ホーム 春のお山2へ 春のお山3へ
 春のお山1 平成21年4月18日 所在地:鳥取県東部(場所は内緒です)
鳥取市内では桜も散り、いよいよ芽吹きの春の到来です。昨年春に植物を求めて歩いた山の周辺を見たくて来ました。
林道に駐車して山を見上げる。写真を見てもそう傾斜がある山には見えません。
カシミールのカシバードで上の地点を上空から描画した。

横から見ると急傾斜なのがわかります。手前が平均斜度40度位。中央より左が斜度42度位でしょうか。

赤線が今日歩いたコースです。予定では急斜面の手前で右にトラバースし、標高差100m程登って右側の適当な尾根で下るつもりでした。

しかし、乗った尾根が急だったため、安全な一番上の尾根まで登り、向こう側にある尾根を下りました。結局、標高差300m以上の運動会となってしまいました。
昨年一番傾斜の急な部分を谷の反対から写した。

斜面は雪崩れのため大きな樹木が生えていない。実際の斜度は45度を超えているかも。

この傾斜だと登りたくない。手で掴む物がないし、滑り落ちながらの登りとなる。

いざ途中で引き返そうとしても下りは滑落しやすい。
登り初めは幸せな山歩き、道の横で春の植物が挨拶をする。

ニリンソウ。
エンレイソウ。
イチリンソウ。
ヒトリシズカ。


道の終わりで右側の急斜面に取り付く。樹木を掴んで登り、小さな岩場の段差を迂回する。
20m上の斜面に出ると目の前にヤマシャクヤクが群落を創っていた。

小さな株もいれると20株程生えていて、蕾が付いているのは10株位。鳥取県の準絶滅危惧種です。

昨年、反対側の斜面で見つけ、名を聞くために植物掲示板に写真をアップした。

昨年の株は蕾がまだ小さかった。花を見なければ種類を同定出来ないのだが、花の寿命が短く毎週見に来ても無理だろうと言われた。
この株は蕾が開きかけで、花弁が白いのでヤマシャクヤクだとわかる。ちなみにベニバナヤマシャクヤクは鳥取県では絶滅・野生種絶滅だそうだ。

ここも急傾斜だったが、幸いなことにイヌガヤが多く生えていて掴まりながら這い上った。

ここまでで引き返せば良かったのだが、他にも何か変わった植物が見てみたいという欲が災いした。
今日は補助ロープを持ってきていないし、水分も500mlのペットボトル一本だけ。

斜面を下ると途中に高さ2m位の垂直な岩のバンドがある。10mでもロープがあれば何とか降りる手助けになるのだが。

仕方がないので斜め上にトラバースして尾根に取り付き、傾斜の緩やかな尾根を下ろうと作戦を変更した。

斜面を上がると獣道があった。鹿の道のようだ。今日山に入ってからずっと鹿が鳴いていてうるさい。
下を振り返る。真ん中が鹿の道。

斜面では下側を向いて写真を撮ると急傾斜に写るが、この斜面は実際40度位か。

獣道をたどって下ると、道が途切れたり、急斜面にでたりする。鹿の歩ける傾斜でも人間は下れない場合がある。引き返せない。
獣道を上に登る。鹿は安全な場所を選んで歩いているようだ。
ホーム 春のお山2へ 春のお山3へ