ランドセルカバーの作り方

 

ランドセルカバーの作り方

ランドセルカバーには、ラミネート加工された布を使います。

可愛い模様の布を購入すれば、簡単にすてきなカバーができるので、市販の物を購入するよりもすてきなカバーができるはずです!

  1. 箇条書き項目 作り方
















 
  1. 箇条書き項目 材料

1.ラミネート加工布を裁断する。(縫い代は全て、1cmです)

2.リッパーで、古いランドセルカバーについていた、蛍光板を外す。

3.写真のように、本体にパーツ1を縫い合わせる。ただし、真ん中の部分は、ランドセルの肩ひもを通すので、12cm 縫わずに空けておく。

8.ランドセルの肩ひもをはずし、4.で作った穴に通す。

 また、反対側もランドセルの先を通し、取り付ける。

 (注)写真では、ランドセルの先に二本パーツ2が縫い付けられていますが、作り方通りに作ると

   1本になります。

5.写真のように、パーツ2を角が丸くなるように、本体に縫い合わせる。

  1. 1.縫い代をアイロンで割り、ミシンでステッチをかける。

7. 5.で縫った部分を表に返し、アイロンをかけたら、ぐるっと周囲をミシンでステッチをかける。

6. 2.で外した反射板を縫い付ける。

9.完成です。

  1. 箇条書き項目 作り方のコツ


ラミネート加工の布は、ミシンで縫う際に、ミシンの送り板や押さえにくっつきやすく、通常通りの縫い方だと、上手く縫えません。そこで、活躍するのが、専用の押さえです。これがあると、すいすい縫えて便利ですよ。

ラミネート加工された布:65cm×30cm

1年生の時に使っていたランドセルカバー

リッパー

ラミネート加工の生地はこちらのショップの生地が安くて、可愛くて、おすすめですよ!

ラミネート加工の生地はこちらのショップの生地が安くて、可愛くて、おすすめですよ!

買うのがもったいない、と言う方には、ラミネート加工の布のつるつるした面にハトロン紙などの紙を重ねて縫うとくっつかずに上手に縫えます。縫った後は、ミシン目に沿って丁寧に紙を破けば、上手にはがす事ができます。

直線縫いだけなら、ハトロン紙を使わずに普通の無地の紙を重ねても大丈夫です。(ただし、ハトロン紙ほど、下の生地が透けて見えないので、少し縫い辛いです。)

さらに、シリコンスプレーを使って布にコーティングすると、滑りが良くなって縫いやすくなります。

←塗るタイプもあります!

(注)写真では、パーツ2のサイズが

   実際より小さいサイズになって

   います。

←スプレータイプです!