おいでませ珍牛工房♪

HP開設日:2003/3/15~  最終更新日:2017/7/2

Twitterへのリンクを削除


 非常にわかりにくいのですが天望回廊から撮影した1枚、右奥にある半円状の物が東京ドームだったり。

=11/17(土)~11/18(日)=


企画にちょこっとか関わっていた関係で会社のオフラインイベントに招待された事もあり、

土曜日の昼過ぎから東京方面に潜り込んでちょこまか動き回っておりました。


イベントそのものは2回ほど肝の冷える場面はあったものの、大きなトラブルも無く無事終了。

子供達が積極的に企画に参加してくれていつもとは違う盛り上がりになったんじゃないでしょうか。

自分のプレイ動画であれだけ一喜一憂して貰えるとは思いもしませんでした、ただただ感謝です。

イベントの運営に関わられた皆さん&招待で来て頂いた皆さん、本当にお疲れ様でした。



で、打ち上げやら何やらも済んで翌日を迎えたわけですが

帰る前にちょっくら観光しておこうと思って訪れたのは「東京スカイツリー

現地入りしたのは10時過ぎだったのですが、予想以上に観光されている海外の方が多く

チケット売り場に入るまでに30分近く待つ形になりました;-_-)
 

 

来月に映画を公開する事もあり、高さ450mに位置する天望回廊では

ドラゴンボールコラボなんかもやっとりました、フォトスポットやらグッズ販売などなど。

エレベーターまでもドラゴンボール仕様という徹底っぷり、ファンの人は是非足を運んでみてくだされ。


前回の映画は期待に反して後半がイジメっぽくなっていたのが残念でしたが、

 今度は相手がブロリーなのでそういう事はまずないでしょう、是非観に行きたいと思います。
 

 

スカイタワーの位置的に「雷門」が近いという事もあり、続けて足を運んでみる事に。

海外の人にも人気の観光スポットなんでしょうね、こちらもかなりの賑わいっぷりでした。

提灯のでかさに圧倒されつつも門をくぐり、中見世通りを渡って「浅草寺」へ。


情けない話が、ご利益について理解しないまま「常香炉」に線香をあげたりもしていたのですが

頭に煙をかけてみたところ、何か悪い物が祓われたような感覚を覚えました。

その後は中見世通りに戻り、「雷おこし」を購入して帰路へ・・・・・・というのが今回の東京遠征の流れです。
  


 試合終了直前まで直射日光がキツかった・・・

=11/10(土)=


アルバイト時代の先輩らと久々にサッカー観戦のため長居スタジアムへ。

セレッソ大阪 VS 川崎フロンターレ、後者はリーグ1位で今日の結果次第では優勝決定という状態。

前半は殆ど動きが無い、むしろセレッソ大阪側が守りに回るシーンが多かったものの

なんやかんやあって後半にセレッソ大阪が先制点→後半終了直前にPKで追いつかれる展開に。

これで終わりかと思いきや、アディショナルタイムでセレッソが2点目をあげ試合終了。

この時ばかりは前に座っていた人とハイタッチするくらいに盛り上がりましたよ、こういうノリは現地ならでは´・ω・`)b


結果としてはセレッソ大阪がホームの意地を見せる形、また機会があれば観に行きたいですね。

(川崎も2位のサンフレッチェ広島が負けたため2年連続でリーグ制覇、おめでとうございます)
 

 スパロボシリーズではほぼ皆勤賞になるマジンガーZ、やっぱりかっけえっすな

試合終了後は難波まで戻ってから酒盛り→買い物をしてこの日は解散。

ソフマップなんば店は最近リニューアルオープンされたらしく、ガラッと内装が変わっていて驚きました。

特に1Fがe-sports関連の店になっており、PCだけでなく椅子にまで力を入れるこだわりっぷり。

(店の片隅でPUBGのフライパンが大量に置かれているのが印象的でしたよ・・・・・・)
  


1ホール目にて、ここまで深い霧に覆われたのは竹田城跡地に足を運んだ時以来。  昼食券で注文したビーフカレー、スプーンごしに指とか映っちゃってますが気にしない。 

=11/4(日)=


学生時代の友人らとゴルフをしに「奈良白鳳カンツリー倶楽部」まで遠征をば。

早朝から大阪近辺で合流して高速経由で現地まで移動、着替えと練習を済ませていざ本番。


・・・・・・このゴルフ場、料金は比較的安いためか利用者がかなり多かったのに加えて

一部のコースがえげつない形状をしていたため1ホールあたりのプレイ時間がどんどん伸びていき、

午前9時半のスタートにも関わらずホールアウト出来たのが午後5時半という結果に。

芝生のメンテナンスもかなりいい加減だった事もあり、果たしてリピーターがどれだけいるのか気になりました。

(あ、でも帰り際に受付で見かけた名物らしい猫は凄く可愛かったです)


今回はトリプルパーまでキッチリ打つというルールで進めてみたところ

パー72の2.5倍くらいの打数がかかる結果に、後半はボロボロなんてもんじゃありませんでした。

前日に調達したドライバーに関しては思っていたより扱えていたものの、

ユーティリティーにしろアイアンにしろ、ちょっと傾斜がつくと勝手が変わってしまうので

こればっかりはホールを数こなして慣れていくしかありませんか;-_-)


ゴルフ終了後はかるく風呂に入ってから大阪に戻って夕食→解散という流れに。

数年前に打ちっぱなしに誘われた時は、まさかこんな事になるとは思いもしなかったですが

色々と教えて頂きありがとうございました、また時間的な都合が合えば一緒に回らせてくださいませ。
   


 久々にサバイバー側で全種類「虹」評価を取得、この時は最後に長時間ナースに追いかけ回されて大変だったとしか・・・・・・

=10/27(土)=


平日に受けていたゴルフのレッスンなどと合わせて、3日連続でゴルフの練習をば。

「キレイに打とうとするんじゃなく、キレイなフォームを作る事を意識しろ」というアドバイスが効いたのか

強い苦手意識を持っていたテイクバック部分が改善されて

フルスイング時の飛距離が15~20ヤードほど伸びたのが素直に嬉しいです。

(7番アイアンでの最高飛距離が現状では135ヤード前後)


Dead by Daylight(PC版)、何やらムービー付きでハロウィンイベントが始まったものの

発電機を直すゲームから蜜を集めるゲームになってしまったでござる。

キラー側は蜜付きのフックが出るようになるのでそれに吊るせばイベントポイント入手なのに対し、

サバイバー側は蜜集め用の専用オブジェクトに接触して収集アクションをしないといけないので

メインの目的である発電機の修理が遅れてしまう
、という状態に。ポイントは結構美味しいんですが・・・・・・。

(前回のバーベキューイベントでは発電機が変化するタイプだったので本来の目的を損ねなかった)


コレを書いてる時点で進捗は50/60、1人分たまった瓶はレイス君につぎこみました(´・ω・`)

サバイバー側・キラー側の瓶カウントは最初別々だったものの、途中から共通化してくれたのは

どちらかしか遊べない人への配慮にもなっていいと思います。


また、ハロウィン期間に入ってsteamでも色々とセールがかかっており

このゲームのDLCも軒並み30%OFFになっていたため「ドクター」と「ナイトメア」入りの物を購入。

これで現状では全種類のサバイバーとキラーが開放済み、とりあえず熟練チャレンジから入りましょうか。
 


   

=10/21(日)=


会社の方とゴルフをしに「琵琶湖レークサイドゴルフクラブ」まで遠征しておりました。

日程が突然決まった感じだった事もあり、前日に急いで近所で練習+ゴルフバッグを調達。

コースを回るのはこれで3回目、前半9ホール→昼食→後半9ホールと行った流れに。


北コース・中コース・南コースと3つのコースに分かれているところ、

今回は北コース→中コースで回ってPAR「70」のところを「128」という結果でした。

パター練習が不足していたのがモロに結果に出ており、

力加減が上手くいかず、無駄に打数を重ねてしまうのは前回とあまり変わりませぬ;-_-)


ティーショットは今のところユーティリティー(3UT)で行っておりますが

時間に余裕があればドライバーの練習にも着手してみようと思います。
 

この時点ではまだ戦える、と思っていたのですが・・・・・・ 

XCOM2(PC版)、今月追加された物も含めた全DLC入りのセットが

steam上で66%割引がかかっていたので購入。

基本的にエイリアンと戦い続けるタイプの「死んで覚える」シミュレーションゲームで

Civilizationを開発している会社(Firaxis Games)が別会社の同作品をリメイクし、人気に火がついたという物。


初見という事もあり無印版、難易度は「ノーマル」にしてゆるゆると進めていたものの

2回目のミッションで操作ミスを多発して3人死亡+1人重傷、

3回目のミッション3回コンティニューをするハメになるなど出だしからボロボロ。

①マインドコントロールされた味方Aが味方Bを射撃

②負傷によってパニック状態に突入した味方Bが味方Aに反撃

③運悪くクリティカルヒットになってしまい味方Aが即死


・・・・・・といった映画のような死に方を経験する事になろうとは思いもしませんでしたよ、ええ´;ω;`)


1stプレイはちょっとした物資強奪ミッションで主力部隊が全滅、

この時点で敵(エイリアン)側の目的ゲージのような物が8割がた進んでおり、

ほぼ「詰み」状態に陥ったと言っていいので再スタートしようと思っております。



次のXCOMプロジェクトはきっと上手くやってくれるでしょう´∀`)
 


 子供が遊ぶスペースなんかも用意されているからか、家族連れで来てる人が多かったです。 「金澤濃厚中華そば 神仙」の肉盛りラーメン(+卵トッピング)、950円 

=10/14(日)=


地元の友人らと万博記念公園で行われていたフードイベント「まんパク」に参加。

去年と異なり、早い段階で会場入りしたので座る場所の確保やお店に並ぶ時間は短く済みました。

出展する店舗は年ごとに3割ほど入れ替わっているんでしょうかね。


コロッケハンバーガーラーメン小籠包と頂いたところでギブアップ。

もっと食べられると思ったのですが、もう胃袋は若く無いという事でしょう-_-)

最後にミックスジュースを購入して退出し、エキスポシティをぶらぶらして帰りましたとさ。


このイベント、本当に色々な物を食べてみたいなら2日目・3日目と足を運ぶべきなんでしょうね。
   

案外、使うキラーさえ選べば紫ランクでも通用しているようで・・・・・・ 

Dead by Daylight(PC版)、先週に引き続きキラー側の「熟練の●●」チャレンジに着手して

ピッグクラウンハグハントレスナースのそれぞれで目標を達成。


中でも苦労したのはハントレスナースの二人、

ハントレスに至ってはこれまで遊んで来て今回が初使用だった事もあり

サブ武器のハチェット投げが決まらず逃げられ続けてばかり。

それでも6回目~7回目あたりで「呪術:女狩人の子守歌」がブッ刺さり

スキルチェックを失敗する人が続出、盛大に遅延してくれたので何とかなりました。

(呪いのトーテムが存在する間、サバイバーを吊る度にトークンが最大5つまで溜まり

どんどんスキルチェック失敗時のペナルティと事前の効果音ズレが酷くなる)



ナースに関しても最初はぐるぐる逃げ回られるだけでどうにもならなかった所が、

3回目あたりで短距離のブリンクならある程度狙って当てられるようになり、

5回目あたりで状況によってはブリンク回数を1回に抑えた方がスタン時間が短くなる事に気づく、

そこから1時間ほど粘り、運良く発電機が画面端に偏ったので巡回しつつ

サバイバーを追いかけ回して半ば強引に全滅、クッソ疲れましたが・・・・・・つД`)・゚・
  

単に相手との回線の調子が悪かったのか、純粋にハグを嫌って切断されたのか未だに分かりませぬ 

こちらがハグちゃんで初挑戦した時の試合結果なのですが、

ローディング画面中のキラー予告で2人切断、儀式開始から間も無く残りの2人が切断したため

ローディング画面から1分程度で全員殺害扱い→実績解除という結果に。

下手すりゃ世界最速で達成しているのかも知れませぬ;´・ω・`)
 


=10/7(日)=


前の職場の方々と何かしらの映画を観に行く事になり、

それだったらと自分の希望で「プーと大人になった僕」を鑑賞する事に(公式HP

「クマのプーさん」の続編にあたり、クリストファー・ロビンが家庭の事情で100エーカーの森を去ってから

妻子を得て、戦争を経験し、会社勤めで仕事に忙殺されている所へプーさんがやってきて・・・・・・という展開。


ピグレット、イーヨー、ティガーなどの懐かしい顔ぶれは実写になっても殆ど違和感が無く、

大人になったクリストファー・ロビンに向けられた、純真無垢なプーさんの一言一言がとにかく「刺さる」

予告編を観た時に「あ、これ観に行ったら絶対泣くやつだ」とは思っていたものの

レディ・プレイヤー1の感動を越えていくのは全くの予想外でしたよ・・・・・・つД`)・゚・

(子供の頃にアニメで観ていたクマのプーさんの知識があったからこそですが、

この日記を書きながらでもボロボロ涙が出ているあたり相当来る物がありました)



最終的にクリストファー・ロビンの妻子も巻き込んで大騒動となりつつも、

上手い所に落とし込んであのラストシーンに持って行くあたり安心のディズニークオリティ。

心から観て良かったと思える素晴らしい作品でした。
  

レイス君。スキル強化に加えて視線や心音を消すアドオンの効果も加わって非常に強くなりました。  マイケル(シェイプ)、使ってみても楽しいですが心臓に悪いので個人的に一番相手にしたくないキラーだったり。 

Dead by Daylight(PC版)、キラー側の「熟練の●●」チャレンジ進行中。

前回更新時からヒルビリーレイスシェイプトラッパーカニバルでそれぞれ達成。

いずれも1~3回目くらいで済んでいるので、今のところは順調だと思います-_-)


その中でも、前回のバージョンくらいから大幅に強化されたレイスがとにかくヤバイ。

透明化解除後の加速(暴風)効果がデフォルトになるだけでこうも楽になろうとは思いもしませんでした。

それに加え、固有パーク縛りのためつけていた「血の追跡者」が殴った相手を追うのに凄く便利、

(生存者の血痕を強調表示+表示時間を2~4秒延長)

こういう発見があるからこそ、このチャレンジがますます楽しくなって来ましたよ。
 


=9/30(日)=


約2か月ぶりにゴルフのホールを回っておりました、今度はハーフラウンド。

夕方スタートだったので1~2ホール回ったあたりで暗くなってしまい、打ったボールが見つけにくい;-_-)

あと、敢えて残していると思われるのですがいい感じに育ったキノコを至る所で見かけました。


スコアの方は・・・・・・、ルール上最悪の打数から2打少ない程度と散々な結果につД`)・゚・

とは言え後半になるにつれてユーティティ―の精度が上がっていたので凄く楽しかったです。

3打でグリーンに乗せてからパターで4打かかったりしているので、

短い距離のコントロールをもっと練習せねばなりませぬよ。
 

DBD初の日本人キャラクターとなる、新キラーの山岡 凜ちゃん(スピリット)。個人的には黒い着物を着せてあげたい(白いのは実装済み) 

Dead by Daylight(PC版)、新DLC(断絶した血脈)が追加されたので購入をば、

サバイバー(アダム)はすぐに育てたのですが、キラー(スピリット)を本格的に使い出したのは

スキルのリチャージタイムが短縮(20秒→15秒)された2.2.1からだったり。


固有パークのみで全滅する必要がある「熟練の●●」、彼女で挑戦してみたところ2回目で達成。

条件付きですが、ぶつけられた板をカウンターで破壊出来る「怨霊の怒り」に加えて、

発電機の修理完了後、オブセッション状態のプレイヤーから即ダウン&メメント可能になる「怨恨」、

呪いのトーテムに紛れ込ませて一時的に全員を無防備状態に出来る「呪術:霊障の地」と

それだけで十分戦えるくらい強い、他のキラーとの相性もいいんじゃないでしょうか。

固有スキルのフェイズウォークも、サバイバー側からしたら心音範囲外からいきなり奇襲を掛けられるといった

非常にホラーゲームらしい挙動をしてくれるのでいい感じのキラーだと思います。


スピリットと一緒に「最後のお楽しみ」欲しさでマイケル(シェイプ)も購入していたりするので、

余裕があれば他のキラーについてもぼちぼち「熟練の●●」を狙ってみようかと(´・ω・`)
  

名前は伏せますが切断したのは海外の3人パーティー、流石にキラーも同情してくれたのかこの後はお互いにポイントを稼ぎ合って終了。 

こちらのスクリーンショットについて最後に一言、

開始1~2分で自分以外(故意の)切断とか勘弁してください!!つД`)・゚・
 


入口から真っ直ぐ進むと見える看板、こういうデザイン大好きです。   会場付近に展示されていたボーダーブレイクの機体(輝星・空式)、そう言えばPS4版出たんでしたっけか

=9/21(金)~9/22(土)=


初めてとなる「東京ゲームショウ2018」に参加しておりました。(公式HP

今回はとある事情で特別招待者チケットを頂いた事もあり、

「ビジネスデイ」と「一般公開日」の1日ずつ足を運ぶ形に。


前日のお仕事終了後、京都駅まで移動して夜行バスに飛び乗る。

時間ギリギリでの到着に加えて、バスターミナルの出口を思いっきり間違えて焦りました;-_-)

夜行バスの道中では雨の影響なのか高速道路上で事故による渋滞が発生、

迂回して目的地へ向かう事になったので1時間半遅れで新宿に到着。


身体を洗うためいつも使っているメンズサロンへ向かい、1時間ほどくつろいでから東京へ。

料金は同じでも「山手線」より「中央線」を使った方が移動時間の短縮になる、

というのは今回の遠征で初めて知りました。
   

真っ先に飛び込んで来たのがこの光景、ぷよぷよもe-sports化の波に乗りましたね。 
廉価版のアーケード筐体(アーケード1UP)が販売される関係からか展示されていた、初期のスペースインベーダー筐体。  今年新作が発表されるFalloutのマスコットキャラクター「Vault-boy」、会場にいた時は「Pip-boy」と間違えて呼んでました・・・・・・。  スクエニ物販ブースに展示されていたSa・Gaシリーズのイラスト、右上のせんせいがカッコイイです。  和風ダークソウルと言われているフロム・ソフトウェアの新作「隻狼」の展示 

なんだかんだでビジネスデイ(2日目)の会場入り、

入れる人が制限されている事もあって会場内は余裕を持って移動して回れる感じでした。

適当な写真の置き方ですが、各ホールの概要をまとめると以下の通り。


【1~3ホール】
コーエーテクモ、ガンホー、レベルファイブなどの大手メーカーだけでなく
海外のメーカーや、専門学校などの学生作品展示が多かったのがこちらのホール。
授賞式用のイベントコーナーもここでしたが、ビジネスデイでは何も行われていなかったので静かでした。

【4~6ホール】
セガ、スクゥエア・エニックス、KONAMIと言った大手メーカーが最も固まっていたホール。
スマホ関係のアプリもこちらに集約されており、カイロソフトも参加されていたのが個人的に驚きました。

【7~8ホール】
カプコン、ブシロード、D3パブリッシャーはこちらに配置、モンスターエンジンの無料配布なども。
twitchによる動画配信、今年になって爆発的に増えたVtuberのコーナーが目立っていたホール。
PUBGのブースもここにあり、ビジネスデイでも大会が行われていたので人の数は常に多かったです。

【9~11ホール】
物販コーナーに加えてインディーズゲーム・VRなどの体験型ゲームが配置。
e-sports関連のイベント会場が2ヶ所設置されていたのですが、
ビジネスデイでは全く稼働していなかったので静かな物でした。

【イベントホール】
去年のニコニコ超会議では「超歌舞伎」が行われていた場所がこちら。
東京ゲームショウでは子供向けのゲーム体験ブースとフードコートが配置されており、
かなり自由に座って休める休憩スペース的な感じになっていました。



ビジネスデイの動きとしては1~8ホールを軽く回ってからイベントホールで軽く休憩、

そこから9~11ホールの物販コーナーをぶらぶらして再度1~8ホールに戻る。

試遊はスイッチの物(ショベルナイト、CAT QUESTⅡ)に軽く触れたくらい、もう一つありますがそれは後述。

最後に観戦したPUBGの企業別対抗戦(第2試合)が非常にアツかったです、バンダイナムコ強し。


ひとしきり回った感想としては去年以上にe-sports関係の展示が増えたのかなと。

ぷよぷよ、パワプロといった歴史のあるタイトルも加わっていたり、団体も色々と出来ました。

気付いたら自社のプロゲーマー社員も倍以上に増えていたりしますしね~(´・ω・`)
  

夕食に頂いた鶏肉・豚肉・牛肉入りプレート。食べた直後、盛大に腹をくだすのはまた別の話・・・・・・;-_-) 

初日のイベント終了後は秋葉原に向かい、従弟と合流をば。

ゲームマーケットの時に頼んでいた御遣いの代金をようやく渡せたので一安心ですよ。

(前日の日記に掲載していた「ふくろと金貨」がその対象、すぐに一般販売されましたが・・・・・・)


近辺のアナログゲームショップを軽く回ってから夕食を済ませ、再度買い物へ向かう事に。

前の物が使いだして4年になる事もあり、ダンボー型のモバイルバッテリーを新調しました。

やる事が全部済んだ後は新宿まで戻ったところで解散、この時点で足も腰も限界だったので

着替えをコインロッカーから回収してすぐにネットカフェに飛び込みましたとさ。


 

 

翌日、一般参加日も同じような時間に海浜幕張駅へ向かう。

そのまま直帰する予定だったのでコインロッカーも東京方面で探そうとした結果、

京葉線側の東京駅周辺だと案外空いている場所が多くて助かりました。


そして幕張メッセに関しては事前に会社の人から「入るのに4時間かかった」と言われていたので

かなり警戒していたのですが、頂いたチケットを使ってみたところ20~30分くらいで会場入りに成功。

予想以上にヤバイ物だったという事を再認識させられましたよ・・・・・・;´∀`)


ゲーム関係・物販関係はキャンセル待ちが多発するほど混んでいたので

この日はイベントブースを中心に回っておりました、主にe-sports関連。

フォートナイトも多分シーズン3以降は触れていなかったので、最新の環境がどんな物かと観戦してましたが

「裂け目」を使ったワープ移動やトッププレイヤーの建築技術が変態じみてて言葉を失う。

スイッチ版にも移植されたりTOKIOがCMで踊っていたりとじわじわ人気が出ているようで嬉しい限り。
  

一部のプレイヤー間では「I think we did a pretty GOOD JOB so far.」の発言で知られるあのお方。 

そして、個人的に一番楽しみにしていた「Dead by Daylight」の開発者インタビューを見学。

開発視点の話をいくらか聴かせて貰えたので満足でございます。

動画配信者がじわじわ増えているものの、当初はそういう人を意識して作っていた訳では無いらしく

開発者的にオススメのキラー(キャラクター)は「ハグ」なのだとか。

(確かに、キラーが誰か分からない状態で罠を踏んだ時のホラーっぷりは異常ですが)


このゲーム、試遊スペースも設置されていたのでビジネスデイの時に遊んでいたり。

使用したのはデバッグモードの入ったPS4版で、サバイバーのみ使用可能。

キャラクターレベルは1ですがパークは全部揃っており、ブラッドウェブは項目そのものが消えてました。


使用キャラはネア、遠征前に自宅で遊んでいた時は出てこなかった新マップの「山岡邸」に飛ばされ

逃げ方が良く分かっていない新キラーに襲われた結果、全員生贄に捧げられましたとさつД`)・゚・ 

とは言え缶バッジを始めとしたグッズはしっかりと頂いたので大事にしようかと。




インタビュー終了後はPUBGのイベントを観戦して、電車が混雑する前に帰る事に。

参加された皆様、本当にお疲れ様でした。
 


会場近辺でポスターが全く見当たらなかったので、最寄り駅の物でご勘弁をば。 

=9/16(日)=


会社の好意に甘える形でロームシアター京都にて開催されていた「スーパーマリオオーケストラ」を鑑賞をば、

このタイプのコンサートに参加するのはいつぞやの「PRESS START」以来2回目でしょうか。

新旧のマリオ作品に関する音楽を演奏するイベントで、今回は「クッパが主役!?」という触れ込みもあり

クッパステージ・もしくはクッパ戦に焦点を当てた場面が多かったような気がします。

流している音楽に合わせて背後にゲームの映像も流してくれるので目でも耳でも楽しめるのが特徴。


全体を通して4回くらいは涙が出ました、FC~SFC時代の頃は特に遊んでいたので

メドレーとしての曲の繋げ方や、アレンジの仕方なんかも色々と楽しめましたよ。

「スーパーマリオギャラクシー」あたりからは元々のBGMがオーケストラ形式になっているため

ゲームで聴くのと生演奏で聴くのとで殆ど差が無くなっていたような気がしないでも無かったり。


主役はクッパ、ではマリオは・・・・・・と言うと最高のタイミングで登場して場を盛り上げてくれました。

こういう事が出来るから世界中で人気者なんでしょうねこのヒゲのオジサマは。

オデッセイの主題歌である「Jumo Up, Super Star !」も聴く事が出来て

大満足の素晴らしいコンサートでした、招待して頂いたK氏に感謝!!



・・・・・・コンサート終了後は塚口のとある居酒屋で友人らと酒盛りしとりました、まる。
 

プレイヤーレベルも99でプレステージ間近という状態、ここのあたりはオーバーウォッチなんかと同じですね。  遭遇バグその3、救助待ちで太い樹に隠れようとしたらスクリーンショットの状態で動けなくなったでござる。 

Dead by Daylight(PC版)、隠れたり修理したり吊られたりを続けていったところ

サバイバー側が最高の赤ランクに到達、・・・・・・と言っても翌日にランクリセットがかかりましたが;´∀`)

プレイ後のチャットで「fuck tingyu」と言われたりもしましたが、くじけず続けて良かったです。

(通電後でノーワン持ち相手に1人死亡・1人吊り・1人ダウンの状況だったら逃げ出すのもやむなしですが)


キラー側は・・・・・・、デイリーミッションの消化などで細々とはやってるものの

緑ランクあたりまで行くと逃げるのも隠れるのも上手い人ばかりなので

冗談抜きで赤ランクまで行ける気がしませんよ。
  


ブロッコリートスは吸いつかれるように自分の手へ、これで2回目とか運命的な物を感じないでも無い。  切り分けて頂いたケーキ、プレートの分け方が面白い事になっとりました。 

=9/15(土)=


専門学校時代の友人の結婚式(二次会)に参加をば。

きっかけは同窓会だったそうで、参加者の殆どは地元の方という感じに。

ビンゴ大会の景品に「お嫁さんの実家の新米引換券」が含まれているのは個人的に新鮮でした。


色々と大変だったのは知っていたので、こういう形で一段落されたのは嬉しい限り。

ご結婚おめでとうございます、末永くお幸せに!!
 


=9/9(日)=


健康診断は無事終了、とうとうバリウムを飲まねばならない年齢になっちまいましたか。

そしてお仕事方面では数年振りにとあるツールを触る事になったので

使い方を必死に思い出し中だったりします(´・ω・`)>


DanceDanceRevolutionAこちらの動画を観ていて今年で20周年という事を知り

自身の音ゲー知識を総動員して、1プレイ毎にアーティストを統一する縛りでプレイしてみたり。

TaQTAKANAOKIjunryu☆kors kDes-ROWBe For U・・・・・・などなど。

12プレイで体力が尽きて打ち切りましたが、それでも未消化の方がまだまだいる事に驚き。


その過程で、今更ながら感じさせられたのが削除曲も相当な数になっているという事。

smile.dk縛りを試そうとしたら現在は「butterfly」すら収録されていないんですね・・・・・・つД`)・゚・ .

遭遇バグ1、開始直後のポイントから動けなくなるという物。ここまでプレイして切断したのはこの一戦のみ。  遭遇バグ2、ゲート開放中にトラッパーの罠を配置されるとアクション後に身動きが取れなくなるという物。失血死まで放置するしかありませんでした。 

Dead by Daylight(PC版)、多数のバグに遭遇しつつも引き続きプレイ中。

現状で使用可能なサバイバー全員の「熟練の●●●」アチーブメントを達成。

以前に比べるとパークが3枠使えるようにするための要求レベルが20→10に下がっており、

ver2.0.0でレベル1から各キャラの固有パークは常時持っているのでとっつきやすくなりました。


一番ヒヤヒヤしたのがデイビッド・キング、固有パークに「弱音はナシだ」があるので

他の人に申し訳無い気持ちになりながら儀式に臨んで2回目で達成出来たのは運が良かったとしか言えません。

(血痕が残らない、自力で無制限ダウン復帰などの効果はあるものの常に負傷状態のため一発貰えば即ダウン)


来週あたりには新キラー&サバイバーが追加されるようで、

キラーに関してはとうとう日本人(女子大生、ザ・スピリット)が登場。

条件付きですが一撃ダウンを奪える固有パークを2種類も持っており、殺意の高さは相当な物。

身体から日本刀を生やしてサバイバーに斬りかかる姿を観て

デュラララ!の「罪歌」を思い出したのは自分だけじゃないと思いたい;´∀`)


また、日本でもPS4のパッケージ版が発売されるとの事。

初期状態で開放されているDLCも異なるらしく、こっちを買うと前述のザ・スピリットも使えるそうです。
 


=9/1(土)=


先輩主催のアナログゲーム会へ参加、定期的に集まるようになって結構経ちましたねぇ。

最近ではがっつりとしたTRPGをやる事も滅多になくなり、未消化のゲームを潰しているといった感じ。

以下はこの日初めてプレイする事になったゲームについてあれこれ書き残しておきます。
 

 

=ふくろと金貨=


今年のゲームマーケットで販売されたオインクゲームズの新作、

金属性のしっかりしたコインを使っているためかいつもより箱が大きく、お値段も少々高め。


プレイヤーは海賊という設定で、親分が分配したコインの入った袋を受け取り、

①他のプレイヤーの袋へ手を突っ込み、コインを奪う。(奪われた側はチャレンジで反撃可能)

②袋を閉めてしまい、以降の行動を放棄するがコインを奪われなくなる。


③何も行わず、様子を見る

上記のいずれかの行動をラウンドごとに2回ずつ行い、最終的に持っている

コイン+ダイヤの量が多かった人が勝利するというゲーム。


プラスチックで出来ている「ダイヤ」の存在が中々に曲者で、殆ど重さを感じない上に

チャレンジが発生してお互いの袋の中身を競い合う時にかなりの高さを誇るため、

常に誰が持っているか気をつけねばならない代物になっとります。


この日は通しで2回プレイしましたが、殆どがチャレンジ誤爆による脱落で

1点しか勝利点をもぎ取れませんでしたつД`)・゚・ .
 

   

=ツォルキン=公式ページ


マヤ文明を題材にしたゲームで、プレイヤーは

基本的には6か所あるポイントへ労働者を「配置する」か、「回収する」事しか出来ず、

タイミングによって手に入る物や出来る事が大きく変わってくる感じ。

その中で食糧や素材を集め、信仰の力を強めたり建築物を建てたりして勝利点を稼ぐゲーム。


この日のプレイでは水晶ドクロと、それに関係する建築物や技術集めを中心に立ち回った結果1位で終了。

初期手札によって食料を大量に持ち込めたり、技術にブーストがかかったりするので

毎回異なる立ち回りを要求されるなど、研究し甲斐のあるいいゲームだと思います。
  

 

終わった後は地元の友人らと梅田まで戻り、「いきなりステーキ」へ初来店。

グループで注文する物を決めたら調理場へ行き、頼む肉の種類によっては

目の前で肉の測り切りをするというスタイルがなんか新鮮でした。


この日はワイルドステーキの450gを注文、ステーキソースとの相性も良くて美味かったです´∀`)b
  

 スキルの「荒獅子太鼓」も使いやすいですが、それ以上に前方3×3マスの味方攻撃力を大幅に上げられるのがクッソ強いです。

アークザラッドR、先月末にサービスが開始されたので触れてみる事に。

舞台設定としては大災害エンドになったアーク2から10年後、

ポッと出のキャラも多いですが、歴代の英雄達のその後の姿や

成長したリアちゃんとかも見る事が出来て嬉しかったですよ。


バランス調整がPS時代のアークを感じさせてくれるようになっていて、

レベルを上げてのゴリ押しは効果が薄く、ちゃんと立ち位置を考えて動かないと軽く死ねる感じ。

(命中率の概念が無いので、攻撃をヒョイヒョイと躱される事が無いのはありがたい)

ハンターギルド」・「闘技場」・「古代のダンジョン」などのシリーズおなじみの要素に加えて

強化素材」・「進化素材」・「覚醒素材」・「装備素材」・「お金稼ぎ」とマラソン要素も多数存在するため

根気よくキャラクターを育てたい、という人だったら楽しめるんじゃないかと思います。
  


ご意見・ご感想はこちらへどうぞです