不開示になった文書

TOPページへ

不開示になった文書2へ

はじめに

ここには「開示の求め」で不開示の決定が下された物、再検討を要請して審議中の物あるいは再検討の末結局不開示にされたもので、公開して皆様の目に止めていただいた方がよいと判断した物につき公開することにした物です。



不正経理告発の職員の処分理由














NHKの退職後に関連会社に雇用された人の雇用履歴一覧(過去10年分)および退職金













番組に苦情をつけた視聴者の受信料を免除した件

現在、再検討を提出中
管理人はこれを開示しない方が隠蔽体質であると考えています。








国会議員を身内に持つ職員一覧
受信料は政治家より圧力を加えられないようにするためにできた制度です。
例え少しでも圧力を加えられる原因を作らないように心がけるのは当然ではないだろうか?
それができないような公共放送などあり得ない。













子会社へ委託している仕事を民間と比較した場合の記録

ないそうです。
ビデオやdvd制作も特殊ですか?








カラ出張で約1762万円不正受給したとして懲戒解雇された元職員の弁済記録
現在再検討提出済み→一部開示

そんな簡単に返せるはずのない金額ですがあっさり返却されています。
何故でしょうか?
退職金ですか?分割ですか?いずれにしても説明責任はあるでしょう。
協会の言い分として個人情報と言うことですが違うでしょ?
おまけに事業活動に支障を及ぼすかもしれない?そんな分けないでしょ!