■ STOPエラー (全てのコード : 2016年版) 

・ブルー画面で発生する公開された全てのSTOPエラー (Bug Check Codes) の日本語版です。
カーネルモードのプログラムが出力する「STOPエラー」です。
 これは、OS、ドライバなどのエラーです。
・対応OS: Windows XP , Windows Server 2003 R2 , Windows Vista , Windows Server 2008 ,
          Windows 7 , Windows Server 2008 R2 , Windows 8 , Windows Server 2012,  Windows 8.1
          Windows 10
 
参考: ユーザモードのプログラムでカーレント スレッドが出力するエラーは「!gle -all」コマンド
     で確認する。アプリ系エラーは
Win32エラーコード一覧」(英文原本)と
                   「NTSTATUSエラーコード一覧」(英文原本)を参照。
 
   STOP: 0x0000008E (0xC000001D, 0xBF9E797C, 0xF7B379DE, 0x00000000)    エラー例
 

STOP : 
==== 0x01 0x02 0x03  0x04 0x05 0x06 0x07  0x08 0x09 0x0A 0x0B  0x0C 0x0D 0x0E 0x0F
0x10 0x11 0x12 0x13  0x14 0x15 0x16 0x17  0x18 0x19 0x1A 0x1B  0x1C 0x1D 0x1E 0x1F
0x20 0x21 0x22 0x23  0x24 0x25 0x26 0x27  0x28 0x29 0x2A 0x2B  0x2C 0x2D 0x2E 0x2F
0x30 0x31 0x32 0x33  0x34 0x35 0x36 0x37  0x38 0x39 0x3A 0x3B  0x3C 0x3D 0x3E 0x3F
0x40 0x41 0x42 0x43  0x44 0x45 0x46 0x47  0x48 0x49 0x4A 0x4B  0x4C 0x4D 0x4E 0x4F
0x50 0x51 0x52 0x53  0x54 0x55 0x56 0x57  0x58 0x59 0x5A 0x5B  0x5C 0x5D 0x5E 0x5F
0x60 0x61 0x62 0x63  0x64 0x65 0x66 0x67  0x68 0x69 0x6A 0x6B  0x6C 0x6D 0x6E 0x6F
0x70 0x71 0x72 0x73  0x74 0x75 0x76 0x77  0x78 0x79 0x7A 0x7B  0x7C 0x7D 0x7E 0x7F
0x80 0x81 0x82 ====  
==== 0x85 ==== ====  ==== ==== ==== 0x8B  ==== ==== 0x8E 0x8F
0x90 
==== 0x92 0x93  0x94 ==== 0x96 0x97  0x98 0x99 0x9A 0x9B  0x9C ==== 0x9E 0x9F
0xA0 0xA1 0xA2 0xA3  0xA4 0xA5 
==== 0xA7  ==== ==== ==== 0xAB  0xAC 0xAD ==== ====
==== ==== ==== ====  0xB4 ==== ==== ====  0xB8 0xB9 0xBA 0xBB  0xBC ==== 0xBE 0xBF
==== 0xC1 0xC2 ====  0xC4 0xC5 0xC6 0xC7  0xC8 0xC9 0xCA 0xCB  0xCC 0xCD 0xCE 0xCF
0xD0 0xD1 0xD2 0xD3  0xD4 0xD5 0xD6 0xD7  0xD8 0xD9 0xDA 0xDB  0xDC ==== 0xDE 0xDF
0xE0 0xE1 0xE2 0xE3  0xE4 ==== 0xE6 0xE7  0xE8 0xE9 0xEA 0xEB  0xEC 0xED ==== 0xEF
==== 0xF1 ==== 0xF3  0xF4 0xF5 0xF6 0xF7  0xF8 0xF9 0xFA ====  0xFC 0xFD 0xFE 0xFF
x100 x101 
==== x103  x104 x105 x106 ====  x108 x109 x10A ====  x10C x10D x10E x10F
==== x111 x112 x113  x114 x115 x116 x117  ==== x119 x11A x11B  x11C x11D ==== ====
==== x121 x122 ====  x124 ==== ==== x127  ==== ==== ==== x12B  x12C ==== ==== ==== 
==== ==== ==== x133  ==== ==== ==== ====  x138 x139 ==== ====  ==== ==== ==== ==== 
==== ==== ==== ====  x144 ==== ==== ====  ==== ==== ===x14B  ==== ==== ==== ==== 
==== ==== ==== ====  ==== ==== ==== ====  ==== ==== ==== ====  ==== x15D x15E ==== 
0x1000007E 0x1000007F 0x1000008E 0x100000EA 0xC0000218 0xC000021A 0xC0000221 0xDEADDEAD
 



 
STOP: 0x00000001 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
APC_INDEX_MISMATCH (1)

 APC (Asynchronous Procedure Call) 状態インデックスの不一致を示します。
このメッセージが表示される最も一般的な理由は、ファイル システムで KeEnterCriticalRegion() 関数と KeLeaveCriticalRegion() 関数のシーケンシ番号の不一致です。

This indicates that there has been a mismatch in the APC state index.
parameter と原因と注記は「Bug Check Code」の 0x1 を参照。

STOP: 0x00000002 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DEVICE_QUEUE_NOT_BUSY (2)

デバイスの待ち行列がビジーであると予想されていたのにそうではなかったことを示しています


STOP: 0x00000003 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
INVALID_AFFINITY_SET (3)

不適切なサブセット アフィニティの NULL を示しています。


STOP: 0x00000004 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
INVALID_DATA_ACCESS_TRAP (4)

不適切なデータ アクセス トラップであることを示しています。


STOP: 0x00000005 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
INVALID_PROCESS_ATTACH_ATTEMPT (5)

これは、通常、スレッドが許されない状態でプロセスにアクセスしたことを示します。たとえば、既にスレッドがプロセスをコールしているにもかかわらず再度 KeAttachProcess() 関数でコールした時。または、二重コールの不良状態でスレッドに戻った場合。

This generally indicates that the thread was attached to a process in a situation where that is not allowed. For example, this bug check could occur if KeAttachProcess was called when the thread was already attached to a process (which is illegal), or if the thread returned from certain function calls in an attached state (which is invalid),
  parameter1 = The pointer to the dispatcher object for the target process, or if the thread is already attached, the pointer to the object for the original process.
  parameter2 = The pointer to the dispatcher object of the process that the current thread is currently attached to.
  parameter3 = The value of the thread’s APC state index.
  parameter4 = A non-zero value indicates that a DPC is running on the current processor.
Remarks
This bug check can occur if the driver calls the KeAttachProcess function and the thread is already attached to another process. It is better to use the KeStackAttachProcess function. If the current thread was already attached to another process, the KeStackAttachProcess function saves the current APC state before it attaches the current thread to the new process.

STOP: 0x00000006 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
INVALID_PROCESS_DETACH_ATTEMPT (6)

所有しているミューテックスに問題があるか、APC (Asynchronous Procedure Call) 状態がクリーンではないことを示しています。


STOP: 0x00000007 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
INVALID_SOFTWARE_INTERRUPT (7)

ソフトウェア インターラプトのレベルが範囲内にないことを示しています。


STOP: 0x00000008 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
IRQL_NOT_DISPATCH_LEVEL (8)

IRQLがディスパッチ レベル(IRQL=2) ではない状態で デバイス除去をしようとしたことを示しています。


STOP: 0x00000009 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
IRQL_NOT_GREATER_OR_EQUAL (9)

同等またはそれ以上と予想していた IRQL がそうではなかったことを示しています。


STOP: 0x0000000A (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
IRQL NOT LESS OR EQUAL (A)

OSやカーネルモード ドライバが DISPATCH_LEVEL レベルよりも高いIRQL(割り込み要求レベル)でページ可能なメモリへアクセスしたことを示しています。( IRQL >= 2 )
通常、このエラーは不当なアドレスを使っているドライバによって引き起こされます。

This indicates that Microsoft Windows or a kernel-mode driver accessed paged memory at DISPATCH_LEVEL or above.
parameter と原 因と対応は「Bug Check Code」 の 0xA を参照。


STOP: 0x0000000B (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
NO_EXCEPTION_HANDLING_SUPPORT (B)

例外処理がサポートされていなかったことを示しています。


STOP: 0x0000000C (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
MAXIMUM_WAIT_OBJECTS_EXCEEDED (C)

待機多重構造内の待機オブジェクトが多すぎることを示しています。

This indicates that the current thread exceeded the permitted number of wait objects.
原因は「Bug Check Code」 の 0xC を参照。

STOP: 0x0000000D (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
MUTEX_LEVEL_NUMBER_VIOLATION (D)

より低いレベルのミューテックスを取得しようとしたことを示しています。


STOP: 0x0000000E (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
NO_USER_MODE_CONTEXT (E)

中身のないユーザー モードを入力しようとしたことを示しています。


STOP: 0x0000000F (0x00000000, 0x000000000x000000000x00000000)
SPIN_LOCK_ALREADY_OWNED (F)

所有済みのスピン ロックを取得しようとしたことを示しています。

This indicates that a request for a spin lock has been initiated when the spin lock was already owned.
原因と対応は「Bug Check Code」 の 0xF を参照。


STOP: 0x00000010 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SPIN_LOCK_NOT_OWNED (10)

所有されていないスピン ロックをリリースしようとしたことを示しています。


STOP: 0x00000011 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
THREAD_NOT_MUTEX_OWNER (11)

ミューテックスの非所有者がスレッドをリリースしようとしたことを示しています。


STOP: 0x00000012 (parameter1, parameter2, parameter3, Reserved)
TRAP_CAUSE_UNKNOWN (12)

トラップの原因が不明であることを示しています。

This indicates that an unknown exception has occurred.
  parameter1 = The unexpected interrupt
  parameter2 = The unknown floating-point exception
  parameter3 = The enabled and asserted status bits. See the processor definition for details.

STOP: 0x00000013 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
EMPTY_THREAD_REAPER_LIST (13)

スレッド リーパー一覧が破損していることを示しています (リーパー一覧は信号化しますが、一覧上にスレッドは存在していません)。


STOP: 0x00000014 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
CREATE_DELETE_LOCK_NOT_LOCKED (14)

スレッド リーパーにスレッドが渡されましたが、プロセスの CreateDeleteLock がロックされていません。


STOP: 0x00000015 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
LAST_CHANCE_CALLED_FROM_KMODE (15)

最終通知例外サービスがカーネル モードから呼び出されたことを示しています。


STOP: 0x00000016 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
CID_HANDLE_CREATION (16)

クライアント ID を示すハンドルの作成時に障害が発生したことを示しています。


STOP: 0x00000017 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
CID_HANDLE_DELETION (17)

クライアント ID を示すハンドルの削除時に障害が発生したことを示しています。


STOP: 0x00000018 (parameter1, parameter2, ReservedReserved)
REFERENCE_BY_POINTER (18)

参照ポインタごとのオブジェクトの参照時に障害が発生したことを示しています。

This indicates that the reference count of an object is illegal for the current state of the object.
  parameter1 = Object type of the object whose reference count is being lowered.
  parameter2 = Object whose reference count is being lowered.


STOP: 0x00000019 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
BAD_POOL_HEADER (19)

プール メモリ ヘッダがコラプション(メモリに存在せず)の状態であることを示しています。

This indicates that a pool header is corrupt.
parameter と原 因と対応は「Bug Check Code」 の 0x19 を参照。


STOP: 0x0000001A (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
MEMORY_MANAGEMENT (1A)

一般的なメモリ管理問題を示しています。

This indicates that a severe memory management error occurred.
parameter1 = 各 種意味を持つ。「Bug Check Codeの 0x1A を参照。


STOP: 0x0000001B (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
PFN_SHARE_COUNT (1B)

メモリ管理ページ フレーム番号 (PFN) データベース要素に破損した共有カウントがあることを示しています。


STOP: 0x0000001C (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
PFN_REFERENCE_COUNT (1C)

メモリ管理ページ フレーム番号 (PFN) データベース要素に破損した参照カウントがあることを示しています。


STOP: 0x0000001D (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
NO_SPIN_LOCK_AVAILABLE (1D)

スピン ロックを割り当てることができないことを示しています。


STOP: 0x0000001E (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
KMODE EXCEPTION NOT HANDLED (1E)

エラー ハンドラーが捕捉できなかった例外を、カーネルモード プログラムが発生させたことを示しています。

This indicates that a kernel-mode program generated an exception which the error handler did not catch.
parameter と原 因と対応は「Bug Check Code」 の 0x1E を参照。


STOP: 0x0000001F (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SHARED_RESOURCE_CONV_ERROR (1F)

共有リソースの変換問題を示しています。


STOP: 0x00000020 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
KERNEL_APC_PENDING_DURING_EXIT (20)

カーネル モードの非同期プロシージャ コール (APC) が、スレッド終了時に未処理を見つけたことを示しています。第 1 パラメータは、終了時に APC が見つけた未処理のアドレスです。

This indicates that an asynchronous procedure call (APC) was still pending when a thread exited.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0x20 を参照。


STOP: 0x00000021 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
QUOTA_UNDERFLOW (21)

クォータがプロセスに返されましたが、そのプロセスは返されたクォータの合計を使っていなかったことを示しています。

This indicates that quota charges have been mishandled by returning more quota to a particular block than was previously charged.
parameter は 「Bug Check Code」 の 0x21 を参照。


STOP: 0x00000022 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
FILE_SYSTEM (22)

一般的なファイル システム問題を示しています。


STOP:0x00000023 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
FAT FILE SYSTEM (23)

FATファイルシステムの問題を示しています。

This indicates that a problem occurred in the FAT file system.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x23 を参照。


STOP:0x00000024 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
NTFS FILE SYSTEM (24)

NTFSドライブを読み書きできる「ntfs.sys」ドライバに問題が発生したことを示しています。

This indicates a problem occurred in ntfs.sys, the driver file that allows the system to read and write to NTFS drives.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x24 を参照。


STOP: 0x00000025 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
NPFS_FILE_SYSTEM (25)

NPFS ファイル システムの問題を示しています。

This indicates that a problem occurred in the NPFS file system.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x25 を参照。


STOP: 0x00000026 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
CDFS_FILE_SYSTEM (26)

CD ファイル システム問題を示しています。

This indicates that a problem occurred in the CD file system.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x26 を参照。


STOP: 0x00000027 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
RDR_FILE_SYSTEM (27)

サーバーメッセージブロック(SMB) リダイレクタ ファイル システム問題を示しています。

This indicates that a problem occurred in the SMB redirector file system.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x27 を参照。


STOP: 0x00000028 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
CORRUPT_ACCESS_TOKEN (28)

セキュリティ システムが無効なアクセス トークンにぶつかったことを示しています。


STOP: 0x00000029 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SECURITY_SYSTEM (29)

セキュリティ システム エラー。


STOP: 0x0000002A (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
INCONSISTENT_IRP (2A)

IRP (I/O 要求パケット) に矛盾のある情報を含んでいることを示しています。

This indicates that an IRP was found to contain inconsistent information.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0x2A を参照。


STOP: 0x0000002B (parameter1, ReservedReservedReserved)
PANIC_STACK_SWITCH (2B)

カーネル モード スタックがオーバランしたことを示しています。

This indicates that the kernel mode stack was overrun.
parameter と原因は「Bug Check Code」の 0x2B を参照。


STOP: 0x0000002C (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
PORT_DRIVER_INTERNAL (2C)

ポート ドライバの内部エラーを示しています。


STOP: 0x0000002D (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SCSI_DISK_DRIVER_INTERNAL (2D)

SCSI ハード ディスク ドライバの内部エラーを示しています。


STOP: 0x0000002E (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DATA_BUS_ERROR (2E)

システム メモリ内のパリティ エラーによって引き起こされるデータ バス エラーを示しています。
このエラーは、存在しないアドレスにドライバがアクセスした場合にも発生します。

This typically indicates that a parity error in system memory has been detected.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x2E を参照。


STOP: 0x0000002F (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
INSTRUCTION_BUS_ERROR (2F)

バス命令エラー。
通常、ハードウェアの問題が原因で発生しますが、他の要因が関係していることもあります。


STOP: 0x00000030 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SET_OF_INVALID_CONTEXT (30)

カーネル モード から戻るなどの、トラップ フレームで不正なスタック ポインタの値であったことを示しています。

This indicates that the stack pointer in a trap frame had an invalid value.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0x30 を参照。


STOP: 0x00000031 (0x000000000x000000000x000000000x00000000)
PHASE0_INITIALIZATION_FAILED (31)

PHASE0 システム初 期化に失敗したことを示しています。 このシ ステム初期化は比較的最初の段階で失敗しました。

This indicates that system initialization failed. System initialization failed at a very early stage.
原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x31 を参照。


STOP: 0x00000032 (parameter1, ReservedReservedReserved)
PHASE1_INITIALIZATION_FAILED (32)

PHASE1 システム初 期化に失敗したことを示しています。 

This indicates that system initialization failed.
  parameter1 = The NT status code that describes why the system initialization failed


STOP: 0x00000033 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
UNEXPECTED_INITIALIZATION_CALL (33)

第 1 段階 (システム スタートアップの第 4 段階) の間、Windows NT Executive の初期化に失敗しました。


STOP: 0x00000034 (parameter1, ReservedReservedReserved)
CACHE_MANAGER (34)

ファイル システムのキャッシュ マネージャで問題が発生したことを示しています。

This indicates that a problem occurred in the file system's cache manager.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x34 を参照。


STOP: 0x00000035 (parameter1, ReservedReservedReserved)
NO_MORE_IRP_STACK_LOCATIONS (35)

IoCallDriver() パケットを処理するためのスタックが残っていない時に、このSTOPエラーが発生します。

This bug check occurs when the IoCallDriver packet has no more stack locations remaining.
  parameter1 = Address of the IRP
原因は「Bug Check Code」 の 0x35 を参照。


STOP: 0x00000036 (parameter1, ReservedReservedReserved)
DEVICE_REFERENCE_COUNT_NOT_ZERO (36)

参照カウントがまだ 0以外のデバイス オブジェクトを、 ドライバーが削除しようとしたことを示しています。
0 以外の参照カウンタには、デバイスに対する未解決の参照が残っています。
IoDeleteDeveice() 関数でデバイス オブジェクを削除します。

This indicates that a driver attempted to delete a device object that still had a positive reference count.
  parameter1 = The address of the device object


STOP: 0x00000037 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
FLOPPY_INTERNAL_ERROR (37)

フロッピー ディスク ドライバの内部エラーを示しています。


STOP: 0x00000038 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SERIAL_DRIVER_INTERNAL (38)

シリアル デバイス ドライバの内部エラーを示しています。


STOP: 0x00000039 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SYSTEM_EXIT_OWNED_MUTEX (39)

ミューテックス オブジェクトを所有しているにもかかわらず、それを解放せずに、ワーカー ルーチン(システム サービス)を終了しようとしたことを示しています。

This indicates that the worker routine returned without releasing the mutex object that it owned.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x39 を参照。


STOP: 0x0000003A (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SYSTEM_UNWIND_PREVIOUS_USER (3A)

システム サービス ディスパッチャを介してユーザー モードへのアンワインドを試行したことを示しています。


STOP: 0x0000003B (parameter1, parameter2, parameter3, 0x00000000)
SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION (3B)

特権が無いコードから特権があるコードに移行するルーチンを実行している時に、例外が発生したことを示しています。

This indicates that an exception happened while executing a routine that transitions from non-privileged code to privileged code.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0x3B を参照。


STOP: 0x0000003C (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
INTERRUPT_UNWIND_ATTEMPTED (3C)

割り込みディスパッチャを介してアンワインドを試行した割り込みサービス ルーチン内でアンワインド操作が開始されたことを示しています。


STOP: 0x0000003D (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
INTERRUPT_EXCEPTION_NOT_HANDLED (3D)

割り込みサービス ルーチン内で処理不可能な例外が発生したことを示しています。


STOP: 0x0000003E (0x000000000x000000000x000000000x00000000)
MULTIPROCESSOR_CONFIGURATION_NOT_SUPPORTED (3E)

マルチCPUが構成できないハードウェアであることを示しています。複数のCPUがありますが、それらはお互い非対称です。
シンメトリックなCPU構成でなければなりません。

This indicates that the system has multiple processors, but they are asymmetric in relation to one another.

STOP: 0x0000003F (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
NO_MORE_SYSTEM_PTES (3F)

あまりに多くのI/O動作を実行したためこのエラーとなっています。 システムのページ テーブル エントリ(PTE)が断片化しており、マッピング不可能なためPTEが無くなりました。

This is the result of a system which has performed too many I/O actions. This has resulted in fragmented system page table entries (PTE).
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x3F を参照。


STOP: 0x00000040 (0x000000000x000000000x000000000x00000000)
TARGET_MDL_TOO_SMALL (40)

ドライバーが不適切にIoBuildPartialMdl() 関数を使用したことを示しています。
バッファをマップするために割り当てられた MDL に、必要なバッファのマップを収めるだけのサイズがないことを示しています。ドライバに問題がある可能性もあります。

This indicates that a driver has improperly used IoBuildPartialMdl.
原因と対策は「Bug Check Code」の 0x40 を参照。


STOP: 0x00000041 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
MUST_SUCCEED_POOL_EMPTY (41)

カーネル モード スレッドが「成功が絶対条件のプール」を異常に多く要求したことを示しています。
XxxMustSucceedプールエリアに要求を満たすための十分なメモリが無い。メモリをリークしているドライバを探す必要があります。

This indicates that a kernel-mode thread has requested too much must-succeed pool.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x41 を参照。


STOP: 0x00000042 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
ATDISK_DRIVER_INTERNAL (42)

ハード ディスク(ATDISK) デバイス ドライバの内部エラーを示しています。


STOP: 0x00000043 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
NO_SUCH_PARTITION (43)

ディスク デバイス ドライバが I/O システムを呼び出して、指定のパーティションのパーティション タイプを変更しようとしましたが、そのパーティションが存在しないことを示しています。


STOP: 0x00000044 (parameter1, ReservedReservedReserved)
MULTIPLE_IRP_COMPLETE_REQUESTS (44)

既に終了したIRP (I/O 要求パケット) に、ドライバが終了要求したことを示しています。
IoCompleteRequest() 関数のコールでIRPを終了できるが、多重にIRPを終了したか、複数のドライバが自分のIRPと思い込み終了したことを示しています。

This indicates that a driver has tried to requested an IRP be completed that is already complete.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x44 を参照。


STOP: 0x00000045 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
INSUFFICIENT_SYSTEM_MAP_REGS (45)

アダプタに割り当てられている数よりも多くのマップ レジスタを割り当てようとしたことを示しています。


STOP: 0x00000046 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DEREF_UNKNOWN_LOGON_SESSION (46)

既知のログオン セッションの一部ではないトークンが削除されたことを示しています。


STOP: 0x00000047 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
REF_UNKNOWN_LOGON_SESSION (47)

既知のログオン セッションの一部ではないトークンが作成されたことを示しています。


STOP: 0x00000048 (parameter1, parameter2, Reserved, Reserved)
CANCEL_STATE_IN_COMPLETED_IRP (48)

IRP (I/O 要求パケット) をキャンセルしましたが、IRPは既に実行されており、キャンセルできなかったことを示しています。
2本のドライバが同じIRPに不正アクセスしている可能性があります。

This indicates that an I/O request packet (IRP) was completed, and then was subsequently canceled.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x48 を参照。


STOP: 0x00000049 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
PAGE_FAULT_WITH_INTERRUPTS_OFF (49)

割り込みが使用不能になっている時にページ フォールトが発生したことを示しています。


STOP: 0x0000004A (parameter1, parameter2, 0x000000000x00000000)
IRQL_GT_ZERO_AT_SYSTEM_SERVICE (4A)

まだPASSIVE_LEVEL (IRQL=0)よりも高いレベルのIRQLである時に、スレッドはシステムコールからユーザ・モード (IRQL=0) に戻ろうとしていることを示しています。

This indicates that a thread is returning to user mode from a system call when its IRQL is still above PASSIVE_LEVEL.
  parameter1 = The address of the system function (system call routine)
  parameter2 = The current IRQL


STOP: 0x0000004B (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
STREAMS_INTERNAL_ERROR (4B)

Streams 環境または Streams ドライバに内部エラーが発生したことを示しています。


STOP: 0x0000004C (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
FATAL_UNHANDLED_HARD_ERROR (4C)

ハード エラー ハンドラが利用可能になる前に、重大なハード エラー (STATUS エラー) が発生したことを示しています。このエラーが発生する理由は複数考えられます。レジストリ ハイブ ファイル破損。


STOP: 0x0000004D (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
NO_PAGES_AVAILABLE (4D)

オペレーションを可能にするためのフリーページが無いことを示しています。
メモリリークしているプロセス、またはドライバを探す必要があります。

This indicates that no free pages are available to continue operations.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0x4D を参照。


STOP: 0x0000004E (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
PFN_LIST_CORRUPT (4E)

メモリ管理のページ フレーム番号 (PFN) 一覧が破損していることを示しています。

This indicates that the page frame number (PFN) list is corrupted.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0x4E を参照。


STOP: 0x0000004F (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
NDIS_INTERNAL_ERROR (4F)

NDIS ラッパーまたは NDIS ドライバの内部エラーを示しています。


STOP: 0x00000050 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
PAGE FAULT IN NOPAGEED AREA (50)

無効なメモリを参照したことを示しています。
非ページメモリのデータ用に予約されたアドレススペース内でページフォールトが発生したことを示している。
非ページメモリを壊しているドライバの調査が必要です。

This indicates that invalid system memory has been referenced.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x50 を参照。


STOP: 0x00000051 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
REGISTRY_ERROR (51)

重大なレジストリ エラーが発生したことを示しています。
それは、I/Oエラー、ファイルシステムの障害、またはファイル破壊 がトリガとなっているかもしれない。

This indicates that a severe registry error has occurred.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0x51 を参照。


STOP: 0x00000052 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
MAILSLOT_FILE_SYSTEM (52)

メールスロット ファイル システムの問題を示しています。


STOP: 0x00000053 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
NO_BOOT_DEVICE (53)

ブート デバイス ドライバの初期化に失敗したことを示しています。


STOP: 0x00000054 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
LM_SERVER_INTERNAL_ERROR (54)

Windows NT サーバーの内部エラーを示しています。


STOP: 0x00000055 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DATA_COHERENCY_EXCEPTION (55)

一次および二次データ キャッシュのページ間の矛盾を示しています。


STOP: 0x00000056 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
INSTRUCTION_COHERENCY_EXCEPTION (56)

一次および二次命令キャッシュのページ間の矛盾を示しています。


STOP: 0x00000057 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
XNS_INTERNAL_ERROR (57)

XNS 内部エラーを示しています。場合によっては、ネットワーク カードを取り替える必要があります。


STOP:0x00000058 (0x000000000x000000000x000000000x00000000)
FT DISK INTERNAL ERROR (58)

ミラー パーティションの間違ったコピーから、システムがブートされた場合に、このエラーが発生します。
ミラーリングされたシステムパーティションのプライマリディスク内の異常が推定されます。

This is issued if the system is booted from the wrong copy of a mirrored partition.
原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x58 を参照。

STOP: 0x00000059 (parameter1, ReservedReservedReserved)
PINBALL_FILE_SYSTEM (59)

HPFS ファイル システム ドライバ(Pinball.sys)のファイルシステムで問題が発生したことを示しています。

This indicates that a problem occurred in the Pinball file system.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x59 を参照。


STOP: 0x0000005A (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
CRITICAL_SERVICE_FAILED (5A)

LastKnownGood 制御セットの開始時において重要なサービスの初期化に失敗したことを示しています。


STOP: 0x0000005B (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SET_ENV_VAR_FAILED (5B)

重要なサービスの初期化に失敗しましたが、LastKnownGood 環境変数を設定できなかったことを示しています。


STOP: 0x0000005C (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
HAL_INITIALIZATION_FAILED (5C)

HAL (Hardware Abstraction Layer) の第 0 段階の初期化に失敗しました。


STOP: 0x0000005D (0x000000000x000000000x000000000x00000000)
HEAP_INITIALIZATION_FAILED (5D)

コンピュータは、サポートされないプロセッサにWindowsを実行させようとしていることを示しています。
Windowsは今使用しているものより高いグレードのプロセッサを必要としています。

This indicates that the computer is attempting to run Windows on an unsupported processor.
Windows requires a higher-grade processor than the one you are using.


STOP: 0x0000005E (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
OBJECT_INITIALIZATION_FAILED (5E)

オブジェクト マネージャの第 0 段階の初期化に失敗しました。


STOP: 0x0000005F (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SECURITY_INITIALIZATION_FAILED (5F)

セキュリティの第 0 段階の初期化に失敗しました。


STOP: 0x00000060 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
PROCESS_INITIALIZATION_FAILED (60)

プロセスの第 0 段階の初期化に失敗しました。


STOP: 0x00000061 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
HAL1_INITIALIZATION_FAILED (61)

HAL (Hardware Abstraction Layer) の第 1 段階の初期化に失敗しました。


STOP: 0x00000062 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
OBJECT1_INITIALIZATION_FAILED (62)

オブジェクト マネージャの第 1 段階の初期化に失敗しました。


STOP: 0x00000063 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SECURITY1_INITIALIZATION_FAILED (63)

セキュリティの第 1 段階の初期化に失敗しました。


STOP: 0x00000064 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SYMBOLIC_INITIALIZATION_FAILED (64)

シンボリック リンクの初期化に失敗しました。


STOP: 0x00000065 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
MEMORY1_INITIALIZATION_FAILED (65)

メモリの第 1 段階の初期化に失敗しました。


STOP: 0x00000066 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
CACHE_INITIALIZATION_FAILED (66)

キャッシュの初期化に失敗しました。


STOP: 0x00000067 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
CONFIG_INITIALIZATION_FAILED (67)

レジストリの構成に失敗したことを示しています。
レジストリがレジストリ ファイルの内包に必要なプールを割り当てることができなかったため、構成の初期化に失敗しました。
コンフィグレーションマネージャーはレジストリのために十分なページドプールを得ることができなかった。

This bug check indicates that the registry configuration failed.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0x67 を参照。


STOP: 0x00000068 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
FILE_INITIALIZATION_FAILED (68)

ファイル システムの初期化に失敗しました。


STOP: 0x00000069 (0x000000000x000000000x000000000x00000000)
IO1_INITIALIZATION_FAILED (69)

I/O の第 1 段階の初期化に失敗したことを示しています。
セットアップルーチンが不適切にシステムをインストールしたか、またはユーザがシステムを再構成した可能性があります。

This bug check indicates that the initialization of the I/O system failed for some reason.


STOP: 0x0000006A (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
LPC_INITIALIZATION_FAILED (6A)

ローカル プロシージャ コール (LPC) の初期化に失敗しました。


STOP: 0x0000006B (parameter1, ReservedReservedReserved)
PROCESS1_INITIALIZATION_FAILED (6B)

Windows OS のプロセス第 1 段階の初期化に失敗したことを示しています。

This bug check indicates that the initialization of the Microsoft Windows operating system failed.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0x6B を参照。


STOP: 0x0000006C (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
REFMON_INITIALIZATION_FAILED (6C)

リファレンスモニタ(refmon)の初期化に失敗しました。
ソフトウェアの実行中に発生するイベントを捕捉し任意の処理を行なうシステムをリファレンスモニタ(refmon)と呼ぶ。


STOP: 0x0000006D (parameter1, 0x000000000x000000000x00000000)
SESSION1_INITIALIZATION_FAILED (6D)

Windows OS のセッション第 1 段階の初期化に失敗したことを示しています。

This bug check indicates that the initialization of the Microsoft Windows operating system failed.
  parameter1 = The NT status code that caused the initialization failure


STOP: 0x0000006E (parameter1, 0x000000000x000000000x00000000)
SESSION2_INITIALIZATION_FAILED (6E)

Windows OS のセッション第 2 段階の初期化に失敗したことを示しています。
 
This bug check indicates that the initialization of the Microsoft Windows operating system failed.
  parameter1 = The NT status code that caused the Windows operating system to conclude that initialization failed.


STOP: 0x0000006F (parameter1, 0x000000000x000000000x00000000)
SESSION3_INITIALIZATION_FAILED (6F)

Windows OS のセッション第 3 段階の初期化に失敗したことを示しています。

This bug check indicates that the initialization of the Microsoft Windows operating system failed.
  parameter1 = The NT status code that caused the Windows operating system to conclude that initialization failed


STOP: 0x00000070 (parameter1, 0x000000000x000000000x00000000)
SESSION4_INITIALIZATION_FAILED (70)

Windows OS のセッション第 4 段階の初期化に失敗したことを示しています。

This bug check indicates that the initialization of the Microsoft Windows operating system failed.
  parameter1 = The NT status code that caused the Windows operating system to conclude that initialization failed


STOP: 0x00000071 (parameter1, 0x000000000x000000000x00000000)
SESSION5_INITIALIZATION_FAILED (71)

Windows OS のセッション第 5 段階の初期化に失敗したことを示しています。

This bug check indicates that the initialization of the Microsoft Windows operating system failed.
  parameter1 = The NT status code that caused the Windows operating system to conclude that initialization failed


STOP: 0x00000072 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
ASSIGN_DRIVE_LETTERS_FAILED (72)

ドライブ文字の割り当てに失敗したことを示しています。


STOP: 0x00000073 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
CONFIG_LIST_FAILED (73)

システム構成リンク一覧に障害が起きていることを示しています。コア システム ハイブの 1 つが破損または読み取り不可能です。または、重要なレジストリ キーと値がいくつか存在していません。
コアシステムレジストリ(SOFTWARE,SECURITY,またはSAM)のうち1つが読めないか、壊れている。

This bug check indicates that one of the top-level registry keys, also known as core system hives, cannot be linked in the registry tree.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0x73 を参照。


STOP: 0x00000074 (ReservedReservedReserved, parameter4)
BAD_SYSTEM_CONFIG_INFO (74)

システム構成情報のレジストリが破損していることを示しています。

This bug check indicates that there is an error in the registry.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x74 を参照。


STOP: 0x00000075 (0x00000001, parameter2, ReservedReserved)
CANNOT_WRITE_CONFIGURATION (75)

システム構成情報のレジストリ ハイブ ファイルをマップ ファイルに変換することができないことを示しています。

This bug check indicates that the SYSTEM registry hive file cannot be converted to a mapped file.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0x75 を参照。


STOP: 0x00000076 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
PROCESS_HAS_LOCKED_PAGES (76)

ドライバーがI/O操作の後に、固定ページを解放をしなかったか、または、既にアンロックされたページを再度アンロックしよとしたことを示しています。

This bug check indicates that a driver failed to release locked pages after an I/O operation, or that it attempted to unlock pages that were already unlocked.
parameter と原 因と対応は「Bug Check Code」 の 0x76 を参照。


STOP: 0x00000077 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
KERNEL STACK INPAGE ERROR (77)

ページング ファイルからのカーネル データの要求されたページを、メモリへ読み取ることができなかったことを示しています。

This bug check indicates that the requested page of kernel data from the paging file could not be read into memory.
parameter と原 因と対応は「Bug Check Code」 の 0x77 を参照。


STOP: 0x00000078 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
PHASE0_EXCEPTION (78)

予期していなかった中断がHAL初期化中にあると、このSTOPエラーが発生します。 または、あなたがブート設定に「/break」パラメタを挿入した場合も、こ のブレークがおきます。カーネル デバッガを使用しない場合はこの設定をしないでください。
Windows OS の第 0 段階において例外が発生したことを示しています。

This bug check occurs when an unexpected break is encountered during HAL initialization. This break can occur if you have set the /break parameter in your boot settings but have not enabled kernel debugging.


STOP: 0x00000079 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
MISMATCHED_HAL (79)

ハードウェア アブストラクション レイヤ (HAL) リビジョン レベル又は設定がカーネルやコンピュータに一致していないこと示しています。
(通常、シングルプロセッサおよびマルチプロセッサの構成ファイルが同じシステムに混在している場合)。また、 BIOS 上で ACPIを使用不可にすると、次の起動時にエラーとなることがあります。

This bug check indicates that the Hardware Abstraction Layer (HAL) revision level or configuration does not match that of the kernel or the computer.
parameter と原 因と対応は「Bug Check Code」 の 0x79 を参照。


STOP: 0x0000007A (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
KERNEL DATA INPAGE ERROR (7A)

ページング ファイルからのカーネル データの要求されたページを、メモリへ読み取ることができなかったことを示しています。
(通常はページングファイルの不正なブロック、ウイルス、ディスク コントローラ エラー、または RAM の障害が原因です。)

This bug check indicates that the requested page of kernel data from the paging file could not be read into memory.
parameter と原 因と対応は「Bug Check Code」 の 0x7A を参照。


STOP: 0x0000007B (parameter1, 0x000000000x000000000x00000000)
INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE (7B)

Windows OS がブートのスタートアップでシステム パーティションにアクセス出来なくなったことを示しています。

I/O システムの初期化の間に、ブートデバイスのドライバがシステムの開始地点となるデバイスの初期化に失敗しました。またはブートデバイス上のデータを認識で き なかったため、ファイルシステムが初期化に失敗した可能性もあります。
こ のエラーが初期システムセットアップ中に発生した場合は、システムサポートされて いないディスクまたはSCSIコントローラ上にインストールされている可能性があります。これ以外にも、新しいアダプタまたはディスクコントローラをイン ストールした場合や新しいシステムパーティションにより再パーティションされた場合に、このエラーが発生することがあります。又は、WindowsNT起 動時のSCSIドライバ実行時発生するメッセージです。 SCSIドライバが実行されると初期化動作を行いますが、この動作が正常終了しなかったことを示しています。

This bug check indicates that the Microsoft Windows operating system has lost access to the system partition during startup.
parameter と原 因と対応は「Bug Check Code」 の 0x7B を参照。


STOP: 0x0000007C (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
BUGCODE_NDIS_DRIVER (7C)

NDISドライバーと共に問題が発生したことを示しています。

This bug check indicates that a problem occurred with an NDIS driver.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0x7C を参照。


STOP: 0x0000007D (parameter1, parameter2, parameter3, 0x00000000)
INSTALL_MORE_MEMORY (7D)

Windows OS を起動するための十分なメモリが無いことを示しています。

This bug check indicates that there is not enough memory to start up the Microsoft Windows operating system
parameter と原 因と対応は「Bug Check Code」 の 0x7D を参照。


STOP: 0x0000007E (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED (7E)

システム スレッドは、エラー ハンドラーが捕らえなかった例外を、生成したことを示しています。

This bug check indicates that a system thread generated an exception that the error handler did not catch.
  parameter1 = The exception code that was not handled
  parameter2 = The address where the exception occurred
  parameter3 = The address of the exception record
  parameter4 = The address of the context record
原因と対応は「Bug Check Code」の 0x7E を参照。


STOP: 0x0000007F (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP (7F)

インテルプラットフォーム上で、カーネルモードでトラップが発生したことを示しています。
これは、CPUがカーネルモードで扱うことができないトラップやダブルフォルトが発生したことを意味する。

This bug check indicates that the Intel CPU generated a trap and the kernel failed to catch this trap.
This trap could be a bound trap (a trap the kernel is not permitted to catch) or a double fault (a fault that occurred while processing an earlier fault, which always results in a system failure).
parameter と原 因と対応は「Bug Check Code」 の 0x7F を参照。


STOP: 0x00000080 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
NMI_HARDWARE_FAILURE (80)

ハードウェアの不良が起きたことを示しています。
ハードウェアの要因でNMI2割り込みが発生しています。

This bug check indicates that a hardware malfunction has occurred.
parameter と原 因と対応は「Bug Check Code」 の 0x80 を参照。


STOP: 0x00000081 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SPIN_LOCK_INIT_FAILURE (81)

スピンロックの誤用。


STOP: 0x00000082 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DFS_FILE_SYSTEM (82)

分散ファイル・システム(Distributed File System:DFS)エラー。


STOP: 0x00000085 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SETUP_FAILURE (85)

セットアップの時に、致命的なエラーが発生したことを示しています。

This bug check indicates that a fatal error occurred during setup.
parameter は 「Bug Check Code」 の 0x85 を参照。


STOP: 0x0000008B (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
MBR_CHECKSUM_MISMATCH (8B)

起動処理中に、システムによって計算される MBR チェックサムがローダーから渡されるチェックサムと一致しないことを示しています。
このSTOPエラーはウイルスに感染している可能性があります。

This bug check indicates that a mismatch has occurred in the MBR checksum.
parameter と原 因と対応は「Bug Check Code」 の 0x8B を参照。


STOP: 0x0000008E (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
KERNEL_MODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED (8E)

カーネル モード プログラム にハンドラでキャッチできない例外が発生したことを示しています。

This bug check indicates that a kernel-mode application generated an exception that the error handler did not catch.
parameter と原 因と対応は「Bug Check Code」 の 0x8E を参照。


STOP: 0x0000008F (0x000000000x00000000, 0x00000000, 0x000000000)
PP0_INITIALIZATION_FAILED (8F)

プラグ アンド プレー (PnP) マネージャが初期化できなかったことを示しています。

This bug check indicates that the Plug and Play (PnP) manager could not be initialized.
原因は「Bug Check Code」の 0x8F を参照。


STOP: 0x00000090 (0x000000000x00000000, 0x00000000, 0x000000000)
PP1_INITIALIZATION_FAILED (90)

プラグ アンド プレー (PnP) マネージャが初期化できなかったことを示しています。

This bug check indicates that the Plug and Play (PnP) manager could not be initialized.
原因は「Bug Check Code」の 0x90 を参照。


STOP: 0x00000092 (parameter1, Reserved, Reserved, Reserved)
UP_DRIVER_ON_MP_SYSTEM (92)

複数のプロセッサがアクティブなマルチプロセッサ システムにユニプロセッサ専用のドライバが読み込まれたことを示しています。 エラーが発生したドライバを確認し、この問題のトラブルシューティングを行う。

This bug check indicates that a uniprocessor-only driver has been loaded on a multiprocessor system.
  parameter1 = The base address of the driver
原因は「Bug Check Code」 の 0x92 を参照。


STOP: 0x00000093 (parameter1, parameter2, ReservedReserved)
INVALID_KERNEL_HANDLE (93)

ドライバは不要なハンドルを終了させる時に NtClose() 関数をコールする。このとき、無効、または、プロテキト エラーが発生したことを示しています。このエラー メッセージは、ドングル (不正コピーガード装置) セキュリティ デバイス用のドライバが原因で発生することがあります。

This bug check indicates that an invalid or protected handle was passed to NtClose.
  parameter1 = The handle that is passed to NtClose
  parameter2 = 0: The caller tried to close a protected handle
          1: The caller tried to close an invalid handle
原因は「Bug Check Code」 の 0x93 を参照。


STOP: 0x00000094 (0x000000000x00000000, 0x00000000, 0x000000000)
KERNEL_STACK_LOCKED_AT_EXIT (94)

カーネル スタックがスワップ可能の状態にならずにスレッドが終了したことを示します。
このためスタックがロック状態となった。通常、ドライバ問題です。

This bug check indicates that a thread exited while its kernel stack was marked as not swappable.


STOP: 0x00000096 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
INVALID_WORK_QUEUE_ITEM (96)

ヌルポインタを含んだ待ち行列項目が取り除かれたことを示しています。
通常、ドライバ問題です。

This bug check indicates that a queue entry was removed that contained a null pointer.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0x96 を参照。


STOP: 0x00000097 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
BOUND_IMAGE_UNSUPPORTED (97)

バインドされたイメージを読み込むために MmLoadSystemImage() が呼び出されたことを示しています。 この操作はカーネルではサポートされません。 この問題のトラブルシューティングを行うには、イメージで Bind.exe が実行されなかったことを確認してください。


STOP: 0x00000098 (parameter1, parameter2, Reserved, Reserved)
END_OF_NT_EVALUATION_PERIOD (98)

マイクロソフトウインドウズ・オペレーティングシステムのためのトライアルの期間が終了したことを示しています。

This bug check indicates that the trial period for the Microsoft Windows operating system has ended.
  parameter1 = The low-order 32 bits of the product expiration date
  parameter2 = The high-order 32 bits of the product expiration date
原因は「Bug Check Code」 の 0x98 を参照。


STOP: 0x00000099 (0x00000000, 0x00000000, 0x00000000, 0x000000000)
INVALID_REGION_OR_SEGMENT (99)

ExInitializeRegion() か ExInterlockedExtendRegion() 関数が無効なセットのパラメタで呼ばれたことを示しています。

This bug check indicates that ExInitializeRegion or ExInterlockedExtendRegion was called with an invalid set of parameters.

STOP: 0x0000009A (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SYSTEM_LICENSE_VIOLATION (9A)

ソフトウェア許諾契約に違反していることを示しています。

This bug check indicates that the software license agreement has been violated.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0x9A を参照。


STOP: 0x0000009B (parameter1, parameter2, parameter3, Reserved)
UDFS_FILE_SYSTEM (9B)

UDFファイルシステムで問題が起きたことを示しています。
(UDFファイルシステムで業界標準の CD-ROM や DVD-ROM の媒体にアクセスできます。)

This bug check indicates that a problem occurred in the UDF file system.
parameter と原 因と対応は「Bug Check Code」 の 0x9B を参照。


STOP: 0x0000009C (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
MACHINE_CHECK_EXCEPTION (9C)

致命的なハードウェアのエラーが発生したことを示しています。

This bug check indicates that a fatal machine check exception has occurred.
parameter は 「Bug Check Code」 の 0x9C を参照。


STOP: 0x0000009E (parameter1, parameter2, ReservedReserved)
USER_MODE_HEALTH_MONITOR (9E)

ユーザ・モードコンポーネントがヘルス チェックを満たしていません。

This bug check indicates that one or more critical user-mode components failed to satisfy a health check.
  parameter1 = The process that failed to satisfy a health check in the configured time-out
  parameter2 = The health monitoring time-out, in seconds
原因は「Bug Check Code」の 0x9E を参照。


STOP: 0x0000009F (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DRIVER_POWER_STATE_FAILURE (9F)

ドライバーが 矛盾 又は 無効 のパワー状態にあることを示しています。
特に parameter1 のステータスを確認し問題状況を判断します。

This bug check indicates that the driver is in an inconsistent or invalid power state.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0x9F を参照。


STOP: 0x000000A0 (parameter1, parameter2, parameter3, 0x000000000)
INTERNAL_POWER_ERROR (A0)

パワー ポリシー マネージャが致命的なエラーを検出したことを示しています。
Windows Vista ベースのコンピューターを休止状態にした時に、Atapi.sys ドライバ問題でエラーが発生することがありました。(文書番号: 942524)

This bug check indicates that the power policy manager experienced a fatal error.
parameter と原 因と対応は「Bug Check Code」 の 0xA0 を参照。


STOP: 0x000000A1 (0x000000000x00000000, 0x00000000, 0x000000000)
PCI_BUS_DRIVER_INTERNAL (A1)

PCI Busドライバーは、その内部構造に矛盾を検出したため、続行ができないことを示しています。

This bug check indicates that the PCI Bus driver detected inconsistency problems in its internal structures and could not continue.


STOP: 0x000000A2 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
MEMORY_IMAGE_CORRUPT (A2)

メモリの実行可能なファイルのイメージでコラプションが検出されたことを示しています。
システム起動操作では、メモリ障害を防止するため、さまざまな領域のメモリの CRC チェックが実行されます。このエラーは、メモリ破壊やウイルスが原因で発生します。なんらかの理由でDiskからファイル イメージをメモリ空間に移動できない時にも発生します。

This bug check indicates that corruption has been detected in the image of an executable file in memory.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0xA2 を参照。


STOP: 0x000000A3 (ReservedReservedReservedReserved)
ACPI_DRIVER_INTERNAL (A3)

ACPIドライバーは内部の矛盾を検出したことを示しています。

This bug check indicates that the ACPI driver detected an internal inconsistency.
原因は「Bug Check Code」 の 0xA3 を参照。


STOP: 0x000000A4 (parameter1, ReservedReservedReserved)
CNSS_FILE_SYSTEM_FILTER (A4)

CNSSファイル システム フィルタに問題が発生したことを示しています。
国家安全システム委員会( Committee on National Security Systems: CNSS)

This bug check indicates that a problem occurred in the CNSS file system filter.
  parameter1 = Specifies source file and line number information.
原因と対策は「Bug Check Code」 の 0xA4 を参照。


STOP: 0x000000A5 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
ACPI_BIOS_ERROR (A5)

コンピュータのACPI (Advanced ConfigurationとPower Interface) BIOSが完全にACPI仕様を満足していないことを示しています。

This bug check indicates that the Advanced Configuration and Power Interface (ACPI) BIOS of the computer is not fully compliant with the ACPI specification.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xA5 を参照。


STOP: 0x000000A7 (0x00000000, 0x00000000, 0x00000000, 0x000000000)
BAD_EXHANDLE (A7)

カーネル モード ハンドル テーブルは矛盾したハンドル テーブルのエントリー状態を検出したことを示しています。

This bug check indicates that the kernel-mode handle table detected an inconsistent handle table entry state.


STOP: 0x000000AB (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SESSION_HAS_VALID_POOL_ON_EXIT (AB)

セッション ドライバーがまだメモリを確保しているが、セッション側のアンロードが発生したことを示しています。

This bug check indicates that a session unload occurred while a session driver still held memory.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0xAB を参照。


STOP: 0x000000AC (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
HAL_MEMORY_ALLOCATION (AC)

ハードウェア抽象化層(HAL)は十分なメモリ容量を確保できなかったことを示しています。

This bug check indicates that the hardware abstraction layer (HAL) could not obtain sufficient memory.
  parameter1 = The allocation size
  parameter2 = 0
  parameter3 = A pointer to a string that contains the file name
  parameter4 = Reserved
原因は「Bug Check Code」 の 0xAC を参照。


STOP: 0x000000AD (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
VIDEO_DRIVER_DEBUG_REPORT_REQUEST (AD)

ランタイムの間のビデオドライバーを代表して、ビデオポートが非致命的なミニダンプを作成したことを示しています。

This bug check indicates that the video port created a non-fatal minidump on behalf of the video driver during run time.
  parameter1 = Driver-specific
  parameter2 = Driver-specific
  parameter3 = Driver-specific
  parameter4 = The number of all reports that have been requested since boot time
参考は「Bug Check Code」 の 0xAD を参照。


STOP: 0x000000B4 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
VIDEO_DRIVER_INIT_FAILURE (B4)

Windowsはグラフィックスモードを使用することができないことを示しています。

ディスプレイ ドライバをスタートできないため、システムはグラフィックス モードにすることが出来ませんでした。
ビデオ ミニポート ドライバをロードできないとき、通常、起こります。

This indicates that Windows was unable to enter graphics mode.

Cause
The system was not able to go into graphics mode because no display drivers were able to start.
This usually occurs when no video miniport drivers are able to load successfully.


STOP: 0x000000B8 (parameter1, parameter2, parameter3, Reserved)
ATTEMPTED_SWITCH_FROM_DPC
(B8)

イレギュラーな手順が遅延プロシジャー コール(DPC)ルーチンで実行されたことを示しています。

This indicates that an illegal operation was attempted by a delayed procedure call (DPC) routine.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xB8 を参照。


STOP: 0x000000B9 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
CHIPSET_DETECTED_ERROR (B9)

チップセットに誤りが検出されたことを示しています。
ハードウェアのオーバーヒートや、オーバークロックなどで発生することがあります。


STOP: 0x000000BA (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SESSION_HAS_VALID_VIEWS_ON_EXIT (BA)

セッションがアンロードされたとき、セッション ドライバーが、まだマッピングされていることを示しています。
(LAN経由でリモート デスク トップ接続されていたのを、ログオフすると発生するケースがある)

This indicates that a session driver still had mapped views when the session unloaded.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0xBA を参照。


STOP: 0x000000BB (parameter1, parameter2, ReservedReserved)
NETWORK_BOOT_INITIALIZATION_FAILED (BB)

Windowsがネットワークを正しくブート オフできなかったことを示しています。なお「parameter1」の状態を参照。

This indicates that Windows failed to successfully boot off a network.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0xBB を参照。


STOP: 0x000000BC (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
NETWORK_BOOT_DUPLICATE_ADDRESS (BC)

ネットワークをブート オフしている間に、2番目のIPアドレスがこのマシンに割り当てられたことを示しています。

This indicates that a duplicate IP address was assigned to this machine while booting off a network.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0xBC を参照。


STOP: 0x000000BE (parameter1, parameter2, ReservedReserved)
ATTEMPTED_WRITE_TO_READONLY_MEMORY (BE)

ドライバーが、リードオンリー メモリ セグメントに、書き込をトライしたことを示しています。

This is issued if a driver attempts to write to a read-only memory segment.
  parameter1 = Virtual address of attempted write
  parameter2 = PTE contents
注記は「Bug Check Code」の 0xBE を参照。


STOP: 0x000000BF (parameter1, parameter2, 0x00000000Reserved)
MUTEX_ALREADY_OWNED (BF)

スレッドが、既に所有していたミューテックスの所有権を、再取得しようとしたことを示しています。

This indicates that a thread attempted to acquire ownership of a mutex it already owned.
  parameter1 = The address of the mutex
  parameter2 = The thread that caused the error


STOP: 0x000000C1 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SPECIAL_POOL_DETECTED_MEMORY_CORRUPTION (C1)

特別なプールの無効なセクションに、ドライバが書き込みしたことを示しています。

This indicates that the driver wrote to an invalid section of the special pool.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xC1 を参照。


STOP: 0x000000C2 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
BAD_POOL_CALLER (C2)

現在のスレッドで無効なプール要求が発生したことを示しています。
システムのプロセスやドライバソフトが0サイズのメモリプールを割り当てようとした場合や、すでに解放されているメモリ領域を解放しようとした際に発生し ます。

This indicates that the current thread is making a bad pool request.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xC2 を参照。


STOP: 0x000000C4 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DRIVER_VERIFIER_DETECTED_VIOLATION
(C4)

これはDriver Verifierによって見つけられた、致命的なエラーのため発生する、一般的なSTOPエラーです。
(システムのシャットダウン時に、rdbss.sys が持つリソースが開放されない状態でアンロードされた場合、Driver Verifier によりこのエラー が発生します。 )

This is the general bug check code for fatal errors found by Driver Verifier.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xC4 を参照。


STOP: 0x000000C5 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)  
DRIVER_CORRUPTED_EXPOOL (C5)

プロセスのIRQL (割り込み要求レベル)  が高すぎる状態で無効なメモリにアクセスしようとしたことを示しています。
このエラーは通常、システム プールを破壊したドライバにより引き起こされます。

This indicates that the system attempted to access invalid memory at a process IRQL that was too high.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xC5 を参照。


STOP: 0x000000C6 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DRIVER_CAUGHT_MODIFYING_FREED_POOL (C6)

ドライバーは、既に解放されたメモリプールに、アクセスするのを試みたことを示しています。

This indicates that the driver attempted to access a freed memory pool.
  parameter1 = Memory referenced
  parameter2 = 0: Read      1: Write
  parameter3 = 0: Kernel mode  1: User mode
  parameter4 = Reserved
注記は「Bug Check Code」 の 0xC6 を参照。


STOP: 0x000000C7 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
TIMER_OR_DPC_INVALID (C7)

カーネル タイマ 又は 遅延プロシジャー コール(DPC)が、許されないメモリ空間にあった場合に、このSTOPエラーが発生します。

This is issued if a kernel timer or delayed procedure call (DPC) is found somewhere in memory where it is not permitted.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xC7 を参照。


STOP: 0x000000C8 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
IRQL_UNEXPECTED_VALUE (C8)

プロセッサのIRQLのレベルが期待値と違うことを示しています。期待値の範囲は「parameter1」を参照。

This indicates that the processor's IRQL is not what it should be at this time.
  parameter1 = The value of the following bit computation:
             (Current IRQL << 16) | (Expected IRQL << 8) | UniqueValue
  parameter2 = Zero, or APC->KernelRoutine
  parameter3 = Zero, or APC
  parameter4 = Zero, or APC->NormalRoutine
原因は「Bug Check Code」の 0xC8 を参照。


STOP: 0x000000C9 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DRIVER_VERIFIER_IOMANAGER_VIOLATION (C9)

これはDriver Verifier I/O Verification違反のためのSTOPエラーです。
(Drive Verifier ツールには、I/O の正当性を検証するための I/O Verification と呼ばれる機能があります。)

This is the bug check code for all Driver Verifier I/O Verification violations.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xC9 を参照。


STOP: 0x000000CA (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
PNP_DETECTED_FATAL_ERROR (CA)

プラグ アンド プレー (PnP)マネージャは、たぶん問題の多いPnPドライバーのため、シビリアル エラーとなっています。

This indicates that the Plug and Play Manager encountered a severe error, probably as a result of a problematic Plug and Play driver.
parameter は 「Bug Check Code」 の 0xCA を参照。


STOP: 0x000000CB (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DRIVER_LEFT_LOCKED_PAGES_IN_PROCESS (CB)

プロセスの実行中に、ドライバー又はI/Oマネージャは、I/O操作の後に固定ページのメモリをリリースしませんでした。

This indicates that a driver or the I/O manager failed to release locked pages after an I/O operation.
parameter と注 記は「Bug Check Code」 の 0xCB を参照。


STOP: 0x000000CC (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
PAGE_FAULT_IN_FREED_SPECIAL_POOL (CC)

システムは、既に解放し存在しないプールメモリを、参照しました。これによるページフォルトを示しています。

This indicates that the system has referenced memory which was earlier freed.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xCC を参照。


STOP: 0x000000CD (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
PAGE_FAULT_BEYOND_END_OF_ALLOCATION (CD)

システムは、ドライバーが確保したプール領域を超えたメモリに、アクセスしました。これによるページフォルトを示しています。

This indicates that the system accessed memory beyond the end of some driver's pool allocation.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xCD を参照。


STOP: 0x000000CE (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DRIVER_UNLOADED_WITHOUT_CANCELLING_PENDING_OPERATIONS (CE)

このエラーはドライバソフトが終了する前に、保留されていた操作を取り消すことに失敗したことを示しています。

This indicates that a driver failed to cancel pending operations before unloading.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0xCE を参照。


STOP: 0x000000CF (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
TERMINAL_SERVER_DRIVER_MADE_INCORRECT_MEMORY_REFERENCE (CF)

ドライバーがターミナルサーバに不当に遷移させられたことを示す。ドライバが不適切なメモリ参照をしているため強制終了させられた。
再起動で「F8」のセーフモードで立ち上げ、問題のドライバを削除・改版などで修復させる。

This indicates that a driver has been incorrectly ported to the terminal server.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0xCF を参照。


STOP: 0x000000D0 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DRIVER_CORRUPTED_MMPOOL (D0)

ドライバのような高いIRQL(=2~31)のプロセスが、実在しないメモリにアクセスしたことを示しています。
(アプリケーションのような低いIRQL( = 0 or 1 )の場合は、退避された実在しないメモリにアクセスが可能です。自動的に退避されたDiskから実メモリに復旧されます。なお、メモリアクセスに時間がか かることがあります。)

This indicates that the system attempted to access invalid memory at a process IRQL that was too high.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xD0 を参照。


STOP: 0x000000D1 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL (D1)

カーネル モード ドライバがIRQL=2~31の高い状態でページング可能なメモリに不正にアクセスしようとしていることを示しています。
IRQL=2~31のカーネル モード ドライバはメモリが存在する空間をアクセスしなければならない。

This indicates that a kernel-mode driver attempted to access pageable memory at a process IRQL that was too high.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xD1 を参照。


STOP: 0x000000D2 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
The BUGCODE_ID_DRIVER (D2)

問題はNDIS(Network Driver Interface Specification)ドライバーと共に起きたことを示しています。

This indicates that a problem occurred with an NDIS driver.
parameter と原因と注 記は「Bug Check Code」 の 0xD2 を参照。


STOP: 0x000000D3 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DRIVER_PORTION_MUST_BE_NONPAGED (D3)

高いIRQL( =2~31 )のプロセスがページ可能メモリにアクセスをしようとしたことを示しています。
(カーネル ドライバ レベルのプログラムはノンページメモリにアクセスしなければならない)

This indicates that the system attempted to access pageable memory at a process IRQL that was too high.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xD3 を参照。


STOP: 0x000000D4 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SYSTEM_SCAN_AT_RAISED_IRQL_CAUGHT_IMPROPER_DRIVER_UNLOAD (D4)

ドライバーは、アンロードする前に、未完了の操作を中止しませんでした。
(高くされているIRQLでのシステム スキャンが、不適当なドライバー アンロードを捕らえました。)

This indicates that a driver did not cancel pending operations before unloading.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xD4 を参照。


STOP: 0x000000D5 (parameter1, parameter2, parameter3, Reserved)
DRIVER_PAGE_FAULT_IN_FREED_SPECIAL_POOL (D5)

ドライバーが、既に解放済みのメモリを参照したことを示しています。

This indicates that a driver has referenced memory which was earlier freed.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xD5 を参照。


STOP: 0x000000D6 (parameter1, parameter2, parameter3, Reserved)
DRIVER_PAGE_FAULT_BEYOND_END_OF_ALLOCATION (D6)

ドライバーが確保したプール領域を超えたメモリに、アクセスしたことを示します。これによるページフォルトを示しています。

This indicates the driver accessed memory beyond the end of its pool allocation.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xD6 を参照。


STOP: 0x000000D7 (parameter1, parameter2, 0x00000000, 0x00000000)
DRIVER_UNMAPPING_INVALID_VIEW (D7)

ドライバーがマッピングしていないアドレスをマッピング解放しようとしたことを示しています。
(問題のドライバはダンプのスタックトレースから確認ができます。)

This indicates a driver is trying to unmap an address that was not mapped.
  parameter1 = Virtual address to unmap
  parameter2 = 1: The view is being unmapped
           2: The view is being committed


STOP: 0x000000D8 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DRIVER_USED_EXCESSIVE_PTES (D8)

使用可能なページ テーブル エントリ (PTE) が不足している時に、デバイスドライバが大量のカーネルメモリを要求するときに発生します。

This indicates that there are no more system page table entries (PTE) remaining.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xD8 を参照。


STOP: 0x000000D9 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
LOCKED_PAGES_TRACKER_CORRUPTION (D9)

内部のロックページ追跡構造がコラプション状態であることを示しています。
コラプションとは、期待するメモリ空間が実在しなくなった状態。

This indicates that the internal locked-page tracking structures have been corrupted.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0xD9 を参照。


STOP: 0x000000DA (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SYSTEM_PTE_MISUSE (DA)

ページ テーブル エントリ(PTE)ルーチンが不適当な方法で使用されていることを示しています。

This indicates that a page table entry (PTE) routine has been used in an improper way.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0xDA を参照。


STOP: 0x000000DB (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DRIVER_CORRUPTED_SYSPTES (DB)

たぶんシステムPTEのコラプションのために、高い IRQL( =2~31 ) レベルでメモリにアクセスしようとしたことを示しています。

This indicates that an attempt was made to touch memory at an invalid IRQL, probably due to corruption of system PTEs.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xDBを参照。


STOP: 0x000000DC (0x00000000, 0x00000000, 0x00000000, 0x00000000)
DRIVER_INVALID_STACK_ACCESS (DC)

ドライバーが許されたスタックポインタの領域を超えてアクセルしたことを示しています。
(CPUのスタックがスタック オーバーとなっています)

This indicates that a driver accessed a stack address that lies below the stack pointer of the stack's thread.


STOP: 0x000000DE (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
POOL_CORRUPTION_IN_FILE_AREA (DE)

ディスクのために確保されたプールメモリがコラプションしていることを示しています。
コラプションとは、期待するメモリ空間が実在しなくなった状態、又は破壊された状態。

メモリ マネージャがファイルを間接参照したとき、プールメモリにこのコラプションを発見しました。

This indicates that a driver has corrupted pool memory that is used for holding pages destined for disk.
Cause
When the Memory Manager dereferenced the file, it discovered this corruption in pool memory.


STOP: 0x000000DF (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
IMPERSONATING_WORKER_THREAD (DE)

A worker thread is impersonating another process. The work item forgot to disable impersonation before it returned.
ワーカー スレッドが別プロセスをインパーソネーティングしています。 ワーカー アイテムは、戻る前に、インパーソネーションを無効にするのを忘ています。

「ハードウェアの不良」「デバイスドライバ問題」「システムメモリ故障」「誤動作している電源」「コンポーネントがオーバーヒート」「 仕様を超えたオーバークロック」「無効なDLLファイル」などのためにこのエラーが発生することがあります。

parameter1 = The worker routine that caused this error
parameter2 = The parameter passed to this worker routine
parameter3 = A pointer to the work item
parameter4 = Reserved


STOP: 0x000000E0 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
ACPI_BIOS_FATAL_ERROR (E0)

コンピュータのコンポーネントが故障していることを示しています。
(ACPI BIOS の致命的な故障です。)

This indicates that one of your computer components is faulty.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xE0 を参照。


STOP: 0x000000E1 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
WORKER_THREAD_RETURNED_AT_BAD_IRQL (E1)

ワーカースレッドが、「 IRQL >= DISPATCH_LEVEL 」の状態で戻り、完了したことを示しています。
このIRQLは「 2~31 」のレベルです。

This indicates that a worker thread completed and returned with IRQL >= DISPATCH_LEVEL.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xE1 を参照。


STOP: 0x000000E2 (0x000000000x000000000x000000000x00000000)
MANUALLY_INITIATED_CRASH (E2)

カーネルデバッガかキーボードのどちらかから、意図的にダンプが起動されたことを示しています。

This indicates that the user deliberately initiated a crash dump from either the kernel debugger or the keyboard.


STOP: 0x000000E3 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
RESOURCE_NOT_OWNED (E3)

スレッドは自分が所有していなかったリソースをリリースしようとしたことを示しています。

This indicates that a thread tried to release a resource it did not own.
  parameter1 = Address of resource
  parameter2 = Address of thread
  parameter3 = Address of owner table (if it exists)
  parameter4 = Reserved


STOP: 0x000000E4 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
WORKER_INVALID (E4)

エグゼキューティブ ワーカー アイテムを含むべきでないメモリがそのような項目を含んでいるか、または現在アクティブなワーカー アイテムが待ち行列に 並ばされたことを示しています。

This indicates that memory that should not contain an executive worker item does contain such an item, or that a currently active worker item was queued.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0xE4 を参照。


STOP: 0x000000E6 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DRIVER_VERIFIER_DMA_VIOLATION (E6)

これはドライバのDMA検証違反であることを示しています。

This is the bug check code for all Driver Verifier DMA Verification violations.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xE6 を参照。


STOP: 0x000000E7 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
INVALID_FLOATING_POINT_STATE (E7)

フローティング ポイント状態でセーブされたスレッドは無効であることを示しています。

This indicates that a thread's saved floating-point state is invalid.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0xE7 を参照。


STOP: 0x000000E8 (parameter1, parameter2, ReservedReserved)
INVALID_CANCEL_OF_FILE_OPEN (E8)

無効なファイルオブジェクトが IoCancelFileOpen() 関数に渡されたことを示しています。

This indicates that an invalid file object was passed to IoCancelFileOpen.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0xE8 を参照。


STOP: 0x000000E9 (parameter1, ReservedReservedReserved)
ACTIVE_EX_WORKER_THREAD_TERMINATION (E9)

アクティブ な エグゼキューティブ ワーカー スレッド が終了させられたことを示しています。

This indicates that an active executive worker thread is being terminated.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0xE9 を参照。


STOP: 0x000000EA (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
THREAD_STUCK_IN_DEVICE_DRIVER (EA)

これは、デバイスドライバのスレッドが際限なくループしていることを示しています。

This indicates that a thread in a device driver is endlessly spinning.
parameter と原 因と対応は「Bug Check Code」 の 0xEA を参照。


STOP: 0x000000EB (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DIRTY_MAPPED_PAGES_CONGESTION (EB)

オペレーションを続行するためのフリーページが足りないことを示しています。

This indicates that no free pages are available to continue operations.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0xEB を参照。


STOP: 0x000000EC (parameter1, parameter2, ReservedReserved)
SESSION_HAS_VALID_SPECIAL_POOL_ON_EXIT (EC)

セッションドライバーはまだメモリを保持していましたが、そのセッションがアンロードされたことを示しています。

This indicates that a session unload occurred while a session driver still held memory.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0xEC を参照。


STOP: 0x000000ED (parameter1, parameter2, ReservedReserved)  
UNMOUNTABLE_BOOT_VOLUME (ED)

I/Oサブシステムは、ブートボリュームをマウントしようとしましたが、失敗したことを示しています。

IDE (integrated device electronics) ドライブで NTFS ファイル システムを使用しているボリュームのキャッシュが有効に なっている場合、起動中にこのエラー メッセージが表示されることがあります。

This indicates that the I/O subsystem attempted to mount the boot volume and it failed.
  parameter1 = The device object of the boot volume
  parameter2 = The status code from the file system that describes why it failed to mount the volume


STOP: 0x000000EF (parameter1, ReservedReservedReserved)
CRITICAL_PROCESS_DIED (EF)

重要なシステムが停止したことを示しています。

This indicates that a critical system process died.
  parameter1 = The process object


STOP: 0x000000F1 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SCSI_VERIFIER_DETECTED_VIOLATION (F1)

全てのドライバ検証のためSCSI Verification(ファイルの整合性確認)が違反していることを示しています。

This is the bug check code for all Driver Verifier SCSI Verification violations.
parameter と原 因と対応は「Bug Check Code」 の 0xF1 を参照。


STOP: 0x000000F3 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DISORDERLY_SHUTDOWN (F3)

Windowsはメモリの不足のためシャットダウンできなかったことを示しています。

This indicates that Windows was unable to shut down due to lack of memory.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0xF3 を参照。


STOP: 0x000000F4 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
CRITICAL_OBJECT_TERMINATION (F4)

システム・オペレーションに重要なプロセスかスレッドが、予期せぬ終了をしたか、終了させられたことを示しています。

This indicates that a process or thread crucial to system operation has unexpectedly exited or been terminated.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0xF4 を参照。


STOP: 0x000000F5 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
FLTMGR_FILE_SYSTEM (F5)

フィルター マネージャーで修復できないエラーが発生したことを示しています。

This indicates that an unrecoverable failure occurred in the Filter Manager.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xF5 を参照。


STOP: 0x000000F6 (parameter1, 0x00000000, 0x00000000, 0x00000000)
PCI_VERIFIER_DETECTED_VIOLATION (F6)

PCIドライバによって検出された、BIOSかデバイスのエラーが発生したことを示しています。

This indicates that an error occurred in the BIOS or another device being verified by the PCI driver.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0xF6 を参照。


STOP: 0x000000F7 (parameter1, parameter2, parameter3, 0x00000000)
DRIVER_OVERRAN_STACK_BUFFER (F7)

ドライバはスタックベースのバッファをオーバランさせたことを示しています。

This indicates that a driver has overrun a stack-based buffer.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0xF7 を参照。


STOP: 0x000000F8 (parameter1, parameter2, 0x00000000, 0x00000000)
RAMDISK_BOOT_INITIALIZATION_FAILED (F8)

RAMディスクからブートをしている時に、初期化エラーが発生したことを示しています。

This indicates that an initialization failure occurred while attempting to boot from the RAM disk.
parameter は 「Bug Check Code」 の 0xF8 を参照。


STOP: 0x000000F9 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DRIVER_RETURNED_STATUS_REPARSE_FOR_VOLUME_OPEN (F9)

ドライバが「no trailing names」との「IRP_MJ_CREATE」要求に「STATUS_REPARSE」を返したことを示しています。
ボリューム オープンする時にドライバが「STATUS_REPARSE」を返した。

参照: ファイル システム フィルタ ドライバでの再解析の実行
     http://support.microsoft.com/kb/319447

This indicates that a driver returned STATUS_REPARSE to an IRP_MJ_CREATE request with no trailing names.
parameter と注 記は「Bug Check Code」 の 0xF9 を参照。


STOP: 0x000000FA (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
HTTP_DRIVER_CORRUPTED (FA)

HTTPカーネルドライバー(Http.sys) は、崩壊した状態で、回復できないことを示しています。

This indicates that the HTTP kernel driver (Http.sys) has reached a corrupted state and cannot recover.
parameter と原因は「Bug Check Code」 の 0xFA を参照。


STOP: 0x000000FC (parameter1, parameter2, ReservedReserved)
ATTEMPTED_EXECUTE_OF_NOEXECUTE_MEMORY (FC)

プログラムが実行可能では無い空間のメモリで、プログラム実行するように試みたことを示しています。

This indicates that an attempt was made to execute non-executable memory.
parameter と対 応は「Bug Check Code」 の 0xFC を参照。


STOP: 0x000000FD (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DIRTY_NOWRITE_PAGES_CONGESTION (FD)

ベーシック システム オペレーションを続行するための、利用可能なフリー ページが無いことを示しています。

This indicates that there are no free pages available to continue basic system operations.
parameter と原 因と対応は「Bug Check Code」 の 0xFD を参照。


STOP: 0x000000FE (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
BUGCODE_USB_DRIVER (FE)

USBドライバーでエラーが発生したことを示しています。

This indicates that an error has occurred in a Universal Serial Bus (USB) driver.
parameter と原因は 「Bug Check Code」 の 0xFE を参照。


STOP: 0x000000FF (parameter1, parameter2, 0x000000000x00000000)
RESERVE_QUEUE_OVERFLOW (FF)

待ち行列がオーバーフローしている状態で、リザーブの待ち行列に新なアイテムを挿入しようとしたことを示しています。

This indicates that an attempt was made to insert a new item into a reserve queue, causing the queue to overflow.
  parameter1 = The address of the reserve queue
  parameter2 = The size of the reserve queue


STOP: 0x00000100 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
LOADER_BLOCK_MISMATCH (100)

ローダ ブロックが無効であるか、またはロードされているシステムに合っていないことを示しています。

This indicates that either the loader block is invalid, or it does not match the system that is being loaded.
  parameter1 = 3
  parameter2 = The size of the loader black extension
  parameter3 = The major version of the loader block
  parameter4 = The minor version of the loader block


STOP: 0x00000101 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
CLOCK_WATCHDOG_TIMEOUT (101)

マルチプロセッサ システムで、セカンダリプロセッサにおける予想された時計割込みは、割り当てられた間隔中に受けられませんでした。

This indicates that an expected clock interrupt on a secondary processor, in a multi-processor system, was not received within the allocated interval.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0x101 を参照。


STOP: 0x00000103 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
MUP_FILE_SYSTEM (103)

複 数のUNCプロバイダー(MUP)が無効の、または、予期していなかったデータに遭遇しました。 その結果、MUPはネットワーク リダイレクタ (ユニバーサル ネーミング コンバージョン(UNC)プロバイダー) へのリモートファイル システム 要求を受け取ることができませんでした。

This bug check indicates that the multiple UNC provider (MUP) has encountered invalid or unexpected data. As a result, the MUP cannot channel a remote file system request to a network redirector, the Universal Naming Convention (UNC) provider.
parameter と原因と注 記は「Bug Check Code」 の 0x103 を参照。


STOP: 0x00000104 (parameter1, 0x000000000x000000000x00000000)
AGP_INVALID_ACCESS (104)

以前に遂行されていなかった、さまざまなAccelerated Graphics Port(AGP)メモリにGPUが書いたことを示しています。

This indicates that the GPU wrote to a range of Accelerated Graphics Port (AGP) memory that had not previously been committed.
  parameter1 = Offset (in ULONG) within the AGP verifier page to the first ULONG data that is corrupted
Cause
Typically, this bug check is caused by an unsigned or improperly tested video driver. It can also be caused by an old BIOS.
Resolution
Check for display driver and computer BIOS updates.


STOP: 0x00000105 (parameter1, parameter2, parameter3, 0x00000000)
AGP_GART_CORRUPTION (105)

グラフィックス アパーチャー リマッピング テーブル (GART)  が不正なことを示しています。

This indicates that the Graphics Aperture Remapping Table (GART) is corrupt.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x105 を参照。


STOP: 0x00000106 (parameter1, parameter2, 0x000000000x00000000)
AGP_ILLEGALLY_REPROGRAMMED (106)

アクセラレーテッド グラフィックス ポート(AGP)ハードウェアは権限のないエージェントによってプログラムを変えらたことを示しています。

This indicates that the Accelerated Graphics Port (AGP) hardware has been reprogrammed by an unauthorized agent.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x106 を参照。


STOP: 0x00000108 (parameter1, parameter2, parameter3, Reserved)
THIRD_PARTY_FILE_SYSTEM_FAILURE (108)

復旧できない問題が、サードパーティの ファイル システム か ファイル システム フィルタ によって起きたことを示しています。

This indicates that an unrecoverable problem has occurred in a third-party file system or file system filter.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x108 を参照。


STOP: 0xX00000109 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
CRITICAL_STRUCTURE_CORRUPTION (109)

カーネルが、問題のある カーネル コード か データ  コラプション を検出したことを示しています。

This indicates that the kernel has detected critical kernel code or data corruption.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0x109 を参照。


STOP: 0x0000010A (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
APP_TAGGING_INITIALIZATION_FAILED (10A)

アプリケーションのタグ付けの初期化に失敗したことを示しています。
通常、ハードウェアかデバイス ドライバの問題です。


STOP: 0x0000010C (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
FSRTL_EXTRA_CREATE_PARAMETER_VIOLATION (10C)

ファイル システム ランタイム ライブラリ (FsRtl) のエクストラ クリエート パラメータ (ECP) パッケージの中に違反が検出されたことを示しています。
メモリカードやビデオカードの問題で発生する可能性があります。

This indicates that a violation was detected in the File system Run-time library (FsRtl) Extra Create Parameter (ECP) package.
parameter と原 因は「Bug Check Code」 の 0x10C を参照。


STOP: 0x0000010D (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
WDF_VIOLATION (10D)

Windows OS がフレームワークベース ドライバにエラーを見つけたという事を、カーネル モード ドライバ フレームワーク (KMDF) が検知したことを示しています。

ドライバは WDM / KMDF / UMDF タイプの3種の構造があります。
なお、KMDFのフレームワークベース(framework) ドライバはOSが提供し、KMDFドライバはメーカが新に開発する。

This indicates that Kernel-Mode Driver Framework (KMDF) detected that Windows found an error in a framework-based driver.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x10D を参照。


STOP: 0x0000010E (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
VIDEO_MEMORY_MANAGEMENT_INTERNAL (10E)

ビデオ メモリ マネージャは回復できない状況であることを示しています。

This indicates that the video memory manager has encountered a condition that it is unable to recover from.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」 の 0x10E を参照。


STOP: 0x0000010F (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
RESOURCE_MANAGER_EXCEPTION_NOT_HANDLED (10F)

カーネルモード資源管理プログラムは ダイレクト コールバック に対して例外エラーを上げました。この例外エラーをカーネルトランザクション マネージャが検出したことを示しています。リソース マネージャが予期せぬ復旧不能な状態です。

This indicates that the kernel transaction manager detected that a kernel-mode resource manager has raised an exception in response to a direct call-back. The resource manager is in an unexpected and unrecoverable state.
  parameter1 = The address of the exception record
  parameter2 = The address of the context record
  parameter3 = The address of the exception code
  parameter4 = The address of the resource manager


STOP: 0x00000111 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
RECURSIVE_NMI (111)

前のNMI (マスク不可能割込み) 処理が進行していましたが、新なNMI が発生したことを示しています。

This bug check indicates that a non-maskable-interrupt (NMI) occurred while a previous NMI was in progress.
注記は「Bug Check Code」 の 0x111 を参照。


STOP: 0x00000112 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
MSRPC_STATE_VIOLATION (112)

Msrpc.sys ドライバーがバグチェックを開始したことを示しています。

This indicates that the Msrpc.sys driver has initiated a bug check.
parameter と原因は「Bug Check Code」 の 0x112 を参照。


STOP: 0x00000113 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
VIDEO_DXGKRNL_FATAL_ERROR (113)

ウインドウズ グラフィック カーネル ドライバ (DXG カーネル) が違反を検出したことを示しています。

This indicates that the dxg kernel has detected a violation.


STOP: 0x00000114 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
VIDEO_SHADOW_DRIVER_FATAL_ERROR (114)

ビデオ シャドウ ドライバが違反を検出したことを示しています。

This indicates that the shadow driver has detected a violation.


STOP: 0x00000115 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
AGP_INTERNAL (115)

Accelerated Graphics Port (AGP) が違反を検出したことを示しています。

This indicates that the accelerated graphics port (AGP) driver has detected a violation.


STOP: 0x00000116 (parameter1, parameter2, parameter3, Reserved)
VIDEO_TDR_ ERROR (116)

ディスプレイ ドライバをリセットして、タイムアウトから回復する試みが失敗したことを示しています。

This indicates that an attempt to reset the display driver and recover from a timeout failed.
  parameter1 = The pointer to the internal TDR recovery context, if available.
  parameter2 = A pointer into the responsible device driver module (for example, the owner tag).
  parameter3 = The error code of the last failed operation, if available.
  parameter4 = Reserved.


STOP: 0x00000117 (parameter1, parameter2, parameter3, Reserved)
VIDEO_TDR_TIMEOUT_DETECTED (117)

ディスプレイド ライバが直ちに応答しなかったことを示しています。

This indicates that the display driver failed to respond in a timely fashion.
  parameter1 = The pointer to the internal TDR recovery context, if available.
  parameter2 = A pointer into the responsible device driver module (for example, the owner tag).
  parameter3 = The secondary driver-specific bucketing key.
  parameter4 = Reserved.


STOP: 0x00000119 (parameter1, ReservedReservedReserved)
VIDEO_SCHEDULER_INTERNAL_ERROR (119)

ビデオ スケジューラが致命的な違反を検出したことを示しています。

This indicates that the video scheduler has detected a fatal violation.
parameter と原因は 「Bug Check Code」 の 0x119 を参照。


STOP: 0x0000011A (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
EM_INITIALIZATION_FAILURE (11A)

ク ラスタリングは多数の低廉なコンピュータを、あたかも1つの大きなコンピュータとして利用できるようにする技術です。Expectation Maximization (EM) 手法は Microsoft クラスタリング アルゴリズムの一つです。このEMで初期化に失敗したことを示しています。


STOP: 0x0000011B (parameter1, parameter2, 0x000000000x00000000)
DRIVER_RETURNED_HOLDING_CANCEL_LOCK (11B)

グローバル キャンセル ロック状態のキャンセル ルーチンからドライバが戻ったことを示しています。 このような状況では、キャンセル要求が失敗し、そして、デッドロックか他のSTOPエラーとなります。

This bug check indicates that a driver has returned from a cancel routine that holds the global cancel lock. This causes all later cancellation calls to fail, and results in either a deadlock or another bug check.
parameter と注 記は「Bug Check Code」 の 0x11B を参照。


STOP: 0x0000011C (parameter1, parameter2, ReservedReserved)
ATTEMPTED_WRITE_TO_CM_PROTECTED_STORAGE (11C)

コンフィグレーション マネージャの書き込み禁止保護ストレージに書き込みをしようとしたことを示しています。

This bug check indicates that an attempt was made to write to the read-only protected storage of the configuration manager.
  parameter1 = Virtual address for the attempted write
  parameter2 = PTE contents
Remarks
When it is possible, the name of the driver that is attempting the write operation is printed as a Unicode string on the bug check screen and then saved in KiBugCheckDriver.


STOP: 0x0000011D (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
The EVENT_TRACING_FATAL_ERROR (11D)

イベント トレースは、チェック ビルドまたはデバッガの使用によるオーバーヘッドなしに、実行中のコードに関する診断情報を取得する技法です。このイベント トレース サブシステムが予期していなかった致命的なエラーになったことを示しています。

This bug check indicates that the Event Tracing subsystem has encountered an unexpected fatal error.


STOP: 0x00000121 (parameter1, ReservedReservedReserved)
DRIVER_VIOLATION (121)

ドライバーが違反を引き起こしたことを示しています。

This bug check indicates that a driver has caused a violation.
  parameter1 = Describes the type of violation
Remarks
Use a kernel debugger and view the call stack to determine the name of the driver that caused the violation.


STOP: 0x00000122 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
WHEA_INTERNAL_ERROR (122)

WHEA (Windows Hardware Error Architecture) において内部エラーが起きたことを示しています。

This bug check indicates that an internal error in the Windows Hardware Error Architecture (WHEA) has occurred.
parameter と原因は 「Bug Check Code」 の 0x122 を参照。


STOP: 0x00000124 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
WHEA_UNCORRECTABLE_ERROR (124)

致命的なハードウェアのエラーが起きたことを示しています。 このSTOPエラーは WHEA (Windows Hardware Error Architecture) によって提供されるエラー・データを使用します。

This bug check indicates that a fatal hardware error has occurred. This bug check uses the error data that is provided by the Windows Hardware Error Architecture (WHEA).
parameter と原因と注 記は「Bug Check Code」 の 0x124 を参照。


STOP: 0x00000127 (parameter1, parameter2, 0x000000000x00000000)
PAGE_NOT_ZERO (127)

ゼロでいっぱいにされるべきであったページが、そうではなかったことを示しています。 ハードウェアのエラーのため、またはページを解放した後にオペレーティングシステム特権があるコンポーネントがページを変更したことで、このSTOPエ ラーが起きたかもしれません。

This bug check indicates that a page that should have been filled with zeros was not. This bug check might occur because of a hardware error or because a privileged component of the operating system modified a page after freeing it.
  parameter1 = Virtual address that maps the corrupted page
  parameter2 = Physical page number


STOP: 0x0000012B (parameter1, parameter2, 0x000000000x00000000)
FAULTY_HARDWARE_CORRUPTED_PAGE (12B)

シングルビット エラーがこのメモリ ページに有ることを示しています。 これはハードウェア メモリ エラーです。

注 意:ハード的にメモリエラーを検出すれば NMI-2 が発生し「STOP 0x00000080」となります。この「STOP 0x0000012B」は「ソフト的な計算で検出可能な?」コラプションのあるRAMページが検出されたというのが適切と思われます。(未検証)

This bug check indicates that a single-bit error was found in this page. This is a hardware memory error.
  parameter1 = Virtual address maps to the corrupted page
  parameter2 = Physical page number
 
 
STOP: 0x0000012C (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
EXFAT_FILE_SYSTEM (12C)

exFAT (Extended File Allocation Table) ファイル システムで問題が起きたことを示しています。

This bug check indicates that a problem occurred in the Extended File Allocation Table (exFAT) file system.
parameter と原因と対策は「Bug Check Code」 の 0x12C を参照。
 
 
STOP: 0x00000133 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DPC_WATCHDOG_VIOLATION (133)

DPC(遅延プロシージャコール)が長時間にわたって延期されている場合や、システムが DISPATCH_LEVEL(IRQL=2)以上の IRQL で長時間を過ごした場合の、DPCウォッチドッグ違反です。
parameter1 が「0」の時は、DPCがタイムアウトしたことを示しています。
parameter1 が「1」の時は、システムが長期間にわたって DISPATCH_LEVEL(IRQL=2) 以上であったことを示しています。

This bug check indicates that the DPC watchdog executed, either because it detected a single long-running deferred procedure call (DPC), or because the system spent a prolonged time at an interrupt request level (IRQL) of DISPATCH_LEVEL or above.
The value of Parameter 1 indicates whether a single DPC exceeded a timeout, or whether the system cumulatively spent an extended period of time at IRQL DISPATCH_LEVEL or above.
parameter と原因は「Bug Check Code」 の 0x133 を参照。
 
DISPATCH_LEVEL = IRQL が「2」の DPC 処理レベルです。
IRQL = 割り込み要求レベル(ソフトウェアの割り込み要求レベル)
 IRP  = I/O要求パケット
 IRQ  = 割り込み要求(ハードの割り込み要求)
 DPC  = 遅延プロシージャコール 「IRQの後処理」 。
       処理の順番は「IRP → IRQ → DPC」で、
       IRQLは    「 0 → 12~27 → 2 」となる。
 
 
STOP: 0x00000138 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
GPIO_CONTROLLER_DRIVER_ERROR (138)

GPIOクラス機能拡張ドライバーが致命的エラーとなったことを示しています。

This bug check indicates that the GPIO class extension driver encountered a fatal error. 
parameter と原因は「Bug Check Code」 の 0x138 を参照。
 
 
 STOP: 0x00000139 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
KERNEL_SECURITY_CHECK_FAILURE (139)

セキュリティチェックにおいてOSが重要なデータ構造のコラプション(破壊)を見つけたことを示しています。

This bug check indicates that the kernel has detected the corruption of a critical data structure.
parameter と原因は「Bug Check Code」 の 0x139 を参照。
  
 
STOP: 0x00000144 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)

BUGCODE_USB3_DRIVER (144)
 
すべてのUSB3バグチェックに使用されるコードです。
parameter1はUSB3バグチェックのタイプを指定します。parameter2/3/4の意味はparameter1に依存しています。
 
This is the code used for all USB 3 bug checks.
Parameter 1 specifies the type of the USB 3 bug check, and the meanings of the other parameters are dependent on Parameter 1.
parameter と原因と注記は「Bug Check Code」 の 0x144 を参照。
 
 
STOP: 0x0000014B (parameter1, ReservedReservedReserved)
SOC_SUBSYSTEM_FAILUR (14B)
 
回復できないエラーが System-on-a-chip(SoC) サブシステムで発生したことを示しています。
 
This indicates that an unrecoverable error was encountered in a System on a Chip (SoC) subsystem.
parameter は「Bug Check Code」 の 0x14B を参照。
 
SoCは、マイクロプロセッサ、チップセット、グラフィックスコア、メモリーなどの装置やシステムの動作に必要な機能のすべてを、一つの半導体チップに集積する設計手法。
 
 
 
STOP: 0x0000015D (parameter1, ReservedReservedparameter4)
SOC_SUBSYSTEM_FAILURE_LIVEDUMP (15D)
 
チップ(SoC)サブシステムのシステムに重要な誤りがあり、ライブ カーネル ダンプを保存したことを示しています。
 System-on-a-chip(SoC)
SoCサブシステムはこのバグを解釈していないため、parameter1parameter4 で原因を確認します。 
  
This indicates that a System on a Chip (SoC) subsystem has experienced a critical fault and has captured a live kernel dump.
The SoC subsystem does not generate a bug check in this situation.
parameter は「Bug Check Code」 の 0x15D を参照。

  
 
STOP: 0x0000015E (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)

BUGCODE_NDIS_DRIVER_LIVE_DUMP (15E)
 
NDIS(Network Driver Interface Specification)でライブ カーネル ダンプを保存したことを示しています。
NDISはこのバグを解釈していないため、parameter1parameter4 で原因を確認します。
 
This bug code indicates that NDIS has captured a live kernel dump. NDIS does not generate a bug check in this situation.
parameter と原因と特記は「Bug Check Code」 の 0x15E を参照。
 
 
STOP: 0x1000007E (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED_M (1000007E)

システム スレッドは、エラー ハンドラーが捕らえなかった例外を、生成したことを示しています。
「STOP 0x1000007E」と「STOP 0x0000007E」は同じ意味で、 parameter も同じです。

This indicates that a system thread generated an exception which the error handler did not catch.
Bug check 0x1000007E has the same meaning and parameters as bug check 0x7E (SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED).


STOP: 0x1000007F (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP_M (1000007F)

インテルCPUによってトラップが生成されました。しかし、カーネルはこのトラップを捕らえることが出来なかったことを示しています。
トラップとはNMIレベルの割込み処理です。
「STOP 0x1000007F」と「STOP 0x0000007F」は同じ意味で、 parameter も同じです。

This indicates that a trap was generated by the Intel CPU and the kernel failed to catch this trap.
Bug check 0x1000007F has the same meaning and parameters as bug check 0x7F(UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP).


STOP: 0x1000008E (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
KERNEL_MODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED_M
(1000008E)

カーネルモード プログラムは、エラー ハンドラが捕らえなかった例外を生成したことを示しています。
「STOP 0x1000008E」と「STOP 0x0000008E」は同じ意味で、 parameter も同じです。

This indicates that a kernel-mode program generated an exception which the error handler did not catch.
Bug check 0x1000008E has the same meaning and parameters as bug check 0x8E(KERNEL_MODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED).


STOP: 0x100000EA (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
THREAD_STUCK_IN_DEVICE_DRIVER_M (100000EA)

デバイス ドライバのスレッドが際限なく回っていることを示しています。
「STOP 0x100000EA」と「STOP 0x000000EA」は同じ意味で、 parameter も同じです。

This indicates that a thread in a device driver is endlessly spinning.
Bug check 0x100000EA has the same meaning and parameters as bug check 0xEA(THREAD_STUCK_IN_DEVICE_DRIVER).


STOP: 0xC0000218 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
STATUS_CANNOT_LOAD_REGISTRY_FILE (C0000218)

必要なレジストリ Hive ファイルがロードできなかったことを示しています。
このエラーの原因として明らかになっているのは、そのファイルが壊れていたり損失している場合です。

This indicates that a registry file could not be loaded.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」の 0xC0000218 を参照。


STOP: 0xC000021A (parameter1, parameter2, Reserved, Reserved)
STATUS_SYSTEM_PROCESS_TERMINATED (C000021A)

ユーザー モードのプロセスにおいて、致命的なエラーが起きたために、Windows NT が処理を継続できなくなったことを示しています。

This means that an error has occurred in a crucial user-mode subsystem.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」の 0xC000021A を参照。


STOP: 0xC0000221 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
STATUS_IMAGE_CHECKSUM_MISMATCH (C0000221)

ドライバ又はシステムDLLが破壊していることを示しています。
ドライバ又はシステムDLLにはファイルの中にチェックサムがあり、不正が検出できます。メモリ上で計算したチェックサムと一致しなかったことを示してい ます。

This indicates that a driver or a system DLL has been corrupted.
parameter と原 因と対策は「Bug Check Code」の 0xC0000221 を参照。


STOP: 0xDEADDEAD ( 0x000000000x000000000x000000000x00000000)
MANUALLY_INITIATED_CRASH1 (DEADDEAD)

カーネル デバッガとか専用の打鍵組み合わせなどで、強制的にブルースクリーンを発生させた際のSTOPコードとして使用されています。

This indicates that the user deliberately initiated a crash dump from either the kernel debugger or the keyboard.

  - 以上 -



-------------------------------------------------------------------------
        本資料について
----------------------------------------------------
---------------------
下記「資料1」の原本に合わせて、全文を見直し修正をかけています。
・「資料1」:「マイクロソフト」無償提供の「WinDbg」ソフトの「Help」に
        
Bug Check Codes があります。ここを原本にしています。
        マイクロソフトのWeb上の下記英文原本と同じです。
  http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/hh994433(v=vs.85).aspx
 
対応OS

  Windows XP , Windows Server 2003 R2 , Windows Vista , Windows Server 2008 ,
  Windows 7   , Windows Server 2008 R2 , Windows 8 ,      Windows Server 2012 ,
     Windows 8.1 , Windows 10
 
====================================
更新履歴
 2005年04月20日  Bug Check Codes が公開。
 2011年02月17日  STOPエラー 131項目を英文で新規に追加し転載する。
 2011年03月03日  131項目全てで英文を日本文に翻訳 [05版]。
 2011年03月06日  原本と比較し全てのエラーコードを再確認 [06版]。
 2011年03月23日  部分的な見直し [07版]。
 2011年09月03日  STOP 6D の誤記修正 [08版]。
 2012年01月01日  英語原本追加と、そのリンクを追加 [09版]。
 2012年01月07日  STOP 10D の誤記修正 [10版]。
 2012年11月17日  STOP 144/14B を追記。Windows 8 に対応 [11版]。
 2012年11月23日  英語原本を「WinDbg : 6.2.9200.16384 版」の「Help」に合わせ全面改版 [12版]。
 2013年11月24日  STOP 133/138/139/15E を追記。Windows 8.1 に対応 [13版]。
 2013年12月15日  英語原本で改版部分を修正。STOP 19/1A/7C/9F/A0/C4/10E [14版]。
 2014年03月06日  STOP 04/05/08/0A/0C/1E/27/31/34/3F/42/58/79/9F/C4/D2/
             
DE/FA/FE/103/10D/111/119/122/124/133/138/144 を改版。他。[15版]。
 2015年07月19日  STOP 15D を追加。Windows 10 に対応。[16版]。
 2016年01月01日  英語原本を「WinDbg : 10.0.10586.567 版」の「Help」に合わせ見直し [17版]。
====================================


--------------------------------------------------------
        重要な言葉の意味
--------------------------------------------------------

・ IRQL (割り込み要求レベル): ソフトウェアの割り込み要求レベルです。IRQL の詳細説明

  リザーブ

--------------------------------------------------------
 名   前 : 佐藤 修二
 連 絡 先 : t i m s t j p @ y a h o o . c o . j p
--------------------------------------------------------
   本編に戻る