レモンマートルという植物とは


   英国名  − Lemon Myrtle             学名 - Backhousia Citriodora

  科名  - フトモモ科  
(ティツリー、ユーカリと同じ仲間)


成分 − シトラール93%以上 ネラール40.59% ゲラニオールの含有量49.42% その他


オーストラリア、クイーンズランド州の海岸沿い、ブリスベン市からケアンズ市あたりまでの
亜熱帯性地域に自生しています。最近では、ニューサウスウェールズ州北部で商品作物として
栽培されています。自然界での高さは3mから大きいもので30mにもなります。
花は初夏に咲き始め、満開示には白いクリーム色の花で木全体が覆われます。


レモンマートルの安全性を記載したページを紹介

http://perryjapan.exblog.jp/i2/ へのリンク

http://ringcorp.exblog.jp/14495038/ へのリンク

レモンマートルは蚊を寄せ付けないのですか?
農園にレモンマートルを買いに来てくれたお客さんから聞かれました
その質問に対してブログでお答えしました


http://ameblo.jp/remonmaatoruman/entry-11837760763.html





 レモンマートルはオーストラリア原産のブッシュハーブの一つで、シトラールという成分を

オーストラリアンネイティブ34種類中最も多く含んでいます。

このシトラールは、抗バクテリア作用、抗菌作用、リラクゼイションに効果があります。

このことは、大学の研究機関や各民間研究機関によって、すでに証明されています。

レモンマートルはこのシトラールの成分をレモンの20倍含んでいることで有名になりました。

このことが、「レモンよりレモン」と呼ばれている理由です。


 ここ数年このレモンマートルが商品化され、ようやく多くの人がその恩恵を享受できるようになりました。

主にハーブティ、アロマテラピー、または自然化粧品として楽しまれています。






「レモンマートル専門店‘クルッティ‘ クルッティ便り」より 

総ポリフェノールが多く含まれています。
2009.04.03 Friday 23:42
2月にレモンマートルの茶葉の成分分析を依頼しました。

その試験の詳細は次の通りです。

検体名:  ハーブ(レモンマートル
内容 :  検体100g当たりの分析試験結果は次の通りです。

たんぱく質      5.3g
エネルギー      357Kcal
総ビタミンC      95mg
総ポリフェノール   16.5g

成分分析をして頂いた先生によると、『レモンマートルのポリフェノール量は
他のハーブに比べ多いかと思います。』