『タイタス・アンドロニカス』
Titus Andronicus


私たちが知っているシェイクスピア悲劇の種がところどころにつまった作品ではあるが、
作品としては血で血を洗う残酷さだけが売り物の見せ物だ。

シェイクスピア全作品解説、登場人物

サターニナス:故ローマ皇帝の息子
バシアーナス:その弟、ラヴィニアと恋仲
タイタス・アンドロニカス:ゴート族を滅ぼしたローマの将軍
マーカス・アンドロニカス:その弟、護民官
ルーシアス:タイタスの息子
ディミートリアス:タモラの息子
カイロン:タモラの息子
タモラ:ゴート族の女王
ラヴィニア:タイタスの娘
アーロン:ムーア人、タモラの情夫

シェイクスピア全作品解説、あらすじ

古代ローマ。先の皇帝亡きあと息子ふたりが帝位をめぐって争いのまっ最中である。そこにゴート族を征圧したタイタスが女王タモラ一族を捕虜にして凱旋してくる。帰還するとまっさきに、戦争で失った息子たちの霊を鎮めるためタモラの息子ひとりを炎の上で切りきざんで犠牲に捧げる。ローマの民衆の熱狂的な支持を得ているタイタスは皇帝になることもできたが、先の皇帝の息子サターニナスを皇帝に推挙して秩序を保つ。
一悶着の末、帝位につくと早々にサターニナスは暴君ぶりを発揮し、弟の恋人ラヴィニアを后に選ぶ。もちろん弟バシアーナスは黙っていない。周囲の反対を押し切り、ラヴィニアを連れて宮廷を去ってゆくが、皇帝は意に介さず、あろうことか捕虜のタモラを后に据える。タモラは表向きは従順な女だが、情人アーロンとともにローマ人への復讐をこころに誓っていた。
タモラの息子ディミートリアスとカイロンは、ラヴィニアをめぐって決闘もしかねない勢いだった。だが、はじめからラヴィニアへの執着は愛ではなく情欲だったふたりは、アーロンにそそのかされるとたちまち力を合わせて欲望のおもむくまま計画を実行する。皇帝一族が祝いの狩をしに森に来た折、ふたりはバシアーナスを殺害し、穴に投げ込み、無防備になったラヴィニアをかわるがわる犯して肉慾を満足させたのだ。しかも、自分たちの行為を告げ口されないように両手と舌を切りとってしまう。
一方、アーロンはタイタスのふたりの息子をことばたくみに誘い出し、バシアーナスの死骸が眠る穴に落とし、バシアーナス殺しの罪を着せる。タイタスは息子の命乞いをするが、聞き入れてもらえず絶望の淵に落ちる。娘を無惨なすがたにされ、その上息子ふたりを失おうとしているタイタスの前にアーロンがあらわれ、皇帝からの赦免の条件が伝えられる。アンドロニカス一族の片腕を献上すれば、それと引き替えにふたりの息子は返すというのだ。アーロンのことばをうのみにしたタイタスは迷わず片腕を切り落として差しだすが、帰ってきたのは二つの生首だった。タイタスはこのような仕打ちに復讐の鬼となる。今やひとり息子となったルーシアスをゴート族へ送り兵を挙げてローマを攻めさせる。
ローマに残ったタイタスは気が狂ったふりをして、復讐の機会をうかがっていた。そんなある日タイタスは、ラヴィニアが必死の思いで棒を口にくわえて書いた文字から、娘をはずかしめた犯人を知りさらなる復讐の炎に燃える。
身ごもっていたタモラに肌の黒い子供が生まれるが、アーロンとの密通が露見することを恐れ、タモラは赤ん坊を殺させようとするが、それまでの残忍ぶりはどこへやらアーロンは血を分けた子供への愛に目覚め、赤ん坊をゴート族にあずける。
皇帝は狂気を口実にローマの治安をかき乱そうとしているタイタスに困惑していた。そこへタイタスの息子ルーシアスがゴート族の総大将となって兵を挙げた知らせが届き、皇帝はタモラの進言にもかかわらず弱腰となる。一方、ルーシアスの軍勢は士気も高くローマに向かって進軍の最中である。途中で捕えたアーロンを処刑しようとするが、極悪非道の行状を知らされるに及び、死こそむしろ救いになると思い直し生かしておくことにする。
タイタスを懐柔するため、タモラは息子たちと変装してやってくる。タイタスはタモラの口車にのせられたふりをして、タイタス邸で開かれる皇帝列席の饗宴に息子ルーシアスを招待することを約束して安心させ、タモラが皇帝を迎えに行っているすきにふたりの息子ののど笛を切り、ラヴィニアに持たせたたらいに血を集め、血の祝宴の準備をするる。
いよいよ最後の宴会の場面である。タイタスは料理人を装い敵を待ち受けている。血の祝祭はラヴィニアからはじまる。恥辱にまみれた娘を生かしておくのは忍びないと皇帝の目の前で刺し殺す。つぎにタモラに向かってラヴィニアを犯したのはタモラの息子たちであり、その肉と血は今食べた料理の中にあると言いながら、タモラを刺し殺すが、逆にサターニナスに刺し殺される。それを見たルーシアスはサターニナスを刺し、父親の仇を討つ。血で血を洗う凄惨な饗宴のあと、ルーシアスが皇帝の座に着いてローマに平和と安定が戻る。最後、アーロンは地中胸まで生き埋めにされ、飢死の刑を宣告されるが、おのれの悪事を悔いることはない。

シェイクスピア全作品解説、見どころ

この作品はあきらかにシェイクスピアの習作時代のものだ。作品を独立した劇として見るより、これから開花するつぼみを楽しむような気持で味わった方がよい。作品として見ようとするとどうしてシェイクスピアがこんな劇を書いたのだろうという疑問ばかりが湧いてとても作品鑑賞どころではなくなるからだ。『タイタス・アンドロニカス』はシェイクスピア劇の原型を楽しむ劇だ。タイタスにはわがままなリア王、だまされやすいオセローの面影があり、タモラにははかりごとに巧みなマクベス夫人が、またアーロンにはイアゴーやドン・ジョンに通じる悪の原型が宿っている。また狂ったふりをして復讐の機会をうかがうのは『ハムレット』の原型でもある。
それにしても、シェイクスピアがこの程度の作品しか書いていなかったら歴史に名を残すことはなかったろう。だが、シェイクスピアは二度とおなじあやまちは犯さなかった。それが天才の天才たるゆえんだろう。シェイクスピアが何を学び取ったのかを知るには素晴らしい標本と言える。

シェイクスピア全作品解説、名台詞
シェイクスピア名台詞の朗読(wav形式)を聴くをクリックすると台詞の朗読が聴けます。

シェイクスピア名台詞の朗読(wav形式)を聴くDEMETRIUS. She is a woman, therefore may be woo'd;
She is a woman, therefore may be won;
She is Lavinia, therefore must be lov'd.
(彼女は女だ、だから求められる。彼女は女だ、だから手に入れたくなる。彼女はラヴィニアだ、だから愛されて当然なのだ。)
肉慾からラヴィニアを求めるディミートリアスもこんな響きのととのった韻文を語るとロマンティックな男性に見えてしまうから不思議だ。

シェイクスピア名台詞の朗読(wav形式)を聴くTAMORA. The eagle suffers*1 little birds to sing,
And is not careful*2 what they mean thereby,
(鷲は小鳥どもには歌いたいだけ歌わせ、何をさえずろうが気にもとめないものです。)

*1:〜させる、黙認する。
*2:おろおろする、こころを乱される

ルーシアスがゴート族と組んでローマに攻め入ろうとしていることを知ってうろたえる皇帝サターニナスにタモラが毅然と構えているよう励ます台詞だ。タモラにはサターニナスには欠けている皇帝然とした風格がある。

シェイクスピア名台詞の朗読(wav形式)を聴くAARON. If one good deed in all my life I did,
I do repent it from my very soul.
(もし生涯に一度でも善を行なっていたら、魂の底から悔やんだろうよ。)
アーロンは死刑を宣告されても自分の行なった悪事を悔いない。それどころか、ゆるされるなら今までより何万倍もおそろしい悪事を働きたいとまで言う。そのすぐあとにつづくのがこの台詞だ。


シェイクスピア全作品解説、推定執筆年代、種本、初演

・執筆年代:1592年
・種本:オヴィディウス『変身物語』、セネカ『テュエステス』など
・初演:1593年
・初版:1594年
・時代背景:この作品に接するとき私たちは二重に時を飛び越えなければならない。ひとつはローマへ、もうひとつはエリザベス朝へ。私たちの前に展開されるのはローマ悲劇であり、同時に、エリザベス朝の悲劇である。セネカに代表される残酷なローマ悲劇がもてはやされたのは、ローマ時代であり、同時にエリザベス朝でもある。シェイクスピアが生きた時代は熊いじめなどの残酷ショーが大人気だった時代であり、また、公開処刑に黒山の人だかりができる時代でもあったということをうっかりすると忘れがちだ。

シェイクスピア全作品解説、逸話、こぼれ話

善と悪が見事なほどくっきり分けられているので楽しみ方のコツをつかめばさほど難しい芝居ではない。特に傍白の使い方を見ると、駆け出しのシェイクスピア丸出しであり、ほほえましいほどだ。1幕1場、まだタイタスへの憤懣が冷めないサターニナスに后になったばかりのタモラがタイタスに罪はないと進言する。異議をとなえようとするサターニナスにタモラは、タイタスは民衆に人気があるから下手に騒ぎ立てずこうやってタイタスの見方のふりをしておいて、あとで一族を皆殺しにすればいいのだ、と傍白で耳打ちする。その傍白がなんと14行にも亘っているのだ。こうやってうわべと内面を舞台の上でくっかり示してくれれば観客は芝居がどんな風に展開するのか前もって理解でき、混乱することなく残酷な時代劇を堪能できるというわけだ。もちろん、その代償に人物像は単純化されたものになってしまうが。



シェイクスピア全作品解説、映画、舞台

1923年に行なわれたオールド・ヴィック座での公演の際、最後の殺戮の場面で観客が吹きだしてしまったという。あまりに理不尽な展開に理性がついてゆけず、馬鹿馬鹿しくて笑うしかなかったのだろうか。また、1955年ストラットフォードでピーター・ブルックが演出した公演(ロレンス・オリヴィエ、ヴィヴィアン・リー)では生々しすぎる演出に連日観客が失神して運び出されたという。もちろん、エリザベス朝ではこの作品は大人気だった。『タイタス・アンドロニカス』ほど現代とエリザベス朝とのへだたりを感じさせる作品もない。

シェイクスピア全作品解説、日本のシェイクスピア

イギリスでは失神する観客があったとしても日本ではたぶん割合に素直に受け入れられるだろう。というのは私たちは時代劇でこの種の残忍さにある程度免疫ができているからだ。サターニナスは悪代官であり、タイタスは主君への忠勤に頑固一徹に励む武士、タモラは越後屋の女将、アーロンはそのヒモといったところだろうか。こういう既成の人物像にすっぽり収めてしまうとどんな残酷な場面であっても、型にはまって生々しさがほどよく失われ、娯楽として楽しめるようになるのだ。おそらくエリザベス朝の観客の楽しみ方も似たようなものだったのではないだろうか。

シェイクスピア作品一覧へ
Copyright (C) 2003 Hiroyuki Todokoro