コーナーのTOP ホーム 臨夜海馬の電子書籍

新・夜話:America's Got Talentで優勝した蛯名健一、他


●アメリカズ・ゴット・タレント2013年優勝の蛯名健一

蛯名 健一 (えびな けんいち、別名えびけん、1974年〜) :日本出身の演出家、振付家、ダンスパフォーマー。1994年アメリカの大学に留学し、在学中に独学でダンスを始めた。卒業後、アルバイトでユダヤ人の成人式(バルミツバ)等で余興を演じたりしていた。2006年〜2007年、かつてマイケル・ジャクソンも出場したことがあるニューヨークのアポロ・シアターで行なわれた『Apollo Amateur Night』で7回連続優勝し、年間優勝者となった。現在、世界各国各地で公演しているが、アメリカではダンス中でも拍手したり声援を挙げて一緒に盛り上がるが、日本はダンス中は静かで終わっても拍手程度で、日本では蛯名が出演したオーディション番組が放送されておらず、あまり知られていない。2013年米NBCネットワークで放送されたオーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』のシーズン8に参加。シカゴの地方予選で映画『マトリックス』をモチーフにした演目を披露した。頭を浮かせる動きの技や、仰向けに寝た状態から起きる技など人間業とは思えないパフォーマンスを披露し、会場を大いに沸かせた。辛口で知られる番組の審査員も大絶賛の言葉で拍手し、最後は会場中の観客からスタンディングオベーションを受けた。放送直後、Youtubeに蛯名の出演映像がアップロードされると、約2か月でその動画の再生回数が1255万回を超えた。8月6日、背景の巨大スクリーンの映像と武術を取り入れたダンスを組み合わせて披露した。映像に出てきたキャラクターも全て彼自身が務めた。9月3日の準決勝では背景のスクリーンを鏡に見立て、自身と鏡に映った自身を組み合わせたダンスを披露し、9月10日のトップ12では愛、死、昇天を表現したダンスで決勝戦に進み、シーズン8優勝者となり、何と百万ドルを獲得し、世界的に有名なダンスパフォーマとなった。


●ブリテンズ・ゴット・タレント2012年優勝のアシュレイ&パッツィー(犬)

あのスーザンボイルを世に送り出した、英国オーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント2012(Britain's Got Talent 2012)」の優勝ペアが、アシュレイ(16歳高校女学生)&パッツィー(6歳雄犬)。なんと決勝戦まで進み、優勝賞金50万ポンド(約6400万円)とロイヤル・ヴァラエティ・ショーで女王陛下の前で披露する権利を獲得した。犬と人間の絶妙のダンス、ここまで完璧なのは初めてと絶賛され、また犬のとぼけた顔も好評を博した。動物がこの番組で優勝したのはこれが始めてで、このペアは英国のみならず世界的に超有名犬となり、犬の自叙伝も出版され、子供向けのパッツィーベア・ダンスビデオまで作られた。後に、この犬を主人公とした劇場映画も制作された。

Britain's Got Talent Winner Pudsey Book Trailer(パッツィー本の予告編)

Pudsey and Pudsey - Children in Need 2012 - BBC One(パッツィーダンス)

Pudsey the Dog: The Movie (2015) Official Trailer(パッツィー映画の予告編)


←前 TOP →次