興川丸の船歴

 年 月 日:船歴

18.03.05:起工 18.08.01:進水、命名:興川丸 18.10.31:竣工
18.--.--:第26次海軍指定船 18.11.10:門司〜11.14馬公
18.12.27:徴傭 18.12.28:神戸〜12.29門司 18.12.29:メタノール、クローム酸加里、郵便物積載、便乗者乗船 18.12.30:門司〜01.04高雄
19.01.01:入籍:内令第16号:特設運送船(給油船)、呉鎮守府所管
19.01.01:戦時編制:海軍省配属、呉鎮守府所属、特設運送船(乙) 19.01.--:郵便物揚陸、便乗者退船 19.01.--:トラック、ドラム缶、機密図書、普通揮発油、航空揮発油積載、人員乗船 19.01.06:(臨時M船団)高雄〜01.09マニラ01.10〜01.13タラカン01.14〜01.15バリックパパン〜      〜01.26昭南 19.01.--:普通揮発油積載 19.02.02:(ヒ38船団)昭南〜02.08高雄02.09〜徳山〜02.13門司〜      〜02.14大阪〜02.25高雄 19.02.28:高雄〜マニラ〜タラカン〜バリックパパン〜03.30高雄 19.04.01:聯合艦隊所属 19.04.01:高雄〜04.02馬公04.04〜04.07有川04.08〜04.08佐世保 19.04.08:重油揚陸 19.04.14:船体修理作業       二十五粍二聯装機銃2基、仮称吊下式一型水中聴音機装備       機銃弾薬その他附属具搭載 19.04.19:便乗者267名乗船 19.04.20:船体修理完了 19.04.20:佐世保〜 19.04.20:対潜戦闘:短二十糎砲4発発射〜      〜04.22舟山叢島04.26〜04.28高雄04.29〜05.01マニラ 19.05.04:マニラ〜05.04コレヒドール 19.05.05:便乗者252名退船 19.05.05:軍隊区分:聯合艦隊電令作第75号:聯合艦隊附属第一機動艦隊附属 19.05.05:コレヒドール〜05.10バリックパパン 19.05.10:便乗者16名退船 19.05.11:重油搭載(05.12まで) 19.05.15:バリックパパン〜05.18タウイタウイ 19.05.18:艦隊燃料補給(05.22まで) 19.05.23:タウイタウイ〜05.26パラオ 19.05.26:護衛艦に燃料補給 19.05.29:重油揚陸(05.30まで) 19.06.01:パラオ〜06.08バリックパパン 19.06.09:重油搭載(06.10まで) 19.06.10:爆雷2個搭載 19.06.14:バリックパパン〜06.18カナル湾06.21〜 19.06.22:特設運送船旭邦丸」故障のため曳航準備〜 19.06.22:敵潜出没の虞あるため曳航打切り、1400 カブガオ湾に退避 19.06.23:0600 カブガオ湾〜 19.06.23:0840 アルベー湾入口にて特設運送船「旭邦丸」曳航開始〜1820 曳航終了〜      〜06.23レガスピー06.24〜07.02呉 19.07.03:船体機関修理       二十五粍二聯装機銃4基、同単装機銃4基増設       機銃弾薬その他附属具搭載       曳航補給装置増設 19.07.16:修理工事完了 19.07.16:便乗者157名乗船 19.07.17:呉〜07.23マニラ 19.07.23:便乗者90名退船 19.07.27:(日榮丸船団)マニラ〜08.01昭南 19.08.01:給油船(甲)に変更 19.08.04:便乗者67名退船 19.08.06:昭南〜08.06リンガ泊地 19.08.07:曳航補給訓練 19.08.08:曳航補給訓練 19.08.09:二十五粍機銃射撃訓練 19.08.09:リンガ泊地〜08.09昭南 19.08.10:(日榮丸船団)昭南〜08.11船団から分離〜08.13昭南 19.09.03:重油搭載(09.05まで) 19.09.06:一号重油12,155t、爆弾及び航空資材100t搭載、便乗者50名乗船 19.09.06:昭南〜09.08ミリ09.09〜09.09ブルネイパパン09.10〜09.11クラシアン湾09.12〜      〜09.12ボアヤン09.19〜09.19タランプラン島09.20〜09.20マニラ 19.09.21:0830 駆逐艦「皐月」に燃料補給      0900 対空戦闘、燃料補給中止      1508 対空戦闘      1515 至近弾5発により外板小破、重油流出      1545 左舷中央に直撃弾1発、甲板小破 19.09.21:便乗者50名退船 19.09.21:2200 マニラ〜09.22コロン湾 19.09.24:0900 対空戦闘      0915 左舷後部外板水線部に直撃弾1発、重油流出      0918 機械室、缶室に直撃弾1各1発、重油引火、炎上      0920 船尾沈下開始      0930 擱坐      1045「第三十號」駆潜艇に移乗
19.09.24:擱坐 19.11.10:除籍:内令第1258号 19.11.10:解傭
喪失場所:N12.01-E119.58 コロン湾 喪失原因:米第38機動部隊艦載機による空爆

同型船

 (1TL型戦時標準船)
 旭邦丸、二洋丸、あづさ丸東亞丸八紘丸、第二八紘丸、たかね丸橋立丸しまね丸多度津丸大瀧山丸大橋丸大邱丸南邦丸一心丸良榮丸あまつ丸、旭榮丸、みりい丸大峯山丸C洋丸日邦丸

兵装

 短二十糎砲1門、爆雷

(19.04.20)
 短二十糎砲1門、二十五粍二聯装機銃2基、爆雷、仮称吊下式一型水中聴音機1基

(19.07.16)
 短二十糎砲1門、二十五粍二聯装機銃6基、同単装機銃4基、爆雷、仮称吊下式一型水中聴音機

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 2001年7月号「日本商船隊の懐古 No.264」山田早苗

前の船へ ← 特設運送船(給油船) → 次の船へ

Homeへ戻る