17・18・19日
1
20日
2
21日
3
22日
4
23日
5
24日
24日
25日
26日
27日
10
28日
11
29日
12
30日
13

日程表 ネパール・ゴレパニトレッキング(4)
2010年10月22日(金)
Nangga Thanti (2430m)  ゴレパニ (2,874m) 
Home








昨夜はとうとう雨になりました。
このところ毎晩のように降っています。
でも、朝までには上がっているので助かります。

昨夜、私が部屋に戻ってから、いちじんさんは日本人の男性と話が弾んだようです。
彼はこのロッジの娘さんと結婚していたとのこと。
出発前に家族と記念写真。
(ご夫婦の両端は義母と義弟)






左がレストラン、中央の2階建てがロッジ。

9時ごろ出発しました。
今日は展望の良いゴレパニへ行きます。
どんなところなのか、どんな風景が見えるのか、ぜんぜん予測がつきません。
何しろ、急きょ歩くことになったトレッキングコースです。
下調べがまったくありません。
ラムさんは、あと少しで着きますよ、と言ってくれました。






2000mを超えているのに、まだまだ樹木がいっぱい。
どこまで行けば森林限界になるのでしょう。








石碑がなければ、まるで日本の低山を登っている感じです。








出発して1時間ほど。村が見えてきました。
稜線も見えます。登りつめたところがゴレパニでしょう。




















青空が見えてきました。
ピーンヒルは明日の早朝、登る予定ですが、
天気が回復しそうなので、このまま登ってみたくなりました。







馬はこの街道になくてはならない動力です。







10時40分。宿泊するロッジに到着。
青空はどこかへ隠れてしまいました。
このままプーンヒルに登るのは諦めて、明日の朝にしましょう。






まずは、マサラティーでひと休み。
まだまだ元気があります。













部屋に案内してもらい、ひと休み。






道沿いの角部屋で、窓も大きく快適です。
お天気さえよければ、どんなに眺めがすばらしいことでしょう。






汗でびっしょり濡れたシャツや下着などをロープにかけて干しました。
曇り空なので乾くかどうか?







昼食にはまだ早いので辺りを歩いてみたくなりました。
いちじんさんは、部屋にいる、と言うので私ひとりです。
タトパニへ続いている道を少しだけ下ってみました。








雲の中にヒマラヤの山々があるのでしょうか。
いったいどんな風に見えるのでしょう。














11時40分。ロッジに戻ってきました。
宿の人が取ってきたばかりの野菜を洗おうとしています。
ほんのり苦味があり、油と相性が合う野菜です。
今まで何度も食べてきました。






お昼はヌードルを注文。






昼食後、ラムさんと地図を買いに行きました。
どこをどう歩いているのか、次の目的地までどのくらいあるのか。
それを分かって歩いている方が楽しいからです。






途中でバナナ売りのおじさんに会いました。
棒の両端に籠を下げ、ひとつはバナナ、もうひとつは日用品を入れて売っています。
待ってました、とばかり人が集まってきました。
私もラムさんに買ってもらい、デザートに。
それにしても、このおじさんはどこから来たのでしょう。






(photo by いちじん)

地図を買ってロッジに戻ると、いちじんさんも外へ出てきました。







午後1時、ロッジの裏庭に行ってみました。






さきほど洗っていた野菜はこれでした。








薪の向こうに、アンナプルナが見えるのでしょう。
こんな天気も運でしょう。
それを残念がらず、今、アンナプルナの麓にいる、という思いを楽しんでいました。





まだ、午後2時前です。シャワーを浴びることにしました。
こんなふうにゆったりと時間を過ごすのは、なんて贅沢なこと。










午後4時。
いちじんさんと二人でゴレパニの村を歩いてみました。































もうすぐ午後5時。だんだん寒くなってきました。













ロッジに戻り薪ストーブの前でしばらく暖を取っていました。
ここで働いている少女はとても人懐っこくてかわいいです。
写真を撮らせてもらいました。







外が明るくなってきました。







どうやら、こちらの方面にアンナプルナが見えるとか。


「山が見えてきた〜」
いちじんさんが先か私が先か?
ほとんど同時に興奮気味に言いました。






雪を頂いた山がほんの僅か見えました。
もうすぐ日が沈みます。
それまでに、何とか姿を現して欲しいと、待ち続けました。







5時:35分。
アンナプルナサウスが頂きを現してくれました。








5時45分。
月も登ってきました。
満月のようです。

飛行機がルクラに飛んでいたら、そろそろタンボチェかな〜。
マニリムドゥの仮面舞踏祭も見られなかったな〜。

ふと、そんなことを思いめぐらしました。







6時を過ぎて夕食。
明日はどんなお天気でしょう。




ページのトップヘ