都市・自治体政策情報をリードする東京新報社
東京新報 紙面いろいろ
新聞『東京新報』の概要

 本紙「東京新報」は、1971(昭和46)年4月、当時の日本社会党・東京都本部が選挙機関紙として活用する目的で発足させました。
 その後、1976(昭和52)年5月に株式会社東京新報社として独立。東京都政や党、労組の動きを是々非々の立場で報道を続け、2006年5月には創刊700号を迎えました。

 発行は月に2回、1日と15日。モノクロタブロイド版。1部250円。現在の発行部数は約3000部となっています。

 主な読者層は東京都庁関係者や都議会関係者、国会議員、都・区職員、労組関係者、各政党関係者などです。

 現在の紙面内容は東京都政や都議会関連情報を中心に、国会も含めて民主党や社民党、労組の動きなどを報道しています。

 本紙の詳しい歴史についてはこちらもご参照ください。


懐かしの『東京新報』紙面紹介はこちら

株式会社 東京新報社 概要
■代表者
伊達 良則
■業務内容
・新聞『東京新報』の発行(月2回)
・書籍の発行等、出版事業等
※出版実績
『東京改造元年・その透視図―21世紀の国際都市に向けて華麗なる変身』
(1988年、ISBN: 4306071642)
■連絡先
101-0051
東京都千代田区
神田神保町2-4 印章会館4階
(地下鉄神保町駅A2出口徒歩1分)
[MAP link]
電話 03-3262-2462
FAX 03-3234-7609

■関連会社
株式会社 時事ジャーナル
(札幌市中央区=情報誌発行)

2006/5/7現在
Counter