独語=ひとりごと

君看よ双眼の色

いい言葉を知った。いや、言葉といふより、言葉と言葉の連理の力と言った方がいいかも知れない。

千峯雨霽露光冷(せんぽうあめはれて、ろこうすさまじ)
君看双眼色(きみみよそうがんのいろ)
不語似無憂(かたらざればうれいなきににたり)

これは大燈国師の句(千峯…)に白隠禅師が下(君看…)をつけたものだ。

良寛和尚が愛した句として(あるいは書として)あまりにも有名なのだが、私は長い間上の句を知らないばかりに下の句の意味を勘違ひしてゐた。インターネットで検索してもほとんどのサイトは日本風な、感傷的な解釈をしてゐる。私もさういふ解釈に感動を覚えたひとりだったのだが、改めて「君看」の句を連句(?)として見ると、そんなに単純な解釈では成り行かないといふ思ひが走った。

上の句は、見渡す限りの山々の一本一本の木々の葉が、今あがったばかりの雨の湿り気を帯びて爽やかに、涼やかに、静かな光を発してゐる、さういふ光景を詠ってゐる。山水画の光景だ。しかし、これは同時に禅のさとりの境地でもある。雨が降れば濡れる、霽れば光る。融通無碍の世界が詩的情緒を伴って示されてゐる。

白隠の句もやはりさとりの直証だ。双眼とは千峯のことだ。おほらかな世界が開かれてゐる。双眼はひとの眼ではない。宇宙全体が双眼だ。

不語は「語らざれば」と読みならはしてゐるが、むしろ、不語のままの方がいい。私は、「不語即ち無憂に似たり」、と読みたい。語ってゐないのではない、不語といふ語りをしてゐるのだ。千の峯々はさうやって昼も夜も語ってゐる。それを白隠は不語と読んだ。

憂ひ無きに似る、といふ句は実にあやしい句だ。誘惑に満ち満ちてゐる。本当は憂ひがあるのだが、何も語らないあなたはまるでそんな風には見えない、誰もがうっかりさう読んでしまふ。さうではないのだ。そんな風に日常世界のありやうを忖度した歌ではない。「憂ひ無し」と否定文に読むのではなく、「無憂」といふ絶対の肯定、つまり、至福そのままの姿に似てゐる、といふ風に読みたい、いや、読むべきだ。

似るといふのは禅の世界のとんでもないものの言ひ方で、道元禅師も「魚行いて魚に似たり」と素晴らしい直証をされてゐる。魚が魚に似るといふ時、主語の魚は我々の知ってゐるあの魚ではない。千峯を魚と言ってゐる。双眼を魚ととりあへず呼んでゐる。大いなるものがとりあへず魚のすがたをかりてこの世のあらゆる存在を和ませてゐるさまを「魚に似たり」と言ってゐるのだ。

「似無憂」も同様だ。似るとは大いなるものの働きそのものを指してゐる。大いなるものはあれ、これ、と指で指し示すことはできない。我々としては似てゐるさまを感受するのみだ。

辺り一面に拡がる千の峯々に双眼を見出す眼は、同時に人間の双眼に千の峯々を見出す。山に眼あり、人に山あり。

そんな風に読んでみると、ぞくぞくするような感動に見舞はれた。

独語へ戻る