覚えておきたいシェイクスピアのことば
・・・シェイクスピアの名台詞集・・・

これらの頁はあわてず、時間をかけて読んで下さい。シェイクスピアの知恵が埋まっています。


  1. 愛は時に仕える道化ではない。
    Love's not Time's fool.
  2. 恋は目ではなく心で見るもの。
    Love looks not with the eyes but with the mind.
  3. 人間はなんて美しいんでしょう。素晴らしい新世界
    How beauteous mankind is! O brave new world.
  4. 無からは何も生れぬ。もう一度言ってみよ。
    Nothing will come of nothing. Speak again.
  5. 人の一生は歩き回る影法師、哀れな役者にすぎない。
    Life's but a walking shadow, a poor player.
  6. 天と地よ、思い出せというのか?
    Heaven and earth,/Must I remember?
  7. 俺の心の眼にだ、ホレイショー。
    In my mind's eye, Horatio.
  8. 数の上では劣る我ら、だが幸せでは優る我ら、我ら兄弟の一団
    We few, we happy few, we band of brothers:
  9. どのように時代は過ぎても、我らの行なったこの崇高な場面は繰り返し演ぜられることであろう。
    How many ages hence /Shall this our lofty scene be acted over.
  10. 3月15日に気をつけよ。
    Beware the ides of March.
  11. 人間は泣きながらこの世に生まれてくる。阿呆ばかりの世に生まれたことを悲しんでな。
    When we are born we cry that we are come /To this great stage of fools.
  12. 不幸な時代の重荷は我々が負わねばならぬ。
    The weight of this sad time we must obey.
  13. なんてきれいに月明りがこの堤を照らしているんだろう。
    How sweet the moonlight sleeps upon this bank!
  14. ホレイショー、天と地の間にはお前の哲学では思いも寄らない出来事がまだまだあるぞ。
    There are more things in heaven and earth, Horatio /Than are dreamt of in your philosophy.
  15. 森には時計なんてないよ。
    There's no clock in the forest.
  16. 男ってやつは口説くときだけ春で、結婚したとたんに冬になっちまう。
    Men are April when they woo, December when they wed;
  17. きれいは穢な、穢なはきれい。
    Fair is foul, and foul is fair.
  18. 気疲れでもつれた心の糸をすっきりと解きほぐしてくれる安眠
    Sleep that knits up the ravelled sleave of care
  19. ああ、私の勘が当たってしまった!
    O my prophetic soul!
  20. 浮気心はどこに宿る?こころ、それとも、頭の中に?
    Tell me where is fancy bred,/Or in the heart, or in the head?
  21. 人間の眼は聞いたことがなく、人間の耳は見たことがない。
    The eye of man hath not heard, the ear of man hath not seen.
  22. 「時」は破産者だ。
    Time is a very bankrupt.
  23. 雨の本性は濡れること、火は燃えること、夜の一大原因は太陽が見えなくなること
    the property of rain is to wet and fire to burn; and that a great cause of night is lack of the sun.
  24. 名前が何なの?
    What's in a name?
  25. 天の力でなくてはと思うことを、人がやってのけることもある
    Our remedies oft in ourselves do lie,/Which we ascribe to heaven.
  26. 野生のタイムが咲き乱れる堤を知っている
    I know a bank where the wild thyme blows
  27. 真実の恋がすんなり叶ったためしはない
    The course of true love never did run smooth.
  28. 演戯の目的は自然に向かって鏡を立て掛けることだ。
    The purpose of playing is to hold the mirror up th nature.
  29. 俺はだだっぴろいこの世じゃ、まるで海に落ちた片割れを探し回る水滴みたいなものだ。
    I to the world am like a drop of water /That in the ocean seeks another drop.
  30. 兄貴の贔屓を受けて咲く薔薇でいるより垣根に咲く名無し草でいる方がましだ。
    I had rather be a canker in a hedge than a rose in his grace,
  31. もし私たち影法師がお気に召さなければ、こうお考え下さい、そうすればすべて円く納まりましょう
    If we shadows have offended, /Think but this, and all is mended:
  32. どうしてこんなに気が滅入るのだろう。
    In sooth I know not why I am so sad.
  33. 時の関節が外れている。
    The time is out of joint.
  34. あなたのほんとの恋人かどうかをどうして見分けるの?
    How should I your true love know /From another one?
  35. 弱きもの、汝の名は女なり。
    Frailty, thy name is woman.
  36. だが、裂けろこの胸、もう口には出せぬ。
    But break, my heart, for I must hold my tongue.
  37. 計ったように時間ぴったりにやって来たな。
    You come most carefully upon your hour.
  38. この世は舞台、ひとはみな役者。
    All the world's a stage/ And all the men and women merely players.
  39. 生きるか死ぬか、それが問題だ。
    To be, or not to be: that is the question.
  40. ひげが生えかかってるんだ。
    I have a beard coming.
  41. あのうちの一番小さな星でも空をめぐりながら天使のように歌を歌っているんだ、嬰児の眼をした天使たちの声に合わせて。 
    There's not the smallest orb which thou behold'st/ But in his motion like an angel sings,/ Still quiring to the young-eyed cherubins;
  42. 肥り肉(ふとりじし)ゆゑ息が切れう。
    He's fat and scant of breath.
  43. 三十三年間苦しい旅をつづけてきたのも、おまえたち二人を産み落とす陣痛だったのですね。
    Thirty-three years have I but gone in travail of you....
  44. おお、仲違いする愛、愛し合う憎しみ
    O brawling love! O loving hate!
  45. そこで、もし権力が人間を変えるとすれば、この仮面をかぶった人間がどう変るか見届けたいものです。
    Hence shall we see,/ If power change purpose, what our seemers be.
  46. 今ここで死ねたら、この上ない仕合せだ。
    If it were now to die, / 'Twere now to be most happy.
  47. あいつは俺と結婚したんだ、俺の服とじゃない。
    To me she's married, not unto my clothes.
  48. おお、あの娘は松明に輝き方を教えている。
    O, she doth teach the torches to burn bright!
  49. お父上を存じ上げております。私の両手でさえあれ程うりふたつではありません。
    I knew your father, /These hands are not more like.
  50. さらば、さらば、さらば、私を忘れるでないぞ。
    Adieu, adieu, adieu. Remember me.
  51. 哀れな阿呆が絞め殺されてしまった。
    And my poor fool is hanged!
  52. 犬が、馬が、鼠が生きているのに、どうしておまえは息をしない。
    Why should a dog, a horse, a rat have life,/ And thou no breath at all?
  53. もうおまえは戻っては来ない、二度と、二度と、二度と、二度と、二度と。
    Thou'lt come no more;/ Never, never, never, never, never.
  54. 今や不満の冬も過ぎ、ヨークの太陽が輝かしい夏をもたらしてくれた。
    Now is the winter of our discontent/ Made glorious summer by this sun of York;
  55. 口先ばかりきれいごとのこの時代のお先棒かつぎの色男になれないのなら、悪人になりすましてやる。
    And therefore, since I cannot prove a lover/ To entertain these fair well-spoken days,/ I am determined to prove a villain.
  56. 財産こそが俺様の求愛踊りの伴奏さ。
    wealth is the burthen of my wooing dance.
  57. 宿敵両家の胎内より、星の巡り悪しき一組の恋人、世に生を受く。
    From forth the fatal loins of these two foes/ A pair of star-crossed lovers take their life.
  58. ひとを見てもこころ弾まぬ
    Man delights not me--
  59. 君を夏の日に喩えようか
    Shall I compare thee to a summer's day?

  60. このひとは罪を犯し、かつ、罪を犯しておりません。このひとは、私が処女でないと誓いもするでしょうが、誓って申します、私は処女です。このひとはそれを知りません。
    Because he's guilty, and he is not guilty./ He knows I am no maid, and he'll swear to't:/ I'll swear I am a maid, and he knows not.
  61. 人の一生は、良い糸も、悪い糸も、いっしょくたに編み込んだ網だ。
    The web of our life is of a mingled yarn, good and ill together.
  62. それは私がサラダのように青かった時のこと、善し悪しの判断もできず、愛の熱も知らず
    My salad days,/ When I was green in judgement, cold in blood.
  63. 女王の乗った舟は磨き上げられた玉座さながら、水の上で燃えるかのように輝いていた。
    The barge she sat in, like a burnish'd throne,/ Burn'd on the water.
  64. 地上の王冠が溶けたのです。私の夫!戦争を飾った花束はしぼみ、軍人の支えは倒れました。
    The crown o' th' earth doth melt. My lord!/ O, wither'd is the garland of the war,/ The soldier's pole is fall'n!
  65. 衣をちょうだい。王冠も載せてね。不滅へのあこがれが私を包んでいます。
    Give me my robe, put on my crown; I have/ Immortal longings in me.
  66. この世界という広大な劇場は、我々が演じている場面よりもっと悲惨な見世物を見せてくれる。
    This wide and universal theatre/ Presents more woeful pageants than the scene/ Wherein we play in.
  67. ね、口説いて、口説いて。いまはお祭り気分なの、だから、なんでも許しちゃいそう。
    Come, woo me, woo me; for now I am in a holiday humour, and like enough to consent.
  68. でも、他人の目を借りて幸せをのぞき込むなんて、あまりに辛い!
    But, O, how bitter a thing it is to look into happiness through another man's eyes!
  69. 恋は、ため息と涙でできているもの。それが僕のフィービーへの想い。
    It is to be all made of sighs and tears;/ And so am I for Phebe.
  70. 美しい人魚よ、あなたの歌で私を惑わしてお姉さんの涙の大海原で溺れさせないでください。
    O, train me not, sweet mermaid, with thy note,/ To drown me in thy sister's flood of tears.
  71. 俺たちは兄弟としてこの世に生まれたんだから、どっちかが先ってのはやめにして、手をつないでいっしょにいこうぜ。
    We came into the world like brother and brother,/ And now let's go hand in hand, not one before another.
  72. ああ、お母さん、お母さん、何ていうことをなさったのですか!
    O mother, mother!/ What have you done?
  73. もうおそれるな夏の日照りを、荒れ狂う冬の寒さを。
    Fear no more the heat o' th' sun/ Nor the furious winter's rages;
  74. もし一年中がお祭り日だったら、遊びも仕事と同じに退屈なものになる。
    If all the year were playing holidays,/ To sport would be as tedious as to work.
  75. 肥満した老人に化けておまえにつきまとっているあの悪魔のせいだ。
    There is a devil haunts thee in the likeness of an old fat man;
  76. 芝居はしまいまでやらせてくれ。
    Play out the play.
  77. 真夜中の鐘を聞いたものですな、シャロー君。
    We have heard the chimes at midnight, Master Shallow.
  78. おまえなど知らぬ。お祈りでもしているがよい。
    I know thee not, old man. Fall to thy prayers.
  79. 木造の円形劇場
    wooden O
  80. もう一度、あの突破口から突き進め、もう一度!
    Once more unto the breach, dear friends, once more;
  81. 王には縁のないこころのやすらぎを、下々の者はどれほどふんだんに得ていることか!
    What infinite heart's ease/ Must kings neglect that private men enjoy!
  82. 今日はクリスピアンの祭日だ。
    This day is call'd the feast of Crispian.
  83. 我々は生贄を捧げる者であり、屠殺者であってはならない。
    Let us be sacrificers, but not butchers.
  84. 臆病者は死ぬ前に何度も死ぬ
    Cowards die many times before their deaths;
  85. シーザー:3月15日がきたぞ。/占い師:たしかに、だが、シーザー、まだ、終わってはいない。
    CAESAR. The ides of March are come./ SOOTHSAYER. Ay, Caesar, but not gone.
  86. ブルータス、おまえもか?それなら、シーザーよ、死ね。
    CAESAR. Et tu, Brute?-- Then fall, Caesar!
  87. ひとは微笑みながら悪人になることができる。
    "That one may smile, and smile, and be a villain;"
  88. シーザーを愛さなかったわけではない、シーザーよりローマを愛したのだ。
    Not that I loved Caesar less, but that I loved Rome more.
  89. ブルータスは立派な人間だ。
    Brutus is an honourable man.
  90. シーザーよ、心安らかに!そなたを倒したときも、これほど晴れやかなこころではなかった。
    Caesar, now be still;/ I kill'd not thee with half so good a will.
  91. 人生は、二度聞かせられる話のように退屈だ。
    Life is as tedious as a twice-told tale.
  92. 美しいコーデリアよ。あなたは貧しくなって、もっとも豊かに、棄てられて、もっとも気高く、さげすまれて、もっとも愛すべきひととなった。
    Fairest Cordelia, that art most rich, being poor;/ Most choice, forsaken; and most lov'd, despis'd!
  93. 風よ、吹け、頬を吹き破らんばかりに吹け!吹き荒れるだけ、吹け!
    Blow, winds, and crack your cheeks! rage! blow!
  94. いやだ、いやだ、いやだ、いやだ。さあ、牢屋へゆこう。ふたりきりになって、籠の中の鳥のように歌おう。
    No, no, no, no! Come, let's away to prison./ We two alone will sing like birds i' th' cage.
  95. 光が光を求めると光から光をだまし取られる。
    Light, seeking light, doth light of light beguile;
  96. 冗談が栄えるのは聞く者の耳のおかげであり、それを言う者の舌の力ではありません。
    A jest's prosperity lies in the ear/ Of him that hears it, never in the tongue/ Of him that makes it.
  97. 星よ、明かりを消せ。俺の暗黒の野望にひかりを当てるな。
    Stars, hide your fires;/ Let not light see my black and deep desires.
  98. 私を今ここで女でなくしておくれ。
    Unsex me here!
  99. 目の前に見えるのは短剣か?取っ手を俺の方に向けている。
    Is this a dagger which I see before me,/ The handle toward my hand?
  100. 「眠りはないぞ、マクベスは眠りを殺した!」
    "Sleep no more!/ Macbeth does murther sleep"
  101. 俺のこの手は、広大な海を血の色で染め、海の緑を赤一色にするだろう。
    this my hand will rather/ The multitudinous seas incarnadine
  102. 確かに蛇を痛めつけはした。だが、まだ殺してはいない。
    "We have scorch'd the snake, not kill'd it."
  103. ダンカンは墓のなかだ。人生という、発作だらけの熱病のあと、やすらかに眠っている。
    "Duncan is in his grave;
    After life's fitful fever he sleeps well."
  104. 倍増しになれ、苦労と災難。炎よ燃えろ、釜よたぎれ。
    "Double, double, toil and trouble;/ Fire burn and cauldron bubble."
  105. どんなに長い夜も、必ず明ける。
    "The night is long that never finds the day."
  106. あした、あした、そして、あしたと、しみったれた足取りで日々が進み、ゆきつく先は運命に記された最後の時だ。
    "Tomorrow, and tomorrow, and tomorrow/ Creeps in this petty pace from day to day/ To the last syllable of recorded time;"
  107. 一体どうした?これは彼女の罪か、私の罪か?誘惑する者、される者、どっちの罪が重いのか?
    "What's this, what's this? Is this her fault or mine?/ The tempter or the tempted, who sins most?"
  108. この俺は、陽の光を受けて咲くすみれのかたわらに横たわり、美しい光を受けながら腐ってゆく腐肉だ。
    "it is I/ That, lying by the violet in the sun,/ Do as the carrion does, not as the flow'r,/ Corrupt with virtuous season. "
  109. 今に見ていろ、弱みをにぎりさえすれば、つもりにつもった恨みをはらしてやる。
    "If I can catch him once upon the hip,/ I will feed fat the ancient grudge I bear him."
  110. なんとお答えすればよいでしょう。「犬に金がありますかな、のら犬に3千ダカットが貸せますかな?」そんな答ではどうでしょう。
    "What should I say to you? Should I not say/ 'Hath a dog money? Is it possible/ A cur can lend three thousand ducats?'"
  111. 光るもの必ずしも金にあらず。
    "All that glisters is not gold."
  112. 「俺の娘が!俺の金が!ああ、娘がキリスト教徒と駆落ちした!キリスト教徒の金になっちまった!裁きを!法律を!金を返せ、娘を返せ!」
    "'My daughter! O my ducats! O my daughter!Fled with a Christian! O my Christian ducats!Justice! the law! My ducats and my daughter!'"
  113. それで魚を釣るのさ。いや、たとえ魚が食いつかなくても、仕返しを釣り上げることはできる。
    "To bait fish withal. If it will feed nothing else, it will feed my revenge."
  114. ユダヤ人には目がないのか?ユダヤ人には手がないのか?
    "Hath not a Jew eyes? Hath not a Jew hands?"
  115. 君を夏の日にたとえようか。いや、君の方がずっと美しく、おだやかだ。
    "Shall I compare thee to a summer's day? / Thou art more lovely and more temperate:"
  116. 造化の女神が彩った女の顔、それが君の顔だ、私が熱愛する男でありかつ女の君よ。
    "A woman's face with nature's own hand painted, / Hast thou the master mistress of my passion"
  117. あなたの本質は何でしょう、あなたは何から作られているのでしょうか?百万もの影があなたにかしづいているのはなぜでしょう?
    "What is your substance, whereof are you made, / That millions of strange shadows on you tend? "
  118. 誰もが美しい者から子孫が生まれることを願う。そうすれば美しいバラが枯れることはないからだ。
    "From fairest creatures we desire increase, / That thereby beauty's rose might never die"
  119. 君の罪は若さだと言うひともあれば、悪ふざけだと言うひともいる。 君の魅力は若さだと言うひともあれば、品のよい遊び心だと言うひともいる。
    "Some say thy fault is youth, some wantonness, / Some say thy grace is youth and gentle sport"
  120. 運にも世間にも見はなされ、ただひとり、落ちぶれた身の上を嘆き
    "When in disgrace with Fortune and men's eyes, / I all alone beweep my outcast state"
  121. ひとりしずかに甘い思いにひたろうとすぎた昔の思い出を呼びもどそうとするが
    "When to the sessions of sweet silent thought, / I summon up remembrance of things past"
  122. 何度見たことだろう、晴やかな朝、神々しい光が山の頂をくすぐり
    "Full many a glorious morning have I seen/ Flatter the mountain-tops with sovereign eye"
  123. あんなにもいい天気を約束してくれたから外套も持たずに旅立ったのに
    "Why didst thou promise such a beauteous day, / And make me travel forth without my cloak"
  124. あれは他愛もないあやまちだったということにしよう。私を忘れ、思いのままのしたい放題も
    "Those pretty wrongs that liberty commits, / When I am sometime absent from thy heart"
  125. かつて黒は美しい色として数えられなかったし、美の名前で呼ばれることもなかった。
    "In the old age black was not counted fair, / Or if it were it bore not beauty's name:"
  126. 私の彼女の目は太陽みたいなんかじゃない。唇だって珊瑚の方がずっと赤い。
    "My mistress' eyes are nothing like the sun, / Coral is far more red, than her lips red"
  127. 私の恋人が自分は誠実な女だと誓うとき、嘘と知りつつ信じるフリをする。
    "When my love swears that she is made of truth, / I do believe her though I know she lies"
  128. あなたについて書こうとするとこころが沈む。
    "O how I faint when I of you do write"
  129. さようなら。君を引きとめておくだけの甲斐性が、私にはない。
    "Farewell! thou art too dear for my possessing"
  130. 私の愛は、見た目とは逆に、以前より強くなっている。弱々しく見えたとしても、弱くなったわけではないのだ。
    "My love is strengthened though more weak in seeming, / I love not less, though less the show appear"
  131. 美少年の君よ、その力に魅せられてしまっては「時」のきまぐれな砂時計も、いのちを刈る鎌も無力になる。
    "O thou my lovely boy who in thy power, / Dost hold Time's fickle glass his sickle hour:"
  132. 真鍮も、石も、大地も、無辺の海も、重々しい死の支配をまぬがれることができないとなれば
    "Since brass, nor stone, nor earth, nor boundless sea, / But sad mortality o'ersways their power"
  133. 君が私の中に見出す季節は晩秋
    "That time of year thou mayst in me behold"
  134. やめてくれ、誠実なもの同士の出会いに妨げがあるなんて思わせないでくれ。
    "Let me not to the marriage of true minds / Admit impediments"
  135. いやそれ、羊飼い殿、それ自体としては実によい生活なのだが、羊飼いの生活だという点が玉に傷。
    "Truly, shepherd, in respect of itself, it is a good life; but in respect that it is a shepherd's life, it is naught."
  136. もし、音楽が恋の食べ物となるなら、つづけてくれ。
    "If music be the food of love, play on!"
  137. ダイアナの唇もおまえのほどにはすべらかで、赤みがかってはいない。
    "Diana's lip/ Is not more smooth and rubious."

    ここに乗せてない台詞もたくさんあります!