昭和51年同期会のページ  


☆☆☆ 2008/11/26 : ミニ同期会 - 竹下君を迎えて ☆☆☆
11月26日は竹下啓二氏が上京。 早速東京錦陵会メンバーに「お相手可能可否」を照会したものの、週半ばの水曜日ゆえ都合付かず」の返事が殆どでした。そんな中で大嶋役員のみ「俺が付き合ってやろう」と返事を戴き大感謝。\(T▽T)/ その当日だったかな? 登録されていない電話番号からいきなり電話がありました。「お〜、今日誰が来るの?」、「何処に行けばいい?」と極めて馴れ馴れしい声です。自分の携帯番号を知っている、いかにも最近会っている、てな態度なので名前を確認もせず、「お〜、誰某と何処だよ」と答えておりました。実際カンピーかな?と思っておりましたよ。^^;で、待ち合わせ場所の新橋駅C11の前に行って見ると、なんと懐かしの赤金氏が登場しました!(笑) 卒業以初めてかな?丸々とした顔で(前頭部も後退し)、最近の本家錦陵会の写真を知っていなければ「お前、誰?」と聞きそうなところ。^^じきに大嶋役員も到着し、なじみの新橋「しゃかりき」で久しぶりの再会を祝し乾杯!

いや〜、皆さんそれぞれ経験を詰まれてますな。赤金は銀座の常連らしく、呼び出したのは最近CDを出した若い女性。 さすがに社長は違う、と感心した次第。さらに大嶋役員が音楽業界に働く人間らしく、業界話をひとくさり。ペーペーのサラリーマン代表である竹下と私は黙って業界の話に聞き入る事数十分。^^;その後は大嶋が接待で使っているのであろう愛宕山の高級クラブへ移動し、カラオケも入って店を出たのは深夜02:00ごろ!\(T▽T)/ 多分。^^;

楽しい夜をありがとうございました>大嶋

毎度酔っ払って寝てしまい、申し訳なし>大嶋、赤金、竹下

タクシーで送ってもらってアリガトね>大嶋

次回は東京錦陵会の新年会? あるいは忘年会?出来れば金曜日か土曜日でお願いします>中尾、竹内

年末アルコールが進む季節、皆様もくれぐれもお体ご自愛くださいませ。
PS:今回は写真を撮り忘れました。 ゴメン。

☆☆☆ 2008/10/8 : ミニ同期会 - 会津若松から近野君を迎えて ☆☆☆

10月8日に会津若松から近野が来ると言うので、4人の東京錦陵会関東在住メンバーがお出迎えです。

お疲れ様でした>田守、中尾、大嶋

皆、それぞれが忙しくて最終的に全員が揃ったのは8時45分頃だったかな?

近野と私が6時半定刻に居酒屋に集合。 30分遅れで田守が到着。 さらに8時を回った頃に中尾先生登場。 で、8時45分に大嶋役員が参上。

仕事が滅茶苦茶忙しい訳ではない私(^^; )こと加久は6時半から来客のお相手をさせて頂きましたので、大嶋が到着した頃は既に呂律が怪しくなっておりましたが。(笑)

白髪オジサンに変貌している近野に驚きつつも、顔の作りはあまり変わって居なかったので会った瞬間に本人を認識できました。 心なしか痩せた様にも感じましたね。

髪の色の変化もさることながら、なんと近野が25年も前に「酒は辞めた」という事実にも驚愕。^^;

簡単に彼の近況をご紹介すると、現在は大手電機メーカーに勤務し、会津若松に単身赴任、家族は愛知県に住んでいるとの由。 既に長女は結婚しハワイに在住、年末にはお爺さんになるらしい。^^;

終盤はあまり覚えてませんが、延々11時半頃(多分)まで同じ居酒屋で粘っておりましたよ。



☆☆☆ 2008/8/11 更新: 有志ゴルフ会 ☆☆☆

高校を卒業する頃、誰しも将来自分が何処で何をしているか、、、など想像を巡らせることもあったでしょうが、誰がこの4人で30数年後に、しかも茨城県の海に近いゴルフ場で草刈りに興じることになると思ったでしょうか、、、。

これも当番期がキッカケで30数年ぶりに再会しなければ決して実現しなかったことでしょう。 今年の当番期の準備会合を重ねる中でゴルフの話題になり、遂に7月上旬に第一回のS51年卒、有志ゴルフ会に辿りつきました。 前日の夕食から昔話に盛り上がり焼酎を飲みすぎて二日酔いのため目を回しながら草刈りをする羽目に陥った人もいましたが、早朝の雷と豪雨も4人の日ごろの行いの良さ?で回復し大いに楽しめました。 仕事の関係等で参加できない人もいて、今回は4名でしたが、今度はさらに集めようと次回に向けての構想を練って散会しました。 

草刈り好きの人集まれ!

左から、田守、中尾、大嶋、大谷 (前日の夕食時に)


☆☆☆ 2008/6/15 更新:東京錦陵会総会にて  ☆☆☆
5月31日の東京錦陵総会、懇親会、2次会では、総勢19名の同期が集まりました。 これまで当番期として総会を成功させるべく1年間かけて結束を深めてきた成果を発揮することができ総会を成功裡に終えることができました。 錦陵会から来賓として駆けつけてくれた同期とともに充実感に浸りながら、懇親会、2次会、3次会と盛り上がりました。
<福岡から参加(敬称略)>一木、西村、末松、村上、川上
<東京錦陵会(敬称略)> 秋永、諏澤、松永、秋元、田邉、中尾、郡山、大嶋、中島、西元、田守、富中、森門、大谷

参加者の方からの一言です。(敬称略)

富中 : 楽しい・懐かしい時間をありがとうございました。また、準備して下さった皆さん、感謝しております。 

田守 :久しぶりに、充実感を味あわせていただきました。特に、中尾さん、大谷さん、田邉さんお疲れ様でした。御三方の努力により、皆の力が結集されて、大変よい総会になったと思います。 これを契機に、また、皆さん、次の総会まで待たずに旧交を温めましょう。

秋永 : この数ヶ月大変楽しい日を過ごせました。ありがとうございました。これを機会に定期的に皆で会いましょう。大谷君、中尾君、さみよちゃん本当にありがとうございました。 50才を過ぎましたが、青春に帰れました。

中島 : 定期総会− 無事に終わって何よりでした。 来年、S52年卒の後輩たちの手伝い(指導、教育)をするのを楽しみにしています。  講演会−到津動物園には小学生の頃、何度も行ったはずですが、そのこと自体、何十年も忘れていました。 懐かしい。 懇親会  −思いもかけない人に、30−40年振りに会って感激しました。 最初は思い出すのに時間がかかりましたが。   2次会 − 2次会では、疲れがどっと出た上に、酔っ払っていて記憶が曖昧です。 私が何をしていたか教えて下さい。

諏澤 : 当日の手伝いしか出来なくて申し訳ありません。皆さんお疲れ様でした!! 九州組は修学旅行感覚でしたよ。 

秋元 : 先日はお疲れ様でした。特に大谷、中尾、竹内には相当の負担が掛かったんだろうと思います。本当にご苦労様でした。感想とのことなので、卒業後の容姿の変化の程度には差があるにせよ、見覚えの有る顔との酒は楽しく、具合が悪くなるほどに久しぶりに飲み過ぎました。 懲りない自分に若さを感じて、一人満足しています。

田邉 : 31日の東京錦稜会総会は盛会のうちに終了しました。例年の1.5倍(152名)の参加者でどうなることかと思いましたが、同期関東在住12名に九州から5名参加の全17名で取り仕切り、諸先輩方からお褒めの言葉を頂ました。これを機会にまた、みんなで飲みましょうね!!! 本当に、皆さん、ありがとうございました。m(_  _ )m

中尾 : 土曜日は本当にありがとうございました!51年卒の結束を大いにアピールできましたね。 是非とも今後とも集まって楽しい時間を共有したく思います。お互い身体が第一ですのでご自愛ください。また、51年卒の飲み会をやりましょう!

大谷 : 昨日の総会について諸先輩方からとてもよかったという感想を沢山頂きました。 大成功といえるのではないでしょうか。準備や当日の役割をS51卒の結束で乗り切った感がします。大変ご苦労様でした。 過去の例では、当番期を過ごした後にさらに同期で会う機会が増える傾向にあるみたいです。 また会いましょう。

(総会事前準備、総会、懇親会、2次会、3次会の写真です。クリックしてください)


☆☆☆ 2008/5/11 更新 東京錦陵総会へ向けて同期会 ☆☆☆

平成20年に入ってすでに何度か同期会を行ってきましたが、当番期として、5月31日の東京錦陵総会にむけて5月10日に集合したときの写真です。







☆☆☆ 2008/1/1 更新 当番期へ向けて同期会 ☆☆☆

平成19年12月15日の51年卒の同期会は8月以来4ヶ月ぶり、忘年会季節にも関わらず9名が集まり、2008年の当番期に向けて盛り上がりました。

参加者の方からの一言です。(敬称略)

坂井 : 「人生の第四コーナを回ったところですが、これからは仕事、家族、健康 などのバランスですね。 また、全てにおいて引き続きワクワクを追求していきたい。」

松永(旧姓 吉元) : 「30数年前の記憶が一瞬にしてよみがえってきました。すばらしい時間をありがとう。又、一緒に飲める日を楽しみにしています。」

田邉 : 「2年次の修学旅行の話で盛り上がりました。皆さん、新幹線が岡山までしか開通していなかった事、覚えていますか?エ〜!そうだっけ!・・・ひとりひとりの違った思い出が出てきて、懐かしい話なのに新鮮で楽しかった!」

大谷 : 「昔懐かしい話からエネルギーを貰いました。 特に、修学旅行の車中2泊は今の子供は経験できないでしょう! 当番期に向けて頑張りましょう!」

51年卒の同期会(平成19年12月15日)参加者 (敬称略)
秋永、大嶋、郡山、坂井、田邉(旧姓竹内)、田守、中尾、松永(旧姓吉元)、大谷

以下に同期会の際の写真を載せます。



1☆☆☆ 2007/10/5更新:久しぶりの同期会 ☆☆☆

平成19年8月25日の51年卒の同期会は30年ぶりとは思えない盛り上がりでした。また、在京の沢山の同期の方と親交が再びとれるきっかけになって心強い限りです。 

参加者の方からの感動の再会への一言です。 また参加できなかった方からも頂きました。(敬称略)

中尾 : 「本年6月30日の東京錦陵会に5年振りに参加し、32年ぶりに51年卒の同期4人と再会いたしました。 たまたまこの4人は高校時代の面影を残しており直に名前と顔が一致し、楽しい時間を共有できました。 その場で早速、“51年卒東京同期会を開こう!”っ盛り上がり8/25(土)に開催日を決め、翌日から4人で手分けをして連絡を取り合いました。・・・・そんな時にふと“永井龍雲ホームページ”を開けたら、何んと8/25日に浅草木馬亭でコンサート! 早速、龍雲どんに連絡を入れコンサート終了後に同期会参加の了解をもらいました。   同期会開場を浅草地区に決め、皆さんに再度の連絡。 (田邉佐美代さんありがとう!)    当日は福岡から出張中の一木君、赤金君も参加し総勢21名でタイムスリップ!  最高!!年内にもう一度やろうなぁ!ってことになり次回の開催が楽しみです。 そろそろ日時決めないとね!前回参加出来なかった同期と連絡を取り合ってさらに多くで会えたらいいですね。」    

中島 : 「皆さん、元気そうでなによりです。準備期間が漸く終わって、人生はこれからが本番です。皆さんの健闘を期待します。次回の同期会が楽しみです」

富中 : 「あこがれの東京に来て30数年、今は豊津がなつかしい。残りの人生もう少しだけ頑張るかあ」

田守 : 「みんなに会えて、よかった。うれしかった。なつかしかった。最高。」

田邉 : 「みんな、いい年の取り方をしている。やっぱ!豊津(高校)の“おとこ”はいいねえ〜。」

郡山 : 「ただただ、懐かしい。いやいやほんとに懐かしい。一木、中尾、大谷、田邉さんありがとう」

秋永 :  「皆さんとお会い出来なくて残念。次回は必ず出席します。借金コンクリート造の返済に苦労しています。豊津の言葉で喋りたい。」

大谷 : 「30年以上の歳月を忘れて、気持ちは高校時代に若返った最高のひと時でした。また会いましょう!」

51年卒の同期会(平成19年8月25日)参加者 (敬称略)
<福岡から参加>赤金、一木、永井
<東京錦陵会> 大嶋、郡山、坂井、諏澤、田邉、田守、坪根、富中、中尾、中島、西元、松田、本広、森門、大谷

以下に同期会の際の写真を載せます。











1