サイト内検索 powered by Google
キャプチャー画像集 過去の掲示板(2) キャプチャー画像集INDEX 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 EP1 EP2 EP3 EP4 EP5 EP6 EP7 EP8 bbs1 bbs2

PREV サイトマップ 随筆集 掲示板 ホーム過去の掲示板INDEXこのページ EP盤リスト キャプチャー画像集 LINKS とろりApps NEXT

過去の「モナ・ムール!歌謡ポップスの掲示板」(その31)

14.11.1〜14.11.30

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者: とろりん村のとろり  投稿日:11月29日(金)23時02分35秒

☆クジラ2号さま、ゴマちゃん きゅ〜!さま

カプチーノは都倉俊一が手がけたグループですね。

カプチーノについては「あtろのトラウマわーるど」内の「豚をおだてた人たち」で、
はじめて知りました。

ぼくは都倉俊一作品が好きで、しかも、あtろさんが「9時からのリリィ」は名曲だと書
いておられたので、どうしても聴きたくなり、中古レコード店へ行くたびに探して、よ
うやく見つけました。

(これがそのジャケットです。)

「EP盤リスト(その2)」でコメントしましたが、何と言うか、麻生よう子、ペドロ
&カプリシャスの世界に70年代末的テイストを加えたようないい曲です。

☆ゴマちゃん きゅ〜!さま

ごぶさたしております。書き込みができなかったそうで、申し訳ありませんm(_ _)m。

あと、「戦隊もの」で気になることがあるのですが、それはSpirits掲示板で改めてお話し
いたします^^。

------------------------------------------------------------------------
九時からのリリィ 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月29日(金)18時14分56秒

ジョルジュさん>はじめまして、よろしくお願いします。
私も最近の紅白ってキチンと見たことありません。テレビがリモコンになってから、すぐに別のチャンネルに変わってしまうような気がします。
 
ゴマちゃん きゅ〜! さん>はじめまして、よろしくお願いします。
カプチーノは「九時からのリリィ/ラストレター」(1981年12月 テイチク)という曲がありましたが、覚えていません。女性ボーカルのバンドだとビジネスが好きでした。半年ほど前ファースト・アルバム「BUSINESS」(徳間ジャパン)入手しました。

最近買ったブルース・アルバムは「FUROM CLARKSDALE TO HEVEN-REMEMBERING John Lee Hooker」「Dick Heckstall-Smith and Friends」(USA盤)参加ミュージシャンは、ミック・テーラー、ピーター・グリーン、ゲーリー・ムーア、ジェフ・ベック、ジャック・ブルース、ジョン・メイオールetc.

テスコのチェックメートありましたね! なつかしい名前ですね。

とろりん村のとろりさん>「イムジン河」いい曲ですね。良く聞いてます。

木精さん>ひさしぶりの登場ですね。三田寛子さん聞いてますか。このところゴールデン☆ベストを良く聞いています。

ふみお さん>私も最初のまともなギターは、グヤのLGー150T?とかいう型番だったと思いました。当時は、ベンチャーズのモズライト、寺内氏のブルージーンズ・モデル、三根氏のシャープファイブ・モデル 成毛氏のテルスター・モデルなど人気機種が、色々ありました。後年発売されたムーン・サルト(河合)やブギ−(グレコ)なども好きなデザインでした。ギブソンのファイヤー・バードも好きでしたが、ネックが自分の手にあっていなくて、やたら弾きにくかったですね。

------------------------------------------------------------------------
とろりさ〜〜ん 投稿者: ゴマちゃん きゅ〜!  投稿日:11月29日(金)00時17分01秒

とろりさんども!!
書き込みできました。。なんだったんでしょうかね???
ところで カプチーノと言う女性ボーカルのバンド知りませんか??(日本人です)
シーナイーストンの ”モダンガール”をカバーしていたのですが・・・。

ふ み お殿クジラ2号殿へ
はじめまして ゴマちゃん きゅ〜!といいます。
自分は今 ブルースロック系とオールディーズ系のバンドをやっています。
真空管やアンプの話など良いですね。。。おいらも自作派だった(現在も)もので。。
拾ってきたギターのリペアーなど大好きです。。
ギターアンプはテスコのチェックメート25を現在も使ってますよ。。
かなりぼろくなってますが、健在です。。
リバーブの音が好きなんです。。
バンドのHPで自慢してます。。(自己満足です。。)

http://village.infoweb.ne.jp/~psirits/

------------------------------------------------------------------------
コロムビア・プリンセス 投稿者: MAS  投稿日:11月29日(金)00時16分38秒

とろりん村のとろり様

>わずかながら、桜田淳子の方が早い。しかも、デビュー曲のジャケットで、同じく白い
 帽子をかぶっている

すっかり石川さゆりさんの方が早いと思い込んでいた「エンジェル・ハット」いつからさゆりさんは被らなくなったのでしょうか?

ふ み お 様

>デビュー10年後ころの彼女のリサイタルでは必ず「エンジェル・ハット」の話が涙なが らに語られたそうです。この件ではずいぶん悔しい思いをしたようです

「エンジェル・ハット」のこと名古屋のラジオでも話していたそうです。悔しさを通り越してすっかりネタ化している感じです。

ながと様

>桜田淳子のエンジェルハットは うる覚えなのですが、彼女はスタ誕のオーデションの時 から被っていたような気がします

私もうる覚えなのですが、スタ誕の予選(たしか秋田大会)でも被ってましたね。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者: とろりん村のとろり  投稿日:11月28日(木)22時38分01秒

☆ジョルジュさま

こちらこそ、はじめまして!

リンク先のコラム、拝読しました。あの事件が紅白落選と関係あるのかどうか、わかり
ませんが、それが原因でNHKが紅白に明菜を二度と出さないということはないでし
ょう。ピンク・レディーも美空ひばりもカムバックしたくらいですから...。

何はともあれ、今後とも、よろしくお願いしますm(_ _)m。

☆クジラ2号さま

「ザ・フォーク・クルセダーズ」は、リアルタイムで聴けませんでしたが、京都人のぼ
くとしては、京都が生んだ偉大なグループであったと思います。

加藤和彦、北山 修、端田宣彦。このメンバーを見ただけで、ぼくは心惹かれます。

加藤和彦の作るメロディラインの美しさ。きたやまおさむの作る詩の思索性、はしだの
りひこがその後結成したグループの曲。みんな好きです。

あの「イムジン河」騒動については、過去ログをご覧くださいm(_ _)m。

☆木精さま

中島みゆきの年齢を見て、驚きました。もう、50歳なんですね。いや、「中島みゆき
のオールナイト・ニッポン」を聴いていたときから冷静に考えると、もうそれだけの時
が流れたというのは理解できるのですが。

明菜、何を歌うのでしょうか。「ミ・アモーレ」かな?
今回の紅白で「80年代アイドル」と呼べるのは彼女だけですから、気合いを入れて見
ようと思っております。

☆ふ み おさま

うーん、そうすると、石川さゆりも「エンジェル・ハット」に未練があったのですね。
当時のホリプロに大物演歌歌手はいませんが、一方の...(以下、自粛。)

とにかく、彼女は後味の悪い思いをしたのでしょうね。残念です...。

------------------------------------------------------------------------
祝・中島みゆき紅白出場 投稿者: ジョルジュ  投稿日:11月28日(木)22時01分20秒

はじめまして。こんにちは。
中島みゆきが紅白に出るということで、驚きました。NHK頑張ったのですね。
心の奥にあるものを揺さぶられるような歌い方が好きです。
実は、紅白ってキチンと見たことないのですけど(笑)。
明菜復活も話題の一つですが、紅白とはちょっとした因縁があるのですか?
こちらで、書かれていたのですが・・・(リンク貼りますね)。
Energy Sideへ行った方の、28日コラムで少し触れられていましたが。。
話題盛りだくさんで、いろいろと突っ込みが入っていて、圧倒されました・・・。

http://www.birthday-energy.co.jp/

------------------------------------------------------------------------
ご無沙汰しておりました 投稿者: 木精  投稿日:11月28日(木)21時01分44秒

もうすぐ師走ですね。
今日森昌子さんのTVでの姿を見て、素晴らしい女性だなぁと思いました。日本女性の鏡です。

紅白中島みゆきさんと中森明菜さんが楽しみです。明菜さんは何を歌うのかなぁ。

------------------------------------------------------------------------
フォークル 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月28日(木)18時13分58秒

とろりん村のとろりさん>フォーク・クルセーダーズも聞かれるのですか。あそこでお会いするとは、思いませんでした。

ところで皆様方、レコード派の方、LPやシングル盤のジャケットに、小さなシミやカビ?がついている場合は、どうされてますか?あるオーディオ雑誌では、タオルを硬く絞ってジャケット表面をふくとありましたが、良い方法をご存知の方 教えて下さい。自己責任でためしてみたいとおもいます。

ながとさん>森昌子さんは、最近 森進一さんのコンサートで、時々歌っているような・・・

------------------------------------------------------------------------
エンジェル・ハット 投稿者: ふ み お  投稿日:11月28日(木)11時47分48秒

とろりさん、
>1か月早かったから、石川さゆりは「エンジェル・ハット」を桜田淳子に譲ったと思いた
いです^^。
デビューして数年は桜田淳子の後塵を拝していましたが、石川さゆりも熱心なファンを獲得していきました。
デビュー10年後ころの彼女のリサイタルでは必ず「エンジェル・ハット」の話が涙ながらに語られたそうです。この件ではずいぶん悔しい思いをしたようです。

------------------------------------------------------------------------
エレキギター 投稿者: ふ み お  投稿日:11月28日(木)11時40分31秒

クジラ2号さん。
私は最初にグヤトーンのLG65T(だったと思う)とテスコの6弦ベースを買いました。ベンチャーズが6弦ベース(フェンダー製)を使っていたことがあり、それのコピーです。何とトレモロアームまでついていました。
バンドを組んだときグヤトーンのモデル・シャープファイブを買いました。予約受け付け直後に申し込んだ初期のものです。今はぼろぼろになりましたが、綺麗だったらビンテージになりますね。
ハモンドさんは携帯用オルガンでパイプオルガンの音を出したいと開発したらしいです。何しろ物凄い数の歯車を回し、その歯ともう一つの電極の静電容量の変化を音源にしているのですから、メカそのものです。電源を入れるとシャーと歯車の回転音が聞こえました。
レスリースピーカーもフルレンジ大口径のスピーカーをぶん回すのですから、日本人の発想にはない装置です。(よく故障しました)
小林麻美さんのエチケットライオンのCMは一斉を風靡しました。無国籍の顔、スタイルそして撮影手法が当時のレベルをはるかに超えており、大変話題になりました。
彼女は話してみると外見とは異なり素直、普通の女性でした。

------------------------------------------------------------------------
大村昆さん 投稿者: ふ み お  投稿日:11月28日(木)11時23分07秒

大学一年の夏休み、高松マリンパークでバンドの演奏したことがあります。
あのあたりは鮫がでるので、沖合いに網を張っおり、沢山の海の家が集積していました。
ここのステージを使って大村昆さんのTV番組があったのですが、その前座を務めました。
このときの大村昆さんは風邪と過労で楽屋では死んだように横になっていましたが、番組開始の「昆ちゃん、昆ちゃん」という子供の呼びかけが始まると(この番組はこういうスタイルで始まりました)突然いつもの顔になり、ステージに出て行きました。プロは凄いと思いつつ、こんな仕事はとても私には到底できないと思いました。

------------------------------------------------------------------------
桜田淳子 投稿者: ながと  投稿日:11月28日(木)00時17分43秒

 こんばんは。 桜田淳子のエンジェルハットは うる覚えなのですが、彼女はスタ誕のオーデションの時から被っていたような気がします。 イメージはやはり桜田淳子なのですが、確かに石川さゆりも。 それに当初ホリプロは石川と森昌子、山口百恵を三人娘として売り出していましたよね。もう歌わないなんて、本当に残念です。 森昌子、桜田淳子、山口百恵 どなたも退いてしまいましたね・・。

------------------------------------------------------------------------
できたな! 投稿者: ゴマちゃん きゅ〜!  投稿日:11月28日(木)00時15分42秒

書き込みできました。。
先日は、アクセス制限がかかって出来なかったんです。。

------------------------------------------------------------------------
書き込み 投稿者: ゴマちゃん きゅ〜!  投稿日:11月28日(木)00時14分36秒

できるかな??

------------------------------------------------------------------------
「わかれうた」 投稿者: MACKY  投稿日:11月27日(水)22時17分11秒

クジラ2号さん>「島唄」の件は、私も今朝新聞で見て、なるほど、と思いました。いかにもNHKらしいというか…まあ2年前のhitomiさん(高橋尚子選手がレース前に聴いていたというだけで選ばれた)よりは救いがあるような気もしますが…で、そのhitomiさんは何故復活?2年前のお詫び?

みゆきさんの生出演は「わかれうた」の時の、「夜ヒット」や「コッキーポップ」以来ですから、実に25年ぶりになります(他に「ミュージックフェア」に1回、「FNS歌謡祭」に1回、それぞれ録画で出演してます)。今朝の新聞で、「夜会の初日だったが、紅白おめでとうの声はなかった」という記事には苦笑しました。でも、一般的には「夜会」と言っても雰囲気分からないですもんね。

MASさん>今年の顔ぶれを観る限り、「名曲紅白」はなさそうですね。

桜田淳子さんは、87年に「紅白」の裏で放映された、「ザ・ベストテン」のリクエスト大会に出演したとき、「もう歌は歌いません」とハッキリと言ってましたね。そのためゲスト出演した人の中で唯一生歌がなく、過去のVTRを流してました。復活版の「ザ・ベストテン」に出て、「とっても歌いたかった」と涙を流した人もいましたが、人それぞれですね。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者: とろりん村のとろり  投稿日:11月27日(水)21時58分23秒

MASさま

かぶってましたね〜!そういえば、二人とも。思い出します。

最初石川さゆりさんがかぶっていたんですよね?

いや、これが非常に微妙なんですよ。

桜田淳子のデビュー・・・1973.2.25「天使も夢みる」
石川さゆりのデビュー・・1973.3.25「かくれんぼ」

わずかながら、桜田淳子の方が早い。しかも、デビュー曲のジャケットで、同じく白い
帽子をかぶっている...。

1か月早かったから、石川さゆりは「エンジェル・ハット」を桜田淳子に譲ったと思いた
いです^^。

大村昆さんのメガネも最初は三木のり平さんのマネをしてだとか…

なるほど!あのメガネのずらし方は、まさにそうですね。
わからない方は「オロナミンC」の広告看板を見てください。(←もうないよ^^!)

------------------------------------------------------------------------
♪天使も夢見る 投稿者: MAS  投稿日:11月27日(水)21時08分23秒

バックの写真が「天使も夢見る」に変わっていますね。
それで思い出したのですが、桜田淳子初期アイテムの帽子(エンジェルハットでしたっけ?)って最初石川さゆりさんがかぶっていたんですよね?“桜田淳子といえば”になってしまい泣く泣くやめたとか…(ちなみに私のイメージは「ヰセキ早苗」ですけど…)
ちなみに大村昆さんのメガネも最初は三木のり平さんのマネをしてだとか…

------------------------------------------------------------------------
紅白歌合戦 投稿者: とろりん村のとろり  投稿日:11月27日(水)20時24分26秒

中島みゆきの紅白出場も、ギリギリで決まったようです。(こちらをご参照ください。)

紅白歌合戦は出場者の顔ぶれを見ると、視聴する気がなくなりますが、そう言いつつ毎
年、観るんですよね^^。

------------------------------------------------------------------------
テスコ 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月27日(水)17時14分56秒

MACKYさん> BOOMの「島唄」は、アルゼンチンの国民的歌手アルフレド・カセーロが日本語のままカヴァーしてアルゼンチンで大ヒットしたからのようです。サッカー(W杯サポーター応援ソングとなった)のからみも或る様ですね。やはりNHKでレギュラー番組を持っている方達は、強いですね。
中島みゆきさんは、プロジェクトXのテーマ曲『地上の星』とはいえ、よくOKしましたね。

ふみお さん> GSの初期は、テスコ(河合楽器の子会社)、ヤマハ、エーストーン、ボックスなどのコンボ・オルガンを使っているバンドが多かったですね。最初にハモンドオルガンを、使ったのは、ジミ−・スミスに影響を受けていた、G・カップスのミッキー吉野さんだと思いました。
ハモンドオルガンは、なにしろ音が太く存在感がありましたね。レスリー・スピーカー(ホーンが回転する)との組み合わせで得られる音は、最高ですね。でも、エーストーンの音は、あれはあれで好きです。今のデジタル・シンセでは、出ませんね。

ベンチャーズの「ダイヤモンド・ヘッド」「ウォーク・ドント・ラン'64」などで聞けるあのピチピチしたリバーブ音も、デジタル・リバーブでは、出ないですね。スプリング式独特です。

小林麻美さんとお話しされたんですか。いい思いでを、お持ちですね。

------------------------------------------------------------------------
リバーブ 投稿者: ふ み お  投稿日:11月27日(水)05時56分08秒

クジラ2号さん
エレキブームが始まったころのリバーブはスプリング式でしたね。
電気信号をアクチュエーターで機械振動に変換しそれをスプリングの片端に入力、スプリングが共振しつつ他の端に振動が出力され、それをセンサーでまた電気信号に変換する方式でした。
アストロノウツの「太陽の彼方に」はリバーブを最大限効かせていましたね。
まさにメカニカルなメカニズムだったので、リハーサル中にアンプを動かすとビヨンビヨンと音がしていました。
よっかーさん
切れた真空管でもその形にひかれ、何の役に立たないのに捨てずにしまっておいた記憶があります。
あのボーとした赤い輝き懐かしいですね。オーディオマニアはあのともし火みたいな光があるから管球アンプの音は暖かいなんて何がなんだか分からない解説をする人がいます。

------------------------------------------------------------------------
エーストーン&ローランド 投稿者: ふ み お  投稿日:11月27日(水)05時23分11秒

クジラ2号さん、
エーストーンという響きは懐かしいですね。
私が入社したと同時にエーストーンを退職したAさんが中途入社しました。研修等で一緒になり、すぐに仲良くなりました。エーストーン内部でごたごたがあり、開発部の大半が退職し、部長だった人はローランドを起こたと聞きました。(これでエーストーンは開発力がなくなり、頓挫)
私のいた会社は新規事業として電子オルガンを開発するために採用したのですが、音響製品とは文化が異なり失敗しました。私は絵の出るレコード「レーザーディスク」開発でしたのでどうにか日の目を見ましたが。
ローランドを作った人はハモンドオルガンの奏者として日本を代表する人でもあり、Aさんの呼びかけで演奏に来てくれました。本当にセンスの良いジャズのアドリブで、ヤマハの奏者しか生で聞いたことのなかった私はそのハモンドオルガンの音にびっくりし、感動しました。
ローランドと聞くとあのときの演奏を思い出します。

------------------------------------------------------------------------
お願いがあります。 投稿者: あみだ池  投稿日:11月26日(火)22時47分04秒

大晦日にTV東京系列で放送されている『年忘れにっぽんの歌』を、どなたか録画(またはテープ録音でも結構です)していただけないでしょうか?

実はこの春、家が火事になりまして、それまで使っていたラジカセ(テレビの音声をフルチャンネル録音可能なもの)が無くなってしまいました。また、僕の持っているTVでは、UHF局が映らないんです。

もし録画・録音していただける方が居られましたら、メールを送信して下さいます様、伏してお願い申し上げます。

------------------------------------------------------------------------
名曲紅白 投稿者: MAS  投稿日:11月26日(火)22時44分17秒

紅白出場者決定しましたね。出場者を顔ぶれを見て「!」「?」「…」など毎度毎度のことですが全部ひっくるめてTHE紅白(またはTHE NHK)という感じですかねぇ…

MACKY様

>桜田淳子さんの「セーラー服と機関銃」や榊原郁恵さんの「なごり雪」は、あの時の紅白 ただ1回きり

「名曲紅白」ですよね。まさか今年はやらないですよね?一番わかっているのはNHKだとおもうのですが…

とろりん村のとろり様

桜田淳子情報ありがとうございました。さっそくHPへ飛んでいき確認してきました。
たしか歌手廃業宣言をして歌手業から女優業に完全に転向したんですよね?

あみだ池様

小川順子情報。といってもかなり古い!その昔アイドルから主婦業になった浅田美代子、麻丘めぐみ、南沙織、小川順子の4人でスーパーめぐりをしたり各家で夕食を一緒にしたりしていたそうです。わ〜古くってすんません。

------------------------------------------------------------------------
ビクター。 投稿者: ながと  投稿日:11月26日(火)22時39分29秒

とろりさん> 私の言葉不足でした。サンミュージックのビクター所属というのではないのです。
すみません。

やはり桜田淳子は特別です。今も現役ならばそうアイドル時代が特別なものにならないと
思いますが。その他紹介いただい方は あまり知りませんでした。のりピーと水谷麻里は
わかります。北岡夢子はビクターではなかったのですね? 

こんちさん> ありがとうございます。 私もここを拝見させていただいて間もないのですが
よろしくお願いします。
  

------------------------------------------------------------------------
真空管か・・・。 投稿者: よっかー  投稿日:11月26日(火)22時36分09秒

私は電気店の子供だったから、幼い頃から使い古した真空管をオモチャにしてました。
ウルトラマンの変身に使うビームフラッシュに見立ててね。
ふ み おさんの話はとてもなつかし・うれしいです。

あみだ池さん
小川順子さんはヌードを披露した後、医者と結婚して引退されたと聞きますが。

------------------------------------------------------------------------
「地上の星」 投稿者: MACKY  投稿日:11月26日(火)21時47分41秒

よっかーさん>みゆきさんは「地上の星」を黒四ダムから歌う計画があるそうですね。また、平井堅さんはニューヨーク(?)から「大きな古時計」を歌うとか。紅白の中継というとどうしても10年ほど前の「タコ」事件を思い出しますけど…

夏川りみさんの初出場は予想できましたけど、こんなに沖縄出身者を集めてどうするつもり?っていう感じですかね。因みによっかーさんが挙げられた方、私も知りません。というより白組の初出場、ほとんど知らないし…BOOMって「島唄」のBOOMですよね?

私が期待していた岩崎宏美さん、太田裕美さん、野口五郎さんなどは総じて洩れましたね…それどころか西城秀樹さんまで落とされちゃうし。

MASさん>桜田淳子さんの「セーラー服と機関銃」や榊原郁恵さんの「なごり雪」は、あの時の紅白ただ1回きり、だと思います。淳子さんは実は「夢の途中」の方がお気に入りだったとか。NHKはあの時の試みを、「新しい名曲を生んだ」などと自画自賛してましたが…

昨日CSを観ていたら、半年間芸能活動が出来なかったときの森進一さんが、復帰したばかりで「新宿・みなと町」を歌っていました。こういうことって、もう人々の記憶から消えてるんだろうなあ…(私も忘れてたし)。因みに私はこの曲、森さんの曲の中では一番好きだったりします。

------------------------------------------------------------------------
今年の紅白メンバー決まりましたねー。 投稿者: よっかー  投稿日:11月26日(火)19時28分38秒

どーですか?
目玉は「中島みゆき」だけかな。毎年、選出されたメンバーを見ると、「えっ誰? えっなぜ?」が必ずありますよね。(笑)またNHKがやってくれましたって感じ。

鈴木慶江さんって。ジョン健ヌッツォさんって。誰?(失礼は重々承知)
キンモクセイはうれしいけど、タイミングを逸してるじゃないのか。
アルフレド・カセーロ&THE BOOMは…? BEGINが初出場?

復帰する明菜、朋ちゃんもいれば、消えた八代亜紀、聖子、安田姉妹。

------------------------------------------------------------------------
エース・トーン 101 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月26日(火)18時25分53秒

とろりん村のとろりさん> 石井まゆみさん・・・ ヤマハの歌手・・・気になりますね。
自分で曲を書いているのですか?何年頃のレコードでしょうか?

チューインガムの1st CD「風と落ち葉と旅びと/岡田さんの手紙」とシングル盤「ゴリラの歌/
まだらうさぎのムー」先日入手しました。「まだらうさぎのムー」はいいですよ。

ふ み お さん>私が最初に買ったギター・アンプは、Ace Tone のMODEL-101というトレモロ
やリバーブ(スプリング式)がついた小さな物でした。とてもツイン・リバーブなどには、手が出ませんでした。その後101は、中身を全て自分で作りかえました。JENのクライ・ベイビー、ローランドのファニー・キャット、シンエイ(コンパニオン)のマルチ・ペダルなど面白い音が出る物
が色々ありました。
当時のロッキンFなどには、真空管の特性に近いFET(電解効果トランジスター)を使ったアンプの作り方など、いろいろな回路図がのっていました。

数ヶ月前オーディオショップへ行ったとき、管球アンプを使ったCDプレーヤーのキット(限定品)を販売していました。こだわりのある人は、買うのでしょうね。真空管はロシア製の物が多い様です。

------------------------------------------------------------------------
昔のTV 投稿者: ふ み お  投稿日:11月26日(火)12時51分54秒

とろり様
当時のテレビはスイッチオンしてから写るまで1分位かかりましたね。
今のカラーTV用のブラウン管(CRT:陰極線管)も真空管の一種で、熱陰極(フィラメント)から電子が放出されます。
今はフィラメントに常時わずかな電流を流していますので(待機電流)直ぐにつくのです。
省エネのためにコンセントをはずしておいた場合はスイッチオンしても多少時間がかかります。
昔のカラーTVでは磁石を画面近くに持っていくとシャドーマスクが着磁し、まともなところに電子が当たらなくなり、色がおかしくなりました。そういう時は電気屋がきて消磁器で直していましたが、今は電源オンのとき自動的に消磁されるようになっています。

------------------------------------------------------------------------
小林麻美さん 投稿者: ふ み お  投稿日:11月26日(火)11時58分03秒

クジラ2号さん、
小林麻美さんは私の学生時代の記憶の一つです。
本当に手足の長いすらりとした女性で、確か子役モデル上がりでした。定かでありませんがエチケットライオンのCMで有名になったと思います。
私の友人が家庭教師で教えていが女子高校生が小林麻美と同じ学校(文化学院だったと思います)に入学し、友達になったとのことでした。早速その学園祭に行き、小林麻美さんとお話しました。
18歳の小林麻美さんは見かけと異なり普通のかわいらしい女性でした。

------------------------------------------------------------------------
真空管 投稿者: ふ み お  投稿日:11月26日(火)05時53分20秒

真空管の話がでたので、ちょっと書いてみます。
最近、オーディオフェアーとかに行くと管球アンプ(真空管アンプ)が10社程度から出展されております。ほとんど50万円以上のマニア向けのものです。
アナログディスクと管球アンプの相性が独特の音を生み出し、いまだにある人々に支持されているのでしょう。
私は学生時代アマチュアのバンドをやっていましたが、当時半導体を使ったソリッドステートアンプが出現し、真空管アンプが旧式になり、駆逐されそうになりました。
今フェンダーのアンプは大半が管球アンプだそうです。テレキャスター等フェンダーのギターと管球アンプによるあの独特のひずみはカントリーミュージックになくてはならないもののようです。
ただアメリカや日本の管球アンプ用真空管は東欧諸国から輸入しているようです。
ところで皆さんマジックアイというのをご存知ですか。
トリオ、山水、パイオニアがオーディオ御三家と言われる前の時代、コロンビア、ビクターのアンサンブルステレオには必ずついており、「メーカー品」(これも死語ですね)の証でした。

------------------------------------------------------------------------
ありがとうございました&質問パート2 投稿者: にこら  投稿日:11月26日(火)02時01分53秒

そうだったんですか、あがた森魚氏の「赤色エレジー」という曲ですか。
実はそういう曲があるのは知っていました。

では、今度は難問です。

♪「あがるでしょう、消えるでしょう、そしてひとり街を歩いてゆくから〜」という歌詞をもつ女性歌手のやはり暗い歌です。
テープの持ち主である父に尋ねてみたのですが、わからなかったみたいです。
この人はピアノの弾き語りで何曲か歌っていて(いづれも暗い歌)、カセットの裏にうすく「愛子(?)」とあったように思いますが、曲自体はもう消されていたのですが、この曲だけが別のテープに部分的に残っていたのです。ピンク・レディーの「OH」という歌が終わったあとに唐突に入ってきたので非常に印象的でした。

------------------------------------------------------------------------
ご教示ありがとうございました。 投稿者: あみだ池  投稿日:11月26日(火)01時06分04秒

桑田靖子さんの曲、『うれしはずかしうっふっふ』って言うんですか…物凄いタイトルやなァ…けど、このBBSの背景になってる彼女、可愛いですね…。

ところで、お尋ねしたい事があります。昭和49年〜51年頃に、『夜の訪問者』や『男の世界』と言う曲をヒットさせた、小川順子さん…あの方、もう引退されたんでしょうか?

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者: とろりん村のとろり  投稿日:11月26日(火)00時40分59秒

MASさま

「窓」の次に「眉月夜」というシングルをリリースして、それが桜田淳子のラストシング
ルになってしまったようです。

詳細はこちらのページをご参照ください。

------------------------------------------------------------------------
セーラー服と機関銃(歌:桜田淳子) 投稿者: MAS  投稿日:11月26日(火)00時27分13秒

ふ み お 様

昭和30年代のはなしはとてもリアリティーがあり興味深く読ませていただきました。
私が時々テレビなどで懐古番組など見ていると母がぽつりと当時の事を話してくれます(多分ふ み お 様は私の母と同じぐらいの世代の方だと思います)。これからも思い出したら書き込みをして下さい楽しみにしています。

とろりん村のとろり様

>ぼくは、このメンバーですと、桜田淳子とのりピーがご贔屓です

桜田淳子さんについて質問なのですが、シングル盤で「窓」以降はどのような曲をリリースしているのでしょうか?「玉ねぎむいたら」の主題歌のシングル盤は見たことあるのですが、それ以外にも曲はリリースしているのでしょうか?今や伝説になりつつある?紅白で歌った「セーラー服と機関銃」はリリースしてないですよね(笑)

------------------------------------------------------------------------
ながとさま 投稿者: とろりん村のとろり  投稿日:11月25日(月)20時19分45秒

お互い、誕生日おめでとうございますm(_ _)m。(←何か妙な言い方ですね^^。)

さて、ぼくと同じく、サンミュージックのアイドルが好きで、ビクター系がお好きという
ことは...。

桜田淳子、水谷麻里、酒井法子、岡谷章子、松下葉子。(以上、ビクター)
Pumpkin。(BMGビクター)

がお好きなのでしようか...。

ぼくは、このメンバーですと、桜田淳子とのりピーがご贔屓です^^。

------------------------------------------------------------------------
赤色エレジー 2 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月25日(月)13時10分13秒

「赤色エレジー (せきしょくエレジー)」は林静一の叙情漫画 が元になっているようです。
   
    http://www.ne.jp/asahi/sgmori/mitarashiya/agatamorio.htm

1971年の中津川フォーク・ジャンボリーのサブ・ステージで歌っていた あがた森魚さんのテープを聞いたベルウッドの方が、面白いと思い森魚さんを探したそうです。探したら、野村證券の黒板書きのバイトをやっていて、レコード出さないかという話になったようです。

ベルウッド・レコードには、友部正人、はっぴいえんど、西岡恭造、小室等、六文銭、加川良、上條恒彦、クニ河内、やしきたかじん、などがいました。

私は、田中真理(元 日活女優)さんの「白い風」(小室等 作曲)⇒(最近スマップの中居さん主演でリメクされた)「白い影?」のオリジナルのテレビドラマのエンディングで使用されていた曲
が好きで、やっと最近入手しました。Eギターがカッコイイんだけど、誰が弾いているのかな?

------------------------------------------------------------------------
赤色エレジー 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月25日(月)11時34分08秒

にこらさん>はじめまして  
♪「おとこいちろう〜」は、あがた森魚さん(あがたもりお)の 「赤色エレジー」では・・・

   http://www.fukuchan.ac/music/j-folk2/sekisyoku.html

大正ロマン風な、さびしげなバイオリンが印象的ですね。ベルウッド・レコードからKittyへ移籍後はだいぶ暗さもなくなりCMで使用された「キットキット!!遠く遠く!!」(1995年)は、独特な広がりがある良い曲でした。

シェイキンマイソウルさん>ヘルプありがとうございました。
よく見ましたら各コーラスの後半の歌詞が ♪ア ウーン 彼女いるのかしら ウーンそれともわたしが あなたのタイプじゃないのかしら♪でした。題名は「うれしはずかしうっふっふ」でした。
つちやかおりさんも声がよくのびていいですよね。BEST盤CDを1枚もってます。

------------------------------------------------------------------------
はじめてお邪魔します 投稿者: にこら  投稿日:11月25日(月)01時00分07秒

はじめまして。
突然で申し訳ないのですが、気になって仕方がない曲があります。
曲名、歌手名、作者を教えてください。
これは以前深夜のラジオ番組で2回ほど聞いたことがあり、いずれもフォークの特集の時にかかっていた曲でした。内容は煮え切らない男性の片思いの歌だったと記憶しています(震えるような声に特徴あり)。もしかしたら有名な曲かもしれませんが、私がこの時代に青春時代をすごした者ではないのでわかりません。

♪「おとこいちろう〜」
♪「一郎と花子の物語〜」
というような内容の歌詞をもつ男性歌手の暗い曲でした。

------------------------------------------------------------------------
遅ればせながら・・・ 投稿者: こんち  投稿日:11月24日(日)21時39分09秒

>とろり さん

お誕生日おめでとうございます。
お体に気をつけて、これからも長く続けてくださいね。

>ながと さん

はじめましてです。
お誕生日、おめでとうございます。

------------------------------------------------------------------------
うれしはずかしうっふふ 投稿者: シェイキンマイソウル  投稿日:11月24日(日)21時00分49秒

あみだ池さま、クジラ2号さま>
桑田靖子の、♪…彼女いるのかしら/それとも私が/好みのタイプじゃないのかしら…♪と言う歌詞の曲の題名は「うれしはずかしうっふっふ」じゃないですか?
今回のGOLDEN☆BESTまだ購入してないんですけど(予約したけどまだ未入荷...)おそらく収録されてます。
しかし、激売れしてるようで、これでレコード会社も「ベスト盤」「再発」の基準を考え直したんじゃないでしょうか?
アンケートでは石坂智子、つちやかおり、伊藤智恵理(BOX)、由紀さおり(BOX)、真鍋ちえみなどをリクエストしておきました。

由紀さおりは69年から72年ぐらいのしっかりまとまったものを期待するんですが、なかなか発売してくれないですね。

桑田靖子は彼女の地元・福岡でTV出てますよ(過去形かも。5年ぐらい前は出てました。古!!)。出てきたときは「まさか!!」とびっくりしたけど、まあよくしゃべること。確か福岡で結婚したのでは???

------------------------------------------------------------------------
「美しい日々」 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月24日(日)19時08分54秒

とろりん村のとろりさん>石坂智子さんは、歌がうまいという事で他の掲示板でも時々見かけます。
アンケートの項目で、次回のGOLDEN☆BESTシリーズで発売を希望するアーティストに入れておきました。
     http://www.goldenbest.net/
「Call Me」「美しい日々」は、CDベストナウで聞きました。「美しい日々」は綺麗な曲です。
どの曲もたしかに歌唱の端正さと生真面目さが感じられます。

あみだ池さん>♪…彼女いるのかしら …♪と言う歌詞の曲は、今回のCD(全シングルAB面集)には、入っていませんのでアルバムの中の曲の様です。
私も NHK教育放送(?)の番組にアシスタントとしてレギュラー出演していたのを見た記憶があります。その時は、だいぶ髪がロングになっていたと思います。

ながとさん>お誕生日おめでとうございます。
私はアイドルの所属事務所については、ほとんど知識がありません。サンミュージックのビクター系というと どなたでしょう?

今日は小林麻美さんのGOLDEN☆BESTを聞いていました。「青春が終わる日」は、本当にいい曲です。この曲は南沙織さんもLPの中で歌っていますが、麻美さんの方がアレンジにメリハリがあって聞いていて気持ちいいです。アルバム「20才の愛」もCD化されれば良いのですが・・・

------------------------------------------------------------------------
昭和30年代 投稿者: ふ み お  投稿日:11月24日(日)08時14分46秒

MAS様
私の父は当時日本橋で小さな会社を経営しており、明治生まれですが新しいもの好きでした。(後に不渡りを食い倒産)TV購入の数年後兄にニコンSPとかソニーのテープレコーダーも与えていました。当時のTVはすぐに調子が悪くなりましたが、電気屋はいつも真空管を変えていました。月に一本は変えていましたが一本3千円でした。当時と今では物価が10倍以上違いますので、メンテナンスだけでも相当なコストだったと思います。14インチ(画面の角が丸い)もちろん白黒で7万円くらいの東芝製でした。
東京エリアの放送は3,4,6chネルだけで、チャンネルのつまみは半回転しかしませんでした。そのうちNHK教育放送が1chで始まり、その後1と3chネルが交換しました。
定かでないですが、紅白の時しか深夜なんて放送していなかったと思います。昼も3時ごろから5時ごろまで放送を停止していました。

------------------------------------------------------------------------
おめでとうございます。 投稿者: ながと  投稿日:11月24日(日)00時43分50秒

とろりさん> お誕生日おめでとうございます。

あの〜・・私も同じ誕生日です。 そしてなぜかサンミュージックのアイドルが好きです。
(どちらかというとビクター系が好きです。)

矢沢永吉ドラマやってましたね。見入ってしまいました。欲を言えば、もう少し芸能界裏話的な
ことを、入れて欲しかったと思います。でもそれを入れたらあのストーリーから
離れてしまうんでしょうね。

------------------------------------------------------------------------
「おどるポンポコリン」 投稿者: MACKY  投稿日:11月23日(土)23時50分53秒

とろりさん>お誕生日おめでとうございます。確か昨年も書いたかもですが、祝日生まれとはめでたいですね。

MASさん>私も昨日、ここに書き込んだあと、今年の「懐かしの紅白」は1966年と86年だという情報を某サイトで観ました。新しいテープが発見された、という可能性はかなり低いでしょうから、一昨年の1969年のように、途中で映像が乱れてもお構いなし、にするのでしょうか。1986年を観て、どうして北島三郎さんが出ていないんだろう、と疑問に思う人は…流石にいないか。「仮面ライダー」もそのまま放映するんでしょうね。

波音さん>1970年代前半のアルバム市場は、洋楽と演歌とフォーク系の独壇場で、俗に言うアイドルが1位を獲得するのは至難の業だったようですね。演歌も単独ではなく、二人の歌手を抱き合わせたアルバムがよく売れたようです。

あみだ池さん>この本では、美空さんが紅白の第11回から13回まで中盤で歌っていることに対しても、「NHKのひばり軽視」と何度も批判してますが、きっとこれも他の仕事との絡みだったのではないでしょうか。残念ながら、歌謡曲および芸能系の書籍には、こういう「取材しないで書かれた」本がかなりあるようです。数年前に発売されて今でも店頭に並んでいる、「一発屋伝説」という本にも、著者の思い込みや取材不足による誤りが何か所かあります。その内の一ヶ所を指摘された著者は、次の著書の中で、「私が観た資料にはそう書いてあった」などと弁明してましたが、そういうことは言ってはいけないのではないかと強く感じました。

藤山一郎さんが、第5回目以降にトリを一度しかとってないのは何故なんでしょうね?NHKと専属契約を結んでしまったから、逆にトリにしづらくなったのか、それともこの頃から「蛍の光」の指揮をやっていて、トリで唄うわけにはいかなかったのか…因みに第9回から指揮者に専念したのは、「若い歌手を出したい」というNHKの要望をいとも簡単に受け入れたからだそうですね。

ノンノンさん>檸檬に限らず、蜜柑とか林檎とか葡萄とか、フルーツの漢字って難しいですよね。まあ、もっとも檸檬は青果業界では野菜なんですが…その代わりトマトは果物なんですよね。熟したフルーツとは、つまりジューシー・フルーツですね。

今日「BSにっぽんのうた」を観ていたら(因みにその前には総合テレビの「家族で選ぶにっぽんの歌」を観てましたが…)、小林幸子さんが「おどるポンポコリン」と「亜麻色の髪の乙女」を歌っていました。「おどるポンポコリン」は、いつか書いたようにライヴで歌っているのを知っていて、一度聴いてみたかったのでラッキーでした。

------------------------------------------------------------------------
桑田靖子さんの曲 投稿者: あみだ池  投稿日:11月23日(土)23時05分44秒

>桑田靖子は非常に好きな歌手です。
僕も好きです…と言いながら、彼女の歌については全く知らないんです。何か、NHK(?)の番組にアシスタントとしてレギュラー出演してはったような記憶があるんですが…。

で、質問があるんです…。桑田靖子さんの曲で、♪…彼女いるのかしら/それとも私が/好みのタイプじゃないのかしら…♪と言う歌詞の曲の題名をご存知でしょうか?

管理人さん、僕と1歳違いなんですね。僕の生まれたのは、東京オリンピックの年です。
♪ハァ〜あの日ローマで眺めた月が(ソレ トトントネ)今日は都の空照らす…♪

------------------------------------------------------------------------
すいません、今日はひとつだけレスします。 投稿者: とろりん村のとろり  投稿日:11月23日(土)22時13分15秒

☆クジラ2号さま

ありがとうございます^^。
何というか、37歳などという年齢になった自分。その現実を現実として素直に受け止め
られない感じがします。(←傍観者的に見るならば、単なる悪あがきです。)

桑田靖子は非常に好きな歌手です。

ぼくは東芝系(東芝音工、東芝EMI)の歌手が好きな傾向があります。
80年代初頭のアイドルならば、石坂智子、川島恵、つちやかおり、そして、桑田靖子
がこれに該当します。

かつ、ぼくはサンミュージックのアイドルがなぜか好きなので、桑田靖子が好きなのは
むべなるかなという気持ちです。

彼女との付き合いはレコ−ド盤を通してだけです。しかし、それだけでも、彼女は「歌」
に対して真剣に取り組んでいたという印象を強く受けます。

歌唱の端正さと生真面目さがそれを示しているように思いますし、あのよく通る声は聴い
ていて、痛快です。

彼女のシングル曲で最も好きなのは「マイ・ジョイフル・ハート」。

LPならば、何といっても、セカンドアルバムの「ときめき」です。
これは、何度聴いても、すばらしい。どの曲もいいと言っても決して言い過ぎではないほ
どの名盤です。
あえて言うなら、B面の「Call Me」。フュージョン色の強い曲を彼女は抜群の歌唱力で
歌いこなしています。で、「美しい日々」を聴いて大いに満足する...というのが、ぼ
くのパターンです。

http://どうか、非礼をお許しください。

------------------------------------------------------------------------
インチキな本ですね。 投稿者: あみだ池  投稿日:11月23日(土)21時43分38秒

MACKY様
>岡晴夫さんの件は、それ以前に岡さんとNHKが喧嘩したからだそうです。
ご教示有難うございました。でも、NHKも岡さんに30分歌わせてあげたら良かったのに…。

それにしても、『真木不二夫がトリで、藤山一郎がトリでないのはおかしい』とは…平気でそんな事を書くアンタこそおかしい、って思いますねェ…。真木さんは当時新人、藤山さんは戦前からの大スター、別格の存在です。後年の歌手活動を見ても、どちらが格上かは直ぐ分かる…と言うか、芸能関係の、それも歌謡曲関係の本を書くならそれ位は常識以前の問題でしょう。

藤山さんが出ていて、真木さんがトリ、なんてありえる筈ない、…その程度の事なら、僕にでも直ぐ分かります。

仮にも紅白についての本を書くのに、出場順やエピソード位の事を、なぜ調べないんでしょうね?いや、疑問を持たずに『それはおかしい』で済ませる神経の方が不思議ですね…その本の著者はインチキの見本ですが、出版社のレベルも相当低そうですね。

>スタッフのミスで藤山さんはワンコーラスしか歌えなかったそうですね
他のサイトで読みましたが、どうも、ミス…というより、時間が押してしまったようで、全くのアクシデント、と言う感じだったようです。まァ、編成上のミスには違いないでしょうが…。

ちなみに、その時の曲は『丘は花ざかり』の筈です。

------------------------------------------------------------------------
「ときめき」 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月23日(土)20時35分07秒

とろりん村のとろりさん ノンノンさん>お誕生日おめでとうございます。とろりさん、37才、まだまだいけますね。私の場合、40過ぎてから、仕事疲れの回復力が,落ちてきたような気がします。45才過ぎるとさらに、落ちてくる様な、感じです。

波音さん>はじめまして よろしくお願いします。「そよ風に乗って」マジョリーさん大好きです。
11月20日発売、天地真理さんのゴールデン☆ベストは、かなり音が良い様ですね。収録曲を見たら「サルビアの花」「ある雨の日の情景」も入っているんですね。かなり迷っています 買おうかな〜
同日、おニャン子クラブ系では、河合その子、国生さゆり、渡辺美奈代、城之内早苗も出ました。

私は、以前書いた様に桑田靖子さんと小林麻美さんを買いに行きました。21日にCDショツプ3軒まわったのでですが、何処も売りきれていて、ガッカリでした。ネットでアイドル系の掲示板を見たら桑田靖子さんのCDは、東京では、品切れで、1ヶ月は入荷しない様だと書いてあり、ヤバイと思っていましたが、今日他の店へ行ったら1セット(2枚組)だけあり、買ってきました。1枚目を聞きましたが、歌うまいし良い曲多いですね。あとは、セカンド・アルバム「ときめき」がCD化されるのを願うばかりです。

------------------------------------------------------------------------
天地真理、ベストアルバム 投稿者: 波音  投稿日:11月23日(土)18時36分19秒

とろりん村のとろり様

だいぶ前に「そよ風に乗って」のことで書きこみさせていただいた波音ですが、覚えていますか。
こちらの掲示板は時々読ませてもらっていましたが、書きこむのは久しぶりになります。
題名にも書きましたが、天地真理さんのベスト「コンプリート・シングル・コレクション・
アンド・モア」が今月20日に発売されました。一連のヒット曲をはじめとする全シングルA面に
くわえ、B面の曲、75−76年にリリースされたアルバムから評判の高い曲が収録されています。
ハイファイセット風のしっとりした曲「レイン・ステイション」(これは本当に名曲です)、
ちあきなおみさんが歌ってもいいような「ある恋の感想」、「明日また」、シャンソン風の
「一杯のレモンティ」、チェリッシュ、吉田拓郎、もとまろ、小坂明子のカバー曲、
トーマ作曲のオペラ曲「君よ知るや南の国」(安井かずみさんが訳詞)、シャンソンを訳詞した
「初恋のニコラ」、女同士の友情を歌った「わたしの場合」など、バラエィーにとんだ選曲で、
真理さんは曲調にあわせて、時には軽快に、時にはせつせつと、あるいはドラマチックに、
アイドル天地真理とは別人のように、素晴らしい歌唱力で歌い上げています。

あまり知られていませんが、天地真理さんはアルバムでも5枚、オリコンで1位を獲得しています。
デビューアルバムは26万枚を売上げ、年間セールス1位。その後も2枚が15万枚突破しています。
当時はアルバムは5万枚売れれば大ヒットと言われたそうで、山口百恵さんでさえ、一番
セールスが多かったアルバムが13万枚ぐらいということを考えても、かなりのセールスだったと
思います。(このへん、もし認識不足のところがあったら、訂正してください)。
ほかの歌手もそうかもしれませんが、天地真理さんもアルバムにたくさん名曲が隠れています。
今回のアルバムにはありませんが、さだまさし作品の「童話作家」といった面白い曲も
歌っています。

今回は75年から76年の作品が多く収録されていますが、声の状態がかなり良いようで、
中音部も高音部も、よく響く安定した声で歌っていてます。これは想像ですが、
デビューして数年は殺人的なスケジュールで、ほとんど休みなく働き、かなり無理して
歌っていたのが、この頃休んで声の調子を整える時間ができたのではないでしょうか。
もしかしたら、この頃が歌手、天地真理の一番調子が良かったときかもしれません。
加山雄三さんが作曲した「愛の渚」など、本当にメリハリのある伸びやかな声で軽快に
歌っています(これは私自身、新発見でした)。
ぜひ聴いてみてください。
長々と失礼しました。

------------------------------------------------------------------------
とろりさん、おめでとうございます♪ 投稿者: ノンノン  投稿日:11月23日(土)17時59分48秒

とろりさん
今日、お誕生日ですね。おめでとうございます。37歳は、まだまだお若いですよ。私も、つい先日が誕生日でしたが、いつも何ていうこともなくただ過ぎていきます。潤いのない生活をしていることがすごく実感出来る日です。まっ、みんなそうなのかもしれないですね。

MACKYさん
未来日記をやってる子達もいるそうです。
「檸檬」っていう曲、そういえばありましたね。しかし、難しい漢字ですね。レモンっていうイメージの年代はやはりティーンですね〜。40代はフルーツに例えると何でしょうかね。まぁ、熟しきったフルーツですね〜。

------------------------------------------------------------------------
思い出の紅白歌合戦 投稿者: MAS  投稿日:11月23日(土)00時36分31秒

とろりん村のとろり様

お誕生日おめでとうございます。これからも楽しいHPで楽しませてくださいね。
時々お邪魔をしては暴走しますがよろしくお願いします。  

よっかー様

>それよりも勘ぐってしまうのが、笠置シヅ子さんが出る紅白に美空ひばりがいない事が興 味深いです。

S30年の「オールスター歌合戦」には二人揃って出演しているのですが、S31年には笠置シヅ子(紅白:紅組トリ「ヘイ・ヘイ・ブギ」)で美空ひばり(オールスター歌合戦:曲目不明)と別れてしまい、S32年には美空ひばり(紅白:紅組トリ「長崎の蝶々さん」)になっていますが、この二人は当時相当お互い意識をしていたんでしょうね。

あみだ池様

>NHKに拘束されるよりも、地方巡業を優先した歌手も多かったようです

三波春夫さんはS32年のとき出演依頼があったそうですが、元日から浅草で昼夜3回公演が控えているということで断ったそうです。当時は地方巡業の方に力を入れていたのでしょうね。未確認の話ですが美空ひばりさんも一時期番組に長時間拘束される為辞退を申し込んだ事があるそうです。

ふ み お 様

>紅白を最後まで見ることはほとんど不可能でした。気が付くとあけましておめでとうの世 界で、大変残念に思っておりました。

昔も今もかわらないんですね。私はふ み お 様よりも何十年も後に小学校低学年を迎えたのですが、当時の私も大体同じような体験をしております。それが悔しくって悔しくって…今の小学校低学年のお嬢ちゃんお坊ちゃん達はこのような体験なんてしてないんでしょうね。

それと結構重大なお知らせ。今年の思い出の紅白歌合戦はS61年となんと!S41年が放送されるそうです。TV誌を何誌かで確認しましたが変更する可能性もあるのであしからず。でもS41年を放送しても大丈夫?と思ってしまいます。たしか全部は残っていないような気がしたのですが…以前放送されたときは編集して放送されたそうです。新たにVTRが見つかったのか?とにかく年末まで待ちましょう。

------------------------------------------------------------------------
「東京の花売り娘」 投稿者: MACKY  投稿日:11月22日(金)23時48分05秒

MASさん>私もこの「オールスター歌合戦」の件は数年前まで知りませんでしたが、この本の著者が書いていることがいい加減であることは容易に想像つきました。この人、歌った順番が分からなくて五十音順になっている第4回の紅白の出場者を観て、「どうしてトリが真木不二夫なのか、藤山一郎の方が格が上ではないか」などと書いております。(因みにこの回の大トリは藤山さんで、スタッフのミスで藤山さんはワンコーラスしか歌えなかったそうですね)また、数年前には「私が選ぶ歌手別ベストテン」などという本も出していて、出版業界っていうのは出したもん勝ちなんだな、とイヤな気持ちになったこともあります。

よっかーさん>いえいえ、当然よっかーさんより年下ですよ。紅白開始当時に出て貰えなかった歌手としては、田端義夫さんや小畑実さんもいますね。有名な話では、第8回になっても、三波春夫さんは「忙しいから」と断っていることです。あとで、この時断らなければ、フランク永井さんや島倉千代子さんの記録と並べたのに、と悔しがったそうですが…

確かに前年のトリをとった笠置シズ子さんが落選した1957年に、美空さんは出場2回目にしてトリをとって復帰してるんですよね…そういえば今年は「想い出の紅白歌合戦」何年を放映するんでしょうね。

因みに東京の図書館でも、1950年代の新聞や雑誌を調べるのはかなり難しいですよ。

あみだ池さん>岡晴夫さんの件は、それ以前に岡さんとNHKが喧嘩したからだそうです。戦後すぐに、ラジオの30分番組で、歌手にインタビューして最後に曲を1曲だけ流す、という番組で、岡さんはインタビューはいらないから30分歌わせてくれ、と言いだして、以後NHKから出演依頼はなかったそうです。だからかどうか知りませんが、第1回の紅白には、松島詩子さんが「東京の花売り娘」を歌っていますね。

ふみおさん>えっ、その方一体どなたですか…それに第6回の紅白をご覧になっているって、それだけでも凄いですよ…私の老母の最古の紅白の記憶は、第9回で江利チエミさんがさのさを歌ったことらしいですから…それでも当時はまだ一般家庭にテレビは珍しく、近所中の人が見に来ていたそうです。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者: とろりん村のとろり  投稿日:11月22日(金)23時28分46秒

よっかーさま

あたたかいお言葉、ありがとうございますm(_ _)m。

あと、1時間もたてば、たちまち37歳です。

♪いつの間にこんな年齢になったんか、ひとの気持ちも知らないで
わてほんまによう言わんわ

ですわ。

------------------------------------------------------------------------
NHKの出演料 投稿者: ふ み お  投稿日:11月22日(金)23時05分07秒

あみだ池様
友人の作曲・編曲家は結構有名な人です。NHKのカテゴリーでは作曲家は文化人だそうです。文化人はお金とは別の世界と定義しているようです。歌手は芸能人となります。特にラジオ放送ですとその出演料の安さは極限みたいです。1時間のトーク番組ですと数日の準備が必要になりますが、出演料は2万円くらいだそうです。芸能人と査定されれば最低でも10万円以上になるそうです。NHKとしては全国区になるから安くても文句ないだろうということらしいですが、彼はとっくに全国区です。彼は沢山の人に自分の思いを聞いてもらいたいのでボランティア感覚で出演しています。

------------------------------------------------------------------------
初期の紅白 投稿者: あみだ池  投稿日:11月22日(金)21時33分29秒

よっかー様
>初期の紅白には、まだステータスがなかったんでしょう。
仰るとおりのようです。藤山一郎さんの著書で読んだ事ですが、当時年末年始は実演(今のコンサートですね)のかき入れ時で、それでなくても薄謝で有名な(『古川ロッパ日記』には、もう、これでもか…という位、NHKの出演料の少なさの話題が出てきます)
NHKに拘束されるよりも、地方巡業を優先した歌手も多かったようです。

藤山さんの本にも書いてありましたが、人気・実力から見て出場していて当然の岡晴夫さんは一度も出ていないのが、その一例として挙げられると思います。

------------------------------------------------------------------------
お誕生日ですか? 投稿者: よっかー  投稿日:11月22日(金)20時40分31秒

おめでとうございます。
色んな経験、情報が蓄積されて、人生楽ありゃ苦もあるさ。まだまだ、お楽しみはこれからだ!

今、「小室哲哉・Keikoの披露宴にツッコミを入れつつ、もう一つのテレビは「クレイジーケンバンド生Live」を見てます。
渚ようことのデュエットが終ったトコです。いやぁ面白いなぁ、クレイジーケンバンドって。

------------------------------------------------------------------------
昭和30年 投稿者: ふ み お  投稿日:11月22日(金)03時50分58秒

MASさん。
昭和30年の紅白というと、その年小学2年生で、私の家にTVが来た時なので、その紅白は見たのだと思います。
東郷青児(画家)さんは普段TVに出てなかったので顔を知りませんが、他の方はすべて覚えております。ただ当時は夜9時まで起きている子供はいませんでしたので、紅白を最後まで見ることはほとんど不可能でした。気が付くとあけましておめでとうの世界で、大変残念に思っておりました。

------------------------------------------------------------------------
いや、たんに正月休みだったのでは。 投稿者: よっかー  投稿日:11月22日(金)00時56分35秒

初期の紅白には、まだステータスがなかったんでしょう。
数ある大型歌番組の一つだったじゃないでしょうか。ひばりさんが落選というのは、第24回からの事で第6.7回の時は自分のスケジュールを優先したんだと思いますが。
NHKが、あの頃のひばりを嫌っても全く無意味だと思う。最初のうちはラジオだし、テレビになって視聴者の反応などを見て、出演するようにしたんじゃないかと思います。
ひばりのお母さんなら、それくらいのプロデュースは考えてたと思うし。
それよりも勘ぐってしまうのが、笠置シヅ子さんが出る紅白に美空ひばりがいない事が興味深いです。笠置さんのモノマネでデビューし、笠置さんを圧倒する人気者になったことへのジェラシーなのか、すでに大スターだった笠置シヅ子さんと、急上昇してきたひばりさんとの関係にすごく興味がありますね。(あくまで想像ですが)

MASさん、MACKYさん
KRテレビの「オールスター歌合戦」「オールスター大行進」って、君たちは何歳?(笑)
よく知ってるなぁ。東京にでもいれば、図書館へ行って当時の新聞、雑誌を見て調べるんだがなァ。

------------------------------------------------------------------------
その本読んだことあります。 投稿者: MAS  投稿日:11月22日(金)00時26分21秒

MACKY様

>7年くらい前に、某漫画原作者が、「紅白出場者選考を斬る」とかいう本を出したとき

その本読んだことあります。たしかに他の内容についても少しズレている内容でした、しかし当時の私は「オールスター歌合戦」の存在を知らず、どうして美空ひばりがS30、S31と出ていないんだろうと疑問に思ったものでした。
最近いろいろな本を読んでいるうち、番組の内容がだんだんと明らかになってきました。なんとS30には美空ひばり、笠置シヅ子の二人が同じ番組に出演していたのです!それも笠置シヅ子(トリ前)美空ひばり(トリ)という順番でちなみにトップは島倉千代子さんです。ちなみに付け加えておくと、司会は有島一郎、審判に東郷青児(画家)別所毅彦(プロ野球選手)、応援団長は女性軍に三味線豊吉、男性軍に堺駿二という顔ぶれだったそうです。つい「オールスター歌合戦」話題に反応しすぎて長くなってしまいました。

------------------------------------------------------------------------
「檸檬」 投稿者: MACKY  投稿日:11月21日(木)23時01分17秒

ながとさん>私も「檸檬」は好きです。でもこの曲、次の「聖母たちのララバイ」のお陰ですっかり霞んじゃいましたよね。因みに翌年の「素敵な気持ち」も好きなのですが、これも「家路」ですっかり影が薄くなりました。レコード大賞で言えば、「聖母たちのララバイ」は作曲に外国人がいるということで対象外となったため、この年の宏美さんのノミネート作は「檸檬」でしたが、金賞すら取れませんでした。この年もし宏美さんが金賞を取っていれば、78〜83年までの6年連続金賞という偉業が成し遂げられただけに、いまだに残念です。(因みに金賞の連続受賞は明菜さんの84〜88年の5年連続が最高かな?)

MASさん>1955年の「オールスター大行進」の時は、TBS(当時はKRテレビかな?)は大物歌手に独占契約を結んでしまったため、この年の紅白には美空さんと春日八郎さんは出場していませんね。7年くらい前に、某漫画原作者が、「紅白出場者選考を斬る」とかいう本を出したとき、この事情を知らずに、「NHKはこの年と翌年美空ひばりを落としている。NHKのひばり嫌いはこの頃から始まっていたのか。これがのちの落選問題につながっているのでは…」などと訳の分からないことを書いていました。因みにこの人は、第1回〜4回までに美空さんが出場していないことについても、「NHKはどうして選ばなかったのか。児童労働法に引っかかるのなら、当時はラジオだから録音という手段もあったはず…」などと全く見当違いなことを書いていますが、単に美空さんが正月に公演があって、出て貰えなかっただけですよね。

------------------------------------------------------------------------
オールスター大行進 投稿者: MAS  投稿日:11月21日(木)00時36分38秒

とろりん村のとろり様、こちらこそよろしくお願いしますm(_ _)m。

>「恋のチャンス」についてのB-B-Sとポピーズとの関係は「競作」というよりは
むしろ、「オリジナル」と「カバー」の関係ではないでしょうか。

発売したのが同じ年だと思い込んでいたので競作と思っていました。
筒美京平先生の作品は、数年経ってからカバーっていうのが結構あるんですよね。

MACKY様

>12月31日は「オールスター大行進」という番組を放映していたんですね。

そう、最近気になってしょうがない「レコ大」以前のTBS大晦日のプログラム。その中で一番気になるのがS30年とS31年に紅白の真裏での対抗番組「オールスター歌合戦」です。当時NHK紅白に対抗して出演者にTBS(当時:ラジオ東京)独占で出演させた番組でNHKより豪華?なメンバーで、美空ひばり、島倉千代子など出演してます。
当時から現在までTBSはNHK紅白に対抗意識ってありますよね。

------------------------------------------------------------------------
いろいろありすぎて。 投稿者: ながと  投稿日:11月20日(水)23時31分17秒

 ちょっと覗かないうちに、話題が沢山あって、戸惑ってしまいます。

MACKYさん> 宏美さん 私は「檸檬」が好きです。 本人に合わせて作られているから
なのでしょうが、宏美さんの歌は どこで息継ぎをしたらいいか 難しいですよね。
風呂で歌うと 息苦しくなる時があります。 「決心」もいいです。

レコード大賞・・・生中継をTVで見たのは 社会人になってからが初めてです。
それまで私の住む地方は、TBSのネット局がありませんでした。
もうそのころは、帝国劇場からではなく、武道館からでした。
歌謡大賞は 数年に何度か見ることができました。放送が在京民放4局持ちまわり
でしたので、フジと日テレの時は見ることができました。テレ朝の時は週遅れの週末に。
12CHの時は見ることができませんでした。
忘れもしません。宏美さんの新人賞受賞のシーンはハイライトで見ました。12CHだったから。
オタク的ですが、歌謡大賞のセットはテレ朝が「ベスト30」のノリで好きでした。

レコ大の エピソードで有名なのは、和田アキ子が最優秀歌唱賞を受賞した時でしょうか、
お祝いの花束に仏壇花が混じっていたという話。仏事の花ではないという見解もありますが
思い出の・・シーンで見ると、やはりそのような感じもします。

レコ大と歌謡大賞は、昔受賞者は違ってましたよね。当然といえばそうなのですが。
いつの頃からか、同じ人が受賞するような傾向になりましたね。
(歌謡大賞って今、運営?企画?されているのですか?)
西城秀樹「ヤング・マン」が歌謡大賞を受賞した時、ジュディ・オング「魅せられて」は
放送音楽賞にも該当しませんでした。しかしレコ大を受賞しました。
麻丘めぐみがレコ大最優秀新人賞を受賞の年、歌謡大賞新人賞は 三善英史 森昌子でした。
ついでに、中森明菜 小泉今日子はどちらにおいても 新人賞を受賞していませんね。
(だから二人は相談して髪を切ったとか。) ん〜実に深い。

------------------------------------------------------------------------
「アテンション・プリーズ」 投稿者: MACKY  投稿日:11月20日(水)22時48分16秒

とろりさん、クジラ2号さん、よっかーさん>能瀬慶子さんはシングル4枚リリースなんですね。ただし、実際にランクインしたのは「アテンション・プリーズ」だけのようです。このあたりが、伝説のアイドルと言われている部分とのギャップを感じるのですが…よっかーさんの仰るように一時期の「あの人は今」の常連でしたよね。

MASさん>68年以前のレコード大賞は、確か「大賞授与式」とかいうタイトルで、12月30日の午後2時〜3時という、恐ろしくマイナーな時間帯に放映されていたんですよね。12月31日は「オールスター大行進」という番組を放映していたんですね。だから、68年の映像は、他の年とちょっと雰囲気が違うはずです。因みに日本歌謡大賞も、第1回はホテル(高輪プリンス?)での授与式という形で、確か生放送ではなかったのでは?

かつて11月頃に歌唱賞候補や大衆賞などを決めていたのが「速報!日本レコード大賞」でしたっけ? 今は最優秀歌唱賞も11月に決めてしまうのでつまらないですね。

あみだ池さん>その発言の後、廻りの空気はどうでした? というか、最近の職場では、その意味が通じなくなっているのでは?

------------------------------------------------------------------------
えっ能瀬慶子って半年間だったっけ。 投稿者: よっかー  投稿日:11月20日(水)20時05分08秒

「アテンション・プリーズ」1979.1.5.〜「美少女時代」1979.9.5.というレコードリリース期間だけを見ると、歌手としては半年間だけかな。
ドラマ「赤い嵐」は1979.11.30.〜1980.3.28.でしたから、歌手活動の後ってことですね。
すると、「♪アーテンション プリィイイイ−ズ」と「マ・コ・トさん」「私は誰?ここは何処?あたしお豆腐作ります」だけで、みんなの記憶に〔能瀬慶子〕を刻み込んだですね。(笑)
ある意味、とろりさんが言うように驚異ですね。
『あの人は今』で何度となく取り上げられてましたよね。何年か前に見たときは、太鼓を叩いてたみたいだし。私の記憶だと2年近くは見た感じなんだよね。

あみだ池さん
「歌謡コンサート」のお恵ちゃん見ました!
またまた、いつも以上のスカート(落下傘型?)でワイドテレビでも両サイドが切れてました。(笑)
あのスカート(別名ベルサイユ型?)は、いつから始めたんだろう?
「思い出のメロディー」でも第17回くらいの時は、今ほど膨らんでない普通の豪華衣装でした。
何かキッカケがあったんでしょうかねぇ。あのスカート(別名・鹿鳴館型?)と、もちろん歌と熱狂的なファンの方々と1セットで大好きです。(笑)

------------------------------------------------------------------------
「バラード」 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月20日(水)17時56分31秒

とろりん村のとろりさん MACKYさん> 能瀬慶子さんが歌った浜田省吾さんの曲は、全部で5曲のようですね。今年発売されたCD「能瀬慶子BEST」の中に入っています。
能瀬慶子さんて1度やめてから、数年してインディーズから、再デビューしませんでしたっけか?

「想い出のファースト・キッス/ボーイ・フレンド」(三谷晃代)聞いてみたいです。
石川秀美さん、リューベン&カンパニーにも提供してましたが、一番好きなのは烏丸せつ子さんへ送った「バラード」です。

前回の書きこみで山崎ハコさんの「呪い」の歌詞が間違っていました。正しくは 
♪コンコン コンコン クギを刺す・・・♪でした。 

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者: とろりん村のとろり  投稿日:11月20日(水)02時41分31秒

☆MACKYさま

能瀬慶子の芸能界での実働期間は半年間くらいしかなかったと思います。
それにもかかわらず、わずか半年間で4枚のEP盤と、1枚のLP盤をリリースしたのは
驚異的です。

1979年という年を全力疾走で駆け抜けていった。そんな感じがします。
だからこそ、マイナ−アイドルといえども、社会での知名度は比較的高いのでしょう。

彼女のリリースしたレコードは、おそらく、次の通りです。

(EP)

1.MACKYさんがおっしゃった「アテンション・プリーズ」(作曲:浜田省吾)

2.「裸足でヤングラブ」(作曲:浜田省吾)

3.「He Is コットン100%」(作曲:大村雅朗)

4.「美少女時代」(作曲:大村雅朗)

(LP)

「ほほえみプレリュード(前奏曲)」
このLPにのみ収録されている曲も、浜田省吾は何曲か提供していたと思います。

☆クジラ2号さま

浜田省吾がホリプロのアイドルに提供した曲といえば「想い出のファースト・キッス」
(三谷晃代)も忘れ難いですね。結局、あれが彼女のラストシングルになり、たった
1枚残したLPのタイトルも「想い出のファースト・キッス」ですから...。

ポピーズのEP盤では、「恋は気分」(作・編曲:井上忠夫、作詩:なかにし礼)
などを持っていますが、ジャケット写真を見ただけでは極めて「胡散くさい」ですね^^。
タカラヅカというには何か貧相だし、ヤン・シスターズというには大人すぎるし。
まさに「謎の集団」です。

しかし、聴いてみると、すばらしいR&Rで、ソロのパートも抜群にいい!
レコードジャケットに騙されて、危うく買い逃すところでした^^。

☆MASさま

はじめまして。何とぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m。

「恋のチャンス」についてのB-B-Sとポピーズとの関係は「競作」というよりは
むしろ、「オリジナル」と「カバー」の関係ではないでしょうか。

「恋のチャンス」(B-B-S) 作曲:筒美京平、作詩:橋本淳 編曲:筒美京平  72年7月発売(東芝音工)←オリジナル?

「恋のチャンス」(ポピーズ)作曲:筒美京平、作詩:橋本淳、編曲:馬飼野康二 74年4月発売(東芝EMI)←B-B-Sのカバー?

B-B-Sのレコードは、残念ながら未聴です。できたら、二枚とも入手して、編曲などを比較してみたいです。

------------------------------------------------------------------------
(無題) 投稿者: MAS  投稿日:11月20日(水)01時02分12秒

vampire様、はじめまして。

>XIE−XIE、正しくは「ぼちゃまサウンド」だったような

XIE−XIEってたしか、名前から連想してか衣装が人民服だったよな気がしますが…

MACKY様、こちらこそよろしくお願いします。

>レコ大は紅白と違って68年(これは10周年記念番組のこと?テープが残っているのは、番組が大晦日に移った69年からですよね?)から全てカラーなんですよね。

レコ大のVTRは68年の10周年のほかに68年の授与式(たしか音楽発表会という呼ばれ方をしていたような…)が残っています。ちなみにモノクロです。あと7回のラジオの放送も残っているそうです。
年末にTBSチャンネルでのレコ大が放送されますが、今から楽しみですね、といってもスカパーに加入していないのでこれから加入予定ですけど(TBSチャンネルのいいお客になりそうです)。できれば来年あたりは、73年からと「速報!日本レコード大賞」や元日に放送されていた「おめでとう日本レコード大賞」も放送されるといいんですけど、たぶん無理でしょうね…

>今「ありがとう」の第一部をやってますが

私の住んでいる地域で約10年程前に「ありがとう・第一部」の再放送をしていたのですが、その時“これで多分、最後の放送になるだろう”と思い全部の回を録画をしました。まさか10年経ってまた放送されるとは、いい時代になりましたねぇ

------------------------------------------------------------------------
以前の職場での会話2題。 投稿者: あみだ池  投稿日:11月20日(水)00時19分58秒

以前、僕が某高校の教員をしていた頃の実話です。

その1
同僚1『家の近くには、柿の木がたくさんあって…』
僕『…駅から三里、離れてるんですか』

その2
同僚2『今日、愛ちゃん(生徒の名前)はどないしたんやろ?』
僕『太郎の嫁になったんと違いますか?』

------------------------------------------------------------------------
「愛ちゃんはお嫁に」 投稿者: MACKY  投稿日:11月19日(火)21時43分05秒

よっかーさん>デジオの特集は私も聴きましたが、岡晴夫さんの曲をどうやら都はるみさんと北島三郎さんが歌ったようですね。でも音源として残っているのが凄い…「青い山脈」はオリジナルの藤山一郎さん・奈良光枝さんのヴァージョンでしたが、奈良さんも出演したのかな?「今週の明星」はおそらくオープニングでみんなで歌ったんでしょうね。しかし、美ち奴さんの曲が流れたのにはビックリしました…

TBSチャンネルの「レコード大賞」は私も楽しみです。レコ大は紅白と違って68年(これは10周年記念番組のこと? テープが残っているのは、番組が大晦日に移った69年からですよね?)から全てカラーなんですよね。TBSチャンネルといえば、今「ありがとう」の第一部をやってますが、劇中で「愛ちゃんはお嫁に」を歌っているので、つい私も「愛ちゃんは太郎の嫁になる…」などと口ずさんでしまいます…一体幾つだ、私は…

クジラ2号さん>能瀬慶子さんはすぐに引退したため、今でも惜しまれますが、実際は何枚かリリースしてますよね?私は「アテンション・プリーズ」しか知りませんが…

ノンノンさん>まだ交換日記の歴史が続いているなんて…

私も宏美さんに詳しいと言えるほどではないのですが…「スローな愛がいいわ」は個人的には癒し系の曲、というイメージですね。私にとってインパクトが強くて好きなのは、その次の「女優」です。これは前にも言いましたっけ? そうそう、昨日のCSで当時の宏美さんが「春おぼろ」を歌ってました。

------------------------------------------------------------------------
また『歌謡コンサート』ネタで失礼します。 投稿者: あみだ池  投稿日:11月19日(火)21時03分43秒

今日はお恵ちゃん(あの落下傘スカート…って、今時こんな言葉使うのかな?)の『だから云ったじゃないの』に、久しぶり、本当に久しぶりに『北海の満月』も聞けて(細川さんの声量は物凄い!)、それに、それに…いや満腹しました、大満足です。

あ、それと…『呑も呑も!』って、エエ歌ですねェ…。

まァ…確かに、日朝首脳会談当日には放送しにくい内容のような気もしましたねェ…放送延期したのも無理ないなァ…。

いずれにせよ、好きな歌を聴けて、また…色んなモノを…見られて満足しました。

あ〜、久し振りにすっきりした!

------------------------------------------------------------------------
藁人形と五寸釘  投稿者: クジラ2号  投稿日:11月19日(火)18時34分56秒

MASさん、vampireさん>はじめまして、よろしくお願いします。

よっかーさん> ポピーズは、「恋やまい/遊ばれたのね 東芝TP-20146 ’75.7」、「泣きどころ/ママギター 東芝TP-20206 '75.12」というシングルも出てますね。

75年の7月は、「アホダーラ」青空球児 好児、「十九の春」田端義夫、「恋の雨音」リンリン・ランランなどが発売されています。75年10月おそろしい名前のグループがいますね。「30になったら・・・」キング BS-8009 藁人形と五寸釘 お持ちの方いらっしゃいますか?
♪トントン トントン クギを打つ・・・♪ 山崎ハコさんの あの唄を思い出します。

第29回ポプコンつま恋本選会というと、優秀曲賞をとったキャデラックも東海地区よりエントリーしてました。TOM☆CATがグランプリをとった第28回ポプコンつま恋本選会には、静岡県出身の後藤悟 With タランチュラが出て「こっちへおいで」で川上賞をもらい、世界歌謡祭に参加しました。タランチュラについては、後日。

MACKYさん>  能瀬慶子さんといううと、浜田省吾さんがブレイクする前で、彼女の為に何曲か、書いていましたね。この頃省吾さんは、山口百恵さん、榊原郁恵さんなどアイドルの方々にポップな曲をいろいろ提供していました。

------------------------------------------------------------------------
おニャン子といえば・・・ 投稿者: よっかー  投稿日:11月19日(火)12時16分52秒

vampire様、ありがとう。
まさに「三人寄れば文殊の知恵」。

年末の紅白におニャン子クラブが出るかも、というウワサは実現するのか?!

------------------------------------------------------------------------
気分なのぉン♪ 投稿者: vampire  投稿日:11月19日(火)02時07分17秒

お久しぶりです。

>よっかー様
 メロディーメーカーはNAV初のメイルグループで、所属はユイ音楽工房、
 「涙のひとつぶ模様」がデビュー曲で74.3.25発売。セカンド「忘れかけた言葉」
 というのも出てます。フォークとGSの中間というかそんな感じ。
 ポピーズはMASさんが仰ってる通りです。
 元はダンサーで、歌手デビューしたため本業のダンサー営業用に
 ポピーズシャルマンがデビューしたと思います。こちらはレコードリリースなし。
 ポピーズは活動長かったですが、末期は4人になってました。
 あとの二組はわからない…、すみません。

 XIE−XIE、正しくは「ぼちゃまサウンド」だったような?
 St.ヴァレンタインの「BOMB BOMBサウンド」と双璧ですね。
 「警告!ひとりじめっ」がデビュー曲かな。
 この頃のポスト・チェッカーズ的メイルグループもなかなか興味深いです。
 当時はPeanuts Boyがイチオシだったけど(笑)。

>とろり様
 おニャン子の事を書こうと思ったのですが、また次の機会にでも…。
 12・1in秋葉原、う〜ん仕事かも。でも会社すぐ近くかも(笑)。
 

------------------------------------------------------------------------
ポピーズは6人組かぁ〜。 投稿者: よっかー  投稿日:11月18日(月)23時46分15秒

MASさん、ありがとう。
少しずつ情報が増えてます。紅白の映像も見てみますよ。
XIE−XIEって憶えてますよ。「ミュージック・トマト」なんかでPVが流れてました。
確か「ぼっちゃま」でした。(笑)育ちの良さ、センスの良さ、音の良さの〔三良主義〕バンドなんてフザけた事を言ってました。5人組でした。
インディーズからのバンドも多くメジャーデビューする頃でしたね。

ピンボールは静岡出身の4人組。第29回ポプコンつま恋本選会で入賞「リメンバーボックス」。
ロールバックっていう女性5人バンドがグランプリの時です。

MACKYさん
スカパーといえば、来月「TBSチャンネル」で日本レコード大賞が1968年から1972年までを完全放送するそうですよ。すっごい楽しみです。見所満載ですよ。
もう今から録画体制を準備中です。(笑)
それからもう一つは、スターデジオで「NHK思い出のメロディーで流れた曲」というプログラムがあるんです。これをそのまま信じていいのかわかりませんが、曲名・歌手が35曲で「今週の明星」からはじまるあたりが、ひとつデータになりますよ。今月は昭和50年第7回の分です。

------------------------------------------------------------------------
「スローな愛がいいわ」 投稿者: ノンノン  投稿日:11月18日(月)23時36分21秒

ながとさん
「スローな愛がいいわ」は、はっきり歌詞を覚えていないのですが、曲名でそう思ってしまいました。岩崎宏美さんに関しては、MACKYさんがかなり詳しくご存じで、私もよくMACKYさんに教えていただいています。

------------------------------------------------------------------------
そろそろ雨が欲しいですね 投稿者: ノンノン  投稿日:11月18日(月)23時20分16秒

とろりさん
その6を見ました。掲載して下さってありがとうございます。「0909させて」も見ました。そのまま、「ゼロキュウゼロキュウさせて」と読むのかと思ったら、「ワクワクさせて」なんですね。とろりさんが書かれていた「オクオクさせて」おもしろいですね。ちょっと、危なくなっちゃいますね。数字がちょっと変わってしまっても危ないですね。
娘にレコードジャケットを見せたら、「○○君に似てる」って又、言ってました。

MACKYさん
あっ、いますよ。今でも交換日記や手紙のやりとりをしているカップルが。まぁ、滅多にいないですけど。
そうですね。メールは危険な面とかありますよね。
女子中学生の大きな変化は、多分ないと思います。でも、昔から、中2の女子は魔の中学2年って言われていますね。あと、イジメは男女限らず、昔より陰湿です。これは、はっきり言えますね。

------------------------------------------------------------------------
「真夏の夜の夢」 投稿者: MACKY  投稿日:11月18日(月)23時08分48秒

MASさん>はじめまして。よろしくお願いします。そうそう、夢工場は「タッチ」関連の曲を歌っていましたよね。

よっかーさん>笹野みちるさんはカミングアウト後、「彼女といたい!」という曲を、ささのみちる名義でリリースしたようですね。
昨日書いた妖しい二人組はじゅんとネネですね。「愛するってこわい」でしたっけ?「ジェームス・ディーンみたいな女の子」は、私は初めて聴いた時から、「おいおい、同性愛かよ…」と思っていました。大沢逸美さんはプロダクションの関係から、山口百恵二世として売り出されましたが、このデビュー曲はどうだったんでしょうね…

CSの「夜ヒット」を観ていると、全く知らない歌手やバンドが「今話題の新人です」と紹介されていることがよくあります。さっきも2組出てたけど、グループ名忘れちゃった…あ、そうそう、能瀬慶子さんが初登場とか騒がれてましたが、久し振りにあのものすごい(?)歌声を聞いてしまいました。あと、やっぱり笑えたのは野口五郎さんの「真夏の夜の夢」だな。どうしてもコロッケさんの方を思い出してしまう…

ながとさん>松田トシ先生はまだご健在では?この方紅白にも歌手として出場されてますよね。

------------------------------------------------------------------------
まだまだ。 投稿者: ながと  投稿日:11月18日(月)22時44分17秒

 ほんとうに こちらにお邪魔させいただいて 自分の知識の少なさを
実感させられます。大変勉強になります。

 ノンノンさん> 「スローな愛がいいわ」とはそういう歌だったのですね。
宏美さんのような 若手はいなくなりましたね。 ああいう、形容詞のつく歌を
歌うアイドル歌手もいませんね。(時代じゃないっか。)松田トシ先生(敏江?)は
健在なのでしょうか?(宏美さんの先生だったのですよね?)

------------------------------------------------------------------------
♪男しだい恋のチャンス〜 投稿者: MAS  投稿日:11月18日(月)21時25分40秒

>「恋のチャンス/ポピーズ」 

今手元にこのレコードがあるのですが、6人グループのお姉さん達でジャケットは皮のつなぎを着て一人は機関銃を持っています。6人の名前はジュン、ボクちゃん、ミッキー、モンロー、イブ、ラークです。詞:橋本淳 曲:筒美京平 編曲:馬飼野康二でB-B-Sというグループと競作です。
ちなみにこのお姉さん達と同一グループかわかりませんがS49年の紅白でザ・ピーナッツの後ろで同じ名前のグループが踊っています。その時の表記は「江夏ルミ、ポピーズ・シャルマン」で計11人になっていました。

>☆「The 東南西北」ですか…「内心、Thank You」とか、いい曲だなあ

当時TVでファンの女の子たち全員で合唱していましたっけ…それ以来このシーンと曲が忘れられなくなり、ついこの間このレコードを手にいれました。いい曲ですねぇ〜

あと「てつ100%」のほかに思い出したところでは、「XIE-XIE(シェーシェ)」←たしかこんな表記だったような…「ピンボール」なんていましたっけ、いずれも曲はしらないんですけど…

------------------------------------------------------------------------
ギブソンのギター 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月18日(月)19時06分41秒

東京少年は、「陽のあたる坂道で」しか覚えていませんね。良い曲だと思いましたが・・・

1.「恋のチャンス/ポピーズ」         ポピーズ⇒ポピンズ ていましたね
2.「ふたりだけの窓/乙女座」         乙女座 ⇒乙女隊  ていましたね
3.「涙のひとつぶ模様/メロディー・メーカー」 ギブソンのギターに同じ名前のモデルがあった
4.「帰郷/ミー&ハー」                ⇒う〜連想不可!

だんだんとカルトな世界に沈んでいってしまいます。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者: とろりん村のとろり  投稿日:11月18日(月)01時39分18秒

☆ノンノンさま

本田恭章の話題が掲示板に出てきたため、「EP盤リスト(その6)」にあわてて掲載
しました。ご覧いただけたら、幸いです^^。

☆「The 東南西北」ですか...。

「ため息のマイナーコード」とか「内心、Thank You」とか、いい曲だなあと思って聴
いていたのですが、記憶に残っているのは「いい曲だなあ」という思いだけで、メロディ
ラインすら思い出せません。まことに情けない限りですm(_ _)m。

「The 東南西北のオールナイトニッポン」も確か、聴いていたのに...。

------------------------------------------------------------------------
ありがとうございます。 投稿者: よっかー  投稿日:11月18日(月)01時06分26秒

「夢工場」「笹野みちる」「久保田洋司」。
とろりさん、MASさん、どうもありがとう。
「てつ100%」はフジテレビ系の『冗談画報』で唄ってるのを見たことがあるだけですね。
笹野みちるさんは可愛い顔してもったいない。(意味不明) GAOは違うよね。(笑)

MACKYさん
「ジェームス・ディーンみたいな女の子」がそうでしたかね。そう言われるとそうだなぁ。(感心)
じっくり歌詞を感じながら聞いてないなぁ、私は。ただカッコイイ女の子の歌くらいにしか聞いてなかったよ。

もひとつの話はLOOKじゃないかなぁ。あのグループはずいぶんいいかげんに集められたって、結成当時からテレビ番組でも言ってたから。最近じゃあ「リュシフェル」がそんなノリで作られてたね。もう解散するらしいけど。

クジラ2号さんもよく知ってますね〜。今度は「霧工場」ですか。まったく知りません。
なんかマイナーな名前の出し合いになっちゃいましたけど、ついでに知ってたら教えてください。
1974年当時の歌本があるんですが、歌を聞いたことの無い歌手の名前が何組か載ってます。
ピンのきた方はよろしく。
1.「恋のチャンス/ポピーズ」 2.「ふたりだけの窓/乙女座」 3.「涙のひとつぶ模様/メロディー・メーカー」 4.「帰郷/ミー&ハー」
すべて1974年4月の新曲紹介です。

なんか、どちて坊やになってるなー。

------------------------------------------------------------------------
はじめまして。 投稿者: MAS  投稿日:11月17日(日)22時36分33秒

はじめまして。「ちあきの部屋」から飛んできました。

>「夢工場」が何だったのか、さっぱりわかりません

「アイドル夢工場」ですが記憶している限りでいうと、フジサンケイグループのイベントだった?「夢工場」にちなんで結成されたアイドルグループで任務を終えた後は各レコード会社に転勤の予定でしたがそれもできず(一人は無事転勤らしいです)任務をおえたらしいです。一方「夢工場」ですが、デビュー曲「フォトジェニック・エンジェル」はたしか、アニメ「タッチ」に使われたような…その後、私の高校の文化祭で「夢工場」から名前を変えた彼らを見ました、名前はすっかり忘れてしまいましたがたしか“ブルー”なんとかという名前だったよな記憶があるのですが…夢工場の頃の事はあまりいい思い出がないと言ってました。

そして「The東西南北」ですがボーカルだった久保田洋司(字が違うかもしれませんけど…)はソロ歌手として現在も(といっても4〜5年くらい前だったような…)活躍されているそうです。残りのメンバーの一人は約10年前ぐらいに行った「嘉門達夫ライブ」のバックバンドとしてたしかキーボード担当だったような記憶があります。そのとき「バンドは空中分解」と紹介されてました。こんなところです。

あと記憶に残るバンドといえば、「てつ100%」ですかね、曲はぜんぜん覚えてないかれど…  長文失礼しました。これからもよろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------------
「ジェームス・ディーンみたいな女の子」 投稿者: MACKY  投稿日:11月17日(日)22時29分15秒

よっかーさん>途中から情報を交錯(工作?)させるとは…つまり、アイドル夢工場は某テレビ局のイベントのために結成されたグループでしたよね。一度だけデビュー曲(?)の「アドベンチャー・ドリーム」を聴きましたが、ほとんど騒音(!)のレベルだったような…

夢工場は同じ頃のバンドでしたよね。でもこのグループの印象もほとんどない…東京少年の笹野みちるさんについては、とろりさんの仰るとおりです。確かソロで同性愛の曲をリリースしましたよね。長い歌謡曲史上、他に女性の同性愛を歌ったのは、「ジェームス・ディーンみたいな女の子」だけではないでしょうか?あ、そういえば女性二人組で妖しい曲をリリースしたことがありましたね?

ヒットが出たあと所属事務所に騙されたとか、解散後に告白したのはLOOKでしたっけ?SALLYでしたっけ?

ノンノンさん>巷では、女子中学生が乱れているとか何とか騒がれていますけど、実際はそんなに変化はないでしょうね。ただメールというのは完全秘密媒体ですから、ある意味怖い部分もありますね。流石に今時交換日記とか手渡している学生はいないだろうなあ…

------------------------------------------------------------------------
「ジュテーム・スキャンダル」 投稿者: ノンノン  投稿日:11月17日(日)22時20分13秒

とろりさん
わぁ〜! 本田恭章さんの別の顔が又、見ることが出来たなんて感激です! やっぱり、似てる・・・。若い頃の彼にも、娘の恋の相手にも。
この曲も出していたんですね。とろりさんがお持ちになっているレコードの、どこを見れば良いのでしょうか?「☆BOY」は、その1で見せていただいたのですが。
すいませんが、教えて下さい。

------------------------------------------------------------------------
「日向の匂いのする街」 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月17日(日)18時35分55秒

「夢工場」知りません〜

似たような名前で 霧工場という2人組みのフォーク・グループがいましたね。ユニオンからレコードを出していました。「日向の匂いのする街」 ♪ひなたの匂いのするところには なつかしい おじさんが 住んでいるんです〜♪ という曲でした。エレック時代の よしだたくろうさんの
ような雰囲気でした。

------------------------------------------------------------------------
「スローな愛がいいわ」 投稿者: ノンノン  投稿日:11月17日(日)16時24分50秒

とろりさん
私は、「☆BOY」という曲は聴いたことがないんですよ。この曲を歌っていたことも初めて知りました。とろりさんと同じ年齢だったんですね。佐野元春という名前を聞いて、又、昔に戻ってしまいました。本田恭章さんに似ていた彼の妹が佐野元春さんのファンでした。何か、最近は不思議な気分です。

MACKYさん
そうですよね。中学生の恋っていうと、村下孝蔵さんの「初恋」のイメージがありますよね。付き合い始めても、交際期間がたいてい短いし、自然消滅も多いし、別れても又、付き合い出したり。たいてい顔で選んでいるし。あちこち気が変わりやすいし。そういえば、岩崎宏美さんの曲で「スローな愛がいいわ」ってありましたね。若い時って、急速にくっきたがるけど、その気持ちを抑えて、ゆっくり、ゆっくり愛を育てていくことがいいなって思います。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者: とろりん村のとろり  投稿日:11月17日(日)03時35分29秒

よっかーさま

笹野みちるは、自著「Coming OUT!」(幻冬社 1995)で、レズビアンであることを告白し
カミングアウトしています。(『東京少年』解散後のことです。)

今、活動の拠点を京都に移していますから、彼女の情報は東京では少ないですね...。

------------------------------------------------------------------------
LOOKは「さよならイエスタディ」もいいよ。 投稿者: よっかー  投稿日:11月17日(日)00時57分05秒

MACKYさん
私もローカル者なので「夢工場」が何だったのか、さっぱりわかりません。見たこともないのに雑誌や、CDで名前を見びに「この子らは…いったい…」でした。
一応、手元の資料には第4回Y.H.W.C」決勝大会出場などの活動を認められデビュー。メンバーは浅井俊彦、弘部俊明、渡辺欣昭、益田賢治、入佐竜一の5人。デビュー曲「フォトジェニック・エンジェル」1986.8.5.となってますね。
あれ...、「アイドル夢工場」と「夢工場」は違うのかな?????知らねぇ〜。(笑)

「バージンブルー」はCMでの南野陽子を思い出します。「キリン2101」でしたっけ。
SALLYはポプコン出身だっけ。60sのイメージでしたよね。

The東西南北はソニーのオーディションでグランプリを獲ってデビューしましたね。「木枯らしの少女」って曲が好きです。もし聞いた事が無かったら一度聞いてみてちょ。MACKYさんなら気に入ってくれそう。スターダスト・レビューは10歳くらい年上でデビューも5年くらい先輩です。おしゃべりな方がスタレビです。(笑)

ところで東京少年が同性愛で有名って、何ですか?笹野みちるがレズなの?

------------------------------------------------------------------------
「シャイニン・オン君が哀しい」 投稿者: MACKY  投稿日:11月16日(土)23時38分46秒

よっかーさん、クジラ2号さん>135は日本人でしたか。失礼しました。やっぱりあの曲のイメージが邪魔していますね。テン・リーさんにしても、ジャッキー・リンさんにしても、本国ではスターなんでしょうけど、当時日本ではテレサ・テンさんという大物がいたのでなかなか難しかったのかもしれません。そういえば桂銀淑さんが人気が出始めたのもこの頃でしたね。今では借金に苦しんでいるそうですが…

この頃一番怪しげだったのは、実は純粋日本人グループのアイドル夢工場だったのでは?私はいまだにこのグループが何だったのか分かりません。ただ、メンバーの中に、笑点ちびっ子大喜利の時田成美さんがいたことだけは強烈に覚えています。この人も当時は中学生くらいだったけど、今はもうお年頃ですよね。

LOOKは「シャイニン・オン君が哀しい」一発ですけど、私はこの曲大好きです。今でも淋しいときに口ずさんだりします。でも「バージンブルー」のSALLYと印象がダブるんだよなあ。The東南西北はトンナンシャーペーと中国読みするんですよね。でもグループ名しか覚えていない…(というか私の中ではスターダスト・レビューとごっちゃになってる…)そういえば同性愛で有名な(?)東京少年はこの頃?もっと前でしたっけ?

ノンノンさん>やっぱり今はメールなんですね。でもたとえ両想いでなくても付き合えるなんて良いじゃないですか。でも私も高校の頃、意中の人と一緒に行動したり文通したりしてたけど、結局実らなかったんだよなあ…中学の時は完全に「初恋」「踊り子」の世界だったし…(遠い目)

------------------------------------------------------------------------
本田恭章 投稿者: とろりん村のとろり  投稿日:11月16日(土)23時36分32秒

本田恭章。

かつては、ぼくの「ストライクゾーン」であったのに、今では、それを意識下に閉じ込めて、
思い出すこともないようなアーティストは、おそらく、たくさんいるとわれながら思う。

そんなアーティストの名前がふと、この掲示板に出てきて、「あっ!」と思うことがときどきある。
それは、中学時代の同級生と、偶然、街で出会ったときの気持ちに似ている。
「あっ!」と自分でも、びっくりするような大声を出しておきながら、後の言葉がなかなか
出てこないような、そんな感じがする。

本田恭章はそういうアーティストである。

「あっ!」と思ったけれども、なかなか自分の「思い」が整理できなかった。

高校2年生くらいの頃、「ヤングラジオ」(OBC)を聴いていて、そこで突然、本田恭章の曲がかかった。
ぼくは何ていい曲なんだろうと、たちまち感激してしまった。(ぼくは、わりと感激しやすい性格である。)

それが「★BOY」であった。

ぼくは「EP盤リスト(その2)」で、この曲について「ある意味で吉川晃司のプロトタイプと
いえるかもしれない。最高にカッコいい曲」とコメントを書いた。
今、振り返ると確かにそうかもしれないが、あの当時、「★BOY」を聴いて、ぼくの頭に浮かんだのは「佐野元春」である。

アーティストを他の誰かにたとえるのは、あるいは失礼なことかもしれない。
彼のオリジナリティを否定するように響くかもしれない。
しかしながら、ぼくはポジティヴな意味で正直にそう思ったのである。

「★BOY」の都会的な雰囲気、ボーカルから伝わってくる「何か」には、「アンジェリーナ」とか「ガラスのジェネレーション 」
に通じるものがあった。そして、同じ1965年生まれとして、同じティーンエイジャーとして、ごく自然に共感できた。
どこに、どう共感したのかというようなことは、もはや、今のぼくには言うことができない。
いや、あの頃のぼくでも、言葉では表現できなかっただろう。
ティーンエイジャーとして現在進行形で生きているときにしか味わえない、いろいろな感情が無秩序にあふれでてきて、ないまぜ
になった気持ちというものは、確かにある。
若者が音楽をやるのは、言葉で表現できない気持ちをどうしても他人に伝えたいという衝動のためかもしれないと最近は思ったりする。

「たのきんトリオ」フォロワーが多い中、本田恭章の出現はアーティスト指向の強いアイドルがついに出てきたという予感をぼくに持たせた。
(アイドルというのは、ぼくがリスナーとして勝手に感じたことである。彼には当初からそんな気持ちはなかったかもしれない。)
大ブレイクこそしなかったけれども、あれから20年後の今、本田恭章が現役のミュージシャンであるということは、ぼくの予感が
あながち的外れでなかったことを証明してくれている。

「つまらない大人にはなりたくない」(『ガラスのジェネレーション』)と思って、ぼくは生きてきたし、今もそう思って生きている。
現状のぼくは「つまらない大人」以下だなと自嘲しつつも。

それは「自分が自分であること」の証しのようなものだからだろう。

------------------------------------------------------------------------
☆BOY 投稿者: ノンノン  投稿日:11月16日(土)21時55分06秒

とろりさん
わ〜! 本田恭章さんの顔を見ながら書けるなんて、嬉しいです。ありがとうございます。
ファンというわけではないですが、心地良いです。

MACKYさん
うちの娘が恋している相手は同じクラスにいるのですが、2人共、シャイで真面目で異性と話す事が苦手なので、先々どうなるのかわからないですね〜。メールを最近始めたのですが、告白もしていないし、娘の気持ちが伝わっているかもわかりません。同じクラスなのに喋ったことがないらしいです。娘の話を聞くと、その男の子は、まっすぐで素直で細やかでシャイで優しいという感じです。心が綺麗という印象を受けます。娘の事を大切にしてくれる感じがします。顔も綺麗で心も綺麗なんてすごいって思ってしまいます。でも、これからきっと、いろいろな色に染められていくんだろうな〜。将来、楽しみな男の子ですね。おかあさん達にもモテているんですよ。ゆっくりとスローペースでいいから、お互いに優しさとか思いやりとか励ましとかを伝えていって、それがいつかお互いに愛と言える様な関係になる事が出来る様に応援しています。
今の中学生の恋愛ですか・・・部活、部活であまり会えない様です。電話で話すよりメールが主流ですね。メールで告白もしています。体育館の裏で告白する子もいます。まだ、幼い子もいるし、マセている子もいるし。中学生は心も体も不安定なんですよね。

------------------------------------------------------------------------
「ハーベスト・ムーン」 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月16日(土)18時13分14秒

135の「我愛称(ウォー・アイ・ニー)」は、よく聞きました。3人編成のグループでした。デビュー・アルバムの5曲目は♪できまへんで恋人 あきまへん Fallin'love〜♪で始まる「0%麗人」
という曲でした。このアルバムは、廃盤復刻計画・最新チャートの上位の方にはいっているので
探している人が、そこそこいる様です。

このグループは,不思議な音世界を,持っていました。エスニックの分野に入っていましたが中南米(フォルクローレ)の雰囲気がけっこうありました。CDは5枚ぐらい持っていると思いましたが「奈落へ」のReーMix Versionが1番すきです。デビュー当時FMで生ライブが、数回放送されていましたが、そちらの方が、CDよりもはるかに良かったです。よっかー さんが書かれている様に現在でも時々見かけます。

細坪基佳さん(ふきのとう)がSonyをやめてからのCD「ハーベスト・ムーン」にも参加していました。細坪基佳さんのCD「Someone Like You」というアルバムは良い曲が沢山収められています。 
LOOKのリード・ボーカルの鈴木トオルさんは静岡県出身だと思いましたが、後にノエビアのCMで
「スロー・モーション」(中森明菜さんの曲)を、歌っていました。

------------------------------------------------------------------------
テン・リー 投稿者: よっかー  投稿日:11月16日(土)01時18分33秒

「必殺剣劇人」ですね。ちょっとパロディみたいな作品だったけど、すごく最終回に感動したことを憶えてます。工藤夕貴もよかった。
怪しげなアジア人って...。(笑)
135は日本人バンドです。ビクター・ロボットコンポのCMソング「我愛称」(最後の字は〔イ〕べん)で有名になり、その後フェードアウトしたように思われてますが現在も活動してます。けっこう意外なところでメンバーの名前を見かけます。小柳ゆきのアレンジや、コーラスに参加したりね。当時のバンド紹介で知ってる方もいるでしょうが、「135」とは日本の子午線・東経135度から、日本発ということで名づけたそうです。関西の方々だったと思います。

テン・リー(リン・ヤー・シェン)1965.12.11.台湾出身
デビューは「日本海ひとり旅」昭和61年11月。でもそれ以前に台湾、東南アジアで活躍していたそうです。

ジャッキー・リン&パラビオン「Strangers Dream」は鹿賀丈史、江口洋介らの刑事ドラマ「ジャングル」の主題歌でしたね。当初インストゥだけでしたが、詞がついてレコード発売されました。
日本テレビ系ドラマだったので、トップテンでのランキングはすごくよかったです。
本名ジャクリーン・リン、香港出身で当時は大学生だったとの情報あり。(笑) 何せ一発屋さんなだけにデータも少ないなぁ。なんか5ヶ国語くらい話せるらしいよ。あの後スイスの大学へ行ったとか....。(遠い目)

確かにあの頃は変わった歌手が次々と出だしましたよね。
LOOKとか、The東西南北とか。(なつかしー)

------------------------------------------------------------------------
「ついて行きたい」 投稿者: MACKY  投稿日:11月15日(金)22時45分47秒

よっかーさん>そうそう、藤田絵美子さんですね。思い出しました。やっぱりこの曲だけだったんですね。必殺の1曲のみというと、テン・リーさんの「ついて行きたい」もありますね。というよりこの人の正体は? 80年代中頃って、ジャッキー・リン&パラビアンとか、135とか、怪しげな(?)アジア系の人が多かったですね。

5匹の仔豚の名前をつなげると、チャールストンになるんですよね。今でも教育番組で流れているんでしょうか?

ノンノンさん>いえいえ、ただ顔が大きくて目立つだけです…まあそれはともかく、前に私が失敗したのは、ちょうど私も精神的に不安定だったので、相手の人につい依存してしまったからなんです。ただ、ひとつの趣味で知り合った人って、それ以外の部分では性格も考え方も環境も、全く違うことがあるので、難しいですよね。

中学生のお嬢さんは恋愛中ですか…両想いなのかな? とかって、また深入りしすぎですね。すいません。でも今時の中学生の恋愛ってどんな感じなんだろう…

みゆきさんの「雨…」は怨念がこもってますね。まあみゆきさんが提供曲をセルフカバーするときは、スローテンポにして重みを出すのが定番ですが…

本田恭章さんは、「ねらわれた学園」のあと、自分はイモ役者だからこれからは音楽1本でやっていきたい、って雑誌のインタビューに答えてましたね。

------------------------------------------------------------------------
本田恭章さん 投稿者: ノンノン  投稿日:11月15日(金)22時31分47秒

今、じっくりと本田恭章さんのジャケット写真を見ていたのですが、私が若い頃に交際していた男性に、やっぱり似ているなって改めて思いました。そして、娘が今、恋をしている男の子も、本田恭章さんに似ています。何か、不思議な気分です。私の方が、その人をフッて(生意気でしたね)しまったのですが、今、娘がその似ている男の子と関わりを持っていることが不思議な気がしてしまいます。ハッキリ言って、私もその男の子は好みのタイプです。娘と一緒になって恋をしているような気分になってしまいます。

------------------------------------------------------------------------
「ラスト・チャンス」 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月15日(金)18時08分13秒

麻生京子さんは、内田裕也とフラワーズに入ってから麻生レミに名前を変えたんでしたっけか?
フラワーズの「ラスト・チャンス」は、独特のうねりがあって圧倒されますね。ジャニス・ジョプリンを目指していた歌手は、麻生さん、後期のカルメン・マキさんなどよく聞いていました。
最近、CDで再発された「ロックン・ロール・ジャム’70」でも当時の歌が聞けます。でも「渚の情景」のほうが、カッコ良いです。

大野克夫さんのボーカル・アルバム「Windward Hill」をひっぱりだして聞くと、1曲目の「勝手にしやがれ」がジュリーのバージョンよりアレンジが素晴らしいです。ギターは、高中正義さんが弾いてます。「ラム酒入りのオレンジ」「お嬢さんお手上げだ」「時の過ぎ行くままに」「ヤマトより・・・」などが入っています。

------------------------------------------------------------------------
「雨」 投稿者: ノンノン  投稿日:11月14日(木)21時22分35秒

MACKYさん
そんなに偉い方に似ていらっしゃるなんて、すごいですね。きっと、MACKYさんって温和なお顔をしていらっしゃるのでしょうね。
そうですよね。パソコン上では慎重にならなければいけないですよね。文章だけで表現する事って、難しいですよね。自分では好意のつもりが読む人には悪意の様に伝わってしまったり、返事が来ないと不安になったり、イヤな気持ちを引きずったままになったり・・・
文章だけだからこそ、表現力や思いやりが本当に必要なんですね。
小柳ルミ子さんの「雨」私も好きです。中島みゆきさんが歌う「雨」はもっと好きです。悲しく切ない女心を歌った曲ですよね。裏切られた経験が多くて、好きになった男性を信じたいのに信じる事が出来ない、信じる事が怖い、悲しい女心の歌詞ですよね。裏切られた事は別としても、女性は誰でも、男性を本当に好きになると、この人が初めての男性なら良かったのにって思うのではないかと思います。中島みゆきさんの曲は、切なくて悲しい女心を歌った曲が多いですね。「しあわせ芝居」なども、すごく切ないですね。
小柳ルミ子さんの曲は、初期の頃の曲の方が好きです。「春のおとずれ」や「お祭りの夜」など。「春のおとずれ」は、岩崎宏美さんの「春おぼろ」を思いだしてしまいます。「春のおとずれ」は暖かくてしあわせそうですが、「春おぼろ」は切ないですね。

よっかーさん
本田恭章さんは、確か、ロックミュージシャンをしていると言っていた様な気がします。間違っていたら、ごめんなさい。「仙八先生」に出演していたんですよね。美少年で光っていたな〜。「ねらわれた学園」の印象が強いですね。

------------------------------------------------------------------------
チー子、ヤンちゃん、ルー坊、スーちゃん、トン吉。 投稿者: よっかー  投稿日:11月14日(木)14時25分40秒

「五匹の仔豚」の名前があるんですよね〜。(笑)
森山加代子さんの唄もいいですが、麻生京子さんの唄はいつ聞いても、古さを感じさせないポップな歌唱で大好きです。(それにしても漣健児さんはすごい)
MACKYさんが言う通り近年は教育番組なんかの歌で定番になってますよね。

「さよならさざんか」を唄った藤田絵美子さん(14才)は、藤田まことの娘さんですよね。
なかなか上手に歌ってましたが、アレ以来聞きませんね。
友人が言うには「『家族対抗歌合戦』か何かの番組で、藤田一家が出演した時にデビューしないかと誘われたそうです。もちろん父の時代劇ということですんなりとデビューしたけど、一度だけの思い出作りみたいなものじゃなかったっけ」だそうです。

本田恭章って懐かしいね。今どうしてました。「あの人は今」は見ませんでした。
1995年「人造人間ハカイダー」(オリジナル・ビデオ作品)に出てるのを見たのが最後でした。
バンドか何かでやってるのかな?
そうそう「仙八先生スペシャル」にも出てましたよ。

------------------------------------------------------------------------
「五匹の仔豚とチャールストン」 投稿者: MACKY  投稿日:11月13日(水)23時32分55秒

よっかーさん、クジラ2号さん>必殺関係では、挿入歌ですが、三田村邦彦さんの「自惚れ」(「必殺仕事人㈿」)や、中条きよしさんの「忘れ草」(「必殺仕事人㈽」)などが好きでした。あと、主題歌で、藤田まことさんのお嬢さんが「さよならさざんか」という曲を歌っていましたよね。あの人どうしたんだろう?

とろりさん>おニャン子ではやっぱり私は同い年の富川春美さんが…ってこの話ばっかりですよね。でもホントに結婚したのかなあ?

私はこのジャケ写の右側の、B面曲が気になります。これは、1962年の紅白で森山加代子さんが歌った「五匹の仔豚とチャールストン」と同じ曲ですか?もしそうなら、この曲を私は子供番組で聴いた覚えがあるのですが…インパクトが強い曲ですよね。

ノンノンさん>私は1回、あるサイトのBBS仲間と仲良くなりすぎて失敗したことがあるので、こういうことにはちょっと慎重になっちゃうんですよ。そう、良く覚えてらっしゃいますよね。確かに私とノンノンさんは何日か違いでここにデビューしましたよね。私は…昨年父親になったある皇族関係の方(そういえばあの子供ももうすぐ1歳か…)に似ていると、一時期親戚などに言われましたが…(長男であることと、なかなか嫁の来手がないことは似ていますが…でも既に向こうの結婚時の年齢越えちゃったしなあ…)今は某大学の前総長に似ているなどといわれますが、これはハッキリ言ってイヤなんです…

本田恭章さんといえば、やっぱりテレビ版の「ねらわれた学園」だなあ。この人のドラマってこれ1本しか観てないですが…

------------------------------------------------------------------------
♪真夏の人魚に変わってゆく〜♪ 投稿者: ノンノン  投稿日:11月13日(水)22時04分32秒

とろりさん
トップページの壁紙、綺麗ですね。海って、どうして心を惹きつけられるんでしょう。夏が懐かしくなりました。季節の中で、夏という季節が一番懐かしい気がします。冬は寂しいです。私は、やっと冬が終わったと感じられる時期が一番好きです。夏が終わったと感じられる時期は一番切ないです。
小林美樹さんの「人魚の夏」は、♪自転車を走らせて 灯台をまわり ギラギラの砂浜を私は駈けてゆく♪ でしたっけ? 小林美樹さんに似ている、小麦色の可愛い人形があったな。

MACKYさん
私は、けっこう普段、プライベートな事を書いている方なので、あんまり書くと自分が誰なのか知られてしまう気がして・・・ただ、それだけです。メールなら、書いちゃいますけどネ。時々、思います。こちらの掲示板に書かれている方達にお会いしてみたいな〜って。MACKYさんと私は、ちょうど同じ頃に、こちらの掲示板でお知り合いになったんですよね。
石川ひとみさんより、当たり前ですが、だいぶ落ちます。でも、駅や電車の中でも知らない人達に「似てる、似てる」って言われていたので、ちょっと恥ずかしかったです。特にファンというわけではなかったのですが、光栄に思っていました。でも、母親は私を倉田まり子さんの方が似ていると言っていました。MACKYさんは誰に似ていると言われたことがありますか? あっ、男性は、こういう事に答えるのは恥ずかしいですよね? 

クジラ2号さん
荒川務さんって、いましたね。「はじめての純情」でしたっけ? ♪僕はあの時から君のとりこさ うまく言えないけど はじめての純情さ♪ でしたっけ?

先日、「あの人は今」に本田恭章さんが出ていました。美少年でしたね〜。今でも美形は変わっていませんでした。

------------------------------------------------------------------------
♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪ 投稿者: とろりん村のとろり  投稿日:11月13日(水)21時42分40秒

おニャン子クラブが再結成していることを、ぼくはつい最近まで知らなかった。

何とまあ、世事に疎くなったんだろうと自分でも情けなくなる。

再結成メンバー14人の中に、ぼくが特に強い思い入れを感じていた白石麻子、横田睦美、布川智子がそろいもそろって入っているではないか!

4枚組のDVDが9,800円で発売されるらしいが、これは買おう、いや、買う。
買わなければならない。

12月1日に秋葉原でイベントが!しかも握手会付きで行われるらしいが、これは行きたい。行かなければならない。
いや、どうしよう。

う〜ん、どう考えても、この握手会に来る人はちょっと変わった人だろう。

でも、今さら、そんなことは気にしな〜い。深くか〜んがえ〜ない。
考えたって、しようがない。どうせ、ぼくも変わったヤツだ。

いや〜、「真っ赤な自転車」「夏休みは終わらない」とか、「星のバレリーナ」「ハートに募金を」とか聴いた日にゃあ、自分自身、正気でいられるかどうか?

ヒジョーに疑問ではあるが。

ひさびさに血が騒ぐなあ。(←何の^^?)

関連URL

http://www.zakzak.co.jp/top-xus/top2002111104.html

http://www.zakzak.co.jp/top/t-2002_08/2t2002082605.html

http://www.zakzak.co.jp/top/t-2002_08/image/2t2002082605onyanko_b.jpg

http://とろり←ミョ〜に興奮してるひと^^。

------------------------------------------------------------------------
「雪」ミーチ 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月13日(水)19時52分05秒

ながとさん> 小林美樹さんは、1975年7月「太陽の誘惑/恋にサヨナラ」て曲もありますね。聞いた事は無いですけど。NAVでは、荒川務さんも人気があった様です。

Blue Treeさん> 「冬の華/磨香」は、曲が思い出せません。第8回 ポップコン東北地区エントリー曲の「雪」ミーチ(福原美一)さんも良い曲でした。

冬の歌と離れますが、PYGは第3回 ポップコンに出場して麻生レミ+PYG(放送では大石吾郎さんは麻生レミ+井上バンドと言ってましたが)として「渚の情景」という曲で川上賞を受賞しました。
麻生レミさんのボーカルもすごかったですが、大野さんのキーボードがメチャクチャかっこ良かったです。井上さんのギターも渋く決めてました。CDで発売されないかな〜。
------------------------------------------------------------------------
小林美樹! 投稿者: ながと  投稿日:11月12日(火)23時55分22秒

 何という? 背景に小林美樹さんが登場しているではありませんか! 感激!
彼女、スタ誕で 阿久悠先生に「吉永小百合に似ている。」と言われたエピソードが
あります。 2曲目「乙女の館」(でしたっけ?)以降どこかへと思っていたら
しばらくして テレビ新潟から“ズームイン!”って復活。
その後教育テレビにも出ていましたが、今はどうしているのでしょうね。
芸映の所属で結構 いろいろ出ていたのですがね。
確か同期は 西川峰子 中条きよし(再デビュー) 伊藤咲子 グレープ 林寛子らが
いたと思います。 歌謡大賞新人賞は前者二人 レコ大は中条きよしが非該当だった
ような気がします。

とろりさん ありがとうございました。

------------------------------------------------------------------------
『誰か故郷を想わざる』 投稿者: あみだ池  投稿日:11月12日(火)21時00分24秒

−を、今しがたNHKの『歌謡コンサート』で聴きましたが…北島御大には失礼ですが、あれは何処か違うような気が…。

『丘を越えて』も、やっぱり藤山さんじゃないと、やっぱり…ねェ。

ケチをつける一方では仕方がないので…神野美伽さんの『無法松の一生』、島津亜矢さんの『柔』、この2曲は良かった。

結論(って、大げさな…)としては、『古賀メロディー特集』の筈が、聞いていくに従って、霧島昇さんや、藤山一郎さんの偉大さを再認識した…そんな番組だった、と言うのが正直な感想です。

------------------------------------------------------------------------
「あかね雲」 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月12日(火)18時50分31秒

よっかー さん、MACKY さん>必殺シリーズは、三井由美子「やがて愛の日が」、西崎みどり「旅愁」が、良く売れたのではないでしょうか。

私も1番が「あかね雲」ですが、川田ともこさんが12才の時のオリジナル・バージョンも良いですが、20才になってから再レコーディングしたバージョンは、さらに磨きがかかって良いです。
2番は小沢深雪さんの「さすらいの唄」(夜空の慕情のA面)、3番はみずきあいさんの「惜雪」あたりです。友人が、小沢深雪さんのLPを入手したので、そのうち聞かせてもらおうと思っています。

他にも、三田村邦彦「思い出の糸車」,火野正平「思い出は風の中」、森本太郎とスーパースター「望郷の旅」京本正樹「哀しみ色の・・・」川田ともこ「つむぎ唄」などありました。

------------------------------------------------------------------------
「冬の華」 投稿者: Blue Tree  投稿日:11月12日(火)10時40分49秒

ポプコン&世界歌謡祭グランプリ曲で 「冬の華/磨香」と言うのもありますね。
あと、ポプコン系では
「想い出のジェットコースター/にんじん」「ブルーララバイ/明日香」「悲雪/本間由里」なども冬の歌です。

------------------------------------------------------------------------
「冬の駅」も好きだなぁ。 投稿者: よっかー  投稿日:11月12日(火)01時13分34秒

牙がはえてた頃の小柳ルミ子が好きだった。(笑)

「冬の花」が流れてる仕事人のEDって寒そうだったから思わず出ちゃいました。
カラオケに必殺シリーズが少ないから、仕方なく女友達に唄ってもらって、私は「ラ〜ィリリララリィラリリラ〜ァ」とコーラスにまわってます。(笑)
必殺シリーズは名曲揃いだけど、私は「新・必殺仕事人」までが好きです。
1番が「あかね雲」、2番が「夜空の慕情」、3番が「愛して」「望郷の旅」「夢ん中」...etc
先月発売された「ちょんまげ天国」に、「夜空の慕情/小沢深雪」「風の旅人/本田博太郎」が収録されてて感激しました。

------------------------------------------------------------------------
「冬の駅」 投稿者: MACKY  投稿日:11月11日(月)23時07分49秒

みなさん、小柳ルミ子さんの最後の1位獲得曲、「冬の駅」を忘れちゃいませんか?でも私の中のルミ子さんの冬の曲というと、さっきCSで流れていた「雨…」だな。みゆきさんの作品だし。あと今頃の時期の曲というと、高田みづえさんの「秋冬」とか(これこそ今の時期にぴったり!)、西城秀樹さんの「遙かなる恋人へ」とか。「長く厳しい冬を乗り越えて…」なんて、まるで今年みたい。今年の冬は長くなりそうですね。

よっかーさん、クジラ2号さん>「冬の花」の頃の必殺、好きでした。この曲、今でもカラオケで歌われているのでしょうか?

ながとさん>キャニオンがポニーキャニオンになった、というより、ポニーレーベルとキャニオンレーベルが合併したのですが、これは私がオリコンを読み出してからですから、結構最近(といっても15年くらい前ですが)ですよ。

ノンノンさん>いえいえ、私がいけなかったんですよ。誰にでも、触れてはいけない部分があるし…ノンノンさんのご気分を害してしまって申し訳ありませんでした。

今日のCSでデビュー直後の石川ひとみさんが「くるみ割り人形」を歌ってました。ノンノンさんってこんな感じの方なのかなあと思いながら観ていました。

------------------------------------------------------------------------
「組曲 冬の情景」 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月11日(月)18時45分25秒

木精さん> 落葉というと、山本コータローとウィークエンドの「落葉の舗道」も哀愁のある良い曲でした。紙ふうせんは、「霧にぬれても」も好きでした。もう一曲好きな曲があったのですが・・・

冬の歌は、NSP「さよなら」「雨は似合わない」、遠藤京子「雪が降る前に」、バンバン「冬木立」、ふきのとう「白い冬」、吉田拓郎「外は白い雪の夜」、所ジョージ「組曲 冬の情景」、あのねのね「雪が降っています」、アグネス・チャン「愛の迷い子」ぐらいかな・・・

よっかー さん>「冬の花」て、必殺仕事人3の鮎川いずみさんの曲ですか?あのシングルのジャケ写は和服姿で、粋ですね。UNIONレーベルの女性歌手だと小畑ミキさん、風吹ジュンさんGSだとスウィング・ウエストてところでしょうか。

------------------------------------------------------------------------
ありがとうございました。 投稿者: ながと  投稿日:11月11日(月)12時23分58秒

とろりん村のとろりさん> ありがとうございました。 

山本リンダさんは「どうにもとまらない」の時 すでにキャニオンに在籍していたのですか。
知りませんでした。

EPICソニー、 そうです。当時どうして浅田美代子さんに目玉オヤジのマークがないのか
不思議でした。彼女だけ特別扱いなのかなと思っていました。
かなり後になって佐野元春さんのCDを購入して、EPICという会社もあるのだなとわかりました。

キャニオンはいつ頃から 「PC」ポニーキャニオンになりましたか?
それと、木ノ内みどりさんもそうでしたか? 荒川務さん 岡田奈々さんは「NAV」って
キャニオンの頭についていたような気がしますが・・・。
あっ、小林美樹さんもそうでした。「人魚の夏」!

よっかーさん> テイチクUNION 高田みづえさんですね。 私は加えて風吹ジュンさんですね。
それから 紙ふうせん + HiHi-SET = 赤い鳥 ですよね?

冬の歌は、「冬の色」「白い約束」「花物語」「木枯らしの二人」など
その時期に聴いた歌が冬を連想させてくれます。「あなた」も寒い時季にヒットしていた
ような気がします。 いまから30年ほど前北海道のラジオ曲の番組でリクエストを
毎晩チャートを100位から紹介するのがありました。
親にリクエスト電話をかけている先が札幌とバレて叱られた記憶があります。
北海道の地名もリスナー紹介でずいぶん覚えました。ふと思い出しました。

 

------------------------------------------------------------------------
「冬が来る前に」は紙ふうせんだよ。 投稿者: よっかー  投稿日:11月11日(月)09時51分39秒

冬の歌....ええっと「冬の稲妻」「冬のリヴィエラ」「冬の花」「冬のファンタジー」、それから「冬のオペラグラス」だな。

紙ふうせんといえば、泰代さんがあのねのねの原田伸郎とやってる毎日放送ラジオの番組は好きなんだ。土曜日のお昼前に放送してる番組、雑音まじりだけど仕事車の中でよく聞きます。
番組名は覚えてないけど。

秋ひとみ「アンカレッジ経由パリ行き」って聞いたこと無いなぁ。自分の記憶の秋ひとみとは違う表情で写ってますねー。初めて見ました。
UNIONレーベルのアイドルってマイナーイメージがあるな〜。(失礼)
斉藤慶子、八木美代子、山田由紀子、渡辺桂子、清水香織、一番は高田みづえちゃんか。

------------------------------------------------------------------------
秋ひとみさん&『冬が来る前に』 投稿者: あみだ池  投稿日:11月11日(月)02時09分07秒

よっかー様
秋ひとみさんって、大阪出身だったんですね。全く知りませんでした。で、曲も『哀愁BOY』しか、聴いた覚えが無いんですよね。

イメージとしては…やっぱりグラビア、それもセミヌードって言う感じ…ですね。でも、一寸寂しげ…と言うか、はかなげ…な感じで、奇麗な方やな…って、ずっと思ってました。もう完全に引退されたんでしょうね…。

今、どうされてるのかな…と、これは止めときます。一度、別の方の事で生涯忘れられん程のショックを受けたことがありますので。

『冬が来る前に』…良い曲ですね…って、誰が歌ってたっけ…?忘れてしもた…。

冬の歌…以前に書かせて頂いた『吹けよ木枯し』や『公園の手品師』は晩秋ですし…やっぱり、北原さんのファンの僕としては『北風』が好きですね。

------------------------------------------------------------------------
「サインはV」 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月10日(日)18時55分56秒

よっかーさん>秋ひとみさんの情報ありがとうございました。そういえばLP「メランコリー’79」の裏ジャケはビキニ写真です。「想い」のジャケ写は、顔アップですが、美しい。曲のほうは、全曲聴いてみましたが、それほど印象に残る曲は、ありませんでした。1回聞いただけですが・・・

ノンノン さん> 外仕事ですか。これから寒くなっていくので大変ですね。

前回の歌の大辞テンで久保田早紀さんの「異邦人」が流れた時、現在は久米小百合という名前でゴスペルを歌っていますーと言っていましたが、賛美歌の間違いですよね。

女優 范文雀(はん・ぶんじゃく)さんが5日午後心不全のため都内の病院で死去されたそうです。
ドラマ「サインはV」「アテンションプリーズ」などに出演してました、綺麗な人で、まだ50代でしたのに残念です。

------------------------------------------------------------------------
「冬が来る前に」 投稿者: ノンノン  投稿日:11月10日(日)14時33分46秒

MACKYさん
セールスレディーでもドライバーでもないです。あまり詳しく書くことは、ちょっと避けたいので、ごめんなさい。でも、夏休みも冬休みもゴールデンウィークも関係ない仕事です。まとまった休みがほしいです。私は、運転下手ですよ。車線変更や縦列駐車は、かなり苦手です。都会に住んでいらっしゃると車があると、かえって邪魔になったりしますよね。田舎は、車は必需品になっています。

木精さん
「冬が来る前に」は、私が高校生の頃にヒットした曲です。現在の木精さんの年齢と同じ頃です。
今、学校でインフルエンザがチラチラ流行ってきていませんか? 娘の学校では、流行ってきています。今年は去年より早い気がします。

------------------------------------------------------------------------
こんにちは 投稿者: 木精  投稿日:11月10日(日)12時57分41秒

久しぶりに参りました。いろいろあって物思いにふけっていました。
「落葉のメロディー」が聞こえてきそうな季節になりました。
「冬が来る前に」が僕の心の中で渦巻いています。

------------------------------------------------------------------------
「土曜日のシンデレラ」 投稿者: MACKY  投稿日:11月 9日(土)23時40分01秒

とろりさん>やっぱりどちらも同一曲だったんですね。特に北原佐和子さんの「砂に消えた涙」は聴いてみたいなあ。1984年というと、もうチャートインもしていない頃ですかね?

クジラ2号さん>私は北原佐和子さんといえば、サード・シングルの「土曜日のシンデレラ」です。(というよりこの曲とデビュー曲の「マイ・ボーイフレンド」しか知らないし…)「突然の涙は如何?」で始まるこの曲、初めて聞いたときに衝撃を受けてすっかり虜になってしまい、わざわざLPヴァージョンまで聴いたりしました。

よっかーさん>グラビア系といえば、この北原佐和子さんなども一時期露出度高かったですね。結局、「何でもやる」というファイトで、パンジーの中で唯一生き残ったのでしょうか…

ノンノンさん>もしかしてセールスレディ?それともドライバーさんですか?私は車の運転が出来ないので、ドライバーさんというとそれだけで尊敬してしまいます。

------------------------------------------------------------------------
さむ〜い! 投稿者: ノンノン  投稿日:11月 9日(土)20時51分54秒

MACKYさん
返事が遅れて、すいません。私は、車を使う仕事というか、車を使わなくては仕事が出来ないという感じです。(??? 同じ事かな〜?) 外仕事なので、真夏や真冬は辛いです。

先日、娘の合唱コンクールを見に行って、目と耳の保養をして来ました。曲は、馴染みのない曲ばかりなのですが、みんな優勝を目指して一生懸命で良かったです。優勝したクラスは、男の子でも歌いながら泣いていました。中学生になると、男の子も女の子も色気が出てきて、おじさん、おばさんから見ても、「あの子、カッコイイ」「あの子、可愛い」とかって、けっこう好みのタイプが見つかって楽しいですよ。今、娘が恋している男の子に私も恋しています。やっぱり、この年頃の少年は綺麗ですね。こんなことを思うようになったなんて、私も年をとったんですねェ。

------------------------------------------------------------------------
秋ひとみといえば「哀愁BOY」 投稿者: よっかー  投稿日:11月 9日(土)18時47分43秒

秋ひとみ 1958.10.17.大阪出身 B82W57W86のグラビア・アイドルのはしりみたいな人って記憶してますね。歌の印象がぜんぜんないなぁ。(失礼)
クジラ2号さん、いいもの見つけましたね〜。聞いてみたいよ。
'79-'81年頃のグラビアには、ビキニで出まくってましたね。とはいってもイエローキャブのように巨乳じゃなくて、小林麻美.木之内みどりみたいにスリムでした。最後の頃はセミヌードみたいな感じだったなぁ。

------------------------------------------------------------------------
「想い」 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月 9日(土)18時04分10秒

とろりん村のとろりさん>「ほほにかかる涙」(64年サンレモ入賞曲)は、当時カンツォーネを多くレパートリーに加えていた布施明さんが同じボビー・ソロの「君に涙とほほえみを」(65年サンレモ優勝曲)と共によく歌っていました。

「夢見る想い」(64年)は、ジリオラさんのセカンド・シングルだった様です。失礼しました。

   http://www.d3.dion.ne.jp/~gonohon/jiri2.htm

65年のサンレモ入賞曲「ナポリは恋人」66年のサンレモ優勝曲「愛は限りなく」と名曲が続きます。

北原佐和子さんは「さむい夏」(83年4月)が好きでした。数年前、小堺さんのテレビに出演されてましたが、とても良い感じになっていました。今は舞台女優をメインにされている様です。先日
LP「TOKIMEKI」を入手しましたが、あまり好きな曲は、ありませんでした。でも、テイチクさんからシングル・コレクションのCDが発売されたら 買ってしまいます。

同じテイチク・レコード(ユニオン)の秋ひとみさんのLP「メランコリー’79」「想い」を購入しました。まだよく聞いていませんが、秋ひとみさんてどんな人なのでしょう?

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者: とろりん村のとろり  投稿日:11月 9日(土)00時19分41秒

MACKYさま

1964年の紅白で芦野宏が歌った「ほゝにかかる涙」は年代からみて、ボビー・ソロの
カバーだろうと思います。

北原佐和子。1984年にシングルA面で、あの「砂に消えた涙」を20年ぶりにカバ
ーしています。それも、漣健児の詩で...。(『EP盤リスト』をご覧ください。)

------------------------------------------------------------------------
「もう逢えないかもしれない」 投稿者: MACKY  投稿日:11月 8日(金)23時45分40秒

クジラ2号さん>「もう逢えないかもしれない」は今頃の季節にぴったりの曲ですね。「一度も好きと言えずに御免ね」の歌詞が好きです。でも季節外れだし、やたらバブリーだけれども(だって別荘地の設定ですよね?)「SUMMER EYES」がマイベストです。

とろりさん>「ほゝにかかる涙」のことですか?それこそ1964年の紅白で芦野宏さんが歌った曲と同じでしょうか?(私も生まれてませんが…)

この北原佐和子さんの「砂に消えた涙」も、あの曲のカバーなんでしょうか?

------------------------------------------------------------------------
♪♪ 投稿者: とろりん村のとろり  投稿日:11月 8日(金)23時03分31秒

☆ながとさま

山本リンダのミノルフォン在籍時代といえば、やはり、「こまっちゃうナ」のイメージが強いです。
キャニオンに移籍した後は「どうにもとまらない」などの一連の都倉俊一作品の印象が強烈ですね。

RVCとRCAの関係は、ややこしいのですが、発売元がRVCで、レーベルがRCAです。
(今はBMGファンハウスになっています。)

同様に、浅田美代子のレコードの発売元はCBS・ソニーで、レーベルがエピックです。
(EPIC・ソニーの設立はもう少し後で、1978年です。)

☆MACKYさま

「夢見る想い」は紅白でナベプロ3人娘が歌ったあの曲でしょうか?

おっしゃる通りです。1964年の紅白ですね。(まだ生まれてないA^^;;;)

☆あみだ池さま

「ザ・マジック」(朝風まり)。ほんまに何のひねりもない「そのまんま」のタイトルですね^^。
このEP盤は長年、探しているのですが、どうしても見つかりません...。

☆クジラ2号さま

とすると、ジリオラ・チンクェッティはデビュー曲でサン・レモ音楽祭に優勝したんですか!
偉業ですね。

西崎みどり(緑)って、こんな小さいときからレコ−ドを出しているんですね。

「KOMM,GIB MIR DIENE HAND」と「SIE LIEBT DICH」はビートルズがデビュー前にハンブルグ
などでも活動していたということで、吹き込んだらしいです。以前、FMエアチェックして聴きま
したが、そんなに違和感はなかったです。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者: とろりん村のとろり  投稿日:11月 8日(金)21時36分33秒

ぼくの頭の中ではなぜか、「砂に消えた涙」→「ほほにかかる涙」、「ほほにかかる涙」
→「砂に消えた涙」になっています^^。

どちらも、カンツォーネ。リリースされたのも、ほぼ同時期。そして、失恋の歌。
邦題も似ている...。

ですから、「砂に消えた涙」と「ほほにかかる涙」がセットになってしまっているのです。
どちらも名曲ですね。

「ほほにかかる涙」はボビー・ソロのオリジナルの他に園まり、ザ・ピーナッツ(訳詞:安
井かずみ)、変わったところでは、和製プレスリー・ほりまさゆきのカバーバージョンで
聴きました。率直に言って、どれも、好きです。

------------------------------------------------------------------------
遥かなる夢に 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月 7日(木)18時13分31秒

あみだ池 さん> 広東語は、語感がかたいので、男性が歌っているのを聞くと最初ぎくしゃくした感じがします。女性が歌うと切れ味が良く カッコイイ感じがします。

日本にも1992年頃BEYOND(ビヨンド)とゆう4人組の香港のバンドが来たことがあります。デビュー曲は、「THE WALL」(日本語)と言う曲でアルバム・ヴァージョンでは、喜多郎氏が加わりその曲のイントロ部分が、テレビ「電波少年」のオープニングにずっと使用されていました。
残念ながら、リード・ボーカルのKOMA(黄家駒)さんは、ウッチャン、ナンチャンのテレビ番組のリハーサル中に事故で亡くなってしまいました。ルックスも良かったし、歌もハートがあって素晴らしかったので、生きていれば日本で大成功したと思います。

日本語だけのCDも発売しましたが、中でも「遥かなる夢にーFar away−」(日本語)は大好きです。香港では大騒ぎになった様ですが、日本のマスコミでは、あまり取り上げられませんでした。
その後、3人は香港にもどり 3人のまま何枚かアルバムを、出していましたが、最近はどうしているのでしょう・・・

MACKY さん>菊池桃子さんの歌はほとんど知らないのですが、「もう逢えないかもしれない」は知ってます。あの曲は 桃子さんのイメージにぴったりですね。

11月1日から年賀はがきが売り出されました。本屋さんへ行くとパソコンのコーナーに年賀状作成のCD-ROMが山の様に積まれています。あ〜今年もあと2ヶ月弱になってしまいました。

------------------------------------------------------------------------
外国語ヴァージョン、で思い出しましたが… 投稿者: あみだ池  投稿日:11月 7日(木)01時02分41秒

高校→大学と一緒だった友人に、広東語の『YMCA』を聞かせてもらった事があります。一体どこで手に入れたのか…?いずれ、海賊版だったのには違いないでしょうが…。

何とも知れん、不思議な感じでしたねェ…。得体が知れん、と言いますか…。

------------------------------------------------------------------------
「SUMMER EYES」 投稿者: MACKY  投稿日:11月 6日(水)22時31分42秒

あみだ池さん>千昌夫さんの曲は、「夕焼け雲」に限らず、歌って似合うのはやっぱり東北出身の吉幾三さんとか新沼謙治さんあたりだと私は思うのですが…氷川さんが歌うと、何でも「ズンドコ節」になってしまうような気がして…

歌手が高音を出せるのは40代までなんでしょうか…芹洋子さんも、ちょっとお年を召したな、という感じだったし…

クジラ2号さん>日本でも発売されていたんですね。

今日の「1979年の第一位」は何と「親父の一番長い日」でした。あの短い時間でどうするのかと思ったら、聴かせどころの第5コーラス(結婚申し込みの場面)を流しました。というよりこの曲のライヴ映像があることの方が凄い…でも個人的には結婚式の場面の方が好きなんだけどなあ…

あと、昨日の菊池桃子さんつながりで、「雪に書いた〜」の1曲前の「SUMMER EYES」のタイトルの意味が、20年近く経った今でも謎なんですが…「夏の決断」で良いのかな?桃子さんはこのデビューの年の(「青春のいじわる」を含めた)3曲が一番好きだったな。あとは「もう逢えないかもしれない」(これは「逢えるかもしれない」を意識してますよね)くらいかな…

------------------------------------------------------------------------
シー・ラヴズ・ユー 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月 6日(水)18時22分16秒

MACKYさん> ビートルズのドイツ語ヴァージョンは、「抱きしめたい 」と「シー・ラヴズ・ユー」だと思いました。 日本盤LPの中にも収められていたと思います。東芝のカタログで見た覚えがあります。

ペギー・マーチさんは、「アイ・ウィル・フォロー・ヒム」でデビューして全米No.1になった時は14歳でした。当時身長が145センチと小柄なことから’リトル’と付けられ、また3月生まれだった事からリトル・ペギー・マーチ の芸名となった様です。実際には、「アイ・ウィル・フォロー・ヒム」の前に1枚シングル盤が発売されている様です。日本での6枚目「恋を教えて」から’リトル’がとれます。

------------------------------------------------------------------------
『夕焼け雲』 投稿者: あみだ池  投稿日:11月 5日(火)23時22分58秒

MACKY 様

>「夕焼け雲」はやっぱり千昌夫さんでなくちゃ…という気が…
本音を言いますと、僕も同感です…でも、意外に(と言っちゃ失礼ですが)氷川さんも良かったと思いますが…。

千昌夫さん以外で、あの歌が合いそうな人…西方裕之さん、嶋三喜夫さん、成世昌平さん…あたりかな?『星屑の町』は、オリジナルと同じ曲調で、嶋三喜夫さんが歌ったらピッタリでしょうね…。

>五郎さんもやっぱり高音が…
これも…同感です…。認めたくないけれど、仕方ないんですかね…。そう言えば、僕としては、芹洋子さんの声が一寸衰えたような…以前は、もっと澄んだ声だったんですよね…。今日は調子が悪かった、そう信じましょう。

−−狩人は変わらないですね…と言うか、前よりイイ感じになってはりました。

------------------------------------------------------------------------
A面とB面 投稿者: ふ み お  投稿日:11月 5日(火)21時57分25秒

皆さんのUPをみていたら、リトルペギーマーチのドーナツ盤をもっていたような気がして、埃だらけのレコードを探したらありました。ところでB面は何とサムクックの「今度の土曜日に恋人を」なんですね。
めちゃくちゃな組み合わせですね。

------------------------------------------------------------------------
「雪に書いたLOVE LETTER」 投稿者: MACKY  投稿日:11月 5日(火)21時34分50秒

昨日書き終わってからふと気がついたんですが、菊池桃子さんの「雪に書いたLOVE LETTER」って、やっぱり「砂に書いたラブレター」を意識してるんでしょうね?そういえばKiroroも数年前「砂に書いたラブレター〜」で始まる曲がありましたね。

クジラ2号さん>ビートルズのドイツ語ヴァージョンがあるんですか…聴いてみたいような、みたくないような…

あみだ池さん>今日の放送はちょっと見てましたが、「夕焼け雲」はやっぱり千昌夫さんでなくちゃ…という気が…五郎さんもやっぱり高音が…

------------------------------------------------------------------------
『星屑の町』聞きました。 投稿者: あみだ池  投稿日:11月 5日(火)21時01分50秒

つい今しがた放送されていた『歌謡コンサート』で、野口五郎さんの『星屑の町』を聞きました。アレンジが変わっていますが、やっぱり良い歌は何時でも良いですね…。

そう言えば、何ヶ月か前に、同じ『歌謡コンサート』で、女性(名前を失念)が、これもアレンジを変えて、小畑実さんの『星影の小途』を歌ってはるのも聞きました。イメージは原曲と違うけれども、やっぱり良い歌だなァ…と感心した事を思い出しました。

ともあれ、今日の『歌謡コンサート』は、狩人の『あずさ2号』や、夕焼け雲』、それに『私鉄沿線02』『四季の歌』と、好きな歌がいろいろと聞けて大いに楽しめました。

しかし、今さらながら…ですが、氷川きよしさんって、所謂『伝統的な演歌歌手』とは違って、声質が明るいし、全体に華がありますね。人気が出る人って、やっぱりどこか違う感じがします。

来週は古賀メロディー特集、と言う事で…これも楽しみです。

------------------------------------------------------------------------
私の秘密のリトルペギーマーチ 投稿者: ふ み お  投稿日:11月 5日(火)19時56分42秒

今から30年以上前にNHKで高橋圭三さん司会の私の秘密という番組がありました。
回答者の背景が三菱に近い四菱みたいな模様だったような気がします。
そこに同級生一家がドラム缶を応用した自作の楽器(ベースとか)出演したのですが、その後の秘密がペギーマーチでした。私は国連の施設できたアメリカじんですとかかなんかで、I will follow himを歌ったのですが、余りにいつもの違う環境だったのでしょう、めちゃくちゃにとちってプロとは思えない歌でした。また随分太っておりジャケットの美少女と全然違う感じで、本当に本物なのと思ったことを思い出しました。

------------------------------------------------------------------------
さすらいの唄 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月 5日(火)18時48分45秒

ながとさん>山本リンダさんも森昌子さんもいつの間にか、キャニオンに移籍していましたね。

西崎みどりさんは、暗闇仕留人「旅愁」、必殺仕事人「さざなみ」、新必殺仕舞人「流星」、必殺橋掛人「もどり道」と必殺シリーズで、活躍していました。14歳の時のLPでは、「赤い風船」「草原の耀き」など、カバー曲も歌っていました。西崎さんも、徳間音工さんから、単独のCD出して欲しい
歌手ですね。1枚も発売されてないですよね。「さすらいの唄」もカバーしている様なので、聞いてみたいですね。

MACKYさん、ふみおさん>60、70年代で来日した歌手はほとんど、日本語バージョンを発売しましたね。ジョニー・ティロットソン「涙くんさよなら」、ペギー・マーチ「霧の中の少女」「いつでも夢を」「若いってすばらしい」「忘れないわ」「アイ・ウィル・フォロー・ヒム」・・・

シルヴィ・バルタンも英語で歌ったり、イタリア語で歌ったりしてました。ヴィッキーも英語で歌った曲が沢山ありました。ビートルズもドイツ語で歌った曲があったと思います。当時は、発売する国に合わせていたようです。

あみだ池さん>『ザ・マジック』は、引田天功さん(2代目)が有名に成ってからテレビで見た事があります。鳩も出していた様な・・・? 

とろりん村のとろりさん>弘田三枝子さんは、確かにうまいですね。「はずれ」は、ないでしょうね。「夢見る想い」は、♪ノノレター ノノレター♪で始まる曲でしたよね。ジリオラさんのデビュー曲だったと思います。

------------------------------------------------------------------------
懐かしさでいっぱいになります。 投稿者: ふ み お  投稿日:11月 5日(火)08時11分47秒

「砂に消えた涙」は私のもっとも好きな曲のひとつです。特にミーナの日本語版が好きです。自分の一番楽しかった時代と重なっているからでしょう。前奏だけですぐにタイムトリップします。ただオールディーズのCDではイタリア語しか見たことがありません。今聞くとあんなにテンポが遅かったかとびっくりしますが、当時の世界は今のようにせわしくないので、あのくらいのテンポがぴったりだったのでしょう。
カスケーズの「悲しき雨音」も聞くたびに懐かしさでいっぱいになります。この曲の前奏は特徴がありますね。

------------------------------------------------------------------------
イリュージョンで思い出したんですが… 投稿者: あみだ池  投稿日:11月 5日(火)02時20分38秒

マジックをやりながら歌ってた女性アイドル歌手…覚えてはりますか?

『ザ・マジック』(そのままやんか)と言うタイトルの曲。歌っていたのは朝風まり…今の引田天功さんです。ステッキを空中で操りながら歌ってはりました。歌は皆目覚えていませんが、やっぱりインパクトはありましたねェ…。

そう言えば、もう10年近く前になりますが、大阪城ホールで、デビッド・カッパーフィールドのイリュージョンショーを見たことがあります。カッコ良かったですよ〜!パンフレットにサインをしてもらいました。

よっかー様

『刃傷松の廊下』…あの台詞がすきなんですよねェ…『各々方、各々方!お出会い候え!浅野殿、刃傷に御座るぞ〜!!』って。

僕なんか、風呂に入りながらこれを歌ってる内に、つい声が大きくなって…自分で自分をアホやと認識したことが何度あるか…トホホ。

------------------------------------------------------------------------
「雪が降る」 投稿者: MACKY  投稿日:11月 4日(月)22時18分34秒

いやあ、「砂に消えた涙」がそんなに凄い曲だとは知りませんでした。ちょっと聞き覚えのある曲だなあ、とは思っていたのですが…皆さんのご意見をいただけたことに、深く感謝いたします。

よっかーさん>海外の歌手に日本語ヴァージョンを歌わせた、というと、どうしても私は「雪が降る」を思い出します。これがまた大ロングセラーになってますからね…考えてみると、日本の歌手はアメリカへ行くと英語で歌いますけど、例えばイタリアの歌手に、アメリカで英語詞で歌わせる、なんてことがあるんでしょうか?

「砂に書いたラブレター」は紅白で旗照夫さんが歌いましたよね。

とろりさん>とろりさんのルーツ、読ませていただきました。「夢見る想い」は紅白でナベプロ3人娘が歌ったあの曲でしょうか?

あみだ池さん>三波さんの「刃傷松の廊下」も結構長いですよね。三波春夫さんの歴史ものは長い曲が多いですよね。

クジラ2号さん>演歌歌手は結構ポップスが好きな人が多くて、しかもアルバムでは自分のオリジナルに拘らないこともあって、結構、えっあの曲をこの人が?ってケースがありますよね。私の最高傑作は、ライヴ盤ですが、小林幸子さんの「おどるポンポコリン」と「め組のひと」ですね。(残念ながら所有してませんが…)

------------------------------------------------------------------------
続けてすみません。 投稿者: ながと  投稿日:11月 4日(月)22時13分12秒

 山本リンダさんは 今までてっきり 徳間音工=ミノルフォン(でしたっけ?)の所属と
思っていました。五木ひろしさんもそうですよね?森昌子さんもそうでしたよね?

これまた年代は忘れましたが、ミノルフォンの冠の歌謡ショウ番組がありました。
「旅愁」よりもっと以前の西崎みどりさんも出演していました。

それから、今はRVCになったのかな?昔はRCAって言いましたよね?
西城秀樹さんの所属と思いましたが、いつ頃からRVCになったのでしょうかね?
浅田美代子さんはCBSソニーのオムニバスLPには入っていましたが、
EPICソニーからシングルが出ていましたよね?

そうたいしたことではないのですが、ふと思い出しました。

------------------------------------------------------------------------
感電!? 投稿者: ながと  投稿日:11月 4日(月)22時03分30秒

クジラ2号さん> 演奏のままプールに消えるのは・・。
私は詳しい事はわからないのですが、市川さんが演奏しているのは
ギターです。エレキっていうんですか? リードギターかな〜。
上手くイリュージョンのようになっているのか、弾いたまま水中に消えます。

今年の公演には行けませんでしたが、今まで何度か披露しています。
今年の「Surf&Snow in Zushi Marina」は初めてのTV放映があります。
NHK-BSで12/28の予定です。DVDも発売予定です。

------------------------------------------------------------------------
凄い物 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月 4日(月)20時32分33秒

ネットをウロウロしていたら凄い物に当たりました。都はるみさんが「翳りゆく部屋」を歌っていたのですね。
  
  http://homepage1.nifty.com/igex/ikamonorecords.htm

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者: とろりん村のとろり  投稿日:11月 4日(月)11時30分20秒

MACKYさま

「砂に消えた涙」はイタリアの女性歌手、ミーナが1964年にリリースしたカンツォーネです。
日本では、1965年1月に日本語盤をA面、イタリア語盤をB面カップリングしてリリースされました。
日本人歌手では、1964年12月に弘田三枝子、1965年2月に伊藤アイコ、1965年5月に伊東ゆかりが、
それぞれカバー盤をリリースしています。

この曲は大ヒットとなり、「ミュージック・ライフ」誌調査の「東京で1番売れているレコード」
の「外国盤ヒット・シングル・レコード」部門でミーナ盤が65年2月に2位をマーク。
「国内盤ヒット・シングル・レコード」部門で弘田三枝子盤が65年3月、4月に首位を獲得しています。

弘田三枝子(ミコ)は東芝音工に在籍していましたが、3年間の専属契約期間が切れ、1964.11.1付で
コロムビアに移籍しました。移籍後の第一弾が「はじめての恋人」 C/W「砂に消えた涙」だったのです。

「砂に消えた涙」。これはぼくにとって、ある意味で「人生を変えた」ともいえる曲です。

ミコのこのレコードこそが、60年代ジャパニーズ・カバー・ポップスのすばらしさをぼくに教えてくれた
一枚なのです。

数年前の夏に、帰省した際、難波まで中古レコード店めぐりをしに行き、大阪球場近くの中古レコード店
でこれを見つけ、何気なく買いました。

たくさん買ったレコードの中の1枚。でも、これが、すべての始まりでした。

東京へ戻ってから、さっそく聴いて、あまりのすばらしさに感激しました。
ミコが歌う「砂に消えた涙」は何度聴いても、心にじーんとしみるのです。
その後、ミコを「追体験」するべく、東芝音工在籍時代のEPをこつこつと買い集めました。
彼女の曲には「はずれ」というものがないのです。何を歌おうとも、決してリスナーであるぼくを裏切らない。
必ず、ぼくの期待にこたえてくれる...。

感情の豊かさ、情熱の凄まじさ、ミコ独特のシンコペーション、アクセントのつけ方、どれをとっても非の打
ちどころがない。どれほどフェイクしても、全く原曲のテイストを損なわないどころか、風格さえ感じさせる。
けた外れの音楽性を持つ天才だと思いました。原曲を聴いても、何か物足らない。カバーがオリジナルを上回
っているのではないかと思ったことも、たびたびあります。

オリジナル曲の作家が表現したいこと、それは英語で歌われることを前提としています。
それなのにミコは、日本語で歌って、なおかつ、オリジナルの歌手の歌唱を凌駕しているようにぼくは感じました。

もちろん、漣健児、東芝音工の草野浩二ディレクター、ほとんどの曲でバッキングをつとめていた宮間利之とニュー
ハード...といった優秀なスタッフたちに恵まれていたこともミコにとって幸いなことでした。

東芝音工在籍時代、ミコは主にアメリカン・ポップスのカバー曲を歌っていましたが、コロムビア移籍後はもっと
いろいろなジャンルの曲に挑戦しようとしていたように思えます。

カンツォーネである「砂に消えた涙」をシングル曲に選んだのは、そういう決意の一つの表れでしょう。

コロムビアでのファーストLP「HIT KIT MICO」では、カンツォーネからスクリーン・ミュージック、フレンチ・
ポップス、さらにはビートルズまでカバーして、ことごとく、ものの見事に歌いこなしています。
このLPに収録されている「夢みる想い」(ジリオラ・チンクェッティのカバー曲)は特に好きです。

ぼくは、あのときまで、60年代ジャパニーズ・カバー・ポップスには全く興味がありませんでした。
「オリジナルこそ本物であって、カバーなんてキッチュな聴くに値しないものだ。」というおそるべき誤謬に満ちた
先入観を頑迷なまでに持っていたからです。

しかし、天才・弘田三枝子との出会いのおかげで、猛烈にカバー・ポップスを聴きはじめました。ザ・ピーナッツ、
梅木マリ、伊藤アイコ、斎藤チヤ子、新・三人娘...。どれもこれも、すばらしい!今まで、どうして聴いていな
かったんだろう。いや、もちろん自分の誤った先入観のせいなのですが^^。

もう、こうなると、もともと、好きな音楽は好きな、自分のほんとうの気持ちに素直な性格なので、興味のある音楽
がどんどん広がっていきます。60年代ビートガールズ、グループサウンズ、歌謡曲、70年代、80年代の女性アイドル、
フォーク、カレッジポップスにソフトロック...。

中古レコード店めぐりに行くときはいつも、今日はどんなレコードと出会えるんだろうと胸がときめきます。

------------------------------------------------------------------------
おせっかい 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月 4日(月)11時12分40秒

あみだ池さん、MACKYさん > 「吹けよ風、呼べよ嵐」は、LP「おせっかい」のA面1曲目に収められています。シングル盤でも1978年2月(東芝EMR-20388)出てます。ホラー映画のサウンド・トラックとして使われそうな曲です。

70年代前半のイギリスで3大プログレ・グループと言われていたのは、P・フロイド、イエス、キング・クリムゾンです。その後、エマーソン・レイク&パーマー、ジェネシス、フォーカス、エイジアなどが出てきます。プログレ・マニアの人達は、イタリア、フランス、ドイツなどのグループに走っていきました。

「砂に消えた涙」のオリジナルは、イタリア(カンツォーネ)の歌手ミーナだと思いました。

     http://goodies.cup.com/archives/mina.html

日本では、ザ・ピーナッツ、小林麻美さん、黛ジュンさん、なども歌っていました。弘田三枝子さんのが1番売れたのでは、ないでしょうか。 

------------------------------------------------------------------------
「砂に書いたラブレター」も好き 投稿者: よっかー  投稿日:11月 4日(月)10時57分55秒

MACKYさん
『砂に消えた涙』(UN BUCO NELLA SABBIA)は、ミーナというイタリアの歌手が世界的に大ヒットさせた歌ですね。イタリアだからカンツォーネになるのかな。
1964年発表され翌年には日本でもミーナのアルバムが売れたそうです。私は聞いてないけど日本語バージョンも唄ってるそうですよ。
当時は海外のオリジナル歌手にも日本語で歌うのを頼めたのかなぁ。よくこういうケースがありますよね。シルヴィ・バルタンも日本語で何曲か唄ってるし。(レナウンCMソングとか)

弘田三枝子が日本語でのオリジナルかな。他にも色んな歌手がカバーしてるので探すのは大変かも。憂歌団、安西マリア、なんかも唄ってます。
ひょっとして60年代の歌手はみんな唄ってるんじゃないのか〜。そのくらいのスタンダードナンバーですね。
パットブーンの「砂に書いたラブレター」も好きなんですが、あの頃「砂に〜」の翻訳が流行ってたのかな?少し前の「〜街角」と似た日本語タイトルのつけ方ですよね。

「星屑の街」(町違い)はゴスペラーズも昨晩唄ってましたね。

あみだ池さん
私の友人(27)は毎回カラオケで「刃傷松の廊下」を唄うんですよ。(笑) みんながJ−POPを歌ってる中でやるもんだから、うまく唄っても爆笑の渦です。仲間内では、すりこまれたおかげで、みんな鼻歌レベルで唄えますよ。

とろりさん、ダブりました。
下のを削除してくださいませ。

------------------------------------------------------------------------
長い曲と言えば… 投稿者: あみだ池  投稿日:11月 4日(月)02時03分36秒

間もなく季節になる、三波さんの『俵星玄馬(最後の字が違うんですが、変換できない…)』。

数年前、京都の南座で三波さんの舞台を拝見したことがありますが、凄かったですよ。オペラなんか問題にならん、って思いましたもん。

長くは無いですが、忠臣蔵モノでは、真山一郎さんの『刃傷松の廊下』も好きです。三波さんより”臭い”んですが、そこがまた結構で…。

しかし、今年も、もう終わりなんですなァ…また一つ年を取るんやなァ…トホホ。

------------------------------------------------------------------------
「砂に消えた涙」 投稿者: MACKY  投稿日:11月 3日(日)23時35分51秒

今日は友人の結婚式だったのですが、教会式だったので思わず「親父の一番長い日」を思い出してしまいました。

あみだ池さん>三橋美智也さんの曲は、同じ読み方ですが、「星屑の町」ですよね?今野口五郎さんがカバーしているはずです。

「吹けよ風、呼べよ嵐」とくれば、アブドラ・ザ・ブッチャーですよね!

クジラ2号さん>どうしても郷ひろみさんのヴァージョンが頭に残ってますからね。

ところで、今週CSで「砂に消えた涙」という曲を、弘田三枝子さんと伊東ゆかりさんのヴァージョンで流れていましたが、すっかり気に入ってしまいました。おそらくシャンソンの邦訳だと思いますが、この曲について知っている方がいらっしゃったら教えてください。「蒼い月の光を浴びながら 私は砂の中に恋の想い出みんな埋めて 泣いたの一人きりで…」

------------------------------------------------------------------------
P・フロイド 投稿者: あみだ池  投稿日:11月 3日(日)19時48分39秒

>P・フロイドの代表作は800万枚以上セールスした「狂気」でしょう。
僕は洋楽には皆目弱いんですが…"One of these days" って曲、P・フロイドでしたよね?−尤も、僕が聞き慣れている方面では『吹けよ風、呼べよ嵐』ってタイトルになってますが…。

------------------------------------------------------------------------
エコーズ 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月 3日(日)17時48分11秒

ながとさん>レスありがとう御座いました。市川祥治さん= 演奏のままプールに消えてしまうって、透明なケースにでも入っているのでしょうか?そのまま水に入るとなると、楽器が濡れてしまいますね。となると電気楽器ではないですねーブラス系⇒トランペットとか・・・何の楽器を担当していたのでしょうか?

ノンノン さん>静電気は、導電性繊維を裏地に縫いつけておくのが良さそうですね。

MACKYさん> 南沙織さんの「よろしく哀愁」は確かにちょっと間延びしてますね。もう少しなんとか、ならなかったのでしょうかね。

こんちさん、とろりん村のとろりさん>「原子心母」(ピンク・フロイド 1970年)はLPを持っていたのですが処分してしまいました。ライナーに書いてあったと思いますが忘れました。録音場所は、ロンドンのアビー・ロードスタジオでした。
翌年1971年に出したLP「おせっかい」もB面全部を使って1曲(エコーズ)でした。こちらを かけたのかもしれません。エコーズのギターは、少しコピーしました。
「原子心母」は初めて聞くと何処が良いのか解からないのですが、20回ぐらい聞くとだんだんと好きに成って来て最後は はまってしまいます。P・フロイドの代表作は800万枚以上セールスした「狂気」でしょう。アメリカでも初のチャートNo.1に耀きましたし・・・

キャメルのLP「雨のシルエット」もセンス良かったですね。
オランダのバンドでアース&ファイヤーのシングル「シーズン」「明日への叫び」「嘆きの青春」も好きでした。リード・ボーカルが女性で「シーズン」の後半の牧歌的な部分は、哀愁があって最高です。日本でも大ヒットしました。その後「アトランティス」という大プログレ・アルバムを発表します。かなりいい値段だと思いましたが オランダのオリジナルLP盤を後年購入しました。
イギリス版RARE RECORD PRICE GUIDE 1993を見ると彼らの「ファースト」は、150ポンドもしています。CDは、ドイツ、オーストラリア、オランダ、日本盤 計5枚ぐらい購入しました。

日本のプログレ・バンドには、四人囃子、コスモス・ファクトリーなどいましたが後日・・・ 

------------------------------------------------------------------------
星屑の街?&大阪の歌 投稿者: あみだ池  投稿日:11月 3日(日)01時25分05秒

今、CDTVを見てるんですが、『星屑の街』って言う新曲があるんですねェ…。僕の知ってる『星屑の街』は…♪両手をまわして 帰ろう…♪って言う、三橋さんの曲だけなんですが。

しかし、CDTVに、意外に演歌が入ってるので驚きました。中でも、21(?)位に鏡五郎さんがはいってるとは、びっくり(失礼)しました。あと、長山洋子さん、永井みゆきさん(ファンです)が入ってるのもGOOD。特に大阪出身の永井さんは、『大阪慕情』と言う曲で…久々の大阪モノのようです。カラオケで毎度『大阪すずめ』を歌ってる僕としては、嬉しい限りです。

TVでもう1題…今日、いや昨日の午後7時半からNHKで放送された『大阪のメロディー』。楽しみにしてたんですが、最後の3曲、大阪と関係ないやんか…まァ、藤田まことさん(紫綬褒章、受章おめでとうございます)の『浪花人情〜ラムネの玉やんの唄』が聴けたから、良しとしますか。

でも、『月の法善寺横丁』は、やっぱり藤島恒夫さんに唄って欲しかった…もう亡くなられてから何年になるのかなァ。

せっかく『大阪の歌』って言うてるんやから、平和勝次さんとか、マヒナスターズ(『お百度こいさん』)にも出て欲しかったし、『大阪ろまん』や『こいさんのラブコール』も…まァ、毎年恒例の番組になりそうやから、これからの楽しみにしましょう。

------------------------------------------------------------------------
「親父の一番長い日」 投稿者: MACKY  投稿日:11月 2日(土)23時44分44秒

「親父の一番長い日」こそ、皆さん所有されているのでは?と思いましたが、意外とレアなんですね。

とろりさん>B面の「椎の実のママへ」も時間は分かりませんが、かなり長い曲です。「椎の実」という喫茶店(だったかな?)のママが、ガンを宣告されてから亡くなるまで(途中で一人息子が事故で急逝したりも…)を歌った歌です。因みに「親父の一番長い日」が創作である(だって妹の佐田玲子さんって独身だし…)を知ったのは大学に入ってからでした。騙された!と思いましたよ。でも「椎の実のママへ」はどうやら実話を元にしている、らしいです。(というか、そう信じたい私…)

よっかーさん>あの…私「親父の一番長い日」歌えますけど…歌詞も全部は無理ですが、かなり覚えていますよ。定価は確か1,200円だったかな?後の12インチシングルより割高だった気がします。「アタック25」だったか、「親父の一番長い日」のシングル盤はいくらでしょう、という問題があったように記憶しています。「鉄道唱歌」は、昔は全部覚えているというだけで有名になった人が、何人かいるそうですね。

ながとさん>その番組はおそらく「ビッグ・ベストテン」ですね。79年の暮れから80年の初頭にかけて4ヶ月(6ヶ月という資料もあり)だけ放映された幻のランキング番組ですね。そのあとの「ザ・トップテン」は「ザ・ベストテン」という言葉を禁句にしたのと対照的に、「ビッグ・ベストテン」は「ザ・ベストテン」への対抗心を露わにしていましたが、放送日が金曜だったのが致命的でしたね。それと、番組開始時にランクインする歌手を全部紹介するという、どう考えても面白味がない演出も大失敗でした。私はこの番組の記憶としては、何故か「日本全国酒飲み音頭」がいきなりランクインしたのだけが強く残っています。

私の出身地のラジオ放送のランク番組では(クジラ2号さんはご存知だと思いますが…)、当時「親父の一番長い日」は毎週1コーラスずつ流していました。

クジラ2号さん>やはり廃盤でしたか…私も友人に録ってもらったテープしかないんですよ…でも中古CD店にひょっとしたらあるかも…「夢色紙ヒコーキ」はランクインもしなかった曲ですが、よく見つかりましたね。

ノンノンさん>車のドアも外から開けるときは、パチッと来ることがあるので恐怖です…ノンノンさんは車を使うお仕事なんですか?

さっきCSのラジオ放送で南沙織さんの「よろしく哀愁」が流れました。ちょっと間延びしたような曲調ですが、なかなか味がありますね。それと「人恋しくて」は女性スモーカーの曲で、当時としてはちょっと冒険だったのでは?

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者: とろりん村のとろり  投稿日:11月 2日(土)22時42分05秒

こんちさま

小林麻美さんがかけたのは、ひょっとして、「原子心母」(ピンク・フロイド)でしょうか?
あの曲はLPのA面をまるごと使っているので、約25分間を費やす曲らしいです^^。

ところで、「原子心母」って、何という意味なのでしょうか。オリジナル・タイトルである
「ATOM HEART MOTHER」を単に直訳しているだけのような気もしないことはないですね。

かといって、「ATOM HEART MOTHER」と言われても、意味がわからないことに変わりは
ないのですが^^。

それと、ジャケット写真で牛(ホルスタイン?)がこっちを振り向いているのですが、これ
は「原子心母」と何か関係があるのでしょうか?

プログレッシヴ・ロックファンの間では「原子心母」は「不朽の名盤」と呼ばれているようです。

プログレに詳しいひとがおられましたら、何とぞ、ご解説のほど、よろしくお願いしますm(_ _)m。

------------------------------------------------------------------------
パチッ! イテッ! 投稿者: ノンノン  投稿日:11月 2日(土)20時45分29秒

MACKYさん、クジラ2号さん
静電気について、いろいろ情報をありがとうございます。早速、「発掘!あるある大辞典」のHPを見てみました。洗濯の時に柔軟剤を使ったり、靴に水を吹きかけたりなども良いと書いてありました。クルマから降りる時、金属に触れたりというのも良いそうなので、やってみます。私は、一日に何度もクルマの乗り降りをするので、まず、これを実行してみようと思います。

------------------------------------------------------------------------
「親父の一番長い日」かぁ。 投稿者: よっかー  投稿日:11月 2日(土)18時58分50秒

私はこの曲がランキング1位を獲ってた頃、さだまさしはウザッたい存在でした。(笑)
だから聞いた事もありませんでした。12分以上もあるんですか。
この「親父の〜」の定価はいくらだったんでしょう?
とろりさん、どうもありがとう。
「関白宣言」の後だったし、その年に66.6万枚も売れてる12インチなんて、今では信じられないセールスですよね。しかもこの歌をさわりだけでも唄える人を見たことが無い、幻のヒット曲みたいな感じです。ある意味、現在のヒットJ−Popと似てますね。
50万枚以上売れてても、一部のファンしか知らないという感じと。(私だけか…)

あまりに長い曲はオンエアーされにくいから、買う以外にちゃんと聞けないよね。
「鉄道唱歌」もかな〜り長いんじゃなかったっけ。(笑)

今日はNHK「大阪の歌」を見ますよ。

------------------------------------------------------------------------
風のメロディー 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月 2日(土)16時03分08秒

先日中古レコード店にて、シングル盤5枚  計1、700円 購入

 久保田育子    「夢色ヒコーキ/風のメロディー」(900円)以前話題に上がったので・・・
           B面もキレイナ曲で 感激
 北川とみ     「忘れたいのに/プロポーズ」(高木麻早 作曲)ナカナカ良い。
 ロウィナ・コルテス「あのね/ 夢のロックンロール」コッキー・ポップでおなじみB面も良。
 原あつこ     「流氷の詩」B面は丸山圭子作詞・作曲 これは歌謡曲 でも良い。他1枚。

MACKYさん>情報ありがとうございました。「YU’S BEST - 早見優 」の中に 「HEART WA MODORANAI 」入っていますね やはり廃盤でした。BOXには入ってますが、高額のため・・・

とろりん村のとろりさん>、「世界初の12インチ・シングル」は、何なのでしょうか?・・・
私もわかりません。多分アメリカではないでしょうか。エンジニアとしては、ローリング・ストーンズやブライアン・アダムスなどを、りミックスしていた ニューヨークのパワー・ステーション
スタジオのボブ・クリアマウンテンが有名でした。甲斐バンドもボブと作業してましたね。

■ SOLID RECORDS からコンピレーションアルバム CD「Our time」が発売されます。
岩渕リリ/あなたを夢みて、千賀かほる/恋は翼にのって、ベッツイ&クリス/子供たちよ、などが
入ってますね。岩渕リリさんは「隣りの男の子」他全音源の(20曲はないでしょう)単独のCDを発売して欲しいですね。ビクターさんもヤマハさんも頑張ってほしいですね。

     http://www.ultra-vybe.co.jp/index2.htm

------------------------------------------------------------------------
長いと言えば。 投稿者: こんち  投稿日:11月 2日(土)10時55分46秒

12インチシングルの話でなくて、ごめんなさいですが、
長い曲の放送と言えば、昔、小林麻美さんがオールナイトニッポンか何かで
1曲20分位のピンク・フロイドの曲をかけたことがありましたね?

------------------------------------------------------------------------
今ごろのレスで。 投稿者: ながと  投稿日:11月 2日(土)10時42分09秒

クジラ2号さん> 今ごろの返事ですみません。
松田聖子のバンドに参加していたのは、現在もYumingのバンドメンバーの
市川祥治さんです。鈴木茂さんのバンドメンバーの時期があったようです。
このあいだも書かせていただきましたが、彼がライブビデオに登場するのは
聖子、引退前のツアーのライブビデオ「Seiko Call」です。(かなり若い。)

市川さんといえば、Yumingの「Surf&Snow」の逗子マリーナコンサートで
演奏のままプールに消えてしまうなどのパフォーマンスもやる方です。

12インチシングルの話題で。
やはり聖子関係では「Dancing’shoes」ですね。

「親父の一番長い日」は一度テレビで 全部歌ったことがありますよ。
もちろん さださん本人の歌唱で。
放送日は忘れましたが、フジテレビのヒットチャート番組に出演しました。
「ザ・ベストテン」に対抗した番組で、当時は さださんのフルコーラス出演と
いうことで話題になりました。
しかし同番組は間もなく終わったような気がします。番組名は覚えていません。
 

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者: とろりん村のとろり  投稿日:11月 2日(土)04時41分59秒

よっかーさま

「日本初の12インチ・シングルは、もしかすると『あの曲』じゃないかなあ...。」
と思って調べてみたら、やっぱり「あの曲」でした^^。

「親父の一番長い日」(さだまさし)1979.10.12発売。

そう、MACKYさんが下でお書きになった

「元祖12インチシングル(?)の『親父の一番長い日』...」

これこそが、まさしく大正解だったのです!まことに僭越ながら、MACKYさんに敬意を
表する次第です。

実際、さだまさしの公式ページ「MasaSingTown」内の「さだまさし略歴」には

「(1979年)10月、日本初の12インチ・シングル『親父の一番長い日』発表。」

と明記されていますA^^;;;。

当時、ラジオの音楽チャート番組などでは「この曲は12分以上ありますので、1コーラス
だけで我慢してください。どうも、申し訳ありません。」というようなアナウンスメントが
あった記憶がありますし、他のほとんどの番組でも、曲の途中でフェイド・アウトされてい
ました。

ところが、そんなある日、「コーセー歌謡ベストテン」(FM大阪)で宮川泰が、何と、
「今日は最後まで聴いていただきましょう。」とおっしゃったので、すかさずエアチェック
しました。ほんとうに長かったです^^。

ところで、「親父の一番長い日」のB面の「椎の実のママへ」って、どんな曲なのでしょうか?
レコ−ド盤の外側から1/3くらいのところまでしかレコードの溝がなかったりして(笑)。

それはともかく、「親父の一番長い日」は日本初の、そして、日本一のレコードセールスを
記録した12インチ・シングルでしょう。

ただ、「現代のミュージックシーンにおいて用いられるような意味での、日本初の12イン
チ・シングルは何か?」ということになると、それはどうやら、

「トゥナイト」(佐野元春)1984.4.21発売。

のようです。(これについては、このページをご参照なさってください。)

...さて、それでは、「世界初の12インチ・シングル」は、何なのでしょうか?

------------------------------------------------------------------------
初めて買った12インチシングルは、 投稿者: よっかー  投稿日:11月 2日(土)01時43分02秒

歌モノじゃなくて、「スターウォーズのテーマ」(1977)だったと思う。
当時友人との話では、33rpmより45rpmの方が音が素晴らしいんだという事で、納得してましたけど、その差を体感するほどのサウンドシステムを持ってなかったなぁ。

歌手モノではいったい誰が最初にリリースしたんだろう。
ピクチャーレコードが元祖みたいな感じかな?

------------------------------------------------------------------------
「ハートは戻らない」 投稿者: MACKY  投稿日:11月 2日(土)00時06分48秒

よっかーさん>私も発売当時は意識してなかったのですが、桑田佳祐さんの著書で意味深と書かれていて、なるほど、と気付いたのでした。他にタイトルで意味深なのは前にも書いたけど、ジューシーフルーツの「これがそうなのね仔猫ちゃん」とか…河合奈保子さんの「大きな森の小さなお家」の話も前に書きましたよね。

クジラ2号さん>「ハートは戻らない」の12インチシングルヴァージョンは、10年近く前に発売された2枚組のベスト盤には収録されていましたが、今も販売されているかどうか…「元気なブロークン・ハート」の12インチ盤は持っています。これ、突然歌詞が戻るんですよね。あとは前にも書いた「赤い鳥逃げた」とか、元祖12インチシングル(?)の「親父の一番長い日」と、昨日書いた2枚と逢わせて多分我が家には5枚あるはずです。

aithioさん>いえいえ、これからもよろしくです。

とろりさん>おっ、このシングル持っているんですか。流石ですね。

------------------------------------------------------------------------
A Boy 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月 1日(金)18時08分26秒

MACKYさん、よっかーさん> 12インチシングルで女性アイドル関係ですと、聞いた中では早見優さんの「ハートは戻らない」<ダンス・リミックス>が一番よかったです。CDになってますか?

そのほか、CCB「ラッキーチャンスをもう一度〜Lucky Mix」 「元気なブロークン・ハート〜Broken Mix」、中村あゆみ「A Boy〜Special Extended Alive Version」小林明子「心みだれて〜ナイト・ダンス・ミックス」吉川晃司「モニカ〜Party Version」泰葉「水色のワンピース」・・・
斎藤由貴さんの「土曜日のタマネギ」は、アカペラをバックに歌っていた 夜ヒットのエプロン姿?が印象に残っています。

小泉今日子さんは 12月18日にデビュー20周年としてコンプリートベスト2枚+裏ベスト1枚の計3枚組CD「Kyon 3」が出るようです。 

------------------------------------------------------------------------
静電気 投稿者: クジラ2号  投稿日:11月 1日(金)12時05分47秒

ノンノンさん> 静電気 着る物の素材の組み合わせ方の件
   発掘!あるある大事典/#210 静電気:4pageに在りました。
下記のアドレスをクリックして 右上のキーワード検索のところに 静電気と書きこみ 右横の灰色で囲ってある 検索のところをクリックしてください。

     http://www.ktv.co.jp/ARUARU/

お天気さん >「インテグラルステーション」第2部は、少し古めのいい曲が流れますね。以前、数回タイマー録音した事があります。「雨上がりの町をあなた知ってますか〜」は、詩がニュー・ミュージックぽいですね。ん〜 思い出せません。

------------------------------------------------------------------------
クライマックスご一緒に 投稿者: よっかー  投稿日:11月 1日(金)01時37分56秒

MACKYさん
確かに「CD FILE」に『クライマックスご一緒に』は入ってないです。
「スーパーベスト〜Celebration」というCDには収録されてますね。
意味深なタイトルに感じた事はなかったけど、なるほどね。(笑)

私はストレートな『後ろから前から』『もっと動いて』などの畑中葉子さんのタイトルが好きです。(笑)

------------------------------------------------------------------------
MACKYさんありがとう! 投稿者: aithio  投稿日:11月 1日(金)00時15分51秒

私もそう思いました。
多分・・・

PREV サイトマップ 随筆集 掲示板 ホーム過去の掲示板INDEXこのページ EP盤リスト キャプチャー画像集 LINKS とろりApps NEXT

モナ・ムール!歌謡ポップス 過去の掲示板(2) 「モナ・ムール!歌謡ポップス」EP盤のコレクションと、そのレビュー 随筆集