Tayori 

平20年9月15日発行  No.11   トゥ ハートだより から

トゥ ハート,だより,NO.11

                               収穫中のメンバーと、楽しげなメイちゃん(犬)    
グループ別活動紹介

障害福祉支援課です,こんにちは,トゥ ハートです,こんにちは!

市民活動フェアin あびこ2008に参加
テーマ:めざせ!日本一のボランシカ ネットワーク
(ボランシカとは: ボランティア市民活動の略称)
日時: 31日(土)9:3016:30, 32日(日)10:0017:00
場所:アビスタ全館、参加団体:97団体
企画及びイベント数50以上、入場者数:延べ5,000
 トウハートの企画、活動内容:
 2日にわたって以下の企画のそれぞれの役割を担当。
           2枚のパネル展示(ネーミングの説明、活動報告)の立会い
           骨年齢測定による健康チェックの手伝い
           歌声喫茶の企画、運営: 延べ90人以上の参加者
さらに、トゥ ハート会長の桐山は保健福祉分科会の代表として分科会(17団体)の取りまとめ、筆者はフェア事務局長として一年間、全プログラムの準備、運営等を担当。その他、筆者個人の活動としてはシンポジウム「市民活動の担い手について考える」の企画、座長。「市民活動の木に花を咲かせよう」の企画。交流会の企画、司会。
歌声喫茶の司会、進行などを担当。(鈴木)
 
ひだクリニックを訪ねて          桐山 宏子

2008714()心のボランティア他、関係者総勢23名、我孫子市福祉バスにて

930分,湖北保健センターを出発、945分、我孫子駅北口郵便局前経由にて

ひだクリニックに向かいました。今年は、市職員の飯尾さんの参加も頂き、新しい肥田先生のデイケア施設の見学を楽しみに1040分位、流山市のひだクリニックに到着。

メンバーさん達から先ず麦茶の歓迎を頂き、11時頃より木村尚美様からクリニックの構成、方針をお聞きしました。肥田先生を中心に、4名の先生はじめ多くのスタッフが、一人一人に笑顔がかえるを目標に精神医療を行っているそうです。

「本人が、病気を認識し、自立すること、地域に貢献できる力をつける」を目指して先生方が、メンバーさんのお手伝いをしているということです。

お話しの後、クリニックの施設を見学させていただきました。

リワークデイケア オフィス・rana,就労のために職場のルール、基本的な職業の知識・パソコン技術の習得などプログラムによって学ぶ場所。

千葉県として珍しいデイケア・ナイトケアプログラムは、多彩な内容でそれぞれ特徴を持って活動しています。レクリエーション、旅行、農園作業、タオルケーキの作成など自主的にスタッフのサポートのもと運営されています。大きいリビングのようなスペースでメンバーさんが思い思い過ごしている居場所もここの施設の特徴でもあり、ここに通えることは、幸せだと思いました。

メンバーさんが、生き生きとできるように、スタッフの温かさと厳しさとで見守っているのを感じました。

時間の余裕も無く、心を残しながら、1145分ごろ、麗澤大学に向かいました。

大学構内のレストランまんりょうにてランチを頂き、素晴らしい構内の散策、なんじゃもんじゃの木(ヒトツバタゴ)を眺め、モラロジーについて、道徳科学の説明(TV観賞)を受けました。

14時麗澤大学出発,一路我孫子へ。車中、自己紹介をし、トゥ ハートへの参加をお願い致しました。

デイケア施設るえかの見学、クリニックの方々に感謝と共に、各々が、何かを感じた一日であったことと

思います。

活動