全国マスターズ駅伝・ロード大会結果(広島関係)

第30回都道府県対抗全日本マスターズ駅伝競走大会・ 男子の部

第6回全日本マスターズロードレース大会


30回全日本マスターズ駅伝(滋賀県野洲市・自由が丘公園コース

 前回の29回大会では中国5県の内、広島を除いた4県が参加、広島県だけ不参加でした。

そこで理事会の承認を得、早い段階で 「一般とエルダー」 の2チームの参加を検討した。

結果、メンバー編成上、「一般の部」のみの参加となった。    

一般の部                   

     今年度は29回大会が3月に開催された事から、101日の30回大会と併せ年2回は             

    経費面から大会運営及び参加チーム共に苦労されたようで・・・一般の部24チームの               

    参加にとどまったのは残念でした。               

     結果は20位(1区からのチーム順位の流れは16111319で最終的には20位)でした。               

    コース上の伸びた芝生や急な坂に足を使わされるなど・・・選手は苦心したようです。               

    年齢が最も多いチーム事情もありましたが、ほぼ全員目標タイムに大きなずれも無く               

    走れたのは「襷を繋ぐ・・・」チームワークの成果と思います。(TOPと13分差)

  ・・・詳細の記録及び選手の激走写真は添付の通りです。                

    来年は愛知・万博会場での開催です。 今から準備を進めてエルダーとの2チーム参加               

    の目標を達成して欲しいものです。駅伝王国 ひろしま の名前を知らしめて頂きたい。                

    (ロードレースでもM35 高木靖幸さんが2位と健闘されました。               

    今回は久しぶりの大会参加でした、多くの皆さんの応援や協賛金を頂き有難う               

    ございました、引続き皆さんの応援をお願いします。   (監督 前田)