アイスブレーキング
このページでは、アイスブレーキングのゲームを紹介します♪
ゲームを紹介してくれたのは、サクラさん!!どうもありがとう〜(^^)
学年が変わり、新しい教室になったときの緊張感をほぐす時に利用すると良いでしょう☆
アイスブレーキングの説明は、こちらをご覧下さい。


1.レプリカ(自己紹介&名前を覚えるゲーム)
■ゲーム内容
〈はじめに〉
 一人ひとりに呼んでもらいたい名前・ニックネームを考えてもらいます。そしてその呼んでもらいたい名前とポーズも一緒に合わせて考えてもらいます。
 
 円になりリーダーから時計周り(またはその反対)に一人ずつ名前を言ってとポーズ(バンザイ・座るなんでもいいです)をとります。次の人は前の人の名前を言いとポーズを覚えておいてやります。そのあと、自分の名前とポーズをきめます。次の人は、一番はじめの人とその次の人の名前とポーズを覚えておき、やってから自分の名前とポーズをきめます。このように一番はじめのリーダーから名前とポーズを覚えておきどんどんと増やして最後の人は全員の名前とポーズを決めるゲームです。
リーダーはポーズが重ならないようにきをつけます。
はじめはなかなか難しと思うので、順番などはリーダーだ臨機応変に変えてもらえるとよいと思います。
2.よろしく(自己紹介ゲーム)
■ゲーム内容
おにを一人きめます。それ以外の人は2人組をつくり背中合わせに腕を組みすわります。(一人余る場合には一組3人組を作るなどします)
おには前に立ち、自己紹介(簡単なこと名前・好きなもの)などを言わなければいけません。おには最後に〜です。〜が好きです。「よろしく!」といいます。
おにの「よろしく!」が聞こえたら、おに以外の人は、今組んでいる以外の人とまた2人組をつくりすわります。そして2人組をつくれなかった人がおにになり自己紹介をします。