遺書がつづる飲酒運転の悲劇
〜ある家庭の悲劇から〜

 私はもう生きていく根気も力もなくなりました。
署長様、ご承知のように私の夫も死にました。
 夫は自業自得でありましょうから、如何様に責められても仕方ありません。 でも、あと
に残った私と子供二人にまでその責任があるのでしょうか。
 私に財産が沢山あれば、ご遺族の方の気の済むように弁償したいと思います。いくらお金
をあげたからと言って亡くなられた人の命を元通りにすることは出来ませんが・・・・・
 でも、私には何もありません。 それでも将来、家を建てるために貯金していたお金が九
七万円程あったのでございます。 それで私はこのお金とテレビ・冷蔵庫・洗濯機・洋服ダ
ンス・時計・指輪・夫の洋服等も売りました。 代金二三万円と合わせて一二〇万円をお見
舞金としまして、また夫の退職金をも全部差し上げる条件で、ご遺族の家に持っていったの でございます。
 ご遺族のご両親は「こんな小額では納得できないからもっとお金を出しなさい」と申され
ます。
 私は、このお金が私の全財産でございますから、これ以上のお金を調達することは出来ま
せんので、幾重にも私の事情を申し上げたのでございます。 ご遺族のご両親は親戚まわり
をしても賠償金を出しなさいと申されます。 でも、夫の親戚も決して余裕のある生活はし
ていませんので、膨大な金額を調達することは出来ないのでございます。
 すると次は、私に働いて毎月1万円づつ弁償しなさいと申されます。 私のような、学歴
もなく手に職もない人間に、何万もする給料を払ってくれるところがありましょうか。 た
とえ就職することが出来ましたところで、弁償金と家賃を払ってしまうと生活費にまでまわ
すことは出来ないのでございます。 どうして親子三人生活すればよろしいのでしょうか。
 罪のない子供たちと、生活だけは近所の子供たちと同じようにしてあげたいと願うのは、
母として当然のことではないでしょうか。
 子供たちは「お父さんどうしたの」「なぜテレビがなくなったの」「テレビがみたい」と
せがみます。 子供たちはいますやすやと眠っています。 これからお父さんの元に行ける
のも知らずに・・・・
 署長さん、この小さな子供の生命を奪う母を馬鹿な女とお呼びください、でも子供を残し
たらあとの子供たちの生活を考えると哀れでなりません、親子三人でお父さんの元へ参りま
す。
 ご遺族のご両親のおっしゃることは決してご無理なことではありません。 私の夫さえ酒
を飲まずに運転していたならば、決してご子息様を死なせずに済んだのでございます。
 私と子供二人の生命と引き替えに、夫の罪をお許しくださるよう、ご遺族のご両親におと
り図りくださいますよう、お願い申し上げます。

 この事故は、昭和六〇年八月に大分県の国道で発生した事故であり、三三歳
の会社員が、酒酔い運転で追越しをかけ対向車と正面衝突して、双方とも死亡しまし
た。
 この酒酔い運転者の家族には、三二歳の妻と五歳と三歳になる二人の子供がいまし
た。 この事故のため幸せな生活が崩れ去りました。
 これは、警察署長に残された若妻の遺書であります。
 私達は、このような悲劇が、二度と起きないようにしなければならないと思います。
 このお母さんと子供さんに対して、心からご冥福をお祈りいたします。

いかがでしたでしょうか。
二度とこのような不幸が起こらないように、国民も飲酒運転者などを見る目を厳しくしなくてはなりません。
この文書をくださった方は、
「皆が見たほうがいい再現VTRだった。この文書を読んでショックを受けたから、
皆にも必ず読んでほしい」と思ってコピーして持ってきてくださいました。
コメントがあれば、ここにお願いします。
コメントを読む・書く

コンテンツ分類:交通安全指導/あなたはどう考えますか?

情報源:警察署・交通安全協会

受信源:PLC

関連サイト:http://blog.goo.ne.jp/take123ht/e/f5ed0d68df20326cba768b9da95349e2

Copy system:TORANDIST.

HOME|最近思うこと