marantz CD−34 クロック交換&リクロック
marantz CD-34 クロック交換&リクロック

marantz CD-34の改造に成功したのでUPします。
改造前は、全体的にぼやっとした音、高域がきつく平らな印象を持ちました。
改造後の音は、今まで聞けなかったような音の存在が分かるようになり力強さを持ちながら、奥行き感が向上します。
高域はおとなしくなり、聞きやすくなったように思います。つまり、音は変わります。
全く別の機器になるわけではありませんので、元々持っている味がやや薄くなる感じがします。
しかし、元の音の延長でありとても品が良く、音楽に浸れます。
全体のバランスはやや高域寄りになりように感じます。
このCDプレーヤーだけで、充分ではないかと最近は思ってしまいます。

この改造は、 Oguさん プラクトサウンドシステムの岡本さんにアドバイスを受け、完成しました。
いつも、いつもになってしまいますがこの場をお借りして御礼申し上げます。
クロック交換+リクロックでかなり満足できました。

この改造で発生した、故障・火災等の責任を私は負えません。トップページにもありますが自己責任でお願い致します。



この改造は、 プラクトサウンドシステムの「お客様ご自身によるチューンのご報告」の「東京のgizmo様」を読み、 追試した(だけの)ものです。
このページ、内容が詳しく何度も何度も読み返し、参考にさせて頂きました。
「16.9344MHz 1ppm 5V」のクロックを プラクトサウンドシステムの岡本さん に注文します。 ここに「16.9344MHz 1ppm 5V」 と同じものがあります。ついでに ここも見ておいて、配線の方法もメモです。ついでにクロックにマジック等で書き込むと間違いが少ないと思います。
チップ抵抗1カ所、チップコンデンサ2カ所を取り去ります。
ちょっと見にくいですが・・赤い○のしてある部品です。
ついでに基盤固定用の穴も開けました。
後で、リクロック用のパターン側に続く穴も開けました。
作業のついでですから、オペアンプも交換できるようにソケットを履かせておきます。
手前がソケットを付ける前、奥がソケットを付けたあとです。
元のオペアンプで動作確認をします。後で、手持ちのBBのOPA2604に交換しました。
11.5Vをとる良い場所が見つかりませんでしたので、ソケットを外してそこにポストを立てました。 この箇所に約+12Vが来ています。
左側が外したコネクター部分です。
回路図です。これをもとに基板を製作します。 ソフトは 水魚堂さんの回路図エディターBSchを使用しました。
クロックの回路に不具合があるといけません。まずはリクロックを行わない回路で確かめてみます。
そのため、右側のソケットが空いておりリクロック回路は配線しておりません。
この状態で問題なく、音が出ました(^^)
1週間ほど聞き込んでから、リクロック部の製作に入ろうと思います。(2004.03.07)
クロック交換後、いい感じで鳴っています。リクロック回路を付けました。
ソケットの空いていたところに74HC74を追加、配線も行いました。
リクロックは配線が後ろに行きますので、その配線も行います。
また、レギュレーターの放熱が気になっていました。
さわってみると、けっこう熱い。放熱板を取り付けることにしました。 最初から、放熱板の追加を考えてレイアウトすれば良かったのですが、 現在の配置のまま、少々工夫しました。
ですので、本当はクロックからもコンデンサからも離した方がよいと思います。
放熱板は背が高いので、切断して高さを調節しました。
配線はすべてオーグラインで行いました。理由は・・手持ちが多量にあったからです。
CD-34は増設スペースがあまりなく、配置に困ります。
現在、エージング中ですが情報量が増え高域のきつさもなくなり聞きやすくなりました。(2004.03.13)
秋月電子通商から デジタル容量計(電子Cメーターキット)を購入しました。古い機器のコンデンサチェックにはかなり役に立ちます。
これで、CD-34のコンデンサの容量を量りました。
本来ならば22ufあるはずのフィリップスの電解コンデンサが13uf〜17uf。10個以上計りましたが、22ufあるものはひとつもありませんでした。
日本製のコンデンサも使用されていますが、それは全部規定の容量があります。日本製のコンデンサの方が優れているかもしれません。
写真はコストダウンのため菓子缶ケースに入れた容量計で、電解コンデンサを計測しているところです。
CD-34を最初に聴いたときの印象は「柔らかで、なめらかな音」でした。 「凄いなぁ。」と感心しましたが、もしかしたらこれは容量ぬけコンデンサの音だったのかもしれません。
前回とりあえず、安価な普通のコンデンサを入れて動作させておりましたが、OSコンに交換することにします。
本来22ufの所に15ufのOSコンを入れますので、パラにして30ufとして使用します。
基板表に1個、裏に1個取り付ける形になります。
極性を間違えると悲惨ですので、間違えないように何度もチェックします。

容量計が完成し、コンデンサのチェックが楽になりました。
「電解コンデンサは生もの」という話は聞いていましたが、確かにそうだと感じます。
機器から外したコンデンサも、気楽に再利用できるようになりました。
やっとつけ終わり、ヘッドホン経由で動作チェック。ノイズは出ていないようです。
回路図を見ながら行っているわけではありません。電気の流れをおよそ見ながら行っているので カップリングに当たらないか心配でした。OSコンは耐圧が低い、カップリングに使えない等気を遣う面もありますね。
交換ついでに、ついでに基板を見回し簡単に掃除をします。
この部分に目がとまりました。これってIV抵抗?
IV抵抗なのかよく分からないですが、とりあえず手持ち中古のDALEの巻線を入れておきます。
標準のものより、音はよいかもしれません。
アッテネーターに使用していた抵抗なので、足が短いです。仕方ないのでこんな形になっています。
ここで試聴です。
あまりエージングされていない状態ですが、細かい表現はそのままに低音が力強くなったように思います。(2004.03.25)