サイト内検索 powered by Google
キャプチャー画像集 過去の掲示板(2) キャプチャー画像集INDEX 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 EP1 EP2 EP3 EP4 EP5 EP6 EP7 EP8 bbs1 bbs2

PREV サイトマップ 随筆集 掲示板 ホーム過去の掲示板INDEXこのページ EP盤リスト キャプチャー画像集 LINKS とろりApps NEXT

過去の「モナ・ムール!歌謡ポップスの掲示板」(その30)

14.10.1〜14.10.31

------------------------------------------------------------------------
「夏のタイムマシーン」 投稿者:MACKY  投稿日:10月31日(木)22時57分32秒

クジラ2号さん、よっかーさん>やっぱり『CD FILE』は純粋なシングル曲だけなんですね。そうなると、「クライマックスご一緒に」は?この曲、今ではすっかり小泉今日子名義としてオリコンのデータなども整理されていますが、元々はあんみつ姫名義ですよね。しかし、いつ見てもちょっと意味深なタイトルですねえ。

『Best of Kyong-King』といえば、もうひとつ「夏のタイムマシーン」もありますね。この曲、発売時にシングルなのかアルバムなのかの定義が曖昧でしたね。結局、オリコンのチャートはアルバム扱いでしたが、どう見てもシングルCDだったような…あまりに長いので「夜のヒットスタジオ」で2回に分けて歌ったという伝説があるそうですが、私は見ていないのが残念です。大学に通っているとき、電車に乗る瞬間にこの曲が始まって、終わるときには電車を降りていた、という経験もありました。

12インチシングルで一番失敗したなあと思ったのは「モノクローム・ヴィーナス」かな。シングルとほとんど変わらないし。「土曜日のタマネギ」はいつまで経っても歌が始まらないので、最初はビックリしましたが、今ではあの長すぎる前奏は好きです。

あみだ池さん、クジラ2号さん>私は工藤夕貴さんというと、「台風クラブ」での体当たり演技(この時は大西結花さんの方がもっと凄かったですが)と、「ミスとリートレイン」での濃厚なベッドシーンを思い出します。デビューが早かったのでいつまでも若い印象がある(喜多嶋舞さんとか小川範子さんもですが)のですが、もう彼女も30代なんですねえ…

aithioさん>いえいえ。あのラストシーンは当時の視聴者も、「ちょっとなあ」という感じだったようですね。

ノンノンさん>静電気体質とアレルギー体質は何か関連性があるかもしれませんね。私はハウスダストや動物の毛などに弱いです。

------------------------------------------------------------------------
あと2ヶ月で今年も終わりなんですね。 投稿者:ノンノン  投稿日:10月31日(木)21時24分22秒

MACKYさん
MACKYさんも静電気がおきるんですね。あの感じってイヤですよね。好きな人っているのかな。
MACKYさんはアレルギー体質ですか? 私は幼い頃からアレルギー体質なんですよ。そういうことも影響しているのでしょうね。花粉症には今のところはならないですけどね。

クジラ2号さん
着る物の素材の組み合わせですか。天然素材というと、木綿でしょうか? でも、ファスナーとかボタンとかホックとかが、必ずといっていいほど身につける物のどこかについていますよね。天然素材だけというと難しいですよね。体質を変えられれば一番いいのでしょうが、それも、なかなか難しいですね。以前は、こんなにも静電気がおきなかったのに、かなり血液が汚れているのかな〜。

------------------------------------------------------------------------
「銀河のエトランゼ」 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月31日(木)18時20分12秒

あみだ池さん> 工藤夕貴さんは、東洋女性の映画があり、主役のオーディションに受かり
ハリウッド女優の仲間入りをされたと数年前テレビで話されているのを、聞いた事があります。
すごい待遇を受けたと話していました。夕貴さんは、語学に堪能で フランス語、英語をはじめ
かなりの(5ヶ国後以上)コトバを話せたと思いました。

音楽の方は95年ぐらいにFMで「ヒロイン」を聞き ナカナカだと思いシングルを探し購入しました。作曲は、鈴木キサブローさんでした B面「銀河のエトランゼ」も かなり良いです。
私が探していた頃は、所属していたレコード会社のハミングバードは、どうにかなっていてCDは
新品は入手困難でしたので、中古で探し手に入れました。CD「Memories」は、期待はずれでした。

よっかーさん> 「CD FILE」には、12インチものは入っていないのですか、 では、自分でCD-Rに おこすしかないですね。 
 
お天気さん>80年代のアイドルですか、やたら人数が多い時代ですね。ポップスよりではなくて、歌謡曲よりという事ですね。はじめて聞いたのは・・・という事は・・・何回かラジオで流れていたとすると、それほどマイナーな歌手ではないのでしょうね。 

------------------------------------------------------------------------
私は「愛の芽ばえ」〜「キラリ」あたりが好きでした。 投稿者:よっかー  投稿日:10月31日(木)13時57分31秒

「欽どん」に出てる頃はすごく清純そうだったのにねぇ。(笑)

スカパーフジ721で「欽どん」を見たとき、ちょうどデビュー曲初披露のシーンがありました。
前川清と欽ちゃんにはさまれて、紹介されてたときの会話が今となっては現実となってました。

欽「これから唄ってもらうのは、デビュー曲『愛の芽ばえ』ですね」
香坂「はい。」
前川「先輩からひとつ。お笑いの人と付き合っちゃダメだよ。レコードが売れなくなっちゃうから」
欽「なんてこと言うんだよー!」
香坂「ははははは」
前川「俺がそうなったから(笑)」
欽「関係ないだろー」
  (だいたいこんな感じの会話でした。)

はぁぁぁぁ、お笑いと結婚してしまった香坂みゆきは、歌が売れなくなってしまってます。(笑)
やはり先輩・前川清の言う通りでした。

MACKYさん、クジラ2号さん
当時、12インチシングルって流行ましたよね。
なにかとヘンなアレンジものが多くでました。キョンキョン『ベスト・オブ・キョンキン』に入ってる「ヤマトナデシコ〜」がLong Versionで、「Heart Breaker」がShort Versionとなってますね。12インチの方も同じタイトルになってますし、同じものが収録されていると思います。
「CD FILE 1」〜「4」までには、純粋にシングルコレクションになってて、12インチものは収録されてないです。

あみだ池さん
工藤夕貴も大人になりましたねぇ。
はじめて彼女を見たのは、小堺との番組で夕貴をふくむ3人娘と小堺が、コタツに入ってテレビを見ながら言いたい放題のコーナーでした。彼女がまだ小学生の頃ね。
最近で言う吉野紗香みたいな感じでしょうか。くそなまいきなガキでした。(笑)
こと歌に関しては「お父さんよりうまい歌手はいない」って、しょっちゅう言ってましたね。
私としては映画「逆噴射家族」でプロレス・マニア役で、フライング二ールキックを披露し、股縄されて縛られてた頃から気になる女優になりました。
例の「お湯かけて〜お湯かけて〜」のヤカンを持って走るCM「お湯をかける少女」でブレイクしましたね。そんな彼女も31歳か....。

------------------------------------------------------------------------
よろしくお願いします 投稿者:お天気さん  投稿日:10月31日(木)12時57分20秒

 クジラ2号さんはじめまして 「・・誘惑片思い・・」の曲をはじめて聞いたのは、確かラジオ番組の中で流されていたと思います。女性歌手で歌謡曲 僕が思うのに当時のアイドルじゃないかと思います。このフレーズは曲の途中だと思います。
 情報が少なくてすみません

------------------------------------------------------------------------
・・誘惑片思い 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月31日(木)11時43分54秒

お天気さん> はじめまして。
「・・誘惑片思い、そんな気持ちにさえ誘われて・・・」というフレーズは、曲の途中ですか?
歌い出しの方でしょうか サビの部分でしょうか?
女性歌手 歌謡曲 とゆう感じでしょうか?それともフォーク、アイドル系 演歌系・・・女性デュオ、女性をメイン・ボーカルにしたグループ・・・

ラジオで聞かれたのでしょうか?(番組名は)有線、テレビ・ドラマのバックで流れていたとか。
他に何かヒントになりそうな事は、ないですか?

------------------------------------------------------------------------
工藤夕貴さんって… 投稿者:あみだ池  投稿日:10月31日(木)02時02分44秒

歌手って印象がないんですよね…女優さん、と言う感じで。今はアメリカ在住…女優修行中、でしたっけ?記憶が、我ながら頼りないな…。

で、僕は『工藤夕貴』って聞くと井沢八郎さんを連想してしまう、世代…やないんですが、個人的な趣味が…そっち側なんですね。

井沢さん=『ああ上野駅』のイメージが強いんですが、『北海の満月』も好きな曲です。
『イヨマンテの夜』に似た感じで…この曲を聴くと分かりますが、井沢さんの声量は凄いですよ。

その井沢さんですが、2ケ月ほど前でしたか、NHKTVに久々に出演されて、『ああ上野駅』を歌ってはりましたよ。相変わらず結構でした。

その番組に、工藤さんも(確かアメリカで収録したインタビューで)出てらっしゃいました。

------------------------------------------------------------------------
ありがとうございました 投稿者:aithio  投稿日:10月30日(水)23時20分45秒

MACKYさんどうもありがとうございました。
浅い眠りの最後のシーンを思い出すことができました。
浅野ゆう子さんの葬式というところが思い出せなくて・・・
胸がすっきりしました。ありがとうございました。

------------------------------------------------------------------------
「Heart Breaker」 投稿者:MACKY  投稿日:10月30日(水)22時33分09秒

aithioさん>「浅い眠り」はドラマ「親愛なる者へ」(92年4月〜6月)の主題歌です。ドラマタイトルもみゆきさんのアルバムタイトルから借用していますし、何よりみゆきさん自身が産婦人科医の設定でドラマに出演したのが、当時大きな話題になりましたね。最終回の最後のシーンは浅野ゆう子さんの葬儀で、年老いた柳葉敏郎さんが語りかけるシーンです。

クジラ2号さん>Victorは10年ほど前に『CD FILE』シリーズを出して、キョンキョンも当時までの全シングルを、何枚かのCDに収録させていましたが、その中に12インチシングルの2曲(「ヤマトナデシコ七変化」と「Heart Breaker」)が収録されていたかどうか…私は「Heart Breaker」の12インチシングルヴァージョンはほとんど記憶にないんですよ…

私の中の香坂みゆきさんの印象…結婚前の本名が「彦坂みゆき」という珍しい名前だったこと、随分前の映画で脱いだこと、それから15年くらい前の偶然見た深夜番組(映画か2時間ドラマの再放送)で「私の彼を殺した女」という物騒なタイトルのドラマに主演していたこと、くらいかなあ…曲は唯一メジャーな「ニュアンスしましょ」しか知りません…

------------------------------------------------------------------------
「レイラ」 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月30日(水)19時11分36秒

MACKYさん> 『Best of Kyong-King』に入っている「Heart Breaker」(Short version)は、12インチ・レコードと別物で、ドラムも生ではなくて、ドラムマシーンの音ですね。
全体的に なさけない音になっていますが、12インチ・レコードと同じバージョンは、CD化されて
いるのでしょうか?

ノンノンさん>静電気については、以前「ためしてガッテン」か「あるある・・・」かどこかのテレビ
で、防ぎ方をやってましたが・・・忘れてしまいました。着る物の素材の組み合わせ方でかなり
低減させることが出来るという内容だったと思います。天然素材は、割と良かった様な・・・

香坂みゆきさんを、最初に意識したのは、後年 「レイラ」作詞作曲伊藤薫と「乾いた花」作詞阿木燿子 作曲宇崎竜童を聞いた時でした。それ以前の欽ちゃんファミリーとして出ている時は覚えていません。曲を聞いてから さっそく前記の2枚のレコードを購入しました。当時(82年頃)は、ロックを歌いたいと言っていたそうです。その後CD「FAIR WAY」「CANTOS 2」購入。2年ぐらい前からレコードを探しはじめ、LP「CRY BABY」「SELFISH」「JET LAG」入手 ちなみに「SELFISH」「JET LAG」では、ギターに鈴木茂さんの名前がクレジットされています。

------------------------------------------------------------------------
教えてください 投稿者:お天気さん  投稿日:10月30日(水)13時48分32秒

  たぶん、20年ぐらい前だと思うのですが、「・・誘惑片思い、そんな気持ちにさえ誘われて・・・」というフレーズの曲があったのですが、誰が歌っていて、どんな曲名かご存じの方は教えてくださいませんか?よろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------------------------
とろりさん、ありがとう。 投稿者:よっかー  投稿日:10月30日(水)11時40分18秒

香坂みゆき、ありがとう。

現在、「よさこい高知国体・馬術競技場」にてボランティア活動中。(昼休み)

------------------------------------------------------------------------
浅い眠り 中島みゆき 投稿者:aithio  投稿日:10月30日(水)00時18分34秒

テレビドラマの主題歌にしようされていましたか?
浅野ゆう子さんと柳葉さんが出演しておられました?
最終回の最後のシーンで年老いた2人に苦笑したような気がします。
たぶん、中島みゆきさんの歌だったように思います。

------------------------------------------------------------------------
思い出しました 投稿者:aithio  投稿日:10月29日(火)23時53分14秒

自分勝手な・・家庭教師をしていたときの生徒
桃井かおりの妊娠がわかり、司法試験に受かり
壇ふみとの将来を考えていた萩原健一はじゃまに
なった?桃井かおりを殺してしまいます。
正当防衛だ・・・と。

映画もたぶん何年かしてから
3本上映のオールナイトで見たように思います。
オールナイトってわかりますか?
土曜日の夜朝までずっと上映することです。
最終電車に乗り遅れたとき・・よく利用していました。

当時、石川達三の本をよく読んでいました。

------------------------------------------------------------------------
「浅い眠り」 投稿者:MACKY  投稿日:10月29日(火)23時27分38秒

クジラ2号さん>中島みゆきさんのバックバンドに鈴木茂さんが参加すると決まったとき、みゆきさんは同姓同名のミュージシャンだと思ったそうです。それほど、鈴木茂さんという存在は大きいんですね。シングル曲では、おそらく「浅い眠り」あたりのギターを弾いていると思いますが…この頃の「夜会」には鈴木さんの他、倉田信雄さん、島村英二さん、吉川忠英さんなど、ホントに豪華メンバーが揃っていましたね。

その「木枯らしに抱かれて」は『Best of Kyong-King』に収録されている
ヴァージョンですね。私も持っています。ただこのアルバムの中では「Good-Morning CALL」(このアルバムでのヴァージョン)や、「Heart Breaker」、「月の夜のシ・ア・ワ・セ」などが好きなので、あまり「木枯らしに抱かれて」の印象が強くないのですが…

とろりさん>う〜ん、良い線いっているかも…アルバムの歌詞カードに、演奏ミュージシャンの名前を入れ始めたのは80年代頃からでしょうか?ユーミンの場合は東芝に移ってからは入っているはずですが…

ノンノンさん>私も静電気伝導体です。特に、古い金属ドアノブが苦手で、いつもちょこんと触ってから開けることにしています。

------------------------------------------------------------------------
「青い影」好きです。 投稿者:ノンノン  投稿日:10月29日(火)21時05分09秒

aithioさん
「青春の蹉跌」は桃井かおりさんだったんですね。いしだあゆみさんか、倍賞美津子さんかなと思っていました。教えて下さってありがとうございます。

MACKYさん
松下由樹さんは、男性を甘えさせてくれそうな感じがします。

クジラ2号さん
天馬ルミ子さんは、確か13歳ぐらいでデビューしたと思います。
「レッツゴーヤング」は、たくさんのアイドルが出演していました。確か、都倉俊一さんも出演していたと思います。

私にとって、イヤな静電気の季節がやって来ました。金属に触れるとビビッってすごく痛いんですよ。血液がドロドロなのかな。皆さんは、静電気は大丈夫ですか?

------------------------------------------------------------------------
「青い影」 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月29日(火)18時24分45秒

Yumingファンさま>「翳りゆく部屋」について、少し思い出したことがあります。この曲は
プロコル・ハルムの「青い影」にインスパイアーされて作ったと何かのインタビューで発言されてました。
鈴木茂さんは、フェンダーのストラトキャスターを使用して、ピックアップセレクターをハーフ位置にセットしてフェーズのかかった音を出していました。エフェクターとしては、コンプレッサーを浅めにかけていたと思います。中島みゆきさんのアルバムでも枯れた音出してました。

あみだ池さん>北原謙二さんは独特のシンのある いい声してますね。

aithioさん>フォローありがとうございました。
「青春の蹉跌」映画の内容については、記憶になかったので助かりました。

ノンノンさん> 天馬ルミ子さんて丸顔で仏様をイメージする様な おだやかな顔立ちをされていたような気がします。「レッツゴーヤング」てあまり覚えていないんですよね。番組自体あまり
見なかったのかもしれません。香坂みゆきさんについては後日。 

ながと さん> 聖子さんのバンドでツアーに参加していた 市川さんてどなたでしょうか?

MACKYさん>「木枯らしに抱かれて」は、小泉今日子さんの、楽器を使用せずアカペラだけで歌っている Chorus Version が好きです。(正確には後半10小節ほどシンセで作ったグロッケンの
ような音が入ります。)シングル・バージョンよりもスローです。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:10月29日(火)01時44分05秒

みなさま、すいません...。

☆Yumingファンさま

申し訳ありません。とりあえず、結論(めいた)ことだけを書き、いろいろなことは、
日を改めて書かせてください。

「彼女の独身時代最後の名曲「翳りゆく部屋」の演奏をされているミュージシャン
(ドラム、ベース、ギターなど)が、どなたか教えていただきたいのですm(_ _)m
色んな方法で調べたんですがどうしても分からなくて、もしかしたらEP盤には
記載されているかもと思い、書き込みさせてもらいました。」

昨晩、ぼくはYumingファンさんの上記内容の投稿を拝読して、さっそく「翳りゆく
部屋」のEP盤を取り出し、ジャケットを調べてみました。...参加ミュージシャン
の名前はクレジットされていません。LP「ユーミン・ブランド」も調べましたが、
結果は同じでした。

よく考えてみたら、これは当然のことです。LP「ユーミン・ブランド」に参加ミュージ
シャン名前がクレジットされていたなら、Yumingファンさんは上記のような投稿を
なさらなくていいからです。

「荒井由実」時代のユーミンのバッキングはご存知の通り、ティン・パン・アレー
(キャラメル・ママ)ですから、以前に買った彼らのファーストLP「キャラメル ママ」
を取り出してみたら...。「MUSICIANS」のところに、四人の名前の他に二十五人く
らいの名前が掲載されているではありませんか!ティン・パン・アレーはセッション・
ミュージシャン・グループ色が強かったのでしょう。

まあ、ともかく、あきらめて寝ようと思ったのですが、ティン・パン・アレー、松田聖子、
はっぴいえんど、大瀧詠一、ナイヤガラ系、百瀬まなみ、山下達郎、シュガー・ベイブ...
というふうに、頭の中のガラクタ箱をひっくり返したみたいに、徒にいろんな考えが
次から次へと浮かんできて、眠れず、ふとんにただ、転がったまま、朝がきてしまいました。
こういうのを「自業自得」とか「自縄自縛」とか言います^^。

で、今日(あ、もう昨日か)もまた、徒にいろいろ調べ、考えた結果、「翳りゆく部屋」
(荒井由実)のバッキングをしているミュージシャンはこのひとたちだ、と自分にいいきかせ、
ともかく、一区切りつけようと思ったわけです。

(ボーカル):荒井由実
(ギター):鈴木茂
(ベース):細野晴臣
(ドラムス):林立夫
(キーボード、ピアノ、オルガン):松任谷正隆
(パーカッション):斉藤ノブ
(コーラス):伊集加代子、ハイ・ファイ・セット、吉田美奈子、山下達郎、大貫妙子

それでは、また、後日...。

------------------------------------------------------------------------
「木枯らしに抱かれて」 投稿者:MACKY  投稿日:10月28日(月)23時20分44秒

あみだ池さん>私は木枯らしと言えば「木枯らしに抱かれて」が一押しです。しかもこの曲に限ってはキョンキョンではなくTHE ALFEEの方がお勧めです。他に木枯らしといえば伊藤咲子さんの「木枯らしの二人」とか…歌い出しからアグネスの「愛の迷い子」とか…ちょっとずれるけど西城秀樹さんの「遙かなる恋人へ」なんかも真冬でも暖かくて良いですね。

Yumingファンさん>EPでは演奏者は記載されてないかも…『YUMING BLAND』には載ってないですか?もしかして幻の『ALBUM』には…「翳りゆく部屋」収録されてたっけ?おそらくクジラ2号さんの回答であっているとは思いますが…ギターは今剛さん(今は被告?)あたりかも…

ながとさん、よっかーさん>そういえば、そんな話を耳にしたような記憶が…

ノンノンさん>小1にとって高1のお姉さまは充分恋の相手ですけど…その反対が…無理ですよね。松下由樹さんは、急に大人っぽくなった感じでしたからね。

------------------------------------------------------------------------
青春の蹉跌・・ 投稿者:aithio  投稿日:10月28日(月)22時50分43秒

こんにちは、チューインガムさんの所からきました。
aithio です。

>クジラ2号さん
>「青春の蹉跌」の映画で、萩原健一さんの相手役は、いしだあゆみさんでしたっけ?

たぶん 桃井かおりさんだったと思います。
檀 ふみさんもでていましたね。

------------------------------------------------------------------------
木枯らし1号 投稿者:あみだ池  投稿日:10月28日(月)21時55分15秒

−が吹いたそうで。

この季節に、お勧めの…と言うか、僕が聞きたくなる…曲を2つ。

まず、『吹けよ木枯し』−歌っているのは、石井千恵さん(この方のプロフィール等、何方かご存知の方おられますか?知りたいんですが…)。

キングレコードの『あの歌手(ひと)・あの唄〜探していたこの名曲〜』と言うCDに収録されています。

もう1曲は、僕の好きな北原謙二さんの『星をさがそう』。

こちらは、デビュー35周年記念CD『ながれ星』(2枚組)(日本コロムビア)に入っています。

機会があれば聴いてみてください。どちらも本当に良い歌ですよ。

------------------------------------------------------------------------
「レッツゴーヤング」 投稿者:ノンノン  投稿日:10月28日(月)21時39分13秒

とろりさん
天馬ルミ子さんは「おしえてください神様」ですね。「レッツゴーヤング」でサンデーズとしてレギュラー出演していませんでしたっけ? 昔は、ショートカットのアイドルって多かったですね。超ミニスカートが多かったし。

MACKYさん
松下由樹さんも同学年なんですか。落ち着いている女性なので、もう少し年上かと思っていました。
小学生と高校生の差は大きいですよね。しかも、小学1年生では、恋愛の対象にはならないですよね。でも、6年生なら対象になるかも。

木精さん
木精さんと同学年のアイドルは、私もよくはわかりませんが、たくさんいそうですね。

よっかーさん
香坂みゆきさんも「レッツゴーヤング」のレギュラーでしたよね?

クジラ2号さん
「青春の蹉跌」の映画で、萩原健一さんの相手役は、いしだあゆみさんでしたっけ?
クジラ2号さんは40代後半なんですね。なんとなく、私よりは年上かなとは思っていました。多分、私の兄と同じくらいの年齢ですね。

------------------------------------------------------------------------
いとこ 投稿者:よっかー  投稿日:10月28日(月)21時30分08秒

ながとさん
私らの仲間内では、工藤夕貴と本田(工藤)美奈子はいとこだと信じられてます。(笑)
世界中に通用するように分りやすいHONDAを芸名につけたと聞いてます。
先にデビューした工藤夕貴への対抗意識もあったと。(共演は見たことが無い)

------------------------------------------------------------------------
バンド・・。 投稿者:ながと  投稿日:10月28日(月)20時48分21秒

Yumingファンさん> こんばんは。 
ユーミンファンで彼女の曲をバンドでもやっていらっしゃるとは凄いですね。
私もユーミン大好きですが、翳り・・・の頃のことはあまり知りません。
市川さんが聖子のバンドでツアーに参加していた時期がありますよね。
聖子のライブビデオに映っているのがあります。(確かSeiko Callだったかな。)
 
本田美奈子氏の話。
彼女 工藤夕貴のいとこというのは 本当ですか?

------------------------------------------------------------------------
「翳りゆく部屋」 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月28日(月)10時59分31秒

Yumingファン  さん>はじめまして。
ユーミンは 1st.アルバム「ひこうき雲」を買いましたが、しばらくして人気が出てきたので以降買うのをやめてしまいました・・・ (いつでも手には入ると思い)

「翳りゆく部屋」は、1976年3月発売でした。当時は キャラメル・ママ改めティン・パン・アレーがバックを固めていたと思います。、レコーディングメンバーは、ギター・鈴木茂さんキーボード・松任谷正隆さん、ベース・細野晴臣さん、ドラムス・林立夫 さんではないかと思いますが・・・ ?

------------------------------------------------------------------------
はじめまして。 投稿者:Yumingファン  投稿日:10月27日(日)22時41分57秒

ネットで検索をしていたらここに辿り着きました。
私は松任谷由実さんの大FUNで、バンドを組んで彼女の曲も演奏しています。
すごく気になることがあります。
彼女の独身時代最後の名曲「翳りゆく部屋」の演奏をされているミュージシャン
(ドラム、ベース、ギターなど)が、どなたか教えていただきたいのですm(_ _)m
色んな方法で調べたんですがどうしても分からなくて、もしかしたらEP盤には
記載されているかもと思い、書き込みさせてもらいました。
もし記載されていたら、教えていただければ幸いです。
それでは、失礼します。

------------------------------------------------------------------------
「あなたと、熱帯」 投稿者:MACKY  投稿日:10月27日(日)20時53分17秒

とろりさん>MINAKO with Wild Catsまで来ると、ちょっと痛々しい感じでしたね。「あなたと、熱帯」というタイトル自体が、もう既にマドンナを意識してますもんね。このユニットが1曲だけで終わったのがせめてもの救いか…当時の少年誌の投稿欄に、「もし私が菊池桃子だったら、本田美奈子を誘ってプリンセス・プリンセスに入れてもらう」というギャグが掲載されたこともありました。

ボンドという事務所は、元もとモデル事務所だっただけに、歌手を売り出すには向いてないようですね。

よっかーさん>それは失礼しました。同じ歳の芸能人に、敢えて有名どころを避けているところがよっかーさんらしいですね。

クジラ2号さん>大野克夫さんを萩原健一さんが「太陽にほえる!」のスタッフに推薦する話は、このドラマのプロデューサーの著作に詳しく書かれていますね。

------------------------------------------------------------------------
太陽にほえろ 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月27日(日)18時46分46秒

わ〜 すごい量の書きこみですね! 少し前のチューインガム掲示板状態ですね。
私の自己紹介は、過去のチューインガム掲示板にあります・・・という訳にもいかないので・・・
現在40代後半です。私が大学へ入学した時には、学生運動もおさまり、ヘルメットに角棒姿の学生
は、ほとんど見かけませんでした。

あみだ池さん> 関西でないので、MBSの『ちちんぷいぷい』見られずです。先週NHK教育「今日の料理」に、堀ちえみ さんがアシスタントで出演していました。目がクリクリしていて変わらない雰囲気でした。大西結花さんも、先週テレビ朝日系の『相棒』に、犯人の妻役で出演していました。
少しフックラしたカナ?

バタやんの あのギターの抱え方は確かにすごいですね。ピックを使わずに指で弾いているようですが、よくあの高さで弾けるものだと関心します。
山田太郎さんは、1ヶ月ぐらい前 川中美幸さんの夕方放送のラジオ番組に出ていましたが、レコード会社の お偉いさんに成られている様です。 

よっかーさん> PYGは、最終的には1、000万円の赤字となりバンドを維持できなくなり、沢田さんのソロ活動という話になったそうです。(ナベプロからの提案?)沢田さんはソロは、乗り気ではなかったそうです。井上さんたちも、離れたくなかったので 沢田研二プラス バック・バンドとしての井上バンドという形になったようです。

萩原健一さんと井上バンドとの間にも深い信頼関係があるのですが・・・
映画『青春の蹉跌』では、音楽は井上尭之さんじゃないと この仕事は、ひきうけないと、萩原健一さんは いわれたそうです。大野克夫さんが、『太陽にほえろ』『傷だらけの天使』『祭りばやしがきこえる』などの音楽を担当したのも・・・

大野克夫さんが『名探偵コナン』の音楽をやったのは萩原健一さんとは関係ありません。
香坂みゆきさんについては後日

MACKY さん>次回のミュージックフェアは、岩崎宏美さんですね。
ノンノンさん とろりん村のとろりさん>片平なぎささんは、歌は、やりたくなかったと 色々な所で言われてますので、本人としては、あまりヒットしなくて ほっとしていたのでは ないでしょうか。11月にCD ゴールデン☆ベストが発売になると 思いましたが・・・

ビダルちゃん可愛いですね。  

------------------------------------------------------------------------
灰田さんの写真&西部講堂 投稿者:あみだ池  投稿日:10月27日(日)17時04分17秒

灰田さんの写真が掲載されていて嬉しい限りです。何せ、中一からハイカツさんのファンでして…『野球小僧』『真っ赤な封筒』…いろいろと好きな曲があります。

西部講堂には、大学を卒業してから一度だけ行った事があります。何か、化け物屋敷みたいな(失礼)荒れ果てた建物でした。深夜だったので、細かい外観などは覚えていませんが…。

で、何で深夜に西部講堂へ行ったかと言いますと…数年前に2回ほど、あそこで『年越しプロレス』と言うイベントがありまして、−要はプロレス観戦に行った訳です。

ちなみに、その時のメインイベントは、三宅凌VSザ・マミー(ミイラ男)のチェーン・デスマッチでした。

考えてみると、あの年以来、ロクなことがありません。やっぱり『ファラオの呪い』(と、マミーが入場する時、リングアナが言ってました)のせいかな…。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:10月27日(日)03時09分15秒

☆クジラ2号さま

70年代初めはおぼろげな記憶しかありません...。ただ、残っている記憶は強烈です。
70年〜71年、ぼくはある大学のキャンパスの中を通って、幼稚園へ通っていましたが、あ
の頃の大学構内は異様でした。殺気のようなものがありました。

ヘルメットをかぶり、サングラスとタオルで顔を隠した大学生(?)が何か難しいことを大
声で演説していたり(今から思うと『アジ演説』と『シュプレヒコール』)、ときには機動
隊と学生のデモ隊が正面衝突して、顔中が血だらけで、かつ、顔面から血をしたたらせてい
る学生がこちらへ逃げてきたり(怖)。

今から振り返ると、京都の街全体に商業主義的音楽を嫌悪する雰囲気があったような気がし
ます。西部講堂はぼくが学生の頃でさえ、そういう感じのする場所でした。

クジラ2号さんのお書きになったバンドで、(GS以外で)知っているのは「頭脳警察」だ
けですが、何となく、わかります。

平山三紀は「筒美京平−橋本淳」コンビのセカンドLP「希望の旅」が、おそらくはあらゆ
るLPの中でいちばん好きなLPです。(これについては、また後日...^^。)

あ、それから、EP「チャオ・ベラ・チャオ」(ダニエル・ビダル)を購入しました。
コメントは、また後日...A^^;;;。

☆よっかーさま

ぼくは85年の日本レコード大賞最優秀新人賞は「Temptation」(本田美奈子)だろうと
思っていたのですが、あれを獲得できなかったことが彼女のその後に影響を与えたのでしょうか。
ボンド・ガール(←事務所が、です^^。)で、スリムなのに、どうしてマドンナ指向になった
のか、ブライアン・メイやゲイリー・ムーアなどを経て、ロックの方向に行ってしまったのか。
さらに、「Minako With Wild Cats」...。
とにかく、どんどん、ぼくのストライクゾーンから離れていってしまいました。

ぼくも、彼女は「迷走した」なあと、しみじみ思います。

ですから、好きな曲は、「青い週末」「好きと言いなさい」「One Way Generation」という
筒美京平作品になってしまうのです。

☆ノンノンさま

片平なぎさは、どうしても「女優」という固定観念がぼくにはあって、なかなかレコードを買わ
なかった歌手です。ホリプロの「アイドル」の中でも地味ですが、隠れた逸材かもしれません。

三木たかしメロディーに千家和也の詩というのは、やはり、ぼくの心を惹きます。

「あなたが死んだ 悲しい通知(しらせ)
信じるなんてこと とても無理です」  (『頬にかかる涙』)

冒頭から、とてつもなく深刻な詩。それを片平なぎさは生真面目に歌うので、さらに深刻になります。
そこへ、三木たかし独特の和風のサビが来る。これはいてもたってもいられないです。

いや、ぼくも心は若いですよ。(←こんなことを言ってる時点で、もう若くない...寂。)
そう、VANのロゴにある「the young-at-heart」です。

同学年のアイドルは、デビュー順でいくと、「天馬ルミ子」さんがまっさきに登場しますA^^;;;。

☆あみだ池さま

堀ちえみさんはたくましいですね。でも、トークで、すごい大ボケをすることがたまにある
ところが、彼女の彼女たる所以ですね^^。

ぼくは、中学1年生の頃、「思い出のメロディ」を見て、たちまち夢中になり、テレビの前に
ラジカセを置いて録音した歌の数々を毎日、飽きもせず繰り返し聴いていました。
その頃は、他にも、ディック・ミネ、藤山一郎、小畑実、松島詩子、渡辺はま子、菊池章子...
といった名歌手がご健在でした。

菅原都々子さんは、ご健在ですか!それはうれしい知らせです。

「♪あの鈴懸の並木路は〜」と、よくものまねしたものですが、今は聴いてくれるひともなく(寂)。

バタやん、もう80歳を越えておられると思いますが、お元気ですね。あのギターの抱え方を継承
できるひとはおそらくいないと思うので、よく心に焼きつけておきます。

最近、灰田勝彦の曲をまとめて聴き、痛く感激しました。(このページの下に写真を掲載しており
ます。)

------------------------------------------------------------------------
新ストライクゾーンを採用してます。 投稿者:よっかー  投稿日:10月27日(日)00時56分09秒

いえいえ、たいへん楽しく拝見してました。
私はストライクゾーンが広いから、何にでも手を出してひどい目にもあってます。(笑)

同い年タレントっていうのは、やっぱ気になりますよ。
今日の「波瀾万丈/香坂みゆき」はちょうど1年先輩(誕生日も同じ)。
女性タレントでいうと、伊藤麻衣子、今井美樹、高樹沙耶、高島礼子、杉田かおる、あたりが同学年になるかな。お笑いでいうと、ダウンタウン、ウッチャンナンチャンあたりかな。

------------------------------------------------------------------------
こんばんは 投稿者:木精  投稿日:10月27日(日)00時34分03秒

本田美奈子さん「Temptation」僕も好きです。「Sosotte」もいいです。

同年代のアイドル・・・???誰がいるのかさっぱり分からないです(^^;)

よっかーさん>八神純子さん2年前に歌っていたんですか。すごいですね。歌唱力が衰えないのはきっと基礎がしっかりしているからなんでしょうね。

------------------------------------------------------------------------
「殺意のバカンス」 投稿者:MACKY  投稿日:10月26日(土)23時52分39秒

よっかーさん>お久しぶりです。話題がストライクゾーンから外れていたのでしょうか?それにしてもいつも思いますが、「殺意のバカンス」って凄いタイトルですよね。これをデビュー曲に持ってくるスタッフって…私もあの当時の洋楽の風潮に美奈子さんが狂わされてしまった(ちょっと過激かな?)という考えです。「1986年のマリリン」が別れ目だったかな?

とろりさん>ストライクゾーンから外れている、ってなかなか言えませんよね…私もあのままの美奈子さんだったら、いまだにストライクゾーンどころか危険球と見なしていたでしょうが…(実は結構私が危険球扱いしている人、多いんですよ。)

クジラ2号さん>なるほど、時代背景ってその時代を生きていた人じゃないと分からない部分がありますよね…私もなるべくその時代を基準に考えるようにはしているんですが…(最近の評論家は意外とそれが出来ずに、今を基準に昔を批判する人が多いですよね…)

ノンノンさん>同学年というと私はつい女性アイドルを挙げてしまうのですが(男性の年齢ってあまり興味持たないし…)、私の場合は荻野目洋子さん、菊池桃子さん、武田久美子さん、大西結花さん(誕生日が私と1週間違い、血液型も一緒で、星座、干支を含めてあらゆる占いが一致してしまう珍しい人…)、女優では松下由樹さん、河合美智子さん、冨田靖子さん(この人は翌年の早生まれですが)、おニャン子でいうと岩井由紀子さん、城之内早苗さん、富川春美さんあたりが同級生です。自分が中1の時、人気絶頂だった伊藤つかささんを見て、「可愛いけど、この人同じ中学だったら3年生なんだ…」と感じて、現実とのギャップに愕然とした覚えがあります。そう考えると、ノンノンさんは私が小学校に入った年に高校生だったんですよね…

ちなみにとろりさんは私の3才上、よっかーさんは4才上ですよね?クジラ2号さんやあみだ池さんとはいくつ違うんだろう…

全然関係ない話ですが、今日のミュージックフェアで、美空ひばりさんの「川の流れのように」の映像が流れました。この曲の映像って、TBSとテレビ東京のが有名で、私は確かもう1本絶対何処かにあるはずだ、と自分の記憶を信じてずっと探していたのですが、まさかシオノギ製薬に眠っていたとは…(ちょっと表現が事実と違うけど、実際はそうですよね?)

------------------------------------------------------------------------
時の流れは…&『はつらつスタジオ505』 投稿者:あみだ池  投稿日:10月26日(土)22時27分58秒

関西に住んではる方やったらご存知と思いますが、MBSの『ちちんぷいぷい』と言う番組に堀 ちえみ さんがレギュラーで出演してはります。で、同じくMBS…と言うか、TBS…の『ベストタイム』には芳本美代子さんがレギュラー出演…お二人とも、すっかりママさんですね…時の流れは速いなァ…僕よりずっと年下のアイドルが…ねェ。時の流れは速いですね、ホンマに。

話し変わって、数週前のNHKラジオ『はつらつスタジオ505』…これは出演者が凄かった。二葉あき子、田端義夫、岡本敦郎、菅原都々子、二葉百合子、白根一男、山田太郎…平均年齢、幾つになるんやろ…一番の若手が”朝刊太郎”と言うのが、何とも言えんほど…。

しかし、バタやん、元気ですなァ…『大利根月夜』『わかれ船』『かえり船』と3曲、ホンマに大車輪。まだまだ、もう一花もふた花も咲かせて下さいな!

他の方々も、同様で…『夜のプラットホーム』『白い花の咲く頃』『月がとっても青いから』『はたちの詩集』『新聞配達』ETC。久しぶりに堪能しました。

------------------------------------------------------------------------
もうじき、厳しい季節がやって来るんですね。 投稿者:ノンノン  投稿日:10月26日(土)21時03分22秒

とろりさん
トップページの片平なぎささん、可愛いですね。「純愛」が好きでした。私、同い年で同学年です。
とろりさんが精神的にきっと大人なんだと思います。私は精神年齢がきっと低くて、おまけに知能指数も低いで〜す。でも、いいんだ。歌が好きだから。(意味わからないですね。)

MACKYさん
私は、榊原郁恵さんや大場久美子さんや石川ひとみさんなどと同学年になります。MACKYさんは、誰と同学年になるのでしょうか?

クジラ2号さん
中尾喜紀さん、懐かしい名前思い出しました。
「花・太陽・雨」は、そんなに長い時間かかってレコーディングしたんですか。すごいですね。

------------------------------------------------------------------------
好きと言いなさい。 投稿者:よっかー  投稿日:10月26日(土)18時32分41秒

本田美奈子の話題につられて、お久しぶり〜。(笑)

とろりさん
やっぱ「マドンナ」が日本アイドル界に悪影響を与えたんでしょうかねぇ。

私も「1986年のマリリン」以前が好きで、本人は恥ずかしがってたけど「OneWay Generation」がいいんだけどなぁ。ザ・ベストテンにスポットライトで志村香といっしょに出たのが、すごく印象的でした。デビュー曲「殺意のバカンス」をちょっとHな歌だと解説し、志村香ファンには申し訳ないけど、ほとんど何も喋らせなかった圧倒的な存在感(ちょっと大げさ)で、一気に日本歌謡大賞、FNS歌謡祭、メガロポリス歌謡祭で優秀新人賞を獲りましたね。
それ以降はブレイクしたという方もいますが、迷走したと私は思ってます。
本田美奈子も「波瀾万丈」に出演できるくらい、芸能海を泳いでますよ。

PYGって登場したときから、妙にしっくりこなかったように記憶してますが、ショーケン+ジュリーという豪華なボーカルなのになんかパッとしませんでしたね。
二人ともバンドより、ソロ志向に傾いていたので、別なところの思惑で動かされていたじゃないでしょうか。(知らないクセに言い過ぎたら御免なさい)

木精さん
「みずいろの雨/八神純子」はよかったですね〜。
八神さんのいいトコは、2年前に唄ってた「みずいろの雨」の方がすごくよかったことです。
衰える歌手の多い中、ますます魅力的に唄ってくれる八神純子さんは素敵です。

------------------------------------------------------------------------
「もどらない日々」  投稿者:クジラ2号  投稿日:10月26日(土)17時47分18秒

とろりん村のとろりさん、MACKYさん> 本田美奈子さんは、MACKYさん同様 「Temptation」が、
一番好きです。ラテンのノリで、独特の浮遊感が、いいですね。ステージ衣装も、白いミニ・スカートで、スリットが入っていてセクシーでしたね。

70年当時は、時代背景として、ウッドストック(Woodstock)や日米安保闘争があり、日本国内では
学園闘争が盛んでした。この時期はPYGに限らず、コマーシャルな活動(テレビに出演したりヒット・チャートに入ったりしていた)を、していたバンドは、ことごとく拒否されていました。
学生運動盛んな頃 西部講堂へ出ること自体が場違いでした。出ただけで、物は投げ込まれる
演奏は邪魔される、帰れコールが、始まるといった状態でした。演奏の評価も何もあったものではありません・・・。当時は、頭脳警察、ブルース・クリエーション、フード・ブレイン、ストロベリー・パス、エスケイプ(高中正義 在籍)、ファーラウト、スピード・グルー&シンキなどが活躍していました。

とゆうことで失敗もなにも、それ以前の問題でした。GSで受け入れられていたのは、モップス、ゴールデン・カップス、内田裕也とフラワーズ ぐらいのものでした。

PYGはボーカルに関しては、大口ヒロシさん以外は全員 歌っていました。井上尭之さんもスパイダースに加入するときは、ボーカリストとして入っていますので、PYGでも、数曲ソロ・ボーカル
をとっています。大野克夫さんも数年後ソロ・ボーカルLPを、出しています。
岸部修三作詞、井上尭之作曲「もどらない日々」 萩原健一作詞、沢田研二作曲「何もない部屋」も
好きな曲です。

ザ・ハプニングス・フォーはGSといっても少し毛色が変わっていて、ラテン・ジャズを演奏する
大人のバンドでした。初期はギター・レス でクロウト受けするバンドで、後期は、プログレに移行してゆきました。

平山三紀さんの「ノアの箱舟」いいですね。平山さんについては、後日書きます。

ノンノンさん> ピーターズから、ロック・パイロットへ参加したのは、中尾喜紀(Vo)矢部郁雄(Lg)の2人です。ピーターズは ポリドール・レコード、すぎやまこういち作曲という事で、
初期のタイガースに近い感じでした。

PYGの曲「花・太陽・雨」は、(井上尭之さんの著書によると)この1曲のために、100時間かけてレコーディングしたそうです。「花・太陽・雨」は、シングル盤とLPとでは、バージョンが、違います。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:10月26日(土)01時26分58秒

☆MACKYさま

最近、よくカバー曲がリリースされますが、どうしてもオリジナルの印象が強すぎて、
なかなか、落ち着いて聴くことができません。

本田美奈子はぼくのストライクゾーンからは少し、はずれます...。彼女の曲では、何
といっても「青い週末」です。あの路線で行ってくれていたらなあ。(←今さら、こんな
ことを言っても、どうしようもないですね^^。)

☆クジラ2号さま

PYGは全国的に評判がよくなかったのですか。京都の西部講堂で大ブーイングを浴びたとい
うのは「伝説」として知っていましたが。

「そっと おやすみ」(布施明)が好きなぼくとしては、クニ河内がいたザ・ハプニングス・
フォーの曲を一度、聴いてみたいと思っています。

☆ノンノンさま

「6歳違いは相性がいいそうです」と、MACKYさんが下で書いておられましたので、書こう
かなと思いましたが、あまりにも、てれくさいので、やっぱり書きませんでしたA^^;;;。

確かに、音楽の好みとか、ノンノンさんに親近感を持っています。

小学1年生のとき、中学1年生なんてすごく大人に見えたものです。
でも、年齢を重ねるにつれて、世代的なギャップはあまり感じなくなりますね。(←フォ
ローになってない^^!)

------------------------------------------------------------------------
「Temptation」 投稿者:MACKY  投稿日:10月25日(金)23時33分48秒

クジラ2号さん>本田美奈子さんの名前がでたのでつい反応してしまいますが、この人の曲では私は何と言ってもブレイク直前の「Temptation」に尽きます。この曲で誘惑という英単語を知ったことも有益でしたが、以前にも書いたように私はこういう「男と女の駆け引き」を歌った女性アイドルの曲には異常に惹きつけられるのです。他には河合奈保子さんの「Invitation」とか松本伊代さんの「恋のバイオリズム」とかWinkの「淋しい熱帯魚」とか…そういえば当時美奈子さんはアイドルじゃないとかって宣言してましたけどね。

PYGは、やっぱりダブルボーカルというのが失敗だったのでは?スパイダースとはちょっと意味が違いますからね。

ノンノンさん>はい、確かに働き盛りですが、最近ちょっと年齢を感じます…でも私、ここにいる人の中では木精さんを除けば最年少なんですよね…ご本人が良いと仰ってるので書きますが、おそらくノンノンさんと私は9才違い(生まれ年を昭和で書くとちょうど反対になるはず?)ですよね?

------------------------------------------------------------------------
ピーターズ 投稿者:ノンノン  投稿日:10月25日(金)21時01分41秒

とろりさん
とろりさんが、私よりも6歳位年下ということは、私は以前から知っていました。(とろりさんが書かれていたのを読んでいて、わかりました。)でも、頭のなかみは、はるかに、とろりさんの方が上ですね〜。大人です。私と比べることじたい失礼ですね。ごめんなさい。
6歳違いは相性がいいそうですね〜。あっ、今、ブルッって急に寒くなったでしょ!?

MACKYさん
MACKYさん、働き盛りですものね。大変ですね。でも、充実しているのではないでしょうか。
これから、忘年会のシーズンですね。男性は大変そうですね。お酒をよく、すすめられますものね。お酒が好きな人や強い人はいいでしょうけど、そうでない人にとっては憂鬱でしょうね。弱っている胃腸には、お酒は控えめがいいですね。

クジラ2号さん
PYGの曲で、「花・太陽・雨」でしたっけ? ありましたよね。
ロック・パイロットは、私が書いたのは全然違ってました。(笑)
ピーターズの人も入っていたんですね。「虹のキャンドル」「白い荒野」を歌っていたグループですよね。好きでした。「虹のキャンドル」って、ロマンティックな曲ですよね。♪帰らないで 帰らないで 外は寒いから 暖かい僕のそばにおいで♪ っていう歌詞で、これからの季節にピッタリな曲ですね。

今日の朝、テレビで、松浦亜弥さんが歌っているカバー曲を紹介していました。素直な可愛い声で、しっとりした感じの曲をとても上手に歌っていました。天は二物を与えないというけど、松浦亜弥さんって顔も声も可愛いですね。声や歌い方に性格の良さが現れるんだなって思いました。
私は今、中島美嘉さんの曲が好きで、よく聴いています。曲にも声にも癒されます。

------------------------------------------------------------------------
「自由に歩いて愛して」 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月25日(金)12時43分52秒

ノンノンさん、とろりん村のとろりさん>PYGは、タイガースから沢田研二(Vo)岸部修三(Bass)、テンプターズから萩原健一(Vo)大口ヒロシ(Ds)、スパイダースから井上尭之(G)
大野克夫(Key)がメンバーです。活動期間は、1971年から1年半ぐらいです。シングル5枚LP2枚
で、代表曲は、「自由に歩いて愛して」です。当時は、ニュー・ロックの全盛で、アウトロー的な
バンドは、聴衆の支持を受けていましたが、PYGなどは、冷たい扱いを受けていました。

ロック・パイロットは後期GSの ピーターズ、ファニーズ、P・Sヴィーナス、ハプニングス4+1の
メンバーから、ピック・アップして結成されました。メンバー自身がアレンジした曲もあり、実力
は、あった様です。

MACKY さん> 「六本木心中」は武道館ライブで、本田美奈子さんも歌っていました。けっこう
イケテました。アン・ルイスさんは、バック・バンドが迫力があって、ヘビーでロックしていました。

------------------------------------------------------------------------
「六本木心中」 投稿者:MACKY  投稿日:10月24日(木)23時51分43秒

クジラ2号さん>「六本木心中」はカバーされたヴァージョンを昨日聴きましたが、やっぱりアン・ルイスさんのロックしている歌唱には敵わないかも…あの歌声は迫力ありましたもんね。

PYGは今思えば夢の顔合わせ(あ、当時もか)だったでしょうが、当時は酷評されたようですね。両雄並び立たず、といったところでしょうか?

とろりさん、木精さん>私も最近のチャートは全然分かりません。曲名もアーティスト名も覚えられないし…百恵さんのシングルなんて全部覚えてるのに…最近の曲で知っているのはカバー曲だけです。わずかにポルノグラフティはちょっとだけ聴きます。

「みずいろの雨」は、できればサンバホイッスルのところまで聴きたかったです。1位はいつもの通り「季節の中で」のあのコンサート映像かと思いましたが、ちょっと意表をつかれました。

ノンノンさん>人間の身体には3,000種類くらいのツボがあるそうです。おかげさまでかなり体調も良くなりましたが、そうすると職場内で振り回されるので再発が怖いです。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:10月24日(木)22時53分42秒

☆クジラ2号さま

今日、指圧器を100yenショップで買ってしまいました。

PYGは名前だけ知っていましたが、ロック・パイロットは全く知りませんでした。
過渡期にはいろいろなことがあったのですね...。

☆ノンノンさま

今日は寒かったですね。

それと、ノンノンさんは、ぼくと6歳くらい違うことが判明しました^^。

------------------------------------------------------------------------
今日は寒かったですね。 投稿者:ノンノン  投稿日:10月24日(木)20時51分31秒

MACKYさん
ツボは、たくさんあるんですね。
山口百恵さんって、人を惹きつける魅力を持った人ですよね。
獅子座と乙女座のグループは、確か、それで良かった様な気がします。

クジラ2号さん
ロック・パイロットの4つのGSって、誰でしたっけ?
タイガース、テンプターズ、スパイダース、ワイルドワンズでしたっけ?
「プラチナゴールデンショー」「シャボン玉アワー」「サザエさん」って、日曜日に続いて放映してませんでしたっけ?

------------------------------------------------------------------------
「やすらぎを求めて」 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月24日(木)19時46分49秒

こんちさん、MACKYさん> アン・ルイスさんは、「LUV-YA」「I Love Youより愛してる」「六本木心中」「ああ無情」「ピンクダイヤモンド」など、NOBODYの曲が、多かったですね。松田良さんの曲も
多かったです。
タイガース解散後、タイガース、テンプターズ、スパイダースから2人づつ参加してPYG(ピッグ)というバンドが作られました。1971年4月に「花・太陽・雨」でデビューしましたがB面「やすらぎを求めて」岸部修三作詞、沢田研二作曲は、カッコいい曲です。

ロック・パイロットは、1970年に渡辺プロの音頭で4つのGSからメンバーを、ピック・アップして結成されました。ファースト・アルバムでは、沢田研二作曲作品が、4曲入っています。彼らが、「シャボン玉ホリデー」に出演した時には、何故かジュリーが、ドラムを、叩いたそうです。

親指と人差し指の間のくぼみ(ツボ)は、腸に関連し、直腸の活動を活発にする(便秘にきく)と
どこかで読んだ覚えがあります。

木精さん 、とろりん村のとろりさん、ノンノンさん > 「歌の大辞テン」は、ツイストの所だけ、少ししか見られなかったです。私も今の音楽チャートは、ぜんぜんわかりません。
最近の人だと 小柳ゆきさん、Kiroro、ELT、夏川りみさん、チェウニさんは、いいですね。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:10月23日(水)23時49分29秒

今、振り返ると、1978年頃って、音楽の黄金時代だったなあと思います。

今の音楽チャートは...ぜんぜんわかりません(恥)。

------------------------------------------------------------------------
こんばんは 投稿者:木精  投稿日:10月23日(水)23時38分58秒

僕も「歌の大辞テン」みました。百恵さん、宏美さん素晴らしかったです。八神純子さんの「みずいろの雨」の歌う姿も見ることができてよかった。やはり音だけで聴くより歌っていた当時の映像を見るとより感動します。
追伸:今週のベストテンより昔のベストテンのほうが知っている高校生、珍しいですよね(笑)

------------------------------------------------------------------------
チョコレート好きですョ 投稿者:ノンノン  投稿日:10月23日(水)21時52分39秒

クジラ2号さん
「私の好きなチョコレート」も可愛い歌詞なんですね。「おかあさんといっしょ」などの幼児番組の中の歌のような。でも、全体を聴けば、大人の歌だなって、わかるのでしょうね。ちなみに、「おかあさんといっしょ」で昔から歌われている歌の中で、ドロップスのうたが、子供の頃から好きです。♪昔 泣き虫神様が 悲しくて泣いて うれしくて泣いて♪ という歌です。

今日の「歌のトップテン」は、昭和53年10月でした。懐かしかったです。その頃の私は、19歳になりたてです。年月が経つのって、早いですよね。
「ブルー」もこの頃の曲だったんですね。「時間よとまれ」も。

------------------------------------------------------------------------
「東京の女」 投稿者:MACKY  投稿日:10月23日(水)21時48分30秒

こんちさん、クジラ2号さん>ジュリーが他のアーティストに提供した曲というと真っ先に「ラ・セゾン」が思い浮かびます。これは作詞が百恵さんですから、紅白のトリをとった同士の作品ですね。アン・ルイスさんっていう人はいろんな面で恵まれていますが、これなどは最たる例ですね。

あとはザ・ピーナッツの「東京の女」ですか。田中裕子さんにも提供していたとは知りませんでしたが、どうも曲を提供した人と結婚する習性は今の某プロデューサーの元祖?まあザ・ピーナッツの場合は事務所のつながりも大きいでしょうが。

ちなみに昨日の続きは、「立ち止まるな振り向くな」「ウィンクでさよなら」「コバルトの季節の中で」「さよならをいう気もない」「勝手にしやがれ」「メモリーズ」「憎みきれないろくでなし」「サムライ」「ダーリング」「ヤマトより愛をこめて」「LOVE(抱きしめたい)」(今日映像が流れましたね)「カサブランカ・ダンディ」「OH!ギャル」「ロンリーウルフ」「TOKIO」「恋のバッドチューニング」「酒場でDABADA」「おまえがパラダイス」「渚のラブレター」「ス・ト・リ・ッ・パ・−」「麗人」「“おまえにチェックイン”」「六番目のユ・ウ・ウ・ツ」「背中まで45分」「晴れのちBLUE BOY」「きめてやる今夜」「どん底」「渡り鳥 はぐれ鳥」「AMAPOLA」となります。まあ自分でも良く覚えたもんだ…

ノンノンさん>手のツボといっても色々ありますが、一番万能なのは親指と人差し指の間のくぼみですね。これは合谷といって眠気覚ましから目の疲れ、歯の痛みから内臓まで幅広く網羅しています。

星座の相性は確か向かい合わせ同士が良いという話を聞いたことがあります。干支も向かい合わせ同士(6才違い)が良いそうですね。あと星座は同じグループ同士が良いとか色々ありますね。ちなみに獅子座は火、乙女座は土だったっけ?火、土、木、水の4種類があるんですよね。

さっきの映像で「絶体絶命」が流れてました。これなんか軽快でさっぱりしているのに、内には強さがあって好きだなあ。

------------------------------------------------------------------------
作曲家・ジュリー 投稿者:こんち  投稿日:10月23日(水)21時09分08秒

>クジラ2号さん

忘れてました!
ジュリーは他の人に曲を提供したりしてましたね。
僕がいちばん印象に残っている曲は「なんの気なしに」です。
♪なんの気なしに〜 誘われたの〜 私は夢中に なってしまったの〜よ〜
とかいう歌詞の曲だったと思います。
そう!歌っていたのはザ・ピーナッツさんたち。
田中裕子さんにも曲を作っていたとのことですから、
ジュリーが女性に曲を贈った時は要注意なんでしょうか(笑)。

------------------------------------------------------------------------
「私の好きなチョコレート」 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月23日(水)17時57分05秒

こんちさん、MACKYさん> 沢田研二さんは「渚のラブレター」「ヤマトより愛をこめて」「白い部屋」などを良く聞いていました。もっぱらFMから録音して聞いていました。レコードは「愛の逃亡者(英語)」ぐらいしか持っていなかったと思います。
作曲家として他の人に提供した曲では、ロック・パイロットの「ひとりぼっちの出発」、田中裕子さんの 「マリオネット」などが、印象に残ってます。 

吉幾三さんは、「五月雨(さみだれ)」という曲が良いと思います。香西かおりさんに歌ってもらいたいですね。大橋純子さんは、良く声がでます。

ノンノンさん>「待ちくたびれた日曜日」は、最初の2小節は、良く似ています。法的には、4小節
までは、似ていてもOKだと思いました。 A´メロが、♪犬もお風呂に入ったし 小鳥のかごも 
ぬりかえた〜♪です。
「私の好きなチョコレート」は、♪届けてくれた忘れ物 だけどお礼はいわないの あなたが半分たべちゃった 私の好きな 好きな チョコレート 〜 ♪です。思わず、笑ってしまいます。

「ミドリーヌ」は、良く覚えていませんが、フランス語の語りから、始まったような気がします。

------------------------------------------------------------------------
たそがれマイ・ラブ 投稿者:こんち  投稿日:10月23日(水)13時07分44秒

>MACKYさん

沢田研二さんは随分たくさんのフレンチポップス系の曲を歌っていたんですね。
『危険なふたり』と『魅せられた夜』の間にもう一曲あったのは知りませんでした(汗)。

大橋純子さんの『たそがれマイ・ラブ』はイントロからカーリー・サイモンの
『YOU BELONG TO ME』とよく似ていますが、僕はどちらも大好きな曲です。
大概、この手の良く似た曲同士ではどちらかあまり好きになれなかったりする
ものですが、例外中の例外です。たぶん、どちらもシンガーとしてのパフォーマンス
がそれぞれの曲で素晴らしいから気にならないのかもしれません。

------------------------------------------------------------------------
♪君」をのせて夜の海を渡る舟になろう♪ 投稿者:ノンノン  投稿日:10月22日(火)21時47分26秒

とろりさん
私にとって、とろりさんのHPは目には見えない何かに惹きつけられている様な、そんな気がします。もしかしたら、とろりさんとは、前世でも何かのつながりがあったのでは、なんて考えることがあります。(ちょっと、大げさでしょうか)

MACKYさん
高熱も辛いのに、その上、急性の胃腸炎はかなり辛かったですね。急性っていうのは何でも辛いですよね。♪ニッポン人は〜 胃腸が弱い〜♪ っていう曲がありますけど、私も胃腸が丈夫ではないです。頭も弱いですけど。
手のツボは何にきくのですか?
そうですよね。隣りの星座はあまり相性よくないですよね。でも、女性の乙女座と男性の獅子座って相性良さそうな感じはありますね。女らしい女性と男らしい男性で。その逆で、男性の乙女座と女性の獅子座も良さそうですね。男らしさと女らしさって、お互いが合っていれば関係ないですものね。
八神純子さんの「夜間飛行」も好きです。「甘い生活」も好きです。「甘い生活」というと、大抵の人は野口五郎さんの曲かと思うのかもしれないですね。

クジラ2号さん
「待ちくたびれた日曜日」の最初のメロディーって、タイガースの「モナリザの微笑み」にちょっと似ていますね。♪犬もお風呂に入ったし♪ っていうところなかったでしたっけ? 聞き間違いかな〜? もし、あっているとしたら、何か、可愛いなと思って。
そうかァ。「緑犬」ですね。「ミドリーヌ」って、♪ミドリーヌ ミドリーヌ♪ で始まりましたっけ?

------------------------------------------------------------------------
「君はどこにいるの」 投稿者:MACKY  投稿日:10月22日(火)21時20分37秒

クジラ2号さん>まさしくその通りです。ただし、彼女のシングルは4枚で、デビュー曲は「君はどこにいるの」です。2枚目が「ナヴィのはじめて物語」(このナヴィとは当時の愛称で、私はしばらくそう呼んでましたが、誰にも通じなくなり断念しました)、それ以降はクジラ2号さんが書かれたとおりです。といっても私も曲自体はほとんど知らないのですが…ドラマでは悪役が似合わなかった「最後の恋」とか、主演した「かりん」などを見ていました。

こんちさん>「君を乗せて」「許されない愛」「あなただけでいい」「死んでもいい」「あなたへの愛」「危険なふたり」「胸いっぱいの悲しみ」「魅せられた夜」「恋は邪魔もの」「追憶」「愛の逃亡者」「白い部屋」「巴里にひとり」「時の過ぎゆくままに」…と続きますね。(ジュリーのシングルの順番は「AMAPOLA」までは覚えています。)この頃のジュリーはフレンチポップス路線でしたね。

さっきNHKで、大橋純子さんが「たそがれマイ・ラブ」を歌っていました。他にも香西かおりさんの「すき」とか吉幾三さんの「津軽平野」とか、私の好きな曲ばかりで、録画すれば良かったと後悔しました。こういうときに限って再放送は国会中継で潰れるんだよなあ…

------------------------------------------------------------------------
魅せられた夜 投稿者:こんち  投稿日:10月22日(火)21時06分10秒

お久しぶりです。

>フレンチポップ
>タイガース→ジュリー
>夜を連想させる曲

と来ると、
僕が思い浮かべるのは
沢田研二『魅せられた夜』です。
確か、『危険なふたり』の次に出したEPだったと思います。
とにかく感心したのは、当時はきっとジュリー以外には誰にも
この曲は歌えなかったのではなかろうか?ということ。
あまり話題に挙がらない曲なのでついつい書いてしまいました。

------------------------------------------------------------------------
ダブルブッキングなんか怖くない 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月22日(火)18時37分28秒

MACKY さん>芳本さんの歌っている姿は、覚えていないです。見てみたいですね。

結婚してしまった女優さんて、細川さんですか?たしか「星の金貨」に出演してたと思いましたが、
大きな瞳で繊細そうな・・・ガラス細工のバンビ・・という感じでした。ワーナーから 「ナヴィのはじめて物語」「ダブルブッキングなんか怖くない」「バイバイBOYにしてあげる」などシングル3枚、アルバム2枚出してたと思います。残念ながら、聞いたことないですけど・・・

とろりん村のとろりさん>ビダルさん(当時17か18才)の日本初コンサート、東京サンケイ・ホールでのヒトコマ。彼女は日本語で歌う「小さな鳩」の途中で、歌詞を忘れてしまった。泣き出しそうな顔で舞台の袖を見るビダルちゃん。心の底から申し訳なさそうに観客に向かってわびる・・・
観客は・・・暖かい拍手を送る。やがて気を取り直したのか、再び歌い出す・・・

歌い終わって楽屋にひきあげてきたビダルは・・・ギュッと唇をかみしめる。
ビダルの顔には、自分の思うように歌えなかった悔しさが、ありありと現れている。たとえ観客は許してくれても、自分自身はけして許そうとしない気の強さがそこにあった。
彼女はその日、舞台が終わってからもホテルに帰らず、客のいなくなったガランとしたホールで、
一生懸命にリハーサルを繰り返し、見事、その翌日のステージでは、堂々と歌いこなし、大成功でした。・・・    (「チャオベラチャオ」のライナーより)

------------------------------------------------------------------------
でかい 投稿者:ALIEN  投稿日:10月22日(火)02時51分47秒

はじめてこのサイトに来ました。すばらしいEP盤のコレクションですね。
しかもコメントがいい!ほんとうに音楽を愛する人なのですね。
内容からすると自分より年下なのに『いいオヤジ』じゃないかと勝手に想像するのですが、曲の好みが"通"で敬服いたしました。
苦言を言わせてもらえば、スキャナでモアレが出ているのが気になります。
読み取り精度を下げて圧縮率を変えてみてください。軽くなりますよ。
また、読み取る際に裏に黒い紙を当てると(コピーと同じ)裏写りが軽減されます。
これからのUPDATEを期待しています。

http://www.ne.jp/asahi/kokubunji/alien/index.htm

------------------------------------------------------------------------
「Auroraの少女」 投稿者:MACKY  投稿日:10月21日(月)23時06分49秒

クジラ2号さん>「サカナ跳ねた」は88年の秋の作品で、芳本さんがそろそろ歌手を”卒業”する頃の曲です。やや陳腐な言い方をすれば「昭和がまさに暮れようとしていた」時期にふさわしい、ちょっと淋しい曲です。「Auroraの少女」は絶頂期の作品ですね。スケールも振り付けも大きな(あの腰の曲がり方は忘れません)曲でしたね。私も大好きです。

しかしまさかあの器械を持っている人が他にもいるなんて…

とろりさん>ご心配ありがとうございます。私は戯れられてしまう星座です。

渡辺真知子さんのコンサートを見に行った友人の話によると、「迷い道」「カモメが翔んだ日」と、売れセンを狙った曲を続けて結果を出したのだから、3曲目くらいは自分の好きな曲を歌わせてくれと直訴して発売にこぎ着けたのが、「ブルー」だそうです。そのせいかそのコンサートでもこの曲は「ヒットソング・コーナー」(アンコールでまとめて歌うそうです)ではなくて、中盤の聴かせどころで歌ったそうです。それだけご本人の気持ちがこめられているのですね。

今日は、私がルックス的には一番好みだった女優さんが結婚してしまったので、ちょっとだけ淋しい秋の夜です。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:10月21日(月)19時19分03秒

☆ノンノンさま

ノンノンさんがお好みの曲はぼくの嗜好と、あってますね。不思議なことです。

ぼくの渡辺真知子のマイ・ベスト・フェバリット・ソングも、何といっても「プルー」で
す。カラオケでもよく歌います^^。「EP盤リスト(その5)」でも「サビのところで真
知子節が豪快に炸裂する名曲。彼女の曲の中から好きな曲を一曲選べと言われたら、迷う
ことなくこれを選ぶだろう。」と断言してしまっています。

ちなみに、「ブルー」から連想する曲は「東京ららばい」(中原理恵)です。

☆MACKYさま

「乙女座宮」(山口百恵)では、獅子座以外の人は傷ついたでしょうね。
ちなみに、ぼくは射手座です。歌詞にさえ出てきません(泣)。

「恋はみずいろ」。どうでもいいことですが、天地真理が「水色の恋」が収録されたLP
でカバーしてますね。

足裏ツボ健康器はサウナなどでよく見かけます。あれに乗るのは、ちょっと、「ためらい」
(増田恵子)がありますね。最近、体調不良なので買おうかなと思っています。

MACKYさん、おからだをお大事に...。

☆クジラ2号さま

「カトリーヌ」のサビの部分は何ともいえません!すばらしい熱唱です。
「小さな鳩」の作詞は山上路夫で、作曲が村井邦彦ですか。それだけで期待してしまいますね。
今度はこれを探そうと思います。

ガールズのボーカル。残念ですが、ぼくも、ちょっと、わかりません。お役に立てず、
申し訳ありません。確かに、言われてみると、「ガールズ」って、そのまんまのバンド名ですね^^。

オックスのファーストアルバム...あのサイケデリックなジャケットのLPですね。
「夜をぶっとばせ」がナイスカバーだと思いました。
ビリーバンバンの「ミドリーヌ」は中古レコード店でよく見かけますが、聴いたことはあ
りませんm(_ _)m。

芳本美代子は80年代アイドルの中でも、ぼくを最も夢中にさせたアイドルです。
どの曲にも思い入れがありますが、いちばん「かっこいい!」と思うのは「Heroes」です...。

------------------------------------------------------------------------
ミドリーヌ 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月21日(月)18時01分39秒

ノンノンさん> 「待ちくたびれた日曜日」は、♪髪もきれいにとかしたし 靴もピカピカ光ったし あなたの好きな香水も〜♪ で始まります。確か、ファースト・アルバムのA面に入っていましたよね。
「蚊取り犬」て「緑犬」では なかったのでは、ビリーバンバンのシングル盤で「ミドリーヌ」という曲が在りました。フランス語の語りが あったと思います。フランス語が得意そうなので「蚊取り犬」もレパートリーに入れていたかもしれません。

MACKYさん>芳本さんは、「海」を歌っていたのですか。知らなかったです。「サカナ跳ねた」も聞いた事ありません。彼女の曲では ♪Change My New Dream 振り向いちゃダメ サヨナラに立ち止まれば 何も変わらない ♪ 「横顔のフィナーレ」が、良かったですね。「Auroraの少女」「涙のイヤリング」もなかなかでした。

「足裏ツボ健康器」は私も持っています。正方形の板に足の裏の形が書いてあって、その中にツボを刺激する出っ張りがあります。乗っかると結構痛いです。
八神純子さんのCD BOXが発売された様ですが、高いのでチョット・・・   

------------------------------------------------------------------------
「恋はみずいろ」 投稿者:MACKY  投稿日:10月20日(日)22時35分59秒

とろりさん>いえいえ、いつも私も勘違いばかりしていますし。昨日のキャンディーズの映像は、同じ回の収録だったようですね。

クジラ2号さん>ご心配ありがとうございます。「恋はみずいろ」は私も好きです。この曲もいろんな人がカバーしていますが、原曲が一番好きだなあ。

私も「ミ・アモーレ」ではなくて「赤い鳥逃げた」を持っています。だからこのメロディーを思い浮かべるとどうしても「赤い鳥逃げた」の歌詞が浮かんできます。

今日CS放送を聴いていたら芳本美代子さんの「海」(サザンのカバー)が流れました。この曲、ジューシー・フルーツがカバーしたのは知っていますが、芳本さんも歌っていたのですね。個人的に今頃の時期の海を連想します。それと芳本さんのシングル「サカナ跳ねた」を少し連想させます。

ノンノンさん>いえいえ、ストレスから来る急性胃腸炎なんですよ。高熱が出たので、てっきり自分も風邪かと思ったのですが、ここのところ仕事がハードだったので…今はこれを書きながら足の裏のツボを押さえてマッサージしています。やっぱり胃につながるツボはかなり効きます。仕事を休んだ日に「ごきげんよう」を見ていたら宏美さんが出演していて、「足裏ツボ健康器」を「いらない」と持ってきていましたが、私は同じものを持っていて結構使っているので、ちょっと苦笑ものでした…ツボは全身にあるのですが、どういうわけか手と足のツボばっかり押さえてしまいます。

「乙女座宮」はずっと疑問なのですが、どうして乙女座と獅子座なんでしょうね?隣の星座ってそんなに相性良くないはず…単にゴロが良いからだけかな?

夜を連想させる曲…陽水さんなら「とまどうペリカン」だな。何しろ歌い出しが「夜の何処かに隠されたあなたの瞳が輝く〜」だし。「夜間飛行」は前も書いたように八神純子さんの曲がいかにも夜、という感じです。あとジュリーの「サムライ」が完全に夜中の曲ですね。

------------------------------------------------------------------------
「蚊取り犬」  あっ、ちがった。 「カトリーヌ」です。 投稿者:ノンノン  投稿日:10月20日(日)21時27分52秒

とろりさん
ダニエル・ビダル、本当にフランス人形のように可愛いですね。「カトリーヌ」の歌詞は、♪カトリーヌ カトリーヌ♪ で始まるんでしたっけ? 確か、ビリーバンバンも歌っていたと思ったのですが、違うのかな。
私も以前から、とろりさんと嗜好が似ていると感じていました。とろりさんの連想ゲームのようなつながり、いいつながりになっていると思いました。けっこう、夜をイメージする曲って、ありますね。アダムスの「にくい時計」も、キングトーンズの「グッナイベイビー」も、いしだあゆみさんの「ブルーライトヨコハマ」も。書ききれないほど、たくさんありますね。みんな、ロマンティックな雰囲気の曲ですね。

木精さん
「夢先案内人」でしたね。私、この曲は、どういうわけか曲名をすぐ忘れてしまうんですよ。「乙女座宮」の歌詞と何となく似ていて、まぜこぜになってしまいます。「夢先案内人」は今、お酒のCMで流れていますね。歌っている人は、わからないのですが。
渡辺真知子さんの曲は「ブルー」が好きです。

MACKYさん
風邪をひかれたのですか? 疲れが出たのではないでしょうか。季節の変わり目は、身体がついていくのが大変ですよね。今年の夏は、猛暑だった影響で身体が疲れているのかもしれないですよね。胃腸なども衰えているのだと思います。私は、季節の変わり目は、いつも胃腸の調子が良くないです。もともと、あまり丈夫な方ではないので、疲れたりしても、すぐ弱いところに出てしまいます。神経的なこともあるし。でも、気力でどうにかもっています。睡眠が一番大切だと思うので、ちょっとした時間でも眠ることが良いのではないでしょうか。なかなか思うようにはいかないのが現実だと思いますが。明日は、雨で寒いらしいですよ。雨に濡れないようにして、暖かく過ごせるといいですね。

クジラ2号さん
ヴィッキーの「待ちくたびれた日曜日」って、オックスの赤松愛さんが歌った曲と同じなのかな?
♪あなたの好きな香水も〜♪っていう歌詞ですか?
「愛の休日」やっぱり、合ってた〜。良かった〜。

------------------------------------------------------------------------
小さな鳩 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月20日(日)19時32分09秒

とろりん村のとろりさん>日本での第2弾「カトリーヌ」買いましたか。この曲は、3拍子(ワルツ)で優雅な雰囲気ですね。作曲が、ポール・モーリアですからね。 サビの部分で声を張っていて、少し緊張感が漂います。B面の「夢見るわたし」もルフラン(リフレイン)の部分が何か訴えかけている感じがします。訳詞を見ると、♪私は国中で1番 美しい娘でありたいと思う♪ の所が泣かせますね。ジャケ写は、髪が長いですが、その後ショートカットにして、顔も少しひきしまって より可愛くなりました。「チャオベラ・チャオ」のジャケ写が、その頃に近いと思います。
日本での第3弾は、「小さな鳩(日本語)」です。作詞山上路夫 作曲村井邦彦で、ミディアム・スローでシットリした曲です。

1970年頃、フレンチ・ポップス界で活躍した人としてヴィッキーという歌手がいます。ギリシャ生まれですが、フランスを中心に活動していました。彼女も、作詞小園江圭子 作曲村井邦彦で「待ちくたびれた日曜日」という曲を歌っています。代表曲は「恋はみずいろ」「私の好きなチョコレート」「白い十字架」「思い出に生きる」など・・・

「ガールズ」について もう一つ教えて下さい。リード・ボーカルの人は何という名前でしょう?
女性だけのバンドで「ガールズ」て ひねりも何もないですね。ハード・ロックバンドでしたよね。

ノンノンさん>夜を感じさせる曲・・・明菜さんの「北ウイング」、水越けいこさんの「32階のBar」
ぐらいですか・・・
「愛の休日」は、♪ホリデー オオ ホリデー♪で始まります。ゆったりとしたスケールの大きな
曲ですね。

木精 さん>「ミ・アモーレ」は、歌詞違いの「赤い鳥逃げた」(シングルCD)の方を購入しました。明菜さんのCDは、これ1枚しか持っていません。渡辺真知子さんも好きなのですが、1枚も持っていません。

MACKY さん>キャンディーズは、スーちゃんが好きでした。多少高めの声でした。
 お身体 おだいじに。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:10月20日(日)03時43分13秒

☆クジラ2号さま

ダニエル・ビダル嬢と出会うために中古レコード店めぐりをしたら、「カトリーヌ」があ
ったので、さっそく買ってきました。

レコードをターンテーブルにのせて、アームリフターをおろして...。
「Catherine,Cathrine...」という歌い出しがあまりにも、日本人っぽい!次に日本
語の歌詞が出てくるのではないかと思ったくらいです。続いて、フランス語の歌詞が出て
きたので、ほっとしましたが。鼻母音とか、唇の使い方とか、ほんとうに、きれいなフラ
ンス語の発音です。(フランス人だから、あたりまえか^^。)

歌唱力のすばらしさもさることながら、クジラ2号さんが教えてくださった村井邦彦の言葉
は至言だと感じました。

のびのびした声が抜群、音域も広い、フィーリングが日本人にピッタリくる、(声の質が
しめっている しっとりとして光沢がある・・・)

ああ、「純愛」の間奏もすごいですね。クジラ2号さんのようなギターを弾く人でも、そう
お感じになるのですね。

☆ノンノンさま

グループサウンズをリアルタイムで体験されたのですか!それはうらやましい...。
いくら追体験しようとしても、リアルタイムでなければわからないものもあるでしょうし。

ぼくの嗜好がノンノンさんに似ていることに驚きを感じます。
ぼくにもロマンティックでスケール感があって、夜を感じさせる曲が好きな傾向がありま
す。さらに、そういう曲はぼくの中で連想ゲームのようにつながっていたりします。

たとえば、

「銀河のロマンス」(ザ・タイガース)→「君をのせて」(沢田研二)→「逢いたくて
逢いたくて」(園まり)

「夜間飛行」(ちあきなおみ)→「ウィング」(松田聖子・LP『Canary』の収録曲)
→「一千一秒物語」(松田聖子・LP『風立ちぬ』の収録曲)→「流星ナイト」(松田聖
子・LP『風立ちぬ』の収録曲)

「闇夜の国から」(井上陽水)→「帰れない二人」(井上陽水)

「乙女座宮」(山口百恵)→「夢先案内人」(山口百恵)

☆MACKYさま

オリコン・チャートの件は、ぼくの勘違いのせいです。すいませんm(_ _)m。

「ミュージック・フェア」のキャンディーズの映像は以前、見たことがあります。
なるほど、「わな」が選曲されていたのはそういうことだったのですか。
あの番組は歌番組の中でいちばん、映像、音声ともにきれいなビデオテープが残っている
ように思いますので眠らせておくのは惜しいですね。

------------------------------------------------------------------------
「あなたに夢中」 投稿者:MACKY  投稿日:10月20日(日)00時33分58秒

ノンノンさん>ご心配ありがとうございます。だいぶ回復しましたが、今日はまだ外出できないので家でおとなしく良美さんのニュー・アルバムなど聴いておりました。すっかりシャンソン歌手風で「男と女」「さよならを教えて」「無造作紳士」などが収録されています。「シェリーにくちづけ」も時々ライヴで歌いますよ。

クジラ2号さん>私はイリヤさんの件は知らなかったのでとろりさんに助けていただいて有り難かったです。

とろりさん>助けていただいて恐縮なのですが、オリコンで洋楽のチャートインがご記憶にないっていうのはとろりさんらしくないような…1位獲得曲だけで10曲くらいあるはずですが…それとも意味が違うのでしょうか?

今日の「ミュージック・フェア」を見ていたら、懐かしいVTR特集で、キャンディーズの「あなたに夢中」「春一番」「わな」が流れていました。ちゃんと3人がそれぞれ真ん中に来る曲を選んでいるところがにくいですね。何といっても「あなたに夢中」の映像は貴重では?この番組は色々貴重な映像を持っているはずだからもっと出して欲しいんだけど、一社提供だからたとえ同じ局でも他の番組には出せないのかな?

------------------------------------------------------------------------
夜景 投稿者:木精  投稿日:10月19日(土)22時25分25秒

ノンノン様>百恵さん「夢先案内人」ですよね。僕も好きです。この歌を聴いて眠りにつくといい夢が見られそうな気がします、なんちゃって。
他に夜の景色が目に浮かぶ歌といったら中森明菜さん「ミ・アモーレ」とか、渡辺真知子さん「真夜中のハイウェイ」とかが好きです。

------------------------------------------------------------------------
♪銀河に浮かべた白い小舟 あなたと訪ねた夢のふるさと♪ 投稿者:ノンノン  投稿日:10月19日(土)21時40分20秒

昨日の書き込みの最後の方をたくさん開けてしまい、すいませんでした。

とろりさん
は〜い。私は、リアルタイムでGSを見ていました。そうです。おばさんですよ〜。よく言えば、熟女かな。ぜ〜んぜん、失礼じゃないで〜す。私は、恥じらいがないのか、自分の年齢を正直に言うのって平気なんですよ。男性に対しても女性に対しても、自分の年齢をいつも正直に答えています。あらゆることに関して、あまり、かくさないタイプです。
「ヤング720」は、そういう理由があって、再放送をしないんですね。残念だな。
「銀河のロマンス」は、本当にいいですよね。ロマンティックな感じがとってもいいです。ジュリーの甘い声とも、よくマッチしていますよね。私は、夜の暗闇に赤や黄色や青などの小さな光が、ポツン、ポツンと所々に照らされている様なイメージの曲って好きです。何か、心惹かれます。
ちあきなおみさんの「夜間飛行」や井上陽水さんの「闇夜の国から」や山口百恵さんの♪月夜の海に 二人の乗ったゴンドラが♪という歌詞の曲も、夜の暗闇の情景が浮かんできて、好きな曲です。
テンプターズの中では、松崎由治さんが好きでした。テレビで、泣きながら「おかあさん」を歌うのを見て好きになりました。すごく、大泣きという感じでした。人を好きになるのって、相手の意外な一面を見たり、弱い面を見たりして好きになってしまうことってありますよね。あと、子供の頃の異性経験(体験というわけではなくて)が、大人になってから左右することってありますよね。(ちょっと、関係ないことを書いてしまいました。)

MACKYさん
大丈夫ですか? 体調を崩されたそうですね。でも、お元気そうで良かったです。

クジラ2号さん
「シェリーにくちずけ」は、ミッシェル・ポルナレフが歌っていたんですか。別の人かと思っていました。この頃って、「ローズガーデン」や「ナオミの夢」や「マミーブルー」などもヒットしてましたよね。テレビの歌謡ベストテン番組にも、よく登場してました。
「愛の休日」、この曲を思いだしたかったんですよ。でも、私の頭に浮かんでいるメロディーと合っているのか疑問です。英語は苦手で〜す。メロディーは書けませ〜ん。

------------------------------------------------------------------------
横レス、すいませんm(_ _)m。 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:10月19日(土)20時51分36秒

クジラ2号さま

イリヤ(奥野イリヤ敦子)さんがいたバンドは「ガールズ」でしょうか。
「野良猫」というEP盤を持っています。
イリヤさんもギターがうまいですね。

作曲は小田裕一郎ですが、80年代アイドルに提供した作品と作風が全く違います...。

------------------------------------------------------------------------
パーマン2号 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月19日(土)19時59分44秒

とろりん村のとろりさん>ダニエル・ビダルもいいですが、ダニエル・ドナンもいいですよ。
松崎由治さんのギター本当に凄いですね。「エメラルドの伝説」「純愛」の間奏のところは、神がかり的です。「愛するアニタ」のカバー・バージョンも不思議なギター弾いてますね。解散後、参加した劇団 東京キッドブラザースの「遺言歌」では、ドウシチャッタノて感じでしたけど。
ザ・テンプターズのCDは「イン・メンフィス」以外は、全部もってます。
日本人で個性的という部分では、もう一人 水谷ひさしさんという すごいギタリストがいます。

ところで私もストラト持ってます。自分で改造して、ディマジオとESPのピック・アップのせてます。大学生の頃は、セミ・プロバンドでリード・ギター弾いてました。トラ(臨時雇い)で、ハコバンのベース弾きに行った事もありました。アルバイトです。卒論が、忙しくなってやめてしまいました。もう10年以上、弾いてないですけど・・・

MACKYさん>ジューシー・フルーツのイリヤさんて 元なんてバンドにいましたっけ?
確か女性だけのバンドでしたよね。

ノンノンさん>「パーマン」の内容はあまり覚えていません。「パーマン2号」は、なんとなく
頭の中に残っていました。「海のトリトン」の主題歌は、大好きでした。

「ノンノン人形」は、リアル・タイムでは、知らなかったのですが、後年ポルナレフのデビュー曲だと知りました。この曲は、ロンドン録音で、バックにジミ−・ページとジョン・ポール・ジョーンズ(ツェペリン結成前の)が参加していたそうです。ポルナレフの大ヒットとゆうと「シェリーに口ずけ」 ♪Tout.tout pour ma cherie.ma cherie ♪ではないでしょうか?
他にも、「愛の休日」「愛のコレクション」とか 色々ありました。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:10月19日(土)04時14分26秒

☆クジラ2号さま

「矢沢さんのハードさと、ジョニ−大倉さんの甘さがうまくバランスがとれていて、メロデ
ィーもストレートで好きなバンドでした。」

これには、ぼくも全く同感です。矢沢永吉がボーカルをとることが多かったように思います
が、ジョニー大倉のボーカルも甘美で好きでした。

ダニエル・ビダルのレコードのオリコンでの順位はすごいですね。「ダンシング・シスター」
(ノーランズ)が第1位を獲得したのは強く印象に残っていますが、洋楽がオリコンのチャー
トに登場すること自体、あまり記憶にありません。
さっそく、中古レコード店で探そうと思います。

ぼくにとっても、ザ・テンプターズといえば、松崎由治のギターのかっこよさです。たとえば、
「エメラルドの伝説」の間奏のところなど、聴いていて、ただ、惚れ惚れとします。
「神様お願い」、「純愛」とか「忘れ得ぬ君」とかを聴いていると、音楽性としてはストーン
ズを意識していたような気がします。

ところで、ギターですが、ぼくは、おそるべきことにぜんぜん弾けません(恥)。ディミニッ
シュ・コードとか以前に、指で弦を1本だけおさえることすら困難なのですから、話になりま
せん^^。でも、なぜかストラト・キャスターが部屋にあったりします(赤面)。

☆MACKYさま

「第二章くちづけ」。これも好きな曲です。当時、コルゲン・トローチのCMソングになって
いて、確か、よしえさんもCMに登場していた記憶があります。
この曲の中に出てくる歌詞「HOW TO LOVE...」がファーストLPのタイトルになったのですか
ら、そういう意味でも、思い出深い曲です。

☆木精さま

そうなんです!柏原よしえのボーカルには、どこかぎこちなくて、不器用で、それでいて、必死
に訴えかけてくるものを感じるのです。(←ちょっと興奮気味^^)
ぼくは、そこに心惹かれます。

☆ノンノンさま

うわー、衣装をご覧になっただけで、どの曲の衣装かおわかりになるのですか!
ノンノンさんはリアルタイムで「グループサウンズ」を体験なさったのですか?(あ、この質問
は失礼にあたりますねA^^;;)

「ヤング720」は生放送ではなかったのに、ビデオは一本も残っていないそうです。
ぼくは生まれるのが遅すぎました。

「銀河のロマンス」。ぼくはこの曲をはじめてラジオで聴いたとき、あまりの曲の美しさに呆然と
なりました。レコードを買ってから何度も聴きましたが、いつ聴いても、息をのんで聴き入ってし
まいます。夢見るような抜群に美しい旋律と編曲、聴く者をメルヘンとファンタジーの世界へ誘う
ような極めてロマンティックなすばらしい詩、そして、ジュリー独特の甘美なボーカル。
あの黒いレコード盤をレコード針がトレースするとき、美しさの極致と言ってよい世界が、ぼくの
頭の中にできた広大な宇宙で展開するのです。

☆ふ み おさま

そうですね。銀座四丁目でしょう。そこでモノクロで撮影して、後から着色したのではないかと思
います。
このジャケットは、「燦めく星座」と「東京の屋根の下」をモチーフにしてつくられているような
気がします。(♪銀座は宵のセレナーデ...)

銀座には、ごくごく、たまに出かけます。もう、四丁目にビクターのネオンはありませんね。
銀座の昭和9年に建造されたビアホールで飲むと、われながら、「洒落者」になったような気分に
なります。(←とんでもない勘違い^^。)

------------------------------------------------------------------------
「夢見るシェルター人形」 投稿者:MACKY  投稿日:10月18日(金)22時39分54秒

ちょっと体調を崩して休んでいるうちに、どんどん話題が進んでいきますね…

クジラ2号さん>流石に私も何故「ハロー・グッバイ」が翌月に発売されたかは知りません…おそらくスタッフの中で、「この曲を歌わせたら面白い」という意見があったのでは?「めらんこりい白書」って曲は全く覚えてないけど何故かジャケットだけは鮮明に覚えています。

「夢見るシャンソン人形」は今良美さんが原詩で歌っています。インディーズですがCDも出ましたよ。私はこのメロディーを聴くとジューシー・フルーツの「夢見るシェルター人形」という物騒な曲を思い出すのですが…

------------------------------------------------------------------------
ノンノン人形??? テヘッ  恥ずかしいな。 投稿者:ノンノン  投稿日:10月18日(金)22時16分57秒

クジラ2号さん
「ウォーキン・イン・ザ・レイン」という曲は、ウォーカーブラザースの解散直後の曲だったんですか。私の兄が、中学生ぐらいの時によく聴いていたんですよ。とにかく、稲妻が印象が強いです。 当時、小学校の低学年の私から見ても、カッコイイ、グループだなと思いました。
あっ、そうです。カウシルズの「雨に消えた初恋」です。この曲も兄が聴いていました。いい曲ですよね。カスケーズの「悲しき雨音」と、グループ名と曲名が混乱しそうです。
「恋する風船」はダニエル・ドナンなんですか。確か、ダニエルという名前がついたなァとは思っていたのですが。何か、混乱しそう。この曲も兄が聴いていたので覚えています。覚えやすい曲ですよね。
ハンドルネームは、そういうふうにつけられたんですね。「あずさ2号」ではなかったんですね。「パーマン2号」懐かしいな。「パーマン」に出て来る、「ウッキー」って言う、おさるさんですね。上に書いた曲の頃の人気アニメですよね。箱入りの「パーマン」のアメが好きでよくなめていました。
ミッシェル・ポルナレフの「ノンノン人形」って、私は知りませんでした。そういう曲があるんですか。可愛い曲名ですね。私の曲かなァ。なんてネ。(笑)
ミッシェル・ポルナレフの曲で、大ヒットしたのがありましたよね。でも、曲名もメロディーも忘れてしまいました。これだから困りますね。年をとると物忘れがひどくなって。そして、涙腺は、めっきり弱くなりますね。別に何でもない日常の風景にも涙が出てきますから。
私のハンドルネームは、「ムーミン」からつけました。確か、ムーミンの彼女が「ノンノン」っていう名前だと思ったのですが。私が似ているからというわけではないですよ。(笑)

------------------------------------------------------------------------
どうもありがとう。 投稿者:よっかー  投稿日:10月18日(金)19時16分10秒

前にミリー・スモールを入手しそこねた事があるので、早速注文してきました。

------------------------------------------------------------------------
『BABACAR』 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月18日(金)15時52分42秒

よっかーさん> フランス・ギャルさんの ヨーロッパ盤他 下記参照願います。 

  http://www.hmv.co.jp/search/artist.asp?artistcode=000000000016276

------------------------------------------------------------------------
「青春が終わる日」 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月18日(金)15時24分56秒

木精さん> 「めらんこりい白書」81年09月05日発売は、残念ながら聞いたことがありません。次ぎの「ハロー・グッバイ」が、81年10月15日発売ですから、1ヶ月で新曲が出たということですよね、何故こんなに短かったのでしょう?MACKY さんご存知ですか。 
「夢見るシャンソン人形」は、フランス・ギャルさんの フランス語バージョンが、1番好きです。

ノンノンさん> チョコバーもデラも、どんなチョコレートだったのか覚えていません。ダメですよね〜。稲妻の音が最初にするのは、「ウォーキン・イン・ザ・レイン」(1967年)で、解散直後に、発売されました。イギリスでは、ラスト・シングルで、全英26位、元々は、ロネッツのヒット曲です。この曲をご存知とは、けっこうファンだったのですか?

最初に雨の音で始まる曲は、カウシルズの「雨に消えた初恋」だと思います。美しいコーラスでした。カスケーズの「悲しき雨音」という曲もありました。 
「恋する風船」は、ダニエル・ドナンさんです。この曲はフレンチ・ポップスの中ではシェイラさんの「いつも青空」と並び 大、大、大、だ〜い好きな曲です。「恋する風船」は日本語バージョンが最高です。フランスでは、17センチLP2枚で 終わった様で、CDでは、見たことが、ありません。

ハンドルネームは、最初ドンドンクジラというのを思いついたのですが、夜ヒットのプロデューサーが、同じニック・ネームだと思い出し 2号(パーマン2号からの発想?)を付けました。最初のうちは、ドンドンクジラ2号と名のっていましたが、長いのでドンドンを取り去りました。
ノンノン さんは、ミッシェル・ポルナレフの「ノンノン人形」からとったのですか?

よっかーさん> 「アパートの鍵」は、少し いしだあゆみ色が入っていますね。麻美さんは、ファーストLP『落葉のメロディー』は、処分してしまいました。セカンド『20才の愛』は、愛聴盤です。太田裕美さんの「雨だれ」のカバーも良いですね。サードLP『パステル色の愛』お持ちですか。『パステル色の愛』は、まだ聞いたことがありません。11月に東芝からゴールデン☆ベストが
発売されます。何度も東芝さんにリクエストした、「あなたは恋の旅人」「青春が終わる日」が、やっと収録される様でうれしいです。

『BABACAR』89年12月発売は、レコード会社を移籍してからなので、下記ベストには、収録されていません。が、1998年11月26日に日本盤が(税抜価格: 1700円)再発されています。
 
   http://musicfinder.yahoo.co.jp/shop?d=c&cf=10&id=wpcr2306

廃盤の表記がないのでまだ取り寄せできるかと思います。
ヨーロッパ盤もまだ、大丈夫だと思います。
  

------------------------------------------------------------------------
銀座 投稿者:ふ み お  投稿日:10月18日(金)11時16分54秒

とろりさんが最近手に入れられた灰田勝彦のアルバムは銀座4丁目で取られたものだと思います。左側の時計台のある和光は今でも全く同じですが、ビクターのネオンは何時まであったのでしょうね。今ビール会社のネオンになっているところだと思いますが。
私の父は昭和30年くらいまでは日本橋の明治屋の前あたりで会社をやっていましたので、あのビクターのネオンはよく見ていたのだと思います。毎日銀座で飲んでいましたので。

------------------------------------------------------------------------
「アパートの鍵」も捨てがたい 投稿者:よっかー  投稿日:10月18日(金)00時13分06秒

木精さん
小林麻美さんは、初期アイドル(東芝)時代と、後のアーティステック(ソニー)な頃とでずいぶん唄い方も変わりましたよね。「初恋のメロディー」「落葉のメロディー」なんかはアイドル歌謡のど真ん中で好きです。
「月影のパラノイア」「シフォンの囁き」「Lolita Go Home」好きです。
ちょー有名な「雨音はショパンの調べ」は、木精さんもご存知でしょう。

クジラ2号さん
私もフランスギャルは好きなんですが、海外盤までは持ってません。いつもながら感心します。
昔買いそびれた『BABACAR』っていう盤に収録されている「ダンシング・ブレーヴ」を聞きたくてたまりません。今のベスト盤に入ってるでしょうか?

------------------------------------------------------------------------
銀河のロマンス 投稿者:ノンノン  投稿日:10月17日(木)22時51分24秒

とろりさん
「ヤング720」に出演しているテンプターズ見ました。あの衣装は、「神様お願い」の衣装ですよね?「ヤング720」は本当にいろいろなGSが出演していたんですね。テンプターズの曲の中で私は、「涙のあとにほほえみを」「エメラルドの伝説」が好きです。
タイガースでは、とろりさんと同じで「銀河のロマンス」が大好きです。この曲は、歌詞もメロディーも綺麗でロマンティックで好きです。次ぎに「廃墟の鳩」も好きです。
確かに、昔の「セブンティーン」とか、いろいろな芸能人に関する雑誌って、私生活の事などよくわかりました。住所などもすぐにわかって簡単に電話番号もわかってしまいました。

クジラ2号さん
タイガースのサリーが歌った、チョコバーって、四つぐらいに切れ目がついていてチョコの中にジャムみたいのが入っていて、まるかじりする感じの物でしたっけ?
ウォーカーブラザースの曲って、稲妻の音が最初にするのがありましたよね。曲名を忘れたのですが、何という曲でしょうか? 
同じ頃に、最初に雨の音で始まる曲を歌ったグループもいましたよね。年齢が若かったと思います。
「恋するふうせん」は、ダニエル・ビダルではないですよね?  ♪どこまで飛ばそ ディンドン ディンドン♪ とかいう歌詞の曲なのですが。
キャロルは、ジョニー大倉さんが好きでした。「ぎんざNOW」によく出演していました。
あの・・前から思っていたのですが、クジラ2号さんというハンドルネームは、ちゃんちゃこの「空飛ぶ鯨」と、狩人の「あずさ2号」を合わせてつけられたのですか? 違っていたらごめんなさい。私、ちゃんちゃこも狩人も両方好きだったんですよ。それで、ついそう思ってしまいました。

------------------------------------------------------------------------
こんばんは 投稿者:木精  投稿日:10月17日(木)22時20分43秒

僕は柏原よしえさんの歌では「めらんこりい白書」が好きです。やはり彼女は切なさを訴えかけるような歌が似合っている方だと思います。

クジラ2号様>僕は小林麻美さんの「夢見るシャンソン人形」しか知りませんでした。どの方のがおすすめですか。

------------------------------------------------------------------------
恋のためいき 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月17日(木)20時07分18秒

とろりん村のとろりさん>バックが「夢見るシャンソン人形」に、なりましたね。
この曲は、多くの人がカバーしました。中尾ミエ、弘田三枝子、伊東ゆかり、ピーナッツ、南沙織、麻丘めぐみ、浅田美代子、小林麻美、柏原よしえ、ミミ、・・・数えきれません。

フランス・ギャルさんのCDは、フランス盤、カナダ盤、日本盤あわせて6枚ぐらい持っていたと思います。好きな曲は、「夢見るシャンソン人形」、「涙のシャンソン日記」、「すてきな王子様」、「恋のためいき」あたりです。
現在発売されている日本盤CD「夢みるフランス・ギャル〜アンソロジー’63/’68」定価2,141に全て入っています。これは、日本企画盤なので、めったにお目にかかれない、「夢見るシャンソン人形」と「すてきな王子様」の日本語バージョンまで収められています。

------------------------------------------------------------------------
「第2章 くちづけ」 投稿者:MACKY  投稿日:10月16日(水)21時27分36秒

とろりさん>私は「ハロー・グッバイ」以前のよしえさん(この表記の方が自然ですよね?)は何といっても「第2章 くちづけ」に尽きます。この頃は完全に清純派というイメージでした。

シェイキンマイソウルさん>84年も結構好きなんですけどね。「ト・レ・モ・ロ」は人気がありますよね。いわゆるテクノサウンドですね。「悪戯NICHT DOLL」は今発売されているベスト盤に収録されていないのが残念です。前にも書きましたが、芳恵さんの作家陣は本当に豪華ですよね。

クジラ2号さん>「待ちくたびれてヨコハマ」は作詞・作曲がテレサ・テンさんのコンビですからね。「最愛」は船からのメッセージの部分が好きです。

------------------------------------------------------------------------
恋のためいき 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月16日(水)19時53分23秒

MACKY さん、シェイキンマイソウルさん> 芳恵さんの「ハロー・グッバイ」以前の曲は、あまり覚えていません。「トレモロ」はそれはど、打ち込みの感じがしません。確かにエレ・ドラやシンセの音で構成されてますが、シーケンス・フレーズとか、YMO的な打ち込みとは、違いますね。

「最愛」は、百恵さんが歌っても、違和感なさそうです。少し テレサ・テンが入った「待ちくたびれてヨコハマ」もいいです。フィリップス最後のシングル「途中下車」は、物語性があって、最近よく聞いています。

とろりん村のとろりさん>キャロルは、ベスト盤LP持っていましたが、処分していまいました。
矢沢さんのハードさと、ジョニ−大倉さんの甘さがうまくバランスがとれていて、メロディーもストレートで好きなバンドでした。

ダニエル・ビダルさんのオリコン・チャートの最高位は、。「天使のらくがき」12位、「ピノキオ」20位、「小さな鳩」74位、「恋のささやき」98位、「カトリ−ヌ」24位、、「カトリ−ヌ(日本語)」80位、「オー・シャンゼリーゼ」78位、「チャオ・べラ・チャオ」75位、「私はシャンソン」30位といったところです。和盤、洋盤ごちゃまぜのチャートでこれだけの実績を残しているのは、すごい事だと思います。なんといっても可愛い、外人にしては小柄で、日本人の中に入っても、ちょっと背が低いぐらいでした。動くフランス人形という感じでした。

村井邦彦さんの弁では⇒ のびのびした声が抜群、音域も広い、フィーリングが日本人にピッタリくる、(声の質がしめっている しっとりとして光沢がある・・・)
「天使のらくがき」「私はシャンソン」「恋のためいき」あたりがBEST3かな・・・ソフト・ロック色は、あまり感じません。
曲によっては、日本語バージョンも出ていますが、フランス語の方を買ったほうが、いいと思います。
現在、ビクターから発売されているCDは、1996年に再吹きこみしたバージョンです。キング・レコードから、出ていたオリジナル・バージョンの方がスピード感があり、好きです。
ビクターの方は味があって、それなりに良いですが、アレンジが、シャンソンに近くなっている様に思います。

「神様お願い」は、イントロが、ディミニッシュ・コードを、使っていて押さえるのが大変だった
覚えがあります。テンプターズは、松崎さんのバンドだった様に思います。
「秘密の合言葉」「雨よふらないで(シングル・バージョン)」「帰らなかったケーン」が良と思います。

タイガースは、「風は知らない」「涙のシャポー」「出発のほかに何がある」「白夜の騎士」が、良いと思います。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:10月16日(水)00時53分35秒

☆MACKYさま

ぼくは、柏原よしえについては、どういうわけか、「ガラスの夏」以前の曲が好きなのです。
彼女が「ハロー・グッバイ」でブレイクして、メジャー・アイドルになってしまったから、
興味をなくしたんじゃないのか?と何度、自分に問いかけたことか...。
でも、自分の気持ちに正直になると、そうではないのです。デビュー曲の「No.1」から
「ガラスの夏」までのシングル、LPの「HOW TO LOVE」や「柏原よしえベスト」の収録曲
の方が、ぼくのストライクゾーンなのです。

というわけで、80年〜81年春までの彼女の曲が好きです。これは、ぼくの「都倉俊一」好き
と「網倉一也」好きが影響しているのだろうと思います。

「毎日がバレンタイン」、「レディ直前」とか「何でもない何でもない」とか...。

☆ふ み おさま

ふ み おさんはいろんなひとをご存知なんですね。びっくりしてしまいます。
なぜか、昨年、はじめて「成りあがり」(矢沢永吉)を読みました。熱い人ですね...。

昔、キャロルのLP「ファンキー・モンキー・ペイビー」を買いました。
今でも、カラオケで「彼女は彼のもの」とか「ミスター・ギブソン」とか、歌っています^^。

☆クジラ2号さま

ダニエル・ビダルですか!同時期のフレンチ・ポップスだと、フランス・ギャルとか、
マージョリー・ノエル、シルヴィ・バルタンとかを、ほんのちょっとだけ聴いたことがありま
すが、ダニエル・ビダルはぜんぜん知らないです(恥)。

村井邦彦が彼女を見い出し、日本に紹介したということは、ソフト・ロック色が強いのでしょ
うか?さっそく、レコードを探してみます。

☆シェイキンマイソウルさま

その3人の中では「ウォンビン」しか、わかりません。韓国の俳優ですよね?(←しかも、
これだけしか知らないA^^;;。)

女性写真集だと、「少女だった」...(以下、自粛)。

☆ノンノンさま

あの店は、まさに、タイムスリップした空間です。

週刊セブンティーンを読んでみましたが、すごい密着度です。今では、ここまでアーティスト
に迫れないでしょう。ザ・タイガースのメンバーの卒業した小学校の名前まで書いてあったり
して^^。メンバーはみんな京都出身ですから、ぼくにとっては聞き覚えのある学校ばかりです。

「ティーンルック」も「伝説の雑誌」ですね。探しているのですが、なかなか見つからないです。

ノンノンさんはタイガースとテンプターズでは、どの曲がお気に入りですか?

ぼくは、タイガースなら、何といっても、「銀河のロマンス」。
テンプターズは...ちょっと迷いますが、「神様お願い」でしょうか。

------------------------------------------------------------------------
ト・レ・モ・ロ 投稿者:シェイキンマイソウル  投稿日:10月15日(火)23時28分40秒

クジラ2号さま>妻夫木聡は映画「ウォーターボーイズ」やドラマ「ランチの女王」、賀集利樹は「仮面ライダーアギト」、ウォンビンは「フレンズ」(深田恭子出演の韓国合同ドラマ)にそれぞれ出ています。特撮系は賀集くんだけですね。

MACKYさま>これよくわかる。僕も83年好きです。作家が特長あって,他のアイドルとの差別化がはっきりしてきた時ですよね。でも,僕は「トレモロ」「悪戯NIGHT DOLL」「最愛」の84年も好きですよ。
特に「トレモロ」は打ち込みが激しいので,ニューウェーブ視点から評価されているのがうれしいですね。

------------------------------------------------------------------------
訂正… 投稿者:MACKY  投稿日:10月15日(火)21時25分00秒

谷村さんの時→谷村さんの字、ですね…

------------------------------------------------------------------------
「夏模様」 投稿者:MACKY  投稿日:10月15日(火)21時23分54秒

シェイキンマイソウルさん、yosinonさん、クジラ2号さん>「花梨」について教えていただきありがとうございました。実際の花梨の花をはじめて見ました。この曲が「ザ・ベストテン」に初登場したとき、歌詞のスーパーが谷村新司さんの自筆だったので、いまだに「花梨」を聴くとあの谷村さんの時を思い出します。歌詞的には「木綿のハンカチーフ」をなぞっていますよね。私は「花梨」というと、どうしても「カリンカ」を思い出すのですが…

「ハロー・グッバイ」「恋人たちのキャフェテラス」「あの場所から」「花梨」と芳恵さんの81〜82年の曲を辿ってきましたが、個人的には「春なのに」「夏模様」「タイニー・メモリー」と続く(その間に「ちょっとなら媚薬」もありますが)83年が好きです。特に夏なのに別れの曲という不思議さが漂う「夏模様」の曲調が気に入っています。

------------------------------------------------------------------------
LAの矢沢永吉 投稿者:ふ み お  投稿日:10月15日(火)19時33分03秒

2年前、LAに在住の友達の家に昔の同僚と一緒に遊びに行きました。今から30年前は三人同じ会社の同期で、いつも一緒に仕事をして(遊んで)いました。
彼の娘が矢沢永吉さんのお子さんと友達でした。日本人学校で知り合ったとのことです。日本公演の時に家に預かっていたそうで、その御礼のイカの沖付けがありました。まあとてつもなく高級なもので(見たことも無いものです)、酒が命の私と昔の同僚はそのうまさに感激し、物凄く飲んでしまいました。(彼の家にあったお酒は全部なくなりました。普通の人では想像できない量です。次の日は相当悲惨なことになりましたが)
ハリウッドの大スターが住んでいるエリアに矢沢さんも住んでいます。彼は不在でしたが。

------------------------------------------------------------------------
カトリ−ヌ 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月15日(火)17時28分45秒

MACKY さん> キャフェ   フランス語読み・・・?語学力が・・・よく解かりません。世界中の音楽聞いてるわりにダメです。外国の曲は、歌(歌詞)は、サウンドの一つとして捉えている様な感じです。

「花梨」は、カリンという言葉の響きが、芳恵さんのイメージに合っているので使用したと、谷村
さんがラジオで話していたのを聞いた事があります。山梨県の方へ行くと 花梨の果実酒とかジュースを売っています。シェイキンマイソウルさんが書かれている様に せきが出る時とかノドが
痛い時に効果があります。以前飲んでいた時期があります。おいしいです。

シェイキンマイソウルさん>写真集の3人は、変身もののヒーローの方々ですか?  

yosinonさん>私が学校を卒業し会社へ入ってから数年後 PA(音響機器)の調整の手伝いで、ある場所へ行った事があります。そこには当時歌手をしていた浅野ゆう子さんがいました。リハーサルをしているのを仕事をしながら、10メートルぐらい離れたところから見ていました。意外と小柄な方でした。とても綺麗な人でした。

ノンノンさん>タイガースというと、明治チョコレートのCMを思い出します。サリーが歌うチョコ・バーのうたや、デラ(いとしのデラ)、「落葉の物語」と同じ雰囲気の明治チョコレートのテーマとかありました。ファンの人達は、ソノシート目当てにチョコレートを、沢山買っていました。

1967年頃来日したウォーカー・ブラザースは、イン・マイ・ルーム(孤独の太陽)や「ダンス天国」を大ヒットさせ ファンの人達は ポスター目当てに 不二家チョコレートを、沢山買っていました。スコット・ウォーカー、ジョン・ウォーカー、ゲーリー・ウォーカー3人共カッコ良かったですね。

1969年3月に加橋かつみさんが脱退しフランスでLP「パリ 1969」をレコーディングする時に、作曲家の村井邦彦さんが協力しに行き、現地で、ダニエル・ビダルさんを、みいだし日本に紹介し、彼女も何回も来日し数々のヒット曲を生みました。「天使のらくがき」「ピノキオ」「私はシャンソン」
「カトリ−ヌ」「オー・シャンゼリーゼ」「チャオ・べラ・チャオ」他 いい曲がたくさんありました。

------------------------------------------------------------------------
「花梨」  投稿者:yosinon  投稿日:10月15日(火)07時09分16秒

MACKYさま
>芳恵さんの曲でもう一つ不思議なのは谷村新司さんの作った「花梨」ですね。この花梨という花、この曲以外では聴いたことないのですが…どんな花なんでしょうか?

私も気になってました。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/karin.html
一応バラ科のようです。でも、この花を見ても、あの歌のイメージが湧いてきません。

この歌も、
♪カリン カリン オモイデノ カリン カリンノハナ〜♪
という部分が、なんとなく浅野ゆう子の
♪好きだなんてこと 思わな ければ よかった〜♪
に化けてしまいます。(♪覚えたての歌を あなたは教えてくれた♪で始まる歌詞はけっこう覚えているのだけど、タイトルは忘れてしまいました。)

ノンノンさま
石川さゆりについては、LP20枚組1500円で落札した中に入っていた「ヒット全曲集」「能登半島」しか、持ってないのですよ。役に立てなくてすみません。

------------------------------------------------------------------------
勘違い「花梨」 投稿者:シェイキンマイソウル  投稿日:10月15日(火)00時34分08秒

MACKYさま>僕はてっきり山口果林の「果林」と同じと勘違いしてました。といっても,山口果林の果林もよくわからないのですが(変換しても出てこないので,当て字の可能性もあり)。
花梨って、のど飴なんかに入ってませんっけ?その名の通り、梨に似た黄色い果実だったような...
正確ではないので,あまりあてにしないで下さい。

男性写真集ですが,私買ったことあります。(爆)
しかも3冊も(さらに爆)。
妻夫木聡に,賀集利樹,ウォンビン,いずれもここ一年以内です。
妻夫木くんのを買う時は最初だったんで,もう恥ずかしくて恥ずかしくて,とてもどきどきしましたが,慣れちゃいまして,今では何ともないですね。
女性写真集は柏原芳恵さんのをいつも迷うんですが,週刊誌のグラビアなどで見れるんで,いつも見送っちゃうんですよね。DVDなら持ってるんですが...

------------------------------------------------------------------------
永ちゃん 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月15日(火)00時06分05秒

矢沢栄吉⇒永吉さん でした。失礼しました。

------------------------------------------------------------------------
時間よとまれ 投稿者:ノンノン  投稿日:10月14日(月)22時56分13秒

とろりさん
昭和30年代〜40年代の懐かしい物を売っているお店があるんですか? いいですね。東京にあるのでしょうか? 行ったら、いろいろ買い込んでしまいそうです。そのお店に行ったら、過去に戻った様な気分になるのかな。BGMは、やはりその頃の曲がかかっていてほしいな。
タイガースとテンプターズは、とっても人気がありました。特に、ジュリーとショーケンですね。私の同級生では、ショーケン派が多かったです。
今は、「セブンティーン」は月2回の発行になりました。今でも変わらず大人気の雑誌です。
「ティーンルック」は、だいぶ前に廃刊になってしまったんですよね。やはり、GSの記事がいっぱい載っていたのですが。

クジラ2号さん
矢沢栄吉さんは、男性にもすごく人気ありますものね。女性ファンより男性ファンの方が多いのではないでしょうか? 「時間よとまれ」は好きです。
男性的な男性の写真集なら、男性も堂々と買えそうですね。

------------------------------------------------------------------------
「花梨」 投稿者:MACKY  投稿日:10月14日(月)22時38分14秒

ながとさん>う〜ん、15年以上前だとおそらく私の思っているのとは違うなあ。しかも小さい版型ですよね。じゃあ全く違います。私もタイトルも出版社も覚えてないですけど…

クジラ2号さん>そう、カフェテラスから来ていることは分かるのですが、どうしてキャフェテラスと表記してあるのかが…これが本来のフランス語読みなのでしょうか?

芳恵さんの曲でもう一つ不思議なのは谷村新司さんの作った「花梨」ですね。この花梨という花、この曲以外では聴いたことないのですが…どんな花なんでしょうか?

ノンノンさん>そうそう、クジラ2号さんの仰っているように、ツッパリの写真集はもっぱら男が購買層ですね。

------------------------------------------------------------------------
CHRISTMAS TREE 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月14日(月)16時14分34秒

木精 さん>私も21曲入りのベスト盤買いました。「ひとりぼっちの卒業式」も聞いてみたかったので。いい曲多いですね。村下孝蔵さんの曲は、スンナリと入ってきます。村下さんがベンチャーズ・フリークだったからなのか。 

ノンノンさん>矢沢栄吉さんのファンなら栄チャンの写真集買う様な気がします。熱狂的なひと
いますものね。カッコイイ姿見たいですからね・・・
私の部屋にはレッド・ツェペリンにいた頃の ジミー・ページの小さな白黒のステージ写真(パネル)飾ってあります。

MACKY さん>キャフェ‐テラス⇒カフェ‐テラス (和製語 cafe terrasse)・・・

ながとさん>2.3年前かと思っていました。15年程前ですか。「レコード・マップ」を見てみると
東京には、高田書房さんとか、カルチャー・ステーションさんとかアイドル物 全般扱っている店
がある様です。売却価格がどのぐらいかわかりませんが・・・下記カルチャー・ステーションさん
アドレス
     http://www.culturestation.co.jp/top2.htm

あとは、古本屋さんまわりでしょうか。

21曲入りの三田さんのベスト盤と一緒に吉田美奈子さんの「BELLS Special Edition」購入。
1986年に自主製作で3、000枚だけ作られたものです。オリジナル盤は今では、数万円のプレミアがついています。2曲めの 「CHRISTMAS TREE」は、いいですね。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:10月14日(月)10時05分53秒

ノンノンさま

この「週刊セブンティーン」は、先日、昭和30〜40年代の「懐かしいもの」を売っ
ている店で見つけて、購入しました。

1968年頃の「週刊セブンティーン」はGSの記事ばかりだという話だけは知っていたので
買ってみたのですが、ほんとうに、タイガースとテンプターズの記事で埋めつくされてい
ました^^。

この雑誌が発売された頃、ぼくは、まだ2歳です。それでも、何か、懐かしい気持ちがし
ます。

週刊誌である以上、読者の意向が強く反映されるはずです。ですから、読んでいると、当
時、読者であった少女がどんなひとであったかが、想像できるのです。

きっと、今のティーンエイジャーと違い、純粋で素朴な少女だったのだろうと、そんな気
がしました。

値段は「ページ切り取りあり」のため、1,500円でした。どこのページが切り取られている
のか、調べてみたら、タイガースの各メンバーの顔がアップで掲載されているページでした。
ジュリーのページだけ、ないのです。

きっと、この「週刊セブンティーン」を、かつて持っていた少女は、ジュリ−のファンで、
ドキドキしながら、写真を下敷きの間にはさんで、学校へ行っていたのでしょう。

われながら、ちょっと、胸がじーんとしました。

------------------------------------------------------------------------
基調は白。 投稿者:ながと  投稿日:10月14日(月)09時21分25秒

クジラ2号さん> そうなんです。はっきり覚えていることが少ないのです。

確か出版はマガジンハウス社だったと思います。 年代は15年程前かそれより2.3年前かと
思います。 大きさは確かB5版。基調は白です。前にも書きましたが、表紙には
小川ローザさんが一番大きく載っていました。その周りを他のジャケットが小さく
載っていました。「少女A」「白馬のルンナ」は裏か表に載っていました。
その他は覚えていないのです。厚さは3cmもなかったので1cmかなぁ。
値段は880円〜1.480円(一番覚えていない。) 
とにかく個別に載っているのではなく、ジャンルというか、アイドルを
領域分けして載せてありました。カラー白黒の繰り返し。
後半は全て白黒。(昔のシングルになると。) 
松田聖子と中森明菜は二人で3〜4ページ、ピンクレディとキャンディーズは二組で
やはり3〜4ページ。聖子と明菜に関しては、楽曲に対する捉え方とそのベクトルの
違いを感じる云々。共通するのはその歌唱力とほっぺたの威力とか。
麻丘めぐみの曲の(ジャケット)のところかに当時のエピソードとして
「GAMシリーズで発売された当時・・・ジャケットにビクターのニッパーマークを
入れないで社長に大目玉をくらったとか・・。」確かにジャケットにはニッパーマークは
ありませんでした。
製本は写真集のようにカバーが付いていました。カバーの中の本には
ジャケットが載っていなかったような。
その他にオリコンのチャートインの話しとか、喋るソノシートの話し、
マルベル堂の話しがこれまた小さく載せられていました。
この曖昧な情報でわかりますか?みなさ〜ん。

------------------------------------------------------------------------
セブンティーン 投稿者:ノンノン  投稿日:10月13日(日)18時37分47秒

とろりさん
わ〜!すごい!! 昔のセブンティーンですね。34年位前の本になるのでしょうか。表紙の絵が、今になって又、新鮮に見えます。70円だったんですね。なかみを見られないのが残念です。古本屋さんでも、今、なかなか置いてないですよね。あったら、すごく高い値段でしょうね。何千円かで売っているのでしょうね。

MACKYさん
そうですよね。男性が男性写真集を買ったという話は、聞いたことがないです。

高校時代の同級生の女性に、先日、声をかけられました。25年も会ってないのに、よく覚えていてくれたなって嬉しかったです。「変わってないから」って、言われたけど、どう解釈していいのか複雑な気分でした。自分では、随分、変わったと思っているので。どうせなら、20代初めの頃に会いたかったなって思いました。20代初めと40代では、随分と違うと思うので。でも、面影って、やっぱり残っているものですね。

------------------------------------------------------------------------
思い出す人も・・・ 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月13日(日)10時49分01秒

ながとさん>もう少し情報があると思い出す人もいるかもしれませんネ。

 ○いつ頃発売されたのか 又は いつ頃購入されたのか。
 ○本の大きさは A4版 B5版 A5版・・・?
 ○本の表紙の色の基調は・・・何色?
 ○本の厚さは  1センチとか 3センチとか・・・
 ○背表紙の色は 又 タイトルの字の色は・・・
 ○紙の質は 最初の方はカラーで上質紙で、10ページぐらいあって 後は、白黒になって普通紙  だったとか
 ○価格は いくらぐらいだったとか
 ○内容は 1ページにつきジャケット写真が3枚ありそれぞれにコメントが下に書かれていたとか

買った本屋さんを覚えていたら上記の内容で、問い合わせてみるとか。

下記の掲示板には、アイドルに関して詳しい人が多く参加していますので下記へ書きこむのも
いいかもしれません。

    http://tcup7021.tripod.co.jp/oshiete_idol/bbs

------------------------------------------------------------------------
ど〜か・・。 投稿者:ながと  投稿日:10月12日(土)23時22分43秒

こんばんは。 やはり名前もわからない本は、永久に私の手元には
来ないのかなぁ。
MACKYさん>どちらの書店ですか? わずかな情報でもかまいません。
あの本欲しいのです。「スター誕生!」という項目もありました。
オリコンのデータも解説しておりました。 とにかくシングルへのコメントが
ほんとに良かったのです。 

------------------------------------------------------------------------
「恋人たちのキャフェテラス」 投稿者:MACKY  投稿日:10月12日(土)22時48分13秒

ノンノンさん>う〜ん、男性は男性の写真集を買わないし、たとえ買う人がいてもまず人には喋らないと思います。女性と違って趣味嗜好を疑われる可能性が高いので…

柏原芳恵さんの曲で、「ハロー・グッバイ」と「あの場所から」の間に「恋人たちのキャフェテラス」がありますが(もちろん「渚のシンデレラ」があることも知っていますよ)、この曲、何故キャフェテラスなんでしょう?これ以外にこの表現を観たことがないのですが、ご存じの方がいらしたら教えてください。もしかしたらイタリア語とかスペイン語読みとか?

------------------------------------------------------------------------
こんばんは 投稿者:木精  投稿日:10月12日(土)22時46分07秒

今日はさわやかな秋晴れでした。近所の人が咲いていた秋桜の花を何本かくれました。帰り道「秋桜」を口ずさみながら歩いていました。金木犀に曼珠沙華、秋桜と、秋は本当にしみじみといい季節です。
先日、三田寛子さんのベスト買いました。クジラ2号様から情報いただいた6曲入りのCDを買おうと思ったら21曲入りのベスト盤があったので(ラッキー!)そちらを買いました。ほんとうにいい歌多いです!

------------------------------------------------------------------------
旧約聖書 投稿者:ノンノン  投稿日:10月12日(土)21時33分02秒

とろりさん
水谷公生さんというと私は、真っ先にアダムスが浮かびます。代表曲は「旧約聖書」なんでしょうね。「地球はせますぎる」と確かB面の「にくい時計」も私は好きです。確か、「にくい時計」は、途中ちょっと泣いたように歌うんですよね。

クジラ2号さん
森本太郎さんの曲は、タイガースの「青い鳥」もそうですよね。この頃は、この「青い鳥」と、「テンプターズの「純愛」とオックスの「スワンの涙」が歌謡番組のベストテンで競っていたと思います。少し後に、ブルーコメッツの「さよならのあとで」がベストテン入りした覚えがあります。タローとアルファベッツの「ふるさと」(曲名が違うかな) ♪町の人に別れ告げたよ 泣いてくれた人もいたけど♪っていう歌詞の曲と、B面の♪愛している僕達なら今すぐチャペルへ お金はないけれど それでいいさ♪ っていう歌詞の曲も森本太郎さんの曲なのかなァ。タローとアルファベッツのボーカルの男性、甘いマスクと甘い歌声で好きでした。
Kとブルンネンも「あの場所から」を歌っていたんですね。「なぜに二人はここに」がデビュー曲でしたっけ?

MACKYさん
当時、女性が女性写真集を買うことって珍しかったのかな。意識してなかったのですが。素直に、綺麗な人は綺麗、可愛い人は可愛いっていう感じで、男性に対しても同じです。写真集に限らず、女性で買ったのは、五十嵐じゅんさん、浅田美代子さん、秋吉久美子さんなどもあります。男性が男性写真集を買うことってないのでしょうか?
「あの場所から」は、♪あそこから あの場所から〜♪ ですものね。曲名が「あそこから」でも変ですよね。

よっかーさん
「ハロー・グッバイ」は、私は讃岐裕子さんの印象が強いです。「ぎんざNOW」でよく歌っていたので。

------------------------------------------------------------------------
旧約聖書 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月12日(土)20時33分54秒

とろりん村のとろりさん>発足したばかりのCBSソニーが社運をかけて売り出ししたというあの、「旧約聖書」ですね。ピアノとティンパニィで圧倒的な迫力で始まり大オーケストラで盛り上げ
最後もティンパニィで締めくくる感動巨編ですよね。ヤング720でもバンドだけで演奏してました・・・録音しておけば貴重品でしたのに。

アダムスの前身アウト・キャストはナベプロでタイガースと同時期のデビューでした。初期のメンバーには、今では大作曲家となり多くの人に曲を提供している穂口雄右さんもキーボードで参加していました。彼の弾くYAMAHAのコンボ・オルガンの音 良かったですね。アダムスの第二弾「眠れる乙女」もクラシカルなバイオリンで攻めまくりでした。

水谷公生さんは、アダムス在籍時からスタジオ・ミュージシャンを始め、最初の仕事は、西田佐知子さんのレコーディングだったそうデス。後期のタイガースのレコーディングでは、殆ど水谷さんがギターを弾いていたという説もあります。彼は現在ヨーロッパでは、70年代ロック・マニアの間では、評価が高く、リーダー作「A PATH THROUGH HAZE」は、海賊盤がでるほどの人気だそうです。(黒沢 進氏ライナーより)

岡田有希子さんのCD+DVDのBOXは、12月18日発売ですが。11月20日発売の香坂みゆきさんの リクエスト収録曲が発表になったばかりですので、有希子さんのBOXは、まだ選曲中だと思います。

「花のイマージュ」が目的でしたら、2002年5月15日 発売の「ALL SONGS REQUEST」
 税抜価格: 2500円 に入ってます。下記参照願います。

   http://musicfinder.yahoo.co.jp/shop?d=c&cf=10&id=pcca01679

BOXに入るのかどうか知りたいのでしたら、10月9日の書きこみのアドレスから ポニー・キャニオンのぼくらのベストへ、入って メールのところから担当者にメールを送れば返事をもらえます。私もメール送った事がありますが、丁寧な回答いただきました。

------------------------------------------------------------------------
「あの場所から」 投稿者:MACKY  投稿日:10月12日(土)00時20分31秒

よっかーさん>歌詞の違いを教えていただいてありがとうございました。「ハロー・グッドバイ」の方がちょっと積極的な強さを感じますね。

シェイキンマイソウルさん>「あの場所から」の危うさは、その部分の歌詞もそうですが、やっぱり芳恵さんのキャラクターもあるんでしょうが、「あそこからあの場所から」という何気ない歌詞さえもちょっとあぶなく響きます。

クジラ2号さん>突然転調するところですね。ちょっと不自然だなと思ったのですが、あとから差し込んだんですね。

ながとさん>私も書名は分かりませんが、そういう本を書店で見かけたような記憶はあるのですが…

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:10月11日(金)20時57分58秒

クジラ2号さま

水谷公生といえば、大村雅朗とか船山基紀と並ぶ80年代アイドル音楽編曲家というイメ
ージが強かったのですが、「旧約聖書」(アダムス)を聴いてからは、アダムスのメンバ
ーということも、強く意識してしまいます。それほど、あの曲の衝撃はぼくにとっては
強烈だったのです。

ところで、岡田有希子さんのCD+DVDのBOXには「花のイマージュ」も収録されているので
しょうか?

------------------------------------------------------------------------
「ガラスの夏にララバイ」 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月11日(金)16時24分54秒

よっかーさん> 讃岐裕子さんの「ハロー・グッバイ」まったく知らなかったです。勉強になりました。歌詞の違いも、聞き流していて、気づきませんでした。

MACKYさん>松本隆氏本人が 語っているのでしたら、調べる必要ないですよね。「あの場所から」は、オリジナルの Kとブルンネン(69年)は、重い感じでした。朝倉理恵さん(73年)は、軽くて清純な感じ、柏原さん(82年)は、ちょっと危ない感じです・・・
聞きくらべると、前者2バージョンは、同じ構成ですが、柏原さんのは、ツー・コーラスめの後に9小節まったく別のメロディーが、入ってますね。フォノグラムさん チカラ入れてたんですね。

ながとさん>はじめまして。マガジンハウス社ですか。わかりませ〜ん。本は、あまり持っていないんです。お役に立てずスイマセン。

シェイキンマイソウル さん>はじめまして。過去の掲示板では、お名前拝見してました。太田裕美さんの話題から長居させてもらっています。

ZOOのカバーで、元Lip’sの山本京子さんの「Choo Choo TRAIN〜memories〜」は、絶品だと思います。
過去の掲示板の にっかつ映画出身の女優さんでは、可愛かずみさんがカバーした、渡辺真知子さんの「なのにあいつ」が好きでした。かずみさんは、どこか はかない感じがあつて良かったと思います。鶴太郎さん、渡辺美奈代さんと共演していたテレビ・シリーズもの「季節はずれの海岸物語」は、良く見てました。オープニングが、ユーミンの「Destiny」で、盛り上がってくると サザンの♪見つめ合って髪にTouch♪ 「MY FOREPLAY MUSIC」が BGMで流れていました。
「なのにあいつ」は、関西系のテレビ 抱腹Zにかずみさんが出演した時 生でフル・コーラス歌っていたのが、強く印象に残っています。ファースト・アルバム「天使のデザート」しか持っていませんが、この中には「ガラスの夏にララバイ」とゆう 綺麗な曲が入っています。バック・ミュージシャンも水谷公生さん(元アウト・キャスト⇒ アダムス⇒ 浜田省吾サポート・ギタリスト )他凄腕でかためています。かずみさんは、LP2枚とミュージック・クリップを集めたLD2枚出してたと思います。ソニー・ミュージックさん全部集めてCDとDVDで 追悼BOXセットの発売してくれないかな。故 岡田有希子さんのCD+DVDのBOXが12月に 出るんだからね〜。   

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:シェイキンマイソウル  投稿日:10月11日(金)11時04分15秒

MACKYさま>柏原芳恵さんのカバー曲というと、「あの場所から」もありますね。私はこの曲を聴くと、どうしても「美・サイレント」に近いあらぬ想像を思い浮かべるのですが…

これって、「若い二人体と体 求め合って生きた」のところでしょうか?
なまめかしいアイドルだけに,余計な妄想が入っちゃいますよね。

ながとさま>私もいろんな音楽関係の本を持ってますが,これに関しては「?」です。
「B級アイドル解体新書」かとも思ったのですが,男性アイドルは取り上げてなかったし...

ちょっと見てみたいですね。

------------------------------------------------------------------------
ちょっと違う歌詞。 投稿者:よっかー  投稿日:10月11日(金)00時35分55秒

MACKYさん
「ハロー・グッドバイ」と「ハロー・グッバイ」は作詞・喜多條忠で同じなのですが、少し変化してます。違う箇所だけ抜いてみますね。

「ハロー・グッドバイ」1975 → 「ハロー・グッバイ」1977
㈰グッドバイ・・・・バイ・・・・バイ→グッバイ・・・・バイ・・・・バイ
㈪吹き来る風は もう冷たくて→吹き来る風は まだ冷たくて
㈫私 こんなきれいなガラスになりたい→私 春のきれいな夕陽になりたい 
 あなたは ふっと立ち止まり    →静かにそっと燃えながら
 私の心をのぞいて欲しい      →あなたの心にしずんでみたい

という感じです。どうでしょうか。

------------------------------------------------------------------------
はじめまして。教えてください。 投稿者:ながと  投稿日:10月10日(木)23時21分31秒

 こんばんは。はじめまして。 ひょんなことからここを覗かせていただきました。
なんと凄い内容なんでしょう。私もアイドルは大好きですが、皆さんのコアな話題に震えて
おります。 是非是非皆さんにお伺いしたい事があります。それは書籍に関してです。
実はなくした本を探しています。タイトルを覚えていないのです。検索するにも
できません。レコードジャケットが載ってあり、個々にコメントが書いてあります。
ジャンルというか領域ごとにまとまってあり、例えば男性アイドルとかB級アイドルとかにまとめられていました。表紙は小川ローザさんの“OH!モーレツ!”スタイルです。そのまわりを他のアイドルのジャケットが囲んでありました。確かマガジンハウス社から出版されたものです。
松田聖子と中森明菜は二人だけでひと区切り(4ページくらい)使われていました。
どなたか知りませんか? 教えてください。

------------------------------------------------------------------------
「ハロー・グッバイ」 投稿者:MACKY  投稿日:10月10日(木)22時27分36秒

ノンノンさん>女性が女性の写真集を買うのは、当時としては珍しかったのでは?ピンク・レディーの頃から同性に憧れる傾向が強くなって、今女性歌手が売れる第一条件は、女性の支持を得ることですからね。まあこれはカラオケの普及(女性が歌うのはどうしても女性の曲に限られるから)もあるでしょうが。

クジラ2号さん>「ポケットいっぱいの秘密」の言葉遊びについては、前にも書いたことがありますが、歌詞の中の「あなた、ぐっすり、寝てる、好きよ」の頭文字をつなげるとアグネスになるという、つまり伊勢物語のかきつばたの歌と同じ形ですね。だからこの曲のリリースが風吹さんの方が先ということになると、この言葉遊びの意味がなくなるのです。ちなみにこの話は松本隆氏本人があちこちの媒体で語っています。

よっかーさん>私はアグネスの曲は知りませんでしたが、この当時は「ハロー・グッドバイ」なんですね。これは明らかにビートルズを意識しすぎているということで、讃岐裕子さんから「ハロー・グッバイ」になったのでしょうか。よっかーさんの書かれている様子だと歌詞が一部違うのでしょうか?

柏原芳恵さんのカバー曲というと、「あの場所から」もありますね。私はこの曲を聴くと、どうしても「美・サイレント」に近いあらぬ想像を思い浮かべるのですが…

------------------------------------------------------------------------
ハロー・グッドバイ 投稿者:よっかー  投稿日:10月10日(木)19時24分02秒

クジラ2号さん
アグネスの「ハロー・グッドバイ」を柏原よしえがカバーして大ヒット(認知度から言えばホームラン)しましたが、その間のツーベース・ヒットくらいの讃岐裕子「ハロー・グッバイ」は、なかなか話題に上がりませんねー。(残念です)
タイトルや、歌詞から言えば、讃岐裕子の方をカバーした感じなんだけどなー。(笑)

------------------------------------------------------------------------
「ペーパー・ムーンに腰かけて」 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月10日(木)18時32分01秒

MACKYさん>「ポケットいっぱいの秘密」は、アグネスさんのシングルが1974年6月、風吹ジュンさんのLPが1974年 発売です。風吹さんのLPが何月発売なのか解からない・・・
「言葉遊び」の件は、作詞の松本隆氏本人が、何かの本に書かれたのですか?
「ポケット・・・」は1978年9月10日発売の石川ひとみさんのカセット「わたしは ひ・と・み」の
中でもカバーされてます。

アグネスの「ハロー・グットバイ」は柏原芳恵さんがカバーしてヒットしました。
高見知佳さんの「しのび逢い」は、柏原芳恵さんが「し・の・び・愛」としカバーしてヒットしました。高見知佳さんのセカンド・アルバム「ペーパー・ムーンに腰かけて」は、いい曲ぞろいです。

ノンノンさん>吉沢さんのシングルで森本さんの曲は、「幸せってなに?」「そっとしといてネ!」
だと思います。タイガースの映画でマドンナ役をやっていた 久美かおりさんの全音源を集めたCD
が数年前「星のプリンス」のタイトルで発売されました。1曲目の「星のプリンス」は、映画のサウンド・トラックとして発売されたものとは、別バージョンで ワン・コーラスめの終わりの部分から久美さんのハモリが入り、ツー・コーラスめの頭は 加橋かつみさんのソロからはじまります。
このCDには、レナウンのCM曲「ワンサカ娘」まで入っています。久美さんの曲では、「愛のディンガリン」が明るい感じで好きです。

みずみずさん>倉田まり子さんのLP「あなたにめぐり逢えて」は1度Q盤でCD化されたのですが、買おうと思ったらすでに廃盤になっていました。LP2枚、シングル2枚、CD1枚が手持ちです。

------------------------------------------------------------------------
倉田まり子 投稿者:みずみず  投稿日:10月 9日(水)22時44分43秒

倉田まり子のLP「あなたにめぐり合えて」聞きながら打ってます
10曲入りで曲は都倉俊一 サンセットキス(日暮し)のみ木森敏之*
*心の色やマドンナたちのララバイの作者 没
HOWワンダフル グラジュエイション いつかあなたの歌が(これも名曲です)
この歌の♪ドリームユアドリーム に励まされて
東京でライターめざし頑張っていたのですが
最後の曲が「虹の未来」
まりこの未来が「中江で法律事務所事務員」
私の未来は「永世アイドルおたく」とは(笑)
このテープBサイドがLP「石川ひとみ」の夢模様
トップは三木聖子の三枚の写真
ねえ 目をそらさずに 目をそらさずに が印象的です
どちらも横田早苗*のLP「サマーブリーズ」なんかとともにこの世に存在しないんじゃないかな
*サンデーズ出身のアイドル

------------------------------------------------------------------------
グラジュエイション 投稿者:ノンノン  投稿日:10月 9日(水)22時27分45秒

MACKYさん
私、キャンディーズの写真集を持っていたんですよ。引退を発表した頃のなんですが。特にファンというわけではなかったのですが、3人がとても綺麗なので買ってしまいました。あと、伊藤蘭さんの髪型にしたくて。綺麗な女性スターの写真集やポスターやプロマイドは、女性の私でも買っていました。

みずみずさん
ヤング101のHP見てみます。いろいろあるんですね。教えて下さってありがとうございます。
倉田まり子さんというと、やはり「グラジュエイション」がすぐ浮かびます。卒業式にも合う旅立の曲ですよね。倉田まり子さんって、ちょっと寂しげなところがありましたね。そういう面が、守ってあげたい雰囲気があって魅力があったと思います。

クジラ2号さん
吉沢京子さんの曲で、森本太郎さんの曲というと、「しあわせってなに」でしたっけ?
♪山の向こうには しあわせがあると♪ とかいう歌詞の曲でしょうか?
同じ頃に、岡崎友紀さんも人気がありましたね。二人共、ドラマに主演していて歌も出していましたね。吉沢京子さんは女の子らしいイメージで、岡崎友紀さんは元気ハツラツのイメージでした。その頃の岡崎友紀さんは、いつもスヌーピーと一緒に写真に映っていました。いつも、ドラマを見ていました。吉沢京子さんは「柔道一直線」「さぼてんとマシュマロ」などに出演して、岡崎友紀さんと並んでアイドルでしたね。
風吹ジュンさん、可愛かったですよね。今でも、可愛い雰囲気を持った女性ですね。「愛がはじまるとき」を歌う時、すごく首を横に傾けて歌っていましたね。グリーンのギンガムチェックのワンピースが印象に残っています。その頃、浅田美代子さんは「赤い風船」を赤のギンガムチェックのワンピースで歌っていました。ギンガムチェックは、その頃から好きで、特にグリーンのギンガムチェックが好きです。

------------------------------------------------------------------------
「夢色ヒコーキ」 投稿者:MACKY  投稿日:10月 9日(水)21時37分20秒

みずみずさん>確かに高校卒業だから「グラジュエイション」だとかいうMCは覚えています。余談ですがその後時代が下って菊池桃子さんが「卒業」(これもグラジュエイションって読むんですよね)をリリースしたとき、「私が卒業する年齢じゃないのにどうして?」と思ったそうですが。

クジラ2号さん>その「ポケットいっぱいの秘密」はアグネスと同一曲なんでしょうか?もしそれで風吹さんの方がリリースが早いとなると、例の「言葉遊び」の伝説が崩壊してしまうのですが…

『今日の我に明日は勝つ』はさすがに持っておりません。当時私は一人暮らしの大学生だったので、そんな大金(確か9万円だったような…)を支払ったら食べていけません…発禁の曲に関しては週刊誌の記事で読みました。

みずみずさん、クジラ2号さん>やっぱり「夢色ヒコーキ」を覚えていらっしゃったのですね。この曲、結構インパクトがありますね。デビュー当時20才(or21才?)でシンガーソングライター、おまけに学習院大学在籍中ということでアイドル路線にするには無理があり、かといってアーティストにはちょっと力不足、というのがメジャーになれなかった理由でしょうか?

------------------------------------------------------------------------
ポケットいっぱいの秘密 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月 9日(水)20時27分16秒

MACKYさん>『今日の我に明日は勝つ』購入されたんですか?66枚組というと、すごい値段でしょうね。久保田育子さんの「夢色ヒコーキ」(キャニオン 1977年9月)は、曲名は、覚えていましたが、メロディーは覚えていないです。

みずみずさん>ありがとうございました。別の曲なんですね。ここ数年ジブリ作品どころか、アニメ自体あまり見なくなってしまいました。

ポニー・キャニオンのぼくらのベスト見ていたら、12月発売のMyこれ!は「吉沢京子」と「アグネス・ラム」となっていて、、「この歌が入っていないと吉沢京子は語れない」というような歌を・・・と、募集しています。

     http://www.bokura-best.jp/

吉沢京子さんというとデビューシングルは、タイガースの森本 太郎さんが、曲を書いていました。最近は薬品のCMで見かけるぐらいですね。でも、吉沢さんてテイチク(ユニオン)からレコードをだしてましたよね。なぜにキャニオンからCDが・・・でるだけでありがたいけど・・・

70年代のテイチクのアイドルだったら、なんといっても風吹ジュンさんです。10年ぐらい前に 
ファーストとセカンド・アルバムを中古でかいましたが、定価の2倍近い価格でした。
当時は、天地真理さんの全盛期で天地さん風の歌唱を要請され、あまり気が進まないのに、それ風
に歌ったと どこかで読んだ気がします。確かにそんな感じです。ファースト・アルバムに「ポケットいっぱいの秘密」が、入っていますが、アグネス・チャンよりこちらの方が早かったのかな?

------------------------------------------------------------------------
(無題) 投稿者:みずみず  投稿日:10月 9日(水)06時37分43秒

>MACKYさん
倉田まり子の泣いた理由は
確か自分の高校卒業と重なったこと さらに故郷長崎を離れ母子で東京に出てきた辛さ
じゃなかったかと思います 「グラデュエーション」はいい曲ですよね
ついでに久保田育子「夢色ひこーき」ですよね
うちではテープでたまに流してます。CD{アイドル伝説}に入ってますね 
院出のお嬢さんと言うイメージでした
>ノンノンさん
実は101ファンだったので あの映像は30年ぶり初でびっくりでした
再放送の時にファンの映像でテロップが入ってました あわせてみたんですが
星児さんとかくろさんとかはすぐわかるのですが なかなか
なお101関係のHP結構あります ヤング101で検索してください
プリンス藤島新がフラワーアレンジメントしているページもあります
うちの若い子がおじさんなのになんでヤングなの といってました
祐馬氏のHPはなかったかな? でも渋い脇役にどんどんなっていくと思います 佐川さんみたいに

------------------------------------------------------------------------
こんばんは 投稿者:Nisharra  投稿日:10月 8日(火)23時50分19秒

よっかーさん
>長年のもやもやが晴れそうです。
 
書きこんだ後、レコードのタイトルなど詳細も書いたほうが良かったかなあと思いながら寝てしまい、先程ここに来たのですが、既に通りすがりの方が参考になるHPを紹介してますね。というわけでレコード関連の情報は割愛致します。ちなみに1986年10月から大阪ABCラジオでケラ(有頂天)とDJをやっていたのを思い出したので、いちおう書いておきますね(ずっと聴いていた訳ではないので、いつまでやっていたかは知りません)。
 
 
クジラ2号さん
前回の書き込みで「その頃は、まだ子どもでしたので…」なんて書いてしまいましたが、第23回ということは良く考えたら、鳥山あかねさんが出場(第25回)した1年前、さそり座(第28回)の2年半前なんですよね…。ちなみに第23回当時は中学1年で、第25回当時は中学2年、第28回当時は中学3年でした。私自身、中学1年当時を思い起こすと「子ども」というイメージだったわけで、ああいう書き方になってしまいました。御了承下さい…。
ところでBlue Treeさん、フォローありがとうございました。
 
 
 
>つちやかおり『あ・し・た何色』
宝塚系のドラマ「ちびっ子かあちゃん」の主題歌でした。この主人公は番組の終わりになるとわがままな弟達に「私、帰る!」ってキレるんですよね。今思えば「父ちゃん情けなくて涙でてくらあ」のような『決まり文句』だったのかもしれません。
宝塚系では「123と45ロク」が印象に残ってます。東京に遊びに行ったシーンなのにバスが「神姫バス」だったりと、ツッコミどころも多かったので。ちなみに「123と45ロク」の初期に、当時小学生の堂本剛が出ていたというのを最近知りました。他には「赤いシュート」も良かったです。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/

------------------------------------------------------------------------
とおりすがり様、ありがとう。 投稿者:よっかー  投稿日:10月 8日(火)23時12分17秒

RIKA情報ありがとう。

------------------------------------------------------------------------
「グラジュエイション」 投稿者:MACKY  投稿日:10月 8日(火)22時44分36秒

みずみずさん>私は倉田まり子さんのサンデーズ時代の想い出というと、ちょうど「グラジュエイション」を発売した時に泣きながら歌ったことくらいかな。何故泣いたのかいまだに分かりません。

クジラ2号さん>美空ひばりさんにも『今日の我に明日は勝つ』に収録できなかった曲が1曲だけありますね。加山雄三さんの曲と同じ単語がタイトルに入っています。

ノンノンさん>藤村美樹さんは一回復帰しようとして結局結婚引退したことで、潔い印象を残しましたね。やっぱり未練残して辞めるくらいなのが一番良いのかな。

ところで、夜ヒットの77〜78年くらいの再放送を見てると、久保田育子さんという当時学習院大学の学生だったシンガーソングライターが、2度ほど出演しているのですが、ディスコグラフィー的には全く記録に残っていません。この方について知っている人がいましたら教えてください。

------------------------------------------------------------------------
秋晴れが少ないですね 投稿者:ノンノン  投稿日:10月 8日(火)22時18分41秒

みずみずさん
「思い出のメロディー」に出演していた、はげっち? 頭のハゲた人、出ていましたっけ?覚えがないのですが、誰でしょうか。ヤング101の人達、誰が誰なのか、よくわかりませんでした。でも、ハゲていても全然おかしくない年齢ですよね。
草川祐馬さん、ハゲたんですか。じゃあ、テレビでパッと観ただけでは誰なのかわからないですね。ハゲる人って、男性ホルモンが多いんですよね。と、いうことは男性的ですよね。うん、イイかも。ハゲていて、素敵な芸能人ってけっこういますよね。様々な経験をして、年齢を重ねてきた容姿に愛しさを感じます。

MACKYさん
「コバルトの季節の中で」でしたね。また、私ったら勝手に曲名をつくっちゃいました。
キャンディーズのミキちゃんって、気持ちが細やかな性格らしいですね。女らしい感じに好感が持てます。スーちゃんとランちゃんはパッと華やかな感じがいいと思いますが、ミキちゃんは控えめで優しい感じがしていいと思います。

クジラ2号さん
エッ!360円! それなら両方を買えるゾ!   
休みの日に本屋さんに行ってみます。
加藤晴子さん、綺麗でした。先日、テレビに出演をしていました。もっと、ポッチャリしているかと思っていたのですが、とてもスタイルが良かったですし、お顔もスッキリしていました。でも、私も思いました。もう少し、歌声を聴きたかったです。           

------------------------------------------------------------------------
草川祐馬 投稿者:みずみず  投稿日:10月 8日(火)20時27分38秒

>ノンノンさん
草川祐馬、山本?、伊丹幸男あたりが同世代だね
長髪でワイルドでりりしい男 祐馬
だったけど
今は役者さんです
でもなんと、「はげ」ているんですよ
関西系の渋い脇役でTVドラマで父親役なんかやってますがよくみないと
わかんないですよ
渋谷哲平も太ったし、堤大二郎も薄くなった
あの若さはどこへ?
>くじら2号さん
「君を乗せて」は澤田研二のと「らぴゅた」のとがあります
友人がカラオケで両方歌います 

------------------------------------------------------------------------
「失恋散歩道」 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月 8日(火)18時30分52秒

MACKY さん>発禁といえば、九月の掲示板に出ていた オックス、ダイナマイツ、モップス、GSオムニバス、のCD4種が発売になりましたがモップスの「BLIND BIRD」はまた入っていませんでしたね。差別用語が使われているとはゆえ、モップスの曲の中ではBest3に入るカッコイイ曲なんですけどね。モップスは、現在アメリカやヨーロッパでは、ガレージバンドファンにかなり人気がある様で、私は、ドイツ盤CDで 「BLIND BIRD」を手に入れました。加山雄三さんの「び●この子犬」も良い曲なんですがCD化されません。

よっかーさん>有難う御座いました。「君をのせて」は『天空の城ラピュタ』の主題歌という事ですが、沢田さんの曲とは 同名異曲なのでしょうか?『天空の城ラピュタ』を知らないもので・・・ つちやかおりさんは、「恋と涙の17才」カバー曲、「失恋散歩道」(長渕剛 作曲)が
好きな曲でした。

Nisharraさん、Blue Treeさん>まりおん の情報有難う御座いました。
女性ばかりの5人グループだったんですか。ウィッシュや あみんの様な2人グループだと思っていました。それにしても綺麗な声ですね。

岡村孝子さんの「天晴な青空」聞きました。デビュー20周年ということでコーラスに加藤晴子さん
が加わり あみん再結成とゆうわけですが、加藤さんの声をもう少し大きくして欲しかったと感じました。 

ノンノンさん>パソコンの本ですが、今日本屋さんへ行ったら「ウルトラ」10.22号 定価360円という本がありました。「Windowsフリーズ絶対反対!」という特集ですが、Meを使っているのでしたら こちらの方が いいかと思いますが、覗いてみて 下さい。

------------------------------------------------------------------------
割り込み失礼します 投稿者:とおりすがり  投稿日:10月 8日(火)11時19分07秒

http://allabout.co.jp/entertainment/technopop/closeup/CU20020306/
↑RIKAといえば、ここを。

------------------------------------------------------------------------
どーもありがとう。 投稿者:よっかー  投稿日:10月 8日(火)10時30分43秒

Nisharraさん
感謝感謝。当時、民放2局だった私の田舎で「ポプコン」を見るのは、県外の友人にビデオを送ってもらう方法しかなく、この「第29回」でのRIKAを聞いたのも、ずいぶん後になってからでした。HP見てきましたが、RIKA名義の時代にどこのレコード会社から出てたのか、よくわかりませんね。とにかくデビューしてたことがわかれば捜索してみます。今から探しても音源、見つかりますかね。長年のもやもやが晴れそうです。
てつ100%って懐かしいなぁ。

とろりさん
「あ・し・た何色/つちやかおり」が紅葉に囲まれていい感じですね。
最近「ろみひー」や「懐かしアイドル特集」で、ふっくんがつちやかおりに浮気を怒られた話を、ヘラヘラ喋ってるのを見ると、妙に腹たちます。(笑)

------------------------------------------------------------------------
まりおん について 投稿者:Blue Tree  投稿日:10月 8日(火)09時25分03秒

まりおん ですが、彼女達が出場していた「第23回ポプコンつま恋本選会」(昭和57年5月16日)を見に行き、譜面集を持っていますので、そこに載っている「SEA(うみ)」のコメントを書かせていただきます。

「札幌市から参加の17才。高校では軽音楽部に所属しています。冬が終わりを告げ、春がめぐってくる、ちょうどそんな頃友だちのことで、少し気持が落ち込んだことがありました。そんな時、これじゃいけないと思って、この曲を作りました。
音楽って、私の兄弟みたい。いつでも、そばにいるよっていう感じで……。
つま恋では心をこめて歌います。」

女性ばかりの5人グループです。たしかテレビのコッキーポップで、「将来は歌より演奏の方をやっていきたい」と言っていた気がします。

------------------------------------------------------------------------
あ、もうこんな時間… 投稿者:Nisharra  投稿日:10月 8日(火)02時49分17秒

よっかーさん
>「ポプコン」で特別に賞をもらった人じゃないけど、第29回本選大会(昭和60年
>つま恋)で『ファイブ・シャドゥ』を唄ったRIKAさんを知りませんか?
 
その年の10月に『雨の中で僕は』で優秀曲賞を受賞されてます。ちなみに、その時のグランプリは尾崎和行&コースタルシティ『…洋子』でした。ついでに、てつ100%も優秀曲賞でした。
30回つま恋本選が10月6日で、デビューが21日という早業でした。シングル4枚、アルバム1枚を発表されてますが、1988年2月以降はアーティストとしては出してないのか単に私が知らないだけなのか…。
 
ただ今も地道に活動はされています。下記がRIKAさんのHPです。ただ、あまり過去については触れてないようですが(『ようこそシネマハウスへ』という曲を御存知ならピンと来るはずです)。
http://www.cc.rim.or.jp/~momoko/
 
 
クジラ2号さん
>まりおん
 
当時、北海道の高校生だったということと、少し前に発売された「コッキーポップTV版」ビデオクリップ集に収録されているということくらいしか知らないです。その頃は、まだ子どもでしたので、ラジオでコッキーポップ聴くくらいでした…。お役に立ちませんで…。何か情報が入れば、ここに書きたいと思います。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/

------------------------------------------------------------------------
「時には娼婦のように」 投稿者:MACKY  投稿日:10月 7日(月)23時18分22秒

今日は「あの人は今」やってたんですか。私は相変わらず夜ヒットの再放送など見ておりました。西城秀樹さんの「あなたと愛のために」(若手男性歌謡には珍しい女歌)、野口五郎さん「泣き上手」、太田裕美さん「失恋魔術師」、桜田淳子さん「追いかけてヨコハマ」(これもみゆきさんの曲ですね)、キャンディーズ「微笑み返し」(「わなにかかった…」のところでちゃんとミキがセンターに来るところが嬉しい)など感動もののラインナップでしたが、何と言っても一番得したのは黒沢年男さんの「時には娼婦のように」が聴けたことでしょう。しかも同じ時間にちょうど地上波で現在の黒沢さんが映っていました…しかしこの曲、良く発禁になりませんでしたね…

クジラ2号さん>すいません、もしかしたら私の勘違いかも…「素敵な勇気」とか「デス・トラップ」などが収録されていて、私の好きな中期の「めざめ」「夏のフォトグラフ」「熱風」あたりが収録されていないのは覚えているのですが…「Everynight」はどうだったかなあ…

ノンノンさん>おそらく「コバルトの季節の中で」だと思いますが…私もその曲大好きですよ。

木精さん>私が一番意外だったのは「きっと愛がある」だなあ…

------------------------------------------------------------------------
ファンがいっぱいでご機嫌 投稿者:みずみず  投稿日:10月 7日(月)23時09分32秒

>ノンノンさん
ヤング720 からヤング101 のラインは好きで
この前の「思い出のメロディ」 最高でした
白髪の若 おじさんのくろさわ と 太ったいしおか
プリンスらしくない藤島のおやじ
みゆきちゃんと美也子ちゃんはそれなりでしたが
ところであの「はげっち」 は誰でした????
>くじら2号さん
夕子はいいね とけいくメモリー と離愁 とスワオウルヴォアー
でも山口未央子の「可愛い女と呼ばないで」 は傑作だよね
>木精さん
らじお ッ娘の水島かおりちゃんは昼メロ女優になりました
弥生ちゃんは?????
でも新田一郎の傑作ですよね
>MACHY さん
まりっぺ は倉田まり子=坪田まり子=イブニングスキャンダル
サンデーズ初代女性 は、清水みゆき 天馬 に夕紀ちゃん
みゆきのあとがまりっぺ
2人きりスキャンダル♪ =中江
男がいて女がいて株ができるの♪ =中江 =ぶっちー武者
投資ジャーナル 辛くて悲しい♪ =中江
での夕紀ちゃんの「ふたご座の女」も感動|

------------------------------------------------------------------------
今日もちょっと台風みたかったな。 投稿者:ノンノン  投稿日:10月 7日(月)21時57分27秒

とろりさん
トップページの壁紙がすごく綺麗ですね。ピンク色が混ざっている紅葉だなんて、すごい素敵。明るくて鮮やかで可愛い紅葉だなって思いました。もう、紅葉の季節なんですね。時が経つのは、とても早いものですね。ついこの間、元旦だった気がします。
とろりさんが通っていらっしゃった中学校は、合唱コンクールに熱く燃えていたんですね。真面目な生徒が多かったのでしょうか?レベルが高そうな学校ですね。

Nisharraさん
「水色の街」の2番の歌詞って、私は覚えてなかったのですが、そういう歌詞だったんですか。わ〜、バカにしてる〜。って感じです。でも、何か可愛い歌ですよね。
昔、「ヤング720」で男性と女性がデュエットで歌っていた曲を思いだしました。「ダイコン足とガニマタのうた」っていう曲名だったかな?違うかも。
♪あの子のことを赤いほっぺでダイコン足だとみんなは言うけど 僕はあの子が好きなんだ 暖かい心がたまらない♪ って男性が歌って、♪ガニマタの彼だけど好きなのよ♪ って女性が歌います。何か、歌詞を全部覚えてないのですが、いい歌ですよ。ほのぼのとして暖かい雰囲気があって好きでした。ちなみに私はダイコン足ですが、ガニマタ君って好きです。

クジラ2号さん
「おもいで」という曲ですか。あ〜、そうだったかもって思いました。歌詞は覚えているのに曲名を忘れてしまったのがいっぱいあります。自分でじれったいです。今回、紹介して下さったパソコンの本は値段が高くないので、買ってみようと思っています。

よっかーさん
「ハウス」は榊原郁恵さんは出演してなかったんですね。井戸で冷やしたスイカをつり上げたら、女性の首でしたよね。あの首は、誰のでしたっけ?
私も、クジラ2号さんと同じ質問なのですが、「君をのせて」は沢田研二さんの曲ですか? 音楽の教科書に載っているのかな〜? いい曲ですよね。私は、沢田研二さんの曲では「君をのせて」と「コバルト色の風の中で」が一番好きです。

MACKYさん
今の音楽の教科書はいいですね。私の頃は、そういうヒットソングは載ってなかったと思います。堅い曲ばかりだった気がします。
早乙女愛さんは「愛と誠」の映画の方で、池上希美子さんはテレビの方でしたっけ?早乙女愛のヘアスタイル、当時流行しました。私も真似してました。(子供の頃は、すぐ真似してました)
麻丘めぐみさんのヘアスタイルにも似ていましたよね。中学生の時、近所の貸本屋さんでコミックを全巻借りて読みました。ハマっていましたよ。映画も観たのですが、池上希美子さんでテレビになった時は、早乙女愛さんの印象が私にとっては強かったので、あまり観ていませんでした。でも、どちらも本当に綺麗な女性ですよね。

今日、テレビで「あの人は今」を放映してましたね。ひかる一平さんが懐かしかったな〜。若い頃、可愛かったな〜。今もやはりハンサムですね。草川祐馬さんも観たいな〜。私の中学時代のアイドルでした。

------------------------------------------------------------------------
「君をのせて」は『天空の城ラピュタ』の主題歌です。 投稿者:よっかー  投稿日:10月 7日(月)21時08分28秒

クジラ2号さん
今、石井竜也(元・米米クラブ)がカバーして唄ってます。
前回も『カリオストロの城』の主題歌をカバーしてまして、なかなかいい感じで好きですよ。

Nisharraさん
「ポプコン」で特別に賞をもらった人じゃないけど、第29回本選大会(昭和60年つま恋)で『ファイブ・シャドゥ』を唄ったRIKAさんを知りませんか?
この大会のグランプリはロールバックでした。他に陣内大蔵、キャデラックも出てました。

さて今日の「あの人は今」(TBS)での、伊藤つかさ、ひかる一平、伊藤咲子はよかった。(笑)
伊藤つかさは上手に歳とったなぁ。歌はまったくイメージを損ねてなかった。

------------------------------------------------------------------------
河合夕子さん 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月 7日(月)19時12分06秒

よっか-さん>「君をのせて」て、沢田研二さんの曲ですか?

みずみず さん>はじめまして。 
 ○「グラデュエーション」倉田まり子さんの曲は、デビュー曲にしては、多少地味な曲でした 
   が、良い曲でした。
 ○「決心」原真祐美さんは、これもデビュー曲だと思いましたが、「そっとさよなら」の方は、覚
   えていますが、・・・
 ○「メッセージ(サンデーズ)」は、覚えていません。

 「スリランカ慕情」金井夕子さんは、阿木燿子作詞 筒美京平作曲だと思いますが、確かに「異邦人」の雰囲気がありますね。金井夕子さんには、「パステル・ラブ」「ジャスト・フィーリング」など良い曲がありますが、Bestは「ラスト・ワルツ・イン・ブルー」デス。夕子さんとゆえば、河合夕子さんの声は魅力的です。

MACKY さん>「Everynight」の収録されている ベスト盤CDてあるんですか?シングルCDが在るのは知っていましたが・・・

Nisharraさん>鳥山あかねさんの情報ありがとう御座いました。まりおん について
なにかご存知ですか?
 

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:10月 7日(月)17時29分09秒

「合唱コンクール」は、ぼくが通っていた中学校にもありました。

1学期にあったので、1年生は参加せず、2年生と3年生がクラス対抗で競ったと思います。
課題曲と自由曲とがあり、自由曲は各クラスで決めるという方式でした。
確か、2年生のときは、課題曲が「花の街」自由曲は「流浪の民」、3年生のときは
課題曲が「曲り角」、自由曲が「翼をください」でした。

ピアノを弾ける生徒がピアノ伴奏し、低音のパート、高音のパートを受け持つ生徒が
それぞれいて、音楽の時間に練習するのですが、発表の日が近づくにつれて、みんな異様
なまでに入れ込んで、放課後、遅くまで練習し、さらに歌うたびに、「アインザッツが揃ってい
ない。指揮者のタクトをきちんと見てるのか?」などと反省会のようなものをやったものです。

発表会の日、完璧に歌い切ったときには、ものすごいカタルシスを体験しました。

あれほど濃密な音楽的体験をしたのは、あのときが最後でしょう。

------------------------------------------------------------------------
追伸 投稿者:Nisharra  投稿日:10月 7日(月)00時26分58秒

私のHPのリンク集に鳥山さんのプライベートHPへのリンクがあります。
というわけで、もう寝ます。おやすみなさい…。

------------------------------------------------------------------------
もう寝ますけど… 投稿者:Nisharra  投稿日:10月 7日(月)00時22分10秒

眠る前にちらっと見ておこうと思って寄りましたが…。
ポプコン系のネタが書けるとあって思わず指がキーに。
 
 
>鳥山あかね『童未望』
 
私も持ってます(ちなみに第25回ポプコンつま恋本選会のライブ盤も持ってます)が、好きな曲の1つです。B面の『白くまのイチゴジャム』も『みんなのうた』っぽくて可愛い曲ですよ。
鳥山さんといえば、宅急便CMの歌唱やナショナルのお店などCMソングの作曲で、その筋では有名となりましたが、最近ではニュースステーションの合間の「鈴与グループ」CMでも、その声を披露しています。
『童未望』は可愛い声のアレンジとなってますが、実際つま恋での鳥山さんは、もう少し大人っぽい歌声でした。その技術を生かして(?)アニメソングなどにも携っているようですね…。
 
 
>さそり座の歌にも通じるノスタルジックな良い曲でした。
 
御意。ほんと脳ミソ擽られます(笑)。
 
 
 
よっかーさん
>しかし、「カニ道楽のCMソング」を選曲するとは受けを心得てるなぁ。(笑)
 
しかも3番までフルで歌うので無く、1番だけでした。ちなみにこの曲は、どこだったかの通信カラオケのレパートリーに入ってますよ。友人とデュエットしたりします…。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/

------------------------------------------------------------------------
こんばんは 投稿者:木精  投稿日:10月 6日(日)23時29分42秒

クジラ2号様、MACKY様>中島みゆきさんは本当にいろいろな歌手の作品を作っていますよね。何気なく聴いていてあれっと思うと中島みゆきさんの歌だったということがよくあります。

みずみず様>「茅ヶ崎サンライズ」はおもしろいですね。琴風、千代の富士までは許せますが、♪北の湖を見つめて抱きしめてた二人は…というのはびっくりですね(笑)

僕も「あのすばらしい愛をもう一度」歌いました(中1)。他に「遠い日の歌」(パッフェルベルのカノンがもとになっている歌)(中2)、「河口」(中3・指揮をつとめた)を合唱しました。

------------------------------------------------------------------------
「LOVE LOVE LOVE」 投稿者:MACKY  投稿日:10月 6日(日)22時21分36秒

ノンノンさん>「LOVE LOVE LOVE」は今音楽の教科書にも載っているそうですからね。あと最近の流行は「時代」や「空と君のあいだに」あたりだとか。

「ハウス」の出演者はよっかーさんの書かれている通りです。役名というよりニックネームでオシャレ、ファンタ、ガリ、カンフー、メロディー、スウィート、マックという方が私には馴染みがあるな。あと担任教師役が早乙女愛さんだったかな?役に立たない男性教師は誰だっけ?オシャレこと池上季実子さんのおばさんで、この惨劇の仕掛け人が南田洋子さんでしたね。ファンタこと大場久美子さんは人気絶頂期だから、唯一食べられてしまうシーンがないんですよね。

よっかーさん>合唱コンクールの話は前にも書きましたが、私の頃の流行は「怪獣のバラード」「親知らず子知らず」それから「チコタン」シリーズとか。この「チコタン」は5部作だそうですが、出典は何処なんでしょうか?「翼をください」も既にスタンダードだったな。

クジラ2号さん>「儀式」はみゆきさんと松本典子さんで歌詞が違うんですよね。最近話題の三田寛子さんにも「少年たちのように/愛される花 愛されぬ花」を提供してますね。意外なところでは小林幸子さんの「幸せ」や吉田拓郎さんの「永遠の嘘をついてくれ」なども名曲です。

秀美さんの「Everynight」はベスト盤CDに収録されてませんでしたっけ?もちろんシングル盤を入手することに意味があるのでしょうが。

Nisharraさん>確かに今までは「大きな古時計」を歌うのは子供か老人、というイメージがありましたもんね。

みずみずさん>はじめまして。しかし中江まり子って表記は…もちろんあの人のことですよね?

------------------------------------------------------------------------
初めてです 投稿者:みずみず  投稿日:10月 6日(日)21時53分39秒

早川由貴の「乱気流」をもう20年以上も聞き続けている[みずみず]です
ラジオっこの「茅ヶ崎サンラライズ」(元歌はスペクトラムの新田一郎)の相撲フレーズ(北の海を見つめた)が未だに頭から離れなくて、でも都倉俊一はなぜか大好きで
「グラデュエーション(中江まり子)」「決心(原真由美)」「メッセージ(サンデーズ)」
の3曲は名曲だと思っています
九月の光とそよ風とやさしい♪
でも過去の最高傑作は金井夕子の「スリランカ慕情」(庄野真代→久保田早紀→演歌調というパターンは感動)
このようなあたりにご感想をいただければ
「ハウス」はオールナイト日本」でラジオドラマやったことと、季美子さんのちいさいおっぱいと
ハウス=ハウス食品=くーみん のイメージがあります
佐田玲子といえば白鳥座=FTV系昼ドラ「母ちゃんの牧場」のテーマ「北の空ラブソング?」よかったですね、船越栄一郎でていたっけ?
たまに来ます。では瞳のラブリー10 with 秋山武史 でさよおなら

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:10月 6日(日)21時43分28秒

ふ み おさま

ぼくも、現在、ノックアウト状態です。

実のところ、ふ み おさんからハワイのお話や灰田さんのお話をうかがいながら、次第に
灰田勝彦の曲を聴きたいと思うようになっていたのです。

ぼくは、「11.懐メロに関する雑考」で書いた通り、一時期、いわゆる「懐メロ」に
熱中していましたから、あるいは、これも、ごく自然な流れであったのかもしれません。

しかし、灰田勝彦のオリジナル・レコードは、おそらく、ほとんどSP盤でしょう。
SP盤の音源から復刻したLP盤を探すしかないかな。そう、思い始めていたのです。

昨日、よく行く中古レコード店へ行ってみました。そこへは2週間ほど行っていなかっ
たので、行ってみようかと思って。

その中古レコード店の扉を開けた瞬間、ぼくは腰が抜けました。

...新入荷のレコード棚のいちばん前に、何と灰田勝彦のLP盤があるではありませんか!
直ちに、それを手にとって眺めました。1962年発売なのに、ジャケットはミントに近い。
さらに、ジャケットのデザインもすばらしいできばえ!

直ちに買って、家に帰り、心が落ち着くのを待って、それを聴きました。

灰田勝彦のすばらしい歌唱、そして演奏に、ときに胸躍らせ、ときに涙が込み上げ、ときに
気分爽快になり、ときに笑う...。

今、ちょっと、普通の精神状態ではありません。

ぼくと灰田勝彦を出会わせてくださった神様に感謝します。

(とりあえず、そのLP盤のジャケットだけここにアップロードいたしました。)

------------------------------------------------------------------------
セレモニー 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月 6日(日)21時15分42秒

木精さん>中島みゆきさんはレコードは数枚持っていたのですが、処分してしまいました。今は、CD2枚だと思います。「with」「Maybe」「あした」「歌姫」「ほうせんか」など好きな曲だらけです。

他の歌手に提供した作品では、「儀式(セレモニー)」松本典子、「あり、か」田中一郎&甲斐よしひろ、「くらやみ乙女」佐田玲子、「あどけない話」「歌姫」吉田日出子、「風の姿」中江有里、「未完成」薬師丸ひろこ、などが好きです。長山洋子さんにも作詞で「肩幅の未来」「な・ま・い・き」を、提供してます。
研ナオコさん、工藤静香さん、柏原芳恵さんのは有名ですので あえて書きません。  

------------------------------------------------------------------------
合唱曲かぁ 投稿者:よっかー  投稿日:10月 6日(日)19時44分49秒

小中学の頃は「音楽祭」として町内の全校が集って、いやいや出てましたねぇ。
Nisharraさんが言うように、唄う歌手のイメージやアレンジでホントに気持ちも変わりますよね。
私らの頃は音楽の教科書に載ってる曲がほとんどで、「小さい秋みつけた」「コキリコ節」「オバケなんてないさ」「花の街」なんかを唄いました。
今になってみると、文部省唱歌というより、NHKラジオ歌謡だったんだなぁと。
「花の街」はけっこう好きな歌なんですよね。
教科書に載ってない歌となると、「戦争を知らない子供たち」「手のひらを太陽に」「帰ってきたウルトラマン」「若者たち」って感じだったよ。

姪っこなんかのを見に行くと、「君をのせて」「翼をください」「カントリーロード」「明日があるさ」というのが多くなってた。
今はハモネプなんかが流行ってて、小学生でもアカペラとかゴスペラーズなんか言っちゃって、いいイメージだよね。(ナイロンズは好きでした)

しかし、「カニ道楽のCMソング」を選曲するとは受けを心得てるなぁ。(笑)

ノンノンさん
「ハウス」は池上季実子、大場久美子、松原愛、神保美喜、佐藤美恵子、宮子昌代、田中エリ子でした。(ちょっとマニアック)けっこう好きだったりして。ピアノが人食っちゃうからねぇ〜。
郁恵ちゃんは出てなかったよ。デビューした年の作品だからね。

------------------------------------------------------------------------
ドミノ 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月 6日(日)19時34分13秒

よっかー さん、とろりさん>今日は秀美ちゃん通算24枚目の『Every night』を探しに中古レコード店ヘ、1軒目は、1時間探すが収穫ナシ。2軒目で30分ぐらいで発見、「童未望(ドミノ)」鳥山あかねさんのジャケットのピエロの絵が引っかかり、これも連れて帰る事に・・・
どちらも380円、15年ほど気になっていた 石川秀美さんバージョンを、やっと聞くことが出来ました。よっかー さん、とろりさんに、感謝 感謝!

ところで9月27日にDVD「石川秀美/アイドル黄金伝説」(ブロードウェイBWD-1144 税抜き2.800円)が発売されました。イメージ映像の様で歌っている姿が見られるか解りませんが、動いている
姿が見られればいいかなということで、注文してみました。

「童未望(ドミノ)」鳥山あかねさんの方ですが、トーラス・レコードだったのでポップスかニュー・ミュージックかと思っていた(トーラスには早見優 水越恵子 沢田千可子 井上昌己などが
所属)ら、なんと第25回ポップコンつま恋本選会 優秀曲でした。さそり座の歌にも通じるノスタルジックな良い曲でした。思わぬ お宝でした。
第23回つま恋本選会 優秀曲「Sea うみ」まりおん について情報持ってる方情報お願いします。

ノンノン さん>石川さゆりさんのデビューまもない頃の曲とゆうと、「かくれんぼ」「青い月夜の散歩道」「おもいで」「いつでも初恋」などです。記憶にないのですが 歌詞からすると「おもいで」では ないでしょうか。
今月の(2002年11月号)日経PC21 定価590円は パソコンの「トラブル対策全書」を特集しています本屋さんで覗いてみてください。私は、買ってきてしまいました。

------------------------------------------------------------------------
こんにちは 投稿者:Nisharra  投稿日:10月 6日(日)18時02分48秒

ノンノンさん
>『水色の街』
 
2番では更に追い討ちかけてます。
「♪水たまりの中に 映ってる君の姿 意地悪な風に揺らいで 何故かキレイに見えるよ 突然君がつけた ピンクの口紅は まるで信じられなかったけど これはイケると呟いた…」こんなの平成の今の時代に歌ったら、女性に往復ビンタくらう程度じゃすまないですよね(笑)。
 
>合唱コンクール
学校内、それも学年だけのコンクールだから許されたんでしょう。他のクラスは『かに道楽のCMソング』とか歌ってましたよ。
 
 
MACKYさん
ありがとうございます。残念ながら今週の休日は動けなかったので、来週の連休にでも探しに行きたいと思います。

>来年あたり、あちこちの中学で「大きな古時計」が歌われそうですね。
 
『亜麻色〜』もそうですが、歌手とアレンジを変えるだけで、受け手の曲に対するイメージが大きく変わってしまうものなのですね。今までなら、カラオケで『大きな古時計』歌う大人がいたら、それだけで奇人風味な扱いになったかと。私の中学生時代でも「そんな曲だせーよ」ってい感じでしたからね…。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/

------------------------------------------------------------------------
日が短くなりました 投稿者:ノンノン  投稿日:10月 6日(日)15時54分53秒

MACKYさん
「LOVE LOVE LOVE」を今、合唱コンクールで歌われているんですか。高校で歌われることが多いのかな。
「ハウス」は、大場久美子さん、池上希美子さん、榊原郁恵さんなどが出演でしたっけ? 私は、かなり前に、昼間テレビでやっていたのを観ました。けっこう、おもしろかったです。
もう随分と前の映画ですよね。

------------------------------------------------------------------------
ノックアウトです。 投稿者:ふ み お  投稿日:10月 6日(日)09時23分14秒

とろり様
可愛いグッドラックチャームの梅木マリ、ピンクの口紅の恵とも子、そして灰田勝彦ですか。
これは参りましたね。しばし呆然となりました。
梅木マリも芸能界のなかで「消えてしまうわよ」状態になりましたが、ハーフの恵とも子は完全に翻弄されてしまったような気がします。彼女の持っている、優しさ、純粋さ、そして幼さと外観のミスマッチが時間の経過とともに大きくなり、破綻してしまったような気がします。
いずれにしても当時を思い出すと今でも胸が苦しくなります。

------------------------------------------------------------------------
「駈けてきた処女」 投稿者:MACKY  投稿日:10月 5日(土)23時33分51秒

よっかーさん>流石、正しい歌詞を即座にUPされましたね。というより私もCDがあるので歌詞カード見れば良かったのですが、昨夜は夜中だったのでつい記憶に頼ってしまいました。

「あの、夏の日」の情報ありがとうございます。「HOUSE」は公開当時週刊誌の紹介記事を見て、強烈な印象を受けて是非見に行きたかったのですが、当時小学校低学年だったため親にも言い出せず、テレビ放映もなかなかなく(そりゃゴールデンタイムにゃ放映できないわな)、やっと10年くらい前ビデオで見ました。音楽担当がゴダイゴでしたね。公開当時は最新のCGだったのでしょうが、今見るとちょっと笑ってしまいますね。「ねらわれた学園」の当時は薬師丸さんに夢中だったのでこの映画は確か5〜6回観ているはずです。私はこれでユーミンを知りました。「彼のオートバイ 彼女の島」は原作に近いのですが、そのため何処か風景映画みたいになってますね。

Nisharraさん>「ひとりぼっちの卒業式」は今でているベスト盤にも収録されているはずですよ。

ノンノンさん>私も中1の時学校の合唱コンクールで「あの素晴らしい愛をもう一度」歌いましたよ。ちなみに2年の時は「木琴」、3年の時は「ひめゆりの塔」(だったかな?)でした。今では「LOVE LOVE LOVE」などが歌われているそうですが、来年あたり、あちこちの中学で「大きな古時計」が歌われそうですね。

とろりさん>「駈けてきた処女」のジャケット、これが三田寛子さんのジャケット写真の中で一番綺麗だと思います。そういえば、自分がアイドルのカバー曲を歌って(「色づく街」)、かつ自分の曲をアイドルにカバーされた(「駈けてきた処女」)アイドルって他にいましたっけ?斉藤由貴さんの場合はちょっと違うので対象外です。

------------------------------------------------------------------------
先日の台風すごかったです 投稿者:ノンノン  投稿日:10月 5日(土)22時18分41秒

MACKYさん
岩崎宏美さんの、そういうところって、カッコイイですね。コソコソしないところが気持ちいいです。

Nisharraさん
「水色の街」の♪いつのまにか僕は恋人にされたよ とても美人とは言えないが 恋は心とあきらめた♪ っていう部分が女性の立場からだと「何よ 失礼ね そういうあなたはどうなのよ 自分のことを棚に上げすぎよ」っていう感じですね。でも、最後の歌詞の♪夏の風が運んでくれた ひまわりの花びら♪っていうところに彼女に対しての愛情を感じます。
「あの素晴らしい愛をもういちど」は合唱コンクールの定番ですね。
「男と女のラブゲーム」を合唱されたんですか。おもしろいですね。先生がよく歌わせてくれましたよね。
私が高校生の時、「かえるの合唱」も合唱コンクールで歌いました。みんな、やる気がなくて、結局この歌になったのですが、先生もあきれてました。

Yosinonさん
伊藤咲子さんの「青い麦」ですね。
石川さゆりさんのデビューまもない頃の曲で、♪またひとつ恋が終わったみたい 今 私とても大人びたみたい お砂糖なしのコーヒーを飲みながら飲みながら あなたを想い遠い雲見つめてる 愛したり別れたり 愛したり別れたり 想い出は増えてもいいと思うの♪ っていう歌詞(間違っているところがあるかも)の曲名を知りたいのですがご存じでしょうか? もしかしたら、石川 さゆりさんの曲ではないのかな?

クジラ2号さん
私のパソコンはWindows Meです。いろいろ教えて下さってありがとうございます。近いうちにやってみます。自作パソコンを製作してしまう女性も、中にはいらっしゃるかもしれないですね。私には、とうてい出来ませんが。

------------------------------------------------------------------------
積年の謎が今… 投稿者:Nisharra  投稿日:10月 5日(土)05時12分56秒

MACKYさん、よっかーさん
 
早速のレス、ありがとうございました。
この謎が、ずーっと引っかかっていたんですよ。
CD探してみます…。
 
 
追伸)
「あばれはっちゃく」って、今まで灰谷健次郎だと思ってました。
確かに作風違うわな。。。

------------------------------------------------------------------------
それはたぶん『ひとりぼっちの卒業式』 投稿者:よっかー  投稿日:10月 5日(土)01時48分46秒

Nisharraさん
『ひとりぼっちの卒業式』(1982.詞:阿木耀子.曲:見岳章.編:水谷公生)だと思います。
♪泣く気になれず 微笑んで
 卒業します あなたから
 泣く気もないのに 涙ぐみ
 卒業させて あなたから〜
という歌詞で始まる歌です。確か4枚目のシングルでした。

MACKYさん
「あの、夏の日」は見てないのであまり詳しくは知りません。
原作は、「転校生」と同じく山中恒です。「あばれはっちゃく」の原作者といった方がわかりやすいかもね。原作タイトルは「とんでろ じいちゃん」です。
大林監督はどちらかというと、映像に凝る監督ですよね。
メジャーデビュー前から、パートカラーの作品を作ってみたり、積極的に合成、特撮を取り込むタイプですよね。それらしいのは「ねらわれた学園」「ブラックジャック・瞳の中の訪問者」「HOUSE〜ハウス」「異人たちとの夏」「彼のオートバイ彼女の島」「ふりむけば愛」「漂流教室」って感じですね。

------------------------------------------------------------------------
「ひとりぼっちの卒業式」 投稿者:MACKY  投稿日:10月 5日(土)01時47分18秒

Nisharraさん>おそらくその曲は、4枚目のシングル「ひとりぼっちの卒業式」ではないですか?その部分の歌詞は「卒業前にあなたから卒業します私だけ」だったかな?なんか音階が急に上がったり下がったりするシュールな曲という印象ですが…

木精さん>私もみゆきさんの「あなた」は大好きです。ただし、みゆきさんの話は以前散々書いたので、もしよろしければ過去ログをご覧ください。

------------------------------------------------------------------------
深い眠りにつきたい今日この頃 投稿者:Nisharra  投稿日:10月 5日(土)00時37分35秒

木精さん
>「浅い眠り」
 
この曲が売り出されていた当時、ヤマハ音楽振興会の電話の保留音は、この曲でした。
 
眠らす気かっちゅうねん!
 
まあ、タイトルほど眠くなる曲でもないんですけどね…。
 
 
ところで、三田寛子さんに詳しい方が多いようなので、1つ質問します。
「卒業までに〜あなたから〜」というサビを含む曲って何てタイトルか御存知ですか?あ、ちなみに「まで」は微妙で、もしかしたら「前」かもしれないですけど…。 
 
三田寛子さんの曲で一番印象に残っています。他の人の曲ってことはないと思うんですけど…。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/

------------------------------------------------------------------------
こんばんは 投稿者:木精  投稿日:10月 4日(金)21時20分03秒

「あした」といえば中島みゆきの歌を思い出します。中島みゆきはカラオケなどでよく歌います。
「誘惑」「浅い眠り」なども好きです。

------------------------------------------------------------------------
「あした」 投稿者:MACKY  投稿日:10月 3日(木)21時40分42秒

yosinonさん、よっかーさん>新尾道3部作について教えていただきありがとうございます。私はその中で「あした」だけテレビで見ました。宝生舞さんも大活躍でしたが、私はラヴシーンが強烈な高橋かおりさんの印象が強いです。主題歌は原田知世さんの「あした」ですね。知世さんらしい、透明感溢れる曲ですが、その分印象度も低いです…映画の中の知世さんの存在も、非常に透明感溢れる(逆に言えばあまり必要性がない…)役柄でしたが…。

「ふたり」と「あした」は赤川次郎さんが原作ですね。「あの、夏の日」は誰の作品でしたっけ?

「時をかける少女」は舞台を尾道にする必要はないような気も、当時からしていましたが…「あした」も原作だとバス事故ですが、映画はフェリー事故にしてあるのは瀬戸内を意識してますね。それにしても大林監督って幽霊とかSFとかっていう幻想的な話が大好きですよね。

------------------------------------------------------------------------
シングルのジャケット 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月 3日(木)16時42分15秒

こちらでアイドル シングルのジャケット写真みられます。

  http://isweb34.infoseek.co.jp/art/idolep/index.htm

富田靖子さんの。「さびしんぼう」もあります。国生さゆりさんもあります。
石川秀美さんの『Every night』はないですね。

------------------------------------------------------------------------
広東語です。 投稿者:よっかー  投稿日:10月 3日(木)03時16分16秒

クジラ2号さん
広東語ですね。「セーラームーン」→「美少女戦士」、「IQ博士」→「アラレちゃん」、「アルプスの少女ハイジ」→「飄零燕」、「ドラえもん」→「(漢字が見つからない)」って感じです。
「仮面ライダー」は日本語でした。(笑)
これは『周慧敏1994美的化身演唱會』というカラオケ付きライブビデオです。

MACKYさん
新・尾道三部作は、「ふたり」1991、「あした」1995、「あの、夏の日」1999ですね。映画はいいけど、どんどん地味になってヒットはしなかったですね。
「ふたり」は最初NHK「こどもパビリオン」で、前後編90分作品として放送され、話題になって劇場公開になり、3時間近いの長編になってしまい、私としては「ちょっと長すぎとちゃうか」となってしまったのが残念でした。主題歌「草の想い/大林宣彦・石田ひかり」は好きです。
ちなみにテレビドラマは、奥菜恵・一色紗英・河村隆一でしたね。

「あした」は宝生舞でした。「あの、夏の日」は再び石田ひかり。

富田靖子「スウィート」では、足を可愛く跳ね上げて唄ってましたねぇ、そう言えば。
安田成美は最近ちょっと再評価してます。声が裏返ったり、云々と言われてますが、良く言えばウィスパーボイス(?)っていうんでしょうか。ベスト盤を聴くと悪くないですよ。

------------------------------------------------------------------------
尾道三部作 投稿者:yosinon  投稿日:10月 3日(木)02時06分41秒

新尾道三部作は「ふたり」「あした」「あの、夏の日」という事ですが、「ふたり」しか観てません。あと二つは公開映画のチェックが甘かったため見逃してしまいました。「ふたり」のストーリー上は、性格は違うけど顔つきはそっくりな姉妹という設定だったのですが、石田ひかりと中嶋朋子ではかなり無理がありました。この映画の中嶋朋子はとてもかわいかった。

尾道は、一時期近くに住んでいたので、ロケ地巡りを何度かやりました。最近、そういう人は多いみたいです。「さびしんぼう」のロケ地となった西願寺と日比崎中学はちょっと遠いので、歩きだとつらいかもしれません。「時をかける少女」では、原田知世の通学路という設定で、ちょっと清水寺を小型化したようなお寺から降りていく石段がありました。で、その石段を降りた突き当たりが堀川というお好み焼き屋(映画では堀川五朗君の家という設定)、左がスナック、そして私はそのスナックの隣に住んでいました。
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/seasea/tokikake/takehara.htm
今もお好み焼き屋をやってるのだろうか・・・ ここは尾道じゃなくて竹原なのだけど、そのうちまた、帰省したついでに、行ってみたいなと思います。

大林宣彦監督の「なごり雪」も観てみたい気がしますが、予告をみる限りなんか悲しそうな話なので、どうなのかなと思ってます。

「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」は全部LDを持ってます。富田靖子さんより原田知世さんの方が歌はうまいと思いました。でも富田靖子さんが歌う「さびしんぼう」の方が好きです。

------------------------------------------------------------------------
「風の谷のナウシカ」 投稿者:MACKY  投稿日:10月 2日(水)22時34分53秒

yosinonさん、よっかーさん>私が冨田靖子さんの歌で記憶にあるのは「元気ですか?!」ですね。これは確かちょっと振り付けがあったような気がします。

映画主題歌でマイクを両手でもって直立不動でしかも歌唱力が…(以下自粛)というと私は「風の谷のナウシカ」を思い出すのですが…

尾道三部作は確か前期と後期があって、前期はよっかーさんが挙げられているとおりだと思いますが、後期は何でしたっけ?

------------------------------------------------------------------------
美麗心事 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月 2日(水)19時19分04秒

よっかーさん>私も15枚もあるとは、思ってませんでした。ディスコグラフィーに載っていない
ベスト盤らしき物もあります。日本編集のBest盤(広東語)もあります。ヴィヴィアン・チョウ
さんは、「美麗心事」という5曲入りミュージツク・ビデオを持ってますが、DECCAになってます。
台湾経由かもしれません。「セーラームーン」「ドラえもん」「仮面ライダー」て日本語で歌て
いるのですか?

国生さゆりさんの名前が出たので、知りたい事があります。
1995年頃だと思いますが、TBSテレビ系列で毎週日曜日の午前11:00〜11:30に放送されていた
「彼女からのエアメール」製作創都 毎日放送 の中でのWINDYのCMで 国生さゆりさんがこっちら
に向かって話しているバックで流れていた曲があります。曲は、石川セリさんでヒットした「セクシー」(下田逸郎 作詞作曲)でしたが、歌っているのは、別の女性の声でした。この曲を、歌っていた人が知りたいのですが、わかる様でしたら教えて下さい。国生さゆりさんが、歌っていた
のでしょうか?すごくいい雰囲気でした。

------------------------------------------------------------------------
左心房、もとい「さびしんぼう」 投稿者:よっかー  投稿日:10月 2日(水)02時16分42秒

意外と「歌手」富田靖子のイメージは無かったんだねぇ。

yosinonさん
私は好きですよ。『富田靖子/みつめてください』『思春期・前期』もLPですが、持ってますよ。「さびしんぼう」は名作映画の一つだから、主題歌はみんな知ってると思ったけど、やはり、時間は進んでるんだなぁ。(笑)
テレビ番組などでのやっこちゃんはマイクを両手で持って、特に動きも無くまっすぐ立って、丁寧に唄ってましたね。やっぱり映画主題歌だから、映画で聞いてもらった方がいいかも。
この歌は、クラシックにただ詞をつけたものだと思ってたけど、元詞があったとは初耳でした。
この手のパターンの一番ヒットは、やっぱ『ヴィーナス/キッスは目にして』でしょうかね。

尾道3部作って「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」でよかったんだっけ。

再び、富田靖子ですけど、好きなのは『なんて素敵にジャパネスク』『さびしんぼう』『スウィート』『恋かくれんぼ』『ときめきアンコール』『渚のドルフィン』などなど。
私は「アイコ16歳」ならLD持ってます。(笑)

クジラ2号さん
プリシラ・チャンのCDが15枚も・・・? すごい、聞いてみたいなぁ。
ヴィヴィアン・チョウは日本の歌が好きなようで、カバーを多く歌ってますね。
『眠れぬ夜』『最愛』は日本語でも唄ってるし、アニメ・特撮の主題歌も唄ってました。
1994年のライブビデオでは、「セーラームーン」「ドラえもん」「仮面ライダー」まで唄ってた。(笑)

------------------------------------------------------------------------
さびしんぼう 投稿者:yosinon  投稿日:10月 2日(水)00時55分03秒

木精さん>「さびしんぼう」は知らないので聴いてみたいです。
MACKYさん>歌手としての冨田さんはあまり記憶にないのですが…

昔、映画の場面を思い出しながら、アパートの共用スペースで「思春期・前期」のCDを聴いていると、一緒に住んでいた後輩が一言。「(歌が)下手くそですねぇ〜。」

映画「さびしんぼう」を観て感動した人でないと、この程度の感想で終わってしまうのかもしれません。もし、この歌を聴くのでしたら、くれぐれも、先に映画を観る事をおすすめします。

CDの歌詞カードを見ると、「さびしんぼう」と「もう一度逢いたい」は売野雅勇さんの作詞となっていますが、JASRACのシステムで検索したら、どちらも原詞があって売野雅勇さんが翻訳した事になっています。原詞はパブリックドメインになってるようなので、是非見てみたいのですが、ショパンの「別れの曲」に詞を付けた人は何人もいるようで、なかなか見つける事ができません・・・(そもそも原詞がドイツ語なのか、英語なのかも不明です。フランス語という事はないだろうなぁ。そのうち、教えてgooで聞いてみようかな。)

P.S.EPレコードのB面は「水彩画の頃」でした。勘違いしてました。

------------------------------------------------------------------------
こんばんは 投稿者:木精  投稿日:10月 1日(火)22時29分12秒

yosinon様、クジラ2号様>富田靖子さんのデビュー作は「オレンジ色の絵葉書」ですよね。純粋な歌です。「さびしんぼう」は知らないので聴いてみたいです。

今日の朝ドラ『まんてん』に国生さゆりさんが出ていましたね。さゆりさんのベストCD持っています。「バレンタイン・キッス」の他に「夏を待てない」「あの夏のバイク」など好きな歌多いです。

------------------------------------------------------------------------
「恋人たち」 投稿者:MACKY  投稿日:10月 1日(火)21時31分34秒

Nisharraさん>しかも「みずいろの手紙」の台詞は文法的にはおかしい(「そして」という接続詞は疑問文を結びつけない)そうですね。

yosinonさん>映画の「さびしんぼう」はいわゆる「尾道三部作」のひとつですよね。私は、歌手としての冨田さんはあまり記憶にないのですが…

途中でジャンルが変わった人のデビュー曲って、中古店ではほとんど見つかられませんよね。

クジラ2号さん>私は榊原郁恵さんでは(これも前に書いたかな?)後期の「恋人たち」という、チャートインもしていないマニアックな曲が大好きです。それこそ数年前に中古店で見つけて購入しましたが、聴こうと思ったときにレコードプレーヤーが故障したので一度も針を落としていません…

------------------------------------------------------------------------
微笑日記 投稿者:クジラ2号  投稿日:10月 1日(火)18時14分34秒

ノンノンさん>Windows 98SEの つもりで書いてしまいました。マックだったら全然違います。
ノンノンさんのOSは、なんでしょう?Windous Me でしょうか?メモリーは、128MBぐらいは
入れておいた方が、フリーズ(画面が動かなくなる)しにくくなります。XPだったら256MB以上
入れておいた方が良いです。
以前は、基盤から自分で作り、部品(コンデンサ、抵抗、トランジスタ、IC)を取り付けアンプ
や、エフェクターなど作っていました。パソコンの自作は、それに比べれば簡単です。パーツを買ってきてコネクター挿してOSいれればいいんですから。ドリルで穴あけたり、ハンダ付けしなくて良いんですから。私の周り(男)では、ノートはメーカー製、ディスクトップは、自作の人が割と
多いです。女性では、ちょっと大変かもしれません・・・

MACKY さん> 榊原郁恵さんの曲では、「微笑日記」の♪アーアー 夕鶴 フライ・アウェー♪の所が好きでした。「イエスタディ・ドリーマー」は、詩も曲も良かったです。

よっかー さん、とろりさん>ありがとう御座いました。長年、気になっていた事が、解りました『Every night』さっそく、探してみます。ネットで見ると三浦徳子作詞 MichaelKorgen作曲となっていますが、MichaelKorgenて石川秀美さんのペン・ネームなんて事はないですよね。
プリシラ・チャンて夏目雅子さんを子供っぽくしたようなルックスですよね。手持ちCD数えたら
いつのまにか15枚もありました。ここ4〜5年買ってないですけども。
かなり美形の ヴィヴィアン・チョウさんは、「ストレンジャーTonight」や「木枯らしに抱かれて」
をカバーしてました。ヴィヴィアン・チョウさんは数年前に引退した様です。彼女たちの広東語(カントンゴ)の響きが いいです。

yosinonさん>すみこさんの「オルゴール」の情報ありがとうございます。
伊藤咲子さんのLP「乙女のワルツ」は最初と最後まったく同じです。バックはピアノだけ なんて
いうバージョンを入れて欲しかったですね。富田靖子さんの「思春期・前期」持ってません。
探さなくては・・・

------------------------------------------------------------------------
サンドイッチ構成、他 投稿者:yosinon  投稿日:10月 1日(火)08時53分21秒

よっかーさま
「青い麦」と「ミュンヘンへの道」は、なんかテンポと曲調が似てるんですよね。

ノンノンさま
伊丹幸雄の「青い麦」(作詞:有馬三恵子、作曲:加瀬邦彦)は山本リンダさんも歌ってたようですが、伊藤咲子の「青い麦」(作詞:阿久悠、作曲:三木たかし)とは全然別の曲のようです。

MACKYさま
>石川優子さんって演歌スタートなんだ」と勝手に思いこんでいました。
石川優子さんは、持っているオムニバスCDにたまたま入っていた「愛を振り向かないで」を聞き、すごく声がきれいな人だと知りました。谷山浩子の「カントリーガール」と間違えそうなイントロで始まる「Love Song にさよなら」が一番気に入ってます。石川さゆりさんは、逆にアイドルスタートだったわけですが、「かくれんぼ」と「青い月夜の散歩道」のレコードはなかなか見かけません。

クジラ2号さん
>すみこさんの「オルゴール」て、名盤なんですか?
名盤です!
この曲をどうしても聴きたいから欲しい!!!っていう強烈な曲はありませんが、“星空の下で一人物思いにふける少女”といった感じにまとまっています。通しで聴いてもあっという間に時間がたってしまうアルバムベスト3をあげるとしたら「すみこふぁいる」「オルゴール」「サマーシェイド」の順になります。
「オルゴール」は、フォークではありません。ポップスよりかどうかわかりません。一種独特の世界になっています。完全予約限定生産(2500円)なので、忘れずに予約しましょう。
http://www.vividsound.co.jp/Topinfo/kroon/artist.html

>富田靖子さん「さびしんぼう」が好きでした。
何を隠そう、私が生まれて始めて買ったCDは、富田靖子の「思春期・前期」でした。当然「さびしんぼう」目当てでした。(当然「さびしんぼう」のLDも持ってます!)このCDには嬉しい誤算ですが、「さびしんぼう」と曲は同じで歌詞だけ違う、3番と4番とも言えそうな「もう一度逢いたい」という歌が最後に入っています。「さびしんぼう」のEPレコードを一度見かけた事がありますが、確か、B面に入ってたような気がします。やまがたすみこさんの「虹」も、歌詞が同じで曲が違う歌で最初と最後を締めていますが、こういう構成ってなんか面白いなと思いました。伊藤咲子さんのLP「乙女のワルツ」も最初と最後に「乙女のワルツ」が入ってますが、これは同じアレンジなのでしょうか?ジャケットしか持ってないので確認のしようが無いのですが、もし別アレンジなら貴重かもしれませんね。又、もし同一アレンジだったら、それはそれで他に類が無い貴重な構成かもしれません。

------------------------------------------------------------------------
♪ 投稿者:とろりん村のとろり  投稿日:10月 1日(火)03時32分25秒

☆よっかーさま、くじら2号さま

よっかーさま、ありがとうございました!ぼくも、「夜半驚魂」(プリシラ・チャン)
について調べていましたが、中国語が、ぜんぜんわからず、困っていたところでした。

「JASRAC作品検索サービス」で調べたところ、石川秀美が作詞者として登録されている作
品は下記5作品。なお、作詞者としては1作品も登録されていません。

「CARRY ON!〜走り続けて〜 」
「MYSELF」
「QUARTER BACK」
「女性—おんな—のFAIRLY TALE」
「ガラスの靴をありがとう」

Yahoo!Hong Kongで調べた結果、とりあえず、判明したことを下記に残しておきます。
(全部、繁體中文ですので、URLと日本語訳だけ、掲載します。)

プリシラ・チャン(陳慧嫻)のディスコグラフィー

http://robokon.uhome.net/5080_PriscillaChan.htm
http://www.geocities.com/TelevisionCity/Satellite/9494/discography.html

「夜半驚魂」の歌詞(全部、『曲:石川秀美』になっています^^。)

http://www.boxup.com/big5/music/lyric/lyric13655.htm
http://lion.telhope.com/~hwchan/pchan/cd_song/Text/autumn04.txt
http://www.ahchoi.com/priscilla/lyricsdisplay_alone.asp?track_id=63&album_id=39
http://www.ahchoi.com/priscilla/lyricsdisplay_alone.asp?track_id=63&album_id=37

「夜半驚魂」の歌詞の日本語訳(機械翻訳のため、ちょっと、不正確と思いますm(_ _)m。)

「夜中の取り乱した心」

曲:石の川は美しい
語:陳少
編む(編集する):周(週)は生むこと(生まれること)を開ける

静かな真夜中は誰が背後にある
こっそりと接近している
足どりに持っていてもし戦陣を投じるならば
心は絶えず質問している!

ひっそりとした道路私に沿って寂しく行く
これは彼を刻んで私に近づいてきわめて組(部)を過ぎる(過ごす)
あの人が私に別れることを切に望む!
無意味に私にむだに(ただで)犠牲に行かせる(除かせる)!

日(空)とても薄暗いひそかに夜中の取り乱した心
よるの(寄りかかるの)は私それに向って誰の音(声)だ
日(空)とても薄暗いひそかに夜中の取り乱した心
私は最も恐らく客の突然な歩を使うことを近い破壊する!

依然として誰に聞くかに行く(除く)
接近していることを追跡した
足どりに持っていてもし戦陣を投じるならば
悪運に驚きあわてて会う!
誰が隠れて(隠して)夜に深いか?)

日(空)のとても薄暗いのはひそかに私が魂を失うのだ
曲がり角か? 私は赤い(人気がある)糸(千切り)の布を出すこと(入れること)に転ぶ(下落する)
日(空)のとても薄暗いのはひそかに志があり努力する人だ
すこし笑って言う:「汗がいらないで今なおしみる!」

「夜半驚魂」が、はじめて収録されたLP「秋色」を評価する文章。

http://www.saluteto80s.com/music1980s/album/sideb/album-autumn.htm

なお、ここで、「夜半驚魂」(陳慧嫻)の一部分を聴くことができます。

------------------------------------------------------------------------
台風が接近中ですね 投稿者:Nisharra  投稿日:10月 1日(火)01時44分08秒

よっかーさん
清水アキラさんが真面目に「王将」を歌えば、なかなかのものだと思います。ただ問題は清水さん本人が、そういう企画に乗るかということと、それを採用するTV局があるかということですけど…。
 
 
クジラ2号さん
本田路津子さん6曲入りCD。私も持ってます。
「サルビアの花」は本当にいろいろな方が歌ってますね。オフコースやあみんも歌っていたかと。
本田さんのは「らしい」アレンジに仕上がっていて、もとまろの歌うものとは全く雰囲気が違いますが、どちらもそれぞれに良さがあると思います。
 
 
ノンノンさん
三輪車「水色の街」
レコードジャケットなんか見たら明らかにガロを意識してるっぽいです。
>高校生の時、合唱コンクールで、この曲を歌いたいって言った女の子がいました。
 
本来、性格の可愛い女の子像を描いているので、好感を持つ女性が多いはずだと思うのですが…。ただ私が思うに、今の時代に歌うと怒る女の子多いんでは?(笑)というような歌詞ですよね。当時が素朴な良い時代だったのか、今が融通の効かない世の中になったということか…。
「あの素晴らしい愛をもう一度」私のクラスも合唱しましたよ。高3の時には「男と女のラブゲーム」を合唱しました(爆)。
 
 
MACKYさん
「みずいろの手紙」の台詞…。今では、あんなこと言う女性も希少価値ですよね。いや、いないかも…。最近なら「まあ、もともとキープ君だったからぁー」で即終了ってトコで(爆)。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/9901/

------------------------------------------------------------------------
クジラ2号さん、わかったよ。 投稿者:よっかー  投稿日:10月 1日(火)00時02分57秒

プリシラ・チャン「夜半驚魂」は、秀美ちゃん通算24枚目の『Every night』1988をカバーしたモノらしいです。ちょうど微妙な時期の1枚なので、私は持ってませんでした。
ひょっとしてアルバムにも収録されてない曲なのでは...。
香港の友達が教えてくれました。≪少女雑誌≫という3人組の一人として1984年デビュー。ルイザ、モニカ、プリシラの3人で、プリシラの人気が突出してたようで、すぐにソロデビューし日本にも展開してきたようです。

『青い麦』は伊藤咲子の方ですよね?

PREV サイトマップ 随筆集 掲示板 ホーム過去の掲示板INDEXこのページ EP盤リスト キャプチャー画像集 LINKS とろりApps NEXT

モナ・ムール!歌謡ポップス 過去の掲示板(2) 「モナ・ムール!歌謡ポップス」EP盤のコレクションと、そのレビュー 随筆集