
でしょうか?

ぼくは、男性の漫才師では、Wヤング(平川幸雄−中田軍司コンビ)がいちばん好きです。
あの漫才は最高におもしろかった。あの事件さえなければ、今もまだ見られたのでしょうが...。

そう考えると悲しく、残念な気持ちになります。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:12月 5日(木)22時55分45秒

ふ み おさま

いつも貴重なお話をきかせていただき、ありがとうございますm(_ _)m。
正しくは「半田付け」と呼ぶのですね。

ピックアップ部のハンダづけなんて、「かなりの技術」というより、「神業」に近いの
ではないですか?ちょっと手が震えただけで、「終わり」でしょう?

アンサンブルステレオというと、縦長の家具みたいなステレオで、セパレートステレオ
というと、まあ、今のコンポみたいなステレオですね。(←ちょっと自信なし^^)

さて、「ぼくはハンダづけがまるでできない子供に育ってしまいました。」
と書きました。ということは、家にハンダごてとハンダがあったということです。

実のところ、父はオーディオマニアで、「ラジオ技術」などを読んで研究し、大阪の日
本橋などでパーツを買い集め、自作でステレオを作ったらしいです。(ぼくが2歳くら
いのときです。)当時は完成品なんて値段が高くてとうてい買えなかったので、ステレ
オは自作するのが主流だったようです。

ぼくが大学生になった頃、父が作ったレコードプレーヤーをもらいました。

ターンテーブルはTEICのマグネフロート(ベルトドライブ)、トーンアームはグレ
ース、カートリッジはオーディオテクニカのAT−3。
かなり、いいものでした。

で、ぼくも凝り性なので、トーンアームケーブルをグレースのLC−OFC製のものに
グレードアップさせたり、古くなって、ダンパーがだめになっているAT−3のかわり
にオーディオテクニカのVM型を買ったり、いろんなことをしましたが、その甲斐あっ
て、かなりゴキゲンな音を出してくれました。

すいません、つい、長々と昔話をしてしまいました。どうか、お許しをm(_ _)m。

------------------------------------------------------------------------
『大阪ラプソディ−』のカップリング曲 投稿者:あみだ池  投稿日:12月 5日(木)22時39分55秒

カセット版の『大阪ラプソディ−』のカップリング曲が、レッツゴー三匹(と言っても、実際に歌ってはるのは長作さんだけですが)の『新地ワルツ』です。これは吉田メロディーで、歌も三橋美智也さん張りの高音。

掛け値なしにエエ歌です。ぜひ、機会があったら聴いてみてください。

------------------------------------------------------------------------
二人組みつながり 投稿者:MAS  投稿日:12月 5日(木)22時19分03秒

とろりん村のとろり様

>海原千里・万里は漫才師なのに歌唱力抜群でした。

「大阪ラプソディー」名曲です。ちなみに今、当時の漫才をしているビデオ(お笑いネットワークでした?)が発売されているので買いたいと思っています。って既に廃盤ビデオ?
海原千里・万里は歌手としてのデビューはテイチクでしたよね?その後ビクターにて「大阪ラプソディー」の大ヒット、数枚のシングルとアルバムを出す…というのが大体の記憶ですが、これであっていましたっけ?ん〜研究しなければ。

------------------------------------------------------------------------
ヤングOH!OH!で見た人たち 投稿者:まるこめ  投稿日:12月 5日(木)22時08分23秒

また来ました。こんにちは。
まさか諸口あきらに反応があるとは思っていなかったので驚きです。
彼の本職ってなんだったんでしょうね。テレビドラマにもちょい役でしばしば出ていました。
近畿放送の番組中ではよく弾き語りをしていました。「キーストン・ブルース」とか。

「僕にさわらせておくれ」は初恋の女性に進呈してしまったので(笑)、この背景、なんだか懐かしいです。
シモンズは、抽選に当たった友達に連れられて行った「ヤングOH!OH!」で生で見ました。
「今月の歌」みたいなコーナーで、その1、2年前にかぐや姫を初めて知ったのも同じコーナーでした。「酔いどれかぐや姫」。コミックバンドだと思ってました。

……話題が関西ローカルしてますか?

------------------------------------------------------------------------
半田付け 投稿者:ふ み お  投稿日:12月 5日(木)10時20分12秒

とろり様
>というわけで、ぼくはハンダづけがまるでできない子供に育ってしまいました。(←自
業自得。)
古い話ばかりで恐縮ですが、私の入社したころは工場の一つのラインに若い女性(正社員)が数十人並んで回路基盤のはんだ付けをしていました。はんだ付けの技能が不良率、ひいては企業の競争力に直結するので、各人の技能向上を目指し技能検定がありました。
上級者の検定には肉眼では見えないような細い線のはんだ付けの実技がありました。
その人のランクによって難しいはんだ付けをするところに配置されます。表彰式もあり、しかも多少の手当てが付きますので、休み時間に練習をしている人もいました。例えばレコードのピックアップ部はかなりの技術が必要になります。
1970年代前半のステレオはこういう形で作られていました。セパレートステレオがアンサンブルステレオにとって変わった時代です。
(今中国に行くとさらに凄い人海戦術でAV機器が作られています)

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:12月 4日(水)23時21分06秒

☆まるこめさま

こちらこそ、はじめましてm(_ _)m。

諸口旭は、ぼくにとっては「諸口あきら」という表記の方がなじみ深いです。
このひとの本業はミュージシャン(カントリー&ウエスタン)でしたっけ?(←うろ覚
え^^;;)

彼は近畿放送(KBS京都)の番組によく出ていましたね。たとえば、「ズバリク」
(『日本列島ズバリリクエスト』)とか...。

ピンク・ピクルスが活動していたのはぼくが幼稚園児だった頃なので、小林京子さん
がいっしょにDJをなさっていた番組はおそらく聴けていません。

同志社女子大と近畿放送とはそんなに遠くないですから、彼女も自転車に乗って、近畿
放送へ行ってたのかな?なんて思ったりしてしまいます。

今後とも、何とぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m。

☆ごまちゃんさま

「電子ブロックEX-150」が復刻されて、各地の書店の店頭に並んでいますね。

でも、ぼくが子供の頃の誕生日に買ってもらったのは、こんな上等なものではありませ
んでした。

確か、「電子ブロックST-45」だったと思います。(見るからに貧相でしょう^^?)

しかし、子供心には夢心地で、毎日、「実験」をやったものです。

「電子ブロック」に「電子の細胞」というキャッチコピーをつけたひとは、今にして思
えば、鋭いひとだなあと思います。

というわけで、ぼくはハンダづけがまるでできない子供に育ってしまいました。(←自
業自得。)

☆MASさま

二人の接点があるとすれば、上沼恵美子が海原千里、北川ユミが田中由美子であった
頃、関西ローカルの番組か何かにいっしょに出演して...というパターンでしょうか。

海原千里・万里は漫才師なのに歌唱力抜群でした。

☆クジラ2号さま

よくご存知ですね...。いつも、そう思いながら拝読いたしております。

「涙のあとにくちずけを」とLP「マインド・トラック」。
探すレコードがまた、増えてしまいました^^。

------------------------------------------------------------------------
はじめまして 投稿者:まるこめ  投稿日:12月 4日(水)14時54分47秒

ゆみーなさんのところから飛んできました。こんにちは。
見どころ多くてわおわお言ってます。

さて、ピンク・ピクルスですが、「一人の道」って最初はB面だったように記憶しています。家には現物があるんですが、いま単身赴任中なもので確認できないのが残念です。
片割れの小林京子さんは近畿放送で諸口旭と一緒にDJをしてて、よく聞いたものです。

なんか懐かしくて、つい口をはさんでしまいました。

http://marukome7188.cool.ne.jp/index.html

------------------------------------------------------------------------
電子ブロック 投稿者:ごまちゃん   投稿日:12月 4日(水)00時08分03秒

学研の電子ブロック懐かしいよね。
復刻版を買ってしまいました。。書店でも売っていた。
当時は高価で買うことが出来なく、持っている友達の家に行って
やらせてもらった物でした。。

------------------------------------------------------------------------
一人の道 投稿者:MAS  投稿日:12月 3日(火)22時12分56秒

皆さんタイトルや曲は聴いたことあるけど…という方が多いですね。けっこうインパクトのある内容なんですけど…ちょっと前の「開運なんでも鑑定団」で島田紳助氏がこの歌の一番を歌っていました。

クジラ2号様

>シモンズの北川ユミさんと…

以前、上沼恵美子司会の番組で北川ユミさんを見ました。上沼さんとユミさんは友達だそうで、当時の二人からするとどこで知り合ったんだ?と思ってしまいました。

------------------------------------------------------------------------
「銀の指輪」 投稿者:クジラ2号  投稿日:12月 3日(火)12時06分06秒

よっかーさん>古谷和秀さんは、第4回ポップコン 「ポピュラーソングコンテスト'72」で入賞
したシンガー・ソング・ライターです。同年入賞は、井上陽水さん「紙飛行機」、松田晃さん「あなたの心の片すみに」、九重佑三子さん「恋唄」 などです。「プロポーズの仕方教えて下さい」という曲名は覚えていたのですが、メロディーは覚えていなかったので、買ってみました。

ロウィナ・コルテスさんは第7回世界歌謡祭(1976年)、第9回世界歌謡祭(1978年)⇒グランプリは、円 広志 「夢想花」・・・に参加。デビュー曲「小さなマリリン」は、今一つですが、「あのね」と「銀の指輪」は谷山浩子作詞作曲で、ポップで良いです(アイドル色あり)。
LP「OH,MY LOVE」(東芝ETP-72289)は、聞いたことありません。下記の2000/8/30に情報があります。

    http://w1.avis.ne.jp/~kyoko_m/popcon/index.html

MASさん>「一人の道」(ピンク・ピクルス)は、聞いたことあるのですが、思いだせません。
「僕にさわらせておくれ」という曲もありました。京都のグループでしたね。メンバーの茶木みやこさんは、現在もライブ活動されてますね。
ソロ活動の他、1994年頃シモンズの北川ユミさんとピンクシモンズとしても活動されてました。

とろりん村のとろりさん>松田聖子さんの「瑠璃色の地球」を、中森明菜さんがカバーするとは、
思いませんでした。綺麗なバラードですよね。

山崎美貴さんは、セカンド・シングル「涙のあとにくちずけを」が、いいですね。LP「マインド・トラック」
の中の「借りたままのサリンジャー」と「夕陽を選んで」は、New Takeとなっていますので、シングルとは、別ものの様です。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:12月 2日(月)23時20分25秒

☆MASさま

「一人の道」(ピンク・ピクルス)。すいません。聴いたことはないですが、どうも、
北山修が作詩していそうな感じですね。聴いてみたいと思います。シモンズのレコード
はよく見かけるのですが、ピンク・ピクルスのレコードには、なぜか、あまり出会えな
いのです...。

☆あみだ池さま

CMのBGMとして「寒い朝」を選曲した人は抜群のセンスの持ち主だなと思いました。
あのCMはいいですね。はじめてみたとき、「寒い朝」に感動しました。

☆よっかーさま

ロウィナ・コルテスは「あのね」というEP盤を中古レコード店でよく見かけます。
ポプコン系で、70年代後半の歌手ではないでしょうか?
(横レスの上に中途半端な回答、申し訳ありませんm(_ _)m。)

☆クジラ2号さま

中森明菜が「瑠璃色の地球」をカバーしていたことも知りませんでした...。

明菜も37歳ですか。ぼくと同い年です。
その昔、松田聖子と中森明菜は女性アイドル界でしのぎを削っていた−いや、ファンが
勝手にそう思っていたのでしょうが−ことを考えると隔世の感があります。

紅白歌合戦で歌ってほしいですね。

購入なさった中古レコードのリストを見ていると、やはり、クジラ2号さんはぼくより少
し年上の方だなあと思いましたが、同時に山崎美貴という名前が出てきて驚いたり。
ぼくは「借りたままのサリンジャー」しか知りませんが、LPもリリースしていたんで
すね!

☆ふ み おさま

子供の頃、遊んだ玩具というのは、ぼくも懐かしいです。そうですね...「エポック
の野球盤」とか、「学研の電子ブロック」とか。
そういうものを扱っている店に入ると、「あっ!」と声をあげている人をときどき見
ます。そういう人も、ふ み おさんのご友人も、ぼくも、懐かしいものを見るとき、
きっと、共通の感覚を持つのでしょう。

------------------------------------------------------------------------
ピンク・ピクルス 投稿者:MAS  投稿日:12月 2日(月)23時03分40秒

以前、ピンク・ピクルス「一人の道」を中古レコード屋で見つけジャケットを見る限りでは「シモンズ」風のフォークっぽい曲かな?と思い聴いたところ、マラソンの円谷選手のレース実況から入り曲の内容は…とイメージした感じと違うので驚いたのを覚えています。歌の内容は暗いかもしれませんが名曲だと思うのでオススメしたいです。

------------------------------------------------------------------------
いい曲はいつ聞いても… 投稿者:あみだ池  投稿日:12月 2日(月)22時48分46秒

最近、僕のTVを見る楽しみの一は、SHARPの暖房機のCMを見ることです。

もう皆さんお馴染みでしょうが、BGMの『寒い朝』…いつ聞いても、いい曲はいいですね。マヒナの甘〜い歌声と、吉永小百合さんの清潔感いっぱいの声がぴったり合って…聞いていて元気が出てくる歌詞と言い、本当に名曲ですね〜。

選曲をした方に感謝、です。

------------------------------------------------------------------------
ちょっと質問 投稿者:よっかー  投稿日:12月 2日(月)22時04分06秒

クジラ2号さま
ロウィナ・コルテス、古谷和秀っていつ頃のどんな歌手ですか?
あまり馴染みがない名前です。
おしえておしえて。

------------------------------------------------------------------------
ロゴ入り赤いカラーレコード 投稿者:クジラ2号  投稿日:12月 2日(月)18時27分37秒

先日中古レコード探しに行って来ました。

  可愛かずみ LP「天使のデザート」持っていたが状態が良かったのでもう1枚・・・
  山崎美貴  LP「マインド・トラック」軽い声で意外と良い
  三原順子  LP「いとしのサマー・ボーイ」コカ・コーラ、スーパー・レコードあけてびっくり、
        ロゴ入り赤いカラーレコード、抽選で当たるレコードの様。
  泰葉    「ブルー・ナイト・ブルー」ジャケットが綺麗だったので買い。
  古谷和秀  「プロポーズの仕方教えて下さい」ギター1本での弾き語り。
  ロウィナ・コルテス 「銀の指輪」B面の「OH,MY LOVE」が、かなり良い。
  西崎みどり     「流星」これもB面の「山葵の花」が良い
  ピンク・ピクルス  「天使が恋をおぼえたら」北山修作詞、加藤和彦作曲
  ヘドバとダビデ   「ナオミの夢」B面はヘブライ語
  小泉まさみ     「バイバイ・ゲーム」シンプル

今回は、こんなところでした。

------------------------------------------------------------------------
occupied Japan 投稿者:ふ み お  投稿日:12月 2日(月)05時36分26秒

先週の金曜から一泊で知人の米人夫妻と箱根に行きました。
硝子の森のミュージアムでは硝子会社に勤めていた10年以上前に作ったクリスタルデューのBGMが流れており懐かしく思いました。
TVの何でも鑑定団の北原氏のコレクションが展示されているおもちゃ博物館にも行きました。
そこには横浜をキーワードにした60年代のドーナツ盤等のコレクションもありました。
メインはブリキのおもちゃの時代別の展示です。明治時代から始まりますが、途中に made in occupied Japan (連合軍占領下1945-1952)のものがありました。この時期輸出する製品の全てがこう表記されていたのです。Japanと名乗れなかった時代があったのです。
このコーナーを発見した時のトムの表情は凄かったです。5歳ぐらいの時このおもちゃで遊んでいたのです。ジーッと数十秒見入っていたのですが、あとはとめどなく話し出しました。彼自身が遊んだ車のおもちゃが数台あったからです。興奮しているので私の能力を超えたスピードで話すので何を言っているのかほとんど分かりませんでしたが。当時のおもちゃの外がわは綺麗に塗装されていますが、内側を見るとバドワイザーなんて見えたそうです。当時はリサイクルで貴重な外貨を稼いでいて食料等を輸入していたのです。 
それにしても小さい時の懐かしさに対する思いの強さは洋の東西を問いませんね。

------------------------------------------------------------------------
瑠璃色の地球 投稿者:クジラ2号  投稿日:12月 1日(日)18時48分48秒

中森明菜さんが歌う「瑠璃色の地球」が、携帯電話auのクリスマスCMに起用されることなった様ですね。紅白で歌ったら面白いですね。

------------------------------------------------------------------------
柏原芳恵さん 最高!! 投稿者:柏原芳恵ファン  投稿日:12月 1日(日)15時03分16秒

柏原芳恵さんの大ファンです!芳恵さんは名曲が多いですよね!!
柏原芳恵・初のDVD『Face』が12月18日発売されるので購入したいと思っています。
http://www.geocities.co.jp/MusicStar/6779/

PREV サイトマップ 随筆集 掲示板 ホーム過去の掲示板INDEXこのページ EP盤リスト キャプチャー画像集 LINKS とろりApps NEXT

モナ・ムール!歌謡ポップス 過去の掲示板(2) 「モナ・ムール!歌謡ポップス」EP盤のコレクションと、そのレビュー 随筆集