第24回作品紹介

このページは……
本サイトで保管している作品の中でも
特に良作、力作であるものを不定期に紹介します。
作品への感想はこちらや本スレまでお寄せください。

※各ジャンルごとの紹介作品数は回によって異なります。
また、作品の選考基準は管理人の独断と偏見に依りますことを
あらかじめご了承ください。


■見るゲ・やるゲ
アレックスとバレンタインと9人の少女
アレックスとホワイトデーと9人の少女
2014年2月12日、フライングで投下されたバレンタイン見るゲと
2014年3月19日、遅刻で投下されたホワイトデー自作戦闘やるゲ。
それぞれ複雑な事情を抱える少女たちと心を通わせながら
親睦を深めてゆくのがバレンタインの展開でありますが、
ホワイトデーではそれが一転、アレックスと少女たちは
世界規模で繰り広げられる陰謀へと否応なしに巻き込まれていきます。
望まぬ戦い、復讐のための戦い、そして守るための戦い。
戦況はそれぞれ異なったものでありますが
そのことを一番端的に表しているのが敵ごとに全く異なる戦術と、
それを成り立たせている戦闘バランスではないでしょうか。
戦闘自体は非常にシンプルな自作戦闘ではありますが
演出面での盛り上がりが大きく、そしてまた敵によって
全く違った戦い方を繰り広げる必要があるため、
同じ戦闘システムで9回戦っても最後まで戦闘自体に
飽きることがないといった具合に、非常に高度にバランスが取られています。
また、演出面についても既存の素材をフル活用しながら
不足を全面的に補いつつ、BGMについては全てが自作素材という
その妥協のなさにはただただ感嘆するほかありません。
スレ投下は短編、大作は祭りという近時暗黙裡に共有されていた
一種の流れに真っ向から反して、スレ投下中編かつ続編の存在を
明確に示しているという、新たな刺激をスレへと与えた「風」のような作品。
厳選してラインナップして参りました10代目保管庫作品紹介でしたが、
これはそれらの中でも一際オヌヌメの作品です。

追記:
新規シナリオ見るゲ+バレンタイン&ホワイトデーにも
それぞれ追加要素を添えて同梱した3in1仕様作品
『9人の少女シリーズ外伝-アレックスとGWと9人の少女』は
VIPRPGツクール GW祭2014からDLできます。DLはこちらからどうぞ。

追記2:
バレンタイン&ホワイトデー&GW、
そして全ての完結編となる「最終戦争」のシリーズ全四作品を収録した
『アレックスと最終戦争と9人の少女』は
VIPRPG紅白2014からDLできます。DLはこちらからどうぞ。


■なにこれ
負けられない理由がここにある
マンネリ化した魔王把握に飽き飽きしたアレックスは
リナの一言であるいたずらを思い付くのだが、
それはとんでもない勢いで波及効果を拡散させていった……
乱れに乱れきった衆人環視の中での乱痴気騒ぎ。
最早誰にも止めようがないと思われたカオスに
終止符を打つのはやはり彼であったが、
本人確認はそれでいいのかよ!!と思わず突っ込まずにはいられない。
とにかく中盤、魔王逮捕以降の誰の手にも負えなくなった
性の乱れと呼ぶことさえ憚られるそのひどさは括目して見よ。

のっきゅんのうた
「自分の欲望だけを詰め込んだ」結果がこちら。
私から敢えてとやかく評すべきものは何もない。
×△× < Don't think, but see and feel it.


■サンプル・講座など
ジャンプバグ活用法
見るゲでもやるゲでも不本意な挙動の原因となり
場合によってはバグの温床ともなり得るジャンプバグ。
その解決法を簡単に説明するにとどまらず
この講座ではジャンプにまつわる仕様にまで
網羅的に解説が加えられております。
それだけでもこの処理を採用するにあたっては
是非とも確認しておきたい事項のオンパレードですが
例によってミニゲームまで盛り込んでいるのだから末恐ろしい。
逆手に取れば逆に表現の幅を広げることさえできてしまう
ジャンプバグ、貴方も是非この講座で学び、手中に収めてみては。



 

■トップ