17・18・19日
1
20日
2
21日
3
22日
4
23日
5
24日
24日
25日
26日
27日
10
28日
11
29日
12
30日
13

日程表
ネパール・ゴレパニトレッキング(5)
2010年10月23日(土)

ゴレパニ (2,874m)  プーンヒル(3,193m)  ゴレパニ (2,874m)   Ban Thanti(3,180m)  タダパニ(2,630m)
Home







午前4時。
カーテンを開けて外を見ると、
ひときわ目立つ白い山が藍色の空の下に。
星も見えます。
満月の夜の幻想的な風景に心が躍りました。






そわそわしながら、プーンヒルに向かう準備を始めます。








ヘッドランプの灯りを頼りに山道を登って行きました。
途中のロッジから出てくる人たちと合流。
列が長くなってゆきます。
少し歩くと息苦しくなるので、ゆっくりゆっくり歩きました。
それぞれ歩くペースが違うので、抜いたり抜かれたりして。

振り返るとアンナプルナサウスが月明かりにぼんやりと浮かんでいます。
1時間もすると、頂上に着きました。






月が沈んでゆきます。







ダウラギリの山頂に朝陽が当たってきました。
プーンヒルは人・人・人






ダウラギリ(8,167m)







ファング(7,647m)・アンナプルナサウス(7,219m)・ヒウンチュリ(6,441m)・マチャプチャレ(6,993m)







プーンヒルからの展望をたっぷり楽しみ、
7時ごろ下山開始。







ジグザグに下ってゆくたび、樹木の間に山々が見えハッとします。
登りのときは、ひたすら登るだけだったので感激です。



















ロッジに戻ったのは8時。
これから朝食です。





ロッジの前から見える山々。
昨日は雲の中だったからこそ、この景色がいっそう眩しく見えます。






(photo by いちじん)





出発の前、裏庭へ行ってみるとダウラギリが見えました。




プーンヒルでデジカメのバッテリーが終わってしまいそうでした。
カシャカシャ何枚もシャッターを押すのを止め、
ここ一番、と思う時に何枚か取るようにしました。
予備の電池を3組持ってきたのにみんなバッテリーが残りわずかです。
出国前に充電してきたのに、不思議です。
残念でなりません。





9時20分、ゴレパニを出発。

今日はタダパニ(2,630m)まで歩きます。
ゴレパニ (2,874m)より標高が低いけれど、
地図を見ると、途中のBan Thantiは標高3,180m。
登りがあるので体力的にちょっと不安です。





(photo by いちじん)


森の中を抜けて振り返ると、ダウラギリが見えました。






(photo by いちじん)

アップダウンを繰り返して来た道を振り返ります。





(photo by いちじん)

だうらぎりはいつまでも見えていました。






(photo by いちじん)

まるで夏のように汗をかき、水が美味しいこと。






(photo by いちじん)


ダウラギリがよく見えるポイントでみんなひと休み。
やぱっり登りは疲れます。





(photo by いちじん)

無邪気なラムさん
再び森の中を歩きます。







もう一度、ダウラギリが見えるポイントに着きました。
気温が上昇するとだんだん雲が出てきます。






(photo by いちじん)

こんな森も標高2500mよりはずっと高いところにあります。






(photo by いちじん)

しばらくは木々の間からアンナプルナが見え隠れしています。
それがとても不思議です。
日本なら下山を始めれば山の頂は見えなくなってしまうから。






(photo by いちじん)

ここがBan Thanti(3,180m)でしょうか???
11時20分ごろ到着です。






ここも人・人・人・・・
今がベストシーズンなのでしょう。

ここで昼食かな・・・
お腹が空いてきましたが、まだ、12時前。
ゆっくりお茶だけ飲みました。



ここを過ぎると急な下り坂が続きました。
登ってくる人は、それはもう大変そうです。







(photo by いちじん)

ちょっと、休憩。
靴ひもを締めなおします。





(photo by いちじん)

13:00過ぎ、川を渡ったところにあるロッジで昼食。
「こんにちわ」と声を掛けてくれた人がいて、
私が座ったテーブルに近づいてきてくれました。
日本人に会うと嬉しくなります。
なぜって、おしゃべりができるから。
彼女は世界一周ひとり旅を続けているそうです。

今までたくさんの外国人と出会いました。
でも、片言の英語しか分からず、
意志の疎通が難しいのです。
それはそれで楽しいのですが・・・

英語を勉強しなくては、と強く思いました。





(photo by いちじん)






(photo by いちじん)




この辺りから、ポーターさんが先を急ぎました。
どうやらタダパニの宿が混雑しているようで、
予約をしに行ってくれたのです。









15:40タダパニ到着。
まだまだ歩けそうでしたが、今日はここで宿泊。
ゆっくり歩いたので、思ったより疲労はなかったです。
雲の中にはアンナプルナが見えるのでしょうか。

ポーターさんのお陰で東側と北側に窓がある部屋を取れました。
二つ窓があるのは開放的で快適です。










(photo by いちじん)

ロッジのレストラン
今日は宿泊者が多いので交替で食事をします。
6時に予約をして散歩に出かけました。






(photo by いちじん)








(photo by いちじん)

マウスオーバーで今日歩いてきた道が大きくなります。











5時20分。雲が切れ、夕陽に染まるマチャプチャレの頂が見えてきました。
私のカメラもカシャ、と切れたのです。









夕食前にひと休み。







(photo by いちじん)







ページのトップヘ