閉鎖のお知らせ
皆様、こんにちは。
10月7日(月)にお知らせいたしましたとおり、当サイトのコンテンツは2013年11月2日(土)をもちまして削除いたしました。
2014年1月上旬を目処にこの跡地も含めて完全に削除する方針で考えております。

今から8年半と少し前、2005年1月10日、私が小学5年の頃。当ウェブサイトはネットの片隅で産声をあげました。
確か、行きつけだったペーパークラフトのサイトが閲覧不能になったときに、自分でペーパークラフトを作り始めたのがきっかけだったと記憶しております。
RailSimのプラグインにも手を出してみたり、ペーパークラフトをBトレサイズに作り直してみたり、リア友との共作もやってみたり。

大学入試が終わって新生活にも慣れた頃。
サイトの更新再開に向けて作業をしていた時のこと。
新作を作っていても旧作を弄っていても、そこに楽しさが感じられないことに気づきました。
あの頃、メタセコを開いて作業をしていた時の楽しさが、何故か今は感じられないのです。

リアルやSNSでの友達との絡みとか、ゲームやカラオケといった娯楽のほうがやってて楽しいのに。
鉄活動でも、外に出て乗り・撮りやってたほうが楽しいのに。
自分は何のためにこんなことしてるんだろう。

この作品を待っている人がいるから?
確かにそうかもしれない。
でも商売でもない、ましてや慈善事業でもないのに、
自分の時間を割いて楽しくもないことをするのは違うんじゃないかな。

自分が作りたいものだから?
そう、その通りだった。
作りたい欲求と作る時間があったから作って、
それを誰かに見てほしくってウェブに上げた。
興味が他に移った今、これを続ける義務はないはずだ。

それでも、このサイトを立ち上げたきっかけがきっかけなので、コンテンツの削除を思いとどまったこともあります。
でも…いや、だからこそ。
私のコンテンツを気に入ってくれた誰かがこれをきっかけに、
私のものより良い作品を作ってくれたなら。
「ゆくゆくは、あの人と並ぶようなええもんを作ったろう」という私が叶えられなかった夢を、
誰かが継いで下さったなら、とても嬉しく思います。

更新されないサイトが残るよりは、誰かが新しいサイトを作って更新してくれたほうが、業界全体の新陳代謝にもなるだろう。
それに放置しててもいずれはデータも消える。自分の知らないところで消えるのはあまりにも悲しい。自分が始めたからには自分で終わらせたい。
――このような思いもあり、一部を残してウェブ上の私の活動を畳むことを決意いたしました。
まぁ、理由はこのほかにも人に言えないようなことも含めいろいろありますが。

ひょっとしたら、いつかまた新しくウェブサイトを立ち上げ直す日が来るかもしれません。鉄道関連かもしれませんし、そうではないかもしれません。その際には、皆様とまたお会いできるのを楽しみにしております。
9年近い長い間、本当にありがとうございました。

2013年11月2日(土)

P.S.
文章を書いていて今までの9年間が走馬灯のように思い出され、少し泣きそうになりました。
お世話になった皆様、今まで本当にありがとうございました。放置のあげく閉鎖を選んだ私の勝手をどうかお許し下さい。