盗聴器発見業者と方法を決める比較のアドバイス

盗聴器発見の比較アドバイス『盗聴器を見つける方法』

盗聴器発見の為に必要な事

盗聴とは、何かの目的を持って他人のプライバシーを盗み聞く行為を言います。そしてこの盗聴を行う機器のことを盗聴器といいます。
盗聴器は特別な機器であると認識している人も多いと思います。しかし、盗聴器は誰でも購入することが出来る物で、インターネットのネット通販でも簡単に購入することが出来ます。

 

年間でこれらの市場で売買される盗聴器の数は数十万個以上といわれており、実際に使われているのはこの中の数万個。

そして、盗聴器発見業者、または偶然見つけたという盗聴器の数は多くて1万個から2万個程度だと言われています。
ということは、見つけることが出来ない盗聴器は今も外部へ自分のプライバシーを発信しているかもしれない、または企業などの機密を外部に漏らしているかもしれないのです。

 

このような盗聴の被害を減らす、または未然に防ぐための方法として、一番に挙げられるのが、専門業者による盗聴器発見調査です。

 

専門業者には、盗聴器や盗撮カメラを専門で調査を行う業者と探偵業者という2つの種類があります。
依頼をするならどちらに盗聴器発見調査を依頼をしたらいいのか、まず悩むことになります。

 

これには明確に、どちらが一番良いといった答えはありません。あえて比較をするとすれば、調査に掛かる費用と、調査業者が持っている盗聴器発見機材の性能で決めると答えることになります。

 

盗聴器発見のために必要な事は、まず、これらの盗聴器発見業者を比較するためのポイントをしっかりと理解しておくことです

アドバイスの内容

そこで、盗聴器発見業者を決めるため、または比較をするために必要な事をアドバイスしていくのがこのサイトの趣旨になります。

 

先ほども言ったように、比較をする内容として挙げられるの2つです。

 

調査業者へ支払うことになる調査費用と、調査業者が持つ機材の性能です。

 

この2つのポイントをシッカリと掴むことができれいれば、自分の目で判断をして調査業者を比較して選びだすことが出来るでしょう。

 

しかし、比較をしているなかで、こう感じる人もいるでしょう。

 

自分で調べることが出来るかもしれない

 

確かに、盗聴器発見機器という専用の機材などは個人で購入することも出来ます。現にネット通販などで探せば簡単に盗聴器発見機器を見つけ出すことが出来ます。
価格も1万円台から数十万円台といったものが多く、1万円台の盗聴器発見機器を購入して調べることが出来れば、一般的な盗聴器発見業者へ依頼をするよりも費用を抑えて盗聴の脅威を排除することが出来ます。

 

しかし、ここにも注意しなくてはならないポイントがあります。
盗聴器発見機器を購入したとしても、その危機を使うのは調査の初心者である自分であり、また、その機器だけで盗聴器が本当に見付かるとは限らないということです。

 

これらから、盗聴器発見の為の手段としてこのサイトでは、もっとも自分にとって適している方法、そしてその方法から費用まで比較のポイントについてをまとめて紹介していきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ