東京散歩    洗 足 池 公 園
  

  トップページヘ

東急池上線洗足池駅を出て目の前の中原街道を横断すると洗足池公園です。 公園について、 池のほとりにある大田区の案内には、次ぎのとおり書かれています。
区指定名勝 洗足池
洗足池は、 武蔵野台地の末端の湧水をせきとめた池で、 昔は千束郷の大池と呼ばれ、灌漑用水としても利用されました
 池畔の風景は優れ、 江戸時代には、初代広重の浮世絵「名所江戸百景」に描かれるなど、江戸近郊における景勝地として知られていました。  昭和3年(1928)に池上線が開通すると、公園として整備され、 同5年には風致地区として指定されました。
面積は、 周辺を含めると約67,000u、 水面の広さは約40,000uです。 日蓮が足を洗ったので洗足池というとか、袈裟をかけたといわれる袈裟掛けの松のある御松庵など、日蓮にまつわる伝承も残されています。  また池畔には この地を愛した勝海舟の墓や西郷隆盛(南州)の留魂祠・詩碑などがあります。
池の西北部一帯は桜山と称し、桜の名所で、 区内有数の景観に富むところとして貴重です。
        昭和50年3月19日指定     大田区教育委員会

下の写真は、 池の東側の出入口です。 右下は、 冒頭の説明が載っている池のほとりにある案内板です。      
 
公園入口 公園案内板

中原街道に面した池の南側にレストラン、 ボート乗り場があります。 ボートはなかなかの人気で、 家族連れやカップルで賑わっていました。案内にしたがって、 池の西側から一巡りして見ました。
      
ボート乗り場 洗足池

左下の写真は、 池の西側から見た風景で前方にボート乗り場・レストランのある建物が見えます。 歩いて行くと三連太鼓の形の池月橋が池に架かっています。
       
西側から見た洗足池 池月橋

橋の近くに、千束八幡神社があります。 鳥居の傍らに「池月発祥伝説の由来」の説明板があって、 神社と名馬池月について記載されています。左下が千束八幡神社、少し離れた場所に右下の名馬池月の銅像があります。

千束八幡神社 名馬「池月」の銅像

池月の銅像を過ぎると、 弁財天が祭られている池の中の小島弁天島があ ります(左下の写真)。 右下は、 公園北側の奥にあるさくら山です。 春には桜の名所として賑わいます。

弁財天 サクラ山

公園の池の北側には水生植物園があり 、 左下の写真のような木橋を歩きながら育成されている水生植物を見ることが出来ます。       
 
水生植物園 池畔の遊歩道

池の東側には、この池を愛した勝海舟夫妻の墓、勝海舟が尊敬した西郷隆盛の死を悼んで建てた留魂詩碑があります 左下の写真は、 東側にある池に面した広場で、子供用遊具などもあります。
公園を出たところに右下の写真の妙福寺があります。 ここには弘安5年(1282)9月日蓮上人が、 身延山から常陸国(茨城県)に湯治に向かう途中、 ここ千束池で休息し傍らの松に袈裟を掛け池の水で足を洗ったとの伝えから「袈裟掛けの松」と称される松が境内にあります。 なお、 現在のは3代目と言われています。また、この故事から千束池を洗足池と称するようになったと言われています。    
           
子供遊具のある広場 妙福寺門前

      
         所   在   地    大田区南千束2−14−5         
         問 合 せ 先    洗足公園詰所                      
                     TEL03−3726−2427                           
          交      通      東急池上線洗足池                                        
          撮  影  日      2003.10.19                                          
                                                                                                

    トップページヘ  庭園・公園トップページへ 地図へのリンク                  


§ご意見・ご感想を kunio.suzukim@nifty.com へお気軽にお寄せ下さい§

∽∽  このホームページ上の写真は、掲載者が撮影したものです  ∽∽