身近な法律相談室[無料法律相談]


メール無料法律相談24時間受付 
土日の場合、ご返信は月曜以降になることがあります。
緊急の際は下記の電話から。

 電話無料法律相談(男女問題は即日対応 土日夜間可)
東京、埼玉、神奈川、千葉の方 
090-1840-3541 行政書士 江川雄一


その他の県の方はこちらを事前にご確認願います。

祝日・休日の面談対応は、相談に応じます。

【掲示板】男女トラブル相談


無料法律相談(電話・メール)で多い事例


男女トラブル(土日・夜間可・電話無料相談可) 

男女トラブル相談ケーススタディ

不倫・浮気の慰謝料で示談書を作成したい。
夫や妻の不倫を止めさせたい。
不倫相手と別れたいが別れてくれない。関係解消の対策をしたい。|不倫と脅迫
愛人、浮気相手と手を切りたいが、弱みを握られているので手切れ金を渡して念書を取りたい。
不倫相手に別れるといったら会社や旦那、妻に不倫をばらすと脅されてる。
交際相手と別れたいが、今まで使ったお金を払えと迫られてる。
彼氏・彼女が別れてくれない。
別れた彼氏から脅迫メールが来る。
出会い系サイトで知り合った女性が未成年だったと言われて、彼氏から示談金を請求されているので覚書を作成しておきたい。

 電話ですぐ無料相談できます。



風俗トラブル

風俗店を利用して盗撮したら店にばれて身分証を取られたので示談書を作っておきたい。|風俗盗撮トラブル
風俗店を利用して本番行為をしたら示談金を要求されたので、今後のために示談書を作っておきたい。|風俗本番トラブル
 電話ですぐ無料相談できます。


不当請求や消費者の問題

出会い系サイトで高額な請求がきたが、支払う義務はあるのか。
出会い系サイトから規約違反を理由に賠償金を請求されたが、支払う義務はあるのか。
英会話教室を途中解約したい。
営業マンに強引に契約させられたが、解約できるか。
 電話ですぐ無料相談できます。


性トラブル

電車で痴漢にあって示談をしたが、示談書の代行を頼みたい。
職場の男性に飲み会の帰りにホテルにつれていかれてトラブルになったが、示談書を作成してほしい。
交際相手と別れたいが、相手が交際時の写真のネガを持っているので回収したい、覚書を作成したい。


職場の問題

会社を辞めろと言われたが・・・。
セクハラをされて相手と協議したので、念書を作りたい。
職場の先輩に殴られ負傷したが、示談書を作成したい。


その他

借金の時効
権利義務に関する書類作成
事実証明に関する書類作成
契約書その他の書類作成
許認可申請に関する書類作成



予防法務と許認可申請などの書類作成代行
行政書士 江川雄一事務所
【無料相電話法律談(首都圏の方)土日夜間可
090-1840-3541 

関西またはその他の県の方はこちらを先にご確認下さい。
担当 行政書士 江川雄一
東京都豊島区目白4−31−11−101
池袋・新宿・渋谷等でも面談できます)
電話 03−6915−3854(無料電話法律相談は携帯番号からどうぞ)
ファックス 03−6915−3854

無料電話法律相談について/土日夜間可】
基本的なご質問なら、電話で無料法律相談できます。(ただし5分程度)
電話での無料法律相談は夜12時くらいまで。(ただし、午前と夜間は出られない場合もありますのでご了承下さい。)
着信確認後、できるかぎり着信番号に折り返しいたします。(なお、面談中の場合は、1時間ほど出られません。)
首都圏以外からの電話無料法律相談はこちらのページ
必要に応じて弁護士の紹介もしています。



当事務所姉妹サイト

 不倫の慰謝料相談Q&A
 不倫相手と別れたい〜脅迫・ストーカー行為の対策と対処法
 無料法律相談所〜男女トラブル
風俗トラブル相談


   風俗トラブル〜相談から示談書作成まで 2人の事例


メニュー

Q&A形式で、男女、金銭の問題など身近な法律問題をわかりやすくアドバイスしています。


運営者自己紹介
東京都行政書士会所属の行政書士
平成2年に早稲田大学を卒業、
面談は東京都、横浜市、その他の神奈川県、埼玉県、千葉県を主なエリアとしています。
電話・メールでの無料法律相談は全国対応
また、身近で小さな問題に対し、比較的リーズナブルな料金で対応しています。
愛読書: 老子、史記
信条: 「天網恢恢疎にして漏らさず」



弁護士などの法律無料相談が受けられる公共機関・自治体


当サイトで対応できない電話相談、メール相談については、以下の機関をお勧めしています。


法 テラス

国の運営する公共機関です。
電話法律相談をその場で受けられるわけではありませんが、
電話で内容を聞いて、どんな機関や相談窓口があるか、無料で情報提供をしてくれます。
弁護士の相談も受けられます。

サポートダイヤル:0570−078374  相談窓口や制度の紹介をしてくれます。


市役所・区役所の無料法律相談

全国の市役所・区役所では定期的に税理士、弁護士などによる無料法律相談が行われています。
ただ、たいていは予約制で1回30分限りの法律相談となっています。基本的に電話での無料法律相談はありません。
そのため一般的な法律相談にはいいかもしれませんが、特殊な専門分野の法律相談はできないかもしれません。
時間が短いので事前にポイントを整理して、証拠になりそうなものを持参して行きましょう。
なお、横浜市のように視覚障害者や外国人が無料法律相談相談できるよう配慮した市役所もあります。


独立行政法人 国民生活センター・消費生活センター

商品やサービスについて事業者と消費者の法律トラブルについて、消費者が相談することができます。
専門の相談員が受付け、公正な立場で処理にあたります。
電話番号 03-3446-0999 (相談専用番号)
受付時間 平日 10時〜12時、13時〜16時
これ以外に、各地域の消費生活センターの相談窓口があります
電話での無料相談が基本です。

労働基準監督署

厚生労働省の出先機関で全国各地にあります。解雇や賃金不払い等の労働条件に関する相談などを扱っています。
ただ、未払い賃金など法律的に白黒はっきりしているものはすぐ対応してくれますが、
紛争化している複雑な法律問題には対応できない場合があります。その場合は弁護士の法律相談ところへ行くよう言われます。


雇用均等室

厚生労働省の出先機関で、各都道府県労働局の一部門として県庁所在地に設置されています。
男女の差別的待遇、妊娠・育児・介護、パートタイマー、セクハラなどの法律問題について相談できます。


財団法人 日弁連交通事故相談センター

全国の弁護士会の協力で運営しており、全国各地にあります。
交通事故について弁護士が無料法律相談を行います。電話での無料法律相談、面接のどちらも可能ですが、
複雑な案件は電話での法律相談より面接をした方がいいでしょう。



弁護士会相談センター(債務整理専門)

東京都の3つの弁護士会(第一東京弁護士会、第二東京弁護士会、東京弁護士会)が運営しています。
債務整理は弁護士に無料で法律相談することができます。
[各センターの法律相談 問い合わせ先]
四谷センター:03-5214-5152
神田センター:03-5289-8850
錦糸町センター:03-5625-7336



2015・5・29