--------------------

注意

GIFAnimationが動かない場合、以下の所にチェックを付けてください。
 

(ブラウザがIEの場合)
−ツール
−インターネットオプション
−詳細設定
−マルチメディア
−Webページのアニメーションを再生する

ブラウザの読み込み中止でアニメ停止、再読み込みでまた動きます。

--------------------

 

 

 

--------------------

(1)When government purchase increases, what does it become? - 練習問題2/おまけ(1)

 

 

  1. 名目利子率上昇

 

 

  1. 総需要曲線は傾きが急になる傾向で右方シフトする

--------------------

(2)When a central bank makes money supply increase, what does it become? - 練習問題2/おまけ(2)

 

 

  1. 名目利子率下降

 

  1. 総需要曲線は傾きが緩やかになる傾向で右方シフトする。

--------------------

(3)When Pigou effect exists, what does it become?  - 練習問題2/2(1)

 

 

 

 

  1. ここでは傾きは急になっている。しかし実際は価格の変動も考える
  2. 実質貨幣残高増加時は緩やかになり、実質貨幣残高減少時はになる。

----

 

  1. (2)ではADLineの傾きが緩やかになったが、ここではピグー効果でどうなっているだろうか? (ISLineの上方シフト,LMLineの下方シフト)
  2. (2)では名目利子率が下降しているが、ここではピグー効果で名目利子率下降が相殺されている。
  3. 総需要曲線は傾きが緩やかになる傾向でより強く右方シフトする。
  4. 3.のシフトがデフレの安定化効果を裏付けている。
  5. しかし{I(r)=c+d(i-Π^e)→i=α+Π^e}として物価下落したとき、 IS曲線は期待デフレにより低下する。
  6. 5.のシフトがデフレの不安定化効果を裏付けている。

ピグー効果が存在するとISLineが実質貨幣残高に依存する。このとき、実質貨幣残高の変動が、総需要曲線を今までより強く(p-y平面で特にpが小さい所ほど)シフトさせる要因と になる。

 

----

 

  1. 本来なら実質貨幣残高減少で名目利子率は上昇するが、ここではピグー効果で名目利子率上昇が相殺されている。
  2. 総需要曲線は傾きが急になる傾向でより強く左方シフトする

 

--------

 

  1. (2)ではADLineの傾きが緩やかになったが、ここでは(1)の効果で相殺されている。 
  2. 政府購入増で名目利子率が上昇し、実質貨幣残高増加で名目利子率が下落している。
  3. 総需要曲線は傾きが変わらないままでより強く右方シフトする

このときピグー効果が存在すると、総需要曲線はpが小さい所ほど上方にシフトする。↓

  1. 政府購入増、ピグー効果で名目利子率が上昇し、実質貨幣残高増加で名目利子率が下落している。
  2. 総需要曲線は傾きが少し緩やかになる傾向でより強く右方シフトする

 

Q.政府購入が紙幣発行によってまかなわれマネーサプライのみが増加すると、所得はどうかわるのだろうか?

マネーサプライの増加でLMLineは下方シフトし、名目利子率は減少する。しかし政府購入増加、ピグー効果で、ISLineは上方シフトする。一方、マネーサプライの増加で、MV=PY(V.Y一定)より期待インフレが起こりISLineは更に上方シフトし{I(r)=c+d(i-Π^e)→i=α+Π^e}、名目利子率は上昇する。ここまでは所得水準は増加する。

しかし名目利子率上昇で、名目利子率に依存する貨幣需要は減少し、LMLineは左方にシフトする。結果として所得は減少する。

現在の日本はデフレである。国債利率低減のために日銀が金融緩和をおこない、マネーサプライが増加しいている。将来の利子率や所得はどうなるだろうか?

*この分析の場合、利子率を強調したいときは「上下」、所得を強調したいときは「左右」、と使い分けるのでしょうか?

 

----

  1. 総需要曲線は傾きが急になる傾向でシフトしない。

 

このときピグー効果が存在すると、総需要曲線はpが小さい所ほど下方にシフトする。↓

  1. 総需要曲線は傾きがより急になる傾向でシフトしない。

つまりこのモデルから言えることは

→ ピグー効果に敏感に反応するのは低価格帯の需要である。

 

--------------------

(4)When the government imposes a progressive tax, what does it become?   - 練習問題2/2(2)

 

 

 

  1. r-y平面での変化率>r-p平面での変化率 のとき、 ADLineの傾きは緩やかになる。
  2. r-p平面での変化率>r-y平面での変化率 のとき、 ADLineの傾きは急になる。

----

 

  1. 総需要曲線は傾きが緩やかになる(変わらない)傾向でより強く左方シフトする。

このことは以下のとき、ADLineの傾きが緩やかになるということを示している。

   r={eY-(M/P)}/fにおいて e が小さい、すなわち貨幣需要:Ld(r,Y)=eY-fr における所得への感応度 e が小さい 
 

    r={eY-(M/P)}/fにおいて |-(M/f)P^2| が大きい、すなわち貨幣需要:Ld(r,Y)=eY-fr における利子率への感応度 f が小さい
 

    r={a+c+G-0.7T}/d - {(0.3+0.7t)Y}/dにおいて t が小さい、すなわち累進課税率 t が小さい

 

*実際には、傾きは緩やかになりません(限界値でも全く変化しない程度)。しかし、ここでは差を付けるためにあえて緩やかになるとします。

 

----

  1. 総需要曲線は傾きが急になる傾向でより強く左方シフトする。

*p=1.5を境として、上半分では傾きが急に、下半分では傾きが緩やかになっているように見えます。つまり見る範囲によっても傾きの緩急は変化します。

 

--------------------

--------------------

この分析では r=r(p.y) Plot してあるので、r がいかなる値も取りうる供給曲線 AS: Y=Y^n+ α(P-Pe)  は組み込むことが出来ません。
「練習問題2/おまけ(1). おまけ(2). 2(1). 2(2).」は、授業で出された第二回演習「練習問題2」の問題に該当します。

Software Maple7(English version) /Maple9  Maple9は都立大学内で使用可能です。(2004年度)
Source file Source.zip  興味のある人は解凍してMapleで開いてみて下さい。
Connection Mail to the author      間違いの指摘などがありましたら送ってください。
Reference page 3次元空間におけるIS/LM/AD曲線 製作の元となった3次元モデル解説サイトです。
Copyright   このページはリンクフリーです。

 

更に経済学についてのテクニック


 



 

 

 

 

 

 

 


--広告--