【本能寺跡】

京都府 本能寺跡  きょうとふ  ほんのうじあと
■本能寺跡
現在=高齢者福祉施設・高校・地元施設などの
複合施設が建っている。
駐車場=無し           (2007.11.22現在)
住所=京都市中京区蛸薬師通油小路東入元本能寺南町 (↑高齢者福祉施設の住所を記載)
この時は、東山区方面から府道186号(四条通)を西へ進み、 国道367号との四条烏丸交差点を過ぎて、少しして四条西洞院信号の 次の信号を右折。細い道をそのまま進んで行くと、右側に 本能寺跡の石碑があって、施設の壁(入口付近だったかな?)に、 案内板が掛けられていた。

本能寺跡
応永22年(1415)、日隆上人が油小路高辻の地に 本応寺を創立したが、後に破壊されたので、 永享5年(1433)に、六角大宮に寺地を移して 本能寺と改称された。天文法華の乱で焼失したが、 天文16、17年(1547、8)頃、第八世日承によって、 西洞院と小川との間の四条坊門(今の蛸薬師)の 北の地に再興された。当時は広大な寺域を占め、 織田信長の仮宿所となったが、天正10年(1582) 6月2に、信長を攻めた明智光秀の兵火にあい、 一山の堂塔を失った。 後に信孝が、父信長の廟を建てたために、 本能寺は再びこの地に復興を見ることになったが、 豊臣秀吉の区画整備により、天正年間に東京極 (今の寺町)の三条坊門(今の御池)南の地に移された。 (京都市の案内板より)
(左)建物の前にある本能寺跡の石碑。 (真ん中)施設の壁に掛けられていた説明板。 (右)本能校跡の石碑。

■本能寺跡
狭い道を通って行くと、本能寺跡には、立派な建物が。複合型の高齢者福祉施設だと 知らなかったので、一瞬、違うのかと(^^;)建物横の石碑を写した後、壁に掛けられて いる説明板を写すも、夕方の5時前だったから、ピントがなかなか合わず、入口から 高校生が出てくるから、なんだか恥ずかしくって、余計にぶれてしまい苦労した(^^;) あまりにもきれい過ぎて、ここで信長さんが…。なんて気分はさすがに無かったなぁ。

【 京都のもくじ 】 上へ
下にメニューフレームが出ていない場合の、top へは→ top に戻る