17・18・19日
1
20日
2
21日
3
22日
4
23日
5
24日
24日
25日
26日
27日
10
28日
11
29日
12
30日
13

日程表
ネパール・ゴレパニトレッキング(8)
2010年10月25日(月)

ランドルン (1,565m)滞在  
Home








痛みと不安で、眠れぬ夜を過ごしました。
ベッドに腰を下ろし、ドアの外を見ると、
昨日は見えなかったアンナプルナ・サウスがどっしり構えています。
眩しすぎる山を見ていると、沈んだ心がフワッと軽くなるようでした。











痛み止めが効き、ベッドに腰掛けるのがいくらか楽になりました。
それでも、峠を越えたりしながら下って行くことは今の私にできません。

昨夜、いちじんさんと相談して二つの方法を考えましたが、結論はでません。
@このままランドルンに滞在し、歩けるようになるまで待つ。
  カトマンズ発のエアチケットは10月30日、それに間に合うか心配。
Aヘリをチャーターする。
  どれくらい費用がかかるのか、あるいは保険が適用されるのか心配。


朝食の前にラムさんが部屋に来てくれ、これからのことを相談。
その結果、ヘリをチャーターしてもらうことになりました。
私が痛みに苦しんでいるころ、ラムさんはあちこちに連絡をしていたようです。
東京の旅行会社を通じて保険会社へ照会中とのこと。
保険が適用されるかはまだ連絡待ちですが、いくらかホッとしました。







昨夜同宿したカズミさんとカナさん。
これからアンナプルナ・ベース・キャンプ(ABC)まで行くそうです。
出発前に記念写真と撮らせてもらいました。

怪我をしなかったら、いろいろな話をして楽しい夜を過ごせたはずなのに。
でも起こってしまったことは仕方ないです。







遅めの朝食を終え、9時を過ぎてもただ山を見ているだけ。
それはそれで幸せなことかもしれません。


「私は大丈夫だから、ラムさんと散歩に行ってきて」
「じゃあ、そうしようか。昼までには帰ってくるからな」
そして私は部屋で休むことにしました。








部屋の前から自分のカメラでシャッターを切ってみました。
そうすることで、元気になれそうな気がしたからです。


相変わらず寝返りを打つと、腰に激痛が走ります。
それでも1時間ほどぐっすり眠れました。









小屋の軒先に干してあるトウモロコシ






宿のおかみさんは一日中、トウモロコシの種を取っていました。






12時過ぎにいちじんさんが帰ってきて昼食。
あまり食欲がありません。
カメラを向けられも笑顔を作る余裕もなし。





日本の保険会社から連絡が入り、
しばらくしてシンガポール支店から電話がありました。
応対してくれたのは日本人女性です。
状況を聞かれ、これからドクターの問診があると言います。
言葉が・・・、と心配していたら、同時通訳が入るので大丈夫だそうです。
彼女に話した内容とほぼ同じことをドクターにも伝えました。

しかし、まだヘリのチャーターが保険の適用に当たるか返事はありません。






昼食のあと再び、いちじんさんとラムさんは散歩に出かけました。

部屋の外から賑やかな声がしてきます。
子供たちが何かの遊びをしているのでしょう。
他に聞こえる音はありません。
ただ子供の遊び声だけ。

何を面白がっているのか、
どんな遊びをしているのか。
甲高い声はどことなく懐かしく、
うとうとしながら、いつまでも耳を傾けていました。







思ったより早くいちじんさんとラムさんが帰ってきました。
そして、保険が適用されると連絡があったことを知らせてくれました。
明朝一番にカトマンズを発ち、ランドルンに8時半ごろ到着するとか。
ホッとして部屋から出てきてお茶。







夕方近くなると山は見えなくなってしまいました。







うとうとしながら聞いていた子供たちの遊び声は、ここからしていたのです。
すっかり静まり返っていました。

この先は農村の風景が広がってきます。
ゆっくり歩いて行きたかったのに。






昨日、登ってきた道。
ここの門を潜って数時間後、事故が起きたのです。








今夜はたくさん泊まり客がいました。
少し話をしたのはフランス人。
ABCへ行ってきたそうです。
ベースキャンプのロッジは、とても混んでいたとか。

日本に帰ってから知ったことですが、
ルクラ行の飛行機が何日か欠航したので、
エベレスト街道を予定していた人たちの多くが、
アンナプルナBCを目指したそうです。
私たちが行ったプーンヒルもごった返していました。
普段はあれほど混まないのかも知れません。







いつもより豪華な夕食。
初めてピザやサラダを注文しました。
そしてフランス人が食べていたリンゴのフリッターが美味しそうと、追加注文。
しかし、私はあまり食欲が湧きませんでした。


明日は一気にカトマンズ。
それもヘリをチャーターして。


ページのトップヘ