next up previous [HOME in Japanese]
Next: 興味を持っている分野の論文リスト Up: Contents of my Homepage Previous: HOME in Japanese

Subsections


最近の活動

このページは今後更新されません。もしよければ http://fiberfuse.info/authorsrecent/jp/activities.html にお進みください。 2013/02/11 轟 眞市

Counter5

(February 11, 2013更新)


ファイバフューズ

【百字解説】光によって光ファイバが長距離に渡って 破壊される現象。数Wの光が流れている回線中のある一点が加熱 されると、そこに突然輝点が発生し、光源方向に移動していく。輝点が通った 後の光ファイバはもはや光を通さない。→映像集および論文リスト参照。
  1. 轟 眞市:``ファイバフューズ:光通信にとっての眠れる悪魔'', オプトロニクス, 31, 4, pp. 195-200 (2012).
    (連載: 光通信の基礎 ー原点を見直し、将来を考えるー 第16回).
    DigLib Homepage

  2. S. Todoroki: ``Partially self-pumped fiber fuse propagation through a white tight-buffered single-mode optical fiber'', Proceedings of Optical Fiber Communication/National Fiber Optic Engineers Conference (2012).
    (OTh4I.4).
    Download Homepage

  3. S. Todoroki: ``Fiber fuse propagation behavior'', Selected Topics on Optical Fiber Technology (Eds. by Y. Moh, S. W. Harun and H. Arof), InTech, Croatia, chapter 20, pp. 551-570 (2012).
    (ISBN 978-953-51-0091-1).
    OnlineJournal GoogleBooks Errata 

  4. 轟 眞市:``ファイバフューズの伝搬挙動''.
    (著者訳: S. Todoroki: ``Fiber fuse propagation behavior'', Selected Topics on Optical Fiber Technology (Eds. by Y. Moh, S. W. Harun and H. Arof), InTech, Croatia, chapter 20, pp. 551-570 (2012).ISBN 978-953-51-0091-1).
    DigLib

  5. S. Todoroki: ``Threshold power reduction of fiber fuse propagation through a white tight-buffered single-mode optical fiber'', IEICE Electronics Express, 8, 23, pp. 1978-1982 (2011).
    OnlineJournal

  6. 轟 眞市:``白色タイトバッファ付き単一モード光ファイバにおけるファイバ フューズ伝搬しきい値の減少'' (2011).
    (IEICE Electronics Express, 8 [23] pp.1978-1982 (2011)の著者訳).
    DigLib Homepage


研究生活のためのインフォマティクス

【百字解説】研究生活を通じて取り扱う情報量は日々増大しており、効率的で持続可能な管理手法が必要となっている。大学院生時代から薫陶を受け続けているフリーソフトウエア文化を基礎とした実戦的なノウハウをまとめた。
  1. 轟 眞市, 小西 智也:``BibTeXを基にした研究者のための原稿執筆支援システム'' (2010).
    The Asian Journal of TeX, 4 [2] pp.121-128 (2010) の和訳 (http://ajt.ktug.kr/2010/0402todoroki_konishi_j.pdf).
    DigLib Download Homepage 会議 

  2. 轟 眞市:``手元に溢れる情報を如何に管理するか?--研究生活のためのインフォマティクス'', セラミックス, 45, 9, pp. 749-753 (2010).
    DigLib Homepage

  3. 轟 眞市, 小西 智也, 井上 悟:``ブログを基にした実験ノート: 個人の研究活動を効率化する情報環境'', Appl. Surface Sci., 252, 7, pp. 2640-2645 (2006).
    (in English).
    OnlineJournal DigLib iPaper Diglib(和) Blog上でのコメント 和訳

  4. S. Todoroki: ``Blog-based research notebook for personal knowledge management and bottom-up knowledge sharing'' (2005).
    CoSMIC-NIST workshop (Data Driven Material Research).
    DigLib


セルフアーカイビングのすすめ

【百字解説】研究生活を通じて生産される電子ファイル(文書、動画、etc..)を可能な限り公開する活動の実践例を紹介する。動画や画像の公開は、成果物への敷居を下げ、興味を持った視聴者が関連文書に誘導されていく。
  1. 轟 眞市:``研究者のアウトリーチ活動としてのセルフアーカイビング'', 情報管理, 55, 2, pp. 79-86 (2012).
    OnlineJournal

  2. 轟 眞市:``研究者のアウトリーチ活動としてのセルフアーカイビング'', 第4回SPARC Japanセミナー2011「学術情報流通の未来を切り開く―電子ジャーナルの危機とオープンアクセス―」 (2012).
    DigLib Homepage Blog記事 

  3. 轟 眞市:``オープンアクセス:研究者の立場から'', オープンアクセス講演会 at NAIST (2011).
    DigLib Homepage Video 


セレンディピティ論

【百字解説】現役プレーヤーの声で、マイナーではあるが新鮮な事例で語るセ レンディピティ論。偶然を拾うには、好きなことに対し人並以上 に手を動かし、常に人を動かすプレゼンテーションを心掛ける ことがコツ。
  1. S. Todoroki: ``Make the best use of your serendipity by inspiring your audience''.
    (Translated from OYO BUTURI, 78 [7] pp.668-671, 2009.).
    DigLib iPaper Homepage

  2. 轟 眞市:``偶然を呼び寄せてセレンディピティを発揮するには'', 応用物理, 78, 7, pp. 668-671 (2009).
    DigLib iPaper Homepage Blog上でのコメント 英訳 

  3. S. Todoroki: ``Chance favors the prepared mind'' (2009).
    (Translated from a short essay for non-science oriented readers describing author's serendipitous research on optical fibers and the lessens learnt.).
    DigLib iPaper

  4. 轟 眞市:``セレンディピティを高めるプレゼンテーション技術(連載全6回)'', 工業材料, 55, 8-翌3月号 (2007-2008).
    DigLib iPaper Homepage

  5. S. Todoroki: ``Two serendipitous episodes -- How I embarked on fiber fuse research'' (2007).
    (Translated from two articles; Electric Glass, 35, pp. 14-18, 2006 and Engineering Materials, 55 [4], pp. 97-101, 2007).
    DigLib iPaper Comments@Blog 

  6. 轟 眞市:``セレンディピティの磨き方―ファイバフューズ研究に至った縁と偶然 (連載全3回)'', 工業材料, 55, 2-4月号 (2007).
    DigLib iPaper Homepage


プレゼンテーション技術

【百字解説】解かり易いプレゼンテーションを行なうには、「適切な型」に則っ た上で「推敲/練習を重ねる」ことが必要である。多忙な中でこの作業に必要 な時間を捻出するための、筆者のパソコン活用法 を紹介する。
  1. 轟 眞市:``定番プレゼンソフトを越えて: 聴衆に配慮したスライドをLaTeXとスクリプト言語で作成した例の報告'' (2009).
    The Asian Journal of TeX, 3 [2] pp.109-118 (2009) の和訳.
    DigLib iPaper Download Homepage

  2. 轟 眞市:``プレゼン修行拾遺録(連載全6回)'' (2009).
    DigLib iPaper Homepage

  3. 轟 眞市:``セレンディピティを高めるプレゼンテーション技術(連載全6回)'', 工業材料, 55, 8-翌3月号 (2007-2008).
    DigLib iPaper Homepage

  4. 轟 眞市:``プレゼンテーション技術'', (東京理科大学基礎工学部材料工学科講義、2005年より).
    Homepage

  5. 轟 眞市:``プレゼンテーションと情報管理'' (2004).
    DigLib iPaper Blog上でのコメント 


光ヒューズ

【百字解説】光ファイバ回線に過剰な光が通ると自律的に 回線を切断するデバイス。電気製品に取り付けられたヒューズ と同様、過剰入力による事故から光システムを守る。低軟化点ガラスを用いた 熱動作型素子を提案している。→映像集参照。
  1. 轟 眞市:``光ヒューズ特許査定顛末記―初めて特許を書く人のために(連載全3回)'', 工業材料, 56, 5-7月号 (2008).
    DigLib iPaper Homepage

  2. 轟 眞市:``セレンディピティの磨き方―ファイバフューズ研究に至った縁と偶然 (1) 光ヒューズの開発―偶然は手を動かして掴むもの'', 工業材料, 55, 2, pp. 92-95 (2007).
    DigLib Homepage

  3. S. Todoroki: ``Optical fuse and component for fabricating optical fuse'', US Patent No.7403684.
    (Issued: Jul. 22, 2008, Filed: May 9, 2006).
    Download

  4. 轟 眞市:``光ヒューズおよび光ヒューズ作製用部品'', 特許3870270号.
    (出願: 平15.11.18、登録: 平18.10.27).
    Homepage

  5. S. Todoroki: ``Heat-induced breakage of an optical circuit at a TeO$_2$ glass bridge linking silica glass fibers'', J. Ceram. Soc. Jpn., 114, 8, pp. 709-712 (2006).
    OnlineJournal DigLib

  6. S. Todoroki and S. Inoue: ``Optical fuse by carbon-coated TeO$_2$ glass segment inserted in silica glass optical fiber circuit (express letter)'', Jpn. J. Appl. Phys., 43, 2B, pp. L256-L257 (2004).
    OnlineJournal DigLib


低軟化点ガラスによるファイバ融着

【百字解説】上記光ヒューズを作製するのに用いた技術。2本の光ファイバの 端面間に低軟化点ガラス融液をからめ取り、冷却固化する。熱的安定性の低く て光ファイバに加工できなかったガラスを光導波路の一部に 導入できる。→映像集参照。
  1. S. Todoroki and S. Inoue: ``Low loss optical coupling structure between two ends of silica glass optical fibers by inserting TeO$_2$ melt'', J. Non-Cryst. Solids, 328, pp. 237-240 (2003).
    OnlineJournal DigLib

  2. 轟 眞市, 井上 悟:``シリカガラス光ファイバ端面間にテルライトガラス融液を挿入して得た素子の挿入損失値とその要因解析'', 第43回ガラスおよびフォトニクス材料討論会講演要旨集, 神奈川県横浜市, pp. 118-119 (2002).
    (B-16).
    DigLib

  3. S. Todoroki, A. Nukui and S. Inoue: ``Formation of optical coupling structure between silica glass waveguides and molten tellurite glass droplet'', International Symposium on Photonic Glass (ISPG 2002) (Ed. by C. Zhu), Vol. 5061 of SPIE Proceedings, USA, SPIE, pp. 50-58 (2003).
    (ISBN0-8194-4867-2).
    OnlineJournal DigLib GoogleBooks

  4. S. Todoroki, A. Nukui and S. Inoue: ``Formation of optical coupling structure between two ends of silica glass optical fibers by inserting tellurite glass melt'', J. Ceram. Soc. Jpn., 110, 5, pp. 476-478 (2002).
    DigLib Download Homepage

  5. 轟 眞市, 貫井 昭彦, 井上 悟:``シリカガラスファイバへの低融点ガラスの融着とその光学的評価'', The 12th Meeting on Glasses for Photonics講演要旨集, 東京都新宿区, pp. 19-20 (2001).
    (10).
    DigLib


仮想試料ライブラリ

【百字解説】複数の試料に対し複数の物性評価を行なうと、得られるデータは 多次元となるが、その規模が大きくなると、従来の手作業による解析が困難に なる。多次元データを直観的に管理するための解決法を提案す る。
  1. S. Todoroki: ``Object-oriented virtual sample library: a container of multi-dimensional data for acquisition, visualization and sharing'', Meas. Sci. Technol., 16, 1, pp. 285-291 (2005).
    OnlineJournal DigLib

  2. 轟 眞市:``仮想試料ライブラリによる多次元データ管理'', コンビナトリアルテクノロジー―明日を開く’もの作り’の新世界 (鯉沼 秀臣, 川崎 雅司(編)), 丸善, 東京, 第7.2章, pp. 195-202 (2004).
    (ISBN4-621-07447-4).
    DigLib GoogleBooks

  3. S. Todoroki and S. Inoue: ``Management of combinatorially acquired multi-dimensional data through object-oriented virtual sample library'', Combinatorial and Artificial Intelligence Methods in Material Science II (Eds. by R. A. Potyrailo, Q. Wang, T. Chikyow and A. Karim), Vol. 804 of Material Research Society Symposium Proceedings, Pennsylvania, USA, Material Research Society, pp. 327-332 (2004).
    (JJ6.7, ISBN1-55899-742-3).
    DigLib GoogleBooks

  4. S. Todoroki and S. Inoue: ``Multi-dimensional data management by virtual sample library written in object-oriented script language Ruby'', Transactions of the Materials Research Society of Japan, 29, 1, pp. 293-296 (2004).
    (Proceedings of The 8th IUMRS International Conference on Advanced Materials, Oct. 2003, Yokohama, Japan, A3-13-O09).
    DigLib Homepage


講義・講演

最近招待された分を列挙します。
  1. S. Todoroki: ``Partially self-pumped fiber fuse propagation through a white tight-buffered single-mode optical fiber'', Proceedings of Optical Fiber Communication/National Fiber Optic Engineers Conference (2012).
    (OTh4I.4).
    Download Homepage

  2. 轟 眞市:``研究者のアウトリーチ活動としてのセルフアーカイビング'', 第4回SPARC Japanセミナー2011「学術情報流通の未来を切り開く―電子ジャーナルの危機とオープンアクセス―」 (2012).
    DigLib Homepage Blog記事 

  3. 轟 眞市:``研究者のアウトリーチ活動としてのセルフアーカイビング'', 第3回SPARC Japanセミナー2011「学術情報流通の新たな展開―研究者・学会とオープンアクセス―」 (2012).
    Homepage 紹介記事 

  4. 轟 眞市:``オープンアクセス:研究者の立場から'', オープンアクセス講演会 at NAIST (2011).
    DigLib Homepage Video 

  5. 轟 眞市:``与えよ、さらば求められん: セルフアーカイビングによる成果発信非局在化のすすめ'', ランダム系フォトエレクトロニクス研究会研究懇談会 (2010).
    DigLib Homepage

  6. 轟 眞市:``ファイバフューズの伝搬挙動'', 電子情報通信学会2010年ソサイエティ大会, 第B巻, 大阪府堺市 (2010).
    (シンポジウム: 光ファイバのハイパワー化に関する技術動向 BS-6).
    DigLib Homepage

  7. S. Todoroki: ``Light and voids of fiber fuse: precise comparison of in situ image and fused fibers'', 19th International Laser Physics Workshop: Book of Abstracts, Foz do Iguaçu, Brazil, p. 463 (2010).
    (9.3.3).
    Homepage


軽い読み物

学会誌等に寄稿したコラムの中からいくつか選んで再掲します。
  1. 轟 眞市:``捨てる神あれば拾う神あり'', マテリアルインテグレーション, 25, 5, pp. 56-58 (2012).
    iPaper Homepage

  2. 轟 眞市:``セラミックスの笛'', マテリアルインテグレーション, 24, 1, pp. 55-56 (2011).
    iPaper Homepage

  3. 轟 眞市:``共鳴する身体'', マテリアルインテグレーション, 23, 11, pp. 62-63 (2010).
    iPaper Homepage

  4. 轟 眞市:``フットワークの軽い身体'', マテリアルインテグレーション, 23, 10, pp. 78-79 (2010).
    iPaper Homepage

  5. 轟 眞市:``微笑をたたえ得る身体'', マテリアルインテグレーション, 23, 9, pp. 67-68 (2010).
    iPaper Homepage

  6. 轟 眞市:``至福の豆ごはん'', マテリアルインテグレーション, 23, 8, pp. 79-80 (2010).
    iPaper Homepage

  7. 轟 眞市:``一合めし小鍋炊きの熱工学'', マテリアルインテグレーション, 23, 7, pp. 78-79 (2010).
    iPaper Homepage

  8. 轟 眞市:``博士が愛した鍋'', マテリアルインテグレーション, 23, 6, pp. 91-92 (2010).
    iPaper Homepage 英訳 

  9. 轟 眞市:``フリーソフトウエアが学術論文の読者像をあぶり出す'', マテリアルインテグレーション, 23, 4, pp. 118-119 (2010).
    DigLib Homepage


next up previous [HOME in Japanese]
Next: 興味を持っている分野の論文リスト Up: Contents of my Homepage Previous: HOME in Japanese
Compiled by the aid of LaTeX2e, BIBTeX, LaTeX2HTML & Ruby.
TODOROKI Shin-ichi, Feb 11, 2013