鳥飼行博研究室Torikai Lab Network
特攻の戦果検証:米国商船の損害一覧 2005
Search the TORIKAI LAB Network

google サイト内

 

◆特攻の検証;フィリピン・沖縄方面での米国商船の損害一覧 Kamikaze 1944-1945


写真(左):海軍輸送艦「ネソーバ」の20mm対空機銃;最上甲板に搭載された。
写真(右):輸送艦「ネソーバ」;軍艦は輸送任務についていたとしても「民間商船」ではない。ただし、乗員に軍人があり、その指揮の下に行動していれば、話は複雑になる。

戦時船舶管理局(War Shipping Administration)によると,第二次大戦中の米国商船の撃沈は 1,554隻で,そのうち733隻は,排水量1000トン以上の船舶の撃沈である。また,外国船 Foreign flag shipsでも海軍武装警備隊 AG(Naval Armed Guard) が乗船し,警備している船舶も,米国の戦域U.S. territories,例えばフィリピンにあるようなときは,この損失に含めている。
 1945年(昭和20年)3月23日,米艦隊が沖縄本島に艦砲射撃を開始し,3月26日に沖縄の慶良間列島に米軍が上陸すると,日本軍は「天一号作戦」を発動した。これは,日本陸軍機・海軍機による米輸送船団と艦艇に対する迎撃戦,上陸した米軍に対する持久戦である。

米国商船の被害一覧によれば,フィリピン戦と沖縄戦の特攻で撃沈した米国の商船は6隻。沖縄方面で被害を受けた米国の商船は,特攻,爆撃,魚雷,機雷,友軍の誤射など合計24隻,撃沈は4隻である。天号作戦では輸送船団を主要攻撃目標とする適切な判断をしていたが,いつの間にか,敵艦船,特に米任務部隊の空母に集中してしまった。たしかに,自爆特攻の目標を,輸送船とするのは,海軍上層部でもできなかったのかもしれない。 Source:U.S. Merchant Ships Sunk or Damaged in World War II


写真(左):現在残っている2隻のリバティ船Liberty Shipのうち1隻「ジェレミアス・オブライエン」;Right now, only two of these amazing ships still survive, one, SS Jeremiah O'Brien, faithfully restored, is berthed in San Francisco. This Liberty Ship carries the name of the Commander of the First American Flying Squadron of the War of the Revolution, Jeremiah O'Brien, a Military Commander, a Privateer, and a Naval Officer. The second, SS John Brown is in Baltimore, and Project Liberty Ship is dedicated to preserving this last such ship on the east coast of America.
写真(右):リバティー船「ジョセフ・ヘンリー」;The SS Joseph Henry was a Liberty ship built in 1942-1943 by the Kaiser Company in Vancouver, Washington, and completed by the Oregon Ship-Building Corporation of Portland. The launch date was January 23, 1943. A total of 2,710 Liberty ships were constructed during World War II

フィリピン方面の米国商船の撃沈・損傷(1944年10月1日-12月31日):50隻

日付 船名 形式 撃沈・損傷原因 損傷の程度 死亡者数
10/24/44 Augustus Thomas Liberty Kamikaze Damaged None
10/24/44 David Dudley Field Liberty Kamikaze Damaged None
10/25/44 Adoniram Judson (GSA) Liberty 爆撃 Damaged None
10/25/44 John W. Foster Liberty 機銃掃射 Damaged None
10/26/44 Leonidas Merritt Liberty Kamikaze Damaged None [AG wounded]
10/26/44 Benjamin Ide Wheeler Liberty 爆撃 Damaged None
10/27/44 Alexander Majors Liberty Kamikaze Damaged None
10/27/44 Cape Romano Freighter Bombed Damaged None
11/02/44 Matthew P. Deady Liberty Kamikazeと爆撃 Damaged AG 4; Army 26
11/04/44 Cape Constance Freighter 爆撃とKamikaze Damaged None
11/04/44 Frank J. Cuhel Liberty 砲撃 Damaged None
11/12/44 Alexander Majors Liberty Kamikaze Damaged Crew 2
11/12/44 Jeremiah M. Daily Liberty Kamikaze Damaged Crew 4; AG 2; Army 100Unknown
11/12/44 Leonidas Merritt Liberty Kamikaze Damaged Crew 1; AG 1
11/12/44 Morrison R. Waite Liberty Kamikaze Damaged Army 21
11/12/44 Thomas Nelson Liberty Kamikaze Damaged AG 4; Army 164
11/12/44 Carlos Carrillo Liberty Unknown Unknown None [AG wounded]
11/12/44 William A. Coulter Liberty Kamikaze Damaged None
11/14/44 Floyd B. Olson Liberty 爆撃 Damaged None
11/16/44 Leonidas Merritt Liberty Kamikaze Damaged None [AG wounded]
11/17/44 Benjamin Ide Wheeler Liberty 爆撃 Total loss Crew 1; AG 1
11/17/44 Augustus Thomas Liberty 爆撃 撃沈 None
11/17/44 Gilbert Stuart Liberty Kamikaze Damaged Crew 5; AG 1; Army 5
11/18/44 Cape Romano Freighter 爆撃 Damaged None
11/18/44 Amerigo Vespucci Liberty Unknown Unknown None [AG wounded]
11/18/44 Robert Louis Stevenson Liberty Unknown Unknown None [AG wounded]
11/18/44 Nicholas J. Sinnott Liberty Kamikaze Damaged None
11/19/44 Cape Romano Freighter Kamikaze Damaged None
11/19/44 Alcoa Pioneer Freighter Kamikaze Damaged AG 6
11/23/44 Gus W. Darnell Liberty 航空魚雷 全損 None
11/24/44 William C. C. Claiborne Liberty Unknown Unknown None [AG wounded]
11/26/44 Anson Burlingame Liberty Unknown Unknown None [AG wounded]
11/26/44 Howell Lykes Troopship 爆撃 Damaged None
11/29/44 William C. C. Claiborne Liberty 砲撃 Damaged None
12/05/44 Antoine Saugrain Liberty 航空魚雷 Damaged None
12/05/44 John Evans Liberty Kamikaze Damaged None
12/05/44 Marcus Daly (GSA) Liberty Kamikaze Damaged None
12/06/44 Marcus Daly (GSA) Liberty Kamikaze Damaged None [AG wounded]
12/06/44 Antoine Saugrain Liberty 航空魚雷 撃沈 None
12/10/44 Marcus Daly (GSA) Liberty Kamikaze Damaged Crew 2; AG 1; Army over 200
12/10/44 William S. Ladd Liberty Kamikaze 撃沈 None
12/21/44 Juan de Fuca Liberty Kamikaze Damaged None
12/26/44 James H. Breasted Liberty Bombed 全損 None
12/27/44 Francisco Morazan Liberty Kamikaze Damaged None
12/28/44 John Burke Liberty Kamikaze 撃沈 Crew 40; AG 29
12/28/44 William Sharon Liberty Kamikaze Damaged Crew 6; AG 4; Army 1
12/29/44 Hobart Baker Liberty 爆撃 撃沈 Crew 1
12/30/44 Francisco Morazan Liberty Kamikaze Damaged None
12/30/44 Juan de Fuca Liberty 航空魚雷 Split & 修理 Army 2
12/31/44 Simeon G. Reed Liberty 爆撃と地上砲撃 Unknown Unknown

注)Crewとは,商船の乗員で民間人。AGとは,Naval Armed Guard(海軍武装警備隊)で軍人。


写真(左):1943年2月6日、米国から英国に向かうリバティー船「チェッカーボード」上の黒人水夫たち。;Members of a `CHECKERBOARD' crew that brought a Liberty Ship from the U.S. to England, fondle their mascot `BOOKER.' (L-R) R. C. Woods, A. M. Mulzac, W. B. Shepard, and S. O'Neil."
写真(右):リバティー船で働く黒人水夫A seaman with the U.S. Maritime Service. N.d. 208-NP-3ZZ-4.


写真(左):リバティー船Patrick Henryの黒人水夫クリフォード・ジェンキンス;米商船学校で料理を学び、輸送船で働いた。
写真(右):リバティー船で働く黒人水夫アーノルド・フェッサー(17歳)1944年10月14日撮影。機械操作員として勤務した。


 

フィリピン方面の米国商船の撃沈・損傷 (1945年1月1日-8月15日):16隻

日付 船名 形式 撃沈・損傷原因 損傷の程度 死亡者数
01/01/45 John M. Clayton Liberty Bombed Damaged Crew 2; AG 4
01/04/45 Kyle V. Johnson Liberty Kamikaze Damaged None
01/04/45 Lewis L. Dyche Liberty Kamikaze 撃沈 Crew 41; AG 30
01/12/45 David Dudley Field Liberty Kamikaze Damaged None
01/12/45 Edward N. Westcott Liberty Kamikaze Damaged None
01/12/45 Elmira Victory Victory Kamikaze と米軍艦艇の砲撃 Damaged None
01/12/45 Kyle V. Johnson Liberty Kamikaze Damaged Crew 1; Army 128
01/12/45 Otis Skinner Liberty Kamikaze Damaged None
01/27/45 Katherine L. Bates Liberty Unknown Unknown None [AG wounded]
03/17/45 Oliver Kelley Liberty 魚雷 Damaged None
03/22/45 Ransom A. Moore Liberty 連合国艦船の砲撃 Damaged None
03/31/45 John C. Fremont Liberty 機雷 全損 None
04/13/45 Harrington Emerson Liberty 米軍機の爆撃 Damaged None
04/_/45 Juan de Fuca Liberty 爆撃 Damaged Unknown
05/02/45 Edmund F. Dickens Liberty 機雷 全損 None
05/02/45 Henry L. Abbott Liberty 機雷 全損 Crew 2

注)Crewとは,商船の乗員で民間人。AGとは,Naval Armed Guard(海軍武装警備隊)で軍人。

 

 


写真(上):ポートランドのトッド造船所で量産されるリバティ船Liberty Ships, Portland Maine, 1942年8月12日撮影;During the push to build merchant ships the Todd shipbuilding of Portland Maine launched five ocean class, one liberty class, and two destroyers all on the same day. The two pictures enclosed are of launching 16 August 1942. What is the real kicker is the fact two years before the ship yard had six employees, and no shipyard. Two years latter they had 26,000 people.
写真(右):Liberty Ships, Portland Maine, 1942年8月16日撮影。


写真(左):リバティ船「パトリック・ヘンリー」SS Patrick Henry;1941年9月の竣工時に撮影。マストにあるクレーンで貨物を積みおろしする。
写真(右):量産されるリバティ船;1945年5月13日War Shipping Administration Washington, D.C.発表。米国の商戦造船所は,戦前に持っていた船舶の4倍の船舶を建造した。こうして,3500隻以上の貨物船と900隻の高速タンカーが就航し,1944年には船舶が運んだ貨物7850万トンの72%を,この戦時標準船の船団が運搬した。欧州や太平洋への航海距離は,1万2000マイルから1万8000マイルに達する。

沖縄方面における米国商船の撃沈・損傷(1945年4月1日-8月15日) :24隻 

日時 船舶名称 形式 撃沈・損傷原因 損傷の程度 死亡者数
04/06/45 Hobbs Victory Victory Kamikaze 撃沈 Crew 11; AG 2
04/06/45 Logan Victory Victory Kamikaze 撃沈 Crew 12; AG 3
04/12/45 Minot Victory Victory Kamikaze Damaged None
04/16/45 United Victory Victory Unknown Unknown None [AG wounded]
04/27/45 Canada Victory Victory Kamikaze 撃沈 Crew 1; AG 2
04/28/45 Sioux Falls Victory Victory Unknown Unknown None [AG wounded]
04/28/45 Bozeman Victory Victory 爆雷,「回天」,小型潜水艦 Damaged None
04/30/45 S. Hall Young Liberty Kamikaze Damaged None
05/01/45 Silverbow Victory Victory Unknown Unknown None [AG wounded]
05/03/45 Sea Flasher Troopship 米艦艇の砲撃 Damaged Army 7
05/09/45 Bucknell Victory Victory Kamikaze Damaged Unknown
5/10/45
to 5/22/45
Donald MacLeay Liberty Kamikaze Damaged None
05/18/45 Cornelius Vanderbilt Liberty 爆撃 Damaged Crew 1
05/24/45 Jubal A. Early Liberty Unknown Unknown None [AG wounded]
05/24/45 William B. Allison Liberty 魚雷 全損 Crew 6
05/27/45 Brown Victory Victory Kamikaze Damaged Crew 1; AG 3
05/27/45 Josiah Snelling Liberty Kamikaze Damaged None
05/27/45 Mary A. Livermore Liberty Kamikaze Damaged Crew 7; AG 4
06/11/45 Michael Pupin Liberty Unknown Unknown None [AG wounded]
06/11/45 Walter Colton Liberty Kamikazeと連合国艦艇の砲撃 Damaged None
06/29/45 Abner Doubleday Liberty Collision Unknown damage Unknown
07/27/45 John A. Rawlins Liberty 航空魚雷 Damaged None
07/27/45 Pratt Victory Victory 魚雷 Damaged None

注)Crewとは,商船の乗員で民間人。AGとは,Naval Armed Guard(海軍武装警備隊)で軍人。



写真(左):リバティ船の側面図
写真(右):量産中のビクトリー船;1945年5月20日War Shipping Administration Washington, D.C.発表。Not done with mirrors: Victory ships almost as far as the eye can reach line up at a West Coast shipyard for final outfitting before joining our vast merchant fleet. On Maritime Day, May 22, we shall have nearly 300 of these crack cargo type in service, and 300 more will be delivered before the year is out.



リバティ船の側面内部図
上面内部図;The Liberty ships were slightly over 441 feet long and 57 feet wide. They used a 2,500 horsepower steam engine to push them through the water at 11 knots (approximately 12.5 miles per hour). The ships had a range of 17,000 miles. Liberty ships had five cargo holds, three forward of the engine room and two aft (in the rear portion of the ship). Each could carry 10,800 deadweight tons (the weight of cargo a ship can carry) or 4,380 net tons (the amount of space available for cargo and passengers). The crew quarters were located amidships (the middle portion of the ship).


写真(上左):人間魚雷の命中を受けた給油艦AO-59「ミシシネワ」Mississinewaから揚がる黒煙
;1944年11月20日ウルシー環礁基地を攻撃した潜水艦は伊47,36の2隻で,伊37は途中で撃沈された。
写真(右2コマ):沈没直前の給油艦AO-59;1944年11月20日にウルシー基地では,多数の米兵が給油艦の大火災を目撃している。

1944年11月20日日本海軍潜水艦の伊47,36,37の3隻は,米軍基地のあるウルシー環礁を攻撃した。これは,人間魚雷「回天」による「初の攻撃であり,の給油艦AO-59「ミシシネワ」を撃沈することに成功した。

沖縄戦の日本陸海軍特攻機の出撃数

海軍機

陸軍機

合計

出撃集中率

4月6-7日

230

125

355

24.2%

4月12-13日

125

60

185

12.6%

4月15日

120

45

165

11.3%

4月27-28日

65

50

115

7.8%

5月3-4日

75

50

125

8.5%

5月10-11日

70

80

150

10.2%

5月24-25日

65

100

165

11.3%

5月27-28日

60

50

110

7.5%

6月3-7日

20

30

50

3.4%

6月21-22日

30

15

42

2.9%

合計

860

605

1465

100.0%

注)集中率とは,沖縄戦での特攻機1465機の当該期間別出撃数の分布

出所)UNITED STATES ARMY IN WORLD WAR II  The War in the Pacific OKINAWA THE LAST BATTLE http://www.army.mil/cmh-pg/books/wwii/okinawa/chapter14.htm

写真(上):空母「バンカーヒル」;1945年5月11日,2機の特攻機の命中を受けた。米軍でも軍艦の被害については、資料が整備され、民間商船についてもwebで被害状況が概観できる。

◆特攻機による戦果:カミカゼ特攻機命中率56%の虚報

写真(右):1945年9月3日 戦艦「ミズーリ」Missouri(BB-63)艦上のマッカーサー司令官とサザーランド中将が参謀総長梅津美治郎大将の降伏調印を見守る。:梅津美治郎(うめづよしじろう、1882年1月4日 - 1949年1月8日)は,二・二六事件後に陸軍次官として陸軍内を粛正。戦争末期には、全軍特攻化、本土決戦を策定。

「特攻機の命中率が56%」という新資料が米国で見つかった、と誤解を招く報道がされた。この虚報の真相は、米軍が戦場で視認した特攻機の来襲機数のうち、被害を与えた特攻機の機数である。

戦時中、米軍は特攻機出撃は把握していない。米軍は、来襲してきた特攻機を記録しただけで、至近距離に達した特攻機の成果は大きかった可能性を示す資料ではある。米軍の被害が大きいのは、船体に近距離に撃墜した特攻機が僅かに軽傷を与えてもすべて被害(命中)と過大報告したことによる。優勢な米軍は、損傷を受けたことを勇戦した証拠のように誇りにしていた。そこで、特攻機の効果を高めに見積もることは、米軍将兵にとっても、自らの勇気を誇示する目的が隠されている。

特攻の実態を覆い隠した「特攻機の命中率56%という米軍の新資料発見」との虚報は、当時の大本営発表のような報道姿勢であり、いかなる目的が隠されているのであろうか。特攻機の効果をことさらに誇張する喧伝は、特攻隊員たちの心情に反するのではないか。

Links
【アジア太平洋戦争インデックス】:日中戦争から沖縄戦まで
神風特別攻撃隊:1944年10月レイテ戦
USS GUEST DD472 OKINAWA CAMPAIGN
UNITED STATES STRATEGIC BOMBING SURVEY:SUMMARY REPORT
U.S. Naval Chronology Of W.W.II, 1945


<特攻に関する統計>
日本海軍の特攻機(1944年10月から沖縄戦まで) 1
特攻機と掩護機の数  

 

出撃数 2,314
帰還数 1,086
損失 1,228
 
米海軍艦艇の特攻による被害2

撃沈Sunk

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

損傷Damaged

 

艦種

隻数

艦種

隻数

護衛空母CVE

  3

正規空母CV

  16

駆逐艦DD

13

軽空母CVL

    3

護衛駆逐艦DE

  1

護衛空母CVE

  17

高速掃海艦DMS

  2

戦艦BB

  15

潜水艦母艦SC

  1

重巡洋艦CA

    5

掃海艇AM

  1

軽巡洋艦CL

  10

高速輸送艦APD

  3

駆逐艦DD

  87

戦車揚陸艦LST

  5

護衛駆逐艦DE

  24

海洋タグ船ATO

  1

潜水艦SS

    1

雑役艦Auxiliary 

  1

機雷敷設艇DM

  13

潜水母艦/魚雷艇PC/PT

  3

高速掃海艦DMS

  15

合計

34

魚雷艇母艦AGP/AGS

    3

 

 

 

 

病院船AH

    1

貨物輸送艦AK/AKA/AKN

    6

掃海艇AM

  10

タンカーAO

    2

輸送艦APA/APD/APH

  30

修理艦ARL

    2

艦隊タグ船ATF

    1

水上機母艦AV/AVP

    4

機雷敷設艦CM

    1

戦車揚陸艦LST

  11

潜水艦母艦PC/PT

    3

YDG/YMS

    7

合計

288

Kamikaze Damage to US and British Carriers by Tony DiGiulian (http://www.navweaps.com/index_tech/tech-042.htm)より作成。
注1. 日本陸軍航空隊の特攻機と掩護機を含まない。US Strategic Bombing Survey reporでは、 2,550機の特攻機・掩護機が出撃したと推計している。しかし、これには掩護機が含まれていないと思われる。約475機、すなわち18.6 percentが敵艦に命中したかあるいは至近距離に突入し被害を加えた。ただし、英国艦への突入も合算されているかどうかは明記されていない。含まれていないようだ。 
注2. 特攻とそれ以外の要因が複合した損傷も含むが、特攻でない損傷は含まない。USS Ticonderoga、USS Franklinはともに2機特攻され、USS Intrepidは5機の特攻を受けている。複数回数の命中しても1回と数えている。主な米海軍艦艇への延べ特攻命中機数は、正規空母 9機、軽空母 2機、護衛空母 16機、戦艦 15機に達する。
注3. 降伏時、日本軍は本土に 9,000機を保有し、これらは特攻に投入可能だった。5,000機以上が実際に特攻用に準備されていた。




『米国戦略爆撃報告 太平洋戦争方面の作戦』によれば、沖縄戦における米軍の艦船撃沈 は36隻、損傷368隻。航空機喪失合計は763機、内訳は戦闘による損失458機、作戦に伴う事故などの損失305機である。他方、日本軍の航空機喪失合計は 7,830機、内訳は戦闘による損失4,155機、作戦に伴う損失2,655機、地上撃破1,020機に及んでいる。
The Naval Technical Board

出撃した特攻機は、敵戦闘機に迎撃され,対空砲火に砲撃され、目標を冷静に選択する余裕はなかった。
正規空母を攻撃したかったが、そこまで辿り着くのは困難であるようだ。空母の位置も不明である。敵戦闘機も迎撃してくる。こうなれば、撃墜される前に、発見した敵艦艇に突入するのが、特攻で成果をあげる唯一の道のように思える。

特攻機の隊員は、本来は自らの命と引き換えで、敵正規空母を轟沈したかった。しかし、米海軍空母任務部隊は、中心に正規空母2隻,軽空母2隻を、その周囲を巡洋艦4隻、外側を駆逐艦16隻で護衛する輪陣形を組んでいる。したがって、中心部の空母に辿り着くまでには、熾烈な対空砲火をくぐらなくてはならない。
空母からは、F6F「ヘルキャット」、F4U「コルセア」など戦闘機がレーダー誘導されて、遥か100km手前から特攻機を迎撃してくる。また、任務部隊のさらに外側には、駆逐艦、護衛駆逐艦、掃海艦、敷設艦、揚陸艦が、レーダー・ピケ(警戒網)を張っている。米国のレーダーは、200km以上先の敵機(単機でも)捉えることができる。その、進行方向、高度も把握されている。つまり、特攻機が発見されることなく、空母に接近することは非常に困難である。

したがって、特攻機が撃沈した正規空母,軽空母は1隻もない。


特攻機が損傷させた米海軍空母(延べ隻数)は、正規空母16隻、軽空母3隻で、合計18隻で、損傷艦の7%に過ぎない。小型の護衛空母17隻を含めても、13%である。他方、空母を護衛する駆逐艦は87隻で31%、護衛駆逐艦も24隻、9%もある。機雷敷設艦、高速掃海艦はともに駆逐艦を改造したもので,駆逐艦同様、レーダー警戒網を形成していたから,空母の護衛艦艇とレーダー警戒艦艇が、特攻による被害艦艇の半数以上を占めていることになる。ただし、上陸部隊や艦艇への補給を任務とする輸送艦は、40隻、14%とあまり多くはない。本来は、警戒が手薄で、上陸部隊や艦艇の生命線ともいえる輸送艦・輸送船を目標にした攻撃が行われるべきであった。しかし、特攻隊員も。艦隊至上主義の影響を受けていたから、輸送艦のような目標は体当たりにふさわしいとは考えなかった。結局、通常攻撃によって、米輸送船団を攻撃することをしなかったのは、特攻隊を編成し、米軍艦艇に目を奪われた特攻作戦を展開した日本軍の失敗であったと考えられる。

特攻隊員とそれを送り出した指揮官たちの問題とも関連するが,日本軍は、攻撃目標の選定について、軍事科学的な検討を十分にせず、戦術的にも誤った「正規空母」という目標を第一優先した。これも、特攻作戦を失敗させる=特攻という大きな犠牲に見合った戦果をあげられなかった大きな要因であろう。


◆特攻の検証;フィリピン・沖縄方面での米国商船の損害一覧 1944-45年

フィリピン方面の米国商船の撃沈・損傷(1944年10月1日-12月31日):50隻

日付 船名 形式 撃沈・損傷原因 損傷の程度 死亡者数
10/24/44 Augustus Thomas Liberty Kamikaze Damaged None
10/24/44 David Dudley Field Liberty Kamikaze Damaged None
10/25/44 Adoniram Judson (GSA) Liberty 爆撃 Damaged None
10/25/44 John W. Foster Liberty 機銃掃射 Damaged None
10/26/44 Leonidas Merritt Liberty Kamikaze Damaged None [AG wounded]
10/26/44 Benjamin Ide Wheeler Liberty 爆撃 Damaged None
10/27/44 Alexander Majors Liberty Kamikaze Damaged None
10/27/44 Cape Romano Freighter Bombed Damaged None
11/02/44 Matthew P. Deady Liberty Kamikazeと爆撃 Damaged AG 4; Army 26
11/04/44 Cape Constance Freighter 爆撃とKamikaze Damaged None
11/04/44 Frank J. Cuhel Liberty 砲撃 Damaged None
11/12/44 Alexander Majors Liberty Kamikaze Damaged Crew 2
11/12/44 Jeremiah M. Daily Liberty Kamikaze Damaged Crew 4; AG 2; Army 100Unknown
11/12/44 Leonidas Merritt Liberty Kamikaze Damaged Crew 1; AG 1
11/12/44 Morrison R. Waite Liberty Kamikaze Damaged Army 21
11/12/44 Thomas Nelson Liberty Kamikaze Damaged AG 4; Army 164
11/12/44 Carlos Carrillo Liberty Unknown Unknown None [AG wounded]
11/12/44 William A. Coulter Liberty Kamikaze Damaged None
11/14/44 Floyd B. Olson Liberty 爆撃 Damaged None
11/16/44 Leonidas Merritt Liberty Kamikaze Damaged None [AG wounded]
11/17/44 Benjamin Ide Wheeler Liberty 爆撃 Total loss Crew 1; AG 1
11/17/44 Augustus Thomas Liberty 爆撃 撃沈 None
11/17/44 Gilbert Stuart Liberty Kamikaze Damaged Crew 5; AG 1; Army 5
11/18/44 Cape Romano Freighter 爆撃 Damaged None
11/18/44 Amerigo Vespucci Liberty Unknown Unknown None [AG wounded]
11/18/44 Robert Louis Stevenson Liberty Unknown Unknown None [AG wounded]
11/18/44 Nicholas J. Sinnott Liberty Kamikaze Damaged None
11/19/44 Cape Romano Freighter Kamikaze Damaged None
11/19/44 Alcoa Pioneer Freighter Kamikaze Damaged AG 6
11/23/44 Gus W. Darnell Liberty 航空魚雷 全損 None
11/24/44 William C. C. Claiborne Liberty Unknown Unknown None [AG wounded]
11/26/44 Anson Burlingame Liberty Unknown Unknown None [AG wounded]
11/26/44 Howell Lykes Troopship 爆撃 Damaged None
11/29/44 William C. C. Claiborne Liberty 砲撃 Damaged None
12/05/44 Antoine Saugrain Liberty 航空魚雷 Damaged None
12/05/44 John Evans Liberty Kamikaze Damaged None
12/05/44 Marcus Daly (GSA) Liberty Kamikaze Damaged None
12/06/44 Marcus Daly (GSA) Liberty Kamikaze Damaged None [AG wounded]
12/06/44 Antoine Saugrain Liberty 航空魚雷 撃沈 None
12/10/44 Marcus Daly (GSA) Liberty Kamikaze Damaged Crew 2; AG 1; Army over 200
12/10/44 William S. Ladd Liberty Kamikaze 撃沈 None
12/21/44 Juan de Fuca Liberty Kamikaze Damaged None
12/26/44 James H. Breasted Liberty Bombed 全損 None
12/27/44 Francisco Morazan Liberty Kamikaze Damaged None
12/28/44 John Burke Liberty Kamikaze 撃沈 Crew 40; AG 29
12/28/44 William Sharon Liberty Kamikaze Damaged Crew 6; AG 4; Army 1
12/29/44 Hobart Baker Liberty 爆撃 撃沈 Crew 1
12/30/44 Francisco Morazan Liberty Kamikaze Damaged None
12/30/44 Juan de Fuca Liberty 航空魚雷 Split & 修理 Army 2
12/31/44 Simeon G. Reed Liberty 爆撃と地上砲撃 Unknown Unknown

注)Crewとは,商船の乗員で民間人。AGとは,Naval Armed Guard(海軍武装警備隊)で軍人。


写真(左):1943年2月6日、米国から英国に向かうリバティー船「チェッカーボード」上の黒人水夫たち。;Members of a `CHECKERBOARD' crew that brought a Liberty Ship from the U.S. to England, fondle their mascot `BOOKER.' (L-R) R. C. Woods, A. M. Mulzac, W. B. Shepard, and S. O'Neil."
写真(右):リバティー船で働く黒人水夫A seaman with the U.S. Maritime Service. N.d. 208-NP-3ZZ-4.


写真(左):リバティー船Patrick Henryの黒人水夫クリフォード・ジェンキンス;米商船学校で料理を学び、輸送船で働いた。
写真(右):リバティー船で働く黒人水夫アーノルド・フェッサー(17歳)1944年10月14日撮影。機械操作員として勤務した。


 

フィリピン方面の米国商船の撃沈・損傷 (1945年1月1日-8月15日):16隻

日付 船名 形式 撃沈・損傷原因 損傷の程度 死亡者数
01/01/45 John M. Clayton Liberty Bombed Damaged Crew 2; AG 4
01/04/45 Kyle V. Johnson Liberty Kamikaze Damaged None
01/04/45 Lewis L. Dyche Liberty Kamikaze 撃沈 Crew 41; AG 30
01/12/45 David Dudley Field Liberty Kamikaze Damaged None
01/12/45 Edward N. Westcott Liberty Kamikaze Damaged None
01/12/45 Elmira Victory Victory Kamikaze と米軍艦艇の砲撃 Damaged None
01/12/45 Kyle V. Johnson Liberty Kamikaze Damaged Crew 1; Army 128
01/12/45 Otis Skinner Liberty Kamikaze Damaged None
01/27/45 Katherine L. Bates Liberty Unknown Unknown None [AG wounded]
03/17/45 Oliver Kelley Liberty 魚雷 Damaged None
03/22/45 Ransom A. Moore Liberty 連合国艦船の砲撃 Damaged None
03/31/45 John C. Fremont Liberty 機雷 全損 None
04/13/45 Harrington Emerson Liberty 米軍機の爆撃 Damaged None
04/_/45 Juan de Fuca Liberty 爆撃 Damaged Unknown
05/02/45 Edmund F. Dickens Liberty 機雷 全損 None
05/02/45 Henry L. Abbott Liberty 機雷 全損 Crew 2

注)Crewとは,商船の乗員で民間人。AGとは,Naval Armed Guard(海軍武装警備隊)で軍人。

 

 


写真(上):ポートランドのトッド造船所で量産されるリバティ船Liberty Ships, Portland Maine, 1942年8月12日撮影;During the push to build merchant ships the Todd shipbuilding of Portland Maine launched five ocean class, one liberty class, and two destroyers all on the same day. The two pictures enclosed are of launching 16 August 1942. What is the real kicker is the fact two years before the ship yard had six employees, and no shipyard. Two years latter they had 26,000 people.
写真(右):Liberty Ships, Portland Maine, 1942年8月16日撮影。


写真(左):リバティ船「パトリック・ヘンリー」SS Patrick Henry;1941年9月の竣工時に撮影。マストにあるクレーンで貨物を積みおろしする。
写真(右):量産されるリバティ船;1945年5月13日War Shipping Administration Washington, D.C.発表。米国の商戦造船所は,戦前に持っていた船舶の4倍の船舶を建造した。こうして,3500隻以上の貨物船と900隻の高速タンカーが就航し,1944年には船舶が運んだ貨物7850万トンの72%を,この戦時標準船の船団が運搬した。欧州や太平洋への航海距離は,1万2000マイルから1万8000マイルに達する。

沖縄方面における米国商船の撃沈・損傷(1945年4月1日-8月15日) :24隻 

日時 船舶名称 形式 撃沈・損傷原因 損傷の程度 死亡者数
04/06/45 Hobbs Victory Victory Kamikaze 撃沈 Crew 11; AG 2
04/06/45 Logan Victory Victory Kamikaze 撃沈 Crew 12; AG 3
04/12/45 Minot Victory Victory Kamikaze Damaged None
04/16/45 United Victory Victory Unknown Unknown None [AG wounded]
04/27/45 Canada Victory Victory Kamikaze 撃沈 Crew 1; AG 2
04/28/45 Sioux Falls Victory Victory Unknown Unknown None [AG wounded]
04/28/45 Bozeman Victory Victory 爆雷,「回天」,小型潜水艦 Damaged None
04/30/45 S. Hall Young Liberty Kamikaze Damaged None
05/01/45 Silverbow Victory Victory Unknown Unknown None [AG wounded]
05/03/45 Sea Flasher Troopship 米艦艇の砲撃 Damaged Army 7
05/09/45 Bucknell Victory Victory Kamikaze Damaged Unknown
5/10/45
to 5/22/45
Donald MacLeay Liberty Kamikaze Damaged None
05/18/45 Cornelius Vanderbilt Liberty 爆撃 Damaged Crew 1
05/24/45 Jubal A. Early Liberty Unknown Unknown None [AG wounded]
05/24/45 William B. Allison Liberty 魚雷 全損 Crew 6
05/27/45 Brown Victory Victory Kamikaze Damaged Crew 1; AG 3
05/27/45 Josiah Snelling Liberty Kamikaze Damaged None
05/27/45 Mary A. Livermore Liberty Kamikaze Damaged Crew 7; AG 4
06/11/45 Michael Pupin Liberty Unknown Unknown None [AG wounded]
06/11/45 Walter Colton Liberty Kamikazeと連合国艦艇の砲撃 Damaged None
06/29/45 Abner Doubleday Liberty Collision Unknown damage Unknown
07/27/45 John A. Rawlins Liberty 航空魚雷 Damaged None
07/27/45 Pratt Victory Victory 魚雷 Damaged None

注)Crewとは,商船の乗員で民間人。AGとは,Naval Armed Guard(海軍武装警備隊)で軍人。



写真(左):リバティ船の側面図
写真(右):量産中のビクトリー船;1945年5月20日War Shipping Administration Washington, D.C.発表。Not done with mirrors: Victory ships almost as far as the eye can reach line up at a West Coast shipyard for final outfitting before joining our vast merchant fleet. On Maritime Day, May 22, we shall have nearly 300 of these crack cargo type in service, and 300 more will be delivered before the year is out.



リバティ船の側面内部図
上面内部図;The Liberty ships were slightly over 441 feet long and 57 feet wide. They used a 2,500 horsepower steam engine to push them through the water at 11 knots (approximately 12.5 miles per hour). The ships had a range of 17,000 miles. Liberty ships had five cargo holds, three forward of the engine room and two aft (in the rear portion of the ship). Each could carry 10,800 deadweight tons (the weight of cargo a ship can carry) or 4,380 net tons (the amount of space available for cargo and passengers). The crew quarters were located amidships (the middle portion of the ship).


写真(上左):人間魚雷の命中を受けた給油艦AO-59「ミシシネワ」Mississinewaから揚がる黒煙
;1944年11月20日ウルシー環礁基地を攻撃した潜水艦は伊47,36の2隻で,伊37は途中で撃沈された。
写真(右2コマ):沈没直前の給油艦AO-59;1944年11月20日にウルシー基地では,多数の米兵が給油艦の大火災を目撃している。

1944年11月20日日本海軍潜水艦の伊47,36,37の3隻は,米軍基地のあるウルシー環礁を攻撃した。これは,人間魚雷「回天」による「初の攻撃であり,の給油艦AO-59「ミシシネワ」を撃沈することに成功した。

沖縄戦の日本陸海軍特攻機の出撃数

海軍機

陸軍機

合計

出撃集中率

4月6-7日

230

125

355

24.2%

4月12-13日

125

60

185

12.6%

4月15日

120

45

165

11.3%

4月27-28日

65

50

115

7.8%

5月3-4日

75

50

125

8.5%

5月10-11日

70

80

150

10.2%

5月24-25日

65

100

165

11.3%

5月27-28日

60

50

110

7.5%

6月3-7日

20

30

50

3.4%

6月21-22日

30

15

42

2.9%

合計

860

605

1465

100.0%

注)集中率とは,沖縄戦での特攻機1465機の当該期間別出撃数の分布

出所)UNITED STATES ARMY IN WORLD WAR II  The War in the Pacific OKINAWA THE LAST BATTLE http://www.army.mil/cmh-pg/books/wwii/okinawa/chapter14.htm


写真(上):空母「バンカーヒル」
;1945年5月11日,2機の特攻機の命中を受けた。米軍でも軍艦の被害については、資料が整備され、民間商船についてもwebで被害状況が概観できる。
Thank you for visiting our web site. The online information includes research papers, over 2000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.
Copyright (C) 2005 Torikai Yukihiro, Japan. All Rights Reserved.