おいでませ珍牛工房♪

HP開設日:2003/3/15~

ニンテンドースイッチ「ふたりで!にゃんこ大戦争」(ダウンロード販売専用)にて

メインゲーム部分のレベルデザイン等を担当させて頂きました、詳細はコチラ

お値段も999円とお財布に優しめなのでよかったら遊んでやってくださいませ´∀`)ノ
 


=1/12(土)=

   

会社の方々と今年初めてのホールに挑戦をば。

今回向かったのは「タラオカントリークラブ」、敷地の広さ(全36ホール)と施設の綺麗さは最大級。

先月挑戦したところと比べて池が多く、3~4回ほど池ポチャをやらかすハメに;-_-)

(道中は信楽焼を取り扱うお店が多く、至る所でたぬきの置き物を見かけたのが印象的でした)


結果としては「ダブルパーで強制終了」というルールで「135」、

2オン出来たのは10ホール目のみ、全体を通してピッチング以外酷かったとしか言えません。

深いラフに入った球もユーティリティで打とうとしたりするのも問題ですが、

せめて第1ホールで毎回盛大に躓くのは何とか回避したいところ。

参加された皆さんお疲れ様でした、ルールについて色々教えて頂きありがとうございます。



不如帰・大乱~starting over~(ニンテンドースイッチ)(公式HP)、

今年に入ってから製品版が無料となった事もあってちょこっと触れていたり´・ω・`)

元々はPSPで登場した戦国時代が舞台の、5×5のフィールドで大将の命を取り合う殺伐としたTCG。

当時遊んでいた頃はロクに戦国武将の名前も知らなかったのですが、

今になってみると色々と面白い能力設定だと思いました。


デッキ名に漢字が使えない、ミッションの達成が分かりにくいなどUI部分で不親切さは感じるものの

久々にデッキ構築と独特なテンポの戦闘を楽しむのには丁度いいのかなと。
  


=1/4(金)=


新年早々に友人宅で集まってアナログゲームで遊んでいたり。

スマブラもちょこっとだけプレイ、コントローラー数の都合で全員でプレイできなかったのはちと残念。

なんだかんだで全員働く場所が変わってしまいましたが今年もよろしくお願いします、という事で・・・・・・。


以下、この日初めて遊んだゲームの感想など。
 

プレイボードは表面・裏面の2パターン 

=ダウンフォース=

6色あるレースカーを配られたカードを使ってオークション形式で競り落とし、そのままレースを行って

自分のレースカーの順位に応じた勝利点」 + 「ポイントごとの順位予測と結果に応じた勝利点」 ― 「オークションでの支払い額

で最終的な勝利点を競い合う流れのアナログゲーム。


一部のカーブは1台ずつしか通行出来ないのでそこに素早く潜り込めるかどうかがかなり重要、どれだけ相手の移動を妨害出来るか。

プレイヤー別のスキルカードの存在もあり、以前プレイしたフォーミュラFとは違った駆け引きのあるいいゲームだと思います。
 

ダイスの結果によっては突然道端で意識を失ってしまうとか、何かヤバイ病気にかかっているんじゃ…… 

=うさぎとカメ かけ引き大レース=

「うさぎとかめ」の童話をベースにしたと思われるアナログゲーム。

プレイヤーは自分の色のうさぎを操って、約70マス先にあるゴール地点へ我先にと駆け込むものの

移動するマスの数に応じた「ニンジン」を消費する必要がある上、道中で3回「睡眠」を挟まないといけない。

更に厄介なのが、ゴールする時には所持するニンジンの数を順位×10本以下に抑える必要があるという点。

(移動用のニンジンは1マスなら1本、2マスなら3本、3マスなら6本・・・・・・と段々必要数が増えていく)


この日のプレイでは自分だけ途中で前後へ移動出来ない状況に陥ってしまいスタートに戻されたものの、

 前半のベッドで「睡眠」回数を消化しつつ、順位に応じたニンジンを補充出来るマスを最大限活用。

徹底的にウサギマスでのサイコロを振る事を拒否しながら追い上げてみたところ

最終的に1位でゴールに飛び込むという原作のカメのような展開になりましたとさ。


見た目に反してルールは単純、かつかなり独特なのでアナログゲーム初心者の人でもオススメ出来ます。
  

 左下にいる金色の梟は経年カウンターで除去されない&カウンターの数だけ後で勝利点が貰えるという特殊キャラクター

=ペーパーテイルズ(PAPER TALES)=

100年の時間をたった4ラウンドで駆け抜けつつ、戦争・内政を上手く行って勝利点を競い合うゲーム。

そのため「経年カウンター」という概念があり、大半のキャラクターは

2ラウンドもすれば老化劣化によりフィールドから除去されてしまうのが最大の特徴。

(年を取ると資源を生み出したり、戦闘力が増加するカードなんかもあるのが面白い)


出来る事は結構多いものの、ラウンド数が少ないためプレイ時間は短く収まる感じでした。

あれこれシナジーを考えながらカードを選ぶのが楽しいという人にはピッタリのゲームだと思います。
  


 今年で3年目になる「北野天満宮」、主に勉学に関するご利益があるとされている神社です 今回初めて足を運んだ「下鴨神社」、縁結び関係で有名なところだそうな。 

=1/2(水)=


2019年初更新、今年もよろしくお願いしますという事で・・・・・・。


前日の筋肉痛が酷かった事もあり元旦はガッツリ休み、2日から先輩についていく感じで初詣へ。

今年は「北野天満宮」→「下鴨神社」の順番で回りました、後者は人の数が半端無かったです。

去年の大雨+台風の影響で茅葺き屋根の損傷が激しく、補修用の寄付も募っていたり。


参拝を終えた後は喫茶店でパフェをつついてから帰路へ、お疲れ様でした。
 

一部のキャラクターは直接対決で勝利する事で服装やアクセサリー一式を貰える、という仕様。 

NewみんなのGOLF(PS4版)、購入。

去年のニコニコ闘会議で大会を目にしていたり、近所のゲーム屋にある試遊台で遊んだ時に

ドライバーの音が存外気持ち良かったので思い切ってみんゴルデビューしていたり。

何か実際のゴルフにも活かせる物があるといいんですけどね~´・ω・`)


かなり歴史の深いシリーズなので色々と洗練されており、出来る事も多い。

オープンコースをぶらぶらしてるだけでも色んな発見や収穫があって案外楽しかったり。

どこまで行けるのかはわかりませんが、気長にやってみようかと。
 


ボウリングの練習にて、200オーバーのスコアを出せたのはかれこれ10年ぶり 

=12/31(月)=


仕事納め&会社の大掃除も無事に終わり、冬休みに突入。

ここ数日は充電も兼ねて割と自由に動き回っておりました。

実家に帰省される方などは気をつけて下さいませ。
  

今度は肉フックを50本折る仕事が始まるお・・・・・・(何 

Dead by Daylight(PC版)、やっとこさリージョン固有パークのみで全滅させる「熟練の軍団」を達成。

半ば心が折れかけていたものの、40回目くらいで突入した新マップのオーモンド山で何とかなりました。

使用アドオンは能力解除後のスタン時間を短縮させる「冷たい泥」「ジョーイのミックステープ」の2つ。


勝負後にお祝いのメッセージを頂いたサバイバーの方、本当にありがとうございました。

ローマ字でやりとりする事が殆ど無いため愚痴と勘違い→部屋を退出してしまい、返信出来なかったのが心残りです。

これから挑戦するという人は年明けにリージョンの強化が予定されているのでその後でもいいんじゃないかと。





・・・・・・なんだかんだで今年の更新はこれで終了、ここまで閲覧して頂いている皆様お疲れ様でした。

最後にこっそりと関わったゲームの宣伝をページ上部に追加をば、一瞬でもDLランキング1位になれたのは嬉しかったです。

スマホ版の更新と並行してだったのでコレの開発期間中が一番キツかったものの、

久々に携帯アプリ以外のお仕事が出来たので非常にやり甲斐はありました。

来年にはその関係でちょこっと人前に出る予定もあったりするので、楽しんでもらえるよう頑張ります。
  


ラスボス戦のノーミスクリア実績は「ベガ(PSI強化)+セレビィ(自動回復・中)」をセットしたスネークでミサイルを連射してましたよ、と。   ある実績を達成すると貰えるミュウ、ポケモンは未だに初代以外マトモに遊んだ事がありません

=12/23(日)=


今年の大掃除も6~7割方終わりましたが・・・・・・、漫画本の置き場所に毎回困る;´・ω・`)

それはさておき、この日は地元の友人らと忘年会でどんちゃん騒いでおりました。

今回の場所は桜ノ宮にあるとある中華屋、利用するのは二回目になるんですかね。

油淋鶏が売り切れだったのはちと残念でしたが、美味しい料理をありがとうございました。


大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL、アドベンチャーモードの実績をどうにかコンプリート。

始めたての頃に会社の人からイキナリネタバレをされたりしたものの、

予想以上にボリュームがあってやりごたえバッチリだったと思います。

他の方のプレイ動画なんかだと、根本的に攻略方法が自分と異なるので観ていて楽しい。

(特に、個人的に一番苦戦したステージを杖一本で瞬殺するところは目から鱗でした)
 


たこ焼きパーティーしようぜの流れからピザとケンタッキーを注文、下にあるゲームの影響も少なからずあるのですが 

=12/22(土)=


3連休初日、前の職場の方々と集まってテーブルゲーム会をば。

流石に離れて4年ともなると、当時お世話になった人も結構辞められたりしているとの事。

狭いスペースで固まってガラケーアプリのデバッグしていた頃が懐かしい´∀`)


以下はこの日初めて遊んだゲームの感想など、いつも新作を遊ばせて貰えて感謝です。

カードの絵柄はある程度同じパターンの物で統一、こういう配色パターンだと色の違いが分かりやすくていいですね 

イリュージョン

①最初に「?」の山札をめくって矢印カードを場に出す。

②赤・青・黄・緑の4色だけで構成された絵のカードを1枚その横に置く。

③親となるプレイヤーから、②の山札のカードを手に取って矢印の色の割合が高いか低いかによって左右に配置。

④以降のプレイヤーは③と同じ手順を踏むか、割合がルール通りでないと思ったらダウトを宣言して全カードの割合を確認。

⑤宣言が成功していればその人が、間違っていればされた側の人が「?」カードを渡されて1ポイント入手。


上記の流れを山札が尽きるまで行うといった形のカードゲーム。

絵柄と色の指定によっては非常にカードの置き場所に困る事になる絶妙なバランスだと思いました。
 

箱の形状にまでこだわりぬいた一品、これぞパーティゲームといった感じで個人的にはかなり好きな部類です。 

=ニューヨーク・スライス=

「もっとホイップを(Piece o' Cake)」をアメリカで発売するにあたって

題材をケーキ→ピザに変更されたという、国柄を強く意識した経歴を持つゲーム。

そのため基本的な遊び方は全く同じで切り分けたピザを順番に取っていき、

数字ごとに一番多く持っていた人だけがポイントを貰える形式。

ただし、こちらはラウンドごとに「スペシャルメニューカード」が1枚公表され、確保しておけば

自分の取ったピザとの組み合わせによっては逆転が狙える点数を生み出す場合も。

ルールも分かりやすく、万人にオススメ出来るいいゲームだと思います。
 

 「ハリネズミとサボテン」という箱のデザインが面白いです

=適当なカンケイ(Qui Paire Gagne)=

1~11までに配置された各種絵柄について自分なりに共通点を見つけ出して

他の人と同じになるように数字カードで5組のペアを作成、

①作ったカードのペアを発表していき、合っている人数×1が勝利点として貰える。

②ペアを作らなかったあまりのカードを最後に公開し、合っている人数×2が勝利点として貰える。

の2つで合計点を競い合う流れのゲーム、1回ごとの時間が短く済むので繰り返し遊びやすい。


この日は6ゲームほどやってみたものの、全員の点数がブレにブレていたような気がします。
 


=12/16(日)=


ドラゴンボール超 ブロリー鑑賞(公式HP

時系列的にはドラゴンボール超の本編終了後にあたるお話で

過去に放映されていたブロリーとの闘いに関するエピソードを掘り下げた形。

率直な感想から言うと、殆どイジメと化していた「復活のF」より面白かったです。

(ドラゴンボールももはや私物化している状態、叶えるお願いも初期の頃と同レベルのクスッと笑える物に)


ブロリーがとある理由で惑星ベジータから追放されるところから始まるのですが、

悟空の両親が地球に向けて悟空を送り出すシーンだったり、

子供時代のラディッツやベジータ、髪が生えていた頃のナッパなんかも出てくるので

自分のようなオッサン世代でもニヤニヤしながら観れると思います。

(セリフこそ無いですがこっそりギニュー特戦隊も登場、あのポージング考えた人は凄い)

毎回誰かしらが担当しているやらかし枠が今回はベジータではなく、フリーザなのが珍しい。


過去の設定を一部無かった事にしているため、そこにさえ目を瞑れば

ドラゴンボールらしさ溢れる作品に仕上がってるので気になる人は是非どうぞ。
 

個人的に登場した事に驚いたキャラその1、新・鬼ヶ島は前編・後編共に持っていましたが結局クリアできませんでした。   個人的に登場した事に驚いたキャラその2、まさかの大宮ソフトキャラも登場していようとは。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL、スピリット集め継続中。

開放用のステージもそのキャラクターを意識した組み合わせになっていたり

原作に合ったアシストフィギュアも出していたりと非常に巧い作りじゃないかと。


ステージは専ら「カービィ」か「スネーク」で消化、LEGENDレベルもどうにか潰せるようになった感じ。

アドベンチャーモードで開放したキャラも大乱闘で使えるため、気がつけば8~9割方揃っていたり。

こちらは終わりが見えて来た感はありますが、他のモードは殆ど未着手なので引き続き遊べそうです。
 

 リージョン=region(軍団)の意味、アバターによって男女も変わる特殊タイプ。スクリーンショットの相手は女性タイプの「スージー」

Dead by Daylight(PC版)、新キラー(リージョン)と新サバイバー(ジェフ)が登場。


「熟練の●●」チャレンジについては、サバイバー側が1回目で達成した半面

キラー側が30回近くプレイしても達成出来ないという完全なハマリ状態に陥っていたり;-_-)


というのも、リージョンの性質上1人のサバイバーを追い続けてダウンを奪いやすいものの

必要な攻撃回数が増えている→ダウンを奪うまでの時間がかかるのに加えて

遅延系のパークが一切存在しないので、2~3回吊った所で修理が終わってしまう事がしばしば。

(高速移動攻撃で「負傷」状態にはしやすいが、「ダウン」を奪いにくい、というタイプのキラー)

1回だけ4人ダウンさせたものの、ハッチで逃げられてしまい悔しい限り。

固有のパークだと、複数人が同時に触れている発電機を強調表示する「不協和音」が便利。


とは言え評価システムと噛み合っており、追跡者カテゴリのポイントが非常に貯めやすいので

殺せる人数が少なくてもランクの維持はそこまで難しくない感じでした。

他の人の立ち回りも参考にしつつ、気長に使い続けてみたいと思います。
 


エンディングまで遊び心たっぷり  初スピリットとしてもらえた「デューオ(ロックマン8)」、スピリットの効果についても原作をリスペクトした効果がついていたりしてて考えるの楽しかっただろうなあと。 

=12/8(土)=


コンビニバイト時代にお世話になった方が近所で居酒屋を開かれたそうで、

当時のメンバー4名ほどでお邪魔して閉店まで飲み食いしとりました。

ロールキャベツとジャーマンポテトが絶品で、胃袋を掴むとはこういう事なのかと思い知らされる。

仕事帰りに寄れる場所なので、早く帰れる時にまた足を運びたいですね´∀`)


大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL購入、

シリーズを自分で買うのはこれが初めて、遊んだ事があるのは初代と前作くらいですか。


購入した理由の一つが新要素である「スピリット」集め。

マイナーなところで言うとディスクシステム版の「アイスホッケー」とか、

プレイアブルキャラクターの原作以外からも大量に収録されているので

どういうキャラクターがいるのか非常に気になっておりました。

押忍!闘え!応援団!」だけじゃなくて「Elite Beat Agents」からも収録されているとか胸アツ過ぎる。


全部集めるのにどれだけ時間がかかるか分かりませぬが

自分に合ったキャラクターを探しつつ収集してみようかと。


プレイアブルキャラクターは半分ほど開放、過去作品の版権キャラも全員収録とか頑張りすぎでしょう。

乱入された相手に負けても再戦出来る救済措置なんかもあって、かなり集めやすくなってると思います。
 


最終ホール、ティーグラウンド周辺が池に囲まれているは斬新でした。 昼食に頼んだ石焼カツカレー、平日&オフシーズンだからかランチ付きの18Hで7000~8000円ほどで済んだとの事。 

=12/7(金)=


創立記念日による休みを利用して開催されたゴルフコンペに参加をば。

場所は滋賀県の「ベアズパウジャパンカントリークラブ」、

コースの手入れ、設備、料理に至るまで文句無しの素晴らしいところでした。

(これまで回った中では比較的バンカー多めで、全員が2~3回は捕まっていたり)


結果としては「127」でハンディキャップによるスコア修正を加えると総合順位は最下位、無念じゃ。

出だしがボロボロだったのが勿体なかったのですが、途中のホールで初めてPARで上がれたのは嬉しかったです。

当面の課題は間違いなくグリーン上でのパットコントロール、1オンしてから4打叩いたりもしてましたし・・・・・・。
 

 

XCOM2(PC版)、難易度ベテランによる2週目終了。

今回はサイキック兵なんかも育ててみましたが、グレネード無しでも強力な範囲攻撃を多数繰り出せたり

永続効果のあるマインドコントロールが使えたりとえげつない強さを持つ事が良くわかりました-_-)


死者はフェイスレスの不意打ち→ガソリンタンク爆発の流れで失った狙撃兵のみ、

ラスボス戦も被弾1で済んでいるのでこの難易度は概ね問題無くなってきたのかなと。

無印版でのおおまかな流れは掴めたので、今度からは拡張版(WotC)で遊ぼうかと思います。
  


 東京ゲームショウの遠征時に購入した「横暴編集長」の新作、今度は映画のタイトルを組み合わせてという形になるものの「おっぱいバレー」のワードが強すぎやしませんかね・・・

=12/1(土)=

およそ3ヶ月に1回のペースで開催されている先輩主催のアナログゲーム会に参加。

なんと今回で20回目になるとの事、いつも遊ばせて貰えて感謝の言葉しかありませぬ。

ゲームマーケットも終わったところなんで、もう少ししたらショップにも色々と新作も並びそうですね。


いつもの事ながら、↓には初プレイしたゲームの感想とか載せておきます。
 

プレイ後に解説動画などを観て、この動物の置き方がNGだという事に気づきました(1つの囲いの中における動物は1種類のみ) 

=アグリコラ=

ドイツゲーム賞も受賞した牧場経営型ワーカープレイスメントゲーム。

ランダムに配られた職業7枚・小さな進歩カード7枚を上手くつかいつつ

色んな場所に人を派遣して素材を集めたり建物を建てたりして勝利点を競う形。

拡張版を使っての5人プレイだったので新しい職業なども入った状態で

プレイボードに関しては拡張版の方が素材ごとの置き場所があるので使いやすそうでした。


全員のカード効果を確認していて気付いたのが、「相手の資材を奪うなど、邪魔するタイプ」のカードが存在しておらず

相手が特定の行動を取ると自分も利益を得らえる」カードが多いという点。

場所取りや一部の建築物が早い物勝ちになってるくらいなのでギスギスする要因が少なく、

終始落ち着いて自分のボード拡張に専念出来ていたような気がします。


そして全員が不満に感じていたのが拡張版に追加人数用のボードやミーブルは入っていたものの、

羊・豚(日本語翻訳だと、なぜか猪)・牛などの動物コマが無かったので

後半は全然足りなくなってしまい、別の物で代用せざるを得なかったという点。

スクリーンショットを見てもらうといいのですが自分は動物を大量に集めるプレイに走っていたので

ちゃんとしたコマで並べられたらさぞ壮観だったろうなあと´・ω・`)>


結果としては2位タイの38点、減点らしい減点は殆ど無かったものの

勝利点付きの「パン焼き窯」や「井戸」といった大きな進歩カードを一切取らなかったのが敗因。

(それどころか、基本素材である「粘土」「石」すら全く回収していなかった)


前回の集まりで遊んだ「ツォルキン」同様、つきつめ甲斐のある楽しいゲームだったので

また機会があれば遊んでみたいですね。
  

 突き指注意

=Speed Cups=

各プレイヤーごとに「」「」「」「」「」のプラスチックカップを渡されるので、

山札をめくって出たカードの並び通りに素早く揃える → ベルを鳴らす

の操作を最初に終えた人がカードを貰え、その数を競い合うというスピードゲーム。


焦り過ぎるとカップを崩したり、カードの絵柄と違った順番に積むなんて事が頻発するので

自分は結構苦手なタイプのゲームでしたが結構盛り上がりました。
  

繰り返しやってると、どんどん出て来た絵柄が疑わしくなってくる・・・ 

=デジャブ=

最初に3枚だけカードを除外した上で、周囲に散らばっている物と同じ、

1~3個の絵が書かれたカードを順番にめくっていき、2回目が出て来た絵柄と同じ物を早い物勝ちで回収。

最後に除外したカードをオープンして答え合わせをし、

ちゃんとルール通りに回収出来た物の数だけ得点を得るというゆる~いスピードゲーム。


2回目が出ていない物を誤って回収→それが判明した時点で脱落、0点になってしまうため

1回目はいいのですがこれが2回目・3回目になってくると

初めて出て来た絵柄でも「あれ、これ前にも出なかったっけ…」という状態に陥りやすく

どんどん疑心暗鬼になっていくところが実に巧いと思います;-_-)
 


昼食のハンバーグランチ、すぐ隣は鴨川という立地のとこでした  現在の清水寺、補強工事中でしたが紅葉は綺麗なものでした 

=11/25(日)=


前の会社の方々と京都方面で昼食→清水寺に紅葉を眺めに行っていたり。

初めてちゃんと場所を調べましたが、今の職場からそう遠くない場所にあった事に驚きました。

そして相変わらずの観光客の多さ、日本語が殆ど聴こえやしねぇ´・ω・`)


清水寺の後は北上して八坂神社にもお邪魔する事に、屋台の多さと賑わいっぷりが印象的。

おみくじは悩んだのですが今回は見送り、来年も来る事があれば引いてみようかと。
   

 どの職業も育て切ればキッチリ強くなるのがいいですね

XCOM2(PC版)、前回日記のネタにしてからプレイを続けて1週目(難易度:ベテラン)をクリア。

行動終わるかどうかくらいのタイミングで初見の敵にぶつかって大惨事ばかり引き起こしてましたが

犠牲者6人(チュートリアルの2人含む)でラスボス撃破、遊撃兵は使いこなすと頼もしいですな。

(結果画面では4人と表示、チュートリアルか最終決戦での死人はカウントされない仕様?)


・・・で、調子に乗って一つ上の難易度「コマンダー」に挑戦してみたところ

3回ほど詰んだ所で心が折れました、初期体力をちょこっといじるだけでここまで死人が出るものかと。。

特に、フェイスレスの擬態解除からの奇襲→範囲攻撃+車爆発→3人死亡の流れは酷すぎる。

サイキックやMECなども使った立ち回りも覚えておきたいので当分は「ベテラン」で遊びたいと思います。


今度はいくらかプレイを快適にするため、試験的に以下のMODを導入、

Civのノウハウもあるからかワークショップから追加するのが非常にやりやすくて助かりました。

①OVERWATCH ALL/OTHERS(「一斉監視」が可能になるMOD、地味に使う機会が多い)

②EVAC ALL(「一斉撤収」が可能になるMOD、主に評議会ミッションや基地襲撃後に使用)

③SHOW HEALTH VALUES(敵・味方共に体力を数値で表示、高耐久の敵相手だと非常に便利)
 


 非常にわかりにくいのですが天望回廊から撮影した1枚、右奥にある半円状の物が東京ドームだったり。

=11/17(土)~11/18(日)=


企画にちょこっとか関わっていた関係で会社のオフラインイベントに招待された事もあり、

土曜日の昼過ぎから東京方面に潜り込んでちょこまか動き回っておりました。


イベントそのものは2回ほど肝の冷える場面はあったものの、大きなトラブルも無く無事終了。

子供達が積極的に企画に参加してくれていつもとは違う盛り上がりになったんじゃないでしょうか。

自分のプレイ動画であれだけ一喜一憂して貰えるとは思いもしませんでした、ただただ感謝です。

イベントの運営に関わられた皆さん&招待で来て頂いた皆さん、本当にお疲れ様でした。



で、打ち上げやら何やらも済んで翌日を迎えたわけですが

帰る前にちょっくら観光しておこうと思って訪れたのは「東京スカイツリー

現地入りしたのは10時過ぎだったのですが、予想以上に観光されている海外の方が多く

チケット売り場に入るまでに30分近く待つ形になりました;-_-)
 

 

来月に映画を公開する事もあり、高さ450mに位置する天望回廊では

ドラゴンボールコラボなんかもやっとりました、フォトスポットやらグッズ販売などなど。

エレベーターまでもドラゴンボール仕様という徹底っぷり、ファンの人は是非足を運んでみてくだされ。


前回の映画は期待に反して後半がイジメっぽくなっていたのが残念でしたが、

 今度は相手がブロリーなのでそういう事はまずないでしょう、是非観に行きたいと思います。
 

 

スカイタワーの位置的に「雷門」が近いという事もあり、続けて足を運んでみる事に。

海外の人にも人気の観光スポットなんでしょうね、こちらもかなりの賑わいっぷりでした。

提灯のでかさに圧倒されつつも門をくぐり、中見世通りを渡って「浅草寺」へ。


情けない話が、ご利益について理解しないまま「常香炉」に線香をあげたりもしていたのですが

頭に煙をかけてみたところ、何か悪い物が祓われたような感覚を覚えました。

その後は中見世通りに戻り、「雷おこし」を購入して帰路へ・・・・・・というのが今回の東京遠征の流れです。
  


 試合終了直前まで直射日光がキツかった・・・

=11/10(土)=


アルバイト時代の先輩らと久々にサッカー観戦のため長居スタジアムへ。

セレッソ大阪 VS 川崎フロンターレ、後者はリーグ1位で今日の結果次第では優勝決定という状態。

前半は殆ど動きが無い、むしろセレッソ大阪側が守りに回るシーンが多かったものの

なんやかんやあって後半にセレッソ大阪が先制点→後半終了直前にPKで追いつかれる展開に。

これで終わりかと思いきや、アディショナルタイムでセレッソが2点目をあげ試合終了。

この時ばかりは前に座っていた人とハイタッチするくらいに盛り上がりましたよ、こういうノリは現地ならでは´・ω・`)b


結果としてはセレッソ大阪がホームの意地を見せる形、また機会があれば観に行きたいですね。

(川崎も2位のサンフレッチェ広島が負けたため2年連続でリーグ制覇、おめでとうございます)
 

 スパロボシリーズではほぼ皆勤賞になるマジンガーZ、やっぱりかっけえっすな

試合終了後は難波まで戻ってから酒盛り→買い物をしてこの日は解散。

ソフマップなんば店は最近リニューアルオープンされたらしく、ガラッと内装が変わっていて驚きました。

特に1Fがe-sports関連の店になっており、PCだけでなく椅子にまで力を入れるこだわりっぷり。

(店の片隅でPUBGのフライパンが大量に置かれているのが印象的でしたよ・・・・・・)
  


1ホール目にて、ここまで深い霧に覆われたのは竹田城跡地に足を運んだ時以来。  昼食券で注文したビーフカレー、スプーンごしに指とか映っちゃってますが気にしない。 

=11/4(日)=


学生時代の友人らとゴルフをしに「奈良白鳳カンツリー倶楽部」まで遠征をば。

早朝から大阪近辺で合流して高速経由で現地まで移動、着替えと練習を済ませていざ本番。


・・・・・・このゴルフ場、料金は比較的安いためか利用者がかなり多かったのに加えて

一部のコースがえげつない形状をしていたため1ホールあたりのプレイ時間がどんどん伸びていき、

午前9時半のスタートにも関わらずホールアウト出来たのが午後5時半という結果に。

芝生のメンテナンスもかなりいい加減だった事もあり、果たしてリピーターがどれだけいるのか気になりました。

(あ、でも帰り際に受付で見かけた名物らしい猫は凄く可愛かったです)


今回はトリプルパーまでキッチリ打つというルールで進めてみたところ

パー72の2.5倍くらいの打数がかかる結果に、後半はボロボロなんてもんじゃありませんでした。

前日に調達したドライバーに関しては思っていたより扱えていたものの、

ユーティリティーにしろアイアンにしろ、ちょっと傾斜がつくと勝手が変わってしまうので

こればっかりはホールを数こなして慣れていくしかありませんか;-_-)


ゴルフ終了後はかるく風呂に入ってから大阪に戻って夕食→解散という流れに。

数年前に打ちっぱなしに誘われた時は、まさかこんな事になるとは思いもしなかったですが

色々と教えて頂きありがとうございました、また時間的な都合が合えば一緒に回らせてくださいませ。
   


ご意見・ご感想はこちらへどうぞです