◆2016年度・釣行リポート         Top  クラブ紹介  会員紹介  釣行予定  釣果記録  アルバム  リンク集  磯釣(渡船・船宿)情報

  2010年度・釣行リポート

  2011年度・釣行リポート

  2012年度・釣行リポート

  2013年度・釣行リポート

  2014年度・釣行リポート

  2015年度・釣行リポート

日程

場所・渡船・釣宿

潮時

水温

参加

釣行内容

12月4日(日)

 神津島・平段カド

 渡船:賀寿丸(萬作丸)

中潮

満潮 8:38

干潮 13:56

19.1℃ 澄み

3名

 賀寿丸は予定通り銭洲へ行くことになったので、萬作丸で神津島へ向かった。

 平段カドで石鯛を狙ったが、ワサが遊んでくれただけでした。

 銭洲では良型が釣れており、賀寿石鯛クラブの奥田氏が6.9kを仕留めていました。

奥田氏が釣ったクチジロ6.9k

11月20日(日)

 下田・沖横根

 渡船:ひがし丸

 菖蒲沢

 渡船:千代丸

中潮

満潮 9:47

干潮 15:01

21.1℃ 澄み

6名

 下田で石鯛とクエ、菖蒲沢で石鯛を狙いましたが、何れも撃沈でした。

一方、地方の田牛・大根では5kオーバーの石鯛が2枚出ていました。

やはり秋磯は地方ですよね〜

大根で釣れた石鯛

10月16日(日)

 南伊豆・中木

 渡船:武丸

満潮  4:55

干潮 11:06

24.7℃ 澄み

4名

 カツオ島で石鯛、平島でクエを狙いました。

カツオ島の潮は上りから速い下りに変り、水温も高く餌取りは多いが、本命は出ませんでした。

平島は潮が殆ど動かずウツボのみでした。

7月16日(土)

7月17日(日)

 神津島・オネモ

 渡船:賀寿丸

中潮

干潮  9:00

満潮 16:08

 

大潮

干潮 21:07 →

満潮  2:35

 

20.3℃ 濁り

5

 神津島へクエ・石鯛狙いで夜釣り釣行しました。

16日(土)午前10時下田を出港し11時半にオネモへ渡磯、翌17日(日)午前7時の磯上がりまで約20時間磯釣りを楽しみました。
恒例のBBQも堪能し、さながら磯のキャンプです。
本命のクエと石鯛は撃沈しましたが、餌釣りを兼ねた上物釣りではイサキや集魚灯効果なのか大型のサバ(40〜50Cm級)が目の前を回遊し、入れ食い状態となって魚の引きを存分に楽しみました。
潮は終日速いニッチョ(三宅島からの潮)です。(つまり、オネモは潮裏)

ブルーシートで日陰を作り暑さ対策

竿が入ったがサメでした(>_<)

BBQはフランクフルトが好評だった

6月12日(日)

 三宅島

 渡船:成栄丸

 釣宿:民宿おふくろ

小潮

満潮 9:27

干潮 16:08

21℃ 澄み

6

 マカド根と文蔵根に分かれて石鯛を狙いました。
朝は三宅島本島からの緩い潮で、のち神津島方向からの潮に変わりました。
各磯でワサが数枚釣れましたが、大判石鯛は出ませんでした。
この日は潮が緩かったのでイシガキフグが多く釣れ、60Cm級の大物も釣れました(^^;


また、この日は三宅島でJGFA主催の第13回石鯛キャッチ&リリース大会が開催されており、優勝魚は49Cmのイシガキダイだったようです。

文蔵根の1匹目はオバQ(イシガキフグ)

文蔵根のワサ(イシガキダイ)

マカド根・本場のワサ

5月29日(日)

 神津島

 渡船:賀寿丸

小潮

干潮 4:30

満潮 9:34

20.3澄み

5名

 神津島で開催された第一回関東モロコ大会に参加しました。(一部の会員は石鯛で参加)

神津島前浜から出港したのは賀寿丸1隻で、他船(吉朗平丸・海央丸・長佐丸・萬作丸・・・)は多幸から出港しました。

水温が高く、恩馳群礁にはサメがいるとのことでタダナエ方面を攻める船が多かった。

ジロ八で石鯛、ヒラッタイとカツオアサラでクエ(モロコ)を狙いました。

朝のうちは上り潮(北東からの潮)で、ジロ八では本島方向からの潮が流れ、石物が好調でした。

3kg55Cmの石鯛を頭にワサ数枚と良型アカハタが釣れました。

また、カツオアサラでもクエ狙いの合間に石鯛竿を出しワサが数枚釣れました。

一方、大会の対象魚であるクエはウツボが釣れただけで不発に終わりました。

 

モロコ大会としては、恩馳・平根で34kg120Cmの大物が釣れ、大会を盛り上げてくれました。

ジロ八で釣れた石鯛。

ジロ八で釣れたワサ(石垣鯛)。

カツオアサラでクエを狙ったが・・・

平根で仕留められたクエ34kg120Cm

5月15日(日)

 神子元島・アンドロ

 渡船:三軒屋

小潮

満潮 11:41

18.5℃ 澄み

4名

 今月も神子元島でイシダイ、クエを狙いました。

前日の土曜日は、ほど良い下りの潮が流れイシダイも10枚ほど釣れていたので期待も高かったが、この日は殆ど潮が動かず外道のウツボが釣れただけで〜す。(TT)

神子元島は相性が悪いなぁ〜

4月24日(日)

 神子元島

 渡船:三軒屋

 

大潮

満潮 05:29

18℃ 澄み

6名

 イシダイ、クエ、メジナ狙いで神子元を攻めた。

潮流は8時頃まで上りやや速くのち下りの激流になる。
早朝は潮が高くカメ根が被っていたので、全員でカリトの鼻へ降りることにした。
クエ狙いは待機し、イシダイとメジナ狙いが竿を出したが小さなウツボとイサキが釣れただけでした。
9時頃に会長を除く全員でカメ根に渡礁、会長は本場3号へ移動する。
ほどなくしてナライが強くなり海上も荒れてきたので、10時頃カメ根から本場へ撤収する。(>_<)
14時の磯上がりまで竿を出すが、会長の青ブダイ(3k級・リリース)以外の釣果はありませんでした。

 

3月27日(日)

 神津島

 渡船:賀寿丸

 

中潮

満潮 06:52

19℃ 澄み

3名

 昨年に続き今年も神津島スタートです。

今年はこの時期で既に水温が高く魚の活性も高いので恩馳群礁を狙いたかったが、当日はナライが強くのち東向きになる予報であったため、タダナエ島の風裏になるポイントを攻めることにした。

潮流は午前中が西からガンガンの激流で午後は東からやや速い流れでした。

オネモでクエとイシダイを狙うが不発、長根向かいでは朝一でメジナ43cmが釣れたが、その後は型の良いイサキが入れ食いになりました。