「バターピーナツの作り方〜美味しんぼ流にて〜」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      

         落花生の炒り方からバターピーナツまで

           

         生の落花生も美味しいのですが、よく口にする炒り落花生を美味しく作りたいと思います。

         一つは単純に丁寧に炒ったもの。ごまと同じ要領で炒ってあげます。

         もう一つは「美味しんぼ」8巻の“SALT PEANUTS"に登場するバターピーナツを参考に。

         炒りたての落花生の美味しいこと!これは驚きでした。


         【材料】 

         ・落花生 … 適宜(収穫後、1週間程度天日干ししたものが望ましい)

         ・バター・塩  … 適宜


        【落花生の炒り方】

 

        天日干ししたものを丁寧に炒ります

        落花生は、収穫してすぐ塩茹でする以外は1週間程度天日干しをするようです。

        すると、表面が乾燥して、振るとカラカラと中の実の音がします。そのくらいで十分なようです。

 

        殻をむいて、フライパンを弱火にかけ、根気よく転がしながら炒っていきます。

        いろいろ調べたら20〜30分程度炒るとされていたのですが、

        今回はじめて私が炒ったものは、10分程度で香ばしい香りがただよい、十分に水分が抜けて食べごろとなりました。

 

        干し方や粒の大きさにもよるのでしょうが、炒る時間は10分程度でも物によっては十分なようです。

        ごまも炒りたてが美味しいといいますが、落花生の炒りたてはそのさらに上をいきました!塩なしでもいけます。

            

            

 

 

        【バターピーナツの作り方】

 

        美味しんぼ流『ソルトピーナツ』

        美味しんぼ愛読者ならば、美味しんぼに登場する料理を作りたくなるのが心情というもの。

        今回は美味しんぼ第8巻『SALT PEANUTS』に出てくる、ジャズ喫茶のご主人が作るバターピーナツを

        再現したいと思います。いい豆、いいバター、手際よさと作り置きしないこと。詳しくは美味しんぼをご覧ください。

 

        まず、上記の炒り方で丁寧に炒った落花生とバターを用意します(特に指定はないのですが、私は無塩バターで作りました)

        バターを熱したフライパンに入れ、ブクブクと泡が出てきたら落花生を投入します。

        手早く絡め、塩を振ったら完成です。新聞紙や天紙(天ぷらのときに下にひく紙)の上で油を吸わせます。

 

        ただ炒った落花生とはひと味違うバターのコクがなんとも言えません。

        確かにいい豆の味、丁寧に炒った香ばしさ、それらの味の強さがあってこそのバランスなのかもしれません。

        炒り落花生も、ソルトピーナツも、市販の落花生を食べなれた舌には驚きのうまさであることは間違いありません。

                

            

白ごはん.com  > おやつ・つまみ > バターピーナツ

 < 雑穀通販のサイト >

古くから食べられてきた雑穀は

実は白ご飯と一緒に炊けるのがほとんど。

しかも味にくせがなく、栄養価もたっぷり。

健康を維持するための工夫です。

 < 有機野菜のサイト >

「子供に安心して食べさせられる

野菜を作る」という理念の会社で、

「ガイアの夜明け」やNHKなどでも

取り上げられている企業サイトです。

 

 < 有機野菜のサイト >

33年も前からはじまった有機野菜

宅配の老舗の会社。農薬などの厳しい

基準はもちろん、何よりも野菜本来の

味・おいしさにこだわってくれています。

 

     <落花生の炒り方とバターピーナツの関連ページ>

 

     落花生のゆで方   そら豆のゆで方

    

 

 

 

 

 

 

 

白ごはん.com  > おやつ・つまみ > バターピーナツ