政治家に弱いNHK

TOPページヘ

平成18年の8月に青山貞一氏のブログに関する記事がネット上に書き込まれた。
そこには吉川ひろし千葉県議のNHKとのやりとりが記述されていた。
このアンケートに関しては情報公開において開示対象外になることを管理人は承知していたがあえて開示の求めを提出してみた。
電話一本でFAXを流せるのであれば当然、正式書類でも開示しなければ辻褄が合わないからである。

結果は対象外文書ということで返答をいただいた。

県議に電話一本で公開できるなら情報公開で対象外にしておく意味は全くない。
政治家と一般人で態度が違うようなら受信料は必要ない。

青山貞一氏のブログ
http://blog.livedoor.jp/aoyama211111/archives/50563774.html



開示の求めでは対象外であったので、さらに
「情報公開制度の対象外文書を千葉県議に公表した根拠または規定」
を情報公開請求した。

その結果、開示となったので下記に公開する。

二重規準といわざるを得ないお粗末さである。
視聴者との結びつきを根拠にするならその根拠を情報公開にも適用すべきであって、別々の規準をそのまま残しておくべきではない。