最新情報&更新情報

2016.3.24 サイバー法人台帳「ROBINS」に当事務所が登録されました
2015.7.29 最低賃金全国平均18円上昇見通し、今秋にも
2015.4.6 有給の取得が会社側に義務に?
2015.3.10 協会けんぽの保険料率は今年は4月分から改訂されます
2014.11.21 特定社会保険労務士が代理できる目的価格の上限が120万円に
2014.10.6 最低賃金額が改定されます(厚労省HP)
2014.7.28 創業手帳web「起業家必見!知らないとヤバイ「労働保険」「社会保険」入門」を監修いたしました
2014.5.8 社会保険料額を抑えるため、この季節は残業を抑えましょう!(社会保険料削減ページへ)

当事務所について

日本では、労働基準法、労働組合法、労働契約法、労働安全衛生法、男女雇用機会均等法や高年齢者雇用安定法など、労働者を守るための法律がたくさんあります。しかし、いわゆる「ブラック」企業といわれる、これらの法律を守らない会社が存在しているのも事実です。また一方で、職務に専念しない、協調性がなく職場環境に悪影響を与える、SNSなどで不適切な投稿をし企業イメージを損ねる、など、問題のある労働者が存在することもこれまた事実です。「会社が法律を守らないこと」であろうと「労働者の問題行動」であろうと、会社が潰れてしまったら、社長も役員もそこで働く労働者とその家族も、生活の糧を失うことになってしまいます。会社の経営状況が健全であることこそが、社員の幸せに結びつくものであると私は考えます。
東京北社会保険労務士事務所は「会社側に立って」をコンセプトにしております。もちろんここで言う「会社側」とは、「社長」と「そこで真面目に働く社員」、という意味です。そのコンセプトのもと、労務トラブルの解決及び防止、就業規則の作成、各種助成金の受給手続及び労働社会保険の各種手続を通じて、皆様の発展に貢献いたします。広範で複雑な人事労務管理は是非、東京北社会保険労務士事務所にお任せください。

特定社会保険労務士 堀 拓磨

当事務所の利用について

当事務所は貴社の発展に寄与するため、さまざまなメニューを用意してございます。社会保険労務士事務所の利用方法については、東京北社会保険労務士事務所利用のQ&Aをご覧ください。

貴社の就業規則をもう一度見直してみてください

就業規則は会社のルールブックと同時に、「会社を守る」ための必須ツールでもあります。「会社を守る」というのは「社長を守る」だけではなく、「そこで真面目に働く社員を守る」ことでもあります。「テンプレート就業規則」では社長も社員も守ることはできません。貴社の就業規則に会社を守るノウハウが網羅されているか、今一度確認してみてください。詳しくは「就業規則リスク無料診断シート」をごご利用ください