東京散歩   お と め 山 公 園
  

  トップページヘ

公園のあるこの辺り一帯は、 江戸時代おとめ山と呼んでいました。 将軍家の狩猟地で、 立ち入り禁止の意味の御留山から起こった名と云われています。
明治以降は、おとめ山を東西に分けて東側を近衛家、 西側を相馬家が所有しました。 相馬家は林泉園と称して庭園として利用、 庭内は池泉を中心とした回遊式で、大正3年(1914)長岡半平が築造し、現在一部が公園に残っているとのことです。 その後、分譲され、第二次大戦後は大蔵省が所有していましたが
放置により荒れ果てていたものを、地元の文化人らが大蔵省に陳情した結果、 公園として整備されるこ とになり 、 昭和44年(1069)に 新宿区立おとめ山公園として開園しました。
公園の面積は約15,000u、 狭い道を挟んで東側と西側に分かれており、 園内は武蔵野の面影を残した自然林に囲まれて、湧水がせせらぎとなって流れています。

左下の写真は、西側の入口です。 道を挟んで、反対側が右下の写真の案内がある東側で、柵の下の方へ降りていきます。
         
西側入口 東側入口横にある公園標識

左下の写真は西側にある公園案内、右は管理棟です。園内には、湧水を利用したホタルとトンボの飼育施設があります。
      
公園案内 管理棟

下の写真は、 東側の園内です。 入口から階段状の道を降りると弁天池と名付けられた池と四阿(あずまや)があり、 池には大きな鯉、亀などが泳いでいます。 カルガモもおります。 四阿の上の方には、 小さいですが子供の広場があります。         

      
弁天池 弁天池と四阿

湧水は、 暗渠を通って東側の弁天池にも流れています。 左下の写真は、 岩間から弁天池に注いでいる流れです。 西側に入り、 自然林の中の道を歩きます。
           
岩間からの流水 西側園内林道

右上の写真で、左への道を下ると左下写真の道に出ます。  道の脇の流れに沿って行くと、子供達が池の近くでザリガニ捕りをしていました。 流れの幅が拡がったところに池(中の池、上の池)があります。
      
道脇の流れ 中の池近くでザリガニ捕り

池には橋が架かっています。 橋を渡って園内を南の方へ行くと、 右下の写真の林間広場があります。 四阿の傍に「おとめ山の自然を守る会」の人達が建てたおとめ山讃歌の記念碑があります。
 おとめ山讃歌
  山を上れば 林間広場    緑を縫っ て 小鳥とぶ
  山を下れば 泉の広場    谷の襞から 清水わく
  野鳥の森の 歌声響き    弁天池には カモ遊ぶ
  先人遺せし  おとめ山    遥か未来へ 伝えたい
     平成十一年(1999)十月
                         おとめ山の自然を守る会
            
池に架かる橋 林間広場と四阿

林間広場から南東の方に、左下の写真の見晴し台があります。 周囲の樹木 が伸びていて眺望はいまいちでした。林間広場の北西側樹林帯が野鳥の森、その先に泉の広場があります。

                      
展望広場 樹木が生い茂る林道
      

          所  在  地    新宿区下落合2−10
          問 合 せ 先    西部道路公園管理事務所
                    新宿区下落合1−9−8
                    TEL03−3364−2421                                                         
          交      通     東京メトロ東西線・西武新宿線高田馬場、
                     JR山手線高田馬場・目白
         撮  影  日    2003.7.18
                     
                     

                                                                                                                 

トップページヘ  庭園・公園トップページへ 地図へのリンク                   


§ご意見・ご感想を kunio.suzukim@nifty.com へお気軽にお寄せ下さい§

∽∽  このホームページ上の写真は、掲載者が撮影したものです  ∽∽