厳選!株リンク集と株式用語解説

厳選!株リンク集と株式用語解説
投資法は何がいい?推奨銘柄を誰よりも早く見付けるには?どの証券会社がいい?ファンダメンタル?テクニカル?今日の株価情報は?



●サイトテーマ●

株式投資のためのリンク集と株式用語を集めたサイト。
インターネットトレードユーザの為のお役立ちリンク集・用語情報を掲載しています。
株投資に役立つ情報が満載!!

▼証券会社▲

イー・トレード
「POWER E*TRADE」をはじめとする各種投資情報の充実、スムーズに注文できる売買画面など、コスト、商品、情報、使いやすさといったサービス全体のバランスがよくとれている
株式ニュース
■最新の株式ニュース情報
 


▼株式市場▲

東京証券取引所
■東京証券取引所のHP.


▼ファンダメンタル▲

シュルツ・ベルガー株式投資ブログ
シュルツ・ベルガー株式投資ブログファンダメンタル中心の株式投資ブログ。
■初心者にもわかり易く書いているので、更新があったら、一読はするようにしている。
J_Coffeeの株式投資日記
■徒然草・経済史に学ぶ・相場師列伝など、多面的な株式投資日記 。


▼株価情報▲

マネー&マーケット
マネー&マーケット〜 言わずと知れた日経のサイト。
株価情報をチェックするときには使用してます!
時系列データ
■Yahoo!の株価チャート情報。
株価ランキング
■Yahoo!の株価ランキング情報。
StockBLOG&RSS Ranking
株式ブログランキングサイト。

 


日経平均株価

 TOPIX

JASDAQ指数  

 

 株式用語解説!
ROE ROEとは、株主資本を使用してどれだけ効率よく利益を生み出しているか見る指標。

Return On Equityの略。当期利益÷株主資本(自己資本)で求められる。基本的には、この数字は高いほど資本効率が高いとみなされて、投資家から見たその会社の評価は高いものとなる。しかし、株主資本が非常に薄くなってしまっている場合にも、この数字は高くなってしまう。たとえば、債務超過ギリギリにまで株主資本が減ってしまい、その状況で一時的に少しでも利益が出れば、非常に高いROEとなってしまう。したがって、ROEの指標は株主資本比率など財務体質の危険度を測る指標と合わせて見ていくことが必要。
EPS EPSとは、1株あたりの当期利益のこと。

1株利益、1株益、1株あたり利益、1株あたり当期利益などと、さまざまな呼び方がされる。EPSは、株価÷1株利益という計算でPERを求める時に使う重要なデータである。PERは、収益力から株価の割安さを測るもので、最も広く使われている株価指標の1つ。ただし、PER計算でEPSを使う場合には、その時の当期利益に大きな特別損益が入っていないかとか、前年までに大きな累積損失があって法人税が免除されていないかという点に注意し、そうしたケースに該当する場合には、その分を修正して使う必要がある。
BPS BPSは、株主資本を1株あたりに割り振ったもの。

Book-value Per Shareの略。1株株主資本、1株純資産などとも言う。株主資本は、資産から負債を差し引いて計算したものであり、「純粋のその会社の資産といえる部分」である。また、その会社が解散した場合に株主に還元されるものであるために、1株株主資本をその株の解散価値ともいう。なお、株価÷BPSという計算で求められるPBRは、株価の割安さを測る有名な指標。その会社に大きな不安材料がなくて、売上や経常利益などもしっかり伸びているような会社にも関わらず、PBRが1倍以下ならば、一般的にはその株は割安と判断されることが多い。
ROA 単位は「%」。ROAは”Return On Asset”の略
総資産を使ってどれだけ利益をあげているかになる。
ROA = 当期利益 ÷ 総資産 × 100 
PBR PBRとは、資産から見た株価の割安さ・割高さを測るための指標。

株価÷一株株主資本という計算式で求め、株価が一株株主資本の何倍であるかを測ることによって、株価が割安か割高かを見る指標。一株株主資本というのは、会社が解散した時に株主に分配される資産なので、解散価値とも呼ばれる。つまり、一株株主資本というのは、債券でいうところの額面や元本のようなものなのだ。したがって、株価がこれを下回る状態、つまるPBR1倍以下の状態とうのは、基本的には割安と判断される。ただし、本業見通しが極めて悪い場合や、資産が毀損されている可能性がある場合には、その限りではない。
PER PERとは、収益から株価の割安さを考える指標のこと。

Price Earnings Ratioの略。株価収益率ともいい、収益力から株価の割安さ・割高さを測ろうとする指標。株価÷1株益(1株あたり当期利益)で求め、株価が1株益の何倍かによって株の割安さ・割高さを測る。一般的には低ければ低いほど割安だと言える。ただし、将来見通しの良い会社は多少高いPERでも割高とはいえないし、将来見通しの悪い会社は低いPERでも割安とは言いづらい。PERは、将来見通しや成長性などを考慮して見ていく必要がある。
シュルツ・ベルガー株式投資ブログ
その1 その2 その3


株式投資便利リンク

株式情報サイト・IR・株関連機関
朝日新聞 日本証券新聞 兜町ネット 大阪証券取引所
インフォシーク株価サービス ネット証券評議会 株価データ倉庫
エコノミスト フィスコ 株式情報サーチ
オール投資DIGITAL プレジデント 金融庁
お気楽株式投資倶楽部 マーケットウォッチャー 経済財政諮問会議
化学工業日報 マネージャパン 財務省
株式投資向上委員会(かぶこーねっと マネーライフ ジャスダック
株式市場新聞 モーニングスター 首相官邸
株式新聞社 読売新聞 証券広報センター
株ZAKZAK ラジオたんぱ(KJnet) スタンダード&プアーズ(S&P)
シュルツ・ベルガー ジャパン ロイター通信 大和インベスター・リレーションズ
時事通信 BIGLOBEマネー 東証マザーズ
証券新報 BloombergJAPAN 日興フィナンシャル・インテリジェンス
情報マーケット CNN.co.jp 日経リサーチ
ストックウェザー ジャパン Economic Data 日本格付研究所(JCR)
ダイヤモンド社 e株net 日本銀行
ダイヤモンドZai Exciteファイナンス情報 日本証券業協会
投資情報館 Finance@nifty 野村総合研究所
投資レーダー(ChartbookCyberpress) GCオプティキャスト ヘラクレス
投資Web J*investor.com マルテックス・インベスター
東洋経済オンライン KYODO NEWS ONLINE シュルツ・ベルガー ジャパン
東洋経済新報社 NEWS STATION EDINET(有価証券報告書閲覧)
シュルツ・ベルガー株式投資 QUICK Finan Tec
日刊工業新聞社 StockWeather IR NET
日経CNBC Technobahnファイナンシャル IR STREET
日経NET TX Biz&News(テレビ東京) NIKKEI@IR
日経金融新聞 Yahoo!ファイナンス R&I
日経テレコン21 ZD NET JAPAN  
日経マネーDIGITAL シュルツ・ベルガー ジャパン  
証券会社(1) 証券会社(2) その他
アーク証券 東洋証券 StockBLOG&RSS Ranking
アイザワ証券 内藤証券 推奨銘柄・注目銘柄株情報
安藤証券 日興コーディアル証券 ファンダメンタル投資
泉証券 日産証券 株式投資戦略
E*トレード証券 日本協栄証券 有料投資レポート
いちよし証券 野村證券 株式投資レポート販売
今村証券 ひまわり証券 株ブログランキング
岩井証券 松井証券 株リンク1
ウツミ証券 マネックス・ビーンズ証券 株リンク2
エース証券 丸三証券 株リンク3
エイチ・エス証券 丸近証券 株リンク4
岡三証券 丸八証券 株リンク5
オリックス証券 丸福証券 株式投資ブログ
カブドットコム証券 みずほインベスターズ証券 株式投資ブログ
コスモ証券 みずほ証券 株式投資ブログ
ジェット証券 豊証券 株式投資ブログ
新光証券 ライブドア証券 株式投資リンク

▲ページトップへ その1 その2 その3