脱原発入門講座トップ さよなら原発神戸ネットワークHomePage

高速増殖炉って何ですか


 核爆弾の材料であり、わずか1グラムで何百万人も殺せる猛毒でもあるプルトニウムを燃料に使い、しかも同時に新たなプルトニウムを生み出してしまう特殊な原子炉です。

 もともと、今使われている普通の原子炉(軽水炉)よりも先に研究、開発が始まりながら、いまだにどの国も実用化(商業利用)できていません。

 普通の原子炉(軽水炉)に比べて費用も高くつく上に、非常に危険で技術的にも難しく、実験・開発中の原子炉でも事故や故障が続き、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスなど、先進諸国もすべて開発をあきらめました。

 日本は、東海村に開発の第1段階である実験炉「常陽」があるほか、福井県に新たに第2段階である原型炉「もんじゅ」を建設しました。

 しかし、「もんじゅ」も、1995年12月8日、恐れられていたとおりにナトリウム漏れ火災事故を起こし、現在運転を停止しています。 この項の目次


高速増殖炉のしくみ


1.発電のしくみ

2.プルトニウムを「増殖」するしくみ

 「高速」の中性子を利用してプルトニウムを「増殖」するので「高速増殖炉」。
 「高速で増殖する」わけではありません。それどころか最近では意味があるほど「増殖」するかどうかも疑わしくなっています。

 このページのはじめに戻る