【めを】〜【めん】

−−−−−−−めを(あ)(#mewo1)−−−−−−
・目を遊ばせる
(めをあそばせる) 一点を見つめるのでなく、あちこちを眺める。
・目を射る
(めをいる) 1.目に入る。目に留まる。2.光が目を強く照らす。 例:「ネオンサインが目を射る」
・目を入れる
(めをいれる) 1.贔屓(ひいき)にする。目を掛ける。 類:●肩を入れる肩を持つ●肩入れする 2.人物や動物の絵画・彫像、また、達磨(だるま)などに、目を書き入れる。
・目を疑う
(めをうたがう) 見間違いかと思うほど、目の前の事実が信じられない。
・目を奪う
(めをうばう) あまりの美しさ、立派さなどで、すっかり見惚(みと)れさせる。驚嘆させ夢中にさせる。
・目を掩うて雀を捕らう
(めをおおうてすずめをとらう) 1.雀が逃げるのを恐れるあまり、強(し)いてそのことを見ないようにと自分の目を隠して捕らえようとする。つまらない策を弄(ろう)して自分を欺(あざむ)くこと。 類:●耳を掩うて鐘を盗む 2.こちらが見えなければ相手からも見られないと思う浅はかさを指して言う。
・目を覆う
(めをおおう) 1.手などを目に当てる。2.見ないようにする。 例:「目を覆うばかりの惨事」
・目を起こす
(めをおこす) 1.賽(さい)を振って良い目を出す。2.好運に巡り合う。運が向いてくる。
・目を落とす
(めをおとす) 下を見る。

−−−−−−−めを(か)(#mewo2)−−−−−−
・目を掛ける(めをかける) 1.じっと見る。よく見極める。2.目を付けて狙う。手に入れようとして、狙いを付ける。3.注意して面倒を見る。世話をする。労(いた)わる。贔屓(ひいき)にする。 類:●目掛ける 4.秤や枡で量る。
・目を掠める
(めをかすめる) 人目を誤魔化すという意味で、人に見付からないように、こっそり行動する。 類:●
目を盗む
・目を切る(めをきる) 碾臼(ひきうす)や擂鉢(すりばち)の目を刻む。
・目を極む
(めをきわむ) 目で見える限りの遠くを見る。
・目を配る
(めをくばる) 1.あちこちに注意を向けて良く見る。目配りをする。 例:「一人一人に目を配る」 2.目をやって合図する。目配せする。
・目を晦ます
(めをくらます) 人に見付けられないようにする。また、誤魔化して正しく見えないようにする。人の目を誤魔化す。他人に分からないようにする。
・目を呉れる
(めをくれる) 目を向ける。視線を送る。 類:●目を遣る
・目をくわす
(めをくわす) 目で合図して知らせる。目配せをする。めくわす。
・目を肥やす
(めをこやす) 1.楽しいものや良いものを見て楽しむ。目を楽しませる。2.良いものを多く見て、見識を広め高める。物の善し悪しを判断する力を養う。
・目を凝らす
(めをこらす) じっと見詰める。凝視する。

−−−−−−−めを(さ)(#mewo3)−−−−−−
・目を覚ます
(めをさます) 1.眠りから覚める。目覚める。また、眠らないでいる。2.吃驚(びっくり)する。驚く。3.意識を正しく呼び起こす。迷っているのを正しい道に戻す。4.何かがきっかけになって、それまで気が付かないでいた自分の性質や欲望などを自覚する。何かをきっかけに、抑えられていた感情などが動き始める。 例:「凶暴性が目を覚ます」
・目を皿にする
(めをさらにする) 目を大きく見開く。物を探し求めたり、驚いたりしたときなどの目付き。
・目を三角にする
(めをさんかくにする) 目に角(かど)を立てて、恐い目付きをする。 類:●目を怒らす
・目を忍ぶ
(めをしのぶ) 人目に付かないようにする。目立たないように事をする。 類:●
目を盗む
・目を白黒させる
(めをしろくろさせる) 1.悶(もだ)え苦しんで目の玉を動かす。物を咽喉(のど)に詰まらせたりして、苦しむ様子。2.吃驚(びっくり)仰天して慌てる。酷(ひど)く驚き、まごつく様子。
・目を据える
(めをすえる) 目を動かさずに一点を注視する。
・目を澄ます(めをすます) 落ち着いて見詰める。熟視する。 用例:平家−一「諸人目をすましけり」
・目を注ぐ
(めをそそぐ) 1.目をそちらに向ける。2.注意して見る。注目する。
・目を欹てる
(めをそばだてる) 横目で見る。目を逸(そ)らす。 類:●
目を側める
・目を側める
(めをそばめる) 憎悪や畏怖(いふ)のためにまともに見ることができないで、目を横に向ける。横目で見る。疎(うと)んじて見る。 用例:源氏−桐壺「上達部、上人なども、あいなく、めをそはめつつ」
・目を背ける
(めをそむける) 視線を他へ移すという意味で、そのまま見るのに堪えられないで視線を外すこと。また、関わりたくない事から逃げること。 類:●目を逸(そ)らす
・目を逸らす(めをそらす) 1.視線を別の方向に向ける。2.見ないようにする。 例:「現実から目を逸らす」

−−−−−−−めを(た)(#mewo4)−−−−−−
・目を立てる
(めをたてる) 1.良く気を付けて見る。注意して見る。2.鋸(のこぎり)・鑢(やすり)などの潰れた目を直して鋭くする。3.編み物で、編み始めの目を作る。
・目を付ける
(めをつける) じっと様子を見る。目的物として気を付けて見る。 類:●目星を付ける●注視する
・目を瞑る
(めをつぶる) 1.眼を閉じる。眼を閉じて眠る。 類:●
目を塞(ふさ)ぐ 2.死ぬ。 類:●目を塞ぐ 3.知っていて知らない振りをする。見て見ぬ振りをして、欠点などを咎(とが)めない。 類:●目を塞ぐ 例:「今回だけは目を瞑る」 4.我慢する。諦(あきら)める。
・目を通す
(めをとおす) ざっと見る。一通り見る。通覧する。 例:「報告書に目を通す」
・目を留める
(めをとめる・とどめる) 心を止めて見る。注目する。

−−−−−−−めを(な)(#mewo5)−−−−−−
・目を長くする
(めをながくする) 短気を起こさないで見る。気を長くして見ておく。我慢して見る。 類:●長い目で見る 用例:滑・浮世風呂−前「喧嘩になっては悪いと目(メ)を長(ナガ)くして居ました」
・目を抜く
(めをぬく) 人の目を誤魔化す。まんまと騙す。
・目を盗む
(めをぬすむ) 人に見付からないように、こっそりと事を行なう。人目を忍ぶ。 類:●
目を掠める
・目を眠る
(めをねむる・ねぶる) 1.目を閉じる。目を瞑(つぶ)る。2.見て見ぬ振りをする。3.死ぬ。瞑目(めいもく)する。

−−−−−−−めを(は)(#mewo6)−−−−−−
・目を離す
(めをはなす) 視線を別のものに移す。監視していたものから目を逸(そ)らす。 例:「目を離した隙に逃げられた」
・目を憚る(めをはばかる) 人の目を恐れるという意味で、姿や行為が他人の目に触れることを恐れ嫌うこと。他人に見られないように配慮する。 類:●人目を憚る
・目を光らす(めをひからす) 眼光鋭く見る。また、怪しいと睨んで、厳重に監視する。
・目を引く
(めをひく) 1.人の注意を向けさせる・引き付ける。他人の目に留(と)まるようにする。2.目で合図をする。目配せする。3.模様をそのままにして、地色を染め直す。4.目方(めかた)を量る。 類:●貫目を引く
・目を開く
(めをひらく) 知識を得たり、また真理を悟ったりして新しい境地を知る。初めて気付く。
・目を塞ぐ
(めをふさぐ) 1.目を閉じる。 類:●
目を瞑る 2.見て見ぬ振りをする。3.死ぬ。
・目を振る間(めをふるま)[=内] 目を振り向けるほどの間。脇見をする間。瞬(またた)く間。
・目を細くする
(めをほそくする)[=細める] 1.目の開き具合いを小さくする。2.嬉しさや目にするものの愛らしさなどに誘われて微笑みを浮かべる。

−−−−−−−めを(ま)(#mewo7)−−−−−−
・目を丸くする
(めをまるくする) 目を大きく見開く。主に、驚いて目を見張るときに使う。
・目を回す
(めをまるくする) 1.気絶する。2.忙しい思いをする。忙しくて慌(あわ)て惑う。3.酷(ひど)く驚く。
・目を見合わせる
(めをみあわせる) 1.相手と視線を合わせる。2.吃驚(びっくり)したり、呆れ果てたりして、互いに目と目で、その気持ちを伝え合う様子。
・目を見出だす(めをみいだす) 目を開いてじっと見る。また、睨(にら)み付ける。
・目を見す
(めをみす) 1.目配せをする。2.心情を目に表わす。3.酷(ひど)い目に遭わせる。経験させる。…という状況にさせる。
・目を瞠る
(めをみはる)・見張る 目を大きく見開く。怒ったり驚いたり、感動したりしたときの様子。 類:●目を張る
・目を見る
(めをみる) 1.相手の目を見る。対面する。2.…の目に遭う。…の経験をする。 例:「痛い目を見る」 3.目が見える。4.文字を解する。
・目を剥く
(めをむく) 怒ったり、驚いたりなどして目を大きく見開く。 類:●目玉を剥く
・目を向ける(めをむける) 1.そちらを見る。2.関心を向ける。 例:「世界に目を向ける」

−−−−−−−めを(や)(#mewo8)−−−−−−
・目を遣る(めをやる) 見る。目を向ける。 類:●目を呉れる
・目を喜ばす
(めをよろこばせる) 見て楽しいと思うようにさせる。 類:●目を楽しませる

−−−−−−−めん(#men)−−−−−−−
・面がある(めんがある) 盗人の隠語。面識がある。互いに顔を知っている。
・面が通る(めんがとおる) 顔が通用するという意味のやくざ仲間の隠語。顔が広く知られていて勢力がある。
・面が割れる(めんがわれる) 顔が知られる。また、面通しの結果、その人であると特定できる。
・面食い
(めんくい) 顔立ちの美しい女ばかりを選び好むこと。また、その人。 類:●器量好み
・面食らう
(めんくらう) 1.突然のことで、慌てふためく。驚き、まご付く。狼狽する。 例:「不意の来訪ですっかり面くらった」 
★「とちめんぼう(橡麺棒)」を食らうの意という<国語大辞典(小)> ★「橡麺棒(栃麺棒)」は、「とちめく坊」からの転とされ、うろたえる者という意味。 2.凧(たこ)が空中で舞い狂う。〔随・嬉遊笑覧〕 出典:嬉遊笑覧(きゆうしょうらん) 随筆。12巻、付録1巻。喜多村信節(のぶよ)ら。文政13年(1830)。江戸時代の風俗習慣、歌舞音曲などを中心に、諸書から抄録して私見を加えたもの。風俗の百科事典的なもの。
・面向不背
(めんこうふはい) 《四熟》 前後どちらから見ても申し分がないこと。形が整っていて、非常に美しいこと。 例:「面向不背の玉」
・面従後言
(めんじゅうこうげん) 《四熟》 面前では媚(こ)び諂(へつら)って服従し、陰であれこれ論(あげつら)うこと。 類:●
面従腹背面従腹誹 出典:「書経−益稷」 「予違汝弼、汝無面従退有後言」 ★中国古代の伝説上の聖天子舜(しゅん)が、臣の禹(う)に説いた言葉。 
・面従腹背
(めんじゅうふくはい) 《四熟》 上辺(うわべ)では服従するように見せ掛け、内心では反抗すること。
・面従腹誹
(めんじゅうふくひ) 《四熟》 上辺では従うように見せ掛け、内心では謗(そし)ること。
・面牆の譏り
(めんしょうのそしり) 「面牆」は、垣に面していることで、見識が狭いこと。無知・無学に対する非難の言葉。 類:●無学の譏り 出典:「書経―周官」
・面張牛皮
(めんちょうぎゅうひ) 《四熟》 鉄面皮なこと。厚かましいこと。 類:●鉄面皮面の皮が厚い厚顔無恥
・面倒臭い
(めんどうくさい・めんどくさい) 手数が掛かって煩(わずら)わしい。とても厄介(やっかい)だ。 例:「返事を書くのが面倒臭い」 ★接尾語の「臭い」は、そのような傾向がある・そんなふうに思える・それに似ている・〜らしいなどの意。 例:「胡散臭い」「辛気臭い」「洒落(しゃら)臭い」「いんちき臭い」
・面倒を掛ける
(めんどうをかける) 手間が掛かることをして貰う。余計な手間を掛けさせる。 類:●世話になる
・面倒を見る
(めんどうをみる) 人の世話をする。手伝う。助ける。
・面と向かう
(めんとむかう) 相手と正面から顔を合わせる。直接に相手と向かい合う。 例:「面と向かって悪口を言う」
・雌鶏歌えば家亡ぶ
(めんどりうたえばいえほろぶ) 妻が夫に代わって権勢を揮(ふる)うようになると、夫の権威が保てなくなり、遂には家が滅ぶということの喩え。 類:●牝鶏晨す騒(わわ)しい女は夫を食う 
★雌鳥が雄鶏に先んじて朝の時を告げるのは不吉な兆しであるといわれるところから<国語大辞典(小)>
・雌鶏勧めて雄鶏時を作る
(めんどりすすめておんどりときをつくる)[=に突突かれて時を歌う] 夫が妻の言いなりになることの喩え。
・面皮が厚い
(めんぴがあつい) 厚かましい。 類:●面の皮が厚い
・面皮を欠く(めんぴをかく)[=失う] 評判を落とす。世間の人に合わせる顔をなくす。 類:●
面目を失う 用例:金色夜叉「座にも堪ふべからざるばかりの面皮を欠かされたり」
・面皮を剥ぐ
(めんぴをはぐ) 厚かましく知らぬ振りを決め込んでいる者などの本性を暴(あば)く。厚かましい者を辱(はずかし)しめる。 類:●面の皮を剥(む)く
・面壁九年
(めんぺきくねん) ものごとを根気よく続けることの喩え。 
故事:禅宗の始祖、達磨(だるま)が嵩山(すうざん)の少林寺で壁に向かって9年間、終日坐禅し続けて悟りを開いた。
・面目が立つ
(めんぼくがたつ) 名誉が保たれる。 類:●顔が立つ面(おもて)が立つ
・面目が無い
(めんぼくがない) 恥ずかしくて合わせる顔がない。世間に顔向けができないほど恥かしい。 類:●合わす顔がない決まりが悪い
・面目次第も無い
(めんぼくしだいもない) 「面目ない」を強調した言葉。まことに恥ずかしくて、合わせる顔がない。まことに面目ない。
・面目玉を踏み潰す
(めんぼくだまをふみつぶす) 評判を落とす。世間の人に合わせる顔をなくす。 類:●
面目を失う
・面目ない
(めんぼくない) 1.恥ずかしくて合わせる顔がない。世間に顔向けができないほど恥かしい。 類:●合わす顔がない決まりが悪い汗顔の至り 用例:源氏−蓬生「わか御ためめむぼくなければ、わたり給事はなし」 2.申し訳ない。
・面目丸潰れ
(めんぼくまるつぶれ) 酷(ひど)く名誉を傷付けられる。
・面目を失う
(めんぼくをうしなう) 1.名誉を傷付けられる。自分の不手際によって世評を悪くする。恥を掻く。体面を損なう。 類:●
面目を潰す●面目を灰にまぶす●名を腐す体面を汚す 2.処罰する。罷免(ひめん)する。
・面目を潰す
(めんぼくをつぶす) 名誉を傷付けられる。 類:●顔を潰す顔に泥を塗る
面目を失う
・面目を施す
(めんぼくをほどこす) 1.誉(ほま)れを得る。世間の評判を高める。2.体面を損(そこな)わずに済む。 例:「どうにか面目を施すことが出来た」
・面々の蜂を払う
(めんめんのはちをはらう) 他人のことをあれこれ言う前に、まず自分の欠点を反省しなければいけない。他人のことを構うより自分を省みよ、という戒(いまし)め。
・面々の楊貴妃
(めんめんのようきひ) 1.男がそれぞれ自分の妻や愛人を、楊貴妃のような美人だと思い込むこと。2.人にはそれぞれ好みがあり、好きになると欠点も目に付かず、美しく見えるということ。 類:●蓼食う虫も好き好き●惚れた目には痘痕もえくぼ
・綿々を絶たずんば蔓々を若何せん(めんめんをたたずんばまんまんをいかんせん) 災いは芽のうちに摘み取らなければ、蔓延(はびこ)ってしまって、除去することができなくなる。 出典:「戦国策−魏策」
・面目一新
(めんもくいっしん) 《四熟》 世間の評判が一新して、それまでとは違う高い評価を得ること。また、世間の評判が良くなるように、外見や内容を変化させること。 類:●名誉挽回面目躍如 ★「目」は「ぼく」とも読む。
・面目躍如
(めんもくやくじょ) 《四熟》 世間の評価に値する活躍をしていて、生き生きとしている様子。また、名声や世間体(せけんてい)などがより良くなること。 類:●名誉挽回●面目一新 ★「目」は「ぼく」とも読む。
・面目を改む
(めんもくをあらたむ) 1.様子を改める。2.見事(みごと)なことをして世間の評価を高くする。 類:●面目を一新する
・面妖(めんよう・めんよ) 1.稀(まれ)なこと、奇怪なこと。不思議なこと。 用例:滑・浮世風呂−前「ハテ、めんような、たった今汲(くん)だがのう」 
★多く「めんような」の形で連体修飾に用いる<国語大辞典(小)> 2.どういう訳か。不思議と。 用例:浄・安倍宗任松浦−一「めんえう彼方の御病気は、お客ごってに重うなる」 用例:洒・甲駅新話「琵琶といふ物はめんよう女の好くものだ」 ★「めいよ(名誉)」の変化した「めいよう」がさらに変化したもの。「面妖」は当て字<国語大辞典(小)> 用例の出典@:安倍宗任松浦(あべのむねとうまつらきぬかさ) 浄瑠璃。並木宗輔。5巻。・・・調査中。 用例の出典A:甲駅新話(こうえきしんわ) 洒落本。馬糞中咲菖蒲(大田南畝)。安永4年(1775)。・・・調査中。
・面を打つ
(めんをうつ) 仮面を作る。特に、能面を作る。 
★木彫の上に塗料を盛り上げ、これをたたいて形を作るところからいう<国語大辞典(小)>
・面を被る
(めんをかぶる・かむる) 1.仮面で顔を覆(おお)う。また、比喩的に、それらしく見せる。ある風を装おう。2.恥ずかしさのため、顔を隠す。3.恥を忍ぶ。4.悪い事をしながら、平気な顔でいる。本性を隠して、善人ぶる。臆面もなくものごとをする。5.ある容貌を持っている。
・面を取る
(めんをとる) 1.被っていた仮面を取る。2.部材の角を平らに、または丸みを付けて削り取る。3.剣道で、相手の面に打ちこんで一本取る。


<ま行>―・―<慣用句のTOP>―・―<次ページ>